【常穴馬券術】【とにかく上がり最速馬券術】競馬は「上がり3F最速馬(上がり3F一位の馬)」を買うだけで勝てる!勝率・連対率・複勝率は驚異の成績!しかし難しいのは「上がり3F最速馬」を見つけること。その方法は「前走~3走前で上がり1~3位の馬をチェックする」「コース・馬場・距離で速い上がりが使えるかチェックする」である。

 

先日、

 

「逃げ馬を買えば競馬は勝てる」

 

という馬券コラムを書いたのだが、

逃げ馬を買えば競馬は勝てる。前走の逃げ馬は?

 

もう一つ競馬で勝つための

シンプルかつ効果的な馬券術をお伝えしよう。

 

それは、

 

「とにかく上がり最速馬券術!」

 

である。

 

は?

 

浅次郎がまたなんか言ってるぞ?

 

と思った毒者諸兄も大勢いるかと思うが、

 

その名の通り、

 

「上がり最速馬を買え!」

 

っていう単純シコシコな馬券術である。

 

先日話した、

 

「とりあえず逃げ馬を買え!」

 

とは相反する話であるが、

 

逆もまた真なり。

 

というのがこの世の常。

 

 

貧乳美少女か?

 

 

妙齢の巨乳チョイブサか?

 

これは・・・意見が別れるのと同じで、

(それは違う話だろ!)

 

逃げ馬を狙うのも、

上がり最速馬を狙うのも、

 

どちらも正解なのである。

 

ちょっくらデータで確認してみよう。

 

■上がり最速馬の成績(2008~2017年)

これはここ10年(2008年~2017年)の、芝レースにおける「上がり3F1位の馬」の成績である。

 

勝率 28.7%
連対率 47.1%
複勝率 60.6%
単勝回収率 262%
複勝回収率 203%

 

すんげえ成績である。

 

もしかしたら、

 

「上がり最速馬券術」に対して

 

「それはちょっと単純過ぎじゃね?」

 

と思った方もいると思うが、

 

この数字を見たら

 

「うっ!ゴメン!」

 

 

となったであろう。

 

「上がり3F一位の馬」を単勝でベタ買いするだけで、

 

大儲け出来るのである。

 

だけんどもしかし!

 

これはレースが終わった後で出した結果論であり、

 

問題は・・・

 

「上がり最速の馬」をどうやって見つけるか?

 

なのである。コースや馬場や枠順や展開やペースや斤量や体調やジョッキーによって条件は変わるのであり、条件が変われば使える脚も変わるのであり、予想の段階で上がり一位の馬を当てるのは容易ではない。

 

これは「逃げ馬を当てる」のと全く同じ理屈であるな。

 

容易ではないが、見つける方法はあるぞ。

 

そう、速い上がりが使える馬ってのは、

要は「瞬発力が高い馬」であり、

それはデータからある程度導き出せるのだ。

 

まずこちらを見ていただきたい。

 

■上がり最速馬の「前走の脚質」と「前走の上がり順位」

 

まず、脚質を見よう。上がり最速馬が「前走・逃げ」のケース・・・これは新馬戦や未勝利戦などでよく見られる・・・能力の違いで逃げてしまったケース、あるいは引っ掛かって逃げてしまったケースだろう。これを除外すれば、上がり最速馬の前走の脚質は「先行」or「差し」or「追い込み」。その中でブッチギリで成績が良いのは「前走・先行」である。これはかなり意外であるな。

そして「前走・追い込み」はかなり成績が落ちることが分かる(各数値が20%くらい落ちる)。つまり「鋭い瞬発力があっても前走が後方から」だとかなり減点していい。しかし配当が跳ね上がるのでココを敢えて狙うのもアリ。

 

そんで、大事なのが前走の上がり順位。ご覧の通り、「上がり3F一位馬」は前走でも「上がり3Fで1~3位」であるケースが大半なのだ。つまり、「上がり最速馬」を探す時にまずチェックせねばならんのが「前走の上がり1~3位」ってこと。しかし・・・勝率や連対率で言えば上がり1位も2位も3位も4~5位はそう変わらん。人気を考えると、前走の上がり3~5位くらいが最も美味しくなるのかもしれないな。

 

ごちゃごちゃと書いたが、

 

・「前走の上がり1~3位」を狙え!

 

ってこと。出来れば脚質は「先行」がいいんだが、「差し」でもオッケー。「追い込み」は割引。

 

ただし、前走で上がりが速い馬・・・特に「前走上がり1位の馬」というのは簡単に見つけられるため「人気になりやすい」という欠点がある。なので、前々走、前々々走を併せて調べることが肝要であり(出来ればもっと前の成績も)、その中から「美味しいパターン」の馬を見つけ出すのがこの馬券術のキモである。

 

■「とにかく上がり最速馬券術」の美味しいパターン

・前走上がり上位なのに、着順が下位。

・前走上がり上位だけど、格下。

・前走上がり上位だけど、道悪での数字。

・前走上がり上位だけど、時計が遅い。

・前走上がり上位だけど、距離不安有り。

・前走上がり上位だけど、休み明け。

・前走上がり上位だけど、ジョッキーレベルダウン。

 

こういう時はガクンと人気が落ちる傾向にあるわけで、「鋭い末脚を持っているのに人気薄」というパターンはそれだけで激アツなのである。そういうお宝エロ本をamazonで見つけたら積極的に買っておいた方がいいぞ(あとで値が上がるかもよ)。

 

で、「美味しい上がり最速馬候補」をピックアップしたら、

 

コース適性(そのコースで速い上がりを出したことがあるか?)

距離適正(その距離で速い上がりを出したことがあるか?)

馬場適正(その馬場で速い上がりを出したことがあるか?)

 

を馬毎に調べ、枠順・展開面・調教などを考慮し、

プラス・マイナスをしていけばいいだろう。

この作業で思わぬ穴馬が浮かび上がってくるかもしれんぞ。

 

ただし・・・

 

この作業は非常に面倒である(笑)。

 

私の場合、

 

面倒過ぎて、

 

調べている途中に、

 

 

かわいい甲子園チアガールを探す旅に出てしまうのであるが、

可愛すぎて15回くらい繰り返し見てしまった。

 

TARGETを使うと結構簡単に分かってしまうので、

 

※カスタマイズすれば、前1~3走の上がり3F順位を一覧表示させることが出来る。ちなみに、ラジオNIKKEI杯は前走上がり2位のセダブリランテス(当レース上がり2位)とウインガナドル(同上がり3位)での決着。3着は、前々走福島1800で上がり1位だったロードリベラル(同上がり1位)だった。「追い込んで上がり上位」の馬も要注意だが、ウインガナドルのように「逃げ・先行馬の上がり上位馬」も要注意であるな。

 

気が向いたら

 

またボヨヨンなオッパイをブログに載せようかな?

 

 

と思っている。

 

じゃなかった(笑)、

 

【上がり最速馬候補】を記事に挙げようかな?

 

なんて思ったりしている。

 

気が向いたらね。

 

がおー!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

<九州豪雨>2人死亡、安否不明17人 福岡・大分

我が家は熊本なのだが、深夜~早朝の豪雨は凄まじかった。北斗百裂雨とでも言えば少しはその激しさが分かるであろうか?今のところ熊本に大きい被害はないようだが(小さい被害は沢山出ているようだが)、福岡~大分では甚大な被害が出ている模様。これ以上被害が広がらなければいいのだが・・・。

 

 

【常穴馬券術】【とりあえず逃げ馬馬券術】競馬は逃げ馬を買うだけで勝てる!じゃあ、前走の逃げ馬を買えばいいんじゃないの?最新(2017年)の逃げ馬データ!逃げ馬の勝率、連対率、複勝率は?的中率、回収率はどうなの?逃げ馬を見つける為に必要なことは「隊列」を書き出して逃げ馬候補を絞り、その中から強引に予想すること!

 

今日は重賞がないので馬コラム。

チンコのポジションを直しながらジャンプの立ち読みする感じで、

読んで行って貰えると嬉しい。

 

「逃げ馬の単勝を買い続ければ、競馬は勝てる」

 

きっとあなたもどこかで聞いたことがあると思うが、

これは間違いない事実である。

 

私も、かなり以前に

とりあえず逃げ馬馬券術」という記事を書いたことがあるが、

最近のデータはどうなんだろうねー?

 

TARGETを導入したので早速最新のデータを調べて見たぞ!

 

■2015年~2017年の4角1番手の馬の成績(芝レース)

 

まず、「逃げ馬」を「4角1番手の馬」と定義する。もちろんこれには「マクリ馬」や「4角までにポジションを上げた馬」も含まれるわけだが・・・これらを除いて分析するのは難しいのでここではそう定義させて頂く。

 

4角1番手の馬の成績は・・・

 

勝率 17.1%

連対率 29.4%

複勝率 39.2%

単勝回収率 226%

複勝回収率 157%

単勝適正回収値 155.4%

 

もう出会った頃の桃白白ばりに圧倒的であるな。

 

 

「貴様など手も脚も使わず、ベロだけで倒して見せよう」

 

という言葉に、

 

ど、どうやって倒すんだ!

