【チャンピオンズC2017レース回顧】中京ダート1800mで行われたGⅠチャンピオンズC。大混戦を制したのは4歳ゴールドドリーム!フェブラリーS制覇から成績低迷していたが、ここで見事に復活。来年はもう一回ドバイWCにチャレンジして欲しいね。テイエムジンソク、サウンドトゥルー、ケイティブレイブらの敗因はなんだったのか?

 

ゴールドドリーム、鮮やか復活劇!

 

 

いやね。

いきなり言い訳になるんだけどね。

この馬が狙い目なのは重々承知してたわけよ。

(調教チェック特A評価だったし)

 

しかし鞍上ムーアで想定よりかなり人気になってたし、

(netkeibaの予想オッズだと25倍くらいだった)

展開スローの前残り決め打ち予想だったから、

スッパリ切っちゃったわけ。

 

ま、テイエムジンソクも買ってないから、

どうしたってドモナラズだけどね(笑)。

 

しかしゴールドドリームも強かったけど、

ムーアは上手いなあ・・・。

 

さて、簡単に回顧しよう。

 

■チャンピオンズC2017結果、着順

 

■チャンピオンズC2017映像

 

■チャンピオンズC2017回顧

スタート!

出遅れたのはキングズガード、ゴールドドリーム、カフジテイク。しかし大した出遅れではなく、ムーアは出遅れたのを幸い・・・ココからスッとインに入れる。

 

ハナに行ったのはコパノリッキー。続いてケイティブレイブ。外からモルトベーネとテイエムジンソク。私の◎ミツバは行けなかったのか行かなかったのか好枠虚しく後方へ。ゴラァァァァ!松山!前に行かんかーい!(←前残り想定)

 

1~2コーナーの隊列はこんな感じ。

 

逃げたのはコパノリッキー。こうなるとこの馬強いね。2番手にテイエムジンソク。

 

その後ろにケイティブレイブ、モルトベーネ。外から上がって行ったのがロンドンタウンだが・・・これはちょっと掛かってましたな。やはり海外帰りの難しさがあったか?好位の後ろにグレンツェントとアウォーディー。

 

中団にローズプリンスダム、メイショウスミトモ、カフジテイク・・・そして黄色の帽子がゴールドドリーム。美しい騎乗姿ですなあ。その直後にミツバ。同じような位置取り。面白いのでこの後の両馬を比較してみるか。

 

後方からサウンドトゥルー、ノンコノユメ、キングズガード。

 

1000m通過は1:01.5。

 

 

GⅠであることを考えれば、

これは結構なスローだったと思う。

 

ラップタイムを見ると前半3Fは36.2でまあまあ速かったんだけど、

中盤が12.7-12.7-12.3(37.7)と緩んでますな。

 

で、ラスト3Fは36.2だから・・・

後ろからは35秒台の脚じゃないと差せない計算。

 

コパノリッキー田辺からすれば絶妙・・・

してやったり!のペースだったろう。

 

これは届かん!

 

と思った各ジョッキーが4コーナー手前から追い出し始める!

ミツバ松山は大外に出して鞭を振るう!

 

 

だけんどもしかし!

 

ムーアは我関せず。馬群の中でジッと我慢汁。

コーナリングとポジション取りに集中。

 

この差のなんと大きいことか。

 

結果、松山はコーナーで脚を使ったにも関わらず大してポジションを上げられず、ムーアはコーナリングだけでミツバの前のポジションを取っているのだ(そして遠心力を使って外へ)。

 

 

分かりやすいので松山を例に出したが、ほとんどの馬が4コーナー手前から追い出しを開始している。

 

前が止まらない流れであるからしてそれは必然の行為だと言えるが、

 

そんな中、ムーアは馬の切れ味を引き出すために、

ギリギリまで脚を溜めたのである。

 

これは「脚を余す」乗り方と紙一重で。

それはいつだって批判の的であるからして。

だからこそ多くのジョッキーは早めに動いてしまうのだ。

 

ムーアが追い出しを開始したのは残り400m。直線に向いて前が開いてからだ。たしかにココで前が開いたのは幸運だったかもしれない。しかし仕掛けをワンテンポ遅らせたゴールドドリームは、ここから爆発的な脚を繰り出す。

 

残り200m。完全にスローの前残りの展開で。逃げたコパノリッキーと番手のテイエムジンソクの一騎打ち。道中息が入ってるのでなかなかバテないのだ!ケイティブレイブ・アウォーディーあたりも追いすがるが、同じような脚しか使えず差が縮まらない!

 

これは前の2騎で決まりか・・・?

 

残り100m!外から脚を伸ばしたゴールドドリームが強襲!

 

 

ラスト1Fを見ていただきたい。12.4掛かってますな。つまり、最後の1Fで前の2頭がバテちゃったのである・・・そして仕掛けを遅らせたゴールドドリームだけがバテずに伸び(ゴールドドリームの上がり3F想定は12.1-11.5-11.5)・・・

 

見事に差し切ったのである。

 

タイムは1:50.1。

勝ち馬の上がりは35.1。

 

ムーア・・・あんた上手いよ!

(精密機械の如し)

 

 

 

【チャンピオンズCレース後コメント】ゴールドドリーム R.ムーア騎手ら

 

もちろん、ムーアの手綱に応えたゴールドドリームも見事。しかしこの馬は脚が溜まると切れるね。距離の不安が多少なりともあるだろうから道中ペースが落ちたのも良かった。仮に4コーナーで慌てて追い出していたら・・・3着までだったかもしれない。この後は東京大賞典には向かわずフェブラリーSらしい。1600ベストで1800はギリギリなのかもしれないね。ドバイ行かないのかなあ・・・。

 

2着テイエムジンソクは勝ちに等しい内容で。理想的なペース、完璧な騎乗。今回は相手が悪かったとしか言いようがない。私はこの馬に関して半信半疑であったのだが・・・(節穴)・・・、今後のダート界を背負っていく馬になるかもしれないね。フルキチ惜しかったな。今後は未定か。

 

3着コパノリッキーは、やっぱり「ナメたらあかん」かったね。調教抜群で(特A評価)、1枠1番で、鞍上田辺・・・改めて考えると買い材料揃ってたね。ただ、今回は鞍上の好騎乗による所が大きかったように思うな。東京大賞典が引退レース。

 

4着ケイティブレイブは最高の位置につけて理想的な競馬をしたが、前の2頭は想像以上に楽だったんだろうね。結果論であるが、勝つ為には何か工夫が必要だったのかもしれない。

 

5着アウォーディーも同じで、展開的には理想的だったと思う。この位置取りから差を詰められなかったのは「衰え」があるのかもしれん。なんか・・・パンチ力が感じられんかったな。

 

2番人気に支持されていたサウンドトゥルーは後方から最後いい脚を使ってるんだけど馬群に飲まれる感じの11着。敗因の一番は「展開面」だろうけれども、それにしても負け過ぎですな。

 

私の◎ミツバは良く頑張ったけど6着まで。前で競馬出来ていれば・・・と思ってしまうが、きっと「速いペースになる」と想定した上での作戦だったんでしょうな。しかし・・・あれだけ早仕掛けでも最後まで伸びてるだけに・・・松山には悪いが、「もしこの馬にムーアが乗っていたら?」ということを考えると、ちょっと騎手としてのレベルの差を感じてしまうわ。

 

というわけで、

 

今回も馬券的にはドモナラズだったんだけど、

そもそもが大穴狙いなんだから全然OK。

 

今後も懲りずに大穴狙いで逝くぜ!

 

今週は香港もあるし、楽しみやのー!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

国内は2歳牝馬の頂点を決める阪神JF&海外は日本馬8頭参戦の香港国際競走に注目/今週の競馬界の見どころ

今週は3重賞+香港か・・・全部記事書けるかな?あ、カペラSにスノードラゴンが出て来るやんけぇぇぇぇ!

 

 

【チャンピオンズC2017予想】中京ダート1800mで行われるダートGⅠチャンピオンズC。1番人気はテイエムジンソクだが、かなり人気割れてますな。展開・隊列・ペースはどうなる?スローの前残り決め打ちで逝くぜ!狙いはJBC組のミツバ!相手筆頭にアウォーディー!ケイティブレイブ!調教抜群のモルトベーネ!爆穴にキングズガード!

 

昨日の阪神はもう完全にデムルメ祭りで。

 

もう・・・毎レースの如く、

デム・ルメ・デム・ルメ。

 

 

で、ほとんどのレースが5番人気以内の決着・・・

 

デムが分身して二人いるから尚更厄介だよね。

 

 

せめて一人にしてくりゃ。

 

そして今日は、

中京に外人ジョッキーが集まっておる中、

ミルコ・デムーロのみが阪神に居残り。

 

チャンピオンズCで騎乗馬が居なかったからなんだが、

そのおかげで阪神の多数の有力馬にミルコ騎乗。

(ほとんどが一番人気)

 

うーむ。逆らいたいけど逆らえない・・・。

 

 

こういう時は、

 

奥様の機嫌を取りつつ、ケーキでも買って・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

阪神は買わず、中京はGⅠだけにして、

外人不在の中山で遊ぶのが吉ですな。

(シュミノーは人気にならないなあ。笑)

 

さてと。

 

■チャンピオンズC2017オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気、割れてますなあ・・・!

 

何故こんなことになったかというと、

 

今回、上位馬に日本人ジョッキーが乗っているからである。

 

しかも・・・

 

テイエムジンソクに古川。

サウンドトゥルーに大野。

 

と、一流とは言えない(失礼)ジョッキーが乗っているのだ。

 

もし、これらの馬に、

デムルメ、あるいはムーアが乗っていたら?

