【凱旋門賞2016回顧】2016年10月2日、シャンティイ競馬場で行われた凱旋門賞にマカヒキが挑戦したが、今年もまた夢と散った。マカヒキの敗因はなんだったのだろうか?調子は文句なしとの報道だったが・・・外を回ったから?中2週が敗因?馬場が合わなかった?ハイペースの持久力戦によるスタミナ消耗?いや・・・力負けか・・・

 

ざ、残念・・・。

 

マカヒキ、14着。

 

%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%92%e3%82%ad%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e%e7%94%bb%e5%83%8f1

 

大きな期待をし、

 

宴会モードで観戦していただけに、

 

この敗戦はなんとも残念である。

 

直線「行けー!」と声を上げるまでもなく・・・

 

「あ、あ、ダメやん」

 

とマカヒキの馬影は馬群の中へ消えてしまった。

 

さて、

マカヒキの敗因はなんだったのだろうか?

 

外々を回らされたからであろうか?

ポジションを獲りに行ったからであろうか?

馬場が合わなかったからであろうか?

 

レースを回顧しよう。

 

■凱旋門賞2016結果

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e7%b5%90%e6%9e%9c

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e6%89%95%e3%81%84%e6%88%bb%e3%81%97

netkeibaより抜粋

 

■凱旋門賞2016映像

 

スタートは良かった。

 

そのままハイランドリールを追い掛けるような形で好位の外へ。

前にポストポンドを見つつ5~6番手という絶好に見える位置。

 

しかし皆こう思わなかっただろうか?

 

「ちょっと前過ぎじゃね?」

 

おそらく、ルメールは意図してポジションを取りに行ったのだと思う。強敵と思われるポストポンドは好位差しの馬。この馬に勝つにはこの馬の後ろのポジションが必要。マカヒキは従順な馬だし掛かることもない。ポジションさえ取って落ち着けば問題ない・・・と考えたのだろう。ルメールは敗戦の弁でこう言っている。

 

「残念。普段はリラックスして乗りやすい馬だけど、きょうは引っかかってしまった。スタート前はいい感じだったんだけど。レースではすぐオーバーペースに。最終コーナーで追走が難しくなり、最後は疲れてバテてしまった」

 

映像では馬が遠くて「掛かった」かどうか確認出来ないが、私の目には騎手と喧嘩しているようには見えない。ニエル賞のようなドスローのレースでも折り合える馬が、今回の凱旋門賞のペースで折り合いを欠くものだろうか?・・・そう、今回の凱旋門賞はコースレコード。空前のハイペースだったのである。

 

%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%92%e3%82%ad%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9

 

1400m通過が1:22.5。

 

マイル戦のようなペースである。

 

今回のマカヒキの敗因を、

 

・外々を回ったから

・ポジションを取りに行ったから

・中2週が影響した

 

などと言ってる人もいるが(本当の敗因など分からないが)、

 

「ハイペースの持久力戦」

 

になったのが敗因だと私は思う。マカヒキは瞬発力に秀でたディープインパクト産駒。日本のレースでは全て上がり33秒台以内で駆け抜けている。

 

%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%92%e3%82%ad%e6%88%90%e7%b8%be

 

つまり、「スローからの瞬発力勝負」に長けているのであり、今回の凱旋門賞のように、一貫して厳しいラップを刻むのは苦手なのである。ただでさえペースが厳しいのに、そのペースを追い掛けてしまった。

 

これがマカヒキの敗因だったのではないだろうか?

 

各馬の上がり3Fのタイムなどが分からないので詳細は分からんが、1800mが1:46.9で勝ちタイムが2:23.6。レースの上がり3Fは36.7。つまり、12.2-12.2-12.3くらいのラップだったわけだ。このラップについて行けないくらい・・・マカヒキはすでに消耗し、スタミナを消費していたのだ。4コーナーではズルズルと後退し、直線に入って追い出されるも・・・全く伸びない。

 

この手の持久力戦に滅法強いのが、欧州サドラーズウェルズ系主流血統のガリレオ。勝ったファウンド、2着のハイランドリール、3着のオーダーオブセントジョージ・・・全てガリレオ産駒。欧州最強馬ポストポンドすら最後は伸びを欠く厳しい消耗戦であったのだ。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e%e7%94%bb%e5%83%8f1

勝ったのは4歳牝馬のファウンド。・・・強かった。

 

だからと言って、

マカヒキが後方待機を選択していたら結果は違っていただろうか?

 

いや・・・、最後方待機ならある程度脚は溜まったかもしれんが、仮にそこから大外ぶん回しで鬼脚を伸ばしたとしても5~6着が精一杯だったと思う。この超ハイペースでも前は止まってないし、後方でも追走に脚を使わされただろうからだ。

 

つまり、タフな超ハイペース戦はマカヒキに合わなかった。

 

ということだと思う。もっと別な言い方をすれば、

 

スタミナが足りなかった。

 

もしかしたらマカヒキに2400は長いのかもしれん。そう言われれば、ダービーでも最後苦しそうだったし・・・姉のウリウリは短距離系である。マカヒキは2000m前後がベストの中距離馬、あるいはマイラーの可能性もあるかもしれん。

 

もっと分かりやすく言えば、

マカヒキは、

 

ディープインパクトや

オルフェーヴルのような化物では無かった・・・

 

ということだろう。

 

スローの瞬発力勝負であればあるいは・・・と思ってしまうが、

タラレバを言ってもしょうがなし。

レースは常に一発勝負であり、

今回はマカヒキの凱旋門賞では無かったのである。

 

しかし、悔しいなあ・・・。

 

馬券は、マカヒキの単複馬券がパー。

 

マカヒキ外しの裏馬券は、

2着に入った大穴ハイランドリールから買ってたのだが、

1着ファウンドを買っておらずにハズレ。

 

チ、チキショォォォォ!

 

%e3%83%81%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%ef%bc%81

 

ポストポンド押さえたんだから、

ファウンドまで押さえておけば良かったよトホホ・・・。

ドニカナルボーイだったなあ・・・今回は。

 

しかし、果敢に3歳で凱旋門賞の挑戦したマカヒキ陣営には、

心からの敬意を表したいと思う。

 

チャレンジしないと結果は出ないからな。

 

悔しい限りであるが、

競馬はこれで終わらない。

 

来年も、そのまた来年も日本馬の挑戦は続くであろう。

 

一競馬ファンとして、

懲りずに馬券を買って応援し続けたいと思う。

 

%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%92%e3%82%ad%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e%e7%94%bb%e5%83%8f2

 

とりあえず、マカヒキお疲れ様。無事に帰って来いよ!

 

 

 

【凱旋門賞2016JRAオッズ用裏馬券予想!】シャンティイ競馬場の芝2400mで行われる世界最高峰のGⅠ凱旋門賞にマカヒキが挑戦!今日はなんて幸せな一日だ!私はもちろんマカヒキの単勝とブックメーカーでタンマリ買ってるのであるが、JRAにて海外馬の裏馬券も買うゼ!狙いはキングジョージを勝ったハイランドリール!

 

断っておくが、

この予想は裏馬券である。

 

表馬券は、マカヒキを精一杯応援するため、

「マカヒキの単複馬券」

ブックメーカーで120ドル分購入済である。

 

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e9%a6%ac%e5%88%b8

 

マカヒキが勝ったら1,560ドル。

約16万円である。

(しかも単複買いもしてるので、3着以内ならチャラである)

 

まだ、出走が確定していないダービー後に仕込んでいたため、

17.0倍という信じられないオッズであるな。

 

なんせ、今、JRAのオッズでは、

 

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016jra%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba15%e6%99%82

 

マカヒキ、1番人気2.0倍である。

 

これから、多少オッズが動くだろうけれども、

それでも2.0~2.5倍位だろうと思う。

 

120ドルが240ドル。

120ドルが1560ドル。

 

当たり前だが、大違いである。

 

きっと、JRAでマカヒキの単勝を買った方達は、

 

「え?なにそれ?ズルい男じゃね?」

 

と、シャ乱Qを歌い出すかもしれんが、

これが世の中の仕組みである。

 

知らぬは損!

 

なのだ。ちょっとした行動力でこの損は防げるのであるが、

一歩を踏み出せない人や

殻にこもっている人はいつも、損するばかりである。

 

ちなみに、ブックメーカーの現在のマカヒキのオッズは6.0倍である。

 

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba%e7%9b%b4%e5%89%8d20161001

ウィリアムヒルより抜粋。16時現在、まだ購入出来る。

 

明らかにブックメーカーで買った方が得なのであるが、

一歩を踏み出せないか、

この情報を知らないがために、

JRAに貢ぐ羽目になってしまうのだ。

 

ま・・・損だの得だのって話は、

マカヒキが勝った時の話だけどな!(笑)

 

ブックメーカーの使い方(まだ間に合うかも?)

海外競馬サイドバナー

 

で、

 

マカヒキの馬券は海外ブックメーカーで買った方がいいのだが、

マカヒキ以外の馬券はJRAで買った方が得だ。

(今回のレフトハンドみたいに例外もあるが)

 

JRA投票においては、

マカヒキは超、過剰人気馬だからだ。

 

私はマカヒキが勝つことを祈って応援するが、

現実的には「アウェー」であり「強敵だらけ」である。

サクッと惨敗してしまうかもしれない。

 

なので、マカヒキが飛んだ場合を想定して、

ケツ穴馬券を小銭で買っておくことにする。

 

狙いは・・・今年のキングジョージ馬のハイランドリール

英インターSでもポストポンドから0.2秒差の2着だった馬。

この馬が9番人気単勝66倍ってんだから狙い目だ。

 

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e5%a4%96%e5%9b%bd%e9%a6%ac%e4%ba%88%e6%83%b3

netkeibaより抜粋。

 

相手にポストポンドとシルバーウェーブとニューベイ。例年3歳馬が強い凱旋門賞であるが・・・今年はほとんどの有力3歳馬が脱落。残ったのはハーザンドとレフトハンドくらいのもんである。もしかしたら今年は・・・「古馬同士の決着」になるかもよ?

