【阪急杯2018予想、データ分析】阪神芝1400mで行われる別定GⅢ阪急杯。注目は何と言ってもレッドファルクス。この馬、買い?切り?データ分析によると、内枠有利、差し馬有利。騎手は?種牡馬は?前走ローテは?穴馬の脚質は?穴馬候補はヒルノデイバロー、モーニン、ムーンクレスト、シュウジ。爆穴にアポロノシンザン。

 

今週から、中山・阪神開催。

 

皐月賞、桜花賞に向けた

クラシックトライアルも始まるし、

毎年この時期になるとワクワクして来ますなあ。

 

 

女子ビッグエアの藤森由香ちゃんにもワクワク(予選2位)。

 

このビッグエアって新種目らしいけどかなり面白いねー。

ジャンプ一発で分かりやすいし。

決勝楽しみー!

 

さて、阪急杯!

 

■阪急杯2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

レッドファルクスが一番人気だろう。

 

ただ、ミルコが中山記念のペルシアンナイトを選択したため、

鞍上は川田にスイッチ。

この点で若干人気を落とすだろうね。

 

問題はこの馬の取捨。

 

鉄砲は全く苦にしないタイプで、

距離の1400ももちろん問題なし。

タフな内回りの阪神1400はむしろ合うと思う。

 

唯一の懸念はトップハンデの58kgだろう。

あとは年齢的なものがあるのかどうか?

 

ま、穴党は切りの一手かな。

調教次第だけど。

 

さて、データ見てみるか。

 

 

と、データの前に阪神芝1400mを復習しておこう。阪神芝1400mは内回りコースである。外回りである阪神芝1600mとは全く別のコース。阪神芝1600mはスローの瞬発力勝負になりやすいが、阪神芝1400はベクトルが真逆。ハイペースの持久力戦になりやすい。スペシャリストが度々好走するコースである。

 

■阪急杯2018データ分析、人気別成績

1番人気はイマイチであるが、上位人気が強いレースで・・・4番人気までで大半の連対馬を占める。荒れても7番人気くらいまで。大穴馬は3着ヒモ荒れを狙う程度に留めた方がいいのかもしれない。

 

■阪急杯2018データ分析、枠番別成績

1~3枠の強さがテカってますな。特に2枠は黒光り。ただ、平均オッズを見れば分かる通り、内枠には人気馬が多く入っていたのである。コース的にも内枠有利なんだが、ここまで極端ではないぞ。

 

■阪急杯2018データ分析、馬体重別成績

多くの傾向と同じく、馬格は合った方がいいね。ただ、520kg以上はイマイチ。デカけりゃいいってもんじゃないのか。

 

■阪急杯2018データ分析、斤量別成績

別定戦であるが、斤量も見ておこう。58kgのレッドファルクスは高い確率で馬券になるかもだが、逆に言うと50%の確率で飛ぶ?54kgのカラクレナイ、ダイアナヘイローは来ても2~3着までか?

 

■阪急杯2018データ分析、騎手成績

浜中、岩田、吉田豊、四位、武豊あたりに注意。川田は・・・3着?

 

■阪急杯2018データ分析、種牡馬成績

阪神芝1400はタフなレースになることが多いわけだが、やっぱりパワー系の種牡馬が列んでますな。スウェプトオーヴァーボード(レッドファルクス)は・・・実はこのコースの成績イマイチなんだが、レッドファルクス自身はタフな展開が得意なタイプだから問題ないと思う。フランケルはどうなんだろうねえ。。。個人的にはキングカメハメハ、サクラバクシンオー(コースデータでは3位)に注目している。

 

■阪急杯2018データ分析、前走間隔別成績

休み明けの実績馬が強いレース。今年緒戦の馬が狙い目ですな。ただ4週(中3週)の馬も異様に馬券になってんな。これはなんだ?

 

■阪急杯2018データ分析、前走成績

なるほど4週(中3週)は、シルクロードS東京新聞杯と京都牝馬Sですな。それからめちゃくちゃ強いのが阪神C組。その際の着順は一切問わない感じ。意外だが、マイルCSからの休み明けで馬券になったのはレッドオーヴァルのみ。

阪神C組・・・モズアスコット(4着)、モーニン(6着)、ムーンクレスト(8着)、アポロノシンザン(14着)

シルクロードS組・・・カラクレナイ(4着)、ダイアナヘイロー(16着)、ミッキーラブソング(13着)、ユキノアイオロス(12着)

東京新聞杯組・・・ディヴァインコード(5着)

 

■阪急杯2018データ分析、脚質別成績

脚質は差し・追い込みが強い。逃げ切ったのはミッキーアイル、コパノリチャード、ローレルゲレイロ。いずれもGⅠ馬。このコースを逃げ切るにはGⅠクラスの能力が必要で。先行馬はちょっと劣勢。

 

■阪急杯2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターン的には「差し→差し」「差し→先行」。ただ、年によっては前残りになることもある。開幕週なので馬場にも注意が必要だ。

ハイペースの持久力戦らしく・・・上がりが33秒台の瞬発力勝負になることはまずない。厳しいペースで35秒前後の脚が使えるような馬を狙いたい。

穴馬の脚質は・・・差し。

 

■阪急杯2018データ分析、詳細データ

関西馬が圧倒的にだね。2015年と2016年は社台グループが独占。逆に2017年は非社台が独占。母父にアルファベットの種牡馬が多いね。で、毎年のようにリピーターが来ているわけだが・・・今年も怪しい馬がいる。ヒルノデイバローだ。

 

ケツデータ論。

・内枠有利

・差し馬有利。

・ハイペースの持久力戦が基本。

 

穴馬候補を挙げておく。まずもってリピーターのヒルノデイバロー。ハイペース志向の持久力型先行馬。重めの馬場、上がりの掛かる展開が得意。現状1200より1400が合っていると思う。今回、京阪杯惨敗後の休み明けで人気の盲点になりそうだが、全力で狙いたい一頭。

それから、芝に矛先を変えて来たモーニン。前走の阪神Cは初芝に戸惑いがあったのか後方からの競馬。脚を計るような乗り方だったが、直線だけで上がり2位の33.7を繰り出して6着。十分芝でもやれる!少なくともモズアスコットとはそんなに差はないと思う。同じく阪神C組のムーンクレストも要注意。1kg減が不気味。

個人的に非常に気になっているのがシュウジ。この馬、2016年の阪神C勝ち馬で。この時はイスラボニータ、フィエロといった強豪をガチンコで負かしているのである。最近はよく分からない使い方をされているが(なんで高松宮記念に的を絞ったローテにしないのかな?)、阪神1400適性は高いと思う。

大穴に逃げ馬のアポロノシンザン。前走阪神Cは逃げて惨敗。確かに敷居が高かったと思うが、逃げ馬にはいつだって「勝つ」可能性があるのである。確かにこのレースで逃げ粘るにはGⅠ級の底力が必要だが・・・もう一頭の逃げ馬候補ニシノラッシュと合わせて面白いと思う。

 

というわけで、

 

レッドファルクス断然人気になりそうだが、

この馬がチクビ吸って飛べば結構美味しいことになりそうやね。

しかし3着は外しそうにないしなあ・・・うーむ。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【阪急杯】16年フェブラリーS覇者モーニン、二刀流V狙う!

不気味じゃのー。

 

宮原、羽生&宇野の盛り上がり継ぐ!桜色の衣装に華やかメーク/フィギュア

知子ちゃん頑張れー!香織ちゃんも頑張れー!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【小倉大賞典2018データ分析】小倉芝1800mで行われるハンデGⅢ小倉大賞典。今年はウインガナドル、ダッシングブレイズあたりが人気だが、データを分析してみよう!枠の有利不利は?脚質優勢なのは?ハンデは?ローテは?種牡馬は?上がり3Fは?穴馬候補はタイセイサミット、マサハヤドリーム、爆穴にヤマカツライデン!

 

今週日曜はフェブラリーSであるが・・・

馬券的にはコッチが面白いかもしれんなぁ・・・

 

うっひゃっひゃっ!

