クイーンC2020データ分析!穴馬を探せ!

【クイーンC2020データ分析】東京芝1600mで行われる3歳牝馬GⅢクイーンC。今年はルナシオン、ミヤマザクラ、ホウオウピースフル、マジックキャッスルが人気だが、当然大穴狙いで逝く!データ分析では?枠順の有利不利は?脚質は逃げ?差し?騎手・種牡馬・馬体重・前走ローテは?穴馬候補はシャンドフルール、アールクインダム!

 

どもども、競馬予想の前に・・・

朝からエガちゃんねるを見てた浅次郎でっすこんちは。

 

 

いやー。エガちゃんLOVEなんだよねー。

早速チャンネル登録したわけだけど、

わずか数日で・・・チャンネル登録数大変なことになってるわけよ。

さらにコメントがみんな暖かいわけ。

 

「Youtuberエガちゃん待ってました!」

「エガちゃんねるの広告なら喜んで見るわ!」

 

地上波のテレビからは抹殺された感があるエガちゃんだけど、

これが世間の本当の声じゃないの???

 

 

「俺の職業だからコレが・・・」

 

って痺れるわー。

 

同じ時期にyoutube始めた宮迫とはやり方真逆だよね。

 

他人の力を利用してのし上がるのは否定しないけど、

それを著名芸人がやるのは反則じゃないかと・・・

思ったり思わなかったり。

 

youtubeやるのはいいけど、もっと自分の芸で勝負して欲しいなー。

お笑い芸人は人を笑わせてナンボだと思う。

 

ちなみに私は、

他人の力に頼ることなくコツコツと穴記事を更新し、

ちょっと頭がイッてる毒者達に支えられて今ここに居る。

 

今後もエガチャンチックな

ゴー陰部my穴ウェイで行こうと思っているので今後もヨロシクな。

 

さてと。

 

クイーンS。

 

■クイーンS2020予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

今週の重賞は京都記念、共同通信杯、クイーンCなんだが、

馬券的に一番面白そうなのがこのレース!

 

なぜなら1戦1勝馬のルナシオンが人気になりそうだから!

藤沢厩舎×ルメール×スワーヴリチャードの半妹。

人気になるのは分かるが、新馬戦は超スローの瞬発力戦。

 

これはもう・・・

 

 

斬って用いるべし!

 

ですな。

 

ま、1番人気にはならんと思うけど(笑)。

 

データ分析行ってみよう。

 

■クイーンC2020データ分析、人気別成績

うげー。人気馬強いなー。2~3着ヒモ荒れを狙うのが精一杯???ま、関係ないけどね(笑)。

 

■クイーンC2020データ分析、枠番別成績

全体的にはフラットな感じだが、なんか偏りが見られるねえ。まあ、東京マイルだし枠順はあんまり気にしなくていいだろう。

 

■クイーンC2020データ分析、馬体重別成績

3歳牝馬戦ということもあり、小さい馬の活躍が目立つねえ。420~439kgは相当馬券になってる。しかし最も馬券率が高いのは480~499kg。馬体の増減は互角かな?

 

■クイーンC2020データ分析、騎手成績

蛯名・ルメール注意。あと関西の上位騎手。

 

■クイーンC2020データ分析、種牡馬別成績

お!ディープインパクトが一応1位になっているが、分母が大きいからね。馬券率・回収率で見るとイマイチと言わざるを得ない。これはどういうことだろう・・・?一流どころのディープインパクト牝馬はココに出て来ないんだろうな。代わって要注意なのがクロフネ。それからダイワメジャー。東京マイルに強いタイプ。

 

■クイーンC2020データ分析、間隔別成績

主流は1~2か月間隔の馬。詰めて使って来る馬は劣勢。休み明けでも問題なし。

 

■クイーンC2020データ分析、前走成績

注目前走は・・・阪神JF(10頭)、フェアリーS(8頭)、1勝クラス特別(5頭)。未勝利は2頭、新馬戦からは3頭と分が悪い。阪神JF組は着順不問。フェアリーS組は5着以内、1勝クラスは2着以内とする。前走距離については29/30で1600m以上。1400m以下からの臨戦は大幅割引とする。

【激熱ローテ馬】
・アールクインダム(菜の花賞1着)
・シャンドフルール(千両賞1着)
・ホウオウピースフル(百日草特別1着)

今年は阪神JF組不在。フェアリーS組も9着のセイウンビーナスのみ。というわけで1勝クラスの馬が中心。問題はファンタジーS2着のマジックキャッスル。それから牡馬相手の京都2歳S2着だったミヤマザクラ。

 

■クイーンC2020データ分析、脚質別成績

頭は逃げ・先行だが、数的には差し・追い込みが優勢ですな。上がり最速馬は2着馬という感じで・・・狙い目としては上がり2~5位か。

 