 

おそらく単勝2~3倍程度の抜けた人気になっていただろうと思う。

 

古川や大野が下手だと言ってるわけではない。

しかし、GⅠしか馬券を買わないようなファンからすれば、

 

「誰それ?」

 

なのであり、

 

「やっぱデムルメでしょ!」

 

なのである。

 

今回、もしかしたら水面下で色々とあったかもしれんが、

(ミルコが空いてたわけだしね)

引き続き、古川・大野を乗せた陣営に拍手を贈りたい。

 

 

さて・・・展開見ておくか。

 

■チャンピオンズC2017展開予想

逃げ候補は
テイエムジンソク

先行勢は
コパノリッキー
ケイティブレイブ
ミツバ
アウォーディー
モルトベーネ
ロンドンタウン

差し勢は
アポロケンタッキー
メイショウスミトモ
グレンツェント
ゴールドドリーム
サウンドトゥルー
ローズプリンスダム

追い込み勢は
キングズガード
カフジテイク
ノンコノユメ

ふむう・・・列べて見てびっくりだが・・・ダートの頂上決戦というのに、確固たる逃げ馬不在である。一応テイエムジンソクの名前を挙げておくが、この馬とてハナにこだわるタイプではなく2~3番手が理想。内からコパノリッキー、ケイティブレイブ、ミツバ・・・あたりはジワッと先行だろうしなあ。押し出されて全く違う馬がハナに立つかもしれん。

 

となればペースは遅くなる?

 

ちなみに2016年のラップはこう。

1000m通過60.6。中盤でペースがさらに上がってラストが37.7という非常に上がりが掛かる流れ。勝ったのは最後方から追い込んできたサウンドトゥルー。2着は前で粘ったアウォーディー。

 

2015年のラップはこう。

1000m通過が60.2で中盤も緩まない厳しい流れ。上がり37.9の前傾ラップ。勝ったのは中団から差してきたサンビスタ。上位は全て追い込み勢。

 

そして2014年がどうだったかというと・・・

1000m通過62.3のスロー。ラストが36.5という後傾ラップ。勝ったのは先行したホッコータルマエ。以下3着以内は好位勢の前残り。

 

今回、2014年のようなスローになると想定すれば、当然、

 

前残り。

 

が狙い目となりますな。

 

今回のチャンピオンズCはオッズが割れてるので、

ある程度人気馬から買ってもOKなんだが・・・

(大野かフルキチから買ってもいいんだが)

 

だからこそ敢えて穴馬狙いで逝く。

 

そろそろオッパイくれ!!

 

チャンピオンズC2017データ分析

チャンピオンズC2017調教チェック

 

■チャンピオンズC2017予想

 

ミツバ(13番人気)

このレース、JBCクラシック組が強いのは御存知の通り。で、2着のケイティブレイブとタイム差なしの3着だったミツバが今回13番人気の低評価。なんでこんなにオッズに差が出るのか・・・謎である。去年の勝ち馬サウンドトゥルーもJBCクラシック3着からのローテだったしねー。ココが絶好の狙い目だ。

相手筆頭にアウォーディー。私が本命党ならこの馬から逝くんだけどね。以下同じくJBCクラシック組のケイティブレイブ。穴に調教絶好のモルトベーネ。他に買いたい馬もいるんだけど・・・徹底して前狙いで逝く。あ、調教爆穴のキングズガードだけ押さえておく。

 

◯アウォーディー(4番人気)

▲モルトベーネ(14番人気)

△ケイティブレイブ(3番人気)

△キングズガード(12番人気)

 

馬連 BOX@100円

ワイド ◎-◯▲ @100円

三連複 ◎◯流し@100円

 

頑張れ!ミツバ!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
中山11R 5番

ちょっとおまけの堅チクビ
阪神7R 6番
阪神9R 2番
阪神10R 3番

モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【チャンピオンズC2017調教チェック】中京ダート1800mで行われるダートGⅠチャンピオンズC。各馬のデキは?追い切りの内容は?浅次郎の調教チェック特A評価馬は・・・絶好調ゴールドドリーム!上積み大きいモルトベーネ!メイチ仕上げコパノリッキー!調教爆穴にキングズガード!ロンドンタウン、アポロケンタッキーも良いね。

 

我が家の近くに

 

「地獄坂」

 

と子どもたちが呼んでる

約200mほどの長い急坂があるのだが、

 

浅次郎は毎日2本、

馬の気持ちになって

この坂を猛ダッシュしている(筋トレ)。

 

※浅次郎ではありません(笑)。

 

走ってみるとよーーく分かるが、

 

坂道ダッシュはキツイ。

 

平坦な道の10倍くらいキツイ。

特に最後の方はマジでキツイ。

 

坂路で鍛えた馬が強くなるわけだよ。

 

さて、今日はチャンピオンズCの調教チェックだぜ!

 

■チャンピオンズC2017枠順

netkeibaより抜粋

 

中京ダート1800mは枠順による有利不利はほとんどない。ただ、逃げ・先行馬であれば内が欲しいのは当たり前の話で。コパノリッキー、ケイティブレイブ、ミツバあたりの陣営は喜んでいるかもしれないね。そんで、テイエムジンソク、アポロケンタッキーあたりはもう少し内が希望だったかもしれん。

逆にノンコノユメはちょっと内過ぎかな?カフジテイク、サウンドトゥルーあたりは外目のいい枠を引いたんじゃないかと思う。

 

さて、早速調教チェックだ!

 

■チャンピオンズC2017調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによるビール瓶殴打ジャッジである。あしからず。

 

【調教が良い馬、メイチ仕上げの馬】

コパノリッキー 特A評価
CW良【69.1-52.2-37.1-11.9】馬なり 助手
終始馬なりのままであったが、スピード感満点の動き。今回伏兵扱いになりそうだが、調子はメチャクチャ良さそう!特A評価!

モルトベーネ 特A評価
栗東坂路良【51.4-37.2-24.3-12.3】仕掛け 松山
中3週で坂路6本。しかも2週前、1週前追い切りで52秒台の好時計。そして最終追い切りは51.4の鬼時計!坂道はね。最後の最後がキツイのであり、浅次郎はいつも最後でバテてしまうのであるが・・・51秒台という速い時計を出しながらラストも12.0-12.3でまとめている。絶好調。

ロンドンタウン
CW良【66.8-51.8-38.0-12.0】G一杯 助手
なんか迫力がないというか・・・反応が悪く見えてしまうんだけど、時計は出てるんだよねえ。こういう馬は能力が高いんだろうなあ。中間はグリーンウッドに短期放牧。11/7に帰厩して7本。海外帰りとなるが状態は問題なさそう。

ゴールドドリーム 特A評価
栗東坂路良【51.1-37.3-24.0-11.8】一杯 藤懸
フォォォォォ!迫力満点!前走から約2ヶ月開いたが、中間はノーザンFしがらきへ短期放牧。11/8に戻ってきて週一で4本。一週前の動きも良かったが、最終追い切りの動きは抜群ですな。51.1の鬼時計でラストは12.2-11.8。最もキツイ最後の1Fが最速。加速ラップで文句なしである。特A評価!

キングズガード 調教爆穴
CW良【83.3-67.7-52.8-38.5-12.0】馬なり 藤岡康
馬なりではあったが、終始手応えが良く、ネットリと併せてフィニッシュ。GOサインが出ればあっという間に突き放してしまいそうな雰囲気であった。前走からの上積み大きいと思うぞ~~~!調教爆穴。

アポロケンタッキー
栗東坂路良【53.2-37.6-24.5-12.6】一杯 助手
中3週で坂路6本。みっちり乗り込んでるね。負荷は十分掛かっていると思う。順調。

 

特A評価は3頭。その中でも一番良いのがゴールドドリームである。今年のフェブラリーS勝ち馬であるが、その後ドバイ遠征して惨敗。その傷が深かったのか帝王賞でも惨敗。マイルに戻した南部杯でもコパノリッキーに完敗の5着。で、今回人気落ちそうだが・・・調子自体は絶好調だと思うぞ。プラス・・・鞍上ムーア。人気がないようなら積極的に買いたい一頭。

次に良いのがモルトベーネ。この秋2戦は不甲斐ない競馬であったが、春のアルデバランSではロンドンダウン以下に2馬身差をつけて圧勝した馬。絶好調なら勝負になっても不思議なし!人気なさそうだし狙い目!あと・・・コパノリッキーも非常にバランスの良い走りで調子絶好だと思う。前走1200戦を使われたせいで人気も急落するだろうが・・・実績で言えば文句なしでナンバーワンだぞ!

あと非常に不気味に映ったのがキングズガード。速い時計が出たわけじゃないのだが・・・なんと言ったらいいのか、放たれる前の弓矢のような感じ。みやこSでも最後方から鬼の末脚で3着まで突っ込んてきた馬。さらに上昇しているとすれば一発あって不思議なし。

ロンドンタウンは正直真面目に走ってるように見えなかったんだが(笑)、怖い一頭。あとアポロケンタッキーは最後一杯になってたが、キッチリ負荷は掛かっていると思う。

 

で、GⅠにしては珍しく、

 

これはちょっとイマイチじゃね?

 

・・・って馬もいるんだが、

 

ここで挙げるのは遠慮しておく。

(モッコリ版にて)

 

馬券はもちろん大穴狙いで逝くぜ!