 

 

■小倉大賞典2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気候補のウインガナドルは菊花賞16着以来の休み明け。

2番人気候補のダッシングブレイズは8ヶ月の休み明け+57kgのトップハンデ。

3番人気候補のトリオンフは準オープンを卒業したばっかり(強そうだけど)。

 

荒れる匂いがスンスンしますなあ!

 

うっひゃっひゃっ!

 

 

ん?まいうー?

 

さて、

 

データ見てみるべい。

(過去10年。※2010年は中京開催)

 

■小倉大賞典2018データ分析、人気別成績

うっしっしっし。想像通り、上位人気弱いべな!・・・まあ、かといって二桁人気馬がバンバン来る感じじゃないが、5~9番人気が狙い目の穴レースだ!

 

■小倉大賞典2018データ分析、枠番別成績

満遍なく馬券になってる感じだが、最内枠が抜けていいね。ただ、平均人気を見ると・・・人気馬が集中していただけかもしれない。

 

■小倉大賞典2018データ分析、馬体重別成績

500kg以上は成績が良かね。最も馬券になってるのは480~499kgのゾーン。

 

■小倉大賞典2018データ分析、ハンデ別成績

重いハンデの馬が馬券率が高いが・・・数の上では55.5~57.5kgが一番多い。53.5~55kgの馬もかなり馬券になるね。53kg以下だと出番なし・・・軽ハンデ馬は厳しかばいなー。

 

■小倉大賞典2018データ分析、騎手成績

小倉王の川田には要注意(トリオンフに騎乗予定)。

 

■小倉大賞典2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクト、キンカメ、ダイワメジャーあたりに要注意。

 

■小倉大賞典2018データ分析、間隔別成績

間隔が狭い馬が結構馬券になってるね。休み明けはちょっと割引か?

 

■小倉大賞典2018データ分析、前走成績

中山金杯、京都金杯、日経新春杯、AJCC・・・重賞組が圧倒的に多いですな。また、その際の着順は一切問わない感じ。二桁惨敗からの巻き返し多数。準オープン組は想像以上に厳しい。過去10年で馬券になったのは3頭のみ。これは1着条件。

 

■小倉大賞典2018データ分析、脚質別成績

うひー!逃げ馬強え~~~!逃げる馬が分かってるならもう逃げ馬から行くべきですな。相手は先行勢より差し馬!後方からの追い込みやマクリも時々飛んでくるぞ!

 

■小倉大賞典2018データ分析、上がり3F成績

上がり上位馬弱し。ただ、ここ5年ほどは結構馬券になってるけどね。馬券パターンは、「逃げ→差し・追い込み」「逃げ→先行」「差し→追い込み」という感じで・・・普通のコースと同じように考えない方がいい。

穴馬の脚質は、逃げ・先行・差し・追い込み!何でもあり!

 

■小倉大賞典2018データ分析、詳細データ

やっぱ関西の厩舎が強いね。ノーザンF、社台F、ノースヒル。血統は全体的にパワー系なイメージ。

 

ケツデータ論

・人気馬弱え!

・前走重賞組!

・何でも来るけど、逃げ馬注意!

 

穴馬候補を挙げておく!まず、ヒットザターゲット!これが引退レースという噂だが(寂ちい)、前走日経新春杯からのローテはこの馬だけ。ここ2年ほど馬券になっていないが、それはGⅠやGⅡばかりに出走してるからで、ハンデGⅢなら最後の一花咲かせても何ら不思議なし。応援馬券が結構売れるだろうけど・・・ガチで狙って面白いと思う。

それから、マサハヤドリーム!前走京都記念は9着とはいえわずか0.4秒差。引き続き54kgで鞍上和田ドラゴンなら一発あるかもしれんぞよ~。

爆穴にタイセイサミット!前走中山記念大敗、馬体重、ハンデ、ダイワメジャー・・・と条件ピッタリ(え?)。小倉は初めてだが、合うんじゃないかな~と勝手に思っている(オイ!)。まあ、前走も13着とはいえ0.6秒差だし、去年はメイSでアストラエンブレムを負かしているし、調子さえ戻ればここでも十分やれると思っている。

もう一頭、超爆穴にヤマカツライデン。7ヶ月の休み明けということで全く人気なさそうだが(人気薄の休み明けは人気ダダ落ちの法則)、馬柱を見る限り、逃げ馬候補はこの馬かクインズミラーグロ。内枠引いてスイスイ逃げるようなら・・・まさかの逃げ粘りがあるかもよ?

 

結論は・・・土曜か日曜。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

銀メダルの小平奈緒「もう1段高いところで2人で並べたら最高だった」

奈緒ちゃ~ん!500は金メダルでー!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【ダイヤモンドS2018データ分析】東京芝3400mで行われるハンデGⅢダイヤモンドS。フェイムゲームが圧倒的人気になりそうだが、ハンデ戦だけに何が起きるか分からんぞ!内枠外枠の有利不利は?脚質は差し?馬体重は?血統は?騎手は?ハンデは?穴馬候補はラブラドライド、リッジマン、グランアルマダ、トウシンモンステラ。

 

今週はGⅠフェブラリーS+重賞3つかあ・・・

全部分析すんのはムリだなあ・・・

(オリンピック見ないといけんし笑)

 

とりあえず土曜メインはダイヤモンドSだ!

 

■ダイヤモンドS2018登録馬

netkeibaより抜粋

 

まだ、ハンデが出てないんだが(後で入れ替えよう)、

 

おそらくフェイムゲームがトップハンデだろう。

・・・58kgくらいかな?

59kgくらい背負ってくんないかな(笑)。

 

データ見てみるでごわす(過去10年)。

 

■ダイヤモンドS2018データ分析、人気別成績

い、1番人気強えなあ。なんだよこれー。しかも2番人気も強えし。やっぱりフェイムゲームは59.5kgでお願いしまっす。

 

■ダイヤモンドS2018データ分析、枠番別成績

何故こうなるのかよく分からんが、大外枠が強いですな。

 

■ダイヤモンドS2018データ分析、馬体重別成績

基本的に、馬格が大きいほど優勢になるレースが多いんだが、超長距離戦のここはあんまり大きくない方がいいね。最も複勝率が高いのは440~459kgのゾーンで。以下重くなるごとにチョットずつ成績が落ちる感じ。ただ、439kg以下は厳しい。

 

■ダイヤモンドS2018データ分析、ハンデ別成績

気になるハンデだが・・・残念ながらハンデが重い方が強い。特に57.5kg以上のハンデ馬は相当強いね。やっぱりフェイムゲームは60kgでお願いしまっす(笑)。ただ、軽ハンデ馬でも激走出来るレースでもある。穴党は軽ハンデ馬を狙うべし。

 

■ダイヤモンドS2018データ分析、騎手成績

うお。1位は意外にも北村宏!3勝を上げてる験のいいレースだね。あと外人要注意だねこれ。

 

■ダイヤモンドS2018データ分析、種牡馬成績

断然に強いのがハーツクライ!あ、でも、フェイムゲーム自身がダイヤモンドS【2.1.0.1】だから、ハーツクライの成績はほとんどフェイムゲームの成績じゃん(笑)。今年で5年連続の出走だ。

 

■ダイヤモンドS2018データ分析、間隔別成績

意外と詰めて使ってる馬が馬券になってますな。4週(中3週)、3週(中2週)に要注意。一番多いのは1~2ヶ月振りの馬。それ以上の休み明けの馬はちょっと割引か。

 

■ダイヤモンドS2018データ分析、前走成績

万葉S、日経新春杯、AJCC、ステイヤーズS、有馬記念からの臨戦が多いですな。最近は少ないが、以前は1600万条件組も結構馬券になってるね。

 

■ダイヤモンドS2018データ分析、脚質別成績

脚質は圧倒的に、差し有利だね。道中は中団馬群で脚を温存し、直線脚を伸ばせる馬が優勢。上がり1~3位の馬で殆どの馬券を占めてしまう感じ。

 

■ダイヤモンドS2018データ分析、上がり3F

この通り、上がり上位馬がメチャクチャ強い。3400m戦であるが、最後は34~35秒の脚が必要。ただし、昨年のラブラドライドのように先行して粘る場合もたまにあり。特に・・・

大穴馬の脚質は、逃げ・先行である。当日の馬場も要チェック。あと、やっぱり穴を開けるのは軽ハンデ馬ですな。

 

■ダイヤモンドS2018データ分析、詳細データ

役に立つか分からんが・・・騎手、調教師、馬主、生産者、父、母父データ。

 

ケツデータ論。

・差し有利も・・・穴は逃げ、先行!

