【常穴馬券術】【とにかく上がり最速馬券術】競馬は「上がり3F最速馬(上がり3F一位の馬)」を買うだけで勝てる!勝率・連対率・複勝率は驚異の成績!しかし難しいのは「上がり3F最速馬」を見つけること。その方法は「前走~3走前で上がり1~3位の馬をチェックする」「コース・馬場・距離で速い上がりが使えるかチェックする」である。

 

先日、

 

「逃げ馬を買えば競馬は勝てる」

 

という馬券コラムを書いたのだが、

逃げ馬を買えば競馬は勝てる。前走の逃げ馬は?

 

もう一つ競馬で勝つための

シンプルかつ効果的な馬券術をお伝えしよう。

 

それは、

 

「とにかく上がり最速馬券術!」

 

である。

 

は?

 

浅次郎がまたなんか言ってるぞ?

 

と思った毒者諸兄も大勢いるかと思うが、

 

その名の通り、

 

「上がり最速馬を買え!」

 

っていう単純シコシコな馬券術である。

 

先日話した、

 

「とりあえず逃げ馬を買え!」

 

とは相反する話であるが、

 

逆もまた真なり。

 

というのがこの世の常。

 

 

貧乳美少女か?

 

 

妙齢の巨乳チョイブサか?

 

これは・・・意見が別れるのと同じで、

(それは違う話だろ!)

 

逃げ馬を狙うのも、

上がり最速馬を狙うのも、

 

どちらも正解なのである。

 

ちょっくらデータで確認してみよう。

 

■上がり最速馬の成績(2008~2017年)

これはここ10年(2008年~2017年)の、芝レースにおける「上がり3F1位の馬」の成績である。

 

勝率 28.7%
連対率 47.1%
複勝率 60.6%
単勝回収率 262%
複勝回収率 203%

 

すんげえ成績である。

 

もしかしたら、

 

「上がり最速馬券術」に対して

 

「それはちょっと単純過ぎじゃね?」

 

と思った方もいると思うが、

 

この数字を見たら

 

「うっ!ゴメン!」

 

 

となったであろう。

 

「上がり3F一位の馬」を単勝でベタ買いするだけで、

 

大儲け出来るのである。

 

だけんどもしかし!

 

これはレースが終わった後で出した結果論であり、

 

問題は・・・

 

「上がり最速の馬」をどうやって見つけるか?

 

なのである。コースや馬場や枠順や展開やペースや斤量や体調やジョッキーによって条件は変わるのであり、条件が変われば使える脚も変わるのであり、予想の段階で上がり一位の馬を当てるのは容易ではない。

 

これは「逃げ馬を当てる」のと全く同じ理屈であるな。

 

容易ではないが、見つける方法はあるぞ。

 

そう、速い上がりが使える馬ってのは、

要は「瞬発力が高い馬」であり、

それはデータからある程度導き出せるのだ。

 

まずこちらを見ていただきたい。

 

■上がり最速馬の「前走の脚質」と「前走の上がり順位」

 

まず、脚質を見よう。上がり最速馬が「前走・逃げ」のケース・・・これは新馬戦や未勝利戦などでよく見られる・・・能力の違いで逃げてしまったケース、あるいは引っ掛かって逃げてしまったケースだろう。これを除外すれば、上がり最速馬の前走の脚質は「先行」or「差し」or「追い込み」。その中でブッチギリで成績が良いのは「前走・先行」である。これはかなり意外であるな。

そして「前走・追い込み」はかなり成績が落ちることが分かる(各数値が20%くらい落ちる)。つまり「鋭い瞬発力があっても前走が後方から」だとかなり減点していい。しかし配当が跳ね上がるのでココを敢えて狙うのもアリ。

 

そんで、大事なのが前走の上がり順位。ご覧の通り、「上がり3F一位馬」は前走でも「上がり3Fで1~3位」であるケースが大半なのだ。つまり、「上がり最速馬」を探す時にまずチェックせねばならんのが「前走の上がり1~3位」ってこと。しかし・・・勝率や連対率で言えば上がり1位も2位も3位も4~5位はそう変わらん。人気を考えると、前走の上がり3~5位くらいが最も美味しくなるのかもしれないな。

 

ごちゃごちゃと書いたが、

 

・「前走の上がり1~3位」を狙え!

 

ってこと。出来れば脚質は「先行」がいいんだが、「差し」でもオッケー。「追い込み」は割引。

 

ただし、前走で上がりが速い馬・・・特に「前走上がり1位の馬」というのは簡単に見つけられるため「人気になりやすい」という欠点がある。なので、前々走、前々々走を併せて調べることが肝要であり(出来ればもっと前の成績も)、その中から「美味しいパターン」の馬を見つけ出すのがこの馬券術のキモである。

 

■「とにかく上がり最速馬券術」の美味しいパターン

・前走上がり上位なのに、着順が下位。

・前走上がり上位だけど、格下。

・前走上がり上位だけど、道悪での数字。

・前走上がり上位だけど、時計が遅い。

・前走上がり上位だけど、距離不安有り。

・前走上がり上位だけど、休み明け。

・前走上がり上位だけど、ジョッキーレベルダウン。

 

こういう時はガクンと人気が落ちる傾向にあるわけで、「鋭い末脚を持っているのに人気薄」というパターンはそれだけで激アツなのである。そういうお宝エロ本をamazonで見つけたら積極的に買っておいた方がいいぞ(あとで値が上がるかもよ)。

 

で、「美味しい上がり最速馬候補」をピックアップしたら、

 

コース適性(そのコースで速い上がりを出したことがあるか?)

距離適正(その距離で速い上がりを出したことがあるか?)

馬場適正(その馬場で速い上がりを出したことがあるか?)

 

を馬毎に調べ、枠順・展開面・調教などを考慮し、

プラス・マイナスをしていけばいいだろう。

この作業で思わぬ穴馬が浮かび上がってくるかもしれんぞ。

 

ただし・・・

 

この作業は非常に面倒である(笑)。

 

私の場合、

 

面倒過ぎて、

 

調べている途中に、

 

 

かわいい甲子園チアガールを探す旅に出てしまうのであるが、

可愛すぎて15回くらい繰り返し見てしまった。

 

TARGETを使うと結構簡単に分かってしまうので、

 

※カスタマイズすれば、前1~3走の上がり3F順位を一覧表示させることが出来る。ちなみに、ラジオNIKKEI杯は前走上がり2位のセダブリランテス(当レース上がり2位)とウインガナドル(同上がり3位)での決着。3着は、前々走福島1800で上がり1位だったロードリベラル(同上がり1位)だった。「追い込んで上がり上位」の馬も要注意だが、ウインガナドルのように「逃げ・先行馬の上がり上位馬」も要注意であるな。

 

気が向いたら

 

またボヨヨンなオッパイをブログに載せようかな?

 

 

と思っている。

 

じゃなかった(笑)、

 

【上がり最速馬候補】を記事に挙げようかな?

 

なんて思ったりしている。

 

気が向いたらね。

 

がおー!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

<九州豪雨>2人死亡、安否不明17人 福岡・大分

我が家は熊本なのだが、深夜~早朝の豪雨は凄まじかった。北斗百裂雨とでも言えば少しはその激しさが分かるであろうか?今のところ熊本に大きい被害はないようだが(小さい被害は沢山出ているようだが)、福岡~大分では甚大な被害が出ている模様。これ以上被害が広がらなければいいのだが・・・。

 

 

【常穴馬券術】【とりあえず逃げ馬馬券術】競馬は逃げ馬を買うだけで勝てる!じゃあ、前走の逃げ馬を買えばいいんじゃないの?最新(2017年)の逃げ馬データ!逃げ馬の勝率、連対率、複勝率は?的中率、回収率はどうなの?逃げ馬を見つける為に必要なことは「隊列」を書き出して逃げ馬候補を絞り、その中から強引に予想すること!

 

今日は重賞がないので馬コラム。

チンコのポジションを直しながらジャンプの立ち読みする感じで、

読んで行って貰えると嬉しい。

 

「逃げ馬の単勝を買い続ければ、競馬は勝てる」

 

きっとあなたもどこかで聞いたことがあると思うが、

これは間違いない事実である。

 

私も、かなり以前に

とりあえず逃げ馬馬券術」という記事を書いたことがあるが、

最近のデータはどうなんだろうねー?

 

TARGETを導入したので早速最新のデータを調べて見たぞ!

 

■2015年~2017年の4角1番手の馬の成績(芝レース)

 

まず、「逃げ馬」を「4角1番手の馬」と定義する。もちろんこれには「マクリ馬」や「4角までにポジションを上げた馬」も含まれるわけだが・・・これらを除いて分析するのは難しいのでここではそう定義させて頂く。

 

4角1番手の馬の成績は・・・

 

勝率 17.1%

連対率 29.4%

複勝率 39.2%

単勝回収率 226%

複勝回収率 157%

単勝適正回収値 155.4%

 

もう出会った頃の桃白白ばりに圧倒的であるな。

 

 

「貴様など手も脚も使わず、ベロだけで倒して見せよう」

 

という言葉に、

 

ど、どうやって倒すんだ!

