【阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想オッズ】阪神芝1600mで行われる2歳牝馬女王決定戦。人気はロックディスタウン、ラッキーライラック、ベルーガが分け合うと思うが、さてオッズはどうなる?人気馬に死角は?ソシアルクラブは抽選通るか?穴馬・大穴候補は、サヤカチャン、アマルフィコースト、ラテュロス!

 

椅子に座ると、

 

ケツのデキモノが痛くてね。

 

痔用クッションに座りつつ、

 

チャンピオンズCの時と同じ話をするのだが(笑)、

 

JRAは本当にネーミングセンスがない。

 

「阪神ジュベナイルフィリーズ」

 

コレを聞いて「あ、牝馬2歳女王決定戦ね」と分かるのは、

1年以上の競馬歴がある人だけである。

意味不明だし、舌噛みそうだし、やたら長いし。

 

一般人が見たところで、

「どっかの草野球チーム?」

と思うのが関の山。

 

競馬ファンだって

「ジュベナイル」「フィリーズ」

が何のことだか分かってない人が多いと思う。

このレース以外に使われないし、一般的な英語じゃないしね。

※ジュベナイルは「2歳馬」、フィリーは「牝馬」という意味。

 

ちなみに、以前、このレースは

「阪神3歳牝馬S」という名称だったのである。

(馬齢表記の変更に伴い、現在の名前になった)

 

一発で何のレースか分かる上に、

格式も感じる素晴らしいレース名だと思う。

 

今に直すと

「阪神2歳牝馬S」

これで何の問題もないと思うけどな。

 

何でも横文字にすりゃいいってもんじゃないよ全く。

 

 

ハウスメンテナンスアドバイザー=シロアリ駆除の訪問営業

 

横文字にするとなんとなく格好良く見えちゃうもんだが・・・

皆も騙されないように(笑)。

 

さて、

 

登録馬見てみよう。

 

netkeibaより抜粋

 

人気は、

札幌2歳Sを勝ったロックディスタウン。

アルテミスSを勝ったラッキーライラック。

ファンタジーSを勝ったベルーガ。

これら2戦2勝馬が分け合う形になるかな。

 

現時点で賞金持ってるのは11頭。

残り7頭は抽選ですな(7/12の確率)。

 

1戦1勝のソシアルクラブ(母ブエナビスタ)、

アルテミスS3着のラテュロス、

あたりは是非抽選通って欲しいなあ。

 

さて、オッズを予想しておこう。

 

■阪神JF2017予想オッズ

阪神ジュベナイルフィリーズ2017予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1番人気 ロックディスタウン 4.1倍
2番人気 ラッキーライラック 5.5倍
3番人気 ベルーガ 6.7倍
4番人気 マウレア 8.1倍
5番人気 ソシアルクラブ(抽選) 8.8倍
6番人気 コーディエライト 10.4倍
7番人気 アマルフィコースト 17.2倍
8番人気 サヤカチャン 23.9倍
9番人気 ラテュロス(抽選) 25.5倍
10番人気 マドモアゼル 26.3倍
11番人気 リリーノーブル 35.0倍
12番人気 モルトアレグロ 42.6倍
13番人気 サウンドキアラ(抽選) 47.7倍
14番人気 スカーレットカラー 66.2倍
15番人気 レグルドール 82.9倍
16番人気 トーセンアンバー(抽選) 88.9倍
17番人気 ラスエモーショネス(抽選) 93.4
18番人気 グリエルマ(抽選) 102.9

※管理人浅次郎の独断と偏見による予想である。

 

現状まだジョッキー未定の馬が多いわけだが、当然屋根によって人気は大きく変わるけんな!ルメールはもう決まってるみたいだが、ムーア・ミルコ・クリスチャンあたりは1.5倍から2倍近く馬券が売れると見ていいぞ。・・・ジャパンカップを勝ったボウマンあたりも結構人気になるかもしれんな。

 

1番人気は札幌2歳Sを勝ったロックディスタウンか。新馬戦で負かしたのは牡馬トップクラスのタイムフライヤー。新潟のスローではあるが、この時の上がりが32.5で。瞬発力はこの世代屈指だろう。札幌2歳Sは一転タフな馬場だったが、これも中団から早め進出で完勝。長くいい脚が使えるタイプでね。その点はやはり血統だろう。1600はちと短い気もするが最有力じゃないかと。オルフェーヴルの初年度産駒。いきなりGⅠ勝ちなるか?

 

2番人気はこれまたオルフェーヴル産駒のラッキーライラック。アルテミスSは好スタートから控えて4番手追走。行きっぷりが良過ぎて押さえるのに苦労するシーンもあったが、直線追い出してからは矢のような伸び。上がり最速で2戦2勝。この馬もかなり能力高そうですな。石橋~~~~チャンスだぞ!