・重ハンデ馬が強いが・・・穴は軽ハンデ!

・ヒロシです。

 

 

まだハンデが分からんのだが、現時点での穴馬候補を挙げておこう。まずもって昨年の2着馬ラブラドライド。去年よりハンデ増えるだろうし、万葉Sの成績も去年より悪いけど、おそらくココが最大最後の大目標。激走を期待したいね。

それから万葉S2着のリッジマン。万葉S好走組は注意が必要。まだ準オープンの身なのでハンデも軽かろう。大穴にグランアルマダ。逃げ候補の一頭で鞍上はほしのあきのオッパイ揉みまくり。リベンジしたい(なにを?)。

そして爆穴にヒロシのトウシンモンステラ。netkeibaの想定オッズで16番人気・・・ええ?それはないわ!と思ったかもしれんが、昨年の当レース4着馬である。ハンデ次第で一発あるかもよ~~!引き続き53kg希望。

 

結論は土曜日!

(多分京都牝馬Sはケン)

 

 

【浅次郎のひとりごと】

平野歩夢、2大会連続銀に清々しい笑顔「楽しかった」

ぐああああああ!金メダルと思ったのにィィィ!(平野歩夢の金メダルに賭けていたのは秘密。笑)・・・しっかし皇帝ショーン・ホワイトはすごかったね。3回目の最後であんな完璧な演技をされたらもうドモナラズだわ。平野ォォォ!次の五輪は金メダル取ってくれよー!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【フェブラリーS2018データ分析】東京ダート1600mで行われる定量GⅠフェブラリーステークス。テイエムジンソク、ゴールドドリームが人気を集めるが、データ分析からは・・・外枠有利!脚質は先行有利!馬体重は500kg以上!強い騎手、強い種牡馬は?前走条件は?穴馬候補はアウォーディー、サウンドトゥルー、ロンドンタウン。

 

今日は小倉で代替競馬だが、

 

一足先にフェブラリーSのデータ分析をやっとくぜー。

 

■フェブラリーS2018登録馬

netkeibaより抜粋

 

おそらく、

テイエムジンソクとゴールドドリームの人気が抜けるだろう。

 

後は川崎記念の上位組だが・・・

netkeibaの予想オッズだと意外と人気にならないっぽい。

 

何でこうなるかというと、

 

一般的な競馬ファンは

「適性距離」をかなり重視するからだ。

(今回はチャンピオンズCで勝負付けが済んだ、と見る向きも大きいだろうけど)

 

例えば1200を中心に走って来た馬が、

1600m戦に出てくると急激に人気を落とすよな。

 

「距離が合わない」

 

というわけだ。

 

今回の川崎記念(2100m)→フェブラリーS(1600m)も同じで、

「1600mはちょっと短いんじゃね?」

と思ってしまう競馬ファンはとても多いのだ。

 

これが、「2100m→1800m」や「1800m→1600m」なら

ほとんど誰も気にしないと思うけどね。

 

いやね。実際に川崎記念組にとって1600は短いと思うよ(笑)。

しかし当然ながらこなせない距離じゃないし、

厳しいペースになってスタミナ色が強いレースになるかもしれんしね。

 

それで人気がガクンと落ちるならむしろ買い。

(GⅠで上位争いする馬の能力はそんなに変わらん)

 

ところで・・・

 

一般の競馬ファンが

重視するファクターをランキングすると・・・

どんな感じになると思う?

 

1位 騎手

2位 近走着順(タイム)

3位 適性距離

4位 血統

5位 ローテ(間隔)

6位 厩舎

7位 調教

8位 展開

9位 コース適性

10位 馬場

 

という感じになるんじゃないかと(浅次郎調べ)。

 

1位はきっと断トツで騎手だね。

ミルコやルメールが乗る馬は実際メチャクチャ売れるわな。

 

2位は近走の着順で、3位は適性距離だろう。

あとは血統面ローテ

6位以下はダンゴで・・・軽く考えるだけのファンが多いと思う。

 

なんでわざわざこんなことを書くかというと、

競馬は「一般ファンとの戦い」だからだ。

 

彼らと同じ思考だと・・・つまり、

騎手前走着順距離適性ばかりを見てしてしまうと・・・

控除率に飲まれるだけなのである!

(もちろんこれらも大事なファクターだが)

 

これは人を見た目のみで選ぶのと同じで、

 

人は見た目が9割 (新潮新書)

 

どんなに見た目がステキな女性(男性)と結婚したとしても、

(付き合うだけならいいんだけど)

 

幸せになれるとは限らないのは、

昨今の芸能人の離婚率を見ればよく分かるよね。

 

見た目より性格・・・

 

なんてことを言うつもりはサラサラないが、

 

見た目よりもオッパイ・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

見た目よりも床上手・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

見た目よりも

 

料理上手子供好き・・・

 

な女性と結婚した方がいいと、私は思うね。

 

料理下手で子供嫌いな女性と一緒になると、

まずいメシ&まずい空気で一生過ごす羽目になるからね。

 

これはツライよ。

 

さて、データ分析。

 

■フェブラリーS2018データ分析

芝スタートとなる東京ダート1600m。巷では「外枠の方が芝コースを長く走れるから外枠有利」という説があるが、これは根拠に乏しい話で。ワンターンのダート戦では外枠有利となるケースは少なくない(芝スタート云々は関係ない)。東京ダート1600mでも圧倒的に外枠が有利だぞ。

 

■フェブラリーS2018データ分析、人気別成績

1番人気の複勝率80%・・・これは強いわ。穴狙いで行くにせよヒモには入れておいた方がいいかもしれない。2~3番人気も複勝率50%か・・・馬券になっているのはほとんどが7番人気以内。大穴狙いはちょっと難しいかもしれない・・・と、多くの競馬ファンは思ってるだろうね。

 

■フェブラリーS2018データ分析、枠番別成績

外枠が強いコースなんだが、フェブラリーSでは2枠が異常に強いね。しかし基本的には外枠>中枠>内枠でオッケイ。

 

■フェブラリーS2018データ分析、馬体重別成績

お、このデータは凄いな。馬券になってるのはほとんど500kg以上の大型馬。更に言えば520kg以上が半端なく強い。最低でも480kgは欲しい。このデータからするとノンコノユメ(前走456kg)は来ても2着までか。

 

■フェブラリーS2018データ分析、騎手成績

デム郎要注意ですなあ・・・あれ?デムはどの馬に乗るんだ?ゴールドドリームはムーアだよね?え?ララベル?まじか。

 

■フェブラリーS2018データ分析、種牡馬成績

何と言っても強いのがゴールドアリュール!出走頭数も多いのだが、適性の高さは歴然!今年もゴールドドリームを筆頭に、サンライズノヴァ、メイショウスミトモ、ララベルがスタンバイ。

 

■フェブラリーS2018データ分析、前走間隔別成績

3週(中2週)が最も馬券になってますな。しかし休み明けでも走れるレース。

 

■フェブラリーS2018データ分析、前走成績

好走パターンはこの5つのみ!すなわち「東海S」「根岸S」「チャンピオンズC(JCD)」「川崎記念」「東京大賞典」である。例外は2014年のコパノリッキーと2009年のカジノドライブのみ。

更に条件を付けると・・・「東海S」「根岸S」「川崎記念」は1~3着。「東京大賞典」は1~5着。「チャンピオンズC」は着順問わず、である。これを当てはめると結構絞れちゃうね。

