【日本ダービー2018予想オッズ・データ分析】東京芝2400mで行われる3歳頂上決戦日本ダービー(東京優駿)。皐月賞馬のエポカドーロ、休養明けのダノンプレミアム、毎日杯勝ちのブラストワンピースなどが激突!予想オッズは?データ分析では、1枠が神枠!差し・追い込み有利!騎手・種牡馬・罰体重・前走ローテは?穴馬候補はこの馬だ!

 

オークスの後はいよいよダービーですな。

 

今年のダービーの異様な点は、

一頓挫あって皐月賞をパスした・・・

ダノンプレミアムが1番人気

になりそうってこと。

 

現時点でのnetkeibaの予想オッズはこうだ!

 

■日本ダービー2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

皐月賞組の評価がおしなべて低く、

1着エポカドーロは5番人気、

2着のサンリヴァルなんぞは伏兵どころか大穴扱いの10番人気。

 

もちろん実際のオッズではまた変わってくるだろうけど、

(競馬メディアの報道、調教、枠順、天気などが大きく影響する)

 

この感じだとダノンプレミアムが1番人気になりそうだよね。

 

さて、このダノンプレミアム、

データから見るとどうなるのか・・・?

 

早速見てみよう。

 

■日本ダービー2018データ分析、人気別成績

ダービーは圧倒的に1番人気が強い。これは間違いない事実。実際複勝率は80%で回収率ベースで見ても文句なしの成績。ダービーを的中させるためには「1番人気から買う」のが正解だろう。しかしこの情報・・・ダービーウィークになれば全ての競馬メディアが大々的に報じる情報である。

 

そうするとどうなるか?

 

1番人気の馬にさらに人気が集まるんですな。中には「1番人気から買っとけば当たるんでしょ?」という素人ファンも数多く出現するだろう。実際当たる確率は高いわけだが、逆に言えば飛んだ時の配当が跳ね上がるってこと。1番人気が強いと言っても、過去10年で2回馬券圏外に飛んでいるし、連対ベースで言えば5回飛んでいるのだ。モッコリ穴党であれば20%や50%の確率に賭けるのも全然アリだと思う。

 

ただ、このレースで超大穴狙いは避けたほうがいい。塗るとしても3着の列か。

 

■日本ダービー2018データ分析、馬体重別成績

439kg以下は全滅。馬格が大きくなるに従って信頼度が上がる感じで、500kg~519kgの馬は複勝率33%と激熱である。

 

■日本ダービー2018データ分析、枠番別成績

ダービーにおいての神枠は「1枠」である。もう、1枠買っとけば当たるんじゃね?というレベルの成績で、馬券率はもちろん回収率も文句なし。ただし・・・この情報もかなり競馬メディアで報道されるため、かなりの「過剰人気枠」となる。それは過去10年の数字でも明らかで、平均人気・平均オッズ共に異常な数値である。それでも1枠が来ちゃうから質が悪いんだが・・・

 

データ重視の当欄が押すのは2枠。そもそも、東京2400は基本的に内枠が有利なコースでね。データ上も1~2枠が相当優勢なわけだが(モッコリ倶楽部ではコースデータも公開しているぞ)、ダービーに限っては「1枠」が神枠になってるせいで、2枠が盲点となっているのである。実際、平均人気11.5→平均着順7.9と相当美味しい枠。是非穴馬に入って頂きたい枠である。

 

というわけで、私は1枠より2枠に注目している。どうせ1枠は人気になっちゃうからね。そして、人気馬が大外枠に入ることを祈っている(笑)。

 

おりゃ!おりゃ!外枠に入れ!

 

■日本ダービー2018データ分析、騎手成績

最高峰のGⅠだけに、勝つ騎手ってのは大体決まっていて。過去に優勝経験のある騎手はやっぱり有力である。勝つか惨敗かの横典ルメールミルコはやっぱり勝負強えなあ。あと武豊岩田も要注意。四位池添内田川田もあるね。後は蛯名福永までか。戸崎はダービーってイメージじゃないがさて・・・。

 

ルメール、ミルコも大外枠でおなしゃっす!

 

おりゃ!おりゃ!デムとルメのチンコに呪いアタック!

 

■日本ダービー2018データ分析、種牡馬成績

ダービーを勝てる血統なんてのも大体決まってて。ディープインパクトキングカメハメハハーツクライステイゴールド・・・そのままリーディング上位の種牡馬ばっかりである。今年は、これに加えてハービンジャーオルフェーヴル。あるいはキングカメハメハに代わってルーラーシップロードカナロアが絡めるかどうか。

 

■日本ダービー2018データ分析、間隔別成績

休み明けは全滅!というか2ヶ月以上の休み明けで出走した馬が過去1頭しかおらず・・・中11週となるダノンプレミアムにとっては不吉極まりないデータである。3週(中2週)は京都新聞杯orNHKマイルC、4週(中3週)は青葉賞。間隔が詰まってるケースはこの2つだけ。

 

■日本ダービー2018データ分析、前走成績

注目前走は、皐月賞(19頭)、青葉賞(5頭)、京都新聞杯(3頭)、NHKマイルC(2頭)・・・推せるのはこの4ローテのみ!この中でも当然、皐月賞が圧倒的である。皐月賞以外は1着条件と言ってよく、皐月賞のみ着順不問。皐月賞1~2着馬の成績は案外ですな。

人気の一角になりそうなブラストワンピースは毎日杯からの臨戦で、ローテから言うと相当なマイナス要因。プリンシパルS組は2009年のアントニオバローズの3着だけだし切りでOKだろう。穴は皐月賞惨敗組!

 

■日本ダービー2018データ分析、脚質別成績

差し、追い込みが優勢。ただし先行馬も結構残るので注意が必要。上がり1~2位の馬はめちゃくちゃ強い。

 

■日本ダービー2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→差し」「追い込み→差し」。去年のレイデオロは先行馬扱いになっているが、道中大きくポジションを上げてのもので例外扱いだろう。たまにイスラボニータ、ディープブリランテ、ロジユニヴァース、スマイルジャックのような先行馬が馬券になるが、基本は差し・追い込み系だ。

 

上がり「33秒台」の瞬発力は必須。瞬発力さえあれば後方からでも届くんでね。とにかく速い上がりを使える馬、東京コースの適正がある馬に注意。

 

このデータからすると、皐月賞を2番手から勝ったエポカドーロ、先行して2着のサンリヴァルはちょっと不利かな。あ、でもダノンプレミアムも先行馬だし、ブラストワンピースも前走2番手から押し切ってるんだよね。

 

脚質から言えば、皐月賞上がり上位のステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルはかなり有力だね。

 

穴馬の脚質は差し!

ただし、大穴を狙うならアポロソニック、スマイルジャック型の先行馬!

 

■日本ダービー2018データ分析、厩舎・生産者・血統

20/30で関西馬優勢。ダービーを勝つ厩舎ってのも大体決まってるんだが、ダービーを勝つ生産者はノーザンFか社台Fかノールヒルズ。特にココ3年はノーザンFが上位を独占しており・・・やはりノーザンFを最も警戒すべきである。ま、逆に言うと、非ノーザンFってだけで人気落ちになって美味しくなるんだけどね。血統に関しては・・・毎年母父に英字が入ってる馬が馬券になってますな。ダノンプレミアム怖いね。

 

ここはノーザンFも呪っておく!

 

強すぎだ勝己!おりゃ!おりゃ!

 

ケツデータ論。

・神枠は1枠。狙いは2枠。

・皐月賞惨敗組!

・差し馬強し、ただ大穴は先行馬!

 

枠順が出ないと何とも言えん部分はあるが、

現時点での穴馬候補を挙げておこう。

 

まず皐月賞惨敗組からグレイル。ハーツクライ×岩田×ノーザンF×皐月賞上がり最速で資格は十分!おそらく、ステルヴィオ・キタノコマンドールは鞍上込みで人気になると思うが、この馬は人気にならんだろう。着差はわずかなのにね。

 

次に、皐月賞8着のジャンダルム。この馬も人気急落しそうだが、武豊×ノースヒルズ×池江厩舎で非常に怖い一頭。確かに母ビリーヴで距離に不安はあるが、父系はスタミナたっぷりなサドラーズウェルズ系だからね。2400持っちゃうかもしんないよ?

 

それから青葉賞1着のゴーフォザサミット。ハーツクライ×蛯名×藤沢厩舎。兄にショウナンマイティがいる血統で、青葉賞は相当強かったと思うけどね。タイムを見ても歴代のダービーと遜色ないし。映像見ておくか。9番に注目。

2枠引いて内々で脚を溜められたら激熱チンコ。

 

そして・・・京都新聞杯勝ち馬のステイフーリッシュ。前走、調教が悪く見えてね。最初はこの馬から逝くつもりだったのに、ぶった斬ったしまったのを今でも反省して亀頭を縛っているのであるが、裏を返せばダービーに向けて余裕残しで京都新聞杯を圧勝した!とも取れるのであり、幸いにも人気になりそうにないんで縛った亀頭からカウパー滲み中である。レース見ておこう。13番に注目。

タイムは2:11.0。歴代2位タイの時計。レースレベルに疑問を感じてる人も多いと思うが、1000m58.5のハイペースを番手からの押し切り。確かにヨーイドンのダービーとは逆ベクトルだが・・・かなり強い競馬だったと思う。ステイゴールドのラストクロップ。

 

後はやっぱり皐月賞の上位組。エポカドーロサンリヴァルジェネラーレウーノ辺りも今回謎の人気薄になりそうだけんな。積極的に狙っていきたい。

 

ダノンプレミアムが強いのは百も承知。

 

だけんどもしかし!

 

 

休み明けで勝てるほど・・・

ダービーは甘くない!(希望込み)

 

というわけで、

 

ダノンプレミアムは、

来たらカーチャンゴメンのぶった斬りで逝く。

 

バカと思われるかもしれんが、

 

それで全然オッケー。

 

バカになれると人生は楽しい。

 

コース適性、調教チェック、展開予想などは後日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】意訳

常識に囚われるな。自分で考えろ。どこかの誰かが言ってることなんて知ったことじゃねえ。恐れずにただ、我が信じた道を逝くのみ。

 

【京都新聞杯2018予想】京都芝2200mで行われる3歳GⅡ京都新聞杯。ダービーへの最終切符は?人気はフランツ、グローリーヴェイズ、タニノフランケル。展開・隊列・ペースは?上がり3F最速馬候補は?狙いは大穴メイショウテッコン!ダブルシャープ!ヒモ穴にレイエスプランドル、アルムフォルツァ。爆穴にロードアクシス!

