【阪急杯2018予想】阪神芝1400m内回りで行われる別定GⅢ阪急杯。1番人気はレッドファルクスかと思いきやモズアスコット?鞍上乗り替わりのせい?何か不安が?展開・隊列・ペースはどうなる?ハイペース?狙いはリピーターの実力馬ヒルノデイバロー!相手にペイシャフェリシタ!大穴にムーンクレスト!ミッキーラブソング!

 

カーリング女子、

 

銅メダルおめでとう!

 

 

いやあ、いい試合だったねえ。。。

 

ハラハラドキドキしながら見てたけど、

最後スチール、スチールだもんなあ。

よく諦めずに頑張ったぞなー!

 

しかし・・・カーリングも

フィギュアみたいな衣装着てやってくんないかなー。

視聴率ドーンと上がると思う(笑)。

 

さて、阪急杯!

 

■阪急杯2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

である。

 

新種目マススタートのルールと同じくらい・・・

 

である。

 

何故レッドファルクスが1番人気じゃないのか?

 

GⅠスプリンターズSを連覇した馬であり、

昨年は安田記念でも3着・・・距離の不安はない。

そして鉄砲成績は【3.0.1.1】であり、

むしろ休み明けの方が走るタイプである。

 

鞍上がミルコから川田に変わったからか?

それとも58kgトップハンデが嫌われてるのか?

他に、何か違う理由があるのか・・・?

 

で、代わって人気になってるのがモズアスコット。

4連勝の勢い駆って阪神Cでは1番人気に支持されるも4着。

レースでは突き抜けるかに見えたが最後の200mで止まってしまった。

仕掛けが早かったのもあるかもしれんが・・・

この馬は阪神1400に向いてないんじゃないかなあ・・・。

(この馬、瞬発力型じゃないかなあ・・・)

 

ま、いずれにせよ、

不安のある人気馬は買わない。

 

今日も元気に大穴狙いで逝くぜ!

 

■阪急杯2018展開予想

逃げ候補は
アポロノシンザン
ニシノラッシュ
ディバインコード
ダイアナヘイロー

先行勢は
シュウジ
ムーンクレスト
ヒルノデイバロー

差し勢は
ミッキーラブソング
ペイシャフェリシタ
モズアスコット
レッドファルクス
モーニン
タイムトリップ
カラクレナイ
コロマンデル

追い込み勢は
コスモドーム
マイネルバールマン
ユキノアイオロス

こうやって見ると・・・差し勢が多く、人気馬は後ろに固まってますな。データ分析でも書いたが、この阪神1400は基本的に「差し」有利。しかし年によっては前残りになることもあるわけで・・・人気馬が後ろなら逆の道を行くのも面白いと思う。

逃げるのはおそらくアポロノシンザンだろう(あら?意外と人気だね)。続いて内からニシノラッシュ。ダイアナヘイローとディバインコードが番手候補。アポロノシンザンは緩みないハイペースで行くタイプであるが、前走はトウショウピストとシャイニングレイに絡まれて息が全く入らない形で辛かった。今回は多少楽なペースで行けると思うが・・・それでも600m通過は33.5~34.0くらいになりそう。

 

そして、上がり3Fは35秒前後の持久力戦。

 

上がり3F最速候補は・・・

・シュウジ
・ペイシャフェリシタ
・コスモドーム
・レッドファルクス
・ユキノアイオロス
・モーニン
・カラクレナイ
・モズアスコット

これはレースレベルとかコースとか距離とか馬場とかを全く無視した話であるが、こうやって見ると意外な穴馬が浮かび上がるから面白いよね。しかし、今回は速いペースでの持久力戦を想定しているので・・・そういうケースでしっかり脚を使えるタイプを選びたい。PCI(ペース指標)が50前後で上がり34~35秒が使える馬は・・・

・ミッキーラブソング
・ムーンクレスト
・ヒルノデイバロー
・アポロノシンザン

狙いはこの辺だ・・・!

 

さてと!

 

人気馬が来たらカーチャンゴメン!

 

高木菜那ちゃん全然期待してなくてゴメン!

(カーリング見てた。笑)

 

 

まさか金メダルとは思わんかったー!

(ルールもよく分からんし)

 

■阪急杯2018予想

 

ヒルノデイバロー(10番人気)

2017年の当レース2着馬。阪神1400はリピーターが活躍するコースとして有名である。更に、去年のこの馬の戦績を良く見れば、京王杯ではレッドファルクスから0.4秒差の4着、スワンCではレッツゴードンキに先着の2着(勝ったサングレーザーとは2kg差あった)。1400mのGⅡ戦で惜しい競馬をしており、こと1400mの実績で言えばトップクラスなのは間違いないだろう。

今回休み明けとなるが、鉄砲成績は【1.1.0.1】。厩舎でみっちりと稽古を積んでおりデキは文句なし!ハイペースどんと来いの持久力型で展開も向きそう!負ける時はコロッと負ける馬だが・・・いつ重賞勝ってもおかしくない馬だ!頼んだぜ!四位!

 

◯ペイシャフェリシタ(9番人気)

▲ムーンクレスト(13番人気)

☆ミッキーラブソング(12番人気)

△アポロノシンザン(7番人気)

 

馬単 ◎流し 表裏@100円

三連複 ◎流し @100円

三連単 ◎→◯→▲☆ @100円

 

頑張れ!ヒルノデイバロー!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)

中山7R 12番
中山9R 10番
小倉5R 2番
小倉8R 17番
小倉11R 11番

 

モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【中山記念2018予想】中山芝1800mで行われる別定GⅡ中山記念。人気は昨年のマイルCS馬ペルシアンナイト。問題はこの馬の取捨だが・・・展開、隊列、ペースはどうなる?穴馬の出番はあるか?上がり3Fはどうなる?狙いは逃げ馬のマルターズアポジーとの馬連一点!3着ヒモ穴にマイネルハニー、ディサイファ、ショウナンバッハ!

 

宮原知子ちゃん、よくやった!

 

 

完全ノーミスの完璧な舞。

 

おじちゃん感動しちゃったよ。

こりゃメダル確定だろ!

と思ったんだけど、さらに上がいるとはねー。

 

でもね。

 

ちょっと足りなかったのは間違いないけどね。

 

点数の差ほどに、差があったとは・・・

私にはどうしても思えないのだ。

 

 

フィギュアに容姿は関係ない!

と言い切れる人が果たしているだろうか?

審査員も人間だし、

やっぱり手足が長くて容姿もキレイな方が

美しく感じて当たり前。

 

 

もし、

 

伊藤みどりザギトワだったら・・・

 

間違いなく金メダルだったね(え)。

 

さて、中山記念。

 

■中山記念2018土曜昼オッズ

netkeibaより抜粋

 

おそらくザギトワ様で逝った諸兄多数だろう。

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

ペルシアンナイトが断然人気だろう。

 

明日にならんと分からんが・・・

この頭数だし1倍台になるかもしれん。

 

何が起きるか分からんの競馬じゃい!

