【皐月賞2018重馬場適正】中山芝2000mで行われる3歳クラシック皐月賞だが、週末の天気は雨予報。各馬の重馬場適正は?道悪得意な馬、下手な馬は?ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドールの適正は?重馬場適性から見つかった穴馬は、エポカドーロ、タイムフライヤー。超大穴にケイティクレバー!サンリヴァルも差はないぞ!

 

ダントツ人気が予想されていた

ダノンプレミアムが皐月賞を回避。

 

急転直下のカオスとなった皐月賞だが、

それでもワグネリアン、ステルヴィオといった強豪がおり、

やっぱりチクビ堅いんじゃね?

と思ってしまう諸兄も多いと思うが、

 

女心がそんなに単純じゃないのと同じように、

 

 

競馬だって何が起きるか分からないのである。

 

高嶺の花だと諦めているうちは何も起きないのと同じで、

堅そうだからと堅い馬券ばかり買っていたら、

帯馬券は当たらないのである(は?)。

 

フラレたっていいじゃない。

ハズレたっていいじゃない。

 

たった一度の人生だぜ!

楽しんで行こう!

 

というわけで、

 

今回は皐月賞の重馬場適性について考えてみようと思う。

(→皐月賞のデータ分析はこちら

 

週末の関東は予報。

 

 

土日は結構雨が降りそうで。

 

現時点では馬場がどうなるか分からんが、

重い馬場になるのは避けられそうにない!

 

各馬の重馬場適性をチェックしてみよう。

 

■皐月賞2018重馬場適性

netkeibaより抜粋

以下、管理人の毒断と変見によるジャッジである。特に3歳馬はキャリアが浅く重馬場経験が少ない為、少ないキャリアとともに血統を元に判断している。それは違うんじゃね?という意見もあるかもしれんが、参考にして頂ければ幸いだ。尚【かっこ】内の数字は、重馬場以上+馬場指数5以上の成績である。あしからず。

【重馬場が得意そうな馬】

アイトーン【0.0.0.0】
道悪経験はないのだが、父キングズベストはキングマンボ系でエイシンフラッシュの父として有名。そのエイシンフラッシュはキレキレ系だったが産駒はパワー系が多く道悪が得意。母系は重厚な米国ダート血統で、重い馬場は得意だと思う。

エポカドーロ【1.0.0.0】
オルフェーヴルの初年度産駒。産駒の傾向はまだ掴みきれないが、父オルフェーヴルは道悪の鬼であった。母父のフォーティーナイナーはもちろんパワー系。血統的には道悪鬼の可能性あり。

グレイル【1.0.0.0】
極悪不良馬場の新馬戦を上がり最速で勝っておるな。父ハーツクライは切れ系もパワー系もどっちも出すが、この馬はパワー兼備ぽいね。しかし一度の敗戦で人気ガタ落ちだな。

ケイティクレバー【2.0.0.0】
見つけたなあ(笑)。稍重馬場だがかなり重めの馬場だった未勝利戦を4馬身差で圧勝。これまた重めの馬場だった若駒Sを逃げて3馬身差の圧勝。注目のハービンジャー産駒で重馬場は滅法得意そうだねこれ。すみれS組はキタノコマンドールに注目が集まっとるが、コッチの方が面白そう。

ステルヴィオ【1.0.0.0】
重馬場のコスモス賞を捲り勝ち。父ロードカナロアの重馬場適性はまだ良くわからんが、この馬自身は重馬場も十分こなせそう。問題は馬場より距離?

タイムフライヤー【1.0.0.0】
重馬場だった萩Sでダントツの上がりで4馬身差。父ハーツクライ、母父はパワー系のブライアンズタイムで、道悪は鬼の可能性高いね。

マイネルファンロン【1.0.0.0】
重馬場だった未勝利戦で4馬身差の圧勝。父はステイゴールドで母系もパワー系がギッシリ。力は足りんかもしれんが、重馬場適性は高いと思う。

ワグネリアン【1.0.0.0】
重馬場だった野路菊Sを圧勝。祖母のブロードアピールは芝ダート問わず活躍した馬で(重賞6勝)、そこからパワーを受け継いでいるのかもしれんね。多少の道悪は普通にこなしそう。

 

