【ヴィクトリアマイル2018レース回顧】東京芝1600mで行われた古馬マイル女王決定戦ヴィクトリアマイル。勝ったのは去年3着の伏兵ジュールポレール。1番人気のリスグラシューは2着惜敗。2番人気のアドマイヤリードは8着、3番人気アエロリットは3着に破れた。勝因・敗因はなんだったのか?簡単にレース回顧する。

 

ジュールポレール、

ヴィクトリアマイル制す!

 

 

いやあ、まさかジュールポレールが頭とはねえ!

 

3着ならあると見ていたんだけどー!

 

リピーターこっちだったか!

 

簡単に回顧する。

 

■ヴィクトリアマイル2018結果、着順

netkeibaより抜粋

 

■ヴィクトリアマイル2018映像

 

 

■ヴィクトリアマイル2018回顧

スタート!

クインズミラーグロが大きく出遅れ。ほか、エテルナミノル、デアレガーロ、ミスパンテール、アドマイヤリードあたりもちょいと出遅れ。

 

行ったのはやはりカワキタエンカ。2番手にレーヌミノル、外にリエノテソーロ、その後ろにレッドアヴァンセ。

 

外からアエロリットが上がって行く・・・その後、戸崎は押さえて番手に収まったんだが、行っちゃった方が良かったんじゃないかなー?ラビットランが好位の一角。インにレッツゴードンキだが、この馬もちょっと掛かってますな。好位の後ろにジュールポレールとミスパンテール。ミスパンテールもちょっと行きたがってるように見えるなあ。

 

中団のインにアドマイヤリード、外にソウルスターリング。ソウルスターリングは折り合いついてるように見えるが、アドマイヤリードはちょっと行きたがってるか?その後ろにデンコウアンジュ、リスグラシュー、エテルナミノル。

 

後方末脚に賭けるのがメイズオブオナー、ワントゥワン、デアレガーロ。

 

最後方にポツンとクインズミラーグロ。

 

600m通過は35.2。

 

雨が降りしきる中、馬場状態は「稍重」。

 

どんだけ重くなってるのかサッパリ分からんが、

このレースのタイムが1:32.3。

上がりが34.0だったことを考えると・・・

 

雨の影響はそこまで大きくなかったのでは?

 

と思う。

(全体時計の影響は0.5秒未満だと思う)

(ただ、内と外の馬場差はあったかもしれん)

 

ラップタイムがこう。

 

 

そもそも前日の京王杯SCでレコードが出るような超高速馬場。

古馬GⅠのマイル戦で、

600m35.2はスローと言っていいだろう。

 

いや、超スローだったのかもしれん。

 

道理で行きたがる馬が多かったはずである。

 

このレース・・・

ドスローからの直線ヨーイドン!

なレースだったのだ。

 

事実、

ジュールポレールの上がりが33.3。

リスグラシューなんて32.9だからね。

 

パンパンの良馬場だったらもうちょっと時計が出ていたはずで。

ほぼ極限の瞬発力勝負だったのだ。

 

残り600m!どの馬も手応え良く見えますなあ。ジュールポレールはすぐ外に出せる絶好の位置!(多分、内より外の方が馬場がいい)

 

残り400mでアエロリットが先頭に並びかける!外に出したレッドアヴァンセが猛然と追い掛ける!ジュールポレール幸はおそらく「この手応えなら前は捕らえられる!」と踏んでいたに違いない。追い出し始めたのは400mを切ってからで、ギリギリまで我慢していたのだ!逆に!リスグラシューは早く追い出したかったのだが進路が確保出来ない!ジュールポレールのインが一瞬開いてたんだが、そこに入れられず・・・その外へ持っていく!

 

残り200m!驚いたのはジュールポレール幸がココで一旦ムチを控え、一回脚を保留するのである!幸のコメントから察するに、リスグラシューの強襲に備え、文字通り、

 

一呼吸入れたわけだ!

 

この一呼吸が最後の最後・・・ハナ差に繋がるのである。

 

幸が再びムチを振るったのは残り100m!前を行くレッドアヴァンセが思いの外しぶとい!後ろからはリスグラシューが迫る!

 

しかし、最後までキッチリ伸びたジュールポレールがレッドアヴァンセを交わし、リスグラシューも押さえきって見事1着!

