凱旋門賞2016回顧。マカヒキの敗因は・・・?

【凱旋門賞2016回顧】2016年10月2日、シャンティイ競馬場で行われた凱旋門賞にマカヒキが挑戦したが、今年もまた夢と散った。マカヒキの敗因はなんだったのだろうか?調子は文句なしとの報道だったが・・・外を回ったから?中2週が敗因?馬場が合わなかった?ハイペースの持久力戦によるスタミナ消耗?いや・・・力負けか・・・

 

ざ、残念・・・。

 

マカヒキ、14着。

 

%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%92%e3%82%ad%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e%e7%94%bb%e5%83%8f1

 

大きな期待をし、

 

宴会モードで観戦していただけに、

 

この敗戦はなんとも残念である。

 

直線「行けー!」と声を上げるまでもなく・・・

 

「あ、あ、ダメやん」

 

とマカヒキの馬影は馬群の中へ消えてしまった。

 

さて、

マカヒキの敗因はなんだったのだろうか?

 

外々を回らされたからであろうか?

ポジションを獲りに行ったからであろうか?

馬場が合わなかったからであろうか?

 

レースを回顧しよう。

 

■凱旋門賞2016結果

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e7%b5%90%e6%9e%9c

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e6%89%95%e3%81%84%e6%88%bb%e3%81%97

netkeibaより抜粋

 

■凱旋門賞2016映像

 

スタートは良かった。

 

そのままハイランドリールを追い掛けるような形で好位の外へ。

前にポストポンドを見つつ5~6番手という絶好に見える位置。

 

しかし皆こう思わなかっただろうか?

 

「ちょっと前過ぎじゃね?」

 

おそらく、ルメールは意図してポジションを取りに行ったのだと思う。強敵と思われるポストポンドは好位差しの馬。この馬に勝つにはこの馬の後ろのポジションが必要。マカヒキは従順な馬だし掛かることもない。ポジションさえ取って落ち着けば問題ない・・・と考えたのだろう。ルメールは敗戦の弁でこう言っている。

 

「残念。普段はリラックスして乗りやすい馬だけど、きょうは引っかかってしまった。スタート前はいい感じだったんだけど。レースではすぐオーバーペースに。最終コーナーで追走が難しくなり、最後は疲れてバテてしまった」

 

映像では馬が遠くて「掛かった」かどうか確認出来ないが、私の目には騎手と喧嘩しているようには見えない。ニエル賞のようなドスローのレースでも折り合える馬が、今回の凱旋門賞のペースで折り合いを欠くものだろうか?・・・そう、今回の凱旋門賞はコースレコード。空前のハイペースだったのである。

 

%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%92%e3%82%ad%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

 

1400m通過が1:22.5。

 

マイル戦のようなペースである。

 

今回のマカヒキの敗因を、

 

・外々を回ったから

・ポジションを取りに行ったから

・中2週が影響した

 

などと言ってる人もいるが(本当の敗因など分からないが)、

 

「ハイペースの持久力戦」

 

になったのが敗因だと私は思う。マカヒキは瞬発力に秀でたディープインパクト産駒。日本のレースでは全て上がり33秒台以内で駆け抜けている。

 

%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%92%e3%82%ad%e6%88%90%e7%b8%be

 

つまり、「スローからの瞬発力勝負」に長けているのであり、今回の凱旋門賞のように、一貫して厳しいラップを刻むのは苦手なのである。ただでさえペースが厳しいのに、そのペースを追い掛けてしまった。

 

これがマカヒキの敗因だったのではないだろうか?

 

各馬の上がり3Fのタイムなどが分からないので詳細は分からんが、1800mが1:46.9で勝ちタイムが2:23.6。レースの上がり3Fは36.7。つまり、12.2-12.2-12.3くらいのラップだったわけだ。このラップについて行けないくらい・・・マカヒキはすでに消耗し、スタミナを消費していたのだ。4コーナーではズルズルと後退し、直線に入って追い出されるも・・・全く伸びない。

 

この手の持久力戦に滅法強いのが、欧州サドラーズウェルズ系主流血統のガリレオ。勝ったファウンド、2着のハイランドリール、3着のオーダーオブセントジョージ・・・全てガリレオ産駒。欧州最強馬ポストポンドすら最後は伸びを欠く厳しい消耗戦であったのだ。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e%e7%94%bb%e5%83%8f1

勝ったのは4歳牝馬のファウンド。・・・強かった。

 

だからと言って、

マカヒキが後方待機を選択していたら結果は違っていただろうか?

