【福島牝馬S2018予想】福島芝1800mで行われる別定GⅢ福島牝馬S。中山牝馬S上位組のカワキタエンカ、レイホーロマンス、トーセンビクトリーが人気になってるが、浅次郎は一途にデンコウアンジュから逝く。展開・隊列・ペースは?穴はキンショーユキヒメ、ワンブレスアウェイ!超大穴はノットフォーマル、サルサディオーネ!

 

昔好きだった人を、

今も忘れられない・・・

 

 

という中年オヤジどもへ言いたい。

 

それでいいと思う。

 

だって、忘れようったって、忘れられないもんね。

 

その上で、

新しい人を好きになったり、

今一緒にいる人を大事にすればいいと思う。

 

ただ、名前を間違って呼んだりしないように(笑)。

 

女性はシステムが違うからね。

 

さて、福島牝馬S。

 

■福島牝馬S2018朝一オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気は中山牝馬S組に集中してますな。

まあ、データからも中山牝馬Sはめちゃくちゃ強いんだよね。

福島牝馬Sデータ分析

 

人気馬で買いたいのは

斤量減となるトーセンビクトリーかな。

 

買わないけど(笑)。

 

展開見てみるべ。

 

■福島牝馬S2018展開予想

逃げ候補は
カワキタエンカ
サルサディオーネ
ノットフォーマル

先行勢は
トーセンビクトリー
ゲッカコウ
ブラックオニキス
ワンブレスアウェイ

差し勢は
ベアインマインド
キンショーユキヒメ
デンコウアンジュ

追い込み勢は
レイホーロマンス
ロッカフラベイビー

注目は1番人気になりそうなカワキタエンカ。この馬がハナの可能性高いんだが、当然多くの馬がこの馬をマークするわけで。サルサディオーネとかノットフォーマルとか・・・ちょっかい出してくる馬もいそうだし、ダンゴの瞬発力戦にはなりそうもない。

 

どっちにしろね。

 

今回後ろの馬を買いたいんでね(笑)、

 

展開読み的には速いペースの持久力戦決め撃ち。

 

前崩れ予想で行きたいと思う。

 

ただ、このレースで大穴開けるのは前の馬。

 

前を行く人気薄には注意したい。

 

■福島牝馬S2018予想

 

デンコウアンジュ(4番人気)

本来単勝10倍以下の馬を◎にすることはないんだけどね。常穴馬券術の例外ルール「好きな馬はオッズに関係なく買って良し」を発動させて頂く。去年の当レース4着馬。昨年はこのレースをステップにヴィクトリアマイルで2着に来て大穴開けたわけだが、今年はどうかな?

前走の阪神牝馬Sは最初の3Fが37.2の超スローでね。厳しいペースが好みのこの馬にとっては真逆のベクトルだったわけで全く気にする必要なし。前々走の東京新聞杯では牡馬相手の4着で。実力的には間違いなく上位だ。ただ、この馬の狙いは当然次のヴィクトリアマイルだからね。浅次郎的にはココで惨敗してもらっても一向に構わんと思っている。

 

◯ゲッカコウ(5番人気)

▲キンショーユキヒメ(6番人気)

△ワンブレスアウェイ(7番人気)

△ノットフォーマル(11番人気)

☆サルサディオーネ(10番人気)

 

馬連 ◎流し @200円

 

頑張れ!デンコウアンジュ!

 

 

【おまけ】土曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
東京3R 8番
東京9R 8番

おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
福島3R 1番
東京2R 4番
京都3R 10番

 

浅次郎が主催している

モッコリ万馬券倶楽部だが、

来週の4月29日をもって新規募集を一旦停止させて頂く。

 

次の募集は半年後になるか一年後になるか分からんが・・・

1ヶ月の無料期間があるんでね。

入部を迷ってる方がいたらこの機会に是非どうぞ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【福島牝馬S2018予想オッズ・データ分析】福島芝1800mで行われる牝馬限定の別定GⅢ。カワキタエンカ、トーセンビクトリー、デンコウアンジュあたりが人気になりそうだが、データ分析では、内枠有利!逃げ・先行が狙い目!騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はゲッカコウ、ブラックオニキス、ノットフォーマル!

 

福島牝馬Sは毎年フルゲート必至なんだが、

 

今年は頭数減りそうやね。

 

でも結構面白そー!

 

■福島牝馬S2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気は中山牝馬Sを逃げ切ったカワキタエンカか。

しかしこの時4着だったトーセンビクトリーとは

斤量が3kg差あったからね。

 

どっちかと言えば、

 

20歳前後の若い女子より

アラフォー女子に目が行く今日このごろ。

 

 

じゃなかった(笑)、

 

どっちかと言えば、

 

カワキタエンカより

トーセンビクトリーの方を上に取りたい。

 

と言いつつ、違う馬を狙うけどなー!

 

さて、データ見てみるホイ。

 

■福島牝馬S2018データ分析、人気別成績

1~2番人気がイマイチで、3~5番人気が強い感じですな。大穴が突っ込んでくることもあるレースで・・・特に3着には要注意。

 

■福島牝馬S2018データ分析、枠番別成績

うひー!勝ち馬は1~4枠からしか出てねー!平均着順を見ても明らかに内枠が有利ですな。外枠はちょっと割引か。

 

■福島牝馬S2018データ分析、馬体重別成績

牝馬戦なんでね。軽いタイプの馬でも好走可能。レイホーロマンスは前走408kgだけどあんまり気にしなくていいかも。

 

■福島牝馬S2018データ分析、騎手成績

さすが福島・・・って感じですな(笑)。

 

■福島牝馬S2018データ分析、種牡馬成績

サンデーサイレンス系の主流種牡馬がイマイチの成績で、やっぱりパワー寄りの種牡馬が良さそう。カワキタエンカはディープインパクト産駒で・・・このデータからは買いにくいね。

 

■福島牝馬S2018データ分析、間隔別成績

5~9週(1~2ヶ月)組が圧倒的。休み明けの馬は割引でしょうな。

 

■福島牝馬S2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・中山牝馬S組(20頭)が過去9勝と圧倒的!あとは準オープン以下の条件戦組が5頭。京都牝馬Sが2頭。中山牝馬S組であれば着順不問。そしてなぜか・・・2着馬が異様に強い。まあ、データ的には兎にも角にも中山牝馬S組だね。

 

■福島牝馬S2018データ分析、脚質別成績

直線が短く(約300m)、小回り。普通に考えたら、逃げ・先行が強そうなもんだが、実際は後方からの差し・追い込みも結構届いちゃうので注意が必要。上がり1位は普通のコースに比べてかなり弱く、2~3着候補ってところ。むしろ上がり2~5位が狙い目。

 

■福島牝馬S2018データ分析、位置取り・上がり3F

上がりを見れば分かる通り、上がり3F33秒台の瞬発力戦になったのは2011年のみ。ほとんどが上がり34.5~35.5程度の持久力戦で。やっぱり上がり1位の馬は届かないイメージ。馬券パターンは何でもござれだが、「差し→差し」「先行→先行」といった決め撃ちの方がいいかもしれんなあ。いや、そうとも限らんか・・・

穴馬の脚質は、逃げ・番手!

時々超大穴が差してくることもあるから要注意。

 

あ、2016年のこのレース・・・15番人気のマコトブリジャールに◎打っててね。13番人気のオツウとイッタイッタで決まろうかというところで・・・大外から1番人気のシャルールがぶっ飛んで来て悶絶したのを今思い出したニョホ。マコトブリジャールとオツウの馬連持ってる気持ちで見てくりゃい!

あ・・・当時の予想記事がね、熊本地震直後のヤツで結構面白いんでね。ヒマなアサジラーは読んでみてん。→福島牝馬S2016の予想記事

 

というわけで、逃げ馬と番手馬には要注意だぜ!

 

■福島牝馬S2018データ分析、厩舎・生産者・血統

関東馬が強いかと思いきや、むしろ関西馬の方が強いね。んで、大注目なのが・・・「社台グループ弱え!」ってこと。過去10年で7頭しか馬券になっておらず、しかも勝ち馬ゼロ。来たとしても3着ばっかり。今年の人気馬ではトーセンビクトリーがノーザンFであるが、この馬の3着付け・・・なんてのもシャレオツかもしれない。

 

ケツデータ論

・内枠強し!

・中山牝馬S組!

・逃げ、番手馬!

