【オークス2018コース適性】東京芝2400で行われる3歳女王決定戦オークス!アーモンドアイ、ラッキーライラックの再戦で盛り上がるが、両馬の東京芝2400適正は?血統は?間に割って入れる馬は?3着候補の穴馬は?コース適正から見る穴馬は、トーホウアルテミス、パイオニアバイオ、マウレア、レッドサクヤ、ロサグラウカ!

 

オークスは全頭が初距離となるし、

 

桜花賞組が1600→2400の大幅距離延長となるんでね。

 

毎度「距離適性」が議論されるわけであるが、

 

結局強いのは桜花賞組で。

オークス2018データ分析参照

 

 

結局また白鵬かい!

 

みたいなね(笑)。

 

今年も桜花賞上位を買ってりゃ当たりそうだけに、

こんな記事を書いても仕方ないかもしれんが、

 

競馬はいつだって何が起きるか分からんのである。

 

結果がどうなるかは置いておいて、

事前に最大限の努力することが肝要。

 

というわけで、

今日はオークスのコース適正をやるぞ!

 

■オークス2018コース適性(東京芝2400適正)

ただし、当然ながら東京芝2400実績がある馬はいないんでね。血統でのジャッジ+今までの競馬の内容で判断させて頂く。巷のジャッジと違うからといって空き缶投げないように。なお、今回抽選対象の馬は除外させて頂く。あと馬体診断は競馬ブックのPhotoパドックを参考にした。

アーモンドアイ
ロードカナロア×フサイチパンドラ。父は言わずと知れた短距離王。しかし、母はオークス2着、秋華賞3着、エリザベス女王杯で1着・2着。2000~2400mがベストだった名牝で。この点からも「アーモンドアイは距離をこなせるんじゃないか」と言ってる媒体が多いんだが、体型的には父ソックリに見える・・・。桜花賞のカミソリのような切れ味を見るとマイラーなんじゃないかと思ってしまうなあ・・・。あの脚を東京2400でも使えるのならウオッカクラスの化物だろう。

オールフォーラヴ
ディープインパクト×レディアルバローザ。母父はキングカメハメハなんで「ダービー馬×ダービー馬」だね。母レディアルバローザは1600~2000で活躍した中山牝馬Sを2度勝ち、ヴィクトリアマイルでも3着の実績がある。前走のレース振りからも距離延長は歓迎ぽい。ただ、馬体重が減り続けているのは懸念材料。

オハナ
ディープインパクト×ハウオリ。この馬も母父はキングカメハメハ。母、姉達も堅実に走っているが適正は1600~1800という感じで。東京2400はちょっと疑問。

サトノワルキューレ
ディープインパクト×ヒアトゥイン。母系は謎でサッパリ分からんのだが、おそらくディープインパクト用に輸入されたんだろう。この馬自身、すでに阪神2400での勝鞍があり、東京2000のフローラS勝ちがあるわけで、東京2400適性を言えばこの馬が一番だろう。経験は大きい。

サヤカチャン
リーチザクラウン×アップルトウショウ。母父はアンバーシャダイなんで距離適性長そうなんだが、一つ上の全兄のニシノアップルパイはどうやらマイラーで。可能性はあるが、ちょっと厳しいかな。。。

トーセンブレス
ディープインパクト×ブルーミンバー。母父はフェアリーキングだが・・・母ブルーミンバーは1200のスペシャリストでオープンまで行った活躍馬。近親に桜花賞3着のカタマチボタンがいるんだが、オークスは13着・・・血統的にはマイル以下って気がするね。体型的にも短い所が良さそうに見える。

トーホウアルテミス
ハーツクライ×トーホウガイヤ。母父はアンブライドルズソング。母は地方で活躍したダート馬だったが、兄に菊花賞馬のトーホウジャッカル(父スペシャルウィーク)がいる血統で。自身の勝鞍も2000m、2200mであることからも距離延長は歓迎だろう。一発あるかも?

パイオニアバイオ
ルーラーシップ×アニメイトバイオ。母父はダービー2着のゼンノロブロイ。母アニメイトバイオは桜花賞8着→オークス4着→秋華賞2着だった馬で。母の弟には先日天皇賞春を買ったレインボーラインがいる血統。この馬自身も2000m以上で覚醒する可能性あると思うぞ!

