【京都大賞典2017データ分析】京都芝2400m外回りで行われる別定GⅡの京都大賞典。今年はシュヴァルグランを中心に有力馬がスタンバイ。データ分析では、枠の有利不利なし。脚質は先行or差し。瞬発力必須。馬体重は重い方が良い。休み明けはどうなの?穴馬候補は?カレンミロティック、ラストインパクト、レコンダイトに注目。

 

今週から京都が開幕。

 

一発目の重賞は京都大賞典。

 

別定GⅡだけに毎年GⅠ馬が出て来るんだが・・・

今年は銀メダリスト、銅メダリストが多数集結。

 

さてさて。

 

■京都大賞典2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

シュヴァルグランのGⅠ成績は【0.1.2.3】。

サウンズオブアースのGⅠ成績は【0.3.0.4】。

カレンミロティックのGⅠ成績は【0.2.1.7】。

ラストインパクトのGⅠ成績は【0.1.1.8】。

 

いずれも中長距離GⅠでの連対実績はあるものの、

GⅠタイトルは無し。

 

競馬界は我らが思っている以上に厳しく、

これらの実力馬でさえ、

引退後に種牡馬になれるかどうか分からん。

 

もちろんGⅠのタイトルがあったら

必ず種牡馬になれるってわけでもないし、

種牡馬になったからといって、

産駒が走らなければあっと言う間に淘汰されてしまうんだが、

 

GⅠを取れば、

最低でも功労馬として余生を過ごせるわけで、

 

彼らにとってみれば、

まさにサバイバル(生き残りレース)である。

 

全く関係ないんだが、さいとうたかを作の「サバイバル」は是非読んでほしいオススメ漫画である。漫画喫茶に行ったら探してみて欲しい。

 

ま、これだけの実績馬であれば、

仮に種牡馬になれなくても乗馬にはなれるだろうけどね。

 

乗馬にもなれない馬は・・・

 

データ見てみよ。

 

■京都大賞典データ分析

6月・・・宝塚記念組やね。それから9月組が強いな。

 

頭は人気サイド。ヒモは人気薄ってのがパターンか。これ見ると10番人気以下は厳しいっぽいが、このレース少頭数のことが多いけんな。そんな中1頭勝ち馬がいることに注目。何を隠そう2013年のヒットザターゲット(11番人気単勝166倍)である。今年も登録されてるけど・・・小牧で出てこないかな。

 

■京都大賞典、枠番別成績(過去10年)

一見して1~3枠の成績が良いですな。で、4~5枠の成績がイマイチで、6~8枠の成績も悪くない。まあ・・・京都2400はスタートして1コーナーまで600mもあるわけで、ポジション争いするには十分な距離。枠順の有利不利はあまり考えなくていいと思う。ただ、開幕馬場で内の馬場が良好・・・ってパターンはもちろんある。土日の競馬でバイアスを確認するべし。

 

■京都大賞典、騎手別成績(過去10年)

川田、池添が2勝。あと3回馬券になっている浜中にも注意。

 

■京都大賞典、馬体重別成績(過去10年)

最も馬券になりやすいのは480~499kgのゾーンと500~519kgのゾーン。459kg以下の馬はちょっと苦しいかもしれない。

 

■京都大賞典、前走間隔別成績(過去10年)

強いのは休み明け組。ただ、想像以上に夏のローカルを使ってきた馬が結構頭になっており、油断ならん一戦。

 

■京都大賞典、脚質別成績(過去10年)

京都2400は基本的にスローからの瞬発力勝負である。上がり3F上位の馬が馬券のほとんどを占めているのが分かると思う。もう瞬発力だけで馬券を組み立ててもいい感じ。脚質的には先行チョイ差しor中団からの差し。後方からの直線一気も可能。

 

■京都大賞典、3着以内馬(過去10年)

1番人気馬は【3.2.1.4】。人気馬は休み明けのパターンが多く、ダントツ人気でぶっ飛ぶこともある。こうやって見ると「京都適正」が大事だな。「宝塚記念」より「天皇賞春」や「京都記念」などの実績を重視した方がいい。

まあしかし2400戦だというのに上がりが速いよね。33秒台での決着は当たり前で、年によっては33秒を切ることもある。瞬発力は大事だぞ~。

穴馬の脚質は「差し」「追い込み」。

 

ケツデータ論。

・枠は気にせんでいい。

・瞬発力が重要。

・夏に使ってきた馬を狙え。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず何よりカレンミロティックである。去年の天皇賞春の時も推したが(13番人気2着)、京都の中長距離だけ走る・・・京都のスペシャリストである。なんと京都は【1.3.4.4】。馬券圏外は未勝利~500万時代の話であり、出世してからは一度も馬券圏外を外していない。この馬は切れる脚がないんだが、いい脚を長く使えるのが強みでスピードに乗ったらバテない。坂の下りでスピードに乗れる京都がピッタリの馬である。去年の天皇賞春でキタサンブラックとハナ差!シュヴァルグランに先着しているのであり、このメンバーでも能力上位なのは間違いない!ただし、今回は11ヶ月振りの実戦。裂蹄で春を棒に振ってしまったのが痛かった。デキ次第だが、◎候補。

それから2015年のジャパンカップ2着馬ラストインパクト。京都は【3.0.0.5】。この中には2014年の当レース勝ち、2015年の天皇賞春4着、菊花賞4着などがあり、京都は大得意。ま、この馬の場合、軽い長距離の瞬発力戦が得意なんだと思う。最近はダートに使ったり、ローカルのGⅢに出て惨敗したりと・・・年齢による衰えを危惧する声もあると思うが、いつぞやのヒットザターゲットのようにいきなり走っても驚かないぞ。

あと、爆穴にレコンダイト。最近は全く馬券になっていないが、そんなに負けてるわけではなく、いつも僅差。こういう馬は何かのキッカケで爆走することがあるので要注意である。最後にもう一頭。ヒットザターゲット。いやいや!9歳だし、さすがにもうないよ!と思うかもしれんが、去年のこのレースだって僅差5着だけんな。スプリンターズSのスノードラゴンを見よ。9歳であわやの4着だったではないか。競馬は何が起きるか分からんのである。

 

さてと、

 

最終予想は月曜日やね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

橋下徹氏 朝日、毎日「希望の党」報道を批判 「反安倍でとにかくOK」

朝日や毎日の報道がヒドイのは今に始まったことではないけどな。反安倍っつか反日だし。今回の選挙で自民党が負け安倍政権が倒れることを切に望んでいるのは誰か?1番が中国の習近平。2番目が北朝鮮の金正恩だろう。あと、韓国も大喜びだろうね。そして我々にとって何が一番大事か?国民の生命と財産である。ちゃんと考えないとね。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【毎日王冠2017データ分析】東京芝1800mで行われる別定GⅡ毎日王冠。今年はソウルスターリング、マカヒキ、サトノアラジンとGⅠ馬がズラリ!少頭数だがスーパーGⅡとなりそうだ!データ分析では内枠有利?脚質は先行より差し・追い込み!馬体重は?前走との間隔は?穴馬候補はヤングマンパワー、ヒストリカル、アストラエンブレム。

 

今週から東京・京都が開幕。

 

さらに3連休の3日間開催いえーい!

 

東京では天皇賞秋の前哨戦GⅡ毎日王冠だ!

 

■毎日王冠2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

この分だと少頭数になるみたいだが、

凄いメンバーだな。

 

昨年のダービー馬マカヒキ、

今年のオークス馬ソウルスターリング、

今年の安田記念を制したサトノアラジン、

昨年のドバイターフ勝ち馬リアルスティール・・・

 

さらに、グレーターロンドン、アストラエンブレム、ヤングマンパワー、ヒストリカルといった強豪に、3歳のウインブライト、ダイワキャグニーも加わり・・・

 

非常に面白くなりそうやね。

 

あ、

 

ワンアンドオンリーもいるな(笑)。

京都大賞典の登録ないからこっちなのね。

距離的に2400の方が向くと思うけどなあ・・・

もしかしてマイル路線試すのかな?