 

と言いたいところだが、

今回はちょっと無理があるかもしれん(笑)。

 

競馬だもの。

 

そういうことだってある。

 

そういう時に大事なのは、

 

馬券の買い方である。

 

私の買い方が参考になるかは分からんが、

著名な予想家の買い方は決して参考にしてはならない。

 

展開見てみるべい。

 

■中山記念2018展開予想

逃げ候補は
マルターズアポジー
マイネルハニー

先行勢は
アエロリット
ウインブライト
ディサイファ

差し勢は
サクラアンプルール
マイネルサージュ
ヴィブロス
ペルシアンナイト

追い込み勢は
ショウナンバッハ

行くのは99%マルターズアポジーだろう。生涯一度もハナを譲ったことのない生粋の逃げ馬である。続いてマイネルハニーか。しかしこの馬は番手での競馬も出来る馬。マルターズアポジーに競りかけて行くことはあるまい。控えて2番手だろう。

マルターズアポジーのペースなら、スローにはならん。おそらく1000m通過58~59秒前後の速いペースになる。なので・・・スローの瞬発力タイプより、厳しいペースが得意な持久力型先行馬あるいはロングスパートが出来る差し馬が狙い目。上がりは35~36秒前後の戦いを予想しておく。

 

上がり3F最速候補は、

・ペルシアンナイト
・ヴィブロス
・ショウナンバッハ

しかしペースを考えると・・・

・ウインブライト
・マイネルハニー
・ディサイファ
・アエロリット

あたりも面白そう。

ちなみに、ペルシアンナイトは厳しいペースでこそ力を発揮する持久力型で(超スローだったダービーは7着に負けている。これは距離が問題じゃないと思う)。皐月賞のレースを見る限り中山は大得意である。調教チェックは「モッコリ万馬券倶楽部」の方でやってるのだが・・・調教も絶好なんだよね。正直今回スキがねえわ。

 

ペルシアンナイトは買いか?切りか?といえば、

 

買いである。

 

であれば、

 

乳絞って逝くのみ!

 

■中山記念2018予想

 

マルターズアポジー(5番人気)

「浅次郎さん!全然乳絞ってないやんか!」と思われたかもしれんが、△は全部3着候補である。狙いはマルターズアポジーとペルシアンナイトの馬連一点。もちろん惨敗するかもしれん。それは逃げ馬の宿命である。しかしハマった時の強さは半端なく、もしペルシアンナイトを負かすならこの馬しかいない!と思っているのだ。坂がちょっと不安要素だが・・・。決してスローに落とすんじゃねえぞ善臣!ぶっ飛ばして行って負けたら本望じゃい!

 

◯ペルシアンナイト(1番人気)

△ウインブライト(2番人気)

△マイネルハニー(7番人気)

△ディサイファ(8番人気)

△ショウナンバッハ(9番人気)

 

馬連 ◎-◯ 一点@1000円

三連単 ◎→◯→△ @100円

 

行ったれ!マルターズアポジー!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

引退、勇退調教師のラストウィーク/本日の注目ポイント

あらら・・・結構著名な調教師が定年なんやね。あ、小島太調教師もラストか・・・ディサイファ来ないかな。

 

【おまけ】土曜無料情報

今日は該当馬なし。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【騎手リーディング2017】C.ルメール、M.デムーロがJRA騎手になって今年で4年目。昨年2017年はルメールがリーディングジョッキーとなり、デムーロは重賞を勝ちまくったが、データ的にはどうだったのか?勝率・連対率・複勝率は?単勝回収率・複勝回収率・単勝適性回収値は?平均人気・平均着順は?2018年の穴騎手は?

 

「2017年の種牡馬リーディング」

について書いたのが1月の終わり。

(→2017年種牡馬リーディングの詳細データと考察

 

この時、

 

「次は、騎手リーディング2017をやるか」

 

なんて書いていたのだが・・・

 

てっきり忘れていたのは秘密だ(笑)。

 

ってわけで、今日は

2017年の騎手成績を振り返るぜ!

 

 

ちなみに、netkeibaの騎手リーディング情報はこちら。

これも非常に役に立つのだが・・・

肝心の回収率平均着順・平均人気なんかが分からんのよね。

 

例えば、

 

TSUTAYAに行ったら

条件反射でアダルトコーナーに行くかの如く、

 

デムーロの名前を見たら

条件反射で馬券に入れる人は多いと思う。

 

彼の2017年の複勝率はなんと53.1%・・・

2回に一回以上で馬券になるわけで。

しかも重賞になると鬼のように強いわけで。

 

そりゃ、

「馬券に入れとかにゃ!」

と思うわな。

 

しかし問題は、

「それでオッパイが揉めるのか?」

という点である。

 

違った(違わないか?笑)、

 

・・・問題は、

「それで儲かるのか?」

という点である。

 

さて、早速見てみよう。

 

■騎手リーディング2017(勝利数順)

 

1位はルメール。JRAジョッキーとなって3年目でリーディングゲット。勝率・連対率・複勝率ともに抜きん出ており、文句なしの成績である。しかし良く見て頂きたいのが回収率。単勝回収率は78%、複勝回収率は85%・・・ん?勝率24.6%、複勝率54.8%もあるのに回収率低くね?・・・と思った方も多いと思うが、それは何故かと言えば、ひとえに「過剰人気になってしまうから」だ。一年間の平均人気が2.3、平均オッズは5.0倍である。当たっても当たってもなかなかプラスにならないのだ(それでもこの回収率は見事だと思う。単勝・複勝の払戻率は80%)。

 

2位は戸崎。ギリでデムルメのワンツー阻止。日本人騎手の面目を保った形だが、例年なら余裕で1位の成績である(120~130勝くらいでリーディングが取れた年もあるよね)。最近は上位騎手へ騎乗依頼が集中しており、下位騎手の騎乗が減ってるんですな。これじゃ若手が育ちにくいと思うがなあ。まあ、馬主からすれば「勝てる騎手を乗せたい」と思うのが当然だけどね。で戸崎の成績は素晴らしいのだが、やっぱり過剰人気。日本人ではこの男が一番人気になりやすい。

 

3位はM.デムーロ。ルメールと同じような勝率・連対率・複勝率を叩き出しており、平均人気・平均着順もほとんど一緒。何が違うかといえば「騎乗数」なんですな。ルメールの方が騎乗数が多いのだ。あと違うのは「単勝回収率」。このレベルで78%と86%は結構大違いで。2017年の重賞はミルコを買っとけ!って感じで何でも持ってきたよね。で、一般ファンもルメールよりデムーロを信頼してる感じで、ちょっとだけデムーロの方が人気になる傾向だ。

 

4位は大きく離れて福永。2017年の単勝回収率100%なんですなあ。上位騎手でこれは本当にスゴイ。でも2017年に福永大穴を連発したイメージはないよね?・・・じゃあ何が違うかというと・・・「人気」である。「平均人気」をよく見て頂きたいのだが、戸崎3.2に比べて福永は4.2。そして平均着順は同じ5.5。つまり、2017年の福永は実力より人気になっていない・・・「美味しい騎手」だったのだ。単勝回収率100%がそれを物語っている。2018年も同じ傾向が続くかは分からんが、狙い目の騎手だと思う。

 

