【福島記念2017データ分析】福島芝2000mで行われるハンデGⅢ福島記念。ハンデ戦に相応しい大激戦になりそうな。内枠と外枠はドッチが有利?ハンデは?馬体重は?得意な騎手・種牡馬は?脚質は逃げ・先行馬が狙い目!穴馬・大穴候補はマイネルスフェーン、ベルーフ、ショウナンバッハ!フルーキー、ヒストリカル、マサハヤドリーム。

 

日曜日はエリザベス女王杯がメイン。

大混戦でとても面白そうだけどね。

 

また外人ジョッキーかい!

 

 

ってことになりそうな気もするよねー。

 

しかしね。

 

裏開催の福島には

デムーロ×2もルメールもムーアもいない。

ついでに日本人の上位ジョッキーもいないのである。

 

狙うなら・・・こっち?

 

■福島記念2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

あ、戸崎いるやんけ!

 

シュタルケも!

 

(エリ女で騎乗馬おらんかったんかいな)

 

1番人気は夏の小倉記念で2着だったサンマルティンか。

しかしこれは戸崎人気ぽいな。

 

あるいはスプリングS勝ちがある3歳ウインブライトか。

 

いずれにせよ盤石の人気馬ではない。

 

こりゃケツプリの匂いがプンプンするぜ~~~!

 

 

データ見てみるべ。

 

■福島記念2017データ分析

JRAデータ分析より

3~4歳が強いが、7~8歳も走るね。

 

へー。これは面白い。前走人気薄だった馬ばっかりなのね。要は「条件が合わなくて人気薄だった馬」あるいは「GⅠ・GⅡレースで人気薄だった馬」ってわけか。今年は前走GⅠ組はいない代わりに、毎日王冠やオールカマーといった別定GⅡ組が結構いるな。前走人気薄馬は要注意だ。

 

あとは自分でやろう。

 

※過去10年のデータである。2011年は新潟2000mで行われているので、本来データから抜くべきであるが、そのまま集計している。あしからず。

 

■福島記念2017データ分析、人気別成績

私は「過去荒れたか?」なんてデータにはあんまり興味ないんだが(笑)、ハンデ戦だし一応過去の傾向を見ておこう。1番人気はまあまあの成績なんだが、2~4番人気が激弱で、むしろ5~8番人気に妙味があるレースやね。んで、ハンデ戦だから荒れるかと思いきやそうでもなく、10番人気以下で馬券になったのは過去5頭のみ。人気薄×人気薄はちょっと無理があるかな(狙うけど)?

 

■福島記念2017データ分析、枠番別成績

見た目明らかに、「内枠有利」ですな。特に勝ち馬は内枠に偏っていて、1~3枠で8勝。ただ、2~3着は外枠からも絡んでおり、無条件で外枠を切ってしまうと痛い目に遭うかも。しかしまあ、内枠有利で良さそうやな。

 

■福島記念2017データ分析、ハンデ別成績

穴党はこれが一番気になるわな~~~。重ハンデ57.5~59.0の馬は複勝率が高く狙い目に見えるが、このゾーンの馬は人気になっちゃうわけで、馬券的にはあまり美味しくない。今年はマイネルミラノがトップハンデの58kg。人気必至だけど取捨が難しいよね。

んで、注目はなんと言っても49.5~51.0kgの超軽ハンデゾーン51.5~53.0kgの軽ハンデゾーン。人気薄必至のゾーンだが結構かなり馬券になってるのである。また・・・ケイティープライド52kgかィィィ・・・うーむ。

 

■福島記念2017データ分析、馬体重別成績

頭は500kg以上の馬が優勢ですな。2着は480~499kgの馬が占めてて、3着は460~479kgの馬が多い。

 

■福島記念2017データ分析、騎手成績

中堅以下の騎手が列んでますな~~~。おまいら~~~鬼どもがいねーんだからチャンスだどー!