 

穴馬候補を挙げておこう!まず、ガチで狙ってるのが中山牝馬S6着のゲッカコウ。なんと言っても注目は3走前のディセンバーS2着で。この時牡馬の強豪相手(グレーターロンドン、ベルキャニオン、ハートレーなど)に先着しているのである。調子、展開なんかがハマれば頭もあるんじゃないかと思っている。

次に中山牝馬S5着のブラックオニキス。いつも善戦すれども馬券にならない小憎らしい馬なんだけど、オークス7着、秋華賞6着馬だからね。いつか穴を開けると思いつつ狙っている。

そして超爆穴にノットーフォーマル。過去このレースに2回出ていて16着・16着なんだけどね(笑)。今回6ヶ月の休み明けから叩き2戦目。注意が必要な逃げ・番手候補。この馬が走る時はいつも謎の大駆けだからね。もしもに備えておきたい。

 

今回の◎はもう決まってるんだけどね。

 

ちょっと人気になるっぽいが・・・まあ仕方ねえ。

 

浅次郎は助平だが浮気はしないのである。

 

結論は土曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

武豊グレイスフルリープが逃げ切りV! 重賞4勝目/東京スプリント・大井

スノードラゴンを応援してたんだが残念!ちょっと位置取りが後ろ過ぎたかな。でも58kgでよく頑張った!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【天皇賞春2018予想オッズ、データ分析】京都芝3200mで行われるGⅠ天皇賞春。今年の主役はシュヴァルグラン!クリンチャー、レインボーラインの逆転あるか?データ分析では、内枠有利(1枠神)、脚質は差し有利も穴は先行!馬体重は?騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はチェスナットコート、アルバート、カレンミロティック!

 

私のちんこの存在意義が日々薄れているように、

天皇賞春の存在意義が薄れるのを

日々危惧しているわけだが、

 

やっぱりこうなるか・・・

 

■天皇賞春2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

現時点での登録数は17頭。

 

しかし、GⅠ馬はシュヴァルグランのみ。

 

どう考えても格下って馬も混じってるし、

 

回避する馬もいるみたいだから・・・

 

実質10~11頭立てって感じですな。

 

ドバイ組は日程的に難しいんだけど、大阪杯組(スワーヴリチャード、ペルシアンナイト、アルアイン、ヤマカツエース、ミッキースワロー、サトノダイヤモンド、ゴールドアクターetc・・・)の内、何頭かでも出てきてくれれば、もっと盛り上がるのになあ。

 

モッコリ穴党にとって1番の問題はもちろん・・・

シュヴァルグランの取捨。

 

さて、データ洗ってみるろ。

 

■天皇賞春2018データ分析、人気別成績

うえっ?なんじゃこりゃ!1番人気弱っ!で、2~4番人気強っ!データだけ見れば、1番人気は無条件で切りじゃー!あと、たまに二桁人気の超大穴が突っ込んでくるぜこのレース!

 

■天皇賞春2018データ分析、枠番別成績

うええっ???なんじゃこりゃ!1枠神ってる!しかも回収率やべえ!1枠に入った馬は無条件で買ってもいいレベルですな。8枠も結構馬券になってはいるが・・・平均着順を見れば一目瞭然、内枠が有利ですな。

 

■天皇賞春2018データ分析、馬体重別成績

長距離戦だけに馬格のないタイプでも好走出来るんだが・・・出来れば460kg以上欲しいところ。

 

■天皇賞春2018データ分析、騎手成績

長距離戦だけに鞍上の力は非常に大きい!武豊・蛯名・岩田あたりには要注意!あと、ミルコ・ルメールはこのレースイマイチ???

 

■天皇賞春2018データ分析、種牡馬成績

強いのはステイゴールドハーツクライ!ディープインパクトは相性悪いね。あとキングカメハメハも馬券になったことなし!

ステイゴールド(レインボーライン)
ハーツクライ(カレンミロティック、サトノクロニクル、シュヴァルグラン、チェスナットコート、ピンポン)

 

■天皇賞春2018データ分析、間隔別成績

キッチリと前哨戦を使うのが必須条件。他のローテは切り。

 

■天皇賞春2018データ分析、人気別成績

注目前走は3つ。阪神大賞典(9頭)、日経賞(8頭)、大阪杯(8頭)。例外は京都記念(2頭)とダイヤモンドS(1頭)くらいで。後は無視してOK。いずれも1~2着馬が強く、例外は大阪杯の3着馬。あるいは阪神大賞典の4~6着馬。大敗からの巻き返しは難しく、このデータからするとシュヴァルグランは切りですな。

阪神大賞典組(レインボーライン1着、サトノクロニクル2着、クリンチャー3着、アルバート4着、カレンミロティック5着)
日経賞組(ガンコ1着、チェスナットコート2着)

大阪杯上位組が不在なんでね。ローテからはこの7頭推し。

 

■天皇賞春2018データ分析、脚質成績

京都の長距離戦だけに逃げ馬がハマった時の威力半端なし。前・後ろは互角。上がり1位馬は勝つか3着か着外か。上がり下位の馬でも十分馬券になるレース。

 

■天皇賞春2018データ分析、位置取り・上がり3F

去年のキタサンブラックが勝つまで・・・1番人気は壊滅的だったんだね。馬券パターン的には・・・ここ2年は「逃げ→先行」だがこれはキタサンブラックの馬券だから例外だろう。よく見ると、道中ポジションを上げた馬が多く馬券になっとるな。これらを皆「差し」と捉えれば「差し→差し」っていう馬券パターンが最も多いね(JRAの脚質分析だと4角の位置取りで判断されてしまう)。

穴馬の脚質は、圧倒的に前!

先行脚質の穴馬を探すべし!

 

■天皇賞春2018データ分析、厩舎・生産者・血統

どっちかと言えば、関西馬が強いですな。関東馬で馬券になるのはリピーター。あ、このレースはリピーターレースだぜぇ。血統的にはサンデーサイレンス系がほとんどで。やはりこれらを中心にした方が良さそう。

 

ケツデータ論。

・神枠は1枠(内枠有利)。

・ステイゴールドとハーツクライ。

・阪神大賞典組vs日経賞組。

・「差し→差し」だが、穴馬は前!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、日経賞2着+蛯名+ハーツクライのチェスナットコート。過去にも日経賞の1~2着馬は結構馬券になっててね。蛯名騎乗でハーツクライ産駒、成長途上の4歳馬とあれば、ここで一発あっても不思議なし。

次に、阪神大賞典4着のアルバート。ステイヤーズSを3連覇している生粋のステイヤー。天皇賞春が中山3600だったらこの馬が勝つんじゃないの?と思ってしまうね。GⅠだとワンパンチ欠けるのは確かだが(春天は過去6着、5着)、乗り方次第で京都3200でも上位争いは可能。鞍上ルメールで人気になっちゃうかもしれんが・・・

そして、ガチで狙ってるのが・・・10歳のカレンミロティック!い、いやいやいや!さすがにもうないよ浅次郎さん!という常識的な声が聞こえてくるが、過去天皇賞春は3着・2着と実績・適正は申し分なし!2015年は阪神大賞典4着→春天3着!2016年は阪神大賞典6着→2着・・・といずれも人気薄で巻き返しているのだ!今回は・・・阪神大賞典5着からのローテ。プラス・・・池添+ハーツクライ+先行脚質!京都しか走らない京都専用機でね。2016年はキタサンブラックとクビの上げ下げだった実力馬。展開とか馬場とかがハマれば頭まで十分あると考えている。

 

問題のシュヴァルグランだが・・・

 

過去の実績からして巻き返し必死だと思う。

 

叩き良化型だし、強力なライバル不在。

 

目の上のタンコブだったキタサンブラックもいないし、

サトノダイヤモンドもレイデオロもスワーヴリチャードもいない。

 

ここは勝って当然・・・

少なくとも馬券は外さねえ!

と考えてる競馬ファンは多いと思う。

 

しかしそれでも・・・勝負事は何があるか分からんし、

 

 

前走の大阪杯は負け過ぎな気がする。

 

中3週で立て直せるのかどうか?

 

調教は要チェックですな。

 

後日の浅次郎の調教チェックに乞うご期待!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ダービー18頭の想定オッズは「大混戦」

ふむう・・・こんな感じか・・・あなたのダービーの◎は?

 

「イヤイヤ期」子育て中の親が抱える葛藤――変容する社会の間で

うちの1番下の息子は、この4月から幼稚園に通いだしたイヤイヤ期真っ最中の3才児。姉弟の中でも1番イヤイヤが酷いんだが・・・わけの分からんワガママ言うたら即体罰だね。このくらいの子供って「親は自分の言うことを聞くのかな?」と試してくるからね。ダメなものはダメ!悪いことしたら体罰!で、私はいいと思っている。口でごちゃごちゃ言ったって聞くもんかね。痛みが1番効くんだよ。そのせいか知らんが、泣くことも拒否することもなく元気に幼稚園に行ってるし、最近はもう好き嫌いもなく何でも食べるし、ちゃんと言うことを聞くようになってきたよ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【マイラーズC2018予想・データ分析】京都芝1600mで行われる別定GⅡマイラーズC。安田記念を目指す強豪ズラリ!エアスピネル、サングレーザー、モズアスコットが人気になりそうだが、データでは外枠が強い?脚質は先行?騎手・種牡馬・馬体重は?前走ローテは?穴馬候補はグァンチャーレ、ヤングマンパワー、ダッシングブレイズ!

