【平安ステークス2018データ分析】京都ダート1900mで行われる別定GⅢ平安S。今年はダート無敗の新星グレイトパールとテイエムジンソクの対決に注目が集まる!データ分析では内枠有利?脚質は逃げ・先行?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はクリノスターオー、コスモカナディアン、メイショウスミトモ!

 

これはちょっと・・・

 

オークス以上に無理ゲーかもしれんな。

 

 

オークスはまだ「距離」「展開」の問題があるんだが、

 

今回の平安Sは

 

グレイトパールとテイエムジンソクで・・・

ドモナラズじゃね?

 

それでも「競馬は何が起きるか分からん」のであるが、

何かが起きる可能性がもう少し欲しいよねー。

 

「馬券を買わない」

 

ってのも馬券術の一つ。

 

このレースはケンが正解かもしれん。

 

■平安S2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

グレイトパールはダート無敗の6連勝中。

そのいずれもが圧勝。

 

前走アンタレスSは約1年ぶりだったにも関わらず、

強豪ミツバ相手に圧勝。

 

 

道中、手応え悪そうに見えたんだが・・・

ゴイゴイとポジションを上げての捲り一発。

めちゃくちゃ長く脚使ってるよ・・・これは強いわ・・・

 

休養前はクリソライトコスモカナディアンといった

実力馬も負かしており、まだ全く底が見えていない。

順調なら秋のチャンピオンズC最有力候補だろう。

 

相手は昨年のチャンピオンズCで1番人気2着だったテイエムジンソク

この時はゴールドドリームの鬼脚に屈したが、

この馬が現ダート界のトップクラスであるのは間違いない。

ワンターンのフェブラリーS惨敗は気にする必要なく・・・

今回の懸念は58kgだけ?

 

この両馬・・・準オープン時代に一度対戦しててね。

その時はグレイトパールの圧勝だった。

 

現時点での力関係は分からんが・・・

能力的にはこの2頭が抜けていると思う。

 

我がチン毛に混ざってる白髪。

 

・・・を抜くのと同じくらい意味ないかもしれんが(笑)、

 

いつもどおりデータを見ておこう。

 

※2012年以前は京都ダート1800で1月の施行。2013年以降は京都ダート1900mで5月の施行となっている。本来2013年以降のデータのみを見るべきだが、そうすると分母が少なくなるんでね。1月施行の分もデータに入れておく。

 

■平安S2018データ分析、人気別成績

1番人気の連対率7割か・・・しかし2番人気は弱えな。3着ヒモ荒れの可能性は有りそう。

 

■平安S2018データ分析、馬体重別成績

ダートの重賞なんでね。最低でも480kg欲しいところ。520kg以上あると激熱。

 

■平安S2018データ分析、枠番別成績

複勝率ベースで見ると概ねフラットだが、1枠の成績が良さそうね。

 

■平安S2018データ分析、騎手成績

川田はもちろん、京都ダートで強い幸・小牧・岩田に注意。

 

■平安S2018データ分析、種牡馬成績

キンカメは出走数の割にはイマイチの成績だね。しかし、グレイトパールは去年の勝ち馬だし関係ねーわ。

 

■平安S2018データ分析、間隔成績

2ヶ月以上の休み明けでも走れるレース。今回テイエムジンソクは3ヶ月の休み明けとなるが、フェブラリーSからの休み明けなんでね。全く問題無さそう。

 

■平安S2018データ分析、前走成績

注目前走2013年以降を参考にしないとね。アンタレスS(8頭)が圧倒的。その際の着順は問わない。穴はブリリアントS組か?あと、前走の距離は1800m以上が良さそうやね。

 

■平安S2018データ分析、脚質別成績

先行脚質が圧倒的に強いですな。差し系は2~3着までか?

 

■平安S2018データ分析、位置取り・上がり3F

位置取りを見ると4角4~5番手以内が必須。ただし、たまに人気薄の差し馬が突っ込んでくるので注意が必要。馬券パターンとしては「逃げ→先行」「先行→先行」「先行→差し」。頭は逃げ馬か番手馬、あるいは捲ってポジションを上げられる馬。

穴馬の脚質は、番手or差し

 

■平安S2018データ分析、厩舎・生産者・血統

30/30で関西馬のみ。社台系は勝ちきれておらず2~3着が多いね。血統的にはミスタープロスペクター系が父母いずれかに入ってる馬に注目。

 

ケツデータ論。

・2~3着ヒモ荒れ狙い。

・アンタレスSとブリリアントS負け組

・番手馬、差し馬

 

グレイトパールとテイエムジンソク、両方とも飛ぶ可能性は限りなく低く、3着以内の可能性はとても高い。両馬が強いのもあるが・・・相手になりそうなのがミツバ、クインズサターン、サンライズソアくらいしか見当たらず、メンバー的にも非常に楽なのだ。しかし、穴馬を探すのは難しいが・・・それでも一発有りそうな馬を挙げておく。

 

まず、ガチで狙ってるのがクリノスターオー。最近は大きく着差が付くことも多く、年齢的な衰えを感じてしまうかもしれんが、このレースとの相性は抜群でね。過去4回走って【2.1.0.1】なのである。ここ3年ほど勝ち星はないが、その間だって何度も何度も重賞で2~3着がある馬で。立て直されていれば十分やれると思う。頭は厳しいかもだが、2~3着ならあるいは。

 

それから、東海S2着のコスモカナディアン。この手の一発好走タイプは、惨敗を繰り返して人気を落とし・・・そしていつかまた爆走する時が来るけん注意が必要。何度見ても東海Sは強い競馬だった。ハマればあのくらい走る実力あるぞ!

 

最後に、超大穴になりそうなメイショウスミトモ。昨年のシリウスS、名古屋グランプリの勝ち馬。今年に入って惨敗続きであるが、よく見ればGⅠ→GⅠ→競走中止→中止明け+トップハンデ・・・であり、フェブラリーSでは大崩れせず7着と好走しているのである。デキ次第ではあるが・・・ハマった時の末脚は驚異。一発あるかもよ!

 

いずれにせよ・・・馬券を買うなら一工夫必要でしょうな。

 

頭固定の3連単か・・・

 

あるいは絞って馬単か・・・

 

ま、

 

オッパイよりが好きって変態チックなモッコリ勢は、

 

田中萌ちゃんの脇を見ながらケンが一番いいね。

 

 

結論は土曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

 

パワハラ対策 極意とは 福岡ジェンダー研究所 倉富史枝さんに聞く 「許さない」職場づくりを

パワハラね。以前勤めていた会社でも頻繁にあったわー。その頃はパワハラなんて言葉自体なかったと思うけど・・・毎日毎日個室に呼び出されて1時間説教・・・とかね。重い荷物をどっちゃり持たされて歩いて営業しろ・・・とかね。アレは確実にパワハラだったわー。きっと権力を背景にした嫌がらせってのは今後も失くならないだろうし、耐えなきゃならんこともあるだろうけど、もうダメだと思う前に誰かに相談した方がいいね。あるいは理不尽なパワハラが横行するような会社なんぞ辞めちまえばいいと思う。他にいくらでも会社はあるし、仕事が人生の全てじゃないし。

 

【日本ダービー2018予想オッズ・データ分析】東京芝2400mで行われる3歳頂上決戦日本ダービー(東京優駿)。皐月賞馬のエポカドーロ、休養明けのダノンプレミアム、毎日杯勝ちのブラストワンピースなどが激突!予想オッズは?データ分析では、1枠が神枠!差し・追い込み有利!騎手・種牡馬・罰体重・前走ローテは?穴馬候補はこの馬だ!

 

オークスの後はいよいよダービーですな。

 

今年のダービーの異様な点は、

一頓挫あって皐月賞をパスした・・・

ダノンプレミアムが1番人気

になりそうってこと。

 

現時点でのnetkeibaの予想オッズはこうだ!

 

■日本ダービー2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

皐月賞組の評価がおしなべて低く、

1着エポカドーロは5番人気、

2着のサンリヴァルなんぞは伏兵どころか大穴扱いの10番人気。

 

もちろん実際のオッズではまた変わってくるだろうけど、

(競馬メディアの報道、調教、枠順、天気などが大きく影響する)

 

この感じだとダノンプレミアムが1番人気になりそうだよね。

 

さて、このダノンプレミアム、

データから見るとどうなるのか・・・?

 

早速見てみよう。

 

■日本ダービー2018データ分析、人気別成績

ダービーは圧倒的に1番人気が強い。これは間違いない事実。実際複勝率は80%で回収率ベースで見ても文句なしの成績。ダービーを的中させるためには「1番人気から買う」のが正解だろう。しかしこの情報・・・ダービーウィークになれば全ての競馬メディアが大々的に報じる情報である。

 

そうするとどうなるか?

 

1番人気の馬にさらに人気が集まるんですな。中には「1番人気から買っとけば当たるんでしょ?」という素人ファンも数多く出現するだろう。実際当たる確率は高いわけだが、逆に言えば飛んだ時の配当が跳ね上がるってこと。1番人気が強いと言っても、過去10年で2回馬券圏外に飛んでいるし、連対ベースで言えば5回飛んでいるのだ。モッコリ穴党であれば20%や50%の確率に賭けるのも全然アリだと思う。

 

ただ、このレースで超大穴狙いは避けたほうがいい。塗るとしても3着の列か。

 

■日本ダービー2018データ分析、馬体重別成績

439kg以下は全滅。馬格が大きくなるに従って信頼度が上がる感じで、500kg~519kgの馬は複勝率33%と激熱である。

 

■日本ダービー2018データ分析、枠番別成績

ダービーにおいての神枠は「1枠」である。もう、1枠買っとけば当たるんじゃね?というレベルの成績で、馬券率はもちろん回収率も文句なし。ただし・・・この情報もかなり競馬メディアで報道されるため、かなりの「過剰人気枠」となる。それは過去10年の数字でも明らかで、平均人気・平均オッズ共に異常な数値である。それでも1枠が来ちゃうから質が悪いんだが・・・

 

データ重視の当欄が押すのは2枠。そもそも、東京2400は基本的に内枠が有利なコースでね。データ上も1~2枠が相当優勢なわけだが(モッコリ倶楽部ではコースデータも公開しているぞ)、ダービーに限っては「1枠」が神枠になってるせいで、2枠が盲点となっているのである。実際、平均人気11.5→平均着順7.9と相当美味しい枠。是非穴馬に入って頂きたい枠である。

 

というわけで、私は1枠より2枠に注目している。どうせ1枠は人気になっちゃうからね。そして、人気馬が大外枠に入ることを祈っている(笑)。

 

おりゃ!おりゃ!外枠に入れ!