 

◯◯するんか!と思ったことを覚えているが(笑)、

 

これらの数字は、

 

「逃げ馬を買えば勝てる」

 

という言葉の裏付けとして十分過ぎる数字であろう。

 

特に、逃げ馬の複勝率が39.4%もあるのに驚いてしまうな!

人気に関係なく・・・

約4割の逃げ馬が馬券に絡むのだ。

 

ちなみに、「7番手以内」まで回収率が100%を超えているが、これは「7番手の馬が100%を超える」という意味ではない。「1番手の馬の数字込み」だからこういう数字になるのだ。これは4角2~5番手の数字を見れば明らかで・・・

 

 

2番手の馬は回収率106%。

3番手の馬は回収率88%。

2~5番手は回収率89%。

 

つまり、回収率が100%を超えるのは1~2番手の馬であり、

3番手以下の馬は大幅に回収率が落ちるのである。

 

さらに言えば、このデータは「芝レース」に限るので、

「ダート」だとさらに逃げ馬の信頼度は上がるぞ。

 

というわけで、

 

逃げ馬を買えば勝てる!

 

これは間違いのない事実であるが、

 

問題は・・・

 

逃げ馬をどうやって見つけるか?

 

なのである。

 

これが出来れば無敗の競馬術なのであるが、

現実的にはとても難しいのである。

 

「浅次郎さん!前走で逃げた馬を買えばいいのでは?」

 

うむ。私も最初はそう思った。

 

だけんどもしかし・・・

 

これは「前走の4コーナーの番手ごと成績」の成績である。

 

 

ご覧の通り、

前走4角1番手の馬は・・・

勝率も連対率も回収率も平凡パンチな数字。

 

これ、オヤジの部屋にあったなあ・・・(笑)。

 

2番手の数字が若干良いのは面白いが、

5番手以内の数字はほとんど変わらない。

 

つまり、

 

「前走逃げたから今回も逃げるだろ!」

 

って感じで馬券を買い続けると・・・

 

 

という自爆馬券になってしまうのだ。

 

そもそも「前走逃げた馬」ってのは複数いることが多いわけで、

当然枠順によっても変わるわけで、

相手関係やコースや体調や騎手にもよるわけで、

 

「前走のデータ」から逃げ馬を抽出するのは非常に難しいのである。

 

結論。

・逃げ馬を買えば、馬券は勝てる。

・逃げ馬を見つけるのは難しい。

 

おわり。

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

え?

 

おわり?

 

逃げ馬を見つける方法は?

 

う、うるさい!

もうブログ記事などどうでもよいわ!うははっ!

 

 

と私が桃白白なら言えるのだが、

残念ながら私は桃白白ではなく、

意外と真摯で真面目なブロガーなのである(笑)。

 

ヒントだけ書いておく。

 

それは、

 

「予想隊列」を一覧にして書き出すのである。

 

私が毎度予想の時にやっているヤツだ。

こういうヤツね。→宝塚記念2017展開・隊列予想より抜粋

 

逃げ候補は
キタサンブラック

先行勢は
ゴールドアクター
シュヴァルグラン

差し勢は
クラリティシチー
サトノクラウン
シャケトラ
ミッキークイーン
ミッキーロケット
レインボーライン

追い込み勢は
スピリッツミノル
ヒットザターゲット

 

これをやると、そのレースで逃げる可能性がある馬が1~4頭浮かび上がってくる。そこまで逃げ馬候補を絞ったら、「枠」「騎手」「コース」「馬場」などを参考にしながら「逃げるのはこの馬だろ!」と強引に予想するのだ。そしてその馬は・・・どんなに人気薄であろうと「馬券に入れる」ことをオススメする。なんせ・・・逃げ馬は39.2%の確率で馬券に絡むのだから。

 

もちろん、これをやったからといって「どの馬が逃げるのか?」を完璧に予想することなど出来ない(これが出来たら億万長者である)。しかし、他に方法がない以上、地道に「逃げ馬はどの馬か?」を予想することが大事だと思う。

 

「浅次郎さん!ってことは・・・単騎逃げが予想されるキタサンブラックはかなりの確率で馬券に絡みますね?」

 

そ、そういうことになるな・・・

 

やっぱりヒモには入れておくか・・・(笑)。

 

 

 

【おまけ】天才馬券師Zの無料土曜情報

・的中率重視の堅チクビ馬

東京1R 7番(1番人気2着)
東京6R 9番(1番人気8着)

・回収率重視のモッコリケツ馬

函館2R 4番(10番人気9着)
函館7R 10番(7番人気5着)
函館10R 3番(12番人気5着)

東京2R 16番(10番人気7着)
東京4R 10番(9番人気15着)
東京9R 7番(4番人気4着)
東京10R 1番(8番人気2着)

阪神6R 15番(9番人気8着)

※堅チクビ馬は、軸馬に使う・・・というよりも「ヒモに入れて押さえる」、あるいは「2着固定」「3着固定」、あるいは「そのレースはケン」といった使い方がオススメ。約80%の確率で馬券になる・・・らしい。

今回モッコリ馬で馬券になったのは東京10Rのみであったが、モッコリ馬は「穴サイド」なんで・・・狙いは大万馬券である。その時が来るのを静かに待つ。

 

【競馬コラム】2017年のリーディングジョッキー予想!2016年はルメール・デムーロを押さえて戸崎が1位!勝率・連対率・複勝率が高いのは?また、単勝回収率が高いジョッキーは?穴党が重視するべきは人気と着順の「穴指数」。しかし計算めんどいので挫折(笑)。

 

今日は中京の代替競馬があるが、

馬券を買うのはグッと我慢して「穴騎手」の話をしようと思う。

 

2016年のリーディングジョッキーはこんな感じであった。

 

■2016年リーディングジョッキー

netkeibaより抜粋

 

1位はルメールと1勝差で戸崎圭太。2014年から3年連続のリーディングジョッキー。昨年のリーディングジョッキー2016予想で「8.4倍」の3番人気にしていたが、大変失礼こきまろであった。勝率、連対率、複勝率ともにルメールに次ぐ数字で文句なし。勝鞍の187勝ってのがまた凄まじいな(例年のリーディング争いは130勝くらいである)。なんともスゴイのはその騎乗数。ダントツの969レースに騎乗しているのだ(一日あたり9~10レースをコンスタントに乗っているわけ)。その鉄人ぶりもスゴイが、それだけ騎乗馬が集まるってのもスゴイ。ダートでの騎乗数が多いのが他の上位騎手と違うところやな。

 

2位は数字最強のルメール。その勝率は唯一の2割台で.237!連対率も戸崎に大差の.375!複勝率に至っては5割超えの.503である。2回に一回は馬券になるわけであるからして「ルメールの名前を見たらとりあえず馬券に入れとけ」ってレベルである。浅次郎予想では、2017年のリーディングジョッキー大本命である。

 

3位は川田将雅。ミルコを押さえてのもの。よく頑張ったな!2016年はマカヒキを駆ってダービージョッキーになったし・・・今年は虎視眈々とリーディングジョッキーを狙っているだろうと思う。ただ、戸崎とルメールの牙城を崩せるか?運も必要か?

 

4位はミルコ・デムーロ。意外と勝ち星が伸びなかった2016年。いや、上位2人の勝ち星が異常過ぎたか?大舞台での勝負強さは相変わらずだが、さて2017年はどうかな?リーディングジョッキー本命候補の一人。

 

5位は福永祐一。怪我での戦線離脱があったにもかかわらずこの結果は立派。2017年は是非リーディングを狙ってほしい。

 

この上位5人が「重賞で10勝以上」挙げているジョッキー。重賞しか買わないような私のような馬券オヤジは頭に入れておいた方がいい。

 

彼らには勝てる馬が回ってくる!

騎乗馬が上位騎手に集中している!

 

ということなのだ。

 

で、

 

2017年のリーディングジョッキー予想だが、

 

■2017年リーディングジョッキー予想

ルメール 2.5倍
戸崎圭太 2.9倍
ミルコ・デムーロ 4.3倍
福永祐一 6.4倍
川田将雅 8.5倍

正直、今年もこの5人の争いだと思う。例年であれば、130勝がボーダーライン。デムーロ、川田も十分候補であるが・・・やはり本命はルメールか。もしくは騎乗数の多い戸崎。福永は怪我さえなければ十分争えると思う。

しかしジョッキーは命がけの商売である。常に落馬の危険を伴っているのであり、大怪我を負えば長期離脱になりかねず・・・どのジョッキーも絶対的な本命にはなり得ない。でも、やっぱりルメールか戸崎かな・・・。あなたの予想はどう?

