【ターコイズS2017予想】中山芝1600mで行われる牝馬限定のハンデGⅢターコイズS。人気はラビットラン、フロンテアクイーン、ワンブレスアウェイだが毎年荒れるレース!当然大穴狙いで逝くぜ!展開・隊列・ペースは?瞬発力上位馬は?狙いはヴィクトリアマイル2着馬のデンコウアンジュ!相手にミスパンテール!穴にアスカビレン!

 

気になるオッパイは数あれど、

 

帰るところは君の胸。

 

今日も一途にお前の胸で逝く。

 

■ターコイズS2017土曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

上位人気はほぼ予想通りだが・・・

エテルナミノル人気になり過ぎじゃね?

 

それからオートクレールは私の中では超爆穴候補だったのだが、

なんでこんなに人気になってんの?

内枠の先行馬だから?

どこぞの有名人が◎打ったのかな?

 

うーむ・・・

 

■ターコイズS2017展開予想

逃げ候補は
ペイシャフェリス
ディープジュエリー

先行勢は
オートクレール
ワンブレスアウェイ
リエノテソーロ
エテルナミノル

差し勢は
フロンテアクイーン
デンコウアンジュ
ミスパンテール
サザナミ
バンゴール
ラビットラン
アスカビレン

追い込み勢は
ハローユニコーン
アールブリュット
リーサルウェポン

逃げ候補はペイシャフェリスかディープジュエリーか。ただ、両馬とも外枠に入ってしまったなあ・・・中山マイルで外枠の逃げはツライ。押して押してになってしまうけんなあ。なので、もしかしたら内のオートクレール、ワンブレスアウェイあたりが先頭になるやも。

基本的にこのコースは「内枠」「逃げ・先行馬」が有利。いつもの私なら「前×前」で馬券を組み立てるところだがしかし、今回は買いたい馬が差し馬だし(笑)、思い切って「ハイペースの前崩れ」決め打ちで逝くかな。

 

上がり3Fデータを見てみると・・・

・リーサルウェポン
・フロンテアクイーン
・ミスパンテール
・エテルナミノル
・ラビットラン

あたりが「上がり3F最速」候補。ただし、東京や新潟のマイルで速い上がりを計時したからと言って、中山1600で速い上がりを計時出来るとは限らないけんな。

 

さて、

 

一途に、

 

愛するこの馬から。

 

■ターコイズS2017予想

 

デンコウアンジュ(9番人気)

ふはは。「人の噂も75日、馬の柱は3戦まで」というが、ヴィクトリアマイルで大爆走したのを忘れたファンが多いようだな。もちろん、この馬にとって中山マイルはベストの舞台ではないし、ムラ駆けタイプなのは百も承知。しかし、ハマった時の破壊力が牝馬トップクラスなのは間違いない話で、このメンバーなら能力最上位の存在である。ま、浮気をするとチンコ輪切りにされちゃうんでね(笑)。一途にこの馬から。

 

◯ミスパンテール(5番人気)

▲アスカビレン(12番人気)

 

単勝 ◎ @500円

馬連 ◎-◯ @500円

ワイド ◎-◯ @500円

三連複 ◎◯▲ @100円

 

頑張れ!デンコウアンジュ!

 

 

【おまけ】土曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
中山4R 7番
中京7R 8番

モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【ターコイズステークス2017データ分析】中山芝1600mで行われる牝馬限定ハンデ戦ターコイズS。今年は3歳ラビットランに人気が集まりそう。データ分析では、内枠有利の外枠不利、前走はGⅠ組or準オープン組、逃げ・先行が圧倒的に強い!穴馬・大穴候補はディープジュエリー、エテルナミノル、オートクレール、ペイシャフェリス!

 

今週土曜のメインはターコイズS。

 

2年前の2015年に「G(重賞)」に格上げされたんだが、

今年から「G→GⅢ」にまた格上げされたらしい。

 

ところでこの「G」と「GⅢ」って・・・

どう違うんかいの?

 

■ターコイズS2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気はローズS勝ち・秋華賞4着のラビットラン。秋華賞3着のモズカッチャンがエリザベス女王杯を勝ったため、自動的にこの馬の評価も上がってるわけであるが、中山マイルは脚質的に合わんと思うね。鋭く追い込んで4着希望(笑)。

 

さて、データ見てみるべ。

 

■ターコイズS2017データ分析

JRAより抜粋

 

うっしゃっしゃっしゃ!

 

荒れ放題のレースだぜー!

 

 

うっしゃっしゃっしゃ!

 

前走は「GⅠ組」と「1600万下組」が強い・・・そして、穴馬は「1600万下の惨敗組」!特に10着以下の惨敗馬に注意が必要だぞ!該当馬は・・・

・アールブリュット(ユートピアS13着)
・ディープジュエリー(ユートピアS3着)
・フロンテアクイーン(ユートピアS2着)

フロンテアクイーンは人気になりそうだが、斤量を考えてもディープジュエリーの方が買い。爆穴候補にアールブリュット。

 

■ターコイズS2017データ分析、枠番別成績

中山マイルは「内枠有利の外枠不利」が基本なのだが、このレースは7~8枠の健闘が目立ちますな。

 

■ターコイズS2017データ分析、種牡馬成績

なるほど。中距離系もいれば、マイル~短距離系の種牡馬もいますな。注目は・・・ディープインパクト。過去10年一度も馬券になっていない・・・(ディープインパクトは中山マイルが苦手ってわけではないんだけどね)。

 

■ターコイズS2017データ分析、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けは割引ですな。今回該当するのは8ヶ月の休み明けとなるペイシャフェリスのみ・・・だからこそ面白いんだけどね。調教要チェック。

 

■ターコイズS2017データ分析、前走成績

注目は・・・エリザベス女王杯や秋華賞の惨敗組。それからユートピアS。

・エテルナミノル(エリ女11着)
・デンコウアンジュ(エリ女13着)
・ラビットラン(秋華賞4着)

エリ女惨敗の2頭に注目やな。

 

■ターコイズS2017データ分析、脚質別成績

脚質はもう圧倒的に「逃げ・先行有利」。これは「上がり3F」を見ても明らかで。上がり1位の馬の成績がこんなにひどくなるレースもマジで珍しい。とにかく前にダーーーっと行って粘れる持久力タイプがいいね。

 

■ターコイズS2017データ分析、3着以内馬

2016年は「差し→差し」決着であったが、例年は「逃げ→先行」「先行→差し」あるいは「前→前→前」といったパターンが多く、穴馬の脚質も「逃げ・先行」。ご覧の通り、年によっては凄まじい荒れ方をするレースである。ハンデは・・・

 

■ターコイズS2017データ分析、ハンデ別成績

55.5~57.0kgの重ハンデ馬の成績が最も良いのだが、今年は該当馬なし。ほかは率の上で大した差はなく、軽ハンデ馬にも十分チャンスがあるレースだ。特に49.5~51kgのゾーンは人気薄になりやすく回収率ハンパなし。ただ、49kg以下の超軽量馬は厳しい(リーサルウェポンが48kg)。

・アールブリュット(50kg)
・ディープジュエリー(51kg)

ケツデータ論。

・内枠有利の外枠不利。

前走エロ女、秋華賞。もしくは1600万下。

逃げ、先行馬が圧倒的に強い!

 

データから穴馬候補を挙げておこう。

 

まず、何度もも出てきたディープジュエリー。前走ユートピアSはフロンテアクイーンと頭差の3着。そしてフロンテアクイーンは前走から-2kgなのに対し、ディープジュエリーは-4kg。フロンテアクイーンは人気になりそうだが、お買い得なのはこっちである。先行型にモデルチェンジしたのも好材料。全力で狙いたい一頭である。

次にエリザベス女王杯惨敗組のエテルナミノル。惨敗と言ってもタイム差は僅か0.7秒で。今回は2kg減の54kg。しかし私が注目しているのは前走ではなく、前々走の圧勝でもなく、4走前の垂水SⅡ着。このレースを勝ったシルバーステートは屈腱炎を再発して引退を余儀なくされたが、無事ならGⅠの一つや2つ・・・と言われた逸材である(重賞実績がないまま種牡馬入り)。そして3着は・・・その後に小倉記念と新潟記念を連勝したタツゴウゲキ。この馬もサクッと重賞勝っても不思議なし。あれ?意外と人気か・・・

大穴にオートクレール。血統・鞍上・前走の成績から人気薄必至。しかし、前々走は不良馬場だったとはいえ、ストーミーシー、クリアザトラックなどの強豪を5馬身離す圧勝。中山マイルは大の得意。内枠引いてスムーズに先行出来たら一発あるかもよ~。

爆穴に53kgのペイシャフェリス。先程も書いたが8ヶ月の休み明け、常識的には真っ先に消しだろうけど、春の六甲Sではアスカビレンと僅差の競馬をした馬。逃げ馬候補だけに警戒しておきたい。調教要チェック。

 

