【天皇賞春2018レース回顧】京都芝3200mで行われたGⅠ天皇賞春。混戦を制したのは岩田騎乗の5歳レインボーライン!勝因はなんだったのか?展開がハマったのか?怪我(右前足跛行)の原因は?岩田の騎乗はイン突き?はたまた負けたシュヴァルグラン・ガンコ・クリンチャーの敗因はなんだったのか?簡単にレース回顧する。

 

レインボーライン、

淀に虹架け春の盾制す!

 

 

穴党にゃドモナラズな結果だったんだけどね。

 

しかしなんだかこういう馬がGⅠを勝つと嬉しいねえ。

 

簡単にレース回顧しよう。

 

■天皇賞春2018レース結果

netkeibaより抜粋

 

■天皇賞春2018映像

 

■天皇賞春2018回顧

スタート!

出遅れる馬なく揃ったスタート!行ったのは予想通りヤマカツライデン!ソールインパクト、カレンミロティックあたりも押して押してポジションを取りに行こうとするが馬が進んで行かない!ガンコが馬なりで番手。外からトミケンスラーヴァが先頭を追って行く。シュヴァルグランも好位の一角へ。

 

結構縦長の隊列で1周目の3~4コーナーへ。

 

1000m通過は1:00.1。3200m戦だからね。これは結構速いペースだったと思う。この後、緩むんだけどね。

 

向正面。差を広げて逃げるヤマカツライデン潔し。2番手にトミケンスラーヴァ。

 

ガンコが3番手。続いてシュヴァルグラン、カレンミロティック、ソールインパクト。

 

外から押し上げるクリンチャー、サトノクロニクル。中団のインで脚を溜めるミッキーロケット、チェスナットコート。その後ろにいるのが12番レインボーライン!トーセンバジル、アルバートも上がって行く。

 

え?

 

まだ2000m地点だよね?

 

 

それもそのはず・・・1000mまでは結構速いペースだったのだが・・・1400~1600m地点で13.2とガクンとペースが落ち、1000~2000mは62.7のペースだったのだ。

 

つまり・・・中団後方から押し上げて行った馬たちは、このペースダウンに我慢が効かなくなっちゃんたんですな。

 

ここでレインボーライン岩田の騎乗を見て欲しいのだが・・・ちょっと後ろ体重で若干引っ張ってるように見えるだろ?これは押し上げていった馬たちに釣られないように、必死に押さえつけてる岩田の図なんだと思う。この時の我慢汁が、最後の最後に活きることになる。

 

中団に居たレインボーラインだが、あっという間にここまでポジションを下げる。続いて、ピンポン、シホウ、トウシンモンステラ。

 

ポツンと最後方がスマートレイアー。

 

残り800mの隊列がこう。先頭はヤマカツライデンだが・・・実質的にレースをコントロールしていたのはガンコの藤岡佑とシュヴァルグランのボウマン。この2頭は、最初の1000mこそ脚を使ったが、道中まんまとスローに落として脚を溜めることに成功したのである。ここから淀の下り。

 

坂の下りを利用してトーセンバジル、サトノクロニクル、アルバート辺りが仕掛けて行くが・・・中盤で我慢出来なかったツケが回って来たのか、すでに手応えが悪い。クリンチャーも中盤イカされた口だが、その後すぐに落ち着いてね。ココでも手応え良く虎視眈々。

 

残り600mを通過。馬なりのままヤマカツライデンを交わし、絶好の手応えで4コーナーを回るシュヴァルグラン。後方の緑の帽子がレインボーライン。

 

ノリスケさん提供の写真。キレイやねー!

 

 

ラップタイムを見れば分かる通り。今回の春天は残り800mから一気にペースが上がって・・・12.1-12.1-11.4-12.4(48.0-35.9-23.8-12.4)。

 

つまり、序盤ハイペース→中盤スローペースからの・・・

 

残り800mロングスパート合戦!

 

だったのである。

 

レインボーラインはコーナーを回りながら外目を回して加速!

 

だけんどもしかし!

 

 

前をトーセンバジル、外をチェスナットコートに包まれ、

 

行き場を失くしてしまったのだ!

 

ここで岩田は軽くブレーキを踏んで状況判断を迫られることになるんだが、

 

一瞬の判断で進路を内へ!

 

 

ココからの伸びはダビスタを見るような感じで。

 

体全体を振り子と化して追う・・・

 

岩田のモンキーダンス炸裂!

 

 

そして、中盤で我慢したのが最後の最後で活きる!

多くの馬がラスト100mで止まってしまったのだが、

レインボーラインはグイグイと伸びて

先頭を行くシュヴァルグランに襲いかかる!

 

 

まさに人馬一体。

 

岩田・・・完全にレインボーラインの首の一部になっとるがな(笑)。

 

 

クビ差交わしたところがゴール!

 

淀の晴れ間に

虹を架けたレインボーライン!

 

 

 

 

 

なお、みんな知っての通り、レインボーラインはレース後にジョッキー下馬。検査の結果は右前足跛行。精密検査の結果が出ないと何とも言えんが、とりあえず命にかかわるような怪我じゃなくて良かったね。

 

さて、勝ったレインボーラインはステイゴールド産駒の5歳馬。父と同じ様にGⅠでは善戦マンであったが、今回の天皇賞春制覇で晴れてGⅠ馬の仲間入り。ただ、今回メンバー的に薄かったのは否めないし(GⅠ馬はシュヴァルグランだけ)、得意なロングスパート合戦になったという展開の利もあったのも間違いないと思う。

ただ、直線入り口で前が開いていれば2馬身差くらいつけて突き抜けていたと思うし、岩田が「馬が変わった」と言う通り、5歳になってやっと本格化してきたのではないだろうか。アレだけ斜めに走ってシュヴァルグランに完勝したんだから相当強い競馬をしたと思うね。

そうそう。「岩田得意のイン突きで勝った」と書いてる競馬メディアがとても多いんだけどさ。今回のレインボーラインどう見てもイン突きじゃないと思うけど?普通イン突きってのは最終コーナーでインベタを回し、直線はラチ沿いを走り、最も距離損のない走り方をすることだよね?しかし、今回のレインボーラインは4角で外を回し、進路がないので内に切れ込んだのである。つまり、4角外回し→距離損。直線内へ→距離損・・・である。イン突きというよりイン方向に切れ込んだだけである。

そりゃ確かに岩田はイン突きが得意だけどさ。今回は全然違うし、かなりロスのある競馬をしたと思うね。それでも勝ったんだから馬も強かったし、岩田の騎乗も最高だったと思う(あそこで迷ってたら進路が失くなってしまったかもしれないし、強引に外に出したらぶつかっていたかもしれない)。

今回の岩田の騎乗についてあれこれ言うヤツがいると思うが(怪我の原因だとか、壊し屋だとか)、岩田の騎乗は最善だったと思うし、怪我との関連(内に切れ込んだ際に捻ったか?)があったとしてもジョッキーの責任ではないと思う。なぜなら、馬は勝つために走ってるのであり、ジョッキーは馬を勝たせるのが仕事だからだ。

またこのコンビでターフに戻って来てほしいね。宝塚記念はムリだろうから・・・天皇賞秋惨敗→ジャパンカップ惨敗からの・・・有馬記念で全力買いしたい(笑)。

 

2着のシュヴァルグランは完璧な競馬をしたと思う。多くの人が4コーナーでこの馬の勝利を確信したと思うし、馬もその期待に応えて横綱競馬で勝利目前まで行った。ただ、ちょっと今回はレインボーラインが強かったね。私の見立てではまだ完調手前だったんじゃないかと思うが・・・この後はどうすんだろね。宝塚記念に是非出てきて欲しい。

 

3着クリンチャーも展開が向いた一頭だと思う。この馬も持久力勝負が向くタイプで、スタミナ比べのロンスパ合戦は望むところだっただろう。ただ、惜しむらくは、向正面で行きかけたこと。あそこで我慢が効いたら最後の伸びにつながったかもしれない。素人意見だけど。今後はなんと凱旋門賞にチャレンジするプランらしい。GⅠ勝利なしで凱旋門賞挑戦のフラグが立つなんて珍しいが、是非頑張って欲しい。

 

4着ミッキーロケットがした競馬こそ、イン突きというべきだろうよ。最内枠で終始インベタを追走。向正面で後ろの馬が行った時も我関せずでジッとしていたのが印象的。4コーナーではラチ沿いから2~3頭分開けて回したが、直線は猛然を内を突いて伸びた。もう一歩のところでクビ差4着だったのは距離適性の差だろう。一番距離損なく競馬したのは間違いなくこの馬で。ホントに惜しい競馬だった。

 

驚いたのが5着チェスナットコート。いや・・・着順に驚いたわけではなく、そのレース振りに驚いたのである。この馬も後ろの馬が行ったときにジットしていた馬なんだが、この馬の場合、残り1000m過ぎに自発的に仕掛けているのである。映像を確認すると分かると思うが、蛯名はシュパッと手綱を叩いてGOサインをだしているのだ。そこからジワジワとポジションを上げ、外を回して最後まで止まることなく5着入線。相当長く脚を使っており・・・この馬、おそらくスタミナモンスターだと思われる。今後、アルバートに代わってステイヤーズS3連覇するのはこの馬かもしれない(笑)。

 

人気の一角だったガンコの敗因はなんだったのだろう?シュヴァルグランと同じような位置取りだったが、4角では早々に手応えが怪しくなり、直線半ばで失速。考えられるのは「3200は長かった」「さすがに疲れが出た」のドッチかだろうと思う。一旦休養した方がいいかもしれない。

 

私の◎カレンミロティックは、スタート後のポジション争いで脚を使い・・・道中の追走がやっと。4角前にもう終了してしまっており・・・ドモナラズ。さすがに・・・もう年齢的なものがあるのかもしれん。あ、これが引退レースだったんだね。ちょっとさみしい気もするが、余生はノーザンホースパークで過ごせるとのことでファンとしては一安心。いつか会いに行きます。

 

そんで予想通り?