 

結論は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

長野五輪銅メダリストを逮捕 電車内で体液かけた疑い

え?なになに?体液ってどゆこと?「体液を出したことは認めるが掛けるつもりはなかった」ってことはつまり・・・そゆことだよね?その欲求は分かるが(分かるんかい!)、現実にやってしまうのは犯罪である。長野五輪の英雄が・・・一転「スペルマ飛ばしの犯罪男」に。一生後ろ指だよ。長野ロマンさん気をつけてね。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【チャンピオンズカップ2017データ分析】中京ダート1800mで行われる中央ダートGⅠチャンピオンズC。今年の人気はテイエムジンソク、サウンドトゥルー、アウォーディーが予想されるが、データを分析してみよう!枠順の有利不利は?脚質は逃げ・先行有利?前走ローテは?穴馬候補はミツバ!メイショウスミトモ!モルトベーネ!

 

ジャパンカップの余韻冷めやらぬ中、

 

今週はダートの頂上決戦ですな。

 

そろそろ私のチンコもモッコリ大噴火と行きたいところだ。

 

■チャンピオンズC2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

フルゲート16頭。

 

除外される馬が多いのは結構なことなんだが、

前哨戦で好走した馬や

今年重賞を勝ってる馬は出してあげたいなあ・・・

 

さて、

 

データを分析して行くんだが、

 

チャンピオンズCはまだ歴史が3年しかなく、

前身のジャパンカップダートは阪神ダート1800で行われていたため、

デリ◯ル嬢の写真画像と一緒で、

 

全く参考にならない(別人)。

 

なので、今回のデータ分析は

「中京ダート1800m」の過去10年データを元にやりたいと思う。

(各コースデータの分析はモッコリ万馬券倶楽部で延々とやってるけどね)

 

早速行ってみよう~!

 

■中京ダート1800m、枠番別成績

2枠の成績が良いのだけれど、他はフラットやね。あ、いや、平均人気を見ると・・・2枠は偶然人気馬が集中したっぽいな。内外の有利不利なし!と言って良かろう。

 

■中京ダート1800m、馬体重別成績

やはりダート戦だけに・・・馬体重が重くなるほど好成績になる傾向。

 

■中京ダート1800m、種牡馬成績

んんん?なんかちょっと・・・他のダートコースとは様相が違いますな。SS系の種牡馬が多数ランクイン。ゼンノロブロイ、ネオユニヴァースはパワー系なんで分かるんだが、ディープインパクト、マンハッタンカフェ、ハーツクライがTOP10に入ってるなんてね。芝的なキレの要素が必要なコースなのかもしれない。

 

■中京ダート1800m、脚質別成績

脚質は圧倒的に、逃げ・先行有利ですな。まあ、ダート戦だから当然と言えば当然だけど。それと同時に上がり1~3位馬もかなり強い。しかしこれは芝のレースとは違って「前に行ける+上がりも速い」という馬が強いことを示している。ただし・・・穴を開けるのは差し馬だぞう!

 

JRAデータ分析より

前走データはJRAのデータ分析を拝借。JBCクラシック組が圧倒的ですな。続いて、みやこS武蔵野S。基本的にはこの3つを押さえておけば良さそう。

 

ケツデータ論。

・枠の有利不利なし。

・逃げ、先行馬を狙え!ただ、穴は差し馬!

・JBCクラシック、みやこS、武蔵野S組!

 

以上を踏まえ、データから穴馬候補を炙っておこう。

まずもってJBCクラシックで先行して0.2秒差3着だったミツバ!名古屋グランプリに行く可能性もあるようだが、是非コッチに出てきて欲しい!1800はちょっと短いかもだが、ここでも十分やれると思う!

それからJBCクラシック組のグレンツェント。色々と謎が多い使われ方をされている馬であるが、能力は高いぞ~!今年の東海Sを勝っている通りコース適性も高そう!叩き2戦目で一変あるかもよ?鞍上はボウマンか。

爆穴にメイショウスミトモ。前走シリウスS勝ちなんだけど、11番人気での勝利だったわけで、今回フロック視されちゃうなこれウッヒッヒ。しかし結構強い内容だったぞ~。

 

それから爆穴その2にモルトベーネ。連続惨敗。前走みやこSも5着とはいえ相当離されちゃったから・・・今回は全く人気にならないと思う。しかし春のアンタレスSではロンドンタウン以下に圧勝してるんだよねこの馬。もしかして・・・があるかもよ?

 

ま、普通に考えれば

 

人気上位馬を狙うのが

ダートGⅠのセオリー。

 

かもしれんけどね。

 

懲りずに穴馬を狙うのが、

私のセオリー。

 

今週も、全く懲りずに穴狙いで逝く。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

後藤・・・大好きでした(涙)。

 

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

【チャンピオンズC2017予想オッズ】中京ダート1800mで行われるダートGⅠチャンピオンズカップ。大混戦の一戦となりそうだが、オッズはどうなる?1番人気馬はサウンドトゥルー?ケイティブレイブ?コパノリッキーは?デムーロはどの馬に乗る?穴馬候補はメイショウスミトモ、ゴールドドリーム。爆穴にグレンツェント!

 

毎年書いてる気がするんだが(笑)、

JRAは本当にネーミングセンスがない。

 

「チャンピオンズカップ」

 

って直訳すると「王者達の杯」だろ?

なんで複数にするのよ?

 

スプリンターズSの「ズ」はいいよ。

スプリンターが集まるレースなんだからね。

 

しかしチャンピオン「ズ」はどう考えてもおかしいだろ?

各地方競馬のチャンピオンが集まるってんなら分からんでもないが、

各地方のGⅠを勝つのはほとんど中央からの遠征馬だろ?

(地方交流は売上の面ではいいかもだが、地方馬主にとっては最悪なのでは?)

 

このレースが「王者」を決めるレースであり、

少なくともこのレースを勝った馬が

2017年の最終優秀ダート馬の1番手候補。

 

だから、

 

「チャンピオンカップ」

 

でいいじゃんね?「王者杯」。

 

しかし日本の競馬は「芝」がメインなのであり、

これだと何のチャンピオンを決めるのか分からんから、

 

「ダートチャンピオンカップ」

 

でいいだろ。「ダート王杯」。

「ダートチャンピオンシップ(ダートCS)」でもいいね。

これなら、初心者が見ても、外人が見ても、誰が見ても分かるよね?

しかしチャンピオンより・・・

 

「ダートキングカップ」

 

の方がいいかな?

 

「砂王杯」

 

とかでもシンプルでカッコイイと思うけど・・・

 

私なら思い切って、

 

「大和杯」

 

とかにしちゃうね。

 

何のレースか分からんくなるが、

日本一を決めるって感じしてカッコイイと思うけど。

 

ま、JRAにゃムリか。

 

■チャンピオンズC2017登録馬

netkeibaより抜粋

 

情報によると、

サンライズノヴァ、
メイショウウタゲ、
サンライズソア、
アスカノロマン、
トップディーヴォ、
ピオネロ、
スリータイタンは現在除外対象らしい。

 

まあ、しょうがないと言えばしょうがないのだが、

武蔵野S2着のサンライズソアとか

ユニコーンS勝ち馬のサンライズノヴァとか

の3歳勢は是非出して上げたいよなあ。

 

あれ、アスカノロマンって重賞2勝してるのに

なんでこんなに下位なん?

去年の3着馬で狙い目なんだけどなあ。

 

 

人気はイマイチだけどめちゃくちゃキレイ・・・って娘、

結構いるよね。

 

さて、人気はどうなる?

 

現時点で騎手が空欄の馬が多く予想がし辛かったけどな。

 

■チャンピオンズC2017予想オッズ

チャンピオンズC2017予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1番人気 サウンドトゥルー 3.1倍
2番人気 ケイティブレイブ 5.2倍
3番人気 テイエムジンソク 5.8倍
4番人気 コパノリッキー 7.3倍
5番人気 アウォーディー 8.0倍
6番人気 アポロケンタッキー 11.6倍
7番人気 ミツバ 14.5倍
8番人気 ロンドンタウン 15.8倍
9番人気 メイショウスミトモ 22.8倍
10番人気 ローズプリンスダム 25.9倍
11番人気 ゴールドドリーム 29.7倍
12番人気 ノンコノユメ 37.3倍
13番人気 キングズガード 48.1倍
14番人気 グレンツェント 64.2倍
15番人気 カフジテイク 78.4倍
16番人気 モルトベーネ 81.3倍

※管理人浅次郎の独断と偏見による予想である。

 

1番人気は昨年の勝ち馬サウンドトゥルーだろう。今年は最重要ステップのJBCクラシックを快勝しての一戦であり、連覇も十分有り得ると思う。ただ、東京大賞典、川崎記念、帝王賞・・・と異なる馬に負けてきた通り、絶対的な存在ではない。今のダート界は戦国模様で、上位の力は拮抗していると思う。鞍上は大野。これはさすがに降ろされないだろう。

2番人気はJBCクラシック2着のケイティブレイブか。今年の帝王賞ではサウンドトゥルー・アウォーディー・アポロケンタッキー以下、ここで人気になるメンバーを相手に快勝しており、逆転の一番手。今後のダート界を背負っていく4歳馬で大いに期待したいね。鞍上は福永・・・だよね?

3番人気は中央組のテイエムジンソクを予想。超圧勝でオープンを連勝。初重賞だったエルムSこそロンドンタウンに負けたが、みやこSを文字通り圧勝してココへ。個人的にこの馬相当強いと見ているのだが・・・鞍上古川・・・のままだともう少し人気落ちるかも?是非フルキチのままでお願いしたい。

4番人気はコパノリッキーか。ご存知ダートGⅠ10勝のスーパーホースである。しかし、年齢的なものか・・・最近は1800mを超える距離では結果が出ておらず、前走はなんとJBCスプリントを選択(1200m)。以前のコパノリッキーなら間違いなくJBCクラシックを選択したはずだが・・・鞍上は田辺?