 

3番人気はファンタジーS勝ち馬のベルーガ。このファンタジーSはスローの瞬発力勝負だったわけだが、ベルーガは後方の位置取りで。直線大外ブン回しで直線ごぼう抜き。瞬発力半端ないぜこの馬~~~。問題は200mの距離延長。父キンシャサノキセキ、母系はスリープレスナイトを出した血統だけに・・・むしろ1200で真価発揮しそうだけどね。この点が嫌われたら人気を落とすかもしれない。鞍上は誰かな?

 

4番人気は出世レース赤松賞を勝ったマウレアか。出負けして後方から、折り合いを欠くようなシーンもあったが、インを突いてズバッと抜け出してみせた。桜花賞馬アユサンの全妹で血統的には文句なし。ただ、スローしか経験してない点と中2週+輸送がどう出るか。

 

5番人気は・・・抽選通過が条件になるが、ソシアルクラブ。この馬の新馬戦をまだ見てない人は一度見ておくといい。残り200m地点からの加速は見もの。えええ?そこから届くんかーーーーーい!とあなたも思うはずだ(笑)。この血統はガチでヤバイ・・・と多くの競馬ファンが思ってるわけで(母ブエナビスタ、叔母ジョワドヴィーブルも1勝の身で当レースを勝っている)、抽選さえ通れば人気になるだろう。鞍上次第で3~4番人気も。

 

 

さて。

 

今日も元気にヨーラン背負って穴馬候補を挙げておこう。

まず、アルテミスS2着なのに人気薄になりそうな・・サヤカチャン。父リーチザクラウン、日高のマイナー牧場生産、初勝利まで4戦、鞍上松岡・・・2歳重賞でこういうプロフィールだと途端に人気がなくなってしまうのだが、アルテミスSの粘りっぷりはもう一度確認しておくべきである。

このレース、600m通過35.4、1000m通過が59.8・・・と、この時期の2歳戦にしては結構な速めのペース。それでいてサヤカチャンは上がりを35.2でまとめており、ラッキーライラックに交わされた後も粘りに粘っている。スローの瞬発力勝負だと分が悪いかもだが・・・逆にハイペースの持久力戦になったらこの馬残っちゃうかもよ?ペースの鍵を握る馬でもあり、要注意である。

それから、今回人気の盲点となりそうなアマルフィコースト。ファンタジーSでは1番人気に支持されていた通り能力は高い。そのファンタジーSは3ヶ月の休み明けであり、見た限り仕掛けられてからの反応が鈍かったように思う。一回叩いて本番はココ。ダイワメジャー産駒だしおそらくマイルがベスト。鞍上はC・デムーロ?

抽選組からはアルテミスS3着のラテュロス。前走期待していたんだが、直線ジリジリとしか伸びずに3着まで。ただ、これは「馬場」が影響したんじゃないだろうか。この日は「良馬場」ではあったが、雨が降る中での競馬でやや時計が掛かっていたし、直線は外目の方が伸びていた。良馬場での瞬発力戦ならまた違った結果になるのではないかと。鞍上は北村友?

 

個人的には、ロックディスタウンがPOG馬だから、

応援するのはこの馬である。

 

しかし・・・馬券は別ですな。

 

データ分析、調教チェックなどは後日ね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

日馬富士の引退について。

今回の件、非は日馬富士にある。原因が何であったのか報道も錯綜していてよく分からんが、横綱がシャバで暴力を振るえばそれは罪である。こんなもんは相撲部屋に呼び出して稽古の名目でシバいたれば何の問題もなかったのである(え)。

しかし責任の取り方として「引退」する必要があったのかどうか?聞けば貴ノ岩の怪我の具合は驚くほど軽いと言うし(ほんとに重傷なら隠れる必要ないもんね)、同郷の先輩後輩という間柄だし、被害届を取り下げ、貴ノ岩が元気な姿を見せれば「俺が悪かった!」+「慰謝料」で仲直り出来た話ではなかろうか(すでに当人同士は仲直りしていたという話もあるし)?

というのも・・・今後、貴ノ岩は「日馬富士を引退に追いやった力士」として一生見られることになるのだ。日本ではまだしも、故郷モンゴルでは完全に「悪役」である。本人はもちろん、親兄弟もみんなそう見られるのである。これは辛いよね。また、仕掛け人の貴乃花親方だって色々と噂を立てられているし、相撲界全体にも暗雲。つまり、日馬富士が引退したとて、誰も幸せにならない結末なのだ。

じゃあ、なぜ貴乃花親方は「誰も幸せにならない結末」へ持っていったのか・・・

「貴乃花」の最終目標は「モンゴル力士」「八角理事長」の排除

まあこの記事の真偽は分からんが、貴乃花親方が来年の「理事長選」を睨んでるのは間違いなさそうやね。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【チャレンジカップ2017データ分析】阪神芝2000m内回りで行われる別定GⅢチャレンジC。今年は3歳のサトノクロニクル、ブレスジャーニーが人気になるようだが、データ分析によると、枠の有利不利なし!逃げ・先行有利!ディープインパクト強し!穴馬・大穴候補はマイネルミラノ・マサハヤドリーム・メドウラーク!

