【NHKマイルC2017レース回顧】今年のNHKマイルCを制したのは牝馬のアエロリット!1:32.3の好時計で先行早め抜け出しから圧巻の完封勝利。今年の牝馬はやはりレベルが高いのか?それともアエロリットが強いのか?カラクレナイの敗因は?モンドキャンノの敗因は距離?リエノテソーロは次も走るのか?簡単にレース回顧する。

 

アエロリットが3歳マイル王に!

 

 

簡単に回顧する。

 

■NHKマイルC2017結果、着順

 

■NHKマイルC2017映像

 

■NHKマイルCレース回顧

16番のアエロリットが抜群のスタート。他、ディバインコード、タイムトリップ、トラスト、リエノテソーロなども好スタートを決めて前へ。

出遅れたのはナイトバナレット、タイセイスターリー、キョウヘイ、ジョーストリクトリ、アウトライアーズなど。もしかしたら、ジョーストリクトリ、アウトライアーズは前に行く予定だったかもしれず、この出遅れは痛かったかもしれない。

 

行ったのはボンセルヴィーソ。二の脚を使って前へ。1番のモンドキャンノが2番手。直後にディバインコード。プラチナヴォイス、アエロリット、トラストが先行集団を形成。

 

続いてタイムトリップ、内からカラクレナイ、リエノテソーロ、ガンサリュートが中団の前。

 

中団後方にオールザゴー、レッドアンシェル、ジョーストリクトリ、ミスエルテ。4番のカレクレナイは・・・この地点でもう手応え悪くズルズルと後退しとるな。

 

後方にアウトライアーズ、タイセイスターリー、キョウヘイ。離れた最後方にナイトバナレット。

 

ペースは、

 

600m通過34.5。

800m通過が46.1。

1000m通過が57.9。

 

 

今の東京の馬場を考えるとメチャクチャ速いというわけではないが、平均より速めのペースであったか?

 

ちなみに9Rの湘南S(古馬準オープン)は1000m通過が60.3で勝ちタイムは1:33.8。

 

もちろん単純比較は出来ないが、今回のNHKマイルCは最後まで一貫して11秒台のラップ。息が入らない厳しいラップだったのは間違いない。

 

私は「スローの瞬発力勝負」になるんじゃないかと思っていたが、逃げ馬不在でも速いペースになる時も多々あるわけで、今回は各ジョッキーの意識が前になっていたのかも。特にハナに行った松山はこういう淀みない流れを作ることが多いので注意が必要やな。

 

 

アエロリットは向こう正面もずっと外を走らせ、4コーナーでも大きく外を回して早くも先頭に並びかける勢い。対照的にボンセルヴィーソはずっと内ラチ沿いを進めて脚を溜める。この2頭・・・走った距離の差は10~20m以上あるかもしれん。

 

抜群の手応えで4コーナーを回るアエロリット!しかし、このペースで、この位置取りで、この手応えってことは・・・我々が思ってるより厳しいペースじゃなかったのかも?あるいは、アエロリットの能力が突出しているか。まあ、こういう厳しいペースが得意な持久力タイプのマイラーかもね。

 

そして・・・残り500mで早くもスパート開始!普通、これだけポジショニングのアドバンテージがあれば仕掛けを遅らせるもんだけどな。インタビューで横典も言ってたが、よっぽどデキに自信があったんだろうね。ボンセルヴィーソは残り400mを切ってからスパート。

 

残り300m。粘る粘るボンセルヴィーソを交わす勢いでアエロリットが伸びる!そして、中団前目の外に居たリエノテソーロが猛然と差し脚を伸ばしてくる!

 

残り200mでボンセルヴィーソを交わす。外から迫るリエノテソーロに詰め寄られるも・・・横典の激に応えてもうひと伸び。

 

最後は豪快に突き放してゴール!

 

タイムは1:32.3。

 

アエロリットの上がりは34.3。

 

これだけ一貫したラップの中、前の馬に34.3で上がられたら、

後ろの馬は出すチンコなし。

 

アエロリット、圧巻!

 

 

 

 

 

 

 

勝ったアエロリットはクロフネ産駒。そういえば、2年前に勝ったクラリティスカイもクロフネ産駒で鞍上は横典であったな。クロフネは最近ダート寄りの種牡馬になりつつあるが、時々こういった東京で切れる馬を出すんだよね。しかし、今回のレース内容は圧巻の一言。多分他の馬より相当長い距離走ってるけど、それでこの着差。ラップ的にも淀みない一貫したハイラップ。おそらく、後ろの瞬発力系の馬は、道中なし崩しに脚を使わされてしまったのだろうと思う。桜花賞より状態が上がっていたんだろうけど、それにしてもここまで強いとはね。2000mはちょいと長いような気もするが、秋華賞を目指すのかな?

 

2着のリエノテソーロには正直びっくらこいた。中団の外から豪快に脚を伸ばして上がり最速。アエロリットには届かなかったが、この馬もかなり強い競馬をしている。前残りぽい馬場で差してきたのはこの馬とレッドアンシェルのみ。○外なんで血統的には良く分からんが、次も走ってくると思う。人気になるだろうけど。今回こういう馬を狙えなかったのはケツ馬券師として懺悔キック。

 

3着のボンセルヴィーソは本当にしぶとい。今回も仕掛けを出来る限り遅らせてから目一杯の走りをして3着。次はもう人気になるかな?(笑)

 

4着のレッドアンシェルは4コーナーでものすごい手応え。怒涛の追い込みを見せるかと思ったが、思ったより伸びず・・・。前が止まらなかったのか?それともこの馬の伸びが甘かったのかは分からんが、折り合いも付いていたし位置取りも悪くなかった。現状精一杯の競馬だったと思う。

 

5着はタイムトリップと並んで入線したオールザゴー。しぶとく最後まで伸びていたのが印象的。この馬はマイルは短いんじゃないかな・・・なんとなく去年のレインボーラインを思い出させる。

 

1番人気だったカラクレナイの敗因はなんだったのだろうか?

NHKマイルCレース後コメント

 

能力的にアエロリットと互角なのは桜花賞の成績が示す通り。じゃあ、何故こんなに差がついたのか?もちろんこんな問いに答えなんぞないが、考えられる可能性は「初めての輸送」「スタート良く前に行ってしまったこと」「目に見えない疲れ」「当日の体調がイマイチだった」などであろうか。

 

ま、競走馬は生き物であるからして、こういうことは良く起こるのである。

 

能力は互角でも1着と17着。

 

これが競馬の怖いところであり、面白いところだ。

 

では、

 

3番人気のモンドキャンノの敗因はなんだったのであろうか?

 

ルメールは敗戦コメントで「折り合いもついていたし、息も入ったのに全然反応してくれなかった」と言っている。ボンセルヴィーソの真後ろのポジションでじっくり脚が溜まっていたように見える。しかし、いざムチを揮っても全然伸びず、最後の200mはもうズブズブ・・・。ズバリこの馬の場合は「距離」が敗因だと思うな。血統を見ても「キンシャサノキセキ×サクラバクシンオー」。朝日杯の2着があるから騙されやすいが(スプリンターが若かりし頃にマイルでも走るのは良くあることである)、この馬は1200~1400の馬だろうと思う。

 

アウトライアーズは元気なく13着・・・なんだろうな。調教パターンを変えてきたので怪しいと思っていたが、やっぱり皐月賞がMAXで、多少の疲れがあったのかもしれない。ミスエルテは最後にいい脚を使って追い込んだが、勝負とは全く関係のない7着。今回も馬体が減ってパドックでは寂しく映った。充電して秋に期待かな?

 

私のモッコリケツ馬券は、

◎タイセイスターリーでカスリもせず大外れ(笑)。

期待した▲キョウヘイも後方のままでドモナラズ。

 

だけんどもしかし。

 

 

ま~~~ったく問題なし。

 

懲りずに、これらの馬を次走で狙うのが浅次郎流である。

 

能力があっても「惨敗すると人気が落ちる」のが競馬の面白いところ。

 

そう考えると、今回「的外れだった考察」も後で必ず活きて来る(はず)。

 

そう信じつつ、

 

今週もモッコリケツ馬券で逝く。

 

的中率なんざクソ食らえー!

 

 

私はオッパイが好きだー!

 

菊沢調教師と横典は義理の兄弟なんだってー。そんで菊沢調教師は騎手時代も含めて初のGⅠ制覇。・・・にしては表情堅いな(笑)。

 

【浅次郎のひとりごと】

GW明けに増加する五月病、症状や対処法は?

「競馬」をやればよろしい。競馬をやってれば五月病なんぞ掛かってる暇はない。

 

【NHKマイルカップ2017予想】東京芝1600mで行われる3歳マイル王決定戦GⅠNHKマイルカップ。今年は牝馬のカラクレナイ、アエロリットが人気だが、伝説狙いの大穴ケツ馬券で逝くぜ!展開はどうなる?馬場は?狙いは良血の大穴、調教抜群のタイセイスターリー!相手にレッドアンシェル!キョウヘイの追い込み!タイムトリップ!

 

うっひっひっひ。

 

いい感じにケツが割れてますなあ・・・!

 

 

じゃなかった(笑)、

 

いい感じに人気が割れてますなあ・・・!

 

■NHKマイルC2017前日オッズ

netkeibaより抜粋

 

桜花賞組のカラクレナイとアエロリットが人気。

それからモンドキャンノ、アウトライアーズと続くが・・・

 

ケツ割れである。

 

ここまで割れると、

もうどのケツに入れてもいいんだが、

当然、ケツ馬券師である浅次郎は、

 

ふわふわの大きなケツで逝くぜ~~~!