5位は和田ドラゴン。騎乗数の多さで5位に割り込んでおり、勝率で言えば10位くらいなのだが・・・スゴイのは「平均着順-平均人気」の数値である。上位騎手はこの数値が軒並み1.0以上。例えばルメールは「平均着順4.4-平均人気2.3」で2.1である。しかし和田の数値は0.5。この数値は下位にいくほど小さくなり、途中から逆転するのであるが、リーディング上位の騎手は「過剰人気になる」という宿命を背負っているのであるからしてTOP10で0.5は驚異的な数字である。簡単に言えば和田はまだまだ人気になりにくいってこと。2018年も積極的に狙って行きたい。

 

同じく・・・TOP10では内田岩田が人気になりにくくなってますな。特に岩田は数年前の過剰人気傾向から開放されており、狙い目となっている。逆に、川田田辺は人気になり過ぎている感がありますな。田辺が美味しい時代はもう終わったのかもしれん。あと武豊の人気っぷりも相変わらずスゴイね。もちろんそれなりの成績を残しているんだが、回収率的にはちょっとオススメ出来ない。

 

勝率や複勝率だけ見るのではなく、回収率や平均人気や平均着順をチェックすると、今まで見えなかったものも見えてくると思う。

 

福永や岩田や内田・・・

そして川田や田辺の例を見れば分かる通り、

実は、騎手の人気には、

「トレンド」があるのだ。

(実力は変わらなくても、トレンドによって人気が変わる)

 

当然、最も旬なトレンドはルメールとデムーロ。

この傾向は間違いなく2018年も続くだろう。

 

自分のお気に入りの騎手のトレンドはどうか?

2017年はどういう成績だったのか?

是非チェックしてみてくれ。

 

特に単勝回収率が100%を超えてる騎手は要注意だぞ。

 

 

10位以下の騎手だと、吉田隼・石橋が上昇急。

中堅騎手だと、藤岡佑・菱田・丸山あたりに注目

若手だと、岩崎翼・木幡初・森裕太郎・石川裕かな。

 

おそらく2018年も・・・

「騎手」が予想における重要なファクターになると思う。

 

もちろんデムルメのせいなのであるが、

このデータを見ていると、

徹底してデムルメを切るのもアリか・・・

なんて思っちゃうのは穴党のサガか。

 

日本人騎手勢の捲土重来にも期待したいものだ。

 

参考まで。

 

これはだれでしょう?(笑)

 

【浅次郎のひとりごと】

JRA ドバイワールドカップ諸競走の招待を受諾した日本馬5頭を発表

お、レイデオロはシーマクラシックか。ドバイターフも面白そうやね。ドバイワールドカップの招待馬はこれからかな。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

【阪急杯2018予想、データ分析】阪神芝1400mで行われる別定GⅢ阪急杯。注目は何と言ってもレッドファルクス。この馬、買い?切り?データ分析によると、内枠有利、差し馬有利。騎手は?種牡馬は?前走ローテは?穴馬の脚質は?穴馬候補はヒルノデイバロー、モーニン、ムーンクレスト、シュウジ。爆穴にアポロノシンザン。

 

今週から、中山・阪神開催。

 

皐月賞、桜花賞に向けた

クラシックトライアルも始まるし、

毎年この時期になるとワクワクして来ますなあ。

 

 

女子ビッグエアの藤森由香ちゃんにもワクワク(予選2位)。

 

このビッグエアって新種目らしいけどかなり面白いねー。

ジャンプ一発で分かりやすいし。

決勝楽しみー!

 

さて、阪急杯!

 

■阪急杯2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

レッドファルクスが一番人気だろう。

 

ただ、ミルコが中山記念のペルシアンナイトを選択したため、

鞍上は川田にスイッチ。

この点で若干人気を落とすだろうね。

 

問題はこの馬の取捨。

 

鉄砲は全く苦にしないタイプで、

距離の1400ももちろん問題なし。

タフな内回りの阪神1400はむしろ合うと思う。

 

唯一の懸念はトップハンデの58kgだろう。

あとは年齢的なものがあるのかどうか?

 

ま、穴党は切りの一手かな。

調教次第だけど。

 

さて、データ見てみるか。

 

 

と、データの前に阪神芝1400mを復習しておこう。阪神芝1400mは内回りコースである。外回りである阪神芝1600mとは全く別のコース。阪神芝1600mはスローの瞬発力勝負になりやすいが、阪神芝1400はベクトルが真逆。ハイペースの持久力戦になりやすい。スペシャリストが度々好走するコースである。

 

■阪急杯2018データ分析、人気別成績

1番人気はイマイチであるが、上位人気が強いレースで・・・4番人気までで大半の連対馬を占める。荒れても7番人気くらいまで。大穴馬は3着ヒモ荒れを狙う程度に留めた方がいいのかもしれない。

 

■阪急杯2018データ分析、枠番別成績

1~3枠の強さがテカってますな。特に2枠は黒光り。ただ、平均オッズを見れば分かる通り、内枠には人気馬が多く入っていたのである。コース的にも内枠有利なんだが、ここまで極端ではないぞ。

 

■阪急杯2018データ分析、馬体重別成績

多くの傾向と同じく、馬格は合った方がいいね。ただ、520kg以上はイマイチ。デカけりゃいいってもんじゃないのか。

 

■阪急杯2018データ分析、斤量別成績

別定戦であるが、斤量も見ておこう。58kgのレッドファルクスは高い確率で馬券になるかもだが、逆に言うと50%の確率で飛ぶ?54kgのカラクレナイ、ダイアナヘイローは来ても2~3着までか?

 

■阪急杯2018データ分析、騎手成績

浜中、岩田、吉田豊、四位、武豊あたりに注意。川田は・・・3着?

 

■阪急杯2018データ分析、種牡馬成績

阪神芝1400はタフなレースになることが多いわけだが、やっぱりパワー系の種牡馬が列んでますな。スウェプトオーヴァーボード(レッドファルクス)は・・・実はこのコースの成績イマイチなんだが、レッドファルクス自身はタフな展開が得意なタイプだから問題ないと思う。フランケルはどうなんだろうねえ。。。個人的にはキングカメハメハ、サクラバクシンオー(コースデータでは3位)に注目している。

 

■阪急杯2018データ分析、前走間隔別成績

休み明けの実績馬が強いレース。今年緒戦の馬が狙い目ですな。ただ4週(中3週)の馬も異様に馬券になってんな。これはなんだ?