 

今週の土曜中山メインはステイヤーズSなのだが、

 

10頭立ての少頭数の上に、

 

アルバートの3連覇がガチっぽく、

 

社内イチの美人と同じく、

ちょっと手を出しにくいですな。

 

エレベーターで一緒になったらチャンス!何でもいいから話しかけるべし!

 

一方、

 

阪神のチャレンジCは荒れる要素満載ぃぃ!

 

やるならコッチぶぁい!

 

■チャレンジC2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

netkeibaの予想オッズによると、

人気は3歳のサトノクロニクル、ブレスジャーニー?

マキシマムドパリ、モンドインテロだと思ってたけどな。

 

しかしね。

3歳の両馬ともに古馬とは初対戦なのである。

 

しかも12月だから斤量差も1kgだけ。

 

もちろん来るかもしれんが、

来た所で妙味ないわけで。

 

潔く、来たらカーチャンゴメンで逝かせていただく。

 

さて。データ見てみるべし。

 

あ、ちなみにこのチャレンジC・・・

 

2011年までは9月2週目の阪神芝2000mで行われていたのであるが、

2012~2016年は12月2週の阪神芝1800mで行われている。

そして今年からは12月1週の阪神芝2000mと条件が変わっているのだ。

(コロコロ条件変えるんじゃねぇぇぇぇ!)

 

ご存知の通り、

阪神芝1800は外回りコースでコーナー2回。

阪神芝2000は内回りコースでコーナー4回。

 

距離は200mしか変わらんのだが・・・

全く異なるコースである。

 

気をつけられたし。

 

あ、なので、以下のデータは

過去10年の「阪神芝2000mのコースデータ」である。

 

あしからず。

 

■阪神芝2000m、人気別成績

全体的な傾向を言えば、1番人気が若干弱く・・・2~3番人気の方が買いのコース。大荒れというより中荒れするコースかな。

 

■阪神芝2000m、枠番別成績

コーナー4回の内回りコース・・・さぞかし内枠が有利だろうと思ってしまうと間違いで。ご覧の通り、内外の有利不利はほとんどないコースなんですな。

 

■阪神芝2000m、馬体重別成績

多くのコースは「馬体重が重くなるほど成績も良くなる」ってことが多いのだが、このコースは馬格が小さい馬でも十分戦えるデータですな。ただ、419kg以下だと辛い。

 

■阪神芝2000m、騎手成績

こんな感じ、デム・ルメすごいね。あと、川田。

 

■阪神芝2000m、種牡馬成績

そのまま全体の種牡馬リーディングを列べた感じですな。ディープインパクトの庭。他、キンカメを挟んで、SS系上位種牡馬がズラリ。注目はハービンジャー。

 

■阪神芝2000m、脚質別成績

ご覧の通り、逃げ・先行が猛烈に強い。加えて、上がり3F上位馬も強いですな。つまり・・・理想は「先行チョイ差し」。

 

ケツデータ論。

・枠の有利不利なし。

・リーディング上位種牡馬

・逃げ、先行有利。

 

以上を踏まえつつ、データより穴馬候補を挙げておこう。

 

まず、逃げ馬候補のマイネルミラノ。前走福島記念は・・・向こう正面で仕掛けて先頭に立ったが、直線ズブズブで10着。これはもう度外視して良し。オールカマーでは強豪と互角の4着だった馬。今回は58kg→56kgに減るし、絶好の狙い目。

差し馬で狙いたいのがマサハヤドリーム。前走は出遅れて後方から、直線大外をブン回したが、反応鈍く11着。とはいえ、わずか0.6秒差だし、休み明けだったし・・・今回鞍上和田ドラゴンだし。あとは調教次第だが・・・期待しちゃうね。

それから、最近人気薄で連続3着に好走しているメドウラーク。おそらく好走の要因は「道悪」と思われて人気にならないと思うが(その通りかもしれんが笑)、もしかして好走要因は「最近調子いいから」かもしれんじゃないか。前走好走の人気薄は迷わず買い!この馬にも期待しちゃうねー。

 

ハズレてもハズレても、

 

大穴狙いで逝くぜーべいべ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ICBMの可能性も ロフテッド軌道で発射

安全保障に万が一があってはならない。そして北朝鮮は万が一が起こりうる国である。ミサイル発射に慣れちゃダメだぞ~!ちゃんと議論しよう。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【チャンピオンズカップ2017データ分析】中京ダート1800mで行われる中央ダートGⅠチャンピオンズC。今年の人気はテイエムジンソク、サウンドトゥルー、アウォーディーが予想されるが、データを分析してみよう!枠順の有利不利は?脚質は逃げ・先行有利?前走ローテは?穴馬候補はミツバ!メイショウスミトモ!モルトベーネ!