 

◯◯するんか!と思ったことを覚えているが(笑)、

 

これらの数字は、

 

「逃げ馬を買えば勝てる」

 

という言葉の裏付けとして十分過ぎる数字であろう。

 

特に、逃げ馬の複勝率が39.4%もあるのに驚いてしまうな!

人気に関係なく・・・

約4割の逃げ馬が馬券に絡むのだ。

 

ちなみに、「7番手以内」まで回収率が100%を超えているが、これは「7番手の馬が100%を超える」という意味ではない。「1番手の馬の数字込み」だからこういう数字になるのだ。これは4角2~5番手の数字を見れば明らかで・・・

 

 

2番手の馬は回収率106%。

3番手の馬は回収率88%。

2~5番手は回収率89%。

 

つまり、回収率が100%を超えるのは1~2番手の馬であり、

3番手以下の馬は大幅に回収率が落ちるのである。

 

さらに言えば、このデータは「芝レース」に限るので、

「ダート」だとさらに逃げ馬の信頼度は上がるぞ。

 

というわけで、

 

逃げ馬を買えば勝てる!

 

これは間違いのない事実であるが、

 

問題は・・・

 

逃げ馬をどうやって見つけるか?

 

なのである。

 

これが出来れば無敗の競馬術なのであるが、

現実的にはとても難しいのである。

 

「浅次郎さん!前走で逃げた馬を買えばいいのでは?」

 

うむ。私も最初はそう思った。

 

だけんどもしかし・・・

 

これは「前走の4コーナーの番手ごと成績」の成績である。

 

 

ご覧の通り、

前走4角1番手の馬は・・・

勝率も連対率も回収率も平凡パンチな数字。

 

これ、オヤジの部屋にあったなあ・・・(笑)。

 

2番手の数字が若干良いのは面白いが、

5番手以内の数字はほとんど変わらない。

 

つまり、

 

「前走逃げたから今回も逃げるだろ!」

 

って感じで馬券を買い続けると・・・

 

 

という自爆馬券になってしまうのだ。

 

そもそも「前走逃げた馬」ってのは複数いることが多いわけで、

当然枠順によっても変わるわけで、

相手関係やコースや体調や騎手にもよるわけで、

 

「前走のデータ」から逃げ馬を抽出するのは非常に難しいのである。

 

結論。

・逃げ馬を買えば、馬券は勝てる。

・逃げ馬を見つけるのは難しい。

 

おわり。

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

え?

 

おわり?

 

逃げ馬を見つける方法は?

 

う、うるさい!

もうブログ記事などどうでもよいわ!うははっ!

 

 

と私が桃白白なら言えるのだが、

残念ながら私は桃白白ではなく、

意外と真摯で真面目なブロガーなのである(笑)。

 

ヒントだけ書いておく。

 

それは、

 

「予想隊列」を一覧にして書き出すのである。

 

私が毎度予想の時にやっているヤツだ。

こういうヤツね。→宝塚記念2017展開・隊列予想より抜粋

 

逃げ候補は
キタサンブラック

先行勢は
ゴールドアクター
シュヴァルグラン

差し勢は
クラリティシチー
サトノクラウン
シャケトラ
ミッキークイーン
ミッキーロケット
レインボーライン

追い込み勢は
スピリッツミノル
ヒットザターゲット

 

これをやると、そのレースで逃げる可能性がある馬が1~4頭浮かび上がってくる。そこまで逃げ馬候補を絞ったら、「枠」「騎手」「コース」「馬場」などを参考にしながら「逃げるのはこの馬だろ!」と強引に予想するのだ。そしてその馬は・・・どんなに人気薄であろうと「馬券に入れる」ことをオススメする。なんせ・・・逃げ馬は39.2%の確率で馬券に絡むのだから。

 

もちろん、これをやったからといって「どの馬が逃げるのか?」を完璧に予想することなど出来ない(これが出来たら億万長者である)。しかし、他に方法がない以上、地道に「逃げ馬はどの馬か?」を予想することが大事だと思う。

 

「浅次郎さん!ってことは・・・単騎逃げが予想されるキタサンブラックはかなりの確率で馬券に絡みますね?」

 

そ、そういうことになるな・・・

 

やっぱりヒモには入れておくか・・・(笑)。

 

 

 

【おまけ】天才馬券師Zの無料土曜情報

・的中率重視の堅チクビ馬

東京1R 7番(1番人気2着)
東京6R 9番(1番人気8着)

・回収率重視のモッコリケツ馬

函館2R 4番(10番人気9着)
函館7R 10番(7番人気5着)
函館10R 3番(12番人気5着)

東京2R 16番(10番人気7着)
東京4R 10番(9番人気15着)
東京9R 7番(4番人気4着)
東京10R 1番(8番人気2着)

阪神6R 15番(9番人気8着)

※堅チクビ馬は、軸馬に使う・・・というよりも「ヒモに入れて押さえる」、あるいは「2着固定」「3着固定」、あるいは「そのレースはケン」といった使い方がオススメ。約80%の確率で馬券になる・・・らしい。

今回モッコリ馬で馬券になったのは東京10Rのみであったが、モッコリ馬は「穴サイド」なんで・・・狙いは大万馬券である。その時が来るのを静かに待つ。

 

【阪神牝馬S2016予想】阪神芝1600mで行われる牝馬限定別定GⅡ。ミッキークイーン、スマートレイアーが人気だが、当然大穴狙いで行く。狙いはレッドリヴェール!相手にカフェブリリアント!ウインプリメーラ!ココロノアイ!ストレイトガール押さえ。

 

いつも通りみっちりと予想したいのだが、

 

昨日はチヌ釣りに行ってて、

 

2016-04-08 16.56.43 HDR

(大漁だったぜー!)

 

今からゴルフなのである(わはは)。

 

私は、

 

「人生遊んだもん勝ち!」

 

だと思っているので、

 

家族サービスなんぞは二の次である。

(嫁さんがこのブログを見てませんように。笑)

(もちろ遊ぶ為には稼がねばならぬ)

 

最近の「パパ、家族サービス優先」の風潮には

エガチャンばりに一言モノ申したい。

 

モノ申す

 

「嫁が、旦那の遊びに不満顔すんじゃねえぇぇぇ!」

 

と声を小にして言っておく。

 

もちろん競馬も同じだ。

 

予想の邪魔すんじゃねぇぞ!

遊びに連れてってよ!って顔すんじゃねーぞ!

どうせ当たらないのに!って顔すんじゃねーぞ!

 

競馬は神聖なる男の遊びなのだ!

 

あー・・・スッキリしたぜ!

 

(馬が好きって女性はいるけど、競馬好きって女性には会ったことない笑)

(嫁さんがこのブログを見てませんように。笑)

 

あ、時間がねえ!

 

■阪神牝馬S2016前売りオッズ

阪神牝馬S2016前売りオッズ

netkeibaより抜粋

 

ミッキークイーン、スマートレイアーが人気。

 

ミッキークイーンが強いのは重々承知。

しかし、休み明けのマイル戦。コケるならここだろ。

 

スマートレイアーは前走アッと驚く逃げで快勝。

どう乗るか分からんが、また逃げるようなら死角アリ。

 

ま、この2頭が来たらゴメンナサイやね。

 

印。

 

■阪神牝馬S2016浅次郎予想。

阪神牝馬S2016浅次郎予想印

 

◎レッドリヴェール(8番人気)

◯カフェブリリアント(7番人気)

▲ウインプリメーラ(5番人気)

△ココロノアイ(6番人気)

△ストレイトガール(3番人気)

 

大敗続きのレッドリヴェールであるが、2歳女王であり3歳春はハープスターと互角の勝負をした馬。昨年はヴィクトリアマイル4着、クイーンS2着だから能力が衰えてるわけではない。最近の大敗は精神的なものではなかろうか?だとすると肉体面の問題より深刻であるが、それでももう一回信じたい。この馬、休み明けの方が走るタイプ、阪神JF1着、桜花賞2着の舞台であるココが狙い目だ。

相手には昨年ヴィクトリアマイル5着のカフェブリリアント、上昇著しいウインプリメーラ、昨年のチューリップ賞勝ち馬ココロノアイを。人気馬ではストレイトガール。ことマイル実績となればミッキークイーンより断然こっちだろう。

 

馬単 ◎流し表裏 @100円

 

頑張れ!レッドリヴェール!

 

 

(爆)

 

 

【阪急杯2016予想】阪神芝1400m内回りで行われる別定GⅢ。ミッキーアイル、ミッキーラブソング、レッツゴードンキが人気になってるが、大混戦を期待して大穴狙いで行く!狙いは人気落ちのGⅠ馬ダノンシャーク!ヒモ穴にはサドンストーム、マイネルエテルネル、ダイワマッジョーレ、ティーハーフ!

