【皐月賞2018レース回顧】稍重馬場で行われた今年の皐月賞を制したのはオルフェーヴル初年度産駒の伏兵7番人気のエポカドーロ。離れた4番手から抜け出す完勝でまず一冠。人気どころのワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール、ジャンダルムの敗因は?エポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラーレウーノのダービー適正はどうなん?

 

エポカドーロ、混戦皐月賞を制す!

 

 

いやあ・・・今回の皐月賞は意見が分かれるだろうねえ。

 

巷の見解を見てみると・・・

 

サンスポ→【みんなの反省会】根はマイラーのエポカドーロ

スポニチ→【皐月賞】エポカ1冠“父の道”3連単37万円超え波乱呼ぶ!

 

・位置取りが良かった(展開が向いた)

・重い馬場が味方した

・実力勝負になってなかった

 

という感じで、

2馬身差の圧勝だったにもかかわらず、

あまり肯定的じゃない意見が多いですな。

 

さて、実際どうだったのか?

ワグネリアン、ステルヴィオらの敗因はなんだったのか?

 

簡単に回顧してみよう。

 

■皐月賞2018結果、着順

 

■皐月賞2018映像

JRA公式は画質悪いなあ・・・

 

■皐月賞2018レース回顧

スタート!

3番ジャンダルム、9番オウケンムーン、12番グレイルが出遅れ。ジャンダルムはあっという間に前を塞がれちゃったね。ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドールあたりは普通のスタート。おそらくインの馬場が荒れていたのだろう。ワグネリアンやキタノコマンドールは外へ外へとポジションを移していく。

 

好スタートを切ったのは7番エポカドーロと10番ジェネラーレウーノ。馬なりのまま先頭を伺うが・・・ムチが入った6番アイトーンが押して押してハナへ。14番のサンリヴァルは馬なりのまま好位へ。大外から玉砕覚悟のジュンバルロが行く!

 

正面から見ると一目瞭然。インはガラガラ。みんな外へ殺到してますな。内枠のワグネリアンはまあ想定通りだけど、ジャンダルムもかなり外へに行ってるよね。ステルヴィオは大外のまま。こういう馬場の時って、「いい馬場を走らせたい」って思惑が強く働き過ぎてね。外の馬はかなり外を走らされちゃうので注意が必要。今年の皐月賞はインガラガラのまま一周回ることに。

 

1~2コーナー地点。アイトーンにジェネラーレウーノがついていき・・・さらにジュンバルロが絡んで3頭が大逃げする形に。エポカドーロ戸崎はついて行かずに控える選択。これが大正解でしたな。・・・というより、初めからそういう作戦だったっぽい(笑)。レース前は、

 

「何が何でも逃げます(キリッ)」

 

みたいなことを言っていたが、実際は

 

「どうぞどうぞ!」

 

 

だったからね(笑)。

 

むしろ、折り合い・ペースコントロールに集中している感じで、

最初からハナに行く気は無く、

誰かを行かせて2~3番手・・・って予定だったと思われる(笑)。

 

ハナはアイトーン、続いてジェネラーレウーノ、ジュンバルロ。

 

10馬身くらい間が空いて、実質的な先頭がエポカドーロ、サンリヴァル、ケイティクレバー。この3頭が、私の予想の◯、▲、◎だったからね。もうこの時点で「うほほーい!そのままー!」と思ってたわ(笑)。

 

中団の前にマイネルファンロン、スリーヘリオス、タイムフライヤー、ダブルシャープ。

 

中団後方にオウケンムーン、ジャンダルム、ワグネリアン。

 

後方にグレイル、ステルヴィオ、キタノコマンドール。

 

ざっと見る限り、折り合いを欠いているような馬は居なかったね。

 

ラップはどうだったのか?

 

 

1000m通過は59.2。

 

ただし、これは前の3頭のラップで。

 

10馬身近く離れた4番手エポカドーロのラップは、

61.2くらいだったと思う。

 

だから、巷では、

 

実質スローだった!

 

と言ってる人が多いわけだが、

 

それは本当だろうか?

 

まず考えなくてはならないのが馬場。

 

稍重発表だが、

見た目以上に時計が掛かる馬場だったのはみんなも知ってる通り。

 

さらに言えば、

ほとんどの馬が内を空けて走っており、

通常よりも多く距離を走っているのも間違いないわけで。

(エポカドーロも3頭分くらい内を空けてコーナーを回っている)

 

馬場とコース取りの影響が1000mにつき1.0秒あったと仮定するなら、

エポカドーロのペースは61.2→60.2だったわけであり、

それが巷で言うところのスローだったのかどうか?

速くもないが、遅くもなかったのでは?

 

ちなみに、スローだった弥生賞(1000m通過61.5)で、

ワグネリアンは上がり最速33.7を繰り出しておるんだが、

今回のワグネリアンの上がりは35.2。

(馬場差はあるにせよ掛かりすぎじゃね?)

 

今回「実質スローだった」と言うのであれば、

もっと伸びても良さそうなもんだけど。

 

何が言いたいかというと、

エポカドーロのペースは馬場を考慮すると

平均ややスロー程度だったのではないかと。

 

実際のエポカドーロのペースを2で割ると、

61.3-59.5=2:00.8

後傾ラップではあるが、極端なスローじゃなかったのである。

 

それを裏付ける証拠の一つに、

 

有力馬の位置取りがある。

 

残り600mでの隊列がこう。もし極端な前有利のスローだったというのなら、ポジションを押し上げていくような馬が居てもおかしくないよな?あるいは早めのロングスパートをする馬が居てもおかしくないよな?特に、デムーロルメールらのペース判断に長けた騎手はそういう手をよく使うよね?しかし、残り600mでも後方待機で動かぬまま。

 

さらに言うなら、残り600mから積極的に動いていく馬もいなかったわけで・・・もとい、ワグネリアンは残り600mから仕掛けてますな。しかし、ステルヴィオ(ルメール)、キタノコマンドール(デムーロ)、ジャンダルム(武豊)あたりは悠々とと後方待機のままで・・・4コーナー手前まで脚を溜めているのだ。

 

ルメールもミルコも武豊も・・・

 

このペースなら届く!

 

あるいは、

 

このペースなら前は止まる!

 

・・・そう思ってたのでは?

 

だから全く動かなかったのでは?

 

ま、実際のところは分からんけどね。

 

戻ろう。

 

残り400m。前の3頭との差がグングン詰まる。エポカドーロはこの時点でまだ馬なりのまま。馬場が良いところを選ぶ余裕があり、馬場の真ん中から外目へ!サンリヴァルがエポカドーロの外から迫る!ワグネリアンはすでに追い出し態勢に入ってるがイマイチ伸びない!

 

4コーナー!ワグネリアン、グレイルは外に振られてかなり外を回らされてるね。ステルヴィオは上手くその内に入れて追い出す!ジャンダルムは外に振られるのを嫌って内へ切れ込む!キタノコマンドールはジャンダルムを追うようにコーナーを回って馬群の中へ!直線に入って、エポカドーロも追い出し開始。

 

残り200m!まだ余裕の手応えのエポカドーロ。残り200mを過ぎてから右ムチ4発。これでもう一つギアが上がり、前で粘りに粘るジェネラーレウーノを一気に捕らえる!

 

必死にサンリヴァルが追いすがるも、差は縮まらず、逆に開いていく。後ろからステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルらが迫るが、3着争いまで。

 

最後は流す余裕の戸崎。2馬身差の圧勝。2着にサンリヴァル、3着にジェネラーレウーノが粘り込んだ。

 

勝ちタイムは2:00.8。

 

エポカドーロの上がりは35.1。

 

いや、

 

エポカドーロ、

 

めちゃめちゃ強かったんじゃね?

 

 

 

 

 

 

 

 

勝ったエポカドーロはオルフェーヴルの初年度産駒。GⅠでは信頼度イマイチな鞍上、母系が短距離系の血統、また逃げ脚質のせいもあってか今回伏兵の立場で・・・単勝オッズは14.5倍の7番人気。しかし見事に父オルフェーヴルとの父子制覇を成し遂げた。オルフェーヴルの牡馬では他に目立った馬がおらず(多くの良血牝馬と交配してるんだが)、「オルフェーヴルの牡馬はイマイチ。ロードカナロアの方が質が高い」といった下馬評もこの馬の人気を下げたのかもしれない。

しかし、血の力って凄いね。オルフェーヴルも3歳春に激変して3冠馬まで上り詰めたわけだが、今回のエポカドーロもまさにそんな感じでね。スプリングSの時とは全く馬が違っていたんだと思う。もちろん、重めの馬場がこの馬にとってプラスだったことは間違いないが、仮に良馬場だったとしても結果は変わらなかったのではないだろうか。それくらいの完勝だったと思う。

展開的に恵まれたんじゃね?と言ってる人も沢山いるけどね。私はそうは思わない。そもそも本当にスローの瞬発力勝負だったのなら、もっと後ろの人気馬が脚を伸ばしたはず。しかしそうじゃなかったってことは後ろの馬も道中脚を使わされたってことであり、今回はタフな馬場でのガチンコ勝負だったのだ。

だいたい・・・スローだから前有利とかハイペースだから後ろ有利なんて言ってたら、今回のジェネラーレウーノの粘りとか全く説明つかんしね(笑)。

 

強い馬の定義ってのは人それぞれだと思うが、

 

自分でペースが作れて、

後ろと同じか後ろより速い上がりを使える馬。

 

あるいは、

 

自分でレースを動かして、

その上で勝ち切ってしまう馬。

 

私は、

こういったタイプの馬が強いと思うし、

こういうタイプの馬が好きだ。

 

さて・・・すでにエポカドーロのダービー適正についての議論も始まってますな。気になるのはその血統と体型。母父はマイラー系のフォーティーナイナー。母のダイワパッションも1200~1400の重賞勝ち馬である。馬体を見ると・・・

 

うーむ。確かに胴が詰まった感じで。距離が伸びて良さそうには見えない・・・

 

しかし父オルフェーヴルも胴が詰まった体型でね。見た目1600~2000mくらいが適距離に見えるが、これで3000mだって余裕で走れたわけで。しかしオルフェーヴルは美しいなあ・・・惚れ惚れするわ。

 

エポカドーロは東京2400も大丈夫か?

 

なんてのは、走ってみらんと分からんと思う。

 

しかし、今回の皐月賞を見る限り、個人的には全然大丈夫だと思うね。折り合いに不安がないのが1番。そして、ゴール前止まるどころか、まだまだ余裕があったからね。むしろ、距離は伸びて良いような気がする。ただ・・・距離よりも東京コースが心配だな。この血統は「小回り」「タフな馬場」が得意で。軽い馬場でのキレ勝負は苦手なのである。オルフェーヴルもゴールドシップもドリームジャーニーも中山・阪神の内回りは鬼であった。ま、この馬がどうかは分からんが。

 

2着のサンリヴァルはルーラーシップ産駒。エポカドーロの直後の位置取りで、最後までこの馬をマークする形だったが、最後は完全に力負け。しかし、実にしぶといねこの馬。おそらくこの馬もタフな馬場が得意なタイプで。スローの瞬発力勝負ではなく、タフな持久力戦が得意なタイプなんだろう。弥生賞ではスローで完敗だったが、馬場やペースが変われば、これだけ強いのである。この馬もスタミナ的には2400は全く問題ないだろう。出来れば一貫したペースの持久力戦がいい。藤岡佑介・確変チュー♪

 

3着のジェネラーレウーノはホントに凄かったな。1000m59.2のペースは普通の馬場であれば58.2くらいに相当するハイペースだったと思う。実際この馬の上がりは37.6で。もう最後はアップアップだったんだが、それでも3着に残したあたり、田辺恐るべしである。この馬もハイペース志向の持久力型で。東京の瞬発力勝負は全く向きそうにないんだが、常識が通用しないタイプの馬かもしれず。また残ってしまうかもしれない(笑)。

 

4着のステルヴィオの敗因は「ポジションが後ろ過ぎたこと」と言ってる人が多いですな。まあその通りなんだが、そもそも前目に行けないから中団後ろで競馬してきたわけでね。外枠だったし、こういうポジションになる可能性は最初からあったと思う。それを敗因と言うのは・・・なんか違うんじゃね?・・・と思うね。他に敗因を探すとすれば、馬場と距離か。外を回して差してきたのはさすがであったが・・・最後はジェネラーレウーノを交わせなかったばかりか、後ろから来たキタノコマンドールに交わされる寸前であった。この馬・・・タフな馬場や展開も合わなかったのかもしれんが、そもそも2000mがギリギリなのかもしれん。ダービーでも人気になるだろうけど・・・NHKマイルCに行った方がいいと思うね。

 

5着のキタノコマンドールまでがダービーの優先出走権ゲット。ゴール前の脚は際立っていたよね。ただ、やっぱりこの馬も位置取りが後ろ過ぎで。さらにエンジンの掛かりも遅く、伸びてきた時にはもう・・・時すでに遅し。この馬に関して言えば、もっと手前から仕掛けていれば2~3着はあったかもしれない。距離が伸びて良さそうだし、東京に変わるのもプラス。そのままミルコ騎乗なら・・・ダービーは2~3番人気になっちゃうかも???