ジャンダルムはどうだろうなあ・・・父のKitten’s Joyはサドラーズウェルズ系でパワー有りそうだけどね。正直よく分からん。

オウケンムーンの父オウケンブルースリも産駒数が少すぎてよく分からんのだが、母系はパワー有りそうだけどね。ジャングルポケット-オウケンブルースリのラインは現在唯一残っているトニービン系(多分)。個人的に、この馬には頑張って種牡馬になって欲しいなあ。。。

人気の一角になりそうなキタノコマンドールの重馬場適性はちょっと不明。この馬はデニムアンドルビーの全弟なんだが、姉は重めの馬場が得意であったから(特にちょっと重い馬場が得意)、キタノコマンドールも重い馬場は得意かもしれん。

 

ちなみに、初期のディープインパクト産駒は重馬場が苦手な軽いタイプが多かったのだが、最近は弱点を補うような配合がなされているのかむしろ重馬場が得意なタイプが多い。

 

以下は、過去5年のJRA全芝レースにおける「重馬場・不良馬場」の種牡馬別成績である。

 

 

道悪の鬼!の可能性があるのは、エポカドーロタイムフライヤー・ケイティクレバーあたりか。馬場が重くなるようなら注意したいね(雨降れー!)。

 

ここで気になるレースを振り返ってみよう。

 

まず、スプリングS。

 

 

このレース見る限り、エポカドーロとステルヴィオって互角じゃね?もちろんステルヴィオには休み明けの分があったかもしれんが・・・本番は200m長くなるしデキ次第では逆転もあるかもよ?

 

ホープフルSももう一回見てみるべい。

 

 

あ、youtubeにJRAのオフィシャルチャンネルあるんじゃん!で・・・レースはGⅠしかアップしてないのね。せこいこと言わずに全レースyoutubeで見れるようにすりゃいいのに。

 

この時のタイムフライヤーは相当長く脚を使っててね。豪快に捲る競馬で圧勝。この時、2着ジャンダルムとの着差が1.1/4。弥生賞のワグネリアンとジャンダルムの差が1/2。もちろんこんな単純な比較にあまり意味はないが、少なくとも今回のタイムフライヤーはかなり美味しい存在だと言える。

 

若葉Sを見てみよう。

 

 

平均ペースで逃げたアイトーンの逃げ切り。インを突いて伸びてきたダブルシャープが2着。阪神2000らしい持久力戦だったわけだが、タイムは2:00.0。これ・・・展開次第で皐月賞でも怖くね?タイムフライヤーは仕掛けてからの反応鈍く・・・度外視でいいと思う。

 

次、にわかに注目されてるキタノコマンドールのすみれS。

 

 

阪神2200で2:11.7かあ・・・速いなあ。池江厩舎の良血×ミルコ×DMMバヌーシー×たけしで想像以上に人気になりそう。3番人気ってマジですか。しかし、私が注目しているのは2着ケイティクレバーの方である(笑)。雨降れー!

 

最後に弥生賞を見ておこう。

 

 

ぬう。ダノンプレミアム強え・・・。この馬が居たら穴党はドモナランかったかも(笑)。しかしこれ・・・サンリヴァルもそんなに差ないんじゃね?よく粘ってるよね。少なくとも、ジャンダルムとはちょっとの差だわ。

 

というわけで、

 

まだどの馬から買うか決めてないんだが、

 

週末まで亀頭をこすりつつ悶々としたいと思う。

 

調教チェックが楽しみですな。

皐月賞2018の調教チェックはこちら!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

浅次郎POG2017~2018の途中結果!

現在首位を走るのはみそしっぷさん!ステルヴィオ、ジェネラーレウーノを擁して皐月賞へ!うーん。優勝候補だねえ。2位はアーモンドアイの桜花賞制覇で一気にポイントを加算したASSAさん!は~~~アーモンドアイを選択していたのはASSAさん一人だけだったのねー。3位はくろさわわさん!意外なことに・・・ワグネリアンを持ってるのも一人なんですなー。

ただ、皐月賞の結果次第でまだ大きく順位が入れ替わる可能性有り!あとなんと言ってもダービーの賞金はデカイからね!青葉賞・京都新聞杯に出走する馬を持ってればまだチャンスあるニョロよ!優勝者と浅次郎賞の方には心ばかりのamazonギフト券を贈るのでお楽しみに。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内