 

今週は、胸の谷間。

 

 

じゃなかった(笑)、

 

今週はGⅠの谷間。

 

まあ、GⅠも平場の未勝利戦も同じっちゃ同じだけどね。

 

今週は胸の谷間を拝む感じで、

 

 

ゆったりするのもいいかもね。

 

さて、マイラーズC。

 

■マイラーズC2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

今週の私の狙いは福島牝馬Sなんだが(笑)、

一般的にはマイラーズCの注目度が高いだろうねー。

 

エアスピネル、サングレーザー、モズアスコットあたりが

 

安田記念前に激突!

 

さて、

 

胸の谷間を見ておこう!

 

・・・え、

 

もういい?(笑)

 

データ見ておこう。

 

■マイラーズC2018データ分析、人気別成績

マイラーズCは京都芝1600で行われるんだが、2011年以前は阪神芝1600mで行われていたんだよね。以下のデータは過去10年のものなんで、阪神時代のデータも混じってるので注意しておくれやす。1~2番人気の成績イマイチですな。特に2番人気が酷い。そんで何故か3番人気が異様に強い!中荒れしそうなレースだね。

 

■マイラーズC2018データ分析、枠番別成績

阪神時代のデータが入ってるんで参考程度にしてほしいんだが、8枠凄いね。

 

■マイラーズC2018データ分析、馬体重別成績

最低でも460kgは欲しいところ。馬格は大きいほど良さそう。

 

■マイラーズC2018データ分析、騎手成績

小牧・・・はシルポートだね(笑)。横典、福永、岩田、武豊あたりに注意。

 

■マイラーズC2018データ分析、種牡馬成績

ホワイトマズル・・・はシルポートだね(笑)。ディープインパクトキングカメハメハが強いわけだが、出走頭数からするとイマイチとも言える成績。この2巨塔はどうしたってチクビ吸っちゃうからね。穴党はあまり固執しない方がいいかもしれない。

 

■マイラーズC2018データ分析、間隔別成績

休み明けでも全然OKですな。

 

■マイラーズC2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・東京新聞杯(6頭)、中山記念(4頭)、香港マイル(3頭)くらいか・・・あとはバラバラで。六甲S、大阪城S、白富士S、洛陽Sといったオープン特別組も結構馬券になってるね。東京新聞杯は6着以内、中山記念の1~2着は激熱、でもいねえか。オープン特別組は1~2着条件。条件に合うのは・・・

六甲S組(ロジクライ1着、グアンチャーレ2着)

この2頭のみ。後は休み明けの馬たち。

 

■マイラーズC2018データ分析、脚質別成績

このデータも阪神が混じってるから参考までにして欲しいんだが、結構差しが届く感じか。

 

■マイラーズC2018データ分析、位置取り・上がり3F

コッチの方が分かりやすいね。基本的に先行勢が残るんだが、2~3着に差し馬が飛んでくる感じ。しかし上がり1位の馬弱いね!過去10年で馬券になったのは2頭だけ。近年ではクルーガーのみ。ただ、2~3位の馬は強い。前に行けて、しかも上がり上位を使える実力馬が強いってことかな。

穴馬の脚質は、先行!

とにかく前に行く馬を買うべし。

 

■マイラーズC2018データ分析、厩舎・生産者・血統

まあ当然だが関西の厩舎が強い。社台F・ノーザンFもめちゃくちゃ強いね。しかし、皐月賞は非社台の1.2.3着だったからなあ。このレースだってそういうことが起きるわけでね。あまり固執しないようにしたい。思い切ってディープインパクト・キングカメハメハ以外を狙うのも有りか。

 

ケツデータ論。

・六甲S組、休み明け組。

・先行馬

・ディープインパクト、キンカメ以外!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、ガチで狙いたいのがグァンチャーレ。この馬、オープン特別の2着が7回もある非常に珍しい馬で(しかもオープン特別は未勝利)。重賞でシルバーコレクターって馬は過去にも結構いるけどね。オープン特別で2着7回の馬ってもしかして初めて見るかも。まあ、ってことは、ワンパンチ足りないってことなんだけどね。逆に言えば、相手なりに走るタイプとも言えるだけで。このメンバーだと敷居は高いが面白い穴馬だと思う。

次に、これまた積極的に狙いたいのがヤングマンパワー。昨年の当レース3着馬。先行脚質。GⅠだと足りない馬だが、ハイレベルだった昨年の毎日王冠で僅差5着だった通り、GⅡ~GⅢクラスなら上位の能力ある馬だぞ!ただ、5ヶ月の休み明けなんでね。状態面は要チェックだ。

それから、ダッシングブレイズも人気薄になりそうで面白いね。この馬、戦績からしてどう考えてもマイラーなわけでね。ここ2戦の敗戦はハリル元監督のせいにしてしまってOK。叩き3戦目でココが狙い目だぜ!

最後に爆穴ベルキャニオンを挙げておこう。前走の東京新聞杯は7着とはいえわずか0.3秒差で。クルーガーやグレーターロンドンには先着してるんだよね。確変チューの鞍上藤岡佑介も怖い。もう一回あるかもよ?

 

え?

 

やっぱりもう1枚、谷間が見たい?

 

しょうがないなー。

 

 

む、むふー。

 

結論は日曜日ー!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

夢を叶えた小平智。“夢を現実にする妻”古閑美保とつかんだ米ツアー初勝利

ゴルフしない人は知らんと思うがね。これは超快挙な話で(日本人の米ツアー勝利は史上5人目)。化物が巣食うPGAツアーでいきなり勝つってのはキセキ的なことなのである。これで2年のシード権獲得か・・・頑張って欲しいなあ!しかし古閑美保との仲睦まじい姿にはこっちも嬉しくなるね。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【皐月賞2018レース回顧】稍重馬場で行われた今年の皐月賞を制したのはオルフェーヴル初年度産駒の伏兵7番人気のエポカドーロ。離れた4番手から抜け出す完勝でまず一冠。人気どころのワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール、ジャンダルムの敗因は?エポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラーレウーノのダービー適正はどうなん?

 

エポカドーロ、混戦皐月賞を制す!

 

 

いやあ・・・今回の皐月賞は意見が分かれるだろうねえ。

 

巷の見解を見てみると・・・

 

サンスポ→【みんなの反省会】根はマイラーのエポカドーロ

スポニチ→【皐月賞】エポカ1冠“父の道”3連単37万円超え波乱呼ぶ!

 

・位置取りが良かった(展開が向いた)

・重い馬場が味方した

・実力勝負になってなかった

 

という感じで、

2馬身差の圧勝だったにもかかわらず、

あまり肯定的じゃない意見が多いですな。

 

さて、実際どうだったのか?

ワグネリアン、ステルヴィオらの敗因はなんだったのか?

 

簡単に回顧してみよう。

 

■皐月賞2018結果、着順

 

■皐月賞2018映像

JRA公式は画質悪いなあ・・・

 

■皐月賞2018レース回顧

スタート!

3番ジャンダルム、9番オウケンムーン、12番グレイルが出遅れ。ジャンダルムはあっという間に前を塞がれちゃったね。ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドールあたりは普通のスタート。おそらくインの馬場が荒れていたのだろう。ワグネリアンやキタノコマンドールは外へ外へとポジションを移していく。

 

好スタートを切ったのは7番エポカドーロと10番ジェネラーレウーノ。馬なりのまま先頭を伺うが・・・ムチが入った6番アイトーンが押して押してハナへ。14番のサンリヴァルは馬なりのまま好位へ。大外から玉砕覚悟のジュンバルロが行く!

 

正面から見ると一目瞭然。インはガラガラ。みんな外へ殺到してますな。内枠のワグネリアンはまあ想定通りだけど、ジャンダルムもかなり外へに行ってるよね。ステルヴィオは大外のまま。こういう馬場の時って、「いい馬場を走らせたい」って思惑が強く働き過ぎてね。外の馬はかなり外を走らされちゃうので注意が必要。今年の皐月賞はインガラガラのまま一周回ることに。

 

1~2コーナー地点。アイトーンにジェネラーレウーノがついていき・・・さらにジュンバルロが絡んで3頭が大逃げする形に。エポカドーロ戸崎はついて行かずに控える選択。これが大正解でしたな。・・・というより、初めからそういう作戦だったっぽい(笑)。レース前は、

 

「何が何でも逃げます(キリッ)」

 

みたいなことを言っていたが、実際は

 

「どうぞどうぞ!」

 

 

だったからね(笑)。

 

むしろ、折り合い・ペースコントロールに集中している感じで、

最初からハナに行く気は無く、

誰かを行かせて2~3番手・・・って予定だったと思われる(笑)。

 

ハナはアイトーン、続いてジェネラーレウーノ、ジュンバルロ。

 

10馬身くらい間が空いて、実質的な先頭がエポカドーロ、サンリヴァル、ケイティクレバー。この3頭が、私の予想の◯、▲、◎だったからね。もうこの時点で「うほほーい!そのままー!」と思ってたわ(笑)。

 

中団の前にマイネルファンロン、スリーヘリオス、タイムフライヤー、ダブルシャープ。

 

中団後方にオウケンムーン、ジャンダルム、ワグネリアン。

 

後方にグレイル、ステルヴィオ、キタノコマンドール。

 

ざっと見る限り、折り合いを欠いているような馬は居なかったね。

 

ラップはどうだったのか?