 

6着のグレイルは出遅れが響いたね。ただ、大外ブン回しでステルヴィオと同じような脚を使っているし、やはり能力的には相当高いものを持っていると思う。ただ、ステルヴィオと同じく、大外を回したにもかかわらず最後の伸びがイマイチだったように思う。馬場のせいだと思うが・・・東京2400で巻き返せるか?

 

さて、謎だったのが1番人気ワグネリアンの負けっぷりである。内枠だったんでね。下げて外に出すってのは予定通りだったと思う。重馬場の野路菊Sで上がり33.0を繰り出して圧勝したことがあり、重い馬場も苦にしないとも言われていた。しかし、4コーナー手前で外に出されて追い出されてもイマイチ伸びない。最後はステルヴィオとグレイルと併せる形になったにも関わらず、脱落して最後は追うのを諦める始末。この馬の敗因はなんだったのだろうか?一つには、タフな馬場・タフなペースで脚が溜まらなかった可能性。一つには調子がイマイチだった可能性である。浅次郎の調教チェックでも、この馬の調教軽すぎだったんで「怪しいんじゃね?サイン」を出していたが・・・危惧した通りになったな。ダービーでの巻き返しなるか?

 

また、今回ジャンダルムから買ってた諸兄も多かったと思う。出遅れてポジションが取れなかったのがまず痛恨で。さらに言うと、馬場も合わなかったんだと思う。4コーナー・・・武豊は思い切ってインを突き、いいところに持っていったんだが・・・最後全く伸びず。距離も2000mが限界ぽいからね。ダービーよりNHKマイルCに向かった方がいいと思うけど陣営はどうするかな?

 

以上、簡単に回顧するつもりが、

 

長くなってしまった(笑)。

 

しかし文中でも書いたが、

 

これでダービーが俄然おもしろくなったね。

 

おそらくダノンプレミアムが1番人気になると思うが、

 

他の人気はどうなるだろうね???

 

馬券は、必殺前残りBOXが炸裂して◯▲で馬連が当たり。

◎のケイティクレバーは11着だったけど(笑)。

 

さて、今週も楽しんで行こう。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

絶対王者オジュウチョウサン、大差のレコード勝ちで3連覇達成!/中山グランドジャンプ

いやあ・・・強いわこの馬!感動した!馬券は買ってないけど(笑)。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【桜花賞2018レース回顧】阪神芝1600mで行われた3歳牝馬によるGⅠ桜花賞。勝ったのは2番人気アーモンドアイ!後方一気、大外ぶん回しの鬼の末脚でラッキーライラックを並ぶ間もなく差し切って見せた。断然人気ラッキーライラックの敗因は何だったのか?アーモンドアイ・リリーノーブル・マウレアらのオークス適正は?距離は持つのか?

 

桜の女王は

鬼脚アーモンドアイ!

 

※ノリスケさんご友人撮影の1枚。キレイだねえ。

 

いやあ、

 

アーモンドアイ凄い切れ味だったねえ。

 

簡単に回顧する。

 

■桜花賞2018結果、着順

netkeibaより抜粋

 

堅いよチキショー。

 

■桜花賞2018映像

※動画が消されてる場合はJRAのホームページで見てね。

 

■桜花賞2018回顧

スタート!

15番のプリモシーンが大きく出遅れ。13番アーモンドアイも出負け気味で後方から。ただし鞍上ルメールは最初から直線勝負をする予定だったのだろう・・・慌てることなく後方待機。そして絶好のスタートを切ったのが1番のラッキーライラック。

 

だけんどもしかし・・・

 

まさかこの好スタートが

 

ラッキーライラックの敗因になるとは・・・

 

この時は思いもしなかったのである。

 

絶好のスタートを切ったラッキーライラック石橋だが、内で包まれゴチャ付くのだけは勘弁!と思っていたのはレース後の騎手コメントからも明らかで。だからこそ絶好のスタートを切った後も控えることなくポジションを取りに行ったのである。

 

しかし・・・不幸なことに、どの馬も行かない。

 

唯一11番のコーディエライトはかなり押してるが二の脚が付かず・・・

行きたくても行けない感じ。

 

他の馬はみーーーんな様子見なのだ。

 

そして、

最内枠だし、気分良く行ってるし、

ブレーキ踏んでポジションを落とすわけにも行かない!

 

石橋は何度も横を向いて確認している。

 

「早く誰か行ってくれ!」

 

結局、ラッキーライラックは200m付近まで先頭を走ることになる。その間のラップは12.3!これは過去10年の桜花賞で3番目に速いラップ。つまり・・・ラッキーライラックはそのスタートセンス、スピード能力の高さゆえに自ら速いペースを作り出してしまったのだ。

 

 

ようやく行き脚がついたコーディエライト、10番のアンヴァル、大外のツヅミモンが先頭争いに加わり・・・ここでさらにラップが上がって10.7。このラップも桜花賞過去10年で2番目に速いラップである。

 

400m通過時点でラッキーライラックは3番手のイン。自ら演出してしまったとはいえ・・・かなり厳しいラップとなった。これが中山マイルや京都マイルならまだなんとかなったかもしれんが、舞台は阪神マイル。デフォルトで差し・追い込みが有利なコースなのだ。

中団の前にレッドサクヤ、内からリバティハイツ、中にハーレムライン、外にリリーノーブル。中団の後ろにアンコールプリュ、スカーレットカラー、レッドレグナント。

 

中団後方にかけてマウレア、トーセンブレス、フィニフティ。

 

後方にプリモシーン、アーモンドアイ、最後方にデルニエオール。

 

600m通過は34.5。

 

1000m通過は58.7。

 

 

テレビで解説していた某元調教師のSは、

 

「前半46.6、後半46.5の平均ペース」

 

なんて言ってたが、

 

あんた小学生か!

 

と突っ込みたくなる計算方法で(笑)。

 

そもそも桜花賞が行われる舞台の阪神1600mは

スローの瞬発力勝負が基本。

 

前半は緩いペースになることが多いのである。

 

過去の桜花賞を見ても前半46.6はかなり速いペース(過去3番目)で、

前半46秒台の時はほとんど「前潰れ」なんだよね。

 

今回は特に桜花賞レコードが出るほどの高速決着だったわけで。

前に行った馬にとっては相当厳しいペースだったと言える。

 

もちろん、

「ハイペースだから後ろが有利」

なんてことを言うつもりはない。

 

ペースが速ければ速いほど、

持久力やスタミナや底力といった総合力がモノを言うわけだし、

ペースが速くなると脚が溜まらない差し・追い込み馬だって沢山いる。

 

そういう意味で、

今回の桜花賞はハイペースのガチンコ総合能力勝負だったわけで、今回の

アーモンドアイは相当強かった!

というのは疑う余地なし。

 

ただ、

アーモンドアイからすれば展開がバッチリ嵌ったし、

ラッキーライラックにとってはかなり厳しい展開だった・・・

というのも事実である。

 

レースは生き物。

 

だからこそ競馬は面白いのである。

 

話を戻そう。

 

600~1000mのラップは12.1-12.1。ここで多少は落ち着いたが、それでも大きく緩んだわけではなく依然として息が入りにくいラップ。それでもラッキーライラックは手応え十分で4コーナーを回る。アーモンドアイは大外へ。リリーノーブルはも外へ。

 

残り400m。前が開いたラッキーライラックだが、持ったままで先頭のツヅミモンに並びかけて行く。その外からレッドサクヤ、リリーノーブルが襲いかかる。1番右の大外がアーモンドアイ。レッドサクヤから・・・ラッキーライラック、ツヅミモンの馬券を持ってた浅次郎はここで絶叫(笑)。

 

残り200m。夢見れたのもココまで(笑)。急坂に掛かるところでツヅミモン、レッドサクヤが脱落し、大外からアーモンドアイが強烈な末脚で差してくる!

 

残り100mでラッキーライラックを捉えると、並ぶ間もなくブッチギリ。

 

約2馬身差を付けて圧勝!

 

アーモンドアイ強し!

 

 

 

 

 

勝ったアーモンドアイは、ロードカナロアの初年度産駒。この勝利で父ロードカナロアはかなり人気を集めることになるだろうね。シンザン記念からのブッツケローテを嫌って買わなかった人は沢山いると思うが(私もそうだが)、そんな不安を吹き飛ばすような圧勝だった。ハイペースの総合力戦でラッキーライラックを負かしたのだから相当な器の馬だと思う。

ただ、前述した通り、今回展開がハマったのは間違いない。この馬のラップは・・・1000m59.9でラスト3Fが33.2。切れ味を活かすのにピッタリなペースだったのである。仮の話だが、今回の桜花賞が1000m通過60秒くらいのややスローペースだったとしたら(この馬のラップが61.0くらいだったら)・・・33.2の上がりを使っても届かないわけで(この上がりは阪神マイルで出せるほぼほぼ限界値)。出遅れ癖もあることだし、今後もこの馬が「展開に左右されやすい」ということは覚えておいた方がいいと思う。

で、問題は今後だす。オークスに出走するとなると・・・出てくる問題は「距離」だすな。なんと言っても父は短距離王のロードカナロア。母はエリザベス女王杯を勝ったフサイチパンドラとはいえ、この極上の切れ味を見るとマイルがピッタリに思えるだすよ。ただ、最近のオークスはスローで流れて終い勝負になりやすく、桜花賞組のマイラーでも好走出来るからね。そこまで心配する必要はないのかもしれないが、個人的にはやっぱり距離は不安だす。

 

2着のラッキーライラックは本当に運が悪かったな。このペースで3番手なら最後に脚が上がってもしょうがなし。それでも止まったわけではなく、正攻法で勝ちに行ってのものだから鞍上を責めることは出来まい。相手を褒めるべきだろう(石橋コメント潔し)。真ん中くらいの枠で、せめてリリーノーブルと同じような位置取りで競馬が出来ていれば、あるいはまた違った結果だったかもしれない。この馬もペース次第で33秒台前半の脚使えるからね。

結果は2着だったが、このペースで先行してキッチリ2着を確保したあたり、やはり能力はトップクラスだね。アーモンドアイとの2馬身差は能力差ではなく、マイル適正・展開の綾だと思う。ペース次第で逆の結果になっていたのではないかな。さて、こちらはオークスでも全く問題無さそう。というか距離伸びて良さそう。折り合いも問題ないし、前のポジションが取れるのもいいね。さて・・・オークスの鞍上はどうなるのか?出来ればそのまま石橋でお願いしたいが、ミルコに乗り替わりとかもうヤメてよミッキー(笑)。

 

3着のリリーノーブルは本気で勝ちに行ったが届かず。なんかキャラ的に3着が指定席になりそうだが、この馬も相当強いと思う。この後はオークスに行くんだろうけど、血統的に東京2400は微妙だなあ・・・。2000までって気がするけど・・・。NHKマイルCならアッサリ勝ったりして。

 

4着のトーセンブレスは8番人気での好走。アーモンドアイと同じく展開がハマったのはあるが、この馬も相当長くいい脚を使うね。血統的にもマイルはちょっと短い感じで、2000m以上・・・オークスはピッタリな印象。人気薄になるようなら積極的に狙いたい。

 

以下、マウレア、リバティハイツ、レッドサクヤ、スカーレットカラー、ツヅミモンあたりはタイム差なしの僅差。マウレアはどうなんだろう。。。位置取りは悪くなかったと思うが、やっぱり使い詰めで調子がイマイチだったのかな。血統的にも2000以下ぽいし・・・オークスで巻き返すのはちょっと厳しいか。

 

今回前で頑張ったレッドサクヤ、リバティハイツあたりはオークスに出走するようなら穴で再び狙いたいねー。ツヅミモンは是非NHKマイルCに出てこい!今回の競馬が出来れば一発あるかもだぜ!