 

昨日のアーリントンCは、

伝説狙い(←気に入った。笑)であったが、

カスリもせずにハズレであった(笑)。

 

でも、

 

それでいいのだ。

 

それでいいのだ

 

軸馬にしたウェーブヒーローは最低人気であったが、

勝ち馬からわずか0.3秒差。

1~3番人気馬だって同じようにコケてるのであり、

いつも言ってるが、

競馬は人気ほどに実力差があるわけではないってこと。

 

ま、ハズレ犬の遠吠えであるが(笑)、

これからも同じスタンス(常穴馬券術)で行く。

 

さて、阪急杯。

 

■阪急杯2016日曜朝オッズ

阪急杯2016日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

ミッキーアイルが一番人気やな。もちろんその実力は認めるが、海外帰りの上にこの一戦は明らかに叩き台。当然狙いは次の高松宮記念であるからして・・・そう絶対な存在ではないと思う。

 

それからミッキーラブソング。橋口調教師の引退ラストってことでかなり過剰人気になっているな。京都金杯は前残りの展開で斤量にも恵まれていた。しかし、阪神1400のスペシャリストなんで買いたいんだが・・・うーむ。

 

レッツゴードンキは圧勝も惨敗もある感じだなあ。しかし阪神1400は息が入りにくいけんなー。この馬に向かないと思うけど・・・

 

調教をチェックしたのだが、どの馬もめっちゃいいな!

 

栗東坂路って馬場改造でもしたん?

 

好時計の馬が一杯いるんだけど。

 

ま、その中でも特に良い馬だけ挙げておく。

 

■阪急杯2016調教チェック

毎度であるが、管理人は競馬関係者でも調教GメンでもGパン刑事でもないので、

 

Gパン刑事

 

調教なんぞを見てもサッパリ分からん(Gパン刑事も分からんわ!)。出来るのはタテの数字の比較である。以下、管理人の独断と偏見と欲目によるジャッジである。参考にされたし。

【調教が良さそうな馬】

ダイワマッジョーレ
栗東坂路良【53.2-38.1-24.6-12.3】助手、仕掛け
最終追い切りも良いのだが、一週前が秀逸の【51.4-37.4-24.3-12.2】(一杯)。ココが目標なんじゃね?という仕上げである。

レッツゴードンキ
栗東坂路良【51.2-37.3-24.4-12.4】岩田、G強
調教駆けする馬ではあるがそれにしても良いな。一週前には50.1秒という鬼時計。出来に関しては文句なし。

ダノンシャーク
栗東坂路良【51.8-38.1-24.4-12.0】ヴェロン、一杯
一週前、2週前にも好時計を出しており、最終は51秒台の上にラスト12.4-12.0の最速ラップ。好みだわー!

オメガヴァンデッタ
栗東坂路良【51.1-37.3-24.2-11.7】助手、一杯
これは・・・!スワンS(3着)の時よりいいかもしれん。究極仕上げ。

ミッキーアイル
栗東坂路良【50.3-36.9-24.2-12.5】松山、一杯
ジョッキーが乗って一杯に追われたとはいえ50.3秒かよぉぉぉ。もともと調教で走る馬であるが、休み明けは気にしなくていいかもしれん。

ゼロス
栗東坂路良【52.7-38.3-24.6-12.1】岩崎、一杯
全く人気はないが、調教はいいと思うぞ。

マイネルエテルネル
栗東坂路良【51.9-37.3-24.4-12.4】助手、一杯
調教駆けする馬ではあるが、非常にいいバランス。高いレベルで好調キープ。

 

■阪急杯2016展開予想

逃げ候補は、
レッツゴードンキ
ミッキーアイル
ゼロス
ヒルノデイバロー
サカジロロイヤル

先行勢は、
ミッキーラブソング
マイネルアウラート
エールブリーズ
ルルーシュ
ケントオー

中団には、
ダイワマッジョーレ
ダノンシャーク
マイネルエテルネル
ブラヴィッシモ
オメガヴァンデッタ

後方から
タガノブルグ
サドンストーム
ティーハーフ

並べてみると・・・逃げ・先行勢が多いな。特にレッツゴードンキ、ミッキーアイルの人気2頭が前ってのは確実であるからして、全体的に前掛かりになるかもしれん。レッツゴードンキは逃げてこそ・・・だしなあ。

昨日のレースでは、ペースが速かったアーリントンCが参考になると思う。前の馬より後ろの馬。瞬発力系より長く脚を使える持久力系を狙いたい。

 

■阪急杯2016予想

阪急杯2016浅次郎予想印2

 

ダノンシャーク(7番人気)

2014年のマイルCS勝ち馬であり、このメンバーの中ではダントツの実績の持ち主である。・・・にも関わらずオープン勝ちもないような馬より人気が下。おそらく年齢的な点と前走の大敗が原因だろうが、年齢的な衰えがないのはハイレベルだった昨秋の毎日王冠(4着)やマイルCSで上がり2位を計時しているのを見れば明らかである。阪神1400の実績がないのは確かに不安だが、もともと総合力が求められる京都マイルが得意な馬。ペースは厳しければ厳しい程よい。開幕の絶好馬場も味方だと思う。あとは鞍上ヴェロン次第だが・・・上手く脚を溜めて外からぶっ飛んでこーい!

 

サドンストーム(13番人気)

爆穴扱いであるが、昨年の高松宮記念4着馬であり、昨年の当レース4着馬。ハイペースの消耗戦はドントコイであり、出来も申し分なし。展開が向けば突っ込んでくるかもよー!問題は鞍上武幸であるが・・・だから人気落ちてんのかな(笑)。

 

▲マイネルエテルネル(12番人気)

△ダイワマッジョーレ(11番人気)

△ティーハーフ(10番人気)

△ミッキーアイル(1番人気)

 

馬単 ◎流し表裏 @100円

馬連 ◯流し @100円

三連複 ◎流し @100円

 

頑張れ!ダノンシャーク!

とサドンストーム!

 

ダノンシャーク画像1

 

【浅次郎のひとりごと】

中山記念は・・・ケンの予定。これはさすがに見るレースかな・・・3強が全部飛んだらエライことになるけどさすがにね・・・もし買う場合は後ほど(笑)。

 

【2016年種牡馬リーディング予想】2015年のリーディングサイアーは、ディープインパクトとキングカメハメハがぶっちぎってワンツーであったが、2016年はどうなるのであろうか?現時点のクラシック戦線を見てみると、またこの両頭のワンツーになりそうな(笑)。しかし、常穴馬券術を提唱する私は・・・穴種牡馬を探す!

 

「2016年のリーディングサイアー予想」とタイトルに書いたが、

 

そんなもんは・・・

 

1位ディープインパクト

2位キングカメハメハ

 

でほぼ決まり(笑)。

 

仮に、

 

リオンディーズが3冠を制す!

 

[su_animate]リオンディーズ画像2[/su_animate]

 

ラブリーデイがGⅠを勝ちまくる!

 

[su_animate]ラブリーデイ画像2[/su_animate]

 

なんてことになったら逆転もあるかもしれんが、

ディープインパクトは層が厚いけんな。

ほぼこの並びで決まりだろう。

 

ま、そんなことはどうでもよろしい。

(ど、どうでもええんかい!)

 

この稿では、

 

ディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒は・・・

それだけで人気になりやすいよね?

 

じゃあ、

 

人気にはなりにくいけど

馬券になりやすい穴種牡馬は?