 

■阪急杯2018データ分析、前走成績

なるほど4週(中3週)は、シルクロードS東京新聞杯と京都牝馬Sですな。それからめちゃくちゃ強いのが阪神C組。その際の着順は一切問わない感じ。意外だが、マイルCSからの休み明けで馬券になったのはレッドオーヴァルのみ。

阪神C組・・・モズアスコット(4着)、モーニン(6着)、ムーンクレスト(8着)、アポロノシンザン(14着)

シルクロードS組・・・カラクレナイ(4着)、ダイアナヘイロー(16着)、ミッキーラブソング(13着)、ユキノアイオロス(12着)

東京新聞杯組・・・ディヴァインコード(5着)

 

■阪急杯2018データ分析、脚質別成績

脚質は差し・追い込みが強い。逃げ切ったのはミッキーアイル、コパノリチャード、ローレルゲレイロ。いずれもGⅠ馬。このコースを逃げ切るにはGⅠクラスの能力が必要で。先行馬はちょっと劣勢。

 

■阪急杯2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターン的には「差し→差し」「差し→先行」。ただ、年によっては前残りになることもある。開幕週なので馬場にも注意が必要だ。

ハイペースの持久力戦らしく・・・上がりが33秒台の瞬発力勝負になることはまずない。厳しいペースで35秒前後の脚が使えるような馬を狙いたい。

穴馬の脚質は・・・差し。

 

■阪急杯2018データ分析、詳細データ

関西馬が圧倒的にだね。2015年と2016年は社台グループが独占。逆に2017年は非社台が独占。母父にアルファベットの種牡馬が多いね。で、毎年のようにリピーターが来ているわけだが・・・今年も怪しい馬がいる。ヒルノデイバローだ。

 

ケツデータ論。

・内枠有利

・差し馬有利。

・ハイペースの持久力戦が基本。

 

穴馬候補を挙げておく。まずもってリピーターのヒルノデイバロー。ハイペース志向の持久力型先行馬。重めの馬場、上がりの掛かる展開が得意。現状1200より1400が合っていると思う。今回、京阪杯惨敗後の休み明けで人気の盲点になりそうだが、全力で狙いたい一頭。

それから、芝に矛先を変えて来たモーニン。前走の阪神Cは初芝に戸惑いがあったのか後方からの競馬。脚を計るような乗り方だったが、直線だけで上がり2位の33.7を繰り出して6着。十分芝でもやれる!少なくともモズアスコットとはそんなに差はないと思う。同じく阪神C組のムーンクレストも要注意。1kg減が不気味。

個人的に非常に気になっているのがシュウジ。この馬、2016年の阪神C勝ち馬で。この時はイスラボニータ、フィエロといった強豪をガチンコで負かしているのである。最近はよく分からない使い方をされているが(なんで高松宮記念に的を絞ったローテにしないのかな?)、阪神1400適性は高いと思う。

大穴に逃げ馬のアポロノシンザン。前走阪神Cは逃げて惨敗。確かに敷居が高かったと思うが、逃げ馬にはいつだって「勝つ」可能性があるのである。確かにこのレースで逃げ粘るにはGⅠ級の底力が必要だが・・・もう一頭の逃げ馬候補ニシノラッシュと合わせて面白いと思う。

 

というわけで、

 

レッドファルクス断然人気になりそうだが、

この馬がチクビ吸って飛べば結構美味しいことになりそうやね。

しかし3着は外しそうにないしなあ・・・うーむ。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【阪急杯】16年フェブラリーS覇者モーニン、二刀流V狙う!

不気味じゃのー。

 

宮原、羽生&宇野の盛り上がり継ぐ!桜色の衣装に華やかメーク/フィギュア

知子ちゃん頑張れー!香織ちゃんも頑張れー!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【中山記念2018データ分析】中山芝1800mで行われる別定GⅡ中山記念。ペルシアンナイトが人気を集めると思われるが、ウインブライト・アエロリット・ヴィブロスなど強豪馬多数。データ分析では、内枠若干有利、休み明けOK、格重視、先行有利!穴馬候補は逃げ馬マルターズアポジー、9歳馬ディサイファ、鬼脚ショウナンバッハ!

 

最近、

やっとカーリングのルールが分かって来たんだが、

カーリング女子、昨日の逆転はすごかったな。

もしかするかもしれん・・・。

 

 

さて、今週は中山記念ね。

 

少頭数だけど面白そうな一戦じゃー。

 

■中山記念2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はマイルCSを勝ったペルシアンナイトだろう。

このレースを2018年緒戦に選んだってことは、

今年は1600~2000mを中心に戦って行くんだろうね。

次は大阪杯?ドバイには行かんのかな?

 

ヴィヴロスはもうちょっと人気になると思うけどなあ・・・

あ、56kgか・・・(実質トップハンデ)。

さらにルメールからウチパクに乗り替わり。。。と。

 

なるほどね。

 

データ見てみるべー。

 

JRAデータ分析より

 

前走GⅠ組のチンコが熱いですな。詳細は後でやるけど・・・格がものを言うレースである。

 

ほう・・・前年のマイルCS・天皇賞秋に出走している馬が狙い目なのね(着順は問わず)。該当するのは、サクラアンプルール・ディサイファ・ペルシアンナイト・マルターズアポジーの4頭。うっひっひ。

 

■中山記念2018データ分析、人気別成績

1番人気はイマイチな成績なのだが、2~3番人気が強いね。過去のレースを見てみると「上がり馬」が1番人気の時は飛ぶ感じで、ドゥラメンテ・ジャスタウェイ・ヴィクトワールピサといった相当の実力馬が1番人気の時はそのまま勝ってる感じ。今年はどうなるかわからんが、人気馬が揃って飛ぶのは考えづらい。

 

■中山記念2018データ分析、枠番別成績

内外フラットだが、ちょいと内枠有利かな?3枠が強いのは人気が集中しているから。穴は2枠と4枠か。最近は10頭ちょいの頭数になることが多く、あまり枠番は気にしなくていいのかもしれんけどな。

 

■中山記念2018データ分析、馬体重別成績

偶然だろうけど460~479kgゾーンの馬が強いね。

 

■中山記念2018データ分析、騎手別成績

ミルコ・・・3回走って1着3回かよ・・・(ネオリアリズム・ドゥラメンテ・ヴィクトワールピサ)。今年はペルシアンナイトに騎乗。こりゃ人気になるわな。あと、横典のアエロリット、蛯名のサクラアンプルールにも注意。

 

■中山記念2018データ分析、種牡馬成績

ほほう。ちょっといつもと雰囲気が違いますな。比較的パワー寄りの種牡馬が上位にならんでおるな。そして・・・ディープインパクトが未勝利で。ヴィブロスは昨年も5着だったし・・・ちょっとこのレースには向いてないのかもしれない。

 

■中山記念2018データ分析、間隔別成績

基本的に休み明けの実績馬が強いレース。ただし、半年以上の休み明けは割引。1着はドゥラメンテのみ。

 

■中山記念2018データ分析、前走成績

有馬記念、香港、天皇賞秋、中山金杯、京都金杯・・・に注目。爆穴は白富士S組か。マイルCSから馬券になったのはカンパニーのみですな。あと・・・中山巧者がかなり馬券になってる印象。サクラアンプルール(有馬記念)、ウインブライト(中山金杯)、マイネルハニー(白富士S)、マイネルサージュ(白富士S)あたりは要警戒。

 

■中山記念2018データ分析、脚質別成績

先行馬が圧倒的に強いですな。

 

■中山記念2018データ分析、上がり3F・位置取り

馬券パターンは「先行→差し」「先行→先行」「先行→追い込み」「先行→逃げ」。差し決着となったのは2010年だけで。とにかく好位に付けられる馬を頭で買いたいね。しかし・・・

穴馬の脚質「逃げ」「差し」である。

穴党は逆の道を行くべし。

 

ケツデータ論。

・休み明けOK。格重視。

・パワー系、中山巧者。

・先行優勢も、穴は逃げ・差し!

 

穴馬候補を挙げておく。全力で買いたい馬がおるな。そう、浅次郎イチオシのマルターズアポジーである。今回、この馬の他にマイネルハニー、アエロリットという逃げ馬候補がいるが、まあ、行くのはこの馬だろう。なんせ生涯一度もハナを譲ったことがない馬だけんな(笑)。もちろん今回相手が相手だけに惨敗してしまうかもしれん。しかしアッサリ残ってしまうかもしれん。出来れば直線に坂がない方が良いタイプであるが、中山1800はピッタリな気がするな。ハマった時の逃げ足は脅威だぞ~~~!