 

■日本ダービー2018データ分析、騎手成績

最高峰のGⅠだけに、勝つ騎手ってのは大体決まっていて。過去に優勝経験のある騎手はやっぱり有力である。勝つか惨敗かの横典ルメールミルコはやっぱり勝負強えなあ。あと武豊岩田も要注意。四位池添内田川田もあるね。後は蛯名福永までか。戸崎はダービーってイメージじゃないがさて・・・。

 

ルメール、ミルコも大外枠でおなしゃっす!

 

おりゃ!おりゃ!デムとルメのチンコに呪いアタック!

 

■日本ダービー2018データ分析、種牡馬成績

ダービーを勝てる血統なんてのも大体決まってて。ディープインパクトキングカメハメハハーツクライステイゴールド・・・そのままリーディング上位の種牡馬ばっかりである。今年は、これに加えてハービンジャーオルフェーヴル。あるいはキングカメハメハに代わってルーラーシップロードカナロアが絡めるかどうか。

 

■日本ダービー2018データ分析、間隔別成績

休み明けは全滅!というか2ヶ月以上の休み明けで出走した馬が過去1頭しかおらず・・・中11週となるダノンプレミアムにとっては不吉極まりないデータである。3週(中2週)は京都新聞杯orNHKマイルC、4週(中3週)は青葉賞。間隔が詰まってるケースはこの2つだけ。

 

■日本ダービー2018データ分析、前走成績

注目前走は、皐月賞(19頭)、青葉賞(5頭)、京都新聞杯(3頭)、NHKマイルC(2頭)・・・推せるのはこの4ローテのみ!この中でも当然、皐月賞が圧倒的である。皐月賞以外は1着条件と言ってよく、皐月賞のみ着順不問。皐月賞1~2着馬の成績は案外ですな。

人気の一角になりそうなブラストワンピースは毎日杯からの臨戦で、ローテから言うと相当なマイナス要因。プリンシパルS組は2009年のアントニオバローズの3着だけだし切りでOKだろう。穴は皐月賞惨敗組!

 

■日本ダービー2018データ分析、脚質別成績

差し、追い込みが優勢。ただし先行馬も結構残るので注意が必要。上がり1~2位の馬はめちゃくちゃ強い。

 

■日本ダービー2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→差し」「追い込み→差し」。去年のレイデオロは先行馬扱いになっているが、道中大きくポジションを上げてのもので例外扱いだろう。たまにイスラボニータ、ディープブリランテ、ロジユニヴァース、スマイルジャックのような先行馬が馬券になるが、基本は差し・追い込み系だ。

 

上がり「33秒台」の瞬発力は必須。瞬発力さえあれば後方からでも届くんでね。とにかく速い上がりを使える馬、東京コースの適正がある馬に注意。

 

このデータからすると、皐月賞を2番手から勝ったエポカドーロ、先行して2着のサンリヴァルはちょっと不利かな。あ、でもダノンプレミアムも先行馬だし、ブラストワンピースも前走2番手から押し切ってるんだよね。

 

脚質から言えば、皐月賞上がり上位のステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルはかなり有力だね。

 

穴馬の脚質は差し!

ただし、大穴を狙うならアポロソニック、スマイルジャック型の先行馬!

 

■日本ダービー2018データ分析、厩舎・生産者・血統

20/30で関西馬優勢。ダービーを勝つ厩舎ってのも大体決まってるんだが、ダービーを勝つ生産者はノーザンFか社台Fかノールヒルズ。特にココ3年はノーザンFが上位を独占しており・・・やはりノーザンFを最も警戒すべきである。ま、逆に言うと、非ノーザンFってだけで人気落ちになって美味しくなるんだけどね。血統に関しては・・・毎年母父に英字が入ってる馬が馬券になってますな。ダノンプレミアム怖いね。

 

ここはノーザンFも呪っておく!

 

強すぎだ勝己!おりゃ!おりゃ!

 

ケツデータ論。

・神枠は1枠。狙いは2枠。

・皐月賞惨敗組!

・差し馬強し、ただ大穴は先行馬!

 

枠順が出ないと何とも言えん部分はあるが、

現時点での穴馬候補を挙げておこう。

 

まず皐月賞惨敗組からグレイル。ハーツクライ×岩田×ノーザンF×皐月賞上がり最速で資格は十分!おそらく、ステルヴィオ・キタノコマンドールは鞍上込みで人気になると思うが、この馬は人気にならんだろう。着差はわずかなのにね。

 

次に、皐月賞8着のジャンダルム。この馬も人気急落しそうだが、武豊×ノースヒルズ×池江厩舎で非常に怖い一頭。確かに母ビリーヴで距離に不安はあるが、父系はスタミナたっぷりなサドラーズウェルズ系だからね。2400持っちゃうかもしんないよ?

 

それから青葉賞1着のゴーフォザサミット。ハーツクライ×蛯名×藤沢厩舎。兄にショウナンマイティがいる血統で、青葉賞は相当強かったと思うけどね。タイムを見ても歴代のダービーと遜色ないし。映像見ておくか。9番に注目。

2枠引いて内々で脚を溜められたら激熱チンコ。

 

そして・・・京都新聞杯勝ち馬のステイフーリッシュ。前走、調教が悪く見えてね。最初はこの馬から逝くつもりだったのに、ぶった斬ったしまったのを今でも反省して亀頭を縛っているのであるが、裏を返せばダービーに向けて余裕残しで京都新聞杯を圧勝した!とも取れるのであり、幸いにも人気になりそうにないんで縛った亀頭からカウパー滲み中である。レース見ておこう。13番に注目。

タイムは2:11.0。歴代2位タイの時計。レースレベルに疑問を感じてる人も多いと思うが、1000m58.5のハイペースを番手からの押し切り。確かにヨーイドンのダービーとは逆ベクトルだが・・・かなり強い競馬だったと思う。ステイゴールドのラストクロップ。

 

後はやっぱり皐月賞の上位組。エポカドーロサンリヴァルジェネラーレウーノ辺りも今回謎の人気薄になりそうだけんな。積極的に狙っていきたい。

 

ダノンプレミアムが強いのは百も承知。

 

だけんどもしかし!

 

 

休み明けで勝てるほど・・・

ダービーは甘くない!(希望込み)

 

というわけで、

 

ダノンプレミアムは、

来たらカーチャンゴメンのぶった斬りで逝く。

 

バカと思われるかもしれんが、

 

それで全然オッケー。

 

バカになれると人生は楽しい。

 

コース適性、調教チェック、展開予想などは後日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】意訳

常識に囚われるな。自分で考えろ。どこかの誰かが言ってることなんて知ったことじゃねえ。恐れずにただ、我が信じた道を逝くのみ。

 

【オークス2018データ分析】東京芝2400mで行われる3歳牝馬女王決定戦、GⅠ東京優駿牝馬(オークス)。今年はアーモンドアイ、ラッキーライラックが人気を集めそうだが、データを分析してみよう!枠の有利不利は?脚質は?騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はオールフォーラヴ、パイオニアバイオ、トーセンブレス、レッドサクヤ!

 

なぬ?

 

ステイフーリッシュは横典でダービー?

京都新聞杯Vステイフーリッシュは横山典でダービー

 

そうか、藤岡佑は皐月賞2着のサンリヴァルを選んだか。

父の厩舎の馬だし、そもそも先約だろうしね。

 

しかし後ろ髪ひかれる思いだろうなー。

 

どっちにも乗りたい!

 

 

みたいなね(笑)。

 

人気がどうなるのか楽しみである。

 

さて、

 

今日は一足先に

 

オークスのデータ分析やるぞ!

 

■オークス2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はアーモンドアイ、2番人気はラッキーライラック。

 

本番でもこうなるでしょうな。

 

問題はサトノワルキューレがどこまで人気になるか?

離れた3番人気になると思っているが、

鞍上ミルコだけんなあ。

かなり人気になっちゃうかもね。

 

で、桜花賞までは3強と目されていたリリーノーブルは

大きく人気を落としそう。

 

しかし、舞台はすべての馬が未経験の

 

東京芝2400m!

 

何が起きるか分からんぜ~~~!

 

さて、

 

今日はクロマニヨンズのエイトビートでも聴きながら、

 

 

元気にデータ分析行ってみよう!

