宝塚記念2017回顧!キタサンブラックの敗因は?

【宝塚記念2017レース回顧】稍重の阪神芝2200で行われたGⅠ宝塚記念を制したのはミルコ・デムーロ騎乗のサトノクラウン!単勝1.4倍の圧倒的な人気を集めたキタサンブラックは9着に敗れる大波乱。さて、キタサンブラックの敗因はなんだったのか?馬場?ペース?それとも精神面?凱旋門賞には行かないのか?今後のローテは?

 

サトノクラウン、宝塚記念制覇!

 

 

いやーサトノクラウン強かったねー。

 

そもそもこの馬、走り時が分かり辛いだけで、

実力は相当高いんだよね。

 

勝因として「ちょっと重い馬場」が上げられているが、

パンパンの軽い馬場でも強いから、

秋の「天皇賞秋」「ジャパンカップ」でも相当有力。

凱旋門賞に行ってくれると嬉しいけど、

サトノダイヤモンドが行くからなぁ・・・やっぱ国内?

 

しかしキタサンブラックの失速振りに驚いた諸兄も多かったと思う。

敗因は何だったんだろうね?

 

簡単に回顧する。

 

■宝塚記念2017結果、着順

 

■宝塚記念2017映像

 

■宝塚記念2017回顧

大きく出遅れる馬なく、揃ったスタート。

 

 

どの馬が行くのか注目して見てたが・・・

 

 

200m地点まで大きな動きなし。

 

キタサンブラックは好スタート。

逃げの手に出るかと思われたが・・・

 

イカず!

 

いや、

 

行けなかったのか?

 

気のせいかもしれんが、

外へ外へ行こうとしているように見える。

 

今回のキタサンブラックの敗因は、

武豊自身が「正直よく分からない」と言っており・・・

【宝塚記念】キタサンブラック9着惨敗 武豊「正直よく分からない」

なんか「敗因不明」「謎」って感じになっているが、

 

私に言わせれば、

「逃げなかったのが、第一の敗因」

である(個人的意見である)。

 

キタサンブラックは「番手での競馬も出来る」逃げ・先行馬であるが、2~3番手に控える場合は「大逃げ馬」を行かせた上での「離れた単騎の2~3番手」なのである。つまり、2~3番手に控えたとしてもペースの鍵を握るのはいつもこの馬だったのだ。

 

しかし今回はシュヴァルグランのペースに巻き込まれることになり、

だから道中ペースを落とすことが出来なかったのであり、

延々と併せる形で消耗させられたのだ。

 

外枠で無理をしたくなかったのは分かる。

しかし最初の直線で先頭に立っておけば・・・

いつも通りペースを握ることが出来たと思うのだ。

 

今回のレース、見ての通り前に行った馬は総崩れで、

かなり厳しいレースを強いられたのである。

 

 

まあ、続きを見てみよう。

 

 

先頭に立ったのはなんとシュヴァルグラン。

 

しかし、無理して先頭に立った感じではなく、

馬なりのまま・・・余力を持ってのハナ。

 

私は、この馬から単勝含め勝負馬券を買っていたのだが、この時、

「よしよし!キタサンの前なら可能性十分や!」

と密かにほくそ笑んでいたのである!

 

そのほくそ笑みは直線入り口までしか続かなかったけど(笑)。

 

2コーナー。先頭はシュヴァルグラン、2番手にシャケトラ。3番手集団にキタサンブラック、クラリティシチー、ミッキーロケット。

 

そしてこれが問題のシーン。2コーナー過ぎの700m~1000mの地点でミルコ騎乗のサトノクラウンが外からぐんぐんと上がって行くのである!

 

「すわ、掛かったんじゃね?」

「ミルコやってもーた?」

 

と思った毒者も多かったと思うが、そうではない。

 

ラップタイムはこうだ!

 

 

600~800mのラップを見ると13.1。つまり、1~2コーナーでガクンとペースが落ちているのであり、ミルコは「あれ?ペース遅くなったげな!」と感じ取ったのである。そして、絶好調だったサトノクラウンにとってもこのペースは遅かったのであろう。スルスルと外を上がって行って・・・

 

キタサンブラックの尻に・・・

 

カンチョーいっぱつ!