それから、爆穴ディサイファ。引退撤回してからジャパンカップは殿負けだったが・・・AJCCではあわや馬券になるか?って4着。まだまだ元気だぜぇ!パワー型で中山は大得意な舞台。頭は流石にツライかもしれんが・・・一発あるかもよ?

もう一頭、爆穴ショウナンバッハ。前走は前に行って「おお?」と思わせたが、自慢の末脚不発。やっぱこの馬は後方待機からの鬼脚が魅力で。中山1800が向くかといえば向かんのかもしれんが(え)、展開次第で一発あるかもしれんぞ。戸崎、今回は前に行くんじゃねーぞ。

 

問題はペルシアンナイトの取捨だが、

 

パパダキスのオッパイポロリを見る限り(拝掌)、

 

 

切らない方がいいね。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

葛西、北京五輪目指す「絶対にメダルを取りたいという気持ちになった」/ジャンプ

ま、まじっすか。4年後は49歳???今でも十分レジェンドだってのに・・・

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【フェブラリーS2018回顧】東京ダート1600mで行われたダート王決定戦フェブラリーS。勝ったのは復活したノンコノユメ。1番人気に支持されたゴールドドリームは2着。インカンテーションが3着であった。さてノンコノユメの勝因は?ゴールドドリーム・テイエムジンソクの敗因はなんだったのか?簡単に回顧する。

 

ノンコノユメ、復権V!

 

 

いやあ、ノンコノユメの脚すごかったね。

 

簡単に回顧しておこう。

 

■フェブラリーS2018結果、着順

 

■フェブラリーS2018レース映像

 

■フェブラリーS2018レース回顧

スタート!

好スタートはピンク帽のベストウォーリア、サンライズノヴァ。テイエムジンソクも好スタートから前へ。ゴールドドリームはちょいと出遅れ気味。

 

芝からダートへ。テイエムジンソクは控えて2~3番手。行ったのは内枠のニシケンモノノフとケイティブレイブ。続いてノボバカラ、ララベル。

 

ちょいと間が開いてベストウォーリア。私はこの馬から馬券を買っていたのであるが・・・直線全く伸びずのズブズブ(笑)。やはり前回の頓挫が響いたのだろうか。それとも年齢的なものか。続いてロンドンタウンとインカンテーション。

 

中団後方にサンライズノヴァ、アウォーディー、メイショウスミトモ。その後ろにレッツゴードンキ、その外にゴールドドリーム。

後方にサウンドトゥルー、ノンコノユメ、キングズガード。

 

これは3~4コーナー中間地点。14番ゴールドドリームをピッタリマークするノンコノユメ。

 

ラップタイムは、

 

600m通過が34.1。

1000m通過が58.3・・・こりゃ

 

超ハイペース。

 

このラップだと芝のマイル戦でもかなり速めのペースだよね。

 

こうなると消耗戦になるわな。

前の馬は次々にバテ、ラップもガタ落ち。

 

あ、一応言っておくが、

「だから、後ろが絶対有利」

というわけではないぞ?

 

もちろんそういう傾向になることが多いわけだが、

ハイペースでも前の馬が残ることは多々あるのであり、

貴方もそういうレースを何度も見たことあるはずだ。

 

特にダートの短距離の場合・・・

ハイペースの消耗戦が基本であり、

それでも前の馬が圧倒的に強いのである。

 

しかし・・・さすがにダートGⅠで11秒のラップ連発は厳しい。ニシケンモノノフはダート1200~1400を主戦場にしている馬であり、スピードはピカイチ。この馬が今回のハイペースを演出したわけだが、付いていったケイティブレイブやテイエムジンソクは、まともにこの鬼ペースに巻き込まれてしまったわけだ。

 

馬群を見るに・・・先頭のニシケンモノノフと中団の馬とは6~7馬身の差がある。後方に居たゴールドドリームやノンコノユメとは10馬身以上離れており、後ろの馬達からすれば平均ペース。十分脚が溜まっていたと思う。

 

それを証明するかのように・・・ゴールドドリームは外を回して早めに進出開始。Ⅳコーナーを回る時はもう中団まで上がって来ていた。狙いは当然テイエムジンソクだったと思う。ムーアの頭にはチャンピオンズCで粘るテイエムジンソクの姿があったはずだしね。しかしそのテイエムジンソクは・・・

 

全然伸びない!どころか、ここでもう止まってしまう!フルキチも言っていたが、このレースはコーナー1回のワンターン戦で、さらに超のつくハイペース。全く息を入れる暇がなかったのだ。こうなるとどんなに強い馬だってバテてしまう。キタサンブラックだって息を入れないとバテてしまうのであり、どんなに強い馬でも時に驚くような惨敗を喫するのだ。

 

しかしこれ・・・ムーアのゴールドドリームにとっては想定外の出来事。アッサリと先頭に立ってしまい、前の目標が失くなってしまう!

 

そのゴールドドリームに食らいついていったのがインカンテーション。このインカンテーションと併せ馬の形になったのがゴールドドリームにとって幸いしたのだが・・・ゴールドドリームからワンテンポ遅らせて追い出したノンコノユメが襲いかかる!タイミングバッチリだったねえ。

 

ノンコノユメが一気に差し切るかに見えたが、並ばれたゴールドドリームが差し返そうと踏ん張る!

 

しかし・・・ウチパクの激に応えたノンコノユメが最後にもうひと伸び!これ・・・差し返してたらカッコ良かったけどねえ。

 

ノンコノユメ、強し!

 

 

 

この方がオーナーの娘さんで「ノンコ」の名前の元になったのどかさん。

 

いやね。

 

ノンコノユメは去勢した途端に成績が落ちたものだから、

 

「タマ取ってノンコの夢も潰えたんじゃね?」

 

という意見が99%だったわけだが、

根岸Sで復活の狼煙を上げると返す刀でフェブラリーSも制覇。

 

これはもう完全復活と見ていいのではなかろうか?

 

ドバイワールドカップに行くという話もあるみたいだが、

多分2000mだと距離的な問題があるだろうね。

ゴドルフィンマイルとかでもいいので是非行って欲しいけどなあ。

 

2着のゴールドドリームは負けて強しの一戦。追い出しのタイミング一つでの敗戦であったが、鞍上を責めるのは酷だろう。この日ばかりはノンコノユメが一枚上手だったと思う。この馬はどうすんだろね?ドバイ行くのかな?この馬も2000mは長い気がすんなあ。やっぱフェブラリーSは2100にするべきだと思うね。

 

3着のインカンテーションは私も狙ってて◯を打っていたが・・・あ!結果論だが、この上位3頭・・・みんなフェブラリーS連対経験馬じゃんか!フェブラリーSはリピーターが多いレースであるが、来年はちゃんと覚えておこうっと(φ(..)メモメモ)。

 

4着にサンライズノヴァ・・・よく頑張ったと思うが、3馬身離された4着。位置取りも悪くなかっただけに上位3頭とはちょっと差があったかもしれない。

 

5着にビックリレッツゴードンキ。いや、デキはめちゃくちゃ良かったんでもしかしたら・・・とは思っていたが、内をついて猛然と伸びて5着。この馬、ダート能力もかなり高いね。この後どうすんだろ?高松宮記念直行?

