【アルゼンチン共和国杯2017データ分析】東京芝2500で行われるハンデGⅡアルゼンチン共和国杯。今年はダービー2着スワーヴリチャードが人気になる?データ分析では枠の有利不利なし、脚質は先行か差し、重ハンデ馬が有利。瞬発力勝負濃厚。穴馬候補はカレンミロティック、ソールインパクト、ハッピーモーメント、トルークマクト。

 

今週は、金・土・日の3日間開催。

 

重賞4つ。

 

GⅠがないのが救いだが(笑)、

週末はプライベートのイベントも立て込んでおり、

(浅次郎は3人子持ちのパパである)

 

4重賞全ての予想記事を書くのは、

3日で4回ナニをいたすのと同じくらい不可能である(笑)。

 

 

なので、

 

厳選してアップすることになると思うが、

苦情などをコメント欄に書き込んだりしないように。

 

ま、このブログには変態・変人は沢山集まるんだけど(笑)、

他人を誹謗中傷するようなお子ちゃまや悪人は来ないからね。

 

その点はほんと感謝。

 

みんないつも有難う~!

 

さて、

 

まずはアルゼンチン共和国杯だな。

 

■アルゼンチン共和国杯2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

注目は何と言っても、

ダービー2着馬のスワーヴリチャードだろう。

 

なにゆえ菊花賞を狙わずにココへ来たのか?

 

なにかアクシデントがあったのか?

単に調整が遅れたのか?

それとも長距離は合わないと見たのか?

それとも東京狙いなのか?

 

詳しいことは分からんが、

東京の中距離狙いならまず秋天を目指すはずだから、

 

「一頓挫あった」

「順調ではなかった」

 

と考えるのが妥当だと思う。

 

で、今回人気になるわけだが、

「今回ただの休み明けではない」

ということは覚えておいた方がいいな。

 

スワーヴリチャードは私も大好きな馬なので買いたいのは山々だけど・・・

調教要チェックだな。

 

データ見てみるべ。

 

■アルゼンチン共和国杯2017JRAデータ分析

JRAデータ分析より

 

ふむ。これは面白いね。

 

芝2000ってのは具体的に言うと「アイルランドT」。

芝2200ってのは「宝塚記念」「オールカマー」。

芝2400ってのは「オクトーバーS」「京都大賞典」。

 

である。中でも注目は「アイルランドT」組と「オクトーバーS」組。あれ?でも今年はアイルランドT組は居ないし、オクトーバーS組も1~3着がいないのね(一応トルークマクト、シホウが該当)。マウントロブソンあたりが居たら面白かったのに。

あ、オクトーバーSは1600万→オープンに格上げして2400→2000に条件替わりしてるがな!格上げはいいけど、なんで条件弄るかな~~~。代わりに六社Sってのがあるからそっちが狙いかも?(ソールインパクトが3着)

となれば、オールカマー組京都大賞典組か。レコンダイト、カレンミロティック、ヒットザターゲット、ハッピーモーメント・・・いずれも爆穴ウッヒッヒ。

 

他のデータは、ケツ毛以下だな。

 

自分でやろう。

 

 

以下全て、過去10年のデータである。

 

■アルゼンチン共和国杯2017データ分析、枠番

うーむ・・・内外互角かな?ただ・・・大外枠はちょっと割引か?いや、人気馬が入ってないだけかもね。あんまり気にしなくていいかも。

 

■アルゼンチン共和国杯2017データ分析、騎手

複数回馬券になってる騎手は要注意ニョロよー。

 

■アルゼンチン共和国杯2017データ分析、種牡馬

ハーツクライ、ゼンノロブロイが2勝ずつ。あとジャングルポケット、グラスワンダーが複数回馬券になってて要注意。そして注目は・・・ディープインパクト!なんと過去一度も馬券になったことなし!東京2400から100メートル伸びるだけだが・・・スタミナ色の強いレースだからねえ。

 

■アルゼンチン共和国杯2017データ分析、馬体重

480~499kgのゾーンがメチャクチャ強いな。私はほとんど気にしないが・・・これだけ差があるとちょっとチェックしたくなるな。

 

■アルゼンチン共和国杯2017データ分析、間隔

休み明けでも好走可能だが、狙いやすいのは3週(中2週)と4週(中3週)。それから5~9週組。スワーヴリチャードは5ヶ月半の休み明け・・・。

 

■アルゼンチン共和国杯2017データ分析、ハンデ

基本的には重い斤量を負った馬の方が強い。アルバートの58.5kgは一見酷量だが、データからすると問題なしやな。逆に53kg以下の軽ハンデ馬はそれだけで切ってしまってもいいレベルである。しかし競馬はいつだって何が起きるか分からん。穴党は軽ハンデ馬を見逃すなよ~~~!

 

■アルゼンチン共和国杯2017データ分析、脚質

スタートが直線坂下となるタフなコース。速いペースにはなりにくく、ゆったりした流れからの瞬発力勝負。あるいはロングスパート合戦になることが多く、先行チョイ差しや中団からの差し馬が強い。ご覧の通り速い上がりを使えるタイプが狙い目。

 

■アルゼンチン共和国杯2017データ分析、3着以内馬

ご覧の通り、上がり3F1~3位馬が猛烈に強い。脚質的には「先行→差し」「差し→先行」「先行→先行」「差し→差し」と言う感じでバラバラですな。とにかく2009年のようなパターンは例外中の例外で、基本的には速い上がりが使えるタイプが狙い目。

ココ最近は穴馬の出番なく(ハンデ戦なのに~)、穴党は手を出しにくいレースであるが・・・狙うなら差し馬かな。あと、東京2500巧者にも注意。

 

ケツデータ論。

・重ハンデ馬強し。軽ハンデ馬は来ない?

・スローの瞬発力勝負濃厚。

・使われてきた上がり馬が狙い目。

 

穴馬候補を挙げておこう。まずもって、9歳カレンミロティックである。この馬は京都専用機であり、東京は今まで3回走って【0.0.0.3】。一円も要らない感じであるが、個人的に「東京2500なら別」という考えである。2回の坂超えがある天皇賞春で馬券になっているように、この馬はタフなコースが得意なのだ。スローの瞬発力勝負になったら厳しいが、一貫したラップで淡々と行ければチャンスあると思うけどな。約1年振りの京都大賞典が0.6秒差。まだまだやれるぜ!

それから上でもチョット挙げたが六社S3着のソールインパクト。この馬、相手なりに走るタイプで、1000万条件でも3着、重賞でも3着というキャラ。決め手がないのが弱点であるが、53kgで東京2500はハマりそうなイメージで面白いと思う。父ディープインパクトが不安だが。

もう一頭ディープインパクトの穴馬でハッピーモーメント。去年のオクトーバーS2着馬で今年の目黒記念3着馬。前走京都大賞典は惨敗であったが、過去、強豪馬と差のない競馬をしており侮りがたい存在。調子次第で頭まであると思う。

爆穴にトルークマクト。他、レコンダイト、ヒットザターゲット、タッチングスピーチ、シホウあたにも注意。人気馬に不安がある今年のアルゼンチン共和国杯。積極的に穴狙いでいきたいねー。

 

さて、

 

すっぽん食って滋養強壮。

 

結論は日曜日(多分)。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

貴乃花親方の長男・花田優一さんが結婚 お相手は陣幕親方の娘

息子・・・なにやってんの?と思ったら「靴職人」だって(ななななんで?)。良く分からんが、一般人同士の結婚だろ?これニュースにせなあかんか?しかし両親ともに良く似た息子だなあ。

 

【浅次郎POG2017途中経過】

総勢45人(くらい)が参加している浅次郎POG。現在の1位はスネークマーさん!5頭が勝ち上がり、ロックディスタウンで札幌2歳S勝ち。2位はぷらりさん。3位に浅次郎。3人ともロックディスタウンの活躍で上位に来ているな。

しかし2歳戦はこれからが佳境!2歳チャンピオンはどの馬だ?この中にダービー馬がいるのか?今後が楽しみだな!

 

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【天皇賞秋2017レース回顧】道悪不良馬場で行われた今年の天皇賞秋。勝ったのは1番人気に支持されたキタサンブラック。しかしあの出遅れから馬場の悪いインを突いて押し切るとは!キタサンブラックの勝因は?武豊の神騎乗?サトノクラウン・リアルスティール・ソウルスターリング・サトノアラジンらの敗因は?馬場よりコース取り?

 

キタサンブラック、あんた強いよ!

 

 

出遅れ、不良馬場もなんのその・・・

 

キタサンブラックの勝因はなんだったのか・・・?

 

簡単にレース回顧する。

 

■天皇賞秋2017レース結果、着順

netkeibaより抜粋

 

■天皇賞秋2017映像

 

■天皇賞秋2017回顧

スタート、7番キタサンブラックがよもやの出遅れ。

かなり体勢を崩してますな。ディサイファ、グレーターロンドンあたりも出遅れ。キタサンブラックを切っていた浅次郎の口が思わずほころんだのは秘密である。

 

押して押して前に行ったのは予想通りロードヴァンドール。内から行ったのがサクラアンプルール。続いてリアルスティール。

 

各馬こんな感じでインを開けているのであるが・・・内に入ってるのがサトノクラウンとキタサンブラック。結果この2頭が1~2着というね。

 

向こう正面入り口。ハナに立ってるのがロードヴァンドール。2番手にサクラアンプルール。直後にリアルスティール、ネオリアリズム、ミッキーロケット、ヤマカツエース。シャケトラが掛かり気味に外から上がって行く。

中団前目のインにサトノクラウン、外にソウルスターリング、レインボーライン。中団後方のインにキタサンブラック、ステファノス、カデナ、ワンアンドオンリー。

後方にグレーターロンドン、マカヒキ、ディサイファ、サトノアラジン。

 

これは800m地点。キタサンブラックはまだこの位置。インをついてグレーターロンドンがポジションを上げていく・・・これは完全に掛かっちゃったか?それとも田辺の作戦か。素人目には掛かってるように見えるな。田辺のお尻下がってるし。

 

あ、よく見るとソウルスターリングも掛かり気味だな!かなり手綱絞ってるし、腰が後ろだし。ソウルスターリングの直接の敗因はもしかしてこれかもしれん。

 

1000m通過は1:04.2。

 

ペースが速いのか遅いのかサッパリ判断出来んが(笑)、

ラップタイムを見ると・・・前半が64.2。後半が64.1。

 

 

残り800mから12秒台に突入して、

ラスト1Fが14.0秒も掛かっているところを見ると・・・

 

平均ややスローな流れから、

残り800mからの超ロングスパート合戦で、

坂を登った残り200mで全馬バテバテ。

 

というレースだったみたいやね。

 

・・・以上を頭に置いた上で、次の画像を見てみよう。

 

3コーナーである。

 

あれ?いつの間にかサトノクラウンが2番手に上がり、その後ろには掛かっていたグレーターロンドン。そして、その後ろ・・・あっという間に7番キタサンブラックの影が・・・

 

ええっ?