結論は土曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

北海道・北広島でカジノ構想 パチンコ機器大手、2千億円投資

素晴らしい。カジノの話になるとすぐ「ギャンブル依存症」とか「治安の悪化」とか「青少年への悪影響」とか言い出す輩がいるんだが、じゃあパチンコや公営ギャンブルはええんかい?って話でね。どっちにしろ依存症になるやつはなるんだし、青少年の好奇心に蓋をするのは不可能である(禁止にするならパチンコも禁止にしないと)。それよりも「カジノ」による経済効果を考えるべし。聞けばこの北広島市は札幌のすぐ近く。土日に競馬やって、夜はカジノで、次の日にゴルフ・・・なんて夏のバケーションが出来たら最高やないかーい!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【阪神ジュベナイルフィリーズ2017データ分析】阪神芝1600mで行われる2歳牝馬女王決定戦GⅠ阪神JF。今年はロックディスタウン、ラッキーライラック、ベルーガに人気が集まりそう。データ分析では、若干外枠有利、差し・追い込み天国、血統的には中距離型、中3~5週がベスト。穴馬候補はサヤカチャン、マウレア、ラテュロス。

 

今週は面白そうな重賞が3つ。プラス・・・

 

香港国際競争だの。

 

いやあ、楽しみですなあ。

 

香港のレースについては近日中に記事書くのでお楽しみに。

 

今日は、阪神JFのデータ分析をやるぞい。

 

■阪神JF2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気順はだいたい私の予想と同じなんだが、

ロックディスタウンの人気が抜けるかもしれんな。

 

2歳牝馬にはタフなコース、好走条件を備える馬は/阪神JF展望

なるほどアルテミスS組とファンタジーS組は確かに買いにくいね。

 

改めてデータ洗ってみよう!

 

■阪神JF2017データ分析

JRAデータ分析より

 

JRAのデータ分析にはごちゃごちゃと色々書いてあるなあ。

 

M-1グランプリのネタも、

エロビデオの内容も、

ゴチャゴチャしてると良く分からん。

 

シンプルなのが一番よろしい。

 

・芝1600m以上の勝ち鞍が必要。

・前走重賞3着以内、重賞以外だと1着条件。

・キャリア3戦以内、4着以下なし。

 

条件に合致するのは・・・

・アマルフィコースト
・ソシアルクラブ
・マウレア
・ラッキーライラック
・ラテュロス
・リリーノーブル
・ロックディスタウン

結構絞れちゃったねえ。勝ち馬はこの中から出るか?

 

以下、全て過去10年のレースデータ。

 

■阪神JF2017データ分析、人気別成績

1番人気の強さはまあ普通ですな。2~4番人気はイマイチで、何故か5番人気が強いね。で、勝ち馬は全て5番人気以内。2~3着もこのエリアが多く、穴馬が来るとしても8~10番人気まで。大荒れは期待薄なレースである。ま・・・将来のGⅠ馬と500万条件の馬が一緒に走るわけだけんな。そうなるわな。

 

■阪神JF2017データ分析、枠番別成績

ご覧の通り・・・外枠の方が成績良さげですな。

 

■阪神JF2017データ分析、馬体重別成績

2歳牝馬戦だけに馬体重は気になる所。440~479kgのゾーンが買いやすいですな。人気が予想されるロックディスタウンの前走は490kg。ラッキーライラックは486kg。

 

■阪神JF2017データ分析、騎手成績

ルメール(ロックディスタウン騎乗)は2戦2勝か・・・。蛯名は持ち馬なし?福永は抽選通ればソシアルクラブ?戸崎はマウレアか?ミルコはどの馬に乗るんだろうね?

 

■阪神JF2017データ分析、種牡馬成績

ディープインパクトが5勝くらいしてるかと思いきやそうでもないんやな。結構幅広い種牡馬が活躍してるんだが・・・全体的な傾向で言うと「短距離~マイル」の種牡馬はイマイチで、「中距離」型の種牡馬が良さそうやね。

気になるのはダイワメジャー・・・最多の13頭を送り込んでいるのだが、勝ったのはメジャーエンブレムだけ。瞬発力必須のコースだけに相性が悪いのかもしれない。

 

■阪神JF2017データ分析、間隔別成績

4週(中3週)が強く、次に5~9週(中4週~2ヶ月)が優勢。2ヶ月以上の休み明けは割引か・・・?具体的にはこんな感じ。

・アルテミスS(中5週)
・ファンタジーS(中4週)
・京王杯2歳S(中4週)

主な重賞のステップはこの3つ。こうやって見るとファンタジーSは近年劣勢気味で。アルテミスSの1~2着馬は相当怖いね。今年2着のサヤカチャン要注意。

他、夏競馬の2歳Sから馬券になったのは2013年のレッドリヴェールとハープスターのみ。ロックディスタウンはこの点が気になる所。あと、結構馬券になっているのが500万組で、赤松賞、りんどう賞、サフラン賞、からまつ賞・・・この辺は油断ならないぞ。

そして、能力さえあれば「新馬勝ち」でも通用するのがこのレース。抽選突破が条件だが、ソシアルクラブが出走出来たら怖い。

 

■阪神JF2017データ分析、脚質別成績

こんなに前が弱いレースも珍しいね。なんと逃げ馬は全滅。先行馬もイマイチ。このレースの馬券の軸は「差し・追い込み」である。JRA全コースの中でも屈指の「瞬発力コース」。スローのヨーイドンがデフォルトであり、速い上がりを使えないと話にならない。

 

■阪神JF2017データ分析、3着以内馬

ご覧の通り、差し・追い込み馬が圧倒的に強い。前々で勝つにはメジャーエンブレム・ソウルスターリングくらいの素質が必要。ただし、穴を開けるのは「先行馬」である。2015年2着のウインファビラス、2013年3着のフォーエバーモア、2012年2着のクロフネサプライズ、2011年2着のアイムユアーズなど・・・頭は無いが2~3着には結構残るけんな。注意が必要。

 

ケツデータ論。

・瞬発力勝負。差し馬有利も、穴は前!

・短距離型より中距離型!

・中3~5週が狙い目!

 

データより穴馬候補を挙げておこう。

まず持ってアルテミスS2着のサヤカチャン。すでに6戦もしているし、4着以下に負けたこともあるし、鞍上松岡だし、多分人気にならないと思うが・・・血統的にはリーチザクラウン×アンバーシャダイの中距離型だし、先行脚質だし、前走もラッキーライラックと差のない競馬してるしね。ココが狙い目。お願いだから人気にならないで欲しい。

それから、赤松賞勝ちのマウレア。前走タイムは遅いし、2着馬との差も首だし、鞍上戸崎とはいえあんまり人気にならんだろう。しかしその前走はスローの瞬発力戦でね。ディープインパクト×ストームキャットのこの馬に阪神マイルはピッタリだと思う。なんとなく3年前のショウナンアデラと被るわ。

あと抽選組だが・・・ラテュロス。前走でラッキーライラックに決定的な差を付けられて、鞍上は北村友に乗り替わり。しかしこの馬・・・上手く溜まれば相当切れると思っているんだよねー。一度中団からの競馬を試して欲しいわー。

 

人気馬を見ると、ラッキーライラックのデータはほぼ完璧で。鞍上が石橋じゃなく外人ならコッチが1番人気になるんじゃないの?と思ってしまうな(馬主はサンデーRだし・・・一度でも負けたら即乗り替わりになりそう。笑)。ロックディスタウンは能力最上位だが、3ヶ月の休み明けが不安。POG馬なので全力で応援するんだが、ど鞍上ルメで過剰人気必至。馬券は別(笑)。ベルーガは1600mの経験がないのと短距離血統なのが気になりますな。

 

調教チェック、最終予想は後日!

 

石橋ー!外人騎手負かしたれぇい!

 

【浅次郎のひとりごと】

テレビ局スタッフが火災動画に「おー!いいですね!」 提供の隣家住民「頭、大丈夫?」

またテレ朝か。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想オッズ】阪神芝1600mで行われる2歳牝馬女王決定戦。人気はロックディスタウン、ラッキーライラック、ベルーガが分け合うと思うが、さてオッズはどうなる?人気馬に死角は?ソシアルクラブは抽選通るか?穴馬・大穴候補は、サヤカチャン、アマルフィコースト、ラテュロス!

