【オークス2018レース回顧】今年のオークスを勝ったのは単勝1.7倍と圧倒的な人気に押されたアーモンドアイ!異次元の内容でライバルを蹴散らし牝馬2冠達成!秋には牝馬三冠に挑む。2着リリーノーブル、3着ラッキーライラックの敗因はなんだったのだろうか?また人気の一角サトノワルキューレの敗因は?

 

アーモンドアイ、牝馬2冠達成!

 

 

いやー、アーモンドアイ、強かったねえ。

 

戦前に噂された距離不安もなんとやら。

 

完全に能力が抜けてたわ。

 

簡単にレース回顧しよう。

 

■オークス2018結果

しかし・・・まあ・・・負け惜しみでもなんでもなく、この配当ならモッコリ穴党はドモナラズでOKだと思う。買えないし、買わない。馬連一点!とか3連単2点!とかで仕留められたらカッコいいんだけど。それも難しいわな。

 

■オークス2018映像

 

■オークス2018レース回顧

スタート!

1番のリリーノーブルが絶好のスタート!7番トーホウアルテミスが躓き、6番オールフォーラヴがちょっと出遅れた以外は、まずまず揃ったスタートだったと思う。誤算だったのは12番サヤカチャン。スタートしてすぐアーモンドアイと接触してしまい・・・スムーズなダッシュが出来なかった。それでもゴイゴイと押してハナへ。

 

100m過ぎてやっと行き脚がついたサヤカチャンが外から上がって行く。その外に居るオレンジの帽子がアーモンドアイ。素人目だが、ルメールはガッツリ手綱を絞っていて、掛かっているように見える・・・。内には絶好のスタートを切ったリリーノーブルと、控えて脚を溜めようとしているラッキーライラック。好位の外につけようとするレッドサクヤ。サトノワルキューレがその後ろ。

 

1~2コーナー。結構縦長。その犯人は先頭を行くサヤカチャンなのだが・・・もしかしてゲート出てすぐ接触したのが原因でジュンジュワーしてたのかもしれん。

 

予想通りの単騎逃げとなったサヤカチャン。押さえが効かない・・・

 

4~5馬身離れた2番手にランドネ。そしてリリーノーブル。折り合いバッチリ。

 

4番手にカンタービレ、続いてラッキーライラック。そしてその外に・・・アーモンドアイ!私の展開予想では後方2~3番手だったのだが・・・まさかの好位追走。しかもラッキーライラックをマークする絶好位。これはルメール自身も「想定外だった。後ろから行くつもりだった」と供述している。

そして、最初の直線で掛かっていたように見えたアーモンドアイだが・・・いつの間にかバッチリと折り合いがついてますな。気持ちよさそうに走ってるわ。

 

中団前にレッドサクヤ、マウレア、サトノワルキューレ、オールフォーラヴ。ん???サトノワルキューレ行きたがってない?大丈夫?

 

中団後方にパイオニアバイオ、ウスベニノキミ、シスターフラッグ。この地点で暴走したサヤカチャンが2番手に8~9馬身差を付けてるね。

 

後方にロサグラウカ、トーホウアルテミス。

 

最後方にウインラナキア・・・

あ、映らなかったけど、この後ろにオハナがいるよ(多分人為的なミス。笑)。

 

ペースは、どうだったか?

 

 

1000m通過が59.6。

 

ただしこれは暴走したサヤカチャンのもので。

 

2番手のランドネとは1.4~1.6秒ほどの差があったと思う。

つまり実質は1:01.0前後の平均ペース。

 

私自身はもっとスローになると読んでたんだが・・・

サヤカチャンが行ったせいで全体の流れが

速くなったんですな。

 

それと、アーモンドアイの存在。

 

アーモンドアイが今回好位に居たからね。

もしこの馬の位置取りがもっと後ろだったら・・・

もうちょいスロー目で流れたかもしれない。

 

 

1000mを過ぎてからも大きくラップが緩むことはなく、

12秒ちょいのラップが淡々と続く。

 

このラップから推測するに、

展開の有利不利はあまりない・・・

チンコ勝負になったと思う。

 

3~4コーナーでのアーモンドアイは、好位の外。絶好の手応え。そして誰にも邪魔されないポジション。

 

難なく馬場の外へ持っていくルメール。まだGOサインは出さない。リリーノーブル、ラッキーライラックも馬場の真ん中へ。

 

ラッキーライラックも我慢してたんである。そして石橋はチラッと横目でアーモンドアイを確認したんだが・・・まだ余裕の手応え。しかしこれ以上遅らせたら前のリリーノーブルを捕まえられん!と踏んだのだろう。400m手前からスパート開始。

リリーノーブルはというと、ラッキーライラックやアーモンドアイを出来るだけ引き付けて・・・と思っていたんだろう。こちらもギリギリまで追い出しを我慢し、坂の上りと共に追い出し開始!

しかし、両馬の思惑とは異次元だったのがアーモンドアイ。

・・・ほぼほぼ馬なりのまま2頭に並んでいく。

 

ルメールがGOサインを出したのは残り400を切ってから。反応良く加速したアーモンドアイはあっという間にラッキーライラックを交わし、リリーノーブルに襲いかかる。

 

しかしリリーノーブルと馬体が合ったのも一瞬。あっという間に置き去りにして千切っていく。

 

残り100m。リリーノーブルの抵抗虚しく・・・アーモンドアイが抜け出して差を広げる。これは強い。強すぎる・・・。

 

残り50mでルメールは後方を確認し、何も来ないのを確認すると、追うのをヤメ、最後は流してゴール。

 

タイムはオークスレコードに迫る2:23.8!

アーモンドアイの上がりはなんと33.2!

 

あんた東京2400で、このポジションで、上がり33.2で上がったら・・・

 

他の馬はどーも出来んじゃろ!

 

強いっ!

 

あんた強すぎるっ!

 

 

勝ったアーモンドアイはロードカナロアの初年度産駒。「初年度産駒の成績が9割」・・・と言っても過言ではない厳しい厳しい種牡馬界の中で・・・最高の親孝行となった。特に、距離の懸念を払拭したのはとてつもなく大きい。今からPOG馬の選定をするファンは多いと思うが、来季POGはロードカナロア産駒の人気が沸騰するだろう。

これで桜花賞・オークスの2冠となったが、秋は秋華賞を目指す予定らしい。牝馬3冠達成に注目が集まるが、順調に行けば全く問題なく達成出来るだろう。ちょっとこの世代では抜けている・・・というか、もしかしたら牡馬を含めて世代ナンバーワンかもしれん。個人的には斤量の恩恵がある3歳のうちに凱旋門賞に行って欲しいけどな。あと怖いのは怪我だけ。順調に夏を越して欲しいね。

あ、そうそう。今回「好位」に付けて勝ったわけで、それが物凄いインパクトだったわけだけど・・・今回、明らかに能力が劣ると思われる馬が一緒に走ってたからね。それらを除くと「実質10~11頭立てだった」とも言えるわけで、今回のアーモンドアイにとっては、実質的には「中団」くらいの位置取りだったのかもしれないね。

 

2着リリーノーブルは中間緩めずに攻めて攻めてのメイチ仕上げ。2強逆転に向け最高の状態で最高の競馬をしたが、ちょっと勝ち馬が強すぎた。スタートも完璧、位置取りも完璧、折り合いもついて、追い出しも完璧だった。この馬の時計は2:24.1。例年なら普通に勝ち負けの時計だったが相手が悪かった。桜花賞とオークスのレース振りを比較するに、この馬は2000m以上の中距離タイプだろうね。秋以降にまた成長するルーラーシップ産駒だし、秋華賞・エリザベス女王杯での逆襲に期待したい。

 

3着ラッキーライラックも最高の競馬をしたと思う。アーモンドアイに負けたのはしょうがないとして、過去負けたことのないリリーノーブルにも完敗だったのは何か敗因があったのだろうか?世間的には「実は1600~2000mの馬だったんじゃね?」という意見があるようであるが、私はそうは思わない。交わされた後もキッチリ伸びていたし、最後はリリーノーブルとの差も縮まっていたしね。それよりも考えられるのは「東京適正」じゃないかと。ラッキーライラックの母系はアメリカ系のパワー血統である。父オルフェーヴルの一族には小回りの鬼が多い。つまり血統的に東京の広く軽い馬場は苦手な可能性があるんじゃないかと。ま、いずれにせよ3歳牝馬でトップ3に入ることは間違いない。秋の反撃に期待したい。

 

4着はレッドサクヤ。ラッキーライラックを終始マークするような競馬。ラッキーライラックやリリーノーブルと同じ上がり33.9を繰り出して突っ込んできたが、上位陣との差は最後まで詰まらず・・・。現時点では力負け。ただ、この馬も相当の能力馬であることを改めて示したよね。調教爆穴指定であったが、調子自体も上昇してたんだと思う。この馬は軽い馬場での瞬発力勝負が合いそうなんでね。秋華賞やエリザベス女王杯での逆転は難しいかもだが、成長力次第で来年のヴィクトリアマイルで面白いんじゃないかなー。

 

5着にマウレア。この馬もレッドサクヤと同じく、スムーズな競馬をして能力を出し切っての力負け。最後までよく伸びたけど、レッドサクヤを交わしきれなかった辺り・・・もしかして距離の問題があったかもしれない。1600~2000が良さそうなイメージだなあ。

 

さて、人気の一角だったサトノワルキューレは離された6着。戦前は逆転候補と言われていたが・・・敗因はなんだったのだろうか?位置取り的には中団の外目。アーモンドアイの真後ろのポジションでね。ある意味最高の位置取りだったと思う。しかし、直線は追っても追っても全然伸びず・・・残り200mでミルコは早々に諦め、追うのをヤメている。フローラSで見せた鬼の末脚に期待していたのに!というファンも多かったことだろう。おそらく・・・敗因は体調面。調教チェックの時も書いたが、最終追いがめちゃくちゃ軽かったからね。コンディションを維持するのが難しかったのか、見えない疲れが出たのか・・・いずれにせよ今回はベストコンディションではなかったんだと思う。

 

私の馬券は◎パイオニアバイオが頑張ったものの7着まで。

アーモンドアイぶった斬りだったんで

いずれにせよドモナラズであった(笑)。

 

 

というわけで、

 

オークスは圧倒的な人気を背負ったアーモンドアイが2冠達成。

 

今週はいよいよダービーだが・・・

 

またチンコ堅いのか?

 

それとも荒れるのか?

 

コース適性、調教チェックなどは後日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

テイエムオペラオー死す 和田しんみり「記憶いつまでも残っている」

過去最強の穴党の天敵と言えば、この馬である。ずっと外し続けたけど・・・いい思い出だ。安らかに。

 

あ!

 

浅次郎POGはどうなった?

 

 

アーモンドアイを唯一持ってるASSA氏が1位に!ただし!ダービーの1着賞金は2億円!2着でも8000万円!3着でも5000万円!ステルヴィオ・ジェネラーレウーノを持つみそしっぷ氏はいずれかが3着以内に入れば逆転である!(先行逃げ切り氏、ジャクソン氏、RINA氏はみそしっぷ氏を逆転出来ない)あとは・・・ワグネリアンを持つくろさわわ氏、ジャンダルムを持つボクトベガさんにも可能性アリ!

 

さあ、

 

超マニアック、

 

かつ、

 

1位になっても誰にも自慢出来ない・・・(笑)

 

浅次郎POG2017~2018の優勝は誰の手に???

 

結末は今週末!