 

※過去10年のオークスのデータを元に分析。

 

■オークス2018データ分析、人気別成績

むぐっ・・・何が起きるかワカラン!と言ったものの、1番人気、2番人気強いですな。勝ち馬は5番人気まで。2~3着も荒れたとして9番人気まで。大荒れは期待薄のカチンコチンコなレースである。しかし、ヒロトはいつまでもかっけーなおい。

 

■オークス2018データ分析、枠番別成績

ダービーでは「1枠=神枠」なんだが、オークスではそうでもなく、2枠が強い。ただ、これは人気馬がこの枠に集中しているためと思われる。あとは5枠と7枠と8枠。6枠は死に枠か。

 

■オークス2018データ分析、馬体重別成績

現代競馬においては、大概のレースで馬格がある方が優勢なんだが、オークスでは480kg以上の馬の成績が芳しくないですな。460~479kgのゾーンが一番狙いやすい。馬格がないタイプでも大丈夫だが、420kgは欲しい。

 

■オークス2018データ分析、騎手成績

池添注意報。ただ、今年は騎乗馬なし?それから蛯名・川田。2~3着には戸崎、内田、善臣あたりも。

 

■オークス2018データ分析、種牡馬成績

これはもう・・・ディープインパクトが圧倒的ですな。ただ、出走頭数もダントツで多く、人気になりやすいから、回収率という点でみるとイマイチ。今年も大挙ディープインパクト産駒が出走しそうだが、例年に比べると小粒な印象だなあ。

 

■オークス2018データ分析、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けは即切りでOK。また4週(中3週)はフローラSのことであり、それ以外の4週以下ローテも切りでOK。

 

■オークス2018データ分析、前走成績

注目前走はこの3つのみ!桜花賞(18頭)フローラS(9頭)忘れな草賞(2頭)。過去10年で例外は皐月賞から3着になったバウンスシャッセのみ!という非常に分かりやすいレース。中でも圧倒的に強い桜花賞組は1~3着が強いものの着順不問。フローラSは1~3着条件。忘れな草賞は1着条件。ローテデータを重視するなら、それ以外は全部切っていい。

桜花賞組・・・アーモンドアイ1着、ラッキーライラック2着、リリーノーブル3着、トーセンブレス4着、マウレア5着、レッドサクヤ7着、スカーレットカラー8着
フローラS組・・・サトノワルキューレ1着、パイオニアバイオ2着
忘れな草賞組・・・オールフォーラブ

この10頭で決まる可能性が高く、穴馬もこの中に隠れている可能性が高い・・・

 

■オークス2018データ分析、脚質別成績

脚質はもう完全に、差し・追い込み有利。上がり1位馬はとんでもなく強い。前の馬はもう無条件で切ってもいいレベルで、差し・追い込み馬を中心に考えたい。

 

■オークス2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→差し」あるいは「追い込み→差し」というパターンがほとんど。前の馬はマレに絡む程度で・・・逃げて馬券になったのは2011年のピュアブリーゼ2着のみ。昨年のソウルスターリングみたいに先行押切りのパターンは例外扱いでOKだと思う。

こうなるとアーモンドアイやサトノワルキューレの脚質がピッタリ嵌りそうで、逆にラッキーライラックはちょっと心配。しかしこの馬、阪神JFの時は差す競馬で圧勝してるしね。折り合いも問題ないし、アーモンドアイを意識して今回は中団に付けるんじゃないかな。

2400m戦といえど、上がり33秒台~34秒前後の瞬発力必須。

穴馬も差し馬勢から見つけたい・・・んだが、こういう時に穴を開けるのが前の馬だったりするけんね。穴党は前の馬にも要注意だぞ!

 

■オークス2018データ分析、厩舎・生産者・血統

東西はほぼ互角。生産者はもうノーザンFと社台Fを買っとけば当たる感じで、ノーザンFが表彰台独占!って年も結構あるね。血統的にはサンデーサイレンス系の主流種牡馬が圧倒的。今年はサンデーサイレンス系vsキングカメハメハ系って図式になりそうやね。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクト強し。

・桜花賞組orフローラS組or忘れな草賞組

・差し、追い込み!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、忘れな草賞1着のオールフォーラヴ。この忘れな草賞・・・オークスで時々穴を開けるんで注意が必要なんだが、改めてレースを見てみよう。9番がオールフォーラヴ。

早めに前を捕まえに行った分、ゴール前差し馬の猛追にあってね。こういう勝ち方だと見映えが悪くなっちゃうわけだが、逆に、これで押し切ったのを評価したいね。非社台だが、ディープインパクト×キングカメハメハ、注目の中内田厩舎、母は牝馬の重賞戦線で活躍したレディアルバローザ。能力が足りない・・・という可能性もあるが一発も秘めていると思う。

 

次に、フローラS2着のパイオニアバイオ。サトノワルキューレとはタイム差なしだったんだけど・・・こちらは超人気薄になりそうな。15番に注目。

前半あれだけ脚を使っといて最後もバテずに最後まで伸びた。そもそも東京芝2000は内枠が圧倒的に有利でね。サトノワルキューレは確かに大きく出遅れたが、内枠だったんでコースロスは殆どなかったのである。外枠だったパイオニアバイオはもっと評価されてもいいと思うけどなあ。ノーザンF生産。母はオークス4着、秋華賞2着のアニメイトバイオ。オークスの舞台はピッタリだ!なんとなくだが・・・モズカッチャン臭がする(笑)

 

そして、桜花賞4着のトーセンブレス。母系は短距離系なんでね。NHKマイルCに出てくるかと思ったが、オークスを選択。距離適性は未知だが、桜花賞ではアーモンドアイに次ぐ上がりを繰り出して4着。上位3頭とは離されたので目立たないが、これが府中の2400に変わればどうなるか分からんぞ?社台F生産で父はディープインパクト。

それから、桜花賞惨敗組で爆穴になりそうなのがレッドサクヤ。藤原英×社台F×ディープインパクト。全姉にオークス2着のエバーブロッサム、半姉にヴィクトリアマイル勝ち馬のエイジアンウインズがいる超良血馬。桜花賞は前に行って存外だったが、東京2400で無欲の差しに徹すれば何かが起きそうな血統。面白い一頭だと思う。

 

さてと、

 

貴方の好みはどの女の子?

 

 

私はクール系ショート・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

貴方のオークス推しはどの馬?

 

コース適性、調教チェックは来週やるぜ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

仏G1・凱旋門賞にクリンチャーなど日本馬5頭が登録

キセキは宝塚記念の結果次第?ジャンダルムはダービーの結果次第?ラッキーライラックとサトノワルキューレはオークスの結果次第か。エポカドーロやアーモンドアイは登録ないのね。しかしノースヒルの前田オーナーは積極的だなあ。今更だが、キタサンブラックにもチャレンジして欲しかったでもす。

 

 

【京王杯スプリングカップ2018予想・データ分析】東京芝1400mで行われる別定GⅡ京王杯SC。人気はサトノアレス、ダンスディレクター、グレーターロンドンあたり。データ分析では、外枠有利?差し・追い込み有利?騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はセイウンコウセイ、キャンベルジュニア、大穴にリライアブルエース、テオドール!

 

山口メンバーがアル中だったかどうか?

 

・・・と同じくらい、

 

どうでもいい話かもしれんが、

 

「モー娘」と言えばモーニング娘。だし、

「AKB」といえばAKB48だし、

「JK」といえば女子高生だし、

「キンカメ産駒」といえばキングカメハメハ産駒だし、

「ステゴ産駒」「ステイ産駒」といえばステイゴールド産駒だし、

「オルフェ産駒」といえばオルフェーヴル産駒だろう。

 

これらの略し方は全く問題ないと思う。

私も時々使ったりする。

 

しかし、

「ディープ産駒」

といえばディープインパクト産駒か?

 

といえば、そうとは限らないわけで。

 

なぜなら、他に、

「ディープスカイ」「ディープブリランテ」

という立派な種牡馬がいるからだ。

 

もちろん一般的には

「ディープ産駒=ディープインパクト産駒」

で通じるから、

一般人が普通の会話で使う分には全く問題ない。

私もたまに使う(ブログ上では使わないがコメント欄などで使う)。

 

しかし、テレビのアナウンサーとか競馬業界の人が、

「ディープ産駒」

って言っちゃダメだと思うのだ。

 

だって、

ディープスカイに失礼じゃない?

ディープブリランテ産駒だってディープ産駒じゃない?

 

競馬初心者からすれば、

クリンチャーだってディープ産駒になっちゃわない?

(注、ディープスカイ産駒である)

 

テレビや新聞や公共の場では、

一般的に誤解を与えるような言い方は避け、

ちゃんと「ディープインパクト産駒」と言うべきだと思う。

 

ま、

 

山口メンバーがロリコンかどうか?

 

と同じくらい、

 

どうでもいい話かもしれんけど。

 

さて、京王杯SC。

 

■京王杯SC2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

安田記念の前哨戦ではあるんだが、

1200路線と1600路線の馬がぶつかる一戦。

1400が本職の馬もいるしヒジョーに面白そうだね。

 

データ分析行ってみよう!

 

■京王杯SC2018データ分析、人気別成績

URYYYYYY!ジョジョー!オレは一番人気を斬るぞぉ!ってくらい一番人気が弱い(あんたいつも斬ってるけどな)。で、逆に強いのが2番人気。それから6~10番人気くらいの穴馬が結構馬券になるレースである。穴党好みのモッコリレース。

 

■京王杯SC2018データ分析、枠番別成績

一見して・・・外枠有利ですな。8枠は弱いんだが、5~7枠が相当強い。あ、平均人気を見るに8枠は実力馬が入ってないだけですな。外枠優勢だと思っておいて良さそう。

 

■京王杯SC2018データ分析、馬体重別成績

馬格のない馬は苦戦傾向。520kg以上の大型馬は相当強い。

 

■京王杯SC2018データ分析、騎手成績

バラバラだが・・・石橋、北村宏、福永・岩田あたりに気をつけたい。

 

■京王杯SC2018データ分析、種牡馬成績

これまたバラバラだが・・・短距離系の種牡馬の活躍が目立つ感じ。ディープインパクト産駒がここでも人気になりそうだが、上の数字以上にこの舞台は合うと思うねー。

 

■京王杯SC2018データ分析、間隔別成績

休み明けの実力馬は割引ってほどではないが・・・来ても2着って感じか。頭は一回使って臨む馬の方が優勢。間隔を詰めて使ってくる馬も結構馬券になるんで注意が必要。

 

■京王杯SC2018データ分析、前走成績

要注意ローテは、高松宮記念(8頭)、ダービー卿CT(5頭)、マイラーズC(3頭)、東京新聞杯(4頭)、準オープン(4頭)。これを見ると・・・休み明けで馬券になってるのは東京新聞杯組だけで。これが2018年緒戦って感じの馬は壊滅ですな。例外は2016年3着のロサギガンティアのみ。

休み明けのウインガニオン、ブラックスピネル、ムーンクエイクあたりには厳しいデータ。サトノアレスはセーフ。

高松宮記念組・マイラーズC組は着順不問。ダービー卿CT・東京新聞杯組は3着以内。準オープン組は1着条件。

・高松宮記念組・・・セイウンコウセイ、ダンスディレクター、ノボバカラ
・ダービー卿CT組・・・キャンベルジュニア
・マイラーズC組・・・不在
・東京新聞杯組・・・サトノアレス
・準オープン組・・・フィアーノロマーノ、リライアブルエース

グレーターロンドンは危険な人気馬だなあ・・・。

 

■京王杯SC2018データ分析、脚質成績

圧倒的に差し・追い込みが強い。東京芝1400はスローの瞬発力勝負がデフォルトのコース。隊列もダンゴになることが多く、後ろの馬が完全に優勢である。ただし、穴を開けるのは前の馬?

