【桜花賞2018レース回顧】阪神芝1600mで行われた3歳牝馬によるGⅠ桜花賞。勝ったのは2番人気アーモンドアイ!後方一気、大外ぶん回しの鬼の末脚でラッキーライラックを並ぶ間もなく差し切って見せた。断然人気ラッキーライラックの敗因は何だったのか?アーモンドアイ・リリーノーブル・マウレアらのオークス適正は?距離は持つのか?

 

桜の女王は

鬼脚アーモンドアイ!

 

※ノリスケさんご友人撮影の1枚。キレイだねえ。

 

いやあ、

 

アーモンドアイ凄い切れ味だったねえ。

 

簡単に回顧する。

 

■桜花賞2018結果、着順

netkeibaより抜粋

 

堅いよチキショー。

 

■桜花賞2018映像

※動画が消されてる場合はJRAのホームページで見てね。

 

■桜花賞2018回顧

スタート!

15番のプリモシーンが大きく出遅れ。13番アーモンドアイも出負け気味で後方から。ただし鞍上ルメールは最初から直線勝負をする予定だったのだろう・・・慌てることなく後方待機。そして絶好のスタートを切ったのが1番のラッキーライラック。

 

だけんどもしかし・・・

 

まさかこの好スタートが

 

ラッキーライラックの敗因になるとは・・・

 

この時は思いもしなかったのである。

 

絶好のスタートを切ったラッキーライラック石橋だが、内で包まれゴチャ付くのだけは勘弁!と思っていたのはレース後の騎手コメントからも明らかで。だからこそ絶好のスタートを切った後も控えることなくポジションを取りに行ったのである。

 

しかし・・・不幸なことに、どの馬も行かない。

 

唯一11番のコーディエライトはかなり押してるが二の脚が付かず・・・

行きたくても行けない感じ。

 

他の馬はみーーーんな様子見なのだ。

 

そして、

最内枠だし、気分良く行ってるし、

ブレーキ踏んでポジションを落とすわけにも行かない!

 

石橋は何度も横を向いて確認している。

 

「早く誰か行ってくれ!」

 

結局、ラッキーライラックは200m付近まで先頭を走ることになる。その間のラップは12.3!これは過去10年の桜花賞で3番目に速いラップ。つまり・・・ラッキーライラックはそのスタートセンス、スピード能力の高さゆえに自ら速いペースを作り出してしまったのだ。

 

 

ようやく行き脚がついたコーディエライト、10番のアンヴァル、大外のツヅミモンが先頭争いに加わり・・・ここでさらにラップが上がって10.7。このラップも桜花賞過去10年で2番目に速いラップである。

 

400m通過時点でラッキーライラックは3番手のイン。自ら演出してしまったとはいえ・・・かなり厳しいラップとなった。これが中山マイルや京都マイルならまだなんとかなったかもしれんが、舞台は阪神マイル。デフォルトで差し・追い込みが有利なコースなのだ。

中団の前にレッドサクヤ、内からリバティハイツ、中にハーレムライン、外にリリーノーブル。中団の後ろにアンコールプリュ、スカーレットカラー、レッドレグナント。

 

中団後方にかけてマウレア、トーセンブレス、フィニフティ。

 

後方にプリモシーン、アーモンドアイ、最後方にデルニエオール。

 

600m通過は34.5。

 

1000m通過は58.7。

 

 

テレビで解説していた某元調教師のSは、

 

「前半46.6、後半46.5の平均ペース」

 

なんて言ってたが、

 

あんた小学生か!

 

と突っ込みたくなる計算方法で(笑)。

 

そもそも桜花賞が行われる舞台の阪神1600mは

スローの瞬発力勝負が基本。

 

前半は緩いペースになることが多いのである。

 

過去の桜花賞を見ても前半46.6はかなり速いペース(過去3番目)で、

前半46秒台の時はほとんど「前潰れ」なんだよね。

 

今回は特に桜花賞レコードが出るほどの高速決着だったわけで。

前に行った馬にとっては相当厳しいペースだったと言える。

 

もちろん、

「ハイペースだから後ろが有利」

なんてことを言うつもりはない。

 

ペースが速ければ速いほど、

持久力やスタミナや底力といった総合力がモノを言うわけだし、

ペースが速くなると脚が溜まらない差し・追い込み馬だって沢山いる。

 

そういう意味で、

今回の桜花賞はハイペースのガチンコ総合能力勝負だったわけで、今回の

アーモンドアイは相当強かった!

というのは疑う余地なし。

 

ただ、

アーモンドアイからすれば展開がバッチリ嵌ったし、

ラッキーライラックにとってはかなり厳しい展開だった・・・

というのも事実である。

 

レースは生き物。

 

だからこそ競馬は面白いのである。

 

話を戻そう。

 

600~1000mのラップは12.1-12.1。ここで多少は落ち着いたが、それでも大きく緩んだわけではなく依然として息が入りにくいラップ。それでもラッキーライラックは手応え十分で4コーナーを回る。アーモンドアイは大外へ。リリーノーブルはも外へ。

 

残り400m。前が開いたラッキーライラックだが、持ったままで先頭のツヅミモンに並びかけて行く。その外からレッドサクヤ、リリーノーブルが襲いかかる。1番右の大外がアーモンドアイ。レッドサクヤから・・・ラッキーライラック、ツヅミモンの馬券を持ってた浅次郎はここで絶叫(笑)。

 

残り200m。夢見れたのもココまで(笑)。急坂に掛かるところでツヅミモン、レッドサクヤが脱落し、大外からアーモンドアイが強烈な末脚で差してくる!

 

残り100mでラッキーライラックを捉えると、並ぶ間もなくブッチギリ。

 

約2馬身差を付けて圧勝!

 

アーモンドアイ強し!

 

 

 

 

 

勝ったアーモンドアイは、ロードカナロアの初年度産駒。この勝利で父ロードカナロアはかなり人気を集めることになるだろうね。シンザン記念からのブッツケローテを嫌って買わなかった人は沢山いると思うが(私もそうだが)、そんな不安を吹き飛ばすような圧勝だった。ハイペースの総合力戦でラッキーライラックを負かしたのだから相当な器の馬だと思う。

ただ、前述した通り、今回展開がハマったのは間違いない。この馬のラップは・・・1000m59.9でラスト3Fが33.2。切れ味を活かすのにピッタリなペースだったのである。仮の話だが、今回の桜花賞が1000m通過60秒くらいのややスローペースだったとしたら(この馬のラップが61.0くらいだったら)・・・33.2の上がりを使っても届かないわけで(この上がりは阪神マイルで出せるほぼほぼ限界値)。出遅れ癖もあることだし、今後もこの馬が「展開に左右されやすい」ということは覚えておいた方がいいと思う。

で、問題は今後だす。オークスに出走するとなると・・・出てくる問題は「距離」だすな。なんと言っても父は短距離王のロードカナロア。母はエリザベス女王杯を勝ったフサイチパンドラとはいえ、この極上の切れ味を見るとマイルがピッタリに思えるだすよ。ただ、最近のオークスはスローで流れて終い勝負になりやすく、桜花賞組のマイラーでも好走出来るからね。そこまで心配する必要はないのかもしれないが、個人的にはやっぱり距離は不安だす。

 

2着のラッキーライラックは本当に運が悪かったな。このペースで3番手なら最後に脚が上がってもしょうがなし。それでも止まったわけではなく、正攻法で勝ちに行ってのものだから鞍上を責めることは出来まい。相手を褒めるべきだろう(石橋コメント潔し)。真ん中くらいの枠で、せめてリリーノーブルと同じような位置取りで競馬が出来ていれば、あるいはまた違った結果だったかもしれない。この馬もペース次第で33秒台前半の脚使えるからね。

結果は2着だったが、このペースで先行してキッチリ2着を確保したあたり、やはり能力はトップクラスだね。アーモンドアイとの2馬身差は能力差ではなく、マイル適正・展開の綾だと思う。ペース次第で逆の結果になっていたのではないかな。さて、こちらはオークスでも全く問題無さそう。というか距離伸びて良さそう。折り合いも問題ないし、前のポジションが取れるのもいいね。さて・・・オークスの鞍上はどうなるのか?出来ればそのまま石橋でお願いしたいが、ミルコに乗り替わりとかもうヤメてよミッキー(笑)。

 

3着のリリーノーブルは本気で勝ちに行ったが届かず。なんかキャラ的に3着が指定席になりそうだが、この馬も相当強いと思う。この後はオークスに行くんだろうけど、血統的に東京2400は微妙だなあ・・・。2000までって気がするけど・・・。NHKマイルCならアッサリ勝ったりして。

 

4着のトーセンブレスは8番人気での好走。アーモンドアイと同じく展開がハマったのはあるが、この馬も相当長くいい脚を使うね。血統的にもマイルはちょっと短い感じで、2000m以上・・・オークスはピッタリな印象。人気薄になるようなら積極的に狙いたい。

 

以下、マウレア、リバティハイツ、レッドサクヤ、スカーレットカラー、ツヅミモンあたりはタイム差なしの僅差。マウレアはどうなんだろう。。。位置取りは悪くなかったと思うが、やっぱり使い詰めで調子がイマイチだったのかな。血統的にも2000以下ぽいし・・・オークスで巻き返すのはちょっと厳しいか。

 

今回前で頑張ったレッドサクヤ、リバティハイツあたりはオークスに出走するようなら穴で再び狙いたいねー。ツヅミモンは是非NHKマイルCに出てこい!今回の競馬が出来れば一発あるかもだぜ!

 

馬券はレッドサクヤ軸の馬券でドモナラズ。

 

最近は、

 

全然当たってない(笑)。

 

しかし、

 

1㍉も懲りずに、

 

皐月賞も大穴狙いで逝く。

 

 

あ、皐月賞のデータ分析はこちら!

 

データから浮かび上がる穴馬は?