 

 

展開予想しとこ。

 

■NHKマイルC2017展開予想

逃げ候補は
ボンセルヴィーソ
トラスト

先行勢は
プラチナヴォイス
ジョーストリクトリ
ディバインコード
リエノテソーロ
アエロリット

差し勢は
タイセイスターリー
モンドキャンノ
アウトライアーズ
タイムトリップ
オールザゴー
ミスエルテ
ガンサリュート

追い込み勢は
カラクレナイ
キョウヘイ
レッドアンシェル
ナイトバナレット

 

むーん。逃げ馬候補はボンセルヴィーソとトラスト。と言っても両馬とも「何が何でもハナ」ってタイプではない。押して押してハナに行く馬が他にいたら譲るかも。

 

ペースがどうなるか・・・想定するのは非常に難しいところ。例年だと57秒後半~59秒くらいだが、今年はもしかしたらスローになるかもしれんな。ボンセルヴィーソのペースなら59~60秒くらい?いや、しかし逃げ馬不在の時って意外と速くなったりするしなー。東京の今の馬場は結構前残りだし・・・。

 

ちなみに、土曜に行われた4Rの未勝利戦(東京1600)は、1000m通過59.7でレースの上がりは34.7。先にイッタもん勝ちの前残り。11RのプリンシパルS(東京2000)は、1000m通過59.0の速めのペースを前目に付けたダイワキャグニーが抜け出して快勝。10RのメトロポリタンSは(東京2400)は、1000m通過60秒で中団につけたヴォルシェーブが不利をモノともせずに差し切り勝ち。

 

東京芝の状態は概ね良好。馬場のどこを通っても伸びる感じ。

 

いつもの私なら

 

「前残り決め打ち」で逝く!

 

と世界の真ん中でモッコリするところだが、

 

今回は展開はあまり考えないで逝こうと思う。

 

今までの予想記事はこちら。

NHKマイルC2017データ分析。枠順、脚質データ

NHKマイルC2017邪スカウターによる調教チェック

 

netkeiba予想陣の印も見ておくか!

 

■NHKマイルC2017netkeiba予想陣の印

netkeibaより抜粋

 

カラクレナイは1番人気の割に印が薄いな。

 

アウトライアーズの方が印は重そう・・・

この馬なあ・・・どうすっかなあ・・・

外枠だったら買いなんだけどなあ~。

 

しっかし、前哨戦を勝ったジョーストリクトリは印ナシかよ(笑)。

ナメられてんなあ。クリ舐めてえなあ。

 

ま、今回はどの馬に◎を打ってもそこそこ付くわな。

 

さて、

 

今日も元気に、

 

股間をモッコリさせつつ、

 

 

伝説狙いのケツ馬券で逝くぜ!

 

■NHKマイルC2017予想

 

タイセイスターリー(15番人気)

「浅次郎さん、真面目に予想して下さい。15番人気ですよ?」という声が聞こえてくるが、私は至って真面目である。15番人気っつってもケツ割れしてるんで30倍台だし、ホントにどの馬が来ても不思議なしなメンバーである。今回私が軸にして考えたのはペルシアンナイト。ご存知皐月賞の2着馬であるが、私はこの馬を高く評価しているのだ(皐月賞の後からね。笑)。今まで、このペルシアンナイトに先着した馬は4頭だけ。アイビーSのソウルスターリング、皐月賞のアルアイン、そしてシンザン記念のキョウヘイ、タイセイスターリーである。

 

は、はうあ!

 

 

ほら!あなたの顔が山田太郎になっているぜ?そう・・・シンザン記念は「重馬場」だったがゆえにあまり評価されていない。しかし、馬場を考えるとかなり厳しいペースだったのであり、究極の底力が試される消耗戦だったのであり、かなりハイレベルなレースだったのだ!このレース・・・不利がなければおそらくアルアインが勝っていたはず。ま、見てみるか。7番がアルアイン。

 

 

アルアインは勝負どころで致命的な不利を受けているな。ペルシアンナイトも行き場を無くして大きく進路を変えるロスがあった。まあ、なんもかんもで競馬だが、もし、このレースをアルアインが勝っていたらもっと注目されていたはずである。しかし、実際は「重馬場だった」という言い訳の元にアウトオブケツになっている。

 

この時、タイセイスターリーは好スタートから控えて中団。折り合いもついて「外を差す」競馬。この競馬が出来ればペルシアンナイトと互角の競馬が出来るのである。半兄にミッキーアイルがいる血統。おそらく適正はマイル以下で、共同通信杯はちょいと長かったし、ニュージーランドTは外枠発走から二の脚を使って前に行ったのが敗因。ジッと我慢しておけば良かったのだ。

 

今回は人気薄の立場だし、広い東京コースだし、真ん中の枠だし、とにかく馬群の中で我慢して直線に賭けて頂きたい。調教は抜群特A評価。馬場の真ん中を切り裂いて来い!頼むぜ北村!(前に逝っちゃダメよ!)

 

レッドアンシェル(6番人気)

ペルシアンナイトを基準にした場合、浮かび上がるもう一頭の馬がこのレッドアンシェルである。アーリントンCではペルシアンナイトに3馬身千切られたが、大外枠の上に大きく出遅れているのだ。

最後ペルシアンナイトに突き放されたが、順調に使っていたペルシアンナイトと2ヶ月の休み明けだったレッドアンシェルには状態面の差もあったはず。3着以下はディバインコード、ヴゼットジョリー、ジョーストリクトリといった実力馬。今回の調教を見れば、この時よりパワーアップは明らか!もしかしたら、この馬が圧勝しちゃうかも・・・と思っている。私がケツ穴党でなければ◎はこの馬。いい感じの外枠を引いたので道中は後方でじっくり脚を溜めて欲しい。

 

キョウヘイ(11番人気)

おそらく「重馬場の鬼」「良馬場ならいらない」と思われている諸兄も多いと思う。確かにこの馬は「重馬場」が得意なんだろう。しかし、それだけの馬がシンザン記念であれだけの脚を使えるだろうか?是非3走前の千両賞を見て欲しい。

この時も「重馬場」発表ではあったが、勝ったアルアインの上がりが35.1。キョウヘイの使った上がりが34.9だから、そこまで重い馬場ではなかった。インコースでロスなく乗ったアルアインと出遅れ最後方から間を割ってきたキョウヘイ・・・ゴール前の勢いを見るに、キョウヘイの能力もまたトップレベルにあるのではなかろうか?

 

「浅次郎さん、この馬のアーリントンCの敗因は何ですか?」

 

うむ。良く分からん(笑)。ただ、競走馬が理由なく「走らなかった」というのは良くある話である。体調がイマイチだったのか、気分が良くなかったのか・・・もしかしたら横腹が痛くなったのかもしれんよ(笑)。こういう負けはムシするのがケツ馬券への近道である。印を下げたのは調教の見た目が悪かったから(笑)。タイムは悪くないんだけど。

 

タイムトリップ(9番人気)

意外と人気になってしまったが、ニュージーランドT組ならこの馬。

 

馬連 ◎-○▲ @500円

馬連 ◎-△ @100円

馬連 ○-▲△ @100円

ワイド ◎-○▲ @100円

三連複 BOX @100円

三連単 ◎→○▲→○▲ @100円

 

頑張れ!タイセイスターリー!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

牝馬に勝たれたらドモナラズの歌を歌おうっと。

 

 

 

【NHKマイルC2017調教チェック】東京芝1600mで行われる3歳マイル王決定戦NHKマイルカップ。今年は大混戦だけに調教(デキ)が左右する?浅次郎の調教チェック特A馬は、レッドアンシェル!プラチナヴォイス!タイムトリップ!タイセイスターリー!他にも調子が良さそうな馬多数!逆にイマイチ評価はミスエルテ。馬体重も厳しい?

 

GWたけなわである。

 

今年は天気が良くて、なによりであるな~。

 

家族でお出かけしたり、

デートしたり、

愛人とゴルフに行ったり・・・

 

日本経済の為にもドンドンお出かけしたり、

イチャイチャしたりするべきであるな!

 

私も若い娘とイチャイチャしたい。

 

 

でも、できないから、

 

噂の耳かき専門店にでも行くか(笑)。

 

■NHKマイルC2017馬番、枠順

netkeibaより抜粋

 

ふむう。

 

人気になるであろうカラクレナイとモンドキャンノが内枠を引いたか。

 

しかし、データ分析でも書いたが、

このレースはあまり枠順は気にしなくていい。

(→NHKマイルCデータ分析、枠順、脚質の有利不利は?

 

外枠でも全く問題ないぞ。

 

むしろ、穴馬を狙う場合、

7枠や8枠の差し馬が狙い目だったりする。

 

しかし、モンドキャンノはどうするんだろうな~。

脚を溜めて末脚に賭けた方がいいと思うのだが、

よりよって最内枠・・・

ソーローチンコにならなければいいが・・・

 

ま、いいや。

 

展開は日曜日に考えよう。

 

さて、

 

焦らされて先っちょヌレヌレの毒者諸君!

 

今日は、

 

浅次郎の調教チェックだぜー!

 

■NHKマイルC2017調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによる戸愚呂(兄)ジャッジである。人気や実力とは一切関係なく、「馬の調子を見る」ために活用して頂けると嬉しい。

 

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

アウトライアーズ
美浦坂路良【50.8-38.5-25.8-12.7】G強 田辺
皐月賞の時も良かったが、今回もいいな!ただ、いつも最終は南Wなのだが今回は坂路。この辺がどう出るかな?

カラクレナイ
CW良【83.0-67.0-52.6-38.6-11.7】馬なり 助手
良い意味で桜花賞から変わっていない。スピード感抜群!好調キープ。

プラチナヴォイス 特A評価
CW良【82.3-65.7-50.7-36.9-12.6】仕掛け 助手
3頭併せ、大外回し、唸るような手応えでほぼ馬なりのまま36.9の好時計!前走時も「絶好調」と評したが、今回も「絶好調キープ」。文句なし特A評価だ!