 

■フェブラリーS2018データ分析、脚質別成績

逃げ馬は非常に厳しいが・・・先行馬がかなり強いですな。上がり最速馬もかなり強いが、頭というより2~3着なイメージ。

 

■フェブラリーS2018データ分析、上がり3F成績

過去10年で逃げ切ったのはトランセンドのみ。先行馬が強いんだが、その先行馬が上がり2~4位・・・というパターンが多く、前に行きつつ最後も確実に脚を使うタイプを頭にしたい。テイエムジンソクガピッタリダネ(棒読み)。

馬券パターンとしては「先行→先行」「先行→差し・追い込み」というパターンが多い。ただ、昨年のように「差し→差し」という年もあるね。

穴馬の脚質は、前後ろドッチも有り。爆穴を探すならやっぱり前。

 

ケツデータ論。

・外枠有利

・馬体重500kg以上

・先行馬強し

 

穴馬候補を挙げておこう。もしかして人気になるかもだが・・・川崎記念組からアウォーディー。2000m前後を使われてきた馬で、1600mは初距離。ってわけで人気落とすのを期待しているんだが、確かに1600mは短いかもしれない(え)。しかし、能力的にトップクラスなのは間違いなく、1600も十分こなせると私は見ている。

それからサウンドトゥルー。この馬も2000m前後がベストの馬で1600mは1F短いだろう。去年も8着に負けてるしね。ただ、ハマった時の末脚は府中の直線でさらに加速するかもしれず・・・人気ないようなら頭で狙うのも面白いと思う。

大穴に東京大賞典5着のロンドンタウン。この馬の場合は逆に1600mへの距離短縮が吉と出そうな・・・?エルムS(1700m)でテイエムジンソクを負かした馬。調子次第で頭まであるかもよ?

他、買いたい馬が除外で残念だったりするんだが・・・インカンテーション、キングズガード、ニシケンモノノフ、ベストウォーリアあたりにも注意したいね。レッツゴードンキは・・・出てくんの?

 

結論は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

高梨沙羅、やっと届いた日本女子初の銅「涙止まらない」

「行けーーーーー!伸びろォォォ!」絶叫しつつ応援したが・・・金メダルには届かず・・・。沙羅ちゃんの涙に、思わずおじさんも涙。

 

転倒・遅れ・延期…五輪会場おそう強風 選手ら「こんな所に、よく造った」「宝くじのよう」

スノボ女子スロープスタイル見たけど・・・ほんとに転倒ばっかりで。実力が発揮出来ない環境ってのはどうかと思うなあ。雅ちゃんまだビッグエアがあるぞ!頑張れ!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【クイーンカップ2018データ分析】東京芝1600mで行われる別定GⅢクイーンC。人気はマウレア、ツヅミモン、レッドベルローズあたりになりそうだがさて。データ分析では、枠順の有利不利なし、先行・差し互角!種牡馬データは?前走ローテは?重馬場適性は?穴馬候補はミュージアムヒル、ナラトゥリス、カレンシエリージョ!

 

今週末は3日間開催で、

東京の土日は模様。

 

このレースは月曜に行われるんだが、

重馬場適性も考えておいた方がいいかもね。

 

■クイーンC2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気は阪神JF3着のマウレア。

アユサンの下、ディープインパクト×StormCatの良血馬。

まあ常識的に考えればこの馬で決まりなんだが・・・

 

競馬は何が起きるか分からない。

 

今回は

 

ハッキリ見える、

 

パンチラ見てみるべい。

 

 

ってワカメちゃんのはチラじゃないわ!モロだわ!

 

サザエさんだから許されるけど、

他のアニメだったらゼッタイ許されんよね。

(なぜ、誰も何も言わないのだろう)

 

データ見てみるべい。

 

■クイーンC2018データ分析、人気別成績

1番人気めちゃくちゃ強いな。それから2番人気も強い!5番人気までで馬券圏内のほとんどを占める・・・3歳牝馬戦であるがお堅いレースである。

 

■クイーンC2018データ分析、枠番別成績

東京マイルは比較的内外の有利不利が発生しないコース。このレースもあんまり気にしなくて良さそうですな。死に枠が何故か4枠。

 

■クイーンC2018データ分析、騎手成績

要注意なのは蛯名・ルメール。あれ?ルメールは今週から復帰?帰って来なくていいんだけど(笑)。

 

■クイーンC2018データ分析、種牡馬成績

今回も5頭のディープインパクト産駒がスタンバイしているが、ご覧の通り・・・ディープインパクトのこのレースの成績はイマイチであるなー。

 

■クイーンC2018データ分析、馬体重別成績

この時期の3歳牝馬戦だけに・・・馬格がない馬も結構馬券になっているね。ただ419kg以下だとちょっと厳しいか。買いなのは480~499kgのゾーン。

 

■クイーンC2018データ分析、前走間隔

3週(中2週)以下はほぼ全滅。4週の成績と5~9週の成績が良いですな。2ヶ月以上の休み明け馬も好走可能。

 

■クイーンC2018データ分析、人気

注目ステップは阪神JF、フェアリーS。続いて菜の花賞、他500万条件・・・といったところか。強いのは重賞組だが・・・穴を狙うなら500万条件の2~3着馬。

 

■クイーンC2018データ分析、脚質別成績

先行と差しが拮抗しているが・・・どっちかと言えば差しが強いか。上がり1~3位馬は相当馬券になるが、上がり下位の馬も結構馬券になるね。スピード系の先行馬に要注意。

 

■クイーンC2018データ分析、上がり3F

上がり1位の馬は相当馬券になるが、2~3着に負けることが多いね。上がり2~3位もまあまあ強いんだが、上がり4~6位のゾーンも結構熱いね。

馬券パターンとしては「先行→差し」のイメージ。穴馬の脚質は前だろ?と思ったら、逆で。2016年のフロンテアクイーンや2010年のプリンセスメモリーみたいな差し馬を見つけたいね。

 

重馬場になった時のことを想定して、

重馬場適性も見ておこう。

 

■クイーンC重馬場適性

※【カッコ】内の数字は、重・不良+馬場指数6以上の馬場での実績

オハナ【1.0.0.0】
重馬場だった新馬戦で上がり33.6で差し切り。重馬場適性高そう。

カレンシエリージョ【1.0.0.0】
重馬場だった函館の未勝利戦で8馬身差の圧勝。道悪の鬼かも。

ツヅミモン【0.1.0.0】
重めのやや重だったシンザン記念で番手から粘り込んで2着。雨は恵み。

ミュージアムヒル【0.0.0.0】
重馬場実績はないんだけど、母父がフレンチデピュティ(←重馬場は鬼)だから重馬場は得意かもしれない。

いやあ、重馬場の出走経験すらない馬ばっかりで判断が難しいね。気になるマウレアの重馬場適性はどうなんだろうね。この馬も重馬場の実績がないからよく分からんのだが、姉アユサンの戦績を見ると苦手っぽかったけどな。それから結構人気になりそうな良血馬フィニフティも・・・全兄のステファノスが道悪苦手。良馬場希望だろうね。

 

ケツデータ論。

・前走重賞組が強いけど、500万条件組が狙い目。

・先行、差し互角も、穴馬は差し!