 

で、

 

去年の夏に出した宿題を片付けようと思う。

 

その時の宿題がこれだ!

 

「穴指数1.0以下の騎手は後日」

 

その時の記事はこちら→データから見る過剰人気騎手はルメール、デムーロ!

 

こんなこと書かなきゃ良かったと後悔しつつ、

 

 

膨大なデータをエクセルに落としてチェックしていたのであるが、

 

途中で挫折(笑)。

 

無責任なことを言えるのが無料競馬予想の醍醐味であるが、

出来もしない約束はするもんじゃないな。

 

結論としては・・・

 

リーディング上位で、

穴指数(着順総数/人気総数)が1.0を割る騎手など・・・

存在しないのである。

 

(みんな調べたわけじゃないけど)

(リーディング上位の騎手はそれだけで人気になりやすい)

 

単勝回収率が驚異の119%だった田辺でも1.07。

121%だった松若風馬でも1.09である。

 

1.0を割る騎手ってのは大概リーディング30位以下。

しかし・・・これらの騎手が重賞に騎乗する機会はとても少ない。

 

だから、主に重賞の馬券しか買わない私のような馬券オヤジにとって、

1.0を割る騎手を探してもあまり意味がないのである。

 

1.0を割るような騎手は重賞に騎乗しないのだから。

 

話をすり替えて、

 

2016年に単勝回収率が100%以上だった騎手を挙げておこう。

 

■2016年単勝回収率が100%以上だった騎手(60位以内)

・田辺裕信(7位) 119%
・松若風馬(21位) 121%
・北村友一(22位) 118%
・丸山元気(29位) 108%
・加藤祥太(35位) 115%
・松田大作(37位) 104%
・丸田恭介(40位) 118%
・中谷雄太(42位) 142%
・秋山真一郎(44位) 128%
・古川吉洋(46位) 147%
・黛弘人(49位) 112%
・荻野極(52位) 168%
・ベリー(57位) 174%
・モレイラ(58位) 107%
・義英真(60位) 123%

これらのジョッキーが「穴騎手」である。

穴騎手筆頭の田辺は2016年も着実に勝ち星を伸ばしてランキング7位まで上昇。すでに本命党にも「田辺は買い」という認識が広まっており、最近は人気馬に乗るのも増えてきた。もしかしたら今年はトップ5に入るかもしれんが・・・個人的には穴騎手のままでいて欲しい(笑)。

松若、北村、丸山、松田、丸田、中谷、秋山、古川あたりにも注意するとして・・・注目株は加藤祥太である。

 

 

まだ中学生じゃね?というベビーフェイスの3年目の若手だが、成績を見ると穴馬をズンドコ馬券圏内に持ってきておる。まだ重賞で騎乗することは滅多にないが、今年あたり飛躍するかもしれんぞ。

 

さて、

 

今年も「常穴馬券術」で大穴狙いで逝くんだが、

 

こうもリーディング上位に有力馬が集まると辛いな。

 

勝負の世界ゆえに仕方ないといえば仕方ないが、義理も人情もかなぐり捨ててルメールやデムーロや外人ジョッキーを乗せようとする風潮はどうにかならんものかと密かに思っている。

 

今年も、

 

出来る限り、

 

ルメールデムーロ戸崎

蹴っ飛ばして行こうと思う(笑)。

 

こやつら3人はどんな馬に乗っても過剰人気になるけんな。

 

今年も競馬を楽しんで逝くぜ!

 

 

 

【リーディングジョッキー】騎手で馬券を買う!もしくは予想するのに騎手のウェイトが大きい!という方は沢山いるだろう。管理人はさほど重視していないが、実は穴を狙う場合に買わない方がいい騎手がいる!それは・・・驚異の複勝率.500超えのルメール!それから超過剰人気になってるデムーロ!

 

昨日、6歳の息子の頭を

バリバリとバリカンで丸刈りにしたのであるが、

 

トモくん

 

毎度のことながら、奥様はしかめっ面である。

 

確かに、今時丸刈りの子供はおらんけどな(笑)。

 

子供が色気づくまでは、

男の子は坊主でいいと思っているのだ・・・

 

さて、

今日はちょっと騎手のケツについて考察してみる。

 

騎手のケツ

 

現在のリーディングジョッキーはこんな感じ。

 

■リーディングジョッキー2016年7月2日時点

リーディングジョッキー2016年7月時点

netkeibaより抜粋

 

現在、ルメール・デムーロをおさえ、

 

戸崎が1位!

 

いやー立派立派!

 

2016年はルメール・デムーロの独壇場になるかと思ってたがな!

勝率、連対率、複勝率もルメールに次ぐ数字で文句なし。

今年はこの3人のリーディング争いになる?

川田はそこに割って入れるか?

 

内田、岩田あたりも頑張ってるが、勝ち星はダートに寄ってるな。

 

さて、

 

色々と書きたいことはあるが、

今日の主題は「穴馬券派が買うと損する騎手」である。

 

また、訳の分からんことを・・・

と思って鼻くそホジッてるそこの君ィィィ!

 

この数字を見ると驚くと思うぞ!

 

人気と着順の数字である。

 

まず、現時点でリーディング1位の戸崎。

これまで502回に騎乗し、

人気の合計が1935。そして着順の合計が・・・2790である。

着順/人気は1.44。この数字はもちろん小さい方がいい。

 

1.0より小さいと人気より着順が良い!ということになるが、

果たしてそんな騎手がいるのか?

 

次に、ルメール。これまで412回騎乗し、

人気の合計が1143。着順の合計が1918

着順/人気は1.67

 

次、デムーロ。これまで398回騎乗し、

人気の合計が1132。着順の合計が2323

着順/人気はなんと2.05

 

驚くべきことに、この上位3人。

人気より着順の方が遥かに悪いのである!

 

ちょっと悪い・・・じゃなく、めちゃくちゃ悪い。

デムーロに至っては2倍以上という最悪の数字。

(ルメールとデムーロは同じ位の人気だが、着順はデムーロの方が遥かに悪い)

 

理由は簡単。

 

戸崎やルメールやデムーロが乗ると・・・

超過剰人気になるからだ!

 

じゃあ、他の騎手はどうなの?

 

と、お思いだろうが、

これを全部調べるのは大変骨が折れる。

 

ので、とりあえずあと二人ほど挙げておく。

 

まず、昨年リーディングジョッキー目前で怪我し、

今年の2月に復帰した福永!

 

福永祐一松尾翠

谷間に吸い込まれそうな福永の奥様。

 

これまで322回騎乗し、

人気の合計が1421、着順の合計が1781

着順/人気は1.25

 

福永もかなり過剰人気になりやすい騎手だと思うが・・・

リーディング上位でこの数字はかなり良い方である。

 

そんで、穴騎手代表の田辺!これまで390回騎乗し、

人気の合計が2353、着順の合計が2533

着順/人気は1.07

 

た、田辺でも1.0を切らんのか・・・!

 

 

・・・(1.0以下の騎手は後日!)

 

何が言いたかったかというと、

 

多くの競馬ファンは、

ルメールとかデムーロの名前を見ると、

反射的に馬券に入れてしまうのである。

 

確かに両名ともに驚異的な連対率・複勝率を誇っており、

 

リーディングジョッキー2016年7月時点2

 

ルメールなどは2回に1回馬券になるのであるから、

馬券に入れておきたい気持ちも分かる!

 

だけんどもしかし!

 

だけんどもしかし!

 

実際は、

人気で飛ぶことの方が多く、

人気薄で来ることは少ない!

 

来るとしても人気サイドの時であるので、

長ーーーい目で見れば、

 

基本ぶった斬り!

どうしようもない時に押さえ!

 

という感じで、胸チラ!なのではないかと思うのだ。

 

福永祐一松尾翠

 

特にデムーロの過剰人気ぶりは凄まじい。

勝負強い騎手であるし、その騎乗馬も強力であるが、

実際は「着順は人気の2倍!」なのを覚えておこう。

 

あ、これはケツ馬券派の話であるぞ。

本命党の話に非ず!である。

 

というわけで、今後、

 

「あれ、浅次郎さん、デムーロ買わなくていいの?」

 

ということが多々あるかと思うが、

あまり気にしないように(大穴狙いの我慢汁である)。

 

そして、賢明なる諸君は

デムーロもルメールもちゃんと押さえておくように(笑)。

 

馬券は的中率より回収率、

回収率よりもロマン。

 

夏競馬も楽しんで逝くぜ!

 

 

 

 

 

【高松宮記念2016データ分析】中京芝1200mで行われる春のスプリントGⅠ高松宮記念!今年も魅力的なスプリンターが集まって面白い一戦になりそうだ!人気はミッキーアイルだが果たしてココでも有力なのか?データ分析では・・・外枠有利!逃げ・先行有利!注目はハクサンムーン、スノードラゴン!穴馬は・・・サクラゴスペル!

 

今週はGⅠ高松宮記念!

 

さらに重賞3つ!