5番人気はアウォーディー。破竹の6連勝で昨年のJBCクラシックを制覇。チャンピオンズCでも1番人気に支持されたが、サウンドトゥルーの後塵を拝し2着。その後、東京大賞典でアポロケンタッキーの2着。ドバイWCにチャレンジして5着。帝王賞・JBCクラシックと1番人気に押されたものの・・・3着、4着。今回は多少人気を落とすと思う。鞍上は武豊か。ミッキー×武豊×ノースヒルズのラインは堅いけんな。

 

以下、アポロケンタッキーミツバロンドンタウン・・・と続くと思うが、鞍上によって人気は大きく変わると思う。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、シリウスS勝ちにも関わらずあまり人気にならなそうなメイショウスミトモ。人気薄での勝利だったからフロック視されそうだが・・・そこでJBCクラシック3着のミツバを負かしてるわけだし(ハンデ差はあったけど)、結構強い内容だったと思うけどね。

それから、今年のフェブラリーSの勝ち馬ゴールドドリーム。その後ドバイWCで惨敗。復帰後の帝王賞も惨敗。マイルの南部杯も5着・・・と大きく株を落としそうだが・・・能力自体がトップクラスなのは間違いないし、マイラーじゃね?という意見もあるかもだが、1800mでもやれると私は思うけどな。あ、しかしこの馬にミルコが乗るようなら人気になるか?

爆穴にグレンツェント。謎が多い馬であるが、4歳世代トップクラスのポテンシャルを持ってるのは間違いない。休み明け緒戦のJBCクラシックは離された5着ではあったが、休み明け、立て直されての一戦と考えれば上々。調教要チェックだ。

 

今回、外人ジョッキーに確たる騎乗馬がいないのである・・・ミルコ、ルメール、ムーアはさてどの馬に乗るんだろうね。コパノリッキー、ゴールドドリーム、ノンコノユメ、メイショウスミトモ、モルトベーネ・・・あ、ケイティブレイブ、テイエムジンソクも乗り替わりあるな(社台・ノーザン系はもっとも怪しい)。中堅どころのジョッキーはもちろん、武や戸崎や福永だってお手馬を取られる時代。特に確変状態に入ってるミルコがどの馬に乗るのか注目だね。

 

ま、堅いのかもしれんし、

 

「また外人かよ~」

 

ってことになるのかもしれんが、

 

いつも通り淡々とモッコリ大穴狙いで行く。

 

データ分析、調教チェックなどは後日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

シルバーステート引退 今後は種牡馬入りの方向

重賞未勝利で種牡馬入りか。よっぽど素質が高いんだろうね。私自身、順調ならこの秋GⅠも・・・とさえ思っていたので残念である。この馬がディープインパクトの後継種牡馬になったりしてね・・・

 

サトノダイヤモンド 有馬記念回避で年内休養

やっぱりそうなったか・・・来年も海外にチャレンジするらしいが・・・凱旋門賞じゃなくてブリダーズカップなんてどう?

 

サンフランシスコ市長、慰安婦像の寄贈受け入れ

この問題はもう「慰安婦の是非」とか「日本軍による強制連行があったのか」とか「日韓合意」とかいう問題とは切り離した方がいいのかもしれん。この慰安婦像・管理費を寄贈した民間団体ってなんぞや?資金源は?何のためにこんなことをやるのか?なんでアメリカに設置するのか?・・・って考えていくと答えは一つ。日米同盟が邪魔で邪魔でしょうがない・・・日米を分断したい・・・と考えてる国の仕業と考えるのが一番自然だろう。慰安婦問題はカードで、韓国はそのカードを配るディーラーに過ぎない。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【チャンピオンズC2016回顧】中京ダート1800mで行われたダート頂上決戦チャンピオンズCは、アスカノロマンを交わして抜け出したアウォーディーを並ぶ間もなく交わしたサウンドトゥルーの追い込み炸裂!嬉しい中央GⅠ初制覇となった。アウォーディーの敗因はソラを使ったこと?ゴールドドリーム、コパノリッキーの敗因は?ペースはどうだったの?

 

善戦マン返上!

サウンドトゥルー豪脚一閃!

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%ab%e3%83%bc1

 

いやー、サウンドトゥルー凄い脚だったなー!

 

簡単に回顧する。

 

■チャンピオンズC2016結果、着順

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e7%b5%90%e6%9e%9c%e3%80%81%e7%9d%80%e9%a0%86

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e6%89%95%e3%81%84%e6%88%bb%e3%81%97

 

■チャンピオンズC2016映像

 

■チャンピオンズC2016回顧

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e7%94%bb%e5%83%8f1

レース後のコメント

 

注目のスタート。

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88

 

ゴールドドリームが出遅れて後方から。

カフジテイクは予定通り後方から。

ラニは気合をつけても進んでいかずに後方から(笑)。

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016_1%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc

 

行ったのはやはりモンドクラッセ。内からアスカノロマンとブライトライン。外からコパノリッキー。さらに大外からモーニン。

 

アウォーディーは好位勢の後ろ、中団前目のイン。並んでゴールドドリーム。メイショウスミトモ、ブライトアイディアが中団を形成。

 

中団後方にアポロケンタッキー、ロワジャルダン、ノンコノユメ、ラニ。

 

後方待機がサウンドトゥルーとかフジテイク。

 

1コーナーで掛かっていたのはアスカノロマン。

ゴールドドリームも掛かり気味で前へ。

それからよく分からんかったのがアウォーディー武豊。

 

向こう正面で手綱を動かして馬を叱咤しているのだ。

 

多くの馬券持ったファンが、

 

「え?え?なんで?」

 

と思ったことだろう。私も思った。

ペースが遅い(前に行きたい)のなら分からんでもない。

しかし・・・今回は・・・

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016_1000m%e9%80%9a%e9%81%8e

 

1000m通過が1:00.5。

 

芝並のハイペースである。

 

いつもは長手綱で道中動くことは滅多にない男だが・・・

 

そしてこれはアウォーディー武豊だけじゃない。アポロケンタッキー松若、ノンコノユメのムーア、ラニ内田も道中ペースを上げて前を追っているのだ。

 

武豊は「道中3回気難しい面を見せた」とコメントしている。素人の私にはどういうことかサッパリ分からんが、果たして「気難しい所を見せた」から手綱を動かしていたのだろうか?

 

なんか違うよな気がするぜ豊!

 

コパノリッキー(ルメール)、ゴールドドリーム(デムーロ)が前にいたことで、このままだと前残りになってしまう!と思ったとか?(二人のペース感覚を信じた?)

 

アウォーディーはかなり長く脚を使える馬であるからして(前走も外々をマクッて圧勝)、多少道中で脚を使っても大丈夫と見たとか?

 

本当の理由はなんだったのか?

 

ラップタイムを見れば・・・違和感アリアリである。

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0

 

ダート戦で800~1000m、1000~1200mのラップが11.8である。

ちょうどアウォーディーが動いていった時と重なっている。

 

そう。実はこの時、

先頭のモンドクラッセは・・・

コパノリッキーのプレッシャーに負けたのか、

ペースを鬼のように上げて玉砕逃げを敢行していたのである!

 

どの競馬メディアを見ても、関係者のコメントを見ても

 

「ペースが速かった」

 

とだけ言っているが、実際はちょっと違う。

800~1200mの2Fだけ鬼のように速かったのである。

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0

 

今回サウンドトゥルーの上がり3Fは35.8。最後はめちゃくちゃキレたが、

それでも推定は11.8-11.8-12.2くらいだろう。

この2Fのラップはそれと同じくらい速かったのである。

 

つまり、武豊以下多くのジョッキーが、

「あれ?なんか自分の馬がついて行けてない?置いてかれてる?」

勘違いをしてしまったのではないか?

 

モンドクラッセのペースならスロー・・・私もそう思っていたが、

各ジョッキーもそう想定したいたとしても不思議なし。

 

この仮説が正しければ、

色んなことが納得行くわな。

 

結果・・・釣られた前の馬は、

アスカノロマン以外全滅することになるのだが・・・

 

最後方にいた・・・

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016_%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%81%af%e5%8b%95%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%81%84

 

サウンドトゥルー大野とカフジテイク津村は動かない。

 

勝負どころを迎えてペースが落ち、

 

逆に追走が楽になったアウォーディーは外に出して上がっていく。

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016_4%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc

 

あれだけ道中に脚を使ったのに・・・

 

手応えはまだまだ残っている!

 

残り200mで先頭を射程圏内に入れ、

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016_%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e6%ae%8b%e3%82%8a200

 

粘るアスカノロマンを捉え、

 

残り100では勝ったかに思えたが、

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016_%e7%9b%b4%e7%b7%9a%e6%ae%8b%e3%82%8a100

 

最後方からぶっ飛んできたのがサウンドトゥルー!

 

並ぶ間もなくアウォーディーを交わしてゴール!

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016_%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab

 

いや~しかし気持ちのいい追い込みだったわ!