 

◎ハイランドリール

◯ポストポンド

▲シルバーウェーヴ

△ニューベイ

 

馬単 ◎流し表裏 @100円

ワイド ◎-◯ @1000円

三連単 ◎→◯→▲△ @100円

 

頑張れマカヒキ!

 

さーて、今日は宴会じゃー!

 

%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%92%e3%82%ad%e7%94%bb%e5%83%8f5

 

 

いつも見てくれてるみんな有難うー!

凱旋門賞関連のコメントは下記へどぞ!

※コメント欄が出てこない方はこちら

 

 

【凱旋門賞2016予想・最新オッズ】フランスのシャンティイ競馬場2400mで行われる世界最高峰のGⅠ凱旋門賞。今年は日本ダービー馬のマカヒキが参戦!ライバルは強敵ポストポンド!ラクレッソニエールは回避?最新オッズは?相手関係は?斤量有利なのは?勝ち目はあるのか?コース適性は?マカヒキの馬券を買って応援しようぜ!

 

※レース回顧はこちら

 

いよいよ、凱旋門賞である。

 

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e7%94%bb%e5%83%8f2

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%96

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e7%94%bb%e5%83%8f3

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e7%94%bb%e5%83%8f4

 

私の刻は、

直線半ばで勝利を確信し、その直後に絶望した・・・

オルフェーヴルの2012年凱旋門賞で止まったまま。

 

あれから4年、

 

今年こそ。

 

テレビ中継はこちら。

・フジテレビ系「Mr.サンデー×スポーツLIFE HERO’SコラボSP」
10月2日 22:00~24:40(番組内で生中継)

・グリーンチャンネル「海外競馬馬券発売開始記念番組!2016凱旋門賞中継」
10月2日 22:30~24:00(予定)(※1 無料放送)

※詳細はJRAニュースより

 

■凱旋門賞2016オッズ(9月26日時点)

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba%e7%9b%b4%e5%89%8d%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%92%e3%82%ad2%e7%95%aa%e4%ba%ba%e6%b0%97

 

■凱旋門賞2016オッズ(9月28日時点)※追記

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba%e7%9b%b4%e5%89%8d20160928

※注、9月28日時点でMinding(マインディング)が回避し、Almanzor(アルマンゾル)の出走の可能性が出てきたが・・・やっぱり回避?

 

■凱旋門賞2016オッズ(9月30日時点)※追記

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba%e7%9b%b4%e5%89%8d20160930

※枠順決定後。結局アルマンゾルは回避。

 

マカヒキが2番人気6.0倍。

 

フランスの8戦無敗の仏オークス馬のラクレッソニエール、英オークス馬のマインディング、仏ダービー馬のアルマンゾルが回避し、居なくなった。

 

斤量面において3歳馬が有利なことで有名な凱旋門賞。

特に3歳牝馬のラクレッソニエールはポストポンド以上の強敵と見ていたが・・・

 

マカヒキ、チャンス到来!

 

 

改めて上位人気馬を見てみよう。

 

1番人気はPostponed(ポストポンド)。英国産の5歳牡馬(59.5kg)。この春にドバイシーマクラシックでドゥラメンテに圧勝した馬である。好位から鋭く抜け出す優等生タイプで現在6連勝中。圧倒的な支持を得て一番人気に押されている。ただし、古馬牡馬であるため斤量は59.5kg。3歳有利の凱旋門賞で果たして?

 

2番人気はマカヒキ。日本の3歳牡馬(56kg)。

 

3番人気はFound(ファウンド)。アイルランド産の4歳牝馬(58.0kg)。昨年のブリーダーズCターフで凱旋門賞馬のゴールデンホーンを負かした女傑。現在、GⅠで5連続2着中であり、ハイレベルの前哨戦愛チャンピオンSでも2着。安定感は買いだがポストポンドとの比較だと分が悪い(今春のコロネーションCで4馬身差をつけられている)。

 

4番人気はHarzand(ハーザンド)。アイルランド産の3歳牡馬(56kg)。今年の英愛ダービー馬であるが・・・秋緒戦の愛チャンピオンSで8着に大敗。一気に株を落とした。しかし、前哨戦として割り切れば怖い一頭である。

 

5番人気はMinding(マインディング)。アイルランド産の3歳牝馬(54.5kg)。今年の英2000ギニー(日本でいう桜花賞)、英オークスを制した。秋緒戦の愛チャンピオンSではファウンドに続いての3着。しかし、凱旋門賞において3歳牝馬は要注意。むしろ頭を狙うならこの馬か?

 

5番人気にNewBay(ニューベイ)。イギリス産4歳牡馬(59.5kg)。昨年の仏ダービー馬であり、凱旋門賞3着馬であるが、今年は精彩を欠いて人気落ち。ただ、こういう馬が本番で力を出すこともがあるのが競馬であり、オッズ的に美味しいのかもしれない。JRAだと何倍になるかなー・・・(ボソっ)。

 

同じく5番人気にOrder Of St George(オーダーオブセントジョージ)。アイルランド産の4歳牡馬(59.5kg)。昨年の愛セントレジャー(2800m)を制し、今年のアスコット金杯(4000m)を勝った長距離砲。欧州の主流レースに出るのは初めてとなるが・・・果たして?

 

以下の馬は情報が少なくてよく分からんのだが・・・

 

ポイントになりそうな愛チャンピオンSを見ておこう。後方待機のシマシマの帽子がファウンド、紫の帽子がマインディング、ピンクの帽子がニューベイ。

 

%e6%84%9b%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3s2016%e7%b5%90%e6%9e%9c

 

 

1着のAlmanzor(アルマンゾル、今年の仏ダービー馬)が出てきたら2番人気になると思うが・・・この馬はまだ出走未定だという(9月28日時点で出走する可能性が出てきた→アルマンゾル一転出走も。このレースを見るとやはりファウンドは結構怖いな。

 

しかし結論を言えば・・・

 

今年の凱旋門賞は層が薄い!

 

昨年の勝ち馬ゴールデンホーンもいないし、2年連続2着のフリントシャーも居ない。無敗牝馬のラクレッソニエールも回避したし、英オークス馬のマインディングも回避。ドイツやイタリアからの大物の参戦もない。なにより、トレヴのような化物がいない。

 

確かにポストポンドは強敵であるが、古馬牡馬で怖いのはこの馬のみ。

そして、古馬は斤量の不利を否めないのだ!

 

これは・・・

 

マカヒキ、超チャンス!

 

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a4%e7%ab%b6%e9%a6%ac%e5%a0%b4

 

シャンティイの2400mはこんなコース形態。10mのアップダウンがある非常にタフなコースであるが、最後の直線が長く、長く切れる脚を使えるマカヒキにピッタリ。後は馬場が合うかどうかだが、イスパーン賞のエイシンヒカリやニエル賞の結果を見る限り大丈夫だろう(ロンシャンよりシャンティイの方が日本の馬場に近い)。展開はスローが予想されるが・・・スローからの瞬発力勝負こそマカヒキの本領である。後は鞍上次第であるが・・・フランス出身のルメールが鞍上なのも非常に心強いな。

 

後は馬券をどう買うか?

 

・・・であるが、JRAの凱旋門賞オッズは(10月2日の10時から販売開始。JRAの販売ルールはこちら)、日本国内のみのオッズであるからしてマカヒキに人気が集中すること間違い無し。ラクレッソニエールが回避したことによって、さらに人気が高まるだろう。

 

netkeibaの予想オッズはこんな感じ。

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016netkeiba%e4%ba%88%e6%83%b3%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba

netkeibaより抜粋

 

ポストポンド 2.0~3.0倍

マカヒキ 2.2~3.5倍

 

くらいになると予想していたが、マカヒキはもっと人気になりそう。

 

そうなると・・・

マカヒキの馬券を買う場合は、

海外ブックメーカーで買った方が圧倒的にお得!である。

 

例えて言うなら、マカヒキが1着になった時に、

10,000円が26,000円になるのがJRA。

10,000円が60,000円になるのがブックメーカーである。

 

「マジで?そりゃ大変だ!」

 

という方は今からでも遅くない。

海外ブックメーカーのアカウントを作るべし!

 

海外馬券の買い方(浅次郎マニュアル)

海外競馬サイドバナー

(早くしないと間に合わないゾ!)

 

私はすでに、

4年以上このブックメーカーを愛用している。

オルフェーヴルが凱旋門賞に行った時から使っているぞ!

(競馬以外にも、サッカーとかテニスとかオリンピックとかね!)

 

しかし、

JRAで買った方がいいパターンもある。それは・・・

マカヒキ以外の海外馬を買う時だ!