ジョーストリクトリ
CW良【82.1-65.5-51.8-38.2-11.6】仕掛け 黒岩
この馬・・・おそらくやれば時計が出るタイプなんだが(新馬戦の時に37.6出してるし)、調教と成績が一致しない馬で、やり過ぎを気にしているんだと思う。状態は前走と同じかそれ以上。

タイムトリップ 特A評価!
南W良【80.3-65.0-51.0-37.3-12.4】馬なり 助手
これは素晴らしいな!ほぼ馬なりで37.3!首を使ってグイグイと前進しており、とても調子が良さそう!休み明けを叩いてココがメイチ仕上げだ!特A評価!・・・しかし、外からものすごい勢いで飛んできた馬はナニモノだろう・・・(笑)。

タイセイスターリー 特A評価!
栗東坂路良【52.1-38.0-24.6-12.2】一杯 助手
おおっ!2週連続一杯追いで、2週連続終い最速の好時計!カッチカチのメイチ仕上げ!前走とは雲泥の差に見えるぞ!特A評価!

レッドアンシェル 特A評価!
CW良【51.9-38.4-12.0】馬なり 助手
こ、これは・・・!馬なりというより「手綱を絞ったまま」の最終追い切り。それでいてスピード感抜群の豪快なフットワーク。1週前には36.4-12.1の鬼時計を繰り出しており(この時の動きもまた素晴らしい!)、完璧な仕上がりである。文句なし特A評価!

アエロリット
美浦坂路良【53.5-38.8-25.0-12.1】馬なり 師
桜花賞から中3週で時計が2本だけだが、これは外厩(ノーザンF天栄)でミッチリ乗り込んで来たみたいだな。桜花賞よりむしろ状態は良さそうに見えるぞ。

ナイトバナレット
栗東坂路良【51.4-37.7-24.9-12.7】馬なり 藤岡佑
2週連続で51秒台!元々軽く51秒台が出るタイプであるが、調子は良さそうやな。

ガンサリュート
栗東坂路良【53.1-38.6-24.7-12.2】一杯 池添
これは明らかに前走より良くなってるなあ。マイルでキレそうな血統だし、大外枠で池添・・・なんとも勃起me。じゃなかった不気味。

 

今回、調教馬場が回復したのか・・・全体的に好時計が多く、どの馬も仕上がり良さそうである。尚、ここに挙げなかった馬が「調子が悪い」ということではないのでご注意を。単に、私の邪眼に止まらなかっただけである。特に、すでに仕上がってるような馬は目一杯やる必要なけんな!

 

特A評価に挙げた馬の中で最も良く見えたのはレッドアンシェルである。なにゆえnetkeibaの調教評価がBなのか不思議でたまらん。ただ、調子が良すぎて多少行きたがっていた・・・なんて面があるのかもしれん。他、プラチナヴォイスは皐月賞からの中2週だが絶好調キープ。後は能力が足りるかどうか?穴っぽい所で素晴らしい動きをしてたのがタイムトリップタイセイスターリー。ニュージーランドT惨敗組ではこの2頭がメイチ仕上げ。

 

みんなが気になる乳首ポツン馬をちょっと挙げておこう。ミスエルテである。私は、もしかしたらこの馬が1番人気になるかも?と思っていたが、実際は5~6番人気になりそうである。その理由の一つに調教があるのだろう。時計だけ見ても桜花賞時、あるいは2歳時の方がいいのであるが、問題はその内容だ。映像を見た方は「あれれ?」と思っただろうけど、かなり押さえるのに苦労している感じで・・・引っ掛かっているのである。手綱を緩めてからは鋭い動きを見せたが、状態云々より「引っ掛かった」のが気になる所。能力が高いのは間違いないけどな。

 

あと、上には挙げなかったが、モンドキャンノ、ボンセルヴィーソも決して悪くないぞ!私の好みじゃなかっただけの話である。

 

調教後の馬体重も見ておくか。

 

JRAのHPより抜粋。

 

美浦で気になるのは・・・
タイムトリップ +8kg
リエノテソーロ +8kg

このあたりはプラス体重になるかもしれんね。

 

栗東で気になるのは・・・
タイセイスターリー +0kg
トラスト -2kg
ミスエルテ -2kg
レッドアンシェル -4kg

輸送でどのくらい減るか分からんが、この4頭はマイナス体重になりそうな感じ。ただ、レッドアンシェルはデビュー時が432kg。ずっとプラス体重だったのでむしろ絞れていいのかもしれん。タイセイスターリーは大型馬なのであまり影響ないかも。問題はミスエルテである。この馬はデビュー時が464kg。一戦毎に馬体重を減らし、ブッツケで臨んだ桜花賞でも馬体重は増えずに450kgであった。今回さらにマイナスになりそうな感じだけに・・・ちょっと厳しいかもな。これで来たらバケモンだけど。

 

さてと・・・

 

最終予想は日曜日やな。

 

今回も当然大穴モッコリケツ馬券で逝くぜ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

歴史的な転換点か、中朝“蜜月関係”に亀裂

北朝鮮が名指しで中国批判?マジっすか?・・・この流れは北朝鮮の「孤立」に繋がるのでは・・・?そして孤立した国は最終的に暴発するしかなくなる?マジでヤバイぞ北朝鮮・・・。

 

 

 

 

【NHKマイルC2017予想】東京芝1600mで行われる3歳マイル王決定戦GⅠNHKマイルカップ。今年は主役不在の大混戦!人気はカラクレナイ?モンドキャンノ?アウトライアーズ?データ分析だと枠順の有利不利なし。逃げ・先行有利も差し追い込み互角。穴馬候補にエトルディーニュ、プラチナヴォイス。大穴候補にタイムトリップ!

 

天皇賞春は素晴らしいレースだったな。

 

馬券は惜しくもハズレたが、

 

微塵も問題ない。

 

今週もモリモリモッコリケツ馬券で逝くぜ~。

 

■NHKマイルC2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ぬう。netkeibaの予想オッズではカラクレナイが1番人気か。

 

私のケツ予想ではミスエルテあたりが人気になるかと思っていたが・・・

浅次郎の予想オッズはこちら

 

いや、これは多分カラクレナイの人気というより

 

ミルコ人気だろうな。

 

同じくモンドキャンノも人気になってるが、

 

これはルメール人気か。

 

・・・

 

フハハハ!

 

 

いい傾向だ!

 

データ見てみよ。

 

■NHKマイルCのJRAデータ分析

JRAデータ分析より

 

1番人気馬が抜群に強い。

しかしとんでもない大穴が飛んで来るレースでもある。

 

過去の勝ち馬を眺めるとわかりやすいな。

 

 

マイネルホウオウ、ジョーカプチーノ、ピンクカメオ・・・

 

さて、今年はどうかな?

 

 

ローテ的には「桜花賞」「皐月賞」「ニュージーランドT」「関西圏のGⅢ(アーリントンCや毎日杯」「スプリングS」の5択。ちなみに、ニュージーランドT組は勝ち馬より敗け組の方が来る。中山マイルと東京マイルは求められる適正が真逆だからだ。

 

 

これはJRAのデータ分析にしては面白いデータであるな。皐月賞トライアルに出てた馬の成績がベラボーにいいのである。つまり、本当はマイラーだけど・・・皐月賞を目指した馬、あるいは皐月賞に出走して惨敗した馬がNHKマイルCに出てくるわけ。

 

これを見ると皐月賞トライアルの成績は2~4着が望ましいが、あまり着順は問わない感じ。

 

今年で言うと該当馬は、

 

・アウトライアーズ(スプリングS2着)
・プラチナヴォイス(スプリングS3着)
・エトルディーニュ(スプリングS6着)
・オールザゴー(スプリングS7着)
・モンドキャンノ(スプリングS10着)

 

この5頭のみ。

 

アウトライアーズ、モンドキャンノは人気になりそうだが、

プラチナヴォイス、エトルディーニュ、オールザゴーは

チラ見オッパイになりそうな感じだぜ~~~~~~!

 

フハハハ!

 

 

いい傾向だ!

 

枠の成績見てみよ。

 

■NHKマイルC過去10年の馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2016年 4→518(18頭立て)
2015年 7912(18頭立て)
2014年 1021(18頭立て)
2013年 81712(18頭立て)
2012年 51712(18頭立て)
2011年 13171(18頭立て)
2010年 131→3(18頭立て)
2009年 3→1310(18頭立て)
2008年 9514(18頭立て)
2007年 141018(18頭立て)

白4、黒3、赤3、青2、黄5、緑3、橙5、桃5

ワンターンのマイル戦。3コーナーまでの距離も550mと長く、枠順の有利不利はあまり考えなくていい。過去の成績も内外満遍なく馬券になってる感じである。ただし、人気薄の枠は「1枠」や「7枠」「8枠」が多い。極端な枠に入った人気薄には注意が必要。

 

■NHKマイルC過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2016年 1→16→9
2015年 5→29
2014年 1→7マクリ11
2013年 14104
2012年 1→4→10
2011年 5→16→9
2010年 16→5→8
2009年 2→4→3
2008年 11→5マクリ→16
2007年 14→3→14

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~49.9倍、ピンク:50.0倍以上

 

こんだけ大穴が突っ込んでくるレースも珍しい。オレンジより赤やピンクが多いなんてのは本当にレアケースである。モッコリケツ穴党としては、2007年や2009年や2013年のような結果になることを祈りつつ場外ホームラン狙いで逝くべしである。

 

過去10年全て18頭立てなのでキレイに3分割。

 

4角1~6番手は14/30。
7~12番手は9/30。
13~18番手は7/30。

 

基本的に先行有利であるが、差し・追い込みも飛んで来るレース。特にこれだけ後ろの馬が飛んで来るレースは珍しい。ただし、勝ち馬に限ると前の馬が6勝を挙げており、「逃げ・先行→先行」「逃げ・先行→差し」といった決着が多い。

