フェブラリーS2020データ分析!大穴馬を探せ!

【フェブラリーS2020データ分析】東京ダート1600mで行われるGⅠフェブラリーS!今年はインティ、モズアスコット、アルクトス人気が集まりそうだが、当然大穴狙いで逝く!データ分析では、外枠有利?脚質は差し・追い込み?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はノンコノユメ、ワンダーリーデル、キングズガード!

 

さて、あっという間に東京開催も終わり。

 

ラストを飾るのはGⅠフェブラリーSですな。

 

■フェブラリーS2020予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ダート王を決める一戦。

 

・・・のはずであるが、

 

王者クリソベリルはいないし(サウジC予定)、

ゴールドドリームもいないし(サウジC予定)、

川崎記念を圧勝したチュウワウィザードもいないし(ドバイWC予定)、

東京大賞典を勝ったオメガパヒュームもいない。

 

東海Sを完勝したエアアルマスは戦線離脱したし、

コパノキッキングはこのレーススルー。

 

というわけで、昨年の勝ち馬インティと、

初ダートの根岸Sを快勝したモズアスコットに人気が集まる模様。

 

もし、

 

もしもこの2頭がぶっ飛べば・・・

 

うっしっし!

 

 

股がれたい。

 

さてデータ見てみよう。

 

■フェブラリーS2020データ分析、人気別成績

うげえ!人気馬強し・・・特に1番人気が強いやん。基本的にはかなり堅いレース。それは人気馬の回収率を見ても明らか。しかし・・・たまに荒れることがある??

 

■フェブラリーS2020データ分析、年齢別成績

5歳が強い。続いて4歳、6歳。7歳以上は割引か。

 

■フェブラリーS2020データ分析、馬体重別成績

ダートマイルの頂上決戦ということもあり・・・馬格は必要。馬券になった馬の7割以上が500kg以上。最低でも480kgは欲しいところ。479kg以下だと割引か。馬体の増減はあまり気にしなくていいかも。

 

■フェブラリーS2020データ分析、枠番別成績

東京ダート1600mは外枠有利。ただ、このレースは内外互角。まあしかし穴馬は外枠から探したいね。

 

■フェブラリーS2020データ分析、騎手成績

東西の上位騎手が強いね。ミルコ・武豊・内田注意。

 

■フェブラリーS2020データ分析、種牡馬成績

むふー。ゴールドアリュール強し!とにかくゴールドアリュール産駒に注意・・・今年はサンライズノヴァ、テーオージーニアスが該当。

 

■フェブラリーS2020データ分析、間隔別成績

3週(中2週)、4週(中3週)の成績が良いですな。休み明けはチャンピオンズC組のみ。

 

■フェブラリーS2020データ分析、前走成績

注目前走は・・・東海S(5頭)、根岸S(7頭)、チャンピオンズC(旧JCD、7頭)、東京大賞典(6頭)、川崎記念(4頭)。この5レースに限定してOK。例外はフェアウェルSのコパノリッキーのみ。前走着順は基本的に3着以内(出来れば2着以内)。チャンピオンズCのみ着順不問とする。

【激熱ローテ馬】
・ヴェンジェンス(東海S2着)
・インティ(東海S3着)
・モズアスコット(根岸S1着)
・スマートアヴァロン(根岸S3着)
・タイムフライヤー(チャンピオンズC8着)
・ノンコノユメ(東京大賞典2着)
・モジアナフレイバー(東京大賞典3着)
・デルマルーブル(川崎記念3着)

面白そうなのは東海Sでインティに先着しているヴェンジェンス。根岸Sで上がり最速をマークして3着だったスマートアヴァロン。それからチャンピオンズCから直行組のタイムフライヤー。ノンコノユメは人気になるかな?

 

■フェブラリーS2020データ分析、脚質別成績

全体的に差し・追い込みが多く馬券になってますなあ。ただし、頭に来るのは逃げ・先行が多い。

 

■フェブラリーS2020データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→差し(追い込み)」「先行(逃げ)→先行」という感じで、「差し決着」「前残り」になることが多く、展開に左右されることが多いみたいねー。これは「展開決め打ち」が効果的かも。

穴馬の脚質は、先行・差し。

逃げ、追い込みといった極端な脚質の馬は人気になることが多く、馬券的な妙味は少ない。

 