■クイーンC2020データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは・・・「先行→差し」「差し→追い込み」。この二つのパターンが多い。上がりが33秒台になるような年は速い上がりが使える差し・追い込みが優勢。上がりが掛かる年は逃げ・先行勢が残る感じ。まあしかし瞬発力は必須ですなあ。

穴馬の脚質は、逃げ・差し。

特に逃げ馬は要注意ですな。

 

■クイーンC2020データ分析、厩舎・生産者・血統

関東馬優勢。で・・・ノーザンFが鬼のように強い。過去3年の1~3着独占。過去5年でも13/15でノーザンFの馬。もうノーザンFの馬をボックスで買っとけば当たるんじゃね?というレース。ちなみに今年は5頭のノーザンF生産馬がスタンバイしており・・・その中にはルナシオン、ミヤマザクラ、ホウオウピースフル・・・と有力馬3頭が含まれているゾ。

血統的に注意したいのが「クロフネ」の血。2019年、2017年とクロフネの血を持つ馬がワンツー。2018年もクロフネを母父に持つフィニフティが2着に入っており厳重注意が必要・・・なんだが今年は該当馬ナシだねー。クロフネ以外ではノーザンダンサーの系のスピード系もしくはちょっと重い血統に注意したい。ミスプロ系は劣勢。

 

■クイーンC2020データケツ論

・前走1勝クラス、距離は1600m以上
・先行→差しor差し→追い込み
・ノーザンF

現在netkeiba予想オッズで1番人気になっているルナシオンは、ノーザンF生産で藤沢厩舎・ルメール騎乗。先にも書いた通りスワーヴリチャードの半妹という超良血。スペック的には完璧だが、4か月の休み明け・前走新馬戦・このレースイマイチなディープインパクト産駒・前走は超スロー・・・と不安材料てんこ盛り。寄せて上げてブラを使っている可能性があり、人気になるなら思い切り蹴飛ばしたい。ちなみに、新馬戦のルナシオンは前半かなり掛かり気味の追走、さらに直線では手応え悪く・・・ダメか?と思われたが、残り200からスパっと伸びて快勝。能力がないと出来ない芸当であった。

2番人気のミヤマザクラは前走京都2歳S2着・・・という異ローテ。全兄にマウントロブソンやポポカテペトルがいる良血だが、この使われ方からして「切れるマイラー」というタイプではなく「中距離の持続力型」っぽいんだよねー。桜花賞路線よりフローラS→オークスの方が良いような気がするー。

2戦2勝のホウオウピースフルはブラストワンピースの下。父がオルフェーヴルに代わっているがかなりの素質を秘めた馬だと思う。前走は5頭立ての小頭数ではあったが、直線の坂を登るまで追い出しを遅らせる余裕で着差以上の完勝。この馬もマイラーというより中距離型のような気がするが・・・このレースに出てくるってことは桜花賞戦線に向かうのかな。

4番人気のマジックキャッスルはファンタジーSで上がり最速を繰り出して2着。負けたのは阪神JFを勝ったレシステンシアだから価値は高い。問題は前走1400m戦ってこと。個人的には問題ないと思うけどデータ的には厳しい。あと暮れのGⅠに使えなかったのは何か理由があるはず・・・調教要チェック。

穴馬候補を挙げておこう。

まず、逃げ馬候補のシャンドフルール。前走の千両賞は大外枠からスッとハナに立って平均ペース。手応え十分のまま直線に向くと後続に影も踏ませず余裕の逃げ切り。勝ちタイムの1:34.7は目立たないが、直後に行われた古馬2勝クラスのタイムが1:34.5。3歳戦注目のキズナ産駒。ノースヒル×松永幹×武豊も注目のエロコンビ。

それから、股間をこすり付けたくなるのが菜の花賞で強い競馬を見せたアールクインダム。中山マイルで不利な大外枠だったんだが、中団に付け、4コーナー大外ブン回しの差し切り勝ち。タイムの上がりも目立たないが1月の中山はかなり時計が掛かっていたからねー。東京の軽い芝でやれるかどうかは謎だが、長く脚を使うタイプだからね。坂を登ってから伸びてくるかもしれないぞ。

 

というわけで、

 

今週の勝負重賞はこのレース。

 

京都記念と共同通信杯はどうすっかな・・・

 

結論は週末!

 

・・・

 

え?

 

今日は工口画像はないのかって?

 

しょうがないなー。

 

・・・

 

 

どーん!

 

と今週は行きたい!

 

予想をマテ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【JRA】落馬負傷の松岡正海騎手、左大腿骨骨折の疑い

時々穴を開ける大好きな騎手の一人なんだが・・・早く戻って来いよー!・・・ところで中山記念のウインブライトは誰が乗るんだ???

 

★第3期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内