 

椅子に座ると、

 

ケツのデキモノが痛くてね。

 

痔用クッションに座りつつ、

 

チャンピオンズCの時と同じ話をするのだが(笑)、

 

JRAは本当にネーミングセンスがない。

 

「阪神ジュベナイルフィリーズ」

 

コレを聞いて「あ、牝馬2歳女王決定戦ね」と分かるのは、

1年以上の競馬歴がある人だけである。

意味不明だし、舌噛みそうだし、やたら長いし。

 

一般人が見たところで、

「どっかの草野球チーム?」

と思うのが関の山。

 

競馬ファンだって

「ジュベナイル」「フィリーズ」

が何のことだか分かってない人が多いと思う。

このレース以外に使われないし、一般的な英語じゃないしね。

※ジュベナイルは「2歳馬」、フィリーは「牝馬」という意味。

 

ちなみに、以前、このレースは

「阪神3歳牝馬S」という名称だったのである。

(馬齢表記の変更に伴い、現在の名前になった)

 

一発で何のレースか分かる上に、

格式も感じる素晴らしいレース名だと思う。

 

今に直すと

「阪神2歳牝馬S」

これで何の問題もないと思うけどな。

 

何でも横文字にすりゃいいってもんじゃないよ全く。

 

 

ハウスメンテナンスアドバイザー=シロアリ駆除の訪問営業

 

横文字にするとなんとなく格好良く見えちゃうもんだが・・・

皆も騙されないように(笑)。

 

さて、

 

登録馬見てみよう。

 

netkeibaより抜粋

 

人気は、

札幌2歳Sを勝ったロックディスタウン。

アルテミスSを勝ったラッキーライラック。

ファンタジーSを勝ったベルーガ。

これら2戦2勝馬が分け合う形になるかな。

 

現時点で賞金持ってるのは11頭。

残り7頭は抽選ですな(7/12の確率)。

 

1戦1勝のソシアルクラブ(母ブエナビスタ)、

アルテミスS3着のラテュロス、

あたりは是非抽選通って欲しいなあ。

 

さて、オッズを予想しておこう。

 

■阪神JF2017予想オッズ

阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1番人気 ロックディスタウン 4.1倍
2番人気 ラッキーライラック 5.5倍
3番人気 ベルーガ 6.7倍
4番人気 マウレア 8.1倍
5番人気 ソシアルクラブ(抽選) 8.8倍
6番人気 コーディエライト 10.4倍
7番人気 アマルフィコースト 17.2倍
8番人気 サヤカチャン 23.9倍
9番人気 ラテュロス(抽選) 25.5倍
10番人気 マドモアゼル 26.3倍
11番人気 リリーノーブル 35.0倍
12番人気 モルトアレグロ 42.6倍
13番人気 サウンドキアラ(抽選) 47.7倍
14番人気 スカーレットカラー 66.2倍
15番人気 レグルドール 82.9倍
16番人気 トーセンアンバー(抽選) 88.9倍
17番人気 ラスエモーショネス(抽選) 93.4
18番人気 グリエルマ(抽選) 102.9

※管理人浅次郎の独断と偏見による予想である。

 

現状まだジョッキー未定の馬が多いわけだが、当然屋根によって人気は大きく変わるけんな!ルメールはもう決まってるみたいだが、ムーア・ミルコ・クリスチャンあたりは1.5倍から2倍近く馬券が売れると見ていいぞ。・・・ジャパンカップを勝ったボウマンあたりも結構人気になるかもしれんな。

 

1番人気は札幌2歳Sを勝ったロックディスタウンか。新馬戦で負かしたのは牡馬トップクラスのタイムフライヤー。新潟のスローではあるが、この時の上がりが32.5で。瞬発力はこの世代屈指だろう。札幌2歳Sは一転タフな馬場だったが、これも中団から早め進出で完勝。長くいい脚が使えるタイプでね。その点はやはり血統だろう。1600はちと短い気もするが最有力じゃないかと。オルフェーヴルの初年度産駒。いきなりGⅠ勝ちなるか?

 

2番人気はこれまたオルフェーヴル産駒のラッキーライラック。アルテミスSは好スタートから控えて4番手追走。行きっぷりが良過ぎて押さえるのに苦労するシーンもあったが、直線追い出してからは矢のような伸び。上がり最速で2戦2勝。この馬もかなり能力高そうですな。石橋~~~~チャンスだぞ!

 

3番人気はファンタジーS勝ち馬のベルーガ。このファンタジーSはスローの瞬発力勝負だったわけだが、ベルーガは後方の位置取りで。直線大外ブン回しで直線ごぼう抜き。瞬発力半端ないぜこの馬~~~。問題は200mの距離延長。父キンシャサノキセキ、母系はスリープレスナイトを出した血統だけに・・・むしろ1200で真価発揮しそうだけどね。この点が嫌われたら人気を落とすかもしれない。鞍上は誰かな?

 

4番人気は出世レース赤松賞を勝ったマウレアか。出負けして後方から、折り合いを欠くようなシーンもあったが、インを突いてズバッと抜け出してみせた。桜花賞馬アユサンの全妹で血統的には文句なし。ただ、スローしか経験してない点と中2週+輸送がどう出るか。

 

5番人気は・・・抽選通過が条件になるが、ソシアルクラブ。この馬の新馬戦をまだ見てない人は一度見ておくといい。残り200m地点からの加速は見もの。えええ?そこから届くんかーーーーーい!とあなたも思うはずだ(笑)。この血統はガチでヤバイ・・・と多くの競馬ファンが思ってるわけで(母ブエナビスタ、叔母ジョワドヴィーブルも1勝の身で当レースを勝っている)、抽選さえ通れば人気になるだろう。鞍上次第で3~4番人気も。

 

 

さて。

 

今日も元気にヨーラン背負って穴馬候補を挙げておこう。

まず、アルテミスS2着なのに人気薄になりそうな・・サヤカチャン。父リーチザクラウン、日高のマイナー牧場生産、初勝利まで4戦、鞍上松岡・・・2歳重賞でこういうプロフィールだと途端に人気がなくなってしまうのだが、アルテミスSの粘りっぷりはもう一度確認しておくべきである。

このレース、600m通過35.4、1000m通過が59.8・・・と、この時期の2歳戦にしては結構な速めのペース。それでいてサヤカチャンは上がりを35.2でまとめており、ラッキーライラックに交わされた後も粘りに粘っている。スローの瞬発力勝負だと分が悪いかもだが・・・逆にハイペースの持久力戦になったらこの馬残っちゃうかもよ?ペースの鍵を握る馬でもあり、要注意である。

それから、今回人気の盲点となりそうなアマルフィコースト。ファンタジーSでは1番人気に支持されていた通り能力は高い。そのファンタジーSは3ヶ月の休み明けであり、見た限り仕掛けられてからの反応が鈍かったように思う。一回叩いて本番はココ。ダイワメジャー産駒だしおそらくマイルがベスト。鞍上はC・デムーロ?

抽選組からはアルテミスS3着のラテュロス。前走期待していたんだが、直線ジリジリとしか伸びずに3着まで。ただ、これは「馬場」が影響したんじゃないだろうか。この日は「良馬場」ではあったが、雨が降る中での競馬でやや時計が掛かっていたし、直線は外目の方が伸びていた。良馬場での瞬発力戦ならまた違った結果になるのではないかと。鞍上は北村友?

 

個人的には、ロックディスタウンがPOG馬だから、

応援するのはこの馬である。

 

しかし・・・馬券は別ですな。

 

データ分析、調教チェックなどは後日ね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

日馬富士の引退について。

今回の件、非は日馬富士にある。原因が何であったのか報道も錯綜していてよく分からんが、横綱がシャバで暴力を振るえばそれは罪である。こんなもんは相撲部屋に呼び出して稽古の名目でシバいたれば何の問題もなかったのである(え)。

しかし責任の取り方として「引退」する必要があったのかどうか?聞けば貴ノ岩の怪我の具合は驚くほど軽いと言うし(ほんとに重傷なら隠れる必要ないもんね)、同郷の先輩後輩という間柄だし、被害届を取り下げ、貴ノ岩が元気な姿を見せれば「俺が悪かった!」+「慰謝料」で仲直り出来た話ではなかろうか(すでに当人同士は仲直りしていたという話もあるし)?

というのも・・・今後、貴ノ岩は「日馬富士を引退に追いやった力士」として一生見られることになるのだ。日本ではまだしも、故郷モンゴルでは完全に「悪役」である。本人はもちろん、親兄弟もみんなそう見られるのである。これは辛いよね。また、仕掛け人の貴乃花親方だって色々と噂を立てられているし、相撲界全体にも暗雲。つまり、日馬富士が引退したとて、誰も幸せにならない結末なのだ。

じゃあ、なぜ貴乃花親方は「誰も幸せにならない結末」へ持っていったのか・・・

「貴乃花」の最終目標は「モンゴル力士」「八角理事長」の排除

まあこの記事の真偽は分からんが、貴乃花親方が来年の「理事長選」を睨んでるのは間違いなさそうやね。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【エリザベス女王杯2017レース回顧】京都芝2200mで行われた牝馬中距離女王決定戦エリザベス女王杯。激戦を制したのは3歳モズカッチャン!2着に粘りに粘ったクロコスミア、3着に大外急襲したミッキークイーン。さて、人気だったヴィブロス、ルージュバック、ディアドラの敗因はなんだったのか?ラップタイムを分析しつつ回顧する。

 

女王の座、モズカッチャン射止める!