 

ドバイワールドカップ(3月26日)もあるぜー!

 

競馬やっててよかったー!

 

競馬やってない人はこの楽しみがないわけで、

毎週毎週あれやこれやと考え、悩み、歓喜(悶絶)出来るのは

競馬やってる人の特権である。

 

私は悶絶しっぱなしだけどな!

 

それでいいのだ

毎度バカボンのパパの言葉には癒やされるぜー!

 

さて、

 

今日は高松宮記念のデータ分析をしておこう。

 

■高松宮記念2016予想オッズ

高松宮記念2016予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

エアロヴェロシティ今んとこ人気ないね。

少なくとも単勝10倍切ると思うけど・・・

 

ってあれ?

 

なんかオカシイと思ったら回避か!

仙痛発症・・・そりゃ残念だ。

 

現時点での人気馬の評価、穴馬候補はこちら。

 

毎度であるが、管理人はデータ派ではない。ここで言うデータ派とは、データ上確率の高い方に賭ける人達のことである。もちろんそれを否定するわけではない。馬券はデータがないと予想出来ないし、私もデータを元に予想をする。データに寄り添った方が的中率が上がるのは確かだし、予想も簡単になる。「前走大敗馬は来ない」「牝馬は来ない」「高齢馬は来ない」「休み明けの馬は来ない」・・・とデータに従えば、バッサリと切ることが出来るしね。

 

しかし、データ派と言われる予想家やファンは多く、データに従って馬を買うということは、常に過剰人気の馬を買うということになりかねないのだ。競馬は25%の控除率があるのだからして、「人気の盲点を突く!」という考え方が絶対的に必要である(※我々はJRAと戦っているのではなく、その他大勢の競馬ファンとお金の取り合いをしているのだ!)

 

そのために必要なデータは「1番人気馬が強い」とか「前走1着馬が強い」とか「4~5歳が強い」とかそういうデータではない。そんなもんは馬の能力や調子とは一切関係ないのだ。では、人気の盲点を突くために必要なデータは何か?

 

それは「枠順(馬番)」「脚質」である。もちろん、馬個体の過去の実績や馬場適正、コース適正、調教データなども大事であるが、「過去のレースデータ」から導かれるデータで大事なのはこの二つである。

 

■高松宮記念過去10年馬番データ

(1着→2着→3着馬の馬番)

2015年 4→1516
2014年 5→17→9
2013年 111213(17頭立て)
2012年 10→17→1
2011年 4→8→6(16頭立て)
2010年 6→1716
2009年 13→4→2
2008年 4→10→1
2007年 8→1711
2006年 111413

※2011年、2013年以外はフルゲート18頭立て
※2011年は阪神開催、2010年以前は改修前の中京(ご指摘有難うございました!)。

ご覧の通り、外枠の馬がベギラゴンである。最内1~2番が3頭しか馬券になってないのに、ピンク帽は6頭も馬券になっているのだ。3~4番が4頭に対してオレンジ帽が5頭。内外で言えば、外枠の方が有利と言えるだろう。これはワンターンの短距離戦やフルゲート戦に良くあるケースなので覚えておいて損はない。

 

ただ、1着馬に関しては外枠の馬は芳しくないのが実情。この辺が難しいわな。

 

■高松宮記念過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2015年 324
2014年 2→13→8
2013年 9→11→1
2012年 2→12→4
2011年 3→10→7
2010年 64→11
2009年 15→8
2008年 7→4→14
2007年 5→11→5
2006年 554

※2011年は阪神開催、2010年以前は改修前の中京(ご指摘有難うございました!)。

1~6番手の馬をで塗ってみた。ご覧の通り、連邦のモビルスーツ並に圧倒的である。1着馬に関しては8/10である。さらに言えば、後ろのゾーン13~18番手で馬券になったのは僅かに2頭。後方からの追い込みは非常に厳しい!ということが言える(追込み一手の印象だったサンカルロも4角は10~12番手。2014年に2着に突っ込んできたスノードラゴンも4角は13番手である)。後方待機の馬はメガ粒子砲でいいかもしれん。

 

ただ、特にここ5年は2着に差し勢が突っ込んでくるので注意が必要。中団の前のゾーン(7~9番手)より中団後ろのゾーン(10~12番手)の方がよく絡む感じやな。

 

パターンとしては、

 

逃げ・先行→先行

逃げ・先行→差し

 

この2つ。馬券戦術として、どっちかに決め打ちするのもアリだろう。

 

結論。

・外枠有利。

・逃げ、先行有利。追い込みは厳しい。

 

そんで、このレースはリピーターが活躍する傾向にあるので・・・昨年の1~3着馬、エアロヴェロシティ、ハクサンムーン、ミッキーアイルあたりは要注意である。

 

現時点では・・・ハクサンムーン、スノードラゴンに注目している。

 

穴馬候補は、ブッツケで人気が量産型ドムになりそうなサクラゴスペル、前走全く走ってないウキヨノカゼ。人気急落しそうなサトノルパン、ティーハーフ、ローレルベローチェ。

 

枠順がどうなるか・・・調教も楽しみやな。

 

結論は日曜日。

 

スノードラゴン画像2

 

【浅次郎のひとりごと】

ドバイワールドカップの馬券買ったぜー!

ドゥラメンテ×リアルスティールのWIN2馬券だ!

 

 

 

 

 

 

 

【サウジアラビアRC2015予想】東京マイルで行われる2歳重賞(前身はいちょうS)。最近は出世レースとなっているが、果たしてこの中に未来のGⅠ馬がいるのか?注目は良血アストラエンブレムとイモータル。この2頭の間に割って入る馬は・・・ハレルヤボーイだ!

 

当ブログ管理人の浅次郎は、

 

穴馬を軸に、

さらに穴馬に流す馬券を買う・・・

 

大穴党である。

 

もちろん、穴馬と言っても中穴~大穴~超大穴と色々だし、

本命馬をヒモに入れることもある。

 

が、基本的に軸馬は単勝10倍以上の馬にすることにしている。

浅次郎の常穴馬券術

 

こうやって線を引くことが大事で、

ルールを作っておくと予想が非常に効率的になるのである。

 

何故穴馬から買うかというと、

馬券効率・回収率を重視しているからだ。

 

馬券の相手はJRAに非ず。

馬券を買ってる大勢の競馬ファンが相手なのだ。

 

人気馬というのは

群衆心理・マスコミの煽りを受けて過剰人気になりやすい。

穴馬というのは

死角になればなるほど人気が薄くなる。

 

結果穴馬の方が実際のオッズが有利になるのである。

 

例えば、同じような実力の馬が、

競馬新聞の報道一つ、関係者のコメント一つで

単勝5.0倍になったり、単勝15.0倍になったりするのである。

 

例えば、同じような実力の馬が、

前走の着順1着のケースと、前走の着順10着のケースで、

単勝5倍になったり、単勝30倍になったりするのである。

 

だったら、

単勝15.0倍の馬を買った方がいいよね?という話。

単勝30.0倍の馬を買った方がいいよね?という話。

結果、回収率は大きく変わってくるって話。

 

ま、それを探すのが難しいし、面白いんだけど。

 

このブログが何かの参考になれば幸いである。

(的中率はとても低いのであしからず。笑)

 

さて、サウジアラビアRC。

 

■サウジアラビアRC2015オッズ

サウジアラビアRC2015オッズ

netkeibaより抜粋

 

冒頭で、

管理人は常に【穴馬×穴馬】を狙ってる大穴党であり、

軸馬は最低でも単勝10倍以上だと書いたが、

 

例外がある。

 

・好きな馬が出走する時。

・少点数買いをする時。

 

である。

 

好きな馬が人気になってしまった場合。

これはもうドモナランわな。

まさか他の馬から買うわけには行くまい(笑)。

 

それから少頭数の場合やドモナラン人気馬が居る場合。

こういう場合管理人は「1点もしくは2点買い」

猪木顔で敢行するのだが、

 

猪木顔

 

そういった場合も単勝10倍以上という縛りは外す。

じゃないと卍固めが出来なくなってしまうけんな(笑)。

 

で、サウジアラビアRC。

 

考察でも書いたがさっぱり分からん!

 

ので、思い切って、

 

鬼の猪木の一点買いで行く!