 

という点に焦点を当てたい。

 

まず、2015年の種牡馬リーディングを振り返ってみよう。

 

■2015年種牡馬リーディング

2015年リーディングサイアー

netkeibaより抜粋

 

私が競馬を始めた頃は、輸入されたサンデーサイレンス・ブライアンズタイム・トニービンが種牡馬御三家と言われていたが、今、JRAリーディングサイアー上位のほとんどが内国産。そしてそのほとんどがサンデーサイレンス系。2015年の上位25位の中で・・・サンデーサイレンス系が11頭。ブライアンズタイム系はタニノギムレット一頭。トニービン系はジャングルポケット一頭である。

 

世界の主流であるノーザンダンサー系は、フレンチデピュティ→クロフネのラインとメイショウサムソン(サドラーズウェルズ系)、最近輸入したハービンジャー(ダンチヒ系)がいるくらいで・・・日本では衰退著しい。先を見据えて、欧州からノーザンダンサー系の大物を輸入するべきだと思う。

 

これまた世界の主流であるミスタープロスペクター系は、大物キングカメハメハがいるものの・・・アドマイヤムーン、サウスヴィグラス(いずれもエンドスウィープ産駒)、エンパイヤメーカー、アグネスデジタル・・・と、大物が出てきそうにない感じ(笑)。やはり、アメリカからミスプロ系の大物を輸入するべきだと思う。

 

というわけで、

 

現代日本競馬はサンデーサイレンス系一色と言っても過言ではない。

 

参考になるので2014年、2013年も見てみよう。

 

■2014年種牡馬リーディング

2014年リーディングサイアー

 

■2013年種牡馬リーディング

2013年リーディングサイアー

 

ちなみに、2012年もディープインパクト、キングカメハメハのワンツーであり、2011年は入れ替わりのワンツーであるからして、ここ5年はこの両頭のワンツーが続いているわけだ。うーむ。これが2頭とも個人馬主(金子オーナー)の馬だってんだからスゴイ。しかし、ココ数年上位の顔ぶれはほとんど変わっていないな。

 

軽く上位の馬に触れておこう。

 

ディープインパクトについてはアレコレいう必要もあるまい。パワーよりも瞬発力に優れており、芝のマイル~中距離戦では鬼のように強い。今年の3歳世代にも、ハートレー・サトノダイヤモンド・マカヒキ・ロイカバード・ブランボヌール・キャンディバローズ、シンハライトと有力馬がスタンバイ。ただ、ディープインパクトは複数GⅠを勝つ牡馬の大物が出てこないのが悩み(牝馬だとジェンティルドンナとかショウナンパンドラがいるんだけど)。今年はどうかな?あ、注意点が一つ。ディープインパクトには未だに多くのファンがついており、ディープインパクト産駒というだけで人気になりやすい。ま、穴党向きの種牡馬ではないわな。

 

マカヒキ画像

 

キングカメハメハの種牡馬としてのストロングポイントは何と言っても多くのサンデー系良血牝馬と交配出来ることであろう。その点ディープインパクトの場合は、海外から良血牝馬を買ってこないといかんから金が掛かるわな。さらに、昨年ドゥラメンテを出したように血の爆発力もあるし、ホッコータルマエといったダートチャンピオンも出すし、ロードカナロアといった短距離馬も出す万能種牡馬である。今年は大物2騎リオンディーズ、エアスピネルがスタンバイ。あ、考えてみると・・・キンカメって牝馬の大物は出さないよね・・・

 

キングカメハメハ画像

 

2強から大きく離れてハーツクライ。しかし、ジャスタウェイやヌーヴォレコルト、ワンアンドオンリーの活躍などもあって現在サンデー系の中ではナンバー2の地位を固めつつある。ディープインパクトが比較的早熟なのに対し、古馬になってから強くなる馬が多く、キレだけでなくパワー兼備の種牡馬である。今年はロジクライ・アドマイヤエイカンがスタンバイ。しかし、ちょっと分が悪いな。

 

ハーツクライ画像

 

短距離~マイル路線のサンデー系代表がダイワメジャー。スピードとパワーに秀でたタイプが多く、スタミナ的はちょっと不足気味。種牡馬デビュー以来コンスタントに活躍馬を出し、カレンブラックヒル・コパノリチャードといったGⅠ馬も出た。ただ、大物が出てくるか・・・と言ったら微妙。・・・と思ってたら今年はメジャーエンブレムという桜花賞候補が出現。2016年のリーディング争いの目になるかも?

 

ダイワメジャー画像

 

5位にステイゴールド。パワーとスタミナに富んだ種牡馬で気性に難有りな馬を多く出す(笑)。国内GⅠ勝ちがなく、決して肌馬に恵まれていたわけではなかったが、2年目の産駒からドリームジャーニーという大物を出し、続いてナカヤマフェスタ、オルフェーヴル、ゴールドシップと超大物を立て続けに輩出。少ない出走頭数にも関わらずランキング上位に顔を出すようになった。今後に期待されたが、昨年死亡。今年はオルフェーヴルが活躍した直後のクロップであり期待されたが牡馬の大物はおらず、牝馬のウインファビラスに期待。

 

 

全頭やろうと思ったが、

 

キングダムの立ち読みをしにいかんといかんので、

 

気になった馬だけピックアップする。

 

まず、凋落が激しいのがシンボリクリスエスである。2009年~2014年までずっとトップ5をキープして来たが、昨年トップ10から落ちてしまった。目立った活躍馬が出ておらず2016年のクラシック戦線でも大物ぽい馬は見当たらん。おそらくであるが、社台が押しているハービンジャーに良い肌を取られたのではなかろうか?どちらも非サンデーであるが・・・今まではサンデー牝馬の受け入れとしてキンカメの2番手であったが・・・今後苦しくなるかもしれん。

 

それからクロフネである。この種牡馬は元からパワー寄りで・・・ダートの方で勝ち星を量産してたのだが、ココ最近芝での勝ち星がドンドン減っている。42勝→37勝→28勝→29勝→18勝。カレンチャンやホエールキャプチャのイメージが強く、芝でも十分やれると思っていたが、ちょっとイメージを変えた方がいいかもしれん。

 

ゼンノロブロイ、ネオユニヴァースはそろそろクラシックで大物を出したい所だが・・・リスペクトアース、メートルダールあたりはまだ皐月賞出走出来るかも分からん。このままだと徐々に落ちていくような気がする。

 

ええと、今までは前フリだったのだが、

 

以下は、

 

管理人が考える

 

2016年の穴種牡馬である。

 

「浅次郎さん、穴種牡馬ってなんですか?」

 

うむ。

 

それは・・・

 

出馬表の父名を見た瞬間・・・

 

「こんなんケシやわ」

 

と思わず消してしまいそうになるけど、

 

実は結構馬券になりやすい!

って種牡馬のことである。

 

常穴馬券術を行使するにあたり、参考にして貰うと嬉しい。

 

いつも通り、独断と偏見と欲目によるジャッジである。あしからず。

 

※EI・・・アーニングインデックスとは
※勝率・・・勝利回数/出走回数

参考までに上位サイアーの勝率を挙げておく。
ディープインパクト 10.9%(224/2053)
キングカメハメハ 9.9%(224/2254)
ハーツクライ 8.2%(123/1483)
ダイワメジャー 8.4%(133/1583)
ステイゴールド 7.9%(115/1439)
マンハッタンカフェ 8.2%(90/1095)
ゼンノロブロイ 7.7%(103/1337)
ネオユニヴァース 7.8%(94/1203)
クロフネ 7.0%(90/1274)
ゴールドアリュール 8.2%(84/1016)

 

■美味しい穴種牡馬2016!

スクリーンヒーロー 勝ち馬率.259 IE:2.90 勝率11.0%

わずか54頭の産駒で16位に食い込んだスクリーンヒーロー。もちろん、モーリス・ゴールドアクターという大物の活躍があったればこそであるが、全くと言っていいほど肌馬に恵まれない中で勝率11.0%であるから清原もビックリのポテンシャルである(勝率で言えばディープインパクトと同等。ゴールドアクターに至っては母父キョウワアリシバという謎の血統である)。

なぜ肌馬に恵まれないかというと、父母父にサンデーサイレンスが入ってるからだ。つまり、良血サンデー系牝馬に付けられないのである!もちろんそれは数多く居るサンデー系種牡馬と同じであるが・・・当然、非サンデー系良血牝馬を持ってる生産者はサンデー系人気種牡馬を付けたいわけで・・・。2流、3流どころではなく、4流、5流の牝馬しかこの馬には回って来ないわけだ。それでモーリスのような化物が出てくるわけだから父グラスワンダーのワンダー血統恐るべし!という他ない。

しかし、2015年の活躍で今年の種付けは増えるであろう。多少は良血牝馬も回ってくると思う。つまり3年後にはそれなりの地位を築くかもしれん。それまでは「モーリスはたまたまじゃね?」という認識が多いと思われる。少なくとも「スクリーンヒーローだから買いだよね!」とはならん。つまり、過小評価されやすいわけで・・・是非積極的に狙いたい種牡馬である。また芝でも走るが・・・ダートでも結構走る。この馬のポテンシャル・・・結構バレ始めていると思うが・・・バレないことを祈る。

 

サクラバクシンオー 勝ち馬率.330 EI:1.58 勝率9.6%

貴重なプリンスリーギフト系、サクラユタカオーの血を引く種牡馬であるが、残念ながら2011年に心不全で死亡している(後継にショウナンカンプ、グランプリボス)。2016年はどのくらいの馬が走るのかは分からんが、2015年は残った94頭の産駒が47勝を上げ・・・勝ち馬率は驚異の.330、勝率は9.6%である。これはキンカメと遜色ない数字であり、引き続き注意が必要である。

 

メイショウサムソン 勝ち馬率.302 EI:0.98 勝率8.1%

日本の馬場には合わないとされるサドラーズウェルズ系。しかし!勝ち馬率は3割を超え、勝率も8.1%と上位種牡馬と遜色なし。肌には恵まれてないだろうに種牡馬デビュー以来、徐々にランクを上げトップ20入り。昨年はデンコウアンジュで初の重賞制覇。これはメジャーエンブレムを破っての勝利で・・・桜花賞が楽しみな一頭である。何となく重いイメージがあると思うが・・・そんな感じしないな。非サンデーの上、ミスプロも持っていない。楽しみな種牡馬である。

 

キンシャサノキセキ 勝ち馬率.321 EI:0.83 勝率8.8%

2014年デビューの種牡馬なのでまだ分からん部分もあるが、勝ち馬率.321、勝率8.8%ともにかなり優秀である。フジキセキの後継一番手。ただ、ちょっとダート寄りなのかもしれん。ダートの短距離で買いたい感じ。芝の大物が欲しい。

 

パイロ 勝ち馬率.313 EI:0.78 勝率9.2%

シアトルスルー系×ワイルドアゲインなのでパワー寄りの短距離血統ぽいな。成績もその通りで、短距離ダート専門になりそうな感じ。しかし芝の成績も侮れず、今年の3歳にはフェアリーSを勝ったビービーバーレルがスタンバイ。オークスはないだろうが桜花賞は面白い存在だぞ?