マウレア
ディープインパクト×バイザキャット。母父はディープインパクトとのニックスで有名なストームキャット。マイラーっぽい感じするが、全姉のアユサンは桜花賞1着→オークス4着。今回人気急落しそうだが、3着候補としてなら十分あると思うけどね。

ラッキーライラック
オルフェーヴル×ライラックスアンドレース。母父はフラワーアレイ。フォーティナイナー系の米パワー&スピード血統。2つ上の姉ラルクは条件馬だが2000m以上が適距離の馬。父オルフェーヴルは言わずと知れた三冠馬で、スタミナは無尽蔵であった。ただし、だからといってこの馬もそうとは限らないけんな?ま、馬体を見ると胴長で距離延長は大歓迎ぽいけどね。アーモンドアイと比べると体型の違いが一目瞭然だよね。

ランドネ
Blame×Loure。スマン。サッパリ分からん(笑)。体型的には中距離向きだと思う。

リリーノーブル
ルーラーシップ×ピュアチャプレット。母父はクロフネ。母はダートの短距離馬だった。祖母バプティスタも1600くらいがベストだった馬で、血統的には父ルーラーシップを頼るしかないか。体型的には・・・中距離もやれるような気もするが、よく分からん(笑)。

レッドサクヤ
ディープインパクト×サクラサクⅡ。母父はこれまたディープインパクトとニックスのデインヒル。母は競走成績なしだが、産駒にエイジアンウインズ(ヴィクトリアマイル勝ち)、エバーブロッサム(オークス2着)がいる。全姉のエバーブロッサムがオークス2着なのはこころ強い限り。今回人気急落しそうだが、血統的には狙えるぞ!

ロサグラウカ
ルーラーシップ×ローザブランカ。母父はクロフネ。ロゼカラー→ローズバドと続く薔薇一族の末裔。祖母ローズバドはオークス2着、秋華賞2着、エリザベス女王杯2着・・・と血統的な底力はあるぞ!自身も2000m→2200mと2戦2勝。距離延長は歓迎だろう。

 

コース適性から見る穴馬候補は、オールフォーラヴ、トーホウアルテミス、パイオニアバイオ、マウレア、レッドサクヤ、ロサグラウカあたりかな!

 

以上、参考まで。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

<新潟女児殺害>近所の23歳男を逮捕 死体遺棄・損壊容疑

チンコ輪切り、キンタマすり潰しの上、死刑でよろしく。

 

 

 

 

【ヴィクトリアマイル2018予想・コース適性】東京芝1600mで行われる古馬牝馬マイル女王決定戦・ヴィクトリアマイル!今年はリスグラシュー、アエロリット、ミスパンテールが人気になりそうだが、東京1600のコース適性は?東京マイル適正が高い穴馬は、デンコウアンジュ!ジュールポレール!レッドアヴァンセ!リエノテソーロ!

 

競馬に限った話ではないが、

 

馬も人もチンコも、

 

何かをキッカケにして

「化ける」ことがありますな。

 

 

藤岡佑介がNHKマイルCを勝ったことによって

「化ける」可能性は十分あると思う。

 

なぜなら、今後、大きなレースで、

今までより良い馬が集まって来る(はず)からだ。

 

飲み会でモテるヤツが大体決まってるのと同じで、

GⅠを勝つ騎手ってのも大体決まっていてね。

(「GⅠ初勝利!」ってニュースは滅多にないよね)

 

それは騎手の腕もさることながら、

「良い馬が集まる」

ってのが一番大きな理由なわけ。

(あるいは良い馬を取られない)

 

自分が馬主だったら・・・って考えてみるとわかりやすくて。

 

やっぱりGⅠに一度も勝ったことがない騎手より、

GⅠを何度も勝ってる騎手に頼みたいわな。

 

で、藤岡佑介は今まで何度もGⅠでの2着があったんだが、

やっぱり1着と2着は大違いで。

 

勝ったことによって

「GⅠ勝てる騎手」

というイメージに変わるわけよ。

 

特に、藤岡佑介は最近は乗れてるからね。

ミルコに頼もうと思ったけど空いてないし・・・じゃあ藤岡に頼もうかな?

って陣営がこれから出てくるだろうと思う。

本当の確変はこれからなのかもしれない。

 

私のチンコも確変しないかなー。

 

さて、

 

今日はヴィクトリアマイルのコース適正をやるぜー!

 

■ヴィクトリアマイル2018週初め予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ん?

 

アエロリットは戸崎か。

 

横典はミスパンテールを選んだみたいやね。

 

ふーん。なるほどね。

 

で、今週から武豊が戻って来て一番人気か。

 

確かにリスグラシューは今までほんとに安定して結果を出してる馬だが、

このメンバーで能力最上位か?