 

馬券はレッドサクヤ軸の馬券でドモナラズ。

 

最近は、

 

全然当たってない(笑)。

 

しかし、

 

1㍉も懲りずに、

 

皐月賞も大穴狙いで逝く。

 

 

あ、皐月賞のデータ分析はこちら!

 

データから浮かび上がる穴馬は?

 

調教チェックや展開予想は後日ねー。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

全米メディアも大谷の「完全試合未遂」に大興奮「本当に人間か?」

「2刀流にチャレンジする!」と大谷翔平が言った時、多くの評論家や実績あるOBやメディアが「野球ナメんじゃねえ」「ピッチャーに専念しろ」と言った。しかし、今や大谷はメジャーで2刀流をやろうとしている。心から尊敬するね。そのチンコスピリットに。しかし、まだ23歳。大谷君のチンコを巡る争いも熾烈だろうなあ。うらやまC。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【大阪杯2018レース回顧】阪神芝2000mで行われた古馬中距離GⅠ大阪杯。勝ったのは1番人気のスワーヴリチャード。向正面で一気に進出するミルコの神騎乗で圧勝。2着にペルシアンナイト、3着にアルアインが入り4歳勢が上位独占。サトノダイヤモンドは見せ場なく7着に敗退。敗因はなんだったのか?簡単にレース回顧する。

 

スワーヴリチャード、GⅠ初勝利!

 

 

いやー、スワーヴリチャード強かったねー。

 

簡単に回顧しよう。

 

■大阪杯2018結果、着順

 

■大阪杯2018映像

 

■大阪杯2018回顧

スタート。

出遅れたわけではないのだが、出脚が付かず・・・スワーヴリチャードは後方からの競馬。

 

ハナに行ったのはやはりヤマカツライデン。続いてサトノノブレス。サトノダイヤモンド、シュヴァルグランあたりもココでは前にいますな。

 

先頭は単騎ヤマカツライデン。一緒に行くかと思っていたサトノノブレスは行きっぷり悪く・・・ズルズルと下がって中団。金鯱賞の時の行きっぷりとは全く違ったね。私はこの2頭が競る形で馬群を引っ張ると予想してたのだが・・・

 

2番手に付けたのはダンビュライト。続けてスマートレイアー。この馬、前でも後ろでも競馬が出来るんだけど・・・この枠で一発狙うなら前に行くのはアリだったと思う。結果は直線全く伸びずのズブズブだったけどね。その後ろにウインブライト。

 

好位の後ろにサトノダイヤモンドとアルアイン。外にゴールドアクター。サトノダイヤモンドは絶好の位置取りに見えたけどね。これで伸びないのは・・・何か理由が有りそう。

 

中団真ん中にヤマカツエース、ペルシアンナイト、シュヴァルグラン。

 

中団後方にサトノノブレス、メートルダール、ミッキースワロー、外をついてトリオンフが上がっていく。

 

後方2番手に居たスワーヴリチャードが・・・1000m手前でポジションを上げて行く!

 

その時、

 

「ミルコ、ソーローだろそれ!」

 

と浅次郎は呟いたのである

 

 

外を付いてグングン上がって行くスワーヴリチャード。

 

こんなところで脚を使って大丈夫なのか?

 

競走馬が全速力で走れるのは300~600mであると言われている。

もちろんそこには個体差があるわけであるが、

1000mを全速力で走れる馬はいない。

 

人間で考えると分かりやすいんだが、

全力・無酸素運動で走れるのは100~200mかそこらだろう。

(運動不足の競馬オヤジなら50mくらいだろう。笑)

 

それ以上の距離は、

息を入れないと無理なわけで。

 

全力で400m走れるって人間は、存在しない。

 

 

これは陸上世界記録。

100mと200mは同じようなスピードだが、

400mではガクンと落ちるのが分かると思う。

仮に400m全力で走れるなら38~39秒くらいにならないとおかしいよね?

 

これと同じで、競走馬が全力で走れる距離は

だいたい決まっているのである。

 

しかしまあ、ごくごく稀に・・・

長い距離を全力疾走可能な馬もいるが、

それでも800mくらいが限界なのだ。

(ゴールドシップとかオルフェーヴルとかね)

 

という一般常識を元に、

残り1000m地点からスパートしたミルコに対して、

 

「ミルコ、そーろーだろそれ!」

 

と呟いたのである。

 

だけんどもしかし!

 

 

ここから先がミルコのミルコたる所以で。

 

一旦脚を使ってポジションを上げるも、

先頭に並んだ時点で脚を止め、

息を入れることに成功してしまうのである。

 

 

この位置でストップ。

 

つまり、スワーヴリチャードが脚を使ったのは1000~1200mの間だけ。

 

ラップタイムを見てみよう。

 

 

1000~1200mのハロンタイムは11.8。

スワーヴリチャードは約6馬身分上昇しているので、

この時10.8前後の脚を使ったと思われる。

 

レースの途中で一旦トップギアに入れることのリスクはとてつもなく大きい。

無酸素運動を行うとガクンと筋肉が疲労してしまうからだ。

 

しかも、次の1200~1400のラップは11.2。

 

突付かれたヤマカツライデンがペースアップし、

レース全体が激流となったのだ。

 

普通なら・・・この時点で、

スワーヴリチャードもジ・エンド。

 

しかし・・・阪神競馬場は3コーナー過ぎ(残り800m)から下り。

これが多少なりとも助けになったと思う。

(じゃないと説明できねえ)

 

スピードに乗ったスワーヴリチャードは、

坂の下りでギアを落としながらカーブを曲がることに成功。

 

ここで上手く息が入ったスワーヴリチャードは

手応え抜群のまま4コーナーを回り、

そのまま押し切ってしまうのである。

 

もう一回ラップタイムを見てみよう。

 

 

残り1000mからずっと11秒台が列んでいるよね。

 

世間では「ミルコの神騎乗!」なんて言われているが、

(たしかに日本人にはこの騎乗は出来ないが)

 

一歩間違えば撃沈!

 

の非常にリスキーな騎乗だったのであり、

 

今回はミルコの騎乗に応えた

スワーヴリチャードの強さが光ったレースだと思う。

 

ああ、そう言えば、

昨年のダービーのルメール(レイデオロ)・・・

 

 

も似たような騎乗だったし(この時は超スローだったけど)、

 

昨年の皐月賞のミルコ(ペルシアンナイト)・・・

 

 

も道中ポジションを上げる競馬であった(この時はハイペース)。

 

モレイラやムーアも似たような動かした方することあるし、

 

外人ジョッキーには、

道中動かしても息を入れる技術

があるんだろうね。

 

置こう。

 

4コーナーを絶好の手応えで回るスワーヴリチャード。

 

一気に先頭。道中同じ様に上がっていったトリオンフも頑張ったがココまで(これが普通)。内の青い帽子がアルアイン。赤い帽子がペルシアンナイト。外に出した白い帽子のサトノダイヤモンドだが・・・あまりにも手応えが悪い。

 

4コーナー手前から追い通しのアルアインが内をついてスルスルと上昇し、スワーヴリチャードに迫るも・・・なかなか差が詰まらない!逆に、ギリギリまで脚を溜め、残り300mからスパートしたペルシアンナイトがグングン迫る!さらには中団後方のインで脚を溜めていたヤマカツエースが伸びてくる!

 

しかしスワーヴリチャードの脚も衰えず・・・余裕を持ってゴール。

 

スワーヴリチャード、強し!

 

 

 

 

 

勝ったスワーヴリチャードは、古馬になってから強くなることが多いハーツクライ産駒の4歳馬。明らかに3歳時よりパワーアップしてるね。「ダービー馬より強いダービー馬2着馬」と言われることもあるが、ダービー馬レイデオロとの再戦が楽しみである。そんでこの馬については、ゴールドシップばりの「スタミナモンスター」である可能性を指摘しておく。それでいて瞬発力も半端ないからね。春天に出走すれば楽勝しちまうかもしれん。ウインバリアシオンよりさらに長く脚が使える感じ。これからもっと強くなるかも。

 

2着のペルシアンナイトは、思った通り能力非凡。ただ、今回は相手が悪かったね。3角過ぎペースが上がった時もジッと我慢して直線に賭けた。おそらく最初から終いを活かす競馬をする作戦だったのだろう。完璧な騎乗だったと思うが、この馬も長く脚が使えるタイプ。あと少し追い出すタイミングが早ければ、もっとゴール前際どかったかもしれない。ま、前が開いてから追い出したんでしょうがないけどね。しかしこれで、この馬が2000m走るのバレちゃったなあ・・・。もう人気薄で買えないかも。

 

アルアインは手応え悪く見えながらもしぶとく脚を伸ばして3着。今回、前に行った馬はスワーヴリチャードにあらかた掃除されてしまったのだが(後半の激流に飲み込まれた)、この馬だけは最後まで止まらなかったね。なんか今後は「善戦マン」になりそうな気がするが、好位のポジションが取れて終いもしっかりしているのは強み。次は宝塚記念かな?

 

4着はしぶとく差してきたヤマカツエース。オッズを見ると「もう終わった」と感じているファンが多かったんだと思うが、ところがどっこい。やっぱり阪神2000で溜めると切れるね(上がり最速)。まだまだやれる。宝塚記念出てきてくんないかな。

 

5着のミッキースワローは正直侮っていたが・・・この馬も走るね。ただ、現状GⅠではワンパンチ足りないのも事実。ローカルのGⅢとかなら圧勝しそう(笑)。

 

さて、人気の一角であったサトノダイヤモンドは見せ場なく7着。道中はいいポジションだったと思うし、3コーナーではペルシアンナイトと同じような位置取り。勝負どころでの手応えが悪く、4コーナーでは上がっていくどころか置いて行かれる始末。

 

考えられる敗因は、

・調子がイマイチだった。

・やはり2000mは短かった。

・海外遠征のダメージがまだ抜けていない。

・能力のピークが過ぎている。

・戸崎が嫌い(笑)。

 

このいずれかだと思う。最も可能性があるのは「戸崎が嫌い」・・・じゃなくて「調子イマイチ」。前走「金鯱賞」の時からすれば良くなったように見えたが、実はまだ調子が上がって来ていないのではないか。こうなると次も怪しくてね。競走馬は一旦調子が悪くなると・・・なかなか戻って来ないものである。

あと、可能性無きにしもあらずなのが「ピークを過ぎた」。ディープインパクト産駒の一流馬は3~4歳時にピークを迎えることが多く、クラシックを勝ち、4歳までは活躍するものの5歳以降は尻すぼみ・・・という馬が少なくない。キズナ、マカヒキ、ハープスター、ミッキークイーン、ショウナンパンドラ、そしてサトノダイヤモンド・・・。例外はジェンティルドンナくらい。マイル以下だと5歳以上で活躍する馬多いんだけどね。

もちろんサトノダイヤモンドもそうだとは限らんのだが、ディープインパクト産駒の牡馬で複数のJRAGⅠを勝った馬は今まで2頭だけだからね(サトノダイヤモンド、ミッキーアイル)。次も間違いなく人気になる馬なだけに、覚えておくと・・・思い切って切れるかもしれない(責任は持たん。笑)。

 

私の◎スマートレイアーは直線全く伸びずでドモナラズ。

 

 

しかし1㍉も懲りずに、

 

来週も大穴狙いで行こうと思う。

 

あ、

 

次は桜花賞じゃん。

 

ラッキーライラックは・・・切れ・・・ちゃいないよ。

 

桜花賞2018のデータ分析はこちら

 

【浅次郎のひとりごと】

大谷翔平「始まったなっていう感じ」初登板初勝利

10勝、ホームラン10本、打率275くらいなら行けるか?予想を超える活躍を期待!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【高松宮記念2018レース回顧】スプリント王決定戦、高松宮記念GⅠを制したのはファインニードル!2着にはまたもレッツゴードンキ。3着には10番人気のナックビーナスが入った。1番人気に支持されたレッドファルクスは上がり最速で追い込むも惨敗の8着。敗因はなんだったのか?スノードラゴンはもう限界なのか(笑)。

 

ファインニードル、

新スプリント王に!