 

【追伸】今年も浅次郎POGやるけんな!賞品は心ばかりのAmazonギフト券。浅次郎のなけなしの小遣いの中から、優勝者と浅次郎賞の2名に贈呈するぞ!締切はダービー明けになると思う!参加したい方は10頭用意しておいてねー。

 

 

 

 

【オークス2018調教チェック】東京芝2400mで行われる3歳牝馬頂上決戦GⅠオークス。さて、アーモンドアイ、ラッキーライラック、サトノワルキューレの仕上がりはいかに?他、逆転候補はいるのか?調教特A評価・調教爆穴は?調教イマイチの馬は?調教から見る穴馬は、カンタービレ、レッドサクヤ、パイオニアバイオ、超爆穴にオハナ。

 

ふむう。

 

ラッキーライラックは2番、

 

アーモンドアイは13番か。

 

なんか桜花賞と似たような列びになったのー。

 

■オークス2018枠順

netkeibaより抜粋

 

しかし、桜花賞とはコース形態も流れも違うけんな。

 

桜花賞の時は魔の1枠だったが、

今回は神の1枠を引いたラッキーライラック。

桜花賞の時は行くしかなかったが、

今回は無理して前に行く必要ないだろう。

この枠なら控えても中団のインが取れるけんな。理想的な枠。

 

アーモンドアイは出遅れる可能性が高いんでね。

枠はどこでも良かったと思うが、

出来ればコースロスのない形で直線まで持っていきたい所。

陣営は、前走と同じ13番で「験がいい」と言ってるが、

本音を言えばもうちょい内が良かったのでは?

この枠だと・・・サトノワルキューレの外を回らされるかも。

 

サトノワルキューレも後ろからになるだろうからね。

この枠ならスッと後方のインに入れられそうで。

文句ない枠だが、アーモンドアイとの位置関係が気になる。

 

各陣営の枠順コメントはこちら。

オークス2018枠順コメント

 

さて、

 

全国1万人の、

 

浅次郎の調教チェックファンのみんな、

 

股せたな!

 

調教チェック行くぜー!

 

■オークス2018調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによるスカイラブハリケーンジャッジである。立花兄弟はサッカーじゃなく中国雑技団でサーカスをやった方がいいと思う。

小学校の時、これをやろうとして失敗し(←そりゃそうだ!)、ズッコケて下になったやつの上に落ちたのは秘密だ。痛かったよねゴメン。オークスの調教映像はこちら→JRA調教映像(金曜昼過ぎにはアップされると思う)

 

リリーノーブル 特A評価
桜花賞から中5週で9本。おそらくスタミナには不安がないのだろう。ウッドではなく坂路でミッチリと乗り込み、2週前と1週前に終い最速の好時計。最終は単走一杯CWで36.2-11.6の鬼時計!映像を見る限り、大きなストライド・伸びるフットワーク・オーラともに抜群。走る気に満ち満ちてる感じで最高のメイチ仕上げ!特A評価!

ラッキーライラック 特A評価
桜花賞の後はノーザンFしらがきへ。4/21に帰厩して6本。坂路も混ぜてくるかと思ったらCWオンリー。2400仕様の仕上げですな。2週前の時点で速い時計は出してなかったんだが、1週前追い切りでキッチリCW一杯37.2-12.2。最終追い切りは一番外を回して軽めの39.0-11.3だったんだが、ラストの切れがこれまた抜群で。追ってからの反応素晴らしかったね。アーモンドアイを逆転するために鍛えてる感じではなく、あくまで自然体の仕上げ。高いレベルで平行線だと思う。特A評価。

マウレア
桜花賞から中5週で4本。在厩にしては本数が少ないなあ。あ、確かこの馬、桜花賞の後も栗東に居残ってたって話があったような・・・?今回は南W馬なりメニューで速い時計を出しておらず・・・正直桜花賞の時の方が良かったように思う。せめて38秒台は出して欲しかったなあ。映像の動きを見ると悪くないけどね。

トーセンブレス
桜花賞から中5週で5本。最終追い切りは南W馬なりで38.7-12.7。桜花賞の時がモヤで計時不能だったんで比較出来ないんだが、追い切りの映像を見る限り、疲れなく軽快なフットワークで状態良さそう。

カンタービレ 調教爆穴
フラワーCから約2ヶ月振り。中間は吉澤S-WESTで調整され4/25に帰厩して意欲的に乗り込まれて8本。一週前にはCWでサトノワルキューレと併せ馬。最後一杯になって突き放されてしまったが37.7-11.7の好時計。最終追い切りは坂路完全馬なりで52.4!ラストは24.9-12.3。絶好の動きに見えるでし。異ローテだがデキは相当良さそう!調教爆穴!

オールフォーラブ
忘れな草賞から中5週で6本。速い時計を出したのは1週前の芝追い・・・軽快でいい動きに見えたが、なにゆえ芝追い・・・最終追い切りはCWで終いだけ。なんか大きくクビを仰け反るシーンがあったりして判断難しい。クビが低くて動きはいいんだけど・・・

トーホウアルテミス
矢車賞から中2週で2本。間隔は詰まってるが元気いっぱいだね。順調。

サトノワルキューレ
フローラSから中3週で4本。1週前は上述したカンタービレとの併せ馬でCW38.0-11.7。先行する形でカンタービレが来るのを待ってからビッシリ。最後GOサインが出てからの反応が抜群で。映像にはないが多分ゴール板を過ぎてからも追ってるんじゃなかろうか。ただ、ちょっと気になるのが最終追い切り。おそらく1週前で仕上がってて、最終は息を整えるのが目的だったんだろうけど・・・それにしても坂路57.5は軽すぎに見える。せめてラストだけでも伸ばして欲しかったなあ。惜しい。

シスターフラッグ
矢車賞から中2週で3本。記念出走だとは思うが、デキは相変わらず良さそうよ。

レッドサクヤ 調教爆穴
桜花賞から中5週。中間はグリーンウッドで調整され4/24に帰厩して6本。3週連続で福永が乗ってCW併せ馬。1週前は38.1-11.8を計時して豪快に先着。最終はクビほど遅れたが、手綱は最後まで絞ったままでの11.6なんでね。やり過ぎ警戒の意図的なものだと思う。デキはかなり良さそう。調教爆穴。

パイオニアバイオ 調教爆穴
フローラSから中3週で2本。1週前は馬なりの緩い調教だったが、最終追い切りでは南W37.9-12.5を完全馬なりでマーク。頭が高いのがちょっと気になるが、素晴らしいフットワークで非常に調子良さそう!前走よりさらに良くなってると思う。調教爆穴。

サヤカチャン
スイートピーSから中2週で2本。DPは時計が出やすいとはいえ、36.6-11.2を馬なりでマーク。調子は悪くないぞ。

アーモンドアイ 特A評価
桜花賞から中5週。中間はノーザンF天栄で調整され、5/3に戻ってきて4本。桜花賞の時はモヤでサッパリ分からんかったんでね。比較するのが難しいんだが、今回は一週前に併せ馬でラクラク先着の南W馬なり38.6-12.3。最終追い切りは終いだけ伸ばす感じだったが、シュパッと伸びて遙か先を行ってた他厩舎?の馬をあっという間に突き放して見せた。仕上がり的には文句なし。特A評価。

ランドネ
スイートピーSから中2週で5本。レース後すぐ乗り込んでおり、調子良さそうですな。ただ、最終追い切りの坂路もユッタリと登坂した感じで、状態の維持が最優先といった風に見えますな。上積みがあるかどうか疑問。

ウスベニノキミ
フローラSから中3週で4本。前走の時と同様に坂路で一杯追い。意欲は買うが、前走から変わってるかといえば・・・変わってないように見える。

ウインラナキア
矢車賞から中2週で2本。順調ではあるが特筆するところなく・・・記念出走ぽい。

ロサグラウカ
前走水仙賞より約3ヶ月の休み明け。中間はノーザンF天栄で調整され4/25に帰厩して6本。キャリアが浅い上に休み明けなんで判断難しいんだが、最終追い切りは3頭併せで脚色を合わせて併入。順調。しかし休み明けの不安は残る。

オハナ 特A評価
フローラSから中3週で3本。1週前追い切りでは目立つ所なかったんだが、最終追い切りが秀逸の南W36.9-12.5!重心が低くスピード感があって迫力満点の動き。この馬、そんなに調教で動くタイプじゃなく・・・もしかしたら一変しているかもしれない。特A評価。

 

総じて人気サイドの調教が良かったんだが・・・

 

最も良く見えたのはリリーノーブル。質・量ともに文句なしで、2強逆転を目指した究極のスカイラブハリケーン仕上げだと思う。神枠を引いたし、父ルーラーシップなんで距離延長もドントコイだし、2強逆転の最右翼と言えるだろう。ただ、牝馬だけに、やり過ぎて疲れが残ったり、テンション上がったりすることもあるからね。調教は速い時計を出せばいいってもんじゃなく・・・この点は注意しておきたい。スカイラブハリケーンは失敗したらコケて痛いよ(笑)。

 

逆にアーモンドアイラッキーライラックはどちらかというと「静」の仕上げで。「特別なことをする必要ない。普通に走れば結果はついてくる」とでも言いたげな調教内容。まだ遊びがあると思うが、高いレベルで安定していると思う。順調なのが一番ですな。

 

人気サイドで評価を落としたのがサトノワルキューレ。と言っても、1週前追い切りをチェックした時点では「特A評価」を打つつもりだったくらいでね。仕上がりが悪いわけではなく、むしろかなり良い仕上がりだと思う。準特A・・・といった感じか。

 

あと、内枠だったら・・・と思ってしまうのが調教見るまで完全ノーマークだったオハナ。しかし・・・よりによって大外枠。堀厩舎×金子オーナー、ディープインパクト×キングカメハメハのダービー血統。内枠だったら是非ヒモに一考・・・と言えるんだが、さすがに厳しいかなあ。

 

これはさすがに厳しい(車の窓)・・・。

 

カンタービレパイオニアバイオレッドサクヤは、データ・コース適性的にも買い材料たっぷりなんでね。ヒモ穴候補として検討する価値は十分あると思う。

オークス2018データ分析

オークス2018コース適性

 

調教後の馬体重も見ておこう。

 

■オークス2018調教後の馬体重

JRAのHPより抜粋

気になるのは・・・

・オールフォーラヴ +18kg(輸送アリ)
・トーホウアルテミス +14kg(輸送アリ)
・アーモンドアイ +8kg

この3頭。ただ、オールフォーラヴはここ2戦で-8kg、-8kgと馬体減らして来てるんでね。このプラスは歓迎かもしれん。輸送入れても+10kgくらいで出られそう?調教が軽めだったのは馬体重をケアしてのものかもしれんな。トーホウアルテミスも前走が-8kgなんでね。輸送でちょうどよくなるのかも。

気になるアーモンドアイだが、実はこの馬もデビュー以来・・・-6kg、-2kg、-2kgとジワジワと体重減らしてたたから、今回のプラスは良い方に取っていいのかもしれん。

あと、サトノワルキューレもデビュー以来16kg馬体が減ってるからね。今回もマイナスなら厳しいか・・・と思ってたが、いい感じに前走と同じくらいで出走出来そう。あ、なるほど。最終追い切りがヌルかったのは輸送を気にしてのものだったのかもしれんね。

 

以上参考まで。

 

最終予想は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「内田監督の指示あった」現役日大アメフト部員

か、完全にボールを投げた後やんけ!悪質かつ危険極まりないぞこれ!もしこれが監督の指示で「相手選手に怪我をさせるのが目的のタックル」だったのなら・・・そりゃ関学側は納得せんわなあ。

 

【オークス2018コース適性】東京芝2400で行われる3歳女王決定戦オークス!アーモンドアイ、ラッキーライラックの再戦で盛り上がるが、両馬の東京芝2400適正は?血統は?間に割って入れる馬は?3着候補の穴馬は?コース適正から見る穴馬は、トーホウアルテミス、パイオニアバイオ、マウレア、レッドサクヤ、ロサグラウカ!