 

データ見てみるべー。

 

■毎日王冠データ分析

JRAデータ分析より抜粋

前走1着馬の成績が良い・・・ってそりゃ当たり前だろ(笑)。誰でも分かるようなデータを偉そうに・・・どうせなら「前走2着なら、3着なら、5着以下なら・・・GⅠなら・・・」とかもっと詳しくやりゃいいのにな。

 

外枠が不利・・・と。東京芝1800mや東京芝2000mは特殊なポケットからの発走。内枠有利が定説だもんな。しかし、このJRAのデータは本当かな?

 

ん?何じゃこのデータは?14頭以上の時・・・?

 

■毎日王冠、枠番別成績(過去10年)

確かに率的には内枠有利。この毎日王冠は例年11~12頭立てになることが多く、内枠の馬の方が少ないけんな。ただ、少頭数ゆえに「内外の差が少ない」とも言えるわけで、数的に見れば「内外互角」。1~4枠は【5.5.6.54】5~8枠は【5.5.4.75】である。

JRAのデータ分析を担当しているライターは本当にアホである(もしくはその上司)。今年は12頭しか登録がないのに、「出走頭数が14頭以上だった年を調べると9~16番の馬番に入った馬は3着以内に入った例がない(キリッ)」と堂々言ってるのだ。

 

ね?

 

今年はMAX12頭立てだよ?

(マッチレスヒーローは多分出ないから11頭立てだよ?)

 

出走頭数14頭以上のデータ意味ある?

 

ね?

 

 

逆に言えば・・・出走頭数が13頭以下の場合、

外枠がバンバン馬券になってるってことじゃね?

 

2016年 7枠→6枠→1枠
2015年 8枠→5枠→4枠
2013年 6枠→7枠→6枠
2011年 7枠→6枠→8枠
2010年 4枠→3枠→1枠
2009年 4枠→6枠→3枠

 

ほーれみろ。

 

少頭数の年はむしろ外枠の方が強いじゃねーか。

 

■毎日王冠、馬体重別成績(過去10年)

あれ?JRAのデータ分析で、「前走馬体重が500kg以上の馬は優勝例がなく・・・」って書いてあったけど・・・あ、これ5年データか(笑)。10年データで見れば500kg以上の大型馬も普通に馬券になってるので大型馬を買いたい方もご心配なく。今年は500kg以上になりそうな馬多いもんね。

 

しかしこのJRAの誘導の仕方は・・・

 

 

ソウルスターリングを買わせたいのかな?

 

■毎日王冠、年齢別成績(過去10年)

3歳が強い。3歳でワンツーって年もある。あとはやっぱり4歳。

 

■毎日王冠、前走間隔別成績(過去10年)

休み明けの実績馬が強い。夏のローカルを使ってきた上がり馬は、来ても2~3着までかな。半年以上の休み明けは厳しい。マカヒキが該当するがさて。

 

■毎日王冠、騎手別成績(過去10年)

騎手はコースデータで見た方が良さそうやな(コースデータは【モッコリ万馬券倶楽部】で毎回詳しくやってるよ)。

 

■毎日王冠、脚質別成績(過去10年)

逃げ馬が強いのは、どのコースでも同じだから置いておく。毎日王冠での注目は「先行」より「差し」が圧倒的に強いってこと。ついでに後方からの追い込み馬も相当強い(こんなに後ろから届くレースも珍しい)。

このコースはスローの瞬発力勝負になることが多いわけだが、そうなると中団・後方待機の瞬発力型が長い直線を使ってビューンと伸びてくるわけ。

その証拠に、上がり1~3位の馬が猛烈に強い。ここで勝ち負けするには「上がり33秒台前半」の末脚は必須と言える。

ただし、2~3着には前目の馬が残ることも多く、開幕馬場で前残り・・・ってパターンもあるので土曜の競馬は要注目である。

 

■毎日王冠、3着以内馬(過去10年)

エイシンヒカリ、サンレイレーザー、クラレントのような逃げ馬が残ることも多いが、やはり差し馬が強い印象。上がりを見ると、3着以内馬の多くが33秒台。中には32秒台の年も。ただ、年によって「前残り決着」になることもあるな。2015年とか2013年とか2008年とかね。それでも速い上がり必須だけど。

1番人気は【4.2.1.3】で強いわけだが、絶対ではない。堅い重賞に見えて結構2~3着に穴馬が突っ込んでくることも多く、穴党好みのレースである。

穴馬の脚質は・・・逃げ、あるいは、差し・追い込み。脚質は極端な方がいいな。

 

ケツデータ論。

・基本的に内枠有利も、少頭数であれば気にする必要なし。

・差し、追い込み馬強し。

・穴は極端な脚質を。

 

穴馬候補を挙げておこう。今年はおそらくソウルスターリング一色の毎日王冠になると思うが、古馬牡馬とは初対戦。この馬がウオッカやダイワスカーレットやブエナビスタやジェンティルドンナ級の女傑であれば楽々勝っちゃうかもしれんが、そんなもんは現時点で分からんのである。今回のソウルスターリングには「期待票」がかなり入ると思われる。モッコリケツ穴党党首としては全力で逆らいたいところだ。

 

まず、ヤングマンパワーである。先行タイプであるが、スローの瞬発力勝負は滅法得意。昨年の富士Sではイスラボニータを負かしているし、今年のマイラーズCでも僅差3着。33秒台前半の脚は使えないけど、33秒後半の脚は使える。あとは先行力と馬場を味方に出来ればあっと驚かせるシーンがあるかもよ?問題は距離だが、そこは目をつぶる(笑)。

それから、全力で3着のところに塗りたいのがヒストリカル。去年の3着馬である。最後方から末脚に賭けるのみ!の馬であるが、確実に上がり上位の脚を使えるのが強み。ハマればもう一回オカワリあると思うぜー!

あと、多少人気になるだろうがアストラエンブレムも瞬発力凄いよね。ドスローなら32秒台の脚が使える馬。一度使われてる強みもあるし、面白い一頭である。

人気どころではマカヒキ、リアルスティールの人気が美味しくなりそうやな。リアルスティールは東京の1800~2000がベスト。マカヒキも実はこのくらいの距離が得意なんじゃないかと疑っている。もしかしたらマイラーだったりしてね。

 

さて、週末が楽しみですな~!

 

マカヒキはウチパクか・・・川田じゃないのね。

 

【浅次郎のひとりごと】

【凱旋門賞】サトノダイヤモンド&サトノノブレス完敗…橋口弘次郎元調教師が独自の視点で分析

エネイブル強かったねー。ありゃドモナランわ。そんでサトノダイヤモンドもサトノノブレスも手も足もチンコも出ず。調子云々じゃなかったような気がするな。この橋口師の案には賛成。日本の芝は短過ぎるんじゃないかなあ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【オールカマー2017予想】中山芝2200mで行われる別定GⅡオールカマー。今年はステファノス、タンタアレグリアが人気になってるが、当然大穴狙いで逝く。展開・隊列はどうなる?調教チェックでは?狙いは逃げ・先行馬の前残り!カフジプリンスが本命!相手にマイネルミラノ!グランアルマダ!ツクバアズマオー!爆穴にディサイファ!

 

ふむう。

 

一味唐辛子の食い過ぎで

 

ケツの巣がヒリヒリする。

 

翌日そうなると分かっていても、

マヨネーズとともに、

一味唐辛子をブッカケてしまうのである。

 

このブログが、

 

アナタにとって、

 

一味唐辛子なブログでありますように。

 

さて。

 

■オールカマー2017日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気はステファノス、タンタアレグリア、モンドインテロ。

 

ふっふっふ。

 

不安がオッズに現れてますな。

 

展開見てみよ。

 

■オールカマー2017展開予想

逃げ候補は、
グランアルマダ
マイネルミラノ

先行勢は
カフジプリンス
マイネルサージュ
ディサイファ

差し勢は
アルバート
ブラックバゴ
マイネルディーン
ルージュバック
ステファノス
ツクバアズマオー
タンタアレグリア
モンドインテロ

追い込み勢は
デニムアンドルビー
パリカラノテガミ
ショウナンバッハ
トルークマクト

うっきゃっきゃ(猿のポーズ)!やっぱり、列べてみるもんであるな!有力馬はほとんどが差し。そして差し・追い込み馬ばかりで、前に行く馬はわずかである。

データ分析でも書いたが・・・このレース、圧倒的に「先行有利」である(見てない人は一回見ておくべし→オールカマーのデータ分析)。なのにこれだけ後ろに馬が偏っているわけで、こうなればもう・・・

 

「前狙い決め打ち」

 

でオッケーじゃい!