 

 

いやあ、モズカッチャン強かったねえ。

 

簡単に回顧する。

 

■エリザベス女王杯2017結果、着順

 

■エリザベス女王杯2017映像

 

■エリザベス女王杯2017レース回顧

比較的揃ったスタート。

ちょっと出遅れたのが2番ハッピーユニバンス、6番リスグラシュー、11番ディアドラ。好スタートだったのは4番クロコスミア、5番モズカッチャン、12番スマートレイアー、15番マキシマムドパリ、16番ヴィブロス。

 

1番クインズミラーグロ藤岡康がグイグイと押してハナへ。クロコスミアは馬なりのまま自然と2番手。外からマキシマムドパリ、ヴィブロスも前へ。モズカッチャンは好位のインへ。

 

1コーナーを曲がった所ですでに縦長の隊列。多くのジョッキーは、ヴィブロスをマークしていたと思われるが、このヴィブロスが・・・ね。

 

先頭はクインズミラーグロ。続いてクロコスミア。よく見るとクロコスミアはちょっと掛かってますな。ペース云々じゃなく、多分ハナに行きたかったのだろう。しかし、この後すぐに落ち着く。

 

3馬身ほど離れた3番手にマキシマムドパリ。その後ろに1番人気のヴィブロスがいるわけだが・・・

 

モロに掛かってますな。

 

ルメールは必至にブレーキを掛けて折り合いをつけようとしているんだが・・・口を割って行きたがっている。どこからどこまで掛かっていたのか分からんが、これでは最後の直線で伸びるわけなし。ヴィブロスの敗因はこれに尽きると思う。

 

ヴィブロスの後ろにモズカッチャン、スマートレイアー。

 

中団前目にエテルナミノル、トーセンビクトリー、デンコウアンジュ・・・私の◎はデンコウアンジュであったため、

 

「よしよしよし!いいポジション獲ったでエビショー!」

 

と一人でほくそ笑んでいたのである。

 

結果、くそ笑みだったけど(笑)。

 

中団の後ろにジュールポレール、クイーンズリング。

 

中団後方にミッキークイーン、リスグラシュー、ルージュバック。リスグラシューやルージュバックの敗因を「スロー」「位置取りが後ろ過ぎた」とする向きもあるが、同じような位置にいたミッキークイーンは伸びて来るわけで。違う敗因があるんじゃないかと考えつつ・・・考察を進める。

 

後方にハッピーユニバンス、タッチングスピーチ、それから大きく離れてディアドラ。これはいくら何でも後ろ杉?つか行きっぷり悪いね。3コーナーでは岩田が気合つけてたんだが・・・一向に進んで行かない感じ。最後方はノリポツン・・・ウキヨノカゼ。これはさすがに記念出走だったのかな?

 

さて、ラップタイムを見てみよう。

 

 

1000m通過は62.0。

 

一見すると超スローであるが、

 

アンカツも解説していた通り、

この日の京都芝は結構時計が掛かっており、

超スローではなく普通のスローだったと思うんだが、

 

問題は1000m通過後。

向こう正面~3コーナーのラップが12.8、12.9。

 

つまり、序盤もスロー、中盤もスローという・・・

延々スローだったのである。

 

何故こうなったか?

 

一つ目の理由は、ハナがクロコスミアではなく

クインズミラーグロになったこと。

 

クインズミラーグロはおそらく超スローに落としての逃げ切りを一発狙っており、出来るだけスローに落としたかったのである。そして、2番手のクロコスミアは最初ちょっと掛かったが、すぐにクインズミラーグロの手に乗り、番手で構えたわけだ。仮にクロコスミアがハナなら・・・もっとペースは上がったと思う。

 

そして、後ろからのプレッシャーがあれば、道中もうちょいペースが上がったのかもしれんが・・・その後ろのグループに、皆がマークしているヴィブロスがいるわけだ。

 

このヴィブロスが掛かっていた・・・というのが2番目の理由。

 

つまりヴィブロスは前にプレッシャーを掛けるどころではなく、折り合いをつけるので精一杯。ブレーキ踏みながらのレースなんだからそりゃ好位グループのペースが上がるわけないわな。

 

そういうわけで・・・先行馬にとって楽~~な

延々スローになったのである。

 

さらにさらに京都は3~4コーナーが下り。

こうなると前は止まらないぞ~~~!

 

レースは完全に、残り3Fからの上がり勝負。

 

ヨーイドン!

 

もの凄い手応えで、馬なりのまま先頭に立つクロコスミア。インを突いてじわじわと上がって来たモズカッチャンも抜群の手応え。マキシマムドパリの脚色もいい!

 

うおっ!デンコウアンジュ!ええとこ出した!後は伸びるだけやーーー!っと思ったが、全然伸びず(笑)。このペース、この位置で伸びないのはやっぱり距離かもしれんな。

クインズミラーグロはやはり最初に無理したのが祟ったのか・・・作戦としては面白かったが、ここで脚が上がってしまう。逆に脚が溜まっていたのがクロコスミア。一気に先頭に立ち、粘り込みを図る!

 

残り200m!ヴィブロスも脚を伸ばすが、やはり道中掛かったのが応えたのか伸びがない!むしろマキシマムドパリの脚色がいい!その内からモズカッチャンがミルコの激ムチに応えて伸びてくる。そして・・・大外からミッキークイーン!

 

残り100m!これはもう・・・クロコスミアの粘り込みか?ミッキークイーンの差し切りか?と思った方も多かったろう。しかしここから根性見せたのがモズカッチャン。

 

残り50m!グイグイと伸びてクロコスミアを捉える!外からはミッキークイーンの鬼脚!

 

首差抜け出たところがゴール。2着争いは際どく見えたが、アタマ差でクロコスミアが2着。ミッキークイーンは届かず3着。

 

タイムは2:14.3。

モズカッチャンの上がりは34.1。

 

モズカッチャン、良かったねー!

 

 

右の若者は今年鮫島厩舎に入った新人厩務員で、初めて担当したのがモズカッチャンなんだって。何度もガッツポーツして可愛かったな。しかし、なんで鮫島調教師は浮かない顔してんだ???(笑)

 

 

 

 

【エリザベス女王杯レース後コメント】モズカッチャン M.デムーロ騎手ら

 

勝ったモズカッチャンはハービンジャー産駒。ディアドラに次ぐGⅠ制覇で、ハービンジャーの人気上がりそうだね。ブログ毒者の方はご存知だと思うが、私はフローラSの時も、オークスの時も、秋華賞の時もこの馬に◎を打っており(ローズSの時は人気だったので打てなかった)、現3歳世代で最も好きな馬である。だから、この馬がエリザベス女王杯を勝ったことは素直に嬉しい。

ただ、冷静に見ると、今回のモズカッチャンの勝利は幾分恵まれた分があると思う。まず内目の枠で絶好のポジションが取れたこと。目の前を行く1番人気のヴィブロスが掛かってしまったこと。スローの瞬発力勝負になったこと。幾分時計の掛かる馬場で、外目が伸びにくかったこと。そして最後の直線、目標であるクロコスミアが最後の最後まで頑張ったこと。仮にクロコスミアが早々にバテてしまっていたら・・・勝ったのミッキークイーンだったかもしれない。

まあ、運も競馬の重要な要素。色んなことが起こり得るから競馬は面白いのであり、この日はモズカッチャンが一番強かったねー!って話。これからの成長が楽しみですな。

 

2着クロコスミアの鞍上は和田。オークス2着の時のモズカッチャンの鞍上であり、最後に交わされたのがモズカッチャンだと分かった時にはどういう心境だったのだろうか?ゴールしてすぐに「おめでとう!(和田)」「ごめんなさい(ミルコ)」という会話があったというが・・・

 

 

左手を挙げてミルコを祝福する和田。しかし和田は降ろされても降ろされても違う馬で結果を出すスゴイ男である。特に最後の直線でバテた馬を持たせる技術はピカイチだと思う。多くの日本人は外人ジョッキーが好きだが、私は和田ドラゴンが大好きである。

しかし、府中牝馬でヴィブロスを負かしてるのにも関わらずこの低評価(9番人気)。予想の時にも書いたが、ナメられ過ぎでしょ。この馬強いよ?

 

ミッキークイーンは非常に惜しかったねー。なんか「スローの前残りで展開が向かなかった」的に言われているね。まあそれは確かにあるんだけど、スローの瞬発力勝負はこの馬とて望むところ。それよりも辛かったのは「外の馬場があんまり伸びなかった」点で、この日の京都は「外差し損ね」ってレースが結構多かったのである。まあ、前を行くクロコスミアの上がりが34.3だけんな・・・ちょっと厳しかったね。

 

4着マキシマムドパリに驚くべからずである。全く人気がなかったが、今年重賞を2勝しており、3歳時には秋華賞3着がある実績馬。確かに「展開面」で恵まれた点はあったと思うが、逆に言えば展開が向けばこのくらい走っても何ら不思議なしである。調教も良かったしね(調教爆穴であった)。しかし、鞍上の藤岡佑介は穴馬に乗せると怖いぞ~。

 

5着にヴィブロス。この結果に悲観する向きもあると思うが、私はむしろ良く走ったと思う。あれだけ掛かってしまえばズルズルと後退してもおかしくないのだが、最後まで頑張って5着だもん。やっぱり能力高いよね。しかし、この気性面は今後の課題。ルメールでも行きたがったのであれば、馬の方に問題があったのではなかろうか?距離云々って話もあるが、折り合いさえ付けば2200は全然余裕だろう。次は香港?それとも休んでドバイ?