 

どうやって・・・?

 

いつの間に来たのん?

 

いずれにせよ、これで、

全体のペースが一気に上がることになるんだが・・・

 

主犯はグレーターロンドンか?

 

この馬が内からスルスルと上がって行ったのに釣られ・・・サトノクラウンも上昇。キタサンブラックもその後ろをついて行って上昇。

 

だけんどもしかし・・・一般的に考えて、東京2000で3コーナーから仕掛けるなんてことは有り得ないわけで、グレーターロンドンは掛かり気味だったので分かるとしても、サトノクラウンもキタサンブラックもこんなとこから動くわけがない。また、ここで動いて最後まで持つわけがない。

 

じゃあ、どうして・・・?

 

 

 

 

 

実は!

 

 

 

 

 

内の馬場は、

そんなに悪くなかったのだ!

 

 

 

 

 

 

「ええ?マジっすか浅次郎さん!」

 

うむ。時間がある方は直前に行われた東京9R・10Rを見てみるといい(JRAホームページの全周パトロールで見るとわかりやすい)。

 

9Rを勝ったカラビナは1枠1番。終始インを走り、3~4コーナーではインを突いてワープ。直線は外ヘ外へに持ち出す競馬・・・

 

まるでキタサンブラックと

同じじゃないか。

 

(実はこの時カラビナに乗っていたのが田辺。もしかしたらグレーターロンドンでも同じような絵を描いていたのかもしれん)

 

10Rを勝ったオートクレールはそこまでインコースを通ったわけではないが、それでもずっと馬群の内を通っており、結果5馬身引き離す圧勝。

 

良く考えてみよう。

 

東京の馬場が極端に悪化したのは日曜日になってからである。

そして日曜日の芝のレースは3.4.5.7.9.10.11R。

 

全レース確認したのだが、

インコースを普通に使っているのは3Rと4Rだけ。

つまり5R以降のレースでは、

ほとんどインコースを避けてレースが行われており、

各馬、外々を回っているのである。

 

ってことはだよ?

 

・インコースはそこまで荒れてない。

・外目のコースはドンドン荒れていった。

 

ってことになっても不思議ないわな。

 

いや、そうじゃないと

サトノクラウンとキタサンブラックの

3コーナー進出が説明出来ないのである。

 

 

つまり、サトノクラウンとキタサンブラックがペースを上げたわけではなく、3~4コーナーでガラ空きのインを通ることで「距離得」して前に行けたんじゃないかと。

 

これがいわゆる、

コーナーワープ。

 

これが、残り800mからペースが上がった真相。

(つまり、馬のペースが上がったわけではない)

 

4コーナーを見ればよく分かる。馬場が悪いはずのインを通ったサトノクラウンとキタサンブラックの手応え抜群ではないか(馬なりのまま先頭に立って行く)。そして3着に突っ込んでくるレインボーラインも4コーナーではインを突いているのだ。

 

そして・・・4コーナーで外を回した馬は、

文字通り全滅。

 

 

よく見てね。4コーナー回って直線向いた時がこう。

 

4コーナーでインを突いた馬が、馬なりのままで、あっという間にこれだけのアドバンテージを取っているのだ。これは「インの馬場がそこまで悪くなかった」ことの証明ではなかろうか。

 

しかし、直線は、外が良いのは確か。

 

そこで、キタサンブラックやサトノクラウンは徐々に外へ。

 

残り400m。キタサンブラックは終始手応えが良く、直線に向くと同時にあっという間に抜け出してみせる!そして追い出しはギリギリまで我慢し、残り400mを過ぎてからムチ。懸命にサトノクラウンが追いすがる。その外からレインボーライン。

 

この時の画像をパトロールビデオで見るとすごいよ。

ドギャーン。内はこんなに開いてるんだねえ。つまり、キタサンブラックやサトノクラウンは3~4コーナーでワープした後は、ちゃんと馬場が荒れてない外を通ってるってこと。

 

残り200m。外に行くキタサンブラックとサトノクラウンが交差。武が意図して外に向かったのか?それともキタサンブラック自身が外に向かったのか?は分からんが、サトノクラウンは進路変更してキタサンの内に入れたように見える。おそらくは武がサトノクラウンを自然とブロックするために外に行ったんじゃないかなあ(上手い)・・・。

そして、200mの地点で全馬が力尽きる。ゴール前は見た目究極の追い比べのように見えたが、最後の1Fのタイムは14.0。みんなバテバテ。キタサンブラックもサトノクラウンもバテバテ。後はどんだけ我慢出来るか?の根性比べだったのだ(逆に言えば、ここまで脚を残している馬がいれば・・・全馬を差し切ったかもしれない。なんせ上がり14.0だからね。まあ、そんなこと言ってたら道中かなり後方に置かれることになるんだけど)。

 

どこまで行っても縮まらないあの娘との距離と同じように、併走したままクビ差押さえてゴール。

 

タイムは2:08.3。

上がり3Fは38.5。

 

キタサンブラック、あんた強いよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レースが終わった直後・・・出遅れつつ、道中インを突いてポジションを上げ、そのまま押し切ったキタサンブラックの勝ち方を見て、

 

「この馬とんでもねえな!」

 

と、素直にアイムソーローをフミヤの真似しながら歌ったわけであるが(馬券、切っちゃったからね。笑)、レース回顧をしてみてその勝因がハッキリと分かった。まずもって、

 

「武豊の超ファインプレー」

 

である。今回のコース取りはまさに「神騎乗」であり、出遅れてしまっただけにあれしか勝つ道はなかっただろうと思う。いや・・・出遅れずに前に行っていたらインを通ることもなかったわけで、もしかしたら負けていたかもしれない。

 

もちろん、それに応えたキタサンブラックの強さも計り知れない。特に4コーナー出口から一瞬で先頭に立ち、最後までサトノクラウンを抜かせなかった勝負根性は見事。最後はもうバテバテだったはずだけどなあ・・・。この馬の最大の武器は「勝負根性」「底力」なのかもしれん。

 

2着のサトノクラウンは惜しいレースだったな。これまたミルコの好騎乗で、インを突いてキタサンブラックとの一騎打ちに持ち込んだ。仮に外を回していたら・・・キタサンブラックの独壇場だったかもしれない。道悪が得意なのは間違いないが、ココまでの極悪馬場になると問われるのは底力。今回はキタサンブラックの底力に首差屈した形となった。今後は香港ではなく、ジャパンカップ→有馬記念らしいが・・・パンパンの良馬場になったらもしかして人気落ちるかもね。

 

3着のレインボーラインも完璧なコース取り・完璧な騎乗で、道悪適正を活かして突っ込んできたわけだが、地力がないと出来ない芸当で、かなりの過小評価だったと思う。また、調教チェックでは調教爆穴に挙げていたが調子も良かったんだなきっと。しかし、次は「今回重馬場だったから」という烙印を押され不当に人気を落とすだろう(今回ほどの大穴にはならんだろうけど)。良馬場のジャパンカップでも引き続き狙えると思うぞ~。

 

4着のリアルスティールは完璧な競馬をしたと思うが・・・この馬の敗因はコース取りより馬場だと思うな。残り400mまではもうほんと完璧で、あそこから伸びなかったのは馬場が原因だろう。良馬場で見直したい一頭。しかし国内GⅠだとここがベスト条件だっただけに陣営悔しいだろうね。今後はジャパンカップかな?香港Cかな?ジャパンカップでもやれると思うけどな~。

 

5着にマカヒキ。後方から来たのはこの馬のみ。重馬場適性も高かったんだろうけれども、まさかこの馬場であの位置から飛んでくるとはね。しかしこの馬も外を回したわけではなく、4コーナーでは内目に進路を取っている。3~4コーナーでもっと極端にインを突いていれば・・・と思わせる内容。次の評価が非常に難しいなあ。

 

6着ソウルスターリングは前走の反省があったのか中団からの競馬。それでもちょっと掛かり気味で・・・しかもこの馬場・・・しかも進路は外・・・惨敗してもおかしくない状況だったが6着に踏ん張ったのは地力だと思う。次ジャパンカップなら人気落とすと思うが・・・買うなら次かもしれない。後は折り合いさえつけば。

 

そして・・・7着に、15番人気だったディサイファ!最後方にいたはずのこの馬がどうやってココまで来たかというと・・・やっぱり3~4コーナーでコーナーワープを使っているのである!

ほれ、これがディサイファ。この馬、向こう正面では16~17番手に居たんだからね?

 

どれだけ内の馬場が良かったか?

 

のわかりやすい証明だと思う。

(逆に言えば、外がそんなに良いわけではなかった)

 

ディサイファは、このワープしたポジションだけを頼りに7着。マカヒキのように直線追い込んで来たわけではないのだ(向こう正面での位置取りはほとんど一緒なのにね・・・あ、ディサイファはこれで引退らしい。もうちょっと走れるような気もするけど・・・お疲れ様)。

 

今回、

 

結果的に3~4コーナーでインを回した馬が1~3着。

 

キタサンブラックの強さが際立つレースとなり、

4着以下は大きく離れてしまったが、

 

実はそんなに差があったわけではない。

 

というのが個人的な感想である。

 

今回はとにかく

「3~4コーナーで内を回した馬が有利」

だったのである。

 

もちろん重馬場適性は大きく関係したと思うが、

 

だからと言って

ジャパンカップがキタサンブラック一強になる!

とは思わないぞ!

(浅次郎さん、あんたまたキタサンブラックに逆らう気やな!)

 

次は良馬場での決戦が見たいね(ぉ)。

 

 

馬券は、キタサンブラック切りのヤマカツエース◎でドモナラズ。◯サトノクラウン、△レインボーラインってのは正解だったんだけどね~。

 

サトノアラジンの敗因はまあ馬場だろうね。距離も長かったのかもしれない。ネオリアリズムは休み明け緒戦で動けなかったのかもしれん。次に期待しよう。

 

【浅次郎のひとりごと】

ブラック残り2戦 JC、有馬1勝+4着でオペラオー超え賞金1位

こうなると、キタサンブラックがテイエムオペラオーの記録を抜くか?ってことが大いに話題になるわけだが、この比較は実は結構不公平でね。テイエムオペラオーの時代の有馬記念の1着賞金は1億8000万円(現在は3億円)。ジャパンカップは2億5000万円(現在は3億円)。他のGⅠの賞金も軒並み1割ほど低く、大阪杯もGⅠではなかった。

いや、キタサンブラックの実績にケチを付けるわけではないんだが、時代が遷るにつれ、賞金が増え、GⅠ競争も増えていくわけだから、時代とともに更新されていくのが当然なのかと思うわけ。その点、テイエムオペラオーは16年前に引退した馬なんだからその間、抜かれなかったのは単純にスゴイなと思う。オペラオーの獲得賞金って現在の賞金体系なら22億円くらいになるんだよ。ま、キタサンブラックも後1年やれば22億円超えるかもしれんけどね。

 

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【天皇賞秋2017予想】東京芝2000mで行わるGⅠ天皇賞。日曜日の天気は雨。またも重馬場での決戦になりそうだが、当然大穴狙いで逝くぜ!展開・隊列はどうなる?内外の馬場は?狙いは調教抜群ココが目標のヤマカツエース!相手に道悪の鬼サトノクラウン!不気味なネオリアリズム!爆穴にレインボーラインとディサイファ!