 

 

1000m通過は59.2。

 

ただし、これは前の3頭のラップで。

 

10馬身近く離れた4番手エポカドーロのラップは、

61.2くらいだったと思う。

 

だから、巷では、

 

実質スローだった!

 

と言ってる人が多いわけだが、

 

それは本当だろうか?

 

まず考えなくてはならないのが馬場。

 

稍重発表だが、

見た目以上に時計が掛かる馬場だったのはみんなも知ってる通り。

 

さらに言えば、

ほとんどの馬が内を空けて走っており、

通常よりも多く距離を走っているのも間違いないわけで。

(エポカドーロも3頭分くらい内を空けてコーナーを回っている)

 

馬場とコース取りの影響が1000mにつき1.0秒あったと仮定するなら、

エポカドーロのペースは61.2→60.2だったわけであり、

それが巷で言うところのスローだったのかどうか?

速くもないが、遅くもなかったのでは?

 

ちなみに、スローだった弥生賞(1000m通過61.5)で、

ワグネリアンは上がり最速33.7を繰り出しておるんだが、

今回のワグネリアンの上がりは35.2。

(馬場差はあるにせよ掛かりすぎじゃね?)

 

今回「実質スローだった」と言うのであれば、

もっと伸びても良さそうなもんだけど。

 

何が言いたいかというと、

エポカドーロのペースは馬場を考慮すると

平均ややスロー程度だったのではないかと。

 

実際のエポカドーロのペースを2で割ると、

61.3-59.5=2:00.8

後傾ラップではあるが、極端なスローじゃなかったのである。

 

それを裏付ける証拠の一つに、

 

有力馬の位置取りがある。

 

残り600mでの隊列がこう。もし極端な前有利のスローだったというのなら、ポジションを押し上げていくような馬が居てもおかしくないよな?あるいは早めのロングスパートをする馬が居てもおかしくないよな?特に、デムーロルメールらのペース判断に長けた騎手はそういう手をよく使うよね?しかし、残り600mでも後方待機で動かぬまま。

 

さらに言うなら、残り600mから積極的に動いていく馬もいなかったわけで・・・もとい、ワグネリアンは残り600mから仕掛けてますな。しかし、ステルヴィオ(ルメール)、キタノコマンドール(デムーロ)、ジャンダルム(武豊)あたりは悠々とと後方待機のままで・・・4コーナー手前まで脚を溜めているのだ。

 

ルメールもミルコも武豊も・・・

 

このペースなら届く!

 

あるいは、

 

このペースなら前は止まる!

 

・・・そう思ってたのでは?

 

だから全く動かなかったのでは?

 

ま、実際のところは分からんけどね。

 

戻ろう。

 

残り400m。前の3頭との差がグングン詰まる。エポカドーロはこの時点でまだ馬なりのまま。馬場が良いところを選ぶ余裕があり、馬場の真ん中から外目へ!サンリヴァルがエポカドーロの外から迫る!ワグネリアンはすでに追い出し態勢に入ってるがイマイチ伸びない!

 

4コーナー!ワグネリアン、グレイルは外に振られてかなり外を回らされてるね。ステルヴィオは上手くその内に入れて追い出す!ジャンダルムは外に振られるのを嫌って内へ切れ込む!キタノコマンドールはジャンダルムを追うようにコーナーを回って馬群の中へ!直線に入って、エポカドーロも追い出し開始。

 

残り200m!まだ余裕の手応えのエポカドーロ。残り200mを過ぎてから右ムチ4発。これでもう一つギアが上がり、前で粘りに粘るジェネラーレウーノを一気に捕らえる!

 

必死にサンリヴァルが追いすがるも、差は縮まらず、逆に開いていく。後ろからステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルらが迫るが、3着争いまで。

 

最後は流す余裕の戸崎。2馬身差の圧勝。2着にサンリヴァル、3着にジェネラーレウーノが粘り込んだ。

 

勝ちタイムは2:00.8。

 

エポカドーロの上がりは35.1。

 

いや、

 

エポカドーロ、

 

めちゃめちゃ強かったんじゃね?

 

 

 

 

 

 

 

 

勝ったエポカドーロはオルフェーヴルの初年度産駒。GⅠでは信頼度イマイチな鞍上、母系が短距離系の血統、また逃げ脚質のせいもあってか今回伏兵の立場で・・・単勝オッズは14.5倍の7番人気。しかし見事に父オルフェーヴルとの父子制覇を成し遂げた。オルフェーヴルの牡馬では他に目立った馬がおらず(多くの良血牝馬と交配してるんだが)、「オルフェーヴルの牡馬はイマイチ。ロードカナロアの方が質が高い」といった下馬評もこの馬の人気を下げたのかもしれない。

しかし、血の力って凄いね。オルフェーヴルも3歳春に激変して3冠馬まで上り詰めたわけだが、今回のエポカドーロもまさにそんな感じでね。スプリングSの時とは全く馬が違っていたんだと思う。もちろん、重めの馬場がこの馬にとってプラスだったことは間違いないが、仮に良馬場だったとしても結果は変わらなかったのではないだろうか。それくらいの完勝だったと思う。

展開的に恵まれたんじゃね?と言ってる人も沢山いるけどね。私はそうは思わない。そもそも本当にスローの瞬発力勝負だったのなら、もっと後ろの人気馬が脚を伸ばしたはず。しかしそうじゃなかったってことは後ろの馬も道中脚を使わされたってことであり、今回はタフな馬場でのガチンコ勝負だったのだ。

だいたい・・・スローだから前有利とかハイペースだから後ろ有利なんて言ってたら、今回のジェネラーレウーノの粘りとか全く説明つかんしね(笑)。

 

強い馬の定義ってのは人それぞれだと思うが、

 

自分でペースが作れて、

後ろと同じか後ろより速い上がりを使える馬。

 

あるいは、

 

自分でレースを動かして、

その上で勝ち切ってしまう馬。

 

私は、

こういったタイプの馬が強いと思うし、

こういうタイプの馬が好きだ。

 

さて・・・すでにエポカドーロのダービー適正についての議論も始まってますな。気になるのはその血統と体型。母父はマイラー系のフォーティーナイナー。母のダイワパッションも1200~1400の重賞勝ち馬である。馬体を見ると・・・

 

うーむ。確かに胴が詰まった感じで。距離が伸びて良さそうには見えない・・・

 

しかし父オルフェーヴルも胴が詰まった体型でね。見た目1600~2000mくらいが適距離に見えるが、これで3000mだって余裕で走れたわけで。しかしオルフェーヴルは美しいなあ・・・惚れ惚れするわ。

 

エポカドーロは東京2400も大丈夫か?

 

なんてのは、走ってみらんと分からんと思う。

 

しかし、今回の皐月賞を見る限り、個人的には全然大丈夫だと思うね。折り合いに不安がないのが1番。そして、ゴール前止まるどころか、まだまだ余裕があったからね。むしろ、距離は伸びて良いような気がする。ただ・・・距離よりも東京コースが心配だな。この血統は「小回り」「タフな馬場」が得意で。軽い馬場でのキレ勝負は苦手なのである。オルフェーヴルもゴールドシップもドリームジャーニーも中山・阪神の内回りは鬼であった。ま、この馬がどうかは分からんが。

 

2着のサンリヴァルはルーラーシップ産駒。エポカドーロの直後の位置取りで、最後までこの馬をマークする形だったが、最後は完全に力負け。しかし、実にしぶといねこの馬。おそらくこの馬もタフな馬場が得意なタイプで。スローの瞬発力勝負ではなく、タフな持久力戦が得意なタイプなんだろう。弥生賞ではスローで完敗だったが、馬場やペースが変われば、これだけ強いのである。この馬もスタミナ的には2400は全く問題ないだろう。出来れば一貫したペースの持久力戦がいい。藤岡佑介・確変チュー♪

 

3着のジェネラーレウーノはホントに凄かったな。1000m59.2のペースは普通の馬場であれば58.2くらいに相当するハイペースだったと思う。実際この馬の上がりは37.6で。もう最後はアップアップだったんだが、それでも3着に残したあたり、田辺恐るべしである。この馬もハイペース志向の持久力型で。東京の瞬発力勝負は全く向きそうにないんだが、常識が通用しないタイプの馬かもしれず。また残ってしまうかもしれない(笑)。

 

4着のステルヴィオの敗因は「ポジションが後ろ過ぎたこと」と言ってる人が多いですな。まあその通りなんだが、そもそも前目に行けないから中団後ろで競馬してきたわけでね。外枠だったし、こういうポジションになる可能性は最初からあったと思う。それを敗因と言うのは・・・なんか違うんじゃね?・・・と思うね。他に敗因を探すとすれば、馬場と距離か。外を回して差してきたのはさすがであったが・・・最後はジェネラーレウーノを交わせなかったばかりか、後ろから来たキタノコマンドールに交わされる寸前であった。この馬・・・タフな馬場や展開も合わなかったのかもしれんが、そもそも2000mがギリギリなのかもしれん。ダービーでも人気になるだろうけど・・・NHKマイルCに行った方がいいと思うね。

 

5着のキタノコマンドールまでがダービーの優先出走権ゲット。ゴール前の脚は際立っていたよね。ただ、やっぱりこの馬も位置取りが後ろ過ぎで。さらにエンジンの掛かりも遅く、伸びてきた時にはもう・・・時すでに遅し。この馬に関して言えば、もっと手前から仕掛けていれば2~3着はあったかもしれない。距離が伸びて良さそうだし、東京に変わるのもプラス。そのままミルコ騎乗なら・・・ダービーは2~3番人気になっちゃうかも???