 

■京王杯SC2018データ分析、位置取り・上がり3F

ご覧の通り、上がり33秒台は当たり前で、年によっては32秒台の末脚が求められるレース。速い上がりが使えることが必須条件。脚が溜まるのであれば後方からでも全く問題なし。

馬券パターンは「差し→先行」「差し→差し」「差し→追い込み」。例外的に前残りになる年もあるが、基本的には瞬発力の高い差し馬優勢のレースである。ただし・・・さっきも書いたが、

穴馬の脚質は先行・・・であることが多い。去年のクラレントみたいな馬が典型的な例。もちろん、差し系の馬の中にも穴馬は隠れているので注意が必要。

 

■京王杯SC2018データ分析、厩舎・生産者・血統

19/30で関西馬が優勢。別定GⅡだけに有名厩舎が列んでいるね。社台FとノーザンFはどっちかと言えば社台Fの方が優勢。血統的にはサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系ってパターンが多いね。ミスプロ系は父系も母系も壊滅的。

 

ケツデータ論。

・外枠有利

・順調に使って来た馬優勢

・瞬発力必須。差し・追い込み馬有利!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、微妙に人気が落ちそうなセイウンコウセイ。この馬は1200のイメージが強く、1400は長いんじゃね?といった意識が働きそうで美味しいオッズになりそう。しかし、高松宮記念組が強いのはさっき書いた通りでね。東京1400は短距離系の馬が好走出来るコースなのだ。

それから、もしかしたら人気になってしまうかもだが、キャンベルジュニア。前走のダービー卿CTは前総崩れのハイペース。上位は差し馬ばかりだったのだが、先行勢では唯一この馬だけ残って2着。相当強い競馬をしたと思う。東京1400は真逆のベクトルになるが・・・ハマった時の粘り腰は驚異。

大穴に、マジ顔で狙っているリライアブルエース。重賞2勝アルバートドックの全弟だが、この馬も相当な器。一線級と走るのは初めてとなるが、東京1400の瞬発力勝負なあら一発あって不思議なし。ただ、現時点では出走出来るか微妙。

爆穴にダービー卿CT4着のテオドール。ダービー卿CTでは上がり2位を使って4着。出遅れたのが功を奏した形だが、この馬は後方で脚を溜めた方が良いような気がする。前走も正味追ったのは前が開いてからの200mくらいのもんで。エンジン掛かったところがゴールだった。ずっと1600~2000を使われて来たが、東京1400で変わり身あるかも?

 

結論は土曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

なぜ日本のおじさんは「世界一孤独」なのか?

「中高年の男性にとって最大の脅威は喫煙でも肥満でもない。それは孤独だ」・・・うおお。この記事オモロイな!しかし、我々には関係ない!なぜなら、そこに競馬があるからだ!当ブログの記事はいつも毒者コメントで一杯だが(みんないつも有難う!)、もし孤独を感じる馬券オヤジがいたら、思い切ってコメントしてみてくれ!意見・感想・予想・質問・・・なんでもオッケーだ!出来る限りコメントの返信もするぞ!

で、良かったらいつか、浅次郎の運営する競馬サークル「モッコリ万馬券倶楽部」を覗いて見て欲しい。競馬好きなオヤジどもが、馬券自慢したり、悔し涙を流したり、ドナドナを歌ったりしながら毎週楽しく競馬しているぞ!・・・今は募集してないけどね(笑)。

 

【ヴィクトリアマイル2018予想オッズ、データ分析】東京芝1600mで行われるマイル女王決定戦GⅠヴィクトリアマイル!人気はリスグラシュー、アエロリット、ミスパンテール。枠順のは?脚質は?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はカワキタエンカ、エテルナミノル、クインズミラーグロ、レーヌミノル、デンコウアンジュ!

 

お、良かった!

 

デンコウアンジュ出れないかと思ったら、

 

出れそうじゃーーーん!

 

■ヴィクトリアマイル2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

netkeibaの予想オッズによると・・・

 

1番人気はリスグラシューか。

 

前走の阪神牝馬Sは同斤量で3着。

確かに東京新聞杯は強かったが、

イメージほど抜けてるわけじゃないと思うけどな。

 

2kg重いアドマイヤリードともわずかクビ差だし。

 

とりあえずデータ見てみるべい。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、人気別成績

1番人気の成績はまあまあなんだが、2~4番人気が壊滅的に弱く、5~12番人気まで幅広く馬券になるレースだぜー!モッコリ穴党にとっては・・・

フルボッキレース!

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、枠番別成績

東京マイル自体は内外フラット、枠順の有利不利がほとんどないコースである。ただ・・・このレースはなんか偏ってんなあ。1着は外枠、2着は中枠、3着は内枠・・・みたいな?

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、馬体重別成績

牝馬限定戦だけに大型馬は少ないんだが、500kgを超えるような馬は要注意ですな。ミスパンテール、アエロリット、レッツゴードンキ。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、騎手成績

お!意外と言ったらいかんが、関東の上位4天王が強いね。横典はアエロリットとミスパンテールどっちに乗るんだ?ルメールは・・・ソウルスターリングか・・・。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、種牡馬成績

1位はフジキセキだが・・・残念ながらもう走ってる産駒はほとんどいない(2015年没)。となれば、やはり注目はディープインパクト。今年も4頭がエントリーしているが(カワキタエンカ、レッドアヴァンセ、ジュールポレール、ワントゥワン)・・・いずれも脇役候補なんだよね。・・・となれば、やはりクロフネか。アエロリット有力だねえ。

リスグラシューの父ハーツクライ、ミスパンテールの父ダイワメジャーはこのレースで馬券になったことなし。キングカメハメハは過去3頭が馬券になっているが、出走数も多いからね。レッツゴードンキはどうだろうなあ~。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、間隔別成績

休み明け割引詰めて使ってる馬も割引。馬券の大多数は5~9週の馬。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・阪神牝馬S(10頭)、福島牝馬S(4頭)、中山牝馬S(4頭)、高松宮記念(2頭)、大阪杯(3頭)、ドバイ(4頭)。

阪神牝馬S組は着順不問、二桁着順からでも来るね。福島牝馬Sは5着以内。中山牝馬S組は着順不問だが1着が強い。高松宮記念・大阪杯組も着順不問。

つまり・・・ほとんどの馬が該当(笑)。しかし、中山記念組のアエロリットは割引だね。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、脚質別成績

ご覧の通り、差し馬が強いわけだが、前もかなり残る。特に逃げ馬は大穴開けるんで注意が必要。ミナレットみたいな馬が残らないとも限らんけんな。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンとしては「差し→差し」「先行→先行」といった形が多く、展開決め撃ちした方がいいかも。上がり上位馬は相当強いが、たまに上がり二桁の先行馬が残るので注意が必要。

穴馬の脚質は、逃げ・先行・差し・・・何でもござれ。

注意したいのがリピーター。ストレイトガール、ヴィルシーナの連覇を含め、ホエールキャプチャ、ブエナビスタ、ウオッカなど連続して馬券になる馬多数。今年は前年の覇者アドマイヤリード、2着デンコウアンジュ、3着ジュールポレール・・・と揃ってるからね、いずれも要注意。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、厩舎・生産者・血統

20/30で関西馬が強いですな。生産者はノーザンFが圧倒的。血統的にはサンデーサイレンス系の瞬発力型がめちゃくちゃ強い。母系はノーザンダンサー系が多そうね。

 

ケツデータ論。

・前走着順不問

・脚質不問

・デンコウアンジュ

 

「浅次郎さん、それじゃあデータ分析の意味がないっす!」という声が聞こえてくるが、実際このレース・・・マジで何でもありなんだよ。二桁人気の馬が毎年のように突っ込んでくるからね。

 

 

そう。人生も競馬も、

わからんから面白いのである。

 

どの馬が勝つか?どの馬が来るのか?

を一生懸命考えるから競馬は面白いのだ!