 

今日は台風の影響で全国的に雨。

 

東西ともに馬場悪化は避けられそうにない。

 

 

ただ、土曜の東京は予報より雨が降らず、

 

終日「良」での競馬。

 

そんで・・・夜間もそんなに降雨がなかったらしく、

朝6:30のJRA発表は「稍重」である。

 

 

これがどれだけ悪化するか・・・

 

は神のみぞ知るわけだが、

 

「馬場の重さ」だけじゃなく、

「内と外どっちが伸びるか?」も要チェックである。

 

レースが進むにつれ、内から荒れていくけんな。

【万哲の馬場予報】天皇賞・秋(東京芝)「表示上の馬場状態以上に重要なポイントは…」

 

難解な天皇賞秋になっちまうが・・・

 

それもまた楽しからずや。

 

昨日はラテュロスの単勝で撃沈したが、

懲りずに今日も競馬を楽しんで行くぜい!

 

■天皇賞秋2017日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

真のオッパイ好きにとって本当に重要なのは、

その「大きさ」より

「形や色(と感度)」なのと同じように、

 

 

真の穴党にとって最も重要なのは、

「キタサンブラックの取捨」なんぞより・・・

「どの穴馬を買うか?」である。

 

え?浅次郎さん、キタサンブラック切るんですか?

 

うむ。

 

今回キタサン切りの条件が揃ったからの。

 

・最大目標は有馬記念

・宝塚惨敗後の秋緒戦

・重馬場

 

この馬の強さは身に沁みて知っているが、

(切っても切っても来るんだもんよー)

 

この秋3戦での引退が決まった今、

バッサリ切るならこのレースじゃい!

と思うわけだ。

 

有馬記念後にはおそらく引退セレモニーが行われると思うが、

引退レースで花道を飾りたいというのは、

関係者にとって偽らざる願いであり、

調教師にとってはマストミッション。

 

特に、オーナー北島三郎にとっては・・・

 

夢の終着駅。

最後の最後の祭りである。

 

有馬記念の大観衆の前で歌いたいよね。

 

有馬記念は、過去3着・2着だしな。

どうしても取りたいタイトルだと思う。

 

であれば、

 

有馬記念にピークを持っていく仕上げをするのは当然で。

どうやったって今回は8~9割な仕上げになるわけだ。

 

それは調教にも表れていて、

どうにも私には先を見据えた仕上げに映る。

 

そして今回は宝塚記念惨敗後緒戦である。

「ダービーでも惨敗したけど、その後セントライト記念を快勝したから大丈夫だよ」

といった意見もあると思うが、

3歳時と今は肉体的にも精神的にも違うわけで、

明確な敗因が分からないだけに不安は残ると思う。

もしかしたら、この春が、

この馬にとってのピークだったのかもしれないし。

 

そして、馬場悪化

 

キタサンブラックにとっては間違いなく恨みの雨だと思う。

 

・・・と言ってもこの馬が大きく崩れるシーンは考えにくく、

例え崩れたとしても2~3着って感じに収まりそうな気もする。

 

しかし「1番人気」でこれだけ不安を抱えてるのであれば、

モッコリ党は黙って切りでオッケーだと思う。

(的中重視の人は切っちゃダメよ)

 

キタサンブラックが来たら・・・

カーチャンゴメン!

今日はカップラーメンで勘弁な!

で、いいんじゃないかと思う。

 

■天皇賞秋2017展開予想

逃げ候補は
ロードヴァンドール
ネオリアリズム
キタサンブラック
ソウルスターリング

先行勢は
サクラアンプルール
ディサイファ
ステファノス
シャケトラ

差し勢は
サトノクラウン
リアルスティール
ヤマカツエース
ミッキーロケット
サトノアラジン
カデナ
ワンアンドオンリー

追い込み勢は
レインボーライン
グレーターロンドン

ハナはロードヴァンドールが濃厚。ただ、外めの枠だからスッとハナって訳にはいかんだろう。内からネオリアリズム、そしてキタサンブラックもダッシュ良く前へ。問題はソウルスターリングである。毎日王冠では折り合いを欠く感じで行ってしまったが、今回はどうだろうね?キタサンブラックに絡む感じでやりあってくれると浅次郎モッコリなんだけど(笑)。

それから位置取りが微妙なのがサトノクラウンとリアルスティール。好位でも競馬が出来る馬だけに・・・この枠なら前目につけるかもしれん。しかし内の馬場が悪化することも考えられるわけで、そうなると一旦下げて中団で構え、直線は外へ出す・・・なんて道を探すことになるかも。

逆に言えば、差し・追い込み馬は考えることがシンプル。とにかく前半は馬場の良いところを選んで走らせ脚を溜め、直線は馬場の良い外に出す!これだけでいいからね。

いやでも意外と馬場が悪くならない可能性だってあるし・・・

 

なんとも難解ですな。

 

ペースを予想するのも難しいんだが、

ロードヴァンドールはぶっ飛ばして逃げるタイプの逃げ馬ではない。

行く馬がいれば譲るタイプだし、

自身がハナに立っても平均~スローで逃げるタイプ。

 

そこまで速いペースにはならないんじゃないかと。

であれば、

普通は瞬発力勝負になるんだが、

この馬場だからなあ~。

 

あ、各馬の重馬場適正やレースデータが知りたい方はこちら。

天皇賞秋2017データ分析、重馬場適正

 

浅次郎の調教チェックはこちら

天皇賞秋2017調教チェック!

 

浅次郎の印の前に、

 

netkeiba予想陣の印を見てみるか。

 

■天皇賞秋2017netkeiba予想陣の印

netkeibaより抜粋

 

丹下はソウルスターリング、田沼はキタサンブラックか。

 

意外とソウルスターリングの印が濃いな。

逆に、

意外とキタサンブラックの印が薄い。

もっと◎が並ぶかと思ったが・・・

 

しかし外枠のダービー馬の印が寂しいね。

私が狙ってる馬もほとんど印なし。

能力差はないと思うけどなー。

 

さて。

 

キタサンブラック来たらゴメンよ~!

 

■天皇賞2017予想印

 

ヤマカツエース(8番人気)

能力差はちょっとでも、オッズの差は開く・・・これは人生においても良くある話であるが、競馬において良くある話であり、今回のヤマカツエースもそうだと思う。この馬が本格化したのは昨年の暮。距離が長いと思われた有馬記念では0.3秒差の4着、大阪杯では鋭く詰め寄るも0.2秒差の3着。この実績が示す通り、キタサンブラックやサトノクラウンとの能力差はわずか。こんなもんは適正や調子や展開で変わる差であり、今回その最大のチャンスだと見る。

札幌記念を使われたのは「距離」「間隔」を考慮してのもので、負けたのは展開の綾。間違いなくココが目標であり、調教は超抜絶好調。重い馬場も得意なタイプで極悪馬場にならない限りこなせると思う。理想は「稍重」~「重」かな。屋根は大舞台でこそ買いの池添。一発狙って欲しい。

 

サトノクラウン(2番人気)

私が本命党ならこのに◎。道悪は鬼。いや、良馬場でもこの馬相当強いと思ってるんだけど、この馬場なら圧勝もあるだろうね。なによりGⅠハンターの鞍上が怖いよな。ただ、この馬は「ムラ駆け」タイプで、負ける時はアッサリ。もしかしたらジャパンカップの方が狙い目かもしれない。

 

ネオリアリズム(7番人気)

◎と相当迷ったけど・・・この馬の不気味さったらないよな。昨年の札幌記念でモーリスを負かした馬。もしかしたら相当強いかも・・・と思っているんだよね。ただ、札幌記念を使えなかったのは誤算だし、目標は香港って気もせんでもない。

 

△リアルスティール(3番人気)

良馬場ならもっと厚い印打つ予定だったんだが・・・

 

△レインボーライン(14番人気)

☆ディサイファ(17番人気)

 

馬単 ◎◯▲ BOX@200円

馬連 ◎-△☆ @100円

三連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!ヤマカツエース!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

グリエルの人種差別行為が全米に波紋。ダルは不快感、本人は「謝罪したい」

ダルビッシュは人間出来てんなあ・・・日本でも差別を受けてきたはずだし、海を渡ってからも公にならない差別を沢山受けてるだろうに。パーフェクトな人間はいない。あなたも私もそうだ・・・。

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
東京3R 7番
東京12R 6番
京都2R 9番
京都6R 7番
京都12R 1番

■モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【アルテミスS2017予想】東京芝1600mで行われる2歳牝馬GⅢアルテミスS。今日の東京は雨。スピードとともに重馬場適性が問われる一戦となった。各馬の道悪適正は?展開・隊列はどうなる?狙いは調教抜群評価のラテュロス!単勝。ヒモにトロワゼトワル、スカーレットカラー、シスターフラッグ、爆穴にハイヒール。

 

昼の時点で、

東京はまだ降っていないようだが、

 

 

天気予報では「曇のち雨」。

降水確率は90%。

 

ギリギリもつかもしれんし、

雨量にもよるが、

そこまで悪い馬場にはならんかもしれんな。

 

稍重くらいか?

雨量によっては重までなっちゃうかも?

 

■アルテミスS2017土曜朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

うげえ・・・!

 

狙っていた馬が人気になっとるがな!