 

調教チェックや展開予想は後日ねー。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

全米メディアも大谷の「完全試合未遂」に大興奮「本当に人間か?」

「2刀流にチャレンジする!」と大谷翔平が言った時、多くの評論家や実績あるOBやメディアが「野球ナメんじゃねえ」「ピッチャーに専念しろ」と言った。しかし、今や大谷はメジャーで2刀流をやろうとしている。心から尊敬するね。そのチンコスピリットに。しかし、まだ23歳。大谷君のチンコを巡る争いも熾烈だろうなあ。うらやまC。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【桜花賞2018予想】阪神芝1600mで行われる3歳牝馬クラシック第一弾GⅠ桜花賞!ラッキーライラックが断然の人気。続いてアーモンドアイ、リリーノーブルだが、穴馬の入る余地は?展開・隊列・ペースは?上がり3Fは?狙いは調教抜群のレッドサクヤ!ヒモ穴にアンコールプリュ、フィニフティ、爆穴にスカーレットカラー、ツヅミモン!

 

今回の桜花賞は実にチクビが堅そうでね。

 

本当は、

 

フライデーの袋とじを見るかのように、

 

じっくりと舐めるように、見るだけにしたいところだけど、

 

 

手をどけなさい。

 

じゃなかった(笑)、

 

やっぱGⅠ・桜花賞だからね。

 

オートマチックボッキングしちゃうのが馬券オヤジのサガ。

 

色々と言い訳をしつつ馬券は買っちゃうんだけど・・・

 

さて、どうするべ。

 

■桜花賞2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

ラッキーライラックは1倍台の人気になるかと思ってたが、

どうやら2倍チョイになりそう???

 

ラッキーライラックの鞍上が

デムorルメなら多分1.3~1.5倍だったろうね。

 

プロフィール的には全く付け入るスキなく、

ツッコミどころがあるとすれば、

 

最内枠と鞍上。

 

いや、石橋が鞍上に相応しくないとか言うつもりは全くないよ。

むしろ応援しているんだが、

やっぱり経験の差ってのがあるわけだ。

 

この経験ってのは騎乗数の話ではなく、

「GⅠ経験」の話である。

 

石橋とてGⅠ勝利がないわけではないが(他にビートブラック)、

GⅠでの経験はトップジョッキーに比べかなり劣るわな。

百戦錬磨のデムルメと比べれば

橋本環奈と橋本マナミのオッパイの差くらいある(意味不明)。

圧倒的1番人気での騎乗なんて多分初めてだろうしね。

 

ただ、中堅どころの騎手が名を挙げるには・・・

このプレッシャーに打ち克ち、

桜花賞・オークスと勝って雄叫びを上げる他なし!

 

そして、

 

 

「デムルメはオレが倒す!byバシシュー!」

 

と言って欲しいものである。

 

頑張れ石橋!

 

(馬券は別だけど。笑)

 

展開見てみるぼ。

 

■桜花賞2018展開予想

逃げ候補は
レッドレグナント
ハーレムライン
コーディエライト

先行勢は
ツヅミモン
ラッキーライラック
リリーノーブル
リバティハイツ
デルニエオール

差し勢は
マウレア
アマルフィコースト
トーセンブレス
レッドサクヤ
フィニフティ
プリモシーン
アンヴァル

追い込み勢は
アーモンドアイ
スカーレットカラー
アンコールプリュ

行くのはおそらくレッドレグナントだと思うが・・・鞍上はミルコ・・・うーむ。この男が素直に逃げるかどうか・・・。2番手候補はハーレムラインとコーディエライト。いずれにしてもぶっ飛ばして行くタイプの馬は不在で。「魔の桜花賞ペース」なんてことになる年もあるんだが、今年はスローになりそうな。

 

1000mは60~61秒前後。

上がり3Fは33秒台の争いの

瞬発力勝負になると予想しておく。

 

ちなみに、

昨日の阪神牝馬Sは超スロー(1000m61.0)で結果は前残り。

(リスグラシューが上がり33.3を繰り出しても届かんかった)

 

どうも同じ展開になるような気がするなあ。

 

残ったのは前で上がり33.7~33.8を繰り出した

ミスパンテールとレッドアヴァンセか・・・

 

となると、

狙い目は前目か???

 

ただ、古馬牝馬と3歳牝馬では能力が全く違うし、

3歳で前付けして上がり33秒台を使える・・・

なんてのは相当の素質がないと無理。

 

上がりデータを見てみよう。

 

単純に、近走で上がり33秒台を使ったことあるのは・・・

・ラッキーライラック
・スカーレットカラー
・リリーノーブル
・マウレア
・アンコールプリュ
・トーセンブレス
・アーモンドアイ
・プリモシーン

さらにその時、上がり1位だったのは、

・ラッキーライラック
・マウレア
・アンコールプリュ
・トーセンブレス
・アーモンドアイ
・プリモシーン

当たり前だが、前付けして上がり33秒台・・・なんて馬はほとんどいない。チューリップ賞のラッキーライラックとマウレアくらいですな。

 

前を狙うか、後ろを狙うか・・・迷うところだなあ。

 

調教後の馬体重も見ておくか。

 

さすがGⅠ。大きく増減している馬、気になる馬はほとんどいないね。前走-8kgだったマウレアも今回+10kg。栗東留学なんで輸送なしだし。しかし、ラッキーライラックはチューリップ賞時も+10kgだったんだが、今回もプラス体重になりそうで・・・余裕を感じますなあ。リリーノーブルもビシビシやって+10kgだからね。これも成長分だろう。

 

netkeiba予想陣の印も見ておくか。

 

netkeibaより抜粋

 

ラッキーライラックはだいたい想定通り。

 

んで、2番人気の割にアーモンドアイの印が薄いと。

マウレアも薄いなあ。ふーむ。

 

さてと・・・

 

正直言ってラッキーライラックが強いと思う。

 

そして相手もセオリー通りチューリップ賞組でいいと思う。

 

だけんどもしかし!

 

それじゃあ全然面白くないよな!

 

考えたのは「ラッキーライラックに勝てる馬はいるか?」という最も基本的な点。チューリップ賞組の逆転は難しそうってんで、巷ではアーモンドアイが人気になってるわけだが、この馬は「なんでトライアルを使わなかったのか?」という疑問があるし(過去10年ブッツケで連対したのはレッドリヴェールだけ→桜花賞のデータ分析さ参照)、人気薄ならまだしも人気だと買いたくないんだわ(笑)。

 

じゃあ、他に「ラッキーライラックに勝てる馬がいるのか?」ということなんだが・・・この馬でどないだす?

 

浅次郎の桜花賞の印はこうだ!

 

■桜花賞2018予想印

 

レッドサクヤ(12番人気)

可能性があるとすれば別路線組!プラス・・・この中間で大きく成長した可能性のある馬!というわけで、エルフィンS勝ち馬のレッドサクヤが本命。馬柱だけ見ると全く買えないんだが、2歳時の赤松賞ではマウレアと0.1秒差で走ってるし、年明けの500万下で負けたインディチャンプは毎日杯3着馬。血統を見ればエイジアンウインズ(ヴィクトリアマイル勝ち馬)やエバーブロッサム(オークス2着)の下で父は桜花賞と抜群の相性を誇るディープインパクト。血統的な背景は文句なし。

何より素晴らしかったのが調教内容で。調教チェックでは「馬が変わってるかもしれない」と書いたが、この点に賭けてみるのも面白いと思う。出来れば、ラッキーライラックの直後のインに付けて徹底的にマーク。ワンテンポ遅らせてからイン突きを敢行して頂きたい。

対抗はラッキーライラック。そもそも浅次郎はオルフェーヴルファンであり、心情的にはこの馬に勝ってもらって無敗の桜花賞馬を見たい気もある。つか、私が本命党なら迷わずこの馬から行くね。2倍付くんならかなり美味しいと思う。以下印参照。

 

◯ラッキーライラック(1番人気)

▲アンコールプリュ(9番人気)

△リリーノーブル(3番人気)

△フィニフティ(5番人気)

△スカーレットカラー(15番人気)

△ツヅミモン(16番人気)

 

馬連 ◎流し @100円

3連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!レッドサクヤ!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
福島5R 14番
福島9R 16番
中山6R 4番
阪神2R 6番
阪神11R 1番(ラッキーライラック)

■おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
福島3R 9番
福島5R 6番
中山2R 1番
中山3R 12番
中山4R 2番
阪神2R 12番
阪神4R 15番
阪神5R 4番

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【桜花賞2018調教チェック】阪神芝1600mで行われる牝馬クラシック第一弾GⅠ桜花賞。ラッキーライラックの仕上がりはどう?リリーノーブル、マウレア、アーモンドアイのデキは?調教抜群なのはどの馬?浅次郎の特A評価馬・調教爆穴は?調教から見る穴馬はレッドサクヤ!リバティハイツ!フィニフティ!超爆穴にツヅミモン!

 

ダントツ人気が予想される

ラッキーライラックが引いたのは、

 

魔の1枠。

 

桜花賞のデータ分析でも書いたが、内枠はヒジョーに弱い。

1枠は過去10年で【0.0.1.19】。

ちなみに、2枠は【0.0.0.19】。

 

しかし、このデータは強烈なんでね。

(多くの競馬メディアが報じるだろう)

 

「いえーい!ラッキーライラックぶった切り!」

 

という穴党が増えることも予想されるわけで。

本命党にとってはむしろ嬉しい枠かもしれん。

チューリップ賞で見せた器用な内容からすれば内枠でも問題ないし。

後は石橋が肝据えて乗れるかどうか。

 

さて、

 

全国8000人の浅次郎調教チェックファンのみんな!

 

股せたな!!

 

調教チェック行くぜ!

