【阪神JF2017レース回顧】阪神芝1600mで行われた2歳女王決定戦GⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ。勝ったのはラッキーライラック。父オルフェーヴルにいきなりのGⅠプレゼントとなった。2着にはリリーノーブル。3着にマウレアが入り、1番人気のロックディスタウンは9着に惨敗。敗因は何だった?簡単にレースを回顧する。

 

ラッキーライラック、2歳女王に!

 

 

いやあ・・・

折り合いさえ付けば、

ラッキーライラックが抜けて強い。

 

そう思ってたが、

その通りの結果になったなあ。

簡単にレースを振り返ってみよう。

 

■阪神JF2017結果、着順

netkeibaより抜粋

強がりでも何でもなく、

この払い戻しだと穴党はドモナラズだわ。

 

■阪神JF2017映像

【阪神JFレース後コメント】ラッキーライラック石橋脩騎手ら

 

■阪神JF2017回顧

スタート!

13番トーセンアンバー、15番ナディア、3番グリエルマが出遅れ。8番トーセンブレス、12番ソシアルクラブあたりもダッシュ付かず。

好スタートは2番のラテュロスと1番のサヤカチャン。5番のラスエモーショネスが押して押してハナへ。

 

サヤカチャンが行くかと思われていたが(松岡ぁ行かんかーい!)、結局ハナに立ったのはラスエモーショネス。好スタートを切ったラテュロスは馬なりのまま2番手に控える。私の◎はラテュロスだったからね・・・この時は「ヨシヨシシメシメ!」と呟いてたんだけど・・・直線はジリジリとしか伸びなかったなあ。残念。

 

内にサヤカチャン。外から17番のコーディエライト。6番のマドモアゼル、7番のリリーノーブルがいて、その後ろに11番ラッキーライラックと18番ロックディスタウン。

ここからロックディスタウンがポジションを上げるのだが・・・ルメールの騎乗を見る限り、無理に押さえてる風でもないし、3~4番手のポジションを取りに行ったようにも見える。「掛かってしまった」という説もあるが、ちょっと私にはよく分からん。パドックからテンションが高かったのは確かだが・・・

 

この時!

 

実は、ラッキーライラックも・・・ロックディスタウンに釣られるような感じで「行きそう」になったのである。元々が前向きな馬で、前走もかなり行きたがっていたんだが、今回もちょっとそんな面を見せていた。

時間がある方は15~20秒のシーンをもう一回見て頂きたいのだが、ロックディスタウンが外から上がって行く時・・・ラッキーライラックも行きかけるんだが、石橋はガッチリ手綱を絞り、逆にポジションを下げているのである。

 

この緑の帽子がラッキーライラック。さっきのポジションから中団真ん中までポジションを落としてるのだ。それでいて折り合いもついてたから脚も十分溜まったのである。この点が前走から大きく成長した点で、コントロールが効く!というのは競走馬にとって大きな武器である。インにマウレア、その後ろに10番ハイヒール、内からグリエルマ、外に16番のモルトアレグロ。

 

外からオレンジの帽子15番ナディアが上がっていき、後方から12番ソシアルクラブ、13番トーセンアンバー、8番トーセンブレス。

 

14番ノーブルアース、9番レグルドールが最後方。

 

ラップタイムは

 

 

600m通過35.3。

1000m通過が59.9。

 

2歳の阪神マイル戦であれば平均ペースか、

ちょいと遅めのラップ。

 

当然の如く、

上がり33秒台の瞬発力勝負となったわけだが、

 

とりわけ今回のレースは「ラスト2F」のキレ勝負。

 

一瞬で加速する能力が必要だった。

 

4コーナーを回る時は・・・ロックディスタウンは抜群の手応えに見えたけど。

 

残り400m!ラスエモーショネスが一杯になり、外からロックディスタウンが襲いかかる!・・・がイマイチ伸びない。その外からマドモアゼル、リリーノーブル、マウレア、そして・・・ラッキーライラックがぐんぐん伸びてくる!

 

残り200mちょい!ロックディスタウンの脚が止まり、リリーノーブルが一瞬の脚を繰り出してあっと言う間に抜け出す!川田はこの瞬間・・・勝った!と思ったかもしれない、しかし・・・その外からギアを上げたラッキーライラックが並びかける!

 

残り100!ラッキーライラックのエンジン掛かってからの伸び脚素晴らしく、抵抗するリリーノーブルをあっさりと交わす。

 

最後は1馬身差を付ける完勝。

 

タイムは1:34.3。

勝ち馬の上がり33.7。

 

ラッキーライラック、強し!