 

netkeibaの予想オッズでは中穴だったんだけどな~。

 

ま、こんだけ調教良ければしゃーないか。

 

先に重馬場適性見よう。

 

■アルテミスS2017重馬場適性。

とはいえ・・・キャリアが浅い2歳馬であるゆえ、戦績からはほとんど判断出来ない。だから、以下は血統面の評価である。あしからず。

【重馬場が得意そうな馬】

ハイヒール
重馬場での勝鞍がある唯一の馬。父は産駒数が少なく適正良く分からんのだが、母父エルコンドルパサーにはサドラーズウェルズの血が入っており、重馬場は得意そうやね。

ラテュロス
母父タッチゴールドは道悪は鬼のデピュティミニスター系。この系統とディープインパクトは有名なニックスであり、フレンチデピュティやクロフネとの配合はとても多いよね。この配合は道悪もこなす産駒が多い。この馬がどうかは分からんけど。

ウラヌスチャーム
父ルーラーシップは道悪の鬼であったが、産駒のキセキが極悪馬場の菊花賞を勝った通り、産駒も道悪は得意なのかもしれんな。

スカーレットカラー
ヴィクトワールピサはパワー系SSネオユニヴァースの系統。切れる馬も出すがどっちかといえばパワー系ぽい。道悪はこなしそう。

シスターフラッグ
父はルーラーシップ。母系はゴールドシップの近親だから・・・道悪は鬼かもしれない。すでに洋芝実績あるしなあ。

ラッキーライラック
父オルフェーヴルは道悪の鬼であったな。そんで母系もパワー系アメリカ血統。道悪は大歓迎かも?

現時点で道悪が得意と言い切れるのはハイヒールとシスターフラッグくらいかな。しかし、ハイヒールはなんでこんなに人気ないんだ?調教も良さそうだし、兄弟走ってるし、私の感覚では5~6番人気でも良さそうだけどなあ。

 

展開見てみるべ。

 

■アルテミスS2017展開予想

逃げ候補は
サヤカチャン
トロワゼトワル
シンデレラメイク

先行勢は
ハイヒール
ラテュロス
タイドオーバー
グランドピルエット
ラッキーライラック

差し勢は
ダノングレース
スカーレットカラー
シスターフラッグ
パッセ

追い込み勢は
ミスマンマミーア
ウラヌスチャーム
トーセンブレス

一応列べてみたが、キャリアの浅い2歳戦だけにかなり不確定だけんな。特に1戦1勝馬なんてのは2戦目で行きっぷりが変わるケースも多いし。緒戦は出遅れちゃう馬もいるしな。

ただ、人気になりそうな馬は後ろからになりそうで・・・良馬場ならともかく、重馬場になったら後ろから来れるかどうか?ペースにもよるし・・・

 

まあ2歳戦は難しいわな。

 

さてと。

 

もう単純に好きな娘で逝こう。

 

じゃなかった(笑)、

 

狙っていた馬で逝こう。

 

■アルテミスS2017予想

 

ラテュロス(4番人気)

前走の未勝利戦はスローからの瞬発力勝負で、時計的にもあまり評価が高くないようだが、好位で折り合って正味ラスト200mだけの競馬。スパッと切れて見た目以上の圧勝であった。センス・瞬発力共に申し分なく、調教を見れば古馬も真っ青の内容。イマイチ人気になってない今回が狙い目だと考える。単勝勝負。

 

△トロワゼトワル(6番人気)

△スカーレットカラー(10番人気)

△シスターフラッグ(8番人気)

△ハイヒール(12番人気)

 

単勝 ◎ @3000円

三連単 ◎→△→△ @100円

 

頑張れ!ラテュロス!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

キタサン引退までのカウントダウン。雨模様の天皇賞・秋、状態は?

明日の馬場はどうなるかな~。キタサンブラックが強いのは百も承知だが、道悪歓迎の口じゃないのは確かだよね~。荒れるかもよ~。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

【スワンS2017予想】京都芝1400外回りで行われる別定GⅡスワンS。今日の京都は雨?重馬場になる?各馬の重馬場適正は?展開・隊列はどうなる?思い切って道悪適正重視&前残り決め打ちで逝くか!狙いは調教抜群のムーンクレスト!ダノンメジャー!ヒモ穴にビップライブラリー!爆穴にフミノムーン!レッツゴードンキは押さえ。

 

土曜の京都は、

 

雨予報である。

 

 

雨雲レーダーを見るとすでに結構降っている感じで、

馬場の悪化は避けられない見通し。

 

問題はどのくらい悪化するかだな。

 

まさか先週の日曜日みたいな馬場にはならんと思うが、

ある程度の道悪は想定しておいた方がいいだろう。

 

■スワンS2017土曜朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

スワンSの過去レースは「外枠有利」なんだけど、

京都芝1400m外回りコースは基本「内枠有利」である。

 

ただ、馬場の悪化を考えると、

レースが進むに連れ内が荒れてくるだろうから・・・

外枠の方が有利かもしれんなあ。

 

これは現時点では何とも言えんので、

各自馬場状態はチェックして欲しい。

 

まず、重馬場適性から行くか。

 

■スワンS2017重馬場適性

※【かっこ】内の数字は、重馬場・不良馬場+馬場指数6以上の馬場における成績である。良馬場や稍重でも重い馬場の時があるけんな!

【重馬場適性が高そうな馬】

ビップライブラリー【2.2.0.1】
成績からも血統からも道悪は鬼である。悪ければ悪いほどいい。

レッツゴードンキ【2.1.1.0】
ダートでも走れるパワー型。重馬場は大得意。

トーキングドラム【1.2.1.3】
重い馬場では崩れたことがない。道悪は歓迎。

セイウンコウセイ【2.0.0.0】
重かった高松宮記念の勝馬。重馬場は得意。ただ、58kgが・・・。

フミノムーン【2.0.1.0】
極悪馬場だった昨年の京阪杯で上がり最速3着。鬼。

ダノンメジャー【3.0.0.0】
道悪競馬はいずれも圧勝。道悪は鬼。

ムーンクレスト【2.2.3.2】
雨馬はこの馬か(笑)。道悪は鬼。

なるほどなるほど・・・もうこの中から選んでBOXにしちまおうかな(笑)。ただ、3歳馬なんかはキャリアが浅くて良く分からん部分もあるけんな。決めつけない方がいいと思うぞ。

 

展開見てみるべ。

 

■スワンS2017展開予想

逃げ候補は
トウショウピスト
ダノンメジャー
ムーンクレスト
ヒルノデイバロー

先行勢は
ベステンダンク
キャンベルジュニア
セイウンコウセイ
ビップライブラリー
ジューヌエコール
ラヴァーズポイント

差し勢は
レッツゴードンキ
トーキングドラム
フミノムーン
ミスエルテ

追い込み勢は
サングレーザー
ティーハーフ
トーセンデューク
カラクレナイ

行くのはダノンメジャーかトウショウピストか。ただ、ダノンメジャーは1600~1800で結果を出してきた馬だけに1400のペースで行けるかどうかはちょっと分からん。トウショウピストが行ってダノンメジャーが2番手かな。あるいはムーンクレストか。

 

もうね。

 

馬場がどうなるか分からんので、

ペース予想は不可能なんだけどね。

 

トウショウピストはスローに落とすタイプの逃げ馬ではなく、

平均ペースで行ける馬である。

まあスローの瞬発力戦にはまずならんだろうし、

この馬場だから後ろから差すのは難しかろう。

 

こうなったらもう・・・

ヌルヌルの先っぽ重視で逝くか!

(訳:重馬場適性+逃げ先行馬で行くか!)

 

 

このレース、前が強いのはデータからも明らかだしね。

スワンSのデータ分析はこちら

 

調教チェックはモッコリ倶楽部にて公開中。

 

浅次郎の先っぽ馬券んんん!!

入れてすぐ逝かないでくれよ~!

 

■スワンS2017予想印

重馬場適正&前残り狙いで逝くぜ~!

 

ムーンクレスト(9番人気)

もうちょい人気落ちると思うけどね。この馬、実は昨年のこのレースで0.4秒差5着に好走しててね。この舞台で走るだけの素地はあるわけよ。そんで、その後月イチペースで休みなくレースに出走してるんだけど、やっと勝ったのが前走のポートアイランドS。スワンSの最重要ステップの一つなのであるが、これが完勝と言える内容。そして今回さらに上積みを感じる調教内容。重馬場は鬼。鞍上は穴メーカーの極。条件は揃った!頼むぜ極!

 

◯ダノンメジャー(5番人気)

▲フミノムーン(11番人気)

△レッツゴードンキ(1番人気)

△ビップライブラリー(10番人気)

 

馬単 ◎流し @100円

馬連 BOX @100円

三連複 ◎流し @100円

三連単 ◎→◯▲ @100円

 

頑張れ!ムーンクレスト!

 

 

【おまけ】土曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
新潟6R 12番(1番人気1着)
東京6R 3番(1番人気1着)
東京8R 7番(1番人気3着)
東京12R 14番(1番人気1着)

■モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【天皇賞秋2017調教チェック】東京芝2000mで行われるGⅠ天皇賞秋。各馬のデキはどうなの?調教で状態をチェックだ!追い切り抜群の馬は?調教から見る穴馬は?キタサンブラックの調子はどうなの?ソウルスターリングは買い?特A評価はヤマカツエース、リアルスティール、ネオリアリズム!調教爆穴にレインボーライン。

 

天皇賞秋の枠番出たね。

 

各陣営のコメントはこちら。

天皇賞秋2017枠順コメント

 

■天皇賞秋2017枠順

netkeibaより抜粋

 

サトノクラウン、ネオリアリズム、リアルスティール、ヤマカツエースはいい枠引いたねえ。この枠なら無理なく好位~中団前目のチンポジが取れそう。

 

キタサンブラックは真ん中内目で問題ない枠だろうけど、もうちょい内が欲しかったのが本音だろう。個人的にはもうちょい外に入って欲しかったなあ。そしたらバッサリだったのに(笑)。

 

ソウルスターリングは毎日王冠で絶好枠過ぎて(1枠1番)行っちゃったので、このくらいの枠で良かったかも。キタサンブラックの後ろに付けたいところやな。

 

ステファノスはこの枠だと微妙だなあ。オールカマーでは好位の競馬をしたが、この枠なら中団からの競馬になりそうな。前に行けるかな?

 

グレーターロンドン、サトノアラジンはどうせ後ろからなんでこの枠でも問題ないだろう。マカヒキはどうすんのかな?この枠なら覚悟を決めて脚を溜めた方がいいような気もするが・・・

 

シャケトラは正直内枠希望だっただろうね。この枠から前に行くのは厳しい。ただ、折り合いに難がある馬なので、ゆっくり出してインに入れ、折り合いに専念するのも一つだと思う。

 

さて、

 

待ったかいベイビー!

 

 

調教チェック逝くぜ~!