・・・かと言えばドッコイドッコイだと思うけどね。

 

まあ、ヴィクトリアマイルはこの手の馬が勝つレースではあるが。

 

さて、

 

各馬の東京マイル適正を見ておこう。

 

■ヴィクトリアマイル2018東京芝1600m適正

【かっこ】内の数字は東京芝1600mの成績。赤字は東京マイル適正が高そうな馬。

アエロリット【1.1.0.0】
昨年のNHKマイルC勝ち馬。夏のクイーンCで古馬を一蹴。秋華賞では1番人気に支持されたが、馬場が悪かったのか距離の問題か失速の7着。今年緒戦の中山記念では牡馬相手に2着。牝馬相手ならトップクラスの能力があるのは間違いなし。血統的にも今回の東京マイルはベスト条件だと思われる。

アドマイヤリード【1.0.0.1】
昨年の当レース勝ち馬。いい脚を長く使うタイプで、コース的には東京や京都が合ってると思う。このレースはリピーターが数多く好走しているしね。当然この馬も要注意。

エテルナミノル【1.0.0.0】
東京マイルを走ったのは準オープン時代の一回だけ。得意な条件が良く分からない謎の馬である。

カワキタエンカ【0.0.0.0】
東京マイルどころか東京コースが初。脚質的にも能力的にも東京の瞬発力勝負が合っているとは思えない。・・・が、血統を見ると東京マイルはストライクである。スローに落とさず、後ろにも脚を使わせるようなレースをしたい。

クインズミラーグロ【0.0.1.2】
戦績はすべて未勝利時代のもの。出世してからは1800~2000をメインに使われてるからマイル戦自体あんまりキャリアがないのである。しかし東京コースも【1.0.1.6】で、良績は小回りコースに集中している。適正低いと言わざるを得ないね。

ジュールポレール【0.0.1.0】
東京マイルは昨年のヴィクトリアマイル3着のみ。間違いなく東京マイルが合う瞬発力型。この馬もコース適性から侮り難し。

ソウルスターリング【0.0.0.0】
東京マイルは初。東京コースは【2.0.0.3】。着外の3レースは、毎日王冠・天皇賞秋・ジャパンカップなんでまあ例外と言えば例外。さてこの馬の評価が最も難しいところだが、個人的に東京マイルはベスト条件だと思う。ただ、前走の負け方を見ると・・・

これで全く伸びないとは・・・。か・な・り不安だね。一部でも言われているが・・・早熟だった可能性有り。もちろんアッサリ勝つだけの能力あると思うが、人気薄じゃないと買えない。

デアレガーロ【0.0.0.0】
ぬ・・・?ノーマークであったが、この馬怪しいな・・・。なんかケイアイエレガントの臭いがする(笑)。東京適正は謎だが、瞬発力半端なさそう。

デンコウアンジュ【1.1.0.1】
去年の2着馬。2歳時のアルテミスSでメジャーエンブレムを差し切った時からの大ファン。え?お前の話はいい?まあ、そう言わずに(笑)。昨年も、この馬の「東京マイル適正」を信じて◎を打ったわけだが、この馬のベストは間違いなく東京マイル。展開の助けが必要なのは確かだが、ハマれば33秒台前半の脚で突っ込んでくるぞ!東京マイル適正で言えばこの馬が一番だと思っている。

ミスパンテール【0.0.0.0】
ダイワメジャー産駒らしいパワータイプのマイラーで。戦績からもベスト1400~1600mなのは間違いない。で、この馬の東京マイル適正だが・・・中山マイルのような力の要る馬場が得意なタイプで、東京で切れるかというと・・・ちょっと疑問。走ったことないから分からんけどね。

メイズオブオナー【0.0.0.0】
東京適性不明。

ラビットラン【0.0.0.0】
この馬の適正も謎である。ローズSの時の鬼脚の印象が強くてね。最近まで人気になってたんだが、前走から人気ガタ落ち。今回も相当な人気薄になると思うが、その前走はスローに殺されつつも上がり最速を繰り出してるんだよね。東京マイルでハマったら大外一気で飛んできそうな。

リエノテソーロ【0.1.0.0】
昨年のNHKマイルC2着馬。その後、謎の使われ方をされて惨敗続きなんだが、東京マイル適正が高いのは間違いない!ソー◯ー怖いよー。

リスグラシュー【2.0.0.0】
2歳時にアルテミスS勝ち。そして古馬になって牡馬相手の東京新聞杯勝ち。東京マイル適正は文句なしですな。

レーヌミノル【0.0.0.1】
東京マイルは一回走ってクイーンC4着。この馬もパワータイプのダイワメジャー産駒で、先行してしぶとく、長くいい脚を使えるのが特徴。昨年の桜花賞でリスグラシュー・ソウルスターリングを負かしており、マイルCSでは強豪牡馬と互角に走って4着。確かに東京適正は微妙だが、マイル適正で言えば、リスグラシューより上だろう。前で残るならこのタイプの馬だと思う。