 

一応ペースを予想しておこうか。グランアルマダが行くにせよ、マイネルミラノが行くにせよ、そう速いペースにはなるまい。かといってスローに落として瞬発力勝負にもしたくないはず。マイネルミラノの相沢師も「瞬発力勝負だと厳しいので、早めに先頭へ立つ形に持ち込みたいね」と言ってるし・・・

 

1000m通過は60~61秒くらいの平均ペースを予想しておく。

 

調教見てみよ。

 

■オールカマー2017調教チェック

※詳細な調教チェックは【モッコリ倶楽部】にて。

アルバート 勝負になりそうなデキ。
ルージュバック 天栄+厩舎仕上げ
ステファノス 叩き台。だけど調子良し。
マイネルミラノ 調教爆穴。
デニムアンドルビー 順調。
モンドインテロ 順調。
カフジプリンス 更に上昇。
ツクバアズマオー ここが勝負。

 

さてと。

 

みね子のパンツの色はやっぱり白だろうか・・・

 

 

と想像しつつ、

 

今日も懲りずに、

 

モッコリ馬券だ!

 

■オールカマー2017予想

 

カフジプリンス(6番人気)

条件はそろった。忘れてしまった方もいると思うが、この馬は昨年の菊花賞で3番人気に支持された馬であり、その後も大きく崩れることなく堅実に走ってきた。勝ち星に恵まれなかったのは条件が合わなかったからである。まず、この馬には切れる脚がない。なので、東京や京都といった軽い瞬発力勝負は苦手で、スタミナ・持久力を活かせるようなコースが得意である。

前走の新潟記念は前残りに見えるが、実はハイペースの持久力戦で。瞬発力不足は馬場が補ってくれるので好走出来たのである(新潟で前残りが度々起きるのはそのせいである)。で、今回の舞台中山2200は33秒台の瞬発力勝負!とはならないタフな舞台で、おそらくは上がり35.0前後の持久力勝負になると思う。良い脚を長く使うのがこの馬のいいところ。幸便なことに、前に行く馬がほとんどおらず、ラクに前付け出来そうなのもプラス材料。中谷乗りたかったろうけどな。今回は丸田の手綱に託そう。

今回徹底して前狙いで逝くぜぇぇぇ!

 

◯マイネルミラノ(10番人気)

▲グランアルマダ(12番人気)

△ツクバアズマオー(9番人気)

☆ディサイファ(14番人気)

 

ワイド ◎流し @100円

馬連 BOX @100円

三連単 ◎→◯→▲△☆ @100円

 

頑張れ!カフジプリンス!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬
中山6R 10番(1番人気1着)
阪神1R 8番(1番人気1着)

■モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

追伸、本日阪神3R◎ジューンアンカーにて万馬券的中。三連単50万馬券を取った強者も出現。私は馬連だけー(笑)。

 

【神戸新聞杯2017予想】阪神芝2400mで行われる菊花賞トライアルGⅡ神戸新聞杯。注目はダービー馬レイデオロ。この馬が飛ぶことを期待しつつ大穴狙いで逝くぜ!狙いは、逃げ・先行勢の前残り!逃げ候補の横典マイスタイルが軸!相手にアダムバローズ、ダンビュライト!エテレインミノル!レイデオロはバッサリ切り。

 

最初に言っておくが、

穴党はこのレース、ケンが正解だと思う。

 

 

逆に、

本命党は買いのレースだろうね。

 

■神戸新聞杯2017土曜朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

データ的にも、レイデオロに死角はない。

 

あるとすれば、

 

秋緒戦であること。

 

まさか100%仕上げのはずはないわけで、

ここは良くても9割仕上げだろう。

 

そこにチンコの余った皮があると思うんだが、

それも杞憂に過ぎない結果になりそうなくらい、

メンバーが薄い。

 

フルゲートに満たぬ14頭立ての上、

そのうち6頭は1~2勝馬。

500万勝ってる馬はまだわかるが、

未勝利勝ちの馬が出て来れるってどういうことやねん。

 

スワーヴリチャードとアドミラブルが居れば盛り上がるんだけどなあ。

 

展開見てみるべ。

 

■神戸新聞杯2017展開予想

逃げ候補は
マイスタイル
アダムバローズ

先行勢は
ダンビュライト
エテレインミノル

差し勢は
メイショウテンシャ
サトノアーサー
ベストアプローチ
アドマイヤウイナー
レイデオロ

追い込み勢は
キセキ
カデナ
タガノシャルドネ
ホウオウドリーム
タガノヤグラ

ふむう。極端に前が少なく、差し・追い込み勢が多いな!こりゃ・・・

 

もしかしてだけど、

 

もしかしてだけど、

 

超ミニミニスローになる?

 

 

データ分析でも書いたが、このレースは「スローの瞬発力戦」が基本である。そして、瞬発力上位の差し馬が圧倒的に強い。しかし、鬼の超スロー、あるいはスローなのに縦長・・・なんて展開になれば何が起こるか分からんのでは?

 

このメンバーでペースを予想するのは難しいが、

マイスタイル横典の逃げなら、

1000m62秒くらいのスローを予想しておく。

 

調教見てみよ。

 

■神戸新聞杯2017調教チェック

※9月一杯まで簡易版の調教チェックをお届けする。特A評価・調教詳細は【モッコリ倶楽部】にて。

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

メイショウテンシャ デキ絶好。
サトノアーサー しがらき仕上げ。順調。
ダンビュライト 天栄仕上げ。パワーアップ。
ベストアプローチ 乗り込み十分。
キセキ ハードトレーニング。
アダムバローズ 順調。
レイデオロ 天栄仕上げ。文句なし。
マイスタイル 仕上がり良し。

残念ながら、レイデオロのデキは・・・トライアルとしては万全である(涙)。これで9割仕上げかよ・・・。

 

さてと。

 

懲りずに大穴狙いで逝くんだが、

 

こりゃもう、

 

データの裏を取りに行くしかねーな。

 

■神戸新聞杯2017予想

 

マイスタイル(8番人気)

もうちょっと人気になると思うけどね。前残り決め打ちでこの馬から逝く。ダービーの超スローペースを演出したのがこの馬。だから、ダービー4着は「展開に恵まれたよね」という見解が多いわけだが、それでも勝ち馬と0.3秒差、アドミラブルとはハナ差、ダンビュライト・アルアインといった強豪に先着しているのである。確かに展開の助けは必要かもしれんが、今回も超スローになりそうなメンバー。団子スローだとツライかもだが、ある程度縦長になってくれれば一発あると思うぜ!ノリポツンも可(笑)。

 

◯アダムバローズ(10番人気)

△ダンビュライト(5番人気)

△エテレインミノル(12番人気)

 

今まで、◎馬からの流し馬券を主に買ってたんだが、モッコリ倶楽部の赤津から「浅次郎さんの買い目は穴ばっかりなんでBOXにしてもトリガミになる心配はほとんどありません。タテ目も押さえた方がいいですよ」とアドバイスを受けた。いや、BOXは点数増えるから嫌いなんだよな~と思いつつ、今まで食らった痛恨タテ目を思い浮かべるとなるほど確かにそうだな!と考え改め(はやっ!)、今回よりBOX馬券を組み入れて行きたいと思う。ま、もちろんケースによるけどな。ケツBOX馬券じゃい。

 

ワイド ◎流し @200円

馬連 BOX @100円

三連単 ◎→◯→△ @100円

 

レイデオロが来たらカーチャンゴメンあるよ~。

 

頑張れ!マイオッパイ!

 

 

じゃなかった(笑)、

 

頑張れ!マイスタイル!

