ニュージーランドT2020データ分析!大穴馬を探せ!

【ニュージーランドT2020データ分析】中山芝1600mで行われる3歳GⅡニュージーランドT。今年はオーロラフラッシュ、シーズンズギフト、アブソルティスモが人気だが、当然大穴狙いで逝く。データ分析では、内枠有利!脚質は逃げ・先行!騎手・馬体重・血統・前走ローテは?穴馬候補はハーモニーマゼラン、ソウルトレイン、カリオストロ。

 

とうとう緊急事態宣言が出たねえ。

 

賛否どちらの言い分も分かるが、

 

とにかく、

 

競馬は続けて頂きたいっ!

 

仕事に追われ、

上司に小突かれ、

通勤ではコロナに怯え・・・

家に帰ったら家事を手伝い・・・

そんなクタクタな毎日も、

週末の競馬があるから頑張れるのである!

 

 

頼むぞJRA!

 

我々馬券オヤジの楽しみを奪ってくれるな!

 

■ニュージーランドT2020予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

時に・・・ニュージーランドTはGⅡなのに、

オーストラリアTが2勝クラスの特別戦なのは、

なんでだろう?

 

他にも国名が付いたレースが多々あるが・・・

アルゼンチン共和国杯はGⅡなのに、

ブラジルCはオープン特別だったりしてその基準が良く分からん。

 

あ、よく考えると・・・

ヨーロッパの国の名前はレース名になってないな。

イタリアカップとかドイツ共和国杯とかスペインTとかあっても良さそうだけどね。

あ、アイルランドTはあるか。うーん。

 

ま、どうでもいい話だが、

今週からルメールが復帰ですなあ。

オーロラフラッシュが1番人気?

 

ふーん。

 

データ見てみよう。

 

■ニュージーランドT2020データ分析、人気別成績

む。人気馬強いな。ただ、激荒れすることもあるレース。過去10年で12番人気が2回勝ってるな!大穴党としてはやっぱりココを狙って行きたい(笑)。

 

■ニュージーランドT2020データ分析、枠番別成績

中山のマイル戦。基本的には内枠有利。このレースも真ん中より内が優勢だろう。外枠で馬券になってるのは・・・ほとんどが人気サイドの馬!穴は内枠から見つけたい。

 

■ニュージーランドT2020データ分析、馬体重別成績

3歳春のGⅡ戦・・・439kg以下は厳しい。460kgは欲しいところ。オーロラフラッシュの前走は448kgで微妙なところですなあ。馬体の増減は圧倒的に馬体減が優勢!-10kg以上減が一番狙い目!

 

■ニュージーランドT2020データ分析、騎手成績

バラバラだねえ。基本的には関東のベテラン騎手が強いんだが、穴っぽい騎手も結構来るぞ!

 

■ニュージーランドT2020データ分析、種牡馬成績

これまたバラバラ。ダイワメジャーやディープインパクトも率からすると良いとは全然言えない。注目は短距離系種牡馬。ショウナンカンプ、ジョーカプチーノ、アドマイヤムーン、フジキセキ・・・

 

■ニュージーランドT2020データ分析、間隔別成績

休み明けでも問題ないが、使ってる馬の方が数は多い。激熱なのは2週(中1週)、3週(中2週)といった間隔が詰まっている馬

 

■ニュージーランドT2020データ分析、前走成績

注目前走は・・・ファルコンS(6頭)、アーリントンC(3頭)、1勝クラスが7頭。あとはクラシック路線脱落の重賞組。ファルコンSは6着以内、アーリントンCは3着以内、1勝クラスは1着条件、クラッシック脱落組は着順不問だが5着以内だと激熱。

【激熱ローテ馬】
・ウイングレイテスト(ファルコンS6着)
・オーロアドーネ(弥生賞5着)
・カリオストロ(フィリーズR4着)
・シーズンズギフト(フラワーC3着)
・ソングオブザハート(アネモネS5着)
・ソウルトレイン(白梅賞1着)
・ハーモニーマゼラン(1勝クラス1着)
・ルフトシュトローム(1勝クラス1着)

おお。面白そうな馬がズラリンコ!

 

■ニュージーランドT2020データ分析、脚質別成績

舞台は前傾ラップの持久力戦がデフォルトの中山マイル。前が基本的には有利ですな。しかし・・・結構差し馬も来るぞ。

 

■ニュージーランドT2020データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは・・・「先行→先行(逃げ)」「差し→差し(追い込み)」。うん、これは「展開決め打ち」で前を狙うか後ろを狙うか・・・ハッキリさせた方が良さそうだねー。ま、毎度やってるんだけど(笑)。

穴馬の脚質は・・・先行!

ただ、差し・追い込みが大穴を開けることもあるので注意。

 

■ニュージーランドT2020データ分析、厩舎・生産者・血統

関東の重賞だが、若干関西馬が優勢。社台系イマイチ。マイネル系注意?血統的には・・・ちょっとバラバラ過ぎて傾向掴みにくいですな。ただ・・・将来はマイラー・・・というより「将来はスプリンター」といった感じの血統の馬が多いように思う。もちろんそうじゃない馬もいるけどな。

 

■ニュージーランドT2020データケツ論

・内枠有利
・クラシック脱落組&1勝クラス1着
・先行馬

 

ルメール×藤沢厩舎で人気になりそうなオーロラフラッシュはマル外のフランケル産駒。前々走ではソウルトレインに完敗しており、前走はスローの瞬発力戦に持ち込んで僅差勝ち。この時負かしたアオイクレアトールがスプリングS5着なので実力はもちろんあると思うが・・・まあ即切りだね。

シーズンズギフトはノーザンF生産のエピファネイア産駒。牝馬なのに2000mの新馬戦で下ろし、次の1勝クラスは中山1800m(普通は桜花賞を目指してマイルに使うことが多い)。連勝してフラワーCに向かったわけだが、3着で賞金稼げず・・・桜花賞は断念?であれば、このまま一貫してオークス路線に行けばいいのになーと思ってしまうが・・・うーむ。これも人気になるなら斬り。

アブソルティスモはノーザンF生産のダイワメジャー産駒。ご存じレイデオロ・レイエンダの下だが・・・前走のファルコンSは出遅れもあって11着大敗。まあ、人気になるなら斬りの一手ですな。

大穴候補を挙げておこう。

まず、ガチで狙いたいのがハーモニーマゼラン。勝ち上がりが4戦目。2勝目を挙げるのにも4戦を要したが、その間ジュニアC、クロッカスSとオープン特別で2着。前走の1勝クラスは今回と同条件の中山マイル。1000m通過57.3のハイペースでぶっ飛ばして逃げ、1:33.8の好タイムで圧勝。中山マイル適正はかなり高いと見る。内枠引けば激熱!

次に、同じく1勝クラス組のソウルトレイン。前走の白梅賞は2番手追走から・・・前を行くスマートリアンを捕えて快勝。このスマートリアンはチューリップ賞で0.3秒差5着だった馬。3着のオーロラフラッシュには2馬身の差を付けた。マイル戦線に絞ったのも好感。この馬も内枠引いたら激熱!

それから、フィリーズレビュー4着のカリオストロ。1600m戦は初となるが・・・多分中山マイルの持久力戦は得意だと思う。デイリー杯2歳S2着があるウイングレイテストも要注意。

あ、オーロアドーネは回避みたいだね。残念。

 

というわけで、

 

土曜日は阪神牝馬Sよりこっちが面白そう。

 

予想をお楽しみに!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

4月11日(土曜)以降の中央競馬開催について

良かった~~~~!

 

★第3期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内