 

スマートレイアーはポジション取りも良かったし、最後良く伸びてるけどね。京都大賞典の時のような切れ味は出せなかったね。武豊が乗っていたら変わってたのだろうか・・・?クイーンズリングはインを突いて伸びて来たが・・・これもジワジワとしか伸びず7着が精一杯。

リスグラシューはポジションが取れずに後方から。4コーナーはインを回して直線に賭けたが・・・この展開であの位置取りじゃ届かんわな。ただ、ミッキークイーンと同じ上がり最速33.7を計時しており、タイム差も僅か。そこまで悲観する内容ではない。ルージュバックはなんだろうね・・・位置取り的にはミッキークイーンと同じような位置取りで。最後伸びてはいるんだけど勝負とは関係のない9着。流れが向かなかったの一言で済ませたらいかんような気がするな。しかしムーア過剰人気過ぎ。

 

こりゃ来週も美味しいかも?

 

秋華賞馬ディアドラは見せ場なしの12着。一応直線は上がり2位の33.8を掲示しているのだが、勝負とは全く関係ないところでのもの。道中は「走る気」が感じられないような行きっぷりであった。その原因は・・・

 

わからん。

 

馬は生き物である。機械ではない。

 

だから・・・

走りたくない時だってある!

当日体調が悪い時だってある!

 

そういうことだと思う。

 

実は、

 

今日、

 

腹の調子が悪く、

 

朝からずっと下痢っ腹で。

 

 

水のような下痢がシャー!と、

30分おきくらいの間隔で噴射されるのである。

 

昨日までは何ともなかったのにね。

 

例えが下品ですまないが(ほんとだよ!)、

 

馬にだって

そういうことがあるんじゃないか・・・?

 

そうじゃないかもしれんが、

 

そう考えることが出来れば、

 

「走らせすぎやん!目に見えない疲れがあったんだろ!」

「岩田ナニやってんだボケー!さるー!」

 

と言って、

厩舎やジョッキーを責めることもないと思うのである。

 

体調管理ミスは厩舎の責任、

騎乗ミスはジョッキーの責任。

 

それはもちろんそうであるが、

どうにもならずに走らん時だって普通にあると思うのだ。

 

競馬は、

 

全ての結果を

受け入れることが出来るようになって初めて、

 

一人前。

 

 

よく、掲示板などで、

特定のジョッキーや陣営を誹謗中傷する輩はとても多いが・・・

そういう輩は半人前でもなく、餃子一個分である。

 

誹謗や中傷は憎しみを呼ぶだけ。

 

自分は乗馬すら出来ないのに

騎手の騎乗を批判する輩とかはその極みである。

(明らかなヘグリ騎乗は別だけどな)

 

なんもかんもで競馬。

 

全てを受け入れてしまえば、

競馬の見方が変わってくるぞー。

 

さて、来週はマイルCS!

 

楽しんでいこうぜ!

 

あ、個人的な馬券は・・・

◎デンコウアンジュ
◯モズカッチャン
▲クロコスミア

で。

今回・・・邪道2頭流!を採用したため、

馬連が当たり。

瞬間的に「万馬券だろこれ!」と思ったけど、

あんまりついてなかったね。

ま、デンコウアンジュはいつかまた大穴開けると思う。

それまで買い続けるのみじゃい!

 

高畑充希ちゃん可愛いわ~。CMのキャラはバカっぽいけど。

 

 

「牝ってなに?」

 

言わされる充希ちゃんが可哀想だよ~~~。

 

これ作ってるのどこの代理店だよ~~~。

 

誰かなんとか言ってやれよ~~~。

 

【エリザベス女王杯2017予想】京都芝2200mで行われるGⅠエリザベス女王杯。どの馬が勝ってもおかしくない大混戦だが、当然大穴狙いで逝くぜ!展開・隊列・ペースは?クロコスミアの単騎逃げ濃厚?狙いは愛馬デンコウアンジュの一撃。相手にモズカッチャン!ヒモは先行各馬。人気馬ではスマートレイアー。爆穴にエテルナミノル。

 

いやー。

 

今年のエリザベス女王杯は難しいね。

 

美乳・爆乳ばっかりで、

 

どの馬が勝ってもおかしくないぜ~。

 

■エリザベス女王杯2017日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

しかし・・・このメンバーで

ヴィブロスの3.2倍は過剰人気のよな気がするけどな。

確かにドバイターフ勝利の実績はスゴイけど、

国内に限って見れば・・・まだ未対戦の馬が多いんだよね。

 

ムーアは昨日人気馬を飛ばしまくってたし、

ディアドラは古馬とは初対戦だし、

ミッキークイーンは休み明けだし(だから人気ないのかな?)、

ミルコはなんか昨日おかしかったし、

武豊は酔っ払いだし(爆)・・・

 

 

ぬう。

 

わたしもフライデーされてみたいぃぃぃ~~~~。

 

じゃなかった(笑)、

 

何が起きるか分からんで~~~~。

 

しかしスマートレイアーは川田に変わった途端6番人気だってよ。

 

強豪牡馬相手の京都大賞典勝ってんのにね。

 

武浮気すげーわ。

 

じゃなかった、

 

武人気すげーわ。

 

展開見てみよう。

 

■エリザベス女王杯2017展開予想

逃げ候補は
クロコスミア

先行勢は
トーセンビクトリー
クインズミラーグロ
モズカッチャン
ジュールポレール
ルージュバック
エテルナミノル

差し勢は
リスグラシュー
クイーンズリング
デンコウアンジュ
ミッキークイーン
ディアドラ
スマートレイアー
マキシマムドパリ
ヴィブロス

追い込み勢は
タッチングスピーチ
ウキヨノカゼ
ハッピーユニバンス

ふむ、やっぱり列べてみるもんですな。逃げ候補はクロコスミアのみ。府中牝馬でヴィブロスを負かしてるのにこの低評価。逃げ馬好きの穴党はこの馬から買うべしである。

そんで・・・番手にはトーセンビクトリー、ジュールポレール、あるいは外からエテルナミノルあたりがつけると思うけどね。このあたりも大穴候補だぜぇ~~~~。展開重視で前残り決め打ちならこの辺も絡めておくべし。

モズカッチャンは好位の内、ルージュバックは前でも後ろでも競馬出来る馬だけど、ムーアならポジション取りに行くんじゃないかな?

そんで、人気どころの多くは中団。もしこの辺が牽制し合う感じなれば・・・レースは縦長になるかもね。

クロコスミアのペースなら、1000m通過60~61秒の平均ペースか?問題は向こう正面から3コーナーに掛けて。ここで息が入れば(13秒前後のラップになれば)、上がり33~34秒前後の瞬発力勝負。一貫した流れになれば、上がり35~36秒の持久力勝負になると予想しておく。

 

モッコリ穴馬党が展開決め打ちするなら

「前残り」が吉。

 

息が入る瞬発力勝負になると、

人気馬同士の決着になる可能性が高いんだが、

こうなったら穴党は「差し馬」から穴馬を見つけるべし。

 

浅次郎の調教チェックはこちら

エリザベス女王杯のデータ分析はこちら

 

netkeiba予想陣の印見てみるか。

 

■エリザベス女王杯2017netkeiba予想陣の印

netkeibaより抜粋

 

どいつもこいつも似たり寄ったりの印打ちやがって・・・

予想家としての矜持はないのかね?

 

意志を感じるのは

望田の◎スマートレイアー。

藤村の◎ミッキークイーン。

そして小林の◎クロコスミア。

 

しかしね。

 

いっつも思うんだが、

 

「馬の強さだけで予想している予想家」

 

のなんと多いことか。

 

今回の展開をちょっと考えればね。

単騎逃げ濃厚のクロコスミアを無印にするのは非常に危険なのである。

 

もちろん、クロコスミアは前走斤量的な恩恵があったし、

(ヴィブロスより2kg軽かった)

ヴィブロスは長期休養明けだったんだけど、

 

逃げ馬はいつだって「回収率最強」なのであり、

オッズほどに能力差があるわけではないのである。

 

それは他の馬とて同じで、

何が起きるか分からんのが競馬なのだ。

 

というわけで、

 

いつもならクロコスミアから買うんだけど、

 

今回は買わねばならぬ愛する馬が出走するからね。

 

懲りずに、一途に、ずっといつまでも、

 

この馬と逝く。

 

■エリザベス女王杯2017予想

 

デンコウアンジュ(13番人気)

自信は全然ない(笑)。距離も不安だし(やれると思ってるけど)、展開的に恵まれそうもないし、調教もパッとしなかったしね。ただ、私はずっと、この馬を牝馬のトップクラスだと思っていてね。ま、それは「ハマれば」という条件付きなんだけど(笑)。現実にヴィクトリアマイルで2着の実績があるわけで。GⅠの舞台でスマートレイアーやクイーンズリングやミッキークイーンに先着しているわけで。ココでもハマれば十分勝ち負け出来る能力を持っていると思っているのだ。

で、今回人気急落して単勝万馬券。今買わずしていつ抱きしめるんだ?という感じの有り難いオッズ。正直に言えば、「え?なんでもっと若くて可愛い娘を指名しないかって?いや、もうずっと指名してるからさ、もう他の娘じゃチンコ勃たないんだよ」という風俗に行く前のオヤジ的会話な感じなんだが・・・厳しい流れの京都外回りなら、大外からぶっ飛んでくるかもしれんぞ~~~!頼むぜエビショー!

