函館スプリントS2016予想オッズ!データ分析からみる大穴!

【函館スプリントステークス2016予想】函館芝1200mで行われる別定GⅢ。予想オッズではローレルベローチェが1番人気だが、人気は割れており荒れる可能性大あり!浅次郎データ分析によると、狙いは有利な先行馬ではなく追い込み馬!爆穴に昨年の2着馬アースソニック!それから9歳馬のセイコーライコー!人気馬ではティーハーフが怖い。

 

いよいよ、今週から北海道シリーズが開幕。

函館が6週、札幌が6週である。

 

その初陣が函館スプリントS。

見るからに荒れそうなレースで、心がブギウギするな!

 

■函館スプリントS2016予想オッズ

函館スプリントS予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

このレースで難しいのは3歳馬のジャッジである。

過去の10年で見ると【1.2.2】と5頭が馬券になっているのであるが、

はっきり言って古馬との比較は不可能である。

 

分からんものを考えても仕方なし。

買うのか切るのかの判断は、

慎重かつ大胆に覗きに挑むハンチョリーナ田畑の如くありたい。

 

ハンチョリーナ田畑

(慎重ではない・・・か。笑)

 

さて、データを洗っておこう。

JRAのデータ分析はこちら)

 

■函館SS過去10年馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2015年 9→1613
2014年 3109
2013年 145→1
2012年 2→1→10
2011年 2→3→1
2010年 1→13→5
2009年 6→148
2008年 6→18
2007年 2→4→16
2006年 12→6→11

年によって頭数が違うので何とも言えんが、基本的に内枠有利なのは歴然としている。特に1~2番の白帽が強く【4、2,2】と抜群の強さ。勝ち馬を見るとほとんどが6番から内の馬である。

 

じゃあ、外枠の馬は要らないかといえば、全くそんなことはない。特に近年は内枠有利の傾向よりも外枠有利の傾向が強く、二桁馬番の馬がバンバン馬券になっているのだ。そんで、単勝10.0~29.9倍の馬を赤、単勝30倍以上の馬をピンクで塗ったが・・・基本的に外枠の馬は人気がないことが分かると思う。

 

次、脚質。

 

■函館SS過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2015年 14→1412(16頭立て)
2014年 61310(14頭立て)
2013年 25→1(16頭立て)
2012年 4→4→10(11頭立て)
2011年 5→2→1(12頭立て)
2010年 3→3→6(15頭立て)
2009年 2→55(16頭立て)
2008年 3→106(16頭立て)
2007年 8→1→2(16頭立て)
2006年 11→4→9(13頭立て)

全体的な傾向として前が有利とか後ろが有利とか、そういうデータを出すのも意味があると思う。しかし、その傾向は「年によって変わる」ことが多いのである。この函館SSはそれが顕著であり・・・全体的に見れば圧倒的に前有利なのであるが(4角6番手以内が20頭/30頭)、ここ2年は後ろの馬が馬券になっているのだ(2014年の勝ち馬ガルボは4角6番手で通過しているが、3角では9番手の位置取り)。

 

もちろん展開やペースによるし、たまたまかもしれん。

 

しかし、多くのブロガーや競馬評論家は・・・これを見て、

 

「断然、前有利!」

 

と結論付けるわけである。

 

ってことは・・・?

 

タダでさえ前有利のイメージがある函館の1200m戦。データ派をはじめ、にわか競馬ファンはこぞって先行勢を買うわけだ。しかし、近年の傾向は差し有利。さらに・・・差し・追い込み馬は人気になりにくいのである。

 

穴狙いならば、

 

「差し→追込み」を狙うのも一興かと。

 

無謀かもしれんがな。

 

だが、それがいい2

 

ちなみに・・・2014年は馬連27340円、三連単は87万馬券。2015年は馬連19550円。三連単は94万馬券である。

 

そんで、馬柱を見渡せば・・・シュウジ、ローレルベローチェ、レッツゴードンキ、スカイキューティー、セカンドテーブル・・・と強力な逃げ・先行勢が揃っているのだ。

 

今回徹底して後ろの馬を狙ってみようと思っている。

(結論は枠順、調教を見てからだけどな!)

 

ケツ論。

・内枠有利。大外枠にも注意。

・先行が圧倒的に有利。

・しかし近年は差し、追込みが来ている

 

というデータを元に穴馬候補を探してみよう。

 

まず、飛び出た鼻毛を手で抜いてでも狙いたいのがアースソニック(鼻毛抜くと痛くて涙がでるよね)。近走は冴えないが、重賞の常連で昨年の当レース2着馬。典型的な追込み脚質であり、ココが狙いの一戦。人気薄間違いなしの爆穴候補である。

 

これまた眉毛を金髪に染めてでも買いたいのがセイコーライコウ。函館SSは2年連続で4着。前走の韋駄天Sは不利な内枠だったにも関わらず、上がり最速31.9で追い込んで4着。今回トップハンデは確かにツライが・・・展開がハマれば十分馬券圏内あると思うぜ!