 

オークスは全頭が初距離となるし、

 

桜花賞組が1600→2400の大幅距離延長となるんでね。

 

毎度「距離適性」が議論されるわけであるが、

 

結局強いのは桜花賞組で。

オークス2018データ分析参照

 

 

結局また白鵬かい!

 

みたいなね(笑)。

 

今年も桜花賞上位を買ってりゃ当たりそうだけに、

こんな記事を書いても仕方ないかもしれんが、

 

競馬はいつだって何が起きるか分からんのである。

 

結果がどうなるかは置いておいて、

事前に最大限の努力することが肝要。

 

というわけで、

今日はオークスのコース適正をやるぞ!

 

■オークス2018コース適性(東京芝2400適正)

ただし、当然ながら東京芝2400実績がある馬はいないんでね。血統でのジャッジ+今までの競馬の内容で判断させて頂く。巷のジャッジと違うからといって空き缶投げないように。なお、今回抽選対象の馬は除外させて頂く。あと馬体診断は競馬ブックのPhotoパドックを参考にした。

アーモンドアイ
ロードカナロア×フサイチパンドラ。父は言わずと知れた短距離王。しかし、母はオークス2着、秋華賞3着、エリザベス女王杯で1着・2着。2000~2400mがベストだった名牝で。この点からも「アーモンドアイは距離をこなせるんじゃないか」と言ってる媒体が多いんだが、体型的には父ソックリに見える・・・。桜花賞のカミソリのような切れ味を見るとマイラーなんじゃないかと思ってしまうなあ・・・。あの脚を東京2400でも使えるのならウオッカクラスの化物だろう。

オールフォーラヴ
ディープインパクト×レディアルバローザ。母父はキングカメハメハなんで「ダービー馬×ダービー馬」だね。母レディアルバローザは1600~2000で活躍した中山牝馬Sを2度勝ち、ヴィクトリアマイルでも3着の実績がある。前走のレース振りからも距離延長は歓迎ぽい。ただ、馬体重が減り続けているのは懸念材料。

オハナ
ディープインパクト×ハウオリ。この馬も母父はキングカメハメハ。母、姉達も堅実に走っているが適正は1600~1800という感じで。東京2400はちょっと疑問。

サトノワルキューレ
ディープインパクト×ヒアトゥイン。母系は謎でサッパリ分からんのだが、おそらくディープインパクト用に輸入されたんだろう。この馬自身、すでに阪神2400での勝鞍があり、東京2000のフローラS勝ちがあるわけで、東京2400適性を言えばこの馬が一番だろう。経験は大きい。

サヤカチャン
リーチザクラウン×アップルトウショウ。母父はアンバーシャダイなんで距離適性長そうなんだが、一つ上の全兄のニシノアップルパイはどうやらマイラーで。可能性はあるが、ちょっと厳しいかな。。。

トーセンブレス
ディープインパクト×ブルーミンバー。母父はフェアリーキングだが・・・母ブルーミンバーは1200のスペシャリストでオープンまで行った活躍馬。近親に桜花賞3着のカタマチボタンがいるんだが、オークスは13着・・・血統的にはマイル以下って気がするね。体型的にも短い所が良さそうに見える。

トーホウアルテミス
ハーツクライ×トーホウガイヤ。母父はアンブライドルズソング。母は地方で活躍したダート馬だったが、兄に菊花賞馬のトーホウジャッカル(父スペシャルウィーク)がいる血統で。自身の勝鞍も2000m、2200mであることからも距離延長は歓迎だろう。一発あるかも?

パイオニアバイオ
ルーラーシップ×アニメイトバイオ。母父はダービー2着のゼンノロブロイ。母アニメイトバイオは桜花賞8着→オークス4着→秋華賞2着だった馬で。母の弟には先日天皇賞春を買ったレインボーラインがいる血統。この馬自身も2000m以上で覚醒する可能性あると思うぞ!

マウレア
ディープインパクト×バイザキャット。母父はディープインパクトとのニックスで有名なストームキャット。マイラーっぽい感じするが、全姉のアユサンは桜花賞1着→オークス4着。今回人気急落しそうだが、3着候補としてなら十分あると思うけどね。

ラッキーライラック
オルフェーヴル×ライラックスアンドレース。母父はフラワーアレイ。フォーティナイナー系の米パワー&スピード血統。2つ上の姉ラルクは条件馬だが2000m以上が適距離の馬。父オルフェーヴルは言わずと知れた三冠馬で、スタミナは無尽蔵であった。ただし、だからといってこの馬もそうとは限らないけんな?ま、馬体を見ると胴長で距離延長は大歓迎ぽいけどね。アーモンドアイと比べると体型の違いが一目瞭然だよね。

ランドネ
Blame×Loure。スマン。サッパリ分からん(笑)。体型的には中距離向きだと思う。

リリーノーブル
ルーラーシップ×ピュアチャプレット。母父はクロフネ。母はダートの短距離馬だった。祖母バプティスタも1600くらいがベストだった馬で、血統的には父ルーラーシップを頼るしかないか。体型的には・・・中距離もやれるような気もするが、よく分からん(笑)。

レッドサクヤ
ディープインパクト×サクラサクⅡ。母父はこれまたディープインパクトとニックスのデインヒル。母は競走成績なしだが、産駒にエイジアンウインズ(ヴィクトリアマイル勝ち)、エバーブロッサム(オークス2着)がいる。全姉のエバーブロッサムがオークス2着なのはこころ強い限り。今回人気急落しそうだが、血統的には狙えるぞ!

ロサグラウカ
ルーラーシップ×ローザブランカ。母父はクロフネ。ロゼカラー→ローズバドと続く薔薇一族の末裔。祖母ローズバドはオークス2着、秋華賞2着、エリザベス女王杯2着・・・と血統的な底力はあるぞ!自身も2000m→2200mと2戦2勝。距離延長は歓迎だろう。

 

コース適性から見る穴馬候補は、オールフォーラヴ、トーホウアルテミス、パイオニアバイオ、マウレア、レッドサクヤ、ロサグラウカあたりかな!

 

以上、参考まで。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

<新潟女児殺害>近所の23歳男を逮捕 死体遺棄・損壊容疑

チンコ輪切り、キンタマすり潰しの上、死刑でよろしく。

 

 

 

 

【オークス2018データ分析】東京芝2400mで行われる3歳牝馬女王決定戦、GⅠ東京優駿牝馬(オークス)。今年はアーモンドアイ、ラッキーライラックが人気を集めそうだが、データを分析してみよう!枠の有利不利は?脚質は?騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はオールフォーラヴ、パイオニアバイオ、トーセンブレス、レッドサクヤ!

 

なぬ?

 

ステイフーリッシュは横典でダービー?

京都新聞杯Vステイフーリッシュは横山典でダービー

 

そうか、藤岡佑は皐月賞2着のサンリヴァルを選んだか。

父の厩舎の馬だし、そもそも先約だろうしね。

 

しかし後ろ髪ひかれる思いだろうなー。

 

どっちにも乗りたい!

 

 

みたいなね(笑)。

 

人気がどうなるのか楽しみである。

 

さて、

 

今日は一足先に

 

オークスのデータ分析やるぞ!

 

■オークス2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はアーモンドアイ、2番人気はラッキーライラック。

 

本番でもこうなるでしょうな。

 

問題はサトノワルキューレがどこまで人気になるか?

離れた3番人気になると思っているが、

鞍上ミルコだけんなあ。

かなり人気になっちゃうかもね。

 

で、桜花賞までは3強と目されていたリリーノーブルは

大きく人気を落としそう。

 

しかし、舞台はすべての馬が未経験の

 

東京芝2400m!

 

何が起きるか分からんぜ~~~!

 

さて、

 

今日はクロマニヨンズのエイトビートでも聴きながら、

 

 

元気にデータ分析行ってみよう!

 

※過去10年のオークスのデータを元に分析。

 

■オークス2018データ分析、人気別成績

むぐっ・・・何が起きるかワカラン!と言ったものの、1番人気、2番人気強いですな。勝ち馬は5番人気まで。2~3着も荒れたとして9番人気まで。大荒れは期待薄のカチンコチンコなレースである。しかし、ヒロトはいつまでもかっけーなおい。

 

■オークス2018データ分析、枠番別成績

ダービーでは「1枠=神枠」なんだが、オークスではそうでもなく、2枠が強い。ただ、これは人気馬がこの枠に集中しているためと思われる。あとは5枠と7枠と8枠。6枠は死に枠か。

 

■オークス2018データ分析、馬体重別成績

現代競馬においては、大概のレースで馬格がある方が優勢なんだが、オークスでは480kg以上の馬の成績が芳しくないですな。460~479kgのゾーンが一番狙いやすい。馬格がないタイプでも大丈夫だが、420kgは欲しい。

 

■オークス2018データ分析、騎手成績

池添注意報。ただ、今年は騎乗馬なし?それから蛯名・川田。2~3着には戸崎、内田、善臣あたりも。

 

■オークス2018データ分析、種牡馬成績

これはもう・・・ディープインパクトが圧倒的ですな。ただ、出走頭数もダントツで多く、人気になりやすいから、回収率という点でみるとイマイチ。今年も大挙ディープインパクト産駒が出走しそうだが、例年に比べると小粒な印象だなあ。

 

■オークス2018データ分析、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けは即切りでOK。また4週(中3週)はフローラSのことであり、それ以外の4週以下ローテも切りでOK。

 

■オークス2018データ分析、前走成績

注目前走はこの3つのみ!桜花賞(18頭)フローラS(9頭)忘れな草賞(2頭)。過去10年で例外は皐月賞から3着になったバウンスシャッセのみ!という非常に分かりやすいレース。中でも圧倒的に強い桜花賞組は1~3着が強いものの着順不問。フローラSは1~3着条件。忘れな草賞は1着条件。ローテデータを重視するなら、それ以外は全部切っていい。

桜花賞組・・・アーモンドアイ1着、ラッキーライラック2着、リリーノーブル3着、トーセンブレス4着、マウレア5着、レッドサクヤ7着、スカーレットカラー8着
フローラS組・・・サトノワルキューレ1着、パイオニアバイオ2着
忘れな草賞組・・・オールフォーラブ

この10頭で決まる可能性が高く、穴馬もこの中に隠れている可能性が高い・・・

 

■オークス2018データ分析、脚質別成績

脚質はもう完全に、差し・追い込み有利。上がり1位馬はとんでもなく強い。前の馬はもう無条件で切ってもいいレベルで、差し・追い込み馬を中心に考えたい。

 

■オークス2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→差し」あるいは「追い込み→差し」というパターンがほとんど。前の馬はマレに絡む程度で・・・逃げて馬券になったのは2011年のピュアブリーゼ2着のみ。昨年のソウルスターリングみたいに先行押切りのパターンは例外扱いでOKだと思う。

こうなるとアーモンドアイやサトノワルキューレの脚質がピッタリ嵌りそうで、逆にラッキーライラックはちょっと心配。しかしこの馬、阪神JFの時は差す競馬で圧勝してるしね。折り合いも問題ないし、アーモンドアイを意識して今回は中団に付けるんじゃないかな。

2400m戦といえど、上がり33秒台~34秒前後の瞬発力必須。

穴馬も差し馬勢から見つけたい・・・んだが、こういう時に穴を開けるのが前の馬だったりするけんね。穴党は前の馬にも要注意だぞ!