 

■福島記念2017データ分析、種牡馬成績

バラバラな感じであるが、注目は・・・リーディング上位の種牡馬の成績がイマイチだってこと。ディープインパクト、マンハッタンカフェ、キングカメハメハ、ステイゴールド、ハーツクライ・・・いずれもイマイチ。今年も上記を父に持つ馬が大挙出走するが・・・信頼度的にはカンチャン待ちのリーチタンヤオのみって感じか・・・。

実際・・・福島2000での種牡馬成績はどうなんだろうな。あとで調べてみようっと(データはモッコリ倶楽部で公開するなー)。

 

■福島記念2017データ分析、間隔別成績

注目は、10~25週の休み明け馬。はっきりイマイチな成績になっており、使ってきた馬の方が断然有利と言えるだろう。3ヶ月の休み明けサンマルティン、フェルメッツァあたりには不利なデータであるな。

 

■福島記念2017データ分析、脚質別成績

勝ち馬に関してはもう「逃げ・先行馬」狙いが吉。ただ、2~3着には「差し・追い込み馬」が突っ込んで来ることも多く、「先行→先行」あるいは「先行→差し」といった狙いが良さそうだね。頭で狙うならむしろ最後方待機の追い込み馬か。

 

■福島記念2017データ分析、3着以内馬

上がり1位の馬は毎年のように馬券になってるね。そんで上がりは「33秒台」って感じではなく「35秒前後」。福島らしく小回り適正馬場適正が重要であるぞ!分かりやすく言うと、東京や京都で速い上がりを使えるタイプじゃなく、中山や小倉や函館などで35秒前後の脚を使えるタイプが狙い目だぜ。

 

ケツデータ論。

・内枠有利。

・軽ハンデ注意。

・逃げ、先行が狙い目!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、軽ハンデの3歳マイネルスフェーン。この馬、未勝利脱出に6戦を擁した馬であるが、なんとその翌戦はホープフルSでレイデオロの2着。その後、京成杯でも3着に好走したんだが、その後は惨敗続き・・・。で、もう全く人気がなくなってしまったわけだが、この馬の戦績を見てると気付くことがあるな。軽い馬場ので瞬発力戦はサッパリで、時計が掛かる持久力戦で強いってこと。3走前のラジオNIKKEI賞はセダブリランテスに0.7秒差5着であったが、この時2kg重い斤量を背負ってるからね。数字ほど負けてないのである。53kgのココは勝負になるかもよ?

それから、あれ?こんなに人気ないの?ってのがベルーフ。好走の多くは中山や小倉ばっかりで、典型的な小回り得意の追い込み馬。福島は初めてだが・・・ピッタリかもしれないなあ。重賞連対4回の実力馬。2~3着候補としては十分。

先っちょヌルヌルで狙ってみたい大穴にショウナンバッハ。キタサンブラックの1つ上の半兄であるが、こちらも弟と同じくタフマン。皆勤賞でレースに出続けているのであるが、もうずっと馬券になっていない・・・。しかし、前走はオールカマーで0.2秒差5着。そして斤量2kg減。この時、今回人気になりそうなマイネルミラノとは頭差だったのだが、このマイネルミラノは2kg増。どっちが美味しいかは歴然だぜBABY。ただ、脚質的にはマイネルミラノの方が狙いやすいけどね(笑)。

 

ほか、実力馬のフルーキーヒストリカル、それからマサハヤドリームプリメラアスールあたりの1600万卒業組にも注意。

 

あれ?なんか後ろの馬ばっかりになっちゃったな。

 

結論は日曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

日本政府、韓国の元慰安婦招待に抗議

韓国のムン大統領は、対北朝鮮問題において「対話を」と呼びかけているが、はっきり言って韓国はそう呼びかける資格がない国である。なぜなら韓国は、国と国との約束を守らない国であり、なにより「民意」を優先する国だからである。日韓合意で韓国に渡した10億円は我々の税金である。約束を守らないなら即刻返して頂きたい(そもそも慰安婦問題は問題ですらないのだが)。そして北朝鮮は「民意」より「金意」がなにより優先される国。約束なんぞ屁のかっぱである。対話など最初から成り立たない。