 

特に、馬連や三連系の馬券は、

マカヒキを外すだけでかなり美味しい馬券になるはず。

 

正直なところ・・・

マカヒキが勝つ可能性もタップリあるが、

惨敗する可能性だって少なからずある。

 

馬の能力や相手関係以前に、

環境の違いコース適性などの心配があるからだ。

 

一昨年前を思い出せば・・・ジャスタウェイ、ゴールドシップ、ハープスターという日本の英雄達が揃って惨敗してしまったよな。

 

しかし、マカヒキの場合は早めのフランス入りで、ニエル賞を1回叩いている。このパターンが凱旋門賞好走の必須条件であるのはオルフェーヴル・ナカヤマフェスタ・エルコンドルパサーで証明済だ。

 

結論。

◎マカヒキ

 

もちろん、贔屓目込みであるが、

斤量、馬場、展開を考えても十分勝負になると思う。

すでにブックメーカーでマカヒキの馬券を購入済だ。

 

%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e2016%e6%b5%85%e6%ac%a1%e9%83%8e%e9%a6%ac%e5%88%b8

 

日本ダービーの後に買ったので、

オッズは17.0倍(その後に買い足したのが13.0倍)。

 

計120ドル購入で、マカヒキが勝ったら1560ドル。

約16万円である。

(EWは単複買い。この内30ドルは複勝)

 

%e5%8d%81%e4%b8%87%e5%86%86

 

ブックメーカーは購入した時のオッズが払い戻しのオッズ。

そして「出走するかどうかも賭けのうち」であるから、

マカヒキが凱旋門賞に出走しなかったらすべてパー!

というリスクがあっての17.0倍である。

 

しかし、今なら、直前にアクシデントがない限り

「出走しない」ってことはないけんな。

オッズは6.0倍だが、十分に美味しいオッズだと思うぜ。

 

もしかしたら・・・

日本の競馬ファンがマカヒキの馬券を大量に買えば、

もうちょい下がるかもしれんな。

4~5倍くらいまで落ちるかも。

 

それから・・・

 

当日はJRAでマカヒキを外した馬券も検討しようと思っている(爆)。

 

い、いや!もちろんマカヒキを全力で応援する!

 

しかし、マカヒキもポストポンドもぶっ飛んだ場合の大穴ケツ神馬券もちょびっとだけ買っておこうかなーなんて思ったり思わなかったりしているのだ(モロ乗っかりのJRAに25%持って行かれるのは納得いかんが)。オッズを見てから決めるけどな。

 

今後の海外馬券のスタンダードはこれだな。

 

・日本馬は海外ブックメーカーで買う!

・海外馬はJRAで買う!

 

凱旋門賞は今年で終わるわけではない。暮れにはブリーダーズカップもあるし、香港だってある。来春にはまた多くの馬がドバイに行くであろう。今年はラニの活躍があったからアメリカに渡る馬も増えてくるかもしれん。その度毎にJRAのみで馬券を買うと・・・大損する人になってしまうぞ!

 

さーて、楽しみやナー!

 

マカヒキ頼むぜー!

 

 

マカヒキの馬券を買って応援しようぜ!

海外競馬サイドバナー

 

16万円の払い戻しがあったら、5万円を奥様に上げて、10万円でゴルフに10回行って、1万円は熊本地震で甚大な被害のあった南阿蘇村に寄付しようと思う。

 

【凱旋門賞2016予想】2016年10月2日、フランスのシャンティイ競馬場で行われる凱旋門賞に日本のダービー馬マカヒキが挑戦。今年こそ悲願なるか?JRAの馬券・オッズはどうなる?ブックメーカーの人気・オッズは?ポストポンド、ハーザンド、マインディング、ラクレッソニエールは?管理人はマカヒキの単勝・複勝の馬券を購入済み!

 

むっふっふ。

 

凱旋門賞に挑戦するダービー馬マカヒキであるが、

嬉しいことに至極順調のようである。

マカヒキ帰厩後初時計 凱旋門賞遠征の輸送経路が確定

 

マカヒキ凱旋門賞へ

 

鞍上は川田ではなくルメール

 

川田は無念だろうが、まあルメールはフランス出身でシャンティイのことは熟知しているだろうし、言葉の壁や環境の違いもあるだろうし・・・しゃーないやろな。いきなりフランスで結果出せ言われてもそれはそれで精神的にも肉体的にも難しいと思う。

 

しかし、ルメールが悪いってわけではないが・・・どうせならスミヨンかムーアかペリエかデットーリあたりは空いてなかったのだろうか?ルメールは勝負強さがイマイチというか、あと一押しが足りないような気がするんだよなあ。ハナ差で惜敗みたいなことになりそうな。

 

マカヒキ画像ハナ差

 

帯同馬はマイフリヴァ。8月19日に空路アムステルダム経由でフランス入り。前哨戦のニエル賞を使って凱旋門賞へ行く予定である。それから、今年の凱旋門賞は「ロンシャン競馬場」ではない。「シャンティイ競馬場」である。先日エイシンヒカリが10馬身差で圧勝したイスパーン賞の舞台であり、シャンティイの馬場はロンシャンより日本馬に向いている・・・という噂もあり、期待が膨らむばかりである。

 

ご存知のように、凱旋門賞は3歳馬が斤量面で有利。3歳牡馬は56kg、3歳牝馬は54.5kg。4歳以上牡馬は59.5kg。4歳以上牝馬は58kgである。3歳馬は3.5kgの斤量差があるのだ。ちなみに、日本の有馬記念やジャパンカップは3歳馬と古馬の差は2kg差。牡馬と牝馬の差は2kgである。

 

凱旋門賞過去20年勝ち馬

 

ご覧のとおり、過去20年の勝ち馬を見れば、20頭中15頭が3歳馬。さらに近年は牝馬優勢となっており、古馬牡馬にとっては鬼門のレースと言っていい。

 

ディープインパクトやオルフェーヴルが3歳時に挑戦していたら・・・と夢の中で逝ってしまいそうになるが、三冠との天秤は難しいよなあ。その点、マカヒキは皐月賞で負けて良かったのかもしれん。日本馬の力を世界に示して欲しい。

 

で、

 

現在の凱旋門賞オッズがどうなっているかというと、

 

■凱旋門賞2016オッズ(7月28日)

凱旋門賞2016オッズ7月27日

ウィリアム・ヒルより抜粋(オッズは変化するぜ!)

 

マカヒキは、5番人気13.0倍!

 

むふふ。

 

評価はされてるが、まだ・・・勝てるとは思われてないな!

 

人気になってるオッパイを見ていこう。

 

ムフフ

 

もとい、

 

人気になってる馬を見ていこう(笑)。

 

1番人気はPostponed(ポストポンド)。今年のドバイシーマクラシックでドゥラメンテを千切り捨てた馬として有名である。もう一回見てみるか。

 

 

強え・・・。

 

昨年のキングジョージから5連勝中であり、前走のコロネーションC(GⅠ)は4馬身差で圧勝。今年の凱旋門賞の大本命になるのも納得である。本命党であれば、この馬の5.5倍に賭けるのも良し。本番直前になれば3.0倍くらいまでオッズは下がると思う。

 

だけんどもしかし!

 

ポストポンドは5歳。先程も書いたが、凱旋門賞は古馬牡馬にとって鬼門のレースである。59.5kgを背負うのは決して楽ではない。

 

2番人気はHarzand(ハーザンド)。今年の英ダービー、愛ダービーを制した3歳馬である。緑の勝負服に注目。

 

英ダービー2016

 

これは英ダービーの直線動画であるが・・・並んでからの勝負根性ハンパなし。瞬発力・スタミナも文句なし。是非日本に輸入したいような血統であるが(笑)、マカヒキのライバルはこの馬なんじゃないかな?と思っている。この馬の7.0倍も非常に面白い。

 

3番人気はMinding(マインディング)。今年の英1000ギニー、英オークスを制した怖い怖い3歳牝馬である。紫の勝負服に注目。フラフラしながら・・・・

 

英オークス2016

 

ガリレオ産駒でいかにもパワーがありそうな感じ。鞍上ムーアってのも怖い。

 

4番人気のUSArmyRanger(ユーエスアーミーレンジャー)は、英ダービーでハーザンドの2着だった馬である。この馬も3歳であるからして、ニエル賞でマカヒキと激突するかもしれんな。

 

マカヒキと同じく5番人気のNewBay(ニューベイ)は昨年の仏ダービー馬で、昨年の凱旋門賞3着。ただ、今年緒戦はイスパーン賞で1番人気に押されるもエイシンヒカリに15馬身離された6着。どうなんだろね。

 

7番人気にAlmanzor(アルマンゾール)。今年の仏ダービーを制した3歳馬であるが、9番人気の人気薄だったこともあってあまり評価が高くないな。水色の勝負服に注目。

 

仏ダービー2016

 

これは仏ダービーの映像であるが、シャンティイのコースを知るのにちょうどいいな。

 

しかし、仏ダービー馬より仏オークス馬のLa Cressonniere(ラクレッソニエール)の方が怖いな。白い勝負服紫の帽子に注目。鞍上はクリスチャン・デムーロ。

 

仏オークス2016

 

ふぉおお。大外ブン回しで直線一気。この馬7戦7勝で未だ負けなし・・・ヴェルメイユ賞使ってくるかな?

 

あと、気になるのが、

今年のキングジョージを制したHighlandReel(ハイランドリール)。

 

キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークス2016

 

直線の動画しか見つからなかったのだが・・・この馬のことであるから逃げ切りであろう。凱旋門賞で逃げ切り・・・というのは全くイメージが沸かないが、鞍上はライアン・ムーア?マインディングとどっちに乗るんだろうな。怖い一頭だと思う。

 

というわけで、

 

マカヒキのライバル馬達も強力である。

 

特に、英ダービー馬のハーザンドと仏オークス馬のラクレッソニエールは怖い。

 

だけんどもしかし!

 

だけんどもしかし!

 

もう、欧州馬と日本馬のレベルの差なんてない!

 

そして、今回マカヒキは約1ヶ月半の長期滞在である!毎年のように凱旋門賞に挑戦してきたことで、そのノウハウ・経験も蓄積されているのだ(ブッツケより前哨戦を1回叩いた方がいい!)。後は・・・

 

シャンティイの馬場がマカヒキに合うかどうか?