浅次郎◯の法則レインボーラインが1着(笑)。

 

でも浅次郎は2番人気の馬を軸には出来ないのである。

当然来週も再来週も大穴狙いで逝く。

 

以上、回顧終わり。

 

さて、今週はNHKマイルCですな!

 

しかし今週がまたGW家族サービスで忙しいんだよねー。

 

出来る限り記事をアップするように心がけるが、

 

「あれ、浅次郎今日はサボりか?」

 

なんて日があっても空き缶を投げたりしないように(笑)。

 

今後は笑顔でね。

 

【浅次郎のひとりごと】

憲法改正、賛成51%…自衛隊「合憲」76%

憲法は守るもんじゃなく、時代に合わせて変えるもんだと思うけどな。我々の国を守ってるのは憲法じゃなくて自衛隊と米軍。これは間違いない事実であり、自衛隊が違憲だのなんだのという議論が起きること自体がおかしい話。私達の国を守ってくれる自衛隊に誇りを。憲法変えようぜ!

 

【天皇賞春2018予想】京都芝3200mで行われるGⅠ天皇賞春。シュヴァルグラン、クリンチャー、レインボーライン辺りが人気だが、そもそも天皇賞春は大波乱が基本のレース。当然大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースは?上がり3F最速馬は?狙いは前のカレンミロティック!差しのレインボーライン、アルバート!大穴スマートレイアー!

 

いやあ・・・

 

春天人気割れてんなあ!

 

■天皇賞春2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気のシュヴァルグランが3.8倍かー・・・

もうちょい人気になると思ってたが意外と胸チラなオッズだな。

 

 

ま、目は行くけど買わない(笑)。

 

2番人気はレインボーラインだと思ってたが、

クリンチャーの方か。

これ、武豊騎乗だったらもっと人気になってたハズでね。

これはこれでやっぱり胸チラかもしれん。

 

 

ま、これも目は行くけど買わない(笑)。

 

で、8番人気のトーセンバジルが13.3倍・・・

9番人気のミッキーロケットが30.1倍なんでね。

 

 

ここに大きなオッズの断層がありますな。

 

つまり、8番人気までの馬で人気が割れており、

9番人気以下はガクンと人気が落ちるのである。

 

まあ、大穴モッコリ党党首の浅次郎としては、

9番人気以下の馬に◎を打たねばなるまい。

 

最近は(というか前からだが)、

 

「浅次郎の◎は全然来ないけど、◯は相当馬券になるぞ!」

 

という噂もあるのだが、

 

 

その噂はどうやら間違いないらしい。

(昨日の青葉賞の◯もゴーフォザサミットだったしぃ)。

 

でも、今後もスタンス変えないけどね。

 

さて、展開見てみよい!

 

■天皇賞春2018展開予想

逃げ候補は
ヤマカツライデン
ガンコ
トミケンスラーヴァ

先行勢は
カレンミロティック
クリンチャー
ミッキーロケット
ソールインパクト

差し勢は
チェスナットコート
シュヴァルグラン
レインボーライン
スマートレイアー
トウシンモンステラ
アルバート
トーセンバジル

追い込み勢は
シホウ
ピンポン

行くのはおそらくヤマカツライデンだろう。続いてガンコが番手。あるいは外からトミケンスラーヴァが行くかもしれんが・・・いずれにせよ速いペースにはなりそうもないか。ペースの鍵を握るのはガンコ藤岡佑だろうね。この馬が前を突付くか、控えてすんなり収まるかで変わってくると思う。

 

データ分析でも書いたが、

 

穴馬の脚質は、

 

圧倒的に前!

 

というわけで、

 

前の馬狙いで行くことにする(笑)。

 

後は京都3200適性も考慮してね。

 

今回調教チェックは軽視して(え?)考えようっと。

 

あ、一応毎度の「上がり3F」を見ておくか。

 

上がり3F最速候補は・・・

・チェスナットコート
・レイボーライン
・アルバート

かな。今年は瞬発力型の馬が少ないね。あ、みんな大阪杯に行ってんのか(笑)。

 

さてと。

 

なんか荒れる予感しかしないんだが、

 

いつも通り、

 

モッコリ大穴狙いで逝くぜ!

 

■天皇賞春2018予想印

 

カレンミロティック(10番人気)

2016年の天皇賞春。私は当初この馬を◎にする予定だったのだが(当時単勝99倍の13番人気)、いくら何でも頭はないわなー!と考えて▲に印を落としてしまったのである(→当時の予想記事)。結果はキタサンブラックとのデッドヒートでハナ差惜敗。反省しまくりだったのは言うまでもないが、この馬が京都の鬼であること、長距離適正抜群であること、そして今回も絶好の枠を引いたのは間違いないわけで。調教にさえ目をつぶれば、買い材料たっぷりの馬である。

もちろん、年齢的な懸念はある。だが、だから人気を落としてるのだと思えば美味しいわけで。前残りの展開になれば、また世間を驚かす激走をしてもなんら不思議なしである。鞍上はキラー池添。老兵の最後の一華に期待したい。

 

相手筆頭はレインボーライン。私が本命党ならこの馬から逝くね。天皇賞春と相性のいいステイゴールド産駒。前走は文字通りの圧勝で。クリンチャーに2~3馬身差をつけてたからね。本来、この馬が1番人気でもおかしくないと思う。以下、長距離の鬼アルバート、神枠1番+和田ドラゴンのミッキーロケット。京都だと怖い怖いレイアー姐さん!

 

◯レインボーライン(3番人気)

▲アルバート(6番人気)

△ミッキーロケット(9番人気)

☆スマートレイアー(11番人気)

 

馬連 ボックス @100円

3連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!カレンミロティック!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
東京3R 6番

■おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
新潟3R 3番
東京3R 10番
京都10R 2番

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一般募集は今日まで!(今日中に登録すればOK)

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【青葉賞2018予想】東京芝2400mで行われるダービートライアルGⅡ青葉賞。オブセッション、スーパーフェザー、サトノソルタスら良血馬が人気だが、当然伝説の大穴狙いで逝く!展開・来列・ペースは?上がり3F最速候補は?東京向きの瞬発力型は?狙いは大穴カフジバンガード!対抗にゴーフォザサミット!爆穴にトラストケンシン!

 

キタこれ!

 

伝説作るのはココだ!

 

■青葉賞2018朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

オブセッションが1番人気になりそうな今回の青葉賞。

 

だけんどもしかし!

 

 

オブセッションは、前走の弥生賞で、

 

4角で曲がれずに外にぶっ飛んで行った馬である。

 

 

で、

 

「まともに走れば1番強いよ」

 

という感じで人気になるんだと思うが(ルメだし)、

 

では、

 

弥生賞でまともに走ってたら馬券になっていたか?

 

と言えばヒジョーに疑問ですな。

 

今回出走するトラストケンシン(12番人気)にも4馬身離されてるからね。

最後は追ってなかったとはいえ・・・

いくらなんでも負け過ぎじゃないだろうか?

 

「もし、まともに走れば」

「もし、展開が向けば」

「もし、調子が良ければ」

 

という「モシレバ思考」

人気薄の馬に使うべきであって、

1番人気の馬に使うメリットは全くない。

 

今回で言えば、

「もしミッキーポジションが芝馬だったら?」

という使い方が穴のモコ道思考なのである。

 

 

溺れることが多いんだけど(笑)。

 

もちろん、

オブセッションの能力が高いのは重々承知。

左回りに変わるし、陣営だって対策を練ってるだろう。

今回アッサリ勝ってしまうかもしれん。

 

しかし、その時はカーチャンゴメンと

潔く土下座するのみ。

 

 

オブセッションは、

バッサリ斬らせていただく。

 

浅次郎の調教チェックでもイマイチ評価だったしな。

(重賞の調教チェックはモッコリ万馬券倶楽部にて公開中)

 

展開見てみるべ。

 

■青葉賞2018展開予想

逃げ候補は
ダブルフラット
ディープインラブ

先行勢は
ミッキーポジション

差し勢は
エタリオウ
ユウセイフラッシュ
スズカテイオー
オブセッション
スーパーフェザー
ダノンマジェスティ
モンテグロッソ
サトノソルタス

追い込み勢は
カフジバンガード
ゴーフォザサミット
トラストケンシン
ノストラダムス
マイネルサリューエ
テトラルキア
クレディブル

ひえええええええ・・・(冷汗)。前に行く馬が全然いねええ!!人気馬はもちろんほとんどの馬が差し・追い込み系だよこれどうなんの???行くのはおそらく戸崎のダブルフラットと岩田のディープインラブだろう。しかし、後ろは来ないし・・・ぶっ飛ばして行く必要もないし・・・東京2400だし・・・こりゃ、

 

スローほぼ確定。

 

ですな。で、そうなりゃ

 

直線ヨーイドンの瞬発力勝負。

 

もう・・・

 

上がり上位馬狙いで逝く!