 

 

1番人気のレッドファルクスがぶっ飛ぶも、

2番人気ー3番人気の決着で、

ちょいと穴党には厳しかったかね。

 

簡単に回顧する。

 

■高松宮記念2018レース結果

 

■高松宮記念2018レース映像

最近はyoutubeの競馬映像もすぐ削除されちゃうね。

 

■高松宮記念2018回顧

スタート。

14番のラインミーティアが出遅れ、18番のラインスピリットは躓いたのか大きく態勢を崩してしまった。内枠の各馬が好スタート。

 

行ったのはセイウンコウセイ、続いてリエノテソーロ、ダイアナヘイローは控える感じで3~4番手。間から香港の3番ブリザード。7番ナックビーナスが好位の後ろ。

 

12番ネロがハナだと思ってたんだけどね。200m過ぎてからやっと行き脚が付いた感じで上がって行ったけどもう手遅れだよね。中断前目のインにレッツゴードンキ、岩田は最初からインを狙ってたねコレ。その外にいるのが9番ファインニードル。ここにいる3頭が1~3着。

 

中団後方のインにダンスディレクター、ジューヌエコール、レーヌミノル。その後ろに私の◎スノードラゴン(笑)。

 

後方に16番のシャイニングレイ、キングハート、ラインミーティア。

 

最後方にレッドファルクス(この後ろにノボバカラがいるけど)。

 

ペースは、

 

 

テンの3Fが33.3。

 

良馬場とはいえ、

時計の掛かる重めの馬場だったことを考えると、

結構なハイペースだったと思われる。

 

実際・・・後半3Fが35.2だからね。

前後半のタイム差が約2秒もあったわけよ。

 

こうなると、

テレビた新聞で言われている「一般的なペース理論」だと、

後ろ有利となるはず。

 

レッドファルクスにとっても

格好のハイペースだったはず。

 

しかしそうはならないのが、

競馬の面白いところで。

 

今回上位を占めたのは

前目に付けた馬たちばかりであった。

 

コレを見てるみんなも、

「ハイペースだから後ろ有利」

「スローペースだから前有利」

といった一般常識はあまり信用しない方がいいぞ。

 

もちろんそういう結果になる方が多いわけだが、

そうならないことだって多々あるわけで。

 

コース形態や馬のタイプによって

ペースの有利不利は大きく変わるけんな。

 

一つ基本的なことを言っておくと、

・瞬発力型はスローが好き。

・持久力型は一貫したペースが好き。

である。

 

息が入りにくいスプリント戦は一貫した持久力戦になることが多く、

上がり3Fの瞬発力よりスタートダッシュ力が大事なのは、

データ分析で書いた通りである。

 

話を戻そう。

 

3~4コーナーの隊列はこんな感じ。結構縦長。でも後ろの馬は全滅。

 

同じような位置にいた3頭だが、レッツゴードンキは迷うことなく内へ。ファインニードルも迷うこと無く外へ。挟まれていたナックビーナスは前が塞がれている・・・

 

コーナリングで一気に進出し、前を捕らえに掛かるレッツゴードンキ。外に出し、ワンテンポ遅れて追い出すファイニードル。ナックビーナスは前のブリザードが邪魔で一旦追うのを止めてしまう。レッドファルクスは外に出す余裕なく・・・・詰まるのを覚悟で馬群の中へ。

 

残り200m。一杯になったセイウンコウセイを交わしてレッツゴードンキが抜け出す!その後を追う様に伸びてきたダンスディレクターがインから迫る!そして立て直したナックビーナスとファインニードルが併せ馬の形で外から強襲!

私の◎スノードラゴンもインから伸びそうな気配があってね。フルボッキで応援しとったが・・・イケズ(笑)。でも勝ち馬からわずか0.5秒差。レッドファルクスともわずか半馬身差の9着。単勝130倍だから良く善戦したと思う。これでまた人気落ちるだろうからね(え?)。出てきたら懲りずにフルボッキで買うよ。うん。

そのレッドファルクスはここで前が詰まってジ・エンド。外に出すロスがあったが、仮にスムーズでも掲示板くらいが精一杯だったのではなかろうか。

今回のレッドファルクスの敗因は位置取りが後ろ過ぎたことだが、何故そうなったかというと、やはり馬の調子がイマイチだったんじゃないかな。ミルコはレース後コメントで「スタートは出たけど進んでいかなかった」と言っている。調教がイマイチに見えた私の邪スカウターは故障じゃなかった・・・ということだろう。

 

最後、川田の鬼ムチに応えて良く伸びたファインニードルがハナ差前に出てゴール。レッツゴードンキはまたも悔しい2着。立て直すロスが痛かったナックビーナスが3着。あの僅かなロスがなければ・・・もっと際どい勝負だったかもしれない。

 

 

 

 

ファインニードルはゴドルフィンの持ち馬。生産はダーレー・ジャパン。ゴドルフィンとしては初のGⅠ制覇。シルクロードSもかなり強い勝ち方だったが、今回もサッと中団前に付けて直線外に出してねじ伏せる競馬で。完全に本格化した印象だね。今後は海外にもチャレンジするらしいが、是非秋のスプリンターズSでの勇姿もみたいね。

 

2着のレッツゴードンキはこれでスプリントGⅠで3戦連続2着。多分、岩田はセイウンコウセイを交わしたところで勝った!と思ったことだろうが、ほんのちょっとだけ運がなかったね。2歳時から休み無く走って今が全盛期かと思える内容。この後は是非ヴィクトリアマイルに出てきて欲しいなー。

 

3着のナックビーナスは今回ほんと運がなかったね。手応え的にはファインニードルに負けず劣らず良かっただけに・・・一瞬の差が最後に響いた感じ。調教チェックで「調教爆穴」に挙げていた通り・・・状態も良かったと思うが、能力そのものも十分GⅠで通用するものがあると思う。中山1200の方が得意なんでね。是非スプリンターズSに出てきて欲しい。

 

4着ダンスディレクターはさすがの内容だったが、最後の一伸びが足りなかったのは休み明けの分か。5着ブリザードは最後までしぶとく走って5着。勝ち負けには加われなかったけど・・・輸送・検疫・調教と不利な状況下で僅差の競馬。香港馬は侮ったらあかんな。

 

というわけで、

 

馬券の方は大ハズレだったわけだが、

 

1㍉たりとも悔いはなし。

 

当てようと思ってレッドファルクスから買ってハズレるのと、

大好きなスノードラゴンから買ってハズレるのは、

同じようでいて全然違うからね。

 

しかし、今年のミルコは・・・

人気馬飛ばしまくりじゃね?

 

とか言ってるとガシガシ勝ちだすのかもしれんけど(笑)。

 

とりあえず今週は

大阪杯&ドバイワールドカップ!

 

楽しみやね!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

松井さん、正論ですな。忖度とは「相手を慮ること」「相手に気を使うこと」。世の中、忖度だらけで当たり前。政治家は国民の意見を忖度して政治を行っているわけだし、官僚が忖度するのも当たり前だろう。問題はそこに利益供与や金銭授受があったかどうかで。その点については明らかにせねばなるまい。マスコミだって忖度してるじゃないか。私なんて、毎日嫁さんに忖度しているよ(笑)。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【フェブラリーS2018回顧】東京ダート1600mで行われたダート王決定戦フェブラリーS。勝ったのは復活したノンコノユメ。1番人気に支持されたゴールドドリームは2着。インカンテーションが3着であった。さてノンコノユメの勝因は?ゴールドドリーム・テイエムジンソクの敗因はなんだったのか?簡単に回顧する。

 

ノンコノユメ、復権V!

 

 

いやあ、ノンコノユメの脚すごかったね。

 

簡単に回顧しておこう。

 

■フェブラリーS2018結果、着順

 

■フェブラリーS2018レース映像

 

■フェブラリーS2018レース回顧

スタート!

好スタートはピンク帽のベストウォーリア、サンライズノヴァ。テイエムジンソクも好スタートから前へ。ゴールドドリームはちょいと出遅れ気味。

 

芝からダートへ。テイエムジンソクは控えて2~3番手。行ったのは内枠のニシケンモノノフとケイティブレイブ。続いてノボバカラ、ララベル。

 

ちょいと間が開いてベストウォーリア。私はこの馬から馬券を買っていたのであるが・・・直線全く伸びずのズブズブ(笑)。やはり前回の頓挫が響いたのだろうか。それとも年齢的なものか。続いてロンドンタウンとインカンテーション。

 

中団後方にサンライズノヴァ、アウォーディー、メイショウスミトモ。その後ろにレッツゴードンキ、その外にゴールドドリーム。

後方にサウンドトゥルー、ノンコノユメ、キングズガード。

 

これは3~4コーナー中間地点。14番ゴールドドリームをピッタリマークするノンコノユメ。

 

ラップタイムは、

 

600m通過が34.1。

1000m通過が58.3・・・こりゃ

 

超ハイペース。

 

このラップだと芝のマイル戦でもかなり速めのペースだよね。

 

こうなると消耗戦になるわな。

前の馬は次々にバテ、ラップもガタ落ち。

 

あ、一応言っておくが、

「だから、後ろが絶対有利」

というわけではないぞ?

 

もちろんそういう傾向になることが多いわけだが、

ハイペースでも前の馬が残ることは多々あるのであり、

貴方もそういうレースを何度も見たことあるはずだ。

 

特にダートの短距離の場合・・・

ハイペースの消耗戦が基本であり、

それでも前の馬が圧倒的に強いのである。

 

しかし・・・さすがにダートGⅠで11秒のラップ連発は厳しい。ニシケンモノノフはダート1200~1400を主戦場にしている馬であり、スピードはピカイチ。この馬が今回のハイペースを演出したわけだが、付いていったケイティブレイブやテイエムジンソクは、まともにこの鬼ペースに巻き込まれてしまったわけだ。

 

馬群を見るに・・・先頭のニシケンモノノフと中団の馬とは6~7馬身の差がある。後方に居たゴールドドリームやノンコノユメとは10馬身以上離れており、後ろの馬達からすれば平均ペース。十分脚が溜まっていたと思う。

 

それを証明するかのように・・・ゴールドドリームは外を回して早めに進出開始。Ⅳコーナーを回る時はもう中団まで上がって来ていた。狙いは当然テイエムジンソクだったと思う。ムーアの頭にはチャンピオンズCで粘るテイエムジンソクの姿があったはずだしね。しかしそのテイエムジンソクは・・・

 

全然伸びない!どころか、ここでもう止まってしまう!フルキチも言っていたが、このレースはコーナー1回のワンターン戦で、さらに超のつくハイペース。全く息を入れる暇がなかったのだ。こうなるとどんなに強い馬だってバテてしまう。キタサンブラックだって息を入れないとバテてしまうのであり、どんなに強い馬でも時に驚くような惨敗を喫するのだ。

 

しかしこれ・・・ムーアのゴールドドリームにとっては想定外の出来事。アッサリと先頭に立ってしまい、前の目標が失くなってしまう!

 

そのゴールドドリームに食らいついていったのがインカンテーション。このインカンテーションと併せ馬の形になったのがゴールドドリームにとって幸いしたのだが・・・ゴールドドリームからワンテンポ遅らせて追い出したノンコノユメが襲いかかる!タイミングバッチリだったねえ。

 

ノンコノユメが一気に差し切るかに見えたが、並ばれたゴールドドリームが差し返そうと踏ん張る!

 

しかし・・・ウチパクの激に応えたノンコノユメが最後にもうひと伸び!これ・・・差し返してたらカッコ良かったけどねえ。

 

ノンコノユメ、強し!