 

ディープスカイ 勝ち馬率.280 EI:0.65 勝率8.9%

アグネスタキオンの後継として期待していた人も多かったと思うのだが・・・弱小牧場生産、弱小馬主の悲哀か、良い肌馬に恵まれているとは到底言えぬ(ウオッカやダイワスカーレットと好勝負したダービー馬なのに)。血統からは「芝」でこそ・・・と思うが、種牡馬成績はダート寄り。私のように芝馬なイメージが強いと思うが、ダートでディープスカイ産駒はかなり狙い目である。大物が出てきて欲しいなあ・・・。

 

ステイゴールド 勝ち馬率.265 EI:1.16 勝率7.9%

この産駒が道悪の鬼であるのは周知の事実であるが、この馬、実はダートは苦手なのである(知らんかった!)。芝の勝ち鞍は97勝(勝率8.6%)。芝の勝利数で言えばキンカメに次ぐ数字であるが、ダートはわずかに11勝(勝率3.8%)である。この傾向は毎年そうであるからして間違いなし。つまり、ステイゴールドは芝でこそ買い!なのであってダートで買ったらダメ!な種牡馬である。大物産駒たちのおかげで知名度は高く人気になりやすいが、ダートはスルーでOK!それから、ステイゴールドは「惨敗からの巻き返し」が多い種牡馬である。この点にも注意しておきたい。

 

・・・

 

もう少し色々と書きたいが、

今回はこの辺にしておく。

 

2016年は、

スクリーンヒーロー、メイショウサムソンに注目したいと思う。

 

やっぱりね。

ディープインパクトやキングカメハメハ産駒の高額馬より、

マイナーな血統の泥臭い馬を応援したい・・・

 

と言いつつ、

POGではリオンディーズを指名してるけどな(笑)。

 

さて、ヤンジャンとチャンピオンと漫画ゴラク読みに行こうっと。

 

 

【浅次郎のひとりごと】沖縄の米軍基地について。

 

 

沖縄に米軍基地は必要である。

 

必要かどうかの議論は、

自衛隊を国防軍にし、核を持ってからやるべきである。

 

現状それは現実的ではない(憲法改正が必要)のだから、

沖縄には米軍基地が必要なのである。

沖縄を、日本を守るためにね。

 

【競馬コラム】2015年の浅次郎の馬券収支はどうだったのか?的中率は?回収率は?みんな知ってると思うけどズブズブのガタガタ(笑)。だけんどもしかし!2016年も懲りずに、穴馬軸の穴馬流し!ローリスク小銭賭け!馬単、三連複メインの常穴馬券術で行くぜ!今年こそ10万馬券が当たる!・・・ような気がする(笑)。乞うご期待!

 

おういえー!

飲みっぱなしでよく分からんうちに年が明けたわ!

2016年も宜しく頼むぜーーっ!

 

さて、

2016年の競馬を迎える前に、

2015年の馬券成績を振り返っておきたいと思う。

 

当ブログを毎週ガン見している奇特かつ賢明な読者の皆様は

わざわざ言わなくても知ってると思うが、

 

私、浅次郎の2015年馬券成績はボロボロであった。

 

「ずっと当たってないもんね」

 

ゲボッ!

 

ゲボッ!

 

その言葉・・・ど、毒入りでござるっ・・・。

 

だ、

 

だ、

 

だけんどもしかし!

 

だけんどもしかし!

 

それでいいのである。

 

なぜなら、

 

私の馬券術は「常穴馬券術」であり、

その名の通り「常に穴を狙った馬券」であるからして、

超ローリスクハイリターン馬券なのであり、

 

ダメな年は全くダメ。

 

それでいいのである。

 

大事なのは、

 

・いかに投資金額を少なくし、

・かつ的中した時のリターンを大きくし、

・毎週競馬を楽しむか?

 

という点なのであり、

 

これを徹底することである!

(ブレたらダメなのだ!)

 

本命馬券でも中穴馬券でも・・・

馬券の買い方は何でもいい。

しかし、

「ルール」を決めてそれを「徹底」することが

なにより大事なのである。

 

言い訳は前置きはこれくらいにして、

 

2015年の馬券成績を見てみよう。

 

■浅次郎JRA馬券成績2015

浅次郎2015年成績

 

えーと、

 

的中率 6.1%(10/163)

回収率 47%(114,970/247,200)

 

ぐはー。

 

とてもつらい

 

と、

 

とてもつらい(爆)。

 

玄徳と一緒に寝込みたい気分である(笑)。

 

競馬の控除率は約25%。

 

つまり、普通に買ってりゃ回収率は75%になるはず。

 

でも、あんた47%だもん。

 

よくそんなんで毎週偉そうなことが言えるな!

 

は、

 

はははは。

 

はははは

 

確かに、

 

2015年の馬券収支はヒドイものであった!

 

しかし!

 

1年間で163レースやって、-132,230円である。

(実際は地方競馬が+40,000円程度なのでもうちょい負けは減る)

 

月に1万円程度の負けであり、

これは十分・・・

私のお小遣いの範囲内である!

 

これは競馬に限ったことではないのだが・・・

負けを自分の分の中に収める!

 

これが長く続ける秘訣なのである。

 

私は163レースのほとんどを検討・予想し、

ブログでもその内容を公開してきた。

 

十分楽しめたし、十分面白かった。

 

結果はマイナスだったが、

 

それでいいのである。

 

ちなみに、

プロの予想家で「年間収支」「回収率」を公開している人は少ない。

(つか・・・いない?いたら教えて~)

 

なぜなら、

ほとんどの予想家がヒドイ結果になるからだ。

(単年ではプラスになることはある)

 

彼らは予想するレースも多いし、

まさか私のように1R1,000円ちょいってわけにもいかんから、

だいたい1Rあたり10,000円分くらいの買い目を公開するわな。

 

となると・・・

年間どれくらいのマイナスになるのだろう?

 

松元ヒロシ的中率

松本ヒロシの2015年~2016年成績

 

これは、テレビによく出てる競馬8の松本ヒロシの本命馬着順であるが、1着率は約12%(9/74)である。計算してみたのだが、2015年の単勝回収率は87%であった。意外と好成績である(笑)。で、仮に単勝を1万円ずつ買った場合・・・648,000円/740,000円となり、トータルは92,000円のマイナスとなる。これは重賞メインの74レースの結果であるが、当然競馬エイトではこの10倍以上のレースを予想しているはずであり、当然その収支なんぞは公開出来るはずもない。

 

きっと数十万・・・いや100万、200万単位でマイナスになると思う。これはヒロシだけじゃなく、ほとんどの予想家がそうである(丹下や田沼は超本命党の上にあんまり当たらんし、当たってもトリガミみたいな馬券ばっかなので・・・もっとヒドイことになると思う)。

 

誰とはいわんが、

 

井内利彰2015的中率

 

こんな予想家だっている。

(的中ゼロかよぉぉぉぉ!)

 

つまり、偉そうなこと言ってるプロだって多くがマイナスであり、

そのマイナスたるや半端ない数字なのであり、

(だから出さない)

 

予想した買い目と金額で

実際に馬券を買ってる予想家なんていないのである。

(年間数百万のマイナスになってしまう)

(競馬ブックは回収率を公開しているがほぼ毎年全滅である)

 

そりゃ少し言い過ぎ

 

ま、確かに、

たまに天才的な馬券師もいる。

(私も一人天才を知っている)

 

しかしそういう天才はすべからく「税金」を恐れており、

表に出てくることは・・・ほとんどないのだ。

 

そして、その天才達でさえ、

実は回収率は100%チョイなのである。

(賭ける金額がデカイ)

 

それほど、

競馬の控除率25%は厳しい。

 

だから・・・

 

「競馬を楽しむこと」が私の第一である。

もちろん、

出来れば儲けたいが、

金銭的プレッシャーを限りなく小さくしておかないと、

1年間、10年間、いや、死ぬまでずっと・・・

競馬を続けるのは難しいと思うのだ。

 

というわけで、

 

今年2016年も引き続き、

大穴狙いの常穴馬券術で行く。

 

・穴馬軸流しの万馬券狙い。

・賭け金は1Rあたり1000~1500円前後。

・馬単、三連複が基本。

 

10万馬券を当てる!