 

へー・・・

 

フランツが人気になるんだ。

 

フランツと言えばこれかなあー。

 

 

■京都新聞杯2018土曜朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

フランツの前走アルメリア賞の時計は1:45.4。

同日の古馬オープン大阪城Sが1:45.3なんでね。

 

相当優秀な時計じゃあるんだが、

この日はかなり速い時計が出るコンディションで。

時計の速さを鵜呑みにしない方がいいと思う。

 

いや、

フランツが来ないとかそういうことを言ってるんじゃなく、

人気になり過ぎじゃね?・・・ってこと。

 

多分どっかの大手競馬新聞で大きく取り上げられてるんじゃないかなー。

競馬新聞とか全然見ないんでわからんけど(笑)。

 

ま、大穴モッコリ党党首としては、

この馬が来たら

カーチャンゴメンのぶった斬りの一手ですな。

 

 

さて、展開見てみるべ。

 

■京都新聞杯2018展開予想

逃げ候補は
ケイティクレバー
タニノフランケル

先行勢は
グローリーヴェイズ
レイエスプランドル
アドマイヤアルバ
アールスター
ロードアクシス
メイショウテッコン
シャルドネゴールド

差し勢は
ユーキャンスマイル
レノヴァール
リシュブール
ステイフーリッシュ
インターセクション

追い込み勢は
フランツ
ダブルシャープ
アルムフォルツァ

逃げるのはケイティクレバーか。皐月賞は行けなかったからね。今回は何が何でも行くんじゃないかなー。あるいは、前走逃げて圧勝したタニノフランケルか。いずれにせよぶっ飛ばして逃げるタイプではなく、出来ればスローに落としたいタイプ。

 

こりゃ・・・スローになりそうな感じだね。

 

しかし舞台は京都の外回り2200m。3コーナー過ぎには淀の坂超えがあるんでね。単純なスローのヨーイドンにはならんと思う。データ分析でも書いたが、このレースは基本差し馬が有利。坂の下りからスパート出来る差し馬、あるいは内々で脚を溜められる先行馬を狙いたい。

 

上がり3Fデータを見ると・・・

 

上がり3F最速候補は

・フランツ
・グローリーヴェイズ
・ロードアクシス
・レイエスプランドル
・アルムフォルツァ
・シャルドネゴールド
・ダブルシャープ

といった感じか。やっぱりフランツ・グローリーヴェイズは有力だねー。レイエスプランドル、アルムフォルツァはガチで狙ってたんだが、結構人気になっちまったなあ。

 

さて、

 

このレースで強いのは能力の高い差し馬なんだが、

 

穴を開けるのは決まって前の馬。

 

というわけで、

 

前の馬からモッコリ全ツッパで逝きたいと思う。

 

■京都新聞杯2018予想

 

メイショウテッコン(12番人気)

評価したのは2走前の梅花賞。京都2400mで前半は平均ペース。道中スローに落としての逃げ。ゴール前で青葉賞2着のエタリオウが襲いかかって来たがハナ差凌いで見事勝利。この時の3着はフローラS1着のサトノワルキューレ(この時不利を受けたが)で、実はレベルが高い一戦だった可能性アリ。前走は-12kgだったし、スタートで躓いてしまって前に行けなかったことを鑑みて無かったことにする(笑)。このレースで無類の強さを持つマンハッタンカフェ産駒。数少ない京都の2200以上経験馬。デキは前走とは雲泥の差。一発期待したいね。頼むぜ松山!タニノフランケルのすぐ後ろでヨロシク!

相手筆頭は関東馬のグローリーウェイズ。休み明けだが、デキは問題ない。ココでは能力が抜けてる可能性あるんだよねえ。枠もいいとこ引いたし・・・。それから◎にしようか迷ったのがダブルシャープ。この人気ならコッチから買うのもアリだが、脚質と枠順を考慮して印を落とした。うーん・・・邪道2頭流で逝くかな。ヒモ穴にレイエスプランドルアルムフォルツァタニノフランケル押さえ。超爆穴にロードアクシス。この馬・・・若葉Sで普通にタニノフランケルに先着してるんだけどね。前走福島は人気落ちの法則かなこれ(笑)。

 

◯グローリーウェイズ(3番人気)

▲ダブルシャープ(14番人気)

△レイエスプランドル(8番人気)

△アルムフォルツァ(5番人気)

△タニノフランケル(2番人気)

☆ロードアクシス(16番人気)

 

馬連 ◎流し @100円

馬連 ▲流し @100円

3連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!メイショウテッコン!

 

 

【おまけ】土曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
京都9R 3番

■おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
新潟3R 7番
新潟8R 9番
京都3R 13番

 

【浅次郎のひとりごと】

商店から現金など奪う 警官が関与か 群馬

コンビニ強盗の類は度々ニュースになるが、この手の犯人は何を考えてるのか全くもって謎である。金が欲しいんじゃなくて捕まりたいんじゃないのだろうか?あっという間に捕まる可能性が非常に高い上に(監視カメラがあるからね)、得られる金額はMAX数万円である。この犯人なんて1万円分の小銭とビール券30枚だよ?バカなの?ねえバカなの?・・・競馬もそうだが、リスクとリターンが見合ってない賭け方をしたらダメだよママ。

 

【記者の目】イチローの今季中の復帰がない理由とは…

事実上の引退だろうけどね。しかし、引き際って難しいよなー。イチローの場合「50歳まで現役!」なんて公言してね、本人もマジやる気だったからこそ44歳までプレー出来たのであって、30後半くらいで「そろそろ引退かな・・・」なんて考えたら今までプレー出来なかっただろうと思う。しかしファンとしては、ちゃんと線を引いて次のステップに行って欲しい気持ちもあるしなあ・・・。イチローの監督姿見たいよねえ。

 

【京都新聞杯2018予想・データ分析】京都芝2200mで行われるGⅡ京都新聞杯。ダービーの前哨戦。今年の人気はタニノフランケル、フランツ、グローリーヴェイズあたりだが、データ分析では、内枠有利、差し有利!騎手・種牡馬・馬体重・前走ローテは?データから見る穴馬はアルムフォルツァ、メイショウテッコン、ユーキャンスマイル。

 

ダービー最後の切符は、

 

今週のプリンシパルS京都新聞杯

 

ダービーとオークスの優先出走権の内容はこう。

 

JRAニュースより抜粋

 

京都新聞杯には、

なぜか優先出走権が設定されてないんだが、

1着は賞金的に確定。2着は条件次第。

 

しっかし、

 

クラシックの「優先出走権」の話はね。

 

我々競馬ファンにとって、

 

今度のAKB48のセンターは誰なのか?

 

といったクソどうでもいい話とは違い(笑)、

 

とっても大事な話でね。

 

変わるなら変わるで、

もっと大々的に報告して欲しいよね。

 

これ探すの大変だったアルよ(笑)。

 

皐月賞の5着までにダービー優先出走権とか、

 

皐月賞の後に知ったし!

 

って方多いのでは?

 

まあ、

 

色々と言いたいことはあるが、

 

AKB48のセンターは前田敦子でおねしゃっす!

 

 

じゃなかった(笑)、

 

現時点で優先出走権もしくは賞金持ってない馬にとっては、

これがダービー出走の必須条件である。

 

・京都新聞杯で2着以内

・プリンシパルSで1着

 

さて、どの馬が滑り込むか。

 

■京都新聞杯2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

プリンシパルSの登録馬も列べておこう。

 

 

両睨みの馬が結構いるよね。

 

個人的にはステイフーリッシュが気になるんだが・・・

是非京都新聞杯に出てきて欲しいな。

(抽選になるんかいな)

 

さて、データ見てみよう。

 

■京都新聞杯2018データ分析、人気別成績

1~3番人気強し。荒れるとしたら2~3着。しかしこりゃ本命党向けのレースだね。

 

■京都新聞杯2018データ分析、枠番別成績

全体的に見て真ん中より内が優勢ぽい。

 

■京都新聞杯2018データ分析、馬体重別成績

480~499kgと440~459kgのゾーンが強い。なぜか500kg以上はイマイチ。

 

■京都新聞杯2018データ分析、騎手成績

やはり関西の上位騎手が強いですな。

 

■京都新聞杯2018データ分析、種牡馬成績

京都の軽い馬場はとっても得意なディープインパクト。やっぱりここでも無類の強さ。しかしそれを上回るのがマンハッタンカフェ!今年のマンハッタンカフェ産駒はメイショウテッコンだけだが・・・この馬、怪しいぜえ。

 

■京都新聞杯2018データ分析、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けは割引。詰めて使って来る馬の方が狙い目。

 

■京都新聞杯2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・はなみずき賞(6頭)、皐月賞(4頭)、毎日杯(3頭)・・・あとはバラバラだが、基本的には「芝1800~2400m」の500万条件、あるいはオープン特別・・・が条件と言えそう。500万条件は1着、オープン特別・重賞の場合は着順不問。未勝利からの挑戦は切り。

皐月賞組・・・ケイティクレバー、ダブルシャープ
毎日杯組・・・シャルドネゴールド、ユーキャンスマイル
1800m以上の500万組・・・アルムフォルツァ、タニノフランケル、フランツ、レイエスプランドル、ロードアクシス
その他のオープン組・・・レノヴァール、メイショウテッコン

今回はなみずき賞組は不在。グローリーヴェイズとステイフーリッシュは実績上位だが、休み明けの分がどう出るか?

 

■京都新聞杯2018データ分析、脚質別成績

逃げ馬の連対はゼロか・・・基本的には差し優勢

 

■京都新聞杯2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンとしては、「差し→先行」「差し→差し」「先行→先行」というパターンが多いですな。展開決め撃ちするより、馬の基本能力を測った方がいいかも。上がり上位馬は猛烈に強く、瞬発力は必須。

穴馬の脚質は・・・前!

特に2~3番手から穴を開けている馬が多く、1~3番人気の馬を軸にして穴の番手馬を狙うのが一番妙味があるかもしれん。

 

■京都新聞杯2018データ分析、厩舎・生産者・血統

当然・・・と言っていいのか分からんが、30/30で関西馬。ま、関東馬は特別な理由がない限り青葉賞に出るわけでね。関東馬は大幅割引でいいと思う。今回グローリーヴェイズが唯一の関東馬だが・・・不安だね。

生産者は圧倒的にノーザンFor社台F。血統的にも圧倒的にサンデーサイレンス系主流種牡馬を父に持つ馬が強い。今年もSS系が大量だが・・・さて。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクトorマンハッタンカフェ

・オープン負け組or500万条件1着

・差し馬優勢も、穴は前!

 

穴馬候補を挙げておこう。

 

まず、ステイフーリッシュ。現時点で出走出来るかも分からんし、出走出来たとして人気がどうなるか分からんのだが、5~6番人気になるのなら積極的に狙いたいね。距離は伸びて良し。東京は微妙だが、京都は多分合う。あとは休み明けだけにデキがどうか?調教要チェック。

次に、中1週となるが、京都2400のあずさ賞を好時計で勝ったアルムフォルツァ。毎日杯は見せ場なく惨敗であったが、これは距離が短かったんじゃないかなー。血統的にも京都の長距離はピッタリ。将来は菊花賞や天皇賞春を目指したい感じ。

それから、上でも挙げたメイショウテッコン。若葉Sは展開が合わなかったのもあるが、-12kgも影響あったか?前々走の梅花賞では青葉賞2着のエタリオウ、フローラS1着のサトノワルキューレを負かしており、実はかなり能力高いんじゃないの???デキ次第で◎候補。

他、レイエスプランドル、レノヴァール、ロードアクシス、ユーキャンスマイルあたりにも注目している。皐月賞惨敗組のケイティクレバー、ダブルシャープも人気薄になるようなら狙いたいね。

 

結論は土曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「国益に反する」韓国判断も… 慰安婦像は放置し日韓合意無視

そんなん当たり前じゃ!慰安婦像もはよ撤去せい!韓国は約束を守れ!

 

【かしわ記念】

◎ベストウォーリア
◯インカンテーション

 

 

【青葉賞2018予想】東京芝2400mで行われるダービートライアルGⅡ青葉賞。オブセッション、スーパーフェザー、サトノソルタスら良血馬が人気だが、当然伝説の大穴狙いで逝く!展開・来列・ペースは?上がり3F最速候補は?東京向きの瞬発力型は?狙いは大穴カフジバンガード!対抗にゴーフォザサミット!爆穴にトラストケンシン!

 

キタこれ!

 

伝説作るのはココだ!

 

■青葉賞2018朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

オブセッションが1番人気になりそうな今回の青葉賞。

 

だけんどもしかし!

 

 

オブセッションは、前走の弥生賞で、

 

4角で曲がれずに外にぶっ飛んで行った馬である。

 

 

で、

 

「まともに走れば1番強いよ」

 

という感じで人気になるんだと思うが(ルメだし)、

 

では、

 

弥生賞でまともに走ってたら馬券になっていたか?

 

と言えばヒジョーに疑問ですな。

 

今回出走するトラストケンシン(12番人気)にも4馬身離されてるからね。

最後は追ってなかったとはいえ・・・

いくらなんでも負け過ぎじゃないだろうか?