 

 

これで火がついたキタサンブラックは、前のシャケトラとシュヴァルグランにプレッシャーを掛けることになってしまい(想像込み)・・・全体ラップが上がってしまうのだ。

 

 

もう一度ラップタイムをご覧頂きたい。

1000m過ぎから延々と11秒台の鬼ラップである。

こういうのはちょっと珍しい・・・

つかパンパンの良馬場でも見たこと無いかも。

 

おそらく、

シュヴァルグラン福永も向こう正面で息を入れたかったに違いない。

しかし、真後ろにシャケトラとキタサンブラックが居て、

終始ケツを突つかれている状態。

 

 

この状況じゃペース落とせないわな(笑)。

 

・・・引いてしまえば楽だったかもしれない。

 

しかし、福永の頭の中には、

 

「キタサンを負かすにはキタサンの前で!」

 

というのが多少なりともあったと思う。

(レース後のコメントで「逃げるのもありかと思っていた」と言っている)

 

直後に居たのがルメールってのがまた愛しさと切なさと心強さとで、

 

「このペースでいいんだな!」

 

と思ってしまったのかもしれん。

シュヴァルグランが逃げ馬であったなら、

ここまでペース配分が狂うこともなかったろうが・・・

 

中団にゴールドアクター、スピリッツミノル、ミッキークイーン。後方にレインボーラインとヒットザターゲット。

 

3コーナーでの隊列がこう。キタサンブラックにカンチョー注射したサトノクラウンはいつの間にかポジションを下げて息を入れている。その差は多分3馬身くらいだと思うが、その差が大きいのだ。全速力で走るのと、ちょっとスピードを緩めて走るのは大違いだからだ。

 

 

1000~1400m地点、前の馬が11.7-11.6で行ったところを・・・

サトノクラウンは12.0-11.9くらいで行ったんじゃないかな。

 

 

4コーナーですでにシュヴァルグランの手応えが怪しい(笑)。

逃げるのは初めての上、ずっとカンチョーされてたけんな。

 

私の「ほくそ笑み」もココで終わり(笑)。

 

シャケトラが先頭に立ち、キタサンブラックがその後を追う!

 

 

ここでキタサンブラックが突き抜けるのを確信した諸兄も多かったと思うが、

 

ここから全く伸びない!

 

代わりにぶっ飛んできたのが、ミルコのサトノクラウン!

 

 

そして、4コーナーで馬場の良い外に馬群が向かう中、

内を突いたゴールドアクターが一気にワープ!

グイグイと伸びて来る!

 

 

しかし、サトノクラウンの勢いは衰えず豪快に突き抜けて1着!

ゴールドアクターは最後に力尽きて2着。

後方で脚を溜めていたミッキークインが離れた3着。

 

サトノクラウンの完勝劇!

 

稍重のタイムは2:11.4。

勝ち馬の上がり3Fは35.4。

宝塚記念らしいハイレベルな持久力戦であった。

 

 

 

 

宝塚記念2017各陣営レース後のコメント

 

サトノクラウンのオーナー里見氏は・・・呪いが解けてからこれでGⅠ5勝目か。まだ確変続行中であったな(笑)。秋の予定は未定だということだが、出来ることならサトノダイヤモンドと一緒に凱旋門賞にチャレンジしてもらいたい。馬場適性を考えると・・・もしかしたら凱旋門賞に適しているのはクラウンの方かもしれない。

さっきも書いたが、今回のサトノクラウンの勝因は「馬場」ではない。多分パンパンの良馬場でもこの馬が勝ったと思う(タイムを見れば分かる通り、そこまで重い馬場ではなかった)。それくらいデキが良かったし、馬も走る気満々だったな。パドックで入れ込んでいるように見えた人も多いと思うが、この馬はチャカついてるくらいの方がいいんだろうな。しかしこの馬は走るタイミングを見極めるのが難しいわ。パドックを見てから・・・の方がいいタイプ。

しかしこれでこの馬の前途は洋々だな。非サンデーどころかヘイルトゥリーズン系の血を持っておらず母方も良血。種牡馬としてかなり期待出来ると思う。

 

2着のゴールドアクターに驚いた方も多いと思う。私は◯がゴールドアクターだったため、「横典ゴラァ!控えてんじゃねー!行かんかー!」とスタート直後に叫んだものが、結果を見ればこれが幸い。前に行ってたら潰れていたと思う。今回100点満点の騎乗であったが、ちょっと勝ち馬が強すぎたな。しかし、この馬はやっぱグランプリで走るタイプ。次の狙い目は有馬記念?