 

■オークス2018データ分析、厩舎・生産者・血統

東西はほぼ互角。生産者はもうノーザンFと社台Fを買っとけば当たる感じで、ノーザンFが表彰台独占!って年も結構あるね。血統的にはサンデーサイレンス系の主流種牡馬が圧倒的。今年はサンデーサイレンス系vsキングカメハメハ系って図式になりそうやね。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクト強し。

・桜花賞組orフローラS組or忘れな草賞組

・差し、追い込み!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、忘れな草賞1着のオールフォーラヴ。この忘れな草賞・・・オークスで時々穴を開けるんで注意が必要なんだが、改めてレースを見てみよう。9番がオールフォーラヴ。

早めに前を捕まえに行った分、ゴール前差し馬の猛追にあってね。こういう勝ち方だと見映えが悪くなっちゃうわけだが、逆に、これで押し切ったのを評価したいね。非社台だが、ディープインパクト×キングカメハメハ、注目の中内田厩舎、母は牝馬の重賞戦線で活躍したレディアルバローザ。能力が足りない・・・という可能性もあるが一発も秘めていると思う。

 

次に、フローラS2着のパイオニアバイオ。サトノワルキューレとはタイム差なしだったんだけど・・・こちらは超人気薄になりそうな。15番に注目。

前半あれだけ脚を使っといて最後もバテずに最後まで伸びた。そもそも東京芝2000は内枠が圧倒的に有利でね。サトノワルキューレは確かに大きく出遅れたが、内枠だったんでコースロスは殆どなかったのである。外枠だったパイオニアバイオはもっと評価されてもいいと思うけどなあ。ノーザンF生産。母はオークス4着、秋華賞2着のアニメイトバイオ。オークスの舞台はピッタリだ!なんとなくだが・・・モズカッチャン臭がする(笑)

 

そして、桜花賞4着のトーセンブレス。母系は短距離系なんでね。NHKマイルCに出てくるかと思ったが、オークスを選択。距離適性は未知だが、桜花賞ではアーモンドアイに次ぐ上がりを繰り出して4着。上位3頭とは離されたので目立たないが、これが府中の2400に変わればどうなるか分からんぞ?社台F生産で父はディープインパクト。

それから、桜花賞惨敗組で爆穴になりそうなのがレッドサクヤ。藤原英×社台F×ディープインパクト。全姉にオークス2着のエバーブロッサム、半姉にヴィクトリアマイル勝ち馬のエイジアンウインズがいる超良血馬。桜花賞は前に行って存外だったが、東京2400で無欲の差しに徹すれば何かが起きそうな血統。面白い一頭だと思う。

 

さてと、

 

貴方の好みはどの女の子?

 

 

私はクール系ショート・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

貴方のオークス推しはどの馬?

 

コース適性、調教チェックは来週やるぜ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

仏G1・凱旋門賞にクリンチャーなど日本馬5頭が登録

キセキは宝塚記念の結果次第?ジャンダルムはダービーの結果次第?ラッキーライラックとサトノワルキューレはオークスの結果次第か。エポカドーロやアーモンドアイは登録ないのね。しかしノースヒルの前田オーナーは積極的だなあ。今更だが、キタサンブラックにもチャレンジして欲しかったでもす。

 

 

【フローラS2018予想】東京芝2000mで行われるオークストライアルGⅡフローラS。人気はサトノワルキューレ、サラキア、オハナ辺りだが、当然大穴狙いで逝く!展開・ペース・隊列はどうなる?上がり3F最速候補は?狙いは、調教一変のカーサデルシエロ!筆頭はノームコア!爆穴にディアジラソル、ファストライフ、デュッセルドルフ!

 

昨日の福島牝馬Sね。

 

4コーナー回る時にゃ・・・

 

デンコウアンジュ勝った!

 

と思ったんだけどね。

 

最後に伸びなかったのは

仕掛けのタイミングが早かったからか?

それとも距離か・・・?

 

デンコウアンジュがカワキタエンカを差してりゃ

馬券当たってたんだけどねー。

 

しゃーねー次々!の精神で、

 

今日も懲りずに大穴狙いで逝く。

 

■フローラS2018朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

サトノワルキューレが人気になってますなあ。

 

確かに前走のゆきやなぎ賞は豪快な勝ち方であったし、

距離の不安がないのはいいんだけど、

ちょっと人気になり過ぎな気がするね。

 

脚質的にも取りこぼしちゃう可能性十分アリだし。

鞍上がミルコじゃなかったら3~5番人気じゃねいの?

 

・・・と言いつつ切れなかったんけど(笑)。

 

展開見てみるでし。

 

■フローラS2018展開予想

逃げ候補は
ノームコア

先行勢は
オスカールビー
ハイヒール
カーサデルシエロ
レッドベルローズ
ディアジラソル

差し勢は
ヴェロニカグレース
サラキア
ファストライフ
デュッセルドルフ
ラブラブラブ
オハナ
パイオニアバイオ

追い込み勢は
サトノワルキューレ
ノーブルカリナン
ウスベニノキミ

ぬう。一応逃げ馬候補にノームコアを挙げたが・・・この馬とて番手タイプで逃げ馬に非ず・・・さらに東京2000の大外枠だけに控える可能性もあるし・・・ちょっとハナを予想するのは難しいですな。ただ、間違いなく言えそうなのが・・・

 

スローになりそう。

 

ってこと。土曜の東京芝は軒並み、

 

上がり33秒台!

 

スローからの高速瞬発力勝負で。

開幕週らしく馬場は絶好なんだよね。

 

で、今回2000mが初めてって馬もいるし、

有力馬は差し・追い込み系が多いし、

逃げ馬不在ってんだからスローでほぼ確定だろう。

 

というわけで

上がり3Fデータを見てみよう。

 

上がり1位候補は・・・

・サラキア
・ウスベニノキミ
・サトノワルキューレ
・ファストライフ
・デュッセルドルフ
・ラブラブラブ
・ディアジラソル
・ノームコア

ただ、前走中山で走ってる馬が多く、しかもスローのヨーイドンじゃなくて、平均的なラップが多いんだよね。サラキアが前走スローで上がり33.4なんだけど、阪神マイルだからなあ。ラブラブラブはスローだとかなり切れそうで、大穴なら面白いんだが・・・

で、盲点になってるのが、ファストライフ・デュッセルドルフ・ディアジラソル・・・この辺だね。うっしっし。

 

 

さて、

 

正直、GⅡというよりオープン特別・・・

といったメンバー構成で。

 

もちろん去年のモズカッチャンみたいに

ココをステップに飛躍する馬がいるかもしれんが、

現時点ではどの馬が勝っても全くおかしくないと思う。

 

というわけで、

 

今日も元気にモッコリ馬券で逝く。

 

 

狙いは・・・

 

生まれつきの美乳(え)。

 

■フローラS2018予想印

 

カーサデルシエロ(8番人気)

私は「戦績」や「適正」や「展開」を重視するタイプの予想家でね。こういう「素質が有りそうな馬」に期待して買ったりすることは殆ど無いんだが、ちょっと今回は別。モッコリ倶楽部の調教チェックでも書いたが、前走時と今回の調教ラグが大き過ぎるのだ。一言で言えば、「一回実戦を使って馬が変わった可能性アリ」ってこと。現在リーディングを独走中の藤原英厩舎だけに、能力を見間違うことはあるまい。オークスに出したい!と思うからこそキャリア1戦の身でここにいるのだと思う。母はオークス馬のダイワエルシエーロ。惨敗もあるが・・・この人気なら賭けてみたいね。

相手筆頭はフラワーC3着のノームコア。そのフラワーCは6ヶ月の休み明けで+14kg。大外枠だが、単騎で楽に行けるかもしれんし、そうなれば開幕馬場を味方にスルスルと残ってしまいそうな。大穴にディアジラソル、ファストライフ、デュッセルドルフ。500万下勝ってれば十分勝ち負け可能だと思う。サトノワルキューレは一応押さえ。どの馬が来てもおかしくないと思ってるから、爆穴ボックスで逝くぜ!

 

馬単 ◎流し @100円

馬連 ボックス @100円

 

頑張れ!カーサデルシエロ!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
該当馬なし

おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
東京1R 13番
福島1R 14番
京都1R 10番

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【オークス2017回顧】3歳牝馬女王決定戦、クラシック第2弾オークスを制したのは怪物の娘ソウルスターリング。圧巻の競馬で3歳女王に!レース分析、ラップ分析よりこの馬の強さを測る!今回のオークスは厳しいラップの総合力勝負だった!アドマイヤミヤビ、リスグラシュー、レーヌミノルの敗因は?モズカッチャンの好走要因は?

 

ソウルスターリング圧勝!

 

3歳牝馬の頂点、

 

樫の女王に!

 

 

いやー、ソウルスターリングは強かったなー。

 

簡単に回顧する。

 

■オークス2017結果、着順

netkeibaより抜粋

 

■オークス2017映像

 

■オークス2017レース回顧

スタート。

レッドコルディスがスタートで立ち上がって出遅れ。ディーパワンサ、リスグラシュー、アドマイヤミヤビ、マナローラもちょっと遅れるが、許容範囲内。好スタートはフローレスマジックとソウルスターリング。

 

行くかと思っていたヤマカツグレースはやはり外枠が祟ったか・・・ジワジワと前に取り付くが、内枠各馬の前には行けない。ミスパンテール、モズカッチャンあたりは馬なりのまま絶好位を確保。

 

ゆったりした流れで1コーナーへ。

 

先頭はフローレスマジック、続いてミスパンテールとソウルスターリング。その外にヤマカツグレースとブラックオニキス。

 

その後ろにカリビアンゴールド、内にモズカッチャン、外にレーヌミノル。ここまでが先団。1馬身切れてリスグラシュー、ホウオウパヒューム、モーブサファイア、ブラックスビーチこの辺が中団前目。

 

中団後方にディーパワンサ、アドマイヤミヤビ、ラチ沿いにディアドラ。マナローラ、レッドコルディス、ハローユニコーンが最後方。

 

1000m通過は61.7。

 

遅い!こりゃスローだ!

 

と思った毒者も多かったと思う。

 

確かに前半はゆったりした流れだった。

 

しかしラップタイムを見てみると・・・

 

 

緩かったのは最初の800m。つまりスタートから2コーナーまでで、向こう正面に入ってからは12秒チョイの厳しいラップが並んでいるのである。

 

言うまでもないが、2400mをハロン12秒で走ったら2:24.0である。歴代のオークスの勝ちタイムを見れば2:25.0~2:27.0位であり、今回のオークスの1000m過ぎからのラップがかなり厳しいものであることは・・・私のパンツのシミが「止まったと思ってパンツにチンコを入れた瞬間に漏れたオシッコ」であるのと同じくらい明々白々。

 

今回のレースで

 

「1000m61.7の超スローだから前が有利だった(キリッ)」

 

と言ってる半勃ちチンコの未熟者がいるが、

 

全然違う。

 

800m過ぎからは12秒台前半の厳しい流れだったのであり、

 

さらに、残り800mからのラップは全て11秒台。つまり、

 

厳しいラップ+ロングスパート勝負

 

だったのであり、

持久力と瞬発力と底力が求められる

GⅠにふさわしい総合力勝負

だったのだ。

 

ただし!