 

■桜花賞2018調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによる国士無双ジャッジである。テンパイしてもなかなか上がれない(笑)。あしからず。JRAの調教映像は金曜昼過ぎにアップされると思うぞ。

netkeibaより抜粋

 

【調教が良く見える馬、メイチ仕上げの馬】

ラッキーライラック 特A評価
チューリップ賞1着から中4週。一週前はCW併せ馬で37.9-11.5。最終もCW併せで馬なり38.2-11.6。ちょっと仕掛けただけで抜け出しそうになったんだけど、それだと併せ馬にならないからね。一旦パートナーが来るのを待ってから再度加速。抜かせないままフィニッシュ。鞍上の意のまま。馬体・動きともに文句なし。ただ、個人的にはまだメイチ仕上げではないと思うね。オークスまで見越した仕上げだろう。それでも特A評価。

リバティハイツ 調教爆穴
フィリーズR1着から中3週。目立った時計を出してるわけではないんだが・・・非常に良い動きに見える・・・少なくとも前走よりはるかに良くなってると思うぞ。調教爆穴。

レッドサクヤ 特A評価
エルフィンSから約2ヶ月ぶり。中間はグリーンウッドで調整され、3/10に帰厩して6本。1週前にCW一杯3頭併せで37.7-11.4。鋭く伸びて豪快に先着。最終追い切りは単走で37.7-11.7。仕掛けてからの反応も申し分なし。今までこんなにハードな調教を行ったことがなく・・・もしかしたら馬が変わっているかもしれない。特A評価。

リリーノーブル 特A評価
チューリップ賞3着から中4週で9本!ミッチリと坂路で乗り込まれ、1週前は坂路で52.3!24.4-12.1と終い最速で豪快な動き。最終はCWで36.9-11.5。ストライドがよく伸びててスピード感満点。本気度が伝わってくる追い切りである。メイチ仕上げ特A評価。

フィニフティ 調教爆穴
クイーンC2着から約2ヶ月ぶり。中間はノーザンFしがらきで調整され、3/13に帰厩して6本。1週前にはCWで終い一杯37.4-11.7の好時計。最終は馬なりで37.5-12.2。非常にバランスの良い走りでフットワーク良し。この馬、ステファノスの全妹なんだが・・・素質はかなり高そう。

マウレア
チューリップ賞2着から中4週で4本。あ・・・時計を出し始めるのが1週遅いなあ・・・なんて思ってたらこの馬、栗東留学だね。今回の調教は全て栗東で行っているぞ。1週前ヤングマンパワーと併せてCW37.5-11.7。最終は馬なりでCW37.8-12.0。過去の調教と比較出来ないんで評価するのが難しいのだが、状態はかなり良さそう。

ツヅミモン 調教爆穴
クイーンC12着以来約2ヶ月ぶり。中間はグリーンウッドで調整され、3/6に帰厩して9本!最終はCWで軽めだったんだが、1週前に坂路が迫力満点の動きで51.7。なんか動き的に粗さがあるっていうかまだ良くなる余地は多分にあると思うが、本数・内容ともに十分な稽古を積んでいるぞ!調教爆穴。

 

※アーモンドアイ、トーセンブレス、ハーレムライン、レッドレグナント、プリモシーンなど美浦組は濃霧のためチェック出来ず。

 

1番良く見えたのはリリーノーブルですな。オークスより桜花賞に全力!というような調教内容で。前走から大きく上積みがあるんじゃないかな。血統的に母系がマイル系なんでね。もしかしたら2000mくらいが限界の馬(と陣営が考えている)なのかもしれない。馬体を見てもよく分からんのだが(リリーノーブルのPhotoパドック)。たしかにガッチリ系に見えるな。

 

対象的にラッキーライラックは、シュッとしてて長い距離もこなせそうに見えるね(Photoパドック)。追い切りを見てもメイチに仕上げたって感じじゃなく、まだ成長を促しながら・・・というような余裕を感じる。チューリップ賞の時はもっと余裕だったからなあ。この馬はモノが違うかもしれない。

 

もう一頭の特A評価はレッドサクヤ

 

「浅次郎さん、特A評価調教爆穴はどう違うんですか?」

 

という質問は一度も貰ったことないんだけど(笑)、勝手に解説しておく。

 

特A評価は「調教時計の根拠がある特別浅次郎評価馬」であり、

調教爆穴は「人気はないけど、浅次郎が気になる調教馬」という感じである。

 

簡単に言うと、

調教特A馬は見た目が可愛い上に美乳。

 

 

調教爆穴は見た目普通なんだけど

ムチムチでなんかチンコが反応してしまう・・・

 

 

という感じである(笑)。

 

というわけで、レッドサクヤは時計の根拠がある浅次郎評価馬ってわけ。特に浅次郎が見ているのは「過去との比較(タテの比較)」でね。今回、1番伸び代がありそうなのはこの馬だと見ている。ただ、2歳の時にマウレアに負けてるし、このGⅠの舞台で通用するかは・・・文字通り走ってみないと分からんけどな。

 

調教爆穴にリバティハイツフィニフティ。超爆穴にツヅミモン

 

今回関東馬の調教がどうなんかサッパリ分からんのが残念だが・・・

 

参考になれば嬉しい。

 

結論は日曜日。

 

私が本命党ならこの一点買いかなあ・・・。

 

【浅次郎のひとりごと】

CC社、マネックス傘下で信用回復へ 買収きょう発表、マネックス勝屋COOが経営主導

コインチェック、予想通り買収されちゃったね。ま、これで仮想通貨に対する懸念が完全に払拭されるわけじゃないだろうけど、ユーザーはぼちぼち戻ってくるだろうね。しかしマネックスは美味しいところ持ってくなあ。数十億円って相当安いと思うけどね。仮想通貨はまだまだこれからだと思う。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

モッコリ万馬券倶楽部では、GⅠだけじゃなく、全ての重賞の調教チェックを行っているぞ!先週の調教チェック爆走馬・・・ダービー卿CTのストーミーシー(調教爆穴9番人気3着)、大阪杯のペルシアンナイト(特A評価6番人気2着)。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【桜花賞2018予想オッズ・データ分析】阪神芝1600mで行われる牝馬クラシック第一弾GⅠ桜花賞。今年はラッキーライラックの断然人気が予想されるが、逆転候補馬はいるのか?穴馬はどの馬?データ的には、外枠有利!脚質は差し・追い込み!騎手・馬体重・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はアンコールプリュ、スカーレットカラー!

 

いつもGⅠの予想オッズを前週に出してたんだけどね。

今はもうnetkeibaで予想オッズ出てるし、

コッチの方が正確だろうから、

これからはデータ分析を前倒しでやることにしようかと思う。

 

■桜花賞2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

現時点だと500万勝ちしかない馬は出走出来ないね。

1勝+GⅢ2着のスカーレットカラー、トーセンブレス、フィニフティが2/3の抽選?

なかなか厳しい出走ラインだねー。

 

1番人気はダントツでラッキーライラック。

4戦4勝。GⅠ含む重賞3勝。いずれも完勝。

ローテ、コース適性、いずれも文句なし。

 

競馬に絶対はない!

オッズほど能力差があるわけではない!

 

と、いつも言ってる浅次郎であるが、

今回はちょっと無理ゲーかもしれん。

 

逆転あるとすれば、未対戦組。

 

その筆頭はアーモンドアイ・・・ってことで、

この馬が2馬人気になりそうだね。

 

まあ、予想をするのはタダなんでね。

 

ワンオクのWherever You Areでも聴きながら、

 

↑森進一の息子(え)。

 

桜花賞のデータ見てみるろー。

 

■桜花賞2018データ分析、人気別成績

意外なんだが、1番人気の強さは標準以下!もっと強いイメージあったけどな。とはいえ、5番人気以内の馬が馬券の7割を占めてるんでね。そこまで荒れるわけじゃないんだが、荒れる要素も結構あるレースだと言える。今年は1着固定の2~3着ヒモ荒れ狙いってのが面白いかも?

 

■桜花賞2018データ分析、枠番別成績

内枠弱え!明らかに内より外枠!

 

■桜花賞2018データ分析、馬体重別成績

3歳牝馬戦なんでね。馬体重が軽くてもOK。特に、420~439kgのゾーンは嫌われがちなだけに狙い目。

 

■桜花賞2018データ分析、騎手成績

桜花賞男は、岩田池添!特に池添(デルニオエール騎乗予定)は人気薄を持ってくる傾向にあるので要注意。

 

■桜花賞2018データ分析、種牡馬成績

阪神マイルはディープインパクトの庭なんだが、桜花賞でも絶対的な存在だね。アンコールプリュ、トーセンブレス、フィニフティ、プリモシーン、マウレア、レッドサクヤ・・・と今年も大挙出走。

 

■桜花賞2018データ分析、間隔別成績

休み明けはほぼ全滅。馬券になるローテは限られている。

 

■桜花賞2018データ分析、前走成績

注目前走は、チューリップ賞(17頭)、フィリーズレビュー(4頭)、クイーンC(3頭)、フラワーC(2頭)、エルフィンS(2頭)。

なんと半数以上をチューリップ賞を占めており、特にココ最近は馬券内のほとんどを独占しているね。チューリップ賞であれば着順は問わないが、当然のように1~3着馬が強い。フィリーズレビュー組は1~2着条件、クイーンC・フラワーC・エルフィンSは1着条件。アネモネS組や休み明けは即切り。これで結構絞れる?