 

人気馬ではやはり昨年の覇者ティーハーフが怖い。

 

結論は土曜日か日曜日。

 

セイコーライコウ画像

 

【浅次郎のひとりごと】

「ロイヤルアスコット」は道悪濃厚 エイシンヒカリの人気に拍車

エイシンヒカリが出走するプリンスオブウェールズSはいよいよ明日ですな。なんでも「道悪」「少頭数」で単勝は1.8倍位まで買われているんだそうな。これを勝てば海外GⅠ3連勝・・・大騒ぎになるかも。管理人もすでに馬券は購入済だ!→プリンスオブウェールズS2016オッズ、馬券購入したぜ!

 

 

    一緒に読みたい関連記事

    もっと人生楽しもう!

    海外馬券って簡単に買える!
    競馬だけじゃなく、サッカー(海外・Jリーグ)、野球(MLB、プロ野球)、テニス、ゴルフ、F1、ボクシング、ワールドカップ、オリンピック、何でも賭けられるぞ!人生もっと楽しもう!

    読者コメントについて!

    コメントは、下のコメント欄よりご自由にどぞ!記事へのツッコミ、反対意見、浅次郎への温かい応援メッセージ、馬券情報、大穴取ったどー!など、何でもよかばーい。出来る限り管理人から返信もするぞ!ただし、誹謗中傷・罵倒の類はご遠慮願う。それからスパム防止のため、初回コメントは管理人の認証が必要となるのでご注意を!※一度認証されたらすぐ反映されるようになるぞ。

    6件のコメント

    • 茶々

      〝真理の逆手を突く〟
      穴党の浅次郎さんらしい考えで、明快で、素晴らしいです!
      常識は、覆されるものですからね・・^^;

      毎週、YouTubeで、〝過去の重賞レース〟の動画をよく見ているのですが、
      確かに、差し・追い込み馬、結構来てます。穴で、要注目ですね^^

      差し・追い込み馬というと、去年のティーハーフがそうですが、
      特に、印象的なのは・・
      2006年の勝ち馬 ビーナスライン。
      夏は牝馬・洋芝巧者とはいえ、あの鬼脚は、見ていて強烈でした。

      • 結果はどうなるか分かりませんけどねー(笑)。
        でも、人と同じことをやってたら抜け出すことは出来ません。
        馬券に限らず、「群集心理」の逆を突くことが大事だと考えてます。

        この時、ビーナスライン最低人気かぁ!
        追込みがハマるとこういうことがあるんですよねー。
        あ、洋芝も考慮にいれなきゃー!

    • ノリスケ

      浅次郎さん、こんにちは!

      私は全力でローレルべローチェ&中井コンビの重賞初制覇祈願ですっっっ!
      その名に相応しいスピードでハナきってそのままゴールに飛び込んじゃえ~\(^^)/

      もうレースのこと考えるだけで泣きそうです。ほんで、なんでローレルべローチェは一番人気っぽいんだろう…。

      浅次郎さんに好きな馬と馬券は別でかんがえないとっ、と言われそうですが…(^^;
      で、浅次郎馬券も買う節操ないノリスケでした。

      • ローレルベローチェ・・・なんか人気になりそうな感じっすね。
        うーん。なんでだろ?

        >浅次郎さんに好きな馬と馬券は別でかんがえないとっ、と言われそうですが
        いえいえ。一切そんなこと言いませんよ!
        好きな馬の馬券を買って「わが馬券に一片の悔いなし」状態でレース見るのが一番っす!

    • イルタン

      浅次郎さん、こんばんは(^^)/

      函館SSのデータありがとうございます。
      一番目を引いたのは、123番枠のいずれかが毎年ではないものの馬券圏内に絡んでる率が高いってところですかねぇ。穴馬だと面白いし、人気馬が入れば軸に信頼が膨らむ感じでしょうか。
      3歳馬も1/2の確率で馬券に絡んでるようですし。
      岩田はシュウジとレッツゴードンキ、どっちに乗るんでしょうね?

      また週末まで楽しめそうです(^^)
      がんばりましょう!

      • そうそう。123番は怖いっすね。
        開幕週なのでやっぱり内が有利なんだと思います。
        3歳馬の扱いは難しいなあ~。
        岩田は普通に考えればレッツゴードンキでしょうねえ。
        しかしこの馬もとうとう短距離路線か・・・中距離馬だと思うけどなあ。

    コメントを残す