【皐月賞2018予想オッズ、データ分析】中山芝2000mで行われるクラシック第一弾GⅠ皐月賞!今年はダノンプレミアムの1強になりそうだが、一足先にデータを分析してみよう。内枠・外枠どっちが有利?脚質は差し!騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はオウケンムーン、エポカドーロ、アイトーン、ダブルシャープ、タイムフライヤー。

 

あれ?

 

今年の皐月賞はフルゲート割れ???

 

■皐月賞2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

500万勝ちしかないジュンヴァルロ、

1勝馬のスリーヘリオスも抽選なしで出走可能となっており、

例年に比べハードルが低い皐月賞になりそうだね。

 

逆に言えば、今年は核たる馬がいるってことで。

 

4戦無敗のダノンプレミアムが強過ぎる・・・

ってことの裏返しなのだと思う。

(※ダノンプレミアムは挫石のため回避決定

 

ちなみに、

 

私のチンコは今年・・・

 

4戦4敗だ。

 

(なにが)

 

しかし、フルゲート割れはなんとなく寂しいなあ。

 

さて、

 

データ分析行ってみよう!

 

■皐月賞2018データ分析、人気別成績

一番人気の強さはイマイチで。むしろ3~4番人気がお買い得なレースなんだけど今年はどうだろうね。そして、結構穴馬が突っ込んでくるレースでもある。しかし今考えても去年の皐月賞は異常だったね。牝馬のファンディーナが一番人気という・・・この時ファンディーナに◎を打った予想家がワラワラといたわけだが、こういう予想家の多くは右に倣えの真性包茎回収率マイナス予想家なので信用してはならない。

 

■皐月賞2018データ分析、枠番別成績

どちらかと言えば外枠の方が多く馬券になっとるな。回収率の面でも外枠の方が優勢で。コーナー4回の内回り戦・・・ってのはあまり意識しない方がいいかもしれん。

 

■皐月賞2018データ分析、馬体重別成績

成長途上の3歳馬なだけに440~459kgのゾーンでもかなり馬券になるんだが、439kg以下は割引いた方がいいかもしれんね。

 

■皐月賞2018データ分析、騎手成績

要注意なのは岩田、ミルコ、蛯名、川田。福永は2着が吉(笑)。ところでルメールはどっちに乗ると?ステルヴィオ?ふーん・・・でタイムフライヤーは内田?そうか・・・こりゃ美味しくなるかも。で、ミルコは?まさかの騎乗馬無し?

 

■皐月賞2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクトが圧倒的に強いわけだが、出走頭数も多いからね。むしろ皐月賞適正・・・という意味ではネオユニヴァースやステイゴールドには劣るのかもしれない。キングカメハメハも多くの人気馬を送り込んでいるが、イマイチの結果で。勝ったのドゥラメンテのみ。

 

■皐月賞2018データ分析、間隔別成績

4週(中3週)ってのは、スプリングSと若葉S。3週(中2週)で勝ったのは去年のアルアインのみ。馬券の多くは5~9週組。2ヶ月以上の間隔が空くのは割引ですな。詳しく見てみよう。

 

■皐月賞2018データ分析、前走成績

注目前走は、弥生賞組(11頭)、スプリングS(6頭)、若葉S(4頭)、共同通信杯(5頭)・・・この4組で26/30を占め、他は例外扱いで良し。各レース1~2着条件であるが、弥生賞のみ着順不問。

弥生賞(ダノンプレミアム、ワグネリアン、ジャンダルム、サンリヴァル)
スプリングS(ステルヴィオ、エポカドーロ)
若葉S(アイトーン、ダブルシャープ)
共同通信杯(オウケンムーン)

近年は共同通信杯からの直行組が強く・・・来る時は頭!というのが4回もある。ローテ的にはオウケンムーンが狙い目。

 

■皐月賞2018データ分析、脚質別成績

皐月賞で最も優勢なのは「差し」ですな。上がり上位馬は相当強く、前に行く馬であっても速い上がりは必須。

 