チューリップ賞組・・・ラッキーライラック、マウレア、リリーノーブル、スカーレットカラー、サヤカチャン
フィリーズレビュー1~2着・・・リバティハイツ、アンコールプリュ
エルフィンS1着・・・レッドサクヤ

ローテ面からは・・・アーモンドアイは買えない。

 

■桜花賞2018データ分析、脚質別成績

さすが阪神マイル。脚質的には圧倒的に「差し・追い込み」が強い!桜花賞も基本は「スローの瞬発力勝負」。とにかく速い上がりを繰り出せるかどうかが重要だど。上がり1~3位馬がとにかく強かね。1着に限れば、上がり5位以内必須。

 

■桜花賞2018データ分析、位置取り・上がり3F

ご覧の通り、4角二桁番手、後方からでもバンバン馬券になるレース。直線だけで差せるレースですな。馬場にもよるが33秒台の末脚は必須じゃ。

穴馬の脚質は、先行・差しドッチも有り。

逃げ馬はツライ。

 

■桜花賞2018データ分析、厩舎・生産者・血統

関西馬が圧倒的ですな。関東馬のアーモンドアイ・マウレアあたりにとっては気になるデータ。それからノーザンF・社台Fがめちゃくちゃ強いね。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクト

・チューリップ賞組

・差し、追い込み強し

 

穴馬候補を挙げておく。まずディープインパクト+フィリーズレビュー2着+ノーザンF+金子オーナーのアンコールプリュ。兄にブラックシェル(NHKマイルC2着)、姉にシェルズレイ(桜花賞5着)がいる血統で、刺客としての資格十分。フィリーズレビューもう一回見てみるべ。

大きく出遅れ・・・直線は外を回してダントツの上がりを駆使して追い込んだものの、わずかに届かず2着。おそらくだが、阪神マイルの瞬発力勝負の方が合っていると思う。問題は出遅れ癖だが、こればっかりは本番でちゃんと出ることを祈るのみ。

 

次に、抽選待ちの身ではあるが、チュリップ賞組+岩田のスカーレットカラー。チューリップ賞ももう一回見ておくか。

ラッキーライラック強え・・・じゃなかった(笑)、スカーレットカラーはいつも通り出脚が鈍く後方から。レースはスローの瞬発力勝負だったんだけど、スカーレットカラーは上位と同等の脚33.4を使ってるんだよね。つまりポジショニングで負けちゃったわけだけど、出脚の弱さが解消出来れば互角の勝負になっておかしくない馬だと思う。超が付く大穴だろうから・・・是非抽選通って欲しいねー。

 

それから・・・フィリーズレビュー1着+社台Fのリバティハイツ。未対戦の魅力って意味ではこの馬にだってあるわけで、スタートが良く、折り合いが付いて、前目のポジションが取れそうなのはアドバンテージ。ただ、そこまで切れるタイプじゃなさそうだから、何かの助けが欲しい。

 

ラッキーライラックは、ほぼ減点材料なし。折り合いも問題ないし、前でも後ろでも競馬が出来るし、瞬発力も半端なし。クラシックを勝って父オルフェーヴルの親孝行と行きたいところだろう。

 

父・森進一へ向けて歌ったものなんだそうな。

 

調教チェック、結論などは後日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「娘の傷は一生消えない」避難所での性被害の闇 把握10件、相談できず潜在化も 熊本地震2年

ボランティアに来てレイプて・・・てめえ何しに来たんだゴラァ!災害時の性被害は東日本大震災の時にも問題になっていたが、熊本でもあったんやなあ。地震災害はどこでも起こり得るから、闇の部分も知っておいた方がいいね。鬼畜はどこにでもいる。

 

【フィリーズレビュー2018予想】阪神芝1400mで行われる桜花賞トライアルGⅡフィリーズR。桜花賞の出走権を巡ってフルゲートの大激戦。展開・隊列・ペースは?ハイペース?差し決め打ち?狙いは大外のアリア!相手はモルトアレグロ!ヒモ穴にイサチルルンルン、リバティハイツ、ギンコイエレジー。爆穴にメイショウコゴミ。

 

キャバクラでどんなに頑張っても

なかなか次に繋がらないのと同じように、

 

フィリーズレビューで勝ち負けしても

なかなか桜花賞には繋がらない。

 

しかしそれでも・・・

通ってしまうのが哀しい男のサガ。

 

ココに出てくる馬達も

そんな気持ちなのかもしれない。

 

(全然違うわ!)

 

いざ、

 

3着以内権利取り。

 

 

■フィリーズレビュー2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はモルトアレグロ。

阪神JF5着馬で、紅梅Sの勝ち馬。

このメンバーなら納得の一番人気ですな。

調教も抜群に良かったし、

人気でも押さえておいた方がいいかもしれない。

 

ただ、オッズが示しているように、

決して抜けているわけじゃないぞ!

 

さて展開見てみるでよ。

 

■フィリーズレビュー2018展開予想

逃げ候補は
ラブカンプー
コーディエライト
マドモアゼル
アルモニカ

先行勢は
アンヴァル
メイショウコゴミ
モルトアレグロ
ビリーバー
ギンコイエレジー

差し勢は
デルニエオール
イサチルルンルン
アマルフィコースト
アンコールプリュ
リバティハイツ
アリア

追い込み勢は
ナディア
レッドシャーロット
スウォナーレ

どうでもいい話だが・・・ずっと、デルニオエールだと思ってたんだけど、デルニエオールだった。POG馬なのにスマン(笑)。ええと。逃げるのはおそらくラブカンプーだろう。前走の小倉1200では33.9で逃げてる馬で、スローに落として逃げることはまずあるまい。特に阪神1400はハイペースになりやすいからね。

昨日の4Rの未勝利戦(阪神1400m稍重)のラップが600m34.3。今日は馬場もさらに固くなってるだろうし・・・600mは34.0を切るようなペースになるかもしれん。そうなると・・・息を入れないと前の馬は苦しいわな。

 

というわけで、

 

徹底して差し・追い込み馬狙いで逝きたいと思う。

 

前走は芝の1400~1600で、厳しいペースで速い上がりを繰り出してる馬は・・・

・イサチルルンルン
・モルトアレグロ
・ギンコイエレジー
・アリア

モルトアレグロは前のポジションを取りつつ速い上がりも使えるタイプで本命党の軸には最適だね。ただしこの馬、将来は1200路線に行きそうな気もするね。単純な瞬発力で言えば、アンコールプリュ、アマルフィコースト、リバティハイツあたりだろうけどね。この辺を馬券に入れるかどうかは悩むなあ。

 

ってわけで、

 

今日も元気に大穴狙いで逝くぜ!

 

■フィリーズレビュー2018予想

 

アリア(12番人気)

前走500万条件勝ちは当レースの連対条件、父はこのレースに強いダイワメジャー、速いペースでもキッチリ脚を使えるタイプで1400がベスト。出遅れ癖がネックだが、ごちゃつきそうな枠より大外枠で良かったかもしれない。調教を見れば前走から一変しているかのような内容。一発狙ったれ丸山!

相手筆頭は人気だが、モルトアレグロ。単穴にイサチルルンルン。◎にしようか迷った馬だが、迷ったら人気のない方!の法則で。以下、鋭い脚が使えそうな差し馬と爆穴に初芝のメイショウコゴミ。

 

◯モルトアレグロ(1番人気)

▲イサチルルンルン(11番人気)

△ギンコイエレジー(13番人気)

△アンコールプリュ(2番人気)

△リバティハイツ(8番人気)

△メイショウコゴミ(15番人気)

 

馬連 ◎流し @100円

3連複 ◎◯流し @100円

3連単 ◎→◯→▲ @100円

 

頑張れ!アリア!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

POG馬のデルニエオールの応援馬券もちょっと買っとくかな(笑)。

ちなみに、浅次郎POGの現在の順位はこんな感じである。

浅次郎POG2017~2018第一グループ

 

浅次郎POG2017~2018第2グループ

 

浅次郎POG2017~2018第3グループ

 

現在、1位はみそしっぷさん。2位がくろさわわさん。3位がジャクソンさん。こんだけいるのに、ダノンプレミアムもラッキーライラックも持ってる人いないんだ(笑)。もちろん、まだまだ分からんぞ~~~~!デルニエオール頑張れー!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【フィリーズレビュー2018データ分析】阪神芝1400mで行われる桜花賞トライアルGⅡフィリーズレビュー。モルトアレグロ、アマルフィコーストあたりが人気になりそうだが、もう穴馬だらけ!データ分析では、枠は有利不利なし、脚質は差し・追い込み有利、阪神JF組と500万組!穴馬候補はアルモニカ、ラブカンプー、イサチルルンルン!

 

チューリップ賞が10頭立てでね。

このフィリーズレビューは抽選有りのフルゲート。

 

チューリップ賞がGⅡになったのは喜ばしいが・・・

このレースはGⅢでいいんじゃないの???

特に今年はレースレベル低くなりそうですな。

 

■フィリーズレビュー2018出走馬

netkeibaより抜粋

 

まだnetkeibaには反映されてないが、

キープシークレット、トロワゼトワル、ミトノレインボーが抽選落ちみたいやね。

トロワゼトワルは武豊騎乗で有力な一頭だっただけに・・・

 

面白いことになったね。うっひっひ!

 

さて、

 

データ見てみるぼ。

 

■フィリーズR2018データ分析、人気別成績

人気勢の成績は平均よりやや低めか。人気薄の激走もあるが、10番人気以下だと苦しいか。

 

■フィリーズR2018データ分析、枠番別成績

概ねフラット・・・どの枠も馬券になってるね。

 

■フィリーズR2018データ分析、馬体重別成績

3歳牝馬戦だし、500kg以上の出走はほとんどなし。440~499kgのエリアなら問題なし。419kg以下だとちょっと割引かな。アルモニカ、デルニオエール、ナディアあたりが当てはまりそう。

 

■フィリーズR2018データ分析、騎手成績

デムもルメも当日は金鯱賞乗りに行ってるからいないしー。武豊も除外されていないしー。若者達よーチャンスやぞー!

 

■フィリーズR2018データ分析、種牡馬成績

ほほう・・・やはりタフな阪神内回り1400。瞬発力系よりタフなパワー系が強いですな。チューリップ賞や桜花賞だと鬼のように強いディープインパクトも・・・過去10年連対馬ゼロ。良血アンコールプリュは2~3番人気になりそうだけどどうだろうね。

 

■フィリーズR2018データ分析、前走間隔成績

2ヶ月以上の休み明け、あるいは1月に使って年明け2戦目・・・って馬が馬券のほとんどを占める。2月に使ってココに来た馬は割引かな。

 

■フィリーズR2018データ分析、前走成績

注目は・・・ダントツで「阪神JF組」。過去10年で9頭馬券になってるよ。またその際の着順は一切問わない感じ。次に注目したいのが、500万特別組。過去10頭も馬券になっているが、この場合は1着条件。例外は2016年のソルヴェイグのみである。後はクイーンCとエルフィンSかなあ。

阪神JF組・・・コーディエライト、ナディア
500万1着・・・アリア、アルモニカ、アンコールプリュ、イサチルルンルン、デルニオエール、ラブカンプー

 

■フィリーズR2018データ分析、脚質別成績

たわべっ・・・?なんだこの追い込みの強さは・・・!こんなの初めてぇん!