 

 

 

この方がオーナーの娘さんで「ノンコ」の名前の元になったのどかさん。

 

いやね。

 

ノンコノユメは去勢した途端に成績が落ちたものだから、

 

「タマ取ってノンコの夢も潰えたんじゃね?」

 

という意見が99%だったわけだが、

根岸Sで復活の狼煙を上げると返す刀でフェブラリーSも制覇。

 

これはもう完全復活と見ていいのではなかろうか?

 

ドバイワールドカップに行くという話もあるみたいだが、

多分2000mだと距離的な問題があるだろうね。

ゴドルフィンマイルとかでもいいので是非行って欲しいけどなあ。

 

2着のゴールドドリームは負けて強しの一戦。追い出しのタイミング一つでの敗戦であったが、鞍上を責めるのは酷だろう。この日ばかりはノンコノユメが一枚上手だったと思う。この馬はどうすんだろね?ドバイ行くのかな?この馬も2000mは長い気がすんなあ。やっぱフェブラリーSは2100にするべきだと思うね。

 

3着のインカンテーションは私も狙ってて◯を打っていたが・・・あ!結果論だが、この上位3頭・・・みんなフェブラリーS連対経験馬じゃんか!フェブラリーSはリピーターが多いレースであるが、来年はちゃんと覚えておこうっと(φ(..)メモメモ)。

 

4着にサンライズノヴァ・・・よく頑張ったと思うが、3馬身離された4着。位置取りも悪くなかっただけに上位3頭とはちょっと差があったかもしれない。

 

5着にビックリレッツゴードンキ。いや、デキはめちゃくちゃ良かったんでもしかしたら・・・とは思っていたが、内をついて猛然と伸びて5着。この馬、ダート能力もかなり高いね。この後どうすんだろ?高松宮記念直行?

 

以下、キングズガード、メイショウスミトモ、サウンドトゥルーと後方に居た人気薄馬が入線。前に居た馬は全滅であった。

 

テイエムジンソクの敗因は展開面に尽きると思う。かと言ってあそこで控える競馬は出来ないわけで。運がなかったと言えばそれまでだが・・・この馬に東京マイルは合わないような気もするね。コーナー2回のコースが合ってるんじゃないかな。次・・・乗り替わりないことを祈る。

 

以上回顧終わり。

 

今週もサッパリだったが、

 

来週も懲りずに大穴狙いで逝くぜ~~~!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

小平奈緒、悲願の金メダル獲得

競馬でもよく「悲願の・・・」って言葉が使われるけどね。その多くは記者の語彙の少なさから来るもので。小平選手の金メダルは本当に悲願って言葉が似合うと思う。おめでとう。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【ホープフルS2017レース回顧】今年から新設されたGⅠホープフルSを制したのはタイムフライヤー!一躍来年の皐月賞候補に躍り出た!2着にはジャンダルム、3着のステイフーリッシュが入り、2番人気フラットレー、3番人気ルーカスは惨敗。さて、タイムフライヤーの勝因、各馬の敗因は何だったのか?簡単に回顧する。

 

タイムフライヤー

ホープフルS初代王者に。

 

 

いやあ、タイムフライヤー強かったねえ。

 

簡単に回顧する。

 

■ホープフルS2017結果・着順

netkeibaより抜粋

 

■ホープフルS2017映像

 

■ホープフルS2017回顧

スタート!

大外のナスノシンフォニーが出遅れた上に・・・外側に大きく逸走。見た感じでは4~5馬身の遅れだったんだがこの馬・・・最後は0.6秒差の5着だっただけに、この出遅れがなかったら・・・と思わずにいられない。あとワークアンドラブも出遅れ。

 

行ったのはトライン!押さえきれない手応えで前に行ってしまった・・・そしてジュンヴァルロとサンリヴァルが続く。こりゃ激しいレースになるぞ!

 

好位勢にウォーターパルフェ、トーセンクリーガー、シャルルマーニュ。続いてリュヌルージュ、ロードアクシス、黄色い帽子がルーカス。

 

中団にマイハートビート、外にジャンダルム。フラットレーが続いて、その後ろにステイフーリッシュとシャフトオブライト。ナスノシンフォニー。

 

実質最後方がタイムフライヤー。おっきく離れてワークアンドラブ。

 

今回画像が粗いな。すまん。

 

ラップタイムは、

 

 

600mが35.8。1000m通過が59.6。

 

前が競り合ったせいか・・・

この時期の中山、

2歳戦としてはかなりのハイペース。

 

このペースで2000mを乗り切るのは難しく、

徐々に前は苦しくなって行く・・・

 

そのせいかどうか分からんが、

馬群を引っ張ったトラインは3コーナー手前で失速・・・

(競争中止、無事だといいのだが)

 

そして3コーナー過ぎ・・・ジャンダルムが動き、その後ろから絶好の手応えでステイフーリッシュが追い掛ける。そしてさらに・・・

 

ステイフーリッシュの外からタイムフライヤー!あっと言う間にステイフーリッシュをパスしてジャンダルムに襲いかかる!

 

前で粘っていたサンリヴァルをジャンダルムが交わす!同時に外からタイムフライヤー!しかし脚色が違いすぎる!抵抗したのも束の間・・・。最後はタイムフライヤーが豪快に突き放してゴール。

 

タイムフライヤー強し!

 

勝ちタイムは2:01.4。

勝ち馬の上がり35.5。

 

 

 

 

 

 

 

【ホープフルSレース後コメント】タイムフライヤー C.デムーロ騎手ら

 

タイムフライヤーは折り合いさえ付けば圧勝もある」と予想でも書いたが、その通りになったな。おそらく、前々で運ぶより、中団~後方で脚を溜めた方が爆発するタイプ。そして、長くいい脚が使えるタイプで・・・スローの瞬発力勝負より速いペースでの持久力戦が向きそうなタイプ。皐月賞はめちゃめちゃ向きそうな感じあるな。逆にスローのダービーだと届かず2~4着って感じになるかも。いずれにせよ、皐月賞と同じ舞台でこのパフォーマンスであるからして、ライバルたちより頭一つ出たのは間違いあるまい。

 

2着のジャンダルムは距離不安があると見ていたが、2000mも問題なくこなせそう。ただ、タイムフライヤーに抵抗出来ずに差されてしまったし、その後はステイフーリッシュにもクビ差まで詰め寄られてしまった。2000mはギリギリって感じあるなあ。あるいはスローの瞬発力勝負なら2000mでもイケると思うが・・・春はクラシック路線で行くのかな?

 

3着にステイフーリッシュ。惜しい!惜し過ぎる!今回の私の◎であったが・・・タイムフライヤーとの馬単を厚く買ってただけに本当に惜しい3着であった。勝負どころでジャンダルムに付いていったのは良かったんだが、最後の脚色からみてもうちょい早めに動き出しても良かったのかもしれん。スパッと切れる瞬発力には劣るけど、ジワジワと伸びてバテないタイプ。賞金持ってないのでどこかで加算する必要があるが・・・1~2月で500万条件を勝って皐月賞トライアル?それか京成杯か共同通信杯辺りで賞金加算を狙うか・・・お気に入りになっちゃったなー。今後も中谷ジョッキーで宜しく。

 

4着のサンリヴァルは前崩れの流れの中で素晴らしい粘りを発揮。この馬の場合、むしろハイペースの持久力勝負が向いているのかもしれん。引き続き中山で狙いたい馬。

 

それから、密かにかなり惜しい競馬をしたのがナスノシンフォニー。あれだけ出遅れて、出遅れから挽回するために脚を使って・・・そんで5着まで押し上げて来たのだから相当である。まともなら・・・頭は無理だったかもしれんが2~3着争いは出来たかもしれん。次戦要注意である。しかしこういうレースをしちゃうと人気になるだろうな・・・

 

さて、人気馬の敗因もチェックしておこう。

 

3番人気に押されていたルーカス。中間の放馬の影響が心配されていたが・・・レースは折り合いもついていたし、手応えも良く4コーナーを上がって行ったし、直線入り口では「うし来た!」と思った方も多かったのではないだろうか?しかし・・・直線はズルズルと後退する感じでの6着(上がり37.1)。もしかしたら・・・2000mは長い?兄のモーリスは2000mも克服してみせたが・・・今日の感じだとルーカスは1800までなのかもしれない。あるいはまだ成長途上か。いずれにせよ、クラシック路線からは一歩後退かな・・・。

 

それから2番人気に押されていたフラットレー。「前走は不良馬場が影響した」という下馬評、鞍上ルメール、新馬戦の勝ちっぷりの良さから人気になっていたが・・・ちょっと疑って掛かるべきだったのかもしれない。4コーナー手前からかなり手応えが悪く・・・鞭が入っても進んで行かない感じで見せ場なしの13着。もしかしたら「ハイペース」が合わなかったのかもしれんが、現時点では「能力が足りなかった」と言ってしまっていいのではないか。POG馬なので複雑な心境だが、クラシックというより古馬になってから・・・というタイプなのかもしれない。

 

というわけで、

 

今年の競馬もおしまい。

(まだ東京大賞典があるけど)

 

2017年は前半に大穴馬券を続けて的中するも・・・

秋は「◎が3着」というケースが多くてね。

(堅いレースが多かったせいもあるけどね)

 

毒者のみんなの役に立ったかどうかは微妙であるが、

来年も

退かぬ、懲りぬ、諦めぬ!の精神で、

 

 

「大穴狙い」で逝く。

 

また、見に来てくれたら嬉しい。

 

次は金杯かな。

 

時間があったら、

 

「私の勃起時のチンコの角度について」

 

というコラムを書きたいと思っている(え)。

 

んじゃ、よいお年を!

 

 

【浅次郎POG途中経過】


詳細はこちら


詳細はこちら


詳細はこちら

 

2歳戦が終了した時点での途中経過!

 

1位はみそしっぷさんで11,235,000ポイント!ステルヴィオの活躍+7頭の勝ち上がりでトータルトップ!2位は僅差でボクトベガさん!勝ち上がりは4頭だけだけど、ジャンダルムの活躍が光るねー!以下、ぷらりさん、くろさわわさん、先行逃げ切りさん・・・と続くも、まだまだこれからである!さて、来年のダービー馬がこの中にいるのだろうか・・・?

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

ホープフルSは◎→◯→▲の完全的中!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【有馬記念2017レース回顧】2017年の有馬記念を制したのは王者キタサンブラック!圧巻の逃げを見せて後続を一切寄せ付けず、ラストランを有終Vで飾った。2着には伏兵クイーンズリング、3着にシュヴァルグランが入り小波乱。斜行したルメールとミルコは降着なし?不利がなければ?JRAに八百長はあるのか?なんもかんもで競馬。

 

キタサンブラック、

圧巻圧逃のラストラン!

 

 

いやあ、キタサンブラック、強かったねえ。

 

王者が王者の競馬をして、

王者の貫禄を見せつけたレースであった。

 

簡単に回顧しよう。

 

■有馬記念2017結果、着順

netkeibaより抜粋

 

■有馬記念2017レース映像

 

■有馬記念2017レース回顧

スタート!

ブレスジャーニー、ルージュバックがやや出遅れるも、ほぼ揃ったスタート。キタサンブラックは絶好のスタート。内枠を利して前へ。サクラアンプルール、シャケトラ、トーセンビクトリーも前へ。シュヴァルグランも絶好のスタートを切ったがこちらは押さえて下げる。

 

ほぼ馬なりのままキタサンブラックがハナ!2番手にはシャケトラ、3番手には押して押してポジションを取りに行ったヤマカツエース!

