【京都新聞杯2018予想・データ分析】京都芝2200mで行われるGⅡ京都新聞杯。ダービーの前哨戦。今年の人気はタニノフランケル、フランツ、グローリーヴェイズあたりだが、データ分析では、内枠有利、差し有利!騎手・種牡馬・馬体重・前走ローテは?データから見る穴馬はアルムフォルツァ、メイショウテッコン、ユーキャンスマイル。

 

ダービー最後の切符は、

 

今週のプリンシパルS京都新聞杯

 

ダービーとオークスの優先出走権の内容はこう。

 

JRAニュースより抜粋

 

京都新聞杯には、

なぜか優先出走権が設定されてないんだが、

1着は賞金的に確定。2着は条件次第。

 

しっかし、

 

クラシックの「優先出走権」の話はね。

 

我々競馬ファンにとって、

 

今度のAKB48のセンターは誰なのか?

 

といったクソどうでもいい話とは違い(笑)、

 

とっても大事な話でね。

 

変わるなら変わるで、

もっと大々的に報告して欲しいよね。

 

これ探すの大変だったアルよ(笑)。

 

皐月賞の5着までにダービー優先出走権とか、

 

皐月賞の後に知ったし!

 

って方多いのでは?

 

まあ、

 

色々と言いたいことはあるが、

 

AKB48のセンターは前田敦子でおねしゃっす!

 

 

じゃなかった(笑)、

 

現時点で優先出走権もしくは賞金持ってない馬にとっては、

これがダービー出走の必須条件である。

 

・京都新聞杯で2着以内

・プリンシパルSで1着

 

さて、どの馬が滑り込むか。

 

■京都新聞杯2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

プリンシパルSの登録馬も列べておこう。

 

 

両睨みの馬が結構いるよね。

 

個人的にはステイフーリッシュが気になるんだが・・・

是非京都新聞杯に出てきて欲しいな。

(抽選になるんかいな)

 

さて、データ見てみよう。

 

■京都新聞杯2018データ分析、人気別成績

1~3番人気強し。荒れるとしたら2~3着。しかしこりゃ本命党向けのレースだね。

 

■京都新聞杯2018データ分析、枠番別成績

全体的に見て真ん中より内が優勢ぽい。

 

■京都新聞杯2018データ分析、馬体重別成績

480~499kgと440~459kgのゾーンが強い。なぜか500kg以上はイマイチ。

 

■京都新聞杯2018データ分析、騎手成績

やはり関西の上位騎手が強いですな。

 

■京都新聞杯2018データ分析、種牡馬成績

京都の軽い馬場はとっても得意なディープインパクト。やっぱりここでも無類の強さ。しかしそれを上回るのがマンハッタンカフェ!今年のマンハッタンカフェ産駒はメイショウテッコンだけだが・・・この馬、怪しいぜえ。

 

■京都新聞杯2018データ分析、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けは割引。詰めて使って来る馬の方が狙い目。

 

■京都新聞杯2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・はなみずき賞(6頭)、皐月賞(4頭)、毎日杯(3頭)・・・あとはバラバラだが、基本的には「芝1800~2400m」の500万条件、あるいはオープン特別・・・が条件と言えそう。500万条件は1着、オープン特別・重賞の場合は着順不問。未勝利からの挑戦は切り。

皐月賞組・・・ケイティクレバー、ダブルシャープ
毎日杯組・・・シャルドネゴールド、ユーキャンスマイル
1800m以上の500万組・・・アルムフォルツァ、タニノフランケル、フランツ、レイエスプランドル、ロードアクシス
その他のオープン組・・・レノヴァール、メイショウテッコン

今回はなみずき賞組は不在。グローリーヴェイズとステイフーリッシュは実績上位だが、休み明けの分がどう出るか?

 

■京都新聞杯2018データ分析、脚質別成績

逃げ馬の連対はゼロか・・・基本的には差し優勢

 

■京都新聞杯2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンとしては、「差し→先行」「差し→差し」「先行→先行」というパターンが多いですな。展開決め撃ちするより、馬の基本能力を測った方がいいかも。上がり上位馬は猛烈に強く、瞬発力は必須。

穴馬の脚質は・・・前!

特に2~3番手から穴を開けている馬が多く、1~3番人気の馬を軸にして穴の番手馬を狙うのが一番妙味があるかもしれん。

 

■京都新聞杯2018データ分析、厩舎・生産者・血統

当然・・・と言っていいのか分からんが、30/30で関西馬。ま、関東馬は特別な理由がない限り青葉賞に出るわけでね。関東馬は大幅割引でいいと思う。今回グローリーヴェイズが唯一の関東馬だが・・・不安だね。

生産者は圧倒的にノーザンFor社台F。血統的にも圧倒的にサンデーサイレンス系主流種牡馬を父に持つ馬が強い。今年もSS系が大量だが・・・さて。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクトorマンハッタンカフェ

・オープン負け組or500万条件1着

・差し馬優勢も、穴は前!

 

穴馬候補を挙げておこう。

 

まず、ステイフーリッシュ。現時点で出走出来るかも分からんし、出走出来たとして人気がどうなるか分からんのだが、5~6番人気になるのなら積極的に狙いたいね。距離は伸びて良し。東京は微妙だが、京都は多分合う。あとは休み明けだけにデキがどうか?調教要チェック。

次に、中1週となるが、京都2400のあずさ賞を好時計で勝ったアルムフォルツァ。毎日杯は見せ場なく惨敗であったが、これは距離が短かったんじゃないかなー。血統的にも京都の長距離はピッタリ。将来は菊花賞や天皇賞春を目指したい感じ。

それから、上でも挙げたメイショウテッコン。若葉Sは展開が合わなかったのもあるが、-12kgも影響あったか?前々走の梅花賞では青葉賞2着のエタリオウ、フローラS1着のサトノワルキューレを負かしており、実はかなり能力高いんじゃないの???デキ次第で◎候補。

他、レイエスプランドル、レノヴァール、ロードアクシス、ユーキャンスマイルあたりにも注目している。皐月賞惨敗組のケイティクレバー、ダブルシャープも人気薄になるようなら狙いたいね。

 

結論は土曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「国益に反する」韓国判断も… 慰安婦像は放置し日韓合意無視

そんなん当たり前じゃ!慰安婦像もはよ撤去せい!韓国は約束を守れ!

 

【かしわ記念】

◎ベストウォーリア
◯インカンテーション

 

 

【青葉賞2018予想】東京芝2400mで行われるダービートライアルGⅡ青葉賞。人気はオブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザーらディープインパクトの良血馬。データ分析では、内枠有利?差し・追い込み有利?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はゴーフォザサミット、カフジバンガード、トラストケンシン。

 

天皇賞春のデータ分析はすでにやってるけんなー!

復習したい方はもう一回見ておくように。

天皇賞春2018データ分析。

 

さて、

 

今日は青葉賞のデータ分析をやるんだが、

フローラSのサトノワルキューレみたいな馬が

ここで出現するのかどうか・・・?

 

ダービー目標の良血馬

ズラリと揃ってるだけに非常に興味深いねー。

 

■青葉賞2018登録馬

netkeibaより抜粋

 

netkeibaの予想オッズでは、

1番人気候補は藤沢厩舎のオブセッション

 

この厩舎・・・青葉賞は鬼のように強いからね。

シクラメン賞は4馬身差の圧勝だったし、

当然ここでも素質上位であるが、

弥生賞では4コーナーを曲がれずに大きく膨らんじゃったんだよね。

 

 

これがなければ・・・

 

って・・・

 

UREEYYYYY!

 

 

これ、4コーナーで膨れなくても

 

4~5着くらいが精一杯だったんじゃね?

 

うーむ。よく分からんが、

 

吸金鬼のような気がするな。

 

2番人気候補は、サトノソルタス

堀&ミルコで確実に人気になりそうだけど、

そもそもこの馬・・・スプリングSに登録しててね。

何があったか不明なんだが、これを回避しているのである。

 

賞金的には皐月賞への出走も可能だったんだが、これもパス。

噂では「一頓挫あった」という話もあり、

それが事実なら今回は

「一頓挫明け」の一戦なのである。

 

 

おし、この馬も吸金鬼決定。

 

3番人気候補はスーパーフェザー

ディープインパクト産駒の高額馬。その額なんと2億8000万円。

前走のアザレア賞は強かったし、

あすなろ賞で負けたのはエポカドーロなんで納得だが、

若駒Sの負け方が気になるんだよねー。

 

 

POGでも多くの人気を集めていたが、

この馬も人気先行のような気がするなー。

 

 

ってわけで、この馬も吸金鬼決定でい。

 

さて・・・吸穴鬼はいるかな?