 

 

【オマケ】土曜無料情報

■堅チクビ馬
中山2R 8番(1番人気1着)
阪神1R 12番(1番人気1着)
阪神7R 3番(1番人気7着)
阪神9R 11番(1番人気1着)
阪神11R 7番(1番人気1着)
阪神12R 10番(1番人気1着)

 

■モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【オールカマー2017予想・データ分析】中山芝2200で行われる別定GⅡオールカマー。今年はステファノス、タンタアレグリア、モンドインテロあたりが人気になりそうだが、当然大穴狙いで逝く。データ分析では、外枠有利、脚質は先行有利!穴馬候補はカフジプリンス、ツクバアズマオー、爆穴にディサイファ!あとマイネル軍団。

 

このオールカマーってレース、

もともとは地方馬を招待するために創設されたレースなんだよね。

 

でも、今はそんな雰囲気はゼロですな。

(最近、地方馬が出走したことある?)

 

地方と中央の馬のレベルの差は歴然だし、

地方で能力がある馬は早い段階で中央転厩しちゃうし。

 

そして、

オールカマーの1着馬には

天皇賞秋への優先出走権が与えられるわけだが・・・

 

この「優先出走権」って必要?

 

GⅡ1着の賞金が加算されれば、

よっぽどメンバーが揃わない限り出走出来るわけで、

 

この優先出走権って意味ないんじゃね?

 

2着~3着馬に優先出走権を与えるのなら分かる。

賞金持ってないけど夏に本格化した地味な血統の馬・・・

なんてのがオールカマーで3着に入って本番へ!

 

ってのは陣営にとってもファンにとってもロマンだよね。

 

つか、絶対そっちの方が面白いよな。

 

春のクラシックが面白いのは、

「優先出走権」を巡るサバイバルがあるからだと思う。

 

全てのGⅠをそうすればいいのにね。

 

■オールカマー2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

大阪杯2着のステファノスがここから始動。

実績的に人気になるのは分かるが・・・

なぜ今年は毎日王冠じゃなくオールカマーを選んだのだ?

2015年も2016年も毎日王冠から始動しているのである。

素人目にも、

中山2200より東京1800の方が合うと思うのだが・・・

メンバー見てガチで賞金獲りに来たのかもしれんな。

 

それから現時点でnetkeibaの予想オッズで

タンタアレグリアが人気になってるんだが、

8ヶ月の休み明けですぞ?

まあ前走AJCCも8ヶ月の休み明けで激走したわけだが、

これで人気になるなら「危険な人気馬」であるな。

 

さてと、

 

パンツ見てみるべ。

 

 

じゃなかった(笑)、

 

データ見てみるべ。

 

■オールカマーJRAデータ分析

JRAデータ分析より

3歳は来なくて、4~6歳が強く・・・7歳以上は厳しいと。いいね。こういうデータをもっともっと出しなさいよ。そしたら7歳以上を狙うから(笑)。

 

あと、中山実績が大事っと。こりゃ大事なポイントやね。

 

あれ?

 

もう終わり?

 

しかし、毎度思うんだが、

これで高い給料貰ってるJRA職員がいるんだと思うと、

 

 

と言いたくもなるわいな。

 

ま、自分でやるからいいけどね。

 

■オールカマー枠番別成績(過去10年)

※2014年は新潟開催

外回りの2200戦。1着を見ると外枠が圧倒的ですな。しかし2着を見ると内枠に偏っており、3着は内外満遍なく。ただ、最内枠と大外枠の成績が芳しくないですな。コースデータはどうなってんだ?

 

やっぱり内枠より外枠が有利ですな。特に5~7枠が強い感じ。そしてやっぱり1枠の成績が一番悪い。中山だから内有利だろ!と思い込むと痛い目に遭うかもよ?

 

■オールカマー馬体重別成績(過去10年)

お、このレース、480~499kgがやたら強いな。ステファノス、タンタアレグリア、ツクバアズマオー、マイネルミラノ、モンドインテロあたりが該当。不思議と人気馬が集まっとるなあ。

 

■オールカマー間隔別成績(過去10年)

この秋緒戦の実績馬が圧倒的に強いわけだが、神戸新聞杯ほどではないな。夏のローカル組も3勝してるし、3着馬に至っては夏組の方が多いくらい。半年以上の休み明けで勝ったのはシンゲンのみ。タンタアレグリアはどうだろうねえ。

 

■オールカマー騎手成績(過去10年)

日曜日は阪神で神戸新聞杯があるから、お手馬がいるジョッキーはそっちだよね。蛯名、横典に注意。あ、横典はマイスタイルか。

 

オールカマー脚質別成績(過去10年)

脚質は圧倒的に「先行」有利ですな。というより、実力馬が良いチンポジに付けてからアッサリ抜け出すって感じのレース。頭は「逃げ・先行」そしてヒモに「差し」がオススメ。上がり上位馬はやっぱり強いな。

 

■オールカマー3着以内馬(過去10年)

過去の3着以内馬を見ても、やっぱり1~3番人気に押された先行馬が強いですな。前に行きつつ、上がりも上位みたいな。しかし、今年はこのタイプがあんまりいないんだよね。強いて言えば、大阪杯の競馬が出来た時のステファノスであるが、この馬は中団からの鋭い差し脚が武器であるけんな。あとは・・・ほんと該当馬がいないんだよねえ。

で、穴馬の脚質は断然「差し」。昨年の3着ツクバアズマオー、2013年の勝ち馬ヴェルデグリーン、2011年2着のゲシュタルト・・・穴馬は揃って差し馬である。狙いはココかな。

 

ケツデータ論

・どっちかと言えば外枠有利。

・先行型の実績馬強し。

・穴は差し馬。

 

穴馬候補を挙げておこう。まずマジ顔で狙っているのがカフジプリンス。前走新潟記念はクビハナ差の3着であり、こんなもんはもうティッシュ1枚の差。突き破るのも時間の問題でここが重賞初勝利となるかもしれん。もともと上がりの掛かるタフな馬場が得意なタイプで実は中山が合うんじゃないかと思っている。人気になっちゃうから屋根強化の必要ないぞ!中谷でカモン!

それから、中山の鬼ツクバアズマオー。昨年の3着馬。中山は【5.2.2.6】。まるでこのレースが今年の最終目標!といった使われ方をしており、多分このレースを使った後は12月の中山開催までお休みだろう。大敗続きでもう少し人気を落としても良さそうなんだけど・・・

そして・・・もう終わった!と思われているであろう爆穴ディサイファ。去年のマイルCSがどうしても忘れられないんだよなあ!重賞4勝の古豪。一発あっても不思議ないぞ。

あと、マイネルサージュ、マイネルディーン、マイネルミラノのマイネル軍団も不気味。ルージュバックは・・・どうなんだろうなあ?東京の方が向くと思うけど。

 

潔く、

 

 

と言って馬券を買える男になりたい。

 

今日のみね子のパンツは何色だろう・・・(遠い目)。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

解散総選挙の報が出て株が上がっとりますなあ。ってことは市場は「自民党有利」と見ているわけか。というか、民進党の自滅か。改憲議論が盛り上がるといいんだけど。

 

 

「モッコリ万馬券倶楽部」

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【神戸新聞杯2017予想・データ分析】阪神芝2400mで行われる菊花賞トライアルGⅡ神戸新聞杯。今年の注目は何と言ってもダービー馬のレイデオロ。この馬、買いか?切りか?データ分析では、差し馬が圧倒的に有利!内枠・外枠は気にしなくていい?穴馬候補はアドマイヤウイナー、エテレインミノル、アダムバローズ、マイスタイル。

 

セントライト記念の予想で、

「ミッキースワローはいくらなんでも過剰人気(キリッ!)」

と書いた。

 

レースを見た後で、

「ミッキースワロー強えぇぇ!」

と思ったわけであるが(笑)、

 

これで馬連590円ってのは、

負け惜しみでも何でもなく、

やっぱり過剰人気だったと思う。

 

1点買い、2点買いで仕留めた方はそりゃスゴイが、

そうじゃない人は例え的中したとしても・・・

チョイ勝ちかトリガミだろう。

 

今後も、過剰人気馬は買わない(基本)。

 

来たとしても、美味しくないけんな。

 

さて、

 

今週はレイデオロが登場。

 

■神戸新聞杯2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

あ、

 

あれれ?

 

スワーヴリチャードは?

→まだ放牧中

 

アドミラブルは?

→故障発生、復帰には1年掛かる見通し

 

ペルシアンナイトは?

→マイル路線、富士Sが濃厚

 

な、なんだと・・・!

