【チューリップ賞2018データ分析】阪神芝1600mで行われる桜花賞トライアルGⅡチューリップ賞。今年は阪神JF1着ラッキーライラック、2着リリーノーブルが登場。データ分析では、外枠有利、差し・追い込み有利!馬体重は?騎手・種牡馬は?前走ローテは?穴馬候補はサヤカチャン!レッドランディーニ!爆穴にカレンシエリージョ!

 

うわちゃー・・・

 

チューリップ賞もチクビ堅そうですなあ。

 

しかも10頭立てか・・・

 

■チューリップ賞2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

一番人気はラッキーライラックでしょうな。

陣営はもちろん、鞍上石橋にとっても負けられない一戦。

 

なぜなら、

負けた途端に鞍上交代の憂き目に遭う可能性が高いからだ。

 

ラッキーライラックはノーザンF系のサンデーレーシングが馬主。

種牡馬オルフェーヴルの値打ちを高めるためにも

是非ともクラシック勝ちが欲しいわけだが、

本音を言えば・・・

ミルコかルメールを乗せたい!

と思っていても不思議なしである。

 

あ、何の根拠もないずらよ?

ただ、社台グループとデムルメがベッタリなのは知っての通り。

 

個人的には、石橋には石にかじり付いてでも

ラッキーライラックの鞍上を死守して欲しいと思っている。

 

 

さて、

 

データ見てみるズラ。

 

■チューリップ賞2018データ分析

どーでもいいデータが列んでいるが・・・

一応JRAのデータ分析はこちら。

 

 

基本的にスローの瞬発力勝負がデフォルトのコースである。とにかく上がり3Fの瞬発力が大事。速い脚さえ使えれば位置取りは不問だが、差し馬が強い。

 

■チューリップ賞2018データ分析、人気別成績

1番人気強えなぁおい・・・。そんで平均オッズが1.9かあ。。。

 

■チューリップ賞2018データ分析、枠番別成績

外枠優勢ですなあ。はっきり内枠は不利。これは阪神1600のコースデータでも一緒。

 

■チューリップ賞2018データ分析、馬体重別成績

3歳牝馬戦だけに500kgを超えるような馬はほとんどいない。400~439kgの馬でも結構やれるね。

 

■チューリップ賞2018データ分析、騎手成績

色んな騎手が馬券になっているが・・・関東の騎手はほぼ全滅。いや、騎乗機会がほとんどないのか。今年の関東馬はマウレアのみ。騎手は戸崎から武豊に代わっている。

 

■チューリップ賞2018データ分析、種牡馬成績

あれ?もっとディープインパクトが勝ってるイメージだったけど・・・そうでもないんやね。とにかく瞬発力型の血統が強いんだが、ラッキーライラックはオルフェーヴル産駒(その父ステイゴールド)、リリーノーブルはルーラーシップ産駒(その父キングカメハメハ)、マウレアはディープインパクト産駒。いずれも適性は高そう。面白いのはFrankel産駒のシグナライズ。

 

■チューリップ賞2018データ分析、間隔別成績

当然のように休み明けの実力馬が強い。

 

■チューリップ賞2018データ分析、前走成績

圧倒的に強いのは、阪神JF組。なんと過去10年30頭中・・・15頭を占める。当然だがその1~2着馬は猛烈に強い。あとはバラバラだが、強いて挙げるならエルフィンSか。

阪神JF組(ラッキーライラック1着、リリーノーブル2着、マウレア3着)
エルフィンS組(レッドランディーニ3着、サヤカチャン11着)

 

■チューリップ賞2018データ分析、脚質別成績

脚質はもう圧倒的に「差し・追い込み」優勢。上がり1~3位の馬が9勝を挙げており、速い上がりが使えないと勝てない!と言っても過言ではない。2~3着には前が残ることも。ただ、逃げ馬は時々激走するので注意。

 

■チューリップ賞2018データ分析、位置取り・上がり3F

ご覧の通り、毎年のように上がり1~3位の馬が馬券になっている。好位で進めるタイプの馬は非常に苦しく、中団~後方から鋭い脚を使うタイプが狙い目。ただ、逃げ馬にだけは注意が必要だね。

ただ、こうやって見ると結構穴馬が突っ込んで来てるなあ。その脚質も色々で・・・逃げ、先行、差し、追い込み・・・何でもアリ。

 

■チューリップ賞2018データ分析、馬主・生産者・血統

クラシックはノーザンF系が強いんだが、このレースも当然のようにノーザンFが強い。過去10年で5勝を挙げておる。今年もラッキーライラックを筆頭に、リリーノーブル、レッドランディーニ、サラキア、カレンシエリージョ、ダンサール・・・と多数ラインナップ。てか10頭中6頭か(笑)。

関東馬も結構頑張っているが、やっぱり関西馬が有利か・・・血統はサンデー系主流血統が強いですな。

 

ケツデータ論。

・一番人気強し。

・阪神JF組強し。

・差し、追い込み馬強し。

 

もうね。ラッキーライラックとリリーノーブルのスキが無さ過ぎでね。この2頭で決まる可能性大だと思ってるんだけどね。3着ならなんとかなるかも?・・・って穴馬候補を挙げておこう。

まず、サヤカチャン。このレースで時々ぶっ飛んでくる逃げ馬候補。そして注目ローテのエルフィンS組。ここ3戦惨敗していて人気皆無だが、私はラッキライラックから01秒差2着だったアルテミスSを忘れていないぞ!どうしても後ろの馬に注目が集まる一戦。スルスルと逃げることが出来ればあるいは・・・?

次に、同じくエルフィンS組のレッドランディーニ。もうちょい人気になるような気もするけどねー。ノーザンFのディープインパクト産駒で差し馬。条件的にはピッタリだ。

大穴にカレンシエリージョ。良くなるのはもっと先・・・だと思うが、自己条件ではなくココに使ってくるあたりなんとも不気味。アドマイヤリードの下で、血統的なポテンシャルは高いぞ。

 

仮に穴馬が絡んだとしても、ラッキーライラックやリリーノーブルが相手だと全然付かないだろうしな・・・まあ、調教見てから判断するが、このレースも弥生賞と同じくケンがいいかもしれん。どうしても馬券を買いたければ・・・

 

単勝を100円だけ買っておけばよろし。

 

今週はオーシャンSに全力だ(笑)。

オーシャンSのデータ分析はこちら

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ディサイファが引退

え?やっぱり引退かー。もうちょいやれるような気するけどな~~~!

 

サトノクラウンとネオリアリズムがドバイ招待を受諾

おういえ!これは期待出来ますなー!今年のドバイは楽しみやでー。

 

クリンチャーが武豊騎手との新コンビで阪神大賞典→天皇賞・春へ

うーん。クリンチャー掲示板ではバトルが勃発してますなあ(笑)。まあ、騎手の乗り替わりは日常茶飯事だし、外野は何とでも言えるわけだが、誰よりも一番悔しいのは・・・菊花賞で10番人気2着、京都記念ではアルアイン・レイデオロを負かして1着に導いた藤岡佑介だろうね。ずっとこの馬に乗ってきたわけだし。私は別にクリンチャーのファンでも藤岡佑介のファンでもないが、「クリンチャー×藤岡佑介」はセットで考えてたよ。ココまで来たら、春天まで乗せてあげたらいいのに・・・と個人的には思うけどね。世知辛い世の中ですわ。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内