 

「東京マイルを逃げ切るのは至難」

 

と言われたのはもう昔の話で、現代のスピード馬場だと逃げ馬が勝つのも決して珍しくない。特に人気に押された逃げ馬はかなり信頼出来る。ま、今年は逃げ馬候補自体がいないんだが。

 

穴馬の脚質は圧倒的に「差し・追い込み」である。2009年のように前残りで穴馬が来ることもあるが、基本的には「中山で差し切れずに負けた馬」や「阪神マイルの瞬発力戦で結果を出している馬」が狙い目。

 

ケツデータ論。

・枠順は気にしなくていい。穴馬は極端な枠。

・基本は逃げ、先行有利。差し、追い込みも届く。

・大穴狙いバッチコイ。

 

大穴候補を挙げておこう。先にも挙げたが、まずエトルディーニュ。東京コースではいずれも強敵相手に好走しており、好位付けからの粘り込みに注意が必要。それからスプリングS3着のプラチナヴォイス。皐月賞は10着とはいえ、わずか0.5秒差。ファンディーナやカデナといった有力馬と同タイムで走っており、我々が思っているより能力は高いぞ~!もしかしてこの馬マイラーかもだし。

 

この馬は中穴になると思うが・・・レッドアンシェルはもしかしたらこのメンバーなら抜けて強いかもしれん。前走で負けたペルシアンナイトは別格である。

 

それからニュージーランドT組からは・・・ちょっとレースを見ておこうか。

 

 

レースは最初の3F36.3のスロー。結果は先行勢の前残り。そんな中、大きく出遅れつつ、大外ブン回しで追い込んで来た馬がいる。5着のタイムトリップである。この時大外枠であったから、距離ロスはかなりのもんがあったと思う。これが東京マイルなら・・・?かなり面白い穴馬だと思うぜー。また、同じく脚を余して6着だったスズカメジャー(この馬は出れないかも?)もぜひ出てきて欲しい一頭。それから外枠から掛かって惨敗したタイセイスターリー。兄は当レース勝ち馬のミッキーアイル。折り合いが付いて脚が溜まれば怖い一頭だぞ!あ、この馬も出れるか分からんのか。抽選?

 

今年はニュージーランドT組や別路線組の評価がやたら低く、

桜花賞組や皐月賞組の人気が高くなりそう。

 

これはファンの勝手なイメージで、

実はマイル路線の馬の方が強いかもしれない。

(走ってみないと分からない)

 

実際、今年の皐月賞は、

非王道ローテのアルアインが勝ち、

 

マイル路線からチャレンジした

ペルシアンナイトが2着だったではないか。

 

・・・

 

ふははは!

 

 

いいケツ向だ!

 

そろそろケツ馬券秘奥義「天翔ケツ字鳳」が炸裂しそうな予感がするぜ!

 

調教チェック、最終予想は後日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

<改憲国民投票>早くて五輪後 与党も「国政選挙と分離」

お、遅い・・・次の選挙で2/3を維持できる保証などないぞ・・・。いずれにせよ審判するのは国民である。議論が活発になることを祈る。

 

競馬が趣味でも婚活出来る?あなたの「結婚力」どのくらい?

 

最近の婚活はネットが主流ですなー。

 

見た目で選べるのは当たり前だが、

趣味で選べるのはいいなあ・・・(競馬が趣味って娘はいるかな?)

 

 

私は既婚の42歳であるが、

こういう女性の条件で

「結婚チャンステスト」やってみた(笑)。

 

25~30歳はちょっと欲張り過ぎか(笑)。

 

でも「再婚可」だと結構イケるかも?

 

さて、どんな結果が来るか・・・

(テスト結果を送ってくるらしい。無料)

 

結婚は諦めた瞬間出来なくなるけんな。

未婚のスペルマ毒者も多いと思うが、浅次郎は応援するぜー!

 

 

 

【NHKマイルC2017予想オッズ】東京芝1600mで行われる3歳マイル王決定戦!GⅠNHKマイルC!今年はどの馬が1番人気になるか分からん位の大混戦!ミスエルテか?モンドキャンノか?ボンセルヴィーソか?それともジョーストリクトリか?オッズはどうなる?穴馬候補はアエロリット、エトルディーニュ、レッドアンシェル!

 

うひぃぃぃ。

 

今年のNHKマイルCは、

 

混・浴である!

 

なんでこの風呂は白く濁ってんだゴラァ!

 

まちがった(笑)、

 

混・戦である!

 

高校に入学してスグ、

 

「うちのクラスで一番オッパイでけえの誰かな?」

 

なんて童貞バカ話をした覚えがあるが、

 

まさに今回のNHKマイルCはそんな感じであるな!

(どんな感じだ!)

 

■NHKマイルC2017netkeiba予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ぬう・・・。

 

どの馬が1番人気になるんだ?

 

netkeibaの予想では・・・

 

カラクレナイ?

 

まじで?

 

人気予想には結構自信があるんだが、

 

ちょっとこれは分からんわ。

 

直前の競馬マスコミの報道次第やろな~。

 

ところで、

 

こういう混浴風呂が日本のどっかにあるらしいのだが、

 

 

苦労して見つけて行っても、

 

若い女性はいないよねきっと(笑)。

 

以下、浅次郎の予想オッズ。

 

■NHKマイルC2017予想オッズ

NHKマイルC2017予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1番人気 ミスエルテ 6.6倍
2番人気 モンドキャンノ 6.9倍
3番人気 ボンセルヴィーソ 7.1倍
4番人気 ジョーストリクトリ 8.6倍
5番人気 カラクレナイ 9.8倍
6番人気 キョウヘイ 12.3倍
7番人気 アエロリット 15.5倍
8番人気 アウトライアーズ 18.4倍
9番人気 プラチナヴォイス 22.2倍
10番人気 レッドアンシェル 25.4倍
11番人気 エトルディーニュ 27.4倍
12番人気 ディバインコード 36.7倍
13番人気 タイセイスターリー 40.8倍
14番人気 タイムトリップ 55.2倍
15番人気 オールザゴー 59.0倍
16番人気 トラスト 66.1倍
17番人気 ナイトバナレット 70.3倍
18番人気 ガンサリュート 84.6倍

※管理人浅次郎の独断と偏見による予想である。

 

 

いや・・・

 

マジでバスタオルの下が見たい・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

マジでどうなるか分からん。

 

分からんが、ミスエルテ、モンドキャンノ、ボンセルヴィーソあたりの朝日杯組が人気になるような気がする。それほど、NHKマイルC路線組が不安たっぷりなのだ。と言ってもまあ、上位人気は乳輪の直径比べ。競馬メディアの報道次第でどうにでも変わるだろう。

 

1番人気候補に挙げたのはミスエルテ。桜花賞はブッツケローテとなってしまったが、それでも5番人気に支持された。結果は11着で見せ場なく惨敗してしまったが、叩いてこっちが本命だとしたらどうか?1kg差だった朝日杯で4着。今回は2kg差貰える。何となくこの馬が人気になるような気がするな。

 

2番人気はモンドキャンノ。スプリングSは10着に敗れたが、これはおそらく距離。京王杯2歳Sでレーヌミノルを負かし、朝日杯は2着。血統的にも1200~1600の馬で間違いないだろう・・・ということでこの馬も人気になると思う。レーヌミノルが桜花賞を勝ったのが大きい。

 

3番人気はデイリー杯2着→朝日杯3着→ファルコンS2着→ニュージーランドT3着のボンセルヴィーソ。どうもこの馬が全ての基準になりそうな感じ。決め手はないが前受して非常にしぶとく、前残りの東京になった場合に怖い一頭。

 

4番人気にニュージーランドT勝ち馬のジョーストリクトリ。本来ならこの馬が1番人気にならんといかんのだが、前走は12番人気の低評価。馬場と展開と枠に恵まれた感が強く、買わねばならんのは前走だったような気がするな。東京マイルだとちょっと疑問。

 

5番人気は桜花賞で鋭く追い込んだカラクレナイか。この馬、フィリーズレビューではレーヌミノルを負かしており、実力的に紙一重。東京は未経験だが、長い直線でのキレ勝負は合うと思うな~。私がこの馬が1番人気でもいいと思うのだが、あまり人気になるタイプじゃないし、前走がメイチだったような気もするし、5番人気くらいかなと。

 

以下、重馬場は鬼のキョウヘイ、桜花賞5着のアエロリット、スプリングS2着のアウトライアーズなどが人気になるかと思うが、正直言ってどうなるかさっぱり分からん。ここは登録だけでダービーやオークスに向かいそうな馬も結構いるし、鞍上によっても変わると思う(ミルコやルメールが乗ると1.5倍増しで人気になる)。

 

その上で現時点での大穴候補を挙げておこう。絞って考えたいのが「東京実績」である。この時期・・・「中山や阪神で好走した馬」が人気になりやすいわけであるが、大事なのは「東京適正」「軽い馬場適正」である。逆に言えば、重い中山などで惨敗してても一向に構わないのである・・・。

 

まず、アエロリット。東京は【1.1.0.0】でクイーンC2着の実績。桜花賞は後方の位置取りから直線ズンズンと追い込んで際どい5着。ゴールしてもまだまだ伸びそうな印象の末脚であった。この馬は東京が合う。人気にならないことを祈る。

 

次に、エトルディーニュ。東京は【0.3.1.0】。中山が【0.0.0.3】なのと対照的な成績である。これまで東京で負けたのは強敵ばかり。こういうタイプは相手がどうあれ好走することが多く、頭は難しいかもしれんが2~3着候補であれば十分あり得ると思うぞ。

 

それから、東京実績はないのだがレッドアンシェルに注目。出遅れた朝日杯は後方でじっくり脚を溜めるという選択肢もあったと思うのだが・・・二の脚を使って前へ。それでも直線向いて伸びてくるかと思いきや、やっぱり馬群に沈んでしまった。これは騎乗ミスだったんじゃないの?んで、注目は前走のアーリントンC。もう一回改めて見てみよう。大外12番がレッドアンシェルである。

 

 

皐月賞の回顧の時にも書いたが、おそらくペルシアンナイトは別格の馬である。そのペルシアンナイトが居ないものとして考えると(笑)、レッドアンシェルは出遅れながらも後方一気で差し切っているわけだ。この馬、朝日杯時のように行ってしまうとダメだが、溜めれば相当キレる。東京1600も向くと思うぞ。

ちなみに、この時負かしたディバインコードはその後橘Sを勝ち、ジョーストリクトリはニュージーランドTを勝っている。問題は2ヶ月の休み明けでデキがどうか?皐月賞に出る選択肢もあったと思うのだが、最初からココ一本だったのかな?