 

で、穴馬の前走を調べてみると・・・

 

・福島牝馬S組

・阪神牝馬Sの惨敗組

 

この2つが異様に多い。ココにヒントがありそうだね。

 

穴馬候補を挙げておこう。まずもって、福島牝馬S2着のカワキタエンカ。予想オッズだと7番人気くらいになりそうだが、相当ナメられてんな。先述したが、このレース、大穴を開けるのは逃げ馬である。そしてこの馬、マイペースで逃げれば相当粘り強いぞ。血統的にもディープインパクト×クロフネでこの舞台はぴったんこである。

次に、阪神牝馬S惨敗組からエテルナミノル。今年の阪神牝馬Sは超スロー(前半3F37.2)からのヨーイドンで。出遅れて後方からになった馬達にとっては不完全燃焼のレースだった。まあ、この馬自体がムラ駆けタイプではあるがハマった時は強い競馬をする馬。内枠引いて中団のインで脚を溜められれば相当面白いと思う。。

同じく阪神牝馬S惨敗組からクインズミラーグロ。この馬もスローに殺された口。そして超ムラ駆けタイプ。小倉記念では牡馬相手に上がり最速を繰り出して2着。この時の競馬が出来れば突き抜けても全く不思議ないぞ。

そして、高松宮記念組から、昨年の桜花賞馬レーヌミノル。この馬昨年のマイルCSでイスラボニータやサングレーザーと僅差の4着に来たわけでね。間違いなく一線級のマイラーである。東京マイルの適正は謎だが、ここでは力が抜けてる可能性まであると思う。気合入れて狙いたいね。

最後に、我らがデンコウアンジュ去年の伝説予想を知ってる毒者も多いと思うが、東京マイルなら確実に差してくるけんね!あとは他力本願だが(笑)、展開や馬場がハマるかどうか。どうやらこの分だといい感じの人気薄になりそうだし、心置きなくアンジュを抱きつつエビダンスで逝く。

 

コース適性分析や調教チェックは後日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「将来年金はもらえない」と過剰に不安がるよりも先にやるべきたった一つのこと

なるほどね。大事なのは精一杯今を生きることですなー。

 

 

 

【京都新聞杯2018予想・データ分析】京都芝2200mで行われるGⅡ京都新聞杯。ダービーの前哨戦。今年の人気はタニノフランケル、フランツ、グローリーヴェイズあたりだが、データ分析では、内枠有利、差し有利!騎手・種牡馬・馬体重・前走ローテは?データから見る穴馬はアルムフォルツァ、メイショウテッコン、ユーキャンスマイル。

 

ダービー最後の切符は、

 

今週のプリンシパルS京都新聞杯

 

ダービーとオークスの優先出走権の内容はこう。

 

JRAニュースより抜粋

 

京都新聞杯には、

なぜか優先出走権が設定されてないんだが、

1着は賞金的に確定。2着は条件次第。

 

しっかし、

 

クラシックの「優先出走権」の話はね。

 

我々競馬ファンにとって、

 

今度のAKB48のセンターは誰なのか?

 

といったクソどうでもいい話とは違い(笑)、

 

とっても大事な話でね。

 

変わるなら変わるで、

もっと大々的に報告して欲しいよね。

 

これ探すの大変だったアルよ(笑)。

 

皐月賞の5着までにダービー優先出走権とか、

 

皐月賞の後に知ったし!

 

って方多いのでは?

 

まあ、

 

色々と言いたいことはあるが、

 

AKB48のセンターは前田敦子でおねしゃっす!

 

 

じゃなかった(笑)、

 

現時点で優先出走権もしくは賞金持ってない馬にとっては、

これがダービー出走の必須条件である。

 

・京都新聞杯で2着以内

・プリンシパルSで1着

 

さて、どの馬が滑り込むか。

 

■京都新聞杯2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

プリンシパルSの登録馬も列べておこう。

 

 

両睨みの馬が結構いるよね。

 

個人的にはステイフーリッシュが気になるんだが・・・

是非京都新聞杯に出てきて欲しいな。

(抽選になるんかいな)

 

さて、データ見てみよう。

 

■京都新聞杯2018データ分析、人気別成績

1~3番人気強し。荒れるとしたら2~3着。しかしこりゃ本命党向けのレースだね。

 

■京都新聞杯2018データ分析、枠番別成績

全体的に見て真ん中より内が優勢ぽい。

 

■京都新聞杯2018データ分析、馬体重別成績

480~499kgと440~459kgのゾーンが強い。なぜか500kg以上はイマイチ。

 

■京都新聞杯2018データ分析、騎手成績

やはり関西の上位騎手が強いですな。

 

■京都新聞杯2018データ分析、種牡馬成績

京都の軽い馬場はとっても得意なディープインパクト。やっぱりここでも無類の強さ。しかしそれを上回るのがマンハッタンカフェ!今年のマンハッタンカフェ産駒はメイショウテッコンだけだが・・・この馬、怪しいぜえ。

 

■京都新聞杯2018データ分析、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けは割引。詰めて使って来る馬の方が狙い目。

 

■京都新聞杯2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・はなみずき賞(6頭)、皐月賞(4頭)、毎日杯(3頭)・・・あとはバラバラだが、基本的には「芝1800~2400m」の500万条件、あるいはオープン特別・・・が条件と言えそう。500万条件は1着、オープン特別・重賞の場合は着順不問。未勝利からの挑戦は切り。

皐月賞組・・・ケイティクレバー、ダブルシャープ
毎日杯組・・・シャルドネゴールド、ユーキャンスマイル
1800m以上の500万組・・・アルムフォルツァ、タニノフランケル、フランツ、レイエスプランドル、ロードアクシス
その他のオープン組・・・レノヴァール、メイショウテッコン

今回はなみずき賞組は不在。グローリーヴェイズとステイフーリッシュは実績上位だが、休み明けの分がどう出るか?

 

■京都新聞杯2018データ分析、脚質別成績

逃げ馬の連対はゼロか・・・基本的には差し優勢

 

■京都新聞杯2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンとしては、「差し→先行」「差し→差し」「先行→先行」というパターンが多いですな。展開決め撃ちするより、馬の基本能力を測った方がいいかも。上がり上位馬は猛烈に強く、瞬発力は必須。

穴馬の脚質は・・・前!

特に2~3番手から穴を開けている馬が多く、1~3番人気の馬を軸にして穴の番手馬を狙うのが一番妙味があるかもしれん。

 

■京都新聞杯2018データ分析、厩舎・生産者・血統

当然・・・と言っていいのか分からんが、30/30で関西馬。ま、関東馬は特別な理由がない限り青葉賞に出るわけでね。関東馬は大幅割引でいいと思う。今回グローリーヴェイズが唯一の関東馬だが・・・不安だね。

生産者は圧倒的にノーザンFor社台F。血統的にも圧倒的にサンデーサイレンス系主流種牡馬を父に持つ馬が強い。今年もSS系が大量だが・・・さて。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクトorマンハッタンカフェ

・オープン負け組or500万条件1着

・差し馬優勢も、穴は前!

 

穴馬候補を挙げておこう。

 

まず、ステイフーリッシュ。現時点で出走出来るかも分からんし、出走出来たとして人気がどうなるか分からんのだが、5~6番人気になるのなら積極的に狙いたいね。距離は伸びて良し。東京は微妙だが、京都は多分合う。あとは休み明けだけにデキがどうか?調教要チェック。

次に、中1週となるが、京都2400のあずさ賞を好時計で勝ったアルムフォルツァ。毎日杯は見せ場なく惨敗であったが、これは距離が短かったんじゃないかなー。血統的にも京都の長距離はピッタリ。将来は菊花賞や天皇賞春を目指したい感じ。

それから、上でも挙げたメイショウテッコン。若葉Sは展開が合わなかったのもあるが、-12kgも影響あったか?前々走の梅花賞では青葉賞2着のエタリオウ、フローラS1着のサトノワルキューレを負かしており、実はかなり能力高いんじゃないの???デキ次第で◎候補。

他、レイエスプランドル、レノヴァール、ロードアクシス、ユーキャンスマイルあたりにも注目している。皐月賞惨敗組のケイティクレバー、ダブルシャープも人気薄になるようなら狙いたいね。

 

結論は土曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「国益に反する」韓国判断も… 慰安婦像は放置し日韓合意無視

そんなん当たり前じゃ!慰安婦像もはよ撤去せい!韓国は約束を守れ!

 

【かしわ記念】

◎ベストウォーリア
◯インカンテーション

 

 

【NHKマイルカップ2018予想オッズ・データ分析】東京芝1600mで行われる3歳マイル王決定戦GⅠNHKマイルC!人気の中心はタワーオブロンドン・テトラドラクマ!データ分析では内外枠どっちが有利?脚質は先行?差し?騎手・厩舎・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はパクスアメリカーナ、トーセンブレス、デルタバローズ、ルーカス!

 

ここ最近、

 

馬券が全く当たってない人もいると思う。

 

惜しい馬券が続いてる人もいると思う。

 

軸にした馬が大きな不利を受けて、

 

中折れしてる人もいると思う。

 

でも、

 

競馬も人生も同じで、

 

過ぎたことは、しょうがねえのである。

 

 

今日はオアシスの名曲

 

「Don’t Look Back In Anger」

 

を聴きながら。

 

前を向いて行こうぜ!

 

■NHKマイルC2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はタワーオブロンドンで確定だろう。

アーリントンCは鬼のように強かったしな。

 

んで、2番人気はテトラドラクマか・・・

この馬なんで桜花賞に出なかったん???