 

・前半のペースが緩かった分、多少は楽出来た(全馬)。

・時計の出やすい高速馬場だった。

・特に、内が止まらない馬場だった。

 

というのも確かである。

 

内外の馬場差については色んな議論があると思うが、

これは土曜日の傾向から

ジョッキーみんなが分かっていたことであり、

 

それも含めて競馬。

それも含めて馬券である。

 

そもそも「全馬平等に」という概念が間違っており、

競馬も人生も「不平等」なのが当たり前である。

 

(いや、これはいくらなんでも合成だろ笑)

 

「平等に」なんて言い出したら、

競馬の全てを直線にして、

屋内にして、

人工芝にしなければならんぜよ。

 

「不平等」だから面白いのであり、

「不平等」だから人気薄が飛んで来るのではないか。

 

レースに戻ろう。

 

残り800を切ったところで、ソウルスターリングが先頭に並びかけて行く。抜群の手応えだ。理想的な位置取りのモズカッチャンがフローレスマジックの後ろで静かにツメを研ぐ。その外にいるレーヌミノルもいい手応えに見えたが・・・ね。差を詰めたい後続各馬であるが、残り800m~600mの全体ラップは11.6。差が詰まるはずもなし。

 

4コーナーを回って直線へ!残り500m!ソウルスターリングは馬なりのまま先頭に立ち、残り400mでスパート!フローレスマジックはここで一杯に!そして、満を持して追い出したモズカッチャンがソウルスターリングに襲いかかる!

 

私は、この時点で自分の馬券(◎モズカッチャン)が的中したことを確信。後はモズカッチャンが頭に来てくれれば!

 

残り200m!モズカッチャンがソウルスターリングの前に出る!・・・

 

行けい!

 

そのまま行ってまえ!

 

南、ホントはカッチャンのことが好きー!

 

 

しかし・・・

ルメールの右ムチが2発飛ぶ!

 

すると・・・

ソウルスターリングは手前を変えて急加速!

 

この馬、もう一つ上のギアを持っていたのだ・・・

 

カッチャン、あっという間に置き去り(笑)。

 

うおおおお!カッちゃーん!

 

浅次郎の雄叫びも虚しく、

 

最後は約2馬身差をつけられ、

 

 

ソウルスターリング圧勝!

 

タイムはオークス歴代2位の2:24.1。

 

ソウルスターリングの上がりは34.1。

 

この厳しいペースの中、

番手の馬に34.1で上がられたら

後ろの馬はもうどうにもならん。

 

やっぱりこの馬強かったよ・・・。

 

つか・・・

 

ダービーに出たとしても勝ち負けなんじゃね?(笑)

(多分、ダービーより時計速いだろ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オークス2017のレース後のコメント

 

勝ったソウルスターリングは、桜花賞3着の雪辱を果たし、6戦5勝の堂々たる成績で3歳女王に。これで父フランケルの名声はさらに高まり、多くのフランケル産駒が輸入されることになると思う。いっそのことフランケルを日本に・・・なんてのはさすがに無理か(笑)。先にもちょっと書いたが、今回のレースはスローの瞬発力勝負ではない。前半は多少楽だったものの、向こう正面からは緩いラップは一度もなく、延々と厳しいラップ。そんな中を2~3番手の早め先頭で押し切ってしまうのだから、「たいぎゃなつええ!」の一言。ゴール前もう一回伸びたあの感じはちょっとエンジンの性能が違うのかもしれん。秋はどうするのか分からんが・・・天皇賞秋への出走も考えているとか。古馬との対戦が今から楽しみであるな!

 

2着のモズカッチャンは、最内枠を利し、理想通りの競馬をし、あるいは勝ったか!と思わせる競馬をしたが、今回ばかりは相手が悪かった。しかし、自分で言うのもなんだが、私が予想で書いた通りになった(→浅次郎のオークス予想)。予想通りのポジション取りで、4コーナーでチョイワープして、坂を登ってからズキューン!と伸びる・・・までは良かったんだけどね。ま、しかしこの春はモズカッチャンと出会えて良かった。もう・・・君が強いのはバレちゃったけど、秋には人気になっちゃうだろうけど、また君に逢うのを楽しみにしているよ。

 

3着にアドマイヤミヤビ。掲示板を覗いてみると「内外の馬場差有り過ぎ」「外々を回らされて不利だった」と言った論調が多いな。まあ、内が伸びる(止まらない)馬場だったのは確かだし、ごもっともな意見ではあるが、では・・・アドマイヤミヤビが内枠だったらどうだっただろうか?ミルコはインで脚を溜め、直線イン突きをしただろうか?この馬は鋭い差し脚が武器である。人気薄ならまだしも2番人気の身である。やはり外に出して外差しを狙ったんじゃなかろうか?仮に、仮に内枠からイン突きしたとしても、今回2着争いが精一杯だったと思うがどうだろう。

尚、ソウルスターリングもモズカッチャンも、直線はインを避け、馬場の真ん中に出している。これはインより馬場の真ん中の方が「馬場がいい」ということだろう(やっぱり内3頭分くらいは馬場が荒れている)。加えてこの厳しいラップである。前を行く馬も決して楽では無かったのだ。アドマイヤミヤビの敗因は、内外の馬場差というより、ポジション取りの差だろう。前の2頭は楽にベストのポジションが取れたわけで、ロングスパート合戦になると、このポジション取りが生きるのだ(勝負どころで差が詰まらない)。直線だけの瞬発力勝負ならあるいは・・・だったかもしれん。

もう一つ、この日の東京の馬場は速い上がりが出る馬場で、9Rの調布特別ではミルコが乗ったゼウスバローズが、上がり33.0を繰り出し、最後方から大外ぶん回しで差し切っている。もちろん距離も違うし、展開も違うから一概に言えることではないが、ミルコはこのイメージでアドマイヤミヤビに乗ったんじゃないかなーと思う。外からでも差せる・・・そう思ったんじゃないかな。

 

4着のディアドラは逆に人気薄の身。スタート後、岩田はさっさと馬をインに入れて中団後方でジッと脚を溜めたのである。

アドマイヤミヤビと比較すれば分かりやすいな。コレだけ内と外で走る距離が違うのだ。しかし、内に入れると相応のリスクも発生する。ごちゃつく可能性もあるし、他馬と接触するかもしれんし、なんらかの不利を受けるかもしれんし、直線は包まれて進路がなくなってしまうかもしれない。多くのファンは「距離損」で内と外を測る事が多いが、内・・・特にインベタは常にリスクと隣合わせなのだ。

しかし、岩田は徹頭徹尾イン狙い。4コーナーもラチ沿いを回してワープ。ソウルスターリングやモズカッチャンがインを空けて真ん中に寄せて行ったため・・・ポッカリとインが開く。追い出すとものすごい勢いで伸びてきたが、前の2頭には突き放される。3着に粘ったか?と思われた所にアドマイヤミヤビの急襲に遭い・・・惜しくも4着。惜しい競馬であった。

 

5着に3番人気のリスグラシュー。敗けるにしても勝負とは関係のない5着。直線の伸びもイマイチだったし・・・この馬に期待していた人は「なんで負けたの?」「敗因は何?」と思っている方も多いだろう。

いつもの武豊の騎乗フォームと全然違いますな。これは「掛かっていた」んだと思う。この馬にしては前目の位置取りだったのは・・・馬が掛かってしまって押さえきれなかったんではなかろうか。これが「マイルを使ってきた代償」。マイルの速い流れであれば折り合いも問題なかったろうけど・・・今回は特に最初の800mは緩かったけんな。馬が行きたがってしまったのではなかろうか(よく見ると3コーナー手前でも武が立ち上がるほどに掛かっている)。

逆に言えば、これだけ掛かって5着に来たのであるから、スムーズだったら勝ち負けもあった・・・?と思ってしまう。タラレバを言っても仕方ないけどな。個人的には、次も武豊が乗るようなら消し。乗り替わりなら買いですな。ジョッキーの腕云々じゃなく相性が悪い可能性あり。それから、調教チェックの時も書いたが、やはり今回は調整が上手く行ってなかったのかもしれん。桜花賞の時がピークだったか。

巷で言われている直線の不利は、ブリーフの黄色い染みレベル。むしろこの馬からぶつかって行ってるように見えるけどな。

 

期待したレーヌミノルは直線見せ場なく13着。折り合いもバッチリだったし、4コーナーの手応えは良さそうに見えたが、直線向いてからさっぱり伸びず。これは・・・さすがに距離かもね(笑)。

 

もう一頭期待したヤマカツグレースは直線半ばで全く手応えがなくなり流すだけの競馬。敗因は色々とあるだろうが、今回はまず外枠だったのが辛かったな。それから1コーナーでのポジション取りが中途半端だったこと。にも関わらず、向こう正面でポジションを上げてしまったこと(向こう正面に入ってから全体のペースが上がる)。この馬はフローラSのようにスローの流れで粘り込むタイプ。今回のように厳しいラップが続くレースはダメなんだと思う。しかし見限るのは早い。秋に期待したい。

 

さて、

 

馬券は△-◎の馬連がチンマリと的中。

 

モズカッチャンとソウルスターリングの馬連1点買い!

 

なんて馬券を買えたらカッコ良かったのであるが、

 

小資金で勝負する

ケツ馬券師としてはこれが精一杯である。

 

いよいよ来週はダービー。

 

この春、絶好調の浅次郎であるが、

 

もうヒト穴咲かせたいところだ。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

いよいよ来週はダービー!浅次郎POGもついに決着の時!

浅次郎POG

トップはソウルスターリングでオークスを制したRINAさん!しかしRINAさんはダービー出走馬をもっておらず、ダービーの結果次第で逆転も可能!可能性があるのはアルアイン、サトノアーサーを持ってるTETSUさん!そして、1着条件ではありますが、アドミラブルを持ってる浅次郎とくるパパさん(くるパパさんはサトノクロニクルの入着が条件)!

 

TETSUさんが圧倒的に有利であるが、何が起きるか分からんのが競馬。また、勝敗は関係なく、最後まで自分のPOG馬を応援しよう!ちなみに、浅次郎の場合、POG馬の応援はするが・・・・馬券は別である(笑)。ダービーもモッコリケツ馬券で逝く!

 

尚、浅次郎POGで1位を取られた方と、レアな馬を指名して上位に入った方には、気持ちばかりの賞品を用意している。今年(2017~2018シーズン)もやるので、興味がある人は参加してな!

 

 

【オークス2017予想】東京芝2400mで行われるGⅠ優駿牝馬(オークス)!今年は桜花賞のリベンジに燃えるソウルスターリングが1番人気、続いてリスグラシュー、アドマイヤミヤビ。展開はどうなる?東京得意な馬は?浅次郎の狙いはモズカッチャン!相手にヤマカツグレース、レーヌミノル!人気馬は押さえ。爆穴にカリビアンゴールド!

 

笑顔咲く君と

繋がっていたい

もしあの向こうに見えるものがあるなら

 

■オークス2017日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

やっぱ1番人気はソウルスターリングになったな。

離れた2~3番人気にリスグラシューとアドマイヤミヤビ。

 

良血フローレスマジックが4番人気。

距離に不安があるレーヌミノルが5番人気。

 

さて、今年のオークスは

 

ガードの堅い淑女か?

それとも自由奔放な情熱娼婦か?

 

 

あなたの好みはどっち?

 

私の好みは、

 

「昼は淑女、夜は娼婦」

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

当然オークスも

 

モッコリ大穴狙いで逝く!