 

というわけで、

 

こんな感じの若い娘が来る混浴風呂をご存知の方はぜひ教えてくれ。

 

 

じゃなかった(笑)、

 

他におすすめの穴馬候補がいたらぜひコメントしてってくれ!

 

どんな人気になるのか楽しみであるな!

 

NHKマイルCのデータ分析はこちら!浅次郎の大穴馬は・・・?

NHKマイルC2017邪スカウターによる調教チェック!

NHKマイルC2017最終予想!伝説の大穴狙い!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「あっちの方」と呼ばれた被災者、怒り・あきれ

今村氏のことを私は良く知らないのだが、この人なに?バカなの?言葉を切り取って責めるマスコミもマスコミだが、復興相として言っちゃいかん言葉ってもんがあるだろうよ。特に、東日本大震災は津波の被害が激甚であったではないか。首都圏の直下型地震と比べること自体が間違ってるだろ。

 

 

 

 

【NHKマイルC2016レース回顧】3歳マイル王決定戦NHKマイルカップは、1番人気のメジャーエンブレムが逃げ切り圧勝!桜花賞の無念を晴らした。2着にはマイルで復活したロードクエスト。3着は浅次郎の本命12番人気のレインボーライン。さて・・・今後はどうするのかな?休養?安田記念?それともダービー?

 

やっぱり強かった

メジャーエンブレム!

 

メジャーエンブレムNHKマイルC画像1

 

こういう競馬をして欲しい!

 

ってレースをやってのけたなー。

 

枠も良かったし、ルメールの騎乗も完璧。突付かれることもなかったし終始スムーズ。普通に考えれば1000m57.7は超ハイペースであるが、これで残ってしまうんだから・・・

 

やっぱりこの馬は強い!

 

問題は今後であるな。

 

マイル路線で行くのか?

距離を伸ばして行くのか?

 

個人的には秋華賞→エリザベス女王杯(ジャパンカップ)→有馬記念のローテ希望。父ダイワメジャーだって、距離不安を囁かれながら有馬記念で3着が2回。メジャーエンブレムの場合は、母父がスタミナ系のオペラハウス。大丈夫だと思うけどなー!

 

さて、簡単に回顧しよう。

 

■NHKマイルカップ2016結果、着順

NHKマイルC2016結果着順

NHKマイルC2016払い戻し

netkeibaより抜粋

 

今回、浅次郎の◎は12番人気のレインボーライン。いつもなら「に、に、人気馬買ってねえ・・・」と、飛び降りたユリアを見つめるシン顔になるところだが、

 

ユリアー

 

今回はちゃんと押さえてて三連複ゲット。もうちょっとついても良さそうだけど・・・メジャーエンブレム-ロードクエスト2頭軸で買ってた人が多かったんだろうねえ。ロードクエストが飛んでこなかったら三連複爆穴だったのだが(笑)。

 

(不)的中コメントくれたみんなアリガトー!

 

■NHKマイルカップ2016映像

 

出遅れたのはティソーナとペルソナリテ。注目のメジャーエンブレムは五分の発馬。しかし、ルメールも桜花賞の二の舞いは御免と首を押してハナを奪いに行く。

 

幸い・・・絶好枠であったし、競りかけてくる馬もおらず、追ったのはスタート後の50mだけ。100mの地点ではもう「馬なりハナ」という最高の流れであった。

 

NHKマイルC2016画像2

 

見ての通り、1番のシュウジは掛かってジ・エンド。岩田は懸命に押さえていたが、もしかして岩田が行ってたらまた違う競馬になっていたかもしれない。外のシゲルノコギリザメはメジャーエンブレムを見る形。この馬も無理はせなんだな。アーバンキッド、エクラミレネール、ブランボヌール、ダンツプリウスが先団を形成。

 

中団にイモータル、シャドウアプローチ、その外にレインボーライン。

 

NHKマイルC2016画像3

 

最近ちょっと思うのが・・・復帰した福永の凄味である。レインボーラインは大外枠であり、メジャーエンブレムが行くのであればペースは速くなりそう・・・であればロードクエストのように後方待機という選択肢もありそうなもんだが・・・距離損覚悟で中団の外目のポジション。これはおそらく、「メジャーエンブレムを負かすためのポジション」であった。結果は届かなかったし、ロードクエストにも差されてしまったが、瞬発力に劣るレインボーラインの騎乗としては100点満点だったと思う。当然であるが・・・今回、一番長い距離を走ったのはレインボーラインであった。

 

中団後方に追い上げたティソーナ、ストーミーシー、ブレイブスマッシュ、トウショウドラフタ、カネノイロ。

 

NHKマイルC2016画像4

 

後方からハクサンルドルフ、ロードクエスト。離れた最後方がペルソナリテ。

 

NHKマイルC2016画像5

 

ハイペースの割に縦長にならず・・・特に前は固まった展開。

 

ラップタイムは、

 

NHKマイルC2016ラップタイム

 

600mが34.3。

 

これはマイル戦なら珍しいことではないが、その後も締まったラップが続き・・・

 

1000mが57.7。

 

息が入り辛い厳しいペースである。東京マイルでこのペースは明らかにハイラップ。予想では「先行勢はメジャーエンブレムに残らず掃除されてしまう」と書いたが・・・まさにその通りになった。

 

直線に向いてもメジャーエンブレムは涼しい顔であるが・・・先行勢はもう一杯オッパイ。メジャーエンブレムが追い出したのは坂を登った残り300m地点から!

 

NHKマイルC2016画像6

 

残り200の地点で先行勢は総崩れとなり・・・外を突いて伸びてきたのがレインボーライン!さらに大外ぶん回しで突っ込んで来たのがロードクエスト!

 

だけんどもしかし!

 

届かず!

 

NHKマイルC2016画像7

 

強い。

 

勝ちタイムは1:32.8。

 

このペースで行って逃げ切られたら、後ろの馬は脱帽するしかない。

 

以下、レース後のコメント。

NHKマイルC各陣営レース後コメント

 

メジャーエンブレムNHKマイルC画像7

 

メジャーエンブレムNHKマイルC画像5

 

メジャーエンブレムNHKマイルC画像6

 

メジャーエンブレムNHKマイルC画像3

 

メジャーエンブレムNHKマイルC画像4

 

2着ロードクエストも最高のレースをしたと思う。もうちょっと前が流れれば・・・というハスキーボイスも聞こえるが、今回は相手が悪かったと思う。やはり、この馬は東京向きのマイラーですなー。ダービー?なんて場外馬券売り場のダミ声も聞こえるが、放牧に出さんのなら安田記念に行って欲しい。

 

3着レインボーラインは本当に長く脚を使う。切れる脚はないけどジリジリと伸びてバテない。今回福永の好騎乗もあったが、いつも懸命に走る馬主孝行な馬であるな。この馬・・・確かに体型はマイラーぽいが、生粋のマイラーであるのかどうかちょっと疑っている。血統的にはむしろ中距離が合いそうな気がするのだが・・・ダービーに出てきたら面白い爆穴になる。。。かも?

 

4着ダンツプリウスはレインボーラインの一列前。この馬も実にしぶとい・・・が能力的にはここまでなのかもしれん。5着トウショウドラフタは覚悟のイン突き。坂を登ってから一瞬突き抜けるかの手応えであったが・・・最後に止まってしまった。

 

驚いたのは6着同着のブランボヌールである。先行勢総崩れの中・・・上位に残ったのはこの馬のみ(メジャーエンブレム除く)。最後の100mで力尽きたが、15番人気であわや・・・というレースであった。もしかしたら1600より1400の方がいいかもしれんな。

 

今回、

 

予想バッチリで三連複が的中したが、

 

その全額を熊本地震で甚大な被害にあった

南阿蘇村に寄付させて頂く。

 

サトフル画像

ふるさと納税制度を利用すると便利)

 

私自身、被災者の一人であるが、

私自身が被害者ヅラするつもりは毛頭ない。

 

壊れた家は修理すればいいし、

割れた皿や壊れた家電は買い直せばいい。

嫁のストレスチョップも私が受ければいい。

 

しかし、今回の熊本地震で甚大な被害を受けた

「益城町周辺」「南阿蘇村周辺」

は「直せばいい」というレベルではない。

 

 

「これからどうやって暮らして行けばいいのか」というレベルである。

 

私たちの支援が、必要である。

 

ちょっとでもいい、どんな形でもいい。ご協力頂けたら嬉しい。

被災地支援、今わたしたちができること。

 

 

 

 

【NHKマイルC2016予想】東京芝1600mで行われる3歳マイル王決定戦。人気はメジャーエンブレムが抜けたが、オッズほどに絶対的存在ではない。展開はハイペース決め打ち。狙いは・・・レインボーライン!爆穴にエクラミレネール!ヒモには穴馬勢のブレイブスマッシュ、ストーミーシー、ダンツプリウス!ロードクエストは押さえ。

 

京都新聞杯のスマートオーディン、

NHKマイルCの方が適正高いんじゃね?