 

この点、マカヒキは洋芝も道悪の経験もないのでよく分からんが、母父がフレンチデピュティなだけに、重い芝はむしろ得意だと思う。

 

順調に行けば、ニエル賞でハーザンド、アルマンゾールあたりと激突?そこでの結果次第であるが、もしニエル賞を圧勝するようなら一気に本命候補となるだろう(惨敗すれば人気急落する)。

 

思い切って、

 

オッパイに飛び込む勢いで、

 

ムフフ2

 

マカヒキの馬券を買って応援だ!

 

ブックメーカーのオッズは、

購入時のオッズが払い戻しのオッズ。

 

出走するかしないかも賭けの内であるため、

現時点でマカヒキの馬券を買うのはハイリスクである。

 

しかしGカップリターンでもある。

 

現時点で80ドル分のマカヒキ馬券を買っているが・・・

 

凱旋門賞2016マカヒキ馬券1

 

マカヒキの単勝(17.0倍の時に購入)に60ドル。

マカヒキの単複に10ドルずつ(複勝は4.2倍やね)。

※EW(EachWay)は単複馬券である。

 

マカヒキが勝てば1232ドル(約13万円)。

マカヒキが2~3着なら42ドル(約4500円)。

 

うーむ。もう少し複勝を厚くしておくか。

 

凱旋門賞2016マカヒキ追加馬券1

 

マカヒキの単複を20ドルずつ追加。

 

これで、

マカヒキが勝てば1560ドル(約16.4万円)。

マカヒキが2~3着で110ドル(約1.1万円)。

 

マカヒキが2~3着だとほぼチャラ(保険)。

 

勝てば・・・

 

ズキューン!

 

ズキューン!

 

はっは。

 

マカヒキが勝ったらオッパブ連チャンからの◯☓△直行ですな!

 

これで猛烈ア太郎でマカヒキを応援出来るぜ!

 

(ニエル賞が終わった後に、もうちょい馬券足すかな!)

 

がんばれー!マカヒキ!

 

マカヒキ画像4

 

そういえば、

 

JRAで凱旋門賞の馬券が買える話はどうなってるんだろうね?

どっちにしろ、JRAで販売されればマカヒキに人気が一点集中するわけで、

 

・マカヒキの馬券を買うなら、海外ブックメーカー

・外国馬の馬券を買うなら、JRA

 

という風に馬券を分けないと・・・痛い目に遭うぞ!今回の凱旋門賞で言えば、おそらくJRAのマカヒキの単勝オッズは3~5倍になると思う。逆に、マカヒキが負けることを想定し(明らかに過剰人気になるからね)、ハーザンドやラクレッソニエールの馬券をJRAで買うのがお得だ!

 

これは、今後の海外レース全てで当てはまることである。

 

競馬通ならアカウントを一つ持っておくべし。

 

ブックメーカーはオリンピックの各種競技にベットすることも出来るぞ!

海外競馬サイドバナー

 

 

【日本ダービー(東京優駿)2016回顧】2013年生まれのサラブレッド6913頭の頂点に立ったのは川田騎乗のマカヒキ!サトノダイヤモンドとの激戦を制し、ダービー馬となった。さて、マカヒキは今後菊花賞に向かうのか?それとも天皇賞秋?いや・・・凱旋門賞か?個人的には是非凱旋門賞に行って欲しい!馬券を購入するなら今がチャンス?

 

マカヒキ、

戦国ダービーを制す!

 

日本ダービー2016マカヒキ13

 

マカヒキ強かったなー!

サトノダイヤモンドもいい競馬したわー!

 

馬券的には・・・

ケツ馬券師の浅次郎にゃドモナラズ!

 

ドモナラズバナー

 

軸にしたマイネルハニーは直線ズブズブで16着(涙)。

ハニートラップに引っ掛かった前目の馬は全滅(笑)。

ま、しかしよく逃げたよ大ちゃん。

 

しかし、金子オーナーすげえな。

 

ダービー3勝目?

 

リアルダビスタだよ。

 

簡単に回顧する。

 

■日本ダービー2016結果、着順

日本ダービー2016結果、着順

結果的に、前に行った馬は全滅。

日本ダービー2016払い戻し

netkeibaより抜粋

 

複勝はサトノダイヤモンドが1番人気だったんだな。あと馬連もこの組み合わせが1番人気。みんな馬券がウマイわ。

 

■日本ダービー2016映像

レース後の騎手コメント

 

■日本ダービー2016回顧

良いレースであった。史上最高のダービー・・・かどうかは分からんが(ダービー馬のインパクトという点では去年のドゥラメンテの方があったと思うが)、好メンバーが揃ったハイレベルな一戦だったのは間違いないだろう。まあ、人気馬が人気通りの実力を見せた一戦であるからして、穴党からするとドモナラズなダービーだったのだが(笑)。

 

さて、

 

逃げたのは予想通りマイネルハニー。

 

日本ダービー2016スタート

 

好スタートから内枠を利してほぼ馬なりのまま前へ。ディーマジェスティ、マカヒキ、エアスピネル、サトノダイヤモンドも好スタート。外枠各馬は比較的出が良くなく、注目していたリオンディーズは後ろからになった。

 

ディーマジェスティが控えたため、

マカヒキは労せずして内の絶好ポジを確保。

 

日本ダービー2016スタート2

 

マカヒキも後ろから・・・という選択もあったろうが、川田は今回ある程度ポジションを取るつもりだったな。Cコースのダービーで後方一気は難しい。内枠だったし、理想的なポジションで進められたのではなかろうか。

 

運よくぽっかり内が開いたサトノダイヤモンド。理想的な形で内に寄せて行き・・・マカヒキと同じポジションの外目をキープ。ディーマジェスティはその後ろ。しかもインベタではなく真ん中。結果論であるが・・・上位3頭が使った上がりはほとんど同じ(マカヒキ33.3、サトノダイヤモンド33.4、ディーマエスティ33.3)であるからして・・・ディーマジェスティの敗因を上げるならこの位置取りだったのかもしれん。

 

日本ダービー2016_1コーナー

 

先頭はマイネルハニー、番手にプロフェット、アグネスフォルテ。離れた4番手にプロディガルサン、それからエアスピネル。ちょいと離れてアジュールローズ。

 

そして中団前目、7番手にサトノダイヤモンドとマカヒキ。続いてヴァンキッシュランとディーマジェスティ。中団後方にロードクエスト、スマートオーディン、レインボーライン。

 

後方集団にイモータル、レッドエルディスト、リオンディーズ、マウントロブソン。最後方がブレイブスマッシュ。リオンディーズが後ろからってのはまだ想像出来たが、マウントロブソンのこの位置はちょっと想定外だったな。

 

日本ダービー2016_向こう正面

 

ご覧の通り馬群はかなり縦長となった。先頭を行くマイネルハニーから7番手のサトノダイヤモンドまで約12馬身(後方まではさらに10馬身以上)。ペースは1000m通過60.0の平均やや速めであったが、

 

日本ダービー2016ラップタイム

 

サトノダイヤモンド、マカヒキは1000mを62秒前後で通過しているわけで、

 

日本ダービー2016_向こう正面2

 

脚が溜まる絶妙のペース配分であったと思う。

(ルメールが横にいて川田は助かったのでは)

 

さらに、向こう正面の登りでガクンとペースが落ち、

12.9-13.1と全体的に息が入る流れに。

 

日本ダービー2016ラップタイム

 

あと2Fペースが緩めば先行馬ももう少し頑張れたかもしれんが、

 

残り1000mからアグネスフォルテが動いたことで、

また激流になってしまう。

 

競走馬が全力で走れる限界は「600m」と言われており(時々例外的な馬もいるけど。笑)、こうなると前の馬は苦しいわな。距離的な適正もあったのかもしれんが。

 

結果的に、離れた中団で脚を溜めた馬たちによる・・・

 

瞬発力勝負に。

 

日本ダービー2016_向こう正面4

残り600m!黒い帽子がマカヒキ、外の青い帽子がサトノダイヤモンド。マカヒキ、外へ出せるか?

 

日本ダービー2016_残り400

残り400m!マイネルハニーの見せ場はここまで(ズコー!)。

 

マカヒキ川田はここでまだゴーサインを出していない。前のエアスピネルが邪魔、そして外のサトノダイヤモンドにフタをされつつあったのだ!パトロールビデオを見ると分かるが・・・かなり厳しい状態だったのが分かる。

 

しかし!

 

狭い所をこじ開け、

追い出してからのマカヒキの瞬発力は凄まじかった。

 

あっという間にエアスピネルを交わし、先頭へ!

 

日本ダービー2016_残り100

 

再びしかし!

 

一旦突き放したかに見えた・・・

サトノダイヤモンドが猛追してくるではないか!

 

日本ダービー2016マカヒキ11

 

追いすがるサトノダイヤモンドと激しい叩き合い!

 

日本ダービー2016マカヒキ1

 

うおおお!

 

日本ダービー2016マカヒキ2

 

マカヒキももう一回伸びて並んだ所がゴール。

 

日本ダービー2016マカヒキ7

 

ハナ差でマカヒキ!

 

日本ダービー2016マカヒキ6

 

日本ダービー2016マカヒキ12

 

どっちが勝った?

 

日本ダービー2016マカヒキ4

 

並走しながら握手。

 

本人達は分かってたのかな?