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%ab%e3%83%bc4

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%ab%e3%83%bc5

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%ab%e3%83%bc2

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%ab%e3%83%bc3

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac%e5%ba%83%e5%a0%b1%e5%a4%a7%e4%bd%bf%e4%bd%90%e3%80%85%e6%9c%a8%e5%b8%8c2

はわわわわ。佐々木希ちゃんがプレゼンターだったのね。・・・大野騎手も思わずモッコリ♪・・・じゃなかったニッコリ♪

 

タイムは1:50.1。

サウンドトゥルーの上がりは35.8。

レースの上がりが37.7であるからめちゃくちゃタフなレースだったわけだ。

 

しかし、サウンドトゥルー大野は肝が座っているわ。最後方待機で道中ペースが上がっても慌てず騒がずジッと我慢。3~4コーナーもインを回し、直線に向いてからじわじわと外へ。そこから伸びは凄まじく、並ぶ間もなくアウォーディーを交わし去った。展開が向いたのは事実だが、それを味方に付けた鞍上大野の好騎乗。今後は暮れの東京大賞典に向かうようだが、アウォーディーとの再戦が楽しみであるな。

 

アウォーディーの敗因・・・・「抜け出して気を抜く癖があることは知っていましたが、想定以上のブレーキでした。」という武豊のコメントが多くのメディアで取り上げられているが、全然違うと思う。だって、何回映像を見ても、「抜け出して気を抜いている」「ブレーキ掛かってる」ようには見えないもんよ。抜け出す前からサウンドトゥルーとの脚色の差は明白だったと思うが、みんなはどう思う?

 

今回のアウォーディーの敗因は、向こう正面で脚を使ってしまったからだと思う。もちろん、そんなもんは結果論であるし、まさか11.8-11.8のペースになってるとは思わんだろうし、サウンドトゥルーが鬼脚でぶっ飛んで来なければナイス騎乗と讃えられていただろう。激的にペースアップした向こう正面で惑わされずに脚を溜めていたら・・・直線はもっと鋭かったんじゃないかなー。それでも着順が変わったかどうかは分からんけどな。ま、逆に言えば、こういう流れでも僅差の2着に来るあたり、この馬の能力は抜けているんだと思う。

 

ビックリしたのがアスカノロマンである。前走の止まり方も酷かった上に、調教はイマイチだったので一変はないだろうと思っていたが・・・まさに一変。この流れで3着に粘り切るのは並大抵ではない。実際上位に来たのは中団から後ろの馬ばかりである。しかも、この馬1コーナーでは掛かり気味であったけんな~。和田のコメントにもあったが、とにかく調子が良かったのだろう。次は人気になるだろうな~。

 

4着に3歳のカフジテイク。無欲の追い込みがハマったかに見えるが・・・実は3歳のダート一番手はこの馬かもしれんぞ?それくらい最後の脚は際立っていた。この馬も次は人気になるわ~。

 

5着アポロケンタッキーもアウォーディーとともに道中脚を使ってしまった組である。追走で相当脚を使わされたがそれでも最後に猛然と伸びてきた。まだ4歳だし次が楽しみであるな。

 

人気の一角に押されていたノンコノユメは6着。この馬から馬券を買っていた人も大勢いると思うが、こりゃ金玉取って失敗のパターンじゃね?道中からかなり手応えが悪く、ムーアは3コーナーからずっと追い通し。それでも6着に来たあたりは地力かもしれんが、この流れでこの位置取りなら・・・勝ち負けになっておかしくないところ。昨年のノンコノユメなら・・・と思ってしまう。ユメはタマとともに消えたか・・・

 

フェブラリーS覇者のモーニンは、大外枠からポジションを取りに行き、好位のポジションを取ったが・・・展開的にこれが致命傷であった。3コーナーで大きく後退し、そのままズブズブか・・・と思いきや直線はしっかりと伸びてきた。やっぱ実力あるな。

 

それから、

 

今回の激ペースを作った犯人・・・

 

%e7%8a%af%e4%ba%ba%e3%81%af%e3%81%8a%e5%89%8d%e3%81%a0%ef%bc%81

 

モンドクラッセをつついたコパノリッキー、それから掛かり気味に行って全体のラップを押し上げたゴールドドリームは人気を背負って撃沈。ほんと競馬は何が起きるか分からんわ。

 

それから、今回も惨敗したラニだが・・・実は最後の直線、アポロケンタッキーと何度もぶつかり、さらに外からきたカフジテイクに挟まれ、最後は満足に追えなかった。これが無ければ5着はあったかも・・・という内容だっただけに次も人気を落とすようなら狙って面白いと思う。距離はもうちょい欲しいところだけど。

 

今回、馬券は◎ロワジャルダンで大外れ(笑)。最後インを突いて伸びてきた時は変態仮面に変身して絶叫したが、最後の100mで伸びなかったな。ドモナラズ。

 

さて、

 

来週は阪神JFもあるが・・・・

 

香港祭りだぜ~!

 

今年は昨年以上に凄いメンバー!

 

私も今から無想転ケツモードに入る!

 

しゅわっち!

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac%e5%ba%83%e5%a0%b1%e5%a4%a7%e4%bd%bf%e4%bd%90%e3%80%85%e6%9c%a8%e5%b8%8c

 

【浅次郎のひとりごと】

振り子、映画になるんやな~。観に行こかな。

 

 

【チャピオンズC2016予想】中京ダート1800mで行われる中央ダート頂上決戦!1番人気はダート無敗のアウォーディー。ゴールドドリーム、ノンコノユメと続くが・・・管理人は当然大穴狙いで逝く!狙いは前残り!◎はロワジャルダン!相手にコパノリッキー!ヒモにはカフジテイク、モンドクラッセ、メイショウスミトモ、爆走期待にラニ!

 

※スマホからご覧になる場合、ブラウザによっては「次のページ」に行けない場合があるようだ(今のところLINEで開くとダメ)。その場合はsafariやchromeやfirefoxなどで開いて見ると大丈夫だと思う(右上のメニューに「safariで開く」「他のアプリで開く」等があると思う。URLをコピペしてもOK)。迷惑を掛けるが宜しく頼む。

 

昨日の金鯱賞・・・

調教チェックで唯一特A評価した◯ヤマカツエースが激走して1着。

逃げ脚に期待した◎スズカデヴィアスは出遅れてズブズブ。

 

ここの所ずっと・・・

浅次郎の◯(対抗)の激走率が高いような気がするのは

気のせいだろうか?

 

いや、

 

気のせいではない。

 

「浅次郎さんの◎は見てませんよ。◯は見てますけど」

 

なんだとチキショー!

 

%e5%83%95%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%a7%e3%81%af%e8%b2%a0%e3%81%91%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%84

 

(いや、◎がハズレた時点で負けてますから)

 

今日こそ大穴ぶち当てたる!

 

■チャンピオンズC2016日曜朝オッズ

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e6%97%a5%e6%9b%9c%e6%9c%9d%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba

netkeibaより抜粋

 

アウォーディーがダントツの人気に。

 

私も心の中ではこの馬を応援している。

 

そしてダート無敗のまま・・・

ドバイWC、ブリーダーズCに挑戦して欲しいと思っている。

 

しかし馬券は別だ。

 

浅次郎の馬券術は「常穴馬券術」。

 

軸馬は穴馬と決まっており、人気馬はヒモにしか出来ないルールだ。

(たまに例外あり。笑)

 

というわけで、

いつものごとくモッコリ夢馬券で逝く。

 

%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2

 

今までの予想はこちら

チャピオンズC2016データ分析

チャピオンズC2016調教チェック

 

■チャンピオンズC2016展開予想

逃げ候補は
モンドクラッセ
コパノリッキー

先行勢は
アスカノロマン
ロワジャルダン
ブライトアイディア
モーニン

中団には
アウォーディー
ブライトライン
ノンコノユメ
メイショウスミトモ
ゴールドドリーム
アポロケンタッキー

後方から
カフジテイク
ラニ
サウンドトゥルー

行くのはおそらくモンドクラッセだろう。コパノリッキーは行ける脚もあるが番手の競馬の方が得意。他に競り掛けそうな馬も居ないし、モンドクラッセの単騎逃げの確率が高い。・・・となれば、平均ペース・・・ややスロー気味か。スローのダートGⅠなんて考えたくもないが、そうなる可能性高いんじゃね?ホッコータルマエが居たらまた違った展開があったかもしれんが・・・。

 

で、メンバーを見渡すと・・・有力馬には中団から後方に集中。アウォーディーはもしかしたら前に行くかもしれんが、実質5~6頭立ての地方のレースとは違う。この枠だと外から被せて来る馬もいるわけで、スムーズに先手が取れるかどうかは分からん。内で包まれるようなら中団まで下げてしまう可能性もあると思うぞ。

 

1000m通過は61~62秒くらい。上がりは36~37秒・・・

 

を想定して予想したい。

 

netkeiba予想陣の印見ておくか。

 

■チャンピオンズC2016netkeiba予想陣印

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016netkeiba%e4%ba%88%e6%83%b3%e9%99%a3%e5%8d%b0

netkeibaより抜粋

 

意外と割れてんなあ。

 

丹下と田沼は安定の1番人気◎だけど(笑)。

 

ま、今回はアウォーディー以外ならどこから入っても良さそう。

 

アウォーディーから買うのであれば・・・

 

嫁の浮気と馬券種と点数には十分注意するように!

 

さて・・・

 

■チャンピオンズC2016予想

本当は・・・タガノトネールに◎を打つつもりだったのである。しかし、出馬表の中にこの馬の名前はない。。。(涙)。狙いはスローの前残り!それから捲りが打てる鬼脚系!ノンコノユメ、ゴールドドリーム、モーニンが来たらゴメンナサイやで!