・ワカメちゃんのパンツは白。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず赤松賞2着のミュージアムヒルと3着のナラトゥリス。このレースはマウレアが1着だったのだが・・・レース見ておいた方がいいな。4番がミュージアムヒル、1番がナラトゥリス。

このレース、1000m通過が63.1の超スローで、直線だけのヨーイドン。掛かり気味だったマウレアの瞬発力はさすがの一言だが、そのマウレアより速い上がり33.3を計時したのがミュージアムヒルとナラトゥリス。その差はクビクビ差で。こんなもんは位置取りとか馬場とか調子とかでアッサリひっくり返って不思議なし。ミュージアムヒルは出て来るなら連闘となるが・・・それで人気が落ちるようなら美味しい。是非、抽選突破して欲しいね。

それから馬場が重くなった時のカレンシエリージョ、爆穴にダート新馬戦からの臨戦のアトムアストレア。注目のロードカナロア産駒ロフティフレーズなど。

 

当然ワカメちゃんのパンツ狙いで逝くぜ。

 

結論は月曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

国道の立ち往生、48時間超える 北陸の大雪、続く混乱

このブログ毒者の中にも北陸の方がいると思うが・・・大丈夫かな。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【共同通信杯2018データ分析】東京芝1800mで行われる別定GⅢ共同通信杯。グレイルが圧倒的な人気を集めそうだが、当然大穴狙いで逝くぜ!データ分析では、内枠有利の外枠不利、脚質は先行!ただし上がり1位の差し馬強し!騎手は?種牡馬は?重馬場適性は?ローテは?穴馬候補はオウケンムーン、カフジバンガード、ブランゾンダムール。

 

きさらぎ賞は少頭数だったけど、

 

共同通信杯は結構集まりそうね。

 

■共同通信杯2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

近年はきさらぎ賞より共同通信杯に強豪が集まる傾向にある。

なぜなら、ダービー志向が強くなり、

関西馬が「東京を経験させておきたい」と考えるからだ。

 

で、皐月賞トライアルはパスして、

皐月賞をステップレースにしてダービー!

というパターンが多いよね。

あるいは皐月賞そのものをパスする陣営もある。

 

今回もグレイル、ステイフーリッシュを中心に7頭の関西馬が登録。

最近の勝ち馬を見るとすごいメンバーだね。

 

 

さて、パンチラ見てみるべい。

 

 

じゃなかった(笑)、

 

データ見てみるべい。

 

JRAのデータ分析はつまらんデータが列んでいるな。「オープンクラスで3着以内に入った馬の成績が良い」とかそんなん当たり前だし、人気になるから意味ね~っつの。

 

■共同通信杯2018データ分析、人気別成績

1番人気が強いわけではないのだが、2~3番人気が1番人気と同じくらい強く、全ての連対馬が6番人気以内。大荒れは期待薄(涙)。

 

■共同通信杯2018データ分析、枠番別成績

コース形態的には内枠が圧倒的に有利。過去10年データでも内枠の方が有利ですな。7枠は悪くないが結構人気サイドの馬が入ってこの成績。8枠だとパンツ見えないね。

 

■共同通信杯2018データ分析、騎手成績

蛯名無双(笑)。でも、今年はお手馬がいないのかな。

 

■共同通信杯2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクトが強い・・・と言いたいところだが、出走頭数が圧倒的に多く、しかも取りこぼしが多い。人気になって3着!というパターンが多いね。今年も沢山のディープインパクト産駒が登録しているが過信は禁物。

 

■共同通信杯2018データ分析、前走間隔別成績

強いのはある程度間隔を開けて使って来る馬。11~12月に使われた馬が狙い目。ただ、中1~3週で使われて来る馬も・・・パンチラ馬としては狙っていいぞ!

 

■共同通信杯2018データ分析、前走成績

朝日杯、ホープフルS、東スポ杯2歳S組が当然のように強い。グレイルは京都2歳Sか・・・。このデータからだとステイフーリッシュ一択。

 

■共同通信杯2018データ分析、脚質別成績

東京1800というと長い直線を思い浮かべ、差し・追い込みが相当決まるイメージを持ってる方もいると思うが現実はちょっと違ってね。強いのは「先行」なのである。もちろん、差しが決まることだってあるのだが、理想は先行チョイ差し。パターンとしては「先行→先行」あるいは「先行→差し・追い込み」を狙いたい。

 

■共同通信杯2018データ分析、上がり3F

通過順を見れば分かる通り、先行勢が強い。そして当然のごとく上がり1~3位が強い。特に上がり1位は猛烈に強く、毎年のように馬券になっている。なるほど・・・近年の馬券パターンはこれだな。

 

上がり1位の差し馬×上がり2~3位の先行馬!

 

絞り込んで一点買い!ってのも出来るものなら面白いね。穴馬の脚質は「先行」。出来ることなら前に行く馬からパンチラ馬を見つけたい。

 

【追記】土日は雨予報なんで、重馬場適性を見ておこう。と言っても・・・キャリアが少ないから戦績から重馬場適性を判断するのは難しいけどな。血統も含めて得意そうな馬を挙げておこう。【かっこ】内の数字は重馬場・不良馬場+馬場指数6以上の馬場での戦績。

■共同通信杯2018重馬場適性

カフジバンガード【1.0.1.1】
不良馬場の未勝利戦で6馬身差の圧勝。馬場が悪くなるほど強くなりそうな。

グレイル【1.0.0.0】
極悪馬場の新馬戦で勝ち上がり。ただ、道悪が得意というより能力の高さで勝ったのかもしれん。

コスモイグナーツ【1.0.0.0】
不良馬場のアイビーS勝ち有り。エイシンフラッシュ産駒は重馬場が得意な馬が多い。

サトノソルタス【1.0.0.0】
この馬も極悪馬場の新馬勝ちだが・・・能力で勝ったのかも。正直よく分からん。

ジャックローズ【1.0.0.0】
ちょっと重めだった未勝利戦を上がり最速で完勝。道悪適性高そうだなあ・・・。ハービンジャー×薔薇一族。

ステイフーリッシュ【0.0.0.0】
重馬場実績はないのだが、暮れのタフな中山で好走しているし、血統面(ステイゴールド×キングカメハメハ)からも道悪は得意そうに見える。

馬場状態によってレースはガラリと変わるかもしれない。当日の馬場は要チェックだ。

 

ケツデータ論

・内枠有利の外枠不利!

・ユッタリローテの実績馬が強い!

・先行馬優位!上がり1位の馬強し!

 

穴馬候補を挙げておこう。まずオウケンムーン。派手な戦績じゃないのであまり人気にならんと思うが、キャリア3戦全てで上がり最速。しかも前で競馬が出来るタイプ。前走500万下は着差こそ1馬身ちょっとだったが楽勝だった。期待したい。

それからカフジバンガード。シンザン記念は出遅れが響いたのか離れた5着であったが、2走前のこうやまき賞ではグローリーウェイズを負かして1着だった馬。これまた前に行けるタイプで人気を落とすようなら面白いと思う。

ちょっと今回大穴を探すのが難しいんだが、ブランゾンダムール・エイムアンドエンド・コスモイグナーツあたりにも注意しておくか。

 

結論は週末ね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

日経平均は1071円安、米株暴落でリスク回避 下げ幅一時1600円超

かなり回復してるみたいだが・・・今日どうなる?

 

【京都記念2018データ分析】京都芝2200で行われる別定GⅡ京都記念。今年はレイデオロ、アルアイン、モズカッチャンなど昨年のGⅠ馬多数!ハイレベルな一戦となりそう!データ分析によると外枠有利、逃げ・先行馬強し!種牡馬の傾向は?前走ローテは?間隔は?穴馬候補はクロコスミア、クリンチャー。爆穴にプリメラアスール。

 

おおお。

 

頭数は少ないが、

 

こりゃスーパーGⅡだなあ。

 

■京都記念2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

メンバーさえ揃えば少頭数でもいいと思う。

数合わせのザクやドムは要らない。

 

断然人気が予想されるのはレイデオロ

ただし、目標は先(ドバイ?)だし、

ルメールが騎乗停止でバルジューに乗り替わりだし、

1kg重い57kgである。

 

よもや馬券圏外に飛ぶことはないと思うが、

2~3着に取りこぼすシーンはもしかしてあるかもよ?