 

「もし、まともに走れば」

「もし、展開が向けば」

「もし、調子が良ければ」

 

という「モシレバ思考」

人気薄の馬に使うべきであって、

1番人気の馬に使うメリットは全くない。

 

今回で言えば、

「もしミッキーポジションが芝馬だったら?」

という使い方が穴のモコ道思考なのである。

 

 

溺れることが多いんだけど(笑)。

 

もちろん、

オブセッションの能力が高いのは重々承知。

左回りに変わるし、陣営だって対策を練ってるだろう。

今回アッサリ勝ってしまうかもしれん。

 

しかし、その時はカーチャンゴメンと

潔く土下座するのみ。

 

 

オブセッションは、

バッサリ斬らせていただく。

 

浅次郎の調教チェックでもイマイチ評価だったしな。

(重賞の調教チェックはモッコリ万馬券倶楽部にて公開中)

 

展開見てみるべ。

 

■青葉賞2018展開予想

逃げ候補は
ダブルフラット
ディープインラブ

先行勢は
ミッキーポジション

差し勢は
エタリオウ
ユウセイフラッシュ
スズカテイオー
オブセッション
スーパーフェザー
ダノンマジェスティ
モンテグロッソ
サトノソルタス

追い込み勢は
カフジバンガード
ゴーフォザサミット
トラストケンシン
ノストラダムス
マイネルサリューエ
テトラルキア
クレディブル

ひえええええええ・・・(冷汗)。前に行く馬が全然いねええ!!人気馬はもちろんほとんどの馬が差し・追い込み系だよこれどうなんの???行くのはおそらく戸崎のダブルフラットと岩田のディープインラブだろう。しかし、後ろは来ないし・・・ぶっ飛ばして行く必要もないし・・・東京2400だし・・・こりゃ、

 

スローほぼ確定。

 

ですな。で、そうなりゃ

 

直線ヨーイドンの瞬発力勝負。

 

もう・・・

 

上がり上位馬狙いで逝く!

 

今日の東京は晴れで、馬場は良さそうね。

 

上がり3Fデータ見ておこう。

 

さすがに瞬発力上位の馬が多かね。上がり3F最速候補は、

・カフジバンガード(スプリングS2位)
・スズカテイオー(大寒桜賞1位)
・オブセッション(シクラメンS1位)
・ゴーフォザサミット(共同通信杯1位)
・スーパーフェザー(アザレア賞1位)
・トラストケンシン(弥生賞2位)
・サトノソルタス(共同通信杯2位)

重賞は2位以内、500万条件は1位限定で抽出したのがこの7頭(ダート除く)。特に面白そうなのがゴーフォザサミット。共同通信杯はもろに上がり33秒台の瞬発力勝負だったが、ここで33.2の鬼脚を繰り出している。スプリングSも上がり2位の脚を使ってるんだが、位置取りが後ろ過ぎて全く届かず。明らかに東京の長い直線向きだろう。

そのゴーフォザサミットと同じようなレースをしているのがカフジバンガード。謎の人気薄になっているが、東京なら確実に差して来ると思う。届かず4~5着ってのがこの馬のパターンだが、今回のメンバーなら十分一発あると思う。あとは人気だがサトノソルタス。それから弥生賞2位のトラストケンシンと大寒桜賞1位のスズカテイオー。

 

というわけで、

 

徹底して前走重賞組の瞬発力型で逝く!

中山で届かなかった馬、東京で鋭い脚を使った馬。

 

伝説の大穴狙いじゃい!

 

待ってろMYチンコ!

取ったらええもん食わしたるで!

 

■青葉賞2018予想印

 

カフジバンガード(11番人気)

この馬を買う理由は先述した通りである。東京向きの脚質、上がり上位が使える瞬発力型。さらに、東京2400で神枠の1枠1番。調教は絶好。東京注目のハービンジャー産駒。問題は出遅れ癖だが・・・スローの東京2400ならそう影響あるまい。後方からになったとしてもラチ沿いインベタで直線向くまでジッと我慢して欲しい。出遅れなけレバもう大チャンスだと思う。頼むぜフルキッチャン!

相手筆頭は同じタイプのゴーフォザサミット。コッチを◎にすることも考えたが、迷ったら人気薄の法則で(笑)。それから共同通信杯で同じような脚を使ったサトノソルタス。大外枠だし人気なんで買いたくないんだが、この馬は人気でも押さえが必要だと判断。穴にスズカテイオー。そして超爆穴にトラストケンシン。この馬、弥生賞ではダノンプレミアムやジャンダルムより速い脚使ってるからね。位置取り次第で一発あるかもよ?

 

◯ゴーフォザサミット(6番人気)

▲サトノソルタス(3番人気)

△スズカテイオー(7番人気)

☆トラストケンシン(12番人気)

 

馬連 ◎流し @100円

馬単 ◎流し @100円

3連複 ◎流し @100円

 

頑張れ!カフジバンガード!

 

 

【おまけ】土曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
新潟2R 6番

■おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
東京3R 15番
東京6R 5番
京都9R 4番
新潟2R 7番

 

【浅次郎のひとりごと】

北の非核化意思を多方面から確認 正恩氏の肉声も=韓国大統領府

信じる方がアホ。今まで何度も裏切られて来たし。そもそも、一旦手にした最強の武器を手放すもんかい。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【青葉賞2018予想】東京芝2400mで行われるダービートライアルGⅡ青葉賞。人気はオブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザーらディープインパクトの良血馬。データ分析では、内枠有利?差し・追い込み有利?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はゴーフォザサミット、カフジバンガード、トラストケンシン。

 

天皇賞春のデータ分析はすでにやってるけんなー!

復習したい方はもう一回見ておくように。

天皇賞春2018データ分析。

 

さて、

 

今日は青葉賞のデータ分析をやるんだが、

フローラSのサトノワルキューレみたいな馬が

ここで出現するのかどうか・・・?

 

ダービー目標の良血馬

ズラリと揃ってるだけに非常に興味深いねー。

 

■青葉賞2018登録馬

netkeibaより抜粋

 

netkeibaの予想オッズでは、

1番人気候補は藤沢厩舎のオブセッション

 

この厩舎・・・青葉賞は鬼のように強いからね。

シクラメン賞は4馬身差の圧勝だったし、

当然ここでも素質上位であるが、

弥生賞では4コーナーを曲がれずに大きく膨らんじゃったんだよね。

 

 

これがなければ・・・

 

って・・・

 

UREEYYYYY!

 

 

これ、4コーナーで膨れなくても

 

4~5着くらいが精一杯だったんじゃね?

 

うーむ。よく分からんが、

 

吸金鬼のような気がするな。

 

2番人気候補は、サトノソルタス

堀&ミルコで確実に人気になりそうだけど、

そもそもこの馬・・・スプリングSに登録しててね。

何があったか不明なんだが、これを回避しているのである。

 

賞金的には皐月賞への出走も可能だったんだが、これもパス。

噂では「一頓挫あった」という話もあり、

それが事実なら今回は

「一頓挫明け」の一戦なのである。

 

 

おし、この馬も吸金鬼決定。

 

3番人気候補はスーパーフェザー

ディープインパクト産駒の高額馬。その額なんと2億8000万円。

前走のアザレア賞は強かったし、

あすなろ賞で負けたのはエポカドーロなんで納得だが、

若駒Sの負け方が気になるんだよねー。

 

 

POGでも多くの人気を集めていたが、

この馬も人気先行のような気がするなー。

 

 

ってわけで、この馬も吸金鬼決定でい。

 

さて・・・吸穴鬼はいるかな?

 

データ見てみるべい。

 

■青葉賞2018データ分析、人気別成績

1番人気強えなおい。複勝率80%で回収率も100%超えかあ。しかし2~3番人気が弱く、4~10番人気の馬が結構馬券になるレースでもある。本命党の方は「1番人気→ヒモ荒れ狙い」がいいかもしれない。

 

■青葉賞2018データ分析、枠番別成績

全体的にフラットな印象だが・・・若干、内枠有利の外枠不利かな?穴馬は1~3枠から探したい。

 

■青葉賞2018データ分析、馬体重別成績

馬格はあればあるほど良い傾向。最低でも460kg欲しい。

 

■青葉賞2018データ分析、騎手成績

お、意外と・・・と言ったら失礼だが、関東の騎手が頑張ってますな。内田(ダノンマジェスティ)、蛯名(ゴーフォザサミット)には要注意。※色は個人的に塗って分だから気にしないでねー。

 

■青葉賞2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクト強し。もうディープインパクト産駒ってだけで買いたくなるんだが、今年は登録の時点で8頭も居る上に人気どころが多くて・・・やっぱり買いたくないなーと思っているところだ(笑)。他、注目はシンボリクリスエス・ゼンノロブロイ・キングカメハメハだが、今年は出走なし。

 

■青葉賞2018データ分析、間隔別成績

休み明けの馬は壊滅的。最低でも2ヶ月以内のローテじゃないと厳しい。サトノソルタス、シルヴァンジャーあたりにはマイナスデータ。

 

■青葉賞2018データ分析、前走データ

注目前走は・・・アザレア賞(4頭、3年連続1着)、大寒桜賞(5頭、5年連続)、山吹賞(4頭)、弥生賞(3頭)、毎日杯(3頭)、その他の芝500万条件(7頭)・・・ご覧の通り、大半が500万組で、これは当然1着条件。毎日杯は3着以内。弥生賞・スプリングSは7着以内。今年の出走馬で条件を満たしているのは・・・

・アザレア賞(スーパーフェザー1着)
・大寒桜賞(ダノンマジェスティ1着)
・山吹賞(ダブルフラット2着おまけ)
・ゆきやなぎ賞(エタリオウ2着おまけ)
・弥生賞組(オブセッション7着、トラストケンシン6着)
・スプリングS組(カフジバンガード6着、ゴーフォザサミット7着)
・毎日杯組(ノストラダムス4着おまけ)

前走データではスーパーフェザーダノンマジェスティが買いですな。穴は重賞惨敗組。

 

■青葉賞2018データ分析、脚質別成績

脚質は圧倒的に後ろ。「差し」「追い込み」が強い!これは上がり3Fを見れば一目瞭然で・・・上がり1位がベラボーに強いのである。頭に来るのは「瞬発力系の差し馬・追い込み馬」。ただ、2~3着には結構前の馬も残るので注意が必要。

 

■青葉賞2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンの多くは「差し→差し」あるいは「追い込み→差し」。前残りになったのは2013年と2008年くらいのもので。後はたまに「差し→先行」といった感じ。先述したが、上がり1位の馬がとんでもなく強いんでね。1800m以上の距離で上がり33秒台の脚が使ってきたような瞬発力タイプを頭に据えたい。

瞬発力・・・という点ではオブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザーは確かに怖い。ただ、他にも上がり33秒台が使える馬おるで~~~。

ゴーフォザサミット(共同通信杯1位33.2)
カフジバンガード(共同通信杯3位33.4)
トラストケンシン(弥生賞上がり2位34.0)

 

■青葉賞2018データ分析、厩舎・生産者・血統

なんとなく関東馬が強いってイメージだったんだが、実際には関西馬の方が多く馬券になってますな。特にリーディング上位の強豪厩舎が強い・・・。藤沢厩舎のイメージが強いんだが、ペルーサ以来馬券になってないんやねえ。

 

生産牧場はもう圧倒的にノーザンF。過去10年で13頭が馬券になっており、ここ3年は2頭ずつ馬券に食い込んでいる。今年も有力馬のほとんどがノーザンF生産馬(1~5番人気候補みんなそう)。逆らいたい!けど逆らわない方がいいのは我が家の吸血嫁と同じ。

 

血統はサンデーサイレンス系の中距離主流血統が圧倒的・・・。

 

今年も同じパターンになりそうな・・・(笑)。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクト!

・前走500万条件1着or皐月賞トライアル惨敗組。

・瞬発力型の差し、追い込み馬!