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e4%ba%88%e6%83%b3%e5%8d%b0

 

ロワジャルダン(9番人気)

本命はラニにするかモンドクラッセにするかロワジャルダンにするかで迷ったが(ラニは意外と人気になったな)、最も展開が向きそうなこの馬を軸にする。去年の当レース4着で実績は十分。近走で結果が出てないのは斤量の影響が大きい。前付け出来て尚且ついい脚が使えるのがこの馬のチャームポイントであるが、勝ち切れないのも確か。その点、今回は展開が味方するんじゃないかと思っている。調教もいいし、中京ダート適性も十分!再び横典のモッコリに期待するぜ!

 

◯コパノリッキー(3番人気)

前狙いならやっぱこの馬だよなあ・・・。

 

△モンドクラッセ(12番人気)

△メイショウスミトモ(13番人気)

△カフジテイク(11番人気)

△アウォーディー(1番人気)

☆ラニ(8番人気)

 

単勝 ◎ @300円

馬連 ◎流し @100円

三連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!ロワジャルダン!

 

%e3%83%ad%e3%83%af%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%80%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f1

 

【浅次郎のひとりごと】

「日本経済新聞」29日付に掲載されたベッキーの見開き広告

あら、ベッキー!ショートいいじゃん!恋は盲目って言うし、誰だって間違いはあるし、馬券は当たらないし(馬券はかんけーねーわ!)、そろそろ戻ってきてもいいんじゃないの?

 

 

 

【チャンピオンズC2016調教チェック】中京ダート1800mで行われうダート頂上決戦。調教抜群のメイチ馬はどの馬?逆にイマイチ馬は?浅次郎の特A馬はラニ、モーニン、ゴールドドリーム、他によく見えたのはカフジテイクとロワジャルダン。アウォーディー、ノンコノユメ、コパノリッキーの状態は?調教から見る穴馬、大穴候補は?

 

タガノトネールの予後不良、

ホッコータルマエの離脱(引退)で、

哀しみと寂しさが混じったチャンピオンズCになったが、

 

食欲と性欲と馬券はまた別の話である。

 

さて、調教チェックいくぜー。

 

■チャンピオンズC2016枠順

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e4%ba%88%e6%83%b3%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba2

netkeibaより抜粋

 

アウォーディーは内枠引いたか。前からも後ろからも競馬が出来る馬だが・・・この枠だと「ごちゃついて抜け出せない!」ってことになりかねんし・・・もしかしたら前に行くかもしれんな。

 

ノンコノユメ、ゴールドドリームは問題ないだろうけど、モーニンはよりによって大外か・・・コパノリッキーもここからハナに立つのは骨が折れそう。2~3番手かな。

 

チャンピオンズC枠順コメント

 

カフジテイク最内枠・・・タガノトネールに変わる穴馬として狙ってるんだけど・・・

 

調教見てみよう。

 

■チャンピオンズC2016調教チェック

毎度であるが、管理人は競馬関係者でも調教GメンでもAV男優スタリオンでもない。ただの馬券オヤジである。以下、管理人独自の毒断と変見と邪眼によって採点したものである。あしからず。尚、調教映像はJRAのホームページよりチェック出来るぞ(金曜のお昼くらいに更新)。

【調教が良く見える馬、メイチ仕上げの馬】

カフジテイク
栗東坂路重【51.9-38.2-25.0-12.7】G強 助手
んんん?この馬、前走も前々走も一杯に追って54.0。調教で走るタイプじゃないんだが・・・軽快なフットワークで51.9。これはいいなあ。ただ、出来れば外枠が良かった。

ロワジャルダン
南D【65.7-51.9-39.0-12.9】馬なり 横典
最終は軽めだが、軽快なフットワークで調子良さそう。一週前に【63.6-48.5-35.3-12.0】と実戦並の鬼時計を計時。仕上がっていると思うけど・・・いつもは南Wなんでちょっと比較が難しいな~。

ラニ 特A評価
栗東E稍重【87.5-59.2-47.3-35.6-12.2】一杯 内田
Eコース(ダート)で調教する馬は珍しいんだが・・・この馬、近くに馬がいると襲いかかる猛獣タイプらしい(だから馬が少ないEコース)。2週連続での猛時計。猛時計っつか5Fが59.2ってマジですか?特A猛獣評価。今回ブリンカー付けるみたいね。→性格は正反対―知れば知るほど面白い兄弟。松永幹夫師が語るアウォーディー&ラニ

ゴールドドリーム 特A評価
栗東坂路重【50.8-36.7-23.7-12.1】一杯 藤懸
でーーーー!マジかこれ?4F50秒台もスゴイが、終い2Fはビッシリ11.6-12.1である。あっという間にぶち抜いたのは併せ馬のパートナーじゃないよね(笑)。元々調教で走る馬ではあるがそれにしてもハンパねー動き!文句なし特A評価!

モーニン 特A評価
栗東坂路重【51.1-37.0-24.0-12.0】G一杯 助手
真っ直ぐ坂路を駆け上がってスピード感満点。この馬も超調教駆けする馬であるが・・・それにしても素晴らしい内容。完璧メイチ仕上げである。ただ、大外枠がどうかな~。

 

【調教が良く見えない馬、イマイチ仕上げの馬】

アスカノロマン
CW重【83.0-67.3-53.7-40.4-13.3】馬なり 助手
調教がヌルくても結果を出す厄介なタイプであるが、それにしてもヌルい。マジメにやればCWで38秒台が出る馬である。前走大敗からの一変を期待していたんだが・・・

ノンコノユメ
南W重【69.9-54.7-40.1-13.3】強め ムーア
ご存知の通り、調教助手の体重はジョッキーより重い(ことが多い)。また騎乗技術にしてもトップジョッキーとは比べるまでもないわな(一部除く)。要はムーアの如き世界のトップジョッキーが乗ったら反応が良くなるはずなのに、強めに追って40.1・・・併走相手はむしろ押さえているように見えた。・・・いや、もともと調教で走る馬ではないから気にする必要はないのかもしれん・・・。しかし、私の好みではない。イマイチ。だからと言って走らないわけじゃないけどな。→去勢で別馬!?ノンコノユメ“静”の最終追い

アポロケンタッキー
栗東坂路重【53.6-38.4-25.1-12.6】一杯 松若
勘違いして欲しくないんだが、決して悪くはない。しかし併せた相手に手応えが劣っていたように見えた・・・それから前走(みやこS1着)時は一杯に追って【51.0-37.6-24.8-12.7】である。この秋すでに3戦。しかも中2週、中1週である。怖い一頭であるが、調子的には前走がピークだったのかもしれん。

 

ここに挙げなかった有力馬にもコメントしておこう。アウォーディーはとてもリズミカルなフットワークで調子良さそうに見えた。ただ、頭が高いのと併走相手にクビ差遅れたのが気になる。ここ2戦は地方なので比較が難しいんだよなあ~。コパノリッキーはアウォーディー以上に良く見えたが、これも前走との比較が難しい。サウンドトゥルーもいいと思うぞ。

 

特A評価(特浅次郎評価)はラニゴールドドリームモーニン。いずれも時計が良すぎて反動が気になるほどである。しかし、ラニの前評価がかなり低いが、アメリカで走ったレース・・・ベルモントSもう一回見てみよう。後ろから上がっていく芦毛の馬に要注目。

ご覧の通り、ちょっと常識はずれのレースをしており、底が見えない。1800はこの馬にとって短いだろうし、気性的にもかなり問題があるようだが、ポテンシャル的には兄アウォーディーより上ではないかと見ている。

 

あと、人気薄ではカフジテイクロワジャルダンが良く見えたな。特にカフジテイクは武蔵野Sで上がり34.2という・・・そりゃ芝だろ!という鬼脚を使って追い込んでいる。ただ、最内枠がなあ・・・外を回したいがそれだと届かんだろう。一か八かのイン突きを狙って欲しいな。

 

調教後の馬体重見ておくか。

 

■チャンピオンズC2016調教後の馬体重

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e8%aa%bf%e6%95%99%e5%be%8c%e3%81%ae%e9%a6%ac%e4%bd%93%e9%87%8d

JRAより抜粋

栗東で気になるのは・・・メイショウスミトモの+20kg、コパノリッキーの+15kg、ブライトアイディアの+14kg、アポロケンタッキーの+10kgか。この辺は前走よりも増えそうやな。

美浦で気になるのは・・・モンドクラッセの-2kgくらいか。ノンコノユメは+16kgだが、前走が-15kgだったし輸送もあるけんちょうどいいのかも。

 

調教抜群だった、ラニ、ゴールドドリーム、モーニンはいずれも+8kg前後。ビシバシ追ってのプラス体重は好感ですな。

 

さて、

 

いつも通り、大穴狙いのケツ馬券で逝く!

 

%e3%83%8f%e3%83%8a%e3%81%a8%e3%82%b1%e3%83%84%e3%81%ae%e7%a9%b4%e3%81%ae%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%95

 

結論は日曜日!

 

%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%b8%e3%83%86%e3%82%a4%e3%82%af%e7%94%bb%e5%83%8f1

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

モーリスなど、堀厩舎・香港遠征馬情報/美浦トレセンニュース

香港決戦は12月11日!各馬、順調そうで何よりである。

 

ブックメーカーからオッズも出てるぞ!

 

■香港カップ2016オッズ(芝2000m)

%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%972016%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba

 

■香港マイル2016オッズ(芝1600m)

%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab2016%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba

 

■香港スプリント2016オッズ(芝1200m)

%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%882016%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba

 

■香港ヴァーズ2016オッズ(芝2400m)

%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%ba2016%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba

ウィリアムヒルより抜粋

 

各レースに日本馬が大挙出走!