 

■フィリーズR2018データ分析、位置取り・上がり3F

なるほど・・・結構年によって極端やね。2017年みたいに「追い込み→差し→追い込み」みたいな年もあれば、2014年みたいに「先行→逃げ→先行」みたいな前残りの年もあるわ。

この時期、このコースだけに、スプリンターが混じってしまうせいやろね。ぶっ飛ばしてハイペースになって、それをみんなが追いかけて・・・結果前は全滅みたいなね。こういうタフなレースになると、将来中距離で活躍するクイーンズリングやメイショウマンボみたいな馬が差してくるんだわ。※このレースは意外とオークスやエリザベス女王杯と関連があるのである。

逆に将来スプリントGⅠで活躍するような馬は、先行しても粘りきってしまうね。ベルカント、ソルヴェイグなんかがそう。そもそもレースレベルが劇的に低いって年もあるので要注意。

穴馬の脚質は何でもアリだが・・・警戒したいのはカーチャンの次に怖い逃げ馬。

 

■フィリーズR2018データ分析、人気別成績

明らかに・・・社台F>ノーザンFやね。こういう非根幹距離は社台Fの方が強い傾向。関東馬が馬券になるのはレアケースかなあ・・・。モルトアレグロは1番人気候補だが・・・どうなんでしょ?

 

ケツデータ論

・阪神JF組か500万1着組。

・差し、追い込み優勢。

・社台F。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、川田のアルモニカ。人気になると思うんだけど、このくらいの人気なら買いだねえ。そらから逃げ馬候補のラブカンプー。バリバリの短距離血統でマイルは厳しいかもだが、1400は十分許容範囲である。今まで一度も連対を外してない堅実派。狙いの一頭。大穴に関東馬のイサチルルンルン。ダートでもやれる馬ってのはこのコースではとても魅力的。

他にも面白そうな馬が沢山いるんだが、ちょっとキリがないので止めておく。調教チェックしてからやねー。

 

もうね。

 

このレースはね。

 

OB覚悟のマン振りでオッケーでしょう。

 

 

ハズレたっていいじゃない!

 

負けたっていいじゃない!

 

馬は一所懸命走ってんだ。

 

それを眺めて勝ったの負けたのって・・・

人間様の贅沢な遊びなんだからね。

 

買うのは馬券じゃねえ。

 

興奮と感動を買うんでい。

 

(その上でプラスになったら言うことなし!)

 

結論は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「最後の一年になりそう」=イチローのマリナーズ復帰―米紙

同年代のイチローに・・・私は励まされて頑張って来たのである。「イチローは昨日何本打ったかな?」・・・そう思いながら20数年間、新聞を開いてきた。最後の一年?何を言ってるのかな?50歳まで現役じゃコラァ!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【チューリップ賞2018データ分析】阪神芝1600mで行われる桜花賞トライアルGⅡチューリップ賞。今年は阪神JF1着ラッキーライラック、2着リリーノーブルが登場。データ分析では、外枠有利、差し・追い込み有利!馬体重は?騎手・種牡馬は?前走ローテは?穴馬候補はサヤカチャン!レッドランディーニ!爆穴にカレンシエリージョ!

 

うわちゃー・・・

 

チューリップ賞もチクビ堅そうですなあ。

 

しかも10頭立てか・・・

 

■チューリップ賞2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

一番人気はラッキーライラックでしょうな。

陣営はもちろん、鞍上石橋にとっても負けられない一戦。

 

なぜなら、

負けた途端に鞍上交代の憂き目に遭う可能性が高いからだ。

 

ラッキーライラックはノーザンF系のサンデーレーシングが馬主。

種牡馬オルフェーヴルの値打ちを高めるためにも

是非ともクラシック勝ちが欲しいわけだが、

本音を言えば・・・

ミルコかルメールを乗せたい!

と思っていても不思議なしである。

 

あ、何の根拠もないずらよ?

ただ、社台グループとデムルメがベッタリなのは知っての通り。

 

個人的には、石橋には石にかじり付いてでも

ラッキーライラックの鞍上を死守して欲しいと思っている。

 

 

さて、

 

データ見てみるズラ。

 

■チューリップ賞2018データ分析

どーでもいいデータが列んでいるが・・・

一応JRAのデータ分析はこちら。

 

 

基本的にスローの瞬発力勝負がデフォルトのコースである。とにかく上がり3Fの瞬発力が大事。速い脚さえ使えれば位置取りは不問だが、差し馬が強い。

 

■チューリップ賞2018データ分析、人気別成績

1番人気強えなぁおい・・・。そんで平均オッズが1.9かあ。。。

 

■チューリップ賞2018データ分析、枠番別成績

外枠優勢ですなあ。はっきり内枠は不利。これは阪神1600のコースデータでも一緒。

 

■チューリップ賞2018データ分析、馬体重別成績

3歳牝馬戦だけに500kgを超えるような馬はほとんどいない。400~439kgの馬でも結構やれるね。

 

■チューリップ賞2018データ分析、騎手成績

色んな騎手が馬券になっているが・・・関東の騎手はほぼ全滅。いや、騎乗機会がほとんどないのか。今年の関東馬はマウレアのみ。騎手は戸崎から武豊に代わっている。

 

■チューリップ賞2018データ分析、種牡馬成績

あれ?もっとディープインパクトが勝ってるイメージだったけど・・・そうでもないんやね。とにかく瞬発力型の血統が強いんだが、ラッキーライラックはオルフェーヴル産駒(その父ステイゴールド)、リリーノーブルはルーラーシップ産駒(その父キングカメハメハ)、マウレアはディープインパクト産駒。いずれも適性は高そう。面白いのはFrankel産駒のシグナライズ。

 

■チューリップ賞2018データ分析、間隔別成績

当然のように休み明けの実力馬が強い。

 

■チューリップ賞2018データ分析、前走成績

圧倒的に強いのは、阪神JF組。なんと過去10年30頭中・・・15頭を占める。当然だがその1~2着馬は猛烈に強い。あとはバラバラだが、強いて挙げるならエルフィンSか。

阪神JF組(ラッキーライラック1着、リリーノーブル2着、マウレア3着)
エルフィンS組(レッドランディーニ3着、サヤカチャン11着)

 

■チューリップ賞2018データ分析、脚質別成績

脚質はもう圧倒的に「差し・追い込み」優勢。上がり1~3位の馬が9勝を挙げており、速い上がりが使えないと勝てない!と言っても過言ではない。2~3着には前が残ることも。ただ、逃げ馬は時々激走するので注意。

 

■チューリップ賞2018データ分析、位置取り・上がり3F

ご覧の通り、毎年のように上がり1~3位の馬が馬券になっている。好位で進めるタイプの馬は非常に苦しく、中団~後方から鋭い脚を使うタイプが狙い目。ただ、逃げ馬にだけは注意が必要だね。

ただ、こうやって見ると結構穴馬が突っ込んで来てるなあ。その脚質も色々で・・・逃げ、先行、差し、追い込み・・・何でもアリ。

 

■チューリップ賞2018データ分析、馬主・生産者・血統

クラシックはノーザンF系が強いんだが、このレースも当然のようにノーザンFが強い。過去10年で5勝を挙げておる。今年もラッキーライラックを筆頭に、リリーノーブル、レッドランディーニ、サラキア、カレンシエリージョ、ダンサール・・・と多数ラインナップ。てか10頭中6頭か(笑)。

関東馬も結構頑張っているが、やっぱり関西馬が有利か・・・血統はサンデー系主流血統が強いですな。

 

ケツデータ論。

・一番人気強し。

・阪神JF組強し。

・差し、追い込み馬強し。

 

もうね。ラッキーライラックとリリーノーブルのスキが無さ過ぎでね。この2頭で決まる可能性大だと思ってるんだけどね。3着ならなんとかなるかも?・・・って穴馬候補を挙げておこう。

まず、サヤカチャン。このレースで時々ぶっ飛んでくる逃げ馬候補。そして注目ローテのエルフィンS組。ここ3戦惨敗していて人気皆無だが、私はラッキライラックから01秒差2着だったアルテミスSを忘れていないぞ!どうしても後ろの馬に注目が集まる一戦。スルスルと逃げることが出来ればあるいは・・・?

次に、同じくエルフィンS組のレッドランディーニ。もうちょい人気になるような気もするけどねー。ノーザンFのディープインパクト産駒で差し馬。条件的にはピッタリだ。

大穴にカレンシエリージョ。良くなるのはもっと先・・・だと思うが、自己条件ではなくココに使ってくるあたりなんとも不気味。アドマイヤリードの下で、血統的なポテンシャルは高いぞ。

 

仮に穴馬が絡んだとしても、ラッキーライラックやリリーノーブルが相手だと全然付かないだろうしな・・・まあ、調教見てから判断するが、このレースも弥生賞と同じくケンがいいかもしれん。どうしても馬券を買いたければ・・・

 

単勝を100円だけ買っておけばよろし。

 

今週はオーシャンSに全力だ(笑)。

オーシャンSのデータ分析はこちら

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ディサイファが引退

え?やっぱり引退かー。もうちょいやれるような気するけどな~~~!

