【NHKマイルカップ2018予想オッズ・データ分析】東京芝1600mで行われる3歳マイル王決定戦GⅠNHKマイルC!人気の中心はタワーオブロンドン・テトラドラクマ!データ分析では内外枠どっちが有利?脚質は先行?差し?騎手・厩舎・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はパクスアメリカーナ、トーセンブレス、デルタバローズ、ルーカス!

 

ここ最近、

 

馬券が全く当たってない人もいると思う。

 

惜しい馬券が続いてる人もいると思う。

 

軸にした馬が大きな不利を受けて、

 

中折れしてる人もいると思う。

 

でも、

 

競馬も人生も同じで、

 

過ぎたことは、しょうがねえのである。

 

 

今日はオアシスの名曲

 

「Don’t Look Back In Anger」

 

を聴きながら。

 

前を向いて行こうぜ!

 

■NHKマイルC2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はタワーオブロンドンで確定だろう。

アーリントンCは鬼のように強かったしな。

 

んで、2番人気はテトラドラクマか・・・

この馬なんで桜花賞に出なかったん???

 

「使ってガタッと来た・・・(吉田勝己)」

 

なるほど疲労ね(うっしっし)。

このケースはちゃんと立て直せているかが問題。

調教要チェックやな。

 

3番人気はニュージーランドTを勝ったカツジじゃなく、

2着だったケイアイノーテックの方なのね。

こうなるとカツジの方を応援したくなるのは

私だけではあるまい(笑)。

 

 

さて、データ見てみるにゃあ(過去10年)。

 

■NHKマイルC2018データ分析、人気別成績

1番人気は勝つか着外か・・・って感じ。相当強いが飛ぶ時は飛ぶ感じか。2~6番人気は2着候補。3着は二桁人気馬もアリ。本命党は、「タワーオブロンドン→2~6番人気→人気薄」みたいな3連単フォーメーションが面白いかもね。私はいつも通り人気薄の一発を狙うけど(笑)

 

■NHKマイルC2018データ分析、枠番別成績

フラットだね。内外は気にしなくていいぽい。

 

■NHKマイルC2018データ分析、馬体重別成績

馬格がない馬も結構馬券になってるね(ちなみに、近3年では牝馬が4頭馬券になっている)。出来れば460kg以上欲しいところだが、馬体重を理由に切らない方が良さそう。

 

■NHKマイルC2018データ分析、騎手成績

ノリさん要注意。あれ?でも今のところ騎乗予定馬なし?まあ、どの馬か回ってくるだろうけど。あと、蛯名・小牧・福永・内田辺りにも要注意。

 

■NHKマイルC2018データ分析、種牡馬成績

クロフネ、ダイワメジャー、ディープインパクトですな。後はマル外

クロフネ・・・パクスアメリカーナ
ダイワメジャー・・・フロンティア
ディープインパクト・・・アンコールプリュ、カツジ、ギベオン、ケイアイノーテック、トーセンブレス、プリモシーン
マル外・・・タワーオブロンドン、デルタアローズ、ファストアプローチ、ミスターメロディ、リョーノテソーロ

 

■NHKマイルC2018データ分析、間隔別成績

4週(中3週)が強いね。今年からアーリントンC(中2週)が前哨戦になってるんで傾向変わるかもだが。休み明けは割引だろう。テトラドラクマはやはり不安。

 

■NHKマイルC2018データ分析、前走成績

注目前走は、ニュージーランドT(9頭)、皐月賞(5頭)、スプリングS(3頭)、毎日杯(3頭)、桜花賞は2頭しか馬券になっていないが、ここ2年連続で1着。ファルコンS含め距離延長組はほぼ壊滅で、過去2頭しか馬券になっていない。

ニュージーランドTは1~3着が強いんだが、惨敗からの巻き返しも可能で着順不問。皐月賞路線組も着順不問。桜花賞組は5着以内。毎日杯は1~2着。該当馬多数なんで盲点になりそうな馬だけ挙げておく。

・ルーカス(スプリングS9着)
・トーセンブレス(桜花賞4着)
・デルタバローズ(NZT3着)
・ファストアプローチ(NZT6着)
・カシアス(NZT7着)
・ギベオン(毎日杯2着)

 

■NHKマイルC2018データ分析、脚質別成績

東京マイルなんでね。差しが圧倒的に有利かと思ってしまうんだが、想像以上に前が残る感じで。トータルで見るとちょいと差し有利ではあるが、ほぼ前後互角と言っていいと思うね。

これは上がり3Fの数字にも表れていて。上がり1位の成績がさほどじゃないのである。上がり6位以下でもかなり馬券になってるしね。

 

■NHKマイルC2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンとしては、「逃げ・先行→差し」「先行→先行」。差し馬決着となったのは2013年と2008年くらいで・・・もちろん展開や馬場にもよるわけだが、イメージより前の馬を意識しておいた方がいいかもしれん。ただし・・・

穴馬の脚質は、差し・追い込み!

去年のリエノテソーロ、2016年のレインボーライン、2014年のタガノブルグ、キングズオブザサン、2013年のマイネルホウオウ、2012年のクラレント・・・大穴を開けるのは決まって差し・追い込み馬である。

 

■NHKマイルC2018データ分析、厩舎・生産者・血統

以前は圧倒的に関西馬が強かったんだが、ここ5年は関東馬が盛り返してますな。関東馬のワンツーなんてのも普通にあるんで注意しておきたい。生産牧場は毎度毎度だがノーザンFが圧倒的。血統はやっぱりマイラーぽい配合が多いね。フレンチデピュティが血統に入ってる馬には要注意。

 

ケツデータ論。

・クロフネ、ダイワメジャー、マル外。

・前走GⅠ・GⅡの惨敗・惜敗組。

・差し、追い込み!

 

穴馬候補を挙げておこう。現時点で全力で狙いたいのが、クロフネ+差し追い込みのパクスアメリカーナ。前走のアーリントンCではタワーオブロンドンに完敗だったんで・・・今回人気落としそうなんだけどね。

この日は阪神開催最終週で、内より外が断然伸びる馬場だったわけだが・・・終始インで走らされたパクスアメリカーナは相当強い競馬したと私は思っている。2月のこぶし賞ではケイアイノーテックに完勝している馬で、本来2~3番人気になってもおかしくないと思うんだが・・・人気落ちは大歓迎じゃー!

それから牝馬で買いなのはテトラドラクマじゃなくてコッチ!トーセンブレスだ!今年の牝馬戦線はアーモンドアイとラッキーライラックが抜けてるわけだが、この馬は阪神JFで4着、桜花賞でも4着と上位馬には敵わないものの安定した実力を発揮している馬である。昨年はアエロリットが桜花賞5着からこのレースを勝ってみせたが、今年もまた桜花賞組・・・なんてあり得るかもよ?

それから面白いのがニュージーランドTの惨敗組!なぜトライアルの惨敗組が本番で馬券になるかというと、中山マイルと東京マイルは求められる適正が全く違うからだ!ごくごく簡単に言うと、中山マイルは平均~ハイペースになりやすい持久力戦。東京マイルは溜めて溜めて直線勝負の瞬発力戦。つまり、中山マイルで差し損ねた馬や前に行って勝ちきれなかった馬なんてのは東京で一変する可能性があるわけ。・・・という視点で、改めてレース見てみよう。

うーむ。ゴールドギアがいたら非常に面白いのに(笑)。しかし、カツジは後方から大外ブン回しでの差し切り。この馬が2番人気になると思うんだけどなあ・・・。名前が悪いのか(笑)?

で、面白そうなのが3着のデルタバローズ。堀厩舎のマル外で、ニュージーランドTは3ヶ月振りの3戦目。スタート良く前目に付けたんだが、終始掛かり気味でね。ギリギリ我慢させた感じであったが、その分がゴール前に響いたんじゃないかと見る。それでいてカツジやケイアイノーテックらと僅差だからね。今回は叩いての上積みが期待出来るし、面白い存在だと思う。あと、密かにアイスフィヨルドにも期待してるんだが、この馬は抽選かな?

あとは・・・マイラーの可能性が高いルーカス。今回人気ガタ落ちだろうし、買うならココって気がするわー。今までずっと過剰人気だったからねー。

 

調教チェックや展開予想は後日ね。

 

オークスやダービーより

馬券的にはコッチの方がオモロイかも(笑)。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

『るろうに剣心』連載再開へ 和月伸宏「反省と悔悟」の日々

うーん・・・・これ、問題は作る方だよなあ。私にはソノ毛が全くないから分からんのだが、そういう性癖の方はムフーッ!ってなるわけで。たまたま有名な漫画家が見つかっちゃったわけだが、他にも沢山いるんじゃないのかな。もっと作る方や売り手を厳しく罰しないと・・・今の世の中、見る方は止まんないんじゃね?・・・さて、人妻素人モノでも探しに行くか(笑)。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

今回の募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

【青葉賞2018予想】東京芝2400mで行われるダービートライアルGⅡ青葉賞。人気はオブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザーらディープインパクトの良血馬。データ分析では、内枠有利?差し・追い込み有利?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はゴーフォザサミット、カフジバンガード、トラストケンシン。

 

天皇賞春のデータ分析はすでにやってるけんなー!

復習したい方はもう一回見ておくように。

天皇賞春2018データ分析。

 

さて、

 

今日は青葉賞のデータ分析をやるんだが、

フローラSのサトノワルキューレみたいな馬が

ここで出現するのかどうか・・・?

 

ダービー目標の良血馬

ズラリと揃ってるだけに非常に興味深いねー。

 

■青葉賞2018登録馬

netkeibaより抜粋

 

netkeibaの予想オッズでは、

1番人気候補は藤沢厩舎のオブセッション

 

この厩舎・・・青葉賞は鬼のように強いからね。

シクラメン賞は4馬身差の圧勝だったし、

当然ここでも素質上位であるが、

弥生賞では4コーナーを曲がれずに大きく膨らんじゃったんだよね。

 

 

これがなければ・・・

 

って・・・

 

UREEYYYYY!

 

 

これ、4コーナーで膨れなくても

 

4~5着くらいが精一杯だったんじゃね?

 

うーむ。よく分からんが、

 

吸金鬼のような気がするな。

 

2番人気候補は、サトノソルタス

堀&ミルコで確実に人気になりそうだけど、

そもそもこの馬・・・スプリングSに登録しててね。

何があったか不明なんだが、これを回避しているのである。

 

賞金的には皐月賞への出走も可能だったんだが、これもパス。

噂では「一頓挫あった」という話もあり、

それが事実なら今回は

「一頓挫明け」の一戦なのである。

 

 

おし、この馬も吸金鬼決定。

 

3番人気候補はスーパーフェザー

ディープインパクト産駒の高額馬。その額なんと2億8000万円。

前走のアザレア賞は強かったし、

あすなろ賞で負けたのはエポカドーロなんで納得だが、

若駒Sの負け方が気になるんだよねー。

 

 

POGでも多くの人気を集めていたが、

この馬も人気先行のような気がするなー。

 

 

ってわけで、この馬も吸金鬼決定でい。

 

さて・・・吸穴鬼はいるかな?