 

 

そりゃベジータさんも驚きますわ。

 

セントライト記念も薄いメンバーだったが、

神戸新聞杯も似たり寄ったりじゃねえか!

 

こりゃレイデオロの一本皮被りになりそうな・・・

 

いやいや、ちょっとまて!

 

レイデオロはココを勝っても菊花賞には行かないんだよな?

(ジャパンカップへ行くんだそうな)

 

となると・・・

 

今年の菊花賞はとても薄い汁になってしまうのではなかろうか?

 

せめてスワーヴリチャードがいればなあ・・・。

 

うーむ。

 

データ見てみるべ。

 

■神戸新聞杯データ分析

JRAデータ分析より抜粋

 

毎度毎度・・・

JRAのデータ分析は見るに堪えないものが多いんだが、

今回は突き抜けてんなあ・・・。

 

「4大場で行われた500万下から上のクラスかつ2000m以下のレース」における連対経験の有無別成績(過去10年)

 

このデータが、一体なんの役に立つというのだろう?

 

きっとバカな上司ばっかりなんだろうなあ。

 

夏のローカルを使った馬より、休み明けの馬が強い。それだけの話アルよ。

 

ザックリ、逃げ・番手馬は不利ってことね。これはあとで詳しくやろう。

 

■神戸新聞杯、枠順別成績(過去10年)

過去10年で多く馬券になっているのは5枠、8枠。それから6枠、7枠もまあまあ。率の上では外枠有利であるな。ただ、5枠は人気が集中している感じだし、平均人気と平均着順を見ると、むしろ1~3枠の方がいいぞ?

 

阪神芝2400mのコースデータを見てみよう。

これを見ると外枠よりむしろ内枠の方が良いな。特に1枠は要注意。しかしまあ・・・あんまり枠は気にしなくていいかな。

 

■神戸新聞杯、馬体重別成績(過去10年)

馬体重は460kg以上。軽い馬体重で勝ったのはドリームジャーニーのみ。

 

■神戸新聞杯、間隔別成績(過去10年)

夏競馬を使った上がり馬はほぼ全滅。来るとしても3着まで。

 

■神戸新聞杯、脚質別成績(過去10年)

脚質は圧倒的に「差し」「追い込み」。これだけ前が弱いレースも珍しい。何故こうなるかと言えば、阪神2400mは外回り戦。ゆったりとしたペースからの瞬発力勝負になることが多く、そうなると後ろの瞬発力型が圧倒的に有利なわけ。

これは上がり3Fのデータにも表れていて、上がり1位と2位で連対馬の大半を占めており、上がり6位以下はなんと馬券圏内ゼーロー。前に行く馬でも「切れる脚」がないと話にならず・・・なにより「瞬発力」を重視するべきレースである。

 

■神戸新聞杯、3着以内馬(過去10年)

過去の3着以内馬を改めてみると・・・「上がり1~3位」が条件といっても過言じゃないですな(笑)。穴馬の脚質も「差し」オンリーでオッケー。決着もほとんどが「差し→差し」「差し→追い込み」であり、抜けた「逃げ・先行馬」が居れば押さえるって感じでいいと思う。

 

ケツデータ論。

・枠はあんまり気にしなくていい。

・差し絶対有利。

・穴馬も差し。

 

穴馬候補を挙げておこう。

 

・・・と書いてから探すわけだが、「差し」で魅力的な穴馬が全くおらんのである。強いて挙げるならアドマイヤウイナーエテレインミノルベストアプローチカデナくらいか・・・いや、カデナは人気になるか。あ、いや、ベストアプローチも人気になるか。

 

逃げ・先行馬なら・・・アダムバローズマイスタイルなんだけどなあ・・・。この辺はココではなく本番で狙いたい感じ。

 

さて、

 

レイデオロの取捨であるが、

 

ローズSやセントライト記念の結果を持ち出すまでもなく、

競馬は何が起きるか分からん。

 

「まさかあの馬が・・・」

 

ということは、

今まで精子を放出した回数と同じくらい起きているのであり、

それはレイデオロだって例外ではない(はず)。

 

多くの競馬メディアが

「レイデオロの相手探し」

という論調になるかと思うが、

 

当ブログでは敢えてそれに逆らってみたい。

 

秋緒戦は何があるか分からんぞ~!

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

広島カープ優勝おめでとう。今年も強かったなあ・・・これだけ独走されると逆に気持ちええわね。来年は見とれよー!

 

 

「モッコリ万馬券倶楽部」

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

 

 

【セントライト記念2017予想】中山芝2200mで行われる菊花賞トライアルGⅡセントライト記念。今年はアルアインが抜けた人気となりそうであるが、当然大穴狙いで逝く。展開・隊列・ペースはどうなる?調教チェックでは?狙いは、大外、調教抜群、ステイゴールド産駒のスティッフェリオ!相手は絞ってアルアインとクリンチャー!

 

今回の台風18号・・・

私の住む熊本は大したことなかったのであるが、

大分とか宮崎の被害が甚大であるな・・・

 

と思いつつも競馬をやってしまうのが、

馬券オヤジの哀しいサガ。

 

セントライト記念じゃー!

 

■セントライト記念2017月曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

アルアインが2.2倍で1番人気。

 

1倍台になるかと思ってたけどな。

 

ふーん。

 

展開見てみよ。

 

■セントライト記念2017展開予想

逃げ候補は
サンデームーティエ
クリンチャー

先行勢は
サンシロウ
サトノクロニクル
アルアイン
プラチナヴォイス
クレッシェントラヴ

差し勢は
ブラックロード
スティッフェリオ
ローリングタワー
ストロングレヴィル
ミッキースワロー

追い込み勢は
サーレンブラント
ブラックギムレット
インペリアルフィズ

行くのはおそらくサンデームーティエだろう。クリンチャーは控えて2番手か。続いてサトノクロニクル、アルアインあたりが好位でしょうな。

サンデームーティエはぶっ飛ばして逃げるタイプじゃなく、競り掛ける馬もいないから・・・ペースは落ち着きそうですな。1000m通過は61~62秒前後。残り800m過ぎからペースが上がり・・・上がり3Fは34.5~35.0前後。瞬発力とともに持久力も求められる一戦。パターンとしては、

 

先行→先行

先行→逃げ

先行→差し

 

かな・・・。

 

こりゃドモナラズか(笑)。

 

■セントライト記念2017調教チェック

以下、簡易版の浅次郎調教チェックである。詳細コメントは「モッコリ万馬券倶楽部」にて。

【調教が良い馬、メイチ仕上げの馬】

サトノクロニクル しがらき仕上げ。順調。
アルアイン しがらき仕上げ。万全。
プラチナヴォイス ミッチリ。
サンデームーティエ 一変警戒。
クレッシェントラヴ 不気味。
スティッフェリオ 好時計。

アルアイン・・・状態文句なしだよ・・・。

 

さて、

 

問題は馬場である。

 

日曜は「重馬場」であったが、

台風過ぎて今日は晴れ予報。

馬場は急激に回復しそうな感じである。

 

ただ、ある程度馬場は荒れてるだろうし、

午前中は馬場が悪いだろうからねえ。

馬場が乾いたとしてもパンパンの良馬場にはなるまい。

 

メインまでに馬場がどうなるかは、

各自、自分の目で確かめて頂きたい。

 

しかしまあ・・・

このレースは本命党のためのレースであるな。

穴党はおとなしく「ケン」が正解であろうと思う。

 

 

これは志村けん。

 

netkeiba予想陣の印はどうなってんのかな?

 

■セントライト記念2017netkeiba予想陣の印

netkeibaより抜粋

 

ふーん。

 

アルアインにはもっと◎が並ぶと思ってたけどな。

田沼がアルアインに◎を打ってないのにも驚きである。

 

んで、ミッキースワローがサトノクロニクルに匹敵するような人気になってるわけだが、これはいくらなんでも過剰人気である。いや、この馬が来ないとか弱いとか言ってるわけではないぞ?京都新聞杯で僅差の競馬をしているとおり、このメンバーなら十分通用すると思う。ただ、公平に見ても5~6番人気の15倍前後が妥当なオッズではないだろうか?

