【NHKマイルC2018コース適性】東京芝1600mで行われる3歳マイル王決定戦GⅠNHKマイルカップ。今年はタワーオブロンドン、テトラドラクマ、ギベオン辺りが人気になりそうだが、今日は各馬の「東京マイル適正」を考察するぞ!適正から見る穴馬は、パクスアメリカーナ、フロンティア、デルタバローズ、ルーカス、レッドヴェイロン!

 

シュヴァルグラン・クリンチャーは秋に備えて休養か。

宝塚記念のメンバーが薄々になりそうな気がするんだが・・・

薄いのはゴムだけにして欲しい。

 

 

さて、

 

今週はNHKマイルCだが、

すでにデータ分析は終えているので、

復習したい方はもう一回見ておくように。

NHKマイルC2018データ分析

 

今日は東京マイル適正をやるぞー。

 

 

ワンターンのマイル戦。最初の直線が長く、枠順の有利不利はあまり考えなくていい。馬場は比較的軽く、最後の直線は長いので、軽い瞬発力系の馬が圧倒的に有利。差し馬有利と思われがちだが、先行勢も相当残るぞ。

 

尚【カッコ】内の数字は「東京芝コース」の数字である。また、現時点で抽選対象の馬は分析から外している。あしからず。

 

■NHKマイルC2018東京マイル適正

アンコールプリュ【0.0.0.0】
桜花賞路線で東京実績なし。ただ、兄にNHKマイルC2着のブラックシェルがおり、父はこの舞台で滅法強いディープインパクト。適正は高いと思う。

カシアス【0.1.0.0】
京王杯2歳Sでタワーオブロンドンの2着。ただし2馬身差の完敗。東京適正は高いと思うが、この馬の場合は距離が問題か。血統的にも1200~1400の馬って気がするな。ただ、この手のスピードタイプが好走するレースでもある。要注意。

カツジ【0.0.0.0】
東京実績はないが、中山マイルで見せた瞬発力は非凡。父ディープインパクトの血統からも東京マイルははさらに合いそうだぞー。なんかイマイチ人気にならないっぽいが・・・名前のせいか?(笑)

ギベオン【1.0.0.0】
ミルコ+藤原英厩舎+ディープインパクトで人気の一角になりそうやね。安定して上がり上位を繰り出す瞬発力型。この馬はおそらくNHKマイルC→ダービーのローテだろう。皐月賞を使わなかったことからも東京適正はかなり高そう。ただ、今までの使われ方を見てるとマイルは短いかも?

ケイアイノーテック【0.0.0.0】
この馬もディープインパクト産駒の瞬発力型。ニュージーランドTはカツジの決め手に屈したが、この馬も最後まで伸びてるしね。勝ち負けは時の運だったと思う。母ケイアイガーベラはダート1200~1400の重賞を2勝したケイアイガーベラ。東京適性は不明だが、距離はマイルがピッタリだろうね。

タワーオブロンドン【1.0.0.0】
東京1400の京王杯2歳S勝ち馬。「直線が長く、スローの瞬発力勝負になりやすい」という点で共通している阪神マイルの朝日杯3着、アーリントンC1着。東京マイル適正はかなり高そう。

ダノンスマッシュ【0.0.0.0】
朝日杯は後方からいい脚を使って5着・・・その後、人気に押されたファルコンS7着、アーリントンC5着と結果は出ていないが、東京マイルでも乗り方一つでいい脚使うと思うけどね。ただ、血統的にはマイルはギリギリなのかもしれない。

テトラドラクマ【2.1.0.0】
すでに東京マイルで2勝を上げており、東京マイル適正が非常に高いのがこの馬のストロングポイント。クイーンCは超ハイペースを前受けしてそのまま押し切るという異質の競馬。相当能力高そう。この馬は瞬発力型ではないが、他馬の瞬発力を削ぐレースが出来る。

デルタバローズ【1.0.0.0】
相当な人気薄になりそうだが、ニュージーランドTではケイアイノーテックと叩きあった末の0.1秒差3着で。こんなもんは、体調とかコースとか展開とかで変わる差だと思うけどねー。マル外で東京マイル適正は謎。距離的にはマイルがピッタリだと思う。

パクスアメリカーナ【0.0.0.0】
東京は未出走だが、デビュー以来一貫してマイルを走っておりマイル適正は非常に高そう。全姉のホエールキャプチャは色んなコース・距離で走ったが、重賞5勝の内4つが東京。東京コースは【4.1.3.3】と・・・実は東京の鬼だったのだ(この中にはヴィクトリアマイル1着・2着・4着含む)。この馬も非常に適正高そう。

