【皐月賞2018調教チェック】中山芝2000mで行われるクラシック第一弾GⅠ皐月賞。調教メイチ馬はどの馬だ?仕上がりイマイチな馬は?ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール、ジャンダルム、タイムフライヤーのデキは?調教特A馬、調教爆穴は?穴馬候補はグレイル、ケイティクレバー、ダブルシャープ、サンリヴァル!

 

全国10,000人の・・・

 

浅次郎調教チェックファンの皆!

 

股せたの!

 

皐月賞の調教チェック行くぜ!

(桜花賞の調教チェックのアクセス数はマジで10,000超えた。笑)

 

■皐月賞2018調教チェック

netkeibaより抜粋

 

なんと・・・!

 

ワグネリアン、タイムフライヤー、ジャンダルム、キタノコマンドールといった人気馬が内枠に集中!そしてこれらみんな差し・追い込み系!

 

そんでステルヴィオがは大外枠15番!

 

くんくん。

 

ケツの香しいニホヒがするのは私だけか???

 

 

さて・・・毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによるスーパー油風呂ジャッジである。巷のプロによる調教チェックと評価が違うからといって空き缶を投げられても困るし、買い目に関する一切の責任も負わんのであしからずよろしく頼む。→JRAの調教映像(金曜昼頃更新)

 

今日は全頭評価で逝くぜ!

 

タイムフライヤー 特A評価
若葉Sから中3週で8本!負荷掛けて来たなあ。今回はCWで最終追い切りを行ったんだが、ほぼ馬なりのまま36.7-12.3の好時計!終い気合を付けられたのは前に出て気が緩んだからか。とにかく動き的には迫力満点で。クビを使った素晴らしいフットワーク。前走と一変している可能性有り。特A評価。

ワグネリアン
弥生賞から中5週で7本。評価難しいわこれ・・・最終追い切りは単走馬なり軽めでCW39.4-12.9。チョコチョコ走ってる感じで時計も遅め。1週前は併せ馬だったんだが、これもゆったり目でCW39.6-11.6。併せてからスイッチが入った感じで(逆に押さえていた)終いの動きは素晴らしかったんだが・・・GⅠだけにせめて1週前は時計を出して欲しかったなあ。ただ、2週前にはCW36.8-12.0という時計を馬なりで出してるし、順調なのは間違いない。おそらく・・・というか当然だが、ここは「ダービーの前哨戦」なんだろうね。

ジャンダルム 特A評価
弥生賞から中5週で9本。坂路を併用しつつ、CWで3週連続好時計。1週前と2週前は一杯に追って併せ馬で豪快に先着。最終追い切りは終いだけサッと追った感じだったが、動き・気配・フットワーク・キレともに申し分なし。この馬の場合、血統的にも(母ビリーヴだからね)ダービーよりコッチが全力なんだと思う。メイチ仕上げ特A評価。

スリーヘリオス
中1週で1本だけ。疲れなく元気いっぱいではあるが、走りを見る限りやっぱりダート馬じゃないのー?記念出走ぽい。

キタノコマンドール
ええええ?マジすか・・・すみれSから中6週だが、中間はノーザンFしがらきで調整され、戻ってきたのが3/22で追い切りは7本。2週前、1週前の動きは良かったのだが、問題はミルコが乗った最終追い切りで。終始押さえたままではあったが・・・半馬身ほど遅れちゃったのである。パートナーは「あれ?まだ来ないの?」みたいな感じでチラチラ見てるし、最後まで馬体が並ぶことさえなかった。これがGⅠの最終追い切りってんだから見映え悪いよねー。せめて馬体を併せて追い切って欲しかったなあ・・・でも、1週前追い切りの反応は非常に良かったからね。デキは悪くないんだと思う。あと、ミルコは時々こういう調教やるんでね、コマネチ!

アイトーン
若葉Sから中3週で4本。最終追い切りは坂路で終いだけ軽めだったが、1週前追い切りの動きが良くてね。3頭併せでCW一杯37.9-11.8で豪快に先着。デキ良さそう。調教爆穴に挙げようか迷うところ。

エポカドーロ
スプリングSから中3週で4本。最終追い切りはCW併せ馬で39.2-11.6。終いの反応を見る感じ追い切りだったが、推進力があっていい動きだったと思う。

ケイティクレバー 調教爆穴
すみれSから中6週。中間は吉澤Sで調整され3/22に帰厩して5本。最終追い切りはCWで3頭併せ。全くの馬なりで38.6-11.9。併せた僚馬をあっという間に千切って見せた。ちょっと頭が高い気がするが、素軽いフットワークで雰囲気よかねえ。一変期待の調教爆穴!

オウケンムーン
共同通信杯以来約2ヶ月ぶり。時計出し始めたのが3/14だから多分どっかの外厩に出てたと思うんだが情報なし。南Wで9本乗り込まれてるが、馬なり中心のメニューで。速めの時計を出した1週前(38.3-12.6)も馬場の真ん中を回してて・・・最終追い切りも終始馬なりで併入だったし・・・GⅠの追い切りとしては物足りないもんがあるな。まあ、元々調教で走るタイプじゃないぽいからこれでいいのかもしれんが・・・ローテからもダービーが目標っぽいなあ。

ジェネラーレウーノ
京成杯以来約3ヶ月ぶり。中間はノーザンF天栄で調整され3/23に帰厩して6本。最終追い切りは南Wで3頭併せ。ムチが入る一杯追いで38.3-12.6。GOサインが出てからの反応も良く、あっという間に僚馬を引き離した。迫力ある動きで休み明けは気にしなくて良さそう。

