【フェブラリーS2018調教チェック】東京ダート1600mで行われるGⅠフェブラリーS。ゴールドドリーム、テイエムジンソクが人気を集めそうだが、調教の動きはどう?デキ絶好の特A評価馬は?調教から爆穴は見つかるか?残念ながら人気2頭の調教抜群。調教からの穴馬候補はロンドンタウンとレッツゴードンキ。

 

今日は、

男子フィギュアのショートプログラムを

 

ずっと見てたんだけんどもしかし、

 

羽生君はスゴイね。

 

 

怪我明けの一戦で、完璧な演技。

 

競馬で言えば、

骨折明け半年振りでぶっつけ有馬記念・・・

といった感じだろうけどねえ。

 

ホントに同じ人間か・・・。

 

明日のフリーが楽しみだ。

 

さて、フェブラリーSの調教チェック行くぜ~~~!

 

■フェブラリーS2018枠順

netkeibaより抜粋

 

御存知の通り、東京ダート1600mは、

 

外枠有利である。

 

ゴールドドリームはいい枠引いたねえ。

テイエムジンソクも文句ない枠だろう。

 

さて、調教見てみるべい。

 

■フェブラリーS2018調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによるアパッチの雄叫びジャッジである。あしからず。→JRAの調教映像はこちら

【調教が良く見える馬、メイチ仕上げの馬】

ケイティブレイブ
前走川崎記念から中2週と間隔が詰まってるので2本だけ。一週前は15-15の軽い稽古だったが、最終追い切りは坂路で51.6と好時計を計時。疲れは見えない。調子良さそうだぞ!

アウォーディー
この馬も川崎記念から中2週で追い切りは1本だけ。しかし、その1本がCW38.5-12.0という・・・この馬にしてはかなり速い時計で。好調侍読だと思う。映像見るとそんなに時計出てなさそうなんだけど。

インカンテーション
東京大賞典から中6週。在厩でみっちり乗り込んで10本。調教と成績がシンクロしない馬なんだが、今回CW一杯で好時計を連発しており、かなり調子良さそう。ただ、併せ馬で遅れているのが気になるっちゃ気になる。

テイエムジンソク 特A評価
東海Sから中3週。在厩のまま緩まず乗り込まれて5本。1週前にはCW37.7-11.9を一杯で計時し、最終追い切りではほとんど馬なりのまま37.4-12.2。前走が9割仕上げだったとしたら、今回は10割仕上げ。完全に仕上がってますな。特A評価。

ロンドンタウン 調教爆穴
前走後はグリーンウッドに一旦出され、1/16に帰厩。順調に乗り込まれて9本。4週連続でCWで好時計を出しており、最終は37.7-12.0を強めでマーク。体調さらに上向き!調教爆穴指定。

レッツゴードンキ 特A評価
香港スプリント後は吉澤S-WESTに短期放牧。1/18に帰厩してから週3ペースでみっちり乗り込んで12本!この馬、やればやるほど時計が出るタイプなんだが、今回一週前に栗東坂路で驚きの49.7をマーク。終いも23.7-12.0と文句なし。最終も51.9の好時計を計時しており、目下絶好調だ。おそらくだが・・・好調過ぎてこのレースに使うんじゃないかな?ダートマイルのGⅠで通用するかどうかは置いておいて、デキは抜群である。特A評価。

ゴールドドリーム 特A評価
チャンピオンズC以来約2ヶ月の休み明け。中間はノーザンFしがらきに短期放牧。1/17に戻って来て週イチペースで5本。一週前の坂路51.1もすごかったのだが、最終追い切りがもう圧巻で。飛ぶように坂路を駆け上がって49.8。終いも23.9-12.1と文句のつけようがない内容。休み明けの懸念は皆無。特A評価。

 

残念ながら・・・抜群に良いのはゴールドドリームテイエムジンソクである。特にゴールドドリームが絶好の内容で、切る気満々だった浅次郎のチンコが萎れてしまったよ(笑)。テイエムジンソクも前走からの上積み大きく、今回はスキなく仕上げて来た感じ。それでも何が起きるか分からんのが競馬だが、この2頭を切るのはちょっと勇気が必要だね。

それから、デキだけはこの2頭に匹敵するのがレッツゴードンキ。さすがにダートの1600は無理チンな気がするが、ハマれば全部負かすだけのポテンシャルあると思う。目標は高松宮記念だろうけども・・・怖いぞ?

調教爆穴にロンドンタウン。イワータはレッツゴードンキではなくこちらに騎乗。海外帰り3戦目でようやく本来の動きが戻ってきた感じ。実際にエルムSでテイエムジンソクを負かしており、一発あっても不思議なし。

あと、リクエストのあったニシケンモノノフだが、動き自体は決して悪くない。ただ、前走から大幅な上積みあるか?といえばちょっと疑問かな。しかしこの馬も実力あるのに超人気薄になりそうやね。これも「適正距離好きの法則」やん。

 

川崎記念組のジャッジが難しいのだが・・・前走からの間隔狭いし・・・ちょっと調教から評価すんのは難しいところあるね。アウォーディーケイティブレイブあたりは良く見えるけど、サウンドトゥルーは軽めで速い時計は出していないんだよね。ま、この馬はいつもこんな感じではあるけれども。

 

調教後の馬体重も見ておくか。

 

気になるのは・・・

・アウォーディー +14kg(輸送有)
・インカンテーション +19kg(輸送有)
・ケイティブレイブ -4kg(輸送有)
・サンライズノヴァ +16kg(輸送有)
・メイショウスミトモ +18kg(輸送有)
・レッツゴードンキ +22kg(輸送有)
・ロンドンタウン +18kg(輸送有)

ドンキ姉御+22kgは香港スプリントと比較してのもので、スワンC時は510kgだったのでそこまで問題ないのかもしれない。インカンテーションは500~510kgがベストだけにちょっと太い?輸送でどこまで減るか?サンライズノヴァ・ロンドンタウンもこのままだと太いような・・・

それからケイティブレイブは現時点でマイナス体重なので・・・マイナスになる可能性大ですな。ただ、測定後の飼い食いにもよるので一概には言えない。当日の馬体重も要チェックである。

 

さて、

 

結論は日曜日・・・

 

こりゃケンでもいいかもね。

 

フィギュア女子、カナダ代表のケイトリン・オズモンドも要チェックやでえ!

 

【浅次郎のひとりごと】

羽生「いまは元五輪チャンピオン」 フリーは「ソチのリベンジをしたい」

ハラハラしながら見てたんだが、怪我の影響は感じない滑り。是非、フリーでも圧巻の滑りをして欲しい。確か羽生くんの金オッズは3.25倍くらいだったと思うが(怪我の影響で美味しくなってた)、賭けときゃ良かったわ~~~~(笑)。

 

オリンピックにもベット出来るぜ!

海外競馬サイドバナー