ダイヤモンドS2020データ分析!大穴馬を探せ!

【ダイヤモンドS2020データ分析】東京芝3400mで行われるハンデGⅢダイヤモンドS!今年はタガノディアマンテ、タイセイトレイルが人気になりそうだが、当然大穴狙いで逝く!枠順の有利不利は?脚質は逃げ?差し?ハンデ・馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はロサグラウカ、レノヴァール、レイホーロマンス!

 

数少ない3000m超の重賞ダイヤモンドS!

 

楽しみな一戦であるがさて・・・

 

■ダイヤモンドS2020予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

このレースは長距離のハンデ戦である。

 

ハンデというものは、

「短距離戦」と「長距離戦」

どちらがより効果を発揮するのだろう?

 

単純に考えれば

「長距離」の方がハンデの効果は大きいような気がするが・・・

実際はどうなんだろうねー。

 

また、

 

年齢

「短距離」と「長距離」

で適正が変わってくるのだろうか?

 

一般的には、年齢を重ねるとズブくなったり、

スピード能力が落ちてしまうことが多いからね。

 

「長距離」の方が

高齢馬は活躍できるチャンスがあるんじゃないかと思うわけだが、

私のチン子はすでに長距離走はムリである(笑)

 

まあ、ちょっとデータを見てみることにしよう。

 

■ダイヤモンドS2020データ分析、人気別成績

うげえ・・・1番人気強っ!今週の重賞って1番人気強いレース多くね?ただ、2~3着ヒモ荒れは期待出来るレース。1番人気→2~6番人気→6~10番人気って感じでフォーメーション組むと面白いかも?

 

■ダイヤモンドS2020データ分析、年齢別成績

4歳馬が強い・・・わけだが、注目は高齢馬。他の重賞では滅多に見られないわけだが、7~8歳が結構馬券になってるよね。

 

■ダイヤモンドS2020データ分析、ハンデ別成績

さてさて・・・ハンデ戦だからねー。これが最も重要なデータ。57kg以上の重ハンデ馬は確かに馬券率高い。ただ、58kg、58.5kgの成績に対し、57kgはかなりイマイチである。今年のトップハンデは57kgのサトノティターンとリッジマンだが・・・ちょっと買いにくいわな。

で、軽ハンデに目をやると、50kg、51kg、52kgという超軽ハンデ馬が結構馬券になっているんだよね。頭には来ないけど2~3着なら十分狙える感じ。世の中数多くのハンデ戦があるが、こういった超軽ハンデ馬がこれだけ馬券になるレースは少ないのではないか。

これらの軽ハンデ馬は、大概準オープン勝ちすらない格下馬。今年該当馬は・・・ステイブラビッシモ(牡馬7歳・52kg)、ノチェブランカ(牝馬5歳・50kg)、マコトガラハッド(騙馬7歳・51kg)、ララエクラテール(牡馬8歳・51kg)、レイホーロマンス(牝馬7歳・51kg)、ロサグラウカ(牝馬5歳・52kg)。

この中にパンチラ馬がいるような気がするぅ!

 

 

■ダイヤモンドS2020データ分析、馬体重別成績

むう。結構軽い馬も馬券になっているな。馬券率で言えば440~459kgが狙い目?馬体の増減では「馬体減」がかなり優勢。なんでだ?

 

■ダイヤモンドS2020データ分析、枠番別成績

おお。8枠強い・・・しかしこれは偶然人気馬が多く入っただけかもしれんな。

 

■ダイヤモンドS2020データ分析、騎手成績

かなりバラバラであるが・・・北村宏、内田、蛯名、岩田、武豊あたり注意か。

 

■ダイヤモンドS2020データ分析、種牡馬成績

ハーツクライ!・・・なんだが、この中にはフェイムゲームの成績(3勝、2着1回)が含まれているからね。まあ・・・長距離適正が高いのは確かだけど。ディープインパクトはイマイチだねー。来ても3着まで?