 

サトノクラウンとネオリアリズムがドバイ招待を受諾

おういえ!これは期待出来ますなー!今年のドバイは楽しみやでー。

 

クリンチャーが武豊騎手との新コンビで阪神大賞典→天皇賞・春へ

うーん。クリンチャー掲示板ではバトルが勃発してますなあ(笑)。まあ、騎手の乗り替わりは日常茶飯事だし、外野は何とでも言えるわけだが、誰よりも一番悔しいのは・・・菊花賞で10番人気2着、京都記念ではアルアイン・レイデオロを負かして1着に導いた藤岡佑介だろうね。ずっとこの馬に乗ってきたわけだし。私は別にクリンチャーのファンでも藤岡佑介のファンでもないが、「クリンチャー×藤岡佑介」はセットで考えてたよ。ココまで来たら、春天まで乗せてあげたらいいのに・・・と個人的には思うけどね。世知辛い世の中ですわ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【桜花賞2017回顧】今年の桜花賞を勝利したのは伏兵扱い池添騎乗の8番人気のレーヌミノル!ハイラップ早め抜け出しの横綱競馬で強い内容であった。勝因は調教?デキにあり?2着には鬼脚を繰り出したリスグラシュー。断然人気に押されたソウルスターリングは直線伸びずに3着・・・敗因は馬場?簡単に今年の桜花賞を回顧したいと思う。

 

桜満開!レーヌミノル!

 

 

いやー・・・競馬に絶対はない!

 

と常々言っておるが、

 

今回もその言葉がピッタリのレースになったな!

 

そもそもGⅠに出て来るような馬に

そんなに大きな能力差はないのである。

(ディープインパクトとかオルフェーヴルとか別格の馬は除く)

 

馬場とか展開とか調子とか・・・

ちょっとしたことで着順が入れ替わるのが競馬であり、

今回のソウルスターリングは明らかに過剰人気であったな。

 

「ソウルスターリング断然」と言っていた多くの競馬専門家の目は、

 

節穴である!

 

 

ってことが分かったと思う。

 

ま、私の目も節穴だけどな(笑)。

 

さて、

 

簡単に回顧しよう。

 

■桜花賞2017結果、着順

netkeibaより抜粋

 

■桜花賞2017映像

 

■桜花賞2017レース回顧

馬場コンディションはちょっと回復して「稍重」。

大きく出遅れる馬もなく揃ったスタート。さて、どの馬が出て行くか・・・

 

ハナに立ったのはベルカプリ。続いてショーウェイ。外からヴゼットジョリー、カワキタエンカ。内からミスエルテ、ジューヌエコール、レーヌミノルらが好位を形成。

 

その後ろに控えたのがリスグラシュー。外にソウルスターリング・・・もうちょっと前のポジションに付けると思ったが、おそらく付けたくても付けられなかったのだろう。行きっぷりもイマイチに映る。中団のインにライジングリーズン。その後ろにゴールドケープ、アロンザモナ、ミスパンテール。

離れた後方にアエロリット、カラクレナイ、アドマイヤミヤビ、ディアドラ。

 

600m通過は34.7。しかしこれは途中で引っ掛かり気味に先頭にたったカワキタエンカの通過タイムであり、5馬身ほど後方のヴゼットジョリーは35.5くらいのペースだったと思う。後続にとっては・・・馬場を考慮しても、

 

平均ペースだったか?

 

 

いや・・・そうではない。問題は600m過ぎてからである。400~600のラップ11.1はカワキタエンカのラップだったとしても、その後もずっと11秒台のラップが続くのだ。つまり、カワキタエンカが飛び出したせいで、全体のラップが締まり・・・

 

全く息が入らない一貫して速いラップ

 

になったのである。1000m通過は58.3。後続は59.0前後。馬場を考慮すればかなり厳しい流れだったと思う。

 

ズバリ・・・ソウルスターリングの敗因はこの一貫したハイラップにあったのではなかろうか?確かに阪神JFもチューリップ賞も速めのペースを前受して完勝しており、「ペースは速くても遅くてもどっちでもいい。ソウルスターリングに弱点はない」などと言われていた。しかし、阪神JFもチューリップ賞も600~800~1000地点で一旦12秒台のラップ(良馬場)に緩んでおり、息が入リやすかったのである。わかりやすく書くと、

 

桜花賞 急→急→急

チューリップ賞(阪神JF) 急→→急

 

だったわけ。世間では「重い馬場」がソウルスターリングの敗因だと言われているが、今回の桜花賞の勝ちタイムは1:34.5である。確かに良馬場に比べ1秒ほど掛かったかもしれんが、そこまで重い馬場ではなかったし、「重馬場が得意な馬」が上位に来たわけでもない。レーヌミノルもリスグラシューも良馬場で好走して来た馬である。

 

つまり、世の中が言う所の「ソウルスターリングの敗因は重い馬場」というのは信じない方がいい(→ソウルスターリングは重馬場が苦手?)。もちろんそれも一因ではあるだろうが、あまり説得力がある話じゃないと思う。それよりも「緩急の効いた瞬発力勝負が得意だから、一貫した速い流れは苦手だった」・・・あるいはもっと単純に「今回はメイチ仕上げじゃなかった」・・・これらの方が説得力あると思うけどな。

 

逆に言えば、それでも3着に来たあたり・・・

やっぱりソウルスターリングは強い馬だと思う。

 

戻ろう。

 

レースはカワキタエンカがハイラップで引っ張る流れ。後方のアドマイヤミヤビは全く手応えがなく、3コーナー手前でもう手が動いている。

 

4コーナーを抜群の手応えで回っているのが、レーヌミノル、カラクレナイ、アエロリット。ソウルスターリングはこの位置なら4角回りながらポジション上げるぐらいじゃないと・・・と思うがイマイチ反応が悪い。リスグラシューも手応え良く見えない。もうGOサイン出してるもんね。

 

残り400m。カワキタエンカのリードがなくなり、ヴゼットジョリー、ショーウェイら先行馬が沈んで行く中、ギリギリまで追い出しを我慢したレーヌミノルがここでスパート開始。力強く抜け出していく!外からソウルスターリングが追い縋るも・・・逆に突き放す勢い。

 

残り200m。レーヌミノルが先頭に立つ。後ろのソウルスターリングはイマイチ伸びない!外からカラクレナイとアエロリットが追い込んで来る!そして、一旦突き放されてもうダメかと思ったリスグラシューが・・・坂を登りつつもう一回伸びてくる!

 

粘る粘るレーヌミノルにリスグラシューとカラクレナイが襲いかかるが・・・

 

半馬身残したところがゴール!最後はレーヌミノルもバテバテであったが、前半の貯金が活きた。いやしかし、このハイラップを4~5番手で追走し、早めに抜け出して完封したのであるから・・・

 

レーヌミノル強し!

 

である。実際前に行った馬はこの馬以外全滅だけんな。

 

 

 

レーヌミノルは、父ダイワメジャーで母父はタイキシャトル。もしかしたら2000mくらいまではなんとかなるかもしれんが、2400のオークスはちょっと長いかも。現在の選択肢としては「オークスorNHKマイルC」ってことらしいが、多分NHKマイルCに行くのだろう。個人的にはオークスに出てきて欲しいが(笑)。今回の勝因は何と言っても「デキ」であろうな。調教チェックでも書いたが過去最高のメイチ仕上げであった。これが道中の行きっぷりの良さや最後の粘りに繋がったんだと思う。後は鞍上池添の好騎乗もさすがの一言。ソウルスターリングの前で競馬するとは思わんかったわ・・・もし、ソウルスターリングの後ろからなら結果は変わってたろうね。ほんと池添は大舞台に強い。

 

2着リスグラシューは4コーナーの手応えが怪しく、直線も一旦引き離されており惨敗してもおかしくないレースであった。しかし、最後の坂に掛かって他馬がバテてからもう一回猛然と伸びた。この馬も前走かガラッと変わってたな!図太く長くいい脚を使うのがこの馬の長所。東京の直線はピッタリだし、血統的にも桜花賞よりオークス向け。次は主役になれるかもよー。

 

3着のソウルスターリングについては先程書いた。今後のレース選択をどうするのか・・・是非オークスに出てきて欲しいなあ~。

 

カラクレナイは惜しい4着。厳しいペースが得意な持久力型で、今回の桜花賞は展開的にもピッタリだったが・・・前を捉えるまでには至らなかった。しかし、冒頭でも書いたが、GⅠに出て来る馬の能力差なんて殆どないのである。オークスで人気を落とすようなら面白い一頭になると思うぞ!

 

5着アエロリットは驚きの後方待機策。スタートから前に行かせる気が全然なかったので・・・おそらく作戦だったのだろう。ソウルスターリングの前で競馬しても勝てないと踏んだのだろうか?最後はカラクレナイと同じような脚を使って際どい5着。この馬の場合、おそらく道悪がプラスに働いたと思うがそれにしてもいい脚で突っ込できたな。この馬も上位とはほとんど差がないと思うぞ。

 

2番人気に押されていたアドマイヤミヤビは見せ場なく12着。馬場が合わなかったと見る向きもあるが、血統的にはむしろ「道悪はプラス」のはず。今回位置取りも後ろ過ぎたし、道中の行きっぷりも悪かった。他に何か敗因があると思うなあ・・・この馬の目標は最初からオークス・・・だと思う。

 

ミスエルテも「道悪」に敗因を求める向きが多いが、やはりぶっつけでの桜花賞は厳しいわ。次はどうすんのかな?

 

馬券的には◎に推したゴールドケープが全く見せ場なしのズブズブでドモナラズ(涙)。道中いい位置に居たと思うんだけどなあ~。あそこから伸びないのは実力不足であろう。ま、馬券に悔いなし。スガパー。

 

しかし・・・

 

コメント欄でも温かい指摘を受けているのであるが、

 

我ながら「浅次郎の調教チェック」恐るべし。

 

今回も特A評価に挙げている馬を買えば当たりではないか・・・。

馬連17,000円かよぉぉぉぉ。

 

もう・・・調教派に転身しようかなマジで(笑)。

(浅次郎は裏データ派である)

 

さて、

 

今週はいよいよ皐月賞ですな。

 

ファンディーナの参戦がどういう結果になるか・・・

 

楽しみィィィ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

予算はいくら? Dr.コパさんが語る“GI祝勝会”の舞台裏

いつか百万馬券を当てて、

どんぶり毒者を集めて、

どんぶり会をしたいと思っている。その時は来てね~。

(当ててから言え!)