(マイラーじゃね?)

 

と以前書いたが、

 

大変大変失礼したぜよ。

(ま、でも本質はマイラーだと思うけどなー)

 

しかし、この勝ちっぷりだとダービーでも大変楽しみですな。

 

さて、NHKマイルC!

 

■NHKマイルカップ2016日曜朝オッズ

NHKマイルC2016日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

ロードクエスト、イモータルは意外と人気にならんようやな。逆にメイショウドラフタとティソーナが人気になっとるわ。

 

ニュージーランドT組の評価が異常に低いのも今年の大きな特徴。1着のダンツプリウスが7番人気、2番人気のストーミーシーが9番人気だもんね。

 

netkeiba予想陣の印を見てみよう。

 

■NHKマイルカップ2016netkeiba予想陣の印

NHKマイルC2016netkeiba予想陣印

netkeibaより抜粋

 

もっとメジャーエンブレムに◎が並ぶかと思ったが、かなりバラけてますな。特に丹下と田沼がメジャー◎じゃないのに驚き(笑)。トウショウドラフタ、ティソーナは人気の割に印が薄い・・・

 

当たる、当たらないは置いておいて、さすがの猿飛予想は奥田と古澤。もちろんメジャーエンブレムから買ってもいいが、その場合は古澤のように相手を絞らねばならんぞ!

 

今までの考察

NHKマイルカップ2016データ分析(枠順、脚質)

NHKマイルカップ2016展開予想

NHKマイルカップ2016調教チェック

 

さて、

 

展開予想でも書いたが、メジャーエンブレム先頭の「ハイペース」と読む。600mが34秒前後、1000mは57~58秒、上がりは34~35秒。

 

もう・・・サイレンススズカの如く、行って貰いたい。

 

サイレンススズカの逃げ

 

そうすれば、後ろの馬は追い掛けざるを得ず、なし崩しに脚を使わされ・・・息が入りにくい競馬になる。これがメジャーエンブレムがやるべき競馬であり、桜花賞では控えて負けてしまっただけに今回は何が何でも行くと思う。

 

で、土曜の競馬を見れば、東京の芝レースは基本的に前有利。その多くが「先行→差し」の決着である。というわけで尚更メジャーエンブレムを買いたくなってしまう・・・(笑)。

 

だけんどもしかし!

 

だけんどもしかし!

 

管理人は常穴馬券術の提唱者であり、自他ともに認める大ケツ馬券師であるからして(的中率無視の大穴党である)、

 

メジャーエンブレムを◎にはしない。

 

じゃあどうするか?

 

ハイペースの前残りパターン(メジャーエンブレムに付いて行って残るパターン)も考えたが・・・今回先行勢は、メジャーエンブレムに残らず掃除されてしまうのではなかろうか。

 

となれば、

 

突っ込んくるのはハイペース向きの持久力型差し馬。

前で残るのはメジャーエンブレムのみ。

 

前崩れの差しケツ馬券で勝負!

 

■NHKマイルカップ2016予想

という訳で今回は「差し馬」中心に馬券を組み立てる。前の馬が残ったらウチのジローに謝らせるけん(笑)。メジャーエンブレムが残るケース、飛んだケースの三連複も買っておく。

NHKマイルC2016浅次郎予想印

 

レインボーライン(11番人気)

阪神マイルのアーリントンCをハナハナ差の激戦を制し、ニュージーランドTでは僅差の5着。直線追えないところがあって0.1秒差。本番前の一叩きとすれば上々だったと思う。この馬を押す理由は、速めのペースで流れた場合に息の長い末脚を使えること。

アーリントンCではスタートが悪く後方からになったが・・・残り800mを過ぎたところからスパートし、最後まで本当にしぶとく伸びた。この息の長い末脚が、メジャーエンブレムの作る流れにピッタリだと思うのだ。姉に阪神JF2着、オークス4着、秋華賞2着のアニメイトバイオ。GⅠで好走出来る底力はあると思うぞ。ただし、東スポ杯で惨敗しているように東京適正は疑問。スローの瞬発力勝負になったら用無しかも(笑)。中団後方待機から直線大外ぶん回しでよろしくメカドック。

 

エクラミレネール(16番人気)

ストーミーシーと迷ったが・・・内枠で超人気薄のこちらを。ニュージーランドTでは好スタートから中団後方に下げてジックリ脚を溜め・・・直線はイン強襲であわやの競馬。

今回全く人気がないが、オッズほどに能力差があるわけではない(ダンツプリウスとハナクビ差である)。位置取り、立ち回り次第で突っ込んで来るかもしれんぞ?

 

▲メジャーエンブレム(1番人気)

△ストーミーシー(9番人気)

△ブレイブスマッシュ(10番人気)

△ダンツプリウス(7番人気)

△ロードクエスト(2番人気)

 

馬単 ◎流し 表裏@100円

三連複 ◎◯▲-◎◯▲-◎◯▲△ @100円

 

頑張れ!レインボーライン!

 

レインボーライン画像1

 

【浅次郎のひとりごと】

ラニは9着 人気のナイキストが無敗V/米・ケンタッキーダービー

ラニの応援馬券は儚く散ったが・・・一緒に買ってたNyquist(ナイキスト)の単複馬券が軽く的中いえーい!このオッズは美味しかったな(笑)。

 

 

【NHKマイルC2016調教チェック】東京マイルで行われる3歳マイル王決定戦。追い切り・調教内容が良いのはどの馬?逆にイマイチな馬は?メイチ仕上げはメジャーエンブレム!他シュウジ、トウショウドラフタ、ブレイブスマッシュの追い切りが抜群であった。イマイチなのは・・・エクラミレネール、アーバンキッド、イモータル?

 

スポーツにおいて練習が大事なのと同じように、

競馬において調教はとても大事である。

 

「血統は気にしない」「騎手は気にしない」という人はいても、

 

「調教は全然気にしない」

 

という人は少数派だろう。あまり調教は気にしないよ!という方も、素敵な女性の胸元が開いていればチロッと目が行く感じで・・・(どんな感じダ!)、

 

胸チラ2

 

チラッとは調教欄にも目をやるのではなかろうか。

(錦織くんだって目が行くのであるからして、私なんぞはガン見してしまうのである。笑)

 

・・・生き物である馬が走るのが競馬であり、体調の良し悪しは大いにレース結果に直結するのである(しないことも多々ある。笑)。しかし調教のジャッジは難しい。調教で走る馬も居れば走らない馬もいるし、厩舎が意図的に押さえることもあるし、調教がハード過ぎて疲れちゃう馬もいるし、調教後にガラッと変わることだってあるからだ。

 

我々人間だって、体の軽い日もあれば、体が重い日もあるよな。

 

要は、素人には・・・「よく分からん」のが調教である。

(プロだってよく分かってないと思うけど)

 

チェックは厳重にすべきであるが、

あまり気にしない方がいい・・・時もある。

 

ま、参考程度にね。

 

■NHKマイルカップ2016オッズ

NHKマイルC2016オッズ

netkeibaより抜粋。土曜12時時点。

 

絶好枠を引いたメジャーエンブレムが単勝2倍台の1番人気。

ロードクエストの人気がイマイチ上がってないな?

あとティソーナが人気になってる・・・デムーロ人気か?

 

ま、いいや。

 

調教みてみよ。

 

■NHKマイルカップ2016調教チェック

冒頭でも述べたが、管理人は競馬関係者でも調教Gメンでも麻薬捜査犬でもないタダの馬券オヤジである。調教映像なんぞを見てもサッパリ分からんし、どの馬もよく見える。以下は管理人の独断と偏見と欲目によるジャッジである。あしからず。あ、私も知らんかったのだが(笑)、今はJRAのホームページから各馬の調教映像を見ることが出来るぞ!

 

【調教メイチぽい馬】

・シュウジ
栗東坂路良【53.8-38.4-24.4-11.8】岩田 G強
もともとかなり調教駆けする馬であるからして時計自体は驚くべき数字ではない。むしろヌルい部類である。しかし、今回全体のバランスが良い。特に2Fのラップ12.6-11.8が素晴らしいですな。いい感じに仕上がっていると思う。

・メジャーエンブレム
南Wやや重【64.5-48.8-35.8-12.3】助手 強め
なぬ・・・!南Wで35秒台・・・?この馬も調教で走る馬であるが、それでも今まで36秒台であった。文句なしの抜群メイチ仕上げである!

・トウショウドラフタ
美浦P【65.0-49.8-36.8-11.6】助手 仕掛け
1週前に南Wで一杯に追って36秒台。この馬もいいぞ。

・ブレイブスマッシュ
南W【81.7-66.1-50.9-38.4-12.6】横典 強め
netkeibaのコメントには「前走並みC」とあるが、前走時の最終は【69.8-54.4-40.4-12.7】(馬なり)である。強さは違うが・・・明らかに良くなっていると思うんだけど。要警戒。

 

今回・・・浅次郎好みの馬は少なかったな。特に関西馬の「栗東坂路組」は、ラスト1Fの時計が掛かっている馬が多く、GⅠにしてはピリっとしない感じ。「まあまあ」ってコメントをしたい馬が多いな。

 

ロードクエストも悪くないが、攻めの調教ではなく、皐月賞の出来をキープしてる感じ。イモータルはどうなんだろなあ・・・日曜のCWは素晴らしかったが、もともと調教で走る馬だけに・・・最終追いの栗東坂路がイマイチに見える。他、エクラミレネール、アーバンキッド、シャドウアプローチ、ペルソナリテ、カネノイロ、ブランボヌールはイマイチに見えるな。この中に狙っている馬がいるんだが・・・どうしよ(笑)。ダンツプリウス、ティソーナはまあまあと言った感じか。

 

抜群仕上げなのは、

人気のメジャーエンブレムである。

桜花賞で人気を裏切ったのが応えたか・・・究極仕上げを施して来たぞ!