 

のが今年の目標である!

 

「浅次郎の穴馬は時々来るのでヒモに入れてます!」

「印はアテにならないけど、考え方は参考になります!」(←ゴラァ!)

 

って奇特かつ賢明なそこのアナタ!

今年もブログの更新を楽しみにしててくれな!

 

頑張れ!マンケンアサジロウ!

 

アバター7

(お正月、熊本の実家にて。3番目の息子と自撮り)

 

【浅次郎のひとりごと】いつか馬主になったら。

最初の持ち馬にマンケンアサジロウという名前を付けたいと思う。

(あんた頭もデカイけど夢もデカイな!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【函館記念2015予想】函館芝2000のハンデ戦函館記念。人気は割れてるが、上位人気もアテにならん、中途半ばな穴馬を狙っても面白くない!狙いは内枠、洋芝得意、重馬場も得意、最軽量49kgのサイモントルナーレ。現在最低人気である(笑)。

 

現在の函館は小雨。

今後の天気次第だが(降水確率50%)、

多少は馬場が重くなるかもしれんな。

 

さて、

 

■函館記念2015日曜朝オッズ

函館記念2015日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

私が馬券を買う目的は、

 

競馬を(人生を)楽しむことである。

ドキドキすることである。

 

単に競馬を見るのと、

馬券を買って競馬を見るのとでは

 

カツの入ってないカツ丼と

カツの入ってるカツ丼くらいの差があるのであり、

 

私はカツの入ってないカツ丼なんて嫌なのである。

(カツが入っとらんやったらカツ丼じゃないわ!)

 

というわけで、

今回も大穴狙いでドキドキするぜ!

 

 

■函館記念2015予想

函館記念のポイントは、「内枠有利」「逃げ・先行有利展開)」「コース適正洋芝適正)」。函館2000mの枠はね。もう圧倒的に内枠が有利。

 

函館芝2000m枠番別成績

netkeiba小林誠の重賞データ分析より抜粋

 

特に1~4番の成績が群を抜いている。1~2枠の馬を単複でベタ買いしても儲かるってんだから凄まじい。これが函館記念になるとさらに顕著。

 

函館記念馬番別成績

※過去10年の函館記念成績

 

もう9番から外は切ってしまってもいいんじゃね?と思えるレベル。函館2000mはスタートしてからの直線が長いから(476mもある)、内外そんなに有利不利は無いはずである。なぜこんなに極端な結果になるのか・・・・おそらくはAコース→Bコース替わりで内の芝が絶好なんだろうと思う。

 

函館コース立体図

 

小回りで直線が短い函館コースは基本的に逃げ・先行有利である。土曜日のレースでも逃げ馬が大活躍していたし、逃げ馬から入りたいのは山々なんだが・・・行くであろうマイネルミラノは大外に入ってしまった。前が有利なのはどの騎手も分かってるわけだし、コース形態(1コーナーまで3m下り)からしてもテンの先行争いは厳しい。大外からハナに行くためには結構無理することになると思う。

 

となれば・・・かなりのハイペースになる?

 

そして、
3角過ぎから進出出来る機動力があれば、
結構差しも決まるのが函館2000の特徴でもある。

 

というわけで、セオリーに逆らって差し馬狙いで行く。

 

コース適正、洋芝適正を見れば前年の勝ち馬ラブイズブーシェを狙っていたのである。しかし、現在6番人気で単勝は9.2倍。浅次郎式馬券「常穴馬券術」に従うと

 

単勝10倍以上の馬を軸馬にすべし!

 

というルールがあるからして、この馬は軸馬には出来ん。さて、どうする?最内に入った53kgの3歳ヤマカツエースを狙うか?GⅡ勝ちがあるハギノハイブリッドを狙うか?もう一頭の逃げ馬候補アーデントを狙うか?エックスマークも面白い・・・

 

いや、もっと面白い馬が内枠にいる!

 

函館記念2015浅次郎予想印

 

サイモントルナーレ(16番人気)

マジか!と思われた読者諸兄の顔が目に浮かぶ(笑)。高齢(9歳)、データ無視、近走の馬柱無視(ここ2年ほど掲示板にも載っていない)だけんな。しかし買い材料は結構あるのである。まず絶好の内枠。それから49kgの斤量。洋芝得意。重馬場得意(もっと雨降れ!)。函館で追い込み脚質なのは目をつぶる(笑)。

しかしよくよく見れば、昨年の函館記念、上がり3位で追い込んでラブイズブーシェから0.6秒差8着。この時の斤量が52kgであるからして、49kgで出走できる今回は机上の計算では馬券になってもおかしくないではないか!そもそも最軽量のハンデ馬ってのは結構馬券になるのである。先週の七夕賞だって最低人気・最軽量のマデイラが3着に来たではないか。

もちろん展開の助けも必要だし、鞍上によるところも大きいだろうし、なにより運が必要だろう。しかしこの斤量で、鬼のハイペースになって、グダグダの前潰れになって、内々でジッと我慢してたこの馬がラチ沿いから突っ込んで来ることに賭ける!ってのも面白いと思う。だって、最低人気なんだもんよ(笑)。というわけで、この馬の激走に賭ける。

 

ハギノハイブリッド(10番人気)

2ヶ月の休み明けになるが、吉澤S経由で栗東→函館。調教は軽いが仕上がってる可能性が高い。3歳時にサウンズオブアースを負かして神戸新聞杯を勝った馬であり、年明けの日経新春杯、京都記念もそう負けてるわけではない。おそらく厳しいペースで力を発揮する持久力型であり、スローの瞬発力勝負だった前走の負けは気にしなくていいと思う。ハマれば突き抜けても。

 

△ヤマカツエース(7番人気)

△エックスマーク(11番人気)

△ラブイズブーシェ(6番人気)

△アーデント(8番人気)

△マイネルミラノ(2番人気)

 

単勝 ◎ 200円

馬単 ◎流し表裏 100円×12点

ワイド ◎流し 100円×6点

 

頑張れ!中年サイモントルナーレ!

 

サイモントルナーレ画像

 

行けるもんなら・・・前に行ってもいいぞ!

 

じゃあ、お前ら中国が攻めてきた時どーすんのよ?
「日本は戦争しませんから」って言ったら中国は帰っていくのか?
いい加減目を覚ませっての。

<反「安保」>拡大 全国で一斉抗議「アベ政治を許さない

【プロキオンS2015予想】ダートの別定GⅢであるが、荒れそうなメンバーになったなー。人気は4歳?ベストウォーリア1番人気じゃないの?狙いは天保山S組のタガノトネール!鋭い決め手を持つキクノストーム!昨年2着のキョウワダッフィー!GⅠ馬のグレープブランデー!

 

ココ最近、米が超安い。

 

近所のスーパーでは、

熊本産の特級米が10kg2500円程度で売ってる。

(以前は3000円以上したんだけど)

 

値上がりのニュースばっかり流れるが、

米はめちゃくちゃ安くなってるぜー!

 

米食おうぜ!米!

 

さて、

 

せっかく安い米を買っても

浮いたお金で

競馬やったら意味無いじゃん!

 

という嫁ツッコミは無視して

 

プロキオンS。

 

■プロキオンS2015前日オッズ

プロキオンS2015前日オッズ

netkeibaより抜粋。

 

レッドアルヴィスとコーリンベリーが人気か・・・

こりゃ想定外だなあ。

ダントツでベストウォーリアかと思ってたが。

 

■プロキオンS2015展開予想

中京ダート1400はスタート後の200m弱が芝。しかも3コーナーまで600m近くの直線。しかも向こう正面中ほどから直線入り口まで延々3mの下り!ということでかなり前傾ペースになる。テンの3Fは34.5前後という芝並みのハイペース。そして最後の直線は410mと長く、しかも2mの登り坂。上がりの3Fは36.0~37.0掛かる感じだ。去年のレースを見ると分かりやすいな。

 

というわけで、このコースは差し有利。しかし時々逃げ馬も来るから注意が必要。

 

逃げ馬候補は
コーリンベリー
サマリーズ

先行勢は
ベストウォーリア
タガノトネール
レッドアルヴィス
アドマイヤロイヤル
ドリームバレンチノ
グレープブランデー
アドマイヤサガス

中団に
エアハリファ
キョウワダッフィー
キョウエイアシュラ
ジョーメテオ

後方から
キクノストーム
ワイドバッハ

 

目につくのは先行勢の数。しかも人気になってる馬が多い。ダートは基本先行有利なのは間違いないが、このコースでこれだけ先行馬が揃うとペースは余計に速くなりそうだなあ。思い切って後ろからの馬から行くか!