 

データ見てみるべい。

 

■青葉賞2018データ分析、人気別成績

1番人気強えなおい。複勝率80%で回収率も100%超えかあ。しかし2~3番人気が弱く、4~10番人気の馬が結構馬券になるレースでもある。本命党の方は「1番人気→ヒモ荒れ狙い」がいいかもしれない。

 

■青葉賞2018データ分析、枠番別成績

全体的にフラットな印象だが・・・若干、内枠有利の外枠不利かな?穴馬は1~3枠から探したい。

 

■青葉賞2018データ分析、馬体重別成績

馬格はあればあるほど良い傾向。最低でも460kg欲しい。

 

■青葉賞2018データ分析、騎手成績

お、意外と・・・と言ったら失礼だが、関東の騎手が頑張ってますな。内田(ダノンマジェスティ)、蛯名(ゴーフォザサミット)には要注意。※色は個人的に塗って分だから気にしないでねー。

 

■青葉賞2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクト強し。もうディープインパクト産駒ってだけで買いたくなるんだが、今年は登録の時点で8頭も居る上に人気どころが多くて・・・やっぱり買いたくないなーと思っているところだ(笑)。他、注目はシンボリクリスエス・ゼンノロブロイ・キングカメハメハだが、今年は出走なし。

 

■青葉賞2018データ分析、間隔別成績

休み明けの馬は壊滅的。最低でも2ヶ月以内のローテじゃないと厳しい。サトノソルタス、シルヴァンジャーあたりにはマイナスデータ。

 

■青葉賞2018データ分析、前走データ

注目前走は・・・アザレア賞(4頭、3年連続1着)、大寒桜賞(5頭、5年連続)、山吹賞(4頭)、弥生賞(3頭)、毎日杯(3頭)、その他の芝500万条件(7頭)・・・ご覧の通り、大半が500万組で、これは当然1着条件。毎日杯は3着以内。弥生賞・スプリングSは7着以内。今年の出走馬で条件を満たしているのは・・・

・アザレア賞(スーパーフェザー1着)
・大寒桜賞(ダノンマジェスティ1着)
・山吹賞(ダブルフラット2着おまけ)
・ゆきやなぎ賞(エタリオウ2着おまけ)
・弥生賞組(オブセッション7着、トラストケンシン6着)
・スプリングS組(カフジバンガード6着、ゴーフォザサミット7着)
・毎日杯組(ノストラダムス4着おまけ)

前走データではスーパーフェザーダノンマジェスティが買いですな。穴は重賞惨敗組。

 

■青葉賞2018データ分析、脚質別成績

脚質は圧倒的に後ろ。「差し」「追い込み」が強い!これは上がり3Fを見れば一目瞭然で・・・上がり1位がベラボーに強いのである。頭に来るのは「瞬発力系の差し馬・追い込み馬」。ただ、2~3着には結構前の馬も残るので注意が必要。

 

■青葉賞2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンの多くは「差し→差し」あるいは「追い込み→差し」。前残りになったのは2013年と2008年くらいのもので。後はたまに「差し→先行」といった感じ。先述したが、上がり1位の馬がとんでもなく強いんでね。1800m以上の距離で上がり33秒台の脚が使ってきたような瞬発力タイプを頭に据えたい。

瞬発力・・・という点ではオブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザーは確かに怖い。ただ、他にも上がり33秒台が使える馬おるで~~~。

ゴーフォザサミット(共同通信杯1位33.2)
カフジバンガード(共同通信杯3位33.4)
トラストケンシン(弥生賞上がり2位34.0)

 

■青葉賞2018データ分析、厩舎・生産者・血統

なんとなく関東馬が強いってイメージだったんだが、実際には関西馬の方が多く馬券になってますな。特にリーディング上位の強豪厩舎が強い・・・。藤沢厩舎のイメージが強いんだが、ペルーサ以来馬券になってないんやねえ。

 

生産牧場はもう圧倒的にノーザンF。過去10年で13頭が馬券になっており、ここ3年は2頭ずつ馬券に食い込んでいる。今年も有力馬のほとんどがノーザンF生産馬(1~5番人気候補みんなそう)。逆らいたい!けど逆らわない方がいいのは我が家の吸血嫁と同じ。

 

血統はサンデーサイレンス系の中距離主流血統が圧倒的・・・。

 

今年も同じパターンになりそうな・・・(笑)。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクト!

・前走500万条件1着or皐月賞トライアル惨敗組。

・瞬発力型の差し、追い込み馬!

 

吸穴鬼候補を挙げておこう。ディープインパクト産駒が強いのは重々承知だが、人気になっちゃうからね。違うアプローチで探すと・・・まず、ハーツクライ+スプリングS惨敗組+蛯名+藤沢厩舎+瞬発力型の追い込み馬のゴーフォザサミット。常に上がり上位が使えるタイプで中山より東京の方が確実に向く。共同通信杯ではサトノソルタスを上回る上がり33.2を計時しており、能力は上位人気馬に全く劣らないと思う。オブセッションよりコッチが買い。

次に、ハービンジャー+スプリングS惨敗組+瞬発力型の差し馬カフジバンガード。この馬は上がり最速ではなく、上がり2~3位のタイプではあるが、いつも確実に差してくる馬で。共同通信杯では上がり3位の33.4。スプリングSでは上がり2位の34.4を計時している。この馬も確実に東京向きのエンジンで。距離が伸びて一変するんじゃないかと密かに思っている。出遅れ癖さえなければ・・・頭候補。

それから、爆穴候補にトラストケンシン。未勝利勝ちしかなく、なんとなくパイオニアバイオ的なニオイがするんだが(笑)、ハーツクライ+弥生賞惨敗組+瞬発力型の追い込み馬。弥生賞では位置取りが後ろ過ぎでドモナラズだったが、密かにワグネリアンに次ぐ上がりを使ってるのである。東京変わりで一変あるかもよ!調教要チェック。

 

人気馬3頭とも飛ぶことはないかもしれんが、

 

何があるか分からんのが競馬。

 

後は枠順と調教見てからやねー。

 

人気馬の帽子がピンク色に染まってますように!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ロイター企業調査:安倍首相続投「望ましい」73%、安定重視

ほほう。昨日の読売新聞の世論調査だと支持率が不支持率を下回ってたけどな。企業視点だとこうなるのか・・・。しかしほんとこの大事な時に野党はいつまでモリカケやってんだかね。モリカケやってりゃ拉致被害者は帰ってくるのか?米国との通商交渉は上手く行くのか?日本の経済は良くなるのか?少子化は解消されるのか?憲法改正の議論はしなくていいのか?私の馬券は当たるのかw?安倍首相が法を犯したというなら別の話だけどね。忖度が罪なら世の中成り立たないよ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【フローラS2018予想】東京芝2000mで行われるオークストライアルGⅡフローラS。人気はサトノワルキューレ、サラキア、オハナ辺りだが、当然大穴狙いで逝く!展開・ペース・隊列はどうなる?上がり3F最速候補は?狙いは、調教一変のカーサデルシエロ!筆頭はノームコア!爆穴にディアジラソル、ファストライフ、デュッセルドルフ!

 

昨日の福島牝馬Sね。

 

4コーナー回る時にゃ・・・

 

デンコウアンジュ勝った!

 

と思ったんだけどね。

 

最後に伸びなかったのは

仕掛けのタイミングが早かったからか?

それとも距離か・・・?

 

デンコウアンジュがカワキタエンカを差してりゃ

馬券当たってたんだけどねー。

 

しゃーねー次々!の精神で、

 

今日も懲りずに大穴狙いで逝く。

 

■フローラS2018朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

サトノワルキューレが人気になってますなあ。

 

確かに前走のゆきやなぎ賞は豪快な勝ち方であったし、

距離の不安がないのはいいんだけど、

ちょっと人気になり過ぎな気がするね。

 

脚質的にも取りこぼしちゃう可能性十分アリだし。

鞍上がミルコじゃなかったら3~5番人気じゃねいの?