 

吸穴鬼候補を挙げておこう。ディープインパクト産駒が強いのは重々承知だが、人気になっちゃうからね。違うアプローチで探すと・・・まず、ハーツクライ+スプリングS惨敗組+蛯名+藤沢厩舎+瞬発力型の追い込み馬のゴーフォザサミット。常に上がり上位が使えるタイプで中山より東京の方が確実に向く。共同通信杯ではサトノソルタスを上回る上がり33.2を計時しており、能力は上位人気馬に全く劣らないと思う。オブセッションよりコッチが買い。

次に、ハービンジャー+スプリングS惨敗組+瞬発力型の差し馬カフジバンガード。この馬は上がり最速ではなく、上がり2~3位のタイプではあるが、いつも確実に差してくる馬で。共同通信杯では上がり3位の33.4。スプリングSでは上がり2位の34.4を計時している。この馬も確実に東京向きのエンジンで。距離が伸びて一変するんじゃないかと密かに思っている。出遅れ癖さえなければ・・・頭候補。

それから、爆穴候補にトラストケンシン。未勝利勝ちしかなく、なんとなくパイオニアバイオ的なニオイがするんだが(笑)、ハーツクライ+弥生賞惨敗組+瞬発力型の追い込み馬。弥生賞では位置取りが後ろ過ぎでドモナラズだったが、密かにワグネリアンに次ぐ上がりを使ってるのである。東京変わりで一変あるかもよ!調教要チェック。

 

人気馬3頭とも飛ぶことはないかもしれんが、

 

何があるか分からんのが競馬。

 

後は枠順と調教見てからやねー。

 

人気馬の帽子がピンク色に染まってますように!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ロイター企業調査:安倍首相続投「望ましい」73%、安定重視

ほほう。昨日の読売新聞の世論調査だと支持率が不支持率を下回ってたけどな。企業視点だとこうなるのか・・・。しかしほんとこの大事な時に野党はいつまでモリカケやってんだかね。モリカケやってりゃ拉致被害者は帰ってくるのか?米国との通商交渉は上手く行くのか?日本の経済は良くなるのか?少子化は解消されるのか?憲法改正の議論はしなくていいのか?私の馬券は当たるのかw?安倍首相が法を犯したというなら別の話だけどね。忖度が罪なら世の中成り立たないよ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【エルムステークス2017予想】札幌ダート1700mで行われる別定GⅢのエルムS。今年は3連勝中のテイエムジンソクが圧倒的な人気を集めるが、いつも通り大穴狙いで逝く。展開はどうなる?ペースは?隊列は?逃げる馬は?調教チェック特A馬は?狙いは地方馬のオヤコダカ。逆転あるなら4歳のコスモカナディアンか?

 

正直、

 

今回はテイエムジンソクでフルボッキだと思う。

 

アクシデントがない限り3着は外すまい。

 

ただ、競馬は何が起きるか分からんのであり、

 

その何かが起きる可能性っていうのは、実は結構高いのである。

 

これは札幌ダートにおける単勝1.0~1.9倍人気の馬の成績。75.4%の確率で馬券に絡むのであるが、逆に言えば24.6%の確率で馬券圏外に飛ぶのである。

 

こういうダントツの1番人気馬が飛んだ時にオッズは跳ね上がるのであり、24.6%の方に淡々と賭け続けることが、馬券で勝つ術である・・・と私は思っている。

 

ま、買うにしても押さえ。

 

頭にして買うなら、単勝か1~2点勝負。

 

丹下の如き買い方はゲゲゲのへ太郎である。

 

 

例え的中してもトリガミorチョイプラ。

 

めちゃめちゃ当たりそうだけどな(笑)。

 

さて。

 

■エルムS2017日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

と、前置きしたものの・・・

 

テイエムジンソクは強い。

 

GⅢでもこのメンバーなら楽勝しちまうかもしれんな~。

 

展開見てみよ。

 

■エルムS2017展開予想

逃げ候補は
ドリームキラリ
テイエムジンソク
オヤコダカ
タマモホルン
モンドクラッセ
クリノスターオー
ショウナンアポロン

先行勢は
リーゼントロック
リッカルド
ピオネロ

差し勢は
コスモカナディアン
ロンドンタウン
メイショウスミトモ

追い込み勢は
ラインハート

うお・・・さすがローカルのダート重賞というべきか・・・逃げ候補ズラリだなあ。ハナに行くのはモンドクラッセかドリームキラリか?テイエムジンソクは控えて3~4番手?それともスピードに任せて行っちゃう?クリノスターオー辺りも番手候補だし、オヤコダカ、テイエムホルン辺りが行くかもしんないし・・・うーむ。

 

いずれにせよ、ヌルいペースにはなるまい。

 

だからと言って差し有利なレースにはならず、ダートらしい持久力戦になりそう。しかしテイエムジンソクに突付かれてハイペースになると・・・前の馬は掃除されちゃうかもなあ・・・。

 

調教見てみよ。

 

■エルムS2017調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによる忍空ジャッジである。べろ。

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

ロンドンタウン 調子良し。
テイエムジンソク 絶好調!特A評価!
ピオネロ いいね。順調。
モンドクラッセ 最終軽めだがいい感じ。
ショウナンアポロン 調教はいい。

あれ?クリノスターオーは最終追い切りなし?日曜に一旦函館に入って水曜日に札幌へ?なんでこんなに人気ないのか不思議だった(現在6番人気)がそういう訳か・・・この馬から行く予定だったのにィィィ・・・しかし、テイエムジンソクは調教を見る限り絶倫である。じゃなかった絶好調である。1日3回出来たらいいのになあ(何が)。

 

・・・

 

・・・立て!

 

・・・立つんだケン!

 

 

 

逆転の目があるとしたら・・・

 

■エルムS2017予想

 

オヤコダカ(7番人気)

知らない馬を買う・・・もうこれは予想でも何でもないのだが(笑)、どうにも他にテイエムジンソクを負かせるような馬が見つからない。道営のオヤコダカの可能性に賭けてみよちゃん。もう一頭、可能性があるとしたら川崎記念3着のコスモカナディアンか。

 

◯コスモカナディアン

▲テイエムジンソク

 

馬連 ◎流し @100円

三連単 ◎→◯▲ @100円

 

まあ、テイエムジンソクがどんなレースをするのか楽しむレースやな。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

<PAC3配備>「どう対応すれば」地元から不安や疑問の声

頭がお花畑な人たちの思考回路はどうなっているのだろう・・・?本当に話し合いでどうにかなると思ってんのだろうか?自分たちの頭の上をミサイルが通過しても平気なのだろうか?通過せずに落ちて来たらみんな死ぬんだけど?

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬
新潟12R 3番(1番人気7着)
小倉9R 4番(1番人気2着)
札幌3R 3番(1番人気7着)
札幌11R 4番(1番人気2着)

これらのレースはケン、あるいは2~3着付け。

 

■モッコリ馬
札幌3R 1番(7番人気5着)
札幌7R 14番(6番人気8着)
新潟3R 3番(4番人気7着)、4番(10番人気9着)
新潟8R 3番(7番人気7着)
新潟9R 3番(9番人気14着)
小倉8R 4番(8番人気8着)
小倉10R 12番(8番人気12着)

今日の勝負レースは新潟3Rだ!

 

今日は堅チクビ馬もモッコリ馬も全然ダメッポでしたなー。関屋記念が的中したから良かったものの・・・(笑)。

 

 

【日本ダービー2017レース回顧】2014年生まれのサラブレッド7015頭の頂点に立ったのはレイデオロ!ルメールの騎乗も素晴らしかったが、それに応えたレイデオロも素晴らしかった。一番人気だったアドミラブルの敗因は?超スロー?ポジション取り?大外枠?アルアイン・ペルシアンナイトの敗因は?カデナ、サトノアーサーは?

 

レイデオロ、ダービー制覇!

 

 

いやー藤沢さん嬉しそうだったねえ。

 

開業30年で初のダービーか。

 

昨日はチンコビンビン物語だったろうな~。

 

さ、簡単にレース回顧しよう。

 

■日本ダービー2017結果、着順

netkeibaより抜粋

 

■日本ダービー2017映像

 

■日本ダービー2017回顧

ほぼ揃ったスタート。

僅かにアメリカズカップ、スワーヴリチャード、サトノアーサー、アドミラブルあたりがダッシュつかず後手。ただ、ほとんど問題ないレベル。スタートが良かったのは内のダンビュライト、マイスタイル。それから中枠のアルアイン、トラストも好スタートから先団へ。

赤い帽子のクリンチャーは押して押して前に行こうとするが・・・行き脚が悪く、行こうにも行けない。クリンチャーが行かなかったことで、劇的にレースが変わることになる。

 

行ったのはマイスタイル(単勝188倍)、続いてトラスト(単勝219倍)。実は、この2頭が今回のダービーの鍵を握ることになる。なぜなら、2頭ともに超人気薄。直後のアルアイン、ダンビュライトにとって都合のいい馬たちだったからだ(後で泣くことになるんだが。笑)。この2頭の間にクリンチャーがいれば展開は大きく変わったと思うが、そのクリンチャーはいない・・・。そして、ハナに立ったマイスタイルの鞍上は妖怪横典。スローに落とす技術は天下一品である。

 

好位勢にアルアイン、ダンビュライト、ダイワキャグニー、クリンチャー。映像を良く見て頂けると分かると思うが、ダンビュライトもアルアインもクリンチャーも行きたがっているのである。ダンビュライト武なんぞは、上の画像を見てもハッキリ分かるくらい、かなり重心が後ろになってますな。

しかし、前にいるのは人気薄のマイスタイルとトラスト。このままのペースで行くのが理想・・・。前を突付くのはNG。まして東京2400だから・・・そう松山も武も藤岡も思ったんだと思う。この駆け引きが、今回の「超スローペース」を助長してしまったのだ。ダイワキャグニーは折り合いついてそうだったけどな。

 

中団前目にスワーヴリチャード、ウインブライト、ベストアプローチ。その後ろにサトノアーサー、アメリカズカップ。そして1コーナーからずっと行きたがっているペルシアンナイト(笑)。

スワーヴリチャードはこのペースでも折り合いバッチリ。サトノアーサーはちょいと折り合いに苦労しているように見えたな。それとも行きっぷりが悪かったか?サトノアーサーはこれからポジションをズルズルと下げることになる・・・。アメリカズカップはもう行きたがってしょうがない感じでジョッキーが手綱を引きながらの追走。

ペルシアンナイトは1コーナー地点ですでに掛かり気味。この時もう行ってしまえば良かったのに・・・と素人目には思ってしまうが、戸崎は押さえることを優先。手綱を何度も引いてケンカしながら向こう正面へ。そして、ちょっと落ち着いたように見えたその瞬間・・・!

 

レイデオロが外を通ってスーーーーッと上がって行くのである。動いたのは57秒過ぎ。前から数えて14番手に居たレイデオロは、映像を見る限り掛かったような感じではなく、ジョッキーの指示に従う感じでポジションを上げて行ったのだ!

 

もう、巷の回顧でも言われている通り、

今回のダービーはココがポイント。

 

ラップタイムを見てみよう。

 

 

1000m通過が63.2!