 

■天皇賞秋2017調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによる剛掌波ジャッジである。あしからず。あ、それから、今回の調教は東西ともに馬場が重く、時計の比較をするのがとても難しかったことを付け加えておく。調教映像はJRAのHPからも確認出来るぞ!→JRA調教映像(金曜の昼頃更新)

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

サトノクラウン
南W稍重【53.8-38.5-12.7】馬なり 助手
ノーザンF空港から9/27に帰厩。この馬、掴みどころが無くてさ。調教で状態を測るのは難しいんよ。宝塚の時もイマイチっぽい内容で勝っちゃうしさ。今回も1週前に一杯併せで遅れ・・・手応えもタイムも非常に悪かったのである。しかしこれで変わったのか・・・最終追いは軽快な動きで38.5。一変注意である。

ネオリアリズム 特A評価
南W稍重【52.4-38.4-12.3】馬なり 助手
ノーザンF空港から9/29に帰厩。あ、この馬、最初は札幌記念に出走する予定だったんだっけ。なんで回避したんかな。ま、結局ブッツケになったわけだが、順調に乗り込まれて2週前はサトノクラウンと併せて好時計。一週前は3頭併せで好時計。そして最終の動きが圧巻。終始馬なりで手応え抜群のまま38.4-12.3。調教映像の時計だと37.7-12.1になっとるな(ちなみに、調教時計は測る人によってかなり変わるのでアテにしずらい。出来るだけ同じ媒体の時計で比較した方がいいぞ)。特A評価。

リアルスティール 特A評価
栗東坂路重【52.4-38.0-24.8-12.2】仕掛け 坂井
うげえ。こりゃ文句なしの動き。中2週で時計も2本だけだが、気合を付けられるとスッと反応してあっという間に突き放すあたりの動きが抜群である。ただ、この馬、いっつも調教走るんだよね。調教だけ見れば前走の方が上に見えなくもないんだが・・・どうなんだろうね。しかしまあ、ここが最大目標の馬。メイチ仕上げ特A評価。

ヤマカツエース 特A評価
CW重【86.3-69.9-54.3-38.6-12.1】馬なり 池添
いやあ・・・これは文句なし。終始馬なりだったが、それでもスピード感抜群で好時計。1週前は一杯に追って【51.5-38.0-12.2】。併せ馬で豪快に先着してこれまた素晴らしい動き。乗り込んで11本。絶好調。特A評価。

キタサンブラック
CW重【84.1-68.1-53.7-39.8-13.1】馬なり 黒岩
宇治田原優駿Sから9/16に帰厩。週2本ペースで順調に乗り込まれて9本。最終は軽めの調整であったが、3週前に一杯で好時計を出しており、状態は問題なく走れる態勢にあると思う。ただ・・・同じ休み明けだった大阪杯の時と比べるとなあ。。。先まで見据えた仕上げに見える。

レインボーライン 調教爆穴
栗東坂路重【55.1-39.9-26.3-13.1】馬なり 鮫島
この馬、水曜・木曜ではなく、日曜日に実質的な最終追い切りを行う珍しい馬である。その日曜日の追い切りが【52.5-38.7-25.6-12.7】。ご存知菊花賞当日のもので、同じ重馬場でも相当力の要る坂路だったと思われるが、そんな中で上がり最速の52.5を計時。今回休み明けでわずか4本しか調教を行っていないが、これはノーザンFしがらき(10/13に帰厩)でみっちり仕上げられたからではなかろうか?評価は上がってないが宝塚記念5着馬。調教爆穴に指定。

ソウルスターリング
南W稍重【65.8-51.0-37.2-12.5】仕掛け ルメール
デビュー以来、ずっと「馬なり」で調教されてきた馬である。桜花賞の時もオークスの時も全ての調教が馬なり。それが今回初めて強めに追われ・・・37.2-12.5の好時計。フットワーク、トビのバランスともに申し分なし。この攻めの調教が吉と出るか凶と出るかは分からんが、状態的には間違いなく前走以上。ただ、一週前追い切りで掛かり気味に行ってしまったのがちょっと気になる。また、行ってしまうかも?

ロードヴァンドール
CW重【81.0-64.3-50.2-37.5-12.5】一杯 太宰
調教駆けする馬だから、このくらいの時計が出ても驚かないんだが・・・それにしてもいい動きに見えたな。

サトノアラジン
CW重【68.6-52.6-38.9-11.8】仕掛け 川田
終いだけ伸ばすいつもと同じメニュー。併せた相手が格下過ぎて併せ馬になってなかったな。非常に順調。問題は馬場と距離。

 

今回、馬場の悪いCWを嫌ってか・・・芝追いに切り替えた馬が何頭かいるんだよね。ステファノス・マカヒキ・シャケトラあたりなんだが、こうなるとタテの比較が出来んので良く分からんのだよね。個人的にはステファノスは良く見えたんだが・・・

 

特A評価は3頭。最も良く見えたのがヤマカツエースである。乗り込み量・負荷・動きともに文句なし。いい枠引いたし、好勝負必至だ!それからネオリアリズムの動きも良かった!海外帰り+休み明けであるが、むしろココが狙いのように見える。あとリアルスティールも絶好調キープ。おそらく前走で99%仕上がっていて、今回は100%のデキだと思う。もしかしたら前走が100%で今回が99%かもしれんけど。

 

さて・・・

 

どうも土日の東京は雨模様・・・

 

 

セックス依存症の希ちゃんに優しくされたーい!

(・・・という役らしい→雨が降ると君は優しい

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

雨が降ると競馬は難しくなるのは間違いない。

 

各馬の重馬場適正は、

こちらに追記しておいたので、是非チェックしておいてくれな。

天皇賞2017データ分析、重馬場適性

 

最終結論は日曜日。

 

もちろん、モッコリケツ馬券で逝くぜ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

<神鋼JIS取り消し>顧客離れ拡大も 不正発覚、後絶たず

不正・改ざんはダメですわ。ちゃんと反省し、再発防止の仕組みを作り、責任の所在も明確にしなければならん。JIS取消やら信頼失墜は自業自得だろう。「安全」に関連する企業だから尚更だろう。しかしそれと同時に、マスコミの「追い込み方」にも疑問を感じる。神戸製鋼所には関連企業も沢山あるわけだし、働いてる人も大勢いるのである。不正とは全く関係なく、真面目に働いてる人も沢山いるだろう。このままだと潰れちまうぞ?

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

【アルテミスS2017データ分析】東京芝1600mで行われる2歳牝馬GⅢアルテミスS。トーセンブレス、グランドピルエット、ウラヌスチャームあたりが人気になりそうだが、荒れるかも?データ分析では外枠有利?脚質は先行か差し。スローの瞬発力勝負濃厚。穴馬候補はラテュロス、シスターフラッグ、スカーレットカラー、タイドオーバー。

 

2歳の牝馬戦。

 

正直言ってサッパリ分からんのだが、

 

まだ、海のものとも山のものとも言えない乙女馬が

過剰人気になることもあるわけで。

 

2015年のデンコウアンジュのように

ここで大穴を開けた馬が

またいつか大穴を開けたりすることもあるわけで。

 

それなりに面白いよね。

 

まあ「ケン」が正解だろうけど、

 

ちょびっとだけ馬券を買って楽しむのもまた一つ。

(こういうレースで大勝負しちゃダメよ~)

(裏情報とかヤリ情報なんかも頭から信用しない方がいいよー)

 

■アルテミスS2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

馬より騎手で選んでるんじゃね?

 

という感じの予想オッズになってますな。

そんで「1戦1勝馬」に人気が集まるようだ。

(みんな、可能性のある馬が好き)

 

重賞や特別の好走馬の方が人気薄になりそうで、

これはオッパイチラリですなぁ~うっひっひ!

 

 

げ、

 

ゲフン。

 

さてと、

 

チクビ見るか。

 

じゃなかった(笑)、

 

データ見てみるか。

 

■アルテミスS2017JRAデータ分析

JRAデータ分析より

JRAのデータで気になるのはこれですなあ。過去5年しかデータが無いんだが、キャリア1戦の「新馬勝ち」組は【0.1.1.9】の成績。重賞やオープン特別組もまあ似たり寄ったりであるが、「新馬勝ち」が優位ってわけじゃなさそうだ。むしろ未勝利戦勝ちの馬の方が狙い目。ココロノアイ・デンコウアンジュ・リスグラシューと3年連続で該当馬が1着。今年の該当馬は3頭だけだぞー。

・スカーレットカラー
・タイドオーバー
・ラテュロス

いずれもチクビ薄っぽいなー!狙い目だぜこれー!

 

さて、アルテミスSのデータは5年分しかないので・・・

2歳の東京マイル戦で、

500万~オープンのデータを集めてみるか。

 

■アルテミスS用近似データ、枠番別成績

上の条件で集まったのは、アルテミスSとサウジアラビアRC(旧いちょうS)と赤松賞の過去10年のデータ。これで見ると・・・比較的、内より外が有利っぽいな。1枠・2枠の成績もいいけど。

 

■アルテミスS用近似データ、馬体重別成績

2歳戦だけに馬格のない馬も好走しているが・・・それでも419kg以下は厳しいな。私はあんまり気にしないけど。。

 

■アルテミスS用近似データ、騎手別成績

うおっ!横典すげえな!馬券率はもちろん回収率もすんごい!田辺は人気でも押さえが必要か・・・

 

■アルテミスS用近似データ、間隔別成績

休み明けの馬も走るし、間隔が短い馬も走るね。

 

■アルテミスS用近似データ、種牡馬別成績

ディープインパクト、ハーツクライ、ステイゴールド・・・とリーディング上位の種牡馬が列んでんな。ディープインパクトはどうしても人気になっちまうんだが、ステイゴールド、クロフネ、ダイワメジャー、シンボリクリスエスあたりが狙い目かな。

 

■アルテミスS用近似データ、脚質別成績

2歳の東京マイルは「スローの瞬発力戦」が基本。逃げ馬の成績・回収率がこんなに悪い条件も珍しいな。基本は先行チョイ差しの瞬発力型か。中団差しの瞬発力型。とにかく上がり1位の馬がベラボーに強い。瞬発力必須である。

 

現時点で瞬発力高そうな馬を挙げておくか。

・ウラヌスチャーム(新潟1600で32.0)
・トーセンブレス(中山1600で34.0)
・ラッキーライラック(新潟1600で33.1)
・ラテュロス(阪神1600で33.9)

もちろん、こんなもんはペースや馬場や位置取りで変わるので一概には言えんぞ。特に新馬戦は超スローになることが多いので、正味3Fだけの競馬になったりするし、洋芝だとどうしたって35~36秒前後になっちまうから比較難しいしな。

 

ケツデータ論。

・内枠より外枠?

・先行か差し。逃げは辛い?

・スローの瞬発力勝負。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、札幌2歳S4着のシスターフラッグ。叔父にゴールドシップがいる血統だし、父ルーラーシップだから距離が伸びて良さそうなんだけど、2歳の牝馬戦線ってマイルまでなのよね。牝馬限定の2000mGⅢとかがあってもいいと思うけどなあ・・・。脱線したが、牡馬に混じってGⅢで4着は能力があってこそ。ここでも能力上位と思うけどな。マジでこんな人気になる?