 

ジャパンカップの余韻冷めやらぬ中、

 

今週はダートの頂上決戦ですな。

 

そろそろ私のチンコもモッコリ大噴火と行きたいところだ。

 

■チャンピオンズC2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

フルゲート16頭。

 

除外される馬が多いのは結構なことなんだが、

前哨戦で好走した馬や

今年重賞を勝ってる馬は出してあげたいなあ・・・

 

さて、

 

データを分析して行くんだが、

 

チャンピオンズCはまだ歴史が3年しかなく、

前身のジャパンカップダートは阪神ダート1800で行われていたため、

デリ◯ル嬢の写真画像と一緒で、

 

全く参考にならない(別人)。

 

なので、今回のデータ分析は

「中京ダート1800m」の過去10年データを元にやりたいと思う。

(各コースデータの分析はモッコリ万馬券倶楽部で延々とやってるけどね)

 

早速行ってみよう~!

 

■中京ダート1800m、枠番別成績

2枠の成績が良いのだけれど、他はフラットやね。あ、いや、平均人気を見ると・・・2枠は偶然人気馬が集中したっぽいな。内外の有利不利なし!と言って良かろう。

 

■中京ダート1800m、馬体重別成績

やはりダート戦だけに・・・馬体重が重くなるほど好成績になる傾向。

 

■中京ダート1800m、種牡馬成績

んんん?なんかちょっと・・・他のダートコースとは様相が違いますな。SS系の種牡馬が多数ランクイン。ゼンノロブロイ、ネオユニヴァースはパワー系なんで分かるんだが、ディープインパクト、マンハッタンカフェ、ハーツクライがTOP10に入ってるなんてね。芝的なキレの要素が必要なコースなのかもしれない。

 

■中京ダート1800m、脚質別成績

脚質は圧倒的に、逃げ・先行有利ですな。まあ、ダート戦だから当然と言えば当然だけど。それと同時に上がり1~3位馬もかなり強い。しかしこれは芝のレースとは違って「前に行ける+上がりも速い」という馬が強いことを示している。ただし・・・穴を開けるのは差し馬だぞう!

 

JRAデータ分析より

前走データはJRAのデータ分析を拝借。JBCクラシック組が圧倒的ですな。続いて、みやこS武蔵野S。基本的にはこの3つを押さえておけば良さそう。

 

ケツデータ論。

・枠の有利不利なし。

・逃げ、先行馬を狙え!ただ、穴は差し馬!

・JBCクラシック、みやこS、武蔵野S組!

 

以上を踏まえ、データから穴馬候補を炙っておこう。

まずもってJBCクラシックで先行して0.2秒差3着だったミツバ!名古屋グランプリに行く可能性もあるようだが、是非コッチに出てきて欲しい!1800はちょっと短いかもだが、ここでも十分やれると思う!

それからJBCクラシック組のグレンツェント。色々と謎が多い使われ方をされている馬であるが、能力は高いぞ~!今年の東海Sを勝っている通りコース適性も高そう!叩き2戦目で一変あるかもよ?鞍上はボウマンか。

爆穴にメイショウスミトモ。前走シリウスS勝ちなんだけど、11番人気での勝利だったわけで、今回フロック視されちゃうなこれウッヒッヒ。しかし結構強い内容だったぞ~。

 

それから爆穴その2にモルトベーネ。連続惨敗。前走みやこSも5着とはいえ相当離されちゃったから・・・今回は全く人気にならないと思う。しかし春のアンタレスSではロンドンタウン以下に圧勝してるんだよねこの馬。もしかして・・・があるかもよ?

 

ま、普通に考えれば

 

人気上位馬を狙うのが

ダートGⅠのセオリー。

 

かもしれんけどね。

 

懲りずに穴馬を狙うのが、

私のセオリー。

 

今週も、全く懲りずに穴狙いで逝く。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

後藤・・・大好きでした(涙)。

 

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

【ジャパンカップ2017レース回顧】東京芝2400mで行われた国際GⅠジャパンカップ。勝ったのはキタサンブラックでもレイデオロでもなく、これが初GⅠ制覇となるシュヴァルグラン!鞍上のボウマンもJRA初GⅠ制覇!シュヴァルグtランの勝因は?惨敗したサトノクラウン・ソウルスターリングの敗因は?簡単に回顧する。

 

シュヴァルグラン、GⅠ初制覇!

 

 

いやあ、シュヴァルグランは最高の競馬したね!

