【フェブラリーS2018データ分析】東京ダート1600mで行われる定量GⅠフェブラリーステークス。テイエムジンソク、ゴールドドリームが人気を集めるが、データ分析からは・・・外枠有利!脚質は先行有利!馬体重は500kg以上!強い騎手、強い種牡馬は?前走条件は?穴馬候補はアウォーディー、サウンドトゥルー、ロンドンタウン。

 

今日は小倉で代替競馬だが、

 

一足先にフェブラリーSのデータ分析をやっとくぜー。

 

■フェブラリーS2018登録馬

netkeibaより抜粋

 

おそらく、

テイエムジンソクとゴールドドリームの人気が抜けるだろう。

 

後は川崎記念の上位組だが・・・

netkeibaの予想オッズだと意外と人気にならないっぽい。

 

何でこうなるかというと、

 

一般的な競馬ファンは

「適性距離」をかなり重視するからだ。

(今回はチャンピオンズCで勝負付けが済んだ、と見る向きも大きいだろうけど)

 

例えば1200を中心に走って来た馬が、

1600m戦に出てくると急激に人気を落とすよな。

 

「距離が合わない」

 

というわけだ。

 

今回の川崎記念(2100m)→フェブラリーS(1600m)も同じで、

「1600mはちょっと短いんじゃね?」

と思ってしまう競馬ファンはとても多いのだ。

 

これが、「2100m→1800m」や「1800m→1600m」なら

ほとんど誰も気にしないと思うけどね。

 

いやね。実際に川崎記念組にとって1600は短いと思うよ(笑)。

しかし当然ながらこなせない距離じゃないし、

厳しいペースになってスタミナ色が強いレースになるかもしれんしね。

 

それで人気がガクンと落ちるならむしろ買い。

(GⅠで上位争いする馬の能力はそんなに変わらん)

 

ところで・・・

 

一般の競馬ファンが

重視するファクターをランキングすると・・・

どんな感じになると思う?

 

1位 騎手

2位 近走着順(タイム)

3位 適性距離

4位 血統

5位 ローテ(間隔)

6位 厩舎

7位 調教

8位 展開

9位 コース適性

10位 馬場

 

という感じになるんじゃないかと(浅次郎調べ)。

 

1位はきっと断トツで騎手だね。

ミルコやルメールが乗る馬は実際メチャクチャ売れるわな。

 

2位は近走の着順で、3位は適性距離だろう。

あとは血統面ローテ

6位以下はダンゴで・・・軽く考えるだけのファンが多いと思う。

 

なんでわざわざこんなことを書くかというと、

競馬は「一般ファンとの戦い」だからだ。

 

彼らと同じ思考だと・・・つまり、

騎手前走着順距離適性ばかりを見てしてしまうと・・・

控除率に飲まれるだけなのである!

(もちろんこれらも大事なファクターだが)

 

これは人を見た目のみで選ぶのと同じで、

 

人は見た目が9割 (新潮新書)

 

どんなに見た目がステキな女性(男性)と結婚したとしても、

(付き合うだけならいいんだけど)

 

幸せになれるとは限らないのは、

昨今の芸能人の離婚率を見ればよく分かるよね。

 

見た目より性格・・・

 

なんてことを言うつもりはサラサラないが、

 

見た目よりもオッパイ・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

見た目よりも床上手・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

見た目よりも

 

料理上手子供好き・・・

 

な女性と結婚した方がいいと、私は思うね。

 

料理下手で子供嫌いな女性と一緒になると、

まずいメシ&まずい空気で一生過ごす羽目になるからね。

 

これはツライよ。

 

さて、データ分析。

 

■フェブラリーS2018データ分析

芝スタートとなる東京ダート1600m。巷では「外枠の方が芝コースを長く走れるから外枠有利」という説があるが、これは根拠に乏しい話で。ワンターンのダート戦では外枠有利となるケースは少なくない(芝スタート云々は関係ない)。東京ダート1600mでも圧倒的に外枠が有利だぞ。

 

■フェブラリーS2018データ分析、人気別成績

1番人気の複勝率80%・・・これは強いわ。穴狙いで行くにせよヒモには入れておいた方がいいかもしれない。2~3番人気も複勝率50%か・・・馬券になっているのはほとんどが7番人気以内。大穴狙いはちょっと難しいかもしれない・・・と、多くの競馬ファンは思ってるだろうね。