 

み、み、未勝利戦か!と見間違うような

 

超スロー。

 

ちなみに、8Rの青嵐賞(1000万下)は、1000m通過61.0の平均ペース。その後も締まったペースが続き、タイムは2:23.8。タービーより3秒速い決着であった。タイムでレースレベルを測るわけではないが・・・

 

それにしても、

あまりにも遅い流れだったと思う。

 

特に遅いのが1~2コーナーの12.9、12.8、

そして向こう正面入り口の13.3。

 

レイデオロがポジションを上げたのは57秒地点だから、

この13.3の所でポジションを上げ始めるのである。

見た目的には6~7馬身ほどポジションをアップしているから、

他馬より1.0~1.2秒ほど速い脚を使ったはず。

 

しかし、そもそものラップがめっちゃ遅いのである。

13.3のラップの所を12.5。

12.5のラップの所を12.2。

くらいで行ったと思うが・・・全く問題ない楽なラップ。

 

それでいて、

マイスタイルの後ろでピタリと折り合い、

また、スローの流れに乗っかるのである。

 

 

マイスタイルは、レイデオロにくっつかれて一瞬ペースを上げる。

(1200~1400は12.1)

 

しかし、その後は12.6、12.7とめっちゃ楽なペース。

(レイデオロも楽)

 

結果、上がり3Fだけの・・・

超瞬発力勝負となったのである。

 

巷で言われている通り、

今回のレイデオロの勝因はルメールの神騎乗による所が大きい。

もちろん、その指示に応えたレイデオロの能力も讃えられるべきであるが、

果たして後方のままだったら

馬券圏内まで来ていたかどうか・・・?

 

戻ろう。

 

行きたがるペルシアンナイトを、何度も何度も手綱を引いて強引に押さえ込んでいた戸崎であったが、外からレイデオロが行くともう我慢できずに射精。後を追うように外目をついて上がっていく。レイデオロと違うのは「自分から行った」のではなく、「我慢出来ずに釣られて行った」という点。今回テン乗りだった戸崎は、ペルシアンナイトとのコンタクトが上手く取れていなかったと思う。しかし、不思議と、行ったあとは折り合っていたな。

 

この時、アドミラブルも多少ポジションを上げているのだが、それでも中団後方まで。ミルコは「レイデオロが行ったからペースは速くなる」「このポジションで勝負になる」と踏んでいたんだと思うが・・・その後も遅いペースになってしまうのだ・・・。

 

後方にジョーストリクトリ、マイネルスフェーン、カデナ、キョウヘイ。サトノアーサーはなんか知らんが・・・ズンズンとポジションを下げていく。

 

勝負は、直線へ。

 

途中、レイデオロに突付かれるという事態はあったものの、理想以上の流れに持ち込んだマイスタイルが先頭!レイデオロは直線じわじわと外目に持ち出して行く!4コーナーでスムーズに外に出したスワーヴリチャードがエンジン点火!アドミラブルは大外ブン回しで末脚に賭ける!

 

残り400mの坂下からレイデオロが余力たっぷりに追い出しに掛かる!

その外からペルシアンナイトが襲いかかるもイマイチ伸びない!

さらにその外からスワーヴリチャードが猛然と伸びてくる!

 

残り300m!粘る粘るマイスタイル!坂を登った後も脚色は衰えない!

 

残り200m!ようやくレイデオロがマイスタイルを捉え、その外からスワーヴリチャード!ペルシアンナイトはここで力尽きる。アルアインとアドミラブルがさらに外から急襲!

 

残り100m!スワーヴリチャードがレイデオロに追い縋るが・・・あと1馬身差が縮まらない!3着争いも熾烈!アドミラブルは届くのか?

 

その差、詰まらず・・・リードを守りきったレイデオロが1着!最高の競馬をしたスワーヴリチャードが2着!大外ブン回し上がり最速で追い込んだアドミラブルが3着。

 

レイデオロ、完勝!

 

タイムは2:26.9。

勝ち馬の上がりは33.8。

ルメールはやっぱすげえわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【日本ダービーレース後コメント】レイデオロ ルメール騎手ら

 

勝ったレイデオロは、皐月賞5着からの巻き返し。ちょっと過剰人気気味だと思って嫌ったが、この競馬で勝ってしまったのであるから脱髪である。じゃなかった(笑)、脱帽である。鞍上ルメールの好騎乗が光ったレースであったが、それはもちろん馬の能力があってこそ。向こう正面でポジションを上げるのは見た目ほど簡単ではない。今回ペース的には楽に上がって行けたわけであるが、それでも「道中に脚を使った」のは間違いないし、そのままペースが速くなってしまうリスク、掛かってしまうリスクだってあるのだ。スタミナや折り合いに自信がないと出来ない騎乗である。

それらを全て乗り越え・・・直線は、追い縋るスワーヴリチャードを寄せ付けずにゴール。これはひとえに馬の力である。しかし、今回のレースは「超・超スローの瞬発力勝負」。ルメールの騎乗が「ハマった」感があるのも確か。ダービーは「運がいい馬が勝つ」とかつて言われたが、まさしく今回はこの馬に「運」があったと思う。世代ナンバーワンを賭けた真の戦いを、もう一度見たい(菊花賞でもう一勝負!秋天は来年でいいだろ!)。

 

2着のスワーヴリチャードは、今回のメンバーで最も理想的な競馬をしたと思う。内枠から道中は中団前目のイン。なにより、このスローでもバッチリ折り合いが付いたのが大きく、4コーナーでスムーズに外へ。四位はこの時に「勝った!」と思ったのではなかろうか?直線ではペルシアンナイトを捻じ伏せ、上がり33.5を繰り出してレイデオロに襲いかかったが・・・相手が一枚上であった。さらに距離が伸びて良さそうな馬だけに、菊花賞が非常に楽しみであるな。

 

3着アドミラブルは上がり最速33.3を繰り出してなんとか馬券圏内に。4角2番手のレイデオロの上がりが33.8であるからして、これはちょっともう・・・どうやっても届かんかったな。「青葉賞はダービーで勝てない」のジンクスは守られたわけだが、この馬の能力は十分発揮出来たと思う。中には「大外枠でなければ」という意見あるだろうが、今回のダービーに限り、それは言い訳にはならんと思う。今週は外も伸びる馬場だったけんな。また、「レイデオロが上がって行った時に付いていけば・・・」という意見もあるかと思う。しかし、先程も書いたが、道中で大きくポジションを上げるのは大きなリスクが伴うのである。一緒に行きたかったのは山々だったろうが、末脚勝負がこの馬のストロングポイント。行ってたら3着もなかったかもしれない。

 

4着のマイスタイルには驚いた諸兄も多いと思う。私も驚いた(笑)。内枠で横典だからまさか・・・とちょっとは思ったが、驚異の粘り腰であった。勝つためにはこれしかない!という騎乗。まさか1000通過63.2の超スローに落とすとは思わなんだ。2番手がトラストだったのもこの馬に幸いした。直後がクリンチャーやアルアインやダンビュライトだったらプレッシャーも変わっていただろうと思う。色々と意見はあるだろうけれども、「超スロー」も競馬の一つ。また面白いレースを見せて欲しい。

 

5着に皐月賞馬のアルアイン。勿体無い・・・そんな印象を残したのがこの馬。スタートよく絶好のポジションをゲット。しかし、マイスタイルの作った流れは超が付くスロー。この馬も多くの馬と同じく行きたがってしまったが、松山はガッチリ手綱を引いて折り合いに専念。当然松山も「ペースは遅い」と感じていたはずだが、それと同時に「ベストポジションなんだからココでいい」とも思っていたはず。誤算だったのはペースがあまりにも遅すぎて究極の瞬発力勝負になってしまったこと。この馬は皐月賞や毎日杯を見る限り、ある程度締まった流れで力を発揮する持久力型である。この馬も最後33.7の末脚を繰り出しているが、せめてレイデオロと同じ位置に居ないと勝ち負け出来ない流れであった。結果論であるが・・・もっと積極的に乗って良かった。ルメールと比べるのは酷であるけどな。

 

6着にダンビュライト。この馬も最高のポジションを取れたのであるが・・・道中めちゃくちゃ掛かっていたのである。向こう正面では落ち着いたんだが、これだけ掛かっていたにも関わらず、最後はきっちりと伸びてきた。アルアインと同様、見た目以上に惜しい内容だったと思う。もっとスムーズなら3着はあったかもしれない。

 

7着に我が◎のペルシアンナイト。「道中、レイデオロに付いていったのが失敗」「動かずに負けた騎手よりマシ」「やっぱり距離が長かった」といった意見が掲示板に多くあったが、この馬の場合、1コーナーに入る前にもうすでに掛かっていたのである(というより、レースが始まる前から入れ込んでいたのかもしれない)。

 

これはスタート後200m地点の画像だが、もうすでに戸崎は手綱を絞っている。

 

その後、ペースは歴史的な超スロー。そのせいもあってか、ペルシアンナイトはずっと行きたがり、手綱を押さえる戸崎に対し、クビをブルブルと振って何度も抵抗する。まるで、

 

「も、もうイってもいい?」

 

と頼み込む浅次郎のように。

(変な話混ぜるな!)

 

「馬とケンカするくらいなら、行ってしまえばいいじゃないか」

 

と我々素人は思ってしまうが、競馬はそう単純ではない。もちろんそうした方がいい馬もいるんだが(逃げ馬や短距離馬にそういうタイプが多い)、一度それを許してしまうと「折り合い」が出来ない馬になってしまう可能性があるのだ。折り合いがつかなくなった馬の末路は悲惨である(いくら能力があっても好走出来ない馬になってしまう)。だから、皆、馴致や調教で必死に「折り合い」を馬に教え込むのであり、時にはレースを捨ててでも「折り合い」を取るのである。

 

そういった訳かどうかは知らんが(中団後方で脚を溜めるという指示・作戦だったのかもしれん)、戸崎はギリギリの所でペルシアンナイトを我慢させていたのである。・・・そこにレイデオロがスーーーーッと上がっていく。

 

プツン。

 

と何かが切れる音。

 

戸崎が「もうこれ以上我慢出来ない」「このスローだと前に行った方がいい」「ルメールも行ったし!」と思ったかどうかは知らんが(笑)、レイデオロを追い掛けてポジションを上げるのである。この判断は間違っていなかったと私は思う。というのも、前に行ってから・・・それまで苦労していた折り合いがスッと取れ、手応え良く4コーナーを回ってくるではないか。

 

もしかしてだけど、

 

もしかしてだけど、

 

皐月賞も「我慢出来ずに上がって行った」のかも?

 

結局、残り200mまで善戦するも、

 

その後は脚が止まり・・・後続に飲み込まれる形で7着。

 

この原因が「前半掛かったせい」なのか、

「距離のせい」なのか、

「究極の瞬発力勝負のせい」なのは私には分からん。

 

しかし、

着差以上に紙一重の内容だったと思う。

 

秋は神戸新聞杯で会いたいなあ~。

 

他、カデナサトノアーサーは大外ブン回しでアドミラブルの更に外から追い込み。33.5、33.4という究極に近い上がりを使った追い込んだが、レースには全く関係なく10着、11着。完全に「超スロー」の展開に殺されてしまったな。

 

今回のダービーは

「展開が変われば着順も大幅に変わる」

と思わせるレースであった。

 

もちろん、そんなもんはタラレバであり、

言っても詮無いことであるが、

秋の戦いを予測する上で重要になってくると思う。

 

しかし、

 

今回のダービーは2:26.9。

先週のオークスが2:24.1。

 

時計だけでレベルが測れるわけではないが・・・

こうも違うとねぇ・・・

 

もしかして今年の3歳では、

ソウルスターリングが一番強いんじゃね?

と思ってしまった諸兄も多いと思う。

(私もちょっとそう思っている)

 

 

ま、馬券はハズレたが、

 

今日も明日も明後日も、

スガパー(清々しいパー馬券)の精神である。

 

安田記念も懲りずに

モッコリケツ馬券で逝くぜー!

 

 

※これは福永祐一のダービー回顧

ダービー回顧『攻めたクリストフと攻めなかった自分』

非常に参考になるので、読んでおくことをオススメする。

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

浅次郎POGの結果発表!

netkeibaより

 

優勝は、RINAさん!

 

わー!ぱちぱちぱちぱち!

