【競馬コラム】1番人気馬の馬の勝率?連対率は?単勝オッズ1倍台人気の馬の場合は?単勝2倍台とは違いがあるのか?一番人気の信頼性ってのは意外なほど低い!。じゃあ、馬券はどう買ったらいいのか?取捨の判断は?浅次郎式馬券を紹介。

 

一番人気馬の勝率は?

 

というコンセプトの話は今まで何度もしてきたんだけど、

 

ちょっとブラッシュアップして最新の数字を元に

 

ちょっと角度を変えつつ

 

改めて書いておく。

 

・・・

 

2017年の宝塚記念ではダントツ人気、単勝1.4倍の

 

キタサンブラックが飛んだ。

 

孔明ショック

 

という方も多かったろう。

 

管理人もまさかキタサンブラックがこんな惨敗をするとは思ってなかったが、

 

馬券を持ってた方にとっても、

 

純粋に馬を応援してた人にとっても

 

非常にショッキングな負け方だったと思う。

 

・・・

 

だけんどもしかし!

 

競馬なんぞ、そんなもんなのである!

 

テイエムオペラオーとかディープインパクトとかダイワスカーレットみたいな馬はそうそう出てこないのであり、ナリタブライアンウオッカオルフェーヴルジェンティルドンナクラスの名馬でもコロッと負けたりするのである。

 

テイエムオペラオー画像

どんな競馬場でもどんな距離でも勝ってみせたテイエムオペラオー。2000年は5つの古馬中長距離GⅠ完全制覇で重賞8連勝を記録。獲得賞金は18億3518万円である。

 

ましてやゴールドシップをや、ハープスターをや、キズナをや、であり、

 

キタサンブラックが負けたって全く不思議ではないのだ。

 

何故かと言えば、

 

馬は生き物であり、

レースは生き物であり、

競馬は勝負事だからだ。

 

だからこそ我らは競馬に惹かれるのであり、ロマンを感じるのである!

 

前置きが長くなったが、

 

競馬における一番人気の勝率、連対率を検証する。

 

■人気別勝率、連対率、複勝率

※2016年~2017年11月18日現在のJRAの全てのレースが対象。

 

もっとデータの分母を増やしてもいいが、

この数字は今も昔もほとんど変わらないので割愛する。

(このデータでも93034レースが対象)

 

1番人気馬の勝率は、

約33%である。

 

1番人気の勝率・・・33.2%
1番人気の連対率・・・51.8%
1番人気の複勝率・・・64.9%

 

これを見てる方の中には「本命党」の方もいるだろうし、「一番人気の馬で堅いと思ったら、そこから買う」という方もいるだろう。もちろん、馬券効率さえ良ければ(ちゃんと儲かるように買うのなら)、どんな買い方をしたって全く問題ない。

 

しかし・・・

 

1番人気の勝率は、

約33%しかないのである。

 

つまり、

頭で来るのは、

わずか3回に1回なのである。

 

もちろん、3回に1回当たるのは単勝の話で、馬単や三連単の頭固定なら仮に頭で来ても相手を間違うことも多々あるだろうし、一番人気頭なら絞らんと意味ないから、当たる確率はもっと落ちることになりますな。

 

ってことはだよ?

1番人気頭固定の馬単なんてのは・・・実は、6~7回に1回当たるか当たらんか?というレベルの的中率(三連単ならさらに激しく的中率落ちるだろうね)で、1番人気頭の馬連なんてのも実は3~5回に1回程度しか当たらんのである。

 

1番人気を頭にした馬券は、

 

当たりそう!

 

と思ってしまうが、

 

実はあんまり当たらないのである!

 

つまり馬券効率を考える場合、

例えば、馬単なら賭けた金額の6~7倍になるように買わねばならん(それでもチャラ)。1000円分の馬単を買うなら6000~7000円の払い戻しがないと・・・負けてしまうのである。

 

これは孔明の罠だ

 

しかし実際、

 

1番人気の馬を頭にした馬単で

 

「6~7倍以上」にするのは・・・非常に難しい。

 

どのくらい難しいかというと、

 

世紀のクソゲー「スペランカー」をノーミスでクリアするくらい難しい。

 

スペランカー

 

何故かといえば

 

競馬には、

 

控除率があるからだ!

(払戻率と言い換えてもいい)

 

 

・・・

 

これは宝塚記念のキタサンブラック頭の馬単オッズであるが、

 

 

5番(シュヴァルグラン)、6番(シャケトラ)、8番(ミッキークイーン)、11番(サトノクラウン)あたりの人気馬を相手に買うのなら1点まで!2番のゴールドアクターあたりでやっと2点買いが出来るかな?という話なのだ。

 

これが、

 

「人気馬から買うなら徹底的に絞れ!」

 

と常々言ってる理由である。

 

バラバラと買ってたら、儲かるもんも儲からんのだ。

 

 

当てたいのはわかる!

 

私だって当てたい!
(そしてブログで自慢したい!)

 

しかし、ダントツ人気馬から買う場合、

馬券を絞らないと全く儲からないのだ!

 

丹下や田沼と同じような馬券を買ってたら・・・

 

 

絶対儲からんのだ!

