【オークス2018予想】東京芝2400mで行わる3歳牝馬女王決定戦GⅠ優駿牝馬(オークス)。アーモンドアイとラッキーライラックに人気が集まるが、当然穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースはどうなる?上がり3Fデータは?穴馬の台頭は?狙いは、フローラS2着のパイオニアバイオ!相手はラッキーライラックとリリーノーブル!

 

オークスって、人間で言えば、

 

女子高生ミスコン決定戦!

 

 

って感じだろうか。

 

高校生の時に大好きだったあの娘・・・

 

今どうしてるかな?

 

なんて思いながら予想するのもいいかもね。

 

■オークス2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

アーモンドアイの人気が抜けて、現在単勝1.7倍。

 

まさか1倍台の人気になるとは・・・!

 

そんで、もう巷でも噂になってるかもだが、

 

「土曜の16:43、2-13の馬連に4000万円入った」

 

という情報を入手。

 

よ、4000万円?

 

 

2-13といえば、

ラッキーライラックとアーモンドアイの馬連。

この投票で馬連オッズは3.4倍→2.0倍になったんだそうな。

(現在は2.5倍)

 

ところで、

1番人気-2番人気のワンツーって・・・

どのくらいの確率なんだろうね?

 

ちなみに、

単勝1.5~1.9倍の馬の

勝率は46.3%、連対率は66.1%、複勝率は78.2%である。

1番人気、オッズ別の勝率・連対率

 

これでいうとアーモンドアイは8割の確率で馬券に絡むんで、

当てたい方は馬券に入れておくように(笑)。

 

そして、単勝4倍台の馬の連対率は33%くらいなんで、

今回2-13の馬連が的中する確率は、

 

単純計算だと22%くらいか。

 

うん。そのくらいの確率な気がするな。

 

的中率22%で、払い戻しが2.5倍って・・・

普通に考えたら誰もやらないようなギャンブル。

超ハイリスク超ローリターン。

(5倍の払い戻しがあって、やっとチャラ)

 

もちろん自信あってのことだろうし、

この馬連が1番確率的には高いだろうけど、

 

良い子はマネしちゃダメよ。ゼッタイ。

 

 

さて、展開見てみるでもす。

 

■オークス2018展開予想

逃げ候補は
サヤカチャン
トーホウアルテミス
ランドネ

先行勢は
リリーノーブル
カンタービレ
パイオニアバイオ
ラッキーライラック
ロサグラウカ
オハナ

差し勢は
マウレア
オールフォーラブ
レッドサクヤ
ウスベニノキミ
シスターフラッグ

追い込み勢は
サトノワルキューレ
アーモンドアイ
ウインラナキア

ははあ・・・なるほどね。行くのはサヤカチャンで決まりだろう。2走前にぶっ飛ばしていって最下位だったんでね。出来るだけスローに落としたいところ。ランドネ、トーホウアルテミスあたりもスローの番手なら願ったりだろうから競り掛けて行くこともあるまい。

 

ペースはスロー。

 

を想定しておく。一つ興味深いのがラッキーライラックの位置取り。スタートセンスが抜群に良い馬だからね。前に行くことも可能だと思うが、今回は東京2400だし、内枠を引いたことだし、控えて6~7番手じゃないかな。アーモンドアイは定位置の後方だろう。

 

懸念された雨は降らず、芝は良好な状態。

 

かなり速い時計が出る馬場で、

スローでも2分24~25秒台の決着になるか。

 

バイアス的には内ラチ沿いが多少傷んでる程度で、

あまり気にしなくて良さそう。

 

さて、上がり3Fデータも見ておくか。

 

上がり3F最速候補は・・・

・サトノワルキューレ
・アーモンドアイ
・ラッキーライラック
・マウレア

当然、上がり3F最速候補はダントツでアーモンドアイだろう。桜花賞では異次元の脚を繰り出して圧勝したからね。

しかし、こうやってPCI数値(ペース判断に利用される数値)とともに見てみると面白いことが分かるな。桜花賞のアーモンドアイはPCI値58.3で上がり33.2。チューリップ賞のラッキーライラックはPCI値58.3で上がり33.3。マウレアはPCI値58.8で33.3。

つまり・・・桜花賞でラッキーライラックやマウレアがアーモンドアイと同じような位置取りだった場合、33.3程度の脚を使えてた可能性があるってことだ。アーモンドアイの脚が凄まじかったのは間違いないが、能力的に抜けてるかどうか?ってのはまだ分からんと思うけどね。

 

そして、今回スローだとすれば・・・

 

狙いは前残り。

 

東京2400はスローになってもスタミナを削られる舞台。

後ろからだとスタミナの裏付けが欲しい。

 

血統的な裏付けがあって、

さらに長く脚を使えるタイプを狙いたい。

 

今までの予想記事はこちら。

オークス2018データ分析

オークス2018コース適性・距離適性

オークス2018調教チェック

 

さてと・・・

 

アーモンドアイは来たらカーチャンゴメンやね。

距離不安がある中の単勝1倍台はさすがに過剰人気だろう。

モッコリ党党首の浅次郎にゃ買えん。

 

ちなみに、

私はアーモンドアイの能力はとても買っているが、

本質的にマイラーだと思っている(お)!