 

RINAさんの指名馬で活躍したのはソウルスターリング一頭のみ!だけんどもしかし!その一頭が阪神JF、オークスを含め重賞3勝を挙げる大活躍!ほぼ一頭のみでポイントを稼いでしまった!そして、TETSUさんやasajiroの猛追を退けて優勝!RINAさんには優勝賞品としてamazonギフトカードを贈っておく(金額は心ばかりである。お買い物の足しにでもしてくれい笑)。あ、メールアドレス宛に贈るので受取り宜しくー!

 

いやあ・・・しかし、アドミラブルがダービーを勝てば浅次郎の大逆転勝利だったんだが・・・そう上手くいかんよなー(笑)。

 

それから「変態指名で賞」。これは浅次郎の毒断と変見にて決めさせて頂くが、スクリーンヒーロー産駒のトラストで札幌2歳Sを制し、マツリダゴッホ産駒のディヴァインコードで3勝を挙げたSMスナイパーさんに決定。SMスナイパーさんにもamazonギフトカードを贈らせて頂く。

 

さて、

 

来季の浅次郎POGに参加したい!

って毒者の皆は今のうちに準備をしておいてくれ。

 

・参加資格:浅次郎ブログ毒者

・10頭指名(牡馬牝馬問わず)

・ドラフトなし

・縛りなし

・母の名前だけでOK(全角カタカナ、箇条書きで準備しておいてね)

 

賞品はamazonギフト券。「優勝」と「変態指名で賞」のみ。

賞品の出処は浅次郎のポケットマネーである(笑)。

 

1年間、浅次郎と一緒に競馬を楽しみたい!って方は是非ご参加を!

 

定員は20人の予定。

締め切りは来週か再来週くらい(気分による笑)。

 

【日本ダービー2017大穴予想】東京芝2400mで行われる3歳頂上決戦日本ダービー(東京優駿)。今年は大混戦だが、栄冠はどの馬に?展開はどうなる?馬場は?ペースは?東京適正は?平均ペースからの瞬発力勝負だ!狙いは皐月賞2着のペルシアンナイト!相手にアルアイン!単穴にサトノアーサー!爆穴に岩田のベストアプローチ!

 

いよいよダービーですな!

 

ダービー馬の栄冠を手に入れるのはどの馬?

POG優勝は誰の手に?

我が馬券は当たるのか?

 

皆色々と思う所があるだろう。

各陣営、悔いなき競馬をして欲しい。

 

さて、

 

気になるのが馬場。

 

土曜の芝のレースをチェックしてたのだが・・・

 

なんと・・・!

 

芝の5レース中、5レースでピンク帽子の馬が勝利!

しかもその内4頭は大外馬番!

しかもそのほとんどが外差し!

 

こりゃアドミラブルに追い風?

馬場の傾向変わったか・・・?

 

■日本ダービー2017前日オッズ

netkeibaより抜粋

 

上記オッズは土曜18時にキャプチャしたものであるが、

 

アドミラブルがやはり1番人気になるだろう。

 

しかしCコース替わりで内が有利になるかと思いきや、

土曜の結果は「外差し馬場」。

単なる偶然かもしれんが・・・うーむ。

 

オークスの週が極端な内有利だったから(そう見えた)、

クレームが多くて、

JRA的にイジリー馬場ったのかもしれん。

 

 

私は馬場の専門家じゃないからよく分からんが、

23日に芝刈り、23~25日に散水をしている。

 

芝刈りによって芝の厚さを調整出来るわけだし、

散水によって芝の成長も変わってくるのだ。

もしかしたら外が伸びるように調整したのかもしれんぞ?

(実際のところは分からんけど)

 

しかしこれで、

なんともはや難解なダービーになったな。

 

展開を予想しておこう。

 

■日本ダービー2017展開予想

逃げ候補は
マイスタイル
クリンチャー
トラスト

先行勢は
ダンビュライト
アメリカズカップ
アルアイン
ダイワキャグニー

差し勢は
スワーヴリチャード
マイネルスフェーン
ペルシアンナイト
カデナ
ジョーストリクトリ
ウインブライト

追い込み勢は
サトノアーサー
レイデオロ
ベストアプローチ
キョウヘイ
アドミラブル

明確な逃げ馬候補は不在。内枠を引いたマイスタイル、クリンチャーあたりが行くのか?それともトラストが行くか?それともそれとも意外な馬が行くのか?いずれにせよ速いペースにはならんか・・・?

 

土曜日の馬場が維持されるとすれば、

 

馬場は良好。

 

1000m通過は60~61秒くらいの平均ペースを予想しておこう。

 

そのまま淡々と流れて、

 

上がり3F34秒前後の瞬発力勝負。

トータルは2分25秒前後。

 

土曜の競馬を参考にするなら、

 

「差し→差し」

 

あるいは、

 

「差し→先行」か。

 

外差しが頻発していたが、

5Rを勝ったサーレンブラントは内をついて伸びてきた。

 

そもそもCコース替わりで内が悪いはずはない。

 

ということは、

 

内も伸びるし、外も伸びる。

 

ということではなかろうか。

 

そんな馬場での・・・ガチンコ勝負!

になると想定して予想しよう。

 

ただし、大事なのは「瞬発力」。

土曜のレースも上位を独占したのは・・・

 

「上がり3F上位馬」

 

であった。

 

1800以上の中距離で33秒台を使える馬を狙いたい。

 

■日本ダービー2017東京適正

中距離(1800m以上)の500万条件以上で上がり33秒台を使ったことがある馬

スワーヴリチャード(東スポ杯33.6)
サトノアーサー(毎日杯33.3)
ペルシアンナイト(アイビーS33.9)
カデナ(京都2歳S33.6)
ダイワキャグニー(セントポーリア賞33.4)
アドミラブル(アザレア賞33.5)

もちろん、上がり3Fのタイムは馬場やコースや展開や位置取りによって変わるので一概には言えん。しかし、やはり瞬発力がある馬は速い上がりが使えるわけで、今回の舞台「東京2400」では大きな武器になる。この中からダービー馬が出るのか?それとも・・・・?

 

netkeiba予想陣の印を見ておくか。

 

■日本ダービー2017netkeiba予想陣の印

netkeibaより抜粋

 

見事に印が割れてますなあ・・・

 

1番人気のアドミラブルは大外枠が嫌われたのか・・・◎3個。

レイデオロ、スワーヴリチャードの方がむしろ印は濃いな。

 

そんで皐月賞馬アルアインの印が薄いこと!

やはり「皐月賞勝ちは馬場の恩恵があった」と見る向きが多いのだろう。

 

カデナ、サトノアーサー、ペルシアンナイトあたりも印薄い。

 

こりゃどこから入っても良さそうやな。

 

さて・・・

 

今までの予想はこちら。

日本ダービー2017データ分析!枠順、脚質の有利不利は?

日本ダービー2017調教チェック!特A評価馬は?

 

非常に、

 

非常に難解であるが・・・

 

今回の馬券は・・・

 

 

チンコ、もってくれよ!

3倍モッコリケツ馬券だ!

 

■日本ダービー2017浅次郎予想印

今回、多少人気サイドの馬に◎を打つので、相手は絞って行く。

さて、モッコリケツ馬券師浅次郎の◎は・・・?

ペルシアンナイト(6番人気)

「浅次郎さん、今日の◎はいつもよりまともですね。当てに行くのですか?」・・・やかましわ!これでも、この馬の単勝が10倍以下にならんかヒヤヒヤしたわ!(※注、常穴馬券術のルールでは単勝10倍以上の馬じゃないと◎を打てない)・・・皐月賞の回顧の時にも書いたが・・・この馬、皐月賞はとんでもなく破天荒なレースをしているのである。向こう正面で7~8馬身ほどポジションを上げて先団に取り付き、そこから上がり3位となる34.1を繰り出して2着。え?そうだっけ?という方はもう一回見てみるといい。7番に注目。

 

 

上手く乗ったとか、高速馬場を見越したミルコのファインプレーだった、とかそういう次元の問題ではない。普通あれだけ道中脚を使ったら直線で伸びるはずがないのである(同じように上がっていったカデナは全く伸びなかった)。つまりどういうことかというと、この馬・・・瞬発力はもとより、スタミナ・持久力ともに超ハイレベルであり、東京2400はピッタリなのである(浅次郎調べ)。

 

体型的な点を心配する声はあると思うが、過去にも「マイラー体型なのになんで?」って言う馬は沢山いただろう?人間だってデブなのに速いやつもいるし、チビなのに速いやつだっているじゃないか。

 

 

ま、たしかにマイラーっぽく見えるな(笑)。しかし血統を見れば母方はゴールドアリュールを出した中距離系パワー型で、母オリエントチャームは秋華賞4着の実績がある中距離馬(実績は1600~2000)。父はオークスで2着だったモズカッチャンと同じハービンジャー。ちなみに、オークスで4着だったディアドラもハービンジャーであり、実はハービンジャーにとって東京の中距離は庭なのかもしれん。

 

この舞台なら道中は中団後方でよろしい。戸崎がどう乗るのか分からんが、スタートダッシュが上手い馬ではない。外目の枠だし、ゆっくりスタートして1コーナーまでに内に入れて欲しい。後は直線まで我慢。タメが効けば、相当切れると思う。中団外目をズルズルと追走するのはヤメてね圭ちゃん。

 

アルアイン(4番人気)

相手は皐月賞馬のアルアイン。この馬の長所は好ポジションが取れるセンスの良さ。そして終いもきっちり切れること。内目のナイスな枠を引いたから、馬なりのまま3~4番手のインが取れるんじゃないかな。オークスのソウルスターリングのイメージで回って来て、直線突き放すような競馬をして欲しい。そこに内からペルシアンナイトが襲いかかるイメージ。「結局・・・皐月賞の1着、2着馬かい!」というオチ希望。レコード勝ちした皐月賞馬がこの人気。ま、屋根のせいだろうけどね。今年のダービーは異様である。

 

サトノアーサー(5番人気)

瞬発力で言えば、この馬が一番切れる。そしてその切れ味は東京でさらに増すだろう!幸いなことに内枠を引いたから、馬なりのまま出ていって後方のインで脚を溜めればよろしい。ハイペースになったら厳しいかもしれんが、そう速くはならんだろうしな。ペルシアンナイトと一緒に直線突っ込んできて欲しい。

 

ベストアプローチ(11番人気)

2~3着候補にこの馬。色々あって出世が遅れたが・・・東京2400なら?と思わせる馬である。アドミラブルに突き放された青葉賞をもう一回見てみよう。9番。

 

 

ア、アドミラブル強えな(笑)。しかし、ベストアプローチも負けず劣らず良い競馬をしているのだ。後方で脚を溜めて直線勝負。一旦アドミラブルを先に行かせて後ろから襲いかかったが・・・坂を登ってから突き放されてしまった。結果的に差は2馬身半。この2馬身半は永久に埋まらない2馬身半かと言うとそうでもなくて、体調とか枠とか展開とかチンコの状態でゴロリと変わってもおかしくないのである。で、ベストアプローチの今回の調教は抜群の特A評価。欲を言えばもうちょい内の枠が良かったが、岩田なら徹底してイン狙いだろう。アドミラブルが大外を回すようなら・・・?入れ替わってもなんら不思議なし。いつも言ってるが、オッズほどに能力差はないのである。

 

馬連 ◎-◯ @2000円

ワイド ◎-◯ @1000円

馬連 ◎-▲△ @500円

三連複 ◎流し @100円

三連単 ◎→◯▲△→◯▲△ @100円

 

あ、一応言っておくが、「ダービーだからいつもの3倍勝負」ってわけじゃないぞ(管理人はいつも1レースあたり1000~2000円を予算に競馬を楽しんでいる競馬オヤジである)。狙った馬で勝負になる!と心の中のドクロスイッチを押したから3倍勝負なのだ(ポチッとな)。

 

 

ま、当たるか当たらんかは置いておいて、賭け事は「押し引き」が大事である。イケる!と踏んだ時に厚く張り、そして勝つのが本物のツワモノギャンブラーである。私の場合、厚く張った時はいつも、

 

 

となっちゃうんだけど(笑)。

 

(だからルール作りが大事!)