 

香港カップはなんと日本馬が上位人気を独占!香港マイルはサトノアラジン、ネオリアリズムが人気になってるし、香港スプリントはビッグアーサー、レッドファルクスが上位人気。香港ヴァーズはハイランドリールの一本カブリも米GⅢを勝ったヌーヴォレコルトが参戦!

 

香港は同日GⅠの為、4レースのWIN4馬券も購入可能!

(WIN2、WIN3でもOK。4つの内、最低でも2勝はすると思うけどなー!)

 

モーリス・・・ネオリアリズム・・・レッドファルクス・・・ヌーヴォレコルト

 

なんて組み合わせでも1012倍になるぞ!これなら1ドル2ドルでも十分楽しめるな!ま、全レース日本馬が制覇なんてのはちょっと小堺一機かもしれんけど(笑)。

 

私も馬券は来週購入する予定だ!

(記事にするので楽しみにしててくれ!)

 

ブックメーカーのアカウント持ってない人は、

今のうちに作っておこう!

JRAでも馬券は買えるけど、日本馬のオッズは間違いなくヒドイことになる。

 

競馬ファンならアカウントを一つ持っておけ!

海外競馬サイドバナー

 

 

 

【チャンピオンズC2016データ分析】中京芝1800mで行われるダート王決定戦チャンピオンズC。今年はダート6戦無敗のアウォーディーが主役。データ分析によると、枠は有利不利無し。脚質は先行差し互角。前有利な印象だが、追い込みマクリも結構来る。穴馬候補はタガノトネール、ラニ、アスカノロマン、ロワジャルダン、モンドクラッセ。

 

アウォーディーの戦績を見るにつけ、

 

「もっと早くダートに使わなかったの、なんでだろう~♪」

 

%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%a0%e3%82%8d%e3%81%86%ef%bc%9f2

 

と踊りたくなってしまう(笑)。

 

母は天皇賞秋を勝った名牝ヘヴンリーロマンスであるが、

兄弟は皆ダート巧者。

弟にラニ、妹にアムールブリエ。兄達も皆ダート系なのである。

 

ちなみにこのアウォーディー、ジャングルポケット産駒であるが、逆輸入馬であるために・・・外国産馬。母がこの子を受胎したままアメリカに渡ったからだ。で、その後にアメリカ最強サイアーのタピットを付けてラニが生まれたわけ(陣営はダート系のアメリカ種牡馬を付けたかったんだろう)。

 

しかしこの馬、最初からダートで走っていれば・・・

いや、せめて1年早くダートに転向していれば・・・

もしかしたら天下無双のダート王になっていたかもしれん。

 

%e5%bc%b5%e9%a3%9b

 

・・・と、

 

多くの競馬ファンが思うはず!

 

(私もそう思う!)

 

だけんどもしかし!

 

競馬は走ってみなけりゃ分からんぜ~。

 

■チャンピオンズC2016予想オッズ

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e4%ba%88%e6%83%b3%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba

netkeibaより抜粋

 

うーむ。

 

私が夢精したオッズよりはるかにアウォーディーの人気が抜けそう。

浅次郎の予想オッズはこちら

 

それから未対戦ゆえの期待感か・・・ゴールドドリームも人気になりそうやな。タマを取ったノンコノユメはムーア騎乗か・・・ふむ、これは想定より人気になりそう。モーニンは人気落とすかと思ってるが、意外と人気になりそうやな。ホッコータルマエ、コパノリッキーはさすがにもっと人気になると思うけどな。

 

さて、データ洗っとくか。

 

JRAのデータ分析はこちら

 

毎度であるが、浅次郎が重視するデータは「枠順データ」「脚質データ」のみである(ハンデ戦の時はハンデも)。年齢とか前走着順とか人気とか・・・は一切気にしない。そんなもんを気にしていたら・・・多くのデータ派と同じになってしまい、穴馬が拾えなくなるからだ。

 

他人と同じ道を歩いても成功することがないように、

他人と同じ馬券を買っても大穴馬券は取れないのだ!

 

「浅次郎さん、

いつもそんなことばっかり言ってるから全然当たらんのでは?」

 

だ、

 

だ、

 

だ、

 

だまらっしゃい!

 

%e3%81%a0%e3%81%be%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%84

 

ただ、信じたケツの道を逝くのみ。

 

いつか取ったる100万馬券!

 

あ、そうそう。

 

年末ジャンボ宝くじね。

買う人多いと思うけど、その前にちょっとこの記事を読んで欲しい。

宝くじ買うくらいなら・・・

自分の意思で馬券買った方が2000万倍いいと思う。

 

※以下のデータ・・・チャンピオンズCは中京ダート1800になってから僅かに2年(2008年~2013年は阪神ダート1800m。2007年以前は東京ダート2100m)。今回のデータは参考程度に。

 

■チャンピオンズC過去10年馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2015年 4→12(16頭立て)
2014年 8→4→12(16頭立て)
2013年 1286(16頭立て)
2012年 14129(16頭立て)
2011年 1696(16頭立て)
2010年 3→1412(16頭立て)
2009年 1129(16頭立て)
2008年 1056(15頭立て)
2007年 7111(16頭立て)
2006年 4715(15頭立て)

白4、黒3、赤4、青4、黄3、緑7、橙2、桃2

中枠外目の緑帽が強い他、目立った傾向はない。ま、施行条件が違うので何とも言えんが、外枠だから不利という感じはなさそうだ。

 

■チャンピオンズC過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2015年 6→15→16
2014年 2→4→2
2013年 6マクリ→10→2
2012年 3→5→2
2011年 1→13→2
2010年 1→86
2009年 1→1113
2008年 5→7マクリ→5マクリ
2007年 7マクリ→7マクリ10マクリ
2006年 7→4→11

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~29.9倍、ピンク:30倍以上

ダートの頂上決戦であるからして、なんとなく強い馬が順当に来るイメージがあるかもしれんが・・・ご覧の通り、順当決着は一度もなし。必ず単勝10倍以上の伏兵が馬券に絡んでおり、時には大穴も突っ込んでくるレースである。と言っても・・・1着はかなり堅い傾向。昨年のサンビスタ(12番人気)1着は例外であるな。2~3着のヒモ荒れ狙いがもっとも効率いいかもしれん。

脚質を見ると、4角1~5番手が13/30。6~10番手が10/30。11番手~が6/30。しかし、マクリ馬のことを考慮すると後ろからでも十分勝負になる感じである。強い逃げ馬がいた年は「逃げ→差し」であるが・・・穴を狙うなら「差し→差し」「先行→先行」といった感じで極端な馬券を組み立てた方がいいのかもしれんな。

 

ケツデータ論。

・枠順はあまり気にしない。

・前後互角。前が強いが、結構差しも決まる。

・ヒモ荒れレース

 

※ただし、これはチャンピオンズC(旧ジャパンカップダート)のデータであり、中京1800ダートのコースデータではない。

 

さて、

 

アウォーディーは買いか?切りか?

 

という話をしようかと思うのだが、JBCクラシックを改めて観てみると・・・

 

 

「とりあえず一番オッ◯イの大きい子でいいんじゃね?」

 

じゃなかった(笑)、

 

「とりあえずアウォーディー買っとけばいいんじゃね?」

 

と思ってしまうな(笑)。終始外々を回っての横綱競馬。負かしたのはホッコータルマエ、コパノリッキー、ノンコノユメら錚々たるメンバーである。中団からの競馬も出来るし、前付けも出来る。ペースが遅いようならマクッて行くことも出来る。ちょっと弱点が見当たらない。

 

この馬を負かすなら・・・

 

はるか前で競馬が出来る逃げ馬か?この馬以上の末脚を発揮出来る追い込み馬か?人気馬ではサウンドトゥルーとノンコノユメが怖い。

 

馬券的には、

 

アウォーディーとの馬連一点とか、

アウォーディーの2着・3着固定とか、

アウォーディー外しのワイドとか、

アウォーディー軸の三連絞り馬券とか・・・

 

よくよく考えて買う必要があるぞ!

 

一番やっちゃいかんのはアウォーディー軸の多点数バラ買い。

これは当たってもトリガミの歌を歌う羽目になるけんな。

アウォーディーから買う場合は必ず相手と馬券の点数を絞ろう。

 

管理人は、もちろん・・・

アウォーディーぶっ飛び馬券で逝く。

 

ヒモの末席には入れるかもしれんが・・・

狙いはアウォーディーが飛んだ場合のモッコリ馬券だ!

 

穴馬候補を挙げておく。まずタガノトネール。前走武蔵野Sは驚くほど強い競馬でレコード勝ち。タイムは驚きの1:33.8。

 

 

しかし・・・距離不安があるけんあまり人気にならないだろう。今回は強力な先行馬が沢山いるし・・・脚質的にも厳しいと言わざるを得ない。それでも、前走と同じ競馬が出来れば十分戦えると思う。仮に武蔵野Sにアウォーディーがいたとしても・・・タガノトネールを捉えるのは至難の業だったのではなかろうか?問題は距離だが・・・ポッチャリを取るかスレンダーを取るかという問題であり、私は少々ポッチャリの方が好みである(何の話だ!)。

 

それから、帰国後、謎のマスクマン的な使い方をされてるラニ。前走みやこSの敗戦で劇的に人気を落とすと思うが、アメリカ三冠で9着→5着→3着だった馬である。確かに日本とアメリカは砂質からして違うし、1800はこの馬にとって短いと思うが、かなりペースが速くなりそうな今回こういうレースこそ狙い目だと思う。おそらく完成はまだ先であるが、素質は兄アウォーディーを凌ぐ。兄弟丼あるかもよ?