 

・・・と言いつつ切れなかったんけど(笑)。

 

展開見てみるでし。

 

■フローラS2018展開予想

逃げ候補は
ノームコア

先行勢は
オスカールビー
ハイヒール
カーサデルシエロ
レッドベルローズ
ディアジラソル

差し勢は
ヴェロニカグレース
サラキア
ファストライフ
デュッセルドルフ
ラブラブラブ
オハナ
パイオニアバイオ

追い込み勢は
サトノワルキューレ
ノーブルカリナン
ウスベニノキミ

ぬう。一応逃げ馬候補にノームコアを挙げたが・・・この馬とて番手タイプで逃げ馬に非ず・・・さらに東京2000の大外枠だけに控える可能性もあるし・・・ちょっとハナを予想するのは難しいですな。ただ、間違いなく言えそうなのが・・・

 

スローになりそう。

 

ってこと。土曜の東京芝は軒並み、

 

上がり33秒台!

 

スローからの高速瞬発力勝負で。

開幕週らしく馬場は絶好なんだよね。

 

で、今回2000mが初めてって馬もいるし、

有力馬は差し・追い込み系が多いし、

逃げ馬不在ってんだからスローでほぼ確定だろう。

 

というわけで

上がり3Fデータを見てみよう。

 

上がり1位候補は・・・

・サラキア
・ウスベニノキミ
・サトノワルキューレ
・ファストライフ
・デュッセルドルフ
・ラブラブラブ
・ディアジラソル
・ノームコア

ただ、前走中山で走ってる馬が多く、しかもスローのヨーイドンじゃなくて、平均的なラップが多いんだよね。サラキアが前走スローで上がり33.4なんだけど、阪神マイルだからなあ。ラブラブラブはスローだとかなり切れそうで、大穴なら面白いんだが・・・

で、盲点になってるのが、ファストライフ・デュッセルドルフ・ディアジラソル・・・この辺だね。うっしっし。

 

 

さて、

 

正直、GⅡというよりオープン特別・・・

といったメンバー構成で。

 

もちろん去年のモズカッチャンみたいに

ココをステップに飛躍する馬がいるかもしれんが、

現時点ではどの馬が勝っても全くおかしくないと思う。

 

というわけで、

 

今日も元気にモッコリ馬券で逝く。

 

 

狙いは・・・

 

生まれつきの美乳(え)。

 

■フローラS2018予想印

 

カーサデルシエロ(8番人気)

私は「戦績」や「適正」や「展開」を重視するタイプの予想家でね。こういう「素質が有りそうな馬」に期待して買ったりすることは殆ど無いんだが、ちょっと今回は別。モッコリ倶楽部の調教チェックでも書いたが、前走時と今回の調教ラグが大き過ぎるのだ。一言で言えば、「一回実戦を使って馬が変わった可能性アリ」ってこと。現在リーディングを独走中の藤原英厩舎だけに、能力を見間違うことはあるまい。オークスに出したい!と思うからこそキャリア1戦の身でここにいるのだと思う。母はオークス馬のダイワエルシエーロ。惨敗もあるが・・・この人気なら賭けてみたいね。

相手筆頭はフラワーC3着のノームコア。そのフラワーCは6ヶ月の休み明けで+14kg。大外枠だが、単騎で楽に行けるかもしれんし、そうなれば開幕馬場を味方にスルスルと残ってしまいそうな。大穴にディアジラソル、ファストライフ、デュッセルドルフ。500万下勝ってれば十分勝ち負け可能だと思う。サトノワルキューレは一応押さえ。どの馬が来てもおかしくないと思ってるから、爆穴ボックスで逝くぜ!

 

馬単 ◎流し @100円

馬連 ボックス @100円

 

頑張れ!カーサデルシエロ!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
該当馬なし

おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
東京1R 13番
福島1R 14番
京都1R 10番

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【皐月賞2018重馬場適正】中山芝2000mで行われる3歳クラシック皐月賞だが、週末の天気は雨予報。各馬の重馬場適正は?道悪得意な馬、下手な馬は?ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドールの適正は?重馬場適性から見つかった穴馬は、エポカドーロ、タイムフライヤー。超大穴にケイティクレバー!サンリヴァルも差はないぞ!

 

ダントツ人気が予想されていた

ダノンプレミアムが皐月賞を回避。

 

急転直下のカオスとなった皐月賞だが、

それでもワグネリアン、ステルヴィオといった強豪がおり、

やっぱりチクビ堅いんじゃね?

と思ってしまう諸兄も多いと思うが、

 

女心がそんなに単純じゃないのと同じように、

 

 

競馬だって何が起きるか分からないのである。

 

高嶺の花だと諦めているうちは何も起きないのと同じで、

堅そうだからと堅い馬券ばかり買っていたら、

帯馬券は当たらないのである(は?)。

 

フラレたっていいじゃない。

ハズレたっていいじゃない。

 

たった一度の人生だぜ!

楽しんで行こう!

 

というわけで、

 

今回は皐月賞の重馬場適性について考えてみようと思う。

(→皐月賞のデータ分析はこちら

 

週末の関東は予報。

 

 

土日は結構雨が降りそうで。

 

現時点では馬場がどうなるか分からんが、

重い馬場になるのは避けられそうにない!

 

各馬の重馬場適性をチェックしてみよう。

 

■皐月賞2018重馬場適性

netkeibaより抜粋

以下、管理人の毒断と変見によるジャッジである。特に3歳馬はキャリアが浅く重馬場経験が少ない為、少ないキャリアとともに血統を元に判断している。それは違うんじゃね?という意見もあるかもしれんが、参考にして頂ければ幸いだ。尚【かっこ】内の数字は、重馬場以上+馬場指数5以上の成績である。あしからず。

【重馬場が得意そうな馬】

アイトーン【0.0.0.0】
道悪経験はないのだが、父キングズベストはキングマンボ系でエイシンフラッシュの父として有名。そのエイシンフラッシュはキレキレ系だったが産駒はパワー系が多く道悪が得意。母系は重厚な米国ダート血統で、重い馬場は得意だと思う。

エポカドーロ【1.0.0.0】
オルフェーヴルの初年度産駒。産駒の傾向はまだ掴みきれないが、父オルフェーヴルは道悪の鬼であった。母父のフォーティーナイナーはもちろんパワー系。血統的には道悪鬼の可能性あり。

グレイル【1.0.0.0】
極悪不良馬場の新馬戦を上がり最速で勝っておるな。父ハーツクライは切れ系もパワー系もどっちも出すが、この馬はパワー兼備ぽいね。しかし一度の敗戦で人気ガタ落ちだな。

ケイティクレバー【2.0.0.0】
見つけたなあ(笑)。稍重馬場だがかなり重めの馬場だった未勝利戦を4馬身差で圧勝。これまた重めの馬場だった若駒Sを逃げて3馬身差の圧勝。注目のハービンジャー産駒で重馬場は滅法得意そうだねこれ。すみれS組はキタノコマンドールに注目が集まっとるが、コッチの方が面白そう。

ステルヴィオ【1.0.0.0】
重馬場のコスモス賞を捲り勝ち。父ロードカナロアの重馬場適性はまだ良くわからんが、この馬自身は重馬場も十分こなせそう。問題は馬場より距離?