 

頑張れー!ペルシアンナイト!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

スワーヴリチャードの評価が高いな。確かに絶好枠だし、ローテ的にも理想的だし、調教も超抜群。東京2400も向くだろう。私も高く評価している馬の一頭である(直前まで買うつもりでいた)。ただ、それでも皐月賞は負け過ぎだと思うんだよなあ~。せっかく前目の絶好ポジションが取れたのに道中でポジションを下げてしまったのが気に食わない。改めて実績を見ると、負かした馬達(エトルディーニュやムーブザワールドなど)は、その後イマイチの成績。ちょっと過剰人気のような気がしてならん。この馬、完成するのは古馬になってからじゃないかな・・・?とか言ってると圧勝しちゃったりしてね(笑)。

アドミラブルは大外枠の上、前走の反動が怖い。この枠でも2~3着は十分有り得ると思うが、追い込んで4~5着希望(笑)。レイデオロは「前走ブッツケ」「前走ゴール前の脚が光った」という理由で人気になってるわけだが、この手の馬は印象が良くなるから過剰人気になりやすいんだよね。もちろん能力が高いのは承知だが、来たら素直にゴメンナサイだ。

直前に切ったのが、皐月賞上位のクリンチャーダンビュライト。しかし、今回は◎が人気サイド。ここまで印が回らなかった。しょうがない。

 

 

【日本ダービー(東京優駿)2017調教チェック】枠順出た!神枠に入ったのはどの馬?なんとアドミラブルは試練の大外枠!そして調教チェック!浅次郎の調教チェック特A評価馬は?抜群馬にスワーヴリチャード!アルアイン!ペルシアンナイト!調教穴馬にベストアプローチ!人気のアドミラブル・レイデオロの調教はイマイチ?

 

私は今、人生の何章目にいるのだろう?

 

あと何度ダービーを見ることが出来るのだろう?

 

そんなことを考えながら

 

ダービーの枠順を見ている。

 

■日本ダービー2017枠順

netkeibaより抜粋

 

なななんと!

 

浅次郎の願いがケツ神さまに届いたのか!

 

 

アドミラブルが大外枠に!

 

そして、レイデオロ、カデナ、ペルシアンナイトあたりの人気馬も外目の枠に!

 

対照的に好枠をゲットした人気馬は、

 

4番スワーヴリチャード!

6番サトノアーサー!

7番アルアイン!

 

そしてダービー神枠「1番」をゲットしたのは・・・

 

ダンビュライト!

 

ってあれ?

 

いつの間にかnetkeibaの予想オッズが7番人気になっとる!

 

はは。みんな当たり前のように知ってんのね(笑)。

(こうなると逆に1番は過剰人気枠だなあ)

 

 

おーし!

 

 

田沢ぁぁぁぁ!

 

 

得意の九九言ったれ!

 

 

 

 

データ分析でも書いたが、

例年ダービーは「内枠有利」「外枠不利」である。

 

特に、

1番は鬼の強さで過去10年で7頭が馬券になっているのであり、

大外ピンク帽なんてのは過去10年2着が一回だけである。

 

先週のオークスもそんな馬場だったし、

Cコース替わりで更に拍車が掛かると思われる。

 

アドミラブルは

「青葉賞」のジンクスと

「大外枠」の業を負うことになるな。

 

こりゃ面白くなってきた!

 

さて、

 

お待ちかね!

 

浅次郎の調教チェックだぜ!

 

■日本ダービー2017調教チェック!

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによるスーパーエロイヤ人ジャッジである。巷の調教ジャッジとはいささか先生だと思うが、参考になれば幸いだ。なお、調教は馬の調子を見るためのものである。馬の強さを測るものではない点、ご承知を。調教映像はyoutubeでも見れるけど、JRAの公式映像はこちら→JRAダービー調教(金曜12時)

【調教が良さそうな馬、メイチ仕上げの馬】

ダンビュライト
栗東坂路良【52.6-38.6-25.6-13.0】馬なり 武豊
3週連続で好時計!1週前に51秒台を出して負荷を掛け、最終は馬なりで52秒台。前走と違うのは最終一杯に追って53秒台だった点で、明らかに今回の方がデキがいい!最高の枠を引いたし、これは勝負になるかもよ~!

スワーヴリチャード 特A評価!
CW良【84.2-68.2-52.2-37.7-11.7】馬なり 助手
2週前にも時計を出してるんだが、圧巻なのが1週前!長めに乗ってCW36.5-12.2!なんかあんまり速そうに見えないのにこれだけ時計が出てるのが脅威。最終は軽めだが豪快な動きで先着!これは完璧に仕上がった!文句なしで特A評価!

クリンチャー
栗東坂路良【54.8-39.4-25.3-12.2】G強 藤岡佑
時計的には特筆することはないのだが、大事なのは過去との比較である。正直、すみれ賞時も皐月賞時も良く見えなかった。皐月賞時の最終は坂路で56.1、一週前はCWで39.9。これに比べると格段に良くなっているのは明白。怖い一頭!

サトノアーサー
CW良【52.9-38.3-11.8 】馬なり 川田
4週連続好時計!皐月賞をパスしてミッチリ乗り込んで来た!7秒台-ラスト11秒台というキレのある動きを連発しており、最終は馬なりでも豪快な動き。仕上がり文句なし!

アルアイン 特A評価!
CW良【52.8-37.7-11.8】馬なり 松山
うおっ・・・こりゃいいわ。皐月賞の時は中2週で実質追い切り1本だけ。今回は坂路をCWできっちり負荷を掛け更に上の状態に持って来た。皐月賞の時よりいい!

ベストアプローチ 特A評価!
CW良【64.2-50.5-37.2-11.7】一杯 岩田
なななんと・・・1週前は軽めの馬なり調教だったんだが、土曜追いで37.1-12.2!そして最終追いで37.2-11.7。ちょっとこのパターンは珍しく、やり過ぎを心配したくなるくらいの限界仕上げ。逝く寸前の竿先のよう。特A評価!

ペルシアンナイト 特A評価!
CW良【51.8-37.4-11.8】馬なり 水口
やべえこれ・・・最終は軽めでもこの時計!そして一週前は長めから一杯に追って併せ馬で豪快に先着。唸るような迫力で素晴らしい動きである。皐月賞の時より格段にいいだろこれ・・・絶好調特A評価!

カデナ
CW良【82.3-65.7-51.0-37.7-11.8】仕掛け 助手
今まで坂路でマッタリと仕上げていた馬が、今回はCWで最終ビシッと負荷を掛けてきた。陣営の意気込みを感じますなあ。重心が低くて軽快な走り。いい状態に仕上がったと思う。

 

全体的にヒジョーにレベルが高い!ので、ジャッジはかなり辛口にしたつもりだぞ!一応言っておくが、ここに挙げなかった馬が「調子が良くない」ってことじゃないけんな!一生に一度の大舞台。各陣営、現時点での最高仕上げで臨んで来ているぞ!

 

抜群に良かったのはスワーヴリチャードである。頭が高いのが気になるが、これだけ好時計を出せるのは能力はもちろん調子が良いからこそ。絶好の枠を引いたし、中団前目のインで競馬が出来れば戴冠のチャンス十分だろう。そしてアルアインペルシアンナイトの池江勢も攻めの調教。皐月賞の結果に驕ることなく徹底して負荷を掛けて来た。もう一頭の池江勢サトノアーサーも仕上がりは抜群である。皐月賞をパスしたのが吉と出たな。

調教穴馬の筆頭はベストアプローチ。土曜-水曜で鬼時計を出しており、これ以上はない仕上がり。後は能力が足りるかどうか。それからクリンチャーも皐月賞以上のデキ・・・いや、一変している可能性すらある。逃げ馬候補で内枠・・・非常に面白い一頭。ダンビュライトの人気が上がったのは枠のせいだけじゃなく、調教も評価されたのかな?これも皐月賞以上のデキだと思うぞ。

あと一変しているかもしれんのがカデナ。この馬、今まで最終坂路53~55秒位のマッタリとした仕上げで結果を出してきたのである。しかし今回はCWでミッチリ。どんな結果になるか分からんが・・・人気が落ちる今回が買いなのかもしれない。

 

さて、毒者諸兄が気になっている馬を挙げておこう。

 

アドミラブルね。うん。最終追い切り見れば分かる通り、動き的には文句ないよ。しかしこの馬、半年ぶりだった3月の未勝利戦の時に坂路馬なりで51秒台を出してる馬なのである。つまり、元々調教は走る馬。それが今回は一杯に追って52.9。ダービーに出るためには仕方なかったとはいえ、中3週、中3週、中3週の強行軍である。疲れがないと言えば嘘になるだろうし、この馬のピークはアザレア賞の時で、青葉賞は「相変わらず調子がいいです」くらいでの出走だったのではないかと思うのだ(見た目圧勝の内容だが、なんとなく行きっぷりが悪かったように思う)。能力が半端ないのは重々承知。アッサリとブッちぎって勝ってしまうかもしれん。ただ、今回のダービーは上がり調子で迎えるのではなく「なんとか状態を維持して・・・」というのが本音ではなかろうか?大外枠に入ってしまったし・・・ケツ馬券師的には切りの一手。POG馬だけに微妙な心境だけれども。

 

それからレイデオロも気になるよなー。正直に言えば、この馬は藤沢厩舎らしい「馬なりオンリー」の仕上げなんで・・・良く分からんのである。3頭併せの内。僚馬も馬なりで、ユッタリ併せて併入。クビを使った軽快な動きで状態はとてもいいと思うが、「負荷」が掛かっているのかどうかは良く分からんのだ。そう言えば、オークスのソウルスターリングも似たような感じであったな。

 

ほか、狙っていたウインブライトは邪スカウターに反応せず。

 

 

「あんた、それ記念出走だろ!」

 

って馬も数頭いますな(笑)。

 

ちなみにこちらは優馬のダービー調教採点。浅次郎の採点とはやっぱり違うねー。

 

調教後の馬体重も見ておくか!

 

JRAより抜粋

 

気になる馬をピックアップ。

 

クリンチャー ±0kg 輸送で減るかな?

ベストアプローチ +14kg これはプラスになりそうだな。でも前走マイナスなんでちょうどいいか。

ペルシアンナイト ±0kg これも輸送で減るか?

アドミラブル +16kg デビュー以来ずっと馬体重が減ってきているのでマイナスよりよっぽどいいが・・・それにしても大幅に増えたな。輸送で多少減るだろうけど・・・どう出るかな?

 

他はあまり問題なさそうやな。今んとこ。

(輸送やこれから飼い食いで変わる)

 

しかし、こりゃどの馬が勝ってもおかしくない大混戦。

 

枠順が決まって更に混乱しそうだな。

 

↑気に入った(笑)

 

あ、

 

ダンビュライトの人気がまた上がってる(笑)。

 

netkeibaより抜粋

 

実際のオッズではここまでならんと思うけどな。

(ネット見てる人はデータ派が多い)

 

さて、

 

結論は日曜日。

 

モッコリケツ馬券師浅次郎の最終結論は・・・?

 

 

 

そ、その最終九九は間違っているぞ田沢!(笑)

 

しかし、

 

馬券がハズレたとしても、

予想が的はずれだったとしても、

 

田沢の如く鮮やかでありたいものである。

 

 

おう、いつ見てもさすがじゃのう浅次郎の予想は

なんでも今度は◯秘の馬券術を公開するって話だぞ?