 

簡単に回顧しよう。

 

■ジャパンカップ2017結果、着順

 

■ジャパンカップ2017映像

 

■ジャパンカップ2017レース回顧

スタート。

大きく出遅れる馬はいなかったが、イキートス・アイダホ・レインボーラインあたりがダッシュ付かず後方へ。キタサンブラックは最高のスタート。好枠もあってほぼ馬なりのままハナへ。シュヴァルグランも好スタートから馬なりのまま労せず絶好位。

この時、3番のギニョールと1番にシュヴァルグランに挟まれる形でレイデオロはちょっとした不利を受けてますな。まあ、スタート直後は良くある話だが、このちょっとした差が・・・最後の最後のゴール前で響いたかもしれない。

 

レイデオロも悪くないスタートだったのだが・・・シュヴァルグランから2馬身近く遅れてしまった。

 

行ったのはキタサンブラック。馬なりではあったが、押し出されてハナという感じではなく、「俺がペースを握ったる!」という意思が感じられる騎乗。さすがである。2番手にディサイファ。続いてギニョール。

 

先行勢に、押して押してポジションを取ったワンアンドオンリー。5番手のインにシュヴァルグラン。外からオレンジの帽子がシャケトラ。内から10番がブームタイム。間にソウルスターリングだが・・・

 

こりゃ掛かってますな。

 

クリスチャンは手綱を絞っており、重心もちょっと後ろ。油断すると持って行かれそうな感じ。ギリギリ我慢させてる感じだが・・・これだと消耗しちゃうわな。ソウルスターリングの敗因はコレだと思う。調教の時も掛かり気味なのが気になったが・・・日に日に折り合いの課題が大きくなっている感じあるな。もしかしたら距離を短縮した方がいいかもしれない。

 

ちょうど真ん中のインにレイデオロ。外からラストインパクト。ヤマカツエース。

 

中団後方にマカヒキとサトノクラウン。

 

後方にアイダホ、サウンズオブアース、イキートス。最後方からレインボーライン。

 

私はレインボーラインから馬券を買っていたのだが・・・岩田は最初から「追い込み一発」に賭けている感じで。これはこれでアリだぞ~~~!と思いながらレースを見ていたが、さすがに後ろ過ぎたね(笑)。

 

1000m通過は60.2。

 

まずまずの平均ラップと言えるだろう。

 

そして、東京2400で大事なのはその後の600m。

ここで息が入るかどうかで大きくレースが変わるわけだが・・・

 

 

1000m通過後の600mのラップは、

12.1・・・12.3・・・12.2・・・・

 

つまり、スタートしてからずっと、

一貫した平均ペースだったわけだ。

 

実は、

 

どちらかと言えばキタサンブラックは「一貫した流れ」より「緩急ある流れ」の方が得意な瞬発力型である。去年のジャパンカップの時なんてのはその典型で、1000m通過61.7のスローで、さらに1000m通過後は12.5・・・12.7・・・12.3と息が入る流れ。結果は2馬身半差の圧勝。

 

しかし今回は息が入りにくい・・・一貫したペースとなった。

 

キタサンブラックはどこかで息を入れたかったはずだが・・・

今回武豊は、終始ペースを落とそうとしなかったな。

 

キタサンブラックの敗因「落鉄」という報道が盛んにされている。

もちろん、それも敗因の一つだったのだろうけど、

それよりもペースに敗因があったのではないかと、

私は思っている。

 

落鉄したのって・・・どこなんだろうね。

 

1500m過ぎ、ミルコ騎乗のサトノクラウンが仕掛ける。後方5~6番手から外を回してぐんぐん上昇。この位置取りでは届かないと見たんだろうが・・・東京でこの位置から仕掛けるのは・・・

 

無謀である。

 

今回のサトノクラウンの敗因はこの「早仕掛け」だと思う。ペースが遅かったならまだしも、このポイントも12秒前後の厳しいラップなのだ。この時サトノクラウンは3~4馬身は上昇しているから、この時サトノクラウンは11.3~11.5位のラップを刻んだハズ。

これが京都競馬場ならね。「3コーナーの下り」でスピードに乗せやすいから・・・スタミナのある馬はゴールまで持つこともあるんだけど・・・直線に坂がある東京だと無理筋。結果論だが、今回はミルコのミス騎乗だったと思う。

 

最内枠を引いて、馬なりのまま絶好位を進んだシュヴァルグランにとっては最高の流れ。そもそもこの馬はその戦績が示す通り「切れ」に欠けるタイプであり、上がり3Fも3位前後ということが非常に多い(京都大賞典でもスマートレイアーに差されてしまった)。その代わり、スタミナが豊富で、良い脚を長く使う。

今回は一貫した平均ペースになり、さらに残り800mから11秒台に突入する「ロングスパート合戦」になった。

 

 

シュヴァルグランにとって「上がり33秒台」の瞬発力勝負だと分が悪いが、「上がり35秒前後」の持久力勝負ならドントコイ。しかも距離ロスなく、無駄なスタミナを一切使っておらず、折り合いもバッチリ!

