【阪神牝馬S2018予想オッズ。データ分析】阪神芝1600m外回りで行われる別定GⅡ阪神牝馬S。ソウルスターリング、リスグラシュー、アドマイヤリードなど豪華メンバーだね。データ分析では、外枠有利?脚質は差し・追い込み!SS系瞬発力型!騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はミスパンテール、ジュールポレール、デンコウアンジュ!

 

今週中山の土曜メインはニュージーランドT。

 

このレースもパンチラ見れそうなんだが・・・

 

個人的には断然コッチだぜぇ!

 

■阪神牝馬S2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

登録の時点で13頭・・・

少頭数になりそうなんだけどね。

 

デムルメ騎乗の人気馬に死角有りなんだよ。

 

ソウルスターリングはジャパンカップ以来の休み明け。

アドマイヤリードは前走東京新聞杯12着。

 

両馬ともGⅠ馬であり、強いのは百も承知。

しかし強い馬がコロっと負けるのも競馬。

 

順調度で人気になりそうなリスグラシューもね。

昨年のエリザベス女王杯は8着なわけで。

決してここで抜けた存在ではないのである。

 

というわけで、

 

少頭数だが、

大荒れが期待出来るんじゃね?

 

と夢と希望と欲に股間を膨らませつつ、

 

データ分析行くぜ!

 

なお、阪神牝馬Sは2015年まで阪神1400mで行われており、2016年より阪神1600mに変更となっている。阪神1400と阪神1600は似て非なるコースであり、本来一緒に分析してはならんわけだが、2年間だけのデータを調べても意味ないからね。そのまま過去10年間のデータを掲載しておく。あしからず。※マンダムさんご指摘有難うございました!

 

■阪神牝馬S2018データ分析、人気別成績

1番人気はまあまあ。しかし上位人気はイマイチの成績で。過去7、9、11番人気の馬が勝っているし、2着は堅めだけど3着は結構荒れているね。

 

■阪神牝馬S2018データ分析、枠番別成績

枠による有利不利はあまり考えなくて良さそう?過去のデータだと4枠が強い。

 

■阪神牝馬S2018データ分析、馬体重別成績

460~479kgが強いですな。あと459kg以下の馬格が小さいタイプも好走してるね。逆に480kg以上だとちょっとイマイチ。

 

■阪神牝馬S2018データ分析、騎手成績

池添、福永、デムに注意。

 

■阪神牝馬S2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクトが圧倒的に強いね。ただ、人気になっちゃうので回収率はイマイチ。サンデーサイレンス系の切れるタイプが強い。

 

■阪神牝馬S2018データ分析、間隔別成績

ヴィクトリアマイルの前哨戦だからね。休み明けの実力馬がココから始動することが多く、休み明けでも全然OK。ただし、半年以上の休み明けは苦しい。

 

■阪神牝馬S2018データ分析、前走成績

注目前走は、京都牝馬S(7頭)、1600万条件(8頭)。他、バラバラ。東京新聞杯からのローテは2頭だけだが、2016年のスマートレイアーは見事に勝ってるね。リスグラシューにとっては良いデータ。他、JC、有馬記念の牡馬GⅠ組はミッキークイーンのみ。京都牝馬Sは着順不問。準オープンからは1着条件。

京都牝馬S組(ミスパンテール)
準オープン組(ミエノサクシード、ミリッサ、レッドアヴァンセ、ワントゥワン)
東京新聞杯組(リスグラシュー、デンコウアンジュ)
GⅠ組(ソウルスターリング、ジュールポレール)

 

■阪神牝馬S2018データ分析、脚質別成績

馬券になるのは差し・追い込み。

 

■阪神牝馬S2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは、「差し→差し」というパターンが最も多く、ここに時々逃げ馬が絡む感じ。稀に「先行→先行」という年も有り。上がり上位馬は相当強く、33秒台~34秒前半の脚が使えるのは必須条件。

穴馬の脚質は・・・逃げ。そして差し。

 

■阪神牝馬S2018データ分析、厩舎・生産者・血統

関西馬が圧倒的に強いですな。後はノーザンF社台F。血統的にはサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系がとても多い。

 

ケツデータ論。

・サンデーサイレンス系の瞬発力型

・差し、追い込み馬

・デンコウアンジュ(笑)

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、4~5番人気と美味しい人気になりそうなミスパンテール。今回、ソウルスターリングとリスグラシューが相当チクビを吸うと思うが、昨年のチューリップ賞ではその両馬に挟まれて2着だった馬である。その後、桜花賞・オークス・ローズSと結果を出せなかったが、適距離に戻って3連勝中。注目前走の京都牝馬Sを完勝しての臨戦で、実はリスグラシューと同じくらい信頼出来るんじゃないかと思う。

 

次に、レッドアヴァンセワントゥワンの準オープン組。ともにディープインパクトの超良血馬であり、33秒台の末脚が使える瞬発力タイプ。ココで穴を開けても全く驚かないぞ。同じくミエノサクシードも速い上がりが使えるステイゴールド産駒。全く人気なさそうだが、ポテンシャルあると思うね。

 

それからマジ顔で狙ってるのがジュールポレール。昨年の当レース3着馬&ヴィクトリアマイル3着馬。マイルなら間違いなく一線級の実力馬。今回5ヶ月の休み明けであるが、デキ次第で昨年以上の結果もあると思う。調教要チェック。

 

そして・・・待ってました我らがデンコウアンジュ。昨年のヴィクトリアマイルでの11番人気◎予想はもう懐かしい感じすらあるが、今回も浅次郎は一途にこの馬から逝くんだろうね(笑)。前走東京新聞杯の敗戦で今回人気ガタ落ちとなりそうでウッシッシ。確かにこの馬は東京マイルがピッタリなんだけど、阪神マイルでもやれると勝手に思っている。ま、ここで惨敗してもノープロブレム。目標はヴィクトリアマイルである。

 

というわけで、

 

結論はもう分かってるかもしれんが(笑)、

 

ケツ論は土曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

大阪桐蔭が春連覇!36年ぶり史上3校目

大阪桐蔭強かったなあ。春連覇かあ。黄金時代。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内