 

いや・・・、最後方待機ならある程度脚は溜まったかもしれんが、仮にそこから大外ぶん回しで鬼脚を伸ばしたとしても5~6着が精一杯だったと思う。この超ハイペースでも前は止まってないし、後方でも追走に脚を使わされただろうからだ。

 

つまり、タフな超ハイペース戦はマカヒキに合わなかった。

 

ということだと思う。もっと別な言い方をすれば、

 

スタミナが足りなかった。

 

もしかしたらマカヒキに2400は長いのかもしれん。そう言われれば、ダービーでも最後苦しそうだったし・・・姉のウリウリは短距離系である。マカヒキは2000m前後がベストの中距離馬、あるいはマイラーの可能性もあるかもしれん。

 

もっと分かりやすく言えば、

マカヒキは、

 

ディープインパクトや

オルフェーヴルのような化物では無かった・・・

 

ということだろう。

 

スローの瞬発力勝負であればあるいは・・・と思ってしまうが、

タラレバを言ってもしょうがなし。

レースは常に一発勝負であり、

今回はマカヒキの凱旋門賞では無かったのである。

 

しかし、悔しいなあ・・・。

 

馬券は、マカヒキの単複馬券がパー。

 

マカヒキ外しの裏馬券は、

2着に入った大穴ハイランドリールから買ってたのだが、

1着ファウンドを買っておらずにハズレ。

 

チ、チキショォォォォ!

 

%e3%83%81%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%ef%bc%81

 

ポストポンド押さえたんだから、

ファウンドまで押さえておけば良かったよトホホ・・・。

ドニカナルボーイだったなあ・・・今回は。

 

しかし、果敢に3歳で凱旋門賞の挑戦したマカヒキ陣営には、

心からの敬意を表したいと思う。

 

チャレンジしないと結果は出ないからな。

 

悔しい限りであるが、

競馬はこれで終わらない。

 

来年も、そのまた来年も日本馬の挑戦は続くであろう。

 

一競馬ファンとして、

懲りずに馬券を買って応援し続けたいと思う。

 

%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%92%e3%82%ad%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e%e7%94%bb%e5%83%8f2

 

とりあえず、マカヒキお疲れ様。無事に帰って来いよ!

 

 

 

    一緒に読みたい関連記事

    もっと人生楽しもう!

    海外馬券って簡単に買える!
    競馬だけじゃなく、サッカー(海外・Jリーグ)、野球(MLB、プロ野球)、テニス、ゴルフ、F1、ボクシング、ワールドカップ、オリンピック、何でも賭けられるぞ!人生もっと楽しもう!

    読者コメントについて!

    コメントは、下のコメント欄よりご自由にどぞ!記事へのツッコミ、反対意見、浅次郎への温かい応援メッセージ、馬券情報、大穴取ったどー!など、何でもよかばーい。出来る限り管理人から返信もするぞ!ただし、誹謗中傷・罵倒の類はご遠慮願う。それからスパム防止のため、初回コメントは管理人の認証が必要となるのでご注意を!※一度認証されたらすぐ反映されるようになるぞ。

    13件のコメント

    • 長野ロマン

      「マカヒキは後ろに下がってしまった!マカヒキは下がってしまいました~」

      直線マカヒキを目で追えませんでしたが、
      これからというときに聞こえた舩山アナの実況、寂しかった。

      それでもレースは見ごたえありました。
      瞬発力勝負のような派手さはありませんが、
      ハイペースの持久力戦は各馬全力を出し切った感があり、好きです。

      >スタミナが足りなかった。
      そう映りますね。

      さて、浅次郎さんのマカヒキ外しの裏馬券、惜しかったですね。
      こういうときに単複馬券であればとついつい思ってしまいます。
      私のシルバーウェーヴ馬券は惜しくもなくパーですが(笑)

      次、がんばっぺ!
      マカヒキお疲れ様。

      • 私もハイペースの持久力戦は好きでーす。
        ハイレベルのレコード決着となるのも大概ハイペースの時。
        今回の凱旋門賞もコースレコードだったみたいですが・・・
        マカヒキには厳しい流れだったと思います。

        >こういうときに単複馬券であれば
        ぶほぉ!私もそう思います・・・
        (ブックメーカーの単複馬券の方が成績がいい。笑)
        が、買う時は当たる気マンマンなのですよ。よほほ。

    • みんすけ

      浅次郎さん こんにちは

      凱旋門賞、マカヒキは残念でしたね・・・
      馬券の方も・・・・ジョッキー馬券で全部買ってるのに、浅次郎さんのハイランドリールも買ってるのに!!!!  ドモナラズでした(これはとれたなーーー)
      ※最後ニューベイが(白帽)差したと思ったら、8番(デットリー)でしたーー
      10番は三連複で押さえていたのでガッカリでした 

      またこれからもキレのある予想期待しています!!

