【京都芝・京都ダートの騎手成績】JRA・京都競馬場における芝・ダートの騎手成績最新版。着度数・勝率・連対率・複勝率、単勝回収率・複勝回収率・単勝適正回収値。平均着順・平均人気・平均オッズなどを勝利数ランキングにて掲載。芝1位は川田!ダート1位は岩田!デームロ・ルメールは?京都芝・ダートにおける穴騎手は?過去5年の成績。

 

オッス!浅次郎でっす!

 

京都競馬場における

芝・ダートの騎手成績を挙げておくぞ。

 

結構、得手不得手があるのが京都。

参考になると思うぞ!

 

(※過去5年のデータ)

(騎手欄の色は気にしないでねー)

 

■京都芝の騎手成績(2019年)

1位は川田!勝率・連対率・複勝率ともに文句なしの成績で回収率も平均的な数字。儲かる騎手・・・とは言えないが、堅実に馬券に絡むので必ず押さえておきたい騎手である。

2位は武豊!「京都の武」はもはやコトワザのように使われるわけだが、数字がそれを裏付けてますな。ただ、どうしても人気になりやすいんでね。買って美味しいわけではない。

3位はルメール!この男のJRA騎手デビューは2015年なんでね。実質のトップはルメールだろう。各数字ともにずば抜けているが、実はこの男の全体の数字からすると良いわけではない。回収率も低め。

4位は福永。ここまで京都芝四天王で、以下はちょっと数字が落ちる。福永は連対率・複勝率ともに優秀な数字。京都では信頼度の高い騎手である。

以下、浜中・ミルコ・岩田・・・と続くが、来年あたりのデータではルメールとミルコがワンツー・・・ってことになりそうですなあ。

京都で気をつけたい穴騎手は、藤岡佑。いまだにあまり人気にならないが、京都芝で藤岡佑介の名前を見つけたらとりあえずチェックすべし。

 

■京都ダートの騎手成績(2019年)

いやあ・・・データって面白いよね。芝とダートでこんなにも違うなんて!

1位は岩田!騎乗数にモノを言わせた感はあるが、それでも1位は1位!どこで買ったらいいのかサッパリ分からんが、出現頻度が高い上に複勝率も高いからね。京都ダートでは取り敢えず押さえておくべき騎手である。

2位は武豊!実は武豊は京都芝だけじゃなく、京都ダートでも好成績だったんですな。ただし、何故か芝以上に人気になりやすく・・・回収率は芳しくない。

3位は和田!完全に騎乗数にモノを言わせた感はあるが、それでも3位は3位!以下、浜中・川田・福永・・・と続くが、川田・福永は芝と比べると結構成績が落ちているのがわかると思う。

そして・・・如実に成績ダウンしているのがルメール!逆にミルコはダートの方が勝率が高く、回収率も高い。両名とも激しく人気になりやすいわけだが、京都ダートではミルコの方が買いである。

 

以上参考まで。

 

データは随時更新するぞ!

最新のデータが気になる方はブックマークよろしく。

競馬場毎の騎手データ一覧