 

他、モンドクラッセ、ロワジャルダン、アスカノロマン、カフジテイクあたりも面白いと思う。

 

さて、

 

遅れてきた大物による世代交代か?

古豪の意地か?

それとも新世代の台頭か?

 

浅次郎のチ◯コ占いによると、

 

%e3%83%a2%e3%83%83%e3%82%b3%e3%83%aa%e5%8d%a0%e3%81%84

 

さわっ・・・

 

さわっ・・・・・・

 

さわさわっ・・・・・・・・

 

うむ。

 

モッコリ成就の可能性は低い(涙)。

 

それでも敢えてモッコリ夢馬券で逝く!

 

追い切り楽しみ。

 

%e3%83%a9%e3%83%8b%e7%94%bb%e5%83%8f3

 

【浅次郎のひとりごと】

浅次郎のどんぶりPOG2017途中結果発表!

%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e3%81%ae%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%b6%e3%82%8apog20161127

浅次郎のどんぶりPOG2017

 

1位はSMスナイパー氏。地方馬のトラストを敢然と指名してメンバー唯一の重賞ゲット。またマツリダゴッホ産駒のディヴァインコードなど変態チックな指名でのトップ。スゴイ。

 

以下、くろさわわ氏、タマモキクチプレイ氏、asajiro、浅い鍋氏・・・と続くが、上位はヴァナヘイム、フローレスマジックの指名によるポイントが大きいだけで、まだまだPOGはこれからである。打倒SMスナイパー!頑張れボムクレイジ!

 

 

 

【チャンピオンズC2016予想オッズ】中京ダート1800mで行われるダート王決定戦チャンピオンズカップ。大混戦となりそうな今年は6連勝中のアウォーディーが1番人気か?以下、両巨頭のホッコータルマエ、コパノリッキー。昨年の2着馬ノンコノユメ、フェブラリーS勝ちのモーニン。さらに米三冠から帰還したラニ!穴馬、大穴候補は?

 

予想オッズの前に・・・

 

確か去年も書いたのだが、

チャンピオンズCについてJRAに提言したい。

 

まずネーミングがダサい(笑)。チャピオンズCってなんだよ?直訳すると「王者達の杯」?ジャパンカップは「日本杯」。うん、これは分かる。チャンピオンズってなに?地方のチャンピオンが集まるってこと?今年の出走馬を見て、一頭でも地方馬がいるか?

 

ダサいっつか意味が分からん。

 

もっとシンプルに「砂王杯」とか

「ジャパンダートカップ」とかでいいんじゃね?

ひと目でダート王決定戦って分かるだろ!

 

で、思い切ってJOJOの荒木飛呂彦先生にイメージイラストをお願いするのだ!

 

こんな感じで!

 

%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2

 

どう?

 

こんなポスターが電車に貼ってあったら・・・結構目が行くんじゃね?

 

それから距離。なぜJRAは1800にこだわるのだろうか?世界的なダートの大レースは基本2000mである。ドバイWC然り、ケンタッキーダービー然り、ブリーダーズC然り。であれば、このレースも2000mにするべきである。

 

中京にこだわるのであれば、せめて1900mにするべきだし、ジャパンカップと同日開催で東京2100mにしてもいいと思う(JRAのコースで2000mダートがあるのは阪神だけ)。

 

逆に、チャンピオンズCをダートのマイル戦にして、フェブラリーSを東京2100にしてもいいと思うけどな。なんせその後にはドバイWCがあるんだから・・・

 

みんなはどう思う?

 

さて、

 

チャンピオンズCを見ていこう。

 

■チャンピオンズC2016予想オッズ

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac2016%e4%ba%88%e6%83%b3%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba

netkeibaより抜粋

 

冒頭で好き放題文句を言ったが(笑)、

1800mだと「マイラー系」と「中距離系」が両方集まってくるわけで、

それはそれで面白いな。

 

それからJRAのダートは、

コース設定上「1700~1900」ってレースが多い。

(実はダート1600ってコースも東京にしかないのだ)

 

そういう意味では1800でダート王を決めるってのはいいのかもしれん。

 

こちら、浅次郎の予想オッズ。

 

■チャンピオンズC2016予想オッズ

チャンピオンズC2016予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1番人気 アウォーディー 3.2倍
2番人気 ノンコノユメ 5.4倍
3番人気 ホッコータルマエ 5.8倍
4番人気 コパノリッキー 5.9倍
5番人気 アポロケンタッキー 10.1倍
6番人気 ゴールドドリーム 11.3倍
7番人気 サウンドトゥルー 14.6倍
8番人気 モーニン 16.9倍
9番人気 タガノトネール 24.0倍
10番人気 アスカノロマン 32.7倍
11番人気 ラニ 34.3倍
12番人気 ロワジャルダン 39.6倍
13番人気 モンドクラッセ 55.8倍
14番人気 カフジテイク 81.1倍
15番人気 ブライトライン 125.6倍
16番人気 メイショウスミトモ 130.3倍
17番人気 ブライトアイディア 200.4倍

※管理人浅次郎の独断と偏見による予想である。

 

 

1番人気は、ダート6戦無敗、6連勝でこの舞台に駆け上がったアウォーディーだろう。初GⅠとなったJBCクラシックではホッコータルマエ、コパノリッキー以下ダートのビッグネームを堂々撃破。一躍次期ダート王を担う存在にのし上がった。前にも行けるし、中団からの早目スパートも出来る万能型。それでいて6戦全て上がり最速。ついでだからJBCクラシック見ておくか。9番に注目。

 

 

ふぉぉぉぉ!これは砂のバケモノか?ずっと外々を回って4コーナーでホッコータルマエに並びかけ、そのまま押し切ってゴール。最後は余裕。これは強いわ。ちなみにこの馬の母は天皇賞秋を勝ったヘヴンリーロマンス。ラニは3つ下の弟である。

 

2番人気はおそらくノンコノユメ。昨年2着の舞台、距離短縮・・・なにより鞍上ムーアが強力で人気になると思う。あら?この馬いつのまにかタマ無しになっとるがな!ゆ、夢はどうした~。

 

3番人気にホッコータルマエか。説明不要のダートGⅠ10勝馬であるが、しかし息が長いな~。乗り替わりが激しい時代にあって、ずっと幸騎手ってのも好感だわ~。

 

4番人気にコパノリッキーか。これまた説明不要のダートGⅠ8勝馬であるが、チャンピオンズCは過去2回で12着、7着である。ちょっと相性悪そうであるな~。

 

5番人気は大器アポロケンタッキーか・・・もしくは3歳のゴールドドリームか?サウンドトゥルーあたりはホッコータルマエと同じくらいの力持ってると思うけど、勝ち切れない馬柱が災いして人気落としそう。モーニンはもしかしたらもっと人気になるかもしれんが・・・タガノトネールと同じく距離不安で人気落とすと思うな。ラニは、前走の大敗をどう見るか?この馬に1800は短いような気がするんだが・・・何と言ってもベルモントS3着馬だけんな!一発あって不思議なし。

 

穴馬候補を挙げておく。

 

まず武蔵野Sでも◎に抜擢したタガノトネール。おそらく1800mへの距離延長が嫌われて人気にはならんと思うが(ダート1800は走ったことすらない)、前走はとてつもなく強い競馬であった。1F伸びてどうか?は走ってみらんと分からんが・・・単騎で楽に行ければ、鞍上込みで面白いと思うぞ!あ、今週の田辺のコラム面白いぞ(→なぜ残る?田辺裕信の逃げの極意)。

田辺:逃げの極意ですか。なんですかねぇ。極端な話、ずーっと先頭の状態でいられたなら、ゴール板手前まで追わなくていいんじゃないかって思うし、スローで逃げられてても自分の馬が力んでいるんだったら、流して、早めに抜けてた方がいいのかなって思います。逃げてるからスローに落とさなきゃとか、後ろが迫ってるから追い出さなきゃとか、そういうのは考えてないですね。

ハナに立ったらすぐスローに落としたがる騎手が多いが・・・「スローの逃げがいつも有利」って訳じゃないのがよく分かる話である。

 

それからアスカノロマン。ここ3戦は不甲斐ない競馬が続いているが、持ってる力はGⅠ級だと思っている。事実、この春のアンタレスSではアウォーディーより1kg重い斤量を背負って1/2馬身差の2着。問題は今の状態面。調教は要チェックである。

 

爆穴にカフジテイク。前走の武蔵野Sでは最後方16番手から脅威の上がり34.2を駆使して3着まで追い込んできた。この時は重馬場で足抜きが良かったとはいえダートで34.2って・・・なんとなしに去年のノンコノユメを思い出してしまう。

 

ラニ、サウンドトゥルーもオッズ次第で面白いと思うぞ!

 

しかし今回のチャンピオンズSの鍵は・・・

アウォーディーを買うか?切るか?やな。

 

うーむ。今後のダート界はこの馬に牛耳られることになるような気が・・・

ま、大穴党の私が当てに行ってもしゃーないし、

買っても押さえまでかな。

 

結論は来週~

 

%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f1

 

【浅次郎のひとりごと】40代・・・50代・・・身体の疲れが気になるお年頃。

リアル仙豆サプリ「イミダペプチド」を試してみた感想!

毎日仕事がハードでチンチンヘロヘロな方!スポーツ時・SEX時に肉体の衰えを感じるお年頃の方!に、何度でもでおすすめしたいサプリメントがこちら。こんなの初めて・・・(笑)。