 

■ダイヤモンドS2020データ分析、間隔別成績

結構休み明けでの出走が多いんだが、成績はイマイチ。休み明けは割引でいいかもしれん。それより「1~2か月間隔」「4週(中3週)」が吉。間隔が詰まってる馬も馬券になるので要注意。

 

■ダイヤモンドS2020データ分析、前走成績

注目前走は・・・万葉S(7頭)、日経新春杯(5頭)、ステイヤーズS(3頭)、AJCC(3頭)。あれ?条件戦組は少ないな。3勝クラスが3頭、2勝クラスが2頭のみ。万葉Sの上位組強いなー。GⅠ・GⅡ組は着順不問。条件戦組は1着限定とする。

【激熱ローテ馬】
・タガノディアマンテ(万葉S1着)
・レノヴァ―ル(万葉S3着)
・タイセイトレイル(日経新春杯4着)
・メイショウテンゲン(ステイヤーズS4着)
・ヴァントシルム(ステイヤーズS7着)
・リッジマン(ステイヤーズS11着)
・オセアグレイト(迎春S1着)
・バレリオ(オリオンS1着)
・ロサグラウカ(グレイトフルS1着)

ふむう・・・レノヴァール、ヴァントシルム、バレリオ、ロサグラウカあたり面白そうやねー。

 

■ダイヤモンドS2020データ分析、脚質別成績

差しが強いねー。上がり1位馬が鬼ツヨ。つまり、3400m戦ではあるが、直線弾ける瞬発力が必要。

 

■ダイヤモンドS2020データ分析、位置取り・上がり3F

過去10年牝馬の馬券例はナシ。上がり上位馬はかなり強いね。馬券パターンは「差し→差し」「差し(追い込み)→先行」のどっちか。もうどちらかに絞って馬券を組み立てていいかもしんない。ただ・・・

大穴馬の脚質は、逃げ!

差しが強いレースであるが、大穴を開けるのは逃げ馬だ。

 

■ダイヤモンドS2020データ分析、厩舎・生産者・血統

東西は互角。ノーザンF強し。血統的にはサンデーサイレンス系中長距離種牡馬×ノーザンダンサー系が多いねー。

 

■ダイヤモンドS2020データケツ論。

・軽ハンデ馬
・使われている馬
・差し馬強し。ただし大穴は逃げ。

1番人気になりそうなタガノディアマンテはオルフェーヴル産駒の4歳牡馬。昨年のクラシック皆勤賞で6着→9着→7着。1番人気に支持された万葉Sでは3馬身半差の圧勝。53kgと軽ハンデではあったが、力の違いを見せつける圧勝。長距離適正はかなり高そうだね。データ的にもマイナス要素はほとんどない。ただ55kgは微妙な感じもする斤量。普通に有力だがちょっと過剰人気な感じもあるねー。

タイセイトレイルはハーツクライ産駒の5歳牡馬。長い距離を使われだして出世し、昨年のアルゼンチン共和国杯2着。1月の日経新春杯でも4着に入っており、GⅢクラスならいつ勝ってもおかしくない実力馬。55kgは正直恵まれたんじゃないかなー。この馬も有力。

アドマイヤジャスタはジャスタウェイ産駒の4歳馬。ホープフルSで2着に入った馬だが・・・その後まったく走っておらず惨敗続き。どうだろうねー。長距離よりマイルとか試してみて欲しいなー。

穴馬候補を挙げておこう。

まず、激熱の逃げ馬候補52kgのロサグラウカ!ルーラーシップ産駒の5歳牝馬である。馬柱を見渡しても・・・ほかに逃げそうな馬はいないし、競りかけてくるような馬もいない。これは単騎のラク逃げが期待できるんじゃね?あとはデキさえ良ければパンチラ候補。

次に、万葉S3着のレノヴァール。ハーツクライ産駒の5歳牡馬。横典騎乗で54kg。前走は3か月の休み明けで今回叩き2戦目。前走の万葉Sは後方から上がり3位の脚を使って3着。タガノディアマンテには完敗であったが・・・今回タガノディアマンテは+2kgで55kg。この馬は変わらず54kg。調子次第、ポジション次第で逆転あっても不思議なし。

それから、ガチで狙っているのが爆穴レイホーロマンス!この馬も万葉Sでは後方から追い込んで際どい4着!斤量は変わらず51kg。その後、中1週で出走した愛知杯でも3着に入っている通り、軽ハンデならここでも十分爆走可能と見ている。ハービンジャー産駒の7歳牝馬・・・常識的には買いにくいだろうけど・・・これも激熱のパンチラ候補だ。

他、バレリオ、ウインテンダネス、ミライヘノツバサ、ヴァントシルムあたりにも注目している。

 

というわけで、

 

意外と面白そうなダイヤモンドS。

 

ダイヤモンドパンツ乱れ打ちを期待したい。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

窓口購入はスルーで、ネット購入だと課税する・・・誰がどう考えてもおかしい。公正・公平の観点からもおかしい。そもそも公営ギャンブルへの課税はかなりおかしいものであるが(購入金額の一部は国庫に入っている)・・・ネット購入の取り締まりを強化するのなら窓口購入にも課税しなはれや。しかし逆に言えば、一撃1000万円以下なら・・・(笑)

 

★第3期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内