 

それが何でこんな人気になっているかというと、netkeibaのような大手競馬メディアが持ち上げているからだ。ミッキースワローから買おうと思っていた諸兄にとっては迷惑千万な話であるが、逆に言うと、

 

アルアインのオッズが美味しくなっているのである。

 

単勝1.5~1.6倍くらいでもおかしくないところだが、

現在2.2倍(これから買われるかもしれんが)。

 

本命党にとってこれは有り難い話である。

 

ついでに言うとクリンチャーのオッズも美味しいな。

この馬、皐月賞では、

レイデオロやスワーヴリチャードに先着してるニョロよ?

スローの中山なら展開的にも恵まれると思うけどな。

 

私が本命カチカチ党なら

 

◎アルアイン

◯クリンチャー

▲サトノクロニクル

 

だけんどもしかし。

 

私は本命カチカチ党ではなく、

 

大穴モッコリ党である。

 

今日もブレずに穴狙いで逝くぜぇぇぇ!

 

■セントライト記念2017予想印

 

スティッフェリオ(7番人気)

エリート街道を歩んできた馬ではない。初勝利は4戦目、夏の函館で2勝目を挙げ、前走は1000万下クラスで3着。菊花賞に駒を進めるためには、ここで3着以内が必須である。その前走を見てみよう。

4コーナーでは手応え抜群であったが・・・内に進路はなく、追い出したのは直線で外目に出してから。残り200mでやっとエンジンが掛かったが、時すでに遅し。脚を余したというより、脚を半分も使っていない。勝ち馬バルデスと同じように外を回していれば・・・と思わせる一戦であった。母は異系のスタミナ血統、父は中山2200と抜群の相性を誇るステイゴールド。重めの残る馬場で、残り800mからのロングスパート合戦なら十分勝負になるとみる。頼むぜ北村友!

 

◯アルアイン(1番人気)

▲クリンチャー(4番人気)

 

馬単 ◎→◯ 表裏 @400円

馬単 ◎→▲ 表裏 @100円

三連単 ◎→◯▲→◯▲ @100円

 

頑張れ!スティッフェリオ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

藍ちゃんお疲れさん。真凛ちゃん好き。

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬
中山7R 3番(1番人気1着)
中山9R 8番(1番人気2着)
中山11R 7番(1番人気2着)

アルアインが堅チクビ馬になってんなあ・・・(笑)

 

■モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開

 

 

「モッコリ万馬券倶楽部」

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【ローズスS2017予想】阪神芝1800mで行われる秋華賞トライアルのローズステークスGⅡ。今年は台風の影響で重馬場が予想されるが、さて各馬の重馬場適正はいかに?展開はどうなる?調教は?当然大穴狙いで逝くぜ!狙いは爆穴ヤマカツグレース!ヒモ穴にサトノアリシア!メイショウオワラ!カワキタエンカ!モズカッチャン押さえ。

 

そろそろ台風が九州に上陸しそうな感じ。

 

ただ、日曜早朝の時点で

阪神には雨雲が掛かっていない。

 

 

雨がヒドイのは直撃している南九州と離れた関東。

 

こりゃ、普通に開催あるっぽいな。

JRAからのお知らせ

 

ああ、開催決定ね。

 

そして降雨量もさほどじゃなく・・・

もしかしたら回復しちゃうかもしれん。

 

いずれにせよ、どうなるか分からんので、

馬場は各自で判断されたし。

 

さて、ローズS。

 

■ローズS2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

これはnetkeibaの予想オッズ。

 

前日発売が行われていないので、

オッズが分からんのである。

 

まあ、ファンディーナ、モズカッチャン、リスグラシューが人気になりそうやね。

 

展開見てみよう。

 

■ローズS2017展開予想

逃げ候補は
カワキタエンカ
ファンディーナ
ヤマカツグレース
メイショウオワラ

先行勢は
クイーンマンボ
モズカッチャン
サトノアリシア
レーヌミノル

差し勢は
ミスパンテール
リスグラシュー
ブラックスビーチ
アロンザモナ

追い込み勢は
ミリッサ
メイズオブオナー
ブライトムーン
カラクレナイ
ハローユニコーン
ラビットラン

行くのはカワキタエンカだろう。桜花賞は途中からバイーンと行ってしまったが、もともとは平均ペースで行く馬。競り掛ける馬も見当たらないのでおそらくは単騎逃げ・・・ペースは1000m60秒くらいになるのではなかろうか(馬場次第で62秒くらいになるかもしれんが)。

ファンディーナ、ヤマカツグレースあたりが番手候補だが、揃って外枠。多少無理してでもポジションを取りに行くのか?それとも控えるか?この辺はジョッキーの駆け引きも見どころだが、岩田も松山もポジション取りに行くと思うなあ。

 

で、平均ペースからの瞬発力勝負。

 

位置取りは後ろからでも全く問題なく、とにかく速い上がりが使えるタイプが優勢(→データ分析参照)。差し→差し、追い込み→追い込み、差し→先行、先行→差し・・・とパターンは何でもあり。

 

ただし、

 

問題は、

 

有村架純ちゃんの美チチである。

 

 

2cmでいいからポニョンと突いてみたい・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

問題は馬場である。

 

もしかしたら回復しちゃうかもしれんが、

パンパンの良馬場は望むべくもないだろう。

 

「重めの馬場」を想定して、

 

重馬場適正を見ておこう。

 

■ローズS2017重馬場適性

※以下、浅次郎独自のジャッジ。【かっこ】内は、重馬場以上+馬場指数7以上の馬場での成績。

【重馬場が得意そうな馬】

サトノアリシア【0.0.0.0】
重馬場実績はないが、洋芝実績【2.1.1.0】、血統を見るとハービンジャー×クロフネ・・・おそらく重馬場は鬼だ!全く人気ないが台風のモッコリとなるかもだぜぇぇ!

リスグラシュー【0.1.0.0】
重めの「やや重」だった桜花賞で2着。母はパワー系欧州血統で、父はパワー型のハーツクライ。おそらく道悪は得意。

メイズオブオナー【0.1.0.1】
ダートで勝ち上がり、洋芝で2勝目を挙げた通り、パワー型だろう。米パワー血統の母にハーツクライ。道悪は鬼かも。

レーヌミノル【1.0.0.0】
ソウルスターリングの桜花賞の敗因は「道悪」だと言われているが、その桜花賞を勝ったのがこの馬。父はパワー系のダイワメジャーで道悪はドントコイだろう。

メイショウオワラ【2.0.0.0】
むむむ。もしかしてこの馬、重馬場は鬼か?全く人気がないが・・・台風の尻尾になるかも?

ハローユニコーン【1.0.0.1】
見た目よりかなり重かった忘れな草賞にて、最後方からごぼう抜き。ハーツクライ×パントルセレブル。道悪は鬼かも?

ラビットラン【0.0.0.0】
重馬場実績はないのだが、父は米リーディングサイアーのTapit。道悪は歓迎だと思うが、もしかしたらこの馬は軽い芝が得意なタイプかも?

ファンディーナ【2.0.0.0】
ん・・・?軽い瞬発力系の馬だと思っていたが・・・むしろ多少時計が掛かる方がいいのかもしれんな・・・いや、どうなんだ?

 

なんか怪しそうな穴馬が沢山出てきたなあ・・・(笑)。

 

調教見てみよう。

 

■ローズS2017調教チェック

今後、重賞における【浅次郎の調教チェック】は「モッコリ万馬券倶楽部」に移設するんだが、現在無料期間であるし、要望もあることだし、9月一杯は簡易版をブログに掲載したいと思う。詳しい評価の内容や特A評価などは「モッコリ万馬券倶楽部」にて。

【調教が良い馬、メイチ仕上げの馬】

モズカッチャン ミッチリ!
ミスパンテール いきなり走って不思議なし。
ミリッサ しがらき経由。好内容!
リスグラシュー しがらき仕上げ。
ブラックスビーチ 山元TC仕上げ。豪快。
レーヌミノル 文句なし。
ラビットラン 山元TC仕上げ。芝でも走る?
ヤマカツグレース 一変警戒!

 

さてと・・・

 

私が本命党なら、

 

◎モズカッチャン

◯レーヌミノル

▲リスグラシュー

 

なんだけど、

 

残念ながら、

 

私は本命党ではなく、

 

総勢115名のモッコリ党党首であるからして、

 

今日も懲りずに、

ケツ穴狙いで逝くぜ!