      • しくしく・・・
        ファウンド押さえとけばぁぁぁ(涙)。
        しかし終わってみれば、オブライエン厩舎。
        自分の軸馬にムーアとデットーリ押さえておけば・・・

        ま、私らしくていいか(笑)

    • 米屋

      浅次郎さん、お疲れ様です。
      敗因分析、面白く読みました。
      3着まで同じ厩舎というのもスゴイでね。

      私はマカヒキはもちろん、
      ドゥラメンテやエイシンヒカリも買っていたので、
      今年の凱旋門賞は大敗でしたわい。

      秋、冬で取り返しましょう!

      • >ドゥラメンテやエイシンヒカリも買っていたので今年の凱旋門賞は大敗でしたわい。
        うげー(涙)。
        私も大敗でしたが、上には上が(笑)。

        今年はヌーヴォレコルトがブリーダーズCに行くみたいですし、
        カレンミロティックがメルボルンCへ(これは人気薄だろうなー)。
        香港は今年もまた大挙出走するでしょうから今から楽しみっす!取り返しましょう~

    • ノリスケ

      浅次郎さん、こんにちは!

      日本競馬会の競馬ファンの夢はあえなく散りましたが、マカヒキめー!という人は一人もいない、それがよいと思います。マカヒキは健闘しましたよね~。マカヒキ自身も悔しいだろうけど、また日本のレースで強い勝ちっぷりをみせてほしいです。(マカヒキは2,400以上は苦しいかもしれん、という浅次郎さんの分析を心に刻みつけておかなければ。)

      • まあ、私を含め期待し過ぎな点は多々あったと思いますけどね。
        テレビ放送のナレーションも「日本最強馬」「ディープインパクトの生まれ変わり」みたいな感じでしたし。

        マカヒキの今後は未定らしいですが・・・
        もし年内出走するなら有馬記念という話です。

        当然人気になると思いますが・・・
        果たして暮れの中山2500がマカヒキに合うかどうか?
        ま、ペース次第のところもあるでしょうけれども。

    • ヨルン

      浅次郎さん、こんにちは!

      マカヒキは残念な結果でしたが自分は
      ある程度この結果を予想していたので
      財布も精神的ダメージも少なくてすみ
      ました。あるのは馬券を外したいつも
      のダメージです(´・ω・`)
      ルメールも残念デシタネー❗この惨敗
      を引きずらなきゃ良いデスガ(´-ω-`)
      1ヶ月位馬券から外そうかな・・・。

      最近勝ちから遠ざかってますね~流石
      に3連単一点二点買いは厳しいかな~
      (´-ω-`)・・・。G1だけに絞るか❗

      それにしても超ハイペースのレコード
      決着は予想してませんでした(((^_^;)
      ついでにセントジョージも、ポストポ
      ンドが馬券外とは・・・
      本当に競馬は難しいデスネ~?
      それだけに面白いのデスガ❗

      まあ、浅次郎さんが言われた様に
      「競馬はこれで終わらない」
      また来週頑張りましょうd(⌒ー⌒)!

      • 私もポストポンドが馬券圏外に飛ぶとは思ってませんでしたよ。
        まあ、しかしこれがあるから競馬は面白いんだと思いまーす。
        来週も懲りずに穴馬狙いで逝くぜー!

    • @spike

      浅次郎さん、どもです!

      マカヒキは残念でしたが、今回の結果を見て思ったことが、息もつけないほどの展開だった様ですが、
      日本の2400mの競馬でこのような展開は、なかなかないんじゃないかと!
      直線の長いコース形状(中山1200mのロングバージョン的な)は、複数回経験しないと息の入れ処がわかり辛そうだなと!

      前回経験したニエル賞は、少頭数で牽制しながらの
      競馬で、マカヒキの末脚が生かせる展開だっただけかもと。それでも僅差勝ち。(陣営の思惑通りと思ってたが・・・、)

      それと、フランスの馬場が日本の競馬場にはどこにもないほどの重い馬場なのかもしれない、などと思えて、
      近年ジャパンカップが欧州の馬が勝てない様に、日本の馬が凱旋門賞が勝てない理由の一つかも、なんて思えてきた次第です。

      凱旋門賞を勝つには、まだまだ時間がかかりそうだなと思ってしまう今回の結果でした。

    • M.J

      凱旋門の壁は本当に高いなぁ、ってつくづく思わされましたわ(;_;)てか、いつものコトなんですが…(笑)
      しかし、このレースにキタサンブラックが出てたら、と思いました(笑)シャンテイイで”祭り”が聞けたかもね⁉(笑)

      • たしかに(笑)。

        キタサンブラックみたいなタイプは凱旋門賞に合いそうっすねー。
        ただ、やっぱり誰かに差されて2~3着って気もしますけど(笑)。

    コメントを残す