 

3着ミッキークイーンは勝負とは関係ない離れた3着。外差し決め打ちが功を奏した形だが、やっぱりこの馬も能力高いね。秋はどうすんだろ?出来れば秋天→ジャパンカップのローテでお願いミッキー。

 

差し馬勢が上位を占める中、4着に粘ったのがシャケトラ。この馬・・・シュヴァルグランとキタサンブラックに挟まれる形で、終始リラックス出来る場面はなかったにも関わらず、直線入り口では突き抜けるかのような手応え。最後までバテずに走っており、秋が楽しみな一頭であるな。

 

レインボーラインはマクってどこまで行けるか?という競馬に徹して5着。もうちょっと馬場が悪ければ・・・と思わんでもないが、現状これが精一杯だろうね。秋にまた買いたいな。

 

さて、

 

改めて、

 

キタサンブラックの敗因であるが、文中でも述べた通り、

「逃げられなかった」のが第一。だから、

「自分のペースで行けなかった」のであり、

「11秒台の息が入らないラップに巻き込まれた」のである。

 

いかにキタサンブラックと言えど、11秒台のラップで延々走ることは出来ない。過去のレースを見ても「必ずどこかで息を入れている」のであり、息が入らなければバテる。これはどんな馬でも一緒。これが今回の最大の敗因であり、馬場のせいではない。

 

とは言え・・・である。

 

同じようなポジションにいたシャケトラが4着に粘っているのであるからして、もう少し格好を付けて貰っても良さそうなもの。バテたにせよ、

 

3着くらいはあって良かったんじゃないの?

いくらなんでも負け過ぎじゃないの?

 

とも思うわけ。しかし結果はズブズブの9着・・・。

 

その原因は・・・

 

分からん。

 

と武豊が言ってるのだから、私にも分からん。

 

一言で言えば「馬は生き物」だということか。調子なんてのはその日によっても変わるし、精神的な何かがあってレースをヤメちゃったのかもしれん。

 

ただ、私が推測するに・・・

今回「ゴチャついた」競馬になってしまったことがキタサンブラックの精神面に影響しちゃったのではないかと思う。いつも横に馬を置いて競馬をしている馬なら影響なかったかもしれない。いつも馬群の外目で競馬をしている馬なら影響なかったかもしれない。しかしキタサンブラックはココ最近ずっと「単騎」「内目」のスムーズな競馬をしていたのだ。

ハナを切る時はもちろん、2~3番手の競馬をする時も、キタサンブラックは大概「単騎」である。横に馬を置くケースは滅多になく、前後もある程度距離を取る場合がほとんど。しかし、今回はずっとシャケトラと併せる形の外。さらに後ろからカンチョーまで食らってしまった。

 

「横に馬がいると走りにくいなあ」

「前に行きたいなあ・・・」

「うへえ!後ろからカンチョーされちゃったよ!前に行かなきゃ!」

 

とキタサンブラックが思ったとしても不思議なく、知らず知らずの内に力んでいたのかもしれない。運動会などで真横に並走してるヤツがいると走りにくいのと同じ理屈である(違うか。笑)。元々キタサンブラックは勝負根性が半端ない馬である。横に馬がいることでその根性も消耗してしまったのかもしれんじゃないか。

 

ま、

 

キタサンブラックの本当の敗因なんて分からんが、

 

これだけは言えますな。

 

競馬に絶対はない。

 

今回のキタサンブラックは明らかに過剰人気、

典型的なハイリスク・ローリターン馬であった。

 

頭にして馬券を買った方や、

大金をぶっこんで目がカイジになった方もいると思うが、

 

 

もしまた同じように、

グリグリの1番人気から馬券を買おうとした時には、

是非この言葉を思い出して欲しい。

 

競馬に、絶対はない。

 

のである。馬は生き物だけんな。

 

武豊が言ってたように「全部勝つのは難しい」のである・・・

 

 

あ、そうそう。この記事を書いた後、

netkeibaの福永のコラムで「宝塚記念回顧」が掲載されたんだが、

【ユーイチの眼】宝塚記念回顧&帝王賞展望『レースのポイントは向正面でのミルコの動き』

ほぼ、私が書いた内容と合致するな。

やはり、ポイントはミルコの動きだったのだ。

 