 

馬場は出来るだけヌルヌルになってケロ!

 

■ローズS2017予想

馬場がどうなるか分からんが、「前狙い」「後ろ狙い」と決め打ちした方が予想しやすいな!徹底して前狙い&重馬場適正重視で逝く。

 

ヤマカツグレース(15番人気想定)

「浅次郎さん、みね子のオッパイばかり見てるんじゃないですか?18頭立ての15番人気ですよ?」という声が聞こえてくるが変態モードに入った浅次郎には全く聞こえない(あんたいっつも変態モードやろ!)。思い出して欲しい。この馬、フローラSではモズカッチャンとクビ差の接戦を演じ、フローレスマジックに先着しているのである。能力が高いのは疑いなし。そして休み明けの馬達とは違い、すでに一回叩いているアドバンテージがあるのだ。

叩いたのは古馬牝馬混合のGⅢクイーンSであるが、全く走ってないので気にする必要なし。調教を見れば一変しているかのうような動きを見せており、本番よりココが勝負。重馬場実績がなく、前走札幌で負けているので「重馬場適正あり」とはしなかったが、血統的には十分こなせると思う。兄にヤマカツエースがいる良血馬。前に行けるのも強みで、外からスーーーッと2~3番手につけて流れに乗ってくれい。頼むぜ松山!

 

◯モズカッチャン(2番人気)

☆サトノアリシア(16番人気)

△ミスパンテール(10番人気)

△リスグラシュー(3番人気)

△レーヌミノル(4番人気)

△メイショウオワラ(13番人気)

△カワキタエンカ(6番人気)

 

馬連 ◎-◯ @500円

馬連 ◎流し @100円

三連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!ヤマカツグレース!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ソフトバンク優勝おめでとう~。今年も強かったなあ・・・。

 

【オマケ】日曜無料情報

■堅チクビ馬
中山3R 10番(1番人気1着)
阪神1R 4番(1番人気1着)

■モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

 

一生楽しく競馬したい方、歓迎。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

【セントライト記念2017データ分析】中山芝2200で行われる菊花賞トライアルGⅡセントライト記念。注目はダントツ人気が予想されるアルアイン。しかし、当然大穴狙いで逝くぜ!データ分析によると、内枠より外枠有利!先行有利だが、穴は差し!穴馬候補はイブキ、サーレンブラント、スティッフェリオ、サンデームーティエ。

 

いよいよ菊花賞戦線も開戦!

 

セントライト記念には東の大将アルアインが登場。

 

さてさて。

 

■セントライト記念2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

アルアインの鞍上がルメールに変わっとるなあ・・・

 

弱肉強食の世界とはいえ、

 

松山も悔しかろう。

 

松山も、斉藤由貴も、山尾議員も、

 

「これは夢じゃなかろか?」

 

と今日の朝、目覚めて思ったのではなかろうか?

 

 

現実はいつも、誰に対しても、厳しい。

 

しかしそうなると、

アルアインの単勝は1倍台になるかもしれんな。

 

皐月賞・ダービー上位馬はアルアインとクリンチャーのみ。

ここは9分仕上げでも負けられん一戦。

(・・・と、誰だって思う)

 

データ見てみよ。

 

■セントライト記念データ分析

JRAデータ分析より抜粋

重賞勝ち馬が強いっと。それからダービー組が強いっと。どちらも該当するのは、アルアインのみ。重賞勝ち馬はセダブリランテス。人気を助長するだけのデータで、穴党には全く意味なし。

 

なぜ「過去6年」になるんだアンタ(笑)。過去10年で統一しなさいよ。まあ、これもどーでもいいデータだな。

 

馬体重の分布は後で自分でやろう。

 

■セントライト記念、枠順別成績(過去10年)

中山芝2200mは外回りコース。3コーナーがないおにぎり型のコースのため、内枠が有利かと思いきや・・・セントライト記念は逆。外枠の方が馬券になってるな。特に7枠が鬼強。

コースデータはどうなっているかというと、

やはり、外枠が断然有利である。特に5~7枠が強い。そして、最内の1枠はメチャクチャ弱い。2~3枠も弱いからこれは「内枠不利」と見ていいのだろう。

 

■セントライト記念、馬体重別成績(過去10年)

さっきJRAの分析でもあったが、体重の軽い馬は厳しいですな。439kg以下はほぼ全滅。440~459kgのゾーンもイマイチ。逆に500kg以上のゾーンから6頭の勝ち馬。馬体重は重い方が有利そうだな。該当しそうなのは、アルアイン、セダブリランテス、プラチナヴォイス・・・って人気どころやん。

 

■セントライト記念、間隔別成績(過去10年)

当然のごとく、休み明けの実力馬が圧倒的。ただ、2~3着には夏競馬を使って来た馬が結構入っており、特に4週(中3週)の馬は狙い目である。

 

■セントライト記念、騎手成績(過去10年)

面白そうなので騎手成績も見ておこうか。圧倒的なのは蛯名。過去10年で4勝をマークしているな。今年は持ち馬がいないが・・・どの馬に乗るのかな?それから北村宏、柴田善、柴山あたりも侮れないぞ!

 

■セントライト記念、枠順別成績(過去10年)

JRAのデータ分析では「差し有利」みたいに書かれていたが、率で言えば「逃げ・先行」の方が信頼性高い。数的には「前後互角」だけどな。上がり3Fを見ると・・・確かに上がり1~3位が強いんだが、上がり6位以下の馬も結構馬券になっているよね。理想は前目からのチョイ差し。

 

■セントライト記念、3着以内馬一覧(過去10年)

頭は堅いケースが多いんだが、2~3着は荒れることも多々あり。逃げ・番手の穴馬が絡むのかと思いきや、道中7~10番手くらいの差し穴馬が狙い目ですな。

 

ケツデータ論

・内枠不利、外枠有利。

・前後互角も、逃げ・先行有利。

・ケツ馬は中団からの差し。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、北村宏騎乗のイブキ。前走ダートで大敗しているので人気はサッパリになると思うが、中山2200の水仙賞でサトノクロニクルを負かしており、マイペースがハマれば一発あって不思議ない一頭。

それから瞬発力タイプのサーレンブラント。前走は1000万クラスで3着。今回のメンバーなら、この実績でも十分だろ。鋭い脚で追い込んで3着・・・みたいなね。同じ感じの1000万クラス3着のスティッフェリオ。中山2200はステイゴールド産駒の庭であるぞ~。サンシロウも面白い一頭。強行軍で連勝しているあたり体調も良さそうだし。

爆穴にサンデームーティエ。ひと夏越しての成長必須であるが、逃げ馬候補だけに油断せん方がいいぞ。調教要チェックやな。

 

さて、

 

アルアインの取捨であるが、

 

データ的には何の死角もなく、

 

相手も弱く、

 

「買い」だろう。

 

紫苑Sのディアドラみたいな位置付けだが、

アルアインは皐月賞馬だからはるかに格上。

 

しかし

 

ラブラブだった夫婦間に何が起きるかわからないのと同じで、

 

競馬だって何が起きるか分からぬわけで、

 

目標は次のGⅠなわけで(菊花賞だよね?)、

 

さらには台風が怪しい動きをしているわけで、

 

重馬場にでもなれば・・・

 

2~3着に負けるケース、

あるいは圏外に飛ぶ可能性もなきにしもあらず。

 

モッコリケツ穴党は、買っても「ヒモ」。

本命党の諸兄は、軸で買えばいいと思う。

 

結論は、月曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

不倫騒動にナイナイ岡村思う「エロの力ってすごい」

いやあ、同感ですなあ。エロの力は偉大である!民進党山尾議員のブーメランも凄かったけど(週4日で肉体関係ありませんは通用せんよー笑)、斉藤由貴は50歳でヌレ不倫か。うらやま・・・今でもカワイイもんな~由貴ちゃん。しかし、不倫に対する風当たりが強い世の中ですなあ。こんなもんは本人と周りの問題だろうに。探しものはなんですか?見つけにくいものですか?それより僕と踊りませんか?うふっふー。

 

 

若かりし頃の斉藤由貴と夢の中で逝きたい・・・(笑)。

 

 

 

「モッコリ万馬券倶楽部」

祝!入部100名突破!現在も続々入部中!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【ローズステークス2017データ分析】阪神芝1800mで行われる秋華賞トライアルGⅡローズS。今年はアドマイヤミヤビ、モズカッチャン、レーヌミノル、リスグラシューなどの大物がスタンバイ。ファンディーナが1番人気?データ分析は?枠順の有利不利は?脚質は?穴馬候補は、ミスパンテール、カラクレナイ、ヤマカツグレース!