 

 

 

 

 

 

勝ったラッキーライラックは3冠馬オルフェーヴルの初年度産駒。種牡馬というのはなにより「初年度産駒の成績」が大事で。どんなに偉大な成績を残した馬でも「初年度産駒」がコケるとその後の「種付け数・肌馬の質」が劇的に落ちてしまうのである。特に、鳴り物入りで種牡馬入りしたオルフェーヴルの初年度はキラ星の如く良血牝馬が集まっているわけで・・・この世代でGⅠ勝ちが出るのと出ないのとでは大違い!オルフェーヴルにとってラッキーライラックは最大の孝行娘となったね(年が明ければすぐ種付けシーズンが始まるからね)。

このラッキーライラック。今回もちょっと行きたがる面を見せたが、成長したのは「鞍上の指示」に素直に従ったこと。仮に・・・ロックディスタウンに釣られて前に行っていたら・・・馬券圏内もなかったかもしれない。折り合いの問題がなくなれば・・・桜花賞・オークスの最有力候補。いい脚を長く使うし、瞬発力勝負もドント来いだし、距離も伸びて良さそうだしね。

しかし、石橋は負けたら即乗り替わり(多分。笑)のプレッシャーの中、ナイス騎乗だったね。是非桜花賞・オークスも大和魂を見せて貰いたい。

 

2着のリリーノーブルはルーラーシップ産駒。こちらは2年目の産駒なんだけど、種牡馬にとって2年目の成績は初年度の次に大事で。この1年目・2年目の産駒が走るかどうか?でその後の種牡馬の価値が決まると言っても過言ではないのである。ルーラーシップはその晩成傾向からか初年度産駒はキセキが菊花賞を勝つまで重賞未勝利であった。しかし、このリリーノーブルが2歳から活躍することでイメージも大分変わるよね。今回中一週であったが調教は特A評価。レースでも高いパフォーマンスを発揮し2着。ただ、この馬の場合、母系の距離適性がマイルぽいので・・・距離が伸びてどうなるかだね。もちろん桜花賞では有力。

 

3着マウレアはアユサンの全妹。もちろんディープインパクト産駒。今回、4着以下に付けた差は2馬身半。瞬発力で上位2騎には劣ったが、ゴール前では差を詰めており、かなり高い能力を示したと思う。当然桜花賞でも有力だが、賞金持ってないけんな。1月~2月の重賞か、桜花賞トライアルのいずれでの権利取りが必須。

 

トーセンブレスは後方からスゴイ脚を使って追い込んだが、勝負と関係のない4着まで。スローの瞬発力勝負が向く感じで、阪神マイルはピッタリ。ただ、今回は上位3頭が強かったね。自己条件はすぐ勝てると思うけど・・・今後はどうするのかな?

 

5着に人気薄のモルトアレグロ。中団後方のポジションから図太く脚を伸ばしたね。血統から短距離ダート馬って感じがするんだが、芝でも十分やれますな。ただ、スローの瞬発力戦は向いてない感じで・・・。阪神1400とか合いそう。

 

私の◎ラテュロスは内から懸命に脚を伸ばすも6着まで。瞬発力勝負も向かなかったし、外差し馬場も向かなかったかな。もう一回東京か京都で見直したい。

 

1番人気のロックディスタウンだが、その敗因はなんだったのだろうか?距離?休み明け?掛かった?入れ込み?調整不足?色んな事が巷で言われているが、本当の理由なんて外野にゃ分からんわな。ただ、私には掛かった風には見えなかったし、今時は3ヶ月ちょっとは休み明けというほどじゃないし、マイルが短いとも思わない。強いて言うならその調整過程で・・・今回の最終追い切りはイマイチだったのである。1週前追い切りが良かったから評価はしたが・・・実は結構な急仕上げで、当日の調子もイマイチだったのかも。

いずれにせよ今後の巻き返し必至。ただ、関東馬であるから桜花賞のローテは難しいわな。2月のクイーンCか・・・あるいは3月のフラワーCから桜花賞ってのもいいかもね。出来ればチューリップ賞から王道ローテでお願いしたいけど。

 

ソシアルクラブはまだここは敷居が高かったね。悲観することはないし、もうちょっと距離があった方がいいように思う。桜花賞よりオークス狙いも一つかな。

 

香港にも触れておこうか。

 

全部を回顧するのは大変だからダイジェストで。

 

香港ヴァーズ2017

いやあ、このハイランドリールって馬は相当強いわ。これで引退ってのが勿体ねえのなんのって。残り200mで一杯になったかと思いきや、あそこからもう一回伸びて突き放すんだからねー。トーセンバジル3着は立派。キセキどうした?私のWIN3、WIN4馬券はハイランドリールが軸。まず一つクリア。

 

香港スプリント2017

うーむ。スプリントは香港勢強えなあ。1番人気のミスタースタニングが1着。レッツゴードンキは鋭く追い込むも6着まで。ミスタースタニングもバッチリ買ってたぜ!2つめクリア!

 

香港マイル2017

マイルも香港勢が上位独占。私が狙っていたランカスターボマーは離された5着。サトノアラジンは見せ場なく11着。WIN4の夢馬券はここで潰える。

 

香港カップ2017

ラスト!!ココでネオリアリズム、ステファノス、スマートレイアーのいずれかが1着ならWIN3達成!3着以内でも複勝WIN3が的中!さらにステファノスの単複に10ドルずつ賭けてた私は正座してレース観戦!頼むぜボウマン!

結果・・・ネオリアリズム3着、ステファノス4着、スマートレイアー5着・・・(涙)。ステファノスもうちょっと直線スムーズだったらなあ!つか、ネオリアリズムは相当掛かってたように見えたが、よくあれで3着に残ったな。掛かってなかったら勝ち負けだったんちゃうの?

 

WIN3馬券は、複勝がちょびっと当たっただけに終わったが・・・

まあいい夢見れたわいな。

 

皆はどうだったかな?

 

 

【浅次郎のひとりごと】

2歳GIの朝日杯FS&全日本2歳優駿に注目/今週の競馬界の見どころ

朝日杯は2強の様相か・・・。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内