 

以下、キングズガード、メイショウスミトモ、サウンドトゥルーと後方に居た人気薄馬が入線。前に居た馬は全滅であった。

 

テイエムジンソクの敗因は展開面に尽きると思う。かと言ってあそこで控える競馬は出来ないわけで。運がなかったと言えばそれまでだが・・・この馬に東京マイルは合わないような気もするね。コーナー2回のコースが合ってるんじゃないかな。次・・・乗り替わりないことを祈る。

 

以上回顧終わり。

 

今週もサッパリだったが、

 

来週も懲りずに大穴狙いで逝くぜ~~~!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

小平奈緒、悲願の金メダル獲得

競馬でもよく「悲願の・・・」って言葉が使われるけどね。その多くは記者の語彙の少なさから来るもので。小平選手の金メダルは本当に悲願って言葉が似合うと思う。おめでとう。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【小倉大賞典2018予想】小倉芝1800mで行われるハンデGⅢ小倉大賞典。人気は上がり馬のトリオンフが吸ってるが、この馬が来たらカーチャンゴメンの大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースはどうなる?狙いは休み明けの逃げ馬ヤマカツライデン!ヒモ穴にはタイセイサミット、サトノアリシア、爆穴にクラリティスカイ!

 

穴党はフェブラリーSより

 

こっちばい。

 

■小倉大賞典2018オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はトリオンフ。

 

現在1000万下、1600万下を派手に連勝中で。

時間ないんだが、映像見ておくべし。

 

 

楽勝・・・とはこういうレースのことを言うのだろう。

 

ただ、今回は重賞である。

 

ここも圧勝するようなら素直にカーチャンゴメン・・・

 

あ、

 

いや、

 

やっぱ押さえた方がいいかな(笑)。

 

展開見てみるべい。

 

■小倉大賞典2018展開予想

逃げ候補は
クインズミラーグロ
ヤマカツライデン
ウインガナドル
ダノンメジャー

先行勢は
トリオンフ
クラリティスカイ
サトノアリシア
タイセイサミット
ケイティープライド

差し勢は
スズカデヴィアス
サトノスティング
ストレンジクォーク
ダッシングブレイズ
マサハヤドリーム

追い込み勢は
ハッピーユニバンス
ヒットザターゲット

逃げるのはヤマカツライデンかクインズミラーグロか?クインズミラーグロは元々逃げ馬じゃないんだが、ここ2走は逃げてるんだよね・・・個人的にはこの馬控えた方がいいと思うんだが、大外枠でどう出るか?ウインガナドルが行く可能性もあるが・・・やっぱりヤマカツライデンがハナかな。

だとすれば・・・ペースは平均やや速めで締まった感じになると思う。隊列やや縦長かな。問題はトリオンフの位置取り。スピードがあるので自然と好位を取ってくると思うが・・・みんなこの馬をマークするだろうからなあ。ポジションによって隊列が変わるかもしれない。

 

いずれにせよ・・・

 

前残り決め打ちで逝く。

 

狙いは・・・逃げるヤマカツライデン!

 

■小倉大賞典2018予想

 

ヤマカツライデン(9番人気)

データ分析でも書いた通り、このレースは逃げ馬が鬼強のレースである。今回のヤマカツライデンは7ヶ月ぶりの休み明けであるが、昨年はGⅡ・GⅠでも逃げた生粋の逃げ馬。GⅢレベルなら勝ち負け出来るのは昨年の函館記念3着が示す通り。問題はデキだが・・・調教を見る限り休み明けの不安はない!むしろフレッシュでかなりの好調教である!惨敗するかもしれんが、見せ場はあるだろ(え)。頼むぜ菱田!

 

◯クラリティスカイ(14番人気)

△ダノンメジャー(2番人気)

△サトノアリシア(8番人気)

△ダッシングブレイズ(3番人気)

△タイセイサミット(11番人気)

△トリオンフ(1番人気)

 

馬連 ◎流し @100円

三連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!ヤマカツライデン!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

羽生結弦 4回転アクセル挑戦を明言「唯一のモチベーション」

あんた・・・カワイイ顔して漢だよ・・・。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【フェブラリーS2018予想】東京ダート1600mで行われるGⅠフェブラリーS。ゴールドドリームとテイエムジンソクの2強オッズになってるが、いつも通り大穴狙いで逝くぜ。展開・隊列・ペースはどうなる?上がり3F最速馬は?狙いはルメール騎乗のベストウォーリア!相手も8歳馬のインカンテーション!大穴はサウンドトゥルー!

 

いやあ・・・羽生くんの金メダルすごかったね。

後半冒頭の4回転-3回転がキレイに決まった時は

思わずジーンと来たよ。

 

 

で、

 

フェブラリーSなんだけど、

おそらく「金」に関する馬を買う人が増えると思う。

私自身はサインで馬券を買うことはないんだけど、

こういう時って不思議と「サイン通り」になったりするからね。

 

「ゴールド」ドリーム

 

まあ・・・この馬が勝ったらまさにサイン通りだよね。

テイエムジンソクより人気になってるのは・・・

オリンピックのせいかもしれない。

 

■フェブラリーS2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

ゴールドドリームとテイエムジンソク人気が集中。

 

これはまあ当然であるが・・・

意外だったのはサンライズノヴァの3番人気。

私の予想オッズでは8番人気だった。笑)

なんでこんなに人気になってるのか・・・謎だなあ。

 

いや、この馬が弱いとか来ないとか言ってるわけじゃないけんな?

実力より人気になってるんじゃねえの?って話で。

(重賞勝ちはユニコーンSだけんなあ・・・)

 

ま、大穴モッコリ党にとっちゃ有り難い馬だね。

 

しかし川崎記念組は人気落としてんなあ。。。

ケイティブレイブでも離れた5番人気か。

サウンドトゥルーなんて11番人気の大穴扱いだよほんとかおい・・・。

 

さてと。

 

展開見てみるズラ。

 

■フェブラリーS2018展開予想

逃げ候補は
ケイティブレイブ
テイエムジンソク
インカンテーション
ララベル

先行勢は
ニシケンモノノフ
アウォーディー
ノボバカラ
ロンドンタウン

差し勢は
ベストウォーリア
メイショウスミトモ
レッツゴードンキ
ゴールドドリーム
サンライズノヴァ

追い込み勢は
ノンコノユメ
サウンドトゥルー
キングズガード

行くのはテイエムジンソクか?それともケイティブレイブか?好位にインカンテーション、ララベル・・・という感じが濃厚。ペースはおそらく緩みない程度の平均ペースだろう。前も残るし、後ろからも届く・・・そんな感じのガチンコ勝負になりそう。

過去のフェブラリーSを見ると(フェブラリーSデータ分析参照)、逃げ馬が弱く、先行馬が強いんだよね。そんで差し馬は2~3着なイメージ。強い先行馬がいる時は素直にその馬から買うのが一番なレースなんだが・・・テイエムジンソクから買っても全然つかんしねー。

 

さて、どうすべか。

 

これは近2走の上がり3Fデータなのだが、地方の数字はTARGETのデータに入ってこないんだよねー。まあ砂質が違うので単純なタイムで比べるのは難しいんだけどね。一応上がり最速候補を挙げておくと。。。

・ノンコノユメ
・ゴールドドリーム
・キングズガード
・サウンドトゥルー

この4頭かな。キングズガート、サウンドトゥルーは穴馬として面白いと思うぞ。

 

netkeiba予想陣の印を見てみるか・・・

 

■フェブラリーS2018netkeiba予想陣の印

netkeibaより抜粋

 

あれ????