ファストアプローチ【0.0.0.1】
母はサトノクラウンの全姉。おそらくダウンアプローチの種を受胎したまま輸入されたのだろう。このダウンアプローチはサドラーズウェルズ→ガリレオの欧州全盛ラインで。日本の軽い馬場に合うかどうかはちょっと疑問な血統。距離伸ばした方がいいんじゃないかなぁ。

フロンティア【0.0.0.0】
東京実績はないが、中京マイルの新馬戦を勝ち、新潟マイルの新潟2歳Sを勝ってるんでね。マイル適正は非常に高そう。血統的には兄弟にドリームパスポートやセイクリッドセブンがいる血統で。母系はステイゴールドの近親なんで、父ダイワメジャーでも2000mくらいまで走れそう。人気なさそうだが、非常に面白い一頭。

プリモシーン【1.0.0.0】
瞬発力型のディープインパクト産駒。東京実績は未勝利戦のものだが、この時負かしたのがテトラドラクマで、使った上がりは異次元の33.2。ブッツケで臨んた桜花賞は惨敗したが、今回は狙い目の一頭。個人的にはテトラドラクマよりコッチだなあ。

ミスターメロディ【0.0.0.0】
マル外のスピードタイプ。初芝だったファルコンSをアッサリ抜け出した勝ったわけだが、この時相当掛かり気味でね。これで勝つんだから相当能力は高いと思う。しかし同時に距離が大丈夫か不安。1200~1400の馬だと思うが、もし折り合いが付くようなら圧勝しても不思議なし。

リョーノテソーロ【1.0.0.0】
東京1400のクロッカスSの勝ち馬。ニュージーランドTでは4番人気に押されたが、見せ場なく8着。マル外なんでよくわからんのだが、1200~1400のスピードタイプ、あるいはダート馬じゃないかなあ・・・。

ルーカス【0.1.0.0】
言わずと知れたモーリスの全弟。血統からも東京マイルはベストの舞台で。中山1800~2000からのコース変わりは大歓迎だろう。今回人気急落しそうだが、買うならココだと思う。

レッドヴェイロン【0.0.0.0】
東京実績はないが、阪神マイルのアーリントンCで上がり最速を繰り出して3着。母は稀代の名牝エリモピクシー。兄弟のほとんどがオープン馬で重賞勝ち馬4頭。長兄クラレントはこのレース15番人気3着。一発あるかも。

ロックディスタウン【0.0.0.0】
2歳時は桜花賞・オークスの最有力候補と言われいた馬だが、走る毎に折り合いが付かなくなり、前走のフラワーCはズブズブの13着。陣営はオークスを諦めてこちらへ。血統的には距離伸びて良さそうなのに勿体ないなあ・・・。能力が高いのは間違いない。折り合いが付くかどうか。

 

この時期の3歳戦だけに東京実績不明な馬も多いんだが、浅次郎的に東京マイル適正が高そうな馬は赤字にしておいたぞ。中でも東京マイル適正が高そうなのは・・・

・カツジ
・ケイアイノーテック
・タワーオブロンドン
・テトラドラクマ
・パクスアメリカーナ
・プリモシーン

人気薄になりそうなフロンティア、デルタバローズ、ルーカス、レッドヴェイロンも面白いと思う。ただし・・・今回考えねばならんのはテトラドラクマの存在である。この馬、クイーンSでは好スタートから馬なりでぶっ飛ばして1000m通過57.8。このペースで押し切ってしまったわけだが、今回もこの馬が行くのであれば相当なハイペースが予想される。

こうなると「瞬発力型のマイラー」だとスタミナ切れになる可能性があり、「中距離型の差し馬」「持久力型のスプリンター」を狙った方がいいかもしれん。あるいはロックディスタウンのような馬がサクッと折り合い付いたりしてね(笑)。

 

展開予想は当日にやるが・・・

 

今回は「展開面」が貞操帯の鍵を握っていると思う。

 

ゴムなしチンコの活躍を願いつつ、

 

週末を待て。

 

 

競馬ブックのPhotoパドックを覗いて見ると・・・パクスアメリカーナとフロンティアが良く見えるけどね(←素人意見)。貴方にはどの馬が良く見えた?

 

【浅次郎のひとりごと】

打者転向考えバットを振った昨夏 中日松坂の復活劇

この一勝は大きい!頑張れ松坂!

 

受刑者脱走…尻尾つかませなかった3週間 空き家潜伏、海を泳ぎ、盗んだ身分証でネットカフェ

やっと捕まったか。・・・相当数の警察官が投入されたはずだが、最終的には通報か。しかし付近の住民は安心だろうね。