 

展開見てみよ。

 

■オークス2017展開予想

逃げ候補は
ヤマカツグレース
レーヌミノル

先行勢は
フローレスマジック
ソウルスターリング
ブラックオニキス
モズカッチャン

差し勢は
ミスパンテール
モーブサファイア
ディアドラ
ディーパワンサ
ブラックスビーチ
リスグラシュー
アドマイヤミヤビ
カリビアンゴールド
マナローラ

追い込み勢は
レッドコルディス
ハローユニコーン
ホウオウパヒューム

 

改めて、逃げ馬不在である。そうでなくても皆が距離に対する不安を抱える舞台。だからオークスはスローになることが多いわけであるが、今年はさらにユッタリとした流れになるかもしれん。ハナはすんなりヤマカツグレースか?それとも意外な馬が行くか?行くつもりはなくても、押し出される感じでレーヌミノルが番手候補。内枠を引いたフローレスマジック、ソウルスターリングが好位。あと前に行きそうなのはブラックオニキスくらい。・・・今回先行勢も非常に少ないよなあ~。

 

こうなると内枠の馬が1~2コーナーのコーナリングでいい位置に付けられるだろう。モズカッチャン、ミスパンテール、モーブサファイア、ハローユニコーンあたり。特にモズカッチャンは最内1番なのでかなり楽にポジションが取れそう。ミスパンテールは内に潜り込んで折り合いが付けばかなり怖いぞ。ハローユニコーンは前走最後方から豪快に追い込んで勝っているが、中団のインのポジションが取れれば理想的だろう。

 

というわけで、

 

ペースは速くなりそうにない。

 

1000m通過は61秒前後、

上がり3Fは34秒前後の瞬発力勝負。

 

を想定。

 

正常位でも後背位でもいいが、

 

狙いは瞬発力型。

 

中距離で速い上がりを出している馬は要注意。

 

■中距離(1800以上)で33秒台の上がりを持つ馬

・モズカッチャン(東京2000で33.9)
・ソウルスターリング(東京1800で33.9)
・ディアドラ(京都1800で33.8)
・ブラックスビーチ(東京1800で33.4)
・レッドコルディス(阪神1800で33.8)
・アドマイヤミヤビ(東京2000で33.5)
・カリビアンゴールド(東京1800で33.1)

 

もちろん、こんなもんはレースレベルにもよるし、展開や位置取りにもよるし、馬場状態やコースによっても変わるので一概に言えない。高速馬場のドスローで後方から追い込めば速い上がりは出るけんな。

 

ただ、速い上がりが使えるってのはそれだけ瞬発力に秀でている証である。特に長い直線で高速馬場の東京で速い上がりを出したことのある馬には要注意!言い換えると「東京適正」が高いってことだけんな!こうやって見ると意外な穴馬が浮かんでくるので面白いよな。ディアドラブラックスビーチあたりはまだしも、レッドコルディスカリビアンゴールドあたりはノーマークだった毒者も多いのではなかろうか?この2頭は距離が伸びて良さそうだし、爆穴としてヒモパンにねじ込んでも面白いと思うぞ。

 

しかし、アドマイヤミヤビはやっぱ瞬発力半端ないな・・・押さえが必要か・・・(笑)。

 

今までの予想はこちら!気になる人は見てね。

オークス2017データ分析!枠の有利不利は?脚質は?

オークス2017調教チェック!浅次郎の特A評価馬は?

 

netkeibaの印も見ておくか。

 

■オークス2017netkeiba予想陣の印

netkeibaより抜粋

 

ほほう。丹下と田沼はアドマイヤミヤビか。

てっきりソウルスターリングかと思ったが(笑)。

 

リスグラシューは◎は少ないものの、

対抗や単穴指定の人が多いやね。

 

オーケー。

 

今回の馬券は「さくらんぼ」で逝く。

 

 

その心は・・・?

 

笑顔咲く君と

抱き合っていたい

もし遠い未来を予想するのなら・・・

 

もう一回!

 

さくらんぼ馬券だ!

 

■オークス2017予想印

 

モズカッチャン(6番人気)

「浅次郎さん!フローラSの時と◎◯が一緒じゃないですか!」・・・うむ。だから、もう一回!と言うておる(笑)。例年そうなんだが、基本的にオークスは王道路線の桜花賞組が強い。今年もそういう人気になってるわけだが、そんな中で穴を狙うなら「桜花賞惨敗組」か「フローラS組」か「別路線組」。で、私は「フローラS組」を取るってだけの話だ。フローラSではお世話になったしな(笑)。

問題は桜花賞組との能力差。これを測るのにちょうどいい馬がいるよな。そう、フローレスマジックだ。この馬はクイーンCでアドマイヤミヤビから0.4秒差の3着。この時レーヌミノルに半馬身先着している。また、アルテミスSではリスグラシューから0.1秒差の2着。この馬が一線級と互角の能力があるのは間違いないわけだ。

で、モズカッチャン・ヤマカツグレースは、フローラSでこのフローレスマジックに先着しているわけ。これを持って「桜花賞組と互角」と言うつもりはないが、両馬ともマイラーではなく、距離を伸ばしていいタイプ。舞台変わって「東京2400」なら互角以上にやれる可能性は十分あると思うのだ。

土曜の競馬を見てみると・・・メインのメイSを勝ったのは逃げたタイセイサミット。馬券になった馬はみんな前に行った馬。9RのカーネーションCも勝ったのは好位の馬で、内を通った馬の完全前残りであった。今週は内の馬場がいい?内を通った馬が馬券になる?

であれば、絶好の枠を引いたモズカッチャンは、無心でフローラSと同じ乗り方をするのみ。中団前目のインで脚が溜まれば・・・4コーナーでワープして前に取り付き、坂を登ってからズキューン!と伸びる前回と同じような競馬が出来る。ヴィクトリアマイルのアドマイヤリードのイメージやな。モズカッチャンの馬券が美味しいのは今回まで!・・・秋には3歳牝馬路線の主役になる!・・・そう信じてさくらんぼ馬券。もう一回!笑顔咲く~~~和田と抱き合ってたい!もし馬券が来たら娼・・・

 

ヤマカツグレース(11番人気)

マイル以下では結果が出なかった馬。しかし前走を見れば分かる通り、中距離での粘り腰は相当なもんである(この馬もフローレスマジックに先着しているのである)。逃げるのがこの馬になれば・・・横典はペースを落とす!極端に落とすわけではなく、アドバンテージを取りながら上手く落とす!そうなれば後ろの馬は折り合いに苦労するかもしれんし、そうなればこの馬も上がり34秒前半で上がってくるだろう。その時、内伸びの馬場で後ろの馬がこの馬を捉えられるか?・・・馬券圏内の可能性十分!あなたとわったしさくらんぼー!

 

相手は桜花賞組。爆穴にカリビアンゴールド。

 

▲レーヌミノル(5番人気)

△ソウルスターリング(1番人気)

△リスグラシュー(2番人気)

△アドマイヤミヤビ(3番人気)

☆カリビアンゴールド(14番人気)

 

馬連 ◎-◯▲ @500円

馬連 ◎流し @100円

馬単 ◎流し @100円

三連複 ◎◯流し @100円

三連単 ◎→◯▲→◯▲ @100円

 

頑張れ!モズカッチャン!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

騎手の本音が満載! オークス記者座談会

ソウルスターリング、アドマイヤミヤビの桜花賞の敗因は馬場じゃないと思うけどな。まあしかし、この2頭に注目が集まってるわけね。モズカッチャン見返したれー!

 

村田 試合直後に判定負けも予感?「正直胸騒ぎがした」

ずっと試合見てたが、普通に村田の圧勝かと思った。確かに手数はエンダムの方が多かったが、殆どが「ガードの上」から。食らったのはジャブだけで、村田は一度も大きなダメージを負うことなく、後退することすらなかった。4Rに見事なカウンターでダウンも取ったし、何度もダウン寸前まで追い込んだだろ・・・。エンダムに116点を付けた審判などはマジで謎である。4R以外ほとんど満点じゃないか。しかしボクシングの判定も審判次第やな。不可解な判定だった。

 

あ、久しぶりに楽天のお買い物マラソンが昨日から始まってんな!酒(ワイン)と酒のツマミと玄米はまとめ買いじゃー!あとオオクワガタも買おう(笑)。

 

【オークス2017調教チェック】東京芝2400mで行われる3歳牝馬女王決定戦オークス。さて、調教がいいのはどの馬?ソウルスターリングは?リスグラシューは?アドマイヤミヤビは?当たると評判の浅次郎の追切診断は要チェックだ!調教特A馬はレーヌミノル!調教穴馬はモズカッチャン、ヤマカツグレース、超爆穴にディアドラ!

 

先日のヴィクトリアマイルの馬券的中もあってか、

最近ズンドコとアクセスが増えており、

 

サーバー負荷によって

スカートの中が見えない時もあると思う。

 

 

じゃなかった(おねいちゃン見られてますよー)、

 

ブログが見れないことがあると思う(特に土日)。

 

再読込をすれば大概大丈夫なんだが、

エラー表示が出るとカチンと来るよな。

 

そんな時はチェルシーのヨーグルト味でもナメつつ

ママの気分で再読込(リロード)を願いたい。

 

さて、

 

今日は、

オークスの調教チェックだぜっ!

 

■オークス2017枠順

netkeibaより抜粋

 

人気馬が内外別れたな!

 

ソウルスターリングは通常なら絶好とも言える2番。

この枠ならもう先行策一本槍だろう。5~6番手に付けたい。

 

ただ、先週の馬場を見る限り、

直線の内は3頭分ほど荒れてる様子。

今週の馬場がどうなるか分からんが・・・

内に押し込められると内枠が仇になるかもしれん。

 

リスグラシューは外目14番。

中団からの差し脚が武器だけん問題なかろうと思うが、

位置取りが後ろ過ぎになる懸念が出て来るな。

 

アドマイヤミヤビはさらに外の16番。

この馬も鋭い差し脚が武器なので問題ないだろう。

ただ、本音を言えばもうちょい内が良かったんじゃないかな。

あんまり外過ぎると1コーナーの入りが難しい。

控えると後方になるし、ある程度行くと外々を回らされるし・・・

 

オークス各陣営枠順コメント

 

さて、早速調教チェック行くぜ!

 

■オークス2017調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによる調教分析である。主に過去の調教との比較であり、馬の調子について述べたものであり、馬の能力について触れるものではない。尚、管理人の好みは「猛時計」「上がり最速」「ムッチリ」である・・・じゃなかった「ミッチリ」である(笑)。しかし、実際には軽い調教の方が走る馬もいるし、仕上がってて強い負荷は必要ない馬だっている。この辺を理解された上でご覧されたし。→JRAの調教映像(金曜12時更新)

【調教が良い馬、メイチ仕上げの馬】

モズカッチャン
栗東坂路良【54.8-40.0-25.6-12.4】仕掛け 助手
フローラSで◎を打った時にこう書いた。「調教内容がイマイチなのが気になるところであるが・・・南、カッチャンで逝く!」と(笑)。そう、モズカッチャンの前走の調教は私の目から見て超イマイチだったのである。で、今回はどうだ?全体時計はあまり変わらんが、変わったのはラストのキレ。GOサインが出ると力強く脚を伸ばし12.4。明らかに前走より良くなっているぜー!

フローレスマジック
南W稍【80.7-66.0-51.8-38.3-12.5】G一 戸崎
ミッチリ3頭併せで併入。時計も良いし負荷掛かっているし、前走より良くなっていると思う。ただ、戸崎が最後目一杯追っても目立った伸びはなかったように見える。中3週で実質追い切りは今週の2本だけ。外厩に出してたのかな?

モーヴサファイア
CW良【70.8-53.8-38.9-11.7】馬なり 北村
終始馬なりであったが、終いスパッ!とキレた。一週前にも好時計を出しており、休み明けであるがかなり好仕上がりだと思う。

ホウオウパヒューム
南W稍重【51.0-38.4-12.8】強め 松岡
一週前に馬なりで37.6の好時計。前走は休み明けで人気を裏切ったが、叩いた上積みアリ。良くなってるぜ!

