【マイルチャンピオンシップ2017データ分析】京都芝1600mで行われる秋のマイル王決定戦GⅠマイルCS。今年も激戦が予想されるが、早速データを分析してみよう!枠の有利不利は?脚質は差し有利?やっぱりディープインパクト?前走は?穴馬候補はマルターズアポジー、ウインガニオン、ダノンメジャー、そしてヤングマンパワー。

 

ネオリアリズムはどうも香港Cに照準を絞るようで、

マイルCSは回避みたいですな。

 

出てきたら面白いと思っていたのだが・・・

 

残念。

 

■マイルCS2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

そうなると・・・ムーアがどの馬に乗るのか注目ですな。

(ムーアの身元引受は堀調教師だから、おそらくネオリアリズムの為にムーアを押さえていたはず)

 

それとも騎乗無しかな?

 

それから調教中の落馬で先週お休みしていた武豊にも注目。

エアスピネルは人気必至だが・・・

落馬の影響がないとも言えないぞ。

 

さて、

 

早速データを見ていこう。

 

■マイルCS2017データ分析

JRAデータ分析より

先週のデータ分析は良かったんだけどなあ・・・今回は役に立ちそうなデータはほとんどないわ。面白そうなのは唯一コレ。GⅠ実績。近4走でGⅠで3着以内の実績がある馬は・・・

・サトノアラジン(安田記念1着)
・ペルシアンナイト(皐月賞2着)
・レーヌミノル(桜花賞1着)
・レッドファルクス(スプリンターズS1着、安田記念3着、高松宮記念3着)

この4頭のみである。エアスピネルもイスラボニータも該当しないんやね(イスラボニータは過去5走まで伸ばすとマイルCS2着があるけど)。このデータから行くと・・・やはりサトノアラジンとレッドファルクスか。ミルコ騎乗のペルシアンナイトと桜花賞馬のレーヌミノルにも要警戒。

 

あ、

 

あれ?

 

ペルシアンナイト人気になる?

 

ああ、ミルコか。

 

GⅠで9連続3着以内だってね。

 

そりゃ人気になるか。

 

あとは自分でやろう。

(以下全て過去10年のデータである)

 

■マイルCS2017データ分析、枠番別成績

枠の有利不利は・・・全体的にフラットな印象ですな。4枠の連対率が異常に高いのは、単に人気馬が多く入ってるだけである。個人的に注目したいのは7枠。多くの穴馬はココから出ているぞ!

 

■マイルCS2017データ分析、人気別成績

1番人気の信頼度はなかなかに高いですな。2~3番人気がイマイチで4番人気が熱い感じ。穴馬の出番は・・・少ないなあ(笑)。

 

■マイルCS2017データ分析、馬体重別成績

やっぱり480kg以上の大型馬が強い傾向だね。439kg以下だとちょっと辛い。

 

■マイルCS2017データ分析、騎手成績

あ、塗ってる色は気にしないでくれな。このレースとは全く関係ないので。やはり武豊、岩田、福永あたりには注意が必要か。当然だがムーア、ルメール、デムーロにも注意。

 

■マイルCS2017データ分析、種牡馬成績

ディープインパクトが圧倒的!ただ、出走数もダントツで多いので馬券率的にはイマイチだし、回収率的にも美味しくはない。しかし・・・キングカメハメハやハーツクライ、マンハッタンカフェ、ステイゴールドといったリーディング上位はイマイチですな。距離的に合いそうなダイワメジャーも2着が一回だけ。主流以外の血統を狙うのも面白いかもしれない。

 

■マイルCS2017データ分析、間隔別成績

この秋緒戦・・・って馬は割引でしょうなあ。10週以上の休み明けで勝ったのはモーリスのみ。

 

■マイルCS2017データ分析、脚質別成績

うお・・・!さすがにJRA屈指の瞬発力コース。逃げ馬弱ええ!先行勢も弱ええ!強いのは差し馬じゃ。特に1着馬は「上がり1~3位の馬」がほとんど。

 