レッツゴードンキ【0.1.0.2】
着外の2回は、2016年・2017年のヴィクトリアマイルのもので。いずれも二桁着順の惨敗。古馬になってからは1200~1400のスプリント路線で結果を出しており、残念ながら東京マイル適正は低いと言わざるを得ない。ダートなら1600も持つと思うけどな。

レッドアヴァンセ【1.0.0.0】
東京マイルは2走前の準オープンで1回走っただけだが、相当適正高いと思う。血統的にも・・・先週NHKマイルCで3着に突っ込んできたレッドヴェイロンは弟。兄にクラレント(東京マイルは鬼)、レッドアリオン(マイル重賞2勝)がいる超良血馬(他、リディル、サトノルパンも兄)。前走では実際にリスグラシューに先着しているわけでね。人気薄になるようなら全力で買いたい馬である。

ワントゥワン【0.0.0.1】
出遅れ癖もあって、常に最後方から末脚勝負に賭ける瞬発力タイプ。東京コース自体は合うと思うが、さすがに敷居が高いと思うけどね。確変中の鞍上が怖いけど(笑)。

 

以上、参考にしてくりゃい。

 

調教チェックは金曜日の予定だ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

現時点での浅次郎POGの順位を見ておこう!

残す大一番はオークスとダービーのみ!asajiro含め多くの参加者が優勝争いから脱落したが・・・(ロックディスタウン・・・涙)

1位はステルヴィオ、ジェネラーレウーノを擁するみそしっぷ氏。ダービーにもこの2頭が出走する予定で、現時点では優勝候補筆頭である。現在2位の先行逃げ切り氏もレッドヴェイロンのNHKマイルC3着で追い上げたが、持ち駒のステルヴィオはみそしっぷ氏と被ってるから逆転は難しいか。

逆転候補の筆頭は、アーモンドアイを唯一持ってるASSA氏。アーモンドアイがオークスを勝つのが条件だが!ほか、オークスにトーセンブレス、ダービーにワグネリアンを出走させるくろさわわ氏。それから同じくトーセンブレス、グレイルを持つネブワース氏。あと、ジャンダルムを持ってる方はわずかに可能性があるか?(ダービーの1着賞金は2億円)

今年のPOGは、戦前人気があった良血馬の多くが走らず・・・朝日杯を勝ったダノンプレミアム、阪神JFを勝ったラッキーライラック、皐月賞を勝ったエポカドーロ、NHKマイルCを勝ったケイアイノーテック・・・を誰も持っておらず。我ら素人はもちろん、POG本とか作ってる専門家の人たちの目も結構節穴だよねー(笑)。

 

だけんどもしかし。

 

やっぱりPOG本がないとPOGは始まらない!POG本だけで1ヶ月はヒマしないし!POGやれば1年楽しめるし!ってわけで浅次郎はPOG青本を購入。今年も浅次郎POGを開催する予定だが、参加する人も参加しない人も、まだ購入してない方は一冊POG本を持っておくべし!アンカツ!今年は頼むぜ!

 

楽天派の方はこちら。

 

 

 

amazon派の方はこちら!

 

別に赤本でも競馬王でも丹下のヤツでも・・・

POG本は何でもいいと思うぞー!

 

【NHKマイルC2018コース適性】東京芝1600mで行われる3歳マイル王決定戦GⅠNHKマイルカップ。今年はタワーオブロンドン、テトラドラクマ、ギベオン辺りが人気になりそうだが、今日は各馬の「東京マイル適正」を考察するぞ!適正から見る穴馬は、パクスアメリカーナ、フロンティア、デルタバローズ、ルーカス、レッドヴェイロン!

 

シュヴァルグラン・クリンチャーは秋に備えて休養か。

宝塚記念のメンバーが薄々になりそうな気がするんだが・・・

薄いのはゴムだけにして欲しい。

 

 

さて、

 

今週はNHKマイルCだが、

すでにデータ分析は終えているので、

復習したい方はもう一回見ておくように。

NHKマイルC2018データ分析

 

今日は東京マイル適正をやるぞー。

 

 

ワンターンのマイル戦。最初の直線が長く、枠順の有利不利はあまり考えなくていい。馬場は比較的軽く、最後の直線は長いので、軽い瞬発力系の馬が圧倒的に有利。差し馬有利と思われがちだが、先行勢も相当残るぞ。

 

尚【カッコ】内の数字は「東京芝コース」の数字である。また、現時点で抽選対象の馬は分析から外している。あしからず。

 