さて。

 

これで春のGⅠシリーズもおしり。

じゃなかったおわり。

 

でも、これから夏競馬。

 

競馬は巡る。

 

夏競馬も楽しんで逝くぜ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

キタサンブラック9着…海外遠征を断念/宝塚記念

なんだよー!一回負けたくらいで断念かよー!なんか判断早くね?深読みしたくはないが、この感じだと勝っても負けても・・・ってことだったんじゃなかろうか?本気で行くつもりなら宝塚記念は回避って選択もあっただろし・・・。まあ、チャレンジして欲しいファン目線と、お金と馬の無事を考えるオーナー目線は違うからなんとも言えんが(種牡馬入りした後のことも考えないといけない)、是非とも行って欲しかったなあ。残念。

 

    一緒に読みたい関連記事

    もっと人生楽しもう!

    海外馬券って簡単に買える!
    競馬だけじゃなく、サッカー(海外・Jリーグ)、野球(MLB、プロ野球)、テニス、ゴルフ、F1、ボクシング、ワールドカップ、オリンピック、何でも賭けられるぞ!人生もっと楽しもう!

    読者コメントについて!

    コメントは、下のコメント欄よりご自由にどぞ!記事へのツッコミ、反対意見、浅次郎への温かい応援メッセージ、馬券情報、大穴取ったどー!など、何でもよかばーい。出来る限り管理人から返信もするぞ!ただし、誹謗中傷・罵倒の類はご遠慮願う。それからスパム防止のため、初回コメントは管理人の認証が必要となるのでご注意を!※一度認証されたらすぐ反映されるようになるぞ。

    27件のコメント

    • ノリスケ

      浅次郎さん、こんにちは。

      「簡単に回顧する」の記述と結果払戻、映像で記事が終わってて、まさかこれで…いや、ほんま簡単やな!と突っ込んでますが、これで終わりじゃないですよね~。続きをお待ちしております。

      • あれ?途中で「公開」ボタン押しちゃったかな?すみませぬ。アップしました!

      • ノリスケ

        続きの回顧、ありがとうございます。

        オカン曰く「いつもおんなじ馬が勝ってるとおもしろくない」んで、今回、サトノクラウン大勝利で良いようです。
        (ズルズルと下がっていくキタサンブラックを正直見たくはありませんでしたが。)

        キタサンブラックにはゆっくり休養して、秋に万全で帰ってきてほしいですね。今年の年末にはサトノダイヤモンド、キタサンブラック、ゴールドアクターが無事に顔を揃えられることを祈ってます。あと、ミッキーロケット、シャケトラ、マカヒキ、ディーマジェスティの4歳勢。一度は最強世代と言われたその層の厚さを見せてほしいです。

        という花のあるグランプリの日の函館最終レース、我が愛しのヨシオがひっそりと2着に入線。どう考えても長いと思われた1,700m、がんばった姿を見て泣きそうでした(T^T)

        • ノリスケ

          あっ!そしてやっぱり、浅次郎さんの対抗は馬券になる!
          ゴールドアクター、有馬専用機じゃないところを自ら証明してみせて、良かったです😄

        • どもども!記事の中では色々と推測を交えて書きましたが、
          正直キタサンブラック惨敗の原因は良く分かりません(笑)。
          しかしラップを見ると、今回の宝塚記念はかなり厳しいラップだったのだと思います。
          キタサンブラックの上がり36.9ですからね。

          ヨシオ・・・セリ価格486万円の個人馬主。こういう馬が頑張ると勇気が沸いてきますね!

    • 喜代ちゃん

      おっと、ここでも ぶっ飛んだ!(笑)

      • すみませーん。記事の途中で公開しちゃったようでっす!改めてどうぞ!

    • モジャコック

      初めてカキコす。浅次郎さん。いつも楽しくブログ読まさせていただいてます。

      穴党としてはキタサンをあえて切り続けて数年、してやったりのレースでした!
      三連単会心の一撃でした!

      武豊の邪魔をするのはデムーロで、
      (あと一勝でG1全制覇がかかった朝日杯をリオンディーズで夢を打ち砕く!)
      キタサンに立ちはだかるのはサトノ。
      (有馬でダブルサトノの連携でダイヤモンドが勝利!)
      有馬でも、今回の宝塚でもいい思いさせてもらいました。
      それにしてもマックイーンしかり、ゴールドシップしかり、三連覇、三連勝は難しいんですね。改めて感じました。
      今年はサトノが覚醒してますね。夏も秋もチェックしていきます!