 

何と言っても舞台は京都外回りの2200である。

展開次第、位置取り次第で何が起きるか分からん舞台だ。

 

その京都2200のエリザベス女王杯を先行して勝ったモズカッチャン、

そして番手の競馬で2着だったクロコスミアあたりは

レイデオロにとっても油断ならん相手だと思う。

 

もちろん同期の皐月賞馬アルアインが相手筆頭。

菊花賞2着馬クリンチャーも不気味な存在。

ハマった時の末脚が脅威な秋華賞馬ディアドラも怖い。

当然ミッキーロケットも圏内だろう。

 

穴狙いは難しいが、

乳絞って買う分には面白いレースだと思う。

 

さて、データ見てみるか。

 

■京都記念2018データ分析

JRAデータ分析より抜粋

4~5歳が強い。ただ、今回は有力馬のほとんどが4~5歳。

 

お、これは面白いね。単勝一倍台に支持された馬は過去5頭いるが、勝ちきったのはブエナビスタのみ。去年はダービー馬マカヒキが1.7倍の支持を集めて3着。2015年は1.8倍の支持を集めたハープスターが5着(ちなみにこの時キズナが2番人気で3着)、2014年はジェンティルドンナが1.6倍の支持を集めて6着・・・錚々たる馬が京都記念でコケているのである。

これは勝ち馬一覧を見てみると明らかで。

例年・・・前年のダービー馬やオークス馬といった一流馬がこのレースに出てくるのであるが、勝ちきった馬はほとんどいないのである。それより3歳戦では脇役だった馬や5歳の実績馬が強いんですな。

もちろんレイデオロやアルアインがこれに当てはまるとは限らんよ。特にレイデオロはすでにジャパンカップでキタサンブラックやシュヴァルグランと互角に渡り合って2着だった馬だしね。ただ・・・ジャパンカップ時は2kg軽かったのも事実。今回は逆に1kg重い立場である。圧勝するところを見たい反面、馬券はコケる方に賭けたくなるね。

 

前年12月のGⅠって有馬記念だろ。あ、香港も入ってんのか。なるほど。しかし今年は該当馬なし。んで、ジャパンカップや菊花賞、エリザベス女王杯や天皇賞秋からの臨戦は2~3着が多いと。今年はこの組ばっかりだけどね。面白いのがGⅡ組の不振。AJCCや日経新春杯組はほとんど来ない。ミッキーロケットには厳しいデータ。爆穴はGⅢ組のプリメラアスール???

 

■京都記念2018データ分析、人気別成績

連対馬は全て6番人気以内。3着ヒモ荒れすることも殆ど無い。カチンコチンコなレースである。

 

■京都記念2018データ分析、枠番別成績

明らかに内枠より外枠が強いですな。ただ、10頭前後の少頭数になることが多く(今年もね)、あまり枠は気にしなくていいかもしれない。外の方がちょっと有利かな?くらいでいいかな。

 

■京都記念2018データ分析、騎手成績

要注意は武豊とノリとミルコ。あ、武と横典は騎乗馬なしか。モズカッチャンはミルコ人気になっちゃうなあ・・・。あと2着候補に福永。川田と岩田にも注意。

 

■京都記念2018データ分析、種牡馬成績

キングカメハメハは、過去ラブリーデイとトゥザグローリーで2勝。Marjuの2勝はいずれもサトノクラウン。気になるのはディープインパクト。この条件は得意そうであるが・・・2~3着に取りこぼす事が多い。勝ったのはトーセンラーだけで、キズナ・マカヒキ・ハープスター・ジェンティルドンナといった馬たちが負けている。今年のディープインパクト産駒はアルアインのみ。

 

■京都記念2018データ分析、前走間隔成績

こりゃ珍しいな・・・間隔が詰まってる馬はほぼ全滅。5~9週がめちゃくちゃ強く、2ヵ月以上の休み明けもまあまあ。

 

■京都記念2018データ分析、前走成績

有馬記念、香港組が強いんだが、今年は該当なし。ジャパンカップ組や菊花賞組、エリザベス女王杯組はほとんどいないね・・・どうなんだろ?

 

■京都記念2018データ分析、脚質別成績

脚質的には、逃げ・先行が圧倒的に強いね。ただ2着には差し馬が飛んでくる感じで。穴を狙うなら・・・逃げ馬だ。

 

■京都記念2018データ分析、上がり3F

上がり1位の馬は相当馬券になるが、勝ち切るイメージではなく2~3着のイメージ。先行チョイ差しが理想。脚質パターンとしては、「先行→先行」というパターンが多く、時々2着に差し馬が入る感じ。追い込み馬は厳しく・・・来ても3着までか。

穴馬の脚質は・・・唯一「逃げ」である。2014年のデスペラード、2015年のスズカデヴィアスのような馬を探すしかあるまい。

 

ケツデータ論。

・堅いレースだが、断然人気の馬は飛ぶ可能性アリ。

・ユッタリローテの馬

・先行馬が強い。狙うなら逃げ馬。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、逃げ馬の候補のクロコスミアである。おそらくそこまで人気にならんと思うが、府中牝馬Sではヴィブロスを負かし、エリザベス女王杯ではミッキークイーン以下に先着している馬である。なにより恐ろしいのはその脚質で。京都ならそうそう止まらないぞ!しかし他に出られるレースないんかいな。中距離系の古馬牝馬は牡馬混同レースに出るしかないもんなあ・・・。

それから、菊花賞2着のクリンチャー。菊花賞では控えて捲くるという新境地のレースをしてみせたが、元々は前々で競馬する馬である。この馬も瞬発力を補える京都は合うと思うなあ。週末の天気がちょっと怪しいが、重い馬場になるようならさらにプラス。

そして・・・爆穴にプリメラアスール。同型クロコスミアが気になるが、おそらく行くのはコッチだろう。格下なのは重々承知だが、もしノーマークの楽逃げが出来たら非常に面白いと思っている。この馬・・・密かに2016年のエリザベス女王杯5着馬である。馬場と展開次第でもしかして残っちゃうかもよ?3着候補に一考。

 

最近はサッパリ馬券が当たっていないが(笑)、

 

全く気にせず大穴狙いで逝く。

 

モズカッチャンはフローラSで◎を打った時からの恋人だが、

応援していた地下アイドルが

出世して人気になって手が届かなくなった感じだなあ。

 

 

これは応援したくない。

 

つか・・・怖い。

 

何のアイドルだこれ?

 

整形失敗してるよね?

 

 

これは応援したい(↓の娘かわいい)。

 

しかし桃クロより可愛く見えるのは気のせいだろうか。

(何のグループかも分からんが)

 

どうでもいいけど、ヲタ芸って凄いと思う。

 

 

メチャクチャ練習してんだよこれ。かっこええ。

 

最終予想は週末。

 

モズカッチャンは和田に戻ってくんねえかなあ・・・

 

【浅次郎のひとりごと】

「基地容認派」が勝利した沖縄の市長選 新聞各紙はどう報じた?

私は沖縄県民ではないのであくまで外野からの独り言であるが、正直ホッとしたね。基地移設反対派は「基地反対!」「移設反対!」というだけで代案がない。普天間から辺野古への移設は「普天間が危険だから」というのが一番の理由で。移設出来ないと「普天間の危険」がそのまま固定されてしまうのである。そもそも沖縄に基地があるのは地政学的な問題で、基地を沖縄以外の場所へ持っていく事はできない。それは宇宙人鳩ポッポが「最低でも県外」と言っておきながら諦めたことからも明らかである(この点において沖縄に負担が掛かるのは心苦しい限り。お願いするしかない)。

つまり、基地の危険を減らしつつ安全保障を維持するには、安全な辺野古に移設し、普天間は返還。それしか問題の解決方法がないのである。秋には沖縄県知事選があるが、親中派翁長氏のカツラが剥がれるこをと祈る。しかしあんまり報道されてねーなこれ(笑)。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

この場所が、あなたの宝物の一つになりますように。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【きさらぎ賞2018予想】京都芝1800mで行われる別定GⅢきさらぎ賞。今後のクラシックを占う重要な一戦である。人気はダノンプレミアム・カツジ・グローリーウェイズ。データ分析だと内枠外枠有利不利なし、ディープインパクト強し、脚質は前後互角の瞬発力勝負!穴馬候補はラセット、オーデットエール。つか、堅いかこれ。

 

今日は、

 

川崎記念ですな。

 

netkeibaより抜粋

 

しかしこれ・・・実質5頭立て?