■NHKマイルC2018東京マイル適正

アンコールプリュ【0.0.0.0】
桜花賞路線で東京実績なし。ただ、兄にNHKマイルC2着のブラックシェルがおり、父はこの舞台で滅法強いディープインパクト。適正は高いと思う。

カシアス【0.1.0.0】
京王杯2歳Sでタワーオブロンドンの2着。ただし2馬身差の完敗。東京適正は高いと思うが、この馬の場合は距離が問題か。血統的にも1200~1400の馬って気がするな。ただ、この手のスピードタイプが好走するレースでもある。要注意。

カツジ【0.0.0.0】
東京実績はないが、中山マイルで見せた瞬発力は非凡。父ディープインパクトの血統からも東京マイルははさらに合いそうだぞー。なんかイマイチ人気にならないっぽいが・・・名前のせいか?(笑)

ギベオン【1.0.0.0】
ミルコ+藤原英厩舎+ディープインパクトで人気の一角になりそうやね。安定して上がり上位を繰り出す瞬発力型。この馬はおそらくNHKマイルC→ダービーのローテだろう。皐月賞を使わなかったことからも東京適正はかなり高そう。ただ、今までの使われ方を見てるとマイルは短いかも?

ケイアイノーテック【0.0.0.0】
この馬もディープインパクト産駒の瞬発力型。ニュージーランドTはカツジの決め手に屈したが、この馬も最後まで伸びてるしね。勝ち負けは時の運だったと思う。母ケイアイガーベラはダート1200~1400の重賞を2勝したケイアイガーベラ。東京適性は不明だが、距離はマイルがピッタリだろうね。

タワーオブロンドン【1.0.0.0】
東京1400の京王杯2歳S勝ち馬。「直線が長く、スローの瞬発力勝負になりやすい」という点で共通している阪神マイルの朝日杯3着、アーリントンC1着。東京マイル適正はかなり高そう。

ダノンスマッシュ【0.0.0.0】
朝日杯は後方からいい脚を使って5着・・・その後、人気に押されたファルコンS7着、アーリントンC5着と結果は出ていないが、東京マイルでも乗り方一つでいい脚使うと思うけどね。ただ、血統的にはマイルはギリギリなのかもしれない。

テトラドラクマ【2.1.0.0】
すでに東京マイルで2勝を上げており、東京マイル適正が非常に高いのがこの馬のストロングポイント。クイーンCは超ハイペースを前受けしてそのまま押し切るという異質の競馬。相当能力高そう。この馬は瞬発力型ではないが、他馬の瞬発力を削ぐレースが出来る。

デルタバローズ【1.0.0.0】
相当な人気薄になりそうだが、ニュージーランドTではケイアイノーテックと叩きあった末の0.1秒差3着で。こんなもんは、体調とかコースとか展開とかで変わる差だと思うけどねー。マル外で東京マイル適正は謎。距離的にはマイルがピッタリだと思う。

パクスアメリカーナ【0.0.0.0】
東京は未出走だが、デビュー以来一貫してマイルを走っておりマイル適正は非常に高そう。全姉のホエールキャプチャは色んなコース・距離で走ったが、重賞5勝の内4つが東京。東京コースは【4.1.3.3】と・・・実は東京の鬼だったのだ(この中にはヴィクトリアマイル1着・2着・4着含む)。この馬も非常に適正高そう。

ファストアプローチ【0.0.0.1】
母はサトノクラウンの全姉。おそらくダウンアプローチの種を受胎したまま輸入されたのだろう。このダウンアプローチはサドラーズウェルズ→ガリレオの欧州全盛ラインで。日本の軽い馬場に合うかどうかはちょっと疑問な血統。距離伸ばした方がいいんじゃないかなぁ。

フロンティア【0.0.0.0】
東京実績はないが、中京マイルの新馬戦を勝ち、新潟マイルの新潟2歳Sを勝ってるんでね。マイル適正は非常に高そう。血統的には兄弟にドリームパスポートやセイクリッドセブンがいる血統で。母系はステイゴールドの近親なんで、父ダイワメジャーでも2000mくらいまで走れそう。人気なさそうだが、非常に面白い一頭。

プリモシーン【1.0.0.0】
瞬発力型のディープインパクト産駒。東京実績は未勝利戦のものだが、この時負かしたのがテトラドラクマで、使った上がりは異次元の33.2。ブッツケで臨んた桜花賞は惨敗したが、今回は狙い目の一頭。個人的にはテトラドラクマよりコッチだなあ。