 

「使ってガタッと来た・・・(吉田勝己)」

 

なるほど疲労ね(うっしっし)。

このケースはちゃんと立て直せているかが問題。

調教要チェックやな。

 

3番人気はニュージーランドTを勝ったカツジじゃなく、

2着だったケイアイノーテックの方なのね。

こうなるとカツジの方を応援したくなるのは

私だけではあるまい(笑)。

 

 

さて、データ見てみるにゃあ(過去10年)。

 

■NHKマイルC2018データ分析、人気別成績

1番人気は勝つか着外か・・・って感じ。相当強いが飛ぶ時は飛ぶ感じか。2~6番人気は2着候補。3着は二桁人気馬もアリ。本命党は、「タワーオブロンドン→2~6番人気→人気薄」みたいな3連単フォーメーションが面白いかもね。私はいつも通り人気薄の一発を狙うけど(笑)

 

■NHKマイルC2018データ分析、枠番別成績

フラットだね。内外は気にしなくていいぽい。

 

■NHKマイルC2018データ分析、馬体重別成績

馬格がない馬も結構馬券になってるね(ちなみに、近3年では牝馬が4頭馬券になっている)。出来れば460kg以上欲しいところだが、馬体重を理由に切らない方が良さそう。

 

■NHKマイルC2018データ分析、騎手成績

ノリさん要注意。あれ?でも今のところ騎乗予定馬なし?まあ、どの馬か回ってくるだろうけど。あと、蛯名・小牧・福永・内田辺りにも要注意。

 

■NHKマイルC2018データ分析、種牡馬成績

クロフネ、ダイワメジャー、ディープインパクトですな。後はマル外

クロフネ・・・パクスアメリカーナ
ダイワメジャー・・・フロンティア
ディープインパクト・・・アンコールプリュ、カツジ、ギベオン、ケイアイノーテック、トーセンブレス、プリモシーン
マル外・・・タワーオブロンドン、デルタアローズ、ファストアプローチ、ミスターメロディ、リョーノテソーロ

 

■NHKマイルC2018データ分析、間隔別成績

4週(中3週)が強いね。今年からアーリントンC(中2週)が前哨戦になってるんで傾向変わるかもだが。休み明けは割引だろう。テトラドラクマはやはり不安。

 

■NHKマイルC2018データ分析、前走成績

注目前走は、ニュージーランドT(9頭)、皐月賞(5頭)、スプリングS(3頭)、毎日杯(3頭)、桜花賞は2頭しか馬券になっていないが、ここ2年連続で1着。ファルコンS含め距離延長組はほぼ壊滅で、過去2頭しか馬券になっていない。

ニュージーランドTは1~3着が強いんだが、惨敗からの巻き返しも可能で着順不問。皐月賞路線組も着順不問。桜花賞組は5着以内。毎日杯は1~2着。該当馬多数なんで盲点になりそうな馬だけ挙げておく。

・ルーカス(スプリングS9着)
・トーセンブレス(桜花賞4着)
・デルタバローズ(NZT3着)
・ファストアプローチ(NZT6着)
・カシアス(NZT7着)
・ギベオン(毎日杯2着)

 

■NHKマイルC2018データ分析、脚質別成績

東京マイルなんでね。差しが圧倒的に有利かと思ってしまうんだが、想像以上に前が残る感じで。トータルで見るとちょいと差し有利ではあるが、ほぼ前後互角と言っていいと思うね。

これは上がり3Fの数字にも表れていて。上がり1位の成績がさほどじゃないのである。上がり6位以下でもかなり馬券になってるしね。

 

■NHKマイルC2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンとしては、「逃げ・先行→差し」「先行→先行」。差し馬決着となったのは2013年と2008年くらいで・・・もちろん展開や馬場にもよるわけだが、イメージより前の馬を意識しておいた方がいいかもしれん。ただし・・・

穴馬の脚質は、差し・追い込み!

去年のリエノテソーロ、2016年のレインボーライン、2014年のタガノブルグ、キングズオブザサン、2013年のマイネルホウオウ、2012年のクラレント・・・大穴を開けるのは決まって差し・追い込み馬である。

 

■NHKマイルC2018データ分析、厩舎・生産者・血統

以前は圧倒的に関西馬が強かったんだが、ここ5年は関東馬が盛り返してますな。関東馬のワンツーなんてのも普通にあるんで注意しておきたい。生産牧場は毎度毎度だがノーザンFが圧倒的。血統はやっぱりマイラーぽい配合が多いね。フレンチデピュティが血統に入ってる馬には要注意。

 

ケツデータ論。

・クロフネ、ダイワメジャー、マル外。

・前走GⅠ・GⅡの惨敗・惜敗組。

・差し、追い込み!

 

穴馬候補を挙げておこう。現時点で全力で狙いたいのが、クロフネ+差し追い込みのパクスアメリカーナ。前走のアーリントンCではタワーオブロンドンに完敗だったんで・・・今回人気落としそうなんだけどね。

この日は阪神開催最終週で、内より外が断然伸びる馬場だったわけだが・・・終始インで走らされたパクスアメリカーナは相当強い競馬したと私は思っている。2月のこぶし賞ではケイアイノーテックに完勝している馬で、本来2~3番人気になってもおかしくないと思うんだが・・・人気落ちは大歓迎じゃー!

それから牝馬で買いなのはテトラドラクマじゃなくてコッチ!トーセンブレスだ!今年の牝馬戦線はアーモンドアイとラッキーライラックが抜けてるわけだが、この馬は阪神JFで4着、桜花賞でも4着と上位馬には敵わないものの安定した実力を発揮している馬である。昨年はアエロリットが桜花賞5着からこのレースを勝ってみせたが、今年もまた桜花賞組・・・なんてあり得るかもよ?

それから面白いのがニュージーランドTの惨敗組!なぜトライアルの惨敗組が本番で馬券になるかというと、中山マイルと東京マイルは求められる適正が全く違うからだ!ごくごく簡単に言うと、中山マイルは平均~ハイペースになりやすい持久力戦。東京マイルは溜めて溜めて直線勝負の瞬発力戦。つまり、中山マイルで差し損ねた馬や前に行って勝ちきれなかった馬なんてのは東京で一変する可能性があるわけ。・・・という視点で、改めてレース見てみよう。

うーむ。ゴールドギアがいたら非常に面白いのに(笑)。しかし、カツジは後方から大外ブン回しでの差し切り。この馬が2番人気になると思うんだけどなあ・・・。名前が悪いのか(笑)?

で、面白そうなのが3着のデルタバローズ。堀厩舎のマル外で、ニュージーランドTは3ヶ月振りの3戦目。スタート良く前目に付けたんだが、終始掛かり気味でね。ギリギリ我慢させた感じであったが、その分がゴール前に響いたんじゃないかと見る。それでいてカツジやケイアイノーテックらと僅差だからね。今回は叩いての上積みが期待出来るし、面白い存在だと思う。あと、密かにアイスフィヨルドにも期待してるんだが、この馬は抽選かな?

あとは・・・マイラーの可能性が高いルーカス。今回人気ガタ落ちだろうし、買うならココって気がするわー。今までずっと過剰人気だったからねー。

 

調教チェックや展開予想は後日ね。

 

オークスやダービーより

馬券的にはコッチの方がオモロイかも(笑)。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

『るろうに剣心』連載再開へ 和月伸宏「反省と悔悟」の日々

うーん・・・・これ、問題は作る方だよなあ。私にはソノ毛が全くないから分からんのだが、そういう性癖の方はムフーッ!ってなるわけで。たまたま有名な漫画家が見つかっちゃったわけだが、他にも沢山いるんじゃないのかな。もっと作る方や売り手を厳しく罰しないと・・・今の世の中、見る方は止まんないんじゃね?・・・さて、人妻素人モノでも探しに行くか(笑)。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

今回の募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

【青葉賞2018予想】東京芝2400mで行われるダービートライアルGⅡ青葉賞。人気はオブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザーらディープインパクトの良血馬。データ分析では、内枠有利?差し・追い込み有利?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はゴーフォザサミット、カフジバンガード、トラストケンシン。

 

天皇賞春のデータ分析はすでにやってるけんなー!

復習したい方はもう一回見ておくように。

天皇賞春2018データ分析。

 

さて、

 

今日は青葉賞のデータ分析をやるんだが、

フローラSのサトノワルキューレみたいな馬が

ここで出現するのかどうか・・・?

 

ダービー目標の良血馬

ズラリと揃ってるだけに非常に興味深いねー。

 

■青葉賞2018登録馬

netkeibaより抜粋

 

netkeibaの予想オッズでは、

1番人気候補は藤沢厩舎のオブセッション

 

この厩舎・・・青葉賞は鬼のように強いからね。

シクラメン賞は4馬身差の圧勝だったし、

当然ここでも素質上位であるが、

弥生賞では4コーナーを曲がれずに大きく膨らんじゃったんだよね。

 

 

これがなければ・・・

 

って・・・

 

UREEYYYYY!

 

 

これ、4コーナーで膨れなくても

 

4~5着くらいが精一杯だったんじゃね?

 

うーむ。よく分からんが、

 

吸金鬼のような気がするな。

 

2番人気候補は、サトノソルタス

堀&ミルコで確実に人気になりそうだけど、

そもそもこの馬・・・スプリングSに登録しててね。

何があったか不明なんだが、これを回避しているのである。

 

賞金的には皐月賞への出走も可能だったんだが、これもパス。

噂では「一頓挫あった」という話もあり、

それが事実なら今回は

「一頓挫明け」の一戦なのである。

 

 

おし、この馬も吸金鬼決定。

 

3番人気候補はスーパーフェザー

ディープインパクト産駒の高額馬。その額なんと2億8000万円。

前走のアザレア賞は強かったし、

あすなろ賞で負けたのはエポカドーロなんで納得だが、

若駒Sの負け方が気になるんだよねー。

 

 

POGでも多くの人気を集めていたが、

この馬も人気先行のような気がするなー。

 

 

ってわけで、この馬も吸金鬼決定でい。

 

さて・・・吸穴鬼はいるかな?