 

データ見てみるべい。

 

■青葉賞2018データ分析、人気別成績

1番人気強えなおい。複勝率80%で回収率も100%超えかあ。しかし2~3番人気が弱く、4~10番人気の馬が結構馬券になるレースでもある。本命党の方は「1番人気→ヒモ荒れ狙い」がいいかもしれない。

 

■青葉賞2018データ分析、枠番別成績

全体的にフラットな印象だが・・・若干、内枠有利の外枠不利かな?穴馬は1~3枠から探したい。

 

■青葉賞2018データ分析、馬体重別成績

馬格はあればあるほど良い傾向。最低でも460kg欲しい。

 

■青葉賞2018データ分析、騎手成績

お、意外と・・・と言ったら失礼だが、関東の騎手が頑張ってますな。内田(ダノンマジェスティ)、蛯名(ゴーフォザサミット)には要注意。※色は個人的に塗って分だから気にしないでねー。

 

■青葉賞2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクト強し。もうディープインパクト産駒ってだけで買いたくなるんだが、今年は登録の時点で8頭も居る上に人気どころが多くて・・・やっぱり買いたくないなーと思っているところだ(笑)。他、注目はシンボリクリスエス・ゼンノロブロイ・キングカメハメハだが、今年は出走なし。

 

■青葉賞2018データ分析、間隔別成績

休み明けの馬は壊滅的。最低でも2ヶ月以内のローテじゃないと厳しい。サトノソルタス、シルヴァンジャーあたりにはマイナスデータ。

 

■青葉賞2018データ分析、前走データ

注目前走は・・・アザレア賞(4頭、3年連続1着)、大寒桜賞(5頭、5年連続)、山吹賞(4頭)、弥生賞(3頭)、毎日杯(3頭)、その他の芝500万条件(7頭)・・・ご覧の通り、大半が500万組で、これは当然1着条件。毎日杯は3着以内。弥生賞・スプリングSは7着以内。今年の出走馬で条件を満たしているのは・・・

・アザレア賞(スーパーフェザー1着)
・大寒桜賞(ダノンマジェスティ1着)
・山吹賞(ダブルフラット2着おまけ)
・ゆきやなぎ賞(エタリオウ2着おまけ)
・弥生賞組(オブセッション7着、トラストケンシン6着)
・スプリングS組(カフジバンガード6着、ゴーフォザサミット7着)
・毎日杯組(ノストラダムス4着おまけ)

前走データではスーパーフェザーダノンマジェスティが買いですな。穴は重賞惨敗組。

 

■青葉賞2018データ分析、脚質別成績

脚質は圧倒的に後ろ。「差し」「追い込み」が強い!これは上がり3Fを見れば一目瞭然で・・・上がり1位がベラボーに強いのである。頭に来るのは「瞬発力系の差し馬・追い込み馬」。ただ、2~3着には結構前の馬も残るので注意が必要。

 

■青葉賞2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンの多くは「差し→差し」あるいは「追い込み→差し」。前残りになったのは2013年と2008年くらいのもので。後はたまに「差し→先行」といった感じ。先述したが、上がり1位の馬がとんでもなく強いんでね。1800m以上の距離で上がり33秒台の脚が使ってきたような瞬発力タイプを頭に据えたい。

瞬発力・・・という点ではオブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザーは確かに怖い。ただ、他にも上がり33秒台が使える馬おるで~~~。

ゴーフォザサミット(共同通信杯1位33.2)
カフジバンガード(共同通信杯3位33.4)
トラストケンシン(弥生賞上がり2位34.0)

 

■青葉賞2018データ分析、厩舎・生産者・血統

なんとなく関東馬が強いってイメージだったんだが、実際には関西馬の方が多く馬券になってますな。特にリーディング上位の強豪厩舎が強い・・・。藤沢厩舎のイメージが強いんだが、ペルーサ以来馬券になってないんやねえ。

 

生産牧場はもう圧倒的にノーザンF。過去10年で13頭が馬券になっており、ここ3年は2頭ずつ馬券に食い込んでいる。今年も有力馬のほとんどがノーザンF生産馬(1~5番人気候補みんなそう)。逆らいたい!けど逆らわない方がいいのは我が家の吸血嫁と同じ。

 

血統はサンデーサイレンス系の中距離主流血統が圧倒的・・・。

 

今年も同じパターンになりそうな・・・(笑)。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクト!

・前走500万条件1着or皐月賞トライアル惨敗組。

・瞬発力型の差し、追い込み馬!

 

吸穴鬼候補を挙げておこう。ディープインパクト産駒が強いのは重々承知だが、人気になっちゃうからね。違うアプローチで探すと・・・まず、ハーツクライ+スプリングS惨敗組+蛯名+藤沢厩舎+瞬発力型の追い込み馬のゴーフォザサミット。常に上がり上位が使えるタイプで中山より東京の方が確実に向く。共同通信杯ではサトノソルタスを上回る上がり33.2を計時しており、能力は上位人気馬に全く劣らないと思う。オブセッションよりコッチが買い。

次に、ハービンジャー+スプリングS惨敗組+瞬発力型の差し馬カフジバンガード。この馬は上がり最速ではなく、上がり2~3位のタイプではあるが、いつも確実に差してくる馬で。共同通信杯では上がり3位の33.4。スプリングSでは上がり2位の34.4を計時している。この馬も確実に東京向きのエンジンで。距離が伸びて一変するんじゃないかと密かに思っている。出遅れ癖さえなければ・・・頭候補。

それから、爆穴候補にトラストケンシン。未勝利勝ちしかなく、なんとなくパイオニアバイオ的なニオイがするんだが(笑)、ハーツクライ+弥生賞惨敗組+瞬発力型の追い込み馬。弥生賞では位置取りが後ろ過ぎでドモナラズだったが、密かにワグネリアンに次ぐ上がりを使ってるのである。東京変わりで一変あるかもよ!調教要チェック。

 

人気馬3頭とも飛ぶことはないかもしれんが、

 

何があるか分からんのが競馬。

 

後は枠順と調教見てからやねー。

 

人気馬の帽子がピンク色に染まってますように!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ロイター企業調査:安倍首相続投「望ましい」73%、安定重視

ほほう。昨日の読売新聞の世論調査だと支持率が不支持率を下回ってたけどな。企業視点だとこうなるのか・・・。しかしほんとこの大事な時に野党はいつまでモリカケやってんだかね。モリカケやってりゃ拉致被害者は帰ってくるのか?米国との通商交渉は上手く行くのか?日本の経済は良くなるのか?少子化は解消されるのか?憲法改正の議論はしなくていいのか?私の馬券は当たるのかw?安倍首相が法を犯したというなら別の話だけどね。忖度が罪なら世の中成り立たないよ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【皐月賞2018レース回顧】稍重馬場で行われた今年の皐月賞を制したのはオルフェーヴル初年度産駒の伏兵7番人気のエポカドーロ。離れた4番手から抜け出す完勝でまず一冠。人気どころのワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール、ジャンダルムの敗因は?エポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラーレウーノのダービー適正はどうなん?

 

エポカドーロ、混戦皐月賞を制す!

 

 

いやあ・・・今回の皐月賞は意見が分かれるだろうねえ。

 

巷の見解を見てみると・・・

 

サンスポ→【みんなの反省会】根はマイラーのエポカドーロ

スポニチ→【皐月賞】エポカ1冠“父の道”3連単37万円超え波乱呼ぶ!

 

・位置取りが良かった(展開が向いた)

・重い馬場が味方した

・実力勝負になってなかった

 

という感じで、

2馬身差の圧勝だったにもかかわらず、

あまり肯定的じゃない意見が多いですな。

 

さて、実際どうだったのか?

ワグネリアン、ステルヴィオらの敗因はなんだったのか?

 

簡単に回顧してみよう。

 

■皐月賞2018結果、着順

 

■皐月賞2018映像

JRA公式は画質悪いなあ・・・

 

■皐月賞2018レース回顧

スタート!

3番ジャンダルム、9番オウケンムーン、12番グレイルが出遅れ。ジャンダルムはあっという間に前を塞がれちゃったね。ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドールあたりは普通のスタート。おそらくインの馬場が荒れていたのだろう。ワグネリアンやキタノコマンドールは外へ外へとポジションを移していく。

 

好スタートを切ったのは7番エポカドーロと10番ジェネラーレウーノ。馬なりのまま先頭を伺うが・・・ムチが入った6番アイトーンが押して押してハナへ。14番のサンリヴァルは馬なりのまま好位へ。大外から玉砕覚悟のジュンバルロが行く!

 

正面から見ると一目瞭然。インはガラガラ。みんな外へ殺到してますな。内枠のワグネリアンはまあ想定通りだけど、ジャンダルムもかなり外へに行ってるよね。ステルヴィオは大外のまま。こういう馬場の時って、「いい馬場を走らせたい」って思惑が強く働き過ぎてね。外の馬はかなり外を走らされちゃうので注意が必要。今年の皐月賞はインガラガラのまま一周回ることに。

 

1~2コーナー地点。アイトーンにジェネラーレウーノがついていき・・・さらにジュンバルロが絡んで3頭が大逃げする形に。エポカドーロ戸崎はついて行かずに控える選択。これが大正解でしたな。・・・というより、初めからそういう作戦だったっぽい(笑)。レース前は、

 

「何が何でも逃げます(キリッ)」

 

みたいなことを言っていたが、実際は

 

「どうぞどうぞ!」

 

 

だったからね(笑)。

 

むしろ、折り合い・ペースコントロールに集中している感じで、

最初からハナに行く気は無く、

誰かを行かせて2~3番手・・・って予定だったと思われる(笑)。

 

ハナはアイトーン、続いてジェネラーレウーノ、ジュンバルロ。

 

10馬身くらい間が空いて、実質的な先頭がエポカドーロ、サンリヴァル、ケイティクレバー。この3頭が、私の予想の◯、▲、◎だったからね。もうこの時点で「うほほーい!そのままー!」と思ってたわ(笑)。

 

中団の前にマイネルファンロン、スリーヘリオス、タイムフライヤー、ダブルシャープ。

 

中団後方にオウケンムーン、ジャンダルム、ワグネリアン。

 

後方にグレイル、ステルヴィオ、キタノコマンドール。

 

ざっと見る限り、折り合いを欠いているような馬は居なかったね。

 

ラップはどうだったのか?

 

 

1000m通過は59.2。

 

ただし、これは前の3頭のラップで。

 

10馬身近く離れた4番手エポカドーロのラップは、

61.2くらいだったと思う。

 

だから、巷では、

 

実質スローだった!

 

と言ってる人が多いわけだが、

 

それは本当だろうか?

 

まず考えなくてはならないのが馬場。

 

稍重発表だが、

見た目以上に時計が掛かる馬場だったのはみんなも知ってる通り。

 

さらに言えば、

ほとんどの馬が内を空けて走っており、

通常よりも多く距離を走っているのも間違いないわけで。

(エポカドーロも3頭分くらい内を空けてコーナーを回っている)

 

馬場とコース取りの影響が1000mにつき1.0秒あったと仮定するなら、

エポカドーロのペースは61.2→60.2だったわけであり、

それが巷で言うところのスローだったのかどうか?