 

テイエムジンソクの印、薄っす!

サンライズノヴァの印、濃ゆっ!

 

ふーん。なるほどね・・・

競馬メディア的にはサンライズノヴァ推しなんだ。

 

しかしゴールドドリームはグリグリと◎が列んでいるが、

過去の戦績を見れば一目瞭然・・・結構

ムラ駆けタイプなんだよね。

脚質的にも展開に左右されるところあるし・・・

そこまでの信頼出来るかというとちょっと疑問である。

ま、一応押さえた方がいいんだろうけど。

 

今回は、

 

人気馬の調教が抜群に良く(調教チェック参照)、

カチンコチンコ

な結果になりそうな気がするんだが、

 

いつも言ってるように、

 

競馬は何が起きるか分からん。

 

粛々と、大穴狙いで逝く。

 

■フェブラリーS2018予想

 

ベストウォーリア(8番人気)

忘れてる方も多いと思うが、去年の2着馬である。更に言えば2016年は4着で、2015年は3着。GⅠタイトルは2つだけだが、コパノリッキーなどの強豪と幾度となく差のない競馬をしてきた馬で、ダートマイルがベストなのは間違いない。去年時に比べ勢いがないのは確かだし、一頓挫あったし、8歳という年齢を気にするのも分かるが、こと東京ダートマイルという舞台においてはこのメンバーでも一二を争う能力の持ち主だと思う。鞍上は東京ダート1600の鬼ルメール。絶好の外枠。そして人気なし!惨敗は覚悟の上で、モッコリ狙い。

相手は・・・これまた当レース2着の実績があるインカンテーション。昨秋の武蔵野Sで強豪相手に勝ち切っており、この舞台なら勝ち負けまである!そして何故か人気薄のサウンドトゥルー!確かに距離の不安はあるが、ハマった時の脚はピカイチ。鞍上ミナリクも怖い。ゴールドドリームとテイエムジンソクは押さえ。岩田のロンドンタウンも一応買っとく。

 

◯インカンテーション

▲サウンドトゥルー

△ゴールドドリーム

△テイエムジンソク

△ロンドンタウン

 

馬連 ◎流し @200円

三連単 ◎→◯▲ @100円

 

頑張れ!ベストウォーリア!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
本日該当馬なし。以下はおまけ

東京4R 10番
東京6R 4番
小倉3R 6番
小倉6R 12番

モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【ダイヤモンドS2018予想】東京芝3400mで行われるハンデGⅢダイヤモンドS。フェイムゲームが圧倒的な人気を集めるがトップハンデ58.5kg。何が起きるか分からんぜ!当然大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースはどうなる?上がり3F最速候補は?狙いはハッピーモーメント!相手にプレストウィック!爆穴はトウシンモンステラ!

 

京都牝馬Sはケンやね。

 

ちょっと堅チクビな予感。

 

荒れるならコッチだろ!

 

■ダイヤモンドS2018朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

フェイムゲームの実績が抜けてるのは百も承知。

重賞5勝、このレースは【2.1.0.1】と相性抜群だしね。

 

しかしこの馬もはや8歳。

ステイヤーズSは別定戦だったが今回はハンデ戦。

単純にハンデ2位のプレストウィックと比較しても

3.5kg差なのである(ちなみに前走は1kg差)。

 

3.5kg差って言ったらあんた500mlの缶ビール7本分。

1kg2馬身で計算すると7馬身分である。

 

今回は・・・単純なトップハンデじゃなく、

突き抜けたトップハンデ。

 

それでも勝っちゃう可能性は十分あるが・・・

 

フェイムゲームが来たら

素直にカーチャンゴメン!ですな。

 

展開見てみるべい。

 

■ダイヤモンドS2018展開予想

逃げ候補は
グランアルマダ
ラブラドライト

先行勢は
ハッピーモーメント
ソールインパクト

差し勢は
トレジャーマップ
リッジマン
リッチーリッチー
トウシンモンステラ
レジェンドセラー
プレストウィック
フェイムゲーム

追い込み勢は
ホウオウドリーム
ダウンザライン
サイモントルナーレ

行くのはおそらくグランアルマダだろう。この馬、スローに落とすタイプの逃げ馬じゃなく、序盤は結構飛ばして行くタイプ(と言っても長距離戦だから1000m61~62秒くらいの予想)。そんで、おそらく中盤にラップを落として来ると思うんだが、その時の隊列がどうなってるかやな。

2番手はおそらくラブラドライト。好位にハッピーモーメント、ソールインパクトって感じになりそうだがしかし前に行く馬が少ないね。そして・・・人気馬はみんな後ろ。当たるかどうかは置いておいて・・・

 

前残り狙い!

 

が面白そうですなあ・・・うっしっし。

 

ま、このレースは基本差しが強いんだが(ダイヤモンドSデータ分析参照)、

 

だからこそ、

逆を狙うのが大穴モッコリ党の心意気である。

 

差してきそうな馬も挙げておこう。

 

上がり3F最速候補は・・・

・リッジマン
・プレストウィック
・ホウオウドリーム
・フェイムゲーム
・レジェンドセラー
・ソールインパクト

くらいまでか。なるほど人気馬ばっかりやね(笑)。オッズを加味して美味しそうなのはリッジマンとプレストウィック。前走長距離戦で上がり35秒台が使えてるのがポイント。ホウオウドリームは流石に過剰人気だと思うけどなあ。この馬も、来たらカーチャンゴメン、コンドハガマンスルヨ!ですな。

 

さてと。

 

今日も傾いて早漏。

 

 

他人の目なんぞ知ったことではない。

 

嫁の満足度も知ったことではない(←それはアカン笑)。

 

思うがままに、大穴狙いで逝く!

 

■ダイヤモンドS2018予想

 

ハッピーモーメント(8番人気)

去年の目黒記念で3着だった馬である。この時の1着がフェイムゲームで着差は0.4秒差。完敗ではあったが競馬における0.4秒差ってのはあってないようなもんである。その後、京都大賞典、アルゼンチン共和国杯・・・と果敢にチャレンジするも惨敗。で、今回3ヶ月の休養明けなのだがこの馬、フレッシュな方が走るタイプで。調教を見ればハードな内容の爆穴仕上げ。展開や運にも左右されるだろうが、狙うなら人気のないココだ。頼むぜ津村!

ステイヤーズS3着で1kg減のプレストウィックが◯。昨年の2着馬ラブラドライトが▲!後は前に行ける馬!爆穴にトウシンモンステラ。

 

◯プレストウィック(4番人気)

▲ラブラドライト(10番人気)

△リッジマン(5番人気)

△ソールインパクト(6番人気)

△グランアルマダ(9番人気)

☆トウシンモンステラ(12番人気)

 

馬連 ◎流し @100円

ワイド ◎-◯▲☆ @100円

三連複 ◎◯▲☆ @100円

 

頑張れ!ハッピーモーメント!