タイムフライヤー【1.0.0.0】
重馬場だった萩Sでダントツの上がりで4馬身差。父ハーツクライ、母父はパワー系のブライアンズタイムで、道悪は鬼の可能性高いね。

マイネルファンロン【1.0.0.0】
重馬場だった未勝利戦で4馬身差の圧勝。父はステイゴールドで母系もパワー系がギッシリ。力は足りんかもしれんが、重馬場適性は高いと思う。

ワグネリアン【1.0.0.0】
重馬場だった野路菊Sを圧勝。祖母のブロードアピールは芝ダート問わず活躍した馬で(重賞6勝)、そこからパワーを受け継いでいるのかもしれんね。多少の道悪は普通にこなしそう。

 

ジャンダルムはどうだろうなあ・・・父のKitten’s Joyはサドラーズウェルズ系でパワー有りそうだけどね。正直よく分からん。

オウケンムーンの父オウケンブルースリも産駒数が少すぎてよく分からんのだが、母系はパワー有りそうだけどね。ジャングルポケット-オウケンブルースリのラインは現在唯一残っているトニービン系(多分)。個人的に、この馬には頑張って種牡馬になって欲しいなあ。。。

人気の一角になりそうなキタノコマンドールの重馬場適性はちょっと不明。この馬はデニムアンドルビーの全弟なんだが、姉は重めの馬場が得意であったから(特にちょっと重い馬場が得意)、キタノコマンドールも重い馬場は得意かもしれん。

 

ちなみに、初期のディープインパクト産駒は重馬場が苦手な軽いタイプが多かったのだが、最近は弱点を補うような配合がなされているのかむしろ重馬場が得意なタイプが多い。

 

以下は、過去5年のJRA全芝レースにおける「重馬場・不良馬場」の種牡馬別成績である。

 

 

道悪の鬼!の可能性があるのは、エポカドーロタイムフライヤー・ケイティクレバーあたりか。馬場が重くなるようなら注意したいね(雨降れー!)。

 

ここで気になるレースを振り返ってみよう。

 

まず、スプリングS。

 

 

このレース見る限り、エポカドーロとステルヴィオって互角じゃね?もちろんステルヴィオには休み明けの分があったかもしれんが・・・本番は200m長くなるしデキ次第では逆転もあるかもよ?

 

ホープフルSももう一回見てみるべい。

 

 

あ、youtubeにJRAのオフィシャルチャンネルあるんじゃん!で・・・レースはGⅠしかアップしてないのね。せこいこと言わずに全レースyoutubeで見れるようにすりゃいいのに。

 

この時のタイムフライヤーは相当長く脚を使っててね。豪快に捲る競馬で圧勝。この時、2着ジャンダルムとの着差が1.1/4。弥生賞のワグネリアンとジャンダルムの差が1/2。もちろんこんな単純な比較にあまり意味はないが、少なくとも今回のタイムフライヤーはかなり美味しい存在だと言える。

 

若葉Sを見てみよう。

 

 

平均ペースで逃げたアイトーンの逃げ切り。インを突いて伸びてきたダブルシャープが2着。阪神2000らしい持久力戦だったわけだが、タイムは2:00.0。これ・・・展開次第で皐月賞でも怖くね?タイムフライヤーは仕掛けてからの反応鈍く・・・度外視でいいと思う。

 

次、にわかに注目されてるキタノコマンドールのすみれS。

 

 

阪神2200で2:11.7かあ・・・速いなあ。池江厩舎の良血×ミルコ×DMMバヌーシー×たけしで想像以上に人気になりそう。3番人気ってマジですか。しかし、私が注目しているのは2着ケイティクレバーの方である(笑)。雨降れー!

 

最後に弥生賞を見ておこう。

 

 

ぬう。ダノンプレミアム強え・・・。この馬が居たら穴党はドモナランかったかも(笑)。しかしこれ・・・サンリヴァルもそんなに差ないんじゃね?よく粘ってるよね。少なくとも、ジャンダルムとはちょっとの差だわ。

 

というわけで、

 

まだどの馬から買うか決めてないんだが、

 

週末まで亀頭をこすりつつ悶々としたいと思う。

 

調教チェックが楽しみですな。

皐月賞2018の調教チェックはこちら!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

浅次郎POG2017~2018の途中結果!

現在首位を走るのはみそしっぷさん!ステルヴィオ、ジェネラーレウーノを擁して皐月賞へ!うーん。優勝候補だねえ。2位はアーモンドアイの桜花賞制覇で一気にポイントを加算したASSAさん!は~~~アーモンドアイを選択していたのはASSAさん一人だけだったのねー。3位はくろさわわさん!意外なことに・・・ワグネリアンを持ってるのも一人なんですなー。

ただ、皐月賞の結果次第でまだ大きく順位が入れ替わる可能性有り!あとなんと言ってもダービーの賞金はデカイからね!青葉賞・京都新聞杯に出走する馬を持ってればまだチャンスあるニョロよ!優勝者と浅次郎賞の方には心ばかりのamazonギフト券を贈るのでお楽しみに。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【桜花賞2018予想】阪神芝1600mで行われる3歳牝馬クラシック第一弾GⅠ桜花賞!ラッキーライラックが断然の人気。続いてアーモンドアイ、リリーノーブルだが、穴馬の入る余地は?展開・隊列・ペースは?上がり3Fは?狙いは調教抜群のレッドサクヤ!ヒモ穴にアンコールプリュ、フィニフティ、爆穴にスカーレットカラー、ツヅミモン!

 

今回の桜花賞は実にチクビが堅そうでね。

 

本当は、

 

フライデーの袋とじを見るかのように、

 

じっくりと舐めるように、見るだけにしたいところだけど、

 

 

手をどけなさい。

 

じゃなかった(笑)、

 

やっぱGⅠ・桜花賞だからね。

 

オートマチックボッキングしちゃうのが馬券オヤジのサガ。

 

色々と言い訳をしつつ馬券は買っちゃうんだけど・・・

 

さて、どうするべ。

 

■桜花賞2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

ラッキーライラックは1倍台の人気になるかと思ってたが、

どうやら2倍チョイになりそう???

 

ラッキーライラックの鞍上が

デムorルメなら多分1.3~1.5倍だったろうね。

 

プロフィール的には全く付け入るスキなく、

ツッコミどころがあるとすれば、

 

最内枠と鞍上。

 

いや、石橋が鞍上に相応しくないとか言うつもりは全くないよ。

むしろ応援しているんだが、

やっぱり経験の差ってのがあるわけだ。

 

この経験ってのは騎乗数の話ではなく、

「GⅠ経験」の話である。

 

石橋とてGⅠ勝利がないわけではないが(他にビートブラック)、

GⅠでの経験はトップジョッキーに比べかなり劣るわな。

百戦錬磨のデムルメと比べれば

橋本環奈と橋本マナミのオッパイの差くらいある(意味不明)。

圧倒的1番人気での騎乗なんて多分初めてだろうしね。

 

ただ、中堅どころの騎手が名を挙げるには・・・

このプレッシャーに打ち克ち、

桜花賞・オークスと勝って雄叫びを上げる他なし!

 

そして、

 

 

「デムルメはオレが倒す!byバシシュー!」

 

と言って欲しいものである。

 

頑張れ石橋!

 

(馬券は別だけど。笑)

 

展開見てみるぼ。

 

■桜花賞2018展開予想

逃げ候補は
レッドレグナント
ハーレムライン
コーディエライト

先行勢は
ツヅミモン
ラッキーライラック
リリーノーブル
リバティハイツ
デルニエオール

差し勢は
マウレア
アマルフィコースト
トーセンブレス
レッドサクヤ
フィニフティ
プリモシーン
アンヴァル

追い込み勢は
アーモンドアイ
スカーレットカラー
アンコールプリュ

行くのはおそらくレッドレグナントだと思うが・・・鞍上はミルコ・・・うーむ。この男が素直に逃げるかどうか・・・。2番手候補はハーレムラインとコーディエライト。いずれにしてもぶっ飛ばして行くタイプの馬は不在で。「魔の桜花賞ペース」なんてことになる年もあるんだが、今年はスローになりそうな。

 

1000mは60~61秒前後。

上がり3Fは33秒台の争いの

瞬発力勝負になると予想しておく。

 

ちなみに、

昨日の阪神牝馬Sは超スロー(1000m61.0)で結果は前残り。

(リスグラシューが上がり33.3を繰り出しても届かんかった)

 

どうも同じ展開になるような気がするなあ。

 

残ったのは前で上がり33.7~33.8を繰り出した

ミスパンテールとレッドアヴァンセか・・・

 

となると、

狙い目は前目か???