 

相手筆頭はモズカッチャンなんだけどもしかし。一子相伝の「とりあえず逃げ馬馬券術」の伝承者としてはクロコスミアからの馬券も買っておきたいところ。邪道であるが、ケンシロウに鉄砲向ける感じで2刀流で逝こうと思う。ヒモは前に行く馬。人気どころでは武落ちでめちゃくちゃ美味しくなったスマートレイアー。爆穴にエテルナミノル。

 

◯モズカッチャン(5番人気)

▲クロコスミア(9番人気)

△トーセンビクトリー(11番人気)

△ジュールポレール(10番人気)

△スマートレイアー(6番人気)

☆エテルナミノル(14番人気)

 

単勝 ◎ @500円

馬連 ◎流し @100円

馬連 ▲流し @100円

三連単 ◎→◯▲ @100円

 

愛してるぜ!デンコウアンジュ!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
東京3R 5番

■モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

今日の京都5Rにデンコウアンジュの弟、

デンコウスティールがデビュー。

全然人気ないけど・・・単勝買って応援じゃい!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【エリザベス女王杯2017調教チェック】京都芝2200mで行われるGⅠエリザベス女王杯。大混戦が予想されるが、各馬のデキはいかに?GⅠ恒例、浅次郎の調教チェックだぜ!追い切り抜群メイチ馬は?絶好調の馬は?特A評価馬はリスグラシュー、スマートレイアー、ジュールポレール、ルージュバック。調教爆穴にマキシマムドパリ。

 

い、

 

い、

 

一歩が終わる?

 

 

そんなの許さーん!

 

 

■エリザベス女王杯2017枠順

netkeibaより抜粋

 

過去のエリザベス女王杯の傾向を見ると、

内外の枠順の有利不利はほとんどない。

 

しかし京都芝2200のコースを調べると、

比較的内枠有利なのである。

 

京都芝2200mの枠番別成績(過去10年) 

 

ま、大外枠の成績は比較的いいんだけどね。

 

それでもやっぱり、

人気馬が大外枠に入ると

なんかケツがムズムズしてくるよね?

 

さて、ルメールやムーアがどういう騎乗をするのか・・・?

ポジションを取りに行くのか?

あるいは中団の外に構えるのか?

それとも他の選択肢を取るのか・・・?

いや~楽しみであるな。

 

さて、お待ちかねの調教チェックだぜ!

 

■エリザベス女王杯2017調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによる盗撮は犯罪だよジャッジである。巷の評価や貴方の評価と違うこともあると思う。あしからず。なお、調教映像はJRAのホームページでも見ることが出来るぞ!

【調教が良い馬、メイチ仕上げの馬】

トーセンビクトリー
栗東坂路良【52.0-37.6-24.5-12.3】馬なり アッゼニ
馬なりでバランスのいい好時計。前走以上のデキ。

クロコスミア
栗東坂路良【53.6-39.1-25.2-12.5】馬なり 助手
目立った時計ではないが、軽快な動きで素晴らしいデキ。さらに上昇!

リスグラシュー 特A評価
栗東坂路良【51.4-36.8-24.1-12.2 】馬なり 坂井
この馬、毎回素晴らしい調教なんだが、今回の最終追い切りは特に良いね。時計・動きともに文句なしの特A評価。ただ、いつもは「1週前にジョッキーが乗って猛ラップ!」→「最終軽め」ってのがパターンなんだけど・・・今回は逆。この点が気になると言えば気になるな・・・お釣りなしの究極仕上げなのかも。

ミッキークイーン
栗東坂路良【52.0-37.6-24.4-12.1】G強 浜中
ノーザンFしがらきから10/14に帰厩。休み明けの一戦だが・・・2週前、1週前にも好時計を出しており仕上がり万全、力の出せるデキだと思う。

ディアドラ
栗東坂路良【54.0-39.0-25.0-12.2】一杯 助手
最近は速い時計を出さずに結果を出しているのだが・・・一週前に51.9を計時。これをどう判断したらいいのかな?もしかしたら調子が良過ぎるのか?最終もスピード感満点の動き。

スマートレイアー 特A評価
栗東坂路良【52.3-37.8-24.6-12.3】馬なり 助手
完璧。全てにおいて前走より上。最終はちょっと内にヨレるところがあったが、それでも馬なりでこの時計。メイチ仕上げ特A評価

ジュールポレール 特A評価
栗東坂路良【52.6-38.0-24.7-12.3】一杯 助手
三週連続で52秒台。ミッチリと乗り込まれており上昇一途。ムチが入ってからの動きは鬼気迫る感じで非常に不気味。これだけ強い調教が出来るのは体調が良い証拠である。特A評価。

マキシマムドパリ 調教爆穴
栗東坂路良【54.4-39.0-24.8-11.8】強め 藤岡佑
最終は終いだけだったが、一週前の追い切りが圧巻の動きで【51.9-37.6-24.4-12.1】。時計を見比べるとマーメイドSの時にそっくり。。。一変あるぞ~~~~!

ヴィブロス
栗東坂路良【52.0-38.1-25.3-12.9】馬なり ルメール
一週前にCWで好時計を出しており、非常に順調。ただ、最終追い切りで終いが12.9とヌルくなったのが気になると言えば気になる。素軽いフットワークで坂路を真っ直ぐ駆け上がったのは好印象。

ルージュバック 特A評価
南W良【51.2-36.9-12.3】馬なり 助手
ノーザンF天栄から10/19に帰厩。最終併せ馬好時計であるが、この馬はこの程度の時計は軽く出せるので気にしなくていい。それより・・・前走から厩舎での乗り込みを1週早くしており(今までは9割方外厩頼みの仕上げだった)、そのパターンでオールカマーを快勝。今回も同じパターンで順調に乗り込んでおり最終も素晴らしい動きだった。調子いいのは間違いない!

 

いやあ・・・

今回調教がいい馬ばっかり!

 

ココに挙げていない馬の中にも調教良い馬が何頭かいるし、ミッキークイーンディアドラトーセンビクトリーあたりは「特A評価」にしてもおかしくないデキだと思う。

特A評価は4頭。いつも調教抜群のリスグラシューは今回もいいね。良すぎるのが不安なくらい。スマートレイアーは前走京都大賞典時より間違いなくいい。もしかしたらキャリア最高のデキかも?ルージュバックも惚れ惚れするような動き。切りたいけど・・・ムーアだし・・・ぐぬぬ。そしてガチで狙いたいのがジュールポレール。個人的にはこの馬が一番良かったと思う。

調教爆穴にマキシマムドパリ。GⅠでの底力には疑問だが、マーメイドSを勝った時のデキにはあると思うぞ~~~一発警戒。

 

調教後の馬体重もチェックしておこう。

 

■エリザベス女王杯2017調教後の馬体重

気になるのは・・・

・クロコスミア +16kg
・スマートレイアー +12kg
・デンコウアンジュ +12kg
・ハッピーユニバンス +10kg
・リスグラシュー +16kg
・ルージュバック ±0kg(輸送あり)

スマートレイアーは前走時が-6kg。調教内容からみて問題なさそう。クロコスミアは前走も+8kgだったしなあ。この1~2ヶ月で急に馬体が成長するとも思えんし・・・うーむ、どうなんだろう?リスグラシューは今まで大きな馬体の変動はなかった馬だけに・・・当日の馬体重に要注意!ルージュバックは輸送でいくらか減るだろうけど・・・450kgくらいまでなら許容範囲か?デンコウアンジュはヴィクトリアマイル2着時の体重が444kg。ま、また増えとるやんけ!ええのかそれで!

 

いや~しかし、調教見て・・・余計に難しくなったな。

 

どの馬が勝ってもおかしくないし、

どの馬が飛んでもおかしくないぜこれ。

 

ま、日曜までユックリ悩むか。

 

至福の一時だね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「はじめの一歩」急展開! 読者騒然…ついにクライマックスか

スポーツ漫画において「リアリティ」はとても大事である。だから、主人公が怪我をしたり、挫折したり、負けたりすることはあっていいと思う。しかし、それと同時に漫画には「テーマ」があるだろう。はじめの一歩のそれは「努力」だと私は思う。私は・・・鴨川会長のこの名言に、ずっと励まされて、生きて来たのである!