 

今日の東京は晴れで、馬場は良さそうね。

 

上がり3Fデータ見ておこう。

 

さすがに瞬発力上位の馬が多かね。上がり3F最速候補は、

・カフジバンガード(スプリングS2位)
・スズカテイオー(大寒桜賞1位)
・オブセッション(シクラメンS1位)
・ゴーフォザサミット(共同通信杯1位)
・スーパーフェザー(アザレア賞1位)
・トラストケンシン(弥生賞2位)
・サトノソルタス(共同通信杯2位)

重賞は2位以内、500万条件は1位限定で抽出したのがこの7頭(ダート除く)。特に面白そうなのがゴーフォザサミット。共同通信杯はもろに上がり33秒台の瞬発力勝負だったが、ここで33.2の鬼脚を繰り出している。スプリングSも上がり2位の脚を使ってるんだが、位置取りが後ろ過ぎて全く届かず。明らかに東京の長い直線向きだろう。

そのゴーフォザサミットと同じようなレースをしているのがカフジバンガード。謎の人気薄になっているが、東京なら確実に差して来ると思う。届かず4~5着ってのがこの馬のパターンだが、今回のメンバーなら十分一発あると思う。あとは人気だがサトノソルタス。それから弥生賞2位のトラストケンシンと大寒桜賞1位のスズカテイオー。

 

というわけで、

 

徹底して前走重賞組の瞬発力型で逝く!

中山で届かなかった馬、東京で鋭い脚を使った馬。

 

伝説の大穴狙いじゃい!

 

待ってろMYチンコ!

取ったらええもん食わしたるで!

 

■青葉賞2018予想印

 

カフジバンガード(11番人気)

この馬を買う理由は先述した通りである。東京向きの脚質、上がり上位が使える瞬発力型。さらに、東京2400で神枠の1枠1番。調教は絶好。東京注目のハービンジャー産駒。問題は出遅れ癖だが・・・スローの東京2400ならそう影響あるまい。後方からになったとしてもラチ沿いインベタで直線向くまでジッと我慢して欲しい。出遅れなけレバもう大チャンスだと思う。頼むぜフルキッチャン!

相手筆頭は同じタイプのゴーフォザサミット。コッチを◎にすることも考えたが、迷ったら人気薄の法則で(笑)。それから共同通信杯で同じような脚を使ったサトノソルタス。大外枠だし人気なんで買いたくないんだが、この馬は人気でも押さえが必要だと判断。穴にスズカテイオー。そして超爆穴にトラストケンシン。この馬、弥生賞ではダノンプレミアムやジャンダルムより速い脚使ってるからね。位置取り次第で一発あるかもよ?

 

◯ゴーフォザサミット(6番人気)

▲サトノソルタス(3番人気)

△スズカテイオー(7番人気)

☆トラストケンシン(12番人気)

 

馬連 ◎流し @100円

馬単 ◎流し @100円

3連複 ◎流し @100円

 

頑張れ!カフジバンガード!

 

 

【おまけ】土曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
新潟2R 6番

■おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
東京3R 15番
東京6R 5番
京都9R 4番
新潟2R 7番

 

【浅次郎のひとりごと】

北の非核化意思を多方面から確認 正恩氏の肉声も=韓国大統領府

信じる方がアホ。今まで何度も裏切られて来たし。そもそも、一旦手にした最強の武器を手放すもんかい。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【天皇賞春2018調教チェック】京都芝3200mで行われる長距離GⅠ天皇賞春!今年はシュヴァルグラン、レインボーラインの仕上がり具合はどうなの?デキ抜群の馬は?逆に、仕上げイマイチの馬は?浅次郎の調教特A評価はアルバート!ガンコ!調教爆穴は・・・ミッキーロケット!チェスナットコート!スマートレイアー!

 

うっしっし。

 

天皇賞春の枠順、

 

悩ましいねえ。

 

■天皇賞春2018枠順

netkeibaより抜粋

 

神枠の1枠に入ったのは

ミッキーロケットとチェスナットコート。

 

あと、前に行きたいカレンミロティックと

ガンコあたりも良い枠を引いたね。

クリンチャーも8番なら文句ないところだろう。

 

で、人気のシュヴァルグランとレインボーラインは外目の6枠。

アルバート、トーセンバジルも外。

 

こりゃ

 

ハナに

 

割り箸刺したくなってきたなあー。

 

 

さて、

 

毎日このブログを見に来てくれる浅次郎毒者のあなたも、

偶然タマタマこの記事に辿り着いたチン客のそなたも・・・

 

股せたな!

 

浅次郎の調教チェック行くぜ!

 

■天皇賞春2018調教チェック!

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによる「いけない!ルナ先生!」ジャッジである。勘違いや思い込み甚だしく、チクビに生クリーム塗ったりすることもあると思うが(笑)、あしからずご覧頂きたい。なお、言うまでもないが、馬券の購入は自己責任で。映像はこちら→JRA調教映像(金曜昼くらい)

ミッキーロケット 調教爆穴
京都記念から約2ヶ月半振り。中間はノーザンFしがらきで調整し、3/31に帰厩して8本。一週前に坂路で一杯に追って51.5。最終は見せムチプリプリオッパイに追って52.6。この日は相当重めの馬場だったのを考えるとかなり良い時計であった。最後ちょっとフラっとしたのが気になるが動きは良かったと思う。問題は距離だが・・・調教爆穴。

チェスナットコート 調教爆穴
前走日経賞2着から中4週。中間は宇治田原優駿Sで調整され、4/11に帰厩して坂路で4本。坂路で速い時計を出すと終いが13.0近く掛かってしまう馬であるが・・・今回の最終は重い馬場で52.9-25.2-12.6。ハーツクライ産駒の4歳牡馬で、今が成長期なのかもしれん。もうちょっと幅が出て欲しいところであるが、非常に不気味チンコ。調教爆穴。

シホウ
阪神大賞典から中5週で9本。順調に乗り込まれてるね。状態良さそう。

カレンミロティック
阪神大賞典から中5週。中間はノーザンFしがらきで調整され3/29に帰厩して8本。本数は十分だが、正直・・・上積みがあるようには見えない。最終追い切りでも追われて反応薄かったしなあ。ただ、年齢を考えれば良い意味で平行線って気もする。厚い印打つ予定だったんだが・・・うーむ。

ヤマカツライデン
大阪杯から中3週で3本。最終追い切りは、重い坂路で50.6という猛時計。ただ、この馬かなり調教駆けするタイプなんでね。好調は好調だが、大きな上積みあるかと言えば・・・。

ガンコ 特A評価
日経賞から中4週で7本!2週前に坂路で53.0、1週前に52.7と速い時計を出し、最終追い切りは54.4と軽め。ただ、完全馬なりで終い最速の素晴らしい内容。闘志を内に秘める感じでいい追い切りだった!特A評価!

ピンポン
福島民報杯から中1週で2本。動きは悪くないけどね。

クリンチャー
ん???阪神大賞典から中5週で7本。順調に来てるっぽいんだが、2週前も1週前も速い時計を出さずに終いだけ伸ばす感じ。最終追い切りは三浦が乗って感触を確かめる感じだったんだが、ルナ先生それじゃボッキしないなー。いつもなら最終か一週前に一杯で追い切るんだが今回はいずれも軽め。もう仕上がっててやる必要がないのか?それとも???

ソールインパクト
日経賞から中4週で7本。もともと調教で走るタイプじゃないんで気にする必要ないかもだが、正直あまり良く見えないなあ・・・

サトノクロニクル
阪神大賞典から中5週で7本。2週前、1週前とCWで一杯に追って終いキレキレ。最終も終いを伸ばす感じで38.4-11.4!僚馬の影になって動きはよく分からんかったが時計的には文句なし。特A評価を打とうと思ったんだが、併せて遅れたのがちょっとだけ不満。まあ11.4で上がってるんで相手(クライムメジャー)を褒めるべきなのかもしれんが、せめて併入して欲しかったなあ。惜しい。

シュヴァルグラン
む?大阪杯から中3週で5本。これは評価が分かれるだろうなあ・・・1週前追い切りは時計だけ見れば文句なし(37.6-12.2)。しかし、ムチが入る目一杯追いで、さらに馬場の真ん中を通ってのものでね。外を回したポポカテペトルに最後アッサリと千切られてるのである。まあ、元々調教でパートナーを千切るタイプの馬じゃないし、実戦タイプだから気にする必要はないのかもしれんが・・・今回の調教からは押しヅラいねー。最終追い切りが軽めなのはいつも通りで心配なし。

レインボーライン
阪神大賞典から中5週。中間はノーザンFしがらきで調整され4/5に帰厩して坂路で6本。この馬は日曜追いが実質的な最終追い切りで。水曜追いの時計は全く気にする必要なし。その日曜追いもいつも通りの内容。至極順調。

トウシンモンステラ
ダイヤモンドSから約2ヶ月半振り。ちょっちゅね。

アルバート 特A評価
阪神大賞典から中5週で6本。1週前に南W強め3頭併せで37.7-12.4の好時計。低い重心で迫力ある動き。最終追い切りもサトノソルタスと併せて38.4-12.5。非常に素晴らしい追い切りだったと思う。ココを目標にメイチ仕上げ。特A評価。

トーセンバジル
日経賞から中4週で4本。速い時計は2本だけ。本数も少ないんだが内容もちょっとイマイチで。いや1週前追い切りは37.3-11.9で時計は悪くないのよ。でも、馬場の真ん中を通って結構強めに追っててね。それでも馬なりの格下馬を交わせずに半馬身遅れ。追っての反応イマイチ。で、最終は・・・何故か芝追いなんだよねえ。CWの重い馬場を嫌ったのか・・・いつも通りCWで追い切って欲しかったなあ。ただ、最終追いの反応は良くなってたと思う。これで変わるか?