 

ただ、古馬牝馬と3歳牝馬では能力が全く違うし、

3歳で前付けして上がり33秒台を使える・・・

なんてのは相当の素質がないと無理。

 

上がりデータを見てみよう。

 

単純に、近走で上がり33秒台を使ったことあるのは・・・

・ラッキーライラック
・スカーレットカラー
・リリーノーブル
・マウレア
・アンコールプリュ
・トーセンブレス
・アーモンドアイ
・プリモシーン

さらにその時、上がり1位だったのは、

・ラッキーライラック
・マウレア
・アンコールプリュ
・トーセンブレス
・アーモンドアイ
・プリモシーン

当たり前だが、前付けして上がり33秒台・・・なんて馬はほとんどいない。チューリップ賞のラッキーライラックとマウレアくらいですな。

 

前を狙うか、後ろを狙うか・・・迷うところだなあ。

 

調教後の馬体重も見ておくか。

 

さすがGⅠ。大きく増減している馬、気になる馬はほとんどいないね。前走-8kgだったマウレアも今回+10kg。栗東留学なんで輸送なしだし。しかし、ラッキーライラックはチューリップ賞時も+10kgだったんだが、今回もプラス体重になりそうで・・・余裕を感じますなあ。リリーノーブルもビシビシやって+10kgだからね。これも成長分だろう。

 

netkeiba予想陣の印も見ておくか。

 

netkeibaより抜粋

 

ラッキーライラックはだいたい想定通り。

 

んで、2番人気の割にアーモンドアイの印が薄いと。

マウレアも薄いなあ。ふーむ。

 

さてと・・・

 

正直言ってラッキーライラックが強いと思う。

 

そして相手もセオリー通りチューリップ賞組でいいと思う。

 

だけんどもしかし!

 

それじゃあ全然面白くないよな!

 

考えたのは「ラッキーライラックに勝てる馬はいるか?」という最も基本的な点。チューリップ賞組の逆転は難しそうってんで、巷ではアーモンドアイが人気になってるわけだが、この馬は「なんでトライアルを使わなかったのか?」という疑問があるし(過去10年ブッツケで連対したのはレッドリヴェールだけ→桜花賞のデータ分析さ参照)、人気薄ならまだしも人気だと買いたくないんだわ(笑)。

 

じゃあ、他に「ラッキーライラックに勝てる馬がいるのか?」ということなんだが・・・この馬でどないだす?

 

浅次郎の桜花賞の印はこうだ!

 

■桜花賞2018予想印

 

レッドサクヤ(12番人気)

可能性があるとすれば別路線組!プラス・・・この中間で大きく成長した可能性のある馬!というわけで、エルフィンS勝ち馬のレッドサクヤが本命。馬柱だけ見ると全く買えないんだが、2歳時の赤松賞ではマウレアと0.1秒差で走ってるし、年明けの500万下で負けたインディチャンプは毎日杯3着馬。血統を見ればエイジアンウインズ(ヴィクトリアマイル勝ち馬)やエバーブロッサム(オークス2着)の下で父は桜花賞と抜群の相性を誇るディープインパクト。血統的な背景は文句なし。

何より素晴らしかったのが調教内容で。調教チェックでは「馬が変わってるかもしれない」と書いたが、この点に賭けてみるのも面白いと思う。出来れば、ラッキーライラックの直後のインに付けて徹底的にマーク。ワンテンポ遅らせてからイン突きを敢行して頂きたい。

対抗はラッキーライラック。そもそも浅次郎はオルフェーヴルファンであり、心情的にはこの馬に勝ってもらって無敗の桜花賞馬を見たい気もある。つか、私が本命党なら迷わずこの馬から行くね。2倍付くんならかなり美味しいと思う。以下印参照。

 

◯ラッキーライラック(1番人気)

▲アンコールプリュ(9番人気)

△リリーノーブル(3番人気)

△フィニフティ(5番人気)

△スカーレットカラー(15番人気)

△ツヅミモン(16番人気)

 

馬連 ◎流し @100円

3連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!レッドサクヤ!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
福島5R 14番
福島9R 16番
中山6R 4番
阪神2R 6番
阪神11R 1番(ラッキーライラック)

■おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
福島3R 9番
福島5R 6番
中山2R 1番
中山3R 12番
中山4R 2番
阪神2R 12番
阪神4R 15番
阪神5R 4番

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【桜花賞2018調教チェック】阪神芝1600mで行われる牝馬クラシック第一弾GⅠ桜花賞。ラッキーライラックの仕上がりはどう?リリーノーブル、マウレア、アーモンドアイのデキは?調教抜群なのはどの馬?浅次郎の特A評価馬・調教爆穴は?調教から見る穴馬はレッドサクヤ!リバティハイツ!フィニフティ!超爆穴にツヅミモン!

 

ダントツ人気が予想される

ラッキーライラックが引いたのは、

 

魔の1枠。

 

桜花賞のデータ分析でも書いたが、内枠はヒジョーに弱い。

1枠は過去10年で【0.0.1.19】。

ちなみに、2枠は【0.0.0.19】。

 

しかし、このデータは強烈なんでね。

(多くの競馬メディアが報じるだろう)

 

「いえーい!ラッキーライラックぶった切り!」

 

という穴党が増えることも予想されるわけで。

本命党にとってはむしろ嬉しい枠かもしれん。

チューリップ賞で見せた器用な内容からすれば内枠でも問題ないし。

後は石橋が肝据えて乗れるかどうか。

 

さて、

 

全国8000人の浅次郎調教チェックファンのみんな!

 

股せたな!!

 

調教チェック行くぜ!

 

■桜花賞2018調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによる国士無双ジャッジである。テンパイしてもなかなか上がれない(笑)。あしからず。JRAの調教映像は金曜昼過ぎにアップされると思うぞ。

netkeibaより抜粋

 

【調教が良く見える馬、メイチ仕上げの馬】

ラッキーライラック 特A評価
チューリップ賞1着から中4週。一週前はCW併せ馬で37.9-11.5。最終もCW併せで馬なり38.2-11.6。ちょっと仕掛けただけで抜け出しそうになったんだけど、それだと併せ馬にならないからね。一旦パートナーが来るのを待ってから再度加速。抜かせないままフィニッシュ。鞍上の意のまま。馬体・動きともに文句なし。ただ、個人的にはまだメイチ仕上げではないと思うね。オークスまで見越した仕上げだろう。それでも特A評価。

リバティハイツ 調教爆穴
フィリーズR1着から中3週。目立った時計を出してるわけではないんだが・・・非常に良い動きに見える・・・少なくとも前走よりはるかに良くなってると思うぞ。調教爆穴。

レッドサクヤ 特A評価
エルフィンSから約2ヶ月ぶり。中間はグリーンウッドで調整され、3/10に帰厩して6本。1週前にCW一杯3頭併せで37.7-11.4。鋭く伸びて豪快に先着。最終追い切りは単走で37.7-11.7。仕掛けてからの反応も申し分なし。今までこんなにハードな調教を行ったことがなく・・・もしかしたら馬が変わっているかもしれない。特A評価。

リリーノーブル 特A評価
チューリップ賞3着から中4週で9本!ミッチリと坂路で乗り込まれ、1週前は坂路で52.3!24.4-12.1と終い最速で豪快な動き。最終はCWで36.9-11.5。ストライドがよく伸びててスピード感満点。本気度が伝わってくる追い切りである。メイチ仕上げ特A評価。

フィニフティ 調教爆穴
クイーンC2着から約2ヶ月ぶり。中間はノーザンFしがらきで調整され、3/13に帰厩して6本。1週前にはCWで終い一杯37.4-11.7の好時計。最終は馬なりで37.5-12.2。非常にバランスの良い走りでフットワーク良し。この馬、ステファノスの全妹なんだが・・・素質はかなり高そう。

マウレア
チューリップ賞2着から中4週で4本。あ・・・時計を出し始めるのが1週遅いなあ・・・なんて思ってたらこの馬、栗東留学だね。今回の調教は全て栗東で行っているぞ。1週前ヤングマンパワーと併せてCW37.5-11.7。最終は馬なりでCW37.8-12.0。過去の調教と比較出来ないんで評価するのが難しいのだが、状態はかなり良さそう。

ツヅミモン 調教爆穴
クイーンC12着以来約2ヶ月ぶり。中間はグリーンウッドで調整され、3/6に帰厩して9本!最終はCWで軽めだったんだが、1週前に坂路が迫力満点の動きで51.7。なんか動き的に粗さがあるっていうかまだ良くなる余地は多分にあると思うが、本数・内容ともに十分な稽古を積んでいるぞ!調教爆穴。

 

※アーモンドアイ、トーセンブレス、ハーレムライン、レッドレグナント、プリモシーンなど美浦組は濃霧のためチェック出来ず。

 