レッドコルディス
CW良【51.6-37.6-12.3】馬なり 助手
1週前には坂路で50.8。デキだけは文句なし。

レーヌミノル 特A評価
CW良【83.8-67.3-51.7-38.2-13.3】馬なり 助手
最終は軽めの馬なり調整だが、圧巻は1週前。なんとCW36.6の鬼時計で僚馬と併せる間もなく千切り捨てている。桜花賞の時も特A評価であったが、今回も同じく特A評価。ただし、邪スカウターによると完全メイチ仕上げは桜花賞時。その桜花賞時が99%のデキだとしたら、今回は98%って感じ。絶好調維持なのは間違いない。後は距離。

リスグラシュー
CW良【52.3-38.1-12.0】仕掛け 坂井
おそらく陣営はオークスから逆算してチューリップ賞・桜花賞の調整をしてきたんだと思う。そしてほぼ青写真通りの良い仕上がりになったんだと思う。ただ・・・私には桜花賞の時の方が良く見える。今回も至極順調な仕上がりだが、ちょっとセーブしているような感じ。ポイントは1週前の坂路調教で、過去4戦・・・全て50~51秒台なのだ。しかし今回は52.2。終いも掛かり気味。あ、勘違いして欲しくないんだが、仕上がりはめっちゃいいぞ!特A評価には出来ないって話。

ヤマカツグレース
CW良【83.8-66.7-51.4-38.0-11.9】馬なり 松山
いいね。前走と同じかそれ以上のデキ。

アドマイヤミヤビ
栗東坂路良【55.0-40.4-27.1-13.6】馬なり 助手
最終はいつも軽めなので気にする必要なし。問題は1週前の比較である。桜花賞時はCWで一杯に追って38.5-12.5であったが、今回は終いだけ追う感じで38.9-11.9。クイーンCの時は一杯に追って37.5-12.1。クイーンCの時が一番デキが良かったんじゃね?って説もあるが(笑)、今回はずっと「馬なり中心」の調教で週2本ずつミッチリ。うーん。考えても分かんねーなこりゃ。

 

うーむ。今回の特A評価レーヌミノルだけ。しかしレーヌミノルには血統的な距離不安があるからなあ・・・ほんと悩ましいレースになりそうだ。リスグラシューアドマイヤミヤビはオークスが目標なだけにカチカチに仕上げてくるかと思いきや・・・そうでもないんだよね。いや、今回は2400mの長丁場だけに、馬体重を意識したソフト仕上げなのかもしれん。マイルの瞬発力勝負とはちょっと違うもんな。

 

あと、良く見えたのはモズカッチャンヤマカツグレースフローレスマジックのフローラS組。ホウオウパヒュームモーヴサファイアあたりも良い調教だったと思う。

 

さて、他に気になる馬を挙げておこう。

 

まずソウルスターリングであるが、この馬は「馬なり調教オンリー」なので、正直良く分からんのである(今まで一度も強い調教をやったことない)。いや、私の目にはいつもイマイチに映るのだ。しかし本番になると「す、スカウターの故障か?」・・・

 

 

となるわけだ。至って順調に来ているようだし、馬なり調教でも全く問題ないと思うぞ!それよりこの馬の場合はやっぱり距離が心配やな。母が仏オークス馬だから娘も大丈夫!ってのは推論に過ぎず、実際に走ってみないと分からんと思う。ま、それはどの馬にも言えることであるけれども、競走馬の距離適性は「父」から受け継ぐことが多いからね。

 

あと、最大の惑星になりそうなハローユニコーン。いつも最終は速い時計を出して来る馬であるが、前走は馬なりで51.3。今回は強めに追って51.6。どうにか前走の調子を維持しているような印象を受ける。昨秋から休みなく使われて今年5戦目。上がり目を求めるのは酷なのかもしれん。

 

それから桜花賞上がり最速で6着のディアドラ。中一週で追い切りは一本だけとあって、上記の【調教が良さそうな馬】には入れなかったが、その1本が非常にバランスが良いラップで軽快な走り。前走で負かしたドロウアカードはフラワーC3着、忘れな草賞3着の中堅どころ。勃起me・・・じゃなかった不気味な一頭である。

 

 

ミスパンテール・・・狙ってたんだが、時計的にも動き的にもイマイチに映るなあ。チューリップ賞の時は素晴らしい動きだったんだが・・・上がり目となると苦しいかも。

 

調教後の馬体重も見ておくか。

 

JRAより抜粋

栗東で気になるのは・・・

ディーパワンサ ±0kg
ブラックスビーチ +10kg
レーヌミノル +12kg
リスグラシュー +12kg
アドマイヤミヤビ -2kg
マナローラ +16kg

レーヌミノル、リスグラシューは+12kgか・・・輸送でいくらか減るだろうけど、プラス体重になりそうやな。なるほど・・・リスグラシューの調教がちょっとだけヌルく見えたのは輸送を考慮してのものかもしれん。レーヌミノルはハードな追い切りを消化してのものであまり問題ないだろう。問題はアドマイヤミヤビである。ここから輸送で減ると大幅なマイナスになってしまうかも?桜花賞の時も-6kgだったしなあ。馬なり調教が続いているのは馬体重減を苦慮してのものかもね。

 

美浦で気になるのは・・・

ブラックオニキス -6kg
カリビアンゴールド +8kg

このくらいか。ソウルスターリングは+4kg、フローレスマジックも増減なし。・・・いい感じで本番を迎えられそうやね。

 

馬体が気になる方は競馬ブックのフォトパドックを。どの馬も良く見えちゃうんだが(笑)、ソウルスターリングはすげーバランスいいなあ。アドマイヤミヤビは胴長で距離延長は大歓迎だろう。レーヌミノルはやっぱマイラーぽく見えるな(笑)。馬体だけ見るとブラックスビーチが一番良く見えるんだが、私の目は節穴だから信用しない(笑)。

 

さて、

 

あとは馬場だなあ。

 

土曜競馬は要チェックであるぞ~。

オークス2017データ分析!枠順の有利不利、脚質データ!

 

展開予想及び最終予想は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「共謀罪」採決強行へ 金田法相の不信任決議案を否決

「組織的犯罪処罰法改正案」が採決される。野党やサヨク新聞はコトあるごとに「強行採決」と言うが、チャンチャラおかしい。民主主義に則って採決するのであるから強行でも何でもないではないか。そもそもこの改正案は「犯罪を計画段階で処罰出来るようにするもの」である(細かい問題点はあるんだろうが、詳しくは知らん)。我々善良な馬券オヤジにはなんら関係のない話であり、困るのは組織的な犯行グループやスパイ達やテロ組織であろう。こんなもんはサッサと採決して頂きたい。

そういえば、「特定秘密保護法」の時も野党はゴネにゴネたな。マスコミは「秘密を漏らした一般人が逮捕される!」「言論の自由がなくなる!」と大キャンペーンをして反対していたが、現実はどうだ?逮捕された一般人がいるか?言論の自由はなくなったか?この「特定秘密保護法」も我々一般人には全く関係ない法律である。困るのは組織的な犯罪グループやスパイ達や・・・機密情報を漏らしたい人達。つまり・・・そういうことなんだと思う。

 

寝てる間に痩せたい方にピッタリだべこれ。

 

 

【オークス2017データ分析】東京芝2400mで行われる3歳牝馬女王決定戦GⅠ優駿牝馬(オークス)。今年はソウルスターリング、リスグラシュー、アドマイヤミヤビに人気が集まりそう。データ分析によると外枠有利、脚質は圧倒的に中団からの差し有利。逃げ馬は厳しい!穴馬候補はモズカッチャン、ヤマカツグレース、ミスパンテール!

 

ヴィクトリアマイル大穴的中の余韻冷めやらぬ中、

 

改めて、

 

競馬は何が起こるか分からん!

 

ということを

チンコを握りつつ噛み締めている。

 

今回、有名な競馬評論家、予想家、ブロガー・・・誰しもが

 

「ミッキークイーンでしょ!」

 

と林修顔で言っていたな。

 

 

大穴党の浅次郎でさえ

 

「買いたくないけど多分来るわな」

 

と思っていた。

プロフィール的に死角が全くなかったからだ。

 

しかし、実際来なかった。

 

レース回顧でも書いたが、理由は分からん。

 

理由は分からんが来なかったのである。

 

本当に競馬は何が起きるか分からんのだ!

 

そこで大事なのが「馬券の買い方」である。

 

こういう一本被りの馬が飛んだ時、

オッズは飛躍的にジャンプしてK点超えするわけで、

 

穴狙いであれば、必ず、

「鉄板人気馬が飛んだ時」

を想定して馬券を組み立てねばならん。

 

今回、私が推したデンコウアンジュを買っていた毒者の中で、

「ミッキークイーンを一緒に買っててハズした」

というコメントが非常に多かった。

 

 

とてもつらかったと思う(涙)。

 

本命党の方であればそれで問題ないけどな。

 

穴馬から入るのであれば、

必ず人気馬はヒモ扱いすること。

 

これは長年大穴狙いしている私が得た教訓である。

 

今回で言えば、

ミッキークイーンが飛んだのにハズレた時のダメージは

穴党にとって痛恨の極み。コスモ爆発ペガサス流星拳。

 

エロDVDと馬券を買う時は、後悔のないように。

 

さて、オークス。

 

■オークス2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ぬう・・・

アドマイヤミヤビはこんなに人気になる?

ほとんど3強オッズではないか・・・

 

私の予想オッズでは離れた4番人気評価であったが・・・

この人気は想定外だなあ。

 

しかしレーヌミノルは5番人気評価か。

ダイワメジャー産駒だから距離が嫌われるわけね。

なるほど、なるほど。

 

ま、実際のオッズは競馬メディアの報道に左右されるんで、

どうなるか分からんけどな。

 

さて、データ分析行こう。

 

■オークスデータ分析(JRA)

JRAデータ分析より抜粋

 

前走はGⅠかGⅡ。つまり、桜花賞かフローラSの2択である。例外で勝った2頭はエリンコートとミッキークイーン。穴馬の多くは桜花賞惨敗組、あるいはフローラSの2~5着馬。今年がどうなるか分からんが、私の狙いもココだ。

 

他、意味があるのかないのか良く分からんデータが並んでいるが、

 

 

キャリア5戦以下の馬が優勢ってのはちょっと驚きだな。

つまりは、少ないキャリアで賞金を稼ぎ、

オークスまで辿り着くような能力馬じゃないとダメってことか。

 

今回で言うと

・アドマイヤミヤビ(5戦)

・ソウルスターリング(5戦)

・フローレスマジック(5戦)

・ブラックスビーチ(5戦)

・ミスパンテール(3戦)

・モズカッチャン(5戦)

該当する馬はこんだけ。リスグラシュー(6戦)、レーヌミノル(7戦)あたりには不安なデータやな。

 

さて、枠順見てみよ。

 

■オークス過去10年馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2016年 3→1314(18頭立て)
2015年 101417(17頭立て)
2014年 9105(18頭立て)
2013年 3→135(18頭立て)
2012年 149→3(18頭立て)
2011年 4→1812(18頭立て)
2010年 17182(18頭立て)※1着同着
2009年 7→3→14(17頭立て)
2008年 15610(18頭立て)
2007年 2712(18頭立て)

白2、黒5、赤3、青2、黄5、緑2、橙7、桃4

なんとも傾向が分かり辛いな。基本的に外枠が優勢ぽいが、黒帽が過去3勝してるしなあ。しかし、最内の白帽はわずか2頭・・・そう言えば、ヴィクトリアマイルでも直線はどの馬を内を避けていたな。Cコースに変わるダービー週だとまた内枠が有利になるんだが、オークスは内枠はちょっと不利なのかもしれない。

 

■オークス過去10年脚質データ。
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2016年 14→14→5
2015年 9→4→6
2014年 8→16→8
2013年 7→9→11マクリ
2012年 15→9→7
2011年 61→12
2010年 11→8→2
2009年 14→6→10
2008年 7→510
2007年 9→5→12

