中山牝馬S2016予想オッズ!ルージュバックは買いか?

【中山牝馬S2016予想】中山芝1800m内回りの牝馬限定のハンデ戦。人気は断然ルージュバックであるが・・・この馬で堅いのか?データ分析によると逃げ馬・追い込み馬に要注意?ハンデは軽い方がいい?管理人が考える穴馬は、逃げて欲しいリラヴァティ!牡馬相手に好走したハピネスダンサー!爆穴にメイショウスザンナ!

 

ルージュバックは、

ココを使ってヴィクトリアマイル路線か?

それとも牡馬相手だと厳しいと思ったのか?

 

個人的には、

日経賞or阪神大賞典→天皇賞春

の王道ローテで行っても大丈夫だと思うけどなあ。

 

春天・・・勝てるかもよ?

 

うーむ。

 

■中山牝馬S2016予想オッズ

中山牝馬S2016予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

昨秋のルージュバックは、

秋華賞に間に合わず、ブッツケでエリザベス女王杯。結果4着。

それから有馬記念に駒を進めたが、奮わずに10着。

 

これをどう見るか?

順調なら秋華賞やエリザベスで勝ち負け出来たのか?

有馬記念でももっと好走出来たのか?

 

そんなもんは私には分からんが、

今回のルージュバックが過剰人気であるのは間違いない。

 

なんせ休み明けで目標が先であるのは間違いなく、

トップハンデの56kgなのである。

 

もちろん、能力で来るかもしれんが、

毎年荒れ放題の中山牝馬Sである。

 

来ない方に賭けるのが、

常穴馬券オヤジの矜持であろう。

 

き、来ませんように(願)。

 

お願い2

 

(残念ながら、なかったなー)

 

願えば叶うなんて、虫のいい話はない。

 

行動を伴わぬ願いは、オナニーと一緒である。

 

その心は?

 

一瞬で覚める。

 

 

■中山牝馬S過去10年馬番別成績
(1着→2着→3着馬の馬番。2015年以外はフルゲート)

2015年 3→8→15
2014年 6→1314
2013年 11→8→16
2012年 12→7→4
2011年 14→12→4
2010年 3→10→1
2009年 8→7→12
2008年 9→5→3
2007年 1→5→8
2006年 10→413

中山の内回り、コーナー4回の1800m戦だけに内枠が有利なイメージなのであるが・・・意外と外枠の馬も来るな。と言っても、外枠の13~16番はちょっと辛いか?ここ3年は馬券になっているが、来ても3着までな感じ。かと言って内枠が強烈に強いわけでもない。6~12番の中枠の馬が買いやすい。

 

■中山牝馬S過去10年の脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2015年 8→8→14
2014年 7→1→5
2013年 7→2→3
2012年 1147
2011年 10168
2010年 5→58
2009年 4→111
2008年 214→9
2007年 12→7→1
2006年 9→12→15

これまた中山1800なら逃げ・先行が強いイメージであるが・・・意外とそうでもないのである。後ろからもぶっ飛んでくるので注意が必要。ちなみに・・・中山牝馬Sは二桁人気馬がぶっ飛んで来るので有名なのであるが・・・10~16番人気の脚質をで塗ってみたぞ。6~9番人気の馬をピンクで塗ってみたぞ!

ご覧のとおり、人気薄がバンバン突っ込んでくるレースである。で、気付くことがあると思う・・・。そう、逃げ馬は4頭馬券になっているのだが、必ず人気薄である。更に、4角14~16番手という後方の追い込みも人気薄が多い。つまり、人気薄を狙う場合、極端な脚質を狙うといい・・・かも(笑)。

 

■中山牝馬S過去10年の斤量ハンデデータ。
(1着→2着→3着馬の斤量)

2015年 5454→53(50.0~54.0kg)
2014年 535352(52.0~55.5kg)
2013年 56→54→56(50.0~57.0kg)
2012年 54→5353(52.0~55.5kg)
2011年 53→51→55(50.0~56.0kg)
2010年 53→54→54(52.0~56.0kg)
2009年 56.5→54→53(51.0~56.5kg)
2008年 53→51→56.5(49.0~56.5kg)
2007年 56→55→53(50.0~56.5kg)
2006年 56→55→56(50.0~56.0kg)