■皐月賞2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→差し」「差し→先行」「差し→追い込み」という感じで頭は差し系が良いですな。前目で残る馬も最初から好位・・・という感じではなく、徐々にポジション上げてという馬が多い。逃げ馬はヒジョーにツライですな。

上がりが33秒台になることは滅多になく、34~35秒台での決着がほとんど。もちろん瞬発力は必須だが、中山適正も必要。

穴馬の脚質も差し・追い込み系。

 

■皐月賞2018データ分析、厩舎・生産者・血統

関西馬の方が圧倒的に強いんだが、近5年では関東馬が4勝を挙げており侮り難し。池江厩舎の強さハンパねーな。生産者はもう圧倒的にノーザンF。血統的にはもうサンデーサイレンス系一色。

 

ケツデータ論。

・好走ローテは限られている。

・差し馬優勢。

・ノーザンF。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、上記でも挙げた共同通信杯1着のオウケンムーン。今どき父母ともに内国産でサンデーサイレンスの血が一滴も入ってない珍しい馬で。トニービン-ジャングルポケット-オウケンブルースリという系譜。馬主は「オウケン」で有名な福井氏。個人馬主だが、ノーザンF×国枝厩舎なんでね。共同通信杯のレースレベルは確かに疑問だが、穴馬の資格十分だと思う。ただ、ローテ面から押す予想家が多くなるだろうから穴人気しちゃうだろうね。

次に、スプリングS2着のエポカドーロ。脚質的にここでは苦しいかもしれんが、やっぱり前に行く馬には穴を開けるチャンスがあるわけで。展開次第では一発あって不思議ないと思う。少なくとも人気の一角になりそうなステルヴィオとの能力差はない。

それから、若葉S1~2着のアイトーンダブルシャープ。昔から皐月賞で穴を開けるのは若葉S組と相場は決まっているのであり、今年も不気味な2頭がスタンバイ。アイトーンは逃げ馬候補。ダブルシャープはタフな馬場が合いそうな差し馬である。頭は厳しいかもだが、馬場・展開次第で2~3着はあるかもよ?

最後に、若葉S5着のタイムフライヤー。前走の敗戦と乗り替わりで大きく人気を落とすと思うが、ジャンダルムやサンリヴァルを基準に強弱を考えた場合、この馬とワグネリアンはそんなに差があるわけではないのであり、前走を度外視して見れば2番人気になっても全くおかしくない馬である。その前走も休み明けで反応が悪かったからね。一変していれば頭まであると思っている。ま・・・個人的にはダービーの方で狙いたいので、ここは惨敗して貰ってもいいんだけど(笑)。

 

今回、ダノンプレミアム(※回避)にはつけ入るスキが1㍉もなく、

 

データ的にはほぼ完璧なオッパイで。

 

 

唯一アラを探すなら、

 

チクビの色が分からない・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

「非社台」のケイアイファーム生産だってことくらい。

 

おそらく人気もダントツの1倍台になると思うが・・・

 

競馬に絶対などないのであり、

 

今回だってダノンプレミアムが勝つとは限らないのである。

(単勝1.0~1.4倍台の馬の勝率は62.3%)

 

まあ、強い馬が強い勝ち方で勝つ姿を見たい!

 

って気持ちもあるが、

 

馬券は別。

 

2着以下に負けるほうに賭けたいと思う。

(3着は外さないだろう。笑)

 

調教・展開予想などは後日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

東名でトラックの前に割り込み停車させ運転手を模造刀様のもので殴る 33歳男逮捕 愛知

車に乗ってる人はね。ドライブレコーダー付けておいた方がいいよ。安いヤツなら10,000円くらい。工賃入れると+3000~4000円掛かっちゃうけど、防犯・トラブル防止を考えると安いもん。軽い接触事故なんてのはよくある話だしね。しかし、煽り運転って無くならないね。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内