私の◎はヤマカツエースだったのであるが、池添の取った「積極的にポジションを取りに行く」という作戦は良かったと思う。最内枠だし、相手はキタサンブラックだし、スローになれば位置取りがものを言うのが中山2500。ただ、このペースで直線全く伸びなかったところを見ると・・・スタートで「押して押してポジションを取りに行った」のは失敗だったのかもしれん。あくまで結果論だけどな。

実はクイーンズリングのルメールも似たような騎乗をしていて、あまりスタートは良くなかったのであるが、押して押してポジションを取りに行ったのである。クイーンズリングとヤマカツエースに能力差がそうあるとは思えないから・・・ここから脚を溜める技術・・・というのをルメールは持っているのだと思う。

 

外からカレンミロティックが上がって行く・・・外枠だったから厳しいのは分かるが・・・もうちょっと行って欲しかった。続いてトーセンビクトリー、サトノクロニクル、ブレスジャーニー、サクラアンプルール。

 

中団にサトノクラウン、シュヴァルグラン、レインボーライン、ミッキークイーン、スワーヴリチャード。

 

後方からルージュバック、サウンズオブアース。

 

歓声が上がるスタンド前。ここで「もう直線だべし?行かなくてええの?」だと勘違いして行ってしまう馬もたまにいるんだが、今年は落ち着いた感じで、折り合いを欠いてる馬もいないように見えた。唯一・・・・

 

唯一、スワーヴリチャードは手綱をグッと絞っていたね。ちょっと力んでいたのかもしれない。これが・・・最後の直線で影響した可能性あるな。

 

1コーナーに入ったところの隊列がこんな感じ。団子・・・と言っていいだろう。ラップは・・・

 

 

1000m通過は61.6。有馬記念のラップとしては、平均ややスロー。そして、ここから・・・ガクンとペースが落ちるのである。上のラップタイムを見てもらえば一目瞭然。13.3、13.2、12.8・・・GⅠとは思えないような緩いラップが続くのだ。

 

これはもう「武豊の作戦通り!」である。予想でも同じことを書いたが、キタサンブラックは、平均ラップを延々と繰り出す逃げ馬ではなく、必ずどこかでラップを落とす「緩急型(瞬発力型)」の逃げ馬。そして息さえ入れば「長くいい脚を最後まで使える」のであり、今回はまさにその通りの流れとなった。

 

キタサンブラックの勝因は、武豊が完璧なレース運びでラップを刻んだこと。それから、道中一切絡まれなかったこと・・・だと思う。2番手につけたシャケトラ、3番手に付けたヤマカツエースは虎視眈々・スロー大歓迎で・・・キタサンブラックに鈴を付けに行くなんて以ての外。カレンミロティックは外枠で前に行けなかったし、私が邪推(笑)したサトノクロニクルやトーセンビクトリーもキタサンブラックの邪魔をしに行く!なんてことはなかった。

 

「だ、誰でもいいから行け!キタサンブラックを楽に逃がすんじゃねえ!」

 

と、私が心の中で呟いたのは秘密である(笑)。

 

思えば、日本のレースでは、チームプレイで相手を潰しに行く・・・なんてシーンはほとんどないわな。皆、勝利、あるいは一つでも上の着順を目指して走っており、単騎リラックス逃げを打てたキタサンブラックにとっては最高の流れだったと思う。

 

そしてキタサンブラックが、

その強さを発揮するのは、3コーナーから。

 

残り800m!それまでの緩いペースを一転させてペースを上げ、ロングスパートに入る。この馬は直線まで脚を溜めるようなことはしない。ロングスパートで後ろの馬の切れを削ぎ落とすのだ!

 

残り600m!もちろん先行勢はキタサンブラックについて行くしかなく・・・後ろの馬は4コーナーまでに先頭との距離を詰めなければならないわけで。キタサンブラックは残り800~600を12.1のラップで行っているんだが、後ろの馬は11秒台の脚を使わされたわけだ。

 

4コーナー。抜群の手応えのキタサンブラック。シャケトラ、トーセンビクトリーの手応えも良く見えたけどね。

 

キタサンブラックの強みは、直線に向いた瞬間に速い脚を繰り出せること!今回も400~200で11.2!という脚を繰り出しており、一気に後続を突き放しているのだ!(ここで11.2で行かれると・・・後ろは差を詰められない)

 

残り200m。すでに多くのファンがキタサンブラックの勝ちを確信しただろうと思う。すでにセーフティリードである。焦点は2着争い。

 

ここで問題のシーンが発生。

 

見てない人はJRAのパトロールビデオを見てみるべし。何度も見たが・・・

 

レッドカードは・・・

 

 

ミルコ!おまえだ!

 

ルメールのクイーンズリングも確かに外へ斜行しているが、内にシャケトラ、外にトーセンビクトリーがいる状況で、1頭分しかない狭いスペースを抜けようとしてのもの(手応え的にもクイーンズリングの方が良さそうに見える)。斜行したのも馬一頭分くらいのもので、接触したのは最後だけである。

しかしスワーヴリチャードは大外で、すぐ横にシュヴァルグラン・サクラアンプルールがいる状況。この状況から内に3頭分くらい斜行しており、内に押し込められたシュヴァルグランはサクラアンプルール・トーセンビクトリーと立て続けに接触!

この時、シュヴァルグランはサクラアンプルールより半馬身ほど前に出ていたのが功を奏し、バランスを崩すも立て直すことが出来たが・・・この一瞬の出来事がゴール前に影響した可能性は非常に高い。最終的にクイーンズリングとの差はハナ差・・・これがなければシュヴァルグランが2着だったと思う。

可哀想だったのはサクラアンプルールとトーセンビクトリーで。2頭とも脚色が悪かったわけじゃなく、不利無く走れていれば掲示板に乗る可能性は十分あっただろう。特にサクラアンプルールは最後の伸び次第で2着争いまであったかもしれない。

 

 

スワーヴリチャードは戦前から「右回り不安説」が流れていた。そのせいかもしれんし、ミルコの騎乗がマズかったせいかもしれん・・・その理由は置いておいて、いくらなんでもこれは「降着」扱いだと思う。なぜなら、サクラアンプルール、トーセンビクトリー、シュヴァルグランが受けた不利が尋常じゃないからだ。

しかし審議にすらならなかったのは何故だろうか?スワーヴリチャードが4着だったから審議にならなかったのだろうか?スワーヴリチャードが2着入線なら審議になったのだろうか?「不利がなかったとしても着順は変わらなかった」と言えるのだろうか・・・。

有馬記念の賞金は2着でも1億2000万円、3着は7500万円、4着は4500万円で、5着は3000万円である。スワーヴリチャードの得た賞金は4500万円・・・これがまかり通るなら「やったもん勝ち」になるのではないだろうか?

 

まあ、私に降着ルールの是非は判断出来んし、全てが丸く収まるような完全なるルールを作ることは出来ないから、ある程度の線引きは必要だと思う。しかしそれにしても・・・今回「キタサンブラック×シュヴァルグラン」の馬券を持ってた人やサクラアンプルールの馬券を持ってた人は納得行かんだろうなあ。ほんと3着あったかもしれんし。でも一番悔しいのは陣営だけんな・・・。特に、落馬寸前の非常に危険な目にあった蛯名は悔しさMAXジャスティスだろう。

 

しかしね・・・

 

不利、斜行、落馬、アクシデント・・・

なんもかんもで競馬である。

 

今回ミルコが加害者であったが、

他の騎手が加害者になることだってあるわけで、

この件についてしつこく騎手批判をしている輩は、

今後もう馬券は買わない方がいいと思うぜ?

 

・・・

 

さて、

 

後ろの喧騒をよそに、

 

キタサンブラックの独走でゴール。

 

 

ラスト1Fは12.3と掛かったが、

 

並ばれたらまた伸びるのがこの馬で。

 

今回は並ばれることもなく、見た目以上の楽勝。

 

こりゃ来年も十分やれるんじゃね?

 

と思ってしまうな。

 

タイムは2:33.6。

勝ち馬の上がりは35.2。

 

尾も掴ませぬ圧逃劇。

美しいラストランであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【有馬記念レース後コメント】キタサンブラック武豊騎手ら

 

今回の、裁定を含めた結果について、「八百長だ!」なんて批判が出ているようだが、「競馬と八百長」についてはまた違う機会に書きたいと思う。

 

2着のクイーンズリングには正直ビックリ。この馬も引退レースだったんだが、2017年は勝ち星どころか馬券圏内もなし。格下相手にアッサリと負け続け、直前のエリザベス女王杯も7着。そこからの巻き返しだもんなあ。ほんと競馬は何が起きるか分からんわい。レース的にはキタサンブラックが作った流れに乗った感じで。もともと厳しい流れで力を発揮するタイプであったが、中盤緩んでからのロングスパート勝負がドンピシャだったんだと思う。鞍上の力が大きかったと見る向きが多いようだが(確かにその分は大きいが)、馬の力なくして有馬2着はない。この馬もまだやれるんちゃうの?

 

3着のシュヴァルグランは今回不運であったな。外目の枠から好スタート。下げてインに入れたかったが、団子で入れるスキマはなく、流れはスローで・・・全てがハマったジャパンカップとは対照的なレースになってしまった。さらにさらに、前述した直線での不利。最後までグイグイと伸びていただけに・・・あの不利さえなければ郷ひろみ!というのが陣営の想いだろう(1億2000万)。ただ、それでもこの結果は立派。正直中山は合わないと思っていたが(ごめんネ)・・・去年よりかなり強くなってるね。とりあえず春天はこの馬かな?レイデオロとかスワーヴリチャードとか出てこないだろうし。

 

4着のスワーヴリチャードも能力が高いところを示したね。直線の斜行については「馬の癖が分かっていたミルコ」に原因があると思うが、こういう形で顕在化すると・・・次のレースが非常に難しくなるな。春の大レースは全部右回りだし・・・この際、ドバイにチャレンジするのがいいと思うけどな。

 

5着には後方から鋭く追い込んだルージュバック。ただ、勝負とは全く関係のない5着であったし、件の斜行がなければ、サクラアンプルールかトーセンビクトリーが5着以内だった可能性は否めない。あれ?ルージュバックはキャロットだよな。ってことはこの馬も引退か。結局GⅠは勝てずじまいだったな。残念。

 

惨敗した人気馬の敗因についても触れておこう。

 

4番人気で12着に惨敗したサトノクラウン。道中は中団後方で、直線は外に出して追い出すも全く伸びず。うーむ。ペースや馬場云々の問題じゃないよな気がするね。疲れがあったのか、馬に走る気がなかったのか・・・本当の敗因が何なのか分からんが、是非現役続行して、来年は海外に行って貰いたい。春はドバイ、香港。秋は凱旋門賞だ!欧州の馬場は絶対合うと思う!

 

5番人気のミッキークイーンも全く見せ場なく11着。去年の5着馬だし、タフな競馬も出来る馬だし、調教は抜群に良かったし・・・・確かにいくら何でも負け過ぎじゃね?と思ってしまうねー。考えられるのは「馬体重-10kg」か。それとも外枠で脚が溜まらなかったか。いぜれにせよ、そう悲観する必要はないと思う。来年も現役かな?

 

私の馬券は◎ヤマカツエースでコスリもせず(笑)。

 

しかしクイーンズリング2着で馬連3,170円か・・・

結局、穴党にゃドモナラズでしたな。

 

さて、

 

例年ならこれで終わりだが、

 

今年は後1日ある!

 

いいのか悪いのか分からんが、

 

後1日あると思うだけでワクワクしてしまうのが

馬券オヤジのサガ(笑)。

 

競馬は巡る。

 

懲りずに穴狙いで逝くぜ!

 

■キタサンブラックお別れセレモニー

 

【浅次郎のひとりごと】

キタサンブラックの時代が終わった。次の時代を担うのはどの馬か?あるいは群雄割拠の時代となるか?いずれにせよ、来年も、再来年も、10年後も競馬は続いていく。馬券で勝ち続けるのは容易ではないが、競馬を楽しむことが出来れば、それだけで人生の勝ち組である。私は、ジイサンになってもこのブログでモッコリ!とか言いながら馬券を買い続けるつもりだから、きっと世界一の幸せものである。幸せはいつも自分の心が決める。損得に囚われちゃダメだぜ!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【朝日杯FS2017回顧】阪神芝1600mで行われたGⅠ朝日杯FSだが、1番人気に支持されていたダノンプレミアムの圧勝!強い!2着にステルヴィオ、3着にタワーオブロンドンと人気馬が入り・・・穴党にとってはドモナラズであったな。各馬の勝因・敗因はなんだったのか?ダノンプレミアムは怪我無く皐月賞に行って欲しいね。

 

ダノンプレミアム、圧勝!

