【京都新聞杯2018予想・データ分析】京都芝2200mで行われるGⅡ京都新聞杯。ダービーの前哨戦。今年の人気はタニノフランケル、フランツ、グローリーヴェイズあたりだが、データ分析では、内枠有利、差し有利!騎手・種牡馬・馬体重・前走ローテは?データから見る穴馬はアルムフォルツァ、メイショウテッコン、ユーキャンスマイル。

 

ダービー最後の切符は、

 

今週のプリンシパルS京都新聞杯

 

ダービーとオークスの優先出走権の内容はこう。

 

JRAニュースより抜粋

 

京都新聞杯には、

なぜか優先出走権が設定されてないんだが、

1着は賞金的に確定。2着は条件次第。

 

しっかし、

 

クラシックの「優先出走権」の話はね。

 

我々競馬ファンにとって、

 

今度のAKB48のセンターは誰なのか?

 

といったクソどうでもいい話とは違い(笑)、

 

とっても大事な話でね。

 

変わるなら変わるで、

もっと大々的に報告して欲しいよね。

 

これ探すの大変だったアルよ(笑)。

 

皐月賞の5着までにダービー優先出走権とか、

 

皐月賞の後に知ったし!

 

って方多いのでは?

 

まあ、

 

色々と言いたいことはあるが、

 

AKB48のセンターは前田敦子でおねしゃっす!

 

 

じゃなかった(笑)、

 

現時点で優先出走権もしくは賞金持ってない馬にとっては、

これがダービー出走の必須条件である。

 

・京都新聞杯で2着以内

・プリンシパルSで1着

 

さて、どの馬が滑り込むか。

 

■京都新聞杯2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

プリンシパルSの登録馬も列べておこう。

 

 

両睨みの馬が結構いるよね。

 

個人的にはステイフーリッシュが気になるんだが・・・

是非京都新聞杯に出てきて欲しいな。

(抽選になるんかいな)

 

さて、データ見てみよう。

 

■京都新聞杯2018データ分析、人気別成績

1~3番人気強し。荒れるとしたら2~3着。しかしこりゃ本命党向けのレースだね。

 

■京都新聞杯2018データ分析、枠番別成績

全体的に見て真ん中より内が優勢ぽい。

 

■京都新聞杯2018データ分析、馬体重別成績

480~499kgと440~459kgのゾーンが強い。なぜか500kg以上はイマイチ。

 

■京都新聞杯2018データ分析、騎手成績

やはり関西の上位騎手が強いですな。

 

■京都新聞杯2018データ分析、種牡馬成績

京都の軽い馬場はとっても得意なディープインパクト。やっぱりここでも無類の強さ。しかしそれを上回るのがマンハッタンカフェ!今年のマンハッタンカフェ産駒はメイショウテッコンだけだが・・・この馬、怪しいぜえ。

 

■京都新聞杯2018データ分析、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けは割引。詰めて使って来る馬の方が狙い目。

 

■京都新聞杯2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・はなみずき賞(6頭)、皐月賞(4頭)、毎日杯(3頭)・・・あとはバラバラだが、基本的には「芝1800~2400m」の500万条件、あるいはオープン特別・・・が条件と言えそう。500万条件は1着、オープン特別・重賞の場合は着順不問。未勝利からの挑戦は切り。

皐月賞組・・・ケイティクレバー、ダブルシャープ
毎日杯組・・・シャルドネゴールド、ユーキャンスマイル
1800m以上の500万組・・・アルムフォルツァ、タニノフランケル、フランツ、レイエスプランドル、ロードアクシス
その他のオープン組・・・レノヴァール、メイショウテッコン

今回はなみずき賞組は不在。グローリーヴェイズとステイフーリッシュは実績上位だが、休み明けの分がどう出るか?

 

■京都新聞杯2018データ分析、脚質別成績

逃げ馬の連対はゼロか・・・基本的には差し優勢

 

■京都新聞杯2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンとしては、「差し→先行」「差し→差し」「先行→先行」というパターンが多いですな。展開決め撃ちするより、馬の基本能力を測った方がいいかも。上がり上位馬は猛烈に強く、瞬発力は必須。

穴馬の脚質は・・・前!

特に2~3番手から穴を開けている馬が多く、1~3番人気の馬を軸にして穴の番手馬を狙うのが一番妙味があるかもしれん。

 

■京都新聞杯2018データ分析、厩舎・生産者・血統

当然・・・と言っていいのか分からんが、30/30で関西馬。ま、関東馬は特別な理由がない限り青葉賞に出るわけでね。関東馬は大幅割引でいいと思う。今回グローリーヴェイズが唯一の関東馬だが・・・不安だね。

生産者は圧倒的にノーザンFor社台F。血統的にも圧倒的にサンデーサイレンス系主流種牡馬を父に持つ馬が強い。今年もSS系が大量だが・・・さて。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクトorマンハッタンカフェ

・オープン負け組or500万条件1着

・差し馬優勢も、穴は前!

 

穴馬候補を挙げておこう。

 

まず、ステイフーリッシュ。現時点で出走出来るかも分からんし、出走出来たとして人気がどうなるか分からんのだが、5~6番人気になるのなら積極的に狙いたいね。距離は伸びて良し。東京は微妙だが、京都は多分合う。あとは休み明けだけにデキがどうか?調教要チェック。

次に、中1週となるが、京都2400のあずさ賞を好時計で勝ったアルムフォルツァ。毎日杯は見せ場なく惨敗であったが、これは距離が短かったんじゃないかなー。血統的にも京都の長距離はピッタリ。将来は菊花賞や天皇賞春を目指したい感じ。

それから、上でも挙げたメイショウテッコン。若葉Sは展開が合わなかったのもあるが、-12kgも影響あったか?前々走の梅花賞では青葉賞2着のエタリオウ、フローラS1着のサトノワルキューレを負かしており、実はかなり能力高いんじゃないの???デキ次第で◎候補。

他、レイエスプランドル、レノヴァール、ロードアクシス、ユーキャンスマイルあたりにも注目している。皐月賞惨敗組のケイティクレバー、ダブルシャープも人気薄になるようなら狙いたいね。

 

結論は土曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「国益に反する」韓国判断も… 慰安婦像は放置し日韓合意無視

そんなん当たり前じゃ!慰安婦像もはよ撤去せい!韓国は約束を守れ!

 

【かしわ記念】

◎ベストウォーリア
◯インカンテーション