ミスターメロディ【0.0.0.0】
マル外のスピードタイプ。初芝だったファルコンSをアッサリ抜け出した勝ったわけだが、この時相当掛かり気味でね。これで勝つんだから相当能力は高いと思う。しかし同時に距離が大丈夫か不安。1200~1400の馬だと思うが、もし折り合いが付くようなら圧勝しても不思議なし。

リョーノテソーロ【1.0.0.0】
東京1400のクロッカスSの勝ち馬。ニュージーランドTでは4番人気に押されたが、見せ場なく8着。マル外なんでよくわからんのだが、1200~1400のスピードタイプ、あるいはダート馬じゃないかなあ・・・。

ルーカス【0.1.0.0】
言わずと知れたモーリスの全弟。血統からも東京マイルはベストの舞台で。中山1800~2000からのコース変わりは大歓迎だろう。今回人気急落しそうだが、買うならココだと思う。

レッドヴェイロン【0.0.0.0】
東京実績はないが、阪神マイルのアーリントンCで上がり最速を繰り出して3着。母は稀代の名牝エリモピクシー。兄弟のほとんどがオープン馬で重賞勝ち馬4頭。長兄クラレントはこのレース15番人気3着。一発あるかも。

ロックディスタウン【0.0.0.0】
2歳時は桜花賞・オークスの最有力候補と言われいた馬だが、走る毎に折り合いが付かなくなり、前走のフラワーCはズブズブの13着。陣営はオークスを諦めてこちらへ。血統的には距離伸びて良さそうなのに勿体ないなあ・・・。能力が高いのは間違いない。折り合いが付くかどうか。

 

この時期の3歳戦だけに東京実績不明な馬も多いんだが、浅次郎的に東京マイル適正が高そうな馬は赤字にしておいたぞ。中でも東京マイル適正が高そうなのは・・・

・カツジ
・ケイアイノーテック
・タワーオブロンドン
・テトラドラクマ
・パクスアメリカーナ
・プリモシーン

人気薄になりそうなフロンティア、デルタバローズ、ルーカス、レッドヴェイロンも面白いと思う。ただし・・・今回考えねばならんのはテトラドラクマの存在である。この馬、クイーンSでは好スタートから馬なりでぶっ飛ばして1000m通過57.8。このペースで押し切ってしまったわけだが、今回もこの馬が行くのであれば相当なハイペースが予想される。

こうなると「瞬発力型のマイラー」だとスタミナ切れになる可能性があり、「中距離型の差し馬」「持久力型のスプリンター」を狙った方がいいかもしれん。あるいはロックディスタウンのような馬がサクッと折り合い付いたりしてね(笑)。

 

展開予想は当日にやるが・・・

 

今回は「展開面」が貞操帯の鍵を握っていると思う。

 

ゴムなしチンコの活躍を願いつつ、

 

週末を待て。

 

 

競馬ブックのPhotoパドックを覗いて見ると・・・パクスアメリカーナとフロンティアが良く見えるけどね(←素人意見)。貴方にはどの馬が良く見えた?

 

【浅次郎のひとりごと】

打者転向考えバットを振った昨夏 中日松坂の復活劇

この一勝は大きい!頑張れ松坂!

 

受刑者脱走…尻尾つかませなかった3週間 空き家潜伏、海を泳ぎ、盗んだ身分証でネットカフェ

やっと捕まったか。・・・相当数の警察官が投入されたはずだが、最終的には通報か。しかし付近の住民は安心だろうね。

 

【天皇賞春2018コース適正考察】京都芝3200mで行われるGⅠ天皇賞春。大事なのは長距離適性・コース適性。特に京都適正がポイント。人気のシュヴァルグラン、レインボーライン、ガンコらの長距離適性・京都適正はどうなのか?盲点になってるのはアルバート、クリンチャー。大穴馬だとカレンミロティック、スマートレイアー!

 

天皇賞春の舞台、京都芝3200mは、

 

年に一回しか行われない天皇賞春専用コース。

 

せめて年に3~4回くらい使って貰いたいところだが、

JRAは長距離には興味がないご様子。

(増えるのは1600~2000のレースばかり)

 

このままでは年に一回の天皇賞春すら失くなってしまうかもしれず、

そうなればセックスレス仮面夫婦まっしぐらでもす。

 

 

そうだ!

 

こうなったら、

 

天皇賞秋を京都3200に戻そう!

 

年に2回やれば

とりあえずセックスレスは防げるハズ・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

年に2回長距離GⅠがあれば、

長距離血統も廃れないハズ・・・

 

スピード重点のレース体系だけだとね、

サラブレッド全体の血が

どんどんスピード系に偏って行くんだよ・・・。

そうなると「血の袋小路」にハマってしまうのだ・・・。

 

JRAよ!今こそ改革の時!