 

一方、レイデオロは馬群に突っ込むことを嫌ったのか・・・4コーナーで外へ。この選択は間違ってなかったと思うが、もう一列前のポジションが取れていれば(シュヴァルグランと同じ列なら・・・)、と思わずにいられないね。

 

残り500m。キタサンブラックが堂々先頭。ラッキーなことに、シュヴァルグランの前がポッカリと開き、ボウマンはその空間を逃さずに馬体を捩じ込む。

 

残り400m。キタサンブラックもGOサイン。追いかけるシュヴァルグラン。レイデオロはキタサンブラックのGOサインを確認してから・・・ワンテンポ遅らせて追い出したように見えた。

 

「完璧ネ!勝ったアルヨ!」

 

とルメールは思ったに違いない。

 

しかし!坂を登ってからシュヴァルグランが止まらない!

 

残り100mでキタサンブラックを交わし、レイデオロも突き放す!強い!ボウマンの騎乗は迫力あるわ~!

 

ルメール「あれれ?標的間違ったアル?」

 

残り50mで前の2頭にぐんぐん迫り、きっちりキタサンブラックを交わしたレイデオロであったが・・・1馬身前にいたのはシュヴァルグラン。

 

勝ちタイムは2.23.7。

勝ち馬の上がり34.7。

 

シュヴァルグラン、GⅠ初勝利!

 

 

 

 

 

 

 

しかし、佐々木オーナーはスゴイね。今まで所有した馬はわずか20頭。その内7頭がオープン馬で3頭がGⅠ馬(全てが母ハルーワスウィート)。今回でGⅠ5勝目である。ダビスタでもそう上手く行かんだろ・・・って感じの豪運の持ち主。これでシュヴァルグランは種牡馬入りも決定だろう。血統的には文句なしだし、ハーツクライの後継として頑張って貰いたい。

 

 

加奈子夫人は何歳なんだ?え?まだ、37歳?まだ種付け可能だな大魔神(え)。

 

勝ったシュヴァルグランは、明らかに過小評価だったね。キタサンブラックやサトノダイヤモンドと僅差の競馬をして来た馬で、昨年の3着馬。秋天をスキップしてココが勝負どころ。1枠1番という絶好枠。買い材料が揃っていただけに、もっと人気になってもおかしくなかったが「ミルコはサトノクラウンを選んだ」「ボウマンって誰だよ?」というファン心理が人気に影響したと思う。私もボウマンの顔すら知らんかったが(失礼)、このレースを見る限り、相当上手いし、追えるし、頭小せえし(私の半分くらいじゃないかな)、今後も注目の騎手じゃないかと。

しっかし今回のシュヴァルグランは完璧だったね。枠やペースに恵まれたのもあったけど、それにしても強い内容だった。出世が遅れた馬だからあと1年くらい現役やるかな?

次は有馬記念だと思うが・・・この馬、加速するのに時間が掛かるタイプで、内回りの有馬記念とか宝塚記念はあんまり向かないんだよね。人気になるだろうから思い切って斬るのもアリかな(とか言ってると来るんだけど)。来年の春天は鉄板かも?(レイデオロは出てこねーだろうし)

 

2着のレイデオロは今回かなり惜しい競馬で。文中でも書いたが、スタート後に挟まれる不利があったこと、それからシュヴァルグランに文字通り完璧なレースをされたこと・・・による不運があった。正直言ってレース前は「半信半疑」であったが(笑)、この馬も相当強いね。ポジション取れるし、自在性もあるし、終いもシッカリしてるから有馬記念でも相当有力だと思う。

 

3着のキタサンブラックは今回一番強い競馬をしたと思う。東京2400を一貫ラップで逃げ切るのは容易ではなく、最後差されたのは「目標にされた分」と「道中で息が入らなかったから」だろう。「落鉄していた」という話だが、レース序盤で落鉄していたらレースにならなかったと思うから・・・直線の途中で落鉄しちゃったのかな?まあ、だとしても後続には4馬身差付けてるんだからね。そこまで影響なかったんじゃないかなーと思う。→「ゴールまでは蹄鉄はついていたと思う」キタサンブラックの蹄鉄と有馬に向けての新たなスタート/ねぇさんのトレセン密着

 

4着にマカヒキ。4コーナーから直線に向いた時・・・レイデオロの直後に居たのだが、その瞬間前に進路がなく。内田は外に出そうとしたのだが、すぐ外にいたラストインパクトと接触して弾かれてしまう。すぐさま外に出すのを諦めてレイデオロの後を追うことにしたのだが、スムーズに外に出せていたら・・・もしかしたらもっと僅差だったかもしれない。次は有馬記念かな?

 

5着にアイダホ。後方待機から直線は大外ブン回し。アウェイだし、必ずしも絶好調ではなかったと思うが、実力ある所見せたね。ま、ちょっと今回は内枠の実力馬が強い競馬をしたので・・・大外ブン回しじゃどうにもならんかったな。

 

私の◎レインボーラインは上がり最速を繰り出して後方から追い込むも6着まで。さすがにちょっとポジション後ろ過ぎたね。しかしこの馬、どこかで必ずまた穴を開けると思うぞ。有馬記念に出るんだったらもう一回狙いたいなあ。

 

ソウルスターリングは終始掛かり気味だったんだけど。それでも大敗せずに7着。やはり能力はかなり高い・・・しかし、気性的に距離を短縮した方がいいかもしれんな。来年はマイル路線でいいんじゃないかと。

 

サトノクラウンの敗因は文中述べた通りで・・・直線坂を登ったあたりで終わってしまった。しかしこれでね。「サトノクラウンは良馬場では要らない」的な評価が広がりそうだからね。次に人気が落ちた時が狙い目だと思っている。有馬記念出て来るのかな?