 

いや、4頭立てか・・・?

 

こりゃチンコ勃たねえわ・・・。

 

さて、きさらぎ賞。

 

■きさらぎ賞2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気はダノンマジェスティ。

アルアインの全弟で新馬戦を上がり33.0で圧勝してからの臨戦。

 

うーん、強そうだなあ。

 

続いてグローリーウェイズ?

ああ、ミルコ騎乗か。

 

デイリー杯2歳S2着のカツジの方が実績は断然上だけどね。

この時負けたジャンダルムはホープフルS2着だし、

この時3着だったケイアイノーテックは朝日杯4着だし。

 

ただ、カツジも人気だよなあ。

 

いや、多分・・・

ダノンマジェスティとグローリーウェイズがチクビ吸うねこれ。

 

カツジの単勝とか意外と面白いかも。

 

データ見てみるか。

 

■きさらぎ賞2018データ分析

JRAデータ分析より

お、キャリア1戦の馬は全滅か!ダノンマジェスティ、サトノフェイバー、ニホンピロタイド、レッドレオンあたりには厳しいデータですな。

 

今回、殆どの馬が4着以下アリですな。この条件と上の条件をクリア出来るのは、エポカドーロ、カツジ、グローリーウェイズ、ノーブルカリナンの4頭だけ。ただし、エポカドーロは自己条件、ノーブルカリナンはエルフィンSに回る可能性大。なんだよもう~~~せめてエポカドーロは出てきてくれんかな。

 

■きさらぎ賞2018データ分析、人気別成績

ぐああっ!1番人気つよっ!2番人気もつよっ!荒れても5~6番人気までか・・・穴党にゃ厳しいレースだなあ。

 

■きさらぎ賞2018データ分析、枠番別成績

内外概ねフラットっぽいが、どっちかと言えば外枠が有利かな?そもそも少頭数になることが多いからね。あまり枠は気にしなくていいのかもしれん。

 

■きさらぎ賞2018データ分析、馬体重別成績

この時期の3歳馬だけに420~459kgの馬も結構馬券になってるね。強いのは480~499kgのゾーン。

 

■きさらぎ賞2018データ分析、種牡馬別成績

ディープインパクト強し!

今年は上位独占になるかも・・・

 

■きさらぎ賞2018データ分析、人気別成績

間隔は詰まってるより適度に開いてる方がいいね。4週(中3週)はセーフ。

 

■きさらぎ賞2018データ分析、前走成績

熱いのはシクラメン賞、福寿草特別、朝日杯・・・なんだけど、今年は該当馬なし。穴を開ける可能性があるのは「未勝利」組か。

 

■きさらぎ賞2018データ分析、脚質別成績

前・後ろ互角ですな。後方からの追い込み馬がかなり2~3着に来ている点に注目。上がり1位の馬の強さが格別で。なんと複勝率90%である。上がり2~3位もかなり強い!瞬発力必須のレース。

 

■きさらぎ賞2018データ分析、上がり3F成績

ご覧の通り、上がり1位の馬は毎年馬券になってますな。ここ最近なんてもう上がり順位通りに1位→2位→3位で列んでるし。特にスローになったらもうヨーイドンの瞬発力勝負で。上がり33~34秒台の脚は必須項目である。

穴馬の脚質は逃げ・先行。平均ラップに持ち込んで上がり35~36秒くらいのレースになればあるいは穴が開くかもしれん。しかしこのメンバーじゃなあ・・・

 

ケツデータ論。

・ディープインパクト強し。

・穴なら未勝利組。

・穴なら逃げ、先行馬。

 

穴馬候補を挙げておこう。と言っても厳しいのだが・・・(笑)、唯一熱いのがラセット。緒戦のダート戦は大敗したが、その後芝では2着→2着→1着で。3戦ともに上がり最速。特に前走はテンの3Fが34.4のハイペースを先行してのもの。京都マイル1:34.5はかなり優秀だと思うけどな。6番に注目。

血統・鞍上・前走僅差・・・人気にならんと思うが、一発あるならこの馬かと。調教要チェックやな。

 

後はオーデットエールかな。前走の黄菊賞は5着とはいえ僅差の競馬、前々走の萩Sはタイムフライヤーが別格だったわけで。オッズほど差はないと思うけどね。

 

いずれにせよカチンコチンコになる可能性は高く、

モッコリ党は「ケン」が正解かもしれん。

 

 

あ、

 

あれ?

 

よーく見るとビーチク透けてるような?

 

ダノンプレミアムとミルコがチクビ吸って酔っ払って飛びますように。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

<衆院予算委>改憲提案の論戦低調

反対でもいいからちゃんと議論しようぜ?議論せずに「とにかく反対」って、それは民主主義と言えるのか?法律は時代とともに変わって行くのに、憲法は変えなくていいのか?矛盾点はそのままにしておくのか?相手の土俵にた立たないって、それは単なる思考停止だろうよ。国会議員なんだからちゃんと論戦してくれ。しかし、後から希望の党に行った旧民進党の奴らはクソだな。当選したいがためにコロコロと主義思想を変え、当選したら全てを覆す・・・国民を舐めてるわ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

この場所が、あなたの宝物の一つになりますように。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

【東京新聞杯2018データ分析】東京芝1600mで行われる別定GⅢ東京新聞杯。今年はグレーターロンドンが1番人気か?データ分析では、1番人気弱し!内枠有利!ディープインパクト強し!上がり1位弱し!前走ローテは?穴馬候補はストーミーシー、ガリバルディ、マイネルアウラート、トウショウピスト、デンコウアンジュ!

 

おおっ!

 

これはかなりの豪華メンバーですな!

 

■東京新聞杯2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気候補はグレーターロンドンか。さもありなん。

ダイワキャグニーも人気になりそうやね。

リスグラシュー、ダノンプラチナ、クルーガーもおるやないか。

 

クルーガーはもっと人気になると思うが・・・

5番人気なら断然買いだなぁ。

 

あ、アドマイヤリードは54kgで出られんの?

昨年のヴィクトリアマイル勝ち馬なのに・・・

これまたこの程度の人気なら買いだなあ。

 

他にもチラチラとブラジャーが見える馬多数。

 

 

奥寺先輩!黒ブラ見えてます!

 

データ見てみるべい。

(過去10年)

 

■東京新聞杯2018データ分析、人気別成績

うわっ!1番人気よわっ!かといって2~3番人気が強いわけでもなく、馬券の半分以上は5番人気以下!こりゃ大穴ブン回しで行って良さげなレースだな!(あんたはいつもだろ!)

 

■東京新聞杯2018データ分析、枠番別成績

ぬう。3枠4枠が異常に強いですな。3枠は人気馬が集中していたぽいが、4枠は人気薄が突っ込んできてる感じ。勝ち馬の大半は真ん中から内。外目の枠は2~3着候補に絞っていいのかもしれない。コースデータ的には内外フラットなんだけどね。

 

■東京新聞杯2018データ分析、騎手成績

蛯名、田中勝、横典あたりの関東上位騎手に注意。今回デムルメはきさらぎ賞かな。

 

■東京新聞杯2018データ分析、種牡馬成績

タニノギムレットは相性抜群のレースだが、残念ながら不在。気になるのは、今回有力馬含む6頭を送り込むディープインパクト。この馬の東京マイルの強さは格別で。今回も主役候補ズラリですな。それからキングカメハメハもこのコース強いんだが、2~3着のイメージ。モッコリ部員は東京マイルのデータを復習しておくべし。

 

■東京新聞杯2018データ分析、前走間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けでも走れるレースであるが、主力は5~9週(2ヶ月以内)と詰めて使ってる2~4週組ですな。

 

■東京新聞杯2018データ分析、前走

京都金杯組がめっちゃ強いね。ただ、当然のごとく京都金杯好走組は人気になりやすい。あとはニューイヤーS阪神カップ。GⅠならエリザベス女王杯。意外なことにマイルCS組はほとんどいない。