 

6着のグレイルは出遅れが響いたね。ただ、大外ブン回しでステルヴィオと同じような脚を使っているし、やはり能力的には相当高いものを持っていると思う。ただ、ステルヴィオと同じく、大外を回したにもかかわらず最後の伸びがイマイチだったように思う。馬場のせいだと思うが・・・東京2400で巻き返せるか?

 

さて、謎だったのが1番人気ワグネリアンの負けっぷりである。内枠だったんでね。下げて外に出すってのは予定通りだったと思う。重馬場の野路菊Sで上がり33.0を繰り出して圧勝したことがあり、重い馬場も苦にしないとも言われていた。しかし、4コーナー手前で外に出されて追い出されてもイマイチ伸びない。最後はステルヴィオとグレイルと併せる形になったにも関わらず、脱落して最後は追うのを諦める始末。この馬の敗因はなんだったのだろうか?一つには、タフな馬場・タフなペースで脚が溜まらなかった可能性。一つには調子がイマイチだった可能性である。浅次郎の調教チェックでも、この馬の調教軽すぎだったんで「怪しいんじゃね?サイン」を出していたが・・・危惧した通りになったな。ダービーでの巻き返しなるか?

 

また、今回ジャンダルムから買ってた諸兄も多かったと思う。出遅れてポジションが取れなかったのがまず痛恨で。さらに言うと、馬場も合わなかったんだと思う。4コーナー・・・武豊は思い切ってインを突き、いいところに持っていったんだが・・・最後全く伸びず。距離も2000mが限界ぽいからね。ダービーよりNHKマイルCに向かった方がいいと思うけど陣営はどうするかな?

 

以上、簡単に回顧するつもりが、

 

長くなってしまった(笑)。

 

しかし文中でも書いたが、

 

これでダービーが俄然おもしろくなったね。

 

おそらくダノンプレミアムが1番人気になると思うが、

 

他の人気はどうなるだろうね???

 

馬券は、必殺前残りBOXが炸裂して◯▲で馬連が当たり。

◎のケイティクレバーは11着だったけど(笑)。

 

さて、今週も楽しんで行こう。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

絶対王者オジュウチョウサン、大差のレコード勝ちで3連覇達成!/中山グランドジャンプ

いやあ・・・強いわこの馬!感動した!馬券は買ってないけど(笑)。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【アンタレスS2018予想】阪神ダート1800mで行われる別定GⅢアンタレスS。1年ぶりのグレイトパールが人気だが、全力で逆らいたい!展開・隊列・ペースはどうなる?馬場の影響は?前残りになる?狙いは小崎騎乗の穴馬アルタイル!相手に調教抜群のユノラト!ヒモ穴にコスモカナディアン!実力馬のミツバ!逃げ馬のマイネルバサラ!

 

今日は皐月賞があるんでね。

 

「阪神メインはどうしよっかなー?」

 

と思ってる方も多いかもしれんが、

 

コッチの方が馬券的にはオモロイかもしれんぞぃ!

 

■アンタレスS2018オッズ

netkeibaより抜粋

 

なぜなら!

 

デムルメが居ねえ上に!

 

骨折、1年の休み明けの・・・

グレイトパール

人気になってるからーーー!

 

いやね。

 

最初に言っておくが、

グレイトパールは強いよ。

 

ダートでは負け無しの5連勝中。しかもその間、

テイエムジンソク、コスモカナディアン、クリソライトを負かしており、

そのまま無事なら・・・

昨年のチャンピオンズCでは主役候補となっていたと思う。

 

しかし無情にも骨折してしまい・・・

 

今回は約1年振りの実戦なのである。

 

もちろん、

 

能力の違いで

 

アッサリ勝っちゃうかもしれん。

 

しかし、

 

アッサリ負けちゃうかもしれん。

 

今回のグレイトパールがどっちかは分からんが、

 

穴党は黙って、

 

ANA様に忠誠を誓いつつ、

 

 

暗黒空間にバラ撒くのだ!

 

展開見てみるべい。

 

■アンタレスS2018展開予想

逃げ候補は
ディアデルレイ
マイネルバサラ

先行勢は
マイティティ
ユノラト
ミツバ
トップディーヴォ
コスモカナディアン
アルタイル
アスカノロマン

差し勢は
メイショウスミトモ
ロンドンタウン
グレイトパール
メイショウウタゲ
クインズサターン

追い込み勢は
ナムラアラシ
モンドインテロ

行くのはおそらくディアデルレイ。続いて外からマイネルバサラ。重賞らしい締まったペースになると思うが、問題は馬場。現時点で阪神ダートは「不良」だが、2Rの未勝利戦で1:51.6・・・と、かなり速い時計が出ているのである。そんでレースはイッタイッタ。

 

前が止まらないんじゃねこれ?

 

というわけで、

 

このレースも・・・

 

前残り狙いだ!

 

■アンタレスS2018予想

 

アルタイル(9番人気)

前走のマーチSは0.1秒差の4着。4コーナー手前から仕掛けて最後までキッチリ伸びたが最後クインズサターンに差されたのは斤量の分か。今回は57kg→56kg。好位に付けやすそうな枠もいい(内の馬は差しが多い)。人気がないのは鞍上のせいかな?小崎ぃ!チャンスやぞぉ!

相手は調教特A評価のユノラト。実力上位のコスモカナディアン、ミツバ。逃げ候補のマイネルバサラ。

 

◯ユノラト(6番人気)

▲コスモカナディアン(10番人気)

△ミツバ(3番人気)

△マイネルバサラ(11番人気)

 

馬単 ◎流し表裏 @100円

ワイド ◎流し @100円

 

頑張れ!アルタイル!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

生活再建、入り口にさしかかったばかり 熊本地震2年

熊本、復興に向け頑張っとります。100円でも200円でもいいっす。余ったTポイントでもいいっす。馬券が当たったら・・・でも全然いいっす。良かったらご協力くだされ。

 

Yahooネット募金

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

【皐月賞2018予想】中山芝2000mで行われるクラシック第一弾GⅠ皐月賞。今年は雨の影響で重馬場の皐月賞?展開・隊列・ペースはどうなる?馬場は?上がり3Fデータは?人気馬バッサリの大穴前残り馬券で逝く!狙いはケイティクレバー、エポカドーロ、サンリヴァル、アイトーン!差し馬からタイムフライヤーとダブルシャープ!

 

うっしっし!

 

雨だねえ。

 

 

しかも・・・この雨雲レーダーの感じだと

午前中は激しく降るっぽい。

 

しかし、昼前からは止むらしいんでね。

 

現時点で馬場を予想するのはちょっと難しい。

 

これ書いてる時点(早朝)でのJRA発表は稍重だが・・・

皐月賞は重馬場で考えた方がいいかも!

皐月賞2018、各馬の重馬場適性は?

 

あら?

 

雨はもうやんだ?

 

でも、重めの馬場になるのは間違いなかろう。

 

さて、オッズはどうなってる?