 

直感や好みで馬券を買うのもいいだろう。

 

しかし、必ず考えて欲しいのは「回収率」

 

「当たった時に大きく儲かる」

 

ように買うだけの話だが、

 

多くの人が

 

JRAの罠にハマっているのだ。

 

これは孔明の罠だ2

 

・・・

 

1番人気から馬連で買う場合も同じ話で、

 

1番人気の連対率は51.4%。

 

高いように見えるかもしれんが2回に1回はハズレるのである。
相手も絞らんといかんし、
間違うことも多々あるわけで、
1番人気軸の馬連の的中率は良くて4回に1回であろう。
(これでも天才的的中率である)

 

であれば、最低でも「4倍」を目指さないとイカンのであり、

 

「やった~1万円が2万円になった~!」

 

と喜んでてはいかんのである。

 

もちろん、

 

1番人気と言っても、色々ある。

 

キタサンブラックを他の1番人気と一緒にするな!

という意見もあるだろう。

 

■単勝オッズ別成績

 

勝率、連対率、複勝率・・・をわかりやすく、

 

1着率2着率3着率に変えてみる。

 

1.0~1.4倍の場合、
1着率62.3%、2着率16.9%、3着率8.3%

1.5~1.9倍の場合、
1着率46.3%、2着率19.8%、3着率12.1%

2.0~2.9倍の場合、
1着率32.0%、2着率20.8%、3着率14.4%

3.0~3.9倍の場合、
1着率24.3%、2着率18.7%、3着率13.5%

4.0~4.9倍の場合、
1着率17.1%、2着率16.5%、3着率14.5%

※新しいデータに変えたのだが・・・驚くほどに数字は変わっていない。

 

こういうのは、パパッと見るより、実際にキーボードで打ち込んだ方が自分のタメになりますな。各数字を見てみると・・・オッズによって勝率は大きく変わるけど、2~3着率はほとんど変わりませんな。これは馬単や三連単を買う人は覚えておいた方がいいかもよ。

 

まず印象的なのは、

 

単勝1.0~1.4倍の1番人気である。まあ滅多にお目にかかれないが、お目にかかった時は逆らうな!ってパターンだ。この場合は「過剰人気」を通り越して鉄板扱い。「素直に人気馬から買う」もしくは「ケン」が正解(それでもキタサンブラックのように飛ぶことがあるけどね)。

 

しかし単勝1.5~1.9倍の場合は一変。信頼性がガクンと落ちますな。どのくらい違うかというと、3割打者と2割打者くらい違うと思っていい。人気過剰に上に飛ぶ可能性が高い!・・・穴党にとっては狙い目ゾーンだと思う。

 

そして単勝2.0~2.9倍もこれまたガクンと落ちますな。勝率29.4%ってことは10回に3回しか勝たないわけで、残りの7回は負けちゃうのである。頭としての信頼性は低く、馬連や三連複の軸として見る方が無難。オッズ的には2着付、3着付けが美味しいゾーンですな。ちなみに、一番人気で最も多いのがこの2.0~2.9倍のゾーンである。

 

単勝3.0~3.9倍、単勝4.0~4.9倍ともなるともうご覧の通りである。勝つ可能性は4~5レースに1回の割合だ。

 

しかし、一つ気づいたことがあるな。

 

孔明お気づきに成りましたか

 

どんな1番人気馬でも、

50%以上の複勝率がある!

という点だ。

 

そして、2着率と3着率を足すと・・・

30%以上になる!

(1.0~1.4倍ゾーン除く)

 

つまり、一番人気の馬っては、1着にはならずとも・・・2~3着に来る確率はかなり高い(30%以上)わけで、特に3連系の馬券を買う場合、(穴馬から買うとしても・・・)とりあえず1番人気の馬をヒモに入れておくと格段に的中率は上がるわけだ。

 

まあ・・・私もあなたも人気馬のヒモ抜けは過去何度もあるはず(笑)だから経験則としては分かってるんだよ。でも、50%と言われるとちょっと反省せんといかん。

 

というわけで、

 

浅次郎式馬券見解でまとめると、

 

・1番人気馬を頭で買うのは難しい

・1番人気馬を頭にするなら徹底的に絞る

・1番人気馬はヒモ扱い(え)

 

この3つに集約。

 

お金持ちの人は一番人気の馬から買ってもいいのである。的中しやすいし、元手が大きけりゃ、払い戻しも大きいけんな。しかし、私のようなセコ馬券親父はローリスクハイリターンを目指し、一番人気馬は軽視する!と決めちゃった方がいいのである。

 

「一番人気からは買わない」

 

と決めておくことで、大穴馬券が取れたりするのだ(もちろん的中率は落ちるが、競馬は的中率より回収率なのだ)。

 

大穴馬券は時に、

 

その年の収支を一発でプラスに出来る。

 

ま、管理人は、常穴馬券術に従い、常に穴馬を頭に馬券を買うわけだが、今後は「ヒモに1番人気馬を入れる」というのを意識して行こうと思う。

 

・・・と言いつつ、

 

一番人気は、

ぶった斬りたくなるんだよなぁ(笑)。

 

今度から気をつけようっと。

 

 

ではまた!