1番良く見えたのはリリーノーブルですな。オークスより桜花賞に全力!というような調教内容で。前走から大きく上積みがあるんじゃないかな。血統的に母系がマイル系なんでね。もしかしたら2000mくらいが限界の馬(と陣営が考えている)なのかもしれない。馬体を見てもよく分からんのだが(リリーノーブルのPhotoパドック)。たしかにガッチリ系に見えるな。

 

対象的にラッキーライラックは、シュッとしてて長い距離もこなせそうに見えるね(Photoパドック)。追い切りを見てもメイチに仕上げたって感じじゃなく、まだ成長を促しながら・・・というような余裕を感じる。チューリップ賞の時はもっと余裕だったからなあ。この馬はモノが違うかもしれない。

 

もう一頭の特A評価はレッドサクヤ

 

「浅次郎さん、特A評価調教爆穴はどう違うんですか?」

 

という質問は一度も貰ったことないんだけど(笑)、勝手に解説しておく。

 

特A評価は「調教時計の根拠がある特別浅次郎評価馬」であり、

調教爆穴は「人気はないけど、浅次郎が気になる調教馬」という感じである。

 

簡単に言うと、

調教特A馬は見た目が可愛い上に美乳。

 

 

調教爆穴は見た目普通なんだけど

ムチムチでなんかチンコが反応してしまう・・・

 

 

という感じである(笑)。

 

というわけで、レッドサクヤは時計の根拠がある浅次郎評価馬ってわけ。特に浅次郎が見ているのは「過去との比較(タテの比較)」でね。今回、1番伸び代がありそうなのはこの馬だと見ている。ただ、2歳の時にマウレアに負けてるし、このGⅠの舞台で通用するかは・・・文字通り走ってみないと分からんけどな。

 

調教爆穴にリバティハイツフィニフティ。超爆穴にツヅミモン

 

今回関東馬の調教がどうなんかサッパリ分からんのが残念だが・・・

 

参考になれば嬉しい。

 

結論は日曜日。

 

私が本命党ならこの一点買いかなあ・・・。

 

【浅次郎のひとりごと】

CC社、マネックス傘下で信用回復へ 買収きょう発表、マネックス勝屋COOが経営主導

コインチェック、予想通り買収されちゃったね。ま、これで仮想通貨に対する懸念が完全に払拭されるわけじゃないだろうけど、ユーザーはぼちぼち戻ってくるだろうね。しかしマネックスは美味しいところ持ってくなあ。数十億円って相当安いと思うけどね。仮想通貨はまだまだこれからだと思う。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

モッコリ万馬券倶楽部では、GⅠだけじゃなく、全ての重賞の調教チェックを行っているぞ!先週の調教チェック爆走馬・・・ダービー卿CTのストーミーシー(調教爆穴9番人気3着)、大阪杯のペルシアンナイト(特A評価6番人気2着)。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【スプリングS2018予想】中山芝1800mで行われる皐月賞トライアルGⅡスプリングS。今年はステルヴィオ、エポカドーロ、ルーカスあたりが人気だが、当然大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースは?上がり3Fデータは?狙いは大穴カフジバンガード!相手にハッピーグリン!ヒモ穴にレノヴァール、ゴーフォザサミット、マイネルファンロン!

 

いやあ、昨日は、

 

タイムフライヤーは単勝1.2倍で追い込み届かず、

ロックディスタウンはガッツリ掛かってドモナラズ、

ダノンスマッシュは見せ場なく・・・

 

本命党の人たちゃ1ラウンド剛掌波だったね。

 

 

もちろん、私もハズレたんだけど(笑)、

大穴狙いの小銭で負けるのと、

本命ガッツリで負けるのは大違い。

 

さて、こういうのは連鎖するもんだが・・・

今日はどうかなー?

 

■スプリングS2018オッズ

※netkeibaより抜粋

 

ステルヴィオとルーカスが人気なんは分かるんだが・・・

エポカドーロは何故にこんな人気なのだ?

なんか情報回った?

確かに前走は強い内容であったが、

適性人気は4~6番人気くらいだと思うけどなあ。

 

うーむ。

 

まいいや。展開見てみるべい。

 

■スプリングS2018展開予想

逃げ候補は
コスモイグナーツ
エポカドーロ

先行勢は
マイネルファンロン
ビッグスモーキー
バールドバイ

差し勢は
レノヴァール
ハッピーグリン
カフジバンガード
ステルヴィオ
ルーカス

追い込み勢は
ゴーフォザサミット
フォルツァエフ

逃げ候補はコスモイグナーツかエポカドーロか。ちょっとドッチか分からんが、引くなら戸崎(エポカドーロ)って気がするなー。いずれにせよドッチかが引けば速いペスにはなるまい。仮に2頭が行く展開になったとしても、離れた3番手以降はゆるくなるだろう。ペースは1000m60~61秒くらいか?平均~スローで流れて上がり3Fは35秒くらいになると予想しておく。

列べて見ると分かるけどね。人気馬の多くは差し・追い込み系。こういう場合のセオリーとして前の馬を買いたいんだが、う~~~~ん。やっぱり差しが強いような気もするし・・・うーーーーん。

 

上がり3F最速候補は・・・

・ステルヴィオ
・ゴーフォザサミット
・レノヴァール
・ハッピーグリン
・カフジバンガード
・マイネルファンロン

こうやってみるとステルヴィオは死角が少ないなー。

 

さてと。

 

どの馬が来てもおかしくなさそうだし・・・

 

こうなったら

 

上記の馬を片っ端から買うか(笑)。

 

 

カフジバンガード(9番人気)

東スポ杯ではルーカスと0.1秒差。シンザン記念・共同通信杯はともに上がり上位の脚を使って5着。出遅れ癖させなければ・・・と思わせる内容だが、能力的にはココでも十分通用すると思う・・・けどこの人気だべうっひっひ。中山は初だが、戦績を見るに力の要る中山1800は向いてると思うけどね。調教も良かったし、人気のないここが狙い目。頼むぜウチパク!

相手筆頭はハッピーグリン。前走のセントポーリア賞は相当強い勝ち方だったと思うけどね。意外と人気になってしまったので◯に落としたけど。他、レノヴァール、ゴーフォザサミット、マイネルファンロンがヒモ穴。ステルヴィオは押さえ。

 

◯ハッピーグリン(5番人気)

△レノヴァール(8番人気)

△ゴーフォザサミット(4番人気)

△マイネルファンロン(6番人気)

△ステルヴィオ(1番人気)

 

単勝 ◎ @300円

馬連 ◎流し @100円

3連複 ◎◯流し @100円

 

がんばれ!カフジバンガード!

 

 

【阪神大賞典2018】はケンですな。

 

【おまけ】日曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
中山3R 3番
中山5R 7番

モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【スプリングS2018データ分析】中山芝1800mで行われる皐月賞トライアルGⅡスプリングS。今年はステルヴィオ、ルーカスあたりが人気になりそうだが、穴馬の台頭はあるか?データ分析によると、内枠有利!先行・差しは互角!前走ローテは?種牡馬は?馬体重は?穴馬候補はハッピーグリン、マイネルファンロン、レノヴァール!

 

ふむう・・・。

 

弥生賞と比べてどうなんだこれ?