速くもないが、遅くもなかったのでは?

 

ちなみに、スローだった弥生賞(1000m通過61.5)で、

ワグネリアンは上がり最速33.7を繰り出しておるんだが、

今回のワグネリアンの上がりは35.2。

(馬場差はあるにせよ掛かりすぎじゃね?)

 

今回「実質スローだった」と言うのであれば、

もっと伸びても良さそうなもんだけど。

 

何が言いたいかというと、

エポカドーロのペースは馬場を考慮すると

平均ややスロー程度だったのではないかと。

 

実際のエポカドーロのペースを2で割ると、

61.3-59.5=2:00.8

後傾ラップではあるが、極端なスローじゃなかったのである。

 

それを裏付ける証拠の一つに、

 

有力馬の位置取りがある。

 

残り600mでの隊列がこう。もし極端な前有利のスローだったというのなら、ポジションを押し上げていくような馬が居てもおかしくないよな?あるいは早めのロングスパートをする馬が居てもおかしくないよな?特に、デムーロルメールらのペース判断に長けた騎手はそういう手をよく使うよね?しかし、残り600mでも後方待機で動かぬまま。

 

さらに言うなら、残り600mから積極的に動いていく馬もいなかったわけで・・・もとい、ワグネリアンは残り600mから仕掛けてますな。しかし、ステルヴィオ(ルメール)、キタノコマンドール(デムーロ)、ジャンダルム(武豊)あたりは悠々とと後方待機のままで・・・4コーナー手前まで脚を溜めているのだ。

 

ルメールもミルコも武豊も・・・

 

このペースなら届く!

 

あるいは、

 

このペースなら前は止まる!

 

・・・そう思ってたのでは?

 

だから全く動かなかったのでは?

 

ま、実際のところは分からんけどね。

 

戻ろう。

 

残り400m。前の3頭との差がグングン詰まる。エポカドーロはこの時点でまだ馬なりのまま。馬場が良いところを選ぶ余裕があり、馬場の真ん中から外目へ!サンリヴァルがエポカドーロの外から迫る!ワグネリアンはすでに追い出し態勢に入ってるがイマイチ伸びない!

 

4コーナー!ワグネリアン、グレイルは外に振られてかなり外を回らされてるね。ステルヴィオは上手くその内に入れて追い出す!ジャンダルムは外に振られるのを嫌って内へ切れ込む!キタノコマンドールはジャンダルムを追うようにコーナーを回って馬群の中へ!直線に入って、エポカドーロも追い出し開始。

 

残り200m!まだ余裕の手応えのエポカドーロ。残り200mを過ぎてから右ムチ4発。これでもう一つギアが上がり、前で粘りに粘るジェネラーレウーノを一気に捕らえる!

 

必死にサンリヴァルが追いすがるも、差は縮まらず、逆に開いていく。後ろからステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルらが迫るが、3着争いまで。

 

最後は流す余裕の戸崎。2馬身差の圧勝。2着にサンリヴァル、3着にジェネラーレウーノが粘り込んだ。

 

勝ちタイムは2:00.8。

 

エポカドーロの上がりは35.1。

 

いや、

 

エポカドーロ、

 

めちゃめちゃ強かったんじゃね?

 

 

 

 

 

 

 

 

勝ったエポカドーロはオルフェーヴルの初年度産駒。GⅠでは信頼度イマイチな鞍上、母系が短距離系の血統、また逃げ脚質のせいもあってか今回伏兵の立場で・・・単勝オッズは14.5倍の7番人気。しかし見事に父オルフェーヴルとの父子制覇を成し遂げた。オルフェーヴルの牡馬では他に目立った馬がおらず(多くの良血牝馬と交配してるんだが)、「オルフェーヴルの牡馬はイマイチ。ロードカナロアの方が質が高い」といった下馬評もこの馬の人気を下げたのかもしれない。

しかし、血の力って凄いね。オルフェーヴルも3歳春に激変して3冠馬まで上り詰めたわけだが、今回のエポカドーロもまさにそんな感じでね。スプリングSの時とは全く馬が違っていたんだと思う。もちろん、重めの馬場がこの馬にとってプラスだったことは間違いないが、仮に良馬場だったとしても結果は変わらなかったのではないだろうか。それくらいの完勝だったと思う。

展開的に恵まれたんじゃね?と言ってる人も沢山いるけどね。私はそうは思わない。そもそも本当にスローの瞬発力勝負だったのなら、もっと後ろの人気馬が脚を伸ばしたはず。しかしそうじゃなかったってことは後ろの馬も道中脚を使わされたってことであり、今回はタフな馬場でのガチンコ勝負だったのだ。

だいたい・・・スローだから前有利とかハイペースだから後ろ有利なんて言ってたら、今回のジェネラーレウーノの粘りとか全く説明つかんしね(笑)。

 

強い馬の定義ってのは人それぞれだと思うが、

 

自分でペースが作れて、

後ろと同じか後ろより速い上がりを使える馬。

 

あるいは、

 

自分でレースを動かして、

その上で勝ち切ってしまう馬。

 

私は、

こういったタイプの馬が強いと思うし、

こういうタイプの馬が好きだ。

 

さて・・・すでにエポカドーロのダービー適正についての議論も始まってますな。気になるのはその血統と体型。母父はマイラー系のフォーティーナイナー。母のダイワパッションも1200~1400の重賞勝ち馬である。馬体を見ると・・・

 

うーむ。確かに胴が詰まった感じで。距離が伸びて良さそうには見えない・・・

 

しかし父オルフェーヴルも胴が詰まった体型でね。見た目1600~2000mくらいが適距離に見えるが、これで3000mだって余裕で走れたわけで。しかしオルフェーヴルは美しいなあ・・・惚れ惚れするわ。

 

エポカドーロは東京2400も大丈夫か?

 

なんてのは、走ってみらんと分からんと思う。

 

しかし、今回の皐月賞を見る限り、個人的には全然大丈夫だと思うね。折り合いに不安がないのが1番。そして、ゴール前止まるどころか、まだまだ余裕があったからね。むしろ、距離は伸びて良いような気がする。ただ・・・距離よりも東京コースが心配だな。この血統は「小回り」「タフな馬場」が得意で。軽い馬場でのキレ勝負は苦手なのである。オルフェーヴルもゴールドシップもドリームジャーニーも中山・阪神の内回りは鬼であった。ま、この馬がどうかは分からんが。

 

2着のサンリヴァルはルーラーシップ産駒。エポカドーロの直後の位置取りで、最後までこの馬をマークする形だったが、最後は完全に力負け。しかし、実にしぶといねこの馬。おそらくこの馬もタフな馬場が得意なタイプで。スローの瞬発力勝負ではなく、タフな持久力戦が得意なタイプなんだろう。弥生賞ではスローで完敗だったが、馬場やペースが変われば、これだけ強いのである。この馬もスタミナ的には2400は全く問題ないだろう。出来れば一貫したペースの持久力戦がいい。藤岡佑介・確変チュー♪

 

3着のジェネラーレウーノはホントに凄かったな。1000m59.2のペースは普通の馬場であれば58.2くらいに相当するハイペースだったと思う。実際この馬の上がりは37.6で。もう最後はアップアップだったんだが、それでも3着に残したあたり、田辺恐るべしである。この馬もハイペース志向の持久力型で。東京の瞬発力勝負は全く向きそうにないんだが、常識が通用しないタイプの馬かもしれず。また残ってしまうかもしれない(笑)。

 

4着のステルヴィオの敗因は「ポジションが後ろ過ぎたこと」と言ってる人が多いですな。まあその通りなんだが、そもそも前目に行けないから中団後ろで競馬してきたわけでね。外枠だったし、こういうポジションになる可能性は最初からあったと思う。それを敗因と言うのは・・・なんか違うんじゃね?・・・と思うね。他に敗因を探すとすれば、馬場と距離か。外を回して差してきたのはさすがであったが・・・最後はジェネラーレウーノを交わせなかったばかりか、後ろから来たキタノコマンドールに交わされる寸前であった。この馬・・・タフな馬場や展開も合わなかったのかもしれんが、そもそも2000mがギリギリなのかもしれん。ダービーでも人気になるだろうけど・・・NHKマイルCに行った方がいいと思うね。

 

5着のキタノコマンドールまでがダービーの優先出走権ゲット。ゴール前の脚は際立っていたよね。ただ、やっぱりこの馬も位置取りが後ろ過ぎで。さらにエンジンの掛かりも遅く、伸びてきた時にはもう・・・時すでに遅し。この馬に関して言えば、もっと手前から仕掛けていれば2~3着はあったかもしれない。距離が伸びて良さそうだし、東京に変わるのもプラス。そのままミルコ騎乗なら・・・ダービーは2~3番人気になっちゃうかも???

 

6着のグレイルは出遅れが響いたね。ただ、大外ブン回しでステルヴィオと同じような脚を使っているし、やはり能力的には相当高いものを持っていると思う。ただ、ステルヴィオと同じく、大外を回したにもかかわらず最後の伸びがイマイチだったように思う。馬場のせいだと思うが・・・東京2400で巻き返せるか?

 

さて、謎だったのが1番人気ワグネリアンの負けっぷりである。内枠だったんでね。下げて外に出すってのは予定通りだったと思う。重馬場の野路菊Sで上がり33.0を繰り出して圧勝したことがあり、重い馬場も苦にしないとも言われていた。しかし、4コーナー手前で外に出されて追い出されてもイマイチ伸びない。最後はステルヴィオとグレイルと併せる形になったにも関わらず、脱落して最後は追うのを諦める始末。この馬の敗因はなんだったのだろうか?一つには、タフな馬場・タフなペースで脚が溜まらなかった可能性。一つには調子がイマイチだった可能性である。浅次郎の調教チェックでも、この馬の調教軽すぎだったんで「怪しいんじゃね?サイン」を出していたが・・・危惧した通りになったな。ダービーでの巻き返しなるか?

 

また、今回ジャンダルムから買ってた諸兄も多かったと思う。出遅れてポジションが取れなかったのがまず痛恨で。さらに言うと、馬場も合わなかったんだと思う。4コーナー・・・武豊は思い切ってインを突き、いいところに持っていったんだが・・・最後全く伸びず。距離も2000mが限界ぽいからね。ダービーよりNHKマイルCに向かった方がいいと思うけど陣営はどうするかな?

 

以上、簡単に回顧するつもりが、

 

長くなってしまった(笑)。

 

しかし文中でも書いたが、

 

これでダービーが俄然おもしろくなったね。

 

おそらくダノンプレミアムが1番人気になると思うが、

 

他の人気はどうなるだろうね???

 

馬券は、必殺前残りBOXが炸裂して◯▲で馬連が当たり。

◎のケイティクレバーは11着だったけど(笑)。

 

さて、今週も楽しんで行こう。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

絶対王者オジュウチョウサン、大差のレコード勝ちで3連覇達成!/中山グランドジャンプ

いやあ・・・強いわこの馬!感動した!馬券は買ってないけど(笑)。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【皐月賞2018予想】中山芝2000mで行われるクラシック第一弾GⅠ皐月賞。今年は雨の影響で重馬場の皐月賞?展開・隊列・ペースはどうなる?馬場は?上がり3Fデータは?人気馬バッサリの大穴前残り馬券で逝く!狙いはケイティクレバー、エポカドーロ、サンリヴァル、アイトーン!差し馬からタイムフライヤーとダブルシャープ!