 

■サウジアラビアRC2015予想

差し有利なイメージが強い東京マイル。JRA屈指の瞬発力コースであるからして速い上がりが使えるタイプが基本有利なのだが・・・開幕馬場で前残りとなるかもしれん。しかし、ここは実力が違う!という2頭をピックアップ。

 

サウジアラビアRC2015浅次郎予想印

 

アストラエンブレム(2番人気)

未勝利戦は強いの一言。ほとんど追われることなく、正味追ったのは最後の2F。それも気合を付ける程度。それで上がり32.6。折り合いにも不安は無さそうだし、瞬発力はマジ半端ないぞ。

この時期の未勝利戦・・・相手が弱かったのなら圧勝も驚かないが、2着に負かしたブレイズスマッシュは次走の未勝利戦で5馬身差圧勝するのである。血統的にも東京マイルはおそらくベスト。ゴチャつかない外枠を引いたのも良し。調教はパッとせんが、前走より良さそう。ここは通過点で能力の高さを魅せつけて欲しい。

 

ハレルヤボーイ(3番人気)

あら、5~6番人気かと思ったら結構人気なのね(笑)。前走で一変した可能性がある馬。3ヶ月の休み明け、中山マイルの大外枠、出遅れという三重苦を跳ね返して直線一気の5馬身差。能力差が無いと無理な芸当である。東京適正が微妙だが(血統的に小回り向きぽい)、ここでもやれる能力の持ち主だと思う。トーセンの島川オーナーの秘蔵っ子(ほんとか?)。存分に脚を溜めて直線に賭けて貰いたい。

 

直線。この2頭が外を回して差してくる・・・と予想する。

 

馬連 ◎-◯ 1000円

 

頑張れ!アストラエンブレム!ハレルヤボーイ!

 

アストラエンブレム画像1

 

【浅次郎のひとりごと】

イモータルは調教抜群だし(坂路馬なりで51秒台かよぉぉぉ)、新馬戦のセンス溢れる内容も素晴らしいし、是非買いたい一頭である。・・・が、東京マイルというより東京2400というタイプではなかろうか?また、この新馬戦は超スローであったし、相手も楽過ぎた感あり。この馬が来たら素直にアイムソーリーですやん。

 

<世界記憶遺産>「南京虐殺」資料を登録 中国が申請

注意せねばならんのは皆知ってると思うが、マスコミの言うことも中国の言うことも信用しちゃならんぞ。南京大虐殺なんてのは中国の政治的プロパガンダ。物的証拠(写真・文書・新聞記事)などは一切なく、当の中国だって騒ぎ出したのは1971年に朝日新聞が記事にしてからの話である。証拠無し、中国だって戦後何も言わなかった・・・つまり、そんなもんは無かったのである。→浅次郎「南京大虐殺は朝日新聞の捏造記事が発端。虐殺なんて無かった」
えー?うそー?って方はご自身で調べられたし。

 

【函館記念2015予想】函館芝2000のハンデ戦函館記念。人気は割れてるが、上位人気もアテにならん、中途半ばな穴馬を狙っても面白くない!狙いは内枠、洋芝得意、重馬場も得意、最軽量49kgのサイモントルナーレ。現在最低人気である(笑)。

 

現在の函館は小雨。

今後の天気次第だが(降水確率50%)、

多少は馬場が重くなるかもしれんな。

 

さて、

 

■函館記念2015日曜朝オッズ

函館記念2015日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

私が馬券を買う目的は、

 

競馬を(人生を)楽しむことである。

ドキドキすることである。

 

単に競馬を見るのと、

馬券を買って競馬を見るのとでは

 

カツの入ってないカツ丼と

カツの入ってるカツ丼くらいの差があるのであり、

 

私はカツの入ってないカツ丼なんて嫌なのである。

(カツが入っとらんやったらカツ丼じゃないわ!)

 

というわけで、

今回も大穴狙いでドキドキするぜ!

 

 

■函館記念2015予想

函館記念のポイントは、「内枠有利」「逃げ・先行有利展開)」「コース適正洋芝適正)」。函館2000mの枠はね。もう圧倒的に内枠が有利。

 

函館芝2000m枠番別成績

netkeiba小林誠の重賞データ分析より抜粋

 

特に1~4番の成績が群を抜いている。1~2枠の馬を単複でベタ買いしても儲かるってんだから凄まじい。これが函館記念になるとさらに顕著。

 

函館記念馬番別成績

※過去10年の函館記念成績

 

もう9番から外は切ってしまってもいいんじゃね?と思えるレベル。函館2000mはスタートしてからの直線が長いから(476mもある)、内外そんなに有利不利は無いはずである。なぜこんなに極端な結果になるのか・・・・おそらくはAコース→Bコース替わりで内の芝が絶好なんだろうと思う。

 

函館コース立体図

 

小回りで直線が短い函館コースは基本的に逃げ・先行有利である。土曜日のレースでも逃げ馬が大活躍していたし、逃げ馬から入りたいのは山々なんだが・・・行くであろうマイネルミラノは大外に入ってしまった。前が有利なのはどの騎手も分かってるわけだし、コース形態(1コーナーまで3m下り)からしてもテンの先行争いは厳しい。大外からハナに行くためには結構無理することになると思う。

 

となれば・・・かなりのハイペースになる?

 

そして、
3角過ぎから進出出来る機動力があれば、
結構差しも決まるのが函館2000の特徴でもある。

 

というわけで、セオリーに逆らって差し馬狙いで行く。

 

コース適正、洋芝適正を見れば前年の勝ち馬ラブイズブーシェを狙っていたのである。しかし、現在6番人気で単勝は9.2倍。浅次郎式馬券「常穴馬券術」に従うと

 

単勝10倍以上の馬を軸馬にすべし!

 

というルールがあるからして、この馬は軸馬には出来ん。さて、どうする?最内に入った53kgの3歳ヤマカツエースを狙うか?GⅡ勝ちがあるハギノハイブリッドを狙うか?もう一頭の逃げ馬候補アーデントを狙うか?エックスマークも面白い・・・

 

いや、もっと面白い馬が内枠にいる!

 

函館記念2015浅次郎予想印

 

サイモントルナーレ(16番人気)

マジか!と思われた読者諸兄の顔が目に浮かぶ(笑)。高齢(9歳)、データ無視、近走の馬柱無視(ここ2年ほど掲示板にも載っていない)だけんな。しかし買い材料は結構あるのである。まず絶好の内枠。それから49kgの斤量。洋芝得意。重馬場得意(もっと雨降れ!)。函館で追い込み脚質なのは目をつぶる(笑)。

しかしよくよく見れば、昨年の函館記念、上がり3位で追い込んでラブイズブーシェから0.6秒差8着。この時の斤量が52kgであるからして、49kgで出走できる今回は机上の計算では馬券になってもおかしくないではないか!そもそも最軽量のハンデ馬ってのは結構馬券になるのである。先週の七夕賞だって最低人気・最軽量のマデイラが3着に来たではないか。

もちろん展開の助けも必要だし、鞍上によるところも大きいだろうし、なにより運が必要だろう。しかしこの斤量で、鬼のハイペースになって、グダグダの前潰れになって、内々でジッと我慢してたこの馬がラチ沿いから突っ込んで来ることに賭ける!ってのも面白いと思う。だって、最低人気なんだもんよ(笑)。というわけで、この馬の激走に賭ける。

 

ハギノハイブリッド(10番人気)

2ヶ月の休み明けになるが、吉澤S経由で栗東→函館。調教は軽いが仕上がってる可能性が高い。3歳時にサウンズオブアースを負かして神戸新聞杯を勝った馬であり、年明けの日経新春杯、京都記念もそう負けてるわけではない。おそらく厳しいペースで力を発揮する持久力型であり、スローの瞬発力勝負だった前走の負けは気にしなくていいと思う。ハマれば突き抜けても。

 

△ヤマカツエース(7番人気)

△エックスマーク(11番人気)

△ラブイズブーシェ(6番人気)

△アーデント(8番人気)

△マイネルミラノ(2番人気)

 

単勝 ◎ 200円

馬単 ◎流し表裏 100円×12点

ワイド ◎流し 100円×6点

 

頑張れ!中年サイモントルナーレ!

 

サイモントルナーレ画像

 

行けるもんなら・・・前に行ってもいいぞ!

 

じゃあ、お前ら中国が攻めてきた時どーすんのよ?
「日本は戦争しませんから」って言ったら中国は帰っていくのか?
いい加減目を覚ませっての。

<反「安保」>拡大 全国で一斉抗議「アベ政治を許さない

【競馬コラム】JRAの控除率(払戻率)は2014年6月に改正され、馬券種によって大きく変わることとなった。単勝・複勝は80%、馬連・枠連・ワイドは77.5%、馬単・三連複は75%、三連単は72.5%、WIN5は70%である(以前は、単勝・複勝以外は75%だった)。つまり、買う馬券により大きく回収率が変わって来るのだ。

 

今日は、

 

「は・・・はうあ」とか言わず、

 

は、はうあ!太郎

 

真面目に、

 

馬券を買う上で最も大事な話をしようと思う。

 

そう、

 

馬券を買う上で最も大事なのは、

 

一番人気の馬でも、コース適正でも、前走成績でもなく、

 

馬券種なのである。

 

つまり、どの券種の馬券を買うかってのが一番大事。

 

単勝
複勝
枠連
馬連
ワイド
馬単
三連複
三連単

 

と、JRAには8種類の馬券がありますな(WIN5は今回省く)。

 

皆それぞれ、好きな馬券種があるだろうと思う。

単勝・複勝派も居れば、

馬連・馬単派(管理人はコレ)、ワイド派、

また三連複派。三連単派もいるだろう。

 

もちろん、どの馬券種を買ったっていい。

 

だけんどもしかし!