 

データ見てみるべい。

 

■青葉賞2018データ分析、人気別成績

1番人気強えなおい。複勝率80%で回収率も100%超えかあ。しかし2~3番人気が弱く、4~10番人気の馬が結構馬券になるレースでもある。本命党の方は「1番人気→ヒモ荒れ狙い」がいいかもしれない。

 

■青葉賞2018データ分析、枠番別成績

全体的にフラットな印象だが・・・若干、内枠有利の外枠不利かな?穴馬は1~3枠から探したい。

 

■青葉賞2018データ分析、馬体重別成績

馬格はあればあるほど良い傾向。最低でも460kg欲しい。

 

■青葉賞2018データ分析、騎手成績

お、意外と・・・と言ったら失礼だが、関東の騎手が頑張ってますな。内田(ダノンマジェスティ)、蛯名(ゴーフォザサミット)には要注意。※色は個人的に塗って分だから気にしないでねー。

 

■青葉賞2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクト強し。もうディープインパクト産駒ってだけで買いたくなるんだが、今年は登録の時点で8頭も居る上に人気どころが多くて・・・やっぱり買いたくないなーと思っているところだ(笑)。他、注目はシンボリクリスエス・ゼンノロブロイ・キングカメハメハだが、今年は出走なし。

 

■青葉賞2018データ分析、間隔別成績

休み明けの馬は壊滅的。最低でも2ヶ月以内のローテじゃないと厳しい。サトノソルタス、シルヴァンジャーあたりにはマイナスデータ。

 

■青葉賞2018データ分析、前走データ

注目前走は・・・アザレア賞(4頭、3年連続1着)、大寒桜賞(5頭、5年連続)、山吹賞(4頭)、弥生賞(3頭)、毎日杯(3頭)、その他の芝500万条件(7頭)・・・ご覧の通り、大半が500万組で、これは当然1着条件。毎日杯は3着以内。弥生賞・スプリングSは7着以内。今年の出走馬で条件を満たしているのは・・・

・アザレア賞(スーパーフェザー1着)
・大寒桜賞(ダノンマジェスティ1着)
・山吹賞(ダブルフラット2着おまけ)
・ゆきやなぎ賞(エタリオウ2着おまけ)
・弥生賞組(オブセッション7着、トラストケンシン6着)
・スプリングS組(カフジバンガード6着、ゴーフォザサミット7着)
・毎日杯組(ノストラダムス4着おまけ)

前走データではスーパーフェザーダノンマジェスティが買いですな。穴は重賞惨敗組。

 

■青葉賞2018データ分析、脚質別成績

脚質は圧倒的に後ろ。「差し」「追い込み」が強い!これは上がり3Fを見れば一目瞭然で・・・上がり1位がベラボーに強いのである。頭に来るのは「瞬発力系の差し馬・追い込み馬」。ただ、2~3着には結構前の馬も残るので注意が必要。

 

■青葉賞2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンの多くは「差し→差し」あるいは「追い込み→差し」。前残りになったのは2013年と2008年くらいのもので。後はたまに「差し→先行」といった感じ。先述したが、上がり1位の馬がとんでもなく強いんでね。1800m以上の距離で上がり33秒台の脚が使ってきたような瞬発力タイプを頭に据えたい。

瞬発力・・・という点ではオブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザーは確かに怖い。ただ、他にも上がり33秒台が使える馬おるで~~~。

ゴーフォザサミット(共同通信杯1位33.2)
カフジバンガード(共同通信杯3位33.4)
トラストケンシン(弥生賞上がり2位34.0)

 

■青葉賞2018データ分析、厩舎・生産者・血統

なんとなく関東馬が強いってイメージだったんだが、実際には関西馬の方が多く馬券になってますな。特にリーディング上位の強豪厩舎が強い・・・。藤沢厩舎のイメージが強いんだが、ペルーサ以来馬券になってないんやねえ。

 

生産牧場はもう圧倒的にノーザンF。過去10年で13頭が馬券になっており、ここ3年は2頭ずつ馬券に食い込んでいる。今年も有力馬のほとんどがノーザンF生産馬(1~5番人気候補みんなそう)。逆らいたい!けど逆らわない方がいいのは我が家の吸血嫁と同じ。

 

血統はサンデーサイレンス系の中距離主流血統が圧倒的・・・。

 

今年も同じパターンになりそうな・・・(笑)。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクト!

・前走500万条件1着or皐月賞トライアル惨敗組。

・瞬発力型の差し、追い込み馬!

 

吸穴鬼候補を挙げておこう。ディープインパクト産駒が強いのは重々承知だが、人気になっちゃうからね。違うアプローチで探すと・・・まず、ハーツクライ+スプリングS惨敗組+蛯名+藤沢厩舎+瞬発力型の追い込み馬のゴーフォザサミット。常に上がり上位が使えるタイプで中山より東京の方が確実に向く。共同通信杯ではサトノソルタスを上回る上がり33.2を計時しており、能力は上位人気馬に全く劣らないと思う。オブセッションよりコッチが買い。

次に、ハービンジャー+スプリングS惨敗組+瞬発力型の差し馬カフジバンガード。この馬は上がり最速ではなく、上がり2~3位のタイプではあるが、いつも確実に差してくる馬で。共同通信杯では上がり3位の33.4。スプリングSでは上がり2位の34.4を計時している。この馬も確実に東京向きのエンジンで。距離が伸びて一変するんじゃないかと密かに思っている。出遅れ癖さえなければ・・・頭候補。

それから、爆穴候補にトラストケンシン。未勝利勝ちしかなく、なんとなくパイオニアバイオ的なニオイがするんだが(笑)、ハーツクライ+弥生賞惨敗組+瞬発力型の追い込み馬。弥生賞では位置取りが後ろ過ぎでドモナラズだったが、密かにワグネリアンに次ぐ上がりを使ってるのである。東京変わりで一変あるかもよ!調教要チェック。

 

人気馬3頭とも飛ぶことはないかもしれんが、

 

何があるか分からんのが競馬。

 

後は枠順と調教見てからやねー。

 

人気馬の帽子がピンク色に染まってますように!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ロイター企業調査:安倍首相続投「望ましい」73%、安定重視

ほほう。昨日の読売新聞の世論調査だと支持率が不支持率を下回ってたけどな。企業視点だとこうなるのか・・・。しかしほんとこの大事な時に野党はいつまでモリカケやってんだかね。モリカケやってりゃ拉致被害者は帰ってくるのか?米国との通商交渉は上手く行くのか?日本の経済は良くなるのか?少子化は解消されるのか?憲法改正の議論はしなくていいのか?私の馬券は当たるのかw?安倍首相が法を犯したというなら別の話だけどね。忖度が罪なら世の中成り立たないよ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【福島牝馬S2018予想オッズ・データ分析】福島芝1800mで行われる牝馬限定の別定GⅢ。カワキタエンカ、トーセンビクトリー、デンコウアンジュあたりが人気になりそうだが、データ分析では、内枠有利!逃げ・先行が狙い目!騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はゲッカコウ、ブラックオニキス、ノットフォーマル!

 

福島牝馬Sは毎年フルゲート必至なんだが、

 

今年は頭数減りそうやね。

 

でも結構面白そー!

 

■福島牝馬S2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気は中山牝馬Sを逃げ切ったカワキタエンカか。

しかしこの時4着だったトーセンビクトリーとは

斤量が3kg差あったからね。

 

どっちかと言えば、

 

20歳前後の若い女子より

アラフォー女子に目が行く今日このごろ。

 

 

じゃなかった(笑)、

 

どっちかと言えば、

 

カワキタエンカより

トーセンビクトリーの方を上に取りたい。

 

と言いつつ、違う馬を狙うけどなー!

 

さて、データ見てみるホイ。

 

■福島牝馬S2018データ分析、人気別成績

1~2番人気がイマイチで、3~5番人気が強い感じですな。大穴が突っ込んでくることもあるレースで・・・特に3着には要注意。

 

■福島牝馬S2018データ分析、枠番別成績

うひー!勝ち馬は1~4枠からしか出てねー!平均着順を見ても明らかに内枠が有利ですな。外枠はちょっと割引か。

 

■福島牝馬S2018データ分析、馬体重別成績

牝馬戦なんでね。軽いタイプの馬でも好走可能。レイホーロマンスは前走408kgだけどあんまり気にしなくていいかも。

 

■福島牝馬S2018データ分析、騎手成績

さすが福島・・・って感じですな(笑)。

 

■福島牝馬S2018データ分析、種牡馬成績

サンデーサイレンス系の主流種牡馬がイマイチの成績で、やっぱりパワー寄りの種牡馬が良さそう。カワキタエンカはディープインパクト産駒で・・・このデータからは買いにくいね。

 

■福島牝馬S2018データ分析、間隔別成績

5~9週(1~2ヶ月)組が圧倒的。休み明けの馬は割引でしょうな。

 

■福島牝馬S2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・中山牝馬S組(20頭)が過去9勝と圧倒的!あとは準オープン以下の条件戦組が5頭。京都牝馬Sが2頭。中山牝馬S組であれば着順不問。そしてなぜか・・・2着馬が異様に強い。まあ、データ的には兎にも角にも中山牝馬S組だね。

 

■福島牝馬S2018データ分析、脚質別成績

直線が短く(約300m)、小回り。普通に考えたら、逃げ・先行が強そうなもんだが、実際は後方からの差し・追い込みも結構届いちゃうので注意が必要。上がり1位は普通のコースに比べてかなり弱く、2~3着候補ってところ。むしろ上がり2~5位が狙い目。

 

■福島牝馬S2018データ分析、位置取り・上がり3F

上がりを見れば分かる通り、上がり3F33秒台の瞬発力戦になったのは2011年のみ。ほとんどが上がり34.5~35.5程度の持久力戦で。やっぱり上がり1位の馬は届かないイメージ。馬券パターンは何でもござれだが、「差し→差し」「先行→先行」といった決め撃ちの方がいいかもしれんなあ。いや、そうとも限らんか・・・

穴馬の脚質は、逃げ・番手!

時々超大穴が差してくることもあるから要注意。

 

あ、2016年のこのレース・・・15番人気のマコトブリジャールに◎打っててね。13番人気のオツウとイッタイッタで決まろうかというところで・・・大外から1番人気のシャルールがぶっ飛んで来て悶絶したのを今思い出したニョホ。マコトブリジャールとオツウの馬連持ってる気持ちで見てくりゃい!