 

 

勘違いしている方も少なからずいると思うが、浅次郎は至って普通のアラフォーオヤジである。何の能力もないし、何の特技もないし、何の資格も持っていない。コネもないし、競馬の関係者でもないし、チンコはソーローである。それでも「努力を続けていれば、きっと見ててくれる毒者がいる!」と思いつつブログを書き綴って来たのである。この鴨川会長の言葉がなかったら・・・途中でヤメていたかもしれない。

いじめられっ子で気弱で不器用で何の取り柄もなかった一歩が、努力に努力に努力を重ねて強者をなぎ倒していく様にチンコを震わせた人は多いと思う。

なのに・・・パンチドランカーで終わりはないよママー。「努力の結果がパンチドランカー」って・・・そりゃないべさジョージ!鴨川会長の言葉を思い出せジョージ!もっとドラマチックに、もっと盛り上げてから、「努力が天才を凌駕する」ところを見せてから終わって欲しい。

私がジョージなら・・・リアリティを求めて鷹村さんを殺・・・に犠牲になってもらうけどな(え?)。伏線は張ってあるし(網膜剥離の疑い有)。あ、いや、犠牲者は宮田くんでもいいな(ぇえ?)。マルチネスと宮田くんを戦わせて宮田くんがその試合で逝ってしまう(一歩vs宮田は幻のまま)・・・その後、一歩vsマルチネスってのはどう?いやあ、どっちでも号泣しちゃうなきっと(涙)。

努力で天才に勝てるかどうかはわからんが、努力は必ず報われる。これは間違いないと思う。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【ファンタジーS2017予想】京都芝1400mで行われる2歳牝馬限定GⅢファンタジーS。今年は本命不在の大混戦!どの馬が勝ってもおかしくないぞ!展開・隊列はどうなる?穴馬は?狙いは逃げ・先行馬の前残り!調教絶好の穴馬トンボイから逝く!相手九州産馬のレグルドール!以下、アルモニカ、コーディエライト、モズスーパーフレア!

 

時間が全然ないので、

 

三こすり半で逝く。

 

 

じゃなかった(笑)、

 

早足で行く。

 

■ファンタジーS2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

今年のファンタジーSは大物牝馬不在。

 

重賞勝ち馬は不在で、

重賞2着馬が1頭、

オープン特別勝ちが3頭のみ。

 

まだ底を見せてない馬も多数おり・・・

大混戦の一戦である。

 

正直言ってサッパリ分からん。

 

本来ケンが正解なんだろうけど、

調教見ると面白い馬が浮かんでくるんだよねー。

 

展開見てみるか。

 

■ファンタジーS2017展開予想

逃げ候補は
トンボイ
コーディエライト
レグルドール

先行勢は
モズスーパーフレア
アルモニカ
ペイシャルアス
アーデルワイゼ

差し勢は
ベルーガ
アマルフィコースト
ダイシンステルラ

追い込み勢は
スズカフェラリー
ボウルズ
スノーガーデン

2歳戦だけに不確定要素が多く、全く違った隊列になるかもしれんが、おそらくスタートの良いトンボイ、二の脚が速いコーディエライトあたりがハナ候補だと思う。そうするとある程度締まった流れになるのではないかと思うわけだが、

 

それでも前を狙う。

 

狙いは「逃げ・先行馬」。

 

どうせ分からんし、

 

大穴狙いの三こすり半で逝く!

 

■ファンタジーS2017予想

 

トンボイ(11番人気)

ふぁっ?と思った毒者多数だと思うが、前走はなかなかセンスのいい競馬をしてるんだよね。4番の青い帽子に注目。

スタート良く、スッとハナに立って先頭。新馬戦らしくドスローの流れになったが、折り合いも問題なく、直線突き放して最後は流す圧勝。相手が弱かったのはあるが、新馬戦の内容としてはセンス抜群である。もちろん、ファンタジーSの舞台で勝ち負けするにはココから上積みが必要なんだが、調教がこれまた絶好なんよねー。全然人気ないが、このメンバーなら一発あるかもよ?

 

レグルドール(10番人気)

▲アルモニカ(1番人気)

△コーディエライト(4番人気)

△モズスーパーフレア(6番人気)

 

馬連 BOX @100円

三連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!トンボイ!

 

 

【おまけ】金曜無料情報

今日は堅チクビ馬無しやな。珍し。

 

【京王杯2歳S】

明日はちょっと予想を公開出来そうにない・・・

◎ピースユニヴァース

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【エリザベス女王杯2017予想オッズ】京都芝2200mで行われる女王決定戦GⅠエリザベス女王杯。勝つのは古馬?3歳?オッズはどうなる?1番人気はミッキークイーン?ヴィブロス?ルージュバック?それともスマートレイアー?騎手の乗り替わりにも注目。穴馬候補はクロコスミア、クイーンズリング、爆穴にデンコウアンジュ。

 

牝馬の中距離女王決定戦が、

エリザベス女王杯であることは疑いない。

 

しかし、2200m以上の牝馬限定重賞は

このレースとオークスだけ。

 

なにゆえJRAが2200m以上の牝馬限定重賞を作らないのか謎である。

1600m戦や1800m戦は数え切れないほど沢山あるのにねえ。

(2000m戦もちょっとしかない)

 

せめてステップレースである府中牝馬Sは

東京2000東京2400にするべきだと思うけどな~。

(中距離型の牝馬は京都大賞典やオールカマーに出ざるを得ない)

 

ま、いいや。

 

エリザベス女王杯の登録馬見てみよう。

 

■エリザベス女王杯2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ドバイターフを勝ったヴィブロス

そのヴィブロスを府中牝馬Sで負かしたクロコスミア

オールカマーを勝ったルージュバック

京都大賞典で一線級牡馬をナデ斬りにしたスマートレイアー

去年の当レース勝ち馬クイーンズリング

そしてこの馬が一番人気か?宝塚記念3着のミッキークイーン

 

それから・・・3歳からも有力馬が参戦!

秋華賞勝ち馬ディアドラ

秋華賞2着のリスグラシュー

オークス2着のモズカッチャン

 

これにソウルスターリングがいれば

まさに牝馬オールスターだったけどな~。

 

しかしこれ、

人気はどうなるんだ?

 

鞍上によってもかなり変わってくるなこれ。

 

以下は浅次郎の予想オッズ。

 

エリザベス女王杯2017予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1番人気 ミッキークイーン 4.5倍
2番人気 ヴィブロス 4.9倍
3番人気 ルージュバック 5.6倍
4番人気 スマートレイアー 7.2倍
5番人気 ディアドラ 9.3倍
6番人気 リスグラシュー 12.3倍
7番人気 モズカッチャン 13.7倍
8番人気 クロコスミア 20.4倍
9番人気 クイーンズリング 26.0倍
10番人気 トーセンビクトリー 28.9倍
11番人気 デンコウアンジュ 43.1倍
12番人気 クインズミラーグロ 58.3倍
13番人気 マキシマムドパリ 62.2倍
14番人気 ジュールポレール 77.8倍
15番人気 ウキヨノカゼ 92.3倍
16番人気 タッチングスピーチ 93.5倍
17番人気 エテルナミノル 110.3倍
18番人気 プリメラアスール 150.6

※管理人浅次郎の独断と偏見による予想である。

 

1番人気はミッキークイーンを予想。やはりマイルより2000m以上の中距離が合う。オークス・秋華賞の勝ち鞍はもちろん、前走の宝塚記念3着は地力があったればこそ。牡馬一線級とも互角にやれる馬で、順調なら突き抜けていい存在。ただし今回は4ヶ月の休み明け+脚元に若干の不安があるようだが・・・競馬メディアの報道次第で人気落ちるかも。

2番人気はヴィブロスを予想。前走は逃げたクロコスミアを捉えきれなかったが、この馬は元々叩き良化型であり、秋華賞の時もドバイターフの時も叩き2戦目で一変したよねー。成長力のある一族でこれからさらに強くなるかもしれん。鞍上ルメールみたいだし、人気になるのは確実。

3番人気はルージュバック。まだGⅠ未勝利なのが不思議な実力馬だが、去年の秋は秋点→ジャパンカップのローテでエリ女には出てないし、マイルはちょっと短いしね。牡馬混同の重賞を3勝しており、牝馬同士なら明らかに実力上位。前走オールカマーで負かしたのはGⅠ上位常連のステファノス。鞍上はなんと・・・ライアン・ムーアらしい。もしかしたらこの馬が1番人気になるかもしれん。

4番人気はスマートレイアーか。この馬もGⅠ未勝利なのが不思議な実力馬。もう7歳であるが、まるで全盛期のような活躍ぶりである。前走の京都大賞典ではシュヴァルグラン、トーセンバジルといった牡馬一線級相手に快勝。春にも京都記念でサトノクラウンの2着があるように、今のこの馬にとって京都の中距離はベストの舞台なんだと思う。鞍上は武豊。京都中長距離の鬼。まとめて負かす力あるぞ。

5番人気にやっとディアドラ。いや、もっと上位人気になる可能性もあるんだが、鞍上がルメールから岩田に戻るみたいなんだよね。それで大幅マイナスってことはないだろうけどやっぱり人気は落ちるだろう。しかし、このレース、秋華賞馬は結構強いからね~油断ならんぞ。

 

以下、リスグラシュー(武豊→福永?)、モズカッチャン(Mデムーロ)、クロコスミア(岩田→和田)、クイーンズリング(Mデムーロ→Cデムーロ)・・・あたりが続くと思うがこの辺もゴッチャだね。モズカッチャン・クイーンズリングはデムーロ兄弟人気でもうちょい人気になるかも。クロコスミアは府中牝馬勝ち馬なのに伏兵扱いだろうね~(買いだがや)。

 

いやしかし、

 

目移りするメンバーだねえ。

 

 

(あるある。笑)

 

浅次郎は、時々ふと思うのである。

 

女性が短いスカートを履いたり、

オッパイを強調した服装をしたり、

とても可愛らしい格好をしたりするのは、

 

男性に目移りさせるため(見てもらいたい)・・・

ではなかろうか?