 

うっしっし!

 

雨だねえ。

 

 

しかも・・・この雨雲レーダーの感じだと

午前中は激しく降るっぽい。

 

しかし、昼前からは止むらしいんでね。

 

現時点で馬場を予想するのはちょっと難しい。

 

これ書いてる時点(早朝)でのJRA発表は稍重だが・・・

皐月賞は重馬場で考えた方がいいかも!

皐月賞2018、各馬の重馬場適性は?

 

あら?

 

雨はもうやんだ?

 

でも、重めの馬場になるのは間違いなかろう。

 

さて、オッズはどうなってる?

 

■皐月賞2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

ワグネリアン、ステルヴィオは予想通りだが、

キタノコマンドールは想定以上に人気になったなあ。

 

ま、いずれも瞬発力に秀でたキレ系。

 

この馬場なら、

ズバッと切るのも一興ですな。

 

ま、そうじゃなくても斬るつもりだったけど(笑)。

 

展開見てみるだに。

 

■皐月賞2018展開予想

逃げ候補は
アイトーン
エポカドーロ
ケイティクレバー
サンリヴァル

先行勢は
ジェネラーレウーノ
ジャンダルム
オウケンムーン
マイネルファンロン
ジュンヴァルロ

差し勢は
グレイル
ワグネリアン
ステルヴィオ
ダブルシャープ
スリーヘリオス

追い込み勢は
キタノコマンドール
タイムフライヤー

どの馬が行くのか・・・エポカドーロが逃げ宣言をしているんだが、アイトーンケイティクレバーも行ってなんぼだし、この3頭って枠が隣なんだよね。釣られて競る形になるかもしれん。外のサンリヴァルも行くだろうしなあ・・・。どの馬が主張するのか?どの馬が引くのか?引かないのか・・・?正直、一回パンツを脱いでみないと体の相性が分からんのと同じで(笑)、レースが始まらんとどうなるやらサッパリ分からん。

一応、エポカドーロが逃げる想定で考えておこう。前走も離れた2番手で実際のペースはスローだったわけだし、戸崎がガンガン逃げるなんてことは考えにくいし、ぶっ飛ばして逃げることはないと思うんだけど問題は馬場バイアスだよなあ。

こればっかりはレースが進まんと分からんが、ドロドロ馬場で内が荒れ荒れになる可能性もあるな。そうなると・・・内を空けてレースが進むわけで、外の方がいい馬場を走れることになるな。ただ、そういう時に馬場の悪いインをついてワープする馬も出てくるかもしれんし・・・外を回そうとする距離損ハンパないことになることもあるし・・・ゴールドシップが勝った皐月賞とか参考になるかも。

うーん。この時の内田の騎乗には痺れたなあ。

 

で、今回のペースがどうなるか?

 

エポカドーロの単騎逃げならスロー。競る形になればハイペース。展開決め撃ちをするなら、

 

前残りor前潰れ

 

と極端な方がいいかもしれんな。

 

 

一応、上がり3F最速候補を挙げておこう。

 

上がり3F最速候補は、

・タイムフライヤー
・ワグネリアン
・キタノコマンドール
・ダブルシャープ
・ステルヴィオ

しかし、今回の馬場で「上がり33秒台」は難しいだろう。上がりは34~35秒台、もしかしたら36秒台のドロドロ決戦となるやもしれん。必要なのはパワーと重馬場適正とスタミナ。

 

netkeiba予想陣の印も見ておこう。

 

netkeibaより抜粋。

 

意外とワグネリアンの印薄いなあ。◎は2個か。

内枠が嫌われたのか鞍上の差か・・・

ステルヴィオの方が印は濃いね。

 

さてと・・・

 

まあいつもどおり大穴狙いで逝くんだけどね(笑)。

 

そもそも、

 

GⅠに出てくるような馬に、

 

大きな能力差はないのである(By藤沢調教師)。

 

枠順や体調や条件や馬場によって着順は変わるのであり、

今回は「悪天候」という大きな条件変わり。

 

今回人気になってる馬たち・・・

弥生賞組せよスプリングS組せよ、

良馬場スローの瞬発力勝負で勝ってきた馬である。

 

しかし今回の悪条件で

同じ瞬発力が使えるとは限らないのであるからして、

 

人気馬バッサリ!で行こうと思う。

 

正直に言えば、この馬場でも、

人気馬による差し決着になる可能性の方が高いと思うが(え)、

 

競馬は

 

的中率より回収率。

 

ラピュタの財宝狙いで逝く。

 

 

こーらー!まーてー!ネコババするなー!

浅次郎の皐月賞2018調教チェックはこちら。

 

■皐月賞2018予想

 

ケイティクレバー(12番人気)

「浅次郎さん正気ですか?12番人気ですよ?印、間違ってませんか?」という声が聞こえてくるけどね。キタノコマンドールが評価されるのであれば、この馬が評価されたって全然不思議ないと思うわけ。もう一度馬柱を見てみよう。前走のすみれSは確かにハイレベルであった。タイムも速いし(速い時計が出る馬場だったにしても)、キタノコマンドールは相当強い競馬をしたと思う。

しかしこの時ケイティクレバーの方が1kg重い57kgを背負っていたのである。同斤量だったら着順逆だったんじゃないの・・・なんてもちろん机上論だが、少なくともキタノコマンドールと大きい差があるわけではない。むしろ強かったのはケイティクレバーの方だ!という仮定すら成り立つと思う。

2歳時は確かに上位人気馬とは差があったかもしれんが、出世レースの若駒Sで逃げて3馬身差の圧勝してるし・・・キレ勝負じゃなく重い馬場での持久力勝負なら十分やれる!道悪の中山が合いそうなハービンジャー産駒!浅次郎の調教爆穴指定ィィ!チャンスだスグル!すり抜けながらかっさらえい!(byドーラ)

 

 

相手はエポカドーロ、サンリヴァル、アイトーン・・・と逃げ馬候補をズラリ。差してくるとしたら道悪は鬼のタイムフライヤーとダブルシャープで。人気馬は総崩れでオナシャッス!流石に今回は流しじゃなく鬼の大穴ボックス馬券で。

 

馬連 BOX @100円

3連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!ケイティクレバー!

 

パズーとシータは幸せに暮らしているのだろうか・・・

 

【おまけ】日曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
該当馬なし

おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
阪神2R 10番
中山4R 15番

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【アーリントンC2018予想】阪神芝1600mで行われる3歳限定別定GⅢのアーリントンC。人気はタワーオブロンドン、インディチャンプあたりだが当然大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースはどうなる?雨の影響は?重馬場適正は?上がり3F最速馬は?狙いは調教抜群のラセット!パクスアメリカーナ!大穴にピースユニヴァース、アリア!

 

明日の皐月賞は雨模様みたいだが(うっしっし)、

 

今日は阪神も雨か?

 

 

天気予報だと昼から降水確率50%・・・

微妙だけど重馬場適正考えたほうがいいかもね。

 

あ、皐月賞の重馬場適性はこちら!

皐月賞2018重馬場適性

 

■アーリントンC2018土曜朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

タワーオブロンドンが人気ね。

 

おっしゃおっしゃ。

 

■アーリントンC2018展開予想

逃げ候補は
ラブカンプー
ウォーターパルフェ

先行勢は
レッドヴェイロン
エアアルマス

差し勢は
アリア
タワーオブロンドン
パクスアメリカーナ
ラセット
ダノンスマッシュ

追い込み勢は
イルルーメ
インディチャンス
ピースユニヴァース
リュウノユキナ

行くのはラブカンプーか。あるいはウォーターパルフェが行くかもしれん。レッドヴェイロンは控えると思うけどね・・・仮にラブカンプーのペースならハイペースになっちゃうかもしれん。前走のフィリーズRはテンの3F33.7でイッチャッタからなあ。

舞台は阪神マイル。瞬発力系の差し馬が有利なんだが、ハイペースとなるとまた話が違ってくるなあ。。。いや、先行勢の数少ないけんな。前と後ろが離れてしまうかもしれん。ちょっと展開決め撃ちは難しいか。

 

上がり3Fデータを見てみよう。

 

上がり3F最速候補は・・・

・パクスアメリカーナ
・インディチャンプ
・ピースユニヴァース
・タワーオブロンドン
・エアアルマス
・レッドヴェイロン
・ラセット

見事に上位人気馬が列んだが、穴ならピースユニヴァース、ラセット。

 

あと、天気が微妙だが・・・

 

簡単に重馬場適性も見ておこう。

 

■アーリントンC2018重馬場適性

【重馬場が得意そうな馬】

パクスアメリカーナ 前走重い馬場で圧勝。
アリア 重めだったなずな賞を快勝。血統的にも◯。
ラセット 重めだったきさらぎ賞で上がり最速3着。

タワーオブロンドンは重い馬場の経験がないものの、血統的にはこなしそうだね。インディチャンプもステイゴールド×キングカメハメハだし、重い馬場はむしろ歓迎の部類かも。走ってみないと分からんけどな。

 

午後から雨が激しくなるようなら参考に。

 

さてと。

 

タワーオブロンドンが来たら、

 

あの超人を呼んでごまかすしかねえ・・・

 

 

その名は「プリプリマン」(実在)!

 

必殺技は・・・

 

■アーリントンC2018予想

 

ラセット(7番人気)

今年はきさらぎ賞を勝ったサトノフェイバーが早々に離脱しちゃったからね。きさらぎ賞組の注目度がとても低いんだが・・・5着だったカツジがニュージーランドTを勝っているように決してレベルが低かったわけではないのではないか・・・と仮定すると3着ラセットのこの人気は美味しい。そして、クラシック路線に向かわなかったところを見ると、陣営は1600mがベストと見ているわけで。ここで3着以内に入らないとNHKマイルCには出れられないわけだから、ここはメイチ勝負のはず・・・で、調教を見ると絶好文句なしの内容。確変中の藤岡祐のキンタマも非常に心強い。

相手筆頭はパクスアメリカーナ。単勝10倍以上ならこっちから買うつもりだったが・・・やっぱ人気になっちゃったね。インディチャンプ押さえ。穴にピースユニヴァース、爆穴にアリア。

 

◯パクスアメリカーナ(3番人気)

▲ピースユニヴァース(8番人気)

△インディチャンプ(2番人気)

☆アリア(9番人気)

 

馬連 ◎-◯ 500円

馬連 ◎流し @100円

3連複 ◎◯→▲△☆

3連単 ◎→◯▲☆

 

頑張れ!ラセット!