 

■皐月賞2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

ワグネリアン、ステルヴィオは予想通りだが、

キタノコマンドールは想定以上に人気になったなあ。

 

ま、いずれも瞬発力に秀でたキレ系。

 

この馬場なら、

ズバッと切るのも一興ですな。

 

ま、そうじゃなくても斬るつもりだったけど(笑)。

 

展開見てみるだに。

 

■皐月賞2018展開予想

逃げ候補は
アイトーン
エポカドーロ
ケイティクレバー
サンリヴァル

先行勢は
ジェネラーレウーノ
ジャンダルム
オウケンムーン
マイネルファンロン
ジュンヴァルロ

差し勢は
グレイル
ワグネリアン
ステルヴィオ
ダブルシャープ
スリーヘリオス

追い込み勢は
キタノコマンドール
タイムフライヤー

どの馬が行くのか・・・エポカドーロが逃げ宣言をしているんだが、アイトーンケイティクレバーも行ってなんぼだし、この3頭って枠が隣なんだよね。釣られて競る形になるかもしれん。外のサンリヴァルも行くだろうしなあ・・・。どの馬が主張するのか?どの馬が引くのか?引かないのか・・・?正直、一回パンツを脱いでみないと体の相性が分からんのと同じで(笑)、レースが始まらんとどうなるやらサッパリ分からん。

一応、エポカドーロが逃げる想定で考えておこう。前走も離れた2番手で実際のペースはスローだったわけだし、戸崎がガンガン逃げるなんてことは考えにくいし、ぶっ飛ばして逃げることはないと思うんだけど問題は馬場バイアスだよなあ。

こればっかりはレースが進まんと分からんが、ドロドロ馬場で内が荒れ荒れになる可能性もあるな。そうなると・・・内を空けてレースが進むわけで、外の方がいい馬場を走れることになるな。ただ、そういう時に馬場の悪いインをついてワープする馬も出てくるかもしれんし・・・外を回そうとする距離損ハンパないことになることもあるし・・・ゴールドシップが勝った皐月賞とか参考になるかも。

うーん。この時の内田の騎乗には痺れたなあ。

 

で、今回のペースがどうなるか?

 

エポカドーロの単騎逃げならスロー。競る形になればハイペース。展開決め撃ちをするなら、

 

前残りor前潰れ

 

と極端な方がいいかもしれんな。

 

 

一応、上がり3F最速候補を挙げておこう。

 

上がり3F最速候補は、

・タイムフライヤー
・ワグネリアン
・キタノコマンドール
・ダブルシャープ
・ステルヴィオ

しかし、今回の馬場で「上がり33秒台」は難しいだろう。上がりは34~35秒台、もしかしたら36秒台のドロドロ決戦となるやもしれん。必要なのはパワーと重馬場適正とスタミナ。

 

netkeiba予想陣の印も見ておこう。

 

netkeibaより抜粋。

 

意外とワグネリアンの印薄いなあ。◎は2個か。

内枠が嫌われたのか鞍上の差か・・・

ステルヴィオの方が印は濃いね。

 

さてと・・・

 

まあいつもどおり大穴狙いで逝くんだけどね(笑)。

 

そもそも、

 

GⅠに出てくるような馬に、

 

大きな能力差はないのである(By藤沢調教師)。

 

枠順や体調や条件や馬場によって着順は変わるのであり、

今回は「悪天候」という大きな条件変わり。

 

今回人気になってる馬たち・・・

弥生賞組せよスプリングS組せよ、

良馬場スローの瞬発力勝負で勝ってきた馬である。

 

しかし今回の悪条件で

同じ瞬発力が使えるとは限らないのであるからして、

 

人気馬バッサリ!で行こうと思う。

 

正直に言えば、この馬場でも、

人気馬による差し決着になる可能性の方が高いと思うが(え)、

 

競馬は

 

的中率より回収率。

 

ラピュタの財宝狙いで逝く。

 

 

こーらー!まーてー!ネコババするなー!

浅次郎の皐月賞2018調教チェックはこちら。

 

■皐月賞2018予想

 

ケイティクレバー(12番人気)

「浅次郎さん正気ですか?12番人気ですよ?印、間違ってませんか?」という声が聞こえてくるけどね。キタノコマンドールが評価されるのであれば、この馬が評価されたって全然不思議ないと思うわけ。もう一度馬柱を見てみよう。前走のすみれSは確かにハイレベルであった。タイムも速いし(速い時計が出る馬場だったにしても)、キタノコマンドールは相当強い競馬をしたと思う。

しかしこの時ケイティクレバーの方が1kg重い57kgを背負っていたのである。同斤量だったら着順逆だったんじゃないの・・・なんてもちろん机上論だが、少なくともキタノコマンドールと大きい差があるわけではない。むしろ強かったのはケイティクレバーの方だ!という仮定すら成り立つと思う。

2歳時は確かに上位人気馬とは差があったかもしれんが、出世レースの若駒Sで逃げて3馬身差の圧勝してるし・・・キレ勝負じゃなく重い馬場での持久力勝負なら十分やれる!道悪の中山が合いそうなハービンジャー産駒!浅次郎の調教爆穴指定ィィ!チャンスだスグル!すり抜けながらかっさらえい!(byドーラ)

 

 

相手はエポカドーロ、サンリヴァル、アイトーン・・・と逃げ馬候補をズラリ。差してくるとしたら道悪は鬼のタイムフライヤーとダブルシャープで。人気馬は総崩れでオナシャッス!流石に今回は流しじゃなく鬼の大穴ボックス馬券で。

 

馬連 BOX @100円

3連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!ケイティクレバー!

 

パズーとシータは幸せに暮らしているのだろうか・・・

 

【おまけ】日曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
該当馬なし

おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
阪神2R 10番
中山4R 15番

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【アーリントンC2018予想】阪神芝1600mで行われる3歳限定別定GⅢのアーリントンC。人気はタワーオブロンドン、インディチャンプあたりだが当然大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースはどうなる?雨の影響は?重馬場適正は?上がり3F最速馬は?狙いは調教抜群のラセット!パクスアメリカーナ!大穴にピースユニヴァース、アリア!

 

明日の皐月賞は雨模様みたいだが(うっしっし)、

 

今日は阪神も雨か?

 

 

天気予報だと昼から降水確率50%・・・

微妙だけど重馬場適正考えたほうがいいかもね。

 

あ、皐月賞の重馬場適性はこちら!

皐月賞2018重馬場適性

 

■アーリントンC2018土曜朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

タワーオブロンドンが人気ね。

 

おっしゃおっしゃ。

 

■アーリントンC2018展開予想

逃げ候補は
ラブカンプー
ウォーターパルフェ

先行勢は
レッドヴェイロン
エアアルマス

差し勢は
アリア
タワーオブロンドン
パクスアメリカーナ
ラセット
ダノンスマッシュ

追い込み勢は
イルルーメ
インディチャンス
ピースユニヴァース
リュウノユキナ

行くのはラブカンプーか。あるいはウォーターパルフェが行くかもしれん。レッドヴェイロンは控えると思うけどね・・・仮にラブカンプーのペースならハイペースになっちゃうかもしれん。前走のフィリーズRはテンの3F33.7でイッチャッタからなあ。

舞台は阪神マイル。瞬発力系の差し馬が有利なんだが、ハイペースとなるとまた話が違ってくるなあ。。。いや、先行勢の数少ないけんな。前と後ろが離れてしまうかもしれん。ちょっと展開決め撃ちは難しいか。

 

上がり3Fデータを見てみよう。

 

上がり3F最速候補は・・・

・パクスアメリカーナ
・インディチャンプ
・ピースユニヴァース
・タワーオブロンドン
・エアアルマス
・レッドヴェイロン
・ラセット

見事に上位人気馬が列んだが、穴ならピースユニヴァース、ラセット。

 

あと、天気が微妙だが・・・

 

簡単に重馬場適性も見ておこう。

 

■アーリントンC2018重馬場適性

【重馬場が得意そうな馬】

パクスアメリカーナ 前走重い馬場で圧勝。
アリア 重めだったなずな賞を快勝。血統的にも◯。
ラセット 重めだったきさらぎ賞で上がり最速3着。

タワーオブロンドンは重い馬場の経験がないものの、血統的にはこなしそうだね。インディチャンプもステイゴールド×キングカメハメハだし、重い馬場はむしろ歓迎の部類かも。走ってみないと分からんけどな。

 

午後から雨が激しくなるようなら参考に。

 

さてと。

 

タワーオブロンドンが来たら、

 

あの超人を呼んでごまかすしかねえ・・・

 

 

その名は「プリプリマン」(実在)!

 

必殺技は・・・

 

■アーリントンC2018予想

 

ラセット(7番人気)

今年はきさらぎ賞を勝ったサトノフェイバーが早々に離脱しちゃったからね。きさらぎ賞組の注目度がとても低いんだが・・・5着だったカツジがニュージーランドTを勝っているように決してレベルが低かったわけではないのではないか・・・と仮定すると3着ラセットのこの人気は美味しい。そして、クラシック路線に向かわなかったところを見ると、陣営は1600mがベストと見ているわけで。ここで3着以内に入らないとNHKマイルCには出れられないわけだから、ここはメイチ勝負のはず・・・で、調教を見ると絶好文句なしの内容。確変中の藤岡祐のキンタマも非常に心強い。

相手筆頭はパクスアメリカーナ。単勝10倍以上ならこっちから買うつもりだったが・・・やっぱ人気になっちゃったね。インディチャンプ押さえ。穴にピースユニヴァース、爆穴にアリア。

 

◯パクスアメリカーナ(3番人気)

▲ピースユニヴァース(8番人気)

△インディチャンプ(2番人気)

☆アリア(9番人気)

 

馬連 ◎-◯ 500円

馬連 ◎流し @100円

3連複 ◎◯→▲△☆

3連単 ◎→◯▲☆

 

頑張れ!ラセット!