まずトップハンデの成績だが・・・正直ショボイ。2015年はトップハンデといっても54kgなので例外とすれば・・・もうそれだけで切ってしまっていいレベルである。それから軽ハンデ馬であるが、最軽量馬は一頭しか馬券になってないので最軽量+1kgまでの馬を緑で塗ってみた。2014年や2012年などは結構緑になったが、これも53kgが入っての話であり、基本的に軽ハンデ過ぎる馬も来ないと思っていいだろう(つまり1000万条件や1600万クラスの馬は軽ハンデでもなかなか来ないってこと)。狙い所は53~55kgのゾーンか?

 

結論。

・枠順は真ん中の馬が買いやすい(あまり気にしなくていい)

・脚質は、逃げ・追い込みに要注意!

・ハンデは53~55kg。トップハンデ馬、軽量馬は辛い。

 

以上のデータを踏まえた上で、

 

現時点での穴馬を挙げておく。

 

まず、ハピネスダンサー。前走の小倉大賞典は軽ハンデではあったが、勝ち馬アルバートドックから0.2秒差の5着。小倉実績、中山内回り実績がある通り、コーナー4回の小回り中距離戦は得意とする舞台だろう。今回は牝馬限定戦で53kg。面白い存在だと思う。

 

次に、リラヴァティ。この馬は是非逃げて欲しいなあ(笑)。相手なりに走るタイプで強敵相手に好走しかと思うと(チューリップ賞3着、ローズS3着の実績有り)、条件戦でも惨敗したりする馬だ。ちなみに、エリザベス女王杯ではルージュバック54kgでこの馬が56kg。で、着差は0.3秒差。今回はルージュバック56kgでこの馬が53kgである。単純に考えれば、断然買い。

 

爆穴にメイショウスザンナ。昨年のクイーンS勝ち馬であるが、その後は二桁着順が続いて人気は皆無。しかし、過去の戦績を見ても。惨敗→惨敗→惨敗→好走!というのを繰り返しており、前走の大敗は気にする必要なし。多分、この馬、コーナー4回の中山1800は得意だと思うぞ。ただ55kgはちょっとつらいか?

 

結論は日曜日。

 

リラヴァティ画像

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ホッコータルマエ、ドバイWC追い切り速報

おお。ホッコータルマエも選出されたみたいやな!良かった良かった!

 

    一緒に読みたい関連記事

    もっと人生楽しもう!

    海外馬券って簡単に買える!
    競馬だけじゃなく、サッカー(海外・Jリーグ)、野球(MLB、プロ野球)、テニス、ゴルフ、F1、ボクシング、ワールドカップ、オリンピック、何でも賭けられるぞ!人生もっと楽しもう!

    読者コメントについて!

    コメントは、下のコメント欄よりご自由にどぞ!記事へのツッコミ、反対意見、浅次郎への温かい応援メッセージ、馬券情報、大穴取ったどー!など、何でもよかばーい。出来る限り管理人から返信もするぞ!ただし、誹謗中傷・罵倒の類はご遠慮願う。それからスパム防止のため、初回コメントは管理人の認証が必要となるのでご注意を!※一度認証されたらすぐ反映されるようになるぞ。

    2件のコメント

    • ノリスケ

      浅次郎さん、こんにちは!

      フィリーズSにメイショウスイヅキが出るので、こっちのメイショウスザンナは来るかもしれません!
      私は今のところレイヌドネージュに注目してます。

      タルマエくんとこにも招待来て良かったです。陣営の人たち、首を長くしすぎてろくろ首になってやしないかしら…ドバイ出る馬たちはみんな健康で行って(あわよくば勝って)帰ってきてほしいです。

      • ノリスケさんども!浅次郎でっす。

        レイヌドネージュ、いいっすねー。
        愛知杯でもそう差のない競馬をしてますし、極端な追い込み脚質で53kg。条件ピッタリです(笑)。

        ホッコータルマエ以外にもワンアンドオンリー(シーマクラシック)、ベルカント(アルクォーツスプリント)、ラニ(UAEダービー)が選出されたようですね。これで全部かな?仰るとおり、まずは無事で。そんで出来れば活躍して欲しいっす。

    コメントを残す