 

こりゃ・・・押さえが必要かな?

 

今考えているのは、

 

メジャーエンブレム×先行馬の前残り!

メジャーエンブレム×差し馬勢(前崩れ)!

 

の2パターンである。

(いずれも速いペースになるのを想定)

 

だけんどもしかし!

 

だけんどもしかし!

 

メジャーエンブレムを◎にはしない。

(ダイワスカーレット級の馬になって欲しい!という願望はあるが)

 

競馬は何が起きるか分からんし、

よく考えれば牡馬一線級とは初対戦なのである!

力関係は・・・まだ分からん。

 

さーて、土曜の馬場もチェックせんといかんな!

 

結論は日曜日!

 

ブレイブスマッシュ画像1

 

【浅次郎のひとりごと】

ケンタッキーダービーの馬券買ったぜ!

 

【NHKマイルC2016予想】東京芝1600mで行われる3歳マイル王決定戦。人気はメジャーエンブレム、ロードクエスト・・・とクラシック組。さて展開はどうなる?逃げ候補は?ハイペースになる?スローペースになる?その場合、どの馬が有利?ペースごとの穴馬候補は?管理人の狙いはハイペースでの持久力型先行馬。

 

桜花賞馬ジュエラー骨折・・・。

 

今年は大きな怪我をする有力馬が少ないわ!

このままダービーもオークスも無事にオールスターで!

 

と思っていたのだが、

これは痛い。

 

陣営にとっても痛恨だろう。

 

馬券的には妙味が出てきたかもしれんが・・・

幸い軽症みたいなので、秋華賞には出てきて欲しい。

 

■NHKマイルカップ2016枠順

ヴィクトリアマイル2016枠順2

netkeibaより抜粋

 

メジャーエンブレムは4番。こりゃ良い枠を引いたなあ・・・。最内のシュウジを見ながら行けるだろうし、スタートを決められるなら文句なしの枠だろう。逃げ候補のシゲルノコギリザメはもっと内が欲しかったろう・・・しかしこの枠から行くとしたら気合を付けて行く他なし。さてペースの鍵を握るのはノコギリザメかもしれん。

 

他、個人的に良い枠を引いたな・・・と思うのは、アーバンキッド、ティソーナ、イモータル、シャドウアプローチ、ダンツプリウス。ブレイブスマッシュは内枠ならノリの前付けもあるかと思ったが・・・この枠だと難しいなあ。ストーミーシー、ブランボヌール、レインボーラインは展開が向くのを祈りつつ中団後方になるか。

 

 

■NHKマイルC2016展開予想

行くのは、
メジャーエンブレム
シゲルノコギリザメ
シュウジ

先行勢は
ティソーナ
イモータル
シャドウアプローチ
ブレイブスマッシュ

中団には
アーバンキッド
レインボーライン
エクラミレネール
ダンツプリウス
ブランボヌール
ペルソナリテ

後方から
ストーミーシー
ハクサンルドルフ
カネノイロ
トウショウドラフタ
ロードクエスト

問題はメジャーエンブレムが行くのかどうか?そしてペースがどうなるのか?参考までに・・・クイーンC時は600m34.4、1000m57.8のペースで逃げた。メジャーエンブレムは押さえて逃げるタイプではなく、ぶっ飛ばして逃げるタイプである。そして上がりも34.7にまとめて5馬身差。強い!

 

だけんどもしかし!

 

だけんどもしかし!

 

ただでさえ、

 

競馬は何が起きるか分からんのである!

 

そして、

 

今回のメンバーは

クイーンCとは全く違うのである!

 

どのくらい違うかというと、

 

あなたが拳王ラオウだとして(な、何の例えだ!)、

 

ラオウ画像

 

瞬殺した風のヒューイと

 

風のヒューイ瞬殺

 

一時は死も覚悟した山のフドウ・・・・

 

山のフドウ画像

 

くらい違う!

 

・・・かどうかは分からんが、

 

少なくとも風のヒューイは弱かったのである。

 

どの競馬メディアを見ても、競馬評論家の評価を見ても、メジャーエンブレムのクイーンCは絶賛ケダモノの嵐である。タイムも超抜であるし、影も踏ませなかった内容は確かに極上タン塩である。しかしその相手は・・・ほとんどが「牝馬の1勝馬」であったのだ。もちろん「相手が変わっても圧勝してたよ」「阪神JFも圧勝だったではないか」という意見もあるだろう。それはその通りかもしれん。

 

しかし、競馬はタイムを争うものではない。競馬は「競べ馬(くらべうま)」なのであり、相手が変わればレース振りも変わるのだ。例えば、メジャーエンブレムに絡んで来る馬がいたら・・・?後ろから突付かれたら?出遅れてしまったら?・・・大きく何かが変わるかもしれないのだ。

 

そして今回、シュウジ、シゲルノコギリザメという逃げ馬候補がいる。どう絡むかは分からんが・・・クイーンCの時のようにラクに行けるとは限らない。控えて瞬発力勝負になった時の脆さは桜花賞の見た目通りである。

 

人気ほど、絶対の存在ではないと思う。

 

考えうる展開は二つ。

 

・メジャーエンブレムがぶっ飛ばして逃げるハイペース。

・メジャーエンブレムが控えて平均ペース。

 

■メジャーエンブレムがハイペースで逃げる

この場合に狙いたいのは、持久力型の先行馬である。「え?ハイペースなら、狙いは差し・追込みじゃないの?」と思われるかもしれん。それはそれで一つの真実であるが、この考え方は非常に短絡的であり、競馬のことをよく分かっていない初心者が陥る罠である(競馬評論家達が張り巡らした罠である)。

 

馬には色んなタイプがあり、一瞬の瞬発力に秀でた馬もいるし、スピードを持続するのが得意なタイプもいる。分かりやすい例で言えば、5Fを13.0-13.0-12.0-11.0-11.0で走るのが得意な馬もいるし、12.0-12.0-12.0-12.0-12.0で走るのが得意な馬もいるわけだ。メジャーエンブレムがぶっ飛ばして逃げるケースで狙いたいのは後者の持久力タイプ。このタイプの先行馬は人気薄になりやすいので積極的に狙いたい。

 

・シュウジ
・シゲルノコギリザメ
・ティソーナ
・シャドウアプローチ

 

あたりの持久力型先行馬は要注意であるぞ。もちろん、一番注意が必要なのがメジャーエンブレムである。この馬は典型的な持久力タイプ。一瞬の瞬発力では劣るだけに、出来るだけ後ろに脚を使わせるような逃げを打ちたい。・・・が、このパターンは、前総崩れとなることもある。その場合は、差してくる持久力型が狙い目。

 

・ダンツプリウス
・ストーミーシー
・エクラミレネール
・レインボーライン
・トウショウドラフタ

 

ニュージーランドT組はイマイチ人気ないが、ハイペースの持久力勝負になれば面白いと思うぞ。東京適正(軽い芝)が微妙な馬は買いにくいけどな(笑)。

 

しかし、2歳戦では「シュウジ!シュウジ!」と言ってた競馬評論家が多かったが・・・皆、変わり身が早いですな。距離不安もあって人気薄になると思うが、朝日杯は先行して5着・・・前走は休み明けの不良馬場で無視できるし・・・メジャーエンブレムについて行けるようなら面白い穴馬だと思うぞ。

 

■メジャーエンブレムが控えて平均ペース

このパターンが・・・メジャーエンブレムが負けるパターンだと思う。600mが35秒前後、1000mが59秒前後のペースだと、後ろの馬が上がり33秒台で上がってくるだろう。こうなると瞬発力のない先行馬はきつい。差し馬天国となるかもしれん。瞬発力に秀でたタイプを挙げておこう。

 

・アーバンキッド(毎日杯 33.0)
・イモータル(サウジアラビアRC 33.4)
・ブレイブスマッシュ(サウジアラビアRC 33.4)
・ロードクエスト(新潟2歳S 32.8)
・ハクサンルドルフ(500万下 33.9)

 

毎日杯はスローだったとはいえ・・・アーバンキッドは切れますなー。イモータルは前走共同通信杯で先行したが・・・控えれば切れる脚も持っている。戸崎のことだから前目だと思うが、それでペースが落ち着くようなら展開的には最高だろう。ブレイブスマッシュはノリさんか・・・前走は後ろからだったが、東京マイルなら前目につけような予感。その位置から33秒台の脚が使えれば勝ち負けだろう。脚が溜まれば直線全頭ごぼう抜きも可能なのがロードクエスト。1000m60秒位で回って来たいところ。

 

個人的には・・・今回ルメールは行くと思う。

メジャーエンブレム鞍上ルメール「もう一度この馬とGIを」

 

共同会見でルメールは前走の敗因を「スローペース」と言っており、「速い流れならリラックスして走れる」と言っている。結果はどうあれ同じ轍を踏むわけにはいかぬ訳で、好枠を引いたからにはドンブラコッコと逃げの一手だろう(それで負けたらある意味仕方がない)。

 

さて、調教もチェックせねば。

 

ケツ論は日曜日。

 

シュウジ画像1

 

【浅次郎のひとりごと】

【ケンタッキーダービー】枠順確定~ラニは8番ゲート

いよいよケンタッキーダービーである。日本馬が出走する機会などそうそうない(21年ぶりである)。現実は厳しいかもしれんが、全力で応援したい。ちなみに、私が応援馬券を買った時は26.0倍であったラニの単勝だが・・・今現在は34.0倍になっている(涙・・・※ブックメーカーのオッズは購入した時のオッズが払い戻しオッズである)。馬券を購入されたい方はこちらを参考に→ケンタッキーダービーの馬券買ったぜ!