 

 

【おまけ】土曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
福島10R 8番
阪神5R 5番

おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
阪神3R 4番
阪神8R 14番

 

【浅次郎のひとりごと】

犠牲者に復興誓う=冥福祈り追悼式―前震から2年・熊本地震

熊本地震から2年 復興のシンボル・熊本城が被災者勇気付ける

あれから2年か・・・当時の様子はどうだったかな?と思って過去記事を見てたんだが・・・本震があった翌日に皐月賞の予想アップしてるし!→記事はこちら。我ながら根性あるな(笑)。※当時募金をしてくれたみんなありがとー!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【皐月賞2018調教チェック】中山芝2000mで行われるクラシック第一弾GⅠ皐月賞。調教メイチ馬はどの馬だ?仕上がりイマイチな馬は?ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール、ジャンダルム、タイムフライヤーのデキは?調教特A馬、調教爆穴は?穴馬候補はグレイル、ケイティクレバー、ダブルシャープ、サンリヴァル!

 

全国10,000人の・・・

 

浅次郎調教チェックファンの皆!

 

股せたの!

 

皐月賞の調教チェック行くぜ!

(桜花賞の調教チェックのアクセス数はマジで10,000超えた。笑)

 

■皐月賞2018調教チェック

netkeibaより抜粋

 

なんと・・・!

 

ワグネリアン、タイムフライヤー、ジャンダルム、キタノコマンドールといった人気馬が内枠に集中!そしてこれらみんな差し・追い込み系!

 

そんでステルヴィオがは大外枠15番!

 

くんくん。

 

ケツの香しいニホヒがするのは私だけか???

 

 

さて・・・毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによるスーパー油風呂ジャッジである。巷のプロによる調教チェックと評価が違うからといって空き缶を投げられても困るし、買い目に関する一切の責任も負わんのであしからずよろしく頼む。→JRAの調教映像(金曜昼頃更新)

 

今日は全頭評価で逝くぜ!

 

タイムフライヤー 特A評価
若葉Sから中3週で8本!負荷掛けて来たなあ。今回はCWで最終追い切りを行ったんだが、ほぼ馬なりのまま36.7-12.3の好時計!終い気合を付けられたのは前に出て気が緩んだからか。とにかく動き的には迫力満点で。クビを使った素晴らしいフットワーク。前走と一変している可能性有り。特A評価。

ワグネリアン
弥生賞から中5週で7本。評価難しいわこれ・・・最終追い切りは単走馬なり軽めでCW39.4-12.9。チョコチョコ走ってる感じで時計も遅め。1週前は併せ馬だったんだが、これもゆったり目でCW39.6-11.6。併せてからスイッチが入った感じで(逆に押さえていた)終いの動きは素晴らしかったんだが・・・GⅠだけにせめて1週前は時計を出して欲しかったなあ。ただ、2週前にはCW36.8-12.0という時計を馬なりで出してるし、順調なのは間違いない。おそらく・・・というか当然だが、ここは「ダービーの前哨戦」なんだろうね。

ジャンダルム 特A評価
弥生賞から中5週で9本。坂路を併用しつつ、CWで3週連続好時計。1週前と2週前は一杯に追って併せ馬で豪快に先着。最終追い切りは終いだけサッと追った感じだったが、動き・気配・フットワーク・キレともに申し分なし。この馬の場合、血統的にも(母ビリーヴだからね)ダービーよりコッチが全力なんだと思う。メイチ仕上げ特A評価。

スリーヘリオス
中1週で1本だけ。疲れなく元気いっぱいではあるが、走りを見る限りやっぱりダート馬じゃないのー?記念出走ぽい。

キタノコマンドール
ええええ?マジすか・・・すみれSから中6週だが、中間はノーザンFしがらきで調整され、戻ってきたのが3/22で追い切りは7本。2週前、1週前の動きは良かったのだが、問題はミルコが乗った最終追い切りで。終始押さえたままではあったが・・・半馬身ほど遅れちゃったのである。パートナーは「あれ?まだ来ないの?」みたいな感じでチラチラ見てるし、最後まで馬体が並ぶことさえなかった。これがGⅠの最終追い切りってんだから見映え悪いよねー。せめて馬体を併せて追い切って欲しかったなあ・・・でも、1週前追い切りの反応は非常に良かったからね。デキは悪くないんだと思う。あと、ミルコは時々こういう調教やるんでね、コマネチ!

アイトーン
若葉Sから中3週で4本。最終追い切りは坂路で終いだけ軽めだったが、1週前追い切りの動きが良くてね。3頭併せでCW一杯37.9-11.8で豪快に先着。デキ良さそう。調教爆穴に挙げようか迷うところ。

エポカドーロ
スプリングSから中3週で4本。最終追い切りはCW併せ馬で39.2-11.6。終いの反応を見る感じ追い切りだったが、推進力があっていい動きだったと思う。

ケイティクレバー 調教爆穴
すみれSから中6週。中間は吉澤Sで調整され3/22に帰厩して5本。最終追い切りはCWで3頭併せ。全くの馬なりで38.6-11.9。併せた僚馬をあっという間に千切って見せた。ちょっと頭が高い気がするが、素軽いフットワークで雰囲気よかねえ。一変期待の調教爆穴!

オウケンムーン
共同通信杯以来約2ヶ月ぶり。時計出し始めたのが3/14だから多分どっかの外厩に出てたと思うんだが情報なし。南Wで9本乗り込まれてるが、馬なり中心のメニューで。速めの時計を出した1週前(38.3-12.6)も馬場の真ん中を回してて・・・最終追い切りも終始馬なりで併入だったし・・・GⅠの追い切りとしては物足りないもんがあるな。まあ、元々調教で走るタイプじゃないぽいからこれでいいのかもしれんが・・・ローテからもダービーが目標っぽいなあ。

ジェネラーレウーノ
京成杯以来約3ヶ月ぶり。中間はノーザンF天栄で調整され3/23に帰厩して6本。最終追い切りは南Wで3頭併せ。ムチが入る一杯追いで38.3-12.6。GOサインが出てからの反応も良く、あっという間に僚馬を引き離した。迫力ある動きで休み明けは気にしなくて良さそう。

マイネルファンロン
スプリングSから中3週で4本。1週前に南Wで速い時計を出し、最終は軽めも併せ馬でビッシリ。ただ・・・GⅠの追い切りなのに「追走」じゃなくて「先行」なのね。まあ、それが悪いってわけじゃないんだけど・・・調教からは押しにくいなあ。

グレイル 特A評価
共同通信杯以来、約2ヶ月ぶり。中間はノーザンFしがらきで調整され、3/8に帰厩。ミッチリ乗り込まれて9本。1週前はCWで併せ馬。終始馬なりで軽々と37.5-12.1。最終追い切りは大きく追いかける併せ馬で36.8-11.6!ムチを抜いただけで自分から加速し、最後までビッシリ追って覇気満点の動き。元々、かなり調教駆けするタイプの馬ではあるが、邪スカウター的にはこの馬が1番良く見える。特A評価。

ダブルシャープ 調教爆穴
若葉Sから中3週で4本。最終追い切りの動きも良かったのだが、1週前の動きが秀逸で。迫力満点の動きでCW37.7-11.8をマーク。併せた馬を千切った後もキッチリ伸びたのが好印象でね。前走からの上積み大きいと思うゾ!調教爆穴!

サンリヴァル 調教爆穴
弥生賞から中5週で8本!その中身も濃くて。1週前は坂路で一杯に追って52.4-24.3-12.1!最終追い切りはCW併せ馬で一杯37.6-11.8!馬が走る気に満ちてる感じで非常に素晴らしい追い切り。ただ、この馬、弥生賞時もこんな感じで素晴らしい調教内容だったんよね。高いレベルの状態にあると思うが、上積みがあるかというと疑問。それでも調教爆穴。

ステルヴィオ
スプリングSから中3週で4本。1週前はモヤで不明。最終追い切りは馬場の真ん中あたりを回す軽め調教で。併せた状態で終いだけ伸ばす様な感じであったが動きは良かったと思う。元々調教でガッツリ時計を出すタイプじゃないし、少なくとも前走より上積みは有りそうですな。順調。

ジュンヴァルロ
若葉S以来中3週で7本。意欲的に乗り込んではいるが、最終追い切りの反応イマイチに見えたし、前走時の調教の方が良かったように思うね。記念出走かあるいは僚馬ワグネリアンのラビットか。

 

以上、皐月賞の調教チェック終わり。

 

念の為書いておくが、調教がイマイチだから走らないとか、調教抜群だから必ず走る!ってことじゃないけんな。そんなもんは当日の体調にもよるし(人間だって日によって体調が変わるだろう?)、最終追いの後に一変することだってあるし、絶好調過ぎて行ってしまうなんてことだってあるし・・・もちろん、根本的な能力が違えば体調とか関係なかったりするからね(笑)。

 

また、調教は大きく分けて「調子を整える」パターンと「負荷を掛ける(鍛える)」パターンがあるのであり、「調子を整える」パターンの調教だとヌルい調教になることが多いんだよね。そんな時、私のような素人オヤジは「これはイマイチだわー」と思ってしまうのであるが(最終追い切り軽めのパターンは大概これ)、実はもうメイチに仕上がってる・・・っことが多々あるのだ。

 

そもそも、調教とレースは別物

 

調教でMAXスピードを出すことはマレだし、出したとしても短い距離だし、2000mとか調教で走ることはないからね。そもそも論として調教とレースは別物なのである。

 

ただ、

 

やっぱり調教で走る馬は

本番でも走る!

 

って考え方に則っているのが当欄の調教チェック。

 

巷の競馬新聞やスポーツ紙の調教欄なんてね、

人気順にABCって列んでるのがほとんどで。

 

「その調教評価意味なくね?」

「穴で調教いい馬を教えんかい!」

「だったら自分でやるわ!」

 

って感じで数年前に調教チェックを始めたのであるが・・・・

今や10,000人のモッコリ穴党読者が集まるようになったわけだ。

 

自分で言うのもなんだが、

調教チェック馬の好走率はかなり高いと思う。

(来ない時は全然来ないけど。笑)

 

今後も参考にしてもらえたら嬉しい。

 

(当ブログではGⅠの調教チェックを公開しているが、モッコリ万馬券倶楽部では全ての重賞の調教チェックを行っているぞ!)

 

最後に調教後の馬体重をチェックしておこう。

JRA調教後の馬体重より抜粋

 

気になるのは・・・

ジェネラーレウーノ +8kg(輸送なし)
グレイル -2kg(輸送あり)
ダブルシャープ -2kg(輸送あり)
サンリヴァル -8kg(輸送あり)

グレイルは特A評価馬であるが、輸送で馬体が減るようだと心配だな。もしや馬体重の心配があってトライアルを使わなかったのか?ダブルシャープも同じく輸送で減って欲しくないね。ただ、サンリヴァルはデビュー時が482kgで。前走弥生賞時は+10kgであったが、もしかしたら太かったのかもしれない。

 

日曜日は雨予報だが・・・

 

雨が降るといいねえ。うっひっひ。

皐月賞2018の重馬場適正はこちら

 

結論は日曜日。

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

この動画、時間がある時に是非見て欲しい。今、これを見てるあなたがどんな人生を送っていて、どんな状況なのかは分からんが、毒蛇に噛まれたような強烈な刺激を受けることは間違いないぞ。一見ふざけた若者のふざけた動画だが、私はとても強い感銘を受けた。特に、人生に迷いがある方、現状に不安・不満がある方は是非見て欲しいと思う。

 

 

このDJ社長のように、

 

好きなことをやって生きていくなんて

 

できっこないかもしれない。

 

でも、好きなことを続けていくことは出来る。

 

そう思う。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。浅次郎を応援してくれると嬉しい。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【アーリントンC2018データ分析】阪神芝1600mで行われる3歳GⅢアーリントンカップ。今年はタワーオブロンドン、インディチャンプが人気を集めそうだが穴馬はいるか?データ分析では、外枠有利?脚質は先行・差し互角?騎手・血統・ローテは?穴馬候補はパクスアメリカーナ、ラセット。大穴にアリア、ラブカンプー!