 

そんでマジ顔で狙いたいのがスカーレットカラー。新馬戦で負けたアマルフィコーストは中京2歳S勝ちの2戦2勝馬。未勝利戦で負かしたシャルルマーニュはアイビーS2着馬である。

掛かり気味に追走しながら大外ブン回しで豪華に突き抜けてみせた。今回3ヶ月の休み明けとなるが、相当の素質馬であるのは間違いなく、ココを勝って阪神JFの有力馬の一頭になる・・・ような気がする。

 

そんでドヤ顔で狙ってるのがラテュロス。この馬・・・こんな人気で買えるのはこれが最初で最後かもしれんぞ?

これは未勝利戦でのものだが、直線追ったのは最後の200mのみ。追われたからの反応鋭く一瞬で前を捉えて見せた。一瞬のキレ味抜群。センスもいい。新馬戦は致命的な不利を受けての敗戦で、能力は相当だと思う。

 

最後に、爆穴タイドオーバー

確かにレースレベルには疑問符が付くかもしれんが、好位から先に抜け出し、最後は突き放したレース内容はなかなか。単純な比較が出来ないのは百も承知だが、前日の新馬戦を勝ったグランドピルエット(今回2~3番人気?)と同タイム。中山より東京が合いそうだし、一発あっても何ら不思議ないぞ!

 

後は、

 

調教をチェックしつつ、

 

オッパイとチクビと相談しながらね~。

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

北朝鮮、「太平洋上で水爆実験」示唆は文字通り解釈を=CNN

「憲法は今のままでいい、北朝鮮問題は対話で解決するべきだ!」と言ってる政治家や知識人達は沢山いるわけだが、仮に、北朝鮮が太平洋上で水爆実験を行っても同じことが言えるのだろうか?例えるなら北朝鮮は「隣に住んでる凶暴な異常者」である。

 

隣に住んでる布団叩きババアが・・・

銃とナイフもって毎日毎日布団叩いてるようなもんである。そんで時々、こっちにナイフ投げるフリをしたり、銃を向けたりしてくるわけ。

 

・・・対話出来るかこれ?

 

出来ん!私には出来ん!

 

トランプ警察に任せるのが一番だし、もし「話し合いをする」なら少なくともコッチも武装しないと無理でしょうよ。「対話で」と言ってるヤツは、どうやってババアを説得するのか教えて欲しい。お金を上げるから、とか言わないでくれよ?

それに、対話はずっとして来たっつの(経済的な支援も)。その結果が現状である。問題は警察が何もしなかったらどうするか?ババアはコッチが何も出来ないことを知ってるんだから、ずっと布団叩き放題だ。一生このババアに怯えて暮らす羽目になるぜ?

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【スワンS2017予想、データ分析】京都芝1400mで行われる別定GⅡスワンS。今年はレッツゴードンキが主役を務めるが、データはどうなってる?レースは外枠有利もコースデータでは内枠有利。脚質は断然逃げ・先行。騎手は?種牡馬は?馬体重は?穴馬候補はダノンメジャー、ヒルノデイバロー、ムーンクレスト、ケントオー。

 

なんか、また

 

台風が来てるみたいやな。

 

 

この感じだと、

週末の競馬には影響なさそうだけどね。

 

先週の台風と同じような進路になりそうなんだとか。

 

皆様も注意されたし。

 

■スワンS2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

レッツゴードンキ?

 

スプリンターズSから中3週?

 

ってことは、マイルCSには出ないのかな?

(スワンSからマイルCSは中2週)

 

マイルCSに行くなら直行でいいもんなあ。

ってことは、

ココ使ってから香港かな?

 

セイウンコウセイもそれだなきっと。

 

データ見てみるべー。

 

■スワンS2017JRAデータ分析

JRAデータ分析より抜粋

外枠有利・・・?

 

3~4歳が強いねー。

 

馬格があった方が強い。

 

なぜココだけ「過去5年」になるのか謎だが、前の馬有利っと。

これは「過去10年」にしたらどうなるのか・・・あとで見てみよう(笑)。

 

さてと。あとは自分でやろう。

 

■スワンS2017データ分析、枠番(過去10年)

うむ。確かの外枠の成績が良いですな。回収率も高いし。人気馬が偏って外枠にいたわけでもなさそう。だけんどもしかし・・・ちょっと待て。

 

 

これは過去10年の京都芝1400m外回りでの枠番別成績

これを見るとむしろ「内枠>外枠」である。

時期的な問題でスワンSが外枠有利になっている可能性はあるが、レースデータを見て「外枠有利」と信じない方がいいと思う。特に今回・・・先週の馬場が異常だったため、馬場がどうなっているか謎である(内が荒れてる?)。馬場は要チェックだぞ。

 

■スワンS2017データ分析、騎手(過去10年)

福永要注意だなあ。複勝率60%かよう。池添、四位、和田ドラゴンにも注意。

 

■スワンS2017データ分析、馬体重(過去10年)

確かに480kg~の馬が強いんだが、460~479kgのゾーンも問題ないね。厳しいのは459kg以下。人気の一角になりそうな3歳牝馬ミスエルテは前走446kg。馬体戻ってるかどうかは要注目だな。

 

■スワンS2017データ分析、間隔(過去10年)

休み明けの馬も走るだが、一番強いのは4週(中3週)組。これは基本的にスプリンターズS組なんだけども、実はポートアイランドS組も含まれてて過去3勝を挙げているのである。スーパーホーネット、マイネルレーニア、コパノリチャードがその3勝。今年のポートアイランドS組は・・・ムーンクレスト・ケントオー。爆穴だね~。

あとスプリンターズS組は着順不問。惨敗からの巻き返しもあるぞ。京成杯AH組オパールS組にも注意。

 

■スワンS2017データ分析、種牡馬(過去10年)

ディープインパクトやダイワメジャーが強い。キンカメがイマイチなんだが・・・さてレッツゴードンキはどうかな?

 

■スワンS2017データ分析、脚質(過去10年)

まあ、どんなコースでも最強なのは「逃げ馬」なんであるが、スワンSの逃げ馬の成績半端ねーな。複勝率70%だってよ。先行馬も相当に強くて、それは「上がり3F」の数字にも表れているな。まあ上がり1位が強いのは当然なんだが、他のレースに比べりゃかなりイマイチ。それより上がり6位以下の馬の強さが光る。

つまり・・・ダーーーーッと行って坂を登って・・・下りで勢い付けて・・・そのまま勢いに任せてホテルに連れ込みたーい!ってスケベ馬が結構残っちゃうわけだ。もちろん、外回りコースで差し馬も飛んでくるわけだが・・・穴馬の脚質はどうなんだろうね?

 

■スワンS2017データ分析、3着以内馬(過去10年)

2016年のエイシンスパルタン、2013年のコパノリチャード、2012年のテイエムオオタカ、2010年のジョーカプチーノ、2008年のマイネルレーニア・・・穴を開けるのはやっぱり、

 

逃げ馬!

 

だね。あとは2016年のサトノルパン、2013年のサダムパテック、2011年のオセアニアボス、2010年のショウナンアルバ・・・上がり上位の差し馬も穴を開けるぞ。

 

■スワンS2017データ分析、前走4角位置(過去10年)

JRAのデータに対抗して調べてみたのだが・・・前走の4角位置1番手は【4.2.1.18】で相当強い。5番手以内で【6.5.4.41】と馬券の大半を占めており、基本的に前走でも前目に付けた馬が有利なのは間違いないだろう。

ただ、「前走4角8番手以下は厳しい」という書き方は非常に極端で、過去10年のデータを見れば「前走4角7番手以下」でも【3.4.6.80】・・・と結構馬券になっているのだ。

そもそも4角の位置取りってのはかなり曖昧だしね(並んで回ってくる場合はどっちが前なのかなんてわかんないよね)。

 

ケツデータ論。

・スワンSは外枠有利。京都1400は内枠有利。

・逃げ馬天国。

・スプリンターズS惨敗組orポートアイランドS?

 

穴馬候補を挙げておこう。まず逃げ馬候補のダノンメジャー。1800路線からの距離短縮となるが、これが吉と出る可能性もあり、なにより脚質的に狙いたい一頭である。他に明確な逃げ馬っていないんだよねえ。ただ、鞍上武豊みたいなので・・・結構人気になっちゃうかな?

 

それからオパールS組のヒルノデイバロー。京王杯SCではレッドファルクスから0.4秒差の4着。前走のオパールSではソルヴェイグと首差の2着。ここでやれるだけの能力あると思うけどね。

 

そんで、マジ顔で狙ってるのがポートアイランドS組のムーンクレスト

2番手追走から押し切ってゴール。負かしたのは重賞勝ちもある強豪マイネルハニー。脚質は京都1400にピッタリだし、叩き2戦目の上積み、勢いも有りそう。人気薄になりますように。あと、超爆穴にケントオーかな∠(`・ω・´)。

 

さて、今週の土曜日は

 

「釣り(タイラバ)」に行く予定で、

 

久しぶりに土曜競馬はサボろうかと思ってたのだが、

 

台風が来るとなると無理だろうなあ。

 

ま、そうなったら競馬を楽しむだけの話だけど(笑)。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

広島のCS敗退、ペナント独走優勝の価値考える機会に

確かに今回のDeNAの戦いぶりは見事であった。ただ、ペナントレースの価値を考えると・・・なんだかな~っ?と思う広島ファンも多かろう。それと同時に、CSがあった方が盛り上がるのは確か。

ではこういう案はどうだろう?まず、ファーストステージでは2位に1勝のアドバンテージを付ける。そして最終ステージ・・・2位のチームが勝ち上がった場合は、1位に1勝のアドバンテージを付ける。そんで3位のチームが勝ち上がった場合は、1位に2勝のアドバンテージをつけるのだ。それでも下克上ならみんな納得すると思うし、現実的に短期決戦で2勝のアドバンテージを覆すのは至難である(4勝1敗が必要)。

一野球ファンとしては・・・やっぱり日本シリーズは「セリーグ覇者vsパリーグ覇者」が見たいんだよねえ。明日はドラフトか。これも楽しみやな。

 

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【天皇賞秋2017データ分析】東京芝2000mで行われるGⅠ天皇賞秋。今年は豪華なメンバーの天皇賞秋になりそうだが、また雨?重馬場?適正は?データ的には、内枠有利。脚質は先行・差し互角。休み明け強し?ディープインパクト産駒は2着?穴馬候補はマカヒキ、サクラアンプルール、ヤマカツエース、ネオリアリズム、レインボーライン。

 

菊花賞はもうドウニモドモナラズであったが、

 

天皇賞はモッコリしたいね~。

 

■天皇賞秋2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ふむ。

 

1番人気はブッツケでもキタサンブラックだろうね。

2番人気は毎日王冠を快勝したリアルスティール。

 

まあこの辺は想定内だが、

 

ソウルスターリングの評価ガタ落ちですなあ。

2~3番人気になると思ってたが・・・

前走の大敗で愛想つかしたファンが多いのかな?