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~49.9倍、ピンク:50.0倍以上

 

ご覧の通り、意外と荒れるレースである。カチカチのダービーより穴を狙いやすいな。ただ・・・1~2着は本命サイドで3着に中穴ってパターンが多く、大穴が頭に来たのは、2013年のメイショウマンボ、2011年のエリンコートのみ。

 

脚質的には、4角1~6番手が9/30、7~12番手が16/30、13~18番手が5/30・・・と圧倒的に中団からの差し馬が有利。逃げ・番手馬はもう全滅と言っていいほどで、逃げて馬券になったのは2011年2着のピュアブリーゼ(8番人気)のみ。前で買いなのは4~6番手の好位勢。後方からの追い込みも効くので、注意が必要である。

 

ケツデータ論。

・どっちかというと内より外枠有利。

・中団からの差し馬が強い。

・意外と荒れる。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、桜花賞馬のレーヌミノルである。距離が嫌われて人気を落としそうであるが、こういう時が狙い時。そもそもオークスは殆どの馬にとって未知の距離。スローになったり、道中のラップが緩くなることが多く、マイラーぽい馬でもこなせてしまったりするのである。父ダイワメジャーはマイラーのイメージが強いが、皐月賞や天皇賞秋といった中距離もこなし、有馬記念でも距離不安を囁かれながら3着に粘った。この馬が2冠牝馬になっても全く驚かないぞ。

 

そんでもう狙いに狙っているのがフローラS1着のモズカッチャンである。この時の浅次郎のケツ神予想は伝説であるが(自分で言う。笑)、東京適正、距離適性、スタミナで言えば、もしかしてメンバー随一かもしれんぞ?問題は桜花賞組との能力差であるが、フローレスマジック(リスグラシュー、レーヌミノル、アエロリットらと僅差の競馬をしている)との比較からオッズほどに差があるとは思えん。もう一発モッコリあるかもよ~~~。

 

もう一頭フローラS組からヤマカツグレース。前走はモズカッチャンの決め手に屈したが、先行して粘りこいのがこの馬のセールスポイント。展開次第でしぶとく残るかも・・・?人気は全くないが、この馬も非常に面白い。

 

それから、桜花賞惨敗組から人気急落のミスパンテール。桜花賞は全く走っていないのでガン無視でいい。はぁ?と思うかもしれんが、アドマイヤミヤビだって12着に惨敗しているのにガン無視して買う人が一杯いるではないか。ミスパンテールはデビュー2戦目(7ヶ月の休み明け)のチューリップ賞で上がり最速を繰り出し、リスグラシューに先着した馬である。能力は間違いなく高いぞ!距離は確かに微妙だが、東京は合うと思う!後は状態次第。

 

さてと、

 

荒れるかどうかは分からんが、

 

今週も、

 

荒れると信じ、

 

我がケツの道を逝くのみ。

 

調教チェック、最終予想は後日!

オークス2017調教チェック!特A評価馬は?調教穴馬は?

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

そろそろ結婚したいな!あるいは再婚したいな!

と真摯に思ってるオッパイ好きなオヤジ限定!

とりあえず自分の結婚力を診断して現実を知るべし(2分。無料)。

行動しないと何も変わらない。

 

 

【オークス2017予想オッズ】東京芝2400mで行われる牝馬クラシック第2戦オークス(東京優駿牝馬)。今年は大激戦が予想されるが、1番人気はどの馬?ソウルスターリング?リスグラシュー?レーヌミノルは血統面が?アドマイヤミヤビがもしかして?各馬の距離適性は?穴馬候補はモズカッチャン、ヤマカツグレース、ディアドラ。

 

いよいよ、春のクラシック戦線も大詰め。

 

オークスとダービーを残すのみとなった。

 

しかし、改めて見ると、

 

今年のオークスはモッコリモコモコであるぞ!

 

■オークス2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

まずもってオークスは距離が2400m。

どの馬も初距離であり、

桜花賞組なんてのは800mの距離延長。

 

2400は適正的にどうなん?血統的にどうなん?

 

って馬は沢山いるわな。

 

さらに別路線組が加わわることで、

能力比較がとても難しくなるだろー?

 

そして、何と言っても・・・

絶対女王だと思われていたソウルスターリングの桜花賞敗戦である。

 

今年のオークスは面白い!

 

実績重視で買うもヨシ!

 

血統馬券もヨシ!

 

騎手を信じて買うもヨシ!

 

チクビの色形で買うもヨシ!

 

 

うーん。小粒なピンク?

 

じゃなかった(笑)、

 

好きな馬を買うもヨシ!

 

楽しんで行こうぜ!

 

さて、オッズを予想しておく!

 

■オークス2017浅次郎予想オッズ

オークス2017予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1番人気 ソウルスターリング 3.5倍
2番人気 リスグラシュー 4.8倍
3番人気 レーヌミノル 7.4倍
4番人気 アドマイヤミヤビ 10.6倍
5番人気 フローレスマジック 14.9倍
6番人気 モズカッチャン 16.2倍
7番人気 ヤマカツグレース 18.8倍
8番人気 ブラックスビーチ 23.7倍
9番人気 ハローユニコーン 29.9倍
10番人気 ミスパンテール 44.7倍
11番人気 カリビアンゴールド 52.0倍
12番人気 ホウオウパヒューム 59.5倍
13番人気 ブラックオニキス 80.2倍
14番人気 ディアドラ 88.2倍
15番人気 ディーパワンサ 97.4倍
16番人気 モーヴサファイア 127.5倍
17番人気 マナローラ 129.7倍
18番人気 アメリアブルーム 194.7倍

※管理人浅次郎の独断と偏見による予想である。

 

 

1番人気は再びソウルスターリングだろうと思う。桜花賞まで4戦4勝無敗。本番では単勝1.4倍の絶大な支持を集めたが3着に敗戦。「競馬に絶対はない」と常々言っている通り、この時チンコが縮んだ諸兄も多かったことだろう。とはいえ僅差の3着。馬場が多少重かったことも影響したろうし、浅次郎の邪スカウターによると桜花賞はメイチ仕上げではなかった。此度は巻き返し必至であると思う。

ただし、問題はこの馬の2400適正である。自身1800mの経験はあるものの・・・2000m以上は未経験。父は無敗のまま引退した世界最強マイラーのフランケル。コレばっかりは走ってみないと分からんわけだが、この血統面は不安材料だろう。しかし、オークスは「マイラーでも走れる舞台」でもある。距離不安がある馬が多いので道中息が入る流れになることが多いのだ。実際、桜花賞組の成績は断トツである。このデータが後押しして・・・この馬が一番人気になるだろうと思う。

 

2番人気は桜花賞2着のリスグラシュー。桜花賞ではちょっと評価を落としたが、やっぱりこの馬強いわ。そして、血統的には中長距離適正が高いハーツクライ産駒。牝系も欧州系でスタミナ十分な感じだし、オークスの舞台は願ったりだろう。東京のキレ勝負も桃色チクビーム。報道次第によっては、こっちが1番人気になるやもしれんな。

 

3番人気に桜花賞馬のレーヌミノル。本来この馬が1番人気になってもおかしくないわけだが、決定的に人気を落とす要因がある。ダイワメジャー×タイキシャトルという血統面である。コレだけ見たらもうマイラーまっしぐらだよねー。本当はNHKマイルCに出たかったんじゃないのー?ってね。しかし、私は意外とこの馬2400も持つんじゃないかと思っている。理由はフィリーズレビューの好走だ。え?フィリーズレビューは1400でしょ?とツッコミが入ると思うが、この話はまた後日。

 

4番人気はおそらくアドマイヤミヤビ。桜花賞惨敗を受けて6~7番人気になってくれることを祈ってるのだが、多分人気になるだろうなあ~。その理由は「血統的に東京2400は歓迎」「前々走のクイーンCは超ハイレベルだった」からである。ハーツクライ産駒で距離不安は全くなし。3戦目に東京2000の百日草特別に使われているように、もともと中距離志向の馬である。この時カデナやアウトライアーズを負かしているのであるが、さらにハイレベルだったのがクイーンC。負かしたのは先日NHKマイルCを勝ったアエロリット、桜花賞馬のレーヌミノル、それから良血のフローレスマジックである。桜花賞の敗因は良く分からんが、最初からオークス狙い!という話もあるし、ココがおそらくパッツンパッツンの勝負パンツ仕上げだろう。スケスケのヒモパンを期待したい。

 

5番人気は超良血のフローレスマジック。ラキシス、サトノアラジンの全妹。姉のラキシスは中距離志向であったが、兄のサトノアラジンはマイラー。母父のストームキャットはディープインパクトとニックスであるが、1600~2000ってイメージの馬が多いよな。フローラSの取りこぼしは痛かったが、オークスが最終目標なだけにある程度人気になるだろう。フローラSを勝ってたら2~3番人気もあったかもだけど。しかし、現時点ではワンチクビ足りない印象やなー。上位人気馬とは1~2馬身差がある感じ。逆に言えば、枠順とか展開とかで変わる差でもあるけど。

 

以下、フローラS組のモズカッチャン、ヤマカツグレース。スイートピーSのブラックスビーチが続くと思われるが、この辺は競馬マスコミの報道次第やな。

 

現時点での穴馬候補を挙げておこう。過去の穴馬の条件は「桜花賞惨敗組」「フローラSの2~5着」「忘れな草賞1~2着」「スイートピーS1着」「マイラー血統」。

 

まずはもって上記に挙げたフローラS1着馬モズカッチャンである。これは自慢だが、この時私は12番人気のモズカッチャンに◎を打って見事馬連と三連複をゲットしている(→その時の予想はこちら)。だから挙げるわけではないが、この時のモズカッチャンはかなり器用な競馬をしており、スタミナも十分!これは東京2400においてかなりのアドバンテージになる。好スタートから控えて中団のイン。じっくり脚を溜めてインベタで直線へ。追い出されてからはグイグイと伸び、坂を登ってからもうひと伸び。完全前残りの流れをキレイに差し切ってみせた。この馬・・・内枠引いたら面白いだろ?血統的にはハービンジャー×キングカメハメハ。距離は伸びて良しだぜ!

 

そしてフローラS2着のヤマカツグレース。オークスの馬柱を眺めると・・・一つ気付くことがあるな。そう・・・逃げ馬が居ないのである。となればこの馬が行く可能性が高く、鞍上の横典がペースを握ることになる。どんなレースだって逃げ馬には要注意。フローラSの2着馬は過去にも相当穴を開けているぞ!血統的にはハービンジャー×グラスワンダー。この馬も距離が伸びて良さそう!

 

大穴候補にディアドラ。桜花賞は単勝207倍の低評価を覆して6着に好走。先週500万条件の矢車賞を勝ったのだが、このレースがかなり強かったのである。血統的にはハービンジャー×スペシャルウィーク。東京2400はもうベストな感じで、全く人気はないだろうが面白い一頭である。今年はハービンジャー祭りになったりして(笑)。ただ、オークスに出走するなら中一週。出走はまだ未定。

 

当然オークスも

 

モッコリケツ馬券で逝く。

 

データ分析や調教チェックは後日!

 

オークス2017データ分析!枠の有利不利は?脚質は?

オークス2017調教チェック!特A評価馬は?調教穴馬は?

 

 

【浅次郎のひとりごと】

韓国大統領選 文氏「偉大な国民の偉大な勝利」

えっと、この人、確か「北朝鮮寄り」の左派で、「超反日」だよね(韓国の政治家はほとんど反日だけど)。慰安婦問題はまた蒸し返されるだろうし、日米韓の連携も上手く行かないだろうね。どもならんぜまったく。