 

■プロキオンS2015浅次郎予想

プロキオンS2015浅次郎予想印

 

キクノストーム(10番人気)
前走天保山Sでの差し脚は目を瞠るものであった。最後方から大外ブン回しで追い込んで35.3。レース見た方が早いな。離れた後方ピンクの帽子がキクノストーム。

阪神1400は中京1400と非常に良く似たコースであるが、中京より直線が短く(350m)、アップダウンが緩いため先行馬の方が有利である。ココではタガノトネールに2馬身及ばなかったが、今回は同斤(前回は1kg重かった)だし、展開的に向きそうだし、コースも向きそうだし、内枠を引いたからロスなく運べるし(どうせ後ろからだろ?)、人気ないし(笑)。ココが絶好の狙い目だ!

 

ベストウォーリア(4番人気)
私が本命党なら迷わずこの馬。おそらく59kgが嫌われての人気落ちだろうけど、フェブラリーS3着馬であるからして格が違うのである。また昨年の当レース勝ち馬であるからしてコース適正も間違いなし。調教の動きを見ても状態文句なし。問題はどう乗るかだが・・・控える競馬も出来る馬だし、中団のインで我慢して直線馬群を縫って抜け出すイメージで福永お願いよ。

 

タガノトネール(8番人気)
最初◎候補だったのだが・・・8番人気と言っても19.9倍。意外と人気になったなー。前々走は-12kgが応えたのか先行出来ずに惨敗。前走はハイペースを先行して余裕の完勝。今回も前で粘る馬はこの馬だと考えている。調教も抜群だ。

 

△キョウワダッフィー(7番人気)

△グレープブランデー(6番人気)

 

馬単 ◎→◯ 表裏 2点×300円
馬単 ◎→▲△ 表裏 6点×100円
ワイド ◎-◯ 200円
三連単 ◎→◯▲→◯▲△ 6点×100円

 

嵐を起こせ!キクノストーム!

 

キクノストーム画像1

 

こんな感じのゴール前を期待するぜ!

 

 

 

【とりあえず逃げ馬馬券術】よくやってしまう馬券の落とし穴に「逃げ馬軽視」がある。競馬は、強烈な末脚を持つ馬や、先行チョイ差しの器用な馬が人気になりやすいからだ。しかし、大穴を開ける確率が高いのは圧倒的に逃げ馬であり、統計データによると「逃げ馬の単勝を買っとけば儲かる」のである。しかも圧倒的に儲かるのである!

 

逃げ馬。

 

と言えば、

 

管理人の中ではサイレンススズカである。

 

サイレンススズカ金鯱賞1

 

見たことない方は是非このレースを見て欲しい。

 

 

重賞ですぞ?これ。

 

つか、アナウンサーが、

 

ゴールのはるか手前で

 

「サイレンススズカ4連勝です!」

 

って言っちゃいかんだろ!

 

気持ち分かるけどな!

 

ってわけで、

 

私は逃げ馬が大好きである。

 

特に、

ぶっ飛ばして逃げる馬が大好きだ。

 

駆け引きも競馬だが、

駆け引き無しで逃げ・・・そのまま先頭でゴール!

 

そこにシビれる!あこがれるぅ!

 

そこにシビれるあこがれるぅ!

 

のである。

 

で、今回の記事はその

「逃げ馬に関する考察」である。

 

朝から日課のマンガの立ち読み・・・

 

に行くのを我慢して書いた記事なので、
是非最後まで読んで頂きたい。

 

書いてから立ち読み行けや!

 

・・・ゲフン。

 

美女にマグロ

 

さて、これを見てる皆も、

 

「確かに逃げ馬は穴を開ける印象あるけど、

実際逃げ馬ってどーなのよ?

 

と思ってる方が多いだろうと思う。
(ま、マグロ美女はなんなんだよ!)

 

これは2017年の宝塚記念の直前に書いた記事だが、

2015~2017年6月までの逃げ馬のデータ。

 

とりあえずこの稿では、

 

京都競馬場の中長距離の話をしよう。

 

京都2200~3200の脚質別成績

netkeiba重賞データ分析より抜粋

 

ご存じの方も多いと思うが、

京都外回りの中長距離戦は逃げ馬要注意である!

 

何故かといえば、

・直線が長い為、差しが届きやすい(と騎手が思う)。
・ので、逃げ馬がノーマークになることがある。
・淀の坂の下りでスピードに乗れる。
・直線に坂がないのでバテにくい。

からである。

 

有名な話だと、
ブエナビスタが3着に負けた2009年のエリザベス女王杯。

何回見てもこのイッタイッタは伝説だなー。
(馬連10万馬券)

 

 

ちなみにこのレースの1000m通過は60.5。
決してスローじゃなかったわけで、
クイーンスプマンテとテイエムプリキュアは、
12秒チョイのラップを刻んで
上がり32.9のブエナビスタに完勝したのである。
(つまり展開に恵まれたのではなく、後ろがスロー過ぎた)

 

この時、私もクイーンスプマンテはガン無視してたわ。

 

それから、天皇賞春だとやっぱりこれ。

イングランディーレが勝った2004年の天皇賞春

 

ハンパねー大逃げ(笑)。

 

で、ゼンノロブロイ相手に7馬身の圧勝である。
(単勝7100円)

 

気持ちいーわ!

 

もちろん私もイングランディーレはガン無視してたが、
きっと皆もガン無視してたと思う。

 

で、さっきのコレ。

 

京都2200~3200の脚質別成績

 

そう。

 

勝率、連対率、複勝率を見れば一目瞭然!

 

逃げ馬は「大穴」「滅多に来ない」ってイメージなんだが、

 

意外と来るのである!

 

先行、差しと遜色無いほどに来るのである。

 

逃げ馬は1レースに1頭しか居ないため
必然的に分母が小さくなるので、
馬券になる回数は確かに少ない!
(だから当たらないような気がしてしまう!)

 

しかし!
他の脚質と遜色ない確率で、
馬券になるってことだ。

 

「そりゃ、京都外回りの中長距離戦だからじゃね?」

 

と、ウシジマ君みたいなことを言うヤツもいるだろう。

 

逃げられると思ってんの?

 

・・・

 

だけんどもしかし!

 

このデータを見れば

 

ウシジマ君の細い目も丸くなるはずだ!

 

これはある一定の期間の逃げ馬の成績である!

 

■逃げ馬の勝率、連対率、複勝率、単勝回収率、複勝回収率

逃げ馬統計データ

 

「逃げ」の京都外回り中長距離
勝率9.1%、連対率13.6%、複勝率22.7%

「逃げ」の芝レース全体の成績
勝率14.0%、連対率24.4%、複勝率33.0%

 

って・・・

 

京都外回り中長距離戦より、

芝レースの全体平均の方が高いやんか!

 

あれ?

 

ってことは、

 

「京都の外回り中長距離戦は逃げ馬注意」ってのは単なるイメージで、実はこのコースは逃げ馬には厳しいコースだってこと。きっと大穴馬券のイメージが強すぎるんだろうね。

 

この、

「逃げ」の芝レース全体の成績【勝率14.0%、連対率24.4%、複勝率33.0%】って数字は、3頭に1頭は馬券に絡み(複勝圏33%)、4頭に1頭は連対し(連対率24%)、10レースに1~2頭は勝ってしまう数字なのであり、

 

3~4番人気の馬に匹敵する数字なのである。
人気馬の勝率・連対率についてはこちら)

 

ちなみに、ダートだとさらに信頼性が増す。人気馬の成績はこう。

 

人気別の勝率、連対率、複勝率

ダートなら2~3番人気の成績に匹敵しますな。

 

つまり、
芝であれ、ダートであれ、
「逃げることが出来た」だけで、
かなりの勝率・連対率が期待出来るのである。

 

で!

 

ジェロニモが超人かどうか?

 

ジェロニモの心臓マッサージ

 

と同じくらい肝心要の話!

(ジェロニモはどっちでもええわ!)

 

馬券において何より大事な話!

 

逃げ馬の回収率はどうなの?

 

これが想像以上におったまげ!である。

 

ジェロニモは実は人間だった!

 

だっておらは人間だから

 

のと同じくらいおったまげ!である。

 

(それもどーでもええわぁぁぁぁ!)

 

・・・

 

さっきの京都のデータを元にするぜ?

 

京都2200~3200の脚質別成績

 

好走率は、逃げ・先行・差し共に遜色無し。

 

で回収率はというと?

 

京都2200~3200の脚質別回収率

 

ドギャーン!

 

単勝回収率740%!複勝回収率264%!

 

あ、

 

圧倒的じゃないか!