スマートレイアー 調教爆穴
大阪杯から中3週で5本。2週前にはDPで36.0-11.9と実戦並の好時計。1週前には長めからCW一杯で37.9-12.0。そして最終は重い坂路で馬なり52.7、しまいは24.7-12.4。8歳牝馬だが、ミッチリと負荷が掛かっており、陣営の本気度が伺える仕上げ。距離が持つかどうかは置いておいて仕上がりはフルボッキである。ルナ先生イチオシ調教爆穴だぜ!

トミケンスラーヴァ
阪神大賞典から中5週で5本。順調だけどね。強調材料なし。

 

以上、予想の参考になれば嬉しい。

 

こりゃ当日まで悩みそうだねー。

 

結論は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

芸人・ヒロシはビジネスで成功していた。ネガティブに「好きなことだけやる」仕事論

ソロキャンプ・・・?なるほど・・・意外と楽しいのかも。

 

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一般募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【クイーンエリザベス2世C2018予想】4月29日(日)、香港のシャティン競馬場で行われるGⅠクイーンエリザベスⅡ世カップ。今年は日本からアルアイン、ダンビュライトの2騎が参戦!タイムワープ、ピンハイスターの実力馬は?穴馬はいるか?JRAでも馬券販売されるぞ!ブックメーカーのオッズは?ダンビュライトの単複馬券買って応援だ!

 

今週は香港で

GⅠクイーンエリザベス2世Cがあるぞ!

 

日本からはアルアインとダンビュライトの2頭が参戦!

 

こりゃ面白そうだ!

 

今後は、

大阪杯→クイーンエリザベス2世C

というローテの馬が増えるかもしれんね。

 

さて、オッズはどうなるのかな?

 

■クイーンエリザベス2世C2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

8頭立て。

 

日本からの参戦なかったら6頭立てじゃん。

 

海外ってこういうの珍しくないよね。

 

まあ、少頭数の良し悪しは置いておいて、

日本は頭数にこだわり過ぎだと思うね。

GⅠに格下馬が多数出走出来るような仕組みは改善した方がいいと思う。

 

さて、上記はnetkeibaの予想オッズだが、

おそらくJRAのオッズも似たような感じになるだろう。

 

私もアルアイン・ダンビュライトには十分チャンスあると思ってるが、

しかしそれにしても・・・

このオッズは過剰人気じゃなかろうか。

 

 

タイムワープは昨年の香港C勝ち馬。香港のGⅠ4勝馬ワーザー以下、ネオリアリズム・ステファノス・スマートレイアーらに圧勝した馬である。

前走大敗しているが、それはマイル戦でのもの。2000m戦なら相当強いぜこの馬(2走前の香港ゴールドCはレコード勝ち)。もちろんホームだから地の利も大きい。

 

そして今年の香港ダービー馬ピンハイスター。その香港ダービーは最後方から直線一気のゴボウ抜き。3番の黄色い勝負服に注目。

ぬお。マジですか・・・そして、この馬の鞍上はマジックマン・モレイラ。まだ未知の部分が大きい馬ではあるが、鞍上込みで相当怖い馬である。

 

現地ではこの2頭が有力!

 

だと見られててね。

 

実際にブックメーカーのオッズは・・・

 

こうなっているのだ!

 

■クイーンエリザベス2世C2018ブックメーカーオッズ

ウィリアムヒルから抜粋

 

ピンハイスター・・・2.75倍
タイムワープ・・・3.25倍
アルアイン・・・6.50倍
パキスタンスター・・・9.00倍
ゴールドマウント・・・13.0倍
ダンビュライト・・・15.0倍
イーグルウェイ・・・15.0倍
ディノーゾ・・・17.0倍

 

アルアインはおそらくJRAのオッズだと2~3倍の1番人気。

しかしブックメーカーだと6.5倍の3番人気。

ダンビュライトに至っては15.0倍のブービー人気である。

 

もちろん我々はアルアインやダンビュライトの強さを知っているが、

海外の人たちは知らないわけで。

 

この2頭の馬券を買うなら

圧倒的にブックメーカーが有利ですな。

 

 

逆に。

 

海外馬の馬券を買うならJRAが有利。

 

特にピンハイスターはJRAだと3~4番人気になりそうで。

オッズ的にも非常に美味しいことになりそう。

 

それから更に美味しいのが・・

海外の穴馬勢。

特に私が注目しているのが、ゴールドマウントイーグルウェイ

出走馬の詳しい情報はJRA特設サイトで。

 

相当な人気薄となりそうだが、

彼らにはホームの利があるのである!

アルアインやダンビュライトがスコーン!と飛んだ場合、

これらの馬が2~3着になれば3連系のオッズは跳ね上がると思う。

 

タイムワープ→イーグルウェイ→ゴールドマウント

ピンハイスター→ゴールドマウント→タイムワープ

 

こんな感じの3連単とか白目剥く配当になるかも?

 

 

というわけで、

 

アルアインやダンビュライトの馬券を買いたい方は、

海外のブックメーカーで買うことをオススメする。

 

同時に、

 

海外馬を買う場合はJRAで買うのがウッシッシですな。

 

私個人は、父ルーラーシップとの親子制覇に期待して、

ダンビュライトの単複応援馬券を少し。

単勝と複勝に5ドルずつ。複勝は3.8倍ですな。

 

この馬、日本だと善戦マンだけど、

海外だとサクッと勝ちそうな気がするんだよね。

父ちゃんみたいに。

 

それから、心の中では

アルアインとダンビュライトのワンツーを願いつつ、

 

タイムワープかピンハイスター頭

馬単or3連単馬券をJRAで買う予定(笑)。

 

レースは日曜日の17時くらいか・・・

 

楽しみですな!

 

ダンビュライト頑張れー!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

山口達也、女子高生に無理やりキス…強制わいせつ容疑で書類送検 TOKIOに激震

なにぃ!女子高生にムリやりキスだとぉぉぉ!・・・気持ちは分かる!分かるぞ山口君!だけんどもしかし!無理やりはアカン!未成年って分かってたんやろ?そしたら尚更アカンやんけ!あんたしかも毎日テレビに出てる有名人やんけ!どんだけ酔っ払ってようとそれはアカン!(酒飲ませようとしてたらしいから確信犯だろうけど)

ええと・・・山口達也は離婚してるから独身なのね。ってことは相手が未成年だったのがヒジョーにマズかったわけでね。これが成人女性なら単なる恋愛のもつれで済んだ可能性大(自宅に自発的に来ている時点で強制わいせつ罪・強姦罪などは成り立ちにくい・・・ので、女性は気をつけるべし)。つか・・・これ、ホントにキスだけなの?それだけで被害届出すか?もし、ムリヤリカメハメハなら永久追放の上、チンコ輪切りの刑でお願いしまっす。

※ちなみに、メディアで報道される場合、「わいせつな行為」の場合は性交渉ナシ。「みだらな行為」「性的暴行」の場合は性交渉アリ。・・・と使い分けられるがことが多い。今回の件は「わいせつな行為」という表現だね。参考まで。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

4月29日までで一旦締め切り。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【天皇賞春2018コース適正考察】京都芝3200mで行われるGⅠ天皇賞春。大事なのは長距離適性・コース適性。特に京都適正がポイント。人気のシュヴァルグラン、レインボーライン、ガンコらの長距離適性・京都適正はどうなのか?盲点になってるのはアルバート、クリンチャー。大穴馬だとカレンミロティック、スマートレイアー!

 

天皇賞春の舞台、京都芝3200mは、

 

年に一回しか行われない天皇賞春専用コース。

 

せめて年に3~4回くらい使って貰いたいところだが、

JRAは長距離には興味がないご様子。

(増えるのは1600~2000のレースばかり)

 

このままでは年に一回の天皇賞春すら失くなってしまうかもしれず、

そうなればセックスレス仮面夫婦まっしぐらでもす。

 

 

そうだ!

 

こうなったら、

 

天皇賞秋を京都3200に戻そう!