■フェブラリーS2020データ分析、厩舎・生産者・血統

うわあ・・・圧倒的に関西馬優勢じゃん。関東馬で馬券になったんはノンコノユメだけか。社台系が弱いレースではあるが、ここ数年は社台系が多く馬券になっているね。血統的には、まずもってゴールドアリュール。それからミスタープロスペクター系。ノーザンダンサー系はかなり劣勢だね。

それと注意したいのが・・・リピーター!ゴールドドリーム、ノンコノユメ、ベストウォーリア、インカンテーション、コパノリッキー、エスポワールシチー、ワンダーアキュート、テスタマッタ・・・複数買い馬券になってる馬がこれだけいるのだ(まだ他にいるかも)。今年はインティ、ノンコノユメが該当。

 

■フェブラリーS2020データケツ論。

・前走決め打ち
・展開決め打ち
・ゴールドアリュールorミスプロ系

 

インティは昨年の勝ち馬。ミスプロ系ゴーンウエスト~ケイムホームの系譜。最も強力なリピーターであり、鞍上はダートで無類を強さを発揮する武豊。3着以内は外しそうにない・・・と考えてる方が多いと思うが、勢いあった昨年と比べてどうだろう?前走も58kgを背負っていたとはいえ・・・負けは負け。スローでスムーズに逃げられれば圧勝してもおかしくないが・・・さてさて。

モズアスコットは2018年の安田記念勝ち馬。前走の根岸Sは初ダートの一戦であったが、58kgを背負いつつ、出遅れつつも、まるで「モノが違う」と言わんばかりの圧勝。芝・ダートGⅠ制覇なるか興味チンチン。ただ、前走は「ハマり過ぎた」感もアリ。今回も同じパフォーマンスが出来るかどうか分からんのは私のチンコの話。

穴馬候補を挙げておこう。

まず、すでにこのレースで2度馬券になっているノンコノユメ!騙馬の8歳であるが、前走の東京大賞典でもオメガパヒューム相手に僅差の2着だったようにまだまだ衰えはない!ただ、年齢と共にベスト距離が2000前後になってる感じあるし、現状地方の深い砂の方が合っているような気もする。このメンバーで東京ダートのキレ勝負が出来るかどうかは・・・賭けですな。

次に、コース替わりで期待したいのがワンダーリーデル。昨年の武蔵野S勝ち馬。チャンピオンズCは見せ場なく大敗。根岸Sも8着惨敗。ただ、負けてもしっかり脚は使っているし、今回ベストの東京マイルに戻れば展開・ポジション次第で大外一気の追い込みあるかもしれんよー。ノーザンダンサー系で血統的な不安はある。

そして・・・ガチで狙っているのがキングズガード!とにかく強烈な上がりを使う馬。このメンバーに入っても末脚の威力は最上位。現在、みやこS・チャンピオンズC・東海Sと3連続で上がり最速をマーク中。その分・・・位置取りが最後方になってしまうわけであるが、東京の長い直線でドハマリすることを期待したい。また5着・・・ってのがオチかもしれんが(笑)。

 

というわけで、

 

現時点では差し・追い込み馬狙いですな。

 

インティは

 

「今回違うキャバクラ行かねぇ?」

「お、いいねー!」

 

という感じで斬る予定(笑)。

 

モズアスコットは違うキャバクラのパンツ次第。

 

結論は週末。

 

 

あ、このブログでは、毎回GⅠに限り、

「浅次郎の調教チェック」をアップしているのであるが、

(他の重賞の調教チェックはモッコリ万馬券倶楽部にて全てアップしているゾ)

ちょっと今週は忙しくてアップ出来ないかもしれん。

 

というのもね。

調教チェックは1レースに付き2~3時間は掛かる重労働なのよ。

(全ての調教映像と過去タイムをチェックしているぞ)

これを記事にするとなると4~5時間は掛かるわけだが、

今週末は重賞4つ。

調教の映像がJRAレーシングビュアーにアップされるのは金曜日の昼頃。

そして今週の金曜日は仕事で不在なんだよねー。

 

もちろんモッコリ倶楽部の方にはアップするけど、

表ブログの方は時間的に難しいかも。

 

ちなみに、先週のクイーンC・・・

単勝265.5倍で3着に突っ込んで来たセイウンヴィーナスは、

浅次郎の調教チェックで「調教爆穴」に指定されていた馬。

モッコリ倶楽部の中には帯馬券を手にしたツワモノもいるぞ!

 

 

マジでスゴイ。

 

宣伝はこれくらいにして、

 

幼稚園のお迎えに行こうっと。

 

★第3期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内