オーシャンS2020データ分析!大穴馬を探せ!

【オーシャンS2020データ分析】中山芝1200mで行われる別定GⅢオーシャンS!今年はタワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、ナックビーナスあたりが人気になりそうだが、当然大穴狙いで逝く!データ分析では、内枠有利?脚質は?騎手・馬体重・血統・前走ローテは?穴馬候補はキングハート、カッパツハッチ、ダイメイプリンセス。

 

うーむ、

 

タワーオブロンドンにダノンスマッシュかあ・・・

 

ちょっと穴狙いは厳しいか・・・

 

■オーシャンS2020予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

昨秋のスプリンターズSの1着・3着馬が登場。

舞台は同じコースの中山芝1200。

一見して「こりゃ堅いわ・・・」と思ってしまうのであるが、

両馬とも「休み明け」「目標は次」。

さらにタワーオブロンドンは一頭だけ58kg。

ダノンスマッシュは香港帰り。

死角がないわけではない。

 

どんなに綺麗でも、

完璧な人間などいないのと同じだ。

 

中身は男・・・?嘘でしょ?

 

さて、面白い穴馬はいるかな???

 

データ見てみるべい。

 

■オーシャンS2020データ分析、人気別成績

人気馬の強さはまあまあ。たまに穴が開くレース。特に3着には結構穴馬が来てるねー。

 

■オーシャンS2020データ分析、枠番別成績

中山1200は瞬発力よりスピードの持続力勝負になりやすいコース。このレースは外枠が不利?

 

■オーシャンS2020データ分析、年齢別成績

むむ。かなり高齢馬が活躍するレースですな。7~8歳馬侮るなかれ。

 

■オーシャンS2020データ分析、斤量別成績

別定戦であるがハンデ分布も見ておこう。と言っても今年はほとんどが56kg(牝馬は54kg)。気になる58kgの成績は・・・【2.0.0.1】。別定のルールが分からんのだが、58kgは相当に強い。

 

■オーシャンS2020データ分析、馬体重別成績

スピードの絶対値が重要なスプリント戦。やはり馬格は大きい方が優勢。480kgは欲しいところですな。520kg超えが最も期待値高し。馬体の増減は若干馬体減の方が優勢?

 

■オーシャンS2020データ分析、騎手成績

この日は西でチューリップ賞が行われるからか・・・関東のジョッキーが強いですな。横典・戸崎・北村宏・石橋・・・あと大野注意。

 

■オーシャンS2020データ分析、種牡馬別成績

短距離系の種牡馬が並んでいるが・・・バラバラですなあ。サクラプレジデントの2勝はいずれもサクラゴスペルのもの。マル外要注意ですな。

 

■オーシャンS2020データ分析、間隔別成績

休み明けでも全然OK。使い込んでる馬の好走もアリ。

 

■オーシャンS2020データ分析、前走成績

注目前走は・・・シルクロードS(7頭)、阪神C(4頭)、カーバンクルS(3頭)、ラピスラズリS(3頭)・・・意外と少ないのがスプリンターズS。わずか1頭だけ。休み明けと言っても「中10~12週」くらいの馬がほとんどですな。シルクロードSは8着以内。阪神Cは1~2着。激熱の中山1200mカーバンクルS・ラピスラズリSは4着以内とする。

【激熱ローテ馬】
・キングハート(カーバンクルS4着)
・レジーナフォルテ(カーバンクルS3着)
・ハウメア(ラピスラズリS2着)

 

■オーシャンS2020データ分析、脚質別成績

前後互角。差しも決まるが、前の馬も相当残る。ただし、3着に関しては後ろの馬が優勢(笑)。上がり1位の馬の成績がイマイチなのは・・・追い込んで届かず2~3着まで(あるいは馬券外)!というパターンが多いからだろう。

 

■オーシャンS2020データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは・・・「先行→差し」「差し→先行・逃げ」。前残りや差し決着といった感じの極端なパターンは少ないですな。上がり5位以下の馬がかなり馬券になっているのも特徴。

穴馬の脚質は、先行・差し・追い込み。

逃げ馬以外なら何でもアリ(逃げ馬は人気になっちゃう?)。

 