 

年に2回やれば

とりあえずセックスレスは防げるハズ・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

年に2回長距離GⅠがあれば、

長距離血統も廃れないハズ・・・

 

スピード重点のレース体系だけだとね、

サラブレッド全体の血が

どんどんスピード系に偏って行くんだよ・・・。

そうなると「血の袋小路」にハマってしまうのだ・・・。

 

JRAよ!今こそ改革の時!

 

言うこと聞かねえヤツには・・・こうだ!

 

 

というわけで、

 

今日は

京都芝3200m適正についてやろうと思う。

 

netkeibaより抜粋

 

クリンチャーの鞍上は三浦か。

 

このレースを勝つために武豊にスイッチしたんだろうにねえ。

陣営も武豊本人も武豊ファンも憤懣やるかたなかろう。

 

武豊の京都3200成績ハンパねーから。

 

これは過去20年の京都芝3200m(天皇賞春)の騎手成績。

 

武豊は16回騎乗して【4.4.2.6】。

 

マジでハンパねーわ。

 

あとは、横典蛯名に要注意。

 

特にノリさんは過去、イングランディーレ(10番人気1着)とかリンカーン(11番人気2着)とか・・・超人気薄を持って来てるんでね。注意が必要である。

 

それから、和田ドラゴンの2勝はテイエムオペラオーなんだが、他にビッグゴールド(14番人気2着)とか持ってきてるんでね。この男にも注意。

 

あと、穴騎手としてはキラー池添(カレンミロティック13番人気2着)、ムッツリ田辺(ホッコーブレーブ12番人気3着)、トルネード石橋修(ビートブラック14番人気1着)、ポポ松岡(マイネルキッツ12番人気1着)・・・というところだろうか。

 

こうやって見ると・・・

 

結構というか、

 

めちゃくちゃ荒れるレースであるな。

 

さて、各馬の京都3200適性を見てみよう。

 

淀の坂を2回超えるタフなコース。当然、相当スタミナが必要。スローになれば上がり3Fの瞬発力勝負。ハイペースになれば当然スタミナ比べの持久力戦となる。坂の下りで加速出来るため、瞬発力を補うことが出来るのがポイント。スタミナ豊富な瞬発力型、あるいはロングスパート出来る持久力タイプが強い。

 

なお、京都芝3200mは、年に一度の特異コースであるため、「京都芝3000(菊花賞)「京都芝2400」「京都芝2200」「阪神芝3000」「中山芝2500」「中山芝3600」「東京芝3400」などを参考にしつつ、浅次郎が一頭一頭吟味して判断を下したいと思う。尚【カッコ】内の数字は京都の成績である。このレース、長距離適性も大事だが、京都適正が大事なのだ。

 

■天皇賞春2018、京都芝3200m適正

アルバート【1.0.0.2】
ステイヤーズSを三連覇しているように長距離適正はナンバーワン。天皇賞春は過去2回出走して6着、5着。この2回ともキタサンブラックの流れの前残りだったんだが、後方から上がり上位を使って押し上げており、あまり目立っていないが京都適性も実はかなり高いと思う。

カレンミロティック【1.3.4.5】
言わずと知れた京都専用機。この成績の中には天皇賞春の2着・3着が入っており、京都芝3200m適正で言えばトップクラス。問題は年齢だよね(笑)。

ガンコ【1.0.1.1】
昨年までダートの500万下~1000万クラスにいた馬で。当然それまで京都芝の成績など殆どなかったわけだが、格上挑戦だった日経新春杯でいきなり3着、同じ京都2400の準オープンを3馬身差の圧勝、そして中山2500の日経賞を完勝・・・と、あっという間の出世街道。切れるタイプじゃないだけに、坂の下りで加速出来る京都は合うと思うなあ。ただ、3000m以上を走るのは初めてなんでね。長距離適正は不明。

クリンチャー【2.1.0.0】
デビュー以来ずっと2000m以上の距離に使われており、昨年の菊花賞では10番人気で2着。休み明けの京都記念ではアルアイン、レイデオロを寄せ付けぬ完勝。阪神大賞典では3着に負けたが・・・おそらく京都3200適正はトップクラス。スローの瞬発力勝負になったらちと辛いかもだが、かなり有力だと思う。武豊降板で人気が下がるならめちゃくちゃ美味しい。

サトノクロニクル【2.1.0.1】
昨年の菊花賞は10着惨敗。2000m前後で強い競馬するんでね。長距離は向かないかと思ってたら阪神大賞典で2着。1kg軽かったとはいえ、長距離適性も高そうですな。京都の2勝は未勝利戦と白百合Sでのもので京都適性はよく分からん。

シホウ【1.1.0.5】
まあ・・・ちょっとアレかな(笑)。

シュヴァルグラン【2.2.3.1】
ご覧の通り、京都は鬼。馬券圏外に飛んだのも3歳時の話で、古馬になってからはパーフェクト。3000m以上は【1.2.1.0】。天皇賞春は3着→2着だからね。この馬が最も京都3200適正が高いと思われる。

スマートレイアー【1.2.0.3】
これだけ見ると京都適正はイマイチな感じするが、圏外の3回はすべてエリザベス女王杯のもので、去年の京都記念2着、京都大賞典1着からしても・・・むしろ京都は得意である。ただ、問題は長距離適正だよな。3000m以上は走ったことなし。

ソールインパクト【0.2.0.2】
うーん、京都適性はイマイチ。長距離適性もダイヤモンドSの3着があるのみ。GⅠのここでは敷居が高い気がするね。

チェスナットコート【1.0.0.1】
今回蛯名騎乗で穴人気になりそうだが・・・戦績からは何とも言えんなあ。京都実績も殆ど無いし、3000m以上の長距離実績はゼロ。う~ん。悩ましい。

トーセンバジル【0.2.0.3】
この馬だけ抜けてた(ご指摘ありがとうございます!)。昨年の天皇賞春8着、京都大賞典で2着。京都適性は悪くはないけれども滅法得意ってわけじゃないんだよねー。長距離は昨年の阪神大賞典3着があるけど前とは離された3着だったからなあ。長距離適性も微妙。鞍上ミルコでプラスアルファがどれだけあるか。

トウシンモンステラ【2.1.1.11】
京都で馬券なったのは条件戦以下の時の話で。オープンに上がってからはゼロ。さすがにね。

トミケンスラーヴァ【2.0.0.1】
今年の万葉S勝ち馬で、京都適性は高そうだね。でも、軽量52kgだったし・・・阪神大賞典での惨敗を見ると実力が足りないのは明白。好走するには何かの助けが必要だろう。

ピンポン【0.1.0.5】
京都適性なし。長距離適性なし。出走するとしたら、記念出走だと思うけどね。

ミッキーロケット【2.2.0.5】
2016年の菊花賞5着馬。圏外の5回も4着が多く、見た目以上に京都適性は高いと思う。ただ、GⅠだとワンパンチ足りないし、3000m走ったのも菊花賞の一回だけ。血統的にも中距離馬だと思うけどな(父キングカメハメハは過去一度も馬券になっていない)。

ヤマカツライデン【1.0.0.4】
京都実績なし。去年の天皇賞春では逃げてペースを作ったが、4コーナーではキタサンブラックに喰われてあとはズブズブ。この馬も中距離タイプだと思う。

レインボーライン【0.1.1.2】
2016年の菊花賞2着馬。謎多き馬だが、NHKマイルC3着、天皇賞秋3着・・・と、GⅠになると人気薄で2~3着に突っ込んでくるタイプで、この辺は父ステイゴールドに似ているね。個人的に大好きな馬で、今まで何度もこの馬に◎を打って来たんだが・・・今回は阪神大賞典を快勝しての一戦で主役候補・・・人気サイドだと買いにくいなあ(笑)。で、この馬の京都3200適性だが、ゴールドシップを思い浮かべるといいかもしれない。スローの瞬発力勝負になったらジ・エンド。タフな消耗戦になったら、3角捲りでぶっ飛んでくるイメージ。重馬場は鬼・・・なんだけど今週の京都は晴れ予報。長距離適性は文句なし。

 

というわけで、

 

京都芝3200適性が高いのは、

アルバート
カレンミロティック
クリンチャー
シュヴァルグラン

の4頭。特に高いのがカレンミロティックシュヴァルグラン。ただ、人気的に盲点になりそうなアルバートや騎手変わりで人気落ちるクリンチャーもかなり美味しいと思う。あと次点で、長距離適正は謎だが面白そうなのがガンコスマートレイアーレインボーラインは展開次第だが、長距離適性は随一。

あと、若い馬や上がり馬は、適正云々の前に経験自体が少ないからね。適正不明の馬の中にも適正抜群の馬がいたりするかもしれんので注意しておいてくれ。

 

予想の一助になれば嬉しい。

 

お楽しみの調教チェックは金曜日ね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

真夜中の素振りと大乱闘中の気遣い…衣笠祥雄さん鉄人伝説

衣笠・・・・(涙)

 

「テレ朝の美人記者から、逮捕直前に…」 ホリエモン語る過去の「無断録音」取材

いや、財務次官のセクハラ発言の真相については知らんよ?しかし、マスコミ側の体質も相当ひどいと思うけどね。そもそも男女二人で飲んでる時の発言ってセクハラになるのか?女性記者の方にも情報を取りたいという下心があったのでは?女性記者の上司が「行って来い」と指示したって話だが?会話録音してる時点でハニートラップ確定じゃないの?まあ、引っかかる方がバカなんだろうけど。多分、私も引っかかるんだろうけど(笑)。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【NHKマイルカップ2018予想オッズ・データ分析】東京芝1600mで行われる3歳マイル王決定戦GⅠNHKマイルC!人気の中心はタワーオブロンドン・テトラドラクマ!データ分析では内外枠どっちが有利?脚質は先行?差し?騎手・厩舎・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はパクスアメリカーナ、トーセンブレス、デルタバローズ、ルーカス!

