洋芝が得意な種牡馬・騎手・調教師の考察。

【洋芝が得意な種牡馬・騎手・調教師2020】洋芝(札幌・函館の芝)が得意な種牡馬は?ディープインパクトの洋芝適正はいかに?得意なのはハービンジャー!ロードカナロアは洋芝無双!得意な騎手は池添と岩田!横山武・横山和に注意!得意な調教師は、藤沢・堀・安田・木村!これけ知っておくと洋芝適正が分からない場合でも判断出来る!

 

さて、今年も北海道シリーズが始まったところだが、

ちょっと今日は「洋芝」について調べてみようと思う。

(洋芝と野芝の違いについては各自調べてね)

 

先に言っておくが、

チンコのスペックが人それぞれなのと同じように、

「洋芝適正」なんてのは

個体によって大きく変わって来る話である。

なので以下の傾向が当てはまるとは限らない。

しかし・・・

データは嘘はつかないからね。

「この馬、洋芝適正わかんね~」

って時には大いに参考になると思う。

 

まずは種牡馬から。

 

■洋芝が得意な種牡馬(過去5年)

 

1位はディープインパクト。勝率・連対率・複勝率いずれもハイレベル。ただし、これは「洋芝適正が高い」ということではなく「基本能力が高い」ということである。これは野芝の成績と比較すると分かる話で・・・野芝の勝率・連対率・複勝率は14.1%・24.6%・35.6%。洋芝になるとかなり数字が落ちてしまうんだよね。つまり、ディープインパクトは数の上では1位だし、かなり馬券にもなるが・・・洋芝はさほど得意ではない。

ディープインパクトは洋芝割引。

これは・・・ディープインパクト自身が凱旋門賞の深い芝に苦しんだように、産駒もそういう馬が多いという事なんだと思う。ただ、母系が重厚な欧州血統・・・というパターンだと当てはまらないこともあるゾ!

 

そして・・・大注目なのが2位のハービンジャー。自身欧州の活躍馬でもあり、もうイメージからして洋芝はめっちゃ得意そうだよね。ま、その通りなんだけど・・・それは各陣営も重々承知しているのだろう。出走頭数からしてかなり多いのである。そして半端ないのが野芝からの上昇率。野芝の勝率・連対率・複勝率は5.7%・11.7%・19.9%。洋芝は10.0%・17.3%・27.8%だからね。もう圧倒的にハービンジャーは洋芝向きなのだ。ただし、これは多くの競馬ファンのイメージ通り。なので回収率的には全然美味しくない。それから野芝の苦手っぷりもスゴイんでね。野芝100%の夏の新潟とか小倉では・・・ハービンジャーは軽視してしまっていいかもしれない。

ハービンジャーは洋芝の鬼!

 

3位のステイゴールドはまあイメージ通り洋芝得意やね。ハーツクライ、ダイワメジャー、キングカメハメハあたりはそこそこ。で・・・今回の記事で是非覚えて帰ってもらいたいのが・・・

 

ロードカナロア!2020年が4世代目なのでまだ分母が少ないのであるが・・・勝率・連対率・複勝率は17.2%・30.2%・39.6%と・・・もう断トツの数字!野芝の数字を見てみると・・・10.8%・20.6%・29.7%。もちろんこの数字もかなり優秀なのだが、どうにもこうにも洋芝の成績が突出しているのである。これは・・・かなりのお宝データになるかもしれん。

ロードカナロアは洋芝無双!

 

以下、ルーラーシップ、ダノンシャンティ、ヨハネスブルグ、スウェプトオーヴァーボード、ナカヤマフェスタ、ジャスタウェイ、バゴあたりにも注意。

 

一応「野芝の成績」も挙げておこう。

 

これはデータが多すぎるので「過去1年」で調べているぞ。野芝のディープインパクトは圧倒的だねえ。

 

■洋芝が得意な騎手(過去5年)

これもなかなか面白いデータですなあ。ルメールのことは置いておいて(笑)、日本人で最も勝ち星を挙げているのは池添なのである。これは知らんかったなー。

池添は洋モノが好き!

と言ってしまっていいだろう。実際、全ての数字が優秀だし、ここ最近もかなり馬券になってるよね。それから北の帝王岩田も好成績。ルメールを除くとこの二人が洋芝のツートップであり、その下に吉田隼・藤岡佑・藤岡康太。

騎乗数はさほど多くないが、福永・武豊・三浦・横典も好成績。穴で狙いたいのは松岡・横山武・国分・横山和。ミルコや川田の名前がないのは「北海道ではほとんど乗らないから」であろう。

 

洋芝が得意な調教師(過去5年)

ふむう・・・調べてみてビックリ。あんまり藤沢厩舎=洋芝ってイメージなかったのであるが・・・実際はかなりの数を出走させており、複勝率48%という凄まじい成績を叩き出してるんだよね。どうしても人気になってしまう厩舎だが、洋芝は得意だってことは覚えておこう。

藤沢厩舎は洋芝得意。

それから・・・須貝厩舎の成績にもビックリ。出走頭数1位なのでこれはもう「狙って出走させてる」としか思えん。その上で複勝率41.8%と高い数字。回収率はイマイチだが、洋芝の須貝厩舎は覚えておいた方がいい。そして、洋芝で見掛けたら必ず押さえておきたいのが、この3厩舎。

堀・安田・木村厩舎。

いずれも高い馬券率を誇る上に回収率も高いんだよね。特に堀厩舎は頭で狙いたい。あと分母は少ないが中内田厩舎も要注意。

 

■洋芝データまとめ

 

・ディープインパクトは割引
・ハービンジャー、ロードカナロアは洋芝の鬼。
・池添と岩田。穴に横山家。
・藤沢、堀、安田、木村厩舎。

 

あんまり沢山あると覚えられないからねー。

要点は3つか4つでいいと思う。

 

以上、夏の北海道シリーズでしか役に立たないデータであるが、

 

参考になれば幸いだ。

 

お礼は熱いコメントか・・・

 

洋モノのノーカット版がいいな(ウソ)。