 

言うこと聞かねえヤツには・・・こうだ!

 

 

というわけで、

 

今日は

京都芝3200m適正についてやろうと思う。

 

netkeibaより抜粋

 

クリンチャーの鞍上は三浦か。

 

このレースを勝つために武豊にスイッチしたんだろうにねえ。

陣営も武豊本人も武豊ファンも憤懣やるかたなかろう。

 

武豊の京都3200成績ハンパねーから。

 

これは過去20年の京都芝3200m(天皇賞春)の騎手成績。

 

武豊は16回騎乗して【4.4.2.6】。

 

マジでハンパねーわ。

 

あとは、横典蛯名に要注意。

 

特にノリさんは過去、イングランディーレ(10番人気1着)とかリンカーン(11番人気2着)とか・・・超人気薄を持って来てるんでね。注意が必要である。

 

それから、和田ドラゴンの2勝はテイエムオペラオーなんだが、他にビッグゴールド(14番人気2着)とか持ってきてるんでね。この男にも注意。

 

あと、穴騎手としてはキラー池添(カレンミロティック13番人気2着)、ムッツリ田辺(ホッコーブレーブ12番人気3着)、トルネード石橋修(ビートブラック14番人気1着)、ポポ松岡(マイネルキッツ12番人気1着)・・・というところだろうか。

 

こうやって見ると・・・

 

結構というか、

 

めちゃくちゃ荒れるレースであるな。

 

さて、各馬の京都3200適性を見てみよう。

 

淀の坂を2回超えるタフなコース。当然、相当スタミナが必要。スローになれば上がり3Fの瞬発力勝負。ハイペースになれば当然スタミナ比べの持久力戦となる。坂の下りで加速出来るため、瞬発力を補うことが出来るのがポイント。スタミナ豊富な瞬発力型、あるいはロングスパート出来る持久力タイプが強い。

 

なお、京都芝3200mは、年に一度の特異コースであるため、「京都芝3000(菊花賞)「京都芝2400」「京都芝2200」「阪神芝3000」「中山芝2500」「中山芝3600」「東京芝3400」などを参考にしつつ、浅次郎が一頭一頭吟味して判断を下したいと思う。尚【カッコ】内の数字は京都の成績である。このレース、長距離適性も大事だが、京都適正が大事なのだ。

 

■天皇賞春2018、京都芝3200m適正

アルバート【1.0.0.2】
ステイヤーズSを三連覇しているように長距離適正はナンバーワン。天皇賞春は過去2回出走して6着、5着。この2回ともキタサンブラックの流れの前残りだったんだが、後方から上がり上位を使って押し上げており、あまり目立っていないが京都適性も実はかなり高いと思う。

カレンミロティック【1.3.4.5】
言わずと知れた京都専用機。この成績の中には天皇賞春の2着・3着が入っており、京都芝3200m適正で言えばトップクラス。問題は年齢だよね(笑)。

ガンコ【1.0.1.1】
昨年までダートの500万下~1000万クラスにいた馬で。当然それまで京都芝の成績など殆どなかったわけだが、格上挑戦だった日経新春杯でいきなり3着、同じ京都2400の準オープンを3馬身差の圧勝、そして中山2500の日経賞を完勝・・・と、あっという間の出世街道。切れるタイプじゃないだけに、坂の下りで加速出来る京都は合うと思うなあ。ただ、3000m以上を走るのは初めてなんでね。長距離適正は不明。

クリンチャー【2.1.0.0】
デビュー以来ずっと2000m以上の距離に使われており、昨年の菊花賞では10番人気で2着。休み明けの京都記念ではアルアイン、レイデオロを寄せ付けぬ完勝。阪神大賞典では3着に負けたが・・・おそらく京都3200適正はトップクラス。スローの瞬発力勝負になったらちと辛いかもだが、かなり有力だと思う。武豊降板で人気が下がるならめちゃくちゃ美味しい。

サトノクロニクル【2.1.0.1】
昨年の菊花賞は10着惨敗。2000m前後で強い競馬するんでね。長距離は向かないかと思ってたら阪神大賞典で2着。1kg軽かったとはいえ、長距離適性も高そうですな。京都の2勝は未勝利戦と白百合Sでのもので京都適性はよく分からん。

シホウ【1.1.0.5】
まあ・・・ちょっとアレかな(笑)。

シュヴァルグラン【2.2.3.1】
ご覧の通り、京都は鬼。馬券圏外に飛んだのも3歳時の話で、古馬になってからはパーフェクト。3000m以上は【1.2.1.0】。天皇賞春は3着→2着だからね。この馬が最も京都3200適正が高いと思われる。