 

ここ最近、

 

馬券が全く当たってない人もいると思う。

 

惜しい馬券が続いてる人もいると思う。

 

軸にした馬が大きな不利を受けて、

 

中折れしてる人もいると思う。

 

でも、

 

競馬も人生も同じで、

 

過ぎたことは、しょうがねえのである。

 

 

今日はオアシスの名曲

 

「Don’t Look Back In Anger」

 

を聴きながら。

 

前を向いて行こうぜ!

 

■NHKマイルC2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はタワーオブロンドンで確定だろう。

アーリントンCは鬼のように強かったしな。

 

んで、2番人気はテトラドラクマか・・・

この馬なんで桜花賞に出なかったん???

 

「使ってガタッと来た・・・(吉田勝己)」

 

なるほど疲労ね(うっしっし)。

このケースはちゃんと立て直せているかが問題。

調教要チェックやな。

 

3番人気はニュージーランドTを勝ったカツジじゃなく、

2着だったケイアイノーテックの方なのね。

こうなるとカツジの方を応援したくなるのは

私だけではあるまい(笑)。

 

 

さて、データ見てみるにゃあ(過去10年)。

 

■NHKマイルC2018データ分析、人気別成績

1番人気は勝つか着外か・・・って感じ。相当強いが飛ぶ時は飛ぶ感じか。2~6番人気は2着候補。3着は二桁人気馬もアリ。本命党は、「タワーオブロンドン→2~6番人気→人気薄」みたいな3連単フォーメーションが面白いかもね。私はいつも通り人気薄の一発を狙うけど(笑)

 

■NHKマイルC2018データ分析、枠番別成績

フラットだね。内外は気にしなくていいぽい。

 

■NHKマイルC2018データ分析、馬体重別成績

馬格がない馬も結構馬券になってるね(ちなみに、近3年では牝馬が4頭馬券になっている)。出来れば460kg以上欲しいところだが、馬体重を理由に切らない方が良さそう。

 

■NHKマイルC2018データ分析、騎手成績

ノリさん要注意。あれ?でも今のところ騎乗予定馬なし?まあ、どの馬か回ってくるだろうけど。あと、蛯名・小牧・福永・内田辺りにも要注意。

 

■NHKマイルC2018データ分析、種牡馬成績

クロフネ、ダイワメジャー、ディープインパクトですな。後はマル外

クロフネ・・・パクスアメリカーナ
ダイワメジャー・・・フロンティア
ディープインパクト・・・アンコールプリュ、カツジ、ギベオン、ケイアイノーテック、トーセンブレス、プリモシーン
マル外・・・タワーオブロンドン、デルタアローズ、ファストアプローチ、ミスターメロディ、リョーノテソーロ

 

■NHKマイルC2018データ分析、間隔別成績

4週(中3週)が強いね。今年からアーリントンC(中2週)が前哨戦になってるんで傾向変わるかもだが。休み明けは割引だろう。テトラドラクマはやはり不安。

 

■NHKマイルC2018データ分析、前走成績

注目前走は、ニュージーランドT(9頭)、皐月賞(5頭)、スプリングS(3頭)、毎日杯(3頭)、桜花賞は2頭しか馬券になっていないが、ここ2年連続で1着。ファルコンS含め距離延長組はほぼ壊滅で、過去2頭しか馬券になっていない。

ニュージーランドTは1~3着が強いんだが、惨敗からの巻き返しも可能で着順不問。皐月賞路線組も着順不問。桜花賞組は5着以内。毎日杯は1~2着。該当馬多数なんで盲点になりそうな馬だけ挙げておく。

・ルーカス(スプリングS9着)
・トーセンブレス(桜花賞4着)
・デルタバローズ(NZT3着)
・ファストアプローチ(NZT6着)
・カシアス(NZT7着)
・ギベオン(毎日杯2着)

 

■NHKマイルC2018データ分析、脚質別成績

東京マイルなんでね。差しが圧倒的に有利かと思ってしまうんだが、想像以上に前が残る感じで。トータルで見るとちょいと差し有利ではあるが、ほぼ前後互角と言っていいと思うね。

これは上がり3Fの数字にも表れていて。上がり1位の成績がさほどじゃないのである。上がり6位以下でもかなり馬券になってるしね。

 

■NHKマイルC2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンとしては、「逃げ・先行→差し」「先行→先行」。差し馬決着となったのは2013年と2008年くらいで・・・もちろん展開や馬場にもよるわけだが、イメージより前の馬を意識しておいた方がいいかもしれん。ただし・・・

穴馬の脚質は、差し・追い込み!

去年のリエノテソーロ、2016年のレインボーライン、2014年のタガノブルグ、キングズオブザサン、2013年のマイネルホウオウ、2012年のクラレント・・・大穴を開けるのは決まって差し・追い込み馬である。

 

■NHKマイルC2018データ分析、厩舎・生産者・血統

以前は圧倒的に関西馬が強かったんだが、ここ5年は関東馬が盛り返してますな。関東馬のワンツーなんてのも普通にあるんで注意しておきたい。生産牧場は毎度毎度だがノーザンFが圧倒的。血統はやっぱりマイラーぽい配合が多いね。フレンチデピュティが血統に入ってる馬には要注意。

 

ケツデータ論。

・クロフネ、ダイワメジャー、マル外。

・前走GⅠ・GⅡの惨敗・惜敗組。

・差し、追い込み!

 

穴馬候補を挙げておこう。現時点で全力で狙いたいのが、クロフネ+差し追い込みのパクスアメリカーナ。前走のアーリントンCではタワーオブロンドンに完敗だったんで・・・今回人気落としそうなんだけどね。

この日は阪神開催最終週で、内より外が断然伸びる馬場だったわけだが・・・終始インで走らされたパクスアメリカーナは相当強い競馬したと私は思っている。2月のこぶし賞ではケイアイノーテックに完勝している馬で、本来2~3番人気になってもおかしくないと思うんだが・・・人気落ちは大歓迎じゃー!

それから牝馬で買いなのはテトラドラクマじゃなくてコッチ!トーセンブレスだ!今年の牝馬戦線はアーモンドアイとラッキーライラックが抜けてるわけだが、この馬は阪神JFで4着、桜花賞でも4着と上位馬には敵わないものの安定した実力を発揮している馬である。昨年はアエロリットが桜花賞5着からこのレースを勝ってみせたが、今年もまた桜花賞組・・・なんてあり得るかもよ?

それから面白いのがニュージーランドTの惨敗組!なぜトライアルの惨敗組が本番で馬券になるかというと、中山マイルと東京マイルは求められる適正が全く違うからだ!ごくごく簡単に言うと、中山マイルは平均~ハイペースになりやすい持久力戦。東京マイルは溜めて溜めて直線勝負の瞬発力戦。つまり、中山マイルで差し損ねた馬や前に行って勝ちきれなかった馬なんてのは東京で一変する可能性があるわけ。・・・という視点で、改めてレース見てみよう。

うーむ。ゴールドギアがいたら非常に面白いのに(笑)。しかし、カツジは後方から大外ブン回しでの差し切り。この馬が2番人気になると思うんだけどなあ・・・。名前が悪いのか(笑)?

で、面白そうなのが3着のデルタバローズ。堀厩舎のマル外で、ニュージーランドTは3ヶ月振りの3戦目。スタート良く前目に付けたんだが、終始掛かり気味でね。ギリギリ我慢させた感じであったが、その分がゴール前に響いたんじゃないかと見る。それでいてカツジやケイアイノーテックらと僅差だからね。今回は叩いての上積みが期待出来るし、面白い存在だと思う。あと、密かにアイスフィヨルドにも期待してるんだが、この馬は抽選かな?

あとは・・・マイラーの可能性が高いルーカス。今回人気ガタ落ちだろうし、買うならココって気がするわー。今までずっと過剰人気だったからねー。

 

調教チェックや展開予想は後日ね。

 

オークスやダービーより

馬券的にはコッチの方がオモロイかも(笑)。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

『るろうに剣心』連載再開へ 和月伸宏「反省と悔悟」の日々

うーん・・・・これ、問題は作る方だよなあ。私にはソノ毛が全くないから分からんのだが、そういう性癖の方はムフーッ!ってなるわけで。たまたま有名な漫画家が見つかっちゃったわけだが、他にも沢山いるんじゃないのかな。もっと作る方や売り手を厳しく罰しないと・・・今の世の中、見る方は止まんないんじゃね?・・・さて、人妻素人モノでも探しに行くか(笑)。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

今回の募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

【青葉賞2018予想】東京芝2400mで行われるダービートライアルGⅡ青葉賞。人気はオブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザーらディープインパクトの良血馬。データ分析では、内枠有利?差し・追い込み有利?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はゴーフォザサミット、カフジバンガード、トラストケンシン。

 

天皇賞春のデータ分析はすでにやってるけんなー!