 

日本ダービー2016マカヒキ3

電光掲示板に3が点った瞬間。感動的であった。おめでとう川田。

 

日本ダービー2016川田涙

川田男泣き。色々とケチつけてゴメン(笑)。

 

日本ダービー2016マカヒキ9

 

日本ダービー2016マカヒキ13

 

日本ダービー2016マカヒキ10

 

日本ダービー2016マカヒキ14

 

日本ダービー2016マカヒキ8

有村架純ちゃんかわいい(デロデロ)。

 

いやー良いレースであった。

 

馬券はパーであったが、清々しい馬券パー。

 

スガパー。

 

川田もルメールも今回完璧な騎乗でのガチンコ勝負。勝ち負けは時の運であり、能力的には甲乙付けがたいと思う。しかし、運を持ってるのが金子オーナーで、運がないのが里見オーナーなのであろうか。このハナ差は馬にとってはわずかな差であるが、陣営にとっては遙かなるハナ差である。サトノの呪いはいつまで・・・。

 

3着のディーマジェスティ蛯名は「伸びてはいますが、ゴール前で寄られてしまいました。そこで脚が鈍ってしまいました。競馬はいい形で出来ました。運がなかったです」とコメントしているな。パトロールビデオを見ると・・・マカヒキに一旦交わされた後、サトノダイヤモンドは外に膨らんでいる。そこにいたのがディーマジェスティで・・・外々に追いやられているのが分かる。ま、それが無かったとしても着順が入れ替わったとは思えんが、真っ直ぐ追えていたらもう少し際どい勝負になっていたかもしれない。それよりも位置取りが応えたと思う。あそこから勝つには上がり33.1が必要だった。

 

4着のエアスピネルはマカヒキ、サトノダイヤモンドの一段前で最高の競馬をした。最後伸びを欠いたのは距離か・・・底力が足りなかったか・・・・。ちょっと気に食わんのが3頭に交わされた後の鞍上武豊。ゴール前はもう追ってなかったが・・・最後まで懸命に追って欲しいと思う。

 

5着リオンディーズは後方待機から4コーナーイン突き!・・・から、馬場の真ん中に出して凄まじい脚を繰り出したが(上がり最速の33.2)、あの位置からは届かないのがダービー。最後の100mで伸びが止まったのは距離か?それともミルコが言っていた「引っ掛かりました」のが原因か?素人目にはそうは見えなかったけど(笑)。

 

引っ掛かったといえば、ロードクエストはかなり引っ掛かってるように見えたが、最後まで崩れずに走った。池添だったらどう乗っただろうね?しかし最近の岩田はちょっと買いにくいな。

 

6着スマートオーディンもギリギリまで追い出しを我慢し、いい脚を繰り出したが・・・残り100mで力尽きた。現状これが精一杯。いい競馬だったと思う。

 

7着マウントロブソンは致命的な出遅れ。さらに右の鐙が外れかかったのか、ベリー騎手が右手で鐙を直している様子が伺える。そのまま後方待機で4コーナーはイン突き。全く勝負とは関係なかったが、上位に次ぐ上がり5位の33.5でグイグイと伸びて7着入線。東京でもやれることが分かった。でも、やっぱり瞬発力勝負じゃ分が悪い。秋はセントライト記念が面白いかな。

 

8着レインボーラインもよく頑張ったよな。ただ、現状でこのメンバーで東京2400だと実力差があったと思う。でも、今後の成長次第で中距離もこなせると思うぞ。

 

人気の一角ヴァンキッシュランは見せ場なくズブズブの13着。青葉賞で見せた末脚は発揮されぬまま。調子がイマイチだったのか、これが実力なのか・・・実は今年の青葉賞組はレベルが低かった?というオチなのかもしれん。

 

さて、

 

色々とまだ書きたいことはあるのだが、

 

大事なことに触れておこう。

 

そう、

 

マカヒキの今後である。

 

日本ダービー2016マカヒキ13

 

凱旋門賞に行くのか?否か?

 

これだ!

 

マカヒキのオーナーは最強馬主の金子氏。金は腐るほど持ってる(イメージ)はずで、何より欲しいのは名誉であろう。凱旋門賞は父ディープインパクトで散った思いもあるはず。生産はノーザンFであるからして、海外遠征のノウハウは豊富。皐月賞で負けてるからして3冠の期待もない。さらに言えば、長距離血統ではないから菊花賞向きではない。

 

御存知の通り、凱旋門賞は3歳に有利な斤量であり、チャレンジするのは3歳秋がベスト!これは間違いない!そして、マカヒキはすでに凱旋門賞に登録している!

 

凱旋門賞2016日本の登録馬

 

金子オーナーはマカヒキだけじゃなく、マウントロブソンまで登録しているのだ。

 

もう行く気満々ではないか!

 

あ、マウントロブソンは帯同馬として連れて行くことも考えられるな。凱旋門賞はラビット的な馬も出走できる(どういうルールかは分からんが)わけで、そういう意味での登録なのかもしれん。

 

もちろん、ダービー勝利が条件だったであろうけど、

 

これで堂々日本のダービー馬として

凱旋門賞に行くことが出来る!

 

後は怪我さえなければ!というところだが、現状元気一杯でノーザンF天栄に放牧に出されたんだそうな。→マカヒキはレース後も元気な様子 NF天栄に放牧へ

 

で、友道調教師はレース後「凱旋門賞も選択肢の一つ」と発言している。

 

「近年稀に見る強い世代のダービーで勝てましたので、これからまた、さらに強いマカヒキになってほしいと思いますね。凱旋門賞にも登録しましたし、選択肢の1つです。斤量差もありますし、輸送してもテンションが上がる馬ではないですからね、十分チャンスがあるんじゃないかと思っています」

 

これは・・・もう行くだろ!

 

さらに・・・今年の凱旋門賞はロンシャン競馬場ではなくシャンティイ競馬場。そう・・・先日イスパーン賞でエイシンヒカリが10馬身差の圧勝を演じた競馬場である。この競馬場は、日本馬に向く・・・という話なのだ!→【日本ダービー】マカヒキの「勝因」と「凱旋門賞の期待度」

 

こりゃもう・・・行くしかないだろ!

 

ってわけで、

 

ブックメーカーのマカヒキのオッズを確認!

 

■凱旋門賞2016オッズ(ダービー後)

凱旋門賞2016マカヒキオッズ

ウィリアムヒルより抜粋

 

まだ、英愛仏独のダービー馬が決まってないのもあるが・・・

マカヒキのオッズは17.0倍!

完全に伏兵扱いである。

 

しかしこの「ダービーの結果」と「凱旋門賞出走」のニュースが流れれば・・

マカヒキ凱旋門賞挑戦決定!

 

オッズは激的に下がる!

これはハープスターの時に経験済み!

 

今がチャンス!

 

もちろん、今の時点で購入するのはリスクがあるが・・・

(ブックメーカーは出走するかどうかも賭けの対象である)

 

それ以上にメリットがある!

(ブックメーカーは賭けた時のオッズが払い戻しオッズである)

 

凱旋門賞2016マカヒキ17倍にベット

とりあえず、マカヒキの単勝を20ドル購入。

 

凱旋門賞2016マカヒキ17倍にベット2

さらにマカヒキの単複(EW)を10ドルずつ購入。

 

マカヒキ単勝:30ドル(17.0倍)

マカヒキ複勝:10ドル(4.2倍)

 

マカヒキが凱旋門賞に勝てば552ドル(約6万円)。

 

という正真正銘の夢馬券である。

 

ドゥラメンテも凱旋門賞に行くことになれば、

日本最強タッグでの殴りこみ。

え?もしかしてエイシンヒカリもある?

 

凱旋門賞楽しみだぜー!

 

海外馬券の買い方

海外競馬サイドバナー

 

・・・

 

というわけで、競馬をやっていると楽しみが尽きない。

 

もちろん、楽しんだ上に儲けたいが(笑)、

競馬の目的は

「金儲け」ではなく、

「人生を楽しむため」である。

(金儲けがしたいのであれば、他の方法を取った方がいい)

 

私の棺桶には

著書「浅次郎のどんぶり馬券術」と

サイレンススズカ人形を入れてもらう予定である(笑)。

 

サイレンススズカ

 

え?

 

「浅次郎のどんぶり馬券術」?

 

そんな本あるのかって?

 

そんなもんは・・・・

 

ない!

 

今は!

 

出版社から話が来ないかなー!

(もうちょっと馬券当ててから言え!)

 

あ!

 

来週のサザエさん面白そう!

 

ワカメオナニー見られる

 

見たくないわっ!

 

せめて、

 

まる子に!

 

(それも嫌だ!)

 

 

【凱旋門賞2016予想】2016年10月2日、フランスのシャンティイ競馬場にて凱旋門賞が行われる。今年の日本馬はドゥラメンテを筆頭にディーマジェスティ、マカヒキ、サトノダイヤモンドらが登録(おそらくダービー勝利が条件)。今年こそ日本馬による凱旋門賞制覇なるか?人気、オッズは?馬券購入するなら今がチャンス?

 

クラシックたけなわであるが、

 

今年の凱旋門賞が・・・熱いっ!

 

修造より、

 

熱い!

 

熱いっ2

 

アミバより、

 

熱いっ!

 

アミバより熱い!

 

熱湯風呂より、

 

熱い!

 

熱湯風呂

 

熱湯風呂は熱くねーか(笑)。

 

 

日本の登録馬はこうである!