 

 

【桜花賞2017予想】阪神芝1600m外回りで行われる牝馬クラシック第一弾桜花賞。前日オッズではなんとソウルスターリングの単勝が1.1倍の断然人気。こりゃ過剰人気だろ!ソウルスターリングの買い方?展開はどうなる?ハイペース?スローペース?展開が向くのは?狙いは爆穴ゴールドケープ!相手にライジングリーズン!カラクレナイ!

 

※すまんが、日曜日は訪問者が多過ぎてサーバーエラーが多発するようである。そういう時は「時間を置いて再アクセス」あるいは「再読込」を試して頂きたい。

 

佐賀から帰ってきて、

 

オッズ見て驚いたんだが、

 

ソウルスターリング1.1倍かよぉォォ!

 

■桜花賞2017前日オッズ

netkeibaより抜粋

 

これは前日18時にスクリーンショットしたオッズであるが、

おそらく「どっかの金持ち」が、

10本単位でソウルスターリングに大金入れやがったんだと思う。

 

現在(日曜朝)では1.4倍になっているが・・・

 

それでも人気しすぎ。

 

不安材料がない!

 

なんて陣営は言っているが、

おそらく今日は重馬場であるぞ?

 

確かに血統的には道悪も問題なさそうだが、

そんなもんは走ってみらんと分からんだろうし、

馬場がゆるくなれば「キレ」が削がれるのは間違いない。

上がりが掛かる流れになれば・・・

何が起きるか分からんぞ~。

 

それから未対戦の重賞勝ち馬だって結構いるのである。

アドマイヤミヤビ
ミスエルテ
カラクレナイ
ライジングリーズン

ミスエルテなんてのは2歳の時にソウルスターリングと甲乙付け難しと言われていた馬である。朝日杯の敗因はイレ込みだったと言われているが、もし今回まともなら全然分からんではないか。アドマイヤミヤビの前走も相当に強かったぜ?レーヌミノルを基準に考えればソウルスターリングと互角の能力と考えてもいいレベル。カラクレナイのフィリーズレビューはレースレコード。展開の助けは必要かもしれんが・・・仮に前崩れになった時にぶっ飛んでくるかもしれんぞ?

 

なにより、競馬は何が起きるか分からん。

 

当日・・・入れ込んでしまうかもしれんし、出遅れるかもしれんし、躓いてしまうかもしれんし、他馬と接触してしまうかもしれんし、落鉄するかもしれんし、進路が無くなってしまうかもしれんし、直線で大きな不利を受けるかもしれん。

 

考えたくはないが、レース中に怪我をするかもしれん。

 

なんもかんもで競馬であり、

 

いくらなんでも過剰人気だろう。

 

まあ、普通の1番人気より勝つ可能性高いだろうけどな。

女王ソウルスターリングに記者◎ズラリ。ルメールも自信「弱点ない」

 

金持ちはソウルスターリングから買えば宜しい。

 

だけんどもしかし!

 

身も心もケツ馬券師である私は当然いばらの道を逝く。

 

ケツ馬券師的狙い方としては、

 

・ソウルスターリングぶった斬り!

・ソウルスターリングはヒモで押さえ

・ソウルスターリングを着固定

 

のいずれかですな。ソウルスターリングが飛ぶのを期待しつつ、ヒモで押さえておくのが一番現実的かな(笑)。もしくは3連系などでソウルスターリングを2~3着に固定。ちなみに、三連複のソウルスターリング流しや三連単のソウルスターリング1着固定はめちゃくちゃ売れるので相手は絞らないとダメだぞ!

 

■桜花賞2017展開予想

逃げ候補は
ベルカプリ
ショーウェイ
カワキタエンカ

先行勢は
ジューヌエコール
アエロリット
ソウルスターリング
アロンザモナ
ミスエルテ

差し勢は
レーヌミノル
リスグラシュー
ヴゼットジョリー
アドマイヤミヤビ
ディアドラ

追い込み勢は
ゴールドケープ
カラクレナイ
ライジングリーズン
ミスパンテール

ハナに行くのはショーウェイかベルカプリか、それとも大外のカワキタエンカか?いずれにせよ強力な逃げ馬は不在。そう速いペースにはなりそうもない・・・が、ポイントはソウルスターリングの位置取り。ほとんど全ての馬がこの馬をマークするわけで・・・この馬が3~4番手で進めば自然と速いラップになるかもしれんぞ。さらに、この道悪である。ジョッキーの意識が「前々」になっても全く不思議なし。想定外のハイラップになるのは得てして「道悪」の時だったりする。

 

通過タイムは馬場によって変わるので何とも言えんが、昨日の阪神牝馬Sの1000m通過が59.3。勝ちタイムが1:34.3でミッキークイーンの上がりが34.0。重馬場とはいえそんなに悪くないよな。問題はさらに降り続いている雨で今日の馬場がどうなっているか・・・?今日の天気は昼から回復するようだが、おそらく馬場が回復するには至るまい。馬場は要チェックである。

 

桜花賞2017重馬場適正、調教チェック

 

ちょっとnetkeiba予想陣の印見てみるか。

 

■桜花賞2017netkeiba予想陣の印

netkeibaより抜粋

 

このnetkeibaに限らず、競馬専門紙の予想家の多くは

トリガミの谷のウマシカである。

 

 

BS11で偉そうに予想をしている丹下の予想を見てみよう。

 

 

別にソウルスターリングに◎を打ってもいいさね。

しかし断トツ人気のこの馬を軸にして6頭も買うとどうなるか?

 

わかりやすく馬単の例を見てみよう。

 

馬単表裏なんで12点買いである。で、表のオッズがこれなんだが・・・相手が6、15、16の場合はトリガミ。1、8、12が来たととしても1.5倍にもならん。チョイプラである。

 

もちろん、ソウルスターリングが2着の場合(裏の場合)はそこそこ付くことになるが、狙った馬が1着に来た場合に全く儲からん!という最低のウマシカ馬券になってしまうのだ。

 

 

このウマシカ馬券・・・ロマンもなければ実利もない。

 

ロマンを追うなら

「ソウルスターリング単勝勝負」、

 

実利を追うなら

「ソウルスターリング2着固定馬券」で逝くべきだろう。

 

そして、

ソウルスターリングを頭にするなら、

徹底的に相手を絞る!のが絶対条件。

 

出来れば1点勝負。

 

買っても2~3頭までであろう。

 

そういうオッズなのだから、

そういう買い方をせねばならんのである。

 

まあ、この予想家達だって

自分の財布でこんな馬券を買ってるはずなし。

(金がいくらあっても足りん)

 

我々をJRAの罠にハメるべく、

こういう印を打っているだけである。

(JRA的には的中を数多くして競馬にハマる人を増やしたい)

 

さて・・・

 

スローになったらソウルスターリングが勝つだろ!というわけで、ハイペースになる前提で強引予想する。つまり、ハイペース向けの持久力型が狙い目。さらに重馬場を味方に出来るパワー型。1000m通過が59秒位で、上がりが36~37秒掛かるような流れになることを祈りつつ馬券を買う。

 

伝説狙いじゃあ!

 

■桜花賞2017予想印

 

ゴールドケープ(12番人気)

ウマシカはアンタだろ!という鋭いツッコミは加齢臭を振りまきながら回転レシーブさせて頂く。例年、フィリーズレビュー組は桜花賞で弱く、馬券の中心はチューリップ賞組が基本。そんなことは百も承知の上であるが、果たして今年のフィリーズレビュー組は弱いのだろうか?テンの3Fが33.5という超ハイラップ。レースの上がり3Fが35.5という持久力戦でカラクレナイの勝ちタイムは1:21.0。レースレコードである。つまり、今回のフィリーズレビュー上位組はハイラップの持久力戦に強いわけだ。今回の桜花賞がどういうラップになるか分からんが、ハイペース想定ならフィリーズレビュー組を狙っても十分面白いと思う。

であれば、カラクレナイを狙えばいいじゃん!と思う方も多いだろうが、さらに脇の酸っぱいニホイをスンスンと嗅ぎつつバックアタックするのが浅次郎流である。このゴールドケープ・・・フィリーズレビューでは大きく出遅れて、軽く4~5馬身のビハインドだったのだ。

もちろん「出遅れなければ・・・」なんてことを言うつもりはない。大事なのは「この馬、後ろで脚を溜めた方がいいじゃん!」ということを陣営が知ったこと。そもそもこの馬は好位付けの競馬が出来ていた馬であり、阪神JFの時は二の脚を使って番手を取った馬である。おそらくキレる脚がないから前々で・・・ということだったんだと思うが、実はハイペース持久力戦での差し!がこの馬の真骨頂だったわけだ。前走は大きく出遅れたビハインドが大きかったが、普通にスタートを切って中団で脚が溜まれば・・・?

調教は抜群。道悪は鬼。あとはハイペースになるのを祈るのみ・・・ドロドロ馬場の消耗戦希望。丸山~~~無欲で行ったれ~~~!

 

ライジングリーズン(8番人気)

最後まで◎にするか悩んだが、やっぱり調教がイマイチに見えたので印を落とす。この馬もハイラップ向けの持久力型。道悪もおそらく得意!枠がちょっと内過ぎであるが、逆に覚悟が決まっていいかもしれん。後方待機からの大マクリで。

 

▲カラクレナイ(6番人気)

△レーヌミノル(9番人気)

△アドマイヤミヤビ(2番人気)

△ミスパンテール(5番人気)

△ソウルスターリング(1番人気)

 

単勝 ◎ @200円

馬連 ◎流し @100円

三連複 ◎○流し @100円

 

結果はどうあれ楽しみだな!