 

人の心と秋の空と馬の人気・・・

世の遷り変りは早いですな。

 

(あとチンコの衰え)

 

私は、オークスの内容から

ソウルスターリングの能力は相当だと思っていて・・・

大穴党であるがゆえにこの馬から買うことはないのであるが、

この人気なら買いだと思うわい。

 

さて、

 

データ見てみよ。

 

■天皇賞秋2017JRAデータ分析

JRAデータ分析より抜粋

 

お、こりゃいいな。過去2走以内のGⅠ連対実績か・・・該当するのは、

・キタサンブラック(天皇賞春1着)
・サトノアラジン(安田記念1着)
・サトノクラウン(宝塚記念1着)
・ソウルスターリング(オークス1着)
・ネオリアリズム(クイーンエリザベス2世C1着)

近2走に限ってしまうとこの5頭のみだが、1年以内に範囲を広げると、

・ステファノス(大阪杯2着)
・リアルスティール(天皇賞秋2着)
・レインボーライン(菊花賞2着)

こんな感じ。この中から勝ち馬が出そうな感じするね。

 

回りくどい言い方をしているが、これは「毎日王冠」「安田記念」「エプソムC」・・・あるいは「ダービー」「オークス」を指すんだと思われる。最も関連が深いのは当然「毎日王冠」。

 

天皇賞秋は、2200~2400の中距離タイプ・・・よりもむしろ1600~1800のマイラータイプの方が好走しやすい感じあるな。もちろん実績ある中距離馬が勝つ時もあるんだが・・・年によってはマイラータイプの馬が勝ってしまうこともある。スタミナよりスピードとキレ。

 

あとは自分でやろう。

 

■天皇賞秋データ分析、枠番別成績

東京芝2000mは2コーナーポケットからの発走で、基本的に内枠が有利なコースである。それは天皇賞秋でも同じ傾向で、全体的に内枠が有利なのは間違いないだろう。しかし6~7枠が善戦している通り、外枠が来ないってわけじゃないけんな。ただし、大外8枠は割引だ。

 

■天皇賞秋データ分析、馬体重別成績

459kg以下の軽目の馬は厳しいね。

 

■天皇賞秋データ分析、間隔別成績

特筆すべきは「休み明け馬」がかなり馬券になるってこと。いつしか天皇賞秋はジャパンカップの前哨戦みたいな位置づけになっており、大物は「天皇賞秋→ジャパンカップ→有馬記念」の秋3戦ってのが一般的になった。まあ、賞金を見れば自然とそうなるわな。昔は秋4戦って馬も結構いたけどね~今はそういうタフな馬は少なくなったよね。

あと、鬼のように強いのが3週(中2週)の「毎日王冠」組。秋天は「休み明けの実力馬」vs「毎日王冠組」という構図であり、基本的に馬券はこれだけでOK。あとは稀だが・・・札幌記念組。

 

■天皇賞秋データ分析、騎手別成績

武、デム、横典、福永あたりは要注意ですな。宏司はどの馬に乗るんだ?

 

ヒロシです。

 

ヒロシおもしれえな。ネガティブ日めくり買おうかな(笑)。

 

■天皇賞秋データ分析、種牡馬別成績

ほほー・・・ディープインパクト断然かと思いきや、出走数多い割には勝ててないのね。2着は多いけど。今年は7頭のディープインパクト産駒が登録しているが・・・また2着までだったりしてね。

 

■天皇賞秋データ分析、脚質別成績

基本瞬発力優位のコースだけに逃げ馬は厳しい。馬券はやはり「先行」と「差し」が基本だが、見た目互角だねえ。頭は差し馬、堅実なのは先行馬・・・。

あと当然ながら「上がり3F」上位馬が強い。瞬発力必須のレースだ。

 

■天皇賞秋データ分析、3着以内馬

こうやって見ると分かりやすいよね。「先行→差し→差し」「差し→先行→差し」といったパターンが多く、先に抜け出した先行馬に、坂を登ってから差し馬が襲いかかる構図。ただ、後方からの追い込み馬は2~3着までといった印象。

近2年は先行馬が勝っているが、頭は差し馬の方が買いやすいかなあ。

しかしメンバーを見渡すとね。逃げ馬らしい逃げ馬が不在なのよ。キタサンブラックは控えて2~4番手ってのが理想だろうけど、内枠引いてスタート良ければ・・・ハナに立っちゃうかもよ?あと、前回行ってしまったソウルスターリングはどう出るかな?キタサンとの兼ね合いがまた楽しみである。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、毎日王冠組からマカヒキ。勝ち馬との差はわずか0.3秒であり、言わずもがなであるが、能力は高い。この敗戦で人気ガタ落ちとなる今回が狙い目だと思う。それから、同じく毎日王冠組からワンアンドオンリー。上記マカヒキと首差の7着。もうずっと馬券になってないが、そこまで大敗しているわけではなく、何かをキッカケに復活してもおかしくないぞ。爆穴に一考。

それから札幌記念組のサクラアンプルール。今回不当な人気薄となりそうだが、春の中山記念ではネオリアリズムから僅差の2着、ロゴタイプ・アンビシャスらに先着しており、能力は決して低くないぞ~~!札幌記念では大阪杯3着のヤマカツエース・エアスピネルだって負かしているしな。そのヤマカツエースの最大目標はココ。有馬記念や大阪杯でも上位に入線しているとおり、いつGⅠを勝ってもおかしくない馬。調教要チェック。

休み明けで注目は何と言ってもネオリアリズムだろう。去年の札幌記念でモーリスを負かした馬。その後、何故かマイルCSに駒を進めて3着。天皇賞秋の方が適距離だったと思うけどな・・・使い分けだったのかなー・・・その後、香港では惨敗したが、今年は中山記念を勝ったあと香港のクイーンEⅡ世Cを勝利。もしかしたらとんでもなく強い馬かもよ?あとは、宝塚記念5着のレインボーライン。ここで勝ち負けするには成長が必要だけどな。

ステファノスはオールカマー組で人気落ちてくれるといいのだが・・・東京得意なのバレバレだからなあ(笑)。中穴になっちゃいそう。

 

【追記】重馬場適正

天気予報では週末の東京は雨・・・ってわけで重馬場適性。

 

■天皇賞秋2017重馬場適性

※【かっこ】内の数字は、重馬場・不良馬場+馬場指数6以上の馬場での実績である。良馬場や稍重馬場でも馬場が重い時があるけんな!

【重馬場適性が有りそうな馬】

サトノクラウン【3.0.0.1】
道悪は間違いなく鬼である。雨が降れば降るほど強くなる雨拳の使い手。

ステファノス【1.0.1.1】
圏外の一戦は宝塚記念5着であり、血統面からもおそらく道悪はこなす。

ディサイファ【3.1.1.0】
道悪は鬼。重馬場になったら是非買いたい爆穴。

ネオリアリズム【1.0.1.0】
昨年の札幌記念は雨中の稍重で結構時計の掛かる馬場。そこでモーリスを負かしており、かなり道悪適正は高いと見る。重馬場になったら超怖い一頭。

マカヒキ【0.0.1.0】
ディープインパクト×フレンチデピュティはニックスであるが、道悪適正が高い産駒を良く出す。この馬ももしかしたら得意なのかもしれない。

ミッキーロケット【1.2.0.1】
圏外は今年の京都記念4着。パワー型のキンカメ。

ヤマカツエース【1.0.1.3】
圏外は札幌記念5着、京都記念5着、そして昨年の宝塚記念。タフな馬場だった昨年の有馬記念でも好走しており、道悪は鬼というわけではないが、ある程度力の要る馬場の方がいいのかも。

レインボーライン【1.0.1.0】
重馬場以上の経験はないのだが、血統的には「重馬場は鬼」。

ロードヴァンドール【1.0.1.1】
この馬も重馬場は得意。

気になるソウルスターリングの重馬場適性であるが・・・桜花賞の時の敗因を覚えているだろうか?そう・・・あの時みんな「重い馬場が敗因」と言っていたよねー。だから道悪が苦手とは言い切れないけどね。

それからキタサンブラックは昨年の重めの馬場だった宝塚記念で3着・・・ある程度はこなすが良馬場希望なのは間違いないっしょ。あと、リアルスティールも同じくパンパンの良馬場希望だと思う。サトノアラジンは京王杯SCで大敗した時にはっきり「重馬場が敗因」だと言っていたよね。

グレーターロンドンの重馬場適正は不明だが・・・多分良馬場希望じゃないかなー。

 

ぬお!

 

こう考えると・・・人気各馬はみんな、

 

良馬場希望ぢゃん!

 

(雨降れーあめー!)

 

・・・

 

穴党にとって一番の問題は、

キタサンブラックとサトノクラウンの取捨。

 

両馬ともに、ここがメイチのハズ無く、

 

ジャパンカップや有馬記念が目標。

 

キタサンブラックを買いたくなる気持ちはわかる。

 

例えるなら、

 

山手線の超満員電車の中、

若くてかわゆい女性のお尻

期せずして私の手の甲に密着している・・・

 

 

い、いやいやいや!

 

神に誓ってわざとじゃないとですっ!

彼女は確かにいないけど、本当にわざとじゃないとですっ!

むしろあなたのお尻が当たって来たとですっ!

 

 

でも、

 

でも、

 

どうしても・・・

 

密着した手を・・・

 

動かせない自分がいるとです!

 

ヒロシです。

 

 

・・・みたいな気持ちで(どんな気持ちだ!)、

 

キタサンブラックを買っちゃうわけだ。

 

(痴漢は犯罪です)

 

しかし今回、

 

お尻に密着した手の甲を離す!

 

というのも

 

勇気ある競馬オヤジの決断だと思う。

(勇気いるぜこれは・・・!)

 

みなさま、くれぐれも、

 

お尻から手を離す際に、

 

変な動きをして、

 

痴漢に間違われることのないように(笑)。

 

えーと、

 

調教見て判断しようっと。

 

(調教チェックは後日)

 

 

【浅次郎のひとりごと】

橋下徹氏、小池氏と前原氏の「大功績」と指摘「政党を行ったり来たりするチョロネズミが駆除」

チョロネズミ駆除(笑)・・・上手いこと言うなあ。そもそも民進党は・・・政治理念の全く違う人達が選挙のために同居していたわけで。党としての意見がまとまらず、与党の法案に反対するばっかりで、対案の提示も建設的な議論も全然出来なかったよね。これが分裂してくれたおかげで、国民にとって非常に分かりやすい構図になったと思う。

今、マスコミは「希望の党」を貶めるの必死だけど(小池バッシング凄いよね)、出来たばかりの政党としてはかなりの勢力。まだチョロネズミがいるみたいだけど(笑)、数年後に自民党を脅かすような勢力になるように頑張って欲しいと思う。

 

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【菊花賞2017レース回顧】京都芝3000m、空前絶後のドロドロ不良馬場で行われた菊花賞を制したのはミルコ・デムーロ騎乗のキセキ!レースを作ったのはマイスタイルの玉砕逃げ?実は超ハイペースだった?アルアイン・ミッキースワロー・サトノアーサーの敗因は距離?それとも馬場?クリンチャー・ポポカテペトル激走の原因は?