 

今週は3日間開催だぜうっひっひー!

 

馬券はセントライト記念、

注目はローズS。

 

紫苑Sとはメンバーレベル雲泥の差だなー。

 

■ローズS2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

桜花賞馬レーヌミノル、

同2着のリスグラシュー、

オークス2着のモズカッチャン、

同3着のアドマイヤミヤビ。

 

ここにソウルスターリングが居れば、

春の活躍馬揃い踏みなんだけどね~。

(ソウルスターリングは天皇賞秋に向かう予定)

 

で、現在のnetkeiba想定オッズでは、

ファンディーナが1番人気。

 

いやあ・・・

 

大衆ファンの存在は有り難いねえ。

 

皐月賞でも1番人気に支持されたファンディーナだが、

今回も人気になってくれるんやなぁ。

 

いや、ファンディーナが弱いとか言うつもりはない。

むしろその素質は非常に高く評価している。

 

ただ、牝馬の一線級と対戦するのは今回が初めてであり、

疲れからオークスをパスした経緯がある。

 

つまり今回はただの休み明けではなく、

立て直しての一戦。

 

なのに1番人気であるならば、

この馬から買うメリットはヒジョーに少ない。

 

黙って切りですな。

来たらカーチャンゴメン。

 

さて、データ見てみよ。

 

■ローズSのJRAデータ分析

JRAデータ分析より抜粋

 

前走は東京組が圧倒。

要はオークス組だよね。

あと可能性がありそうなのは夏の札幌経由の上がり馬。

他はあっても3着まで。

 

コレ見るともう、さっき挙げた4頭で決まっちゃいそうだよね。レーヌミノルは今回比較的人気が落ちそうであるが、狙い目ですなあ。このデータからするとファンディーナは2~3着候補?

 

ぶえっ

 

JRAのデータ分析こんだけかい。

 

仕事せんか仕事をっ!

 

■ローズS、枠番別成績(過去10年)

ローズSの舞台は阪神芝1800m外回りコース。阪神マイルと同じような性格のコースで基本的にはスローの瞬発力戦である。

最初の直線が長く、先行争いには十分な距離。基本的には枠の有利不利は考えなくて良さそうやな。一応、コースデータも見ておくか。

 

うん。やっぱり、勝率・連対率、複勝率ともにフラットだね。

 

■ローズS、馬体重別成績(過去10年)

注意したいのが400~419kgの軽い馬。何故か競馬大衆は「軽い馬体重の馬」を嫌う傾向にあるわけだが、ご覧の通りの好成績だ。今年該当しそうなのはミリッサ。

 

■ローズS、間隔別成績(過去10年)

こりゃもう休み明け馬が圧倒的に強いですな。春の実績馬が夏休みを挟んで出走するパターンが一番多く、頭はもうこのパターンだけに絞ってもいい感じ。2~3着であれば、夏の上がり馬にも余地あり。

 

■ローズS、脚質別成績(過去10年)

阪神1800だけに瞬発力勝負になりやすいんですな。中団からの差しが最も強く。後方からの追い込みも届く。あとは先行出来る実力馬と・・・逃げ馬に注意。

上がり3Fは1~2位の馬が連対馬の7~8割を独占。上がり2位の方が1着率が高いっては面白いな。それから・・・上がり6位以下はほぼ全滅ってのは覚えておきたいところ。つまり、前に行く馬でもそれなりの瞬発力が必要で、前に行ってズブズブになりながらも粘る・・・みたいな馬は来ない。瞬発力必須のレースである。

 

■ローズSの3着以内馬(過去10年)

いやあ・・・一番右の「上がり3F」を見て貰いたいのだが、ほとんどが「上がり3位以内」。そしてほとんどが「上がり33秒台」(2013年は激重馬場)。つまり、そういうレースなんだってこと。位置取りは後ろでも全然大丈夫。直線だけの競馬で足りる。

穴馬の脚質はまず持って「逃げ」。2016年のクロコスミア、2014年のリラヴァティ。それから「上がり最速の差し・追い込み馬」。タガノエトワール、シャトーブランシュ、マイネイサベル、ワイルドラズベリー、ムードインディゴなど・・・上がり最速で突っ込んでくる大穴は枚挙に暇がない。

 

上がり最速候補を挙げておこう。

アドマイヤミヤビ(オークス最速)

モズカッチャン(フローラS最速)

カラクレナイ(桜花賞2位)

ファンディーナ(フラワーC最速)

ミスパンテール(チューリップ賞最速)

ミリッサ(前走1000万クラスで最速)

リスグラシュー(いつも上がり上位)

 

いやー、

 

自分で言うのもなんだけど、

 

浅次郎はいい仕事してるよねー。

 

 

馬券はあんまり当たらないけどねー。

 

・・・

 

やかましわっ!

 

ケツデータ論。

・枠は気にしなくていい。

・春の実績馬が強い。

・上がり上位の差し馬が強い。

 

正直・・・データ上は最初に挙げた4頭が抜けてるんだがしかし、だからと言ってそのまま決まるとは限らないのが競馬。秋緒戦だし、目標は次だしね。穴馬候補を挙げておこう。

 

まず持って、ミスパンテールである。約7ヶ月振りのチューリップ賞では出遅れつつソウルスターリングに迫る脚を使って2着。この時リスグラシューに先着しており、ポテンシャルはこのメンバーでも最上位である。ただ、体質的なものか精神的なものか脆いところがあるのは事実。桜花賞・オークスの大敗から巻き返せるか?調教要チェック。

次に、カラクレナイ。オークスに向かわずNHKマイルCへ行って惨敗。しかし、覚えている方もいると思おうが、この馬NHKマイルCでは1番人気に支持されていたのである。しかし大衆ファンってほんとゲンキンだよねー。今回見捨てられた格好の人気だが、桜花賞では0.2秒差の4着。この馬も上位と差のない能力を持っており、阪神1800の瞬発力勝負はドントコイだぜ!

そして忘れちゃいけないヤマカツグレース。春は大変お世話になったけんな。ここでも外すわけには行くまい。ただ、この馬は瞬発力タイプではなく、前々で粘り込みたいタイプ。ココで狙うより本番の秋華賞の方が面白いかもしれない。

 

人気でも外せないのは瞬発力最上位のアドマイヤミヤビ。中団前目から速い脚が使えるモズカッチャン。

 

いずれにせよ、ある程度絞って買わんといかんかもな。

 

ファンディーナが1番人気になりますやうに。

 

結論は週末。

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

サトノダイヤモンド魔さかの4着 凱旋門賞に暗雲 池江師「敗因を分析し本番へ」

英国馬エネイブルが断然人気 キングジョージで2着のユリシーズは出否未定

みんな期待し過ぎだって(笑)。春天以来の休み明け、しかも海外輸送、違う環境の中での一戦だし、本番は次だよ。一回叩いた効果はあるはずだし、環境への慣れも出てくるだろう。ただ、問題は「欧州の馬場が合わない可能性」が出てきたってこと。この馬、パワータイプだから大丈夫だと思うんだけどこればっかりはなあ。しかしこれでサトノダイヤモンドのオッズが11.0→15.0倍に上がったぜ。

これを美味しいと見るか、もうだめじゃん!と思うかは人それぞれだが・・・私は、馬券を買い足したばーい(単複を10ドルずつプラス)!

これで合計50ドルベット。

単勝に25ドル。複勝に25ドル。

勝てば398ドル(約44000円)。

3着以内なら83ドル(約9,000円)。

 

応援馬券を買うなら・・・今だね。→凱旋門賞の馬券買ったぜ!

あと、海外の馬の馬券は・・・JRAで買う(笑)。

エネイブルは切るかな。

 

 

「モッコリ万馬券倶楽部」

たらららったったったーん!・・・なんと100名突破!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内