 

「浅次郎さん!実はオレもそう思ってた!」

 

と同意してくれる方も結構いると思うんだが、

何故かアーモンドアイの2400楽観論が広がっているんだよね。

(ルメールのコメントや競馬新聞のせいだろう)

 

確かにこの時期のオークスは能力だけで勝てるレースである。

 

しかし・・・レーヌミノル(13着)、レッツゴードンキ(10着)、アユサン(4着)、マルセリーナ(4着)・・・とココ数年でもマイラーぽい桜花賞馬がオークスで撃沈しているのも事実である。※アユサン、マルセリーナあたりは能力で4着に来たと思う。

 

アーモンドアイがどっちになるかは分からんが、

距離的な不安があるのは間違いないわけで。

さらに言えば、今の東京の高速馬場なら、

差して届かない!というのは十分に有り得る展開だと思う。

 

4着・・・いや、

3着で、おなしゃっす!

 

(希望込み)

 

今回は・・・

 

チンコの裏筋絞って逝くぜ~~~~!

 

■オークス2018予想

 

パイオニアバイオ(9番人気)

この馬にモズカッチャン臭を感じるのは私だけだろうか?フローラSを人気薄で好走して本番・・・相当ナメられてる!みたいな感じがソックリじゃね?「浅次郎さん、昨年のフローラS2着はモズカッチャンじゃなくてヤマカツグレースですよ?」・・・う、うるせい!そんなこと分かってラ!最後まで聞きなさい!

そのフローラS・・・サトノワルキューレが超派手な勝ち方したんだけどもしかし・・・実は1番強い競馬をしたのはこの馬だと思っている。もう一回見てみよう。15番がパイオニアバイオ。

ご存知の通り、東京芝2000はスタートしてすぐコーナーだから内枠が絶対有利。当然外枠は相当不利なのである。パイオニアバイオは不利な大外枠だったのだが、そこから徐々にポジションを上げて前付けし、直線も相当長く脚を使って2着に踏ん張ったのである。逆に内枠だったサトノワルキューレは終始インコースを走ってたからね。最後の脚はそりゃ凄かったけど、前半は距離損なく脚を溜められたし瞬発力が活かせる展開もハマったんじゃないかと思う。

もちろん瞬発力では劣る。ただ、スロー前提で考えれば前に行ける脚質は相当にプラスだし、相当長く脚を使えるんで東京コースも合うと思う!父は長距離型のルーラーシップ。母はオークス4着のアニメイトバイオ。叔父に天皇賞春を勝ったレインボーラインがいる血統で・・・どの馬よりもこの馬が距離延長はプラスだと思う。頼むぜヒロシ!2着でいいぞ(え)。

 

ラッキーライラック(2番人気)

私が本命党ならこの馬から買うね。もちろんアーモンドアイは強いが、私の見立てでは能力互角だと思う。そして体型を見ても、血統を見ても・・・東京2400なら適正はラッキーライラックが上だろう。オッズが同程度だとしてもコッチが買いだと思うんだが、今回アーモンドアイが1倍台で、コッチは4倍付いてるからね。おそらくは騎手の差なんだろうけど・・・石橋!ここはビッグチャンスやぞ!1流ジョッキーになれるかどうかの瀬戸際や!男になったれい!

 

リリーノーブル(4番人気)

調教チェックでも書いたが、最も攻めた稽古をしてパワーアップを図ったのがこの馬。桜花賞ではラッキーライラックに迫る脚を見せての3着。急に影が薄くなった感あるが、逆転の1番手はこの馬だと考えている。血統的にも東京2400はドントコイ。この舞台で化けるのはこの馬かもしれない。

 

馬連 ボックス @500円

馬単 ◎→◯▲ @100円

3連単 ボックス @100円

 

頑張れ!パイオニアバイオ!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
東京11R 13番(アーモンドアイ)

おまけのモッコリ馬
新潟2R 8番
京都5R 5番

アーモンドアイは堅チクビ馬かぁ・・・当てたい方は外さない方がいいかもね(笑)。