復習したい方はもう一回見ておくように。

天皇賞春2018データ分析。

 

さて、

 

今日は青葉賞のデータ分析をやるんだが、

フローラSのサトノワルキューレみたいな馬が

ここで出現するのかどうか・・・?

 

ダービー目標の良血馬

ズラリと揃ってるだけに非常に興味深いねー。

 

■青葉賞2018登録馬

netkeibaより抜粋

 

netkeibaの予想オッズでは、

1番人気候補は藤沢厩舎のオブセッション

 

この厩舎・・・青葉賞は鬼のように強いからね。

シクラメン賞は4馬身差の圧勝だったし、

当然ここでも素質上位であるが、

弥生賞では4コーナーを曲がれずに大きく膨らんじゃったんだよね。

 

 

これがなければ・・・

 

って・・・

 

UREEYYYYY!

 

 

これ、4コーナーで膨れなくても

 

4~5着くらいが精一杯だったんじゃね?

 

うーむ。よく分からんが、

 

吸金鬼のような気がするな。

 

2番人気候補は、サトノソルタス

堀&ミルコで確実に人気になりそうだけど、

そもそもこの馬・・・スプリングSに登録しててね。

何があったか不明なんだが、これを回避しているのである。

 

賞金的には皐月賞への出走も可能だったんだが、これもパス。

噂では「一頓挫あった」という話もあり、

それが事実なら今回は

「一頓挫明け」の一戦なのである。

 

 

おし、この馬も吸金鬼決定。

 

3番人気候補はスーパーフェザー

ディープインパクト産駒の高額馬。その額なんと2億8000万円。

前走のアザレア賞は強かったし、

あすなろ賞で負けたのはエポカドーロなんで納得だが、

若駒Sの負け方が気になるんだよねー。

 

 

POGでも多くの人気を集めていたが、

この馬も人気先行のような気がするなー。

 

 

ってわけで、この馬も吸金鬼決定でい。

 

さて・・・吸穴鬼はいるかな?

 

データ見てみるべい。

 

■青葉賞2018データ分析、人気別成績

1番人気強えなおい。複勝率80%で回収率も100%超えかあ。しかし2~3番人気が弱く、4~10番人気の馬が結構馬券になるレースでもある。本命党の方は「1番人気→ヒモ荒れ狙い」がいいかもしれない。

 

■青葉賞2018データ分析、枠番別成績

全体的にフラットな印象だが・・・若干、内枠有利の外枠不利かな?穴馬は1~3枠から探したい。

 

■青葉賞2018データ分析、馬体重別成績

馬格はあればあるほど良い傾向。最低でも460kg欲しい。

 

■青葉賞2018データ分析、騎手成績

お、意外と・・・と言ったら失礼だが、関東の騎手が頑張ってますな。内田(ダノンマジェスティ)、蛯名(ゴーフォザサミット)には要注意。※色は個人的に塗って分だから気にしないでねー。

 

■青葉賞2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクト強し。もうディープインパクト産駒ってだけで買いたくなるんだが、今年は登録の時点で8頭も居る上に人気どころが多くて・・・やっぱり買いたくないなーと思っているところだ(笑)。他、注目はシンボリクリスエス・ゼンノロブロイ・キングカメハメハだが、今年は出走なし。

 

■青葉賞2018データ分析、間隔別成績

休み明けの馬は壊滅的。最低でも2ヶ月以内のローテじゃないと厳しい。サトノソルタス、シルヴァンジャーあたりにはマイナスデータ。

 

■青葉賞2018データ分析、前走データ

注目前走は・・・アザレア賞(4頭、3年連続1着)、大寒桜賞(5頭、5年連続)、山吹賞(4頭)、弥生賞(3頭)、毎日杯(3頭)、その他の芝500万条件(7頭)・・・ご覧の通り、大半が500万組で、これは当然1着条件。毎日杯は3着以内。弥生賞・スプリングSは7着以内。今年の出走馬で条件を満たしているのは・・・

・アザレア賞(スーパーフェザー1着)
・大寒桜賞(ダノンマジェスティ1着)
・山吹賞(ダブルフラット2着おまけ)
・ゆきやなぎ賞(エタリオウ2着おまけ)
・弥生賞組(オブセッション7着、トラストケンシン6着)
・スプリングS組(カフジバンガード6着、ゴーフォザサミット7着)
・毎日杯組(ノストラダムス4着おまけ)

前走データではスーパーフェザーダノンマジェスティが買いですな。穴は重賞惨敗組。

 

■青葉賞2018データ分析、脚質別成績

脚質は圧倒的に後ろ。「差し」「追い込み」が強い!これは上がり3Fを見れば一目瞭然で・・・上がり1位がベラボーに強いのである。頭に来るのは「瞬発力系の差し馬・追い込み馬」。ただ、2~3着には結構前の馬も残るので注意が必要。

 

■青葉賞2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンの多くは「差し→差し」あるいは「追い込み→差し」。前残りになったのは2013年と2008年くらいのもので。後はたまに「差し→先行」といった感じ。先述したが、上がり1位の馬がとんでもなく強いんでね。1800m以上の距離で上がり33秒台の脚が使ってきたような瞬発力タイプを頭に据えたい。

瞬発力・・・という点ではオブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザーは確かに怖い。ただ、他にも上がり33秒台が使える馬おるで~~~。

ゴーフォザサミット(共同通信杯1位33.2)
カフジバンガード(共同通信杯3位33.4)
トラストケンシン(弥生賞上がり2位34.0)

 

■青葉賞2018データ分析、厩舎・生産者・血統

なんとなく関東馬が強いってイメージだったんだが、実際には関西馬の方が多く馬券になってますな。特にリーディング上位の強豪厩舎が強い・・・。藤沢厩舎のイメージが強いんだが、ペルーサ以来馬券になってないんやねえ。

 

生産牧場はもう圧倒的にノーザンF。過去10年で13頭が馬券になっており、ここ3年は2頭ずつ馬券に食い込んでいる。今年も有力馬のほとんどがノーザンF生産馬(1~5番人気候補みんなそう)。逆らいたい!けど逆らわない方がいいのは我が家の吸血嫁と同じ。

 

血統はサンデーサイレンス系の中距離主流血統が圧倒的・・・。

 

今年も同じパターンになりそうな・・・(笑)。

 

ケツデータ論。

・ディープインパクト!

・前走500万条件1着or皐月賞トライアル惨敗組。

・瞬発力型の差し、追い込み馬!

 

吸穴鬼候補を挙げておこう。ディープインパクト産駒が強いのは重々承知だが、人気になっちゃうからね。違うアプローチで探すと・・・まず、ハーツクライ+スプリングS惨敗組+蛯名+藤沢厩舎+瞬発力型の追い込み馬のゴーフォザサミット。常に上がり上位が使えるタイプで中山より東京の方が確実に向く。共同通信杯ではサトノソルタスを上回る上がり33.2を計時しており、能力は上位人気馬に全く劣らないと思う。オブセッションよりコッチが買い。

次に、ハービンジャー+スプリングS惨敗組+瞬発力型の差し馬カフジバンガード。この馬は上がり最速ではなく、上がり2~3位のタイプではあるが、いつも確実に差してくる馬で。共同通信杯では上がり3位の33.4。スプリングSでは上がり2位の34.4を計時している。この馬も確実に東京向きのエンジンで。距離が伸びて一変するんじゃないかと密かに思っている。出遅れ癖さえなければ・・・頭候補。

それから、爆穴候補にトラストケンシン。未勝利勝ちしかなく、なんとなくパイオニアバイオ的なニオイがするんだが(笑)、ハーツクライ+弥生賞惨敗組+瞬発力型の追い込み馬。弥生賞では位置取りが後ろ過ぎでドモナラズだったが、密かにワグネリアンに次ぐ上がりを使ってるのである。東京変わりで一変あるかもよ!調教要チェック。

 

人気馬3頭とも飛ぶことはないかもしれんが、

 

何があるか分からんのが競馬。

 

後は枠順と調教見てからやねー。

 

人気馬の帽子がピンク色に染まってますように!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ロイター企業調査:安倍首相続投「望ましい」73%、安定重視

ほほう。昨日の読売新聞の世論調査だと支持率が不支持率を下回ってたけどな。企業視点だとこうなるのか・・・。しかしほんとこの大事な時に野党はいつまでモリカケやってんだかね。モリカケやってりゃ拉致被害者は帰ってくるのか?米国との通商交渉は上手く行くのか?日本の経済は良くなるのか?少子化は解消されるのか?憲法改正の議論はしなくていいのか?私の馬券は当たるのかw?安倍首相が法を犯したというなら別の話だけどね。忖度が罪なら世の中成り立たないよ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【マイラーズカップ2018予想】京都芝1600mで行われる別定GⅡマイラーズC。今年はエアスピネルが人気だが・・・意外とオッズ割れてる?展開・隊列・ペース?上がり3Fは?狙いは調教抜群のグァンチャーレ!相手筆頭にブラックムーン!ヒモ穴にヤングマンパワー、ダッシングブレイズ、大穴にベルキャニオン!モズアスコット押さえ。

 

正直、

 

このレースはエアスピネルのチンコで堅い・・・

今日は気分よく勝って女子穴とチューだな・・・

と武豊は思ってるに違いない・・・

 

と見てたんだが、

 

意外とオッズ割れてる?