      • おお!この三連単ゲットはすげえ!おめでとうございまっす!
        まさに会心の一撃ですなー!うらやまCー!
        今週もサトノかな・・・?

    • ASSA

      回顧おつかれさまです! たしかに! キタサンは逃げられなかったことやメンタル面、馬場、もしかしたら大型馬だけに夏微妙(?)…たしかに宝塚は安田と違い軽量馬のがくるイメージ… 秋は私も国内のが稼げるしよいのではと思います。海外・関西実績あり重めの芝向きのクラウンこそ渡仏してほしい(モレイラと!) シュヴァルグラン…秋は京都大→ジャパンC、鞍上ルメールで期待してます(笑)

      • 今回のキタサンブラックの敗因は精神面じゃないかと思います。
        ま、本当の敗因なんて分かりませんけどね。
        「国内の方が稼げる」・・・これは間違いないっすね(笑)。
        凱旋門賞よりジャパンカップ・有馬記念の方が賞金高いし。

    • ヨルン

      浅次郎さん、こんばんは!

      いつも分かりやすい回顧有り難うござ
      います。m(._.)m
      馬券はまたも大外れでしたが(´・ω・`)
      キタサン飛んだから良しとします❗

      ロケットはスタートは良かったが、位
      置取りが悪すぎた、レインボーはもう
      ちょっと重馬場なら~で、シュヴァル
      グランは逃げるとは思わなかった・・
      ・。 まあ少頭数以外は満足な結果です

      来週のCBC賞は自分の大好きなスノー
      ドラゴンが出走予定です❗好きな馬で
      万馬券を当てるのがでっかい夢のひと
      つなのでいつか実現させたいです。
      ヾ(@゜▽゜@)ノ

      • いえいえ~巷のレース回顧って「感情的」なのが多くて、
        ラップタイムなんかを詳細に分析している人ってあんまりいないですもんね。
        ま、これやるの大変なのでGⅠだけしかやりませんけど。

        スノードラゴン・・・もう無条件に買ってしまうなー(笑)。でも58kg辛いなー!

    • 長野ロマン

      >競馬に絶対はない。

      まさかこの頭数で単勝1.4倍が飛ぶとは・・・。
      単勝1倍台は買わない、そう誓ったレースでした。

      私の◎シャケトラは4着。
      最終2番人気でしたが、アタマ固定で淡々と逝ったのでスガパーです。

      CBC賞楽しみ。

      • どもども。私もまさか掲示板外に飛ぶとは思いませんでした。
        しかし、ほんと競馬に絶対はありません。
        キタサンブラックの複勝に大金突っ込んでた人は唖然でしょうねー。
        シャケトラは厳しい流れの中よく頑張ったと思いますよ。秋に期待ですねー!

    • ゆーき

      納得の回顧をありがとうございます。

      キタサンブラックほどスタートが上手い馬なら外目でももっとスムーズに単騎に行けたはずなのに、終始、あれ?まだ前にいかないの?と思ってしまったのはわたしだけでしょうか?
      行けなかったではなく、行かなかった(意図的に)のかなぁ、なんて。
      サブちゃんは、賞金より愛馬を大事に思うオーナーのようだし、周囲の期待で凱旋門に参戦する流れになってしまったものの、本音は故障のリスクを伴うくらいなら国内GⅠで十分だと思っていたのでは。

      と、推測して
      今回はキタサンブラック切りで狙いを定めていたので見事に美味しい馬券を頂きました(笑)
      ずっと追っているゴールアクターも確変が終わったような風潮で人気もなかったけど、まだまだ頑張ってくれてよかったです。

      まったく、何が起こるかわからないのが競馬の醍醐味ですよね!

