オークス2015回顧。ミッキークイーン3歳女王戴冠!

【オークス2015回顧】春の3歳女王決定戦オークスを制したのは、別路線組のミッキークイーン!中団前目から正攻法で抜け出したルージュバック!それを追いかけるクルミナル!・・・をまとめて差し切ったのだから見事!ルージュバックの敗因はなんだったのだろう?レッツゴードンキの惨敗は折り合いを欠いたのが原因?

 

ミッキークイーン、樫の女王へ!

 

オークス2015ミッキークイーン3

 

いやー、ミッキークイーン強かったねー。

 

馬券的にはガン無視してたんだが、

 

ここまで強いとは。

 

さて、簡単に回顧しておく。

 

■オークス2015結果、着順

オークス2015結果・着順

 

■オークス2015払い戻し

オークス2015払い戻し

 

■オークス2015映像

 

 ■オークス2015回顧

ゲート入りを嫌った17番のクルミナル。シリッパネして天皇賞春のゴールドシップみたいやなーと思ってたらクルミナルも須貝厩舎やんかー(ってことは吉兆か!と思っていた笑)。結局目隠しされてなんとかゲートイン。これはもう仕方のない話だが、先にゲートインしてた奇数番号の馬は相当待たされてしまったな。

 

その影響があったか無かったかは馬に聞いてみないと分からんが、1番のレッツゴードンキあたりは

 

はやくしろ

 

「はよせんかー!」

 

と内心思っていたのかもしれん。

 

スタートではキャットコインとクルミナルが出遅れ。

 

キャットコインはもう諦めて後方からを選択したが、クルミナルは押してポジションを取りに行く。選択したのは、「今度はミスは許されん!」と戸崎の堅い意思が見えた中団前目ルージュバックの後ろ。おそらく池添の作戦だったろうと思う。

 

そして、出遅れなかったミッキークイーン(過去4戦すべて出遅れ笑)は、出たなりで中団後方のポジションへ。この位置がルージュバック・クルミナルを見る絶好の位置であった・・・。

 

ハナに立ったのは予想通りノットフォーマル。外枠からハナに立つのにかなり脚を使ったと思うが、果敢なナイスチャレンジだった。もしこの馬が行かなければ、スローのオークスになってたかもしれん。

 

逆に、行けなかったのではなく、行かなかったのがレッツゴードンキ。いろいろと言われてるが、1枠1番で好スタート。しかし岩田の手綱は全く動いておらず、むしろ「行こうよー!」というドンキをガッチリ押さえている印象。「ハナを取る」という気はさらさら無かったと思われる。

 

そして、道中はずっと掛かりっぱなし。

 

オークス2015レッツゴードンキ掛かる

他の馬と明らかに騎手の重心が違いますな(笑)。

 

行きたがるドンキ。

我慢させようとする岩田。

 

中長距離戦でこうなったらもうドモナラズである。

 

「行ってしまった方が良かったのでは?」

 

という素人意見を言いたくなるが、それは結果論である。府中の2400を逃げ切るのは並大抵のことではなく、勝ちに行くなら脚を溜める必要がある!と陣営が考えた末での作戦だったのであり、ここまで掛かるのは想定外だったはずである。しかも2番人気。人気薄なら玉砕逃げも可能だったかもしれんけどな。

 

最初の3Fは35.6と流れたが、コーナーで緩んで1000mは61.3。

 

オークス2015ラップタイム

 

向こう正面は淡々と流れて各馬息が入る流れ。

 

流れが変わったのは3コーナー過ぎ、残り1000m地点から11秒台のラップに。

 

いくら高速馬場でも、これでは前は残れませんな。

 

前から5~6番手の外目につけたルージュバック。

絶好の手応えで4コーナーを回りながら、追い出し開始!

 

その直後につけたクルミナル。

照準をルージュバックに定める!

 

さらにその直後にミッキークイーン!

 

前ではローデッドが頑張るが・・・坂を上がって止まる。

 

レースは三つ巴の追い比べとなり、

 

オークス2015ミッキークイーン4

 

クルミナルの追撃!

 

をねじ伏せたルージュバック!

 

を残り100mで豪快に差し切った

 

ミッキークイーンに凱歌が上がった。

 

オークス2015ミッキークイーン1

 

いや、強かったわ!