 

 

 

【NHKマイルC2016データ分析】東京芝1600mで行われる3歳マイルGⅠ。メジャーエンブレムの参戦で一気に盛り上がるが、さてデータ的に逃げはどうなのか?有利な脚質は?内枠外枠?データ分析による穴馬は・・・休み明けのシャドウアプローチ!ティソーナ!ニュージーランドT組のストーミーシー、エクラミレネール、レインボーライン!

 

天皇賞春についてのコメント、みんな有難う!

 

NHKマイルCも大ケツ狙いで行くぜ!

 

さて、今日は枠順と脚質のデータ分析だ!

 

■NHKマイルC2016予想オッズ

NHKマイルC2016予想オッズ2

netkeibaより抜粋

 

netkeiba予想オッズの通り、

メジャーエンブレムがおそらく一番人気だろう。

 

しかしロードクエストの評価がここまで高いとは・・・

うーむ・・・実は私も高く評価している馬であるが、

人気なら買いたくないなあ。

ハマれば圧勝するポテンシャルはあると思う。

しかしハマるかどうか分からん。なんせマイル戦は久々なのだ・・・。

 

ま、いいや。

 

データ見てみよう。

 

前走の条件だの実績だのって話はJRAのデータ分析をご覧あれ。

 

■NHKマイルカップ過去10年の馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2015年 7→9→12
2014年 10→21
2013年 8→17→12
2012年 5→17→12
2011年 13→171
2010年 13→1→3
2009年 3→13→10
2008年 9→5→14
2007年 14→10→18
2006年 6→2→15

私が、イチイチその年ごとのデータを掲載するのは、「その年ごとの偏り」を見るためである。多くのデータ分析では全体で見て「内枠有利」「外枠有利」なんて結果を出すことが多いが、実は結構「その年ごと」で変わるのである。上記で言えば、2013年や2007年は「外枠が有利な年」であったし、2014年や2006年は比較的「内枠が有利」であった。もちろん強い馬がいただけかもしれんが、例えば先週の天皇賞春のように「内枠買っときゃ当たり」なんてことがあったりするわけだ。

ま、NHKマイルCはそこまでの偏りはなさそうだが・・・ピンク帽、白帽ともに1着なし。大きく割り引く必要はないが、極端な枠には入ってほしくない感じであるな。ワンターンのマイル戦だけにそこまで枠は気にしなくていいのかもしれん。

 

■NHKマイルC過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2015年 52→9
2014年 1→7マクリ→11
2013年 14→10→4
2012年 14→10
2011年 516→9
2010年 165→8
2009年 243
2008年 11→5マクリ→16
2007年 14314
2006年 10→4→8

脚質についても同じで、イチイチ年ごとのデータを調べるのは「その年ごとの傾向」を見るためである。2015年や2012年や2009年のように前々で決着することもあれば、2013年や2008年のように差し決着の時もある。しかし差し→差しという決着は少なく、差し→先行というパターンの方が買いやすい・・・なんてことが分かるのである。

18頭を6頭ずつに分けてみると・・・前の1~6番手が14/30で5勝。12~18番手は6/30と少ないが3勝を挙げており、連対馬の大半を占めている。東京マイルは差し有利なイメージあると思う。もちろん後方からの追込みも効くのだが、想像以上に先行勢が有利であることを覚えておきたい。

 

ケツ論。

・枠はあんまり気にしなくていい(極端な枠は割引き)

・想像以上に逃げ・先行有利。

・追込みは効くが、中団からの差しは届かず3着のイメージ。

 

で、メジャーエンブレムである。データ的には逃げバッチコイ。追い風データである(この時期の東京は前残りになることが多い)。仮に、この馬が逃げるとして・・・勝つ確率はどうなのだろうか?ちなみに、過去10年でNHKマイルCを逃げ切ったのは2014年のミッキーアイル2012年のカレンブラックヒルである。

 

ミッキーアイルは淀みないペースで逃げ切ったが(1000m58.4)、連れてきたのは1枠の2頭、17番人気のタガノブルグと12番人気のキングズオブザサン。ともに差してきた馬だ。逆にカレンブラックヒルはスローの逃げ(1000m59.9)。連れてきたのは好位のアルフレード(3番人気)と中団から差してきたクラレント(15番人気)。

 

しかし今回参考にしたいのは2009年のジョーカプチーノ。なぜならこのレースは1000m57.2と超ハイペースだったからだ。東京マイルで超ハイペース・・・さぞかし差し馬が飛んできたろうと思うかもしれんが、勝ったジョーカプチーノは2番手(10番人気)、連れてきたのはいずれも好位のレッドスパーダ(5番人気)、グランプリエンゼル(13番人気)。この時、3連複は31万馬券、三連単は238万馬券であった。

 

桜花賞でウンコ踏んだ感じのルメール。今回は何が何でも行くだろう。クイーンCと同じ競馬をすれば勝てる!と本人もファンも思っているわけで、控えることはしないだろうと思う。そのクイーンCの1000mが57.8。このペースに付いてこれるのは・・・後ろの馬ではなく、前の持久力型!このパターンだと「メジャーエンブレム→人気薄の先行馬」という馬券が面白そう。

 

あるいは!メジャーエンブレムの暴走で前総崩れ!というパターンも考えておきたい。そうなると持久力型の差し・追い込み馬の出番である。

 

いずれにせよ・・・メジャーエンブレムが速いペースで逃げるのであれば、ヨーイドンが得意な瞬発力型は切り捨てゴメンで行きたいと思う。多くの人が「上がり3F」とか「着順」とかで能力を計るが、馬はそう単純ではない。条件があえば、カレンミロティックだって激走するのである。

 

現時点での穴馬は・・・

 

休み明けのシャドウアプローチ。当然出来次第ってのはあるが、現代競馬ではこのくらいの休み明けは気にしなくていい。通常のデータ分析で言えば真っ先に切りだろうけどな!速いペースでもしっかり伸びる持久力型。朝日杯3着の実績はここでも上位!

 

あれ?ティソーナってそんなに人気になる?あ、ミルコが乗るんか?阪神1400は持久力が試されるコース。マーガレットSでは600m34.6のペースを番手で追走して完勝。東京適正と距離延長が微妙であるが、メジャーエンブレムを追いかけて行って面白い存在。

 

追込み勢からはニュージーランドT2着のストーミーシー。同3着のエクラミレネール。同5着のレインボーライン。この辺はハイペースでツッコんできそうな持久力型である。それから・・・人気になると思ってた同1着のダンツプリウスも4~5番人気なら買いの一頭であるぞ!

 

今回、どうやら、メジャーエンブレム、ロードクエスト、イモータルに人気が集まりそうだが・・・最初からマイル路線の馬の方が馬券的には美味しいかもね。

 

さて、展開予想と調教チェックは後日!

 

レインボーライン画像1

 

【浅次郎のひとりごと】

熊本地震、農林水産被害1千億円超…阪神上回る

昨日、昼飯食いながらTBSの情報番組を見ていたのだが、延々と北朝鮮の話をしていた。脱北者がどうの・・・レッドリボン軍の人造人間19号がどうの・・・と。

 

人造人間19号

 

確かに北朝鮮の核ミサイルは脅威である。その件は逐一報道して貰いたい。確かに拉致問題は大問題である。その件も重々報道して貰いたい。しかし、北朝鮮を脱北した人の話なんぞ・・・全く興味ないわ!北朝鮮の人達の暮らしにも興味ねえ!人造人間19号の体重とかどうでもええわ!

 

「浅次郎さん、冷たいですね。北朝鮮の人民がどうなってもいいのですか?」

 

他国の人民がどうなってもいいとは・・・ちょっとだけしか思わん(ちょっとは思ってるんかいィィィ)。しかし、北朝鮮の問題は我々にどうすることも出来んではないか。それより、もっともっと身近な話題があるだろう!

 

熊本地震の話である。

 

熊本地震、義援金57億円超 全壊世帯に20万円配布へ

全国から集まった義援金は57億円に登り、全壊世帯に20万円ずつ配布されるそうである。一被災者として涙ちょちょぎれる話である(ちなみに、我が家は一部損壊なので対象外だけど。笑)。これは行政や保険から支給されるものとは別。みんなの善意、みんなの義援金が被災者に配られるのだ!

 

だけんどもしかし!

 

TBSが、北朝鮮の話なんぞをせずに、熊本地震の話をもっとしてくれたら、もっと義援金が集まるかもしれんじゃないか!熊本の農林水産被害は1000億を超えるという。家屋やインフラの被害を入れれば軽く2000億円は行くであろう(家屋の被害は1万棟を超えている)。いや、他に流すべきニュースがあったり、他に議論すべき議題があるのであれば何も言わん。しかし・・・

 

北朝鮮>熊本地震

 

ってのは納得イカンわ。この時・・・TBSは私が昼飯食ってる間ずっと北朝鮮の話をしていたのである。延々とである。いつまでするのかな?と思ってチャンネル変えずにいたら、ずっとしていたのである。あんたら熊本地震より北朝鮮の話題が優先なんか!TBSは今回の熊本地震報道で幾度と無く横暴な態度を取っていた・・・ちなみにこの避難所は「取材禁止」。つまり無断。

 

 

見せもんじゃねーし、そりゃおじさん怒るわ。

(他にもマスコミの横暴は沢山あった。ネタの一つくらいにしか思ってないのであろうか。このレポーターのオッサンのヘルメットもなんかムカつくわ。被災者でヘルメット被ってる人いるか?みんな着の身着のままで逃げ出してきたのだ!)

 

何が言いたいかというと、

報道番組にはもう少し熊本を取り上げて欲しい・・・

まだ熊本では余震が続いており、

家を失くし、仕事を失くし、

避難所で生活されてる方が大勢いるのだ・・・

熊本のみで立ち上がるのは困難である。

みんなの応援が必要なのだ・・・。

 

熊本地震、私たちにできること