      来週からの夏競馬も荒れまくり穴予想期待してます。

      • 私も思ってましたよ。
        「あれ?キタサン前に行かんとー?」って。
        武豊は馬なりで行くって決めてた感じですね。手綱を動かす感じは全くありませんでした。
        内枠ならそれでも良かったろうけど・・・今回外枠でしたからねえ。

        「ホンネは国内GⅠで十分」

        サブちゃんの本音はこれだと思いますね。
        本当に行く気なら去年行ってるはずですもん。

    • 虎の松

      浅次郎さん今晩は(__)キタサン着外の衝撃は各紙面に載ってました。私は阪神競馬場で人が壁になり見えなかったですが、悲鳴と歓声が。飛んだ~と聞いてキタサン負けたと思いましたが、まさか掲示板にのらなかったとは思いませんでした。私はキタサンよりレインボーの方が気になりましたが(笑)回顧ありがとうございます(__)G1回顧また秋からよろしくお願いいたします

      • レインボーラインはちょっと仕掛けが早すぎでしたが(結果論)、
        負けて納得のレースでした。
        もうちょっと時計が掛かる馬場になって欲しかったですね。

    • ASSA

      ひとまずヅラ愛用の友人に「サトノヅラウンおめ毛とう。シュヴァルヅラン、キタサンヅラック残念、ついでにサニヅラウンもすごいやん」と話したら「武豊めー ヤツもヅラやろ ヅラ豊」とサカヅラミ言うから「そ そりゃないやん、2重ヘルメットみたいでルール的に不公平でダメやろ しかも斤量的にもあかんやろ 第一、落馬なんてしたら…」「もーええわ」 ヅラ漫才か(笑)

      • 武豊がヅラだったら・・・想像してしまいました(笑)。
        結局ヅラ馬券は外れたのね(笑)。

    • とくマネージャー

      浅次郎さんお疲れ様です。ゴールドアクターの浅次郎さんの調教レポートを参考に馬単で流しました。ありがとうございます。浅次郎さんのブログは予想も素晴らしいですが、回顧が非常に参考になります。

      • いえいえ、ちょっとでもお役に立てたのなら嬉しいでっす!
        しかし、記事でも書きましたが、サトノクラウンの調教は自分の見た目・・・かなり良かったのですよ。
        だけどタイムが普通の上に「やや重め」なんて書いてあったので・・・押せませんでした。
        自分の目を信用するべきだったなあ・・・

    • やっちゃん

      浅次郎先生

      さすがです!

      阪神の宝塚記念の時期は馬場が
      相当荒れ果てた状態だと言う、
      良馬場でもゴチゴチに荒れているのだ
      そうな。今回は、稍重だったが本当は
      かなりの重馬場状態だったのか?
      あの、シュバルグランもキタサンも

      先生が言う、息の問題と中山競馬場の
      ようなレースをしなければいけない
      状態だったのか?
      難しいです、でもキタサンは過去外枠で
      一回着外を先生から教わり、今回も
      該当でしたのたで紐扱いが正解でしたが
      なんか・・でも・・キタサンブラックが
      掲示板にいなかった事の寂しさをなぜか
      感じた、切ない日でした。シュバルも
      キタサンもゆっくり気楽に夏休みとって
      頂きたいですね。

      • どもども。キタサンブラックの今までの成績をもう一度見直してみたのですが・・・
        やはり内枠での成績が圧倒的に良く、外枠はイマイチですねー。
        秋も外枠に入らないかな。。。(笑)。
        ま、でも夏はゆっくりして、万全の状態で戻って来て欲しいっす!

    • ユウスケ

      浅次郎さんこんにちは!
      逃げても控えても、キタサンはいつもレースをペースを制圧してる感じがします
      が!今回は道中そんな感じがしなかったです
      行くの!?どーすんの!?サトノ来てるよ!?
      でも前にルメールだよ?待つ?行く?みたいな感じだったのかと
      キタサンも生き物、いつもと違う展開に、あかんどないしよ。って気持ちになったのかな?と勝手に妄想しております。笑
      直線向いた時は、あーまたキタサンだなー。と思った人は多いはず
      まさかの展開に、やはり競馬は面白いと思いました!

      次に見れるのは秋天ですかね?
      しっかり体を休めて、また元気に戻ってきてほしいものです!
      あー出してりゃ良かったー!って陣営も多いでしょうね
      逃げずに向かってきた10頭にも、お疲れ様でした。と拍手を送りたいです!888888

      • ほんとそうですね。今回キタサンブラックはレースを制圧している感じがなかったです。
        どんなに強い馬だってこういうことがあるから競馬が面白いですよ。
        次も間違いなく人気になりますが・・・果たして今回のダメージが一掃できるかな?

    コメントを残す