京都金杯組・・・クルーガー、ストーミーシー、マイネルアウラート
ニューイヤーS組・・・ダノンプラチナ
阪神C組・・・タガノブルグ、トウショウピスト
エリザベス女王杯組・・・リスグラシュー

 

■東京新聞杯2018データ分析、脚質別成績

これは面白い・・・東京マイルと言えば屈指の瞬発力コースであるが、上がり1位の馬がメチャクチャ弱いのである。おそらく鋭い脚で追い込んで届かない・・・あるいは2着が精一杯!という感じなのだろう。上がり2~3位の成績もイマイチで。上がり4~5位の成績がいいね。上がり6位以下の馬がこれだけ馬券になる芝のレースも珍しい。これは開幕2週目の馬場が影響しているのかもしれんね。

 

■東京新聞杯2018データ分析、上がり3F成績

こうやって見ると分かりやすいね。上がり1位の馬はパラパラとしかいない。そんで中団・後方から差して2着が精一杯・・・という図。完全前残りになってる年もあるし、ここ2年はいずれも逃げ馬が勝っているね。去年なんぞは逃げた馬の上がりが32.7という・・・意味不明のレース。いずれにせよ、瞬発力自慢の人気馬はちょっと評価を変えた方がいいかもしれない。

穴馬の脚質は色々。前も後ろもアリ。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクト強し。

・前走要チェック。

・上がり上位馬が弱い!

 

穴馬候補を挙げておこう。

まず京都金杯組からストーミーシー。確かに前走は斤量に恵まれた部分はあったと思うが、出遅れつつ上がり2位を使って0.2秒差5着。0.2秒差なんてのはあってないようなもんで(え)、調子次第で一発あるかもよ?

爆穴にガリバルディ。富士Sは不良馬場で度外視。前走はGⅠで度外視。この条件はピッタリだと思うなあ。鋭く追い込んで3着!ってのは十分有り得ると思う。

超爆穴にマイネルアウラート。2016年の当レース3着馬で、2017年も4着に好走。近走は凡走続きであるが、二桁着順からいきなり爆走するのがこの馬の得意技で。展開は向いたらレレレの前残りあるかもよ?

さらに原爆級爆穴にトウショウピスト。おそらく・・・逃げるのはこの馬だろう。それだけでも買いなのだが、スワンCでも逃げて0.4秒差6着の実力があり、オーロカップは結構強力メンバーの中で逃げ切り。確かに1600は微妙だが、この人気なら賭ける価値十分だろう。

最後に、我が恋人デンコウアンジュ。待ってましたの東京マイル。このくらいの人気であれば全力で買いたいね。ただ、穴人気するだろなあ・・・

 

というわけで、

 

私なら奥寺先輩で逝く・・・

 

 

じゃなかった(笑)、

 

今週の勝負レースはコレ。

 

超絶大穴狙いで逝くぜ!

 

結論は土曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

仮想通貨関連株が堅調、コインチェック問題でもビットコイン底堅く

そうなんだよね。他の仮想通貨も値崩れしてないし。まあ、今後も要注目。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

先週は中京8Rで馬連8万馬券!シルクロードSのフミノムーンは調教爆穴だった!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【根岸ステークス2018データ分析】東京ダート1400mで行われる別定GⅢの根岸S。フェブラリーSの前哨戦の一つ。カフジテイク、キングズガードあたりが人気になると思われるが、データ分析では内枠有利?岩田無双?前走は?ローテは?脚質は追い込みハンパなし!穴馬候補はノンコノユメ、ブラゾンドゥリス、ブルドックボス!

 

首都圏の大雪スゴかったみたいね。

 

 

みんな大丈夫かな?

 

■根岸S2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

え?

 

ベストウォーリアにはルメールが乗るんか・・・。

狙ってるんだが、これだと人気になってまうがな~。

 

データ見てみよ。

 

■根岸S2018データ分析

JRAデータ分析より抜粋

 

このデータからすると・・・カフジテイク(チャンピオンズC7着)、キングズガード(同8着)、ノンコノユメ(同9着)らの人気馬は厳しいってことになるな。

 

■根岸S2018データ分析、人気別成績

基本的に人気サイドが強いレースですな。1着、2着ともにほとんどが5番人気以内。荒れるとしたら3着か。

 

■根岸S2018データ分析、枠番別成績

連対馬を見ると真ん中より内が有利か・・・しかし3着は外?

 

■根岸S2018データ分析、騎手成績

なんとイワータは馬券率100%。岩田無双のレース?今年はブルドックボスに騎乗予定だが要チェック。

 

■根岸S2018データ分析、種牡馬成績

短距離ダートっぽい種牡馬が列んでますな。◯外に要注意。

 

■根岸S2018データ分析、馬体重成績

短距離ダートらしく馬格のあるパワー系が狙い目。479kg以下は割引かな。

 

■根岸S2018データ分析、斤量成績

別定戦であるが、意外と斤量差が大きいレース。58kgのベストウォーリア・ノンコノユメ、59kgのニシケンモノノフはちょっと割引かな。

 

■根岸S2018データ分析、前走間隔別成績

さぞかしチャンピオンズC組(JCD)が強いかと思いきやそうでもないのね。1800→1400の距離短縮となるからか?むしろ注目は武蔵野S組、ギャラクシーS組、カペラS組、ファイナルS組か。適度に間隔が空いて前走好走している馬が狙い目。

 

■根岸S2018データ分析、脚質別成績

うおっ・・・!追い込み馬ハンパねえ!追い込み馬の勝率が1番になるレースって・・・芝・ダート合わせて初めて見たかも?

 

■根岸S2018データ分析、上がり3F成績

ご覧の通り、上がり上位の馬がメチャクチャ強い。1着に関しては「上がり1~3位」必須である。先行してそのまま押し切るのは至難の業で、過去10年で勝ちきったのは2016年のモーニンと2009年のフェラーリピサだけである(それでも上がり3位)。

最後方からの位置取りでもバンバン飛んでくるレースで。「追い込み→差し」「追い込み→先行」「差し→追い込み」という感じで、ココ最近は特のその傾向が強く(前決着だったのは2016年のみ)、差し・追い込み馬を中心に考えた方がいいかもしれない。

 

ケツデータ論。

・ダート短距離血統!

・11月~12月に使われてて好走してる馬!

・速い上がりが使える差し馬・追い込み馬!

 

穴馬候補を挙げておこう。まずはユメ絶たれたノンコノユメ。去勢してからの成績がパッとしないのだが、大敗しているわけではなく堅実に走ってて・・・いつ復活してもおかしくないと思う。で、武蔵野Sを見ればカフジテイクに先着しているわけで。人気を考えるとかなり美味しくなりそうな。それから、もしかして今回1400への距離短縮が吉と出るかもしれない。

それから、岩田のブルドッグボス。全成績が【9.6.6.5】という超堅実派で。3走前のJBCスプリントではニシケンモノノフやコパノリッキーと同斤でタイム差なしの3着。問題は距離の1400だが・・・問題ないと思うけどね。

大穴にブラゾンドゥリス。1400ベストの馬。ギャラクシーS組。アキトクレッセントとの比較でもそんなに差はない。不当な人気薄になりそうだね。

あと、ニシケンモノノフも出てくれば要注意だが、どうやらシルクロードSに出るみたいやね。

 

ま、追い込み馬狙いで行くなら去年の勝ち馬カフジテイクと、チャンピオンズCで上がり最速のキングズガードが当然有力だろう。

 

このレースはケンでもいいかもね。

 

穴党はシルクロードSに集中した方がいいかも。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

競走馬を殺処分から救え ある調教師の思い

色んな意見があると思う。「え?殺しちゃうの?」「可哀想」「経済動物」「牛や豚とは違うのか?」「救われない命は?」「偽善では?」・・・こういうのは偽善でもいいと思うけどね。最近だとロサギガンティアもプロジェクト入りしてるよ→サンクスホースプロジェクト

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内