 

ワンアンドオンリー、ラストインパクトはちょっともうGⅠだと厳しいかな?ディサイファは・・・これで引退?

 

以上で回顧はおしまいなんだけど、

 

ちょっと気になることがあるので書いておく。

 

ディープインパクト産駒の重賞勝ちが激減してるのである。

 

 

2016年重賞38勝を挙げているのだが、今年はまだ15勝。

GⅠ勝ちに至っては、昨年の9勝に対し今年はまだ2勝である。

この秋のGⅠ戦線も未勝利・・・

ま、それでもリーディングぶっちぎり1位だけどな。

 

今年は単なるハズレ年なのかもしれんけど、

ちょっと気になるねー。

 

さてと。

 

今週はチャンピオンズCか。

 

これまた面白そうだな!

 

ボウマンの顔も覚えておこうっと(笑)。

 

【浅次郎のひとりごと】

今週の競馬の見どころ

競馬に終わりはない。だから今週ハズレても何の問題ない。来週の競馬を楽しめばいいだけの話。お金のことを考えるなら、他のことをやったほうがいいと思うぞ(笑)。

 

 

【京阪杯2017予想】京都芝1200mで行われる別定GⅢ京阪杯。穴馬ボックスの伝説狙いで逝くぜ!狙いは調教爆穴ティーハーフの追い込み!対抗に休み明けでも調教抜群のナリタスターワン!人気サイドではヒルノデイバロー!ヒモ穴にフィドゥーシア、ダイシンサンダー!ソルヴェイグは押さえ。

 

ちょっと時間がないので、

 

予想印だけ。

 

■京阪杯2017予想

 

ティーハーフ(15番人気)

「あ、浅次郎さん、頭のネジ取れてませんか?15番人気ですよ?」という声が聞こえてくるが、浅次郎の勘ピュータは至って正常である。確かにこの馬の近2走は惨敗である。しかし今年の高松宮記念4着馬であり、安土城Sではトップハンデを背負って3着(勝ち馬シャイニングレイとは2kg差)、CBC賞でも0.3秒差4着(同1kg差)。仮にココにシャイニングレイが居たら結構な人気になると思うがどうだろう?そしてこの馬の脚質は追い込み一筋。この舞台は全く合わないわけだが(え?)、逆に言えば展開さえハマれば突っ込んでくる能力は十分にあると思う。幸便にも最内枠を引いた。内でジッと我慢して直線は大外一気でオナニー。

 

◯ナリタスターワン(12番人気)

▲ヒルノデイバロー(5番人気)

△ソルヴェイグ(1番人気)

△フィドゥーシア(8番人気)

△ダイシンサンダー(9番人気)

 

馬単 ◎→◯▲

馬連 ボックス @100円

 

頑張れ!ティーハーフ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

今日は荒れますように。

 

【ジャパンカップ2017予想】東京芝2400mで行われる国際GⅠジャパンカップ。現役最強馬キタサンブラックの連覇なるか?3歳ダービー馬レイデオロの世代交代か?サトノクラウンの逆襲か?展開・隊列・ペースはどうなる?穴馬・大穴馬は?狙いはレインボーライン!大穴にヤマカツエース!爆穴はサウンズオズアース!

 

キタサンブラックが内枠を引いた時点で、

 

バカ殿を選ぶ。

 

 

というのも選択肢の一つである。

 

キタサンブラックから買うのであれば、

絞りに絞ってドカン!

と賭けないと儲からんわけで。

 

だからと言って、

キタサンブラックを切ってしまうと

的中する確率は大幅に減ってしまうわけで。

 

こういう時は

好きな女の子に投票する感じで・・・

 

 

うお、1990年代後半からもうサッパリ分からんな・・・。

おじさんの永遠のアイドルはやはり音無響子だろうか・・・。

いや、やっぱり鮎川まどかだろうか。

 

じゃなかった(笑)、

 

こういう時は、

好きな馬の単勝を1000円だけ買って応援する。

 

というのもいいかもしれないね。

 

と言いつつ、

 

大穴狙いで逝くんだけれども(笑)。

 

■ジャパンカップ2017前日オッズ

netkeibaより抜粋

 

キタサンブラック、レイデオロが売れてますな。

 

続いてサトノクラウン。

 

ほぼ3強オッズ。

 

しかし、3強のレースが、

そのまま3強で決まることはマレ。

 

何か違う馬が突っ込んでくる・・・かもよ?