 

■スプリングS2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気は朝日杯2着のステルヴィオ。

 

ただ、この時ダノンプレミアムに

3馬身半差という決定的な差をつけられており、

2着以下はダンゴだったんだよねー。

 

それに・・・取りこぼしがありそうな脚質だし、

マイラーという可能性もあるし、

目標は当然先である。

 

オッズほど抜けてるわけじゃないと思うけどな。

 

同じことがルーカスにも言えるわな。

東スポ杯はワグネリアンの2着だったわけだが、3馬身差で。

ホープフルSも上位とは離れた6着。

血統面(モーリスの全弟)+ミルコ騎乗で人気になるのは分かるが、

ちょっとこれは、

あざとい胸の谷間になりそうだねー。

 

 

ありがたやー(笑)。

 

さて、データ見てみるでもす。

 

■スプリングS2018データ分析、人気別成績

ぐあっ!1番人気強え!複勝率90%かよ・・・。こりゃ馬券からハズさん方がいいか。1着馬は全て6番人気以内と堅い傾向。ただ、2~3着は荒れることもあり。

 

■スプリングS2018データ分析、枠番別成績

1~3枠の馬券率、回収率が高く内枠が有利な傾向。

 

■スプリングS2018データ分析、馬体重別成績

パワーが必要なコースだけに500kgを超えてるような馬格がある方が優勢。459kg以下だと厳しいか。ステルヴィオは前走の馬体重が460kg・・・増えてるといいけどねえ。

 

■スプリングS2018データ分析、騎手成績

ミルコは過去2/3で持ってきてやがるな。ルーカスも持ってこれるか?モッコリ騎手筆頭はヒロシです。

 

■スプリングS2018データ分析、種牡馬成績

ステイゴールドやハーツクライといったパワー系SSが狙い目。ディープインパクトはこのレースいまいち。今回人気になりそうなサトノソルタスはどうだろうね?あとキングカメハメハね。このレースは勝ち切れない感じだが相性は悪くないよ。ロードカナロアはまだ謎が多い種牡馬だがコース適性はDカップと思う。

 

■スプリングS2018データ分析、間隔別成績

休み明けでも問題なし。最も馬券になりやすいのは5~9週のゾーン。

 

■スプリングS2018データ分析、前走成績

ははあ・・・最近は500万条件組が強いね。1600~2000mの距離で1~2着条件。それから朝日杯FS組も強いんだが、勝ち切ってるのはロゴタイプのみ。他の4頭はいずれも2~3着に負けてるよ。後は共同通信杯きさらぎ賞の1~4着馬。

 

■スプリングS2018データ分析、脚質別成績

前後ろ互角といった感じだが、追い込み馬はツライ。上がり1位の成績は見ての通りイマイチの成績。コース的に「上がり33秒台でシュパッ!」って感じのコースじゃなく「上がり35秒でオラオラ」って感じのコースだからね。瞬発力タイプより長持ちタイプの馬を狙いたい。

 

■スプリングS2018データ分析、位置取り・上がり3F

「先行→先行」「差し→差し」という感じの年もあれば、「差し→先行」「先行→差し」って年もあるね。極端に後ろからだと厳しく、最低でも4角では10番手以内が必要。上がり4~6位の馬も相当馬券になっているし、上がり10位以下の逃げ・先行馬も結構馬券になっている。上がり1位の馬が35.0とかなんでね。差がつきにくいのである。

穴馬の脚質は・・・逃げ!差し!

 

■スプリングS2018データ分析、馬主・生産者・血統

若干関東馬が有利かな。そんで当然の如く社台系が強い。血統を見るとやっぱりパワー寄りの中長距離系だね。

 

ケツデータ論。

・内枠有利

・前走500万組!

・逃げ、差し馬!

 

穴馬候補を挙げておこう。まずもって全力で狙いたいのが地方馬のハッピーグリンである。前走セントポーリア賞を一度見て欲しい。

1000m通過63秒の超スローの瞬発力勝負だったんだけどね。馬なりのまま外回しての余裕の差し切りで。一頭だけ手応えが違う感じの楽勝。使った上がりは33.3。中山1800適性は謎だが・・・能力はかなり高いと思う。地方馬の不利は重々承知だが・・・狙いたいね。

 

それからマイネルファンロン。前々走の葉牡丹賞はジェレラーレウーノから0.1秒差の3着。前走のフリージア賞も出遅れつつ0.1秒差の2着。これもちょっと相手が悪かった。

ワンパンチ足りない善戦タイプだが、それが中山1800だと活きてきそう。パワー系の血統もココではピッタリだね。

 

もう一頭レノヴァールも面白いと思う。前走若竹賞1着なんだけど、時計も着差も派手さはないから多分人気にならんだろうけどね。

同コースでキッチリ勝っているというのはやっぱりアドバンテージだろう。

 

日曜は阪神大賞典もあるんだけど・・・

こっちはケンかなあ。。。

 

結論は日曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ドバイWCデー4レース馬券発売が決定!

あら、JRAだと、UAEダービーやゴドルフィンマイルは買えないのね。まあしかし今年も面白いことになりそうだぜうっしっし。そうそう、日本馬を買うなら海外のブックメーカーで買うべしだぞ(海外馬を買うならJRAで買った方がいい)。オッズが全然違うからね。アカウント持ってない方は今から準備しておこう。

海外馬券の買い方

海外競馬サイドバナー

 

【フィリーズレビュー2018データ分析】阪神芝1400mで行われる桜花賞トライアルGⅡフィリーズレビュー。モルトアレグロ、アマルフィコーストあたりが人気になりそうだが、もう穴馬だらけ!データ分析では、枠は有利不利なし、脚質は差し・追い込み有利、阪神JF組と500万組!穴馬候補はアルモニカ、ラブカンプー、イサチルルンルン!

 

チューリップ賞が10頭立てでね。

このフィリーズレビューは抽選有りのフルゲート。

 

チューリップ賞がGⅡになったのは喜ばしいが・・・

このレースはGⅢでいいんじゃないの???

特に今年はレースレベル低くなりそうですな。

 

■フィリーズレビュー2018出走馬

netkeibaより抜粋

 

まだnetkeibaには反映されてないが、

キープシークレット、トロワゼトワル、ミトノレインボーが抽選落ちみたいやね。

トロワゼトワルは武豊騎乗で有力な一頭だっただけに・・・

 

面白いことになったね。うっひっひ!

 

さて、

 

データ見てみるぼ。

 

■フィリーズR2018データ分析、人気別成績

人気勢の成績は平均よりやや低めか。人気薄の激走もあるが、10番人気以下だと苦しいか。

 

■フィリーズR2018データ分析、枠番別成績

概ねフラット・・・どの枠も馬券になってるね。

 

■フィリーズR2018データ分析、馬体重別成績

3歳牝馬戦だし、500kg以上の出走はほとんどなし。440~499kgのエリアなら問題なし。419kg以下だとちょっと割引かな。アルモニカ、デルニオエール、ナディアあたりが当てはまりそう。

 

■フィリーズR2018データ分析、騎手成績

デムもルメも当日は金鯱賞乗りに行ってるからいないしー。武豊も除外されていないしー。若者達よーチャンスやぞー!

 

■フィリーズR2018データ分析、種牡馬成績

ほほう・・・やはりタフな阪神内回り1400。瞬発力系よりタフなパワー系が強いですな。チューリップ賞や桜花賞だと鬼のように強いディープインパクトも・・・過去10年連対馬ゼロ。良血アンコールプリュは2~3番人気になりそうだけどどうだろうね。

 

■フィリーズR2018データ分析、前走間隔成績

2ヶ月以上の休み明け、あるいは1月に使って年明け2戦目・・・って馬が馬券のほとんどを占める。2月に使ってココに来た馬は割引かな。

 

■フィリーズR2018データ分析、前走成績

注目は・・・ダントツで「阪神JF組」。過去10年で9頭馬券になってるよ。またその際の着順は一切問わない感じ。次に注目したいのが、500万特別組。過去10頭も馬券になっているが、この場合は1着条件。例外は2016年のソルヴェイグのみである。後はクイーンCとエルフィンSかなあ。

阪神JF組・・・コーディエライト、ナディア
500万1着・・・アリア、アルモニカ、アンコールプリュ、イサチルルンルン、デルニオエール、ラブカンプー

 

■フィリーズR2018データ分析、脚質別成績

たわべっ・・・?なんだこの追い込みの強さは・・・!こんなの初めてぇん!

 

■フィリーズR2018データ分析、位置取り・上がり3F

なるほど・・・結構年によって極端やね。2017年みたいに「追い込み→差し→追い込み」みたいな年もあれば、2014年みたいに「先行→逃げ→先行」みたいな前残りの年もあるわ。

この時期、このコースだけに、スプリンターが混じってしまうせいやろね。ぶっ飛ばしてハイペースになって、それをみんなが追いかけて・・・結果前は全滅みたいなね。こういうタフなレースになると、将来中距離で活躍するクイーンズリングやメイショウマンボみたいな馬が差してくるんだわ。※このレースは意外とオークスやエリザベス女王杯と関連があるのである。

逆に将来スプリントGⅠで活躍するような馬は、先行しても粘りきってしまうね。ベルカント、ソルヴェイグなんかがそう。そもそもレースレベルが劇的に低いって年もあるので要注意。

穴馬の脚質は何でもアリだが・・・警戒したいのはカーチャンの次に怖い逃げ馬。

 

■フィリーズR2018データ分析、人気別成績

明らかに・・・社台F>ノーザンFやね。こういう非根幹距離は社台Fの方が強い傾向。関東馬が馬券になるのはレアケースかなあ・・・。モルトアレグロは1番人気候補だが・・・どうなんでしょ?