 

凱旋門賞2016日本の登録馬

JRA発表より抜粋

 

ドゥラメンテ以外の古馬(サトノノブレス、サトノラーゼン、タッチングスピーチ、トーセンビクトリー、ワンアンドオンリー)は宝塚記念での1着が条件だろう。ドゥラメンテは2~3着でも内容によってはOK出るかもしれん。

※ドゥラメンテは宝塚記念2着後に靭帯損傷を発症。引退が発表された。

 

3歳馬(ディーマジェスティ、マカヒキ、サトノダイヤモンド、マウントロブソン、ヴァンキッシュラン)はダービーでの好走(1着、内容によっては2着)が条件であろうから、

 

ハイレベルダービーはマカヒキが制覇(ダービー2016回顧)!マカヒキのオーナーはディープインパクトと同じ金子ーオーナーだけに・・・凱旋門賞チャレンジ間違いなしか?→ダービー馬マカヒキ「凱旋門賞」挑戦決定!鞍上は「現地のジョッキーで調整中」

 

ま、行くとしてもこの中で2頭、多くても3頭であろう。

 

ドゥラメンテに期待がかかるのは当然だとして、

今年の日本代表はマカヒキ!

 

日本ダービー2016マカヒキ6

 

日本ダービー2016マカヒキ3

日本ダービー2016マカヒキ13

※凱旋門賞の鞍上はルメール騎手だと発表された。

 

そして、今年の凱旋門賞は・・・

ロンシャン競馬場ではなく、日本馬に合いそうなシャンティイ競馬場!

【日本ダービー】マカヒキの「勝因」と「凱旋門賞の期待度」

 

長年の競馬ファンの夢が、

 

今年叶うかもしれん!

 

あの、

 

口惜しさが、

 

凱旋門賞オルフェーヴル1

 

今年晴れるかもしれん!

 

・・・

 

さて、

 

現時点での凱旋門賞のオッズがどうなっているかというと・・・

 

■凱旋門賞2016オッズ(5月29日、ダービー終了後現在)

凱旋門賞2016マカヒキオッズ

ウィリアム・ヒルより抜粋

 

エイシンヒカリ、ドゥラメンテが、2番人気 9.0倍

マカヒキが、6番人気 17.0倍

 

※エイシンヒカリがイスパーン賞を10馬身差で圧勝したため、ブックメーカーはエイシンヒカリを凱旋門賞にピックアップ。しかし、現時点では凱旋門賞に登録されていない。

 

となっている。他の日本馬のオッズはまだない。ちなみに、ブックメーカーのオッズはベットした時のオッズが払い戻しオッズであり、「出走するかどうか?」も賭けの対象であるため、出走しなかったからといって賭け金が戻ってくることはない。なので、今、ベットするのは非常にデンジャラスであるが、オッズ的には美味しい・・・ということになる(出走が確定するとオッズは下がる)。

 

仮に、ドゥラメンテが宝塚記念を圧勝して凱旋門賞出走を発表したとすると、その時点で大きくオッズは下がる。同じく、マカヒキが凱旋門賞に出走表明すれば、これまた大きくオッズは下がる。

 

この2頭を買うのであれば、今が一番オッズ的に美味しいのは間違いない。

 

(か、買っとくべきか・・・。笑)

 

しかし・・・ブックメーカーのハンデキャッパーは「3歳の中ではマカヒキ」と思ってるんやね~。凱旋門賞は斤量的に3歳馬が有利。そしてマカヒキはおそらく菊花賞向きではない。3冠の期待もない。オーナーはディープインパクトで凱旋門賞に挑戦した金子氏。リベンジするき満々だろう。高い確率で凱旋門賞挑戦するのではなかろうか?

 

大将格はもちろんドゥラメンテ(※宝塚記念後引退)。ドバイシーマクラシックはPostponed(ポストポンド)に敗れはしたが、骨折明けの2戦目で初の海外遠征。そしてレース中の落鉄・・・上々の結果だと見ていいだろう。

 

 

そして、ドゥラメンテを負かした・・・このポストポンドが現在の凱旋門賞で1番人気なのである。もし落鉄の影響が無かったなら・・・勝てたんじゃね?なんてことは言わない。個人的に落鉄の影響がなくても分が悪かったのではないかと思っている。そのくらい、この時のポストポンドは強かったし、ドゥラメンテは最後苦しくなっていた。ポストポンドは昨年のキングジョージ馬。今後のローテ・成績次第では大本命(単勝3~4倍)になる可能性もあり・・・この馬も今が買いなのかもしれん。

 

それから、先ほども書いたが凱旋門賞は3歳馬が斤量的に有利である。記憶に新しいが、昨年の勝ち馬ゴールデンホーンは英ダービー馬である(昨年引退)。そのゴールデンホーン不在、トレヴもいない・・・のであれば、今年の凱旋門賞の中心的存在は欧州3歳馬になる可能性が高い。今年の英クラシック、仏クラシック、愛クラシック、独クラシックの結果は非常に興味深いな。

 

・・・そのゴールデンホーンを引退レースのブリーダーズCターフで負かしたのが、現在3番人気に押されているFound(ファウンド)。ずっとゴールデンホーンの影に隠れていたが、成長力次第では凱旋門賞の主役になり得る。この馬も今後のローテ、戦績要注意の一頭だ。それから4番人気に押されているNewBay(ニューベイ)は昨年の仏ダービー馬で凱旋門賞3着馬。これも強敵である。Minding(マインディング)は3歳牝馬で英1000ギニー(日本でいう桜花賞)を圧勝した馬である。オークスを勝てば・・・堂々と凱旋門賞に出てくるだろう。

 

さて、

 

凱旋門賞の馬券であるが、

 

マカヒキがダービーを勝った直後に購入!

 

凱旋門賞2016マカヒキ17倍にベット

マカヒキの単勝に20ドル。

 

凱旋門賞2016マカヒキ17倍にベット2

マカヒキの単複に10ドルずつ。

 

さらに、

マカヒキの凱旋門賞挑戦が決まった直後に追加購入!

 

凱旋門賞2016マカヒキ17倍にベット3

マカヒキの単勝に40ドル追加。

 

マカヒキの単勝:計70ドル(17.0倍)

マカヒキの複勝:計10ドル(4.2倍)

 

マカヒキが凱旋門賞を勝てば1232ドル(約13.5万円)!

 

海外競馬の馬券を買いたい方はこちらを参考に。

海外競馬サイドバナー

 

もちろん、

 

さらに追加で購入するつもりだぜ!

 

早めに買うとオッズ的には美味しいが、

「出走できなかった」場合のリスクがデカイけんな。

とりあえずこのくらいにしておく。

 

・・・

 

「秋にはJRAで海外馬券が買えるようになるんでしょ?必要なくね?」

 

と思われる方も多いだろうが、

 

これはギャンブラー失格思考である。JRAのオッズは「売上比例式」である。つまり売れた分だけオッズも下がる。日本の競馬ならそれで良かろうが、海外競馬だとどうなると思う?間違いなく、出走する日本馬に人気が集まる。例えばの話、ドゥラメンテやマカヒキに人気が集まる。どうやったってそうなる。しかし海外のブックメーカーは公平である。いや、むしろ欧州の馬贔屓で日本馬のオッズは甘くなる。つまり・・・日本馬を買う場合、海外のブックメーカーで買った方が断然有利なのである(逆に海外馬を買いたい場合はJRAを利用した方がいい)。

 

「海外ブックメーカーって大丈夫なの?」

 

海外ブックメーカーの利用は確かに法的にグレーである。インターネットの普及がこれを可能にしたわけだが、これを罰する法律は今のところ存在しない(私はもう数年使っているし、罰せられたという話は聞かない)。そしてグローバル化、カジノ法案・・・という流れの中、これらを規制強化するような流れにはなるまい。あるとすれば「違法営業」している胴元の排除であり、浅次郎が使っているウィリアムヒルは英政府公認の上場企業であるからして日本が文句を言えるはずもない(笑)。

 

アカウントを一つ持っておけば、サッカーや野球やテニスやゴルフ・・・オリンピックやワールドカップにだってベットできるようになるぜ!先日、奇跡のプレミアリーグ優勝を果たした岡崎のレスターなんて・・・5000倍の超々大穴だったのだ!

レスター優勝1

レスター優勝2

応援で10ドルでも賭けときゃ、1年間ドキドキして楽しんだ上に・・・5万ドル。550万円である。岡崎ファンの浅次郎がこれを逃すとは・・・痛恨の極みである(香川のドルトムントには10ドル賭けていた。まさかレスターが・・・笑)

 

人生は楽しむためにある。

 

1ドルだって2ドルだってお金を賭けてスポーツを観戦すれば、

 

楽しさ10倍なのである。

 

ブックメーカーのアカウントを一つ持っておくといいぞ。

 

 

【凱旋門賞2015予想】2015年10月4日、日本時間22時55分・・・フランスのロンシャンで凱旋門賞が行われる。今年は日本馬の参戦がなく寂しい限りだが、欧州一を賭けた戦いは見どころ満載である。怪物牝馬トレヴの3連覇なるか?英仏愛のダービー馬達による世代交代か?それとも古豪フリントシャーの逆襲か・・・枠順、出馬表。

 

今週日曜は凱旋門賞だ。

 

日本馬が出走しないんで民放では中継せんみたいやな。

グリーンチャンネルで22:30~23:30に放送。

詳しくはこちら→凱旋門賞2015中継

 

お、凱旋門賞の出馬表も出たぞ!

 

■凱旋門賞2015枠順・出馬表

凱旋門賞2015枠順決定

JRAホームページより抜粋。

 

んで、これが多分最終オッズ。

 

■凱旋門賞2015最終オッズ(10月1日現在)

凱旋門賞2015オッズ10月1日

ウィリアム・ヒルより抜粋

 

1番人気は、空前の大記録、凱旋門賞3連覇が掛かる・・・

トレヴ、2.0倍!

 

今回の凱旋門賞はトレヴを買うか買わないか?