 

あれ???

 

アーリントンCって・・・

 

この時期やったっけ?

 

 

ああ。去年まで2月だったよね。

 

そうそう、ペルシアンナイトは

アーリントンC→皐月賞のローテだったもんね。

 

で、今年からNHKマイルCのトライアルレースになって、

1~3着に優先出走権が与えられると。

 

なるほどね。そりゃいいわ。

 

■アーリントンC2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

朝日杯3着のタワーオブロンドンが人気を集めそうやね。

ステルヴィオとの比較からしても相当強そうだが・・・

 

競馬は何があるか分からんけんな。

休み明けの今回は泣いて馬謖を斬るとしよう。

 

 

じゃなかった、

 

喜んでタワーオブロンドンを斬るとしよう。

 

インディチャンプは皐月賞行けばいいのになあ。

今年は抽選なしで出られるのに。

マイル路線の方が向いてるとみたのかな???

 

とりあえずデータ見てみるか。

 

あ、以下のデータは2月に行われていた時のデータで。今回はちょっと傾向が変わるかもしれん。しかしまあ阪神マイルって条件は変わってないし、そのまま通用する部分もあると思うのでそのまま分析してみる。

 

■アーリントンC2018データ分析、人気別成績

1番人気・・・イマイチ!2番人気も・・・イマイチ!3番人気も・・・イマイチ!つか1~6番人気までの馬券率大して変わらねえ!だから当然4~6番人気の回収率が美味しくなってんな。2~3着は大荒れ狙いでもオッケー!

 

■アーリントンC2018データ分析、枠番別成績

8枠が異様に強いねー。ただ、2~3枠の馬券率も結構高い。死に枠は5枠。1枠も厳しいか。

 

■アーリントンC2018データ分析、馬体重別成績

馬体重は重いほど有利な傾向。520kg以上ある馬に要注意。タワーオブロンドン518kgかあ・・・

 

■アーリントンC2018データ分析、人気別成績

ミルコ注意報。今回の騎乗馬は未勝利を勝ったばかりのレッドヴェイロン。その未勝利戦が圧巻の内容だったし、超良血だし、かなり人気になると思うが・・・モッコリ党としては出来るだけチクビ吸って飛んで欲しい。この馬がドモナラズだわ。あと、福永・浜中にも注意。あと3着に幸塗っとけい。

 

■アーリントンC2018データ分析、種牡馬成績

あら?阪神マイルだけにディープインパクト無双かと思いきや・・・イマイチでんなあ。結構バラバラ。

 

■アーリントンC2018データ分析、間隔別成績

開催時期が変わってるからこのデータは信用ならんのだが・・・4ヶ月の休み明けとなるタワーオブロンドンはやっぱ割引かな。2着固定とか面白そうかも。

 

■アーリントンC2018データ分析、前走成績

注目前走はシンザン記念(8頭)、ジュニアC(3頭)、朝日杯(3頭)、きさらぎ賞(3頭)、500万条件(9頭)。開催時期が変わってるだけに参考程度でよろしく。

 

■アーリントンC2018データ分析、脚質別成績

阪神マイルは差し・追い込みが有利になることが多いんだが、このレースは前後互角だね。特に逃げ馬が強いわ。上がり上位の馬は当然のように強いんだが、上がり下位の馬も結構残っているね。

 

■アーリントンC2018データ分析、位置取り・上がり3F

ほほう・・・年によって傾向が偏ってますな。「差し→差し」「先行→先行」みたいな極端な年が多い。展開に大きく左右されちゃうレースなのかも。展開決め撃ちで馬券買うといいかもね。上がりも極端に速いわけではなく、34~35秒といった感じ。

穴馬の脚質は何でも有りだが、狙いは差し馬!

しかしこれ、結構な出世レースだねえ。

 

■アーリントンC2018データ分析、厩舎、生産者、血統

当然のように関西馬が圧倒的だね。で、当選のように社台系強し。血統はほんとなんでも有り。

 

ケツデータ論。

・8枠

・血統なんでもあり

・展開決め撃ち

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、4~5番人気になるかもしれんが、パクスアメリカーナ。前走のこぶし賞は3ヶ月の休み明け。かなり重い稍重馬場だったから時計は掛かってるんだが、最後方から捲ってね、朝日杯4着・ニュージーランドT2着のケイアイノーテックをガチで負かしているのである。映像見た方が早いね。

ホエールキャプチャの全弟で血統的にも文句なし。さらに言えば土曜の阪神は雨模様。馬場が渋れば渋るほど強そうな感じで。ゆったりしたローテでここを狙ってるのも好感。ココが最大の狙い目と見る!

 

次に、きさらぎ賞3着のラセット。そのきさらぎ賞はスローの前残りの競馬で。後方から上がり最速を繰り出したこの馬は勝負とは関係のない3着だったわけだが、ポテンシャルあると思うね。何故か人気なさそうだし、鞍上は確変中の藤岡佑だし、狙って面白い馬だと思う。

 

そんで、爆穴にアリア。戦績を見ると1200~1400って感じでね。「1600は長いんじゃね?」と思わせるところが人気を落とす要因で。しかしマイルを走ったのは一回だけだし、血統的には十分行けそうだし、重めの馬場だった中京のなずな賞で上がり最速を繰り出してるし、ココでも十分やれると思う。前走大敗のFレビューは阪神1400なんで気にしなくていい。鞍上は幸。3点同時に塗ってぇん!

 

アリアと同じことがラブカンプーにも言えるね。この馬も1200~1400の馬だろ!って決めつけられそうだけど、マイルは走らないって決めつけない方がいい。逃げ馬候補だし、展開次第で残っちゃうかもよ!

 

タワーオブロンドンとレッドヴェイロンがぶっ飛べば、

 

結構美味しいことになるんじゃね?

 

と、カウパー出しつつ、

 

今週も夢見るぜぇ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

電撃解任のハリル氏怒り「日本に行く、そこで話す」

何がどうなってんのかサッパリ分からんが、ワールドカップ直前のこの時期に解任はないんじゃねーの?結果が出てからなら分かるけどさ。つか、なんで日本代表の監督を外人にするのかがよく分からんわ。岡田ジャパンの時が1番盛り上がった気がするんだけどね。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【皐月賞2018重馬場適正】中山芝2000mで行われる3歳クラシック皐月賞だが、週末の天気は雨予報。各馬の重馬場適正は?道悪得意な馬、下手な馬は?ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドールの適正は?重馬場適性から見つかった穴馬は、エポカドーロ、タイムフライヤー。超大穴にケイティクレバー!サンリヴァルも差はないぞ!

 

ダントツ人気が予想されていた

ダノンプレミアムが皐月賞を回避。

 

急転直下のカオスとなった皐月賞だが、

それでもワグネリアン、ステルヴィオといった強豪がおり、

やっぱりチクビ堅いんじゃね?

と思ってしまう諸兄も多いと思うが、

 

女心がそんなに単純じゃないのと同じように、

 

 

競馬だって何が起きるか分からないのである。

 

高嶺の花だと諦めているうちは何も起きないのと同じで、

堅そうだからと堅い馬券ばかり買っていたら、

帯馬券は当たらないのである(は?)。

 

フラレたっていいじゃない。

ハズレたっていいじゃない。

 

たった一度の人生だぜ!

楽しんで行こう!

 

というわけで、

 

今回は皐月賞の重馬場適性について考えてみようと思う。

(→皐月賞のデータ分析はこちら

 

週末の関東は予報。

 

 

土日は結構雨が降りそうで。

 

現時点では馬場がどうなるか分からんが、

重い馬場になるのは避けられそうにない!

 

各馬の重馬場適性をチェックしてみよう。

 

■皐月賞2018重馬場適性

netkeibaより抜粋

以下、管理人の毒断と変見によるジャッジである。特に3歳馬はキャリアが浅く重馬場経験が少ない為、少ないキャリアとともに血統を元に判断している。それは違うんじゃね?という意見もあるかもしれんが、参考にして頂ければ幸いだ。尚【かっこ】内の数字は、重馬場以上+馬場指数5以上の成績である。あしからず。

【重馬場が得意そうな馬】

アイトーン【0.0.0.0】
道悪経験はないのだが、父キングズベストはキングマンボ系でエイシンフラッシュの父として有名。そのエイシンフラッシュはキレキレ系だったが産駒はパワー系が多く道悪が得意。母系は重厚な米国ダート血統で、重い馬場は得意だと思う。

エポカドーロ【1.0.0.0】
オルフェーヴルの初年度産駒。産駒の傾向はまだ掴みきれないが、父オルフェーヴルは道悪の鬼であった。母父のフォーティーナイナーはもちろんパワー系。血統的には道悪鬼の可能性あり。

グレイル【1.0.0.0】
極悪不良馬場の新馬戦を上がり最速で勝っておるな。父ハーツクライは切れ系もパワー系もどっちも出すが、この馬はパワー兼備ぽいね。しかし一度の敗戦で人気ガタ落ちだな。

ケイティクレバー【2.0.0.0】
見つけたなあ(笑)。稍重馬場だがかなり重めの馬場だった未勝利戦を4馬身差で圧勝。これまた重めの馬場だった若駒Sを逃げて3馬身差の圧勝。注目のハービンジャー産駒で重馬場は滅法得意そうだねこれ。すみれS組はキタノコマンドールに注目が集まっとるが、コッチの方が面白そう。

ステルヴィオ【1.0.0.0】
重馬場のコスモス賞を捲り勝ち。父ロードカナロアの重馬場適性はまだ良くわからんが、この馬自身は重馬場も十分こなせそう。問題は馬場より距離?