 

タイムは1:32.3。

勝ち馬の上がりは33.3。

 

幸の好騎乗、

それに応えたジュールポレールの

見事な勝利であった。

 

 

 

 

1着ジュールポレールは、社台系白老ファームの生産、馬主はGⅠレーシングの5歳馬。血統的にはサダムパテックの下という超良血馬。これでマイラーだということがハッキリしただろうからね。去年はエリザベス女王杯に向かったが、今年はマイルCS→香港マイルってなローテでお願いしまっす!しっかし今回の幸は神騎乗だったね。あのまま追ってたら・・・最後リスグラシューに差されていたんじゃないかな。まさしく「ピッタリ」のハナ差だったと思う。

 

2着のリスグラシューはまたGⅠ2着。ヴィクトリアマイルはこの手の馬が勝つレースであるが・・・今回は幸にしてやられた感じ。しかしこの馬、安定して走るし、能力上位なのは間違いないが、抜けてるわけじゃないんでね。今後もGⅠに限らず2~3着ってことは多いと思う。武豊がコメントで「外枠だったから・・・」みたいなことを言っているが、枠はほとんど関係なかったと思う(笑)。内外で大きく有利不利があるコース・馬場ならまだしも、東京マイルだし、むしろ外の方が馬場は良かったぽいし・・・ジュールポレールだって外に出して伸びてきたわけでね。そんなことより4角回ってからの進路取りに手間取ったのが敗因だと思う。ま、それも力が抜けてれば関係なかったわけでね。言い訳はチューの時だけにして頂きたい。

 

3着レッドアヴァンセは雨が降った時点で「こりゃないわ」と思ったんだが失礼ぶっこいたぜよ。やっぱこの血統で東京マイルは要注意。弟のレッドヴェイロンがNHKマイルCで3着に激走したばかりだが、次兄クラレントもNHKマイルC3着、安田記念3着。三男レッドアリオンも安田記念4着があるんだよ。どんなに人気薄でもこの一族は馬券に入れておくべき。恐るべし母エリモピクシー。しかしこの馬もほんと差がないよね。

 

4着は3番人気のアエロリット。私が思うに、この馬が行かなかったこと・・・これが今回のヴィクトリアマイルの運命を決定付けたと思う。スタートは悪くなかったんだが、二の脚が付かず・・・戸崎が促しても前進せず。しかし200m過ぎから行く気になって上がって行ったんだが、戸崎はそこでブレーキ踏んで2~3番手の外で折り合いに専念。結果論でしかないが、あのまま気分良く行っていればあるいは・・・と私は思ってしまうのだ。間違いなく言えるのはスローの瞬発力勝負はこの馬にとって逆ベクトル。それでも4着に残ったあたりは能力の現れだろう。

 

5着はミスパンテール。ちょっと折り合いを欠くシーンはあったが、上手い競馬をしたと思う。ただ、内枠だったんでね。ずっと内々を走ってたんだが、もしかしたら内の馬場はあまり良くなかったのかもしれない。最後、伸びそうで伸びなかったのはその辺が影響したかも。まあ、最後まで懸命に走ってるし、普通にトップクラス。

 

惜しかったのがレッツゴードンキ。文中でも述べたが道中折り合いを欠いていてね。まあ、1200のペースに慣れてるところでこのスローだからしょうがないと言えばしょうがないんだが、それでも岩田らしいイン突き・・・から最後まで一生懸命走って6着。もし折り合いがついていたら・・・と思わずにいられない。

 

逆に・・・完璧な競馬をしたのがソウルスターリング。位置取りはジュールポレールの真後ろ。折り合いは完璧についていた(と思う)し、直線は誰にも邪魔されない大外だったし、あれでジワジワとしか伸びないのは・・・やはり「ソウルスターリング早熟説」を疑った方がいいのかもしれん。とか何とか言いつついきなり復活するかもしれんけどな。まあ、人気になり続ける宿命の馬なんでね。復活するまで買わなくていいと思う(笑)。

 

人気の一角だった昨年の覇者アドマイヤリードも悪い競馬をしたわけじゃないぞ。最後まで止まらずに伸びてるしね。ただ、道中インに入ってしまったし、直線も内々に行っちゃったからね。どうも内は伸びる気配がなかったんでね。ミスパンテールと同じく馬場に殺された可能性あると思う。秋にまた期待したい。

 

さて、

 

私の◎デンコウアンジュはズブズブの12着。位置取りも折り合いもペースも馬場も問題なかったと思うが、直線全然伸びなかったね。ま、残念な結果だったが

 

全然オッケー。

 

 

勝負ごとなんて上手く行かないのが当たり前だけんね。

 

出来ることをやって、

信念に従って馬券を買ったのであれば、

ハズレても全く問題ないのである。

 

懲りずに大穴を狙っていくぜ。

 

って来週はオークスか・・・

 

アーモンドアイとラッキーライラックのワイドを買えば

80%くらいの確率で当たりそうだな(笑)。

 

ま、もちろんそんな馬券は買わんけどね。

 

さて、また週末が楽しみだな!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

谷口徹はなぜ50歳でも勝てるのか!? 稀代の勝負師の強さの秘密は「集中力マネジメント」にあり?

50歳かぁ・・・テレビで見てたけど凄かったわ・・・見習わないと!