■オーシャンS2020データ分析、厩舎・生産者・血統

東西互角。そんで・・・社台系激弱っ!こんなに社台系、特にノーザンFが弱い重賞も珍しい。血統的はぐちゃぐちゃで良く分からん。そして注目したいのがリピーターである。キンシャサノキセキ、ダッシャーゴーゴー、サクラゴスペル、スノードラゴン、ハクサンムーン、ダイメイフジ・・・そしてナックビーナスが3年連続2着中だ。中山芝1200はスペシャリストを狙うべし。

 

■オーシャンS2020データケツ論。

・前走中山1200m
・先行、差し、追い込み
・リピーター

タワーオブロンドンはミスプロ系ゴーンウエストの系譜レイヴンズパス産駒のマル外。ダーレー。2歳時から活躍していた馬だが、昨年は京王杯SC、セントウルS、スプリンターズSと重賞3勝。完全に本格化したと言っていいだろう。藤沢×ルメールの黄金コンビ。520kgに迫る大型馬。コース適正も文句なし。死角は58kgと休み明けだけ・・・のように見えるが、実はこの馬、力の要る馬場に一抹の不安があるんだよね。去年1200で負けたのはいずれも洋芝の稍重・・・週末の天気が崩れるようなことになれば???

ダノンスマッシュはロードカナロア産駒の5歳馬。ケイアイF。昨年のスプリンターズSでは1番人気に押されるも3着まで。ただ、内容的にはわずか0.1秒差。それも内から外に出すロスがあってのもの。今回は斤量2kg差あるからね。こちらを上に取りたい。ダノンスマッシュ→タワーオブロンドン→穴馬の三連単とか面白そう?

ナックビーナスはダイワメジャー産駒の7歳牝馬。上でも書いたが3年連続このレース2着。中山1200は【3.6.0.1】という中山1200の鬼だ(圏外はスプリンターズS7着)。昨年のラピスラズリSでは牝馬にして58kgを背負いつつ1着。今回54kgで出走できるんでねー。このメンバーでも当然有力だと思う。

穴馬候補を挙げておこう。

まず、ガチで狙っているのがキングハート!前走のカーバンクルSは4着に負けたが、わずか0.2秒差。そしてこの時トップハンデの58kgを背負っていたのである。そして何を隠そうこの馬、2018年の当レース勝ち馬なのである。つまり激熱リピーター!今年7歳になるオレハマッテルゼ産駒。今のちょっと重い中山の馬場もピッタリ。仕上がり次第で本命候補。

次に、かなり面白いと思っているカッパツハッチ!キンシャサノキセキ産駒の5歳牝馬。昨年のアイビスSDではライオンボスに最後まで食らいついての2着。新潟直千ではかなり不利な2枠だったことを考えると勝ちに等しい内容だったかと思う。「え?この馬は新潟直千のスペシャリストでは?」と思ってしまうわけだが、新潟直千と中山1200は求められる適正が非常に似ているのである。今回休み明けなので仕上がりが鍵となるが・・・今回逃げ馬が穴を開けるかもよ???

それから、今回人気の盲点になりそうなダイメイプリンセス。昨秋のスプリンターズSは0.4秒差の6着。一昨年前は0.2秒差の4着。数字には表れないが中山1200は得意なのである。前走大敗もムラ駆けタイプなので気にせずOK。一発あるかもよー!

 

というわけで、

 

2強の内、1頭だけでも飛んで貰えれば高配当にありつけそうなレース。

 

あまりにも力差がありそうなチューリップ賞より、

コッチの方が面白そうですな。

 

結論は週末!

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

元朝日記者の慰安婦訴訟、東京高裁も控訴棄却

「慰安婦問題」が朝日新聞の嘘から始まったこと、そして朝日新聞はその嘘を知りつつ長年訂正せずに報道し続けたこと(この点については朝日新聞社長が謝罪している)、そして慰安婦は単なる戦時売春婦(当時合法の高給取り)であったこと・・・は今や常識であるが、この元朝日新聞・植村記者の罪も大きい。「女子挺身隊として日本軍によって戦場に強制連行された」という嘘八百の記事を書いているのだ。裁判所はこれを「捏造」と認定し、控訴を棄却しているが、韓国ではこれは事実だとして広まってしまっている。日韓関係をボロボロにした罪は大きい。つか、さっさと慰安婦像撤去せよ。10億円返せ。仏像も返せ。

 

★第3期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内