タイムフライヤー【1.0.0.0】
重馬場だった萩Sでダントツの上がりで4馬身差。父ハーツクライ、母父はパワー系のブライアンズタイムで、道悪は鬼の可能性高いね。

マイネルファンロン【1.0.0.0】
重馬場だった未勝利戦で4馬身差の圧勝。父はステイゴールドで母系もパワー系がギッシリ。力は足りんかもしれんが、重馬場適性は高いと思う。

ワグネリアン【1.0.0.0】
重馬場だった野路菊Sを圧勝。祖母のブロードアピールは芝ダート問わず活躍した馬で(重賞6勝)、そこからパワーを受け継いでいるのかもしれんね。多少の道悪は普通にこなしそう。

 

ジャンダルムはどうだろうなあ・・・父のKitten’s Joyはサドラーズウェルズ系でパワー有りそうだけどね。正直よく分からん。

オウケンムーンの父オウケンブルースリも産駒数が少すぎてよく分からんのだが、母系はパワー有りそうだけどね。ジャングルポケット-オウケンブルースリのラインは現在唯一残っているトニービン系(多分)。個人的に、この馬には頑張って種牡馬になって欲しいなあ。。。

人気の一角になりそうなキタノコマンドールの重馬場適性はちょっと不明。この馬はデニムアンドルビーの全弟なんだが、姉は重めの馬場が得意であったから(特にちょっと重い馬場が得意)、キタノコマンドールも重い馬場は得意かもしれん。

 

ちなみに、初期のディープインパクト産駒は重馬場が苦手な軽いタイプが多かったのだが、最近は弱点を補うような配合がなされているのかむしろ重馬場が得意なタイプが多い。

 

以下は、過去5年のJRA全芝レースにおける「重馬場・不良馬場」の種牡馬別成績である。

 

 

道悪の鬼!の可能性があるのは、エポカドーロタイムフライヤー・ケイティクレバーあたりか。馬場が重くなるようなら注意したいね(雨降れー!)。

 

ここで気になるレースを振り返ってみよう。

 

まず、スプリングS。

 

 

このレース見る限り、エポカドーロとステルヴィオって互角じゃね?もちろんステルヴィオには休み明けの分があったかもしれんが・・・本番は200m長くなるしデキ次第では逆転もあるかもよ?

 

ホープフルSももう一回見てみるべい。

 

 

あ、youtubeにJRAのオフィシャルチャンネルあるんじゃん!で・・・レースはGⅠしかアップしてないのね。せこいこと言わずに全レースyoutubeで見れるようにすりゃいいのに。

 

この時のタイムフライヤーは相当長く脚を使っててね。豪快に捲る競馬で圧勝。この時、2着ジャンダルムとの着差が1.1/4。弥生賞のワグネリアンとジャンダルムの差が1/2。もちろんこんな単純な比較にあまり意味はないが、少なくとも今回のタイムフライヤーはかなり美味しい存在だと言える。

 

若葉Sを見てみよう。

 

 

平均ペースで逃げたアイトーンの逃げ切り。インを突いて伸びてきたダブルシャープが2着。阪神2000らしい持久力戦だったわけだが、タイムは2:00.0。これ・・・展開次第で皐月賞でも怖くね?タイムフライヤーは仕掛けてからの反応鈍く・・・度外視でいいと思う。

 

次、にわかに注目されてるキタノコマンドールのすみれS。

 

 

阪神2200で2:11.7かあ・・・速いなあ。池江厩舎の良血×ミルコ×DMMバヌーシー×たけしで想像以上に人気になりそう。3番人気ってマジですか。しかし、私が注目しているのは2着ケイティクレバーの方である(笑)。雨降れー!

 

最後に弥生賞を見ておこう。

 

 

ぬう。ダノンプレミアム強え・・・。この馬が居たら穴党はドモナランかったかも(笑)。しかしこれ・・・サンリヴァルもそんなに差ないんじゃね?よく粘ってるよね。少なくとも、ジャンダルムとはちょっとの差だわ。

 

というわけで、

 

まだどの馬から買うか決めてないんだが、

 

週末まで亀頭をこすりつつ悶々としたいと思う。

 

調教チェックが楽しみですな。

皐月賞2018の調教チェックはこちら!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

浅次郎POG2017~2018の途中結果!

現在首位を走るのはみそしっぷさん!ステルヴィオ、ジェネラーレウーノを擁して皐月賞へ!うーん。優勝候補だねえ。2位はアーモンドアイの桜花賞制覇で一気にポイントを加算したASSAさん!は~~~アーモンドアイを選択していたのはASSAさん一人だけだったのねー。3位はくろさわわさん!意外なことに・・・ワグネリアンを持ってるのも一人なんですなー。

ただ、皐月賞の結果次第でまだ大きく順位が入れ替わる可能性有り!あとなんと言ってもダービーの賞金はデカイからね!青葉賞・京都新聞杯に出走する馬を持ってればまだチャンスあるニョロよ!優勝者と浅次郎賞の方には心ばかりのamazonギフト券を贈るのでお楽しみに。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【桜花賞2018レース回顧】阪神芝1600mで行われた3歳牝馬によるGⅠ桜花賞。勝ったのは2番人気アーモンドアイ!後方一気、大外ぶん回しの鬼の末脚でラッキーライラックを並ぶ間もなく差し切って見せた。断然人気ラッキーライラックの敗因は何だったのか?アーモンドアイ・リリーノーブル・マウレアらのオークス適正は?距離は持つのか?

 

桜の女王は

鬼脚アーモンドアイ!

 

※ノリスケさんご友人撮影の1枚。キレイだねえ。

 

いやあ、

 

アーモンドアイ凄い切れ味だったねえ。

 

簡単に回顧する。

 

■桜花賞2018結果、着順

netkeibaより抜粋

 

堅いよチキショー。

 

■桜花賞2018映像

※動画が消されてる場合はJRAのホームページで見てね。

 

■桜花賞2018回顧

スタート!

15番のプリモシーンが大きく出遅れ。13番アーモンドアイも出負け気味で後方から。ただし鞍上ルメールは最初から直線勝負をする予定だったのだろう・・・慌てることなく後方待機。そして絶好のスタートを切ったのが1番のラッキーライラック。

 

だけんどもしかし・・・

 

まさかこの好スタートが

 

ラッキーライラックの敗因になるとは・・・

 

この時は思いもしなかったのである。

 

絶好のスタートを切ったラッキーライラック石橋だが、内で包まれゴチャ付くのだけは勘弁!と思っていたのはレース後の騎手コメントからも明らかで。だからこそ絶好のスタートを切った後も控えることなくポジションを取りに行ったのである。

 

しかし・・・不幸なことに、どの馬も行かない。

 

唯一11番のコーディエライトはかなり押してるが二の脚が付かず・・・

行きたくても行けない感じ。

 

他の馬はみーーーんな様子見なのだ。

 

そして、

最内枠だし、気分良く行ってるし、

ブレーキ踏んでポジションを落とすわけにも行かない!

 

石橋は何度も横を向いて確認している。

 

「早く誰か行ってくれ!」

 

結局、ラッキーライラックは200m付近まで先頭を走ることになる。その間のラップは12.3!これは過去10年の桜花賞で3番目に速いラップ。つまり・・・ラッキーライラックはそのスタートセンス、スピード能力の高さゆえに自ら速いペースを作り出してしまったのだ。

 

 

ようやく行き脚がついたコーディエライト、10番のアンヴァル、大外のツヅミモンが先頭争いに加わり・・・ここでさらにラップが上がって10.7。このラップも桜花賞過去10年で2番目に速いラップである。

 

400m通過時点でラッキーライラックは3番手のイン。自ら演出してしまったとはいえ・・・かなり厳しいラップとなった。これが中山マイルや京都マイルならまだなんとかなったかもしれんが、舞台は阪神マイル。デフォルトで差し・追い込みが有利なコースなのだ。

中団の前にレッドサクヤ、内からリバティハイツ、中にハーレムライン、外にリリーノーブル。中団の後ろにアンコールプリュ、スカーレットカラー、レッドレグナント。

 

中団後方にかけてマウレア、トーセンブレス、フィニフティ。

 

後方にプリモシーン、アーモンドアイ、最後方にデルニエオール。

 

600m通過は34.5。

 

1000m通過は58.7。

 

 

テレビで解説していた某元調教師のSは、

 

「前半46.6、後半46.5の平均ペース」

 

なんて言ってたが、

 

あんた小学生か!

 

と突っ込みたくなる計算方法で(笑)。

 

そもそも桜花賞が行われる舞台の阪神1600mは

スローの瞬発力勝負が基本。

 

前半は緩いペースになることが多いのである。

 

過去の桜花賞を見ても前半46.6はかなり速いペース(過去3番目)で、

前半46秒台の時はほとんど「前潰れ」なんだよね。

 

今回は特に桜花賞レコードが出るほどの高速決着だったわけで。

前に行った馬にとっては相当厳しいペースだったと言える。

 

もちろん、

「ハイペースだから後ろが有利」

なんてことを言うつもりはない。

 

ペースが速ければ速いほど、

持久力やスタミナや底力といった総合力がモノを言うわけだし、

ペースが速くなると脚が溜まらない差し・追い込み馬だって沢山いる。

 

そういう意味で、

今回の桜花賞はハイペースのガチンコ総合能力勝負だったわけで、今回の

アーモンドアイは相当強かった!

というのは疑う余地なし。

 

ただ、

アーモンドアイからすれば展開がバッチリ嵌ったし、

ラッキーライラックにとってはかなり厳しい展開だった・・・

というのも事実である。

 

レースは生き物。

 

だからこそ競馬は面白いのである。

 

話を戻そう。

 

600~1000mのラップは12.1-12.1。ここで多少は落ち着いたが、それでも大きく緩んだわけではなく依然として息が入りにくいラップ。それでもラッキーライラックは手応え十分で4コーナーを回る。アーモンドアイは大外へ。リリーノーブルはも外へ。

 

残り400m。前が開いたラッキーライラックだが、持ったままで先頭のツヅミモンに並びかけて行く。その外からレッドサクヤ、リリーノーブルが襲いかかる。1番右の大外がアーモンドアイ。レッドサクヤから・・・ラッキーライラック、ツヅミモンの馬券を持ってた浅次郎はここで絶叫(笑)。

 

残り200m。夢見れたのもココまで(笑)。急坂に掛かるところでツヅミモン、レッドサクヤが脱落し、大外からアーモンドアイが強烈な末脚で差してくる!

 

残り100mでラッキーライラックを捉えると、並ぶ間もなくブッチギリ。

 

約2馬身差を付けて圧勝!

 

アーモンドアイ強し!