 

■フェブラリーS2018データ分析、枠番別成績

外枠が強いコースなんだが、フェブラリーSでは2枠が異常に強いね。しかし基本的には外枠>中枠>内枠でオッケイ。

 

■フェブラリーS2018データ分析、馬体重別成績

お、このデータは凄いな。馬券になってるのはほとんど500kg以上の大型馬。更に言えば520kg以上が半端なく強い。最低でも480kgは欲しい。このデータからするとノンコノユメ(前走456kg)は来ても2着までか。

 

■フェブラリーS2018データ分析、騎手成績

デム郎要注意ですなあ・・・あれ?デムはどの馬に乗るんだ?ゴールドドリームはムーアだよね?え?ララベル?まじか。

 

■フェブラリーS2018データ分析、種牡馬成績

何と言っても強いのがゴールドアリュール!出走頭数も多いのだが、適性の高さは歴然!今年もゴールドドリームを筆頭に、サンライズノヴァ、メイショウスミトモ、ララベルがスタンバイ。

 

■フェブラリーS2018データ分析、前走間隔別成績

3週(中2週)が最も馬券になってますな。しかし休み明けでも走れるレース。

 

■フェブラリーS2018データ分析、前走成績

好走パターンはこの5つのみ!すなわち「東海S」「根岸S」「チャンピオンズC(JCD)」「川崎記念」「東京大賞典」である。例外は2014年のコパノリッキーと2009年のカジノドライブのみ。

更に条件を付けると・・・「東海S」「根岸S」「川崎記念」は1~3着。「東京大賞典」は1~5着。「チャンピオンズC」は着順問わず、である。これを当てはめると結構絞れちゃうね。

 

■フェブラリーS2018データ分析、脚質別成績

逃げ馬は非常に厳しいが・・・先行馬がかなり強いですな。上がり最速馬もかなり強いが、頭というより2~3着なイメージ。

 

■フェブラリーS2018データ分析、上がり3F成績

過去10年で逃げ切ったのはトランセンドのみ。先行馬が強いんだが、その先行馬が上がり2~4位・・・というパターンが多く、前に行きつつ最後も確実に脚を使うタイプを頭にしたい。テイエムジンソクガピッタリダネ(棒読み)。

馬券パターンとしては「先行→先行」「先行→差し・追い込み」というパターンが多い。ただ、昨年のように「差し→差し」という年もあるね。

穴馬の脚質は、前後ろドッチも有り。爆穴を探すならやっぱり前。

 

ケツデータ論。

・外枠有利

・馬体重500kg以上

・先行馬強し

 

穴馬候補を挙げておこう。もしかして人気になるかもだが・・・川崎記念組からアウォーディー。2000m前後を使われてきた馬で、1600mは初距離。ってわけで人気落とすのを期待しているんだが、確かに1600mは短いかもしれない(え)。しかし、能力的にトップクラスなのは間違いなく、1600も十分こなせると私は見ている。

それからサウンドトゥルー。この馬も2000m前後がベストの馬で1600mは1F短いだろう。去年も8着に負けてるしね。ただ、ハマった時の末脚は府中の直線でさらに加速するかもしれず・・・人気ないようなら頭で狙うのも面白いと思う。

大穴に東京大賞典5着のロンドンタウン。この馬の場合は逆に1600mへの距離短縮が吉と出そうな・・・?エルムS(1700m)でテイエムジンソクを負かした馬。調子次第で頭まであるかもよ?

他、買いたい馬が除外で残念だったりするんだが・・・インカンテーション、キングズガード、ニシケンモノノフ、ベストウォーリアあたりにも注意したいね。レッツゴードンキは・・・出てくんの?

 

結論は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

高梨沙羅、やっと届いた日本女子初の銅「涙止まらない」

「行けーーーーー!伸びろォォォ!」絶叫しつつ応援したが・・・金メダルには届かず・・・。沙羅ちゃんの涙に、思わずおじさんも涙。

 

転倒・遅れ・延期…五輪会場おそう強風 選手ら「こんな所に、よく造った」「宝くじのよう」

スノボ女子スロープスタイル見たけど・・・ほんとに転倒ばっかりで。実力が発揮出来ない環境ってのはどうかと思うなあ。雅ちゃんまだビッグエアがあるぞ!頑張れ!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内