 

自分が買う馬券の控除率(払戻率)が何%なのか?

は明確に知っておくべきである。

 

何故なら、

「回収率」すなわち「勝ち負け」に直結するからである!

 

◆JRAの控除率(払戻率) ※2014年6月以降

JRAの控除率

JRAのHPより抜粋

 

単勝 80.0%
複勝 80.0%
枠連 77.5%
馬連 77.5%
ワイド 77.5%
馬単 75.0%
三連複 75.0%
三連単 72.5%

 

なんと!

 

三連単は、

単勝より7.5%

JRAに

ちょろまかされてるのである!

 

は、はうあ!太郎

(はうあキター!)

 

払戻しの仕組みを簡単に説明すると、

馬券の総売上×払戻率が、

的中馬券に払い戻されるわけ。

(正確にはもうちょっと複雑な計算式になる)

 

つまり、

払戻し率が多い馬券種ほど我々の取り分が多く、

払戻し率が低い馬券種ほどJRAの取り分が多いわけよ。

 

この数%でJRAの利益は大きく変わるのである。

 

JRAは現在の控除率(払戻し率)に変えて、

かなり利益が増えたハズである。

(三連単の売上が一番多いので)

 

馬券種売上シェア

これは2015年のフェブラリーSの例だが、三連単が圧倒的に売れているのである。

 

で、この話、

もちろんJRAは公開してるわけだが、

積極的にお知らせしてるわけではないし、

(調べないと、どこに書いてあるかも分からない)

 

競馬関係マスコミも基本ダンマリ。

 

「三連単は控除率が悪いから買わん方がいい」

 

とか絶対言わんのだ。

 

むしろ、競馬新聞や競馬メディアは「三連単」を推奨することが多いだろ?予想家の買い目も三連単が圧倒的に多い。

 

・三連単1頭軸マルチ!

・三連単頭固定!

・三連単フォーメーション!

 

とか言うてるやん。いや、三連単がダメって話じゃないぞ?三連単は夢のある馬券だし、頭固定でしゃーない!って時もあるし、馬連・馬単じゃどもならん!って時もあるし、少ない資金で一発当てたい時は3連単に頼る時もある。

 

しかし単勝と三連単で7.5%も違うことを知ってれば、

 

「あれ?これ・・・三連単の1着固定じゃなく、

単勝買った方がいいんじゃね?」

 

ってことになったりするわけだ。実際、三連単で30点も60点も100点も買うより、その金額を丸々単勝に入れた方が「的中率」「回収率」ともに良くなる場合が多い。三連単買ってて・・・頭はキタ!ヒモもキタ!でももう一頭のヒモが違う!って経験ないだろうか?(私は何度もある。笑)

 

で、2014年6月以前は、

 

単勝・複勝 80%

それ以外 75%

 

だったのである。

 

おそらく、

三連単の売上が増えるにつれ、

払戻率を変えようって議論になったのであろう。

 

そして、大きく変わったのは、

 

「枠連・馬連・ワイド」の75%→77.5%と

「三連単」の75%→72.5%。

 

減りゆく馬券は払戻率が上がり、

増えゆく馬券は払戻率が下がったのだ。

 

ここで注目すべきは、

 

「三連単は下がったけど、

馬連・枠連・ワイドは上がった!」

 

という点。

 

たかが2.5%の変化と思うなかれ。

 

1年買い続ければどれだけ違うか?

10年買えばどれだけ違ってくるか?

 

馬連だけ買ってる人と、

三連単だけ買ってる人では

回収率が5%変わるってことである。

 

競馬は間違いなくギャンブルであるが、

ギャンブルであるが故に、

5%が持つ意味は大きい。

毎週毎週馬券買ってる私みたいな馬券オヤジは尚更である。

 

「的中させりゃいいんだろ?」

 

と思ってると、この5%に食われることになるぞ。

 

このJRAの控除率(払戻率)を元に、

 

JRAの控除率

 

管理人の私見を言えば、

 

・三連単は買わない方がいい

 

ということである。もちろん、さっきも言ったがケースバイケースである。三連単でしゃーない時もある。しかし、三連単を馬券の基本にすると、毎回毎回2.5%あるいは5%あるいは7.5%ずつ損して行くことになるのだ(JRAがその分儲かる)。

 

大事なのは「三連単は他の馬券よりも損!」というのを知っておくことである。

 

じゃあ、

 

単勝・複勝が一番ええやんか!

馬単より馬連がいいんやね!

 

というと・・・ま、基本はその通り。しかし少ない小遣いで馬券買ってるお父さんだと「単勝にドカン!」なんて買い方は難しいし、馬連より馬単表裏で買った方が得!って場合も多々あるけんな。三連単の件も含め、一概には言えないのである。

 

しかし、やはり馬券の基本は単勝。

それから馬連とであると思う。

 

私が競馬を始めた頃は三連系の馬券なんぞなかったが、

それで全く問題なかったし、

むしろ今みたいに悩まなくて良かったし、

多くの馬券オヤジが競馬場やWINSに

赤ペンもって集まっていたのだ。

 

実際馬券の売上も昔の方が多かったのだ。

 

JRA馬券種ごと売上

馬券種との因果関係は分からんが、新しい馬券種が出る度に売上は落ちている。

 

JRA馬券売上

時代の流れか・・・若者が競馬をやらないからか・・・かもしれんが、今のところ売上が回復する様子はない。

 

JRAは勘違いしてる。

 

ギャンブルは単純なほど面白いのである。

 

カイジが面白いのは、

 

カイジが面白い

 

顔が面白いからではなく(笑)、

限定ジャンケンにせよ、

Eカードにせよ、

ワンポーカーにせよ、

登場するギャンブルのルールが非常にシンプルだからである。

 

最後の直線、

私達が目で追える馬は1頭。多くて2頭である。

 

つまり、3連系の馬券は、

ゴールした後に確認せねばならんのだ。

 

自分の馬券が当たってるかどうかを。

 

「あれ、俺の馬券当たった?3着は何?」

 

と確認せんといかんのだ。

それまで喜べないのである。

(そしてその多くは惜しかった!で終わる。笑)

 

これは、ギャンブルとしてシンプルではない。

 

単勝握ってて、

その馬しか目で追ってない人と比べ、

その熱狂度、雲泥の差である。

 

つまり、3連単はシンプルでないがゆえに、熱くない。

(しかも当てるのは難しい)

熱くないが故に・・・

馬券を買う人がどんどん減るのである。

 

「競馬よりパチンコの方がドキドキするわ」

 

と多くの若者が思ってしまうのではなかろうか。

 

損得だけで生きて何になる?

 

そう。私が思うに、

三連単は損得馬券」「宝くじ馬券である。

 

盛り上がらんし、

リアル感も少ない。

当たった時の払戻しが大きいってだけで、

 

「俺、生きてるわ!」って実感は沸かんぞな。

 

競馬には「損得」以上の何かがある。

 

・大声を上げて応援すること!

・ゴール前のドキドキ感!

・狙った馬が来た直後の高揚感!

 

これこそ、生きてる実感。

私が競馬をやる一番の理由である。

(競馬を続ける限り、長生きするような気がする。笑)

 

これらのためにも、

3連系より、

馬連系もしくは

単複の馬券を買うことをオススメする。

 

と言いつつ、私も時々三連単買うけどな(笑)。

 

以上、

 

JRAの控除率(払戻率)の考察だったが、

いかがだったろうか?

 

もっと根本的な話をすれば、

JRAの控除率で勝つのは至難の業である。

 

しかし、工夫次第、馬券の買い方次第で、

勝つことが出来るのも事実。

 

常々言っているが、

 

予想が外れて、負けたっていい。

 

ちくしょー

 

と叫んで、地団駄踏んでもいい(笑)。

 

でも、

「馬券の買い方」は間違えないようにしたいものである。

 

「馬券の買い方」を間違えると

トータルでは勝てないからだ。

 

というわけで、

 

今後も当たるかどうかは分からんが(笑)、

ひたすら穴馬券を買い続けることにする。

 

あと、ロマン馬券な。

競馬は楽しむのが一番だから。

 

今回の記事が、何かの参考になれば幸いである。

 

 

 

【宝塚記念2015回顧】ゴールドシップが飛び、超超スローとなった宝塚記念。6番人気のラブリーデイが勝ち、10番人気のデニムアンドルビー、11番人気のショウナンパンドラが3着。大波乱の結果となったが、ゴールドシップの敗因はなんだったのだろうか?もちろん出遅れもあるが・・・

 

は、

 

は、はうあ!