■マイルCS2017データ分析、3着以内馬

逃げ切ったのは昨年のミッキーアイルのみ。多くの年は「差し→差し」「差し→先行」と言う感じで、「前残り決着」みたいなケースは2016年と2011年くらいのもんである。上がり1~2位の馬が相当に強いわけだが・・・こうやって見ると2~3着には上がり4~7位前後の馬も結構来てるな。

レースで強いのは差し馬だが、穴馬の脚質は断然前。2016年のネオリアリズム、2014年のグランデッツァ、2011年のフィフスペトル、2009年のマイネルファルケの如き穴馬を見つけたいところだ。

 

■マイルCS2017データ分析、3着以内馬の前走

前走をチェックすると・・・

・天皇賞秋組【3.0.1】
・富士S組【2.3.1】
・スワンS組【1.5.1】
・スプリンターズS組【1.1.1】
・府中牝馬組【1.0.1】
・毎日王冠組【0.1.1】

で、これらが馬券の大半を占めるな。面白いのは・・・「GⅠ惨敗組(特に秋天)」は人気になりやすく、「GⅡ、GⅢ惨敗組」は人気になりにくいってこと。特に富士SやスワンSで惨敗した馬は人気になりにくいね。

 

ケツデータ論。

・差し馬が強いが、穴は前。

・ディープが強いが、あえて穴血統を狙いたい

・前走GⅡ、GⅢ惨敗組。

 

穴馬候補を挙げておこう。

まず、逃げ馬マルターズアポジー。このレースで逃げ馬は要らんのかもしれんが、エリザベス女王杯の時も書いた通り、逃げ馬はやっぱり怖いのである。この馬、デビューしてから今まで、一度もハナを譲ったことがない天性の逃げ馬。ハマった時の強さは格別である。父ゴスホークケンってのも意外性あっていいね。穴党は必ず押さえておくべし。

次に、前に行きそうな馬。ウインガニオン。「人気薄の休み明けは更に人気が落ちる」の法則でかなり人気薄になりそう。しかし中京記念で負かしたグランシルクは重賞戦線の常連で京王杯SCではレッドファルクスと僅差だった馬。実は上位とそんなに差はないんじゃないかと思っている。ステイゴールドは京都マイルで走る印象ないけどね(笑)。

それから、ダノンメジャーも面白いと思うねー。前走スワンC5着で劇的に人気落としそうだけど、勝ち馬との差はわずか0.4秒差だし、馬場を考えるとペース速かったしね。200mの距離延長も歓迎だし、面白い一頭だと思う。

あと、レベルが高かった毎日王冠で5着だったヤングマンパワーね。この馬にとって1800はちょっと長いのは誰しも認めるところ。さらに差し馬有利の瞬発力勝負で0.3秒差の5着だから全く悲観する必要なし。今春のマイラーズCではイスラボニータやエアスピネルを僅差の競馬してるし、実力的には5番人気くらいでもおかしくないと思うけどね。父スニッツェルってのも良いじゃないの。

ほか、ムーンクレスト、アドマイヤムーン、グランシルク、ガリバルディなどが穴馬候補。超・超爆穴にディサイファ・・・と思ったら、なんとジャパンカップに出走?な、何考えてんだ~~~マイルCSにしてくれ~~~!

 

調教チェックなどは後日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

日馬富士 貴ノ岩への暴行疑惑を認め、謝罪「深くおわび 大変迷惑を掛けた」

うーむ。ビール瓶で殴って頭蓋底骨折だって。こういう報道がされると一方的に日馬富士が悪いように書かれてしまうが(もちろん何があったとしてもビール瓶で殴るのは傷害罪レベルだが)、なんでそんなことになったのかを知りたいな~。だって・・・いくら酔払ってたとしても横綱がビール瓶で殴ったりしないでしょ?つか力士がビール瓶で殴ったら死ぬこともあるよね~。単に殴っただけなら引責問題+傷害罪で起訴でいいと思うわ。でも・・・10月26日に殴打→秋巡業後11月5日~9日に入院ってのもなんか違和感あるなあ。頭蓋底骨折なら即入院じゃね?あとから後遺症出たのかな?なにより・・・なんで今まで隠してたのかな?

 

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内