 

あ、いや、そのことを否定しているのではなく、

むしろ歓迎しているのであるが(笑)、

 

だとすればそれは「見てあげるのが礼儀」であり、

「エロい目で見んなキモい!」

と言われたり思われたりする筋合いはないと思うのである。

 

まあ、キモいと思われようと、

自動追尾スケベ眼でどこまでも追いかけるんだけどね。

(そして、キモい目で見んな光線が来そうになると、サッと目を逸らす。笑)

 

ちなみに、

 

 

というデータがあるんだが、

60代のエロ願望すごいね。

むしろ若い世代の方が目移りしないナリよ。

 

つか、こんなデータ信用ならんけどな。

女性のことは分からんが、

男はどの世代も90%以上だと思うわ。

 

穴馬候補を挙げておこう。

 

まず、上でも挙げたクロコスミアである。昨年のローズSでシンハライトとハナ差の接戦をした馬。前走は決してフロックではない。そして血統からも中距離への距離延長はドントコイだし、なによりその「脚質」が怖いわな。一貫したペースで逃げられたら・・・ネットリと粘っちゃうかもしれないよ?

それから、今回人気急落するであろうクイーンズリング。格下相手にコロッと負けたかと思えば、大舞台で大激走する・・・みたいなタイプ。ヴィクトリアマイルも府中牝馬も僅差の負けであり悲観する内容ではない。昨年勝ったこの舞台でいきなり大激走しても何の不思議もないぞ?デムーロ弟怖いし。

そして、爆穴にデンコウアンジュ。「浅次郎さん、デンコウアンジュに京都2200は長いよ。それにこの馬が走るのは東京でしょ?」という声が聞こえてくるが、私はこの馬は中距離でもやれると思っている。その根拠はオークス。覚えてる方もいると思うが、この時シンハライトの斜行により大きな不利を受けたのがこの馬だった。不利がなければ十分掲示板・・・いや3着争い出来たと思う。そして成長した今なら・・・?この馬もいつ走るかは分からんが、走る時は爆走する馬。ヒモに一考。

 

しかしどの馬から入っても良さそうね。

 

オッズも相当割れると思う。

 

もしかしたら・・・

この秋で一番面白いGⅠかもしれんぞ?

 

楽しみやね~~~!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

鵬翔高サッカー部員、複数が飲酒や喫煙 女性教員も同席

酒は良くても、タバコはダメやろ!・・・・え?酒もダメ?・・・私が高校生の時は結構寛容だったけどなあ・・・。しかし、先生の前でタバコ吸う生徒ってのもスゴイよな(妙な話だけど、信頼関係がないと出来ないよね)。しかもヤンキーならまだしも強豪サッカー部でなんてね。でも若気のいたりってのはよくある話で、そういえばダルビッシュも高校生の時に喫煙が見つかったことあるよな。私も吸ってたけど(今は吸ってないけど)・・・あれ?今は自販機でもコンビニでも高校生はタバコ買えないよな?どうやって買うんだ?

しかし、こういうニュースを全国紙で掲載する必要があるのかね?学校や先生を叩いて問題にしたいんだろうけど・・・酒やタバコはバレたら停学。それでいいんじゃないの?若気の至りは誰にでもある話で(ダルビッシュが言ってたように完璧な人間などいない)、青少年は清く正しくあるべきだ!と言って未来を奪っちゃならんと思うけどな(タバコは悪だが、タバコを吸ってる人は悪ではない)。この先生を責める気持ちは分からんでもないが・・・先生の気持ちも分かるなあ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【アルテミスS2017予想】東京芝1600mで行われる2歳牝馬GⅢアルテミスS。今日の東京は雨。スピードとともに重馬場適性が問われる一戦となった。各馬の道悪適正は?展開・隊列はどうなる?狙いは調教抜群評価のラテュロス!単勝。ヒモにトロワゼトワル、スカーレットカラー、シスターフラッグ、爆穴にハイヒール。

 

昼の時点で、

東京はまだ降っていないようだが、

 

 

天気予報では「曇のち雨」。

降水確率は90%。

 

ギリギリもつかもしれんし、

雨量にもよるが、

そこまで悪い馬場にはならんかもしれんな。

 

稍重くらいか?

雨量によっては重までなっちゃうかも?

 

■アルテミスS2017土曜朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

うげえ・・・!

 

狙っていた馬が人気になっとるがな!

 

netkeibaの予想オッズでは中穴だったんだけどな~。

 

ま、こんだけ調教良ければしゃーないか。

 

先に重馬場適性見よう。

 

■アルテミスS2017重馬場適性。

とはいえ・・・キャリアが浅い2歳馬であるゆえ、戦績からはほとんど判断出来ない。だから、以下は血統面の評価である。あしからず。

【重馬場が得意そうな馬】

ハイヒール
重馬場での勝鞍がある唯一の馬。父は産駒数が少なく適正良く分からんのだが、母父エルコンドルパサーにはサドラーズウェルズの血が入っており、重馬場は得意そうやね。

ラテュロス
母父タッチゴールドは道悪は鬼のデピュティミニスター系。この系統とディープインパクトは有名なニックスであり、フレンチデピュティやクロフネとの配合はとても多いよね。この配合は道悪もこなす産駒が多い。この馬がどうかは分からんけど。

ウラヌスチャーム
父ルーラーシップは道悪の鬼であったが、産駒のキセキが極悪馬場の菊花賞を勝った通り、産駒も道悪は得意なのかもしれんな。

スカーレットカラー
ヴィクトワールピサはパワー系SSネオユニヴァースの系統。切れる馬も出すがどっちかといえばパワー系ぽい。道悪はこなしそう。

シスターフラッグ
父はルーラーシップ。母系はゴールドシップの近親だから・・・道悪は鬼かもしれない。すでに洋芝実績あるしなあ。

ラッキーライラック
父オルフェーヴルは道悪の鬼であったな。そんで母系もパワー系アメリカ血統。道悪は大歓迎かも?

現時点で道悪が得意と言い切れるのはハイヒールとシスターフラッグくらいかな。しかし、ハイヒールはなんでこんなに人気ないんだ?調教も良さそうだし、兄弟走ってるし、私の感覚では5~6番人気でも良さそうだけどなあ。

 

展開見てみるべ。

 

■アルテミスS2017展開予想

逃げ候補は
サヤカチャン
トロワゼトワル
シンデレラメイク

先行勢は
ハイヒール
ラテュロス
タイドオーバー
グランドピルエット
ラッキーライラック

差し勢は
ダノングレース
スカーレットカラー
シスターフラッグ
パッセ

追い込み勢は
ミスマンマミーア
ウラヌスチャーム
トーセンブレス

一応列べてみたが、キャリアの浅い2歳戦だけにかなり不確定だけんな。特に1戦1勝馬なんてのは2戦目で行きっぷりが変わるケースも多いし。緒戦は出遅れちゃう馬もいるしな。

ただ、人気になりそうな馬は後ろからになりそうで・・・良馬場ならともかく、重馬場になったら後ろから来れるかどうか?ペースにもよるし・・・

 

まあ2歳戦は難しいわな。

 

さてと。

 

もう単純に好きな娘で逝こう。

 

じゃなかった(笑)、

 

狙っていた馬で逝こう。

 

■アルテミスS2017予想

 

ラテュロス(4番人気)

前走の未勝利戦はスローからの瞬発力勝負で、時計的にもあまり評価が高くないようだが、好位で折り合って正味ラスト200mだけの競馬。スパッと切れて見た目以上の圧勝であった。センス・瞬発力共に申し分なく、調教を見れば古馬も真っ青の内容。イマイチ人気になってない今回が狙い目だと考える。単勝勝負。

 

△トロワゼトワル(6番人気)

△スカーレットカラー(10番人気)

△シスターフラッグ(8番人気)

△ハイヒール(12番人気)

 

単勝 ◎ @3000円

三連単 ◎→△→△ @100円

 

頑張れ!ラテュロス!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

キタサン引退までのカウントダウン。雨模様の天皇賞・秋、状態は?

明日の馬場はどうなるかな~。キタサンブラックが強いのは百も承知だが、道悪歓迎の口じゃないのは確かだよね~。荒れるかもよ~。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内