 

はうあ

 

という細江純子の声が聞こえてスタートした宝塚記念。

 

やらかしたのはご存知ゴールドシップ。

 

宝塚記念2015ゴールドシップ出遅れ

 

立ち上がった時にゲートが開き、

 

世紀の大出遅れ。

 

競馬には・・・これがある。

 

さて、

 

簡単に宝塚記念を回顧する。

 

◆宝塚記念2015結果、着順

宝塚記念2015着順、結果

netkeibaより抜粋

 

一番人気のゴールドシップも飛んだが、2番人気のラキシスも見せ場なく惨敗・・・他、ワンアンドオンリー、カレンミロティックといった実績馬も惨敗・・・が原因だったのだろうか?

 

◆宝塚記念2015払い戻し

宝塚記念2015払い戻し

複勝を見れば分かる通り、デニムアンドルビーは意外と人気で、3着のショウナンパンドラはかなりの人気薄であった。

 

◆宝塚記念2015映像

 

◆宝塚記念2015回顧

波乱はゲートの中ですでに渦巻いていた。先入れでゲートに入ったゴールドシップだが、素直に入ったし、入った後も大人しく他馬のゲート入りを待っている。多くのファンが胸をなで下ろしていただろう。

 

だけんどもしかし!

 

大外のラブリーデイが入った瞬間に様相が一変!いや、おそらくラブリーデイのせいではない!隣の隣・・・ラキシスがまずゲート内でウルサイところを見せ、それが隣のトーホウジャッカルに伝播して暴れ・・・それでいきなりスイッチが入ったのだと思う。

 

「我慢ならん!早く出せィィィ!」

 

ということだったのかもしれん。ゲート内で立ち上がり、一旦落ち着いたかに見えた瞬間スタートが切られたが、まさにその時もう一度立ち上がってしまったのだ。

 

宝塚記念2015ゴールドシップ出遅れ

 

ゴールドシップ宝塚記念2015大出遅れ

 

推定、10馬身の出遅れ。10馬身というのはだいたい2秒くらい。

多少の出遅れは想定していたが、

この出遅れは致命的。

せめて速い流れになればまだ分からんかったが・・・

 

レースはレッドデイヴィスが果敢にハナを切る展開。

 

これは予想してなかったが、

レッドデイヴィスからの馬券も握っていた私としては、

ゴールドシップの出遅れにショックを受けつつ、

 

松若行ったれ!

 

と思いつつ見ていた。続いてラブリーデイが2番手。トーセンスターダム、オーシャンブルーが続き、その後ろにヌーヴォレコルト、ショウナンパンドラは内で虎視眈々。

 

団子の中団はワンアンドオンリー、トーホウジャッカル、カレンミロティックは後ろになってしまったなあ。ディアデラマドレは想定より前。ラキシスは中団後方の外目。

 

離れた後方にデニムアンドルビー。

 

さらに離れた最後方にゴールドシップ。

 

行ったれレッドデイヴィス!と思っていたが・・・

 

宝塚記念2015ラップタイム

 

若松は超スローに落とした逃げ。600mは36.0で、1000mはなんと62.5!これは宝塚記念としては異例の超スローである(大概600m34秒前後、1000mも58~59秒である)。馬場が緩かったとはいえ、これはいくらなんでも遅すぎ。ちなみに、同日同条件の7R(500万条件)の1000mが62.6である。最高峰のGⅠと500万条件のペースが同じって・・・

 

しかし、このラップで・・・

ゴールドシップは後方のまま。

 

確かに10馬身のビハインドはキッツイ。しかし、このペースなら前半の内に馬群に取り付くのは難しくなかったはず。横典も腹をくくって後方からの競馬に徹したんだろうが・・・

 

3コーナー過ぎ。横典の手綱が動き仕掛け始める!しかし行き脚がついてからも馬群後方に取り付くのが精一杯。いつもならここからグーン!と捲っていくのだが・・・(期待していたが・・・)

 

もう、ゴールドシップに走る気がなかったのかもしれん・・・

 

と、多くの解説者が言ってるが・・・

 

違う!

 

レースは様相が変わったのは800m過ぎ、ここから11.7、11.0、11.6、12.4と11秒台のラップが続くのだ。800~200の3Fは34.3。つまり、瞬発力が要求される流れ。ゴールドシップはタフな流れでこそ力を発揮する馬である。みんなが36秒掛かる所を35秒で行くのが得意な馬なのだ。特にこの11.7、11.0の所で、これを上回る脚を使えるはずもない。

 

もちろん、今回のゴールドシップの敗因の一番は出遅れである。あれは致命的であった。しかし、管理人は、例えゲートを五分に出ていても、今回の流れでは勝てなかったのでは?と考えている。

 

ま、ゴールドシップが前にいれば流れも変わったと思うけどな。少なくとも中団~後方でこの流れに乗っていたら、瞬発力自慢の馬達には敵わんかったと思う。

 

ゴールドシップ宝塚記念2015直線

直線はもう手応えがなく、横典ももう追っていない。

 

・・・

 

レースは800mからの瞬発力勝負

そして最後の200m急坂の我慢比べとなった。

 

果敢にハナに立った松若デイヴィスは坂下までよく頑張った。馬券を持ってたから言うわけではないが、残り100mまで・・・ちょっと夢を見た(ショウナンパンドラとのワイドを持っていた。笑)。

 

そして、今回最も展開が向いた馬がラブリーデイ

 

正攻法の競馬でレッドデイヴィスを一気に交わすと早め先頭。

この馬の一瞬の脚はスゴイわー!

 

そして離れた後方にいたデニムアンドルビーの一気の追い込み!

これには驚いたなー!

 

ダントツの上がり34.0を駆使してラブリーデイに迫るも、

クビ差届かぬところがゴールであった。

 

宝塚記念2015ラブリーデイ1

浜中の追い方は一心不乱で好感持てるわー。そんでデニムアンドルビーはやっぱり、阪神が合うわ。今回瞬発力勝負になったのも良かったが、超スローで脚が溜まると末脚半端ないわー(…φ(..)メモメモ)

 

3着にはインで死んだふりをしてたショウナンパンドラ。ば、馬券的にはこの馬を▲にしてたんだが・・・◯にしておけば、デニムアンドルビーとのワイドが的中だった・・・とか、タラレバを言いたくなるほど管理人はこの馬を狙っていたのである(レッドデイヴィスの調教が良すぎたタメに浮気してしまった)。

上手く脚が溜まったし、最短距離を走れたし、力の要る馬場も良かったと思うが、鞍上池添も直線狭い中よく抜けだして来たと思うぞ。

 

トーホウジャッカル、ヌーヴォレコルトは流れに乗ってなだれ込んだ感じ。本当はもっと速い流れでこその馬達だと思う。ラキシスもスローに殺された口かな。見せ場なしであったが、見限る必要なし。

 

とにかく今回の宝塚は特殊であった。

 

500万条件と同じような流れで、

同じような時計(前述の500万下と0.4秒しか変わらず)。

 

勝ったラブリーデイはもちろん称えるべきであるが、

秋につながるかどうかは微妙だなあ・・・。

 

しかし、行く馬がいないとこんなになるんやねー。

 

これも競馬。あれも競馬。

 

個人的にはゴールドシップの三連覇が見たかったけど、

そんなに甘くないってことで。

 

とりあえず、春競馬もこれで終わり。

夏競馬を楽しむことにしましょ。

 

宝塚記念2015ラブリーデイ2

 

レッドデイヴィスがもうちょい粘って3着なら・・・

 

(しつこい!)

 

 

【宝塚記念2015予想】本命はもちろんゴールドシップ。しかしこの馬を軸にするのであれば、相手は絞りに絞らねばならぬ。そして、相手は持久力型。重馬場適正のある馬。馬場は回復しても力の要る馬場は変わらん。浅次郎式馬券では大穴ショウナンパンドラ、超大穴レッドデイヴィスを狙う。

 

うがっ!

 

ウゴウゴるーがっ!

 

ドゥラメンテ骨折だとっ!

 

ドゥラメンテ骨折

2冠馬ドゥラメンテ骨折、年内絶望

堀調教師コメント

 

しかし、レースからはすでに1ヶ月近く経ってるけんな~。

放牧先で骨折しちゃったってことか?