 

 

いやあ、

1番人気馬にこんだけ強い競馬されると

もう賢者タイムですな(笑)。

 

今回・・・

回顧するも何も見たまんまなんだが・・・

ま、簡単に回顧しておくか。

 

■朝日杯FS2017結果

netkeibaより抜粋

 

■朝日杯FS2017映像

 

■朝日杯FS2017回顧

スタート!

ダノンプレミアム、フロンティア、アサクサゲンキ、カシアスあたりが好スタート。大きく出遅れた馬は居なかったが、ダノンスマッシュ、イシマツあたりがちょいと出遅れ。

 

ダノンプレミアム川田は馬なりのまま前へ。もちろんハナに立つ気はないんだが・・・誰も行かぬのならこのままハナか?・・・と思われた時に、

 

外からケイティクレバーが押して押してハナへ。さらにファストアプローチもじわっと前へ。川田は内心「助かった~」と思ったかもしれん。なぜなら、ダノンプレミアムはちょっと行きたがっていたからだ。

 

ハナはケイティクレバー、続いてファストアプローチ、その内にダノンプレミアム。

 

川田はファストアプローチの後ろに入れて懸命に馬をなだめる。続いてカシアス、アサクサゲンキ。その後ろにフロンティア、タワーオブロンドン、ムスコローソ、ダブルシャープ。

 

中団にケイアイノーテック、アイアンクロー、ステルヴィオ、ダノンスマッシュ。

 

後方にヒシコスマー、ライトオンキュー、イシマツ。私の◎はヒシコスマーだったのだが・・・この位置から見せ場なくドモナラズ。せめて外回したかったね。

 

ラップタイムは、

600m通過が35.2。1000m通過が59.3。

2歳GⅠの阪神マイル戦ならまずまずの平均ペース。

 

いや、10Rの元町S(1600万下)が59.5だから、

意外と速いペースだったのかもしれん。

 

いずれにせよ、このペースなら、

残り600m33秒台の瞬発力戦。

 

速い脚が使えない馬はそれだけでもう脱落。

 

3~4コーナー中間。ダノンプレミアムは絶好位のインから2頭目。ステルヴィオ(黄色市帽子の外から2頭目)はかなり外を回してますな。

 

直線入り口。ファストアプローチが外に振られたため、目の前がポッカリ開いたダノンプレミアム。この時まだ馬なりで、手応えは絶好。

 

残り400を切った所でGOサインが出ると、あっと言う間に抜け出し・・・

 

後続は為す術なし。ダノンプレミアム・・・日本刀の切れ味。

 

残り100mでもうセーフティリード。

 

最後はもう流すだけ・・・という圧巻の内容だった。

 

ダノンプレミアム強し。

 

勝ちタイムは1:33.3。

上がり3Fは33.6。

 

番手で競馬したダノンプレミアムの上がりが最速なのだから、

後ろの馬はどうすることも出来んかったな。

 

 

 

 

 

レース後のコメント

 

1着のダノンプレミアムについてはあまり言うことないですな。前半ちょっと行きたがる面を見せたが、番手に収まってからは折り合いもピッタリ。スタートが良く、二の脚が速く、ポジションが取れて、速い上がりが使える。現代競馬の理想形であり、かなり完成度が高い馬であるな。今回の朝日杯では能力が抜けていたと思う。今後は皐月賞に向かうとのことだが、是非弥生賞に出てきて欲しいね。中山芝2000で同じような脚が使えるのか見てみたい。あとは・・・何と言っても怪我なく。能力のある馬は怪我が一番の大敵だけんな。

 

2着のステルヴィオは中団後方からの競馬で。4コーナーは大外ぶん回し。直線もスムーズではなく進路が狭くなるシーンもあったが、追われてからの伸びは素晴らしく、一気のゴボウ抜き。ただ、3馬身前にもう一頭いたわけだけど(笑)。ロードカナロア産駒だが、距離伸びて良さそうだけどなあ。今後どうするんやろ?クラシック路線でいいと思うけど、マイル路線で賞金を稼ぐってのもアリか。

 

3着はタワーオブロンドンが死守。ダノンプレミアムをマークする位置取りで完璧な競馬が出来たんだが・・・ダノンプレミアムが追い出されるとあっと言う間に引き離されてしまった。ちょっと瞬発力に差がある感じですな。最後はもうバテバテだったから・・・距離はマイルが限界だろう。NHKマイルCを目指す方が良さそうやね。

 

ハナ差4着にはステルヴィオと一緒に伸びてきたケイアイノーテック。直線入り口で前が塞がり、強引に外に出さざるを得なかったんだが(この時、外にステルヴィオがいた)、このロスが響いた分の4着だったかな。今後どうすんのかな。ディープインパクト産駒だが距離が伸びて良さそうだし、皐月賞路線に行って欲しいな。その前に賞金取らないとだけど。

 

5着にダノンスマッシュ。道中スゴイ手応えだったのだが、やはり出遅れが響いたか。後方の位置取りから福永が選択したのは「イン突き」。ジワジワと伸びたが、あまり切れる脚はなく、5着が精一杯だった。この馬もロードカナロア産駒か・・・短距離路線の方がいいのかもね。

 

さて・・・

 

これだけ強い勝ち方をしたダノンプレミアムであるが、

 

今年の2歳チャンピオンはダノンプレミアム!

 

とは、まだ書けないのである。

 

GⅠに昇格したホープフルSがあるからね。

 

しかし、来春のクラシック戦線において、

ダノンプレミアムが一歩リードしたのは間違いない。

皐月賞まで無敗で行ってくれると盛り上がるんだけど。

 

さて、

 

今週はいよいよ有馬記念であるな。

 

なんかもう

「堅く収まる」空気が

キタキタと流れているが(笑)、

 

 

だからこそ大穴狙いで逝くぜ!

 

(マジっすか!)

 

データ分析や、調教チェックをお楽しみに。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

今週の競馬界の見どころ

有馬記念も面白そうだが、阪神Cも面白そうやね。イスラボニータはこれが引退レース。思い出深い馬だが、フジキセキの後継種牡馬として頑張って欲しい。あ、中山大障害も楽しみだな。馬券は買わないけど(笑)。

 

【阪神JF2017レース回顧】阪神芝1600mで行われた2歳女王決定戦GⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ。勝ったのはラッキーライラック。父オルフェーヴルにいきなりのGⅠプレゼントとなった。2着にはリリーノーブル。3着にマウレアが入り、1番人気のロックディスタウンは9着に惨敗。敗因は何だった?簡単にレースを回顧する。

 

ラッキーライラック、2歳女王に!

 

 

いやあ・・・

折り合いさえ付けば、

ラッキーライラックが抜けて強い。

 

そう思ってたが、

その通りの結果になったなあ。

簡単にレースを振り返ってみよう。

 

■阪神JF2017結果、着順

netkeibaより抜粋

強がりでも何でもなく、

この払い戻しだと穴党はドモナラズだわ。

 

■阪神JF2017映像

【阪神JFレース後コメント】ラッキーライラック石橋脩騎手ら

 

■阪神JF2017回顧

スタート!

13番トーセンアンバー、15番ナディア、3番グリエルマが出遅れ。8番トーセンブレス、12番ソシアルクラブあたりもダッシュ付かず。

好スタートは2番のラテュロスと1番のサヤカチャン。5番のラスエモーショネスが押して押してハナへ。

 

サヤカチャンが行くかと思われていたが(松岡ぁ行かんかーい!)、結局ハナに立ったのはラスエモーショネス。好スタートを切ったラテュロスは馬なりのまま2番手に控える。私の◎はラテュロスだったからね・・・この時は「ヨシヨシシメシメ!」と呟いてたんだけど・・・直線はジリジリとしか伸びなかったなあ。残念。

 

内にサヤカチャン。外から17番のコーディエライト。6番のマドモアゼル、7番のリリーノーブルがいて、その後ろに11番ラッキーライラックと18番ロックディスタウン。

ここからロックディスタウンがポジションを上げるのだが・・・ルメールの騎乗を見る限り、無理に押さえてる風でもないし、3~4番手のポジションを取りに行ったようにも見える。「掛かってしまった」という説もあるが、ちょっと私にはよく分からん。パドックからテンションが高かったのは確かだが・・・

 

この時!

 

実は、ラッキーライラックも・・・ロックディスタウンに釣られるような感じで「行きそう」になったのである。元々が前向きな馬で、前走もかなり行きたがっていたんだが、今回もちょっとそんな面を見せていた。

時間がある方は15~20秒のシーンをもう一回見て頂きたいのだが、ロックディスタウンが外から上がって行く時・・・ラッキーライラックも行きかけるんだが、石橋はガッチリ手綱を絞り、逆にポジションを下げているのである。

 

この緑の帽子がラッキーライラック。さっきのポジションから中団真ん中までポジションを落としてるのだ。それでいて折り合いもついてたから脚も十分溜まったのである。この点が前走から大きく成長した点で、コントロールが効く!というのは競走馬にとって大きな武器である。インにマウレア、その後ろに10番ハイヒール、内からグリエルマ、外に16番のモルトアレグロ。

 

外からオレンジの帽子15番ナディアが上がっていき、後方から12番ソシアルクラブ、13番トーセンアンバー、8番トーセンブレス。

 

14番ノーブルアース、9番レグルドールが最後方。

 

ラップタイムは

 

 

600m通過35.3。

1000m通過が59.9。

 

2歳の阪神マイル戦であれば平均ペースか、

ちょいと遅めのラップ。

 

当然の如く、

上がり33秒台の瞬発力勝負となったわけだが、

 

とりわけ今回のレースは「ラスト2F」のキレ勝負。

 

一瞬で加速する能力が必要だった。

 

4コーナーを回る時は・・・ロックディスタウンは抜群の手応えに見えたけど。

 

残り400m!ラスエモーショネスが一杯になり、外からロックディスタウンが襲いかかる!・・・がイマイチ伸びない。その外からマドモアゼル、リリーノーブル、マウレア、そして・・・ラッキーライラックがぐんぐん伸びてくる!

 

残り200mちょい!ロックディスタウンの脚が止まり、リリーノーブルが一瞬の脚を繰り出してあっと言う間に抜け出す!川田はこの瞬間・・・勝った!と思ったかもしれない、しかし・・・その外からギアを上げたラッキーライラックが並びかける!

 

残り100!ラッキーライラックのエンジン掛かってからの伸び脚素晴らしく、抵抗するリリーノーブルをあっさりと交わす。

 

最後は1馬身差を付ける完勝。

 

タイムは1:34.3。

勝ち馬の上がり33.7。

 

ラッキーライラック、強し!

 

 

 

 

 

 

勝ったラッキーライラックは3冠馬オルフェーヴルの初年度産駒。種牡馬というのはなにより「初年度産駒の成績」が大事で。どんなに偉大な成績を残した馬でも「初年度産駒」がコケるとその後の「種付け数・肌馬の質」が劇的に落ちてしまうのである。特に、鳴り物入りで種牡馬入りしたオルフェーヴルの初年度はキラ星の如く良血牝馬が集まっているわけで・・・この世代でGⅠ勝ちが出るのと出ないのとでは大違い!オルフェーヴルにとってラッキーライラックは最大の孝行娘となったね(年が明ければすぐ種付けシーズンが始まるからね)。

このラッキーライラック。今回もちょっと行きたがる面を見せたが、成長したのは「鞍上の指示」に素直に従ったこと。仮に・・・ロックディスタウンに釣られて前に行っていたら・・・馬券圏内もなかったかもしれない。折り合いの問題がなくなれば・・・桜花賞・オークスの最有力候補。いい脚を長く使うし、瞬発力勝負もドント来いだし、距離も伸びて良さそうだしね。

しかし、石橋は負けたら即乗り替わり(多分。笑)のプレッシャーの中、ナイス騎乗だったね。是非桜花賞・オークスも大和魂を見せて貰いたい。

 

2着のリリーノーブルはルーラーシップ産駒。こちらは2年目の産駒なんだけど、種牡馬にとって2年目の成績は初年度の次に大事で。この1年目・2年目の産駒が走るかどうか?でその後の種牡馬の価値が決まると言っても過言ではないのである。ルーラーシップはその晩成傾向からか初年度産駒はキセキが菊花賞を勝つまで重賞未勝利であった。しかし、このリリーノーブルが2歳から活躍することでイメージも大分変わるよね。今回中一週であったが調教は特A評価。レースでも高いパフォーマンスを発揮し2着。ただ、この馬の場合、母系の距離適性がマイルぽいので・・・距離が伸びてどうなるかだね。もちろん桜花賞では有力。

 

3着マウレアはアユサンの全妹。もちろんディープインパクト産駒。今回、4着以下に付けた差は2馬身半。瞬発力で上位2騎には劣ったが、ゴール前では差を詰めており、かなり高い能力を示したと思う。当然桜花賞でも有力だが、賞金持ってないけんな。1月~2月の重賞か、桜花賞トライアルのいずれでの権利取りが必須。

 

トーセンブレスは後方からスゴイ脚を使って追い込んだが、勝負と関係のない4着まで。スローの瞬発力勝負が向く感じで、阪神マイルはピッタリ。ただ、今回は上位3頭が強かったね。自己条件はすぐ勝てると思うけど・・・今後はどうするのかな?