あ・・・当時の予想記事がね、熊本地震直後のヤツで結構面白いんでね。ヒマなアサジラーは読んでみてん。→福島牝馬S2016の予想記事

 

というわけで、逃げ馬と番手馬には要注意だぜ!

 

■福島牝馬S2018データ分析、厩舎・生産者・血統

関東馬が強いかと思いきや、むしろ関西馬の方が強いね。んで、大注目なのが・・・「社台グループ弱え!」ってこと。過去10年で7頭しか馬券になっておらず、しかも勝ち馬ゼロ。来たとしても3着ばっかり。今年の人気馬ではトーセンビクトリーがノーザンFであるが、この馬の3着付け・・・なんてのもシャレオツかもしれない。

 

ケツデータ論

・内枠強し!

・中山牝馬S組!

・逃げ、番手馬!

 

穴馬候補を挙げておこう!まず、ガチで狙ってるのが中山牝馬S6着のゲッカコウ。なんと言っても注目は3走前のディセンバーS2着で。この時牡馬の強豪相手(グレーターロンドン、ベルキャニオン、ハートレーなど)に先着しているのである。調子、展開なんかがハマれば頭もあるんじゃないかと思っている。

次に中山牝馬S5着のブラックオニキス。いつも善戦すれども馬券にならない小憎らしい馬なんだけど、オークス7着、秋華賞6着馬だからね。いつか穴を開けると思いつつ狙っている。

そして超爆穴にノットーフォーマル。過去このレースに2回出ていて16着・16着なんだけどね(笑)。今回6ヶ月の休み明けから叩き2戦目。注意が必要な逃げ・番手候補。この馬が走る時はいつも謎の大駆けだからね。もしもに備えておきたい。

 

今回の◎はもう決まってるんだけどね。

 

ちょっと人気になるっぽいが・・・まあ仕方ねえ。

 

浅次郎は助平だが浮気はしないのである。

 

結論は土曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

武豊グレイスフルリープが逃げ切りV! 重賞4勝目/東京スプリント・大井

スノードラゴンを応援してたんだが残念!ちょっと位置取りが後ろ過ぎたかな。でも58kgでよく頑張った!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【天皇賞春2018予想オッズ、データ分析】京都芝3200mで行われるGⅠ天皇賞春。今年の主役はシュヴァルグラン!クリンチャー、レインボーラインの逆転あるか?データ分析では、内枠有利(1枠神)、脚質は差し有利も穴は先行!馬体重は?騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はチェスナットコート、アルバート、カレンミロティック!

 

私のちんこの存在意義が日々薄れているように、

天皇賞春の存在意義が薄れるのを

日々危惧しているわけだが、

 

やっぱりこうなるか・・・

 

■天皇賞春2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

現時点での登録数は17頭。

 

しかし、GⅠ馬はシュヴァルグランのみ。

 

どう考えても格下って馬も混じってるし、

 

回避する馬もいるみたいだから・・・

 

実質10~11頭立てって感じですな。

 

ドバイ組は日程的に難しいんだけど、大阪杯組(スワーヴリチャード、ペルシアンナイト、アルアイン、ヤマカツエース、ミッキースワロー、サトノダイヤモンド、ゴールドアクターetc・・・)の内、何頭かでも出てきてくれれば、もっと盛り上がるのになあ。

 

モッコリ穴党にとって1番の問題はもちろん・・・

シュヴァルグランの取捨。

 

さて、データ洗ってみるろ。

 

■天皇賞春2018データ分析、人気別成績

うえっ?なんじゃこりゃ!1番人気弱っ!で、2~4番人気強っ!データだけ見れば、1番人気は無条件で切りじゃー!あと、たまに二桁人気の超大穴が突っ込んでくるぜこのレース!

 

■天皇賞春2018データ分析、枠番別成績

うええっ???なんじゃこりゃ!1枠神ってる!しかも回収率やべえ!1枠に入った馬は無条件で買ってもいいレベルですな。8枠も結構馬券になってはいるが・・・平均着順を見れば一目瞭然、内枠が有利ですな。

 

■天皇賞春2018データ分析、馬体重別成績

長距離戦だけに馬格のないタイプでも好走出来るんだが・・・出来れば460kg以上欲しいところ。

 

■天皇賞春2018データ分析、騎手成績

長距離戦だけに鞍上の力は非常に大きい!武豊・蛯名・岩田あたりには要注意!あと、ミルコ・ルメールはこのレースイマイチ???

 

■天皇賞春2018データ分析、種牡馬成績

強いのはステイゴールドハーツクライ!ディープインパクトは相性悪いね。あとキングカメハメハも馬券になったことなし!

ステイゴールド(レインボーライン)
ハーツクライ(カレンミロティック、サトノクロニクル、シュヴァルグラン、チェスナットコート、ピンポン)

 

■天皇賞春2018データ分析、間隔別成績

キッチリと前哨戦を使うのが必須条件。他のローテは切り。

 

■天皇賞春2018データ分析、人気別成績

注目前走は3つ。阪神大賞典(9頭)、日経賞(8頭)、大阪杯(8頭)。例外は京都記念(2頭)とダイヤモンドS(1頭)くらいで。後は無視してOK。いずれも1~2着馬が強く、例外は大阪杯の3着馬。あるいは阪神大賞典の4~6着馬。大敗からの巻き返しは難しく、このデータからするとシュヴァルグランは切りですな。

阪神大賞典組(レインボーライン1着、サトノクロニクル2着、クリンチャー3着、アルバート4着、カレンミロティック5着)
日経賞組(ガンコ1着、チェスナットコート2着)

大阪杯上位組が不在なんでね。ローテからはこの7頭推し。

 

■天皇賞春2018データ分析、脚質成績

京都の長距離戦だけに逃げ馬がハマった時の威力半端なし。前・後ろは互角。上がり1位馬は勝つか3着か着外か。上がり下位の馬でも十分馬券になるレース。

 

■天皇賞春2018データ分析、位置取り・上がり3F

去年のキタサンブラックが勝つまで・・・1番人気は壊滅的だったんだね。馬券パターン的には・・・ここ2年は「逃げ→先行」だがこれはキタサンブラックの馬券だから例外だろう。よく見ると、道中ポジションを上げた馬が多く馬券になっとるな。これらを皆「差し」と捉えれば「差し→差し」っていう馬券パターンが最も多いね(JRAの脚質分析だと4角の位置取りで判断されてしまう)。

穴馬の脚質は、圧倒的に前!

先行脚質の穴馬を探すべし!

 

■天皇賞春2018データ分析、厩舎・生産者・血統

どっちかと言えば、関西馬が強いですな。関東馬で馬券になるのはリピーター。あ、このレースはリピーターレースだぜぇ。血統的にはサンデーサイレンス系がほとんどで。やはりこれらを中心にした方が良さそう。

 

ケツデータ論。

・神枠は1枠(内枠有利)。

・ステイゴールドとハーツクライ。

・阪神大賞典組vs日経賞組。

・「差し→差し」だが、穴馬は前!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、日経賞2着+蛯名+ハーツクライのチェスナットコート。過去にも日経賞の1~2着馬は結構馬券になっててね。蛯名騎乗でハーツクライ産駒、成長途上の4歳馬とあれば、ここで一発あっても不思議なし。

次に、阪神大賞典4着のアルバート。ステイヤーズSを3連覇している生粋のステイヤー。天皇賞春が中山3600だったらこの馬が勝つんじゃないの?と思ってしまうね。GⅠだとワンパンチ欠けるのは確かだが(春天は過去6着、5着)、乗り方次第で京都3200でも上位争いは可能。鞍上ルメールで人気になっちゃうかもしれんが・・・

そして、ガチで狙ってるのが・・・10歳のカレンミロティック!い、いやいやいや!さすがにもうないよ浅次郎さん!という常識的な声が聞こえてくるが、過去天皇賞春は3着・2着と実績・適正は申し分なし!2015年は阪神大賞典4着→春天3着!2016年は阪神大賞典6着→2着・・・といずれも人気薄で巻き返しているのだ!今回は・・・阪神大賞典5着からのローテ。プラス・・・池添+ハーツクライ+先行脚質!京都しか走らない京都専用機でね。2016年はキタサンブラックとクビの上げ下げだった実力馬。展開とか馬場とかがハマれば頭まで十分あると考えている。

 

問題のシュヴァルグランだが・・・

 

過去の実績からして巻き返し必死だと思う。

 

叩き良化型だし、強力なライバル不在。

 

目の上のタンコブだったキタサンブラックもいないし、

サトノダイヤモンドもレイデオロもスワーヴリチャードもいない。

 

ここは勝って当然・・・

少なくとも馬券は外さねえ!

と考えてる競馬ファンは多いと思う。

 

しかしそれでも・・・勝負事は何があるか分からんし、

 

 

前走の大阪杯は負け過ぎな気がする。

 

中3週で立て直せるのかどうか?

 

調教は要チェックですな。

 

後日の浅次郎の調教チェックに乞うご期待!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ダービー18頭の想定オッズは「大混戦」

ふむう・・・こんな感じか・・・あなたのダービーの◎は?

 

「イヤイヤ期」子育て中の親が抱える葛藤――変容する社会の間で

うちの1番下の息子は、この4月から幼稚園に通いだしたイヤイヤ期真っ最中の3才児。姉弟の中でも1番イヤイヤが酷いんだが・・・わけの分からんワガママ言うたら即体罰だね。このくらいの子供って「親は自分の言うことを聞くのかな?」と試してくるからね。ダメなものはダメ!悪いことしたら体罰!で、私はいいと思っている。口でごちゃごちゃ言ったって聞くもんかね。痛みが1番効くんだよ。そのせいか知らんが、泣くことも拒否することもなく元気に幼稚園に行ってるし、最近はもう好き嫌いもなく何でも食べるし、ちゃんと言うことを聞くようになってきたよ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内