【弥生賞2018予想】中山芝2000mで行われる皐月賞トライアルGⅡ弥生賞。今年は無敗のダノンプレミアムとワグネリアンが激突!果たして割って入る馬がいるのか?ガチガチなのか?展開、隊列、ペースはどうなる?上がり3Fデータは?本来ケンのレースだが、三連単でジャンダルム→ダノンプレミアム→サンリヴァルで観覧料。

 

競馬には、

「お金持ちじゃないと買えないレース」

がありますな。

 

昨日のチューリップ賞なんてのはその典型例で。

荒れる要素がほとんどなかったよね。

 

こういうレースは・・・

我々のようなパンピーは黙ってケンが正解である。

 

 

で、

 

今日の弥生賞もチューリップ賞と似たようなメンバーで。

 

お金持ちじゃないと買ったらいけんレースぽい。

 

しかし、昨日はオーシャンSがあったから良かったが・・・

 

うーむ。

 

チョビットだけ買うか(馬券オヤジの哀しいサガ)。

 

■弥生賞2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

ダノンプレミアムが抜けた人気になってるわけだが、

チューリップ賞でラッキーライラックが圧勝したこともあって、

さらに人気を集めるかもしんないね。

 

しかし、もしこの馬がコケるなら

完調手前のココって気がしないでもない・・・

よな気がしないでもない(はっきり言いなさい!)。

 

牝馬の場合は、桜花賞が第一目標なのだが、

牡馬の場合は、ダービーが最大目標だからだ。

この馬の場合、仮にココで2~3着に負けても賞金的に問題ないしね。

 

そして、少なくない懸念がある。

それは、中山芝2000mは今回が初めてだってこと。

 

だれだって

初めての時は不安である(何の話だ)。

 

特に・・・瞬発力が自慢のこの馬にとって、

持久力が試される中山2000は決して歓迎する舞台ではないだろう。

(NHKマイルCに行けば圧勝しそう。笑)

 

ま、能力が抜けてて、

不安も全くの杞憂に終わりそうな・・・

気がしないでもないような気がするけど(はっきり言わんか!)。

 

全く同じことがワグネリアンにも言えるわな。

早くに賞金を確保して、

余裕のローテが組めるのはそりゃ素晴らしいことなんだけど、

最大目標がダービーなのは間違いないわけで・・・

調教師の立場に立って考えると、

ここは逆算した仕上げを施して来ると思うんだよね。

 

何が言いたいかというと、

ココは・・・2頭とも8~9割の仕上げなんじゃないかと。

 

 

というスタンプが返って来そうだけど(笑)、

 

まあ、この2頭の能力が抜けてるのは間違いないと

西郷どんも思っているよね。

 

それでも競馬は何が起きるか分からんのだ。

 

さて、展開見てみもす。

 

■弥生賞2018展開予想

逃げ候補は
サンリヴァル

先行勢は
ダノンプレミアム
リビーリング

差し勢は
ジャンダルム
ワグネリアン

追い込み勢は
アラウン
オブセッション
アサクサスポット
トラストケンシン

へ、へ、ヘヴィータンクって何者?デビュー戦?マジで?登録してあったのはもちろん知ってたけどまさか本当に出てくるとは。冷やかし登録だとばっかり思ってたよ。社台の隠し玉的超良血ってんならまだ分からんでもないが・・・この馬は脚質がサッパリ分からんので上記にも加えていない。

逃げるのはおそらくサンリヴァルだろう。ダノンプレミアムにとってこれはラッキーだったな。サンリヴァルが居なければもしかして逃げる羽目になったかもしれん。で、問題はサンリヴァルがどの程度のペースで行くか?ホープフルSでは競って行ったが、今回は単独でハナだろう。ダノンプレミアムはおそらく離れた2~3番手のポジション。・・・チューリップ賞のラッキーライラックと同じような感じで。

だからと言ってスローに落として瞬発力勝負になったら勝ち目がないわけで。サンリヴァルとしては平均ペースで行って後ろにも脚を使わせつつ、ギリギリ自分も粘り込めるような脚を残しておきたい。ペース判断が重要になるわけだが、クリンチャーを降ろされた怒り屋佑介のオデコに注目だ。・・・じゃなかった(笑)、手綱さばきに注目だ。

 

というわけで、1000m通過は60秒くらいの平均やや速めのペースを予想しておく。このペースで中山2000なら上がり33秒台はムリ。上がりは35秒前後のタフな競馬になると予想しておく。

 

ココでチョット上がり3Fのデータを見ておこう。

 

上がり3F最速候補は、

・オブセッション
・ジャンダルム
・ワグネリアン
・ダノンプレミアム

おおう・・・人気上位4頭やね。ただ、この中でスローしか経験のないオブセッションはちょっと不安だね。この馬もまた「化物か?」と噂されてるわけだが、阪神1800と中山2000は全く別モノである。同じような脚が使えたらそりゃほんとの化物でもす。

 

ダノンプレミアムとワグネリアンが強いのは百も承知。

ただ、今回は8~9割の仕上げだし、

中山2000適性・オッズを加味して考えると・・・

ジャンダルムから行きたい。

 

穴は当然・・・

単騎逃げのサンリヴァル!

 

さて。

 

当初馬券を買うつもりなかったんだが、

 

チョビッ~~~~とだけね。

 

■弥生賞2018予想

 

ジャンダルム(4番人気)

今年はホープフルS組の評価が低いのか、ジャンダルムも4番手評価。この馬、血統的にマイラーっぽいんだが(母はビリーヴ、兄弟も1200~1600が得意な馬が多い)、ホープフルSで3コーナー過ぎから捲って行った姿を見るとこの距離でも十分やれると思う。ただ、最後が甘くなったあたり、ちょっと仕掛けが早かったかもしれない。その辺は武豊が上手く乗るだろう。

相手はダノンプレミアムとサンリヴァル。サンリヴァルをダノンプレミアムが交わしたところをジャンダルムが急襲!って絵図を描いておく。

 

◯ダノンプレミアム

▲サンリヴァル

 

三連単 ◎◯→◎◯▲→◎◯▲ @100円

 

ええと4点かな。観覧料やね(笑)。

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

社畜ミュージアム(笑)。

 

【オマケ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
今日は・・・おまけも該当馬なしだね。
ダノンプレミアムは堅チクビ該当じゃないんだ・・・ふーん。

■モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内