 

圧倒的じゃないか

 

いやね。

 

もちろん、このデータは極端だし(京都だからね)、

 

いつもそうとは限らんよ?

 

しかし、

 

馬券において、

 

逃げ馬の回収率は、

他の脚質に比べ圧倒的に高い!

 

というのは、

 

男塾の油風呂は熱い!

 

油風呂

 

というのと同じくらいの真実なのである。

 

(いや、熱いとかいうレベルじゃないよ?富樫くん?)

 

・・・

 

全体の数字を見ればそれは明らか!

 

さっきの全体のデータをもう一回見てみよう。

 

逃げ馬統計データ

 

逃げ馬の単勝さえ買っときゃ、170%の回収率!
(ダートに限れば213%だ)

 

単勝の控除率は約20%であるわけだから、
本来回収率は80%前後になるのが当たり前。

 

170%はまさに驚異的。

 

だと断言出来る。

 

馬券においてこれほど単純な結論があろうか?

 

 

結論。

 

油風呂2

 

富樫源次の根性はスゴイ!

 

じゃなかった(笑)、

 

逃げ馬だけ勝ってりゃ、

馬券は勝てる!

 

・・・これを、

 

「とりあえず逃げ馬馬券術!」

 

と勝手に名付ける!

 

耳を澄ませば、

 

耳を澄ませば

 

すげえ!

今回の記事は役に立ったわ!

言われてみればその通り!

てか、油風呂は根性じゃどもならんだろ!

 

という賞賛の声が聞こえてくるが、

 

この馬券術にも一つ問題がある。

 

「どの馬が逃げるか?」

は、レースにならんと分からん!

 

という点である。
さっきのデータは「後出しじゃんけん」みたいなもんで、
結果的に「逃げた馬=4角先頭の馬」の成績、
(おそらく逃げ馬の定義はそうであると思う)

 

つまり結果論である。

 

実際に、出馬表の段階で、
「4角先頭の逃げ馬」

をピッタリ当てるのは容易ではない!

 

逃げ馬候補が複数いる時もあるし、
逃げ馬が出遅れることもあるし、
枠順や調子や騎手や馬場によっても変わるだろうし、
意外な馬がハナに立つことだってあるしな。

 

ま、勝ち馬を当てるよりは簡単なので・・・

 

「あれ、このレースの逃げ馬はどの馬だ?」

 

と予想時に考えておくのはヒジョーに大事!
(なんせ逃げ馬は33%の確率で馬券に絡むのである!)

 

男塾田沢の結論

 

小学校2年生で習った九九!

 

が人生に必要なのと同じくらい

 

逃げ馬予想が重要なのである。

 

そして、予想した逃げ馬を
ヒモ穴に加えるなり、
頭にして大穴を狙うなりすると・・・

 

馬券で勝てるようになる!

 

 

 

 

・・・とは限らんが、

 

たまには、

 

マグロに美女が乗って

 

回ってくるお店に行けるかもしれんよ?

 

美女にマグロ

 

(そんな店があったら俺も行きたいわ!)

 

ま、

 

メイン競争(主に重賞)の逃げ馬予想に関しては、

だいたいこのブログでも毎週やってるので、

気になる人は

マメに見に来てくれな!

 

この記事があなたの馬券の役に立つことを祈る。

 

(終わり)

 

 

おまけ。逃げ馬が特に活躍するコース。

逃げ馬が活躍しているコース

 

参考まで。

 

 

【NHKマイルカップ2015予想オッズ】5月10日は3歳マイル王決定戦NHKマイルC。今年はマイル路線の大物不在、皐月賞・桜花賞上位組も不在・・・ってわけで大混戦。勝つのはどの馬だ?人気は?オッズはどうなる?浅次郎が押す大穴馬は?早目に予想しておく。

 

去年はミッキーアイルがいたからなー。
非常に分かりやすかったんだが・・・
今年は登録馬も多いし、
トライアルは伏兵馬が勝ったし、
人気を読むのがマジで難しいわー。

 

■NHKマイルカップ2015予想オッズ

NHKマイルC2015予想オッズ

netkeiba調べ

 

以下は、管理人の独断と偏見による予想オッズである。尚、枠順発表前、最終追い切り前であるため、不確定要素も多々あることをお断りしておく。

 

■NHKマイルカップ2015予想オッズ

NHKマイルカップ2015予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1番人気 グランシルク 6.1倍
2番人気 アルマワイオリ 6.5倍
3番人気 ヤマカツエース 7.8倍
4番人気 クラリティスカイ 8.0倍
5番人気 ミュゼスルタン 8.4倍
6番人気 アンビシャス 9.3倍
7番人気 アヴニールマルシェ 10.7倍
8番人気 アルビアーノ 13.4倍
9番人気 タガノアザガル 19.4倍
10番人気 グァンチャーレ 24.6倍
11番人気 フミノムーン 33.1倍
12番人気 ヤングマンパワー 47.2倍
13番人気 マテンロウハピネス 50.4倍
14番人気 ニシノラッシュ 55.1倍
15番人気 ナイトフォックス 68.7倍
16番人気 ダノンメジャー 77.5倍
17番人気 クールホタルビ 120.6倍
18番人気 コスモナインボール 136.7倍

※管理人浅次郎の独断と偏見による予想である。

 

いや、これは・・・

 

マジで人気予想難しいッス。

 

一番人気がどの馬になるかすら分からん!

 

ってか、人気になりそうな馬の中には賞金が足りなさそうな馬もいるな。

 

500万勝ちしかない2勝馬、
オープン勝ちのみの2勝馬、
また1勝+重賞2着の馬も厳しいかもしれん。

 

つまり・・・アンビシャス、ケツァルテナンゴ、ジャストドゥイング、テンダリーヴォイス、ナイトフォックス、ロードフェリーチェ、ワキノヒビキあたりは非常に微妙である。

 

まあ、これから出走回避する馬もいるだろうし、
どうなるか分からんが・・・
いずれにせよ、
超難解な戦国マイルとなること間違いなし。

 

戦国時代

 

どの馬も下克上チャンスであるぞ。

 

多分、アルマワイオリ、ヤマカツエース、グランシルクのニュージーランドT組が人気になると思う。この中でも大きく出遅れて絶望的な位置から大外ぶん回して2着に突っ込んできたグランシルクが1番人気になるか?

 

皐月賞で好走したクラリティスカイは多分マイルが本職だし、クラシック諦め組のミュゼスルタン、アヴニールマルシェ、アンビシャス、グァンチャーレも面白いよなー。

 

とりあえず、

 

人気薄になりそうな中から、

 

爆穴候補を挙げておく。

 

ニュージーランドT8着のヤングマンパワー。おそらく人気急落すると思われるが、前々走のアーリントンCでは今回上位人気が予想されるアルマワイオリを撃破して勝利している。この時のレース振りを見てみると・・・この馬は追ってからの反応が鈍く、エンジンの掛かりが非常に遅いのだ。

その代わり、伸び始めると最後までしっかり伸びる!直線半ば・・・もう一杯か?と思わせといてギューンと伸びており、最後の脚は際立っていた。東京の長い直線なら・・・坂を上がってからさらにギューンと伸びるのではなかろうか?

前走は中山マイルでは圧倒的に不利な大外枠からのレースだったのであり、ただでさえエンジン掛かるのが遅いのに・・・直線ヤマカツエースに前をカットされる不利があってジ・エンド。前走は度外視してもいいと思うぞ。東京は未経験であるから走ってみらんと何とも言えん部分も大きいけどな。

 

それから実績馬の中で人気薄になりそうなダノンメジャー。皐月賞の結果から見て、スプリングS>弥生賞だったのは周知の話だが、この馬はその中で0.4秒差5着。デビュー以来一貫して1800~2000を使われてるが(おそらくクラシックを意識してたのだろう)・・・父はダイワメジャー。実はこの馬、マイラーの可能性あるんじゃね?スローの東京マイルで先行させたら・・・かなり不気味な存在だと思う。

 

あと、多分人気になると思うけどクラリティスカイ。皐月賞は見せ場十分の5着。仮に内枠だったら3着くらいあったかもしれんぞ?東京マイルはベスト条件じゃないかなー。

 

というわけで、

 

超難解なレースになると思うが、

 

管理人はいつも通り、
常穴馬券術に従い穴馬→穴馬を狙うのので、

穴党のあなたも、
ヒモ穴を知りたいあなたも、
予想を楽しみにしておいてくれな!

 

最近、◯に挙げた爆穴馬が好走してるぞー。

(馬券は当たってないけど!)

 

ヤングマンパワー画像2

 

しかし、クイーンエリザベス2世Cのステファノスは惜しかったなー!

 

 

直線手応えバッチリだったのに・・・
スムーズに前が開いて勝ち馬と併せ馬の形になればなあ!

 

つか、単複で買っときゃ良かった・・・(トホホ)。