 

■ジャパンカップ2017展開予想

逃げ候補は
キタサンブラック
ギニョール

先行勢は
シュヴァルグラン
レイデオロ
ソウルスターリング
ディサイファ
シャケトラ
ブームタイム
アイダホ

差し勢は
サウンズオブアース
レインボーライン
マカヒキ
サトノクラウン
ヤマカツエース
イキートス

追い込み勢は
ワンアンドオンリー
ラストインパクト

いやあ・・・やっぱり列べてみるもんですなあ。よくよく見れば今回のジャパンカップ・・・逃げ馬不在である。外国馬がどう出るのかによっても変わるが、一応外国馬で前に行きそうなのはギニョール。そして日本馬ではキタサンブラックのみである。そのキタサンブラックも前走は出遅れているし・・・ここ1年は2~4番手の競馬。積極的にハナに行くタイプではないのだ。

 

そうなると・・先行争いは激しくならず、

 

「誰か行ってよ~~~」

 

的な流れになっちゃうかもしれん。

あるいは、キタサンブラックがそのままハナに行くか。

 

ちなみに、

昨年のジャパンカップは

キタサンブラックが逃げ切ったわけだが、

 

1000m通過は61.7。

 

これは最高峰のGⅠとしては

結構なスローだったと言えるだろう。

 

仮にキタサンブラックのペースだとしても

スローの確率が高い。

 

だとすれば・・・

 

スローのヨーイドン?

 

ってことは、

 

求められるのは瞬発力。

 

一瞬の脚を使うタイプより、

長く脚を使うタイプを狙いたいね。

 

東京2400で速い上がりを計時している馬

・シュヴァルグラン(昨年のJC34.4)
・レイデオロ(ダービー33.8)
・サウンズオズアース(昨年のJC34.5)
・ソウルスターリング(オークス34.1)
・レインボーライン(昨年のJC34.3)
・マカヒキ(昨年のダービー33.3)
・サトノクラウン(一昨年のダービー33.8)
・ラストインパクト(一昨年のJC33.8)

 

ちょっとnetkeiba予想陣の印を見てみるか。

 

■ジャパンカップ2017netkeiba予想陣の印

netkeibaより抜粋

 

あらら。

 

意外や意外。

 

キタサンブラックの印、薄いのね。

 

◎は一個だけかあ。

 

んで、狐と狸はレイデオロに◎っと。

 

レイデオロが強いのはそりゃ私だって重々知っている。

しかしね。今回一流古馬とは初対戦で、

まだ「未知」の部分が大きいのである。

 

もちろん「未知」の部分に賭けたくなる気持ちもわかるが、

それにしては人気になり過ぎだと思う。

私の感覚で言えば・・・

4~5番人気単勝8~10倍位が適正だと思うけどね。

 

レイデオロが来たら素直にカーチャンゴメンだぜ。

 

さてと。

 

ジャパンカップのデータ分析はこちら

ジャパンカップの調教チェックはこちら。

 

いつも通り淡々と穴狙いで逝く。

 

 

レインボーライン(8番人気)

天皇賞秋で3着だったにも関わらず、この低人気。秋天は「道悪だったから来たんでしょ」と思われているわけだが、今までGⅠでも崩れずに走ってて、昨年のジャパンカップでも上がり最速を計時して6着。宝塚記念でも5着。そして今回充実の4歳秋。叩き2戦目。調教は抜群。鞍上はジャパンカップの鬼岩田。前走からの上積みが大きいとしたら・・・ココで勝負になっても全くおかしくない!さらに言えばこの馬、生粋の穴メーカーであり、今までGⅠで何度も人気薄で激走している。まるで父ステイゴールドみたいだよね。

相手は天皇賞秋上位組。私が本命党ならサトノクラウンに単勝ドカン。ソウルスターリングは人気が落ちるココが狙い目。あと他路線組では去年の3着馬シュヴァルグラン。単穴は調教絶好のヤマカツエース、爆穴にサウンズオブアース。

 

◯サトノクラウン

▲ヤマカツエース

△ソウルスターリング

△シュヴァルグラン

△キタサンブラック

△サウンズオズアース

 

馬単 ◎流し表裏 @100円

三連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!レインボーライン!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
堅チクビ馬は出現せず・・・以下はおまけ。

東京2R 12番
東京3R 6番
東京9R 2番
東京10R 9番
京都10R 15番

モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【京都2歳S2017予想】京都芝2000mで行われる2歳GⅢ京都2歳ステークス。今年はタイムフライヤーが圧倒的な人気を集めるがさて逆転候補はどの馬?展開・隊列・ペースはどうなる?瞬発力上位馬は?穴馬・大穴馬は?管理人の狙いは調教抜群のマイハートビート!ヒモ穴にアイトーン、シスターフラッグ。ま、本来ケンのレースだけどね。

 

このままだと、

 

一歩