うーん、残念・・・無念

先走って凱旋門賞の馬券購入してたのに・・・

 

ちきしょー

 

つか、陣営が一番無念だよな。

 

しゃあないわ・・・。

 

来年の復活を待とう。

 

さて、

 

宝塚記念。

 

◆宝塚記念2015前日オッズ

宝塚記念2015前日オッズ

 

◆宝塚記念2015当日朝オッズ

宝塚記念2015当日朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

ご覧の通り、前日は単勝1.9倍だったゴールドシップが、当日朝には2.1倍になっている。たかが0.2倍の違いではあるが、本命党にとってこの0.2倍はとても大きい。

 

ちなみに、ブックメーカーの宝塚記念オッズはこうだ。

 

ブックメーカー宝塚記念2015オッズ

ウィリアム・ヒルから抜粋。

 

ブックメーカーのオッズは、基本的にJRAの前日オッズから作成される(推測)。だから当日に人気が上がるような馬はブックメーカーで買った方が良かったりする。今回のゴールドシップのようなパターンは逆やね。当日人気落ちるような場合はJRAで買った方がいい。

 

で、なぜゴールドシップの人気が落ちたかというと、

 

天気だろう(笑)。

 

土曜日は当初雨予報だったが、ほとんど降っていない。

そして日曜日は晴れ予報。

現在稍重だがおそらく良馬場まで回復するだろう。

 

というわけで、

道悪の鬼であるゴールドシップの人気が若干落ちてるのだと思う。

 

「単勝2倍あるなら美味しいわ!」って人が増えると

また人気上がるだろうけどね。

 

しかし、昨日のレースを見る限り(京橋特別は内回り芝2000で2:01.9、勝ち馬の上がりは36.4。準オープンのグリーンSは外回り芝2400で2:29.0、勝ち馬の上がり37.2)、馬場は回復しても・・・かなりパワーが要る馬場になると思うけどね。

 

いずれにせよ、

 

ゴールドシップのダントツ人気。

 

浅次郎式馬券では、

 

1、ダントツ人気の馬から行くなら馬連1点か2点!

2、ダントツ人気は丸めてゴミ箱!

3、ダントツ人気はヒモ押さえ。

 

ほぼ、この3択である。

 

大概2か3になるんだが(笑)、

やむを得ず1になることもあるわけで、

そういう場合は絞りに絞るのが常識。

 

相変わらずクソみたいな予想をしてるヤツラが多いわ・・・。

 

◆netkeiba予想陣の宝塚記念予想

宝塚記念2015netkeiba予想陣

netkeibaより抜粋

 

誰がクソとは言わんが、

相変わらず田沼の予想はヒドイ。

 

宝塚記念2015田沼の予想

 

ダントツ人気のゴールドシップを軸にして

6頭に馬単で流すとどういうことになるか解説しよう。

田沼の買い目は15流しの馬単マルチ。

(3連単もあるが、同じ話である)

 

宝塚記念2015田沼の買い目

 

15→5 16.8倍(裏49.3倍)
15→6 31.3倍(裏84.5倍)
15→7 17.8倍(裏36.1倍)
15→11 13.3倍(裏26.5倍)
15→13 8.6倍(裏13.7倍)
15→14 34.5倍(裏60.5倍)

 

12点買いであるからして、◎→◯で決まったら8.6倍。トリガミであるな。◎→▲で13.3倍。チョチョイプラ。ほか5、7が来てもチョイ浮き。穴馬と見られる6か14が来てやっと2~3倍になる・・・という買い方である。

確かに裏が来れば儲かる。儲かるが大したことないのである。田沼が穴馬に挙げたデニムアンドルビーが来て84倍。12点買いだから元金の7倍である。狙った穴馬が1着に来たとしてたった7倍であるぞ?デニムアンドルビーの単勝は28.4倍であるからしてどんだけ効率が悪い馬券か分かると思う。

 

これが相手2~3点に絞れていればどうか?

馬単4~6点に絞れていればどうか?

 

十分に儲かる馬券になるのであり、

 

プロならそこまで絞って見せろぃ!

 

と言いたい。

 

ま、ヤツラは回収率なんぞ気にしてないし、

実際この印通りに馬券は買ってないけんな。

(まあ大人の事情ってやつが色々とあるのだろう。笑)

 

宝塚記念2015netkeiba予想陣

 

この中でさすがの予想は、

奥田と望田、古澤と藤村。

 

当たる当たらんは置いておいて、

当たった時にドカンと儲かることが大事なのである。

 

田沼のようなチョビ勝ちで儲けるには、

毎回毎回的中させんといかんわけ。

 

しかし、競馬でそんなことは不可能。

一番人気の勝率なんてのは、32.8%しかないのだから。

一番人気の勝率についての考察

 

気になるのは調教の井内

全く無印のレッドデイヴィスに◯を打って来た。

 

この馬、私も狙っているのであるが、

調教は特Aなのである・・・

 

今までの予想を挙げておこう。

宝塚記念2015展開予想

宝塚記念2015重馬場適性

宝塚記念2015枠順チェック

宝塚記念2015調教チェック

 

◆宝塚記念2015予想

ゴールドシップは非社台の個人馬主所有。個人馬主にとって夢の様な馬だが、ココに前人未到の同一GⅠ3連覇、宝塚記念3連覇の偉業が掛かる。スゴイ馬だわ。個人的には、当時ノーマークだったPOGで指名して以来ずっと応援してきた馬であるし、客観的に見てもココは勝負だと思う。・・・といいつつ、ゴールドシップが飛んだ時の大穴馬券もちょっとだけ買っておく(笑)。

キレ味が武器である馬は思い切って軽視。ヌーヴォレコルト・ワンアンドオンリーは怖いが過剰人気と見る。

宝塚記念2015浅次郎予想

 

ゴールドシップ(1番人気)
阪神【6.1.0.0】、宝塚記念2連覇中、重い馬場は鬼、鞍上はGⅠキラーの横典、願ったりの外枠、ベストの舞台で状態も最高。さらに・・・相手が弱い!引退したハープスターはともかく、せめてエピファネイアかキズナがいれば面白かったんだけどね。しかし、絶対の軸ではない。この馬、どんなに調子が良くても飛ぶ時はアッサリだけんな。後は鞍上がどう乗るかに注目。前半で好位に付けられたら鉄板。

 

レッドデイヴィス(12番人気)
誰かが言った。「競走馬の差はほんの少しの差である。オープン馬ともなれば尚更だ」。そう、サラブレッドの差なんて紙一重なのである。1000m2000m走ってハナ差とかクビ差とか言ってるのである。ちょっとした位置取りとかコース取り、はたまた天気や馬場なんかでコロッと変わったりするのである。
レッドデイヴィスの前走は0.6秒差6着。完敗であった。しかし、休み明けで反応鈍かったのも事実。ちょっとした差でいきなり走るかもしれんじゃないか!その根拠は調教である。7歳にして自己ベスト更新。栗東坂路で50.5という鬼時計。阪神は重賞2勝含め【3.1.0.5】(1着降着あり)。3歳時にオルフェーヴルに完勝した馬である。鞍上がかなり不安だが(笑)、思い切って前に行ってもらいたい。激走に期待する。

 

ショウナンパンドラ(11番人気)
エリザベス女王杯は秋華賞で極限仕上げをした後の秋4戦目、大阪杯は休み明け、前走は距離不足のスローと、ここ3戦の敗因はハッキリ。とはいえ、このメンバーで通用するかは分からんが、内回りの秋華賞ではヌーヴォレコルトをねじ伏せた馬である。ヌーヴォレコルトと同じくらい走っても不思議なし。血統面からも阪神の重い馬場は大歓迎!調教は絶好!最内死んだフリからの直線イン急襲を期待する。

 

カレンミロティック(8番人気)
単勝オッズでは8番人気であるが、複勝で見ると4~5番人気ですな。ワンアンドオンリーやラブリーデイと遜色ない人気。これはオッズ的な旨味なし・・・調教はいいし、いい枠引いたし、狙い目なんだけどね。

 

デニムアンドルビー(10番人気)
条件は最高。ここが買いだと思う!対抗にしようか迷ったけど・・・この馬も意外と人気なんだよねえ。ゴールドシップとの馬連で26倍。これも単勝は売れてないけど複勝で売れてるパターン。実質は7~8番人気。

 

ラキシス(2番人気)
私が本命党なら迷わずこの馬。出来は最高。条件も最高。相手はゴールドシップのみ。ただし、枠がちょっと不安。外々を回るようだと・・・。

 

馬連 ◎-◯▲ 2点×500円
三連単◎→◯▲△→◯▲△ 20点×100円
馬連 ◯流し▲△ 4点×100円
ワイド ◯流し◎▲△ 5点×100円
三連複 ◯流し 10点×100円

 

ゴールドシップ頭の馬券がメインだが、

超穴レッドデイヴィスの大駆けも一緒に狙う!

 

3連単は、さっき「やっちゃいかん!」と書いた多頭数買いだが(笑)、頭固定の人気薄流しなんで許してチョンマゲよ(ゴールドシップから買うなら頭固定が男前である。なぜなら生涯成績【13.3.2.7】、GⅠに限ると【6.0.1.5】の馬である。基本2~3着に惜敗するタイプではなく、勝つ時は圧勝、負ける時はアッサリの馬だ)。

 

頑張れ!ゴールドシップ!

と、レッドデイヴィス!

 

レッドデイヴィス画像1

 

ここ勝てば・・・

 

ゴールドシップ凱旋門挑戦とかない?

 

ないか・・・(笑)。

 

オマケ。阪神5R新馬戦はレッドヴェルサスで!