 

空前のドロドロ馬場、

菊を勝ったのは、キセキ。

 

 

もう何とも言えんのだが、

回顧を楽しみにしてくれてる毒者も沢山いるので、

一応回顧するぜ~。

 

■菊花賞2017結果、着順

 

■菊花賞2017映像

 

■菊花賞2017回顧

スタート。

17番プラチナヴォイスが大きく出遅れ。スタート前もゲート内で立ち上がったりしており・・・ちょっと今後が心配だな。また出遅れるかも。他、1番ブレスジャーニー、8番サトノアーサー、13番キセキなどが出遅れ。

 

好スタートを切ったのは2番ウインガナドル、それから7番アダムバローズ。続いて3番スティッフェリオ、10番ベストアプローチ。しかし、このあと・・・マイスタイルが外から先頭に立つんだけどね。

 

坂の下りでグーンと上がっていく18番マイスタイル。5番トリコロールブルー。外に15番ダンビュライト。間に11番サトノクロニクル。その後ろに16番アルアインと14番ポポカテペトル。ココまでが中団の前。

 

中団に9番クリノヤマトノオー(今気づいたけど、クリノヤマトオーじゃなかったのね。笑)、12番ミッキースワロー、4番クリンチャー。その後ろに13番キセキ、6番マイネルヴンシュ。

 

後方に8番サトノアーサーと1番ブレスジャーニー。更に大きく遅れてプラチナヴォイス。

 

序盤での大きなポイントは、

 

マイスタイルである。

 

四位の腕を見てもらえば分かる通り、かなり手綱を引っ張っている。それでも止まらず行ってしまったマイスタイルは、この後3コーナーの下りで先頭に立ち、馬群を引っ張ることになる。

 

ドロドロ馬場で気付きにくいが、

 

このレース、マイスタイルがぶっ飛ばしたせいで、

 

超ハイペースだったのである。

 

 

ご覧の通り、このレースで最も速いラップは

1周目の400~600m地点で12.0。

本来「ゆっくり」行くことがセオリーの

1周目の3~4コーナーの下りで・・・

 

イッテ、しもーたのだ。

 

 

ウインガナドルがなかなか譲らず・・・

マイスタイルと競ってしまったのも最悪だった。

 

直線に入ってウインガナドルは引いたものの、

マイスタイルはズンドコと玉砕逃げに入る。

 

テンの3Fが37.8。

最後の3Fが40.0。

 

これだけ見ても前半かなり速かったのがわかると思う。

 

 

1000m通過は1:04.1。かなりの縦長。

 

普通の馬場なら鬼スローだが、

今回の馬場だと超・超ハイペース。

 

事実、次の1000mは68.8なのだ。

 

 

今回の菊花賞を1000mずつ割ると・・・

64.1-68.8-66.0

となる。

 

ぶえっ!

 

前に行った馬にとっては

絶望的なペースだったと思っていい。

 

人間に例えるなら、300m走で、

最初の100mを全力で走ったしまったような感じ。

そりゃ止まるわな。

 

先頭から最後方まで30馬身くらいはあるかな?

 

先頭に立って落ち着き、スローに落としたマイスタイルだが・・・この馬場で、この距離で、前半オーバーペースでは持つはずもなく、3コーナー手前で潰れしまう。そして最後は12秒遅れの大差殿負けとなってしまうのだ。

そして・・・付いていったウインガナドル、アダムバローズ、スティッフェリオ、トリコロールブルー、ベストアプローチの好位勢は揃って4コーナーまでも持たずに全滅してしまうのだ。4コーナー手前でこれだけ脱落するレースって・・・初めて見たかも(笑)。

 

前半・・・掛かり気味なのを懸命に押さえつつ後方待機していた14番ポポカテペトル和田は、スローに落ちたあと・・・いつの間にかこの位置までポジションを上げている。

 

残り1000mで4番クリンチャーが動き出し、じわじわとポジションを上げていく。マジですか。

 

キセキはまだ中団後方。18番マイスタイルがもう潰れてしまってココに(笑)。

 

2周目の3コーナーの下りで、クリンチャーが大外回しの大マクリ。マジっすか。

 

いや、

 

そうじゃなくて、

 

前が潰れたのだ。

 

 

各馬、外へ。この時大外にいるオレンジの帽子がキセキ。

手応え抜群だ。

 

先行馬は全馬、4コーナーで力尽きてしまう。

 

直線で先頭に立ったのはダンビュライト。

その外からマクッてきたクリンチャー。

更に外からアルアイン、ミッキースワロー、キセキ。

内からポポカテペトル!

 

クリンチャーが先頭。私はクリンチャーを先行するものと思って馬券に入れていたのだが(◎はすでに画面から消えているアダムバローズ。笑)、完全なる想定外の展開で馬券的中のチャンスに。BOX買いが奏功し、クリンチャーとアルアインの馬連を持っていたのである。

 

「うおっ!アルアインこーい!」

 

しかし、残り200mでアルアインも力尽き・・・(だめかぁ!)

 

残り100mで、

粘るクリンチャーを捉え、

キセキが突き抜ける!

 

終わってみれば2馬身差の圧勝。

 

勝ちタイムはなんと3:18.9。

 

キセキの推定上がりは39.6(最速)である。

 

 

 

 

 

 

 

しっかし、私の競馬歴はやがて24年ほどであるが、

こんなドロドロ馬場での競馬は初めて見たかもしれん。

 

なんと言っていいか分からんが、キセキが強い競馬をしたのは間違いないだろうと思う。道悪が得意とかそういう次元じゃないような気がするね。根性があるというか底力があるというか・・・道中無駄なエネルギーを使わずに脚を溜めた騎乗もお見事であった。

 

2着のクリンチャーは驚きの後方待機から強気のマクリ競馬。こんな競馬も出来るのか!と驚いた方多数だと思うが、おそらくこの馬はこういう競馬の方が合ってるんだと思う。今回の激走は「道悪」のおかげ・・・と「フロック視」されるだろうと思うが、有馬記念あたりに出てきたら面白そうであるな。

 

3着のポポカテペトルはおそらく道悪の鬼で、最も馬場の悪いはずのインをついてスルスルと伸び、最後までバテなかった。この馬は賞金がないので次は1600万か。人気になりそうやね。

 

4着に最後ぶっ飛んできたマイネルヴンシュ。あ、いや、ぶっ飛んできたというのはちょっと語弊があるな。ラップタイプを見れば分かる通り、最後の1Fは13.9。これはキセキの1Fタイムとほぼ同等であり、つまりは最後の1Fは皆もうバッテバテだったのだ。しかしマイネルヴンシュだけはバテずに走っただけの話で。この馬はスタミナの鬼であるな。勝ったり負けたりしながら来年の天皇賞春に出て来て欲しいな。

 

5着にダンビュライト。ひそかにこの馬が一番キツイ競馬をしたんじゃないかと思っている。先行勢は大崩れ・・・どころかはるか後方に沈んでいるのだ。上位に来た馬の中ではこの馬が最も前に位置していたわけで、後方に沈んでもなんら不思議ないような展開であった。もしかしたら、この馬も道悪が得意だったのかもね。

 

アルアイン・ミッキースワローの敗因は距離よりも「馬場」だろうと思う。最後の直線・・・伸びてないわけじゃないからね。距離が敗因なら、遥か彼方に負けているだろう。サトノアーサーの敗因は距離と馬場両方かも。しかし、これらの馬が次に「ジャパンカップ」「有馬記念」などに出てきたら・・・取捨が難しいよなあ。

 

馬券は、前残りイッタイッタ狙いで、

◎アダムバローズから先行各馬へ。

完全無欠のハズレで、清々しいパー馬券。

 

スガパー。

 

何も言えねえ(笑)。

 

以上、簡単であるがレース回顧終わり。

 

来週は天皇賞秋だな。

 

台風一過で馬場は回復すると思うが・・・

 

どうなるかな?

 

さて、予想をしないとね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】政治に興味ない方は見ないでね。

自民圧勝の衆院選、新聞各紙の伝え方はこんなに違う

昨日の夜からずっとテレビで選挙特番見てたんだけどね。ほんと局によって全く報道の仕方が違うわけよ。テレ朝の選挙ステーションなんかあからさまでさ。選挙結果を受けて安倍首相に中継繋げてたんだが、「森友・加計学園問題について国民は納得していると思いますか?」みたいな質問しておきながら、安倍首相が丁寧に返答をしている途中で・・・いきなり音声を切ってスタジオへ。安倍首相がまだ喋ってる途中だよ?これで「説明不足」だの「モリカケ隠し」だのと言って延々と攻撃するんだから最低を通り越して醜悪である。つかね、普通は「安倍首相、お疲れの所有難うございます」とか言って切るのが当たり前じゃない。CMに入るとか緊急速報が来たとかなら分からんでもないが、あれは完全に「安倍首相にあれ以上しゃべらせるんじゃねえ!」的な切り方だったと思う。「愛媛県知事の加戸さんが『歪められた行政が正された』と言われてたように・・・」ってところで切られたからね。ほんとあからさま。

各テレビ局の印象操作も見事でさ。「今回の選挙は野党のオウンゴール」「与党が信任を得たわけではない」「野党統一候補vs与党なら結果は違っていた」と言うわけ。もちろん情けない野党に救われた点は多々あるが、安倍首相の実績や政策を認め、今後に期待している有権者だって大勢いるわけだし、少なくとも「野党に政治をやらせるわけにはいかない」と思ってる有権者はかなりの数に登ると思うのだ。微妙な勝利なら「与党が信任を受けたわけではない」と言う理屈も通るかもしれんが、文字通りの圧勝だぞ?民意は「野党には任せられない」「安倍首相今後も頼む」ということだと思うが、そういう主張をしているテレビ局は殆どなかったな。希望の敗因とか、立憲民主の躍進の理由とか、女の戦いとかそんなんばっか。

いずれにせよ、これで憲法改正の下地は整ったな。2019年の参院選まで時間もタップリ。公明党も改憲議論の舞台に上がらざるを得ないだろうし(公明党なしでも憲法改正発議可能だし)、希望と維新と折り合いが付けば多くの問題はクリア出来るだろう。私個人としては一安心である。憲法、改正しようぜ!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内