【オークス2018コース適性】東京芝2400で行われる3歳女王決定戦オークス!アーモンドアイ、ラッキーライラックの再戦で盛り上がるが、両馬の東京芝2400適正は?血統は?間に割って入れる馬は?3着候補の穴馬は?コース適正から見る穴馬は、トーホウアルテミス、パイオニアバイオ、マウレア、レッドサクヤ、ロサグラウカ!

 

オークスは全頭が初距離となるし、

 

桜花賞組が1600→2400の大幅距離延長となるんでね。

 

毎度「距離適性」が議論されるわけであるが、

 

結局強いのは桜花賞組で。

オークス2018データ分析参照

 

 

結局また白鵬かい!

 

みたいなね(笑)。

 

今年も桜花賞上位を買ってりゃ当たりそうだけに、

こんな記事を書いても仕方ないかもしれんが、

 

競馬はいつだって何が起きるか分からんのである。

 

結果がどうなるかは置いておいて、

事前に最大限の努力することが肝要。

 

というわけで、

今日はオークスのコース適正をやるぞ!

 

■オークス2018コース適性(東京芝2400適正)

ただし、当然ながら東京芝2400実績がある馬はいないんでね。血統でのジャッジ+今までの競馬の内容で判断させて頂く。巷のジャッジと違うからといって空き缶投げないように。なお、今回抽選対象の馬は除外させて頂く。あと馬体診断は競馬ブックのPhotoパドックを参考にした。

アーモンドアイ
ロードカナロア×フサイチパンドラ。父は言わずと知れた短距離王。しかし、母はオークス2着、秋華賞3着、エリザベス女王杯で1着・2着。2000~2400mがベストだった名牝で。この点からも「アーモンドアイは距離をこなせるんじゃないか」と言ってる媒体が多いんだが、体型的には父ソックリに見える・・・。桜花賞のカミソリのような切れ味を見るとマイラーなんじゃないかと思ってしまうなあ・・・。あの脚を東京2400でも使えるのならウオッカクラスの化物だろう。

オールフォーラヴ
ディープインパクト×レディアルバローザ。母父はキングカメハメハなんで「ダービー馬×ダービー馬」だね。母レディアルバローザは1600~2000で活躍した中山牝馬Sを2度勝ち、ヴィクトリアマイルでも3着の実績がある。前走のレース振りからも距離延長は歓迎ぽい。ただ、馬体重が減り続けているのは懸念材料。

オハナ
ディープインパクト×ハウオリ。この馬も母父はキングカメハメハ。母、姉達も堅実に走っているが適正は1600~1800という感じで。東京2400はちょっと疑問。

サトノワルキューレ
ディープインパクト×ヒアトゥイン。母系は謎でサッパリ分からんのだが、おそらくディープインパクト用に輸入されたんだろう。この馬自身、すでに阪神2400での勝鞍があり、東京2000のフローラS勝ちがあるわけで、東京2400適性を言えばこの馬が一番だろう。経験は大きい。

サヤカチャン
リーチザクラウン×アップルトウショウ。母父はアンバーシャダイなんで距離適性長そうなんだが、一つ上の全兄のニシノアップルパイはどうやらマイラーで。可能性はあるが、ちょっと厳しいかな。。。

トーセンブレス
ディープインパクト×ブルーミンバー。母父はフェアリーキングだが・・・母ブルーミンバーは1200のスペシャリストでオープンまで行った活躍馬。近親に桜花賞3着のカタマチボタンがいるんだが、オークスは13着・・・血統的にはマイル以下って気がするね。体型的にも短い所が良さそうに見える。

トーホウアルテミス
ハーツクライ×トーホウガイヤ。母父はアンブライドルズソング。母は地方で活躍したダート馬だったが、兄に菊花賞馬のトーホウジャッカル(父スペシャルウィーク)がいる血統で。自身の勝鞍も2000m、2200mであることからも距離延長は歓迎だろう。一発あるかも?

パイオニアバイオ
ルーラーシップ×アニメイトバイオ。母父はダービー2着のゼンノロブロイ。母アニメイトバイオは桜花賞8着→オークス4着→秋華賞2着だった馬で。母の弟には先日天皇賞春を買ったレインボーラインがいる血統。この馬自身も2000m以上で覚醒する可能性あると思うぞ!

マウレア
ディープインパクト×バイザキャット。母父はディープインパクトとのニックスで有名なストームキャット。マイラーっぽい感じするが、全姉のアユサンは桜花賞1着→オークス4着。今回人気急落しそうだが、3着候補としてなら十分あると思うけどね。

ラッキーライラック
オルフェーヴル×ライラックスアンドレース。母父はフラワーアレイ。フォーティナイナー系の米パワー&スピード血統。2つ上の姉ラルクは条件馬だが2000m以上が適距離の馬。父オルフェーヴルは言わずと知れた三冠馬で、スタミナは無尽蔵であった。ただし、だからといってこの馬もそうとは限らないけんな?ま、馬体を見ると胴長で距離延長は大歓迎ぽいけどね。アーモンドアイと比べると体型の違いが一目瞭然だよね。

ランドネ
Blame×Loure。スマン。サッパリ分からん(笑)。体型的には中距離向きだと思う。

リリーノーブル
ルーラーシップ×ピュアチャプレット。母父はクロフネ。母はダートの短距離馬だった。祖母バプティスタも1600くらいがベストだった馬で、血統的には父ルーラーシップを頼るしかないか。体型的には・・・中距離もやれるような気もするが、よく分からん(笑)。

レッドサクヤ
ディープインパクト×サクラサクⅡ。母父はこれまたディープインパクトとニックスのデインヒル。母は競走成績なしだが、産駒にエイジアンウインズ(ヴィクトリアマイル勝ち)、エバーブロッサム(オークス2着)がいる。全姉のエバーブロッサムがオークス2着なのはこころ強い限り。今回人気急落しそうだが、血統的には狙えるぞ!

ロサグラウカ
ルーラーシップ×ローザブランカ。母父はクロフネ。ロゼカラー→ローズバドと続く薔薇一族の末裔。祖母ローズバドはオークス2着、秋華賞2着、エリザベス女王杯2着・・・と血統的な底力はあるぞ!自身も2000m→2200mと2戦2勝。距離延長は歓迎だろう。

 

コース適性から見る穴馬候補は、オールフォーラヴ、トーホウアルテミス、パイオニアバイオ、マウレア、レッドサクヤ、ロサグラウカあたりかな!

 

以上、参考まで。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

<新潟女児殺害>近所の23歳男を逮捕 死体遺棄・損壊容疑

チンコ輪切り、キンタマすり潰しの上、死刑でよろしく。