 

■マイラーズC2018オッズ

netkeibaより抜粋

 

エアスピネルは昨年のマイルCS2着馬。

 

当然、今年の安田記念でも超有力馬であり、

 

ここは単勝2.0倍前後になるんじゃね?

 

と思ってたが、現時点で3.0倍。

 

これは本命党にとっちゃ美味しいオッズかも。

 

ま、私はもちろん違う道を行くけどな(笑)。

 

展開見てみよう。

 

■マイラーズC2018展開予想

逃げ候補は
ロジクライ

先行勢は
ダッシングブレイズ
ヤングマンパワー
ムーンクレスト
ベルキャニオン
グァンチャーレ
エアスピネル

差し勢は
サングレーザー
モズアスコット
ピークトラム
テイエムイナズマ
カデナ

追い込み勢は
ガリバルディ
ブラックムーン

ははあ・・・一応ロジクライを逃げ馬候補に挙げたが、明確な逃げ馬は不在ですなあ。その代り先行馬は結構いるから、どの馬かが押し出されて先頭になる可能性もあるね。ただ、ズンドコ行く馬は居ないから、これはやっぱり・・・

 

スローになるかもなあ。

 

となるとやっぱり瞬発力勝負か?いや、待て待て。問題はエアスピネルの位置取り。この馬、後ろからでも競馬出来るんだが、先行力があって終いもしっかりしている優等生タイプ。内枠で武豊が鞍上なら多分前目に付けると思うんだよね。

そうなると、みんなこの馬をマークするわけだから・・・自然と前のめりな隊列にならんとも限らん。武豊としても瞬発力勝負より総合力勝負に持っていきたいハズ(瞬発力勝負だとワンパンチ欠ける)・・・ってわけで、平均ペースくらいで流れる可能性もあるな。

 

うーむ。

 

上がり3Fデータ見ておくか。

 

上がり3F最速候補は・・・

・サングレーザー
・ロジクライ
・モズアスコット
・ブラックムーン

ぐええ・・・ダメだ!上がり勝負になったら人気馬の餌食!

 

IKUZO驚異のシンクロ率(笑)。

 

穴狙いで行くなら意外性ある馬を探すしかないか。

 

おし、この馬で逝くZO!

 

■マイラーズC2018予想

 

グァンチャーレ(8番人気)

近3走はすべてオープン特別での2着。決め手はないが、先行力があってしぶとく、相手なりに走るのが最大の武器。前走の六甲Sではロジクライから0.3秒差と決定的な差を付けられたような感じがこのオッズに反映されてるんだが、こんなもんは馬場や展開や調子で変わる程度の差。このオッズなら十分旨味あると思う。出来ることならロジクライの直後の番手で脚を溜めて欲しい。調教抜群の特A評価。フルキチ頼むぜ!

相手には・・・ペース関係なく上がり最速で突っ込んでくるであろうブラックムーン。前で粘れる内枠イワータのヤングマンパワー。ハマればダッシングブレイズ。エアスピネルとモズアスコットは押さえ。大穴に確変ちう藤岡佑騎乗ベルキャニオン。

 

◯ブラックムーン(5番人気)

△ヤングマンパワー(6番人気)

△ダッシングブレイズ(7番人気)

△エアスピネル(1番人気)

△モズアスコット(2番人気)

☆ベルキャニオン(10番人気)

 

馬連 ◎流し @100円

3連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!グァンチャーレ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

錦織に戻った創造力ほとばしるプレー 残るはナダルの高く分厚い壁

マスターズ大会はまだ勝ったことないんだ・・・がんばれー!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【フローラS2018予想】東京芝2000mで行われるオークストライアルGⅡフローラS。人気はサトノワルキューレ、サラキア、オハナ辺りだが、当然大穴狙いで逝く!展開・ペース・隊列はどうなる?上がり3F最速候補は?狙いは、調教一変のカーサデルシエロ!筆頭はノームコア!爆穴にディアジラソル、ファストライフ、デュッセルドルフ!

 

昨日の福島牝馬Sね。

 

4コーナー回る時にゃ・・・

 

デンコウアンジュ勝った!

 

と思ったんだけどね。

 

最後に伸びなかったのは

仕掛けのタイミングが早かったからか?

それとも距離か・・・?

 

デンコウアンジュがカワキタエンカを差してりゃ

馬券当たってたんだけどねー。

 

しゃーねー次々!の精神で、

 

今日も懲りずに大穴狙いで逝く。

 

■フローラS2018朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

サトノワルキューレが人気になってますなあ。

 

確かに前走のゆきやなぎ賞は豪快な勝ち方であったし、

距離の不安がないのはいいんだけど、

ちょっと人気になり過ぎな気がするね。

 

脚質的にも取りこぼしちゃう可能性十分アリだし。

鞍上がミルコじゃなかったら3~5番人気じゃねいの?

 

・・・と言いつつ切れなかったんけど(笑)。

 

展開見てみるでし。

 

■フローラS2018展開予想

逃げ候補は
ノームコア

先行勢は
オスカールビー
ハイヒール
カーサデルシエロ
レッドベルローズ
ディアジラソル

差し勢は
ヴェロニカグレース
サラキア
ファストライフ
デュッセルドルフ
ラブラブラブ
オハナ
パイオニアバイオ

追い込み勢は
サトノワルキューレ
ノーブルカリナン
ウスベニノキミ

ぬう。一応逃げ馬候補にノームコアを挙げたが・・・この馬とて番手タイプで逃げ馬に非ず・・・さらに東京2000の大外枠だけに控える可能性もあるし・・・ちょっとハナを予想するのは難しいですな。ただ、間違いなく言えそうなのが・・・

 

スローになりそう。

 

ってこと。土曜の東京芝は軒並み、

 

上がり33秒台!

 

スローからの高速瞬発力勝負で。

開幕週らしく馬場は絶好なんだよね。

 

で、今回2000mが初めてって馬もいるし、

有力馬は差し・追い込み系が多いし、

逃げ馬不在ってんだからスローでほぼ確定だろう。

 

というわけで

上がり3Fデータを見てみよう。

 

上がり1位候補は・・・

・サラキア
・ウスベニノキミ
・サトノワルキューレ
・ファストライフ
・デュッセルドルフ
・ラブラブラブ
・ディアジラソル
・ノームコア

ただ、前走中山で走ってる馬が多く、しかもスローのヨーイドンじゃなくて、平均的なラップが多いんだよね。サラキアが前走スローで上がり33.4なんだけど、阪神マイルだからなあ。ラブラブラブはスローだとかなり切れそうで、大穴なら面白いんだが・・・

で、盲点になってるのが、ファストライフ・デュッセルドルフ・ディアジラソル・・・この辺だね。うっしっし。

 

 

さて、

 

正直、GⅡというよりオープン特別・・・

といったメンバー構成で。

 

もちろん去年のモズカッチャンみたいに

ココをステップに飛躍する馬がいるかもしれんが、

現時点ではどの馬が勝っても全くおかしくないと思う。

 

というわけで、

 

今日も元気にモッコリ馬券で逝く。

 

 

狙いは・・・

 

生まれつきの美乳(え)。

 

■フローラS2018予想印

 

カーサデルシエロ(8番人気)

私は「戦績」や「適正」や「展開」を重視するタイプの予想家でね。こういう「素質が有りそうな馬」に期待して買ったりすることは殆ど無いんだが、ちょっと今回は別。モッコリ倶楽部の調教チェックでも書いたが、前走時と今回の調教ラグが大き過ぎるのだ。一言で言えば、「一回実戦を使って馬が変わった可能性アリ」ってこと。現在リーディングを独走中の藤原英厩舎だけに、能力を見間違うことはあるまい。オークスに出したい!と思うからこそキャリア1戦の身でここにいるのだと思う。母はオークス馬のダイワエルシエーロ。惨敗もあるが・・・この人気なら賭けてみたいね。

相手筆頭はフラワーC3着のノームコア。そのフラワーCは6ヶ月の休み明けで+14kg。大外枠だが、単騎で楽に行けるかもしれんし、そうなれば開幕馬場を味方にスルスルと残ってしまいそうな。大穴にディアジラソル、ファストライフ、デュッセルドルフ。500万下勝ってれば十分勝ち負け可能だと思う。サトノワルキューレは一応押さえ。どの馬が来てもおかしくないと思ってるから、爆穴ボックスで逝くぜ!

 

馬単 ◎流し @100円

馬連 ボックス @100円

 

頑張れ!カーサデルシエロ!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
該当馬なし

おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
東京1R 13番
福島1R 14番
京都1R 10番

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

募集は4月29日まで。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内