 

 

【おまけ】土曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
福島10R 8番
阪神5R 5番

おまけのモッコリ馬
(モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中)
阪神3R 4番
阪神8R 14番

 

【浅次郎のひとりごと】

犠牲者に復興誓う=冥福祈り追悼式―前震から2年・熊本地震

熊本地震から2年 復興のシンボル・熊本城が被災者勇気付ける

あれから2年か・・・当時の様子はどうだったかな?と思って過去記事を見てたんだが・・・本震があった翌日に皐月賞の予想アップしてるし!→記事はこちら。我ながら根性あるな(笑)。※当時募金をしてくれたみんなありがとー!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【皐月賞2018調教チェック】中山芝2000mで行われるクラシック第一弾GⅠ皐月賞。調教メイチ馬はどの馬だ?仕上がりイマイチな馬は?ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール、ジャンダルム、タイムフライヤーのデキは?調教特A馬、調教爆穴は?穴馬候補はグレイル、ケイティクレバー、ダブルシャープ、サンリヴァル!

 

全国10,000人の・・・

 

浅次郎調教チェックファンの皆!

 

股せたの!

 

皐月賞の調教チェック行くぜ!

(桜花賞の調教チェックのアクセス数はマジで10,000超えた。笑)

 

■皐月賞2018調教チェック

netkeibaより抜粋

 

なんと・・・!

 

ワグネリアン、タイムフライヤー、ジャンダルム、キタノコマンドールといった人気馬が内枠に集中!そしてこれらみんな差し・追い込み系!

 

そんでステルヴィオがは大外枠15番!

 

くんくん。

 

ケツの香しいニホヒがするのは私だけか???

 

 

さて・・・毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによるスーパー油風呂ジャッジである。巷のプロによる調教チェックと評価が違うからといって空き缶を投げられても困るし、買い目に関する一切の責任も負わんのであしからずよろしく頼む。→JRAの調教映像(金曜昼頃更新)

 

今日は全頭評価で逝くぜ!

 

タイムフライヤー 特A評価
若葉Sから中3週で8本!負荷掛けて来たなあ。今回はCWで最終追い切りを行ったんだが、ほぼ馬なりのまま36.7-12.3の好時計!終い気合を付けられたのは前に出て気が緩んだからか。とにかく動き的には迫力満点で。クビを使った素晴らしいフットワーク。前走と一変している可能性有り。特A評価。

ワグネリアン
弥生賞から中5週で7本。評価難しいわこれ・・・最終追い切りは単走馬なり軽めでCW39.4-12.9。チョコチョコ走ってる感じで時計も遅め。1週前は併せ馬だったんだが、これもゆったり目でCW39.6-11.6。併せてからスイッチが入った感じで(逆に押さえていた)終いの動きは素晴らしかったんだが・・・GⅠだけにせめて1週前は時計を出して欲しかったなあ。ただ、2週前にはCW36.8-12.0という時計を馬なりで出してるし、順調なのは間違いない。おそらく・・・というか当然だが、ここは「ダービーの前哨戦」なんだろうね。

ジャンダルム 特A評価
弥生賞から中5週で9本。坂路を併用しつつ、CWで3週連続好時計。1週前と2週前は一杯に追って併せ馬で豪快に先着。最終追い切りは終いだけサッと追った感じだったが、動き・気配・フットワーク・キレともに申し分なし。この馬の場合、血統的にも(母ビリーヴだからね)ダービーよりコッチが全力なんだと思う。メイチ仕上げ特A評価。

スリーヘリオス
中1週で1本だけ。疲れなく元気いっぱいではあるが、走りを見る限りやっぱりダート馬じゃないのー?記念出走ぽい。

キタノコマンドール
ええええ?マジすか・・・すみれSから中6週だが、中間はノーザンFしがらきで調整され、戻ってきたのが3/22で追い切りは7本。2週前、1週前の動きは良かったのだが、問題はミルコが乗った最終追い切りで。終始押さえたままではあったが・・・半馬身ほど遅れちゃったのである。パートナーは「あれ?まだ来ないの?」みたいな感じでチラチラ見てるし、最後まで馬体が並ぶことさえなかった。これがGⅠの最終追い切りってんだから見映え悪いよねー。せめて馬体を併せて追い切って欲しかったなあ・・・でも、1週前追い切りの反応は非常に良かったからね。デキは悪くないんだと思う。あと、ミルコは時々こういう調教やるんでね、コマネチ!

アイトーン
若葉Sから中3週で4本。最終追い切りは坂路で終いだけ軽めだったが、1週前追い切りの動きが良くてね。3頭併せでCW一杯37.9-11.8で豪快に先着。デキ良さそう。調教爆穴に挙げようか迷うところ。

エポカドーロ
スプリングSから中3週で4本。最終追い切りはCW併せ馬で39.2-11.6。終いの反応を見る感じ追い切りだったが、推進力があっていい動きだったと思う。

ケイティクレバー 調教爆穴
すみれSから中6週。中間は吉澤Sで調整され3/22に帰厩して5本。最終追い切りはCWで3頭併せ。全くの馬なりで38.6-11.9。併せた僚馬をあっという間に千切って見せた。ちょっと頭が高い気がするが、素軽いフットワークで雰囲気よかねえ。一変期待の調教爆穴!

オウケンムーン
共同通信杯以来約2ヶ月ぶり。時計出し始めたのが3/14だから多分どっかの外厩に出てたと思うんだが情報なし。南Wで9本乗り込まれてるが、馬なり中心のメニューで。速めの時計を出した1週前(38.3-12.6)も馬場の真ん中を回してて・・・最終追い切りも終始馬なりで併入だったし・・・GⅠの追い切りとしては物足りないもんがあるな。まあ、元々調教で走るタイプじゃないぽいからこれでいいのかもしれんが・・・ローテからもダービーが目標っぽいなあ。

ジェネラーレウーノ
京成杯以来約3ヶ月ぶり。中間はノーザンF天栄で調整され3/23に帰厩して6本。最終追い切りは南Wで3頭併せ。ムチが入る一杯追いで38.3-12.6。GOサインが出てからの反応も良く、あっという間に僚馬を引き離した。迫力ある動きで休み明けは気にしなくて良さそう。

マイネルファンロン
スプリングSから中3週で4本。1週前に南Wで速い時計を出し、最終は軽めも併せ馬でビッシリ。ただ・・・GⅠの追い切りなのに「追走」じゃなくて「先行」なのね。まあ、それが悪いってわけじゃないんだけど・・・調教からは押しにくいなあ。

グレイル 特A評価
共同通信杯以来、約2ヶ月ぶり。中間はノーザンFしがらきで調整され、3/8に帰厩。ミッチリ乗り込まれて9本。1週前はCWで併せ馬。終始馬なりで軽々と37.5-12.1。最終追い切りは大きく追いかける併せ馬で36.8-11.6!ムチを抜いただけで自分から加速し、最後までビッシリ追って覇気満点の動き。元々、かなり調教駆けするタイプの馬ではあるが、邪スカウター的にはこの馬が1番良く見える。特A評価。

ダブルシャープ 調教爆穴
若葉Sから中3週で4本。最終追い切りの動きも良かったのだが、1週前の動きが秀逸で。迫力満点の動きでCW37.7-11.8をマーク。併せた馬を千切った後もキッチリ伸びたのが好印象でね。前走からの上積み大きいと思うゾ!調教爆穴!

サンリヴァル 調教爆穴
弥生賞から中5週で8本!その中身も濃くて。1週前は坂路で一杯に追って52.4-24.3-12.1!最終追い切りはCW併せ馬で一杯37.6-11.8!馬が走る気に満ちてる感じで非常に素晴らしい追い切り。ただ、この馬、弥生賞時もこんな感じで素晴らしい調教内容だったんよね。高いレベルの状態にあると思うが、上積みがあるかというと疑問。それでも調教爆穴。

ステルヴィオ
スプリングSから中3週で4本。1週前はモヤで不明。最終追い切りは馬場の真ん中あたりを回す軽め調教で。併せた状態で終いだけ伸ばす様な感じであったが動きは良かったと思う。元々調教でガッツリ時計を出すタイプじゃないし、少なくとも前走より上積みは有りそうですな。順調。

ジュンヴァルロ
若葉S以来中3週で7本。意欲的に乗り込んではいるが、最終追い切りの反応イマイチに見えたし、前走時の調教の方が良かったように思うね。記念出走かあるいは僚馬ワグネリアンのラビットか。

 

以上、皐月賞の調教チェック終わり。

 

念の為書いておくが、調教がイマイチだから走らないとか、調教抜群だから必ず走る!ってことじゃないけんな。そんなもんは当日の体調にもよるし(人間だって日によって体調が変わるだろう?)、最終追いの後に一変することだってあるし、絶好調過ぎて行ってしまうなんてことだってあるし・・・もちろん、根本的な能力が違えば体調とか関係なかったりするからね(笑)。

 

また、調教は大きく分けて「調子を整える」パターンと「負荷を掛ける(鍛える)」パターンがあるのであり、「調子を整える」パターンの調教だとヌルい調教になることが多いんだよね。そんな時、私のような素人オヤジは「これはイマイチだわー」と思ってしまうのであるが(最終追い切り軽めのパターンは大概これ)、実はもうメイチに仕上がってる・・・っことが多々あるのだ。

 

そもそも、調教とレースは別物

 

調教でMAXスピードを出すことはマレだし、出したとしても短い距離だし、2000mとか調教で走ることはないからね。そもそも論として調教とレースは別物なのである。

 

ただ、

 

やっぱり調教で走る馬は

本番でも走る!