というレースになるかもしれん。

 

去年と違って今年は3戦無敗、前哨戦のヴェルメイユ賞も圧勝!

・・・と至極順調に来ているし、

そもそもが規格外の怪物牝馬である。

単勝2.0倍も納得のオッズではなかろうか。

 

だけんどもしかし!

 

競馬に絶対はないのであり、

この馬・・・負ける時は結構アッサリの馬である。

昨年はプリンスオブウェールズSで3着に負けてるし、

ヴェルメイユ賞では4着に負けてるのだ。

 

というわけで、

来たらゴメンナサイでぶった斬り。

 

次に続くのが

英ダービー馬のゴールデンホーン、5.5倍。

仏ダービー馬のニューベイ、6.0倍。

愛ダービー馬のジャックホブスが13.0倍である。

 

ジャックホブスは英ダービーでゴールデンホーンに惨敗しているが、

ゴールデンホーンとニューベイはもちろん初対戦である。

 

ま、凱旋門賞は斤量の関係もあって3歳馬に有利なのであるが・・・

 

古馬に通じるかどうかは分からん!

 

のである。イメージで言えば、天皇賞秋もしくはジャパンカップにて、古馬58kgに対して3歳馬54.5kgで挑むような感じ。確かに有利に映るが(日本の場合、古馬と3歳馬の斤量差は大概2kg差なので)、それも能力があっての話である。

 

どんなにドゥラメンテが抜けて強くても、

超一流古馬に通用するかは、

走ってみらんと分からんのである。

(個人的にドゥラメンテは通用すると思ってるけどね笑)

 

で、当然、今年のダービー馬達も古馬に・・・トレヴに通用するか分からん。

オッズも低いし買う気にはなれんわけだ。

 

じゃあ、どの馬を狙うかというと・・・

昨年の凱旋門賞2着馬、フリントシャーである。

 

凱旋門賞2014映像(ピンクの帽子、緑の勝負服がフリントシャー)

 

確かに昨年のトレヴは強かった。

あっという間に突き抜け、セーフティリードを保ってゴール。。

 

しかしゴール前トレヴに襲いかかり差を詰めた馬がいる。

 

そう、フリントシャーだ。

 

去年の凱旋門賞で言えば、

トレヴに最も近づいたのはこの馬なのである。

 

そしてその後、

アメリカ最高峰のブリーダーズCで2着

香港ヴァーズで1着

ドバイシーマクラシックで2着

サンクルー大賞ではトレヴの2着であった。

 

成績を見れば超一流。

こんな馬が日本に居れば大ヒーローであろう。

(しかしなぜか欧州では評価されてない?)

 

確かにトレヴは強い。

フリントシャーとてトレヴには負けっぱなしである。

 

しかし、もし逆転出来る可能性があるのなら、

若き3歳馬たちではなく、

この馬のような気がするのだ・・・。

 

というわけで、

 

フリントシャーの馬券をすでに買っているのだが(笑)、

 

フリントシャーの凱旋門賞馬券

 

フリントシャーの単勝、複勝に40ドルずつ。

フリントシャーが勝てば1064ドル(約127,600円)。

2~3着なら204ドル(約25,000円)

 

最後に追加じゃー!

 

凱旋門賞2015馬券追加

 

追加でフリントシャーの単勝に20ドル。

これでフリントシャーが勝てば1484ドル(178,000円)。

 

それから気になる大穴馬・・・ドルニヤの単複に10ドルずつ。

ドルニヤが勝てば416ドル。2~3着なら76ドル。

この馬、昨年の凱旋門賞5着馬で、

今年のドバイシーマクラシック勝ち馬。あるかもあるかも・・・。

 

フリントシャーが勝ったらドライバー買おうっと(笑)。

 

がんばれ!フリントシャー!

エリート共に負けんなよぉぉぉ!

 

フリントシャー香港ヴァーズ

 

あ、10月5日からテニスの楽天オープンも始まるな!

当然、錦織圭の連覇に賭けるぜー!

 

海外馬券やワールドスポーツを楽しみたい方は是非~!

海外競馬サイドバナー

 

凱旋門賞の馬券の締め切りは10月2日~3日だと思うぜ~。

買いたい人はお早めに。

 

【凱旋門賞2015予想】今年の凱旋門賞(2015年10月4日発走)は日本馬の挑戦がなく寂しい限りであるが、意外と馬券的に面白いのである。日本馬がいると応援馬券になってしまいがちであるが(それはそれで良いのだが笑)、今年は冷静に・・・いやクレイジーに凱旋門賞を予想したいと思う。

 

凱旋門賞2連覇中の怪物牝馬トレヴが、

 

トレヴ、ヴェルメイユ賞2015圧勝

 

前哨戦のヴェルメイユ賞を

 

圧勝した。

 

ワイン色の帽子がトレヴである。

 

トレヴ、ヴェルメイユ賞を圧勝!

 

まじか・・・

 

加速してからの脚は、

まるで回転数が違うエンジンを積んでるかのよう。

(実際、脚の回転が速く見える)

 

ほぼ馬なりのまま、

ちょっと仕掛けられただけで

ぶっ千切って見せた。

 

ヴェルメイユ賞は牝馬限定のレースであるが・・・

トレヴの状態は間違いなくいい。

(今年は無敗の3戦全勝)

 

このままの調子で本番を迎えれば、

凱旋門賞3連覇という大偉業も夢ではあるまい・・・

 

で、

 

ブックメーカーのオッズがどうなったかというと、

 

■凱旋門賞2015オッズ(2015年9月17日現在)

凱旋門賞2015オッズ9月17日

ウィリアム・ヒルの凱旋門賞オッズより抜粋

 

なんと・・・

 

トレヴのオッズは1.8倍!

 

ちなみに、

一ヶ月前のオッズがこれである。

 

■凱旋門賞2015オッズ(8月20日)

凱旋門賞2015オッズ8月

 

一ヶ月前のトレヴのオッズは2.75倍だったのだ。

 

もしかして・・・2.75倍でも美味しいオッズだったんかもしれん。

 

※ブックメーカーの払戻しは、購入した時のオッズで払い戻される。つまり、購入した時のオッズが購入者にとって最終オッズなのである。

 

オルフェーヴルを5馬身千切った怪物牝馬が、

絶好調で本番に向かう。

これはしかしレースとしては最高に盛り上がるな!

 

んで、その怪物トレヴを追いかけるのが、今年の欧州ダービー馬達である。

 

・仏ダービー馬のニューベイ

・英ダービー馬のゴールデンホーン

・愛ダービー馬のジャックホブス

 

あれ、独ダービー馬はおらんのかいな?

ま、いいや。

 

仏ダービー馬のニューベイ(NewBay)は、秋初戦のニエル賞(3歳牡馬のための凱旋門賞ステップレース)を2馬身半差で圧勝。斤量有利な3歳馬であり(古馬牡馬59.5kg、古馬牝馬58kg、3歳牡馬56kg、3歳牝馬54.5kg)、地元フランスのダービー馬であるからして、現在2番人気に押されている。

 

続くのが英ダービー馬のゴールデンホーン(GoldenHorn)。鞍上はご存知ランフランコ・デットーリ。無敗で英ダービーを制し、古馬混同のエクリプスSも圧勝。8月の時点では打倒トレヴの一番手、2番人気に支持されていたが、英国際Sで無名のアラビアンクイーンに惜敗。9月の愛チャンピオンSは1番人気に応えて勝ったが、ちょっと評価が落ちてる感じ。

 

ゴールデンホーンと並んで評価されてるのが、愛ダービー馬のジャックホブス。2回の敗戦はいずれもゴールデンホーンに決定的な差をつけられているが、秋初戦のGⅢを圧勝して本番へ。この夏の成長が鍵を握る。

 

以下、Found、FreeEagleと続くわけだが・・・

この辺は正直よく分からん成績だし、パッとしない。

(ゴールデンホーンが勝った愛チャンピオンSで2着、3着)

 

それよりも!

 

フリントシャー(Flintshire)に注目してるのだ。

 

フロントシャー画像1

 

昨年の凱旋門賞2着馬(トレヴには千切られたが)。

その後、

ブリーダーズCではメインシークエンスの2着。

香港ヴァーズで1着。

ドバイシーマクラシックで2着(ワンアンドオンリーが3着だったレース)。

コロネーションCで3着の後、

サンクルー大賞でトレヴの2着。

秋初戦のソードダンサーSを圧勝してココへ。

 

たしかに、

 

たしかにトレヴには完敗ばかりである(笑)。

しかし、他の3歳馬とは初対戦なのであり、

戦績を見る限り、

 

フリントシャーは世界的な超一流馬である。

 

凱旋門賞2着、ブリーダーズC2着、ドバイSC2着、香港ヴァーズ1着。

これはここ1年の成績だぞ?

フランスでもアメリカでもドバイでも香港でも走るタフガイ。

 

今回も3着以内なら十分!

 

いや、トレヴがコケた時・・・

勝つのはこの馬なんじゃね?

 

というわけで、

 

すでにフリントシャーの単複に20ドルずつ

凱旋門賞馬券を購入済であるが、

 

オッズが17倍→26倍に上がっとるやないけ!

 

これは・・・追加で購入だ!

 

凱旋門賞2015馬券フリントシャーの単複

 

追加でフリントシャーの単複に20ドルずつ。

※EW(EachWay)=単複

この場合、単勝が26.0倍、複勝が6.0倍である。

 

これで・・・前回購入した馬券と合わせて、

フリントシャーの単勝に40ドル、複勝に40ドル。

 

フリントシャーが1着なら1064ドル(約127,600円)

2~3着なら204ドル(約24,400円)

 

・・・

 

トレヴは強い。

 

怪物である。

 

本命党なら素直にこの馬の単勝を買うのをオススメする。

 

しかし、

凱旋門賞3連覇なんていう現実離れしたことが起き得るだろうか?