マイネルファンロン
スプリングSから中3週で4本。1週前に南Wで速い時計を出し、最終は軽めも併せ馬でビッシリ。ただ・・・GⅠの追い切りなのに「追走」じゃなくて「先行」なのね。まあ、それが悪いってわけじゃないんだけど・・・調教からは押しにくいなあ。

グレイル 特A評価
共同通信杯以来、約2ヶ月ぶり。中間はノーザンFしがらきで調整され、3/8に帰厩。ミッチリ乗り込まれて9本。1週前はCWで併せ馬。終始馬なりで軽々と37.5-12.1。最終追い切りは大きく追いかける併せ馬で36.8-11.6!ムチを抜いただけで自分から加速し、最後までビッシリ追って覇気満点の動き。元々、かなり調教駆けするタイプの馬ではあるが、邪スカウター的にはこの馬が1番良く見える。特A評価。

ダブルシャープ 調教爆穴
若葉Sから中3週で4本。最終追い切りの動きも良かったのだが、1週前の動きが秀逸で。迫力満点の動きでCW37.7-11.8をマーク。併せた馬を千切った後もキッチリ伸びたのが好印象でね。前走からの上積み大きいと思うゾ!調教爆穴!

サンリヴァル 調教爆穴
弥生賞から中5週で8本!その中身も濃くて。1週前は坂路で一杯に追って52.4-24.3-12.1!最終追い切りはCW併せ馬で一杯37.6-11.8!馬が走る気に満ちてる感じで非常に素晴らしい追い切り。ただ、この馬、弥生賞時もこんな感じで素晴らしい調教内容だったんよね。高いレベルの状態にあると思うが、上積みがあるかというと疑問。それでも調教爆穴。

ステルヴィオ
スプリングSから中3週で4本。1週前はモヤで不明。最終追い切りは馬場の真ん中あたりを回す軽め調教で。併せた状態で終いだけ伸ばす様な感じであったが動きは良かったと思う。元々調教でガッツリ時計を出すタイプじゃないし、少なくとも前走より上積みは有りそうですな。順調。

ジュンヴァルロ
若葉S以来中3週で7本。意欲的に乗り込んではいるが、最終追い切りの反応イマイチに見えたし、前走時の調教の方が良かったように思うね。記念出走かあるいは僚馬ワグネリアンのラビットか。

 

以上、皐月賞の調教チェック終わり。

 

念の為書いておくが、調教がイマイチだから走らないとか、調教抜群だから必ず走る!ってことじゃないけんな。そんなもんは当日の体調にもよるし(人間だって日によって体調が変わるだろう?)、最終追いの後に一変することだってあるし、絶好調過ぎて行ってしまうなんてことだってあるし・・・もちろん、根本的な能力が違えば体調とか関係なかったりするからね(笑)。

 

また、調教は大きく分けて「調子を整える」パターンと「負荷を掛ける(鍛える)」パターンがあるのであり、「調子を整える」パターンの調教だとヌルい調教になることが多いんだよね。そんな時、私のような素人オヤジは「これはイマイチだわー」と思ってしまうのであるが(最終追い切り軽めのパターンは大概これ)、実はもうメイチに仕上がってる・・・っことが多々あるのだ。

 

そもそも、調教とレースは別物

 

調教でMAXスピードを出すことはマレだし、出したとしても短い距離だし、2000mとか調教で走ることはないからね。そもそも論として調教とレースは別物なのである。

 

ただ、

 

やっぱり調教で走る馬は

本番でも走る!

 

って考え方に則っているのが当欄の調教チェック。

 

巷の競馬新聞やスポーツ紙の調教欄なんてね、

人気順にABCって列んでるのがほとんどで。

 

「その調教評価意味なくね?」

「穴で調教いい馬を教えんかい!」

「だったら自分でやるわ!」

 

って感じで数年前に調教チェックを始めたのであるが・・・・

今や10,000人のモッコリ穴党読者が集まるようになったわけだ。

 

自分で言うのもなんだが、

調教チェック馬の好走率はかなり高いと思う。

(来ない時は全然来ないけど。笑)

 

今後も参考にしてもらえたら嬉しい。

 

(当ブログではGⅠの調教チェックを公開しているが、モッコリ万馬券倶楽部では全ての重賞の調教チェックを行っているぞ!)

 

最後に調教後の馬体重をチェックしておこう。

JRA調教後の馬体重より抜粋

 

気になるのは・・・

ジェネラーレウーノ +8kg(輸送なし)
グレイル -2kg(輸送あり)
ダブルシャープ -2kg(輸送あり)
サンリヴァル -8kg(輸送あり)

グレイルは特A評価馬であるが、輸送で馬体が減るようだと心配だな。もしや馬体重の心配があってトライアルを使わなかったのか?ダブルシャープも同じく輸送で減って欲しくないね。ただ、サンリヴァルはデビュー時が482kgで。前走弥生賞時は+10kgであったが、もしかしたら太かったのかもしれない。

 

日曜日は雨予報だが・・・

 

雨が降るといいねえ。うっひっひ。

皐月賞2018の重馬場適正はこちら

 

結論は日曜日。

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

この動画、時間がある時に是非見て欲しい。今、これを見てるあなたがどんな人生を送っていて、どんな状況なのかは分からんが、毒蛇に噛まれたような強烈な刺激を受けることは間違いないぞ。一見ふざけた若者のふざけた動画だが、私はとても強い感銘を受けた。特に、人生に迷いがある方、現状に不安・不満がある方は是非見て欲しいと思う。

 

 

このDJ社長のように、

 

好きなことをやって生きていくなんて

 

できっこないかもしれない。

 

でも、好きなことを続けていくことは出来る。

 

そう思う。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。浅次郎を応援してくれると嬉しい。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内