 

 

 

 

 

勝ったアーモンドアイは、ロードカナロアの初年度産駒。この勝利で父ロードカナロアはかなり人気を集めることになるだろうね。シンザン記念からのブッツケローテを嫌って買わなかった人は沢山いると思うが(私もそうだが)、そんな不安を吹き飛ばすような圧勝だった。ハイペースの総合力戦でラッキーライラックを負かしたのだから相当な器の馬だと思う。

ただ、前述した通り、今回展開がハマったのは間違いない。この馬のラップは・・・1000m59.9でラスト3Fが33.2。切れ味を活かすのにピッタリなペースだったのである。仮の話だが、今回の桜花賞が1000m通過60秒くらいのややスローペースだったとしたら(この馬のラップが61.0くらいだったら)・・・33.2の上がりを使っても届かないわけで(この上がりは阪神マイルで出せるほぼほぼ限界値)。出遅れ癖もあることだし、今後もこの馬が「展開に左右されやすい」ということは覚えておいた方がいいと思う。

で、問題は今後だす。オークスに出走するとなると・・・出てくる問題は「距離」だすな。なんと言っても父は短距離王のロードカナロア。母はエリザベス女王杯を勝ったフサイチパンドラとはいえ、この極上の切れ味を見るとマイルがピッタリに思えるだすよ。ただ、最近のオークスはスローで流れて終い勝負になりやすく、桜花賞組のマイラーでも好走出来るからね。そこまで心配する必要はないのかもしれないが、個人的にはやっぱり距離は不安だす。

 

2着のラッキーライラックは本当に運が悪かったな。このペースで3番手なら最後に脚が上がってもしょうがなし。それでも止まったわけではなく、正攻法で勝ちに行ってのものだから鞍上を責めることは出来まい。相手を褒めるべきだろう(石橋コメント潔し)。真ん中くらいの枠で、せめてリリーノーブルと同じような位置取りで競馬が出来ていれば、あるいはまた違った結果だったかもしれない。この馬もペース次第で33秒台前半の脚使えるからね。

結果は2着だったが、このペースで先行してキッチリ2着を確保したあたり、やはり能力はトップクラスだね。アーモンドアイとの2馬身差は能力差ではなく、マイル適正・展開の綾だと思う。ペース次第で逆の結果になっていたのではないかな。さて、こちらはオークスでも全く問題無さそう。というか距離伸びて良さそう。折り合いも問題ないし、前のポジションが取れるのもいいね。さて・・・オークスの鞍上はどうなるのか?出来ればそのまま石橋でお願いしたいが、ミルコに乗り替わりとかもうヤメてよミッキー(笑)。

 

3着のリリーノーブルは本気で勝ちに行ったが届かず。なんかキャラ的に3着が指定席になりそうだが、この馬も相当強いと思う。この後はオークスに行くんだろうけど、血統的に東京2400は微妙だなあ・・・。2000までって気がするけど・・・。NHKマイルCならアッサリ勝ったりして。

 

4着のトーセンブレスは8番人気での好走。アーモンドアイと同じく展開がハマったのはあるが、この馬も相当長くいい脚を使うね。血統的にもマイルはちょっと短い感じで、2000m以上・・・オークスはピッタリな印象。人気薄になるようなら積極的に狙いたい。

 

以下、マウレア、リバティハイツ、レッドサクヤ、スカーレットカラー、ツヅミモンあたりはタイム差なしの僅差。マウレアはどうなんだろう。。。位置取りは悪くなかったと思うが、やっぱり使い詰めで調子がイマイチだったのかな。血統的にも2000以下ぽいし・・・オークスで巻き返すのはちょっと厳しいか。

 

今回前で頑張ったレッドサクヤ、リバティハイツあたりはオークスに出走するようなら穴で再び狙いたいねー。ツヅミモンは是非NHKマイルCに出てこい!今回の競馬が出来れば一発あるかもだぜ!

 

馬券はレッドサクヤ軸の馬券でドモナラズ。

 

最近は、

 

全然当たってない(笑)。

 

しかし、

 

1㍉も懲りずに、

 

皐月賞も大穴狙いで逝く。

 

 

あ、皐月賞のデータ分析はこちら!

 

データから浮かび上がる穴馬は?

 

調教チェックや展開予想は後日ねー。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

全米メディアも大谷の「完全試合未遂」に大興奮「本当に人間か?」

「2刀流にチャレンジする!」と大谷翔平が言った時、多くの評論家や実績あるOBやメディアが「野球ナメんじゃねえ」「ピッチャーに専念しろ」と言った。しかし、今や大谷はメジャーで2刀流をやろうとしている。心から尊敬するね。そのチンコスピリットに。しかし、まだ23歳。大谷君のチンコを巡る争いも熾烈だろうなあ。うらやまC。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【桜花賞2018予想】阪神芝1600mで行われる3歳牝馬クラシック第一弾GⅠ桜花賞!ラッキーライラックが断然の人気。続いてアーモンドアイ、リリーノーブルだが、穴馬の入る余地は?展開・隊列・ペースは?上がり3Fは?狙いは調教抜群のレッドサクヤ!ヒモ穴にアンコールプリュ、フィニフティ、爆穴にスカーレットカラー、ツヅミモン!

 

今回の桜花賞は実にチクビが堅そうでね。

 

本当は、

 

フライデーの袋とじを見るかのように、

 

じっくりと舐めるように、見るだけにしたいところだけど、

 

 

手をどけなさい。

 

じゃなかった(笑)、

 

やっぱGⅠ・桜花賞だからね。

 

オートマチックボッキングしちゃうのが馬券オヤジのサガ。

 

色々と言い訳をしつつ馬券は買っちゃうんだけど・・・

 

さて、どうするべ。

 

■桜花賞2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

ラッキーライラックは1倍台の人気になるかと思ってたが、

どうやら2倍チョイになりそう???

 

ラッキーライラックの鞍上が

デムorルメなら多分1.3~1.5倍だったろうね。

 

プロフィール的には全く付け入るスキなく、

ツッコミどころがあるとすれば、

 

最内枠と鞍上。

 

いや、石橋が鞍上に相応しくないとか言うつもりは全くないよ。

むしろ応援しているんだが、

やっぱり経験の差ってのがあるわけだ。

 

この経験ってのは騎乗数の話ではなく、

「GⅠ経験」の話である。

 

石橋とてGⅠ勝利がないわけではないが(他にビートブラック)、

GⅠでの経験はトップジョッキーに比べかなり劣るわな。

百戦錬磨のデムルメと比べれば

橋本環奈と橋本マナミのオッパイの差くらいある(意味不明)。

圧倒的1番人気での騎乗なんて多分初めてだろうしね。

 

ただ、中堅どころの騎手が名を挙げるには・・・

このプレッシャーに打ち克ち、

桜花賞・オークスと勝って雄叫びを上げる他なし!

 

そして、

 

 

「デムルメはオレが倒す!byバシシュー!」

 

と言って欲しいものである。

 

頑張れ石橋!

 

(馬券は別だけど。笑)

 

展開見てみるぼ。

 

■桜花賞2018展開予想

逃げ候補は
レッドレグナント
ハーレムライン
コーディエライト

先行勢は
ツヅミモン
ラッキーライラック
リリーノーブル
リバティハイツ
デルニエオール

差し勢は
マウレア
アマルフィコースト
トーセンブレス
レッドサクヤ
フィニフティ
プリモシーン
アンヴァル

追い込み勢は
アーモンドアイ
スカーレットカラー
アンコールプリュ

行くのはおそらくレッドレグナントだと思うが・・・鞍上はミルコ・・・うーむ。この男が素直に逃げるかどうか・・・。2番手候補はハーレムラインとコーディエライト。いずれにしてもぶっ飛ばして行くタイプの馬は不在で。「魔の桜花賞ペース」なんてことになる年もあるんだが、今年はスローになりそうな。

 

1000mは60~61秒前後。

上がり3Fは33秒台の争いの

瞬発力勝負になると予想しておく。

 

ちなみに、

昨日の阪神牝馬Sは超スロー(1000m61.0)で結果は前残り。

(リスグラシューが上がり33.3を繰り出しても届かんかった)

 

どうも同じ展開になるような気がするなあ。

 

残ったのは前で上がり33.7~33.8を繰り出した

ミスパンテールとレッドアヴァンセか・・・

 

となると、

狙い目は前目か???

 

ただ、古馬牝馬と3歳牝馬では能力が全く違うし、

3歳で前付けして上がり33秒台を使える・・・

なんてのは相当の素質がないと無理。

 

上がりデータを見てみよう。

 

単純に、近走で上がり33秒台を使ったことあるのは・・・

・ラッキーライラック
・スカーレットカラー
・リリーノーブル
・マウレア
・アンコールプリュ
・トーセンブレス
・アーモンドアイ
・プリモシーン

さらにその時、上がり1位だったのは、

・ラッキーライラック
・マウレア
・アンコールプリュ
・トーセンブレス
・アーモンドアイ
・プリモシーン

当たり前だが、前付けして上がり33秒台・・・なんて馬はほとんどいない。チューリップ賞のラッキーライラックとマウレアくらいですな。

 

前を狙うか、後ろを狙うか・・・迷うところだなあ。

 

調教後の馬体重も見ておくか。

 

さすがGⅠ。大きく増減している馬、気になる馬はほとんどいないね。前走-8kgだったマウレアも今回+10kg。栗東留学なんで輸送なしだし。しかし、ラッキーライラックはチューリップ賞時も+10kgだったんだが、今回もプラス体重になりそうで・・・余裕を感じますなあ。リリーノーブルもビシビシやって+10kgだからね。これも成長分だろう。

 

netkeiba予想陣の印も見ておくか。

 

netkeibaより抜粋

 

ラッキーライラックはだいたい想定通り。

 

んで、2番人気の割にアーモンドアイの印が薄いと。

マウレアも薄いなあ。ふーむ。

 

さてと・・・

 

正直言ってラッキーライラックが強いと思う。

 

そして相手もセオリー通りチューリップ賞組でいいと思う。

 

だけんどもしかし!

 

それじゃあ全然面白くないよな!

 

考えたのは「ラッキーライラックに勝てる馬はいるか?」という最も基本的な点。チューリップ賞組の逆転は難しそうってんで、巷ではアーモンドアイが人気になってるわけだが、この馬は「なんでトライアルを使わなかったのか?」という疑問があるし(過去10年ブッツケで連対したのはレッドリヴェールだけ→桜花賞のデータ分析さ参照)、人気薄ならまだしも人気だと買いたくないんだわ(笑)。

 

じゃあ、他に「ラッキーライラックに勝てる馬がいるのか?」ということなんだが・・・この馬でどないだす?

 

浅次郎の桜花賞の印はこうだ!

 

■桜花賞2018予想印

 

レッドサクヤ(12番人気)

可能性があるとすれば別路線組!プラス・・・この中間で大きく成長した可能性のある馬!というわけで、エルフィンS勝ち馬のレッドサクヤが本命。馬柱だけ見ると全く買えないんだが、2歳時の赤松賞ではマウレアと0.1秒差で走ってるし、年明けの500万下で負けたインディチャンプは毎日杯3着馬。血統を見ればエイジアンウインズ(ヴィクトリアマイル勝ち馬)やエバーブロッサム(オークス2着)の下で父は桜花賞と抜群の相性を誇るディープインパクト。血統的な背景は文句なし。

何より素晴らしかったのが調教内容で。調教チェックでは「馬が変わってるかもしれない」と書いたが、この点に賭けてみるのも面白いと思う。出来れば、ラッキーライラックの直後のインに付けて徹底的にマーク。ワンテンポ遅らせてからイン突きを敢行して頂きたい。

対抗はラッキーライラック。そもそも浅次郎はオルフェーヴルファンであり、心情的にはこの馬に勝ってもらって無敗の桜花賞馬を見たい気もある。つか、私が本命党なら迷わずこの馬から行くね。2倍付くんならかなり美味しいと思う。以下印参照。

 

◯ラッキーライラック(1番人気)

▲アンコールプリュ(9番人気)

△リリーノーブル(3番人気)

△フィニフティ(5番人気)

△スカーレットカラー(15番人気)

△ツヅミモン(16番人気)

 

馬連 ◎流し @100円

3連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!レッドサクヤ!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
福島5R 14番
福島9R 16番
中山6R 4番
阪神2R 6番
阪神11R 1番(ラッキーライラック)

■おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
福島3R 9番
福島5R 6番
中山2R 1番
中山3R 12番
中山4R 2番
阪神2R 12番
阪神4R 15番
阪神5R 4番

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内