今年もまた牝馬が勝つのだろうか?

やはり3歳が有利なのだろうか?

 

競馬は何が起きるか分からん。

 

古馬牡馬フリントシャーの逆襲・・・というシナリオに一票を投じておく。

 

頑張れ!不倫とシャア!

 

不倫とシャア

 

じゃなかった、

 

頑張れ!フリントシャー!

 

フロントシャー画像1

 

 

 

ブックメーカーのアカウントをひとつ持っておくとマジ便利だぜー!

 

海外馬券の買い方

海外競馬サイドバナー

 

 

 

【凱旋門賞2015予想】今年の凱旋門賞は久しぶりに日本馬の出走なし。毎年毎年挑戦してたんやけどなあ・・・来年に期待しつつ今年の凱旋門賞を展望しておく。トレヴの3連覇なるか?英ダービー馬のゴールデンホーンか?愛ダービー馬のジャックホブスか?はたまた仏サービー馬のニューベイか?管理人の狙いは・・・去年の2着馬フリントシャー!

 

凱旋門賞が行われるのは

ご存知ロンシャン競馬場である。

 

ロンシャン競馬場1

 

ロンシャン競馬場2

 

ロンシャン競馬場3

 

ロンシャン競馬場4

 

ロンシャン競馬場5

 

ロンシャン競馬場6

 

日本の競馬場とはだいぶ雰囲気が違いますな。

 

何が良くて、何が悪いのかは私には分からんが、

日本の競馬は「競馬オヤジ」ってイメージだもんなー。

(もちろん、若い人もいるけど少ない・・・)

 

もっと若い子が競馬に興味を持つように、

JRAには工夫してもらいたいものである。

(あまりに無策。なんだあのCMは!)

 

で、このロンシャン競馬場であるが、

今年の凱旋門賞が終わったら長期の改修工事に入るんだそうな。

なので来年の凱旋門賞はシャンティイ競馬場である。

 

仮に来年、ドゥラメンテやキズナなどが出走し、

凱旋門賞を勝ったとしても、

「ロンシャンの凱旋門賞じゃねーし」

と言われてしまうかもしれん。

 

ま、しゃーないわな。

 

現時点での凱旋門賞のオッズを見てみよう。

 

■凱旋門賞2015オッズ(8月20日現在)

凱旋門賞2015オッズ8月

ウィリアムヒルから抜粋。

※ブックメーカーのオッズは購入時のオッズが払戻しオッズである。また、出走出来るか?も賭けの対象であるため、出走出来なかったらハズレである(管理人がドゥラメンテに賭けていたのは秘密である)。

 

1番人気は現在凱旋門賞2連覇中の怪物トレヴ。オルフェーヴルを並ぶ間もなく交わして圧勝した2013年は「オルフェ以上の化物がいた!」と思ったものだが、順調さを欠いた2014年も圧勝。2015年シーズンはコリーダ賞、サンクルー大賞を連勝しており、至極順調。ロンシャンの鬼であるからして一番人気も納得であるが、果たして3連覇なんてことが現実に出来るのかどうか?

 

2番人気は今年の英ダービー馬ゴールデンホーン英ダービー(赤い帽子がゴールデンホーン)を3馬身半差で圧勝した後は、古馬相手のエクリプスSでザグレイギャッツビー相手にこれまた3馬身半差で圧勝(5kgの斤量差があったが)。5戦5勝の無敗の3歳馬。斤量が有利だし、伸びしろはあるし、打倒トレヴの一番手か。

 

3番人気は愛ダービー馬のジャックホブス。GⅡのダンテS、英ダービーはともにゴールデンホーンの後塵を拝したが、愛ダービーは5馬身差の圧勝。夏の成長如何で逆転出来るか?

 

4番人気は仏ダービー馬のニューベイ。仏2000ギニーはメイクビリーヴに完敗(3馬身差)の2着だったが、距離が伸びた仏ダービーは1馬身半差の完勝。ゴールデンホーンやジャックホブスとの比較が難しいが・・・。

 

 

以下、4戦4勝でパリ大賞を勝った3歳馬のイラプト。6月のプリンスオブウェールズSを勝ったフリーイーグルと続くが・・・

 

管理人が気になるのは、伏兵馬扱いのフリントシャー(単勝17.0倍)。昨年の凱旋門賞2着馬であり、その後はBCターフ2着、香港ヴァーズ1着、ドバイシーマクラシック2着、コロネーションC3着と来て、サンクルー大賞ではトレヴの2着。堅実に走る馬だし、トレヴには負けっぱなしだが、トレヴがコケたらこの馬が来るような気がするのだ・・・

 

3歳馬が強い(斤量が有利)なのは百も承知。

牝馬が強いのも、もちろん承知(4年連続牝馬が優勝)。

 

その上でフリントシャーに賭けておく。

 

凱旋門賞2015フリントシャーにベット

 

フリントシャーの単複に20ドルずつ。

 

フリントシャーが勝てば424ドルゲット。

2~3着なら84ドルゲット。

 

トレヴの史上初3連覇なるか?

3歳ダービー馬達が新しい時代を作るか?

 

日本馬がいないのは残念だが、

毎年楽しみな一戦である。

夢は来年以降に。

 

 

海外馬券の買い方

海外競馬サイドバナー

 

【凱旋門賞2015予想、馬券購入】2015年の凱旋門賞に登録した日本馬が発表された。エピファネイア、ワンアンドオンリー、ドゥラメンテ、リアルスティール、ルージュバックの5頭である。天皇賞春惨敗を受けたキズナは登録を見送る模様。3歳勢はダービー、オークスの結果次第となりそうだ。

 

netkeibaに、

 

凱旋門賞2015に日本馬5頭が登録、キズナは登録せず

 

というニュースが。

 

キ、キズナ・・・

 

凱旋門賞出走せんのかい!

 

すんのかいせんのかい

 

ざ、残念・・・(すでに馬券買ってたのは秘密)。

 

ま、仕方ないですな。

 

そんで、最新の凱旋門賞2015オッズがこちら。

 

■凱旋門賞2015オッズ(5月14日時点)

凱旋門賞2015オッズ5月

※ウィリアムヒルより抜粋。詳細はこちら

 

ワンアンドオンリー・・・17.0倍

ドゥラメンテ・・・21.0倍

キズナ・・・21.0倍

エピファネイア・・・21.0倍

 

なぜかラブイズブーシェの名前があるけど、キズナもろことも削除されるだろう。

 

そして、近日中にルージュバックとリアルスティールのオッズが追加されると思われる。

 

しかし・・・ドゥラメンテリアルスティールダービー制覇が条件。ルージュバックオークス制覇が条件だと思われる。

 

ので、ドゥラメンテやリアルスティールやルージュバックの凱旋門賞馬券を買いたい!と思ってる方もダービーやオークスが終わるまで待った方がいい。それまではオッズも変わらないし、日本と欧州は時差があるので、終わってからでも十分間に合う。

 

逆に言えば、この3頭ともダービーに勝った時点、オークスに勝った時点で凱旋門賞に行くつもりだろうから・・・その場合は、即効で馬券を買った方がいいかもしれん。何故かと言うと登録馬がGⅠを勝つと、ガクンとオッズが下がるからだ。もちろん、早目の馬券購入はリスクもあるがな。

 

しかし、ドゥラメンテはもしかしたらダービー2着程度なら行くかもしれんな。あくまで内容次第だろうけど・・・それだけ可能性を感じる馬だもんよ。それよりもドゥラメンテがダービーを勝った場合、菊花賞で3冠が掛かるわけだが・・・どうするんだろ?登録したってことは行くのかな?凱旋門賞は斤量の有利な3歳の内に行きたいもんなあ。

 

あなたが馬主ならどうする?

 

3冠?凱旋門賞?

 

ドゥラメンテ皐月賞画像1

 

さて、

 

古馬ではエピファネイアとワンアンドオンリーが登録してますな。

 

ワンアンドオンリーは、海外志向が強いノースヒルズの馬。この春はドバイシーマクラシックに挑戦し、3着と好走。夏はキングジョージに挑戦するらしいので、最終決断はその結果次第なんだろうけど・・・高い確率で凱旋門賞にも行くと思う。仮にキングジョージでも好走すれば・・・凱旋門賞のオッズも跳ね上がるだろう。今買えば17倍か・・・微妙だなあ。

 

エピファネイアは宝塚記念の予定。ドバイワールドカップは惨敗してしまったが・・・この馬はやっぱり芝馬だよね。宝塚記念を勝てばおそらく凱旋門賞に駒を進めるだろうから・・・馬券を買いたい方は宝塚記念の結果が出て即!凱旋門賞の馬券を購入するといいぞ(半日経つとオッズが変わる)。

 

あと気がかりなのは欧州クラシック戦線。

 

特に英愛ダービー、仏ダービー、独ダービーの勝ち馬は高い確率で凱旋門賞に出てくるけんな。あ、あと仏オークス馬と独オークス馬ね。まあ、このブログでもちょくちょくチェックしているので、気になる方は「お気に入り」に入れておいてくれ。

 

個人的な馬券は、オークス・ダービー・宝塚記念・キングジョージなどを見て購入する予定。

 

今年こそ・・・勝ちたいなあ。

 

エピファネイア凱旋門賞に行って欲しい

 

エピファネイアはロンシャンの芝が合うと思うけどな・・・

 

まず、ゴールドシップに勝たんといかんか。

 

海外馬券の買い方

海外競馬サイドバナー