 

って考え方に則っているのが当欄の調教チェック。

 

巷の競馬新聞やスポーツ紙の調教欄なんてね、

人気順にABCって列んでるのがほとんどで。

 

「その調教評価意味なくね?」

「穴で調教いい馬を教えんかい!」

「だったら自分でやるわ!」

 

って感じで数年前に調教チェックを始めたのであるが・・・・

今や10,000人のモッコリ穴党読者が集まるようになったわけだ。

 

自分で言うのもなんだが、

調教チェック馬の好走率はかなり高いと思う。

(来ない時は全然来ないけど。笑)

 

今後も参考にしてもらえたら嬉しい。

 

(当ブログではGⅠの調教チェックを公開しているが、モッコリ万馬券倶楽部では全ての重賞の調教チェックを行っているぞ!)

 

最後に調教後の馬体重をチェックしておこう。

JRA調教後の馬体重より抜粋

 

気になるのは・・・

ジェネラーレウーノ +8kg(輸送なし)
グレイル -2kg(輸送あり)
ダブルシャープ -2kg(輸送あり)
サンリヴァル -8kg(輸送あり)

グレイルは特A評価馬であるが、輸送で馬体が減るようだと心配だな。もしや馬体重の心配があってトライアルを使わなかったのか?ダブルシャープも同じく輸送で減って欲しくないね。ただ、サンリヴァルはデビュー時が482kgで。前走弥生賞時は+10kgであったが、もしかしたら太かったのかもしれない。

 

日曜日は雨予報だが・・・

 

雨が降るといいねえ。うっひっひ。

皐月賞2018の重馬場適正はこちら

 

結論は日曜日。

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

この動画、時間がある時に是非見て欲しい。今、これを見てるあなたがどんな人生を送っていて、どんな状況なのかは分からんが、毒蛇に噛まれたような強烈な刺激を受けることは間違いないぞ。一見ふざけた若者のふざけた動画だが、私はとても強い感銘を受けた。特に、人生に迷いがある方、現状に不安・不満がある方は是非見て欲しいと思う。

 

 

このDJ社長のように、

 

好きなことをやって生きていくなんて

 

できっこないかもしれない。

 

でも、好きなことを続けていくことは出来る。

 

そう思う。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。浅次郎を応援してくれると嬉しい。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【アンタレスステークス2018データ分析】阪神ダート1800mで行われる別定GⅢアンタレスS。ダート無敗のグレイトパールが人気になりそうだが約1年の休み明け。荒れるかもよぉ!データ分析では内枠外枠どっちが有利?脚質は先行?差し?騎手・血統・ローテは?穴馬候補はクインズサターン、アルタイル、コスモカナディアン、ディアデルレイ。

 

うひー。

 

このレースもカオスだなあ。

 

■アンタレスS2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

netkeibaの予想オッズで1番人気に押されているグレイトパール。

この馬、ダート無敗の5連勝中で。

前走の平安Sでは強豪クリソライト相手に4馬身差の圧勝だったとよね。

ダート界の新星・・・と言っても過言ではない馬なんだが、

 

しかし今回は約1年ぶりの骨折明け。

 

東スポの記事だと調教もあんまり動いてないみたいだし・・・

(調教チェックはモッコリ倶楽部の方でやるぞ)

 

うむ。

 

こんな時、

 

男は黙って、

 

ルパン三世のテーマ。

 

 

男には 自分の世界がある たとえるなら

穴に賭ける ひとすじの夢馬券

 

馬券の買い方に迷ったら、

拳を効かせてこの歌を歌えーい!

 

さてと。

 

データ分析逝くぜ!

 

あ、アンタレスSは2011年以前は京都ダート1800で行われており、以下のデータは2012年以降6年分のデータである。あしからず。

 

■アンタレスS2018データ分析、人気別成績

ぐう・・・1番人気強えな。2~3番人気も強い・・・。荒れても6番人気まで???

 

■アンタレスS2018データ分析、枠番別成績

なぜだか分からんが5枠が神枠ですな。

 

■アンタレスS2018データ分析、馬体重別成績

ダート戦だけに馬格がある方が有利ですな。

 

■アンタレスS2018データ分析、騎手成績

川田(グレイトパール)・幸(ナムラアラシ)に注意。

 

■アンタレスS2018データ分析、種牡馬成績

キングカメハメハが強そうに見えるが、出走頭数からするとイマイチだな。

 

■アンタレスS2018データ分析、間隔別成績

当然といえば当然だが・・・半年以上の休み明けは厳しいね。

 

■アンタレスS2018データ分析、前走成績

注目前走は、名古屋大賞典(4頭)、東海S(3頭)、マーチS(3頭)、仁川S(2頭)、GⅠ(3頭)。名古屋大賞典は1~2着が熱い。東海S・マーチS・GⅠ組は着順不問。仁川Sは1着条件。条件に合うのは・・・

名古屋大賞典(ミツバ2着)
マーチS(クインズサターン2着、アルタイル4着、コスモカナディアン5着、ロンドンタウン6着、ディアデルレイ7着、ジョルジュサンク13着、メイショウウタゲ16着)
仁川S(ナムラアラシ1着)

ミツバとナムラアラシは人気になりそうだから・・・マーチS組が美味しそうですな。

 

■アンタレスS2018データ分析、脚質別成績

前後互角。

 

■アンタレスS2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「先行→差し」「差し→先行」という感じで。極端な展開決め撃ちはしない方がいいかもしれない。もちろんダート戦だけに「前残り」は警戒が必要だけど。

穴馬の脚質は・・・差し!逃げ!

 

■アンタレスS2018データ分析、厩舎・生産者・血統

関西馬を買っとけばOKな感じ。だからこそ関東馬が狙い目なんだが(笑)。社台系弱っ!これは・・・社台系バッサリ!ってのも手ですな。

 

ケツデータ論。

・ルパン

・マーチS組

・差し馬or逃げ馬!

 

穴馬候補を挙げておこう。まずもって、マーチS2着のクインズサターン。関西馬なのに関東のレースばっかり使ってるのはなんでだ?転厩したのか?ま、いいや。前走のマーチSは勝ったセンチュリオンとはハナ差の接戦で。すごく実力付けてきた感があるよね。今回1kg増の56kgとなるが十分やれると思う。

次に、マーチS4着のアルタイル。上記クインズサターンとは0.1秒差だったんだけどね。今回コッチは1kg減で56kg。つまり2kg差が失くなるわけで。机上論でいえば逆転可能だね。オッズ的にもこっちが美味しくなりそうで。鞍上小崎への乗り替わりはちょいと不安だが、今年すでに11勝挙げてて調子良さそう。

そして、懲りずに狙いたいのが、マーチS5着のコスモカナディアン!多くの競馬メディア・多くの競馬ファンってのはゲンキンなもんでね。東海Sの時は無視してたくせに(13番人気)、ここでテイエムジンソクと僅差の2着に入ると、次の総武Sでは2番人気に支持。しかし、ココで惨敗すると、次のマーチSでは8番人気に急落。そして今回・・・ってわけだが、また人気が落ちそうでパンチラジュルリ。ムラ駆けタイプだが能力はトップクラスだぜぇ!

あとは逃げ馬候補のディアデルレイ、別路線からトップディーヴォかな。あとマイネルバサラも58kgとはいえ相当怖いと思うけどね。

 

競馬の闇に 体を溶かして

口笛吹いてる 男の美学

 

今週も懲りずに大穴狙いで逝くぜ!

 

結論は日曜日!(多分。笑)

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【皐月賞】ワグネリアン福永が大激白「馬は機械ではない」

「馬は機械ではない」・・・掲示板とかでね。馬に乗ったこともねえような匿名の素人がごちゃごちゃ言ってるのをよく見かけるが、福永の言う通りでね。馬は機械ではないのである。アクセルひねれば進むわけではないし、ガソリンの量だって毎回違うし、エンジンの調子もタイヤの調子も毎回違うのだ。だから競馬は面白いのであり、だから穴が開くのである。全てのレースが能力通りに収まったら・・・面白くもなんともねえだろがい。「馬は機械ではない」・・・これを腑に落としておくだけで、大概のことは許せるってもんよ。

 

桜花賞2着のラッキーライラックは引き続き石橋脩騎手とのコンビでオークスへ

おお!やるなミッキー!良かったな石橋!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内