 

ケツデータ論

・阪神JF組か500万1着組。

・差し、追い込み優勢。

・社台F。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、川田のアルモニカ。人気になると思うんだけど、このくらいの人気なら買いだねえ。そらから逃げ馬候補のラブカンプー。バリバリの短距離血統でマイルは厳しいかもだが、1400は十分許容範囲である。今まで一度も連対を外してない堅実派。狙いの一頭。大穴に関東馬のイサチルルンルン。ダートでもやれる馬ってのはこのコースではとても魅力的。

他にも面白そうな馬が沢山いるんだが、ちょっとキリがないので止めておく。調教チェックしてからやねー。

 

もうね。

 

このレースはね。

 

OB覚悟のマン振りでオッケーでしょう。

 

 

ハズレたっていいじゃない!

 

負けたっていいじゃない!

 

馬は一所懸命走ってんだ。

 

それを眺めて勝ったの負けたのって・・・

人間様の贅沢な遊びなんだからね。

 

買うのは馬券じゃねえ。

 

興奮と感動を買うんでい。

 

(その上でプラスになったら言うことなし!)

 

結論は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「最後の一年になりそう」=イチローのマリナーズ復帰―米紙

同年代のイチローに・・・私は励まされて頑張って来たのである。「イチローは昨日何本打ったかな?」・・・そう思いながら20数年間、新聞を開いてきた。最後の一年?何を言ってるのかな?50歳まで現役じゃコラァ!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【弥生賞2018予想】中山芝2000mで行われる皐月賞トライアルGⅡ弥生賞。今年は無敗のダノンプレミアムとワグネリアンが激突!果たして割って入る馬がいるのか?ガチガチなのか?展開、隊列、ペースはどうなる?上がり3Fデータは?本来ケンのレースだが、三連単でジャンダルム→ダノンプレミアム→サンリヴァルで観覧料。

 

競馬には、

「お金持ちじゃないと買えないレース」

がありますな。

 

昨日のチューリップ賞なんてのはその典型例で。

荒れる要素がほとんどなかったよね。

 

こういうレースは・・・

我々のようなパンピーは黙ってケンが正解である。

 

 

で、

 

今日の弥生賞もチューリップ賞と似たようなメンバーで。

 

お金持ちじゃないと買ったらいけんレースぽい。

 

しかし、昨日はオーシャンSがあったから良かったが・・・

 

うーむ。

 

チョビットだけ買うか(馬券オヤジの哀しいサガ)。

 

■弥生賞2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

ダノンプレミアムが抜けた人気になってるわけだが、

チューリップ賞でラッキーライラックが圧勝したこともあって、

さらに人気を集めるかもしんないね。

 

しかし、もしこの馬がコケるなら

完調手前のココって気がしないでもない・・・

よな気がしないでもない(はっきり言いなさい!)。

 

牝馬の場合は、桜花賞が第一目標なのだが、

牡馬の場合は、ダービーが最大目標だからだ。

この馬の場合、仮にココで2~3着に負けても賞金的に問題ないしね。

 

そして、少なくない懸念がある。

それは、中山芝2000mは今回が初めてだってこと。

 

だれだって

初めての時は不安である(何の話だ)。

 

特に・・・瞬発力が自慢のこの馬にとって、

持久力が試される中山2000は決して歓迎する舞台ではないだろう。

(NHKマイルCに行けば圧勝しそう。笑)

 

ま、能力が抜けてて、

不安も全くの杞憂に終わりそうな・・・

気がしないでもないような気がするけど(はっきり言わんか!)。

 

全く同じことがワグネリアンにも言えるわな。

早くに賞金を確保して、

余裕のローテが組めるのはそりゃ素晴らしいことなんだけど、

最大目標がダービーなのは間違いないわけで・・・

調教師の立場に立って考えると、

ここは逆算した仕上げを施して来ると思うんだよね。

 

何が言いたいかというと、

ココは・・・2頭とも8~9割の仕上げなんじゃないかと。

 

 

というスタンプが返って来そうだけど(笑)、

 

まあ、この2頭の能力が抜けてるのは間違いないと

西郷どんも思っているよね。

 

それでも競馬は何が起きるか分からんのだ。

 

さて、展開見てみもす。

 

■弥生賞2018展開予想

逃げ候補は
サンリヴァル

先行勢は
ダノンプレミアム
リビーリング

差し勢は
ジャンダルム
ワグネリアン

追い込み勢は
アラウン
オブセッション
アサクサスポット
トラストケンシン

へ、へ、ヘヴィータンクって何者?デビュー戦?マジで?登録してあったのはもちろん知ってたけどまさか本当に出てくるとは。冷やかし登録だとばっかり思ってたよ。社台の隠し玉的超良血ってんならまだ分からんでもないが・・・この馬は脚質がサッパリ分からんので上記にも加えていない。

逃げるのはおそらくサンリヴァルだろう。ダノンプレミアムにとってこれはラッキーだったな。サンリヴァルが居なければもしかして逃げる羽目になったかもしれん。で、問題はサンリヴァルがどの程度のペースで行くか?ホープフルSでは競って行ったが、今回は単独でハナだろう。ダノンプレミアムはおそらく離れた2~3番手のポジション。・・・チューリップ賞のラッキーライラックと同じような感じで。

だからと言ってスローに落として瞬発力勝負になったら勝ち目がないわけで。サンリヴァルとしては平均ペースで行って後ろにも脚を使わせつつ、ギリギリ自分も粘り込めるような脚を残しておきたい。ペース判断が重要になるわけだが、クリンチャーを降ろされた怒り屋佑介のオデコに注目だ。・・・じゃなかった(笑)、手綱さばきに注目だ。

 

というわけで、1000m通過は60秒くらいの平均やや速めのペースを予想しておく。このペースで中山2000なら上がり33秒台はムリ。上がりは35秒前後のタフな競馬になると予想しておく。

 

ココでチョット上がり3Fのデータを見ておこう。

 

上がり3F最速候補は、

・オブセッション
・ジャンダルム
・ワグネリアン
・ダノンプレミアム

おおう・・・人気上位4頭やね。ただ、この中でスローしか経験のないオブセッションはちょっと不安だね。この馬もまた「化物か?」と噂されてるわけだが、阪神1800と中山2000は全く別モノである。同じような脚が使えたらそりゃほんとの化物でもす。

 

ダノンプレミアムとワグネリアンが強いのは百も承知。

ただ、今回は8~9割の仕上げだし、

中山2000適性・オッズを加味して考えると・・・

ジャンダルムから行きたい。

 

穴は当然・・・

単騎逃げのサンリヴァル!

 

さて。

 

当初馬券を買うつもりなかったんだが、

 

チョビッ~~~~とだけね。

 

■弥生賞2018予想

 

ジャンダルム(4番人気)

今年はホープフルS組の評価が低いのか、ジャンダルムも4番手評価。この馬、血統的にマイラーっぽいんだが(母はビリーヴ、兄弟も1200~1600が得意な馬が多い)、ホープフルSで3コーナー過ぎから捲って行った姿を見るとこの距離でも十分やれると思う。ただ、最後が甘くなったあたり、ちょっと仕掛けが早かったかもしれない。その辺は武豊が上手く乗るだろう。

相手はダノンプレミアムとサンリヴァル。サンリヴァルをダノンプレミアムが交わしたところをジャンダルムが急襲!って絵図を描いておく。

 

◯ダノンプレミアム

▲サンリヴァル

 

三連単 ◎◯→◎◯▲→◎◯▲ @100円

 

ええと4点かな。観覧料やね(笑)。

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

社畜ミュージアム(笑)。

 

【オマケ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
今日は・・・おまけも該当馬なしだね。
ダノンプレミアムは堅チクビ該当じゃないんだ・・・ふーん。

■モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内