(軽視してゴメン)

 

勝ちタイムは2:25.0と文句なし。

(歴代2位なんだそうな)

 

道中はちょっと緩んだが、

残り1000からの持久力+瞬発力勝負。

 

各馬の総合力が試される真っ向勝負だった。

 

2着のルージュバックは完璧な騎乗だったと思う。「仕掛けが早かったのでは?」と言ってる人もいるが、それも結果論である。最後まで止まってないし(徹底マークされたクルミナルを抜かせなかった)、良い脚を長く使えるのがこの馬の長所であるからして、あのタイミングでピッタリだったと思う。敗因を一つ挙げるとすれば「目標にされたこと」であろう。ローデッドあたりがもうちょい粘ってくれれば違う結果だったかもしれん。

しかしこの馬はやはり2000m以上の距離が合いそうやね。それからゴチャつくとダメっぽいから広いコースで外々をゆったり走るのがいいわ。秋華賞の舞台は京都内回り。微妙だなあ・・・。あ、凱旋門賞どうすんのやろ?2着じゃ行く資格ないか。

 

3着のクルミナルはまたまたチグハグな競馬になったが、よく頑張ったと思う。出遅れは想定内とはいえ、やっぱり2~3馬身のビハインドは痛い。個人的には出遅れた後に内に入れると思ってたのだが、外々を回ることになったのはやはり距離ロスだったと思う。まあ、その分不利なく回ってこれたわけだが、池添はそれでも勝てると思ってたんだろうなあ。もうちょい内目の枠なら着順も変わっていたかもしれん。秋が非常に楽しみな一頭だ。

 

4着に大健闘のアースライズ。4コーナーでは勝ち馬の後ろにいたが、坂を上がってから5着アンドリエッテと一緒にぐいぐいと伸びて4着。現時点では上位3頭に敵わなかったが、ポテンシャル高い馬だぞ。今回人気薄だったが・・・次回は人気になるだろうなぁ。

 

アンドリエッテはこういう馬なんだろうな~。勝負が決まった後に追いこんでくるという・・・。当代きっての切れ者であるのは確か。秋の京都は多分合うぞー!

 

期待したクイーンズリングは9着。カメラが下がらんのでよく分からん部分もあるが(ここで愚痴を言っても仕方ないが、テレビ中継のアングルはどうにかならんのか?アップにせんでいいから全体を映して欲しい。じゃないと次に繋がる馬とかがチェックできんじゃないか!)、どうも最後の直線外に出そうとして出せなかったみたいですな。

もちろん外に出せたからといって勝ち負けは厳しかったろうけど、スムーズなら掲示板はあったかもしれん。これは騎手の判断ミスぽいなー。そんで最後はもう流してる感じで9着。次回人気が落ちるようなら積極的に買いたいと思う。

 

馬券の軸にしたコンテッサトゥーレはズブズブの16着。予想で「距離は持つと思う!」と言っておいてなんだが、これはさすがに距離だったかもしれんm(__)m。道中はいい位置でリラックスして走ってたし、4コーナーの手応えも悪くなかったと思うけど、直線全く伸びず。坂で力尽きて最後はパッタリ止まってしまった。完全に力負け。マイラーの可能性大。

 

ココロノアイはおそらく東京の高速馬場が合わないんだと思う。かといって京都も合いそうにないしなー。阪神のローズSでは買いかも(笑)。

 

しかし、やはりこういう馬場ではディープインパクト産駒が強いですな。ルージュバックの敗因は馬場適正の差だったのかもしれない。

 

これで3歳牝馬の戦いは一旦終わり。

次の舞台は秋の華である。

 

一応、オークスの上位3頭が秋華賞候補だろうけど、

何が起こるか分からんのが競馬。

当然、◎は3頭以外の馬に打つつもりである。

 

まずは各馬、無事に夏を越して貰いたい。

 

オークス2015ミッキークイーン2

 

浜中嬉しそうだったなー!

 

 

 

    一緒に読みたい関連記事

    もっと人生楽しもう!

    海外馬券って簡単に買える!
    競馬だけじゃなく、サッカー(海外・Jリーグ)、野球(MLB、プロ野球)、テニス、ゴルフ、F1、ボクシング、ワールドカップ、オリンピック、何でも賭けられるぞ!人生もっと楽しもう!

    読者コメントについて!

    コメントは、下のコメント欄よりご自由にどぞ!記事へのツッコミ、反対意見、浅次郎への温かい応援メッセージ、馬券情報、大穴取ったどー!など、何でもよかばーい。出来る限り管理人から返信もするぞ!ただし、誹謗中傷・罵倒の類はご遠慮願う。それからスパム防止のため、初回コメントは管理人の認証が必要となるのでご注意を!※一度認証されたらすぐ反映されるようになるぞ。

    コメントを残す