 

 

【おまけ】土曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
京都3R 4番
京都10R 14番
小倉5R 6番
小倉10R 11番
小倉11R 5番

■モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【フェブラリーS2018調教チェック】東京ダート1600mで行われるGⅠフェブラリーS。ゴールドドリーム、テイエムジンソクが人気を集めそうだが、調教の動きはどう?デキ絶好の特A評価馬は?調教から爆穴は見つかるか?残念ながら人気2頭の調教抜群。調教からの穴馬候補はロンドンタウンとレッツゴードンキ。

 

今日は、

男子フィギュアのショートプログラムを

 

ずっと見てたんだけんどもしかし、

 

羽生君はスゴイね。

 

 

怪我明けの一戦で、完璧な演技。

 

競馬で言えば、

骨折明け半年振りでぶっつけ有馬記念・・・

といった感じだろうけどねえ。

 

ホントに同じ人間か・・・。

 

明日のフリーが楽しみだ。

 

さて、フェブラリーSの調教チェック行くぜ~~~!

 

■フェブラリーS2018枠順

netkeibaより抜粋

 

御存知の通り、東京ダート1600mは、

 

外枠有利である。

 

ゴールドドリームはいい枠引いたねえ。

テイエムジンソクも文句ない枠だろう。

 

さて、調教見てみるべい。

 

■フェブラリーS2018調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによるアパッチの雄叫びジャッジである。あしからず。→JRAの調教映像はこちら

【調教が良く見える馬、メイチ仕上げの馬】

ケイティブレイブ
前走川崎記念から中2週と間隔が詰まってるので2本だけ。一週前は15-15の軽い稽古だったが、最終追い切りは坂路で51.6と好時計を計時。疲れは見えない。調子良さそうだぞ!

アウォーディー
この馬も川崎記念から中2週で追い切りは1本だけ。しかし、その1本がCW38.5-12.0という・・・この馬にしてはかなり速い時計で。好調侍読だと思う。映像見るとそんなに時計出てなさそうなんだけど。

インカンテーション
東京大賞典から中6週。在厩でみっちり乗り込んで10本。調教と成績がシンクロしない馬なんだが、今回CW一杯で好時計を連発しており、かなり調子良さそう。ただ、併せ馬で遅れているのが気になるっちゃ気になる。

テイエムジンソク 特A評価
東海Sから中3週。在厩のまま緩まず乗り込まれて5本。1週前にはCW37.7-11.9を一杯で計時し、最終追い切りではほとんど馬なりのまま37.4-12.2。前走が9割仕上げだったとしたら、今回は10割仕上げ。完全に仕上がってますな。特A評価。

ロンドンタウン 調教爆穴
前走後はグリーンウッドに一旦出され、1/16に帰厩。順調に乗り込まれて9本。4週連続でCWで好時計を出しており、最終は37.7-12.0を強めでマーク。体調さらに上向き!調教爆穴指定。

レッツゴードンキ 特A評価
香港スプリント後は吉澤S-WESTに短期放牧。1/18に帰厩してから週3ペースでみっちり乗り込んで12本!この馬、やればやるほど時計が出るタイプなんだが、今回一週前に栗東坂路で驚きの49.7をマーク。終いも23.7-12.0と文句なし。最終も51.9の好時計を計時しており、目下絶好調だ。おそらくだが・・・好調過ぎてこのレースに使うんじゃないかな?ダートマイルのGⅠで通用するかどうかは置いておいて、デキは抜群である。特A評価。

ゴールドドリーム 特A評価
チャンピオンズC以来約2ヶ月の休み明け。中間はノーザンFしがらきに短期放牧。1/17に戻って来て週イチペースで5本。一週前の坂路51.1もすごかったのだが、最終追い切りがもう圧巻で。飛ぶように坂路を駆け上がって49.8。終いも23.9-12.1と文句のつけようがない内容。休み明けの懸念は皆無。特A評価。

 

残念ながら・・・抜群に良いのはゴールドドリームテイエムジンソクである。特にゴールドドリームが絶好の内容で、切る気満々だった浅次郎のチンコが萎れてしまったよ(笑)。テイエムジンソクも前走からの上積み大きく、今回はスキなく仕上げて来た感じ。それでも何が起きるか分からんのが競馬だが、この2頭を切るのはちょっと勇気が必要だね。

それから、デキだけはこの2頭に匹敵するのがレッツゴードンキ。さすがにダートの1600は無理チンな気がするが、ハマれば全部負かすだけのポテンシャルあると思う。目標は高松宮記念だろうけども・・・怖いぞ?

調教爆穴にロンドンタウン。イワータはレッツゴードンキではなくこちらに騎乗。海外帰り3戦目でようやく本来の動きが戻ってきた感じ。実際にエルムSでテイエムジンソクを負かしており、一発あっても不思議なし。

あと、リクエストのあったニシケンモノノフだが、動き自体は決して悪くない。ただ、前走から大幅な上積みあるか?といえばちょっと疑問かな。しかしこの馬も実力あるのに超人気薄になりそうやね。これも「適正距離好きの法則」やん。

 

川崎記念組のジャッジが難しいのだが・・・前走からの間隔狭いし・・・ちょっと調教から評価すんのは難しいところあるね。アウォーディーケイティブレイブあたりは良く見えるけど、サウンドトゥルーは軽めで速い時計は出していないんだよね。ま、この馬はいつもこんな感じではあるけれども。

 

調教後の馬体重も見ておくか。

 

気になるのは・・・

・アウォーディー +14kg(輸送有)
・インカンテーション +19kg(輸送有)
・ケイティブレイブ -4kg(輸送有)
・サンライズノヴァ +16kg(輸送有)
・メイショウスミトモ +18kg(輸送有)
・レッツゴードンキ +22kg(輸送有)
・ロンドンタウン +18kg(輸送有)

ドンキ姉御+22kgは香港スプリントと比較してのもので、スワンC時は510kgだったのでそこまで問題ないのかもしれない。インカンテーションは500~510kgがベストだけにちょっと太い?輸送でどこまで減るか?サンライズノヴァ・ロンドンタウンもこのままだと太いような・・・

それからケイティブレイブは現時点でマイナス体重なので・・・マイナスになる可能性大ですな。ただ、測定後の飼い食いにもよるので一概には言えない。当日の馬体重も要チェックである。

 

さて、

 

結論は日曜日・・・

 

こりゃケンでもいいかもね。

 

フィギュア女子、カナダ代表のケイトリン・オズモンドも要チェックやでえ!

 

【浅次郎のひとりごと】

羽生「いまは元五輪チャンピオン」 フリーは「ソチのリベンジをしたい」

ハラハラしながら見てたんだが、怪我の影響は感じない滑り。是非、フリーでも圧巻の滑りをして欲しい。確か羽生くんの金オッズは3.25倍くらいだったと思うが(怪我の影響で美味しくなってた)、賭けときゃ良かったわ~~~~(笑)。

 

オリンピックにもベット出来るぜ!

海外競馬サイドバナー