 

5着に人気薄のモルトアレグロ。中団後方のポジションから図太く脚を伸ばしたね。血統から短距離ダート馬って感じがするんだが、芝でも十分やれますな。ただ、スローの瞬発力戦は向いてない感じで・・・。阪神1400とか合いそう。

 

私の◎ラテュロスは内から懸命に脚を伸ばすも6着まで。瞬発力勝負も向かなかったし、外差し馬場も向かなかったかな。もう一回東京か京都で見直したい。

 

1番人気のロックディスタウンだが、その敗因はなんだったのだろうか?距離?休み明け?掛かった?入れ込み?調整不足?色んな事が巷で言われているが、本当の理由なんて外野にゃ分からんわな。ただ、私には掛かった風には見えなかったし、今時は3ヶ月ちょっとは休み明けというほどじゃないし、マイルが短いとも思わない。強いて言うならその調整過程で・・・今回の最終追い切りはイマイチだったのである。1週前追い切りが良かったから評価はしたが・・・実は結構な急仕上げで、当日の調子もイマイチだったのかも。

いずれにせよ今後の巻き返し必至。ただ、関東馬であるから桜花賞のローテは難しいわな。2月のクイーンCか・・・あるいは3月のフラワーCから桜花賞ってのもいいかもね。出来ればチューリップ賞から王道ローテでお願いしたいけど。

 

ソシアルクラブはまだここは敷居が高かったね。悲観することはないし、もうちょっと距離があった方がいいように思う。桜花賞よりオークス狙いも一つかな。

 

香港にも触れておこうか。

 

全部を回顧するのは大変だからダイジェストで。

 

香港ヴァーズ2017

いやあ、このハイランドリールって馬は相当強いわ。これで引退ってのが勿体ねえのなんのって。残り200mで一杯になったかと思いきや、あそこからもう一回伸びて突き放すんだからねー。トーセンバジル3着は立派。キセキどうした?私のWIN3、WIN4馬券はハイランドリールが軸。まず一つクリア。

 

香港スプリント2017

うーむ。スプリントは香港勢強えなあ。1番人気のミスタースタニングが1着。レッツゴードンキは鋭く追い込むも6着まで。ミスタースタニングもバッチリ買ってたぜ!2つめクリア!

 

香港マイル2017

マイルも香港勢が上位独占。私が狙っていたランカスターボマーは離された5着。サトノアラジンは見せ場なく11着。WIN4の夢馬券はここで潰える。

 

香港カップ2017

ラスト!!ココでネオリアリズム、ステファノス、スマートレイアーのいずれかが1着ならWIN3達成!3着以内でも複勝WIN3が的中!さらにステファノスの単複に10ドルずつ賭けてた私は正座してレース観戦!頼むぜボウマン!

結果・・・ネオリアリズム3着、ステファノス4着、スマートレイアー5着・・・(涙)。ステファノスもうちょっと直線スムーズだったらなあ!つか、ネオリアリズムは相当掛かってたように見えたが、よくあれで3着に残ったな。掛かってなかったら勝ち負けだったんちゃうの?

 

WIN3馬券は、複勝がちょびっと当たっただけに終わったが・・・

まあいい夢見れたわいな。

 

皆はどうだったかな?

 

 

【浅次郎のひとりごと】

2歳GIの朝日杯FS&全日本2歳優駿に注目/今週の競馬界の見どころ

朝日杯は2強の様相か・・・。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【チャンピオンズC2017レース回顧】中京ダート1800mで行われたGⅠチャンピオンズC。大混戦を制したのは4歳ゴールドドリーム!フェブラリーS制覇から成績低迷していたが、ここで見事に復活。来年はもう一回ドバイWCにチャレンジして欲しいね。テイエムジンソク、サウンドトゥルー、ケイティブレイブらの敗因はなんだったのか?

 

ゴールドドリーム、鮮やか復活劇!

 

 

いやね。

いきなり言い訳になるんだけどね。

この馬が狙い目なのは重々承知してたわけよ。

(調教チェック特A評価だったし)

 

しかし鞍上ムーアで想定よりかなり人気になってたし、

(netkeibaの予想オッズだと25倍くらいだった)

展開スローの前残り決め打ち予想だったから、

スッパリ切っちゃったわけ。

 

ま、テイエムジンソクも買ってないから、

どうしたってドモナラズだけどね(笑)。

 

しかしゴールドドリームも強かったけど、

ムーアは上手いなあ・・・。

 

さて、簡単に回顧しよう。

 

■チャンピオンズC2017結果、着順

 

■チャンピオンズC2017映像

 

■チャンピオンズC2017回顧

スタート!

出遅れたのはキングズガード、ゴールドドリーム、カフジテイク。しかし大した出遅れではなく、ムーアは出遅れたのを幸い・・・ココからスッとインに入れる。

 

ハナに行ったのはコパノリッキー。続いてケイティブレイブ。外からモルトベーネとテイエムジンソク。私の◎ミツバは行けなかったのか行かなかったのか好枠虚しく後方へ。ゴラァァァァ!松山!前に行かんかーい!(←前残り想定)

 

1~2コーナーの隊列はこんな感じ。

 

逃げたのはコパノリッキー。こうなるとこの馬強いね。2番手にテイエムジンソク。

 

その後ろにケイティブレイブ、モルトベーネ。外から上がって行ったのがロンドンタウンだが・・・これはちょっと掛かってましたな。やはり海外帰りの難しさがあったか?好位の後ろにグレンツェントとアウォーディー。

 

中団にローズプリンスダム、メイショウスミトモ、カフジテイク・・・そして黄色の帽子がゴールドドリーム。美しい騎乗姿ですなあ。その直後にミツバ。同じような位置取り。面白いのでこの後の両馬を比較してみるか。

 

後方からサウンドトゥルー、ノンコノユメ、キングズガード。

 

1000m通過は1:01.5。

 

 

GⅠであることを考えれば、

これは結構なスローだったと思う。

 

ラップタイムを見ると前半3Fは36.2でまあまあ速かったんだけど、

中盤が12.7-12.7-12.3(37.7)と緩んでますな。

 

で、ラスト3Fは36.2だから・・・

後ろからは35秒台の脚じゃないと差せない計算。

 

コパノリッキー田辺からすれば絶妙・・・

してやったり!のペースだったろう。

 

これは届かん!

 

と思った各ジョッキーが4コーナー手前から追い出し始める!

ミツバ松山は大外に出して鞭を振るう!

 

 

だけんどもしかし!

 

ムーアは我関せず。馬群の中でジッと我慢汁。

コーナリングとポジション取りに集中。

 

この差のなんと大きいことか。

 

結果、松山はコーナーで脚を使ったにも関わらず大してポジションを上げられず、ムーアはコーナリングだけでミツバの前のポジションを取っているのだ(そして遠心力を使って外へ)。

 

 

分かりやすいので松山を例に出したが、ほとんどの馬が4コーナー手前から追い出しを開始している。

 

前が止まらない流れであるからしてそれは必然の行為だと言えるが、

 

そんな中、ムーアは馬の切れ味を引き出すために、

ギリギリまで脚を溜めたのである。

 

これは「脚を余す」乗り方と紙一重で。

それはいつだって批判の的であるからして。

だからこそ多くのジョッキーは早めに動いてしまうのだ。

 

ムーアが追い出しを開始したのは残り400m。直線に向いて前が開いてからだ。たしかにココで前が開いたのは幸運だったかもしれない。しかし仕掛けをワンテンポ遅らせたゴールドドリームは、ここから爆発的な脚を繰り出す。

 

残り200m。完全にスローの前残りの展開で。逃げたコパノリッキーと番手のテイエムジンソクの一騎打ち。道中息が入ってるのでなかなかバテないのだ!ケイティブレイブ・アウォーディーあたりも追いすがるが、同じような脚しか使えず差が縮まらない!

 

これは前の2騎で決まりか・・・?

 

残り100m!外から脚を伸ばしたゴールドドリームが強襲!

 

 

ラスト1Fを見ていただきたい。12.4掛かってますな。つまり、最後の1Fで前の2頭がバテちゃったのである・・・そして仕掛けを遅らせたゴールドドリームだけがバテずに伸び(ゴールドドリームの上がり3F想定は12.1-11.5-11.5)・・・

 

見事に差し切ったのである。

 

タイムは1:50.1。

勝ち馬の上がりは35.1。

 

ムーア・・・あんた上手いよ!

(精密機械の如し)

 

 

 

【チャンピオンズCレース後コメント】ゴールドドリーム R.ムーア騎手ら

 

もちろん、ムーアの手綱に応えたゴールドドリームも見事。しかしこの馬は脚が溜まると切れるね。距離の不安が多少なりともあるだろうから道中ペースが落ちたのも良かった。仮に4コーナーで慌てて追い出していたら・・・3着までだったかもしれない。この後は東京大賞典には向かわずフェブラリーSらしい。1600ベストで1800はギリギリなのかもしれないね。ドバイ行かないのかなあ・・・。

 

2着テイエムジンソクは勝ちに等しい内容で。理想的なペース、完璧な騎乗。今回は相手が悪かったとしか言いようがない。私はこの馬に関して半信半疑であったのだが・・・(節穴)・・・、今後のダート界を背負っていく馬になるかもしれないね。フルキチ惜しかったな。今後は未定か。

 

3着コパノリッキーは、やっぱり「ナメたらあかん」かったね。調教抜群で(特A評価)、1枠1番で、鞍上田辺・・・改めて考えると買い材料揃ってたね。ただ、今回は鞍上の好騎乗による所が大きかったように思うな。東京大賞典が引退レース。

 

4着ケイティブレイブは最高の位置につけて理想的な競馬をしたが、前の2頭は想像以上に楽だったんだろうね。結果論であるが、勝つ為には何か工夫が必要だったのかもしれない。

 

5着アウォーディーも同じで、展開的には理想的だったと思う。この位置取りから差を詰められなかったのは「衰え」があるのかもしれん。なんか・・・パンチ力が感じられんかったな。

 

2番人気に支持されていたサウンドトゥルーは後方から最後いい脚を使ってるんだけど馬群に飲まれる感じの11着。敗因の一番は「展開面」だろうけれども、それにしても負け過ぎですな。

 

私の◎ミツバは良く頑張ったけど6着まで。前で競馬出来ていれば・・・と思ってしまうが、きっと「速いペースになる」と想定した上での作戦だったんでしょうな。しかし・・・あれだけ早仕掛けでも最後まで伸びてるだけに・・・松山には悪いが、「もしこの馬にムーアが乗っていたら?」ということを考えると、ちょっと騎手としてのレベルの差を感じてしまうわ。

 

というわけで、

 

今回も馬券的にはドモナラズだったんだけど、

そもそもが大穴狙いなんだから全然OK。

 

今後も懲りずに大穴狙いで逝くぜ!

 

今週は香港もあるし、楽しみやのー!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

国内は2歳牝馬の頂点を決める阪神JF&海外は日本馬8頭参戦の香港国際競走に注目/今週の競馬界の見どころ

今週は3重賞+香港か・・・全部記事書けるかな?あ、カペラSにスノードラゴンが出て来るやんけぇぇぇぇ!