頑張れ!ゴールドケープ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

メイショウマンボ、ラストランは14着 今後は繁殖牝馬に

おつかれさん。この馬の晩年の使われ方については賛否両論あるだろうけれども、調教ではあれだけ走るのに本番では走らない・・・という状況が続いていたけんな。おそらくは肉体的な衰えではなく精神的なものだったと思う(だからなかなか引退させることが出来なかった)。競走馬は機械ではない。生き物である。強さを維持するには肉体とともに「心」も大事なのは人間と同じ。いいお母さんになっていい仔を出して欲しい。

 

【桜花賞2017調教チェック】阪神芝1600m外回りで行われるGⅠ桜花賞!今年は雨?重馬場になる?各馬の重馬場適性は?ソウルスターリングの断然人気が予想されるが調子は?調教チェック特A馬は?仕上げ絶好の馬は?調教から見る狙い目はレーヌミノル!リスグラシュー!調教穴馬はゴールドケープ!イマイチ仕上げの馬は・・・

 

秒速10文字で今これを書いている。

 

自慢じゃないが、

 

私のチンコの射撃は早い。

 

じゃなかった(笑)、

 

私のタイピングは鬼のように速い。

 

昔、ネットゲームにハマった時に、

「ネカマ」になってそこら辺のネトゲ男を騙しまくっていたからだ(←バカ)。

 

その後、ミッチーばりに

「なぜ俺はあんな無駄な時間を・・・」

 

 

と思ったものだが、

 

世の中何が役に立つか分からんもんであるな(笑)。

 

さて、

 

「浅次郎さんの予想印はどうでもいいですけど(ゴラァ!)、

調教チェックだけは毎回ガン見してます!」

 

という腐れどんぶり毒者の皆、待たせたな!

 

桜花賞の調教チェックだぜ!

 

■桜花賞2017枠順

netkeibaより抜粋

 

ち、ちきしょ・・・

 

ソウルスターリングも

アドマイヤミヤビもいい感じの枠に入ったなあ。

 

どうせなら内枠に入ってくれれば良かったのにィィィ。

桜花賞、枠順コメント「内は荒れるかも・・・」

 

抽選を抜けたのはカワキタエンカとベルカプリか。

面白そうな馬が抜けて来たな。

 

さてと。

 

■桜花賞2017調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪眼によるヨイドレチェックである。また、馬の強弱とは関係なく、馬の調子を見るのものである(主に前走や前々走との比較)。あしからず。JRAの調教映像(金曜の12時頃に公開)はこちら。youtubeで見てもいいよ。

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

ミスエルテ
CW良【51.7-37.4-11.7】馬なり 川田
休み明けとなるがフットワークいい。馬なりで好時計が出るあたり仕上がり良さそうですな。朝日杯の時と同じくらいのデキにありそう。しかし、トライアルに使えなかったのはなんかワケがあるはずだしなあ。後は成長してるかどうか?

サロニカ
栗東坂路良【54.0-38.7-25.2-12.8】馬なり 助手
時計的な強調材料はないのだが、もともと時計が出るタイプではないけんこれでも十分な仕上げ。何とも不気味。

ベルカプリ
栗東坂路良【55.7-39.9-25.1-12.1】G強 藤岡佑
一週前には52秒台!抽選組だが調子良さそうですぞ。

リスグラシュー
栗東坂路良【55.1-39.0-24.6-11.8】G強 坂井
最終は終いだけサッとだが、GOサイン出したらズバッと反応して併走馬を突き放しラスト11.8。1週前には【50.8-37.0-24.3-12.2】という鬼時計を出しててもう何も言えねえ・・・文字通り前走とガラッと変わってるぜ!特A評価!

カラクレナイ
CW良【82.8-66.6-52.0-38.4-11.9】馬なり 助手
前走よりさらに良くなってるかも。順調。

ゴールドケープ
DP良【66.9-50.0-36.5-11.4】仕掛け 助手
DP追いなので時計が出やすいのはあるがそれにしても素晴らしい。一週前には48.2という実戦さながらの好時計。全く人気ないが爆穴として面白い一頭。特A評価!

レーヌミノル
CW良【83.2-66.4-52.0-38.0-12.4】馬なり 池添
最終は終始馬なりで軽めだが、一週前にCWの3頭併せで【80.1-63.6-49.4-36.2-11.4】という鬼時計を出しており、過去最高の仕上がりである。絶好調。特A評価!

アロンザモナ
CW良【53.8-39.5-12.2】馬なり 幸
最終は軽めだが、一週前に37秒台の好時計。坂路オンリーの調教からCWとの混合調教にシフトしており何とも不気味。

アドマイヤミヤビ
栗東坂路良【53.3-38.8-25.2-12.5】馬なり 助手
最終は軽めでも53秒台!これは今までと全く違う点(前走は54.8、前々走は57.7)。1週前、2週前としっかり負荷が掛かっておりほぼ仕上がった状態だと思う。ただ、まだ上が有りそうな感じ。メイチ仕上げではなく、オークスまで見ていると思うな。

ミスパンテール
栗東坂路良【53.2-38.2-24.9-12.3】G強 四位
上がり最速。スピード感があっていい調教内容だなあ。上積みあるで~。

 

【調教がイマイチそうな馬】

ライジングリーズン
南W良【69.2-54.0-39.5-13.0】馬なり 丸田
うげえ、この馬狙ってるんだけどォォォ!前走も前々走も最終は南W37秒台。今回の調教はあまりにもヌルい。もう仕上がってしまってて強い負荷を掛ける必要がないのかもしれんが・・・ちょっと上積みはないかも。

ジューヌエコール
CW良【84.1-68.3-53.0-39.0-12.9】馬なり 北村友
いやあ・・・これはさすがに前走の方が良かったような気がするなあ。やれないのかやらないのか・・・

アエロリット
美浦坂路良【54.0-39.5-25.9-12.8】馬なり 師
悪くはないんだが、1週前にも速い時計を出しておらず、ずっと軽めの調教。

ヴゼットジョリー
栗東坂路良【54.0-38.8-24.8-12.3】馬なり 福永
最終馬なりで軽めなのは問題ない。気になるのは一週前のCW40.2である。いつもCWなら37秒台が出る馬だけんなあ。ヌルいような気が。

ソウルスターリング
南W【67.6-51.9-38.8-12.8】馬なり 助手
いやね。状態はとてもいいと思うよ。しかし、この馬毎回そうなのであるが、調教では良く見せないのである。良く見せないっつかまだ「馬なり」以上の調教やったことないんだけどね(笑)。やれば動くんだろうけど・・・。まあ、チューリップ賞の時も阪神JFの時もそうだったけど、調教だけで見たらイマイチ。

ディアドラ
栗東坂路良【52.8-38.3-25.1-12.6】一杯 助手
決して悪くないんが、前走時は強めで51.7・・・前走時がメイチだったかも。

カワキタエンカ
栗東坂路良【55.1-41.0-26.3-12.7】馬なり 助手
中1週だからしょうがないが、追い切りは1本だけ。ちょっと厳しいか。

 

最も良く見えたのはレーヌミノルである。当初桜花賞狙いじゃなくフィリーズレビュー狙いじゃね?と思っていたが(笑)、さらに上の仕上げである。今年もフィリーズレビュー組は人気落とすと思うが、実は結構ハイレベルだったかもしれんぞ?

同じくらい良く見えたのがリスグラシューである。前走からの上昇度ハンパなし。チューリップ賞は明らかにトライアル仕様であった。ソウルスターリングとの勝負付けは終わった的に見られてるかもしれんが、まだ分からんぞ~。

それから調教爆穴にゴールドケープ。ココが勝負のメイチ仕上げ。フィリーズレビューは出遅れ最後方から上がり最速を繰り出した馬。ハイペースの前崩れとなれば飛んで来るかもよ~。あ、それから多分この馬道悪の鬼。週末は雨予報だぜ~~。

 

ソウルスターリングについては上で書いた通り。調教はあんまりよく見えんが、今までもそうだったし、あまり気にする必要はないぞ。

 

週末はずっと雨予報・・・

 

重馬場適正もやっとくか!

 

■桜花賞2017重馬場適正

ただし、キャリアが浅い3歳馬であるため、重馬場の経験のない馬が多い。以下は管理人の毒チンとエロ眼によるヌメヌメジャッジである。あしからず。

【重馬場が得意そうな馬】

ライジングリーズン 「雨は歓迎」と陣営コメント
ジューヌエコール 父クロフネ、重馬場実績アリ。
ゴールドケープ 激重の白菊賞を圧勝。重馬場は鬼。
アエロリット 血統的に実績的にも多分道悪得意。
アドマイヤミヤビ ハーツクライ×クロフネ
ミスパンテール ダイワメジャー×シンボリクリスエス
カワキタエンカ 重馬場実績アリ

 

フランケルはどうなんやろ?道悪の鬼サドラーズウェルズ系なんで得意だと思うんだけど、頭数が少なくてわからんのよねー。こんだけ日本の芝に合うってことは「堅い馬場が得意」なのは間違いないだろうけど・・・道悪どうなんやろねー。まあ・・・ミスエルテは母系がアメリカのパワー血統だし得意だと思う。ソウルスターリングはハッキリ言って良く分からん(笑)。

 

さてと。

 

狙っていたライジングリーズンの調教がイマイチで、

 

チンコシオシオ。

 

勃て!勃つんだ!浅チン!

 

 

初志貫徹で逝くか、調教派に鞍替えするか(笑)。

 

まあ、ソウルスターリングがどんだけ人気になろうと、

 

泉里香ちゃんのオッパイで逝く!

 

じゃなかった(笑)、

 

いつも通り大穴狙いで逝く!

 

結論は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

サトノダイヤモンドが凱旋門賞に登録 同馬主&同厩舎のサトノノブレスも

うおっ!凱旋門賞登録来たっ!キタサンブラックも登録するらしいし・・・今年の凱旋門賞も楽しみやなーー!