スマートレイアー【1.2.0.3】
これだけ見ると京都適正はイマイチな感じするが、圏外の3回はすべてエリザベス女王杯のもので、去年の京都記念2着、京都大賞典1着からしても・・・むしろ京都は得意である。ただ、問題は長距離適正だよな。3000m以上は走ったことなし。

ソールインパクト【0.2.0.2】
うーん、京都適性はイマイチ。長距離適性もダイヤモンドSの3着があるのみ。GⅠのここでは敷居が高い気がするね。

チェスナットコート【1.0.0.1】
今回蛯名騎乗で穴人気になりそうだが・・・戦績からは何とも言えんなあ。京都実績も殆ど無いし、3000m以上の長距離実績はゼロ。う~ん。悩ましい。

トーセンバジル【0.2.0.3】
この馬だけ抜けてた(ご指摘ありがとうございます!)。昨年の天皇賞春8着、京都大賞典で2着。京都適性は悪くはないけれども滅法得意ってわけじゃないんだよねー。長距離は昨年の阪神大賞典3着があるけど前とは離された3着だったからなあ。長距離適性も微妙。鞍上ミルコでプラスアルファがどれだけあるか。

トウシンモンステラ【2.1.1.11】
京都で馬券なったのは条件戦以下の時の話で。オープンに上がってからはゼロ。さすがにね。

トミケンスラーヴァ【2.0.0.1】
今年の万葉S勝ち馬で、京都適性は高そうだね。でも、軽量52kgだったし・・・阪神大賞典での惨敗を見ると実力が足りないのは明白。好走するには何かの助けが必要だろう。

ピンポン【0.1.0.5】
京都適性なし。長距離適性なし。出走するとしたら、記念出走だと思うけどね。

ミッキーロケット【2.2.0.5】
2016年の菊花賞5着馬。圏外の5回も4着が多く、見た目以上に京都適性は高いと思う。ただ、GⅠだとワンパンチ足りないし、3000m走ったのも菊花賞の一回だけ。血統的にも中距離馬だと思うけどな(父キングカメハメハは過去一度も馬券になっていない)。

ヤマカツライデン【1.0.0.4】
京都実績なし。去年の天皇賞春では逃げてペースを作ったが、4コーナーではキタサンブラックに喰われてあとはズブズブ。この馬も中距離タイプだと思う。

レインボーライン【0.1.1.2】
2016年の菊花賞2着馬。謎多き馬だが、NHKマイルC3着、天皇賞秋3着・・・と、GⅠになると人気薄で2~3着に突っ込んでくるタイプで、この辺は父ステイゴールドに似ているね。個人的に大好きな馬で、今まで何度もこの馬に◎を打って来たんだが・・・今回は阪神大賞典を快勝しての一戦で主役候補・・・人気サイドだと買いにくいなあ(笑)。で、この馬の京都3200適性だが、ゴールドシップを思い浮かべるといいかもしれない。スローの瞬発力勝負になったらジ・エンド。タフな消耗戦になったら、3角捲りでぶっ飛んでくるイメージ。重馬場は鬼・・・なんだけど今週の京都は晴れ予報。長距離適性は文句なし。

 

というわけで、

 

京都芝3200適性が高いのは、

アルバート
カレンミロティック
クリンチャー
シュヴァルグラン

の4頭。特に高いのがカレンミロティックシュヴァルグラン。ただ、人気的に盲点になりそうなアルバートや騎手変わりで人気落ちるクリンチャーもかなり美味しいと思う。あと次点で、長距離適正は謎だが面白そうなのがガンコスマートレイアーレインボーラインは展開次第だが、長距離適性は随一。

あと、若い馬や上がり馬は、適正云々の前に経験自体が少ないからね。適正不明の馬の中にも適正抜群の馬がいたりするかもしれんので注意しておいてくれ。

 

予想の一助になれば嬉しい。

 

お楽しみの調教チェックは金曜日ね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

真夜中の素振りと大乱闘中の気遣い…衣笠祥雄さん鉄人伝説

衣笠・・・・(涙)

 

「テレ朝の美人記者から、逮捕直前に…」 ホリエモン語る過去の「無断録音」取材

いや、財務次官のセクハラ発言の真相については知らんよ?しかし、マスコミ側の体質も相当ひどいと思うけどね。そもそも男女二人で飲んでる時の発言ってセクハラになるのか?女性記者の方にも情報を取りたいという下心があったのでは?女性記者の上司が「行って来い」と指示したって話だが?会話録音してる時点でハニートラップ確定じゃないの?まあ、引っかかる方がバカなんだろうけど。多分、私も引っかかるんだろうけど(笑)。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内