ウーム。浅次郎ならやるかもしれんな。

 

日曜日を待て!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

毒者の中に、若ハゲあるいはM字ハゲに悩んでいる諸兄はおるだろうか?何を隠そう浅次郎はM字ハゲに悩むアラフォーオヤジである。38歳の時、どんどん広くなるオデコに気付き・・・以来ずっと育毛に励んでおる。まだ・・・まだ、ハゲたくないニョロよーーー(笑)。ボカシなし→浅次郎のMハゲ回復画像あり

 

 

【日本ダービー(東京優駿)2017データ分析】東京芝2400mで行われる3歳チャンピオン決定戦。大混戦の今年は枠順が大事?Cコース替わりで内枠が絶対有利?1枠は神枠?脚質は先行・差し互角。穴馬脚質は逃げ・先行!データ穴馬はクリンチャー、ダンビュライト、ペルシアンナイト。爆穴にウインブライト、マイスタイル。

 

やっぱ、ダービーは情報量が違うなぁ。

 

色んな所で、色んなことが言われているが、

 

アドミラブルとレイデオロが人気になりそうな・・・

 

 

 

結局、

 

ミルコとルメール?みたいな。

 

 

 

結局、

 

合コンでは性格より見た目?みたいな。

 

 

 

違う!女は性格でも顔でもない!

 

 

 

愛嬌である!

 

 

 

 

こ、

 

これは女じゃねえだろ!

 

 

うむ。

 

しかし、愛嬌があれば

オカマでもカワイイと思ってしまうのは私だけではあるまい。

 

ブスッとしてる美人より、

ニコニコしてるブスの方がいい!

 

 

笑顔は宝である。

 

ハズレてもハズレても懲りずに笑顔で逝くぜ!

 

今日はデータ分析行くぞー!

 

■日本ダービー2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

いーっひっひっひ!

 

 

「浅次郎さんの笑顔はドス黒いですね」

 

や、やかましわ!

 

私が狙っている馬はいい感じに人気が落ちそうである。

このままもうちょっと人気落ちてくれよぉ!

 

アルアインの評価が低くなってるのは「騎手」の差か。

実際のオッズではもっと僅差になると思うが、

1番人気はアドミラブルになるかな。

 

それから叩いて良くなってそうなレイデオロ、

最初からダービー狙いのスワーヴリチャードが人気。

この辺は想定通りだな。

 

ちょっと驚いたのはカデナの人気急落ぶり。

この馬は東京の方が向くと思うけどなあ。

 

早速JRAのデータから見てみよ。

 

■日本ダービー2017、JRAデータ分析

JRAデータ分析より

 

頭は堅いが、2~3着のヒモは結構荒れる!

 

これがダービーの基本である。

 

ただ、

何でもそうだが思い込みは良くない。

 

このデータは、

ダービーのみ参戦のにわかファンを含め多くのファンが見るわけで、

馬連や三連系の馬券の多くが「1~3番人気」を中心に売れるわけ。

 

だけど今年は本当に激戦である。

4~6番人気の馬だってオッズほど能力に差があるわけではない。

 

「頭は堅い」のイメージが強すぎると、

取れるはずの馬券を取り逃がすことにもなりかねんぞ。

 

枠順データは後から自分でもやるが、先にJRAのデータを載せておこう。ご覧の通り、ダービーは1枠(白帽)が圧倒的に強い。もう1枠の単勝買っときゃ50%の確率で当たるわけだから半端ないデータである。さらに!先週のオークスの結果が「1枠→1枠」決着・・・さらに「1枠有利データ」が加速すると思われる。

 

ただし、

 

これも「思い込み」は良くない。

 

確かに今週からCコースになるし、今の東京は内伸び馬場だし、内の方が有利であろう。しかし、「内枠」にはリスクもあるのである。特にアドミラブルやレイデオロなどの人気馬はマークされる立場にあるわけで、内枠だと外から被せられてガッチリ囲まれてしまうかもしれんのだ。

 

狙いは内枠に入った人気薄の先行馬、あるいは差し馬。

モズカッチャンのイメージ。

 

ローテ的に圧倒的なのは「皐月賞組」。ごちゃごちゃと書いてあるが、その際の着順は問わない。皐月賞惨敗から巻き返す例もある。もう皐月賞組だけで組み立ててもいいレベルであるが、時々「青葉賞組」「京都新聞杯組」がヒモに入る感じ。桜花賞から馬券になったのウオッカのみ。NHKマイルC組はそこで勝ち負けしていることが条件。その他のレースは無視していい。

 

青葉賞ジンクス(青葉賞組はダービーを勝てない)への注目が集まるアドミラブルであるが、データ的には2~3着までであるな。青葉賞は破格の強さであったが、皐月賞に較べてメンバーが一枚も二枚も落ちる・・・ってのも事実。今回は明らかに過剰人気になりそうだ。

 

さて、

 

改めて枠順と脚質データを洗おう。

 

■日本ダービー過去10年馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2016年 3→8→1(18頭立て)
2015年 14→1→11(18頭立て)
2014年 2→13→3(17頭立て)
2013年 1→9→3(18頭立て)
2012年 10→1114(18頭立て)
2011年 5→17(18頭立て)
2010年 18→7(17頭立て)
2009年 1→12→10(18頭立て)
2008年 1→73(18頭立て)
2007年 31614(18頭立て)

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~49.9倍、ピンク:50.0倍以上

 

いつもは帽子の色で塗っているのであるが、今回はオッズで塗ってみよう。こうやって見ると、「頭は堅いがヒモは荒れる」というのが良く分かると思う。順当決着だったのは昨年のみ。他の年は必ずヒモ荒れしているのである。で、穴馬の馬番はどうなっているかというと・・・狙いはもう「内枠」である。2014年3着のマイネルフロストは単勝108倍。2013年3着のアポロソニックは単勝61倍。2011年2着のウインバリアシオンは単勝24倍、2010年1着のエイシンフラッシュは単勝31倍であった。いずれも白帽か黒帽。穴狙いなら内枠が絶対条件だ。

 

全体的に内枠が有利なのはJRAのデータで見た通り。特にとんでもないのが「1番」の成績である。なんと【4.2.1.3】という成績。

 

1番は神番!

 

と言っていいだろう。人気どころが馬券になるのは分かるが「人気薄」でも突っ込んでくるから「何が何でも買い」のゼッケン。それから、大外ピンク帽は非常に厳しいな。10年前に一度馬券になっているだけである。アルアイン、アドミラブル、レイデオロあたりがピンク帽で逝ってくれると嬉しいのだが(笑)。

 

■ダービー過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2016年 8→7→10
2015年 7→7→13
2014年 5→2→6
2013年 14→10→1
2012年 3→72
2011年 12→155
2010年 116→9
2009年 3→2→5
2008年 15→313
2007年 819

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~49.9倍、ピンク:50.0倍以上

3分割して見てみよう。4角1~6番手は13/30、7~12番手は12/30、13~18番手は5/30。先行、差し互角。追い込みも飛んで来る。特徴としては・・・「年ごとに傾向が偏ること」。例えば2016年、2015年、2013年、2011年は「中団からの差し」。例えば2014年・2012年・2009年などは「先行勢の前残り」。こうやって見ると・・・「展開決め打ち」は効果ありそうであるな。

脚質的に穴馬を探してみると、まず「逃げ馬」。それから3~6番手の「好位勢」。2011年に追い込んで2着に入ったウインバリアシオンは例外扱いでいいだろ(この馬は青葉賞を勝っておきながら10番人気だった)。

 

ケツデータ論。

・頭は堅いがヒモは結構荒れる!

・皐月賞惨敗組が狙い目。

・内枠有利!特に1番!大外枠は不利!

・前後互角!追い込みも来る!

・展開決め打ち推奨!

 

問題は今週の馬場がどうなるか?である。Cコース替わりで必然的に内が良くなるはずであるが、オークスを見る限り、Bコースでも内が良かったのである。この辺が馬場にどう影響するのか・・・土曜のレースは要チェックであるぞ。

 

さて、恒例の穴馬候補を挙げておこう。と言っても「枠順」が出ないことにはなんとも言えない部分が大きい。あくまで現時点での穴馬候補である。

 

まず、皐月賞4着馬のクリンチャー。皐月賞に関しては「特殊な馬場が味方した」という見解の方が多いかもしれない。ただ、そうだとしてもレイデオロやスワーヴリチャードに先着しているのは事実。ダービーでもまた馬場が味方するかもしれんじゃないか。血統を見れば父はダービー馬のディープスカイ。母父は多くのクラシック馬を輩出してきたブライアンズタイム。1枠1番でも引こうもんなら迷うことなく買い。

 

同じく皐月賞で好走しても人気にならないダンビュライト。この手の馬は、好走しても好走しても人気にならないことが多く、常に人気の盲点となる。あくまで枠次第、調教次第ではあるが、また突っ込んできても全く驚かないぞ。

 

そして、幸便な人気になりそうなペルシアンナイト。今回ミルコ→戸崎への乗り替わり。そして距離不安。5~6番人気に落ち着きそうな感じである。「皐月賞は上手く立ち回って・・・」的な評価をされているが、全く逆。「皐月賞はかなり無茶な競馬をして2着」だったのである。うっひっひっひ。逆らうヤツはアサデスノートに名前書いてやるぞ~~~。

 

 

もちろん、「枠順」「調教」次第であるが、現時点でのイチオシ。父ハービンジャーはモズカッチャンと同じで東京は問題ない!母はゴールドアリュールの全妹でちょっとダートぽいが、かなりの良血である。願わくば内枠を・・・(笑)。

 

爆穴に皐月賞16着のマイスタイル。皐月賞惨敗の理由は良く分からんが、弥生賞で逃げて2着だった馬である。内枠を引いて、他に行く馬がおらず、単騎での楽逃げになったら・・・?父は東京2400がピッタリなハーツクライ(母系は短距離系だけど)。枠次第で押さえておきたい一頭。

 

もう一頭。重賞勝ち馬なのに人気の盲点になっているウインブライト。皐月賞は大外枠の上に出遅れ。道中は中団の外に構え、早めに大外ブン回しで捲って行ったが・・・最後は多くの馬と同じ脚色になって8着。・・・とはいえ、スワーヴリチャードやレイデオロらと僅差の競馬。決して悲観する内容ではなかった。ステイゴールド産駒だから中山の方が向くと思っていたが・・・ヴィクトリアマイルは同じステイゴールド産駒のアドマイヤリードが勝ち、NHKマイルCはクロフネ産駒のアエロリットが勝った。先週のオークスもどちらかと言えば重め血統ぽいモズカッチャンが2着に。今の東京はウインブライトでもやれるのかもしれん。内枠引いて、中団のインでじっくり構えられれば・・・ナメられたオッズになりそうだが、能力的な差はそんなにないぞ。

 

ここでちょっと競馬ブックのフォトパドックを見ておくか。

競馬ブックのフォトパドック

 

馬を見る目にゃ全く自信ないが(笑)、サトノアーサー、ウインブライトがやけに良く見えるなー。スワーヴリチャードは距離伸びて良さそう~。アドミラブルのバランスには惚れ惚れするな。ちょっと細く見えてしまうのは気のせいかな。ペルシアンナイトは確かにマイラーぽく見えるな。気にしないけど(笑)。

 

というわけで、

 

今年のダービーは、

 

枠番次第である。

 

なんてことを言っていると

 

「外枠勢同士で決着!」

 

になるかもしれんけどな(笑)。

 

調教チェック、展開予想は後日!

 

日本ダービー2017調教チェック!特A評価馬は?

 

 

【浅次郎のひとりごと】

私が若い頃の合コンは、友人のツテ頼みであったが、今は上場企業がプロデュースする時代なんやねえ。しかし、以前の合コンは開けてビックリ玉手箱大穴ばっかり)なことが多かったが、これだと相手を確認してから合コン出来るわけか。こりゃ来る馬が分かって馬券買うようなもんじゃないか。いい時代になったもんだ。

 

あっちゃんはこれ間違いなく美人だろ。

 

ぼ、ボカシを取るには・・・

 

東京・横浜・大宮・大阪・名古屋の合コンで素敵な出会いを。登録無料。

 

浅次郎は独身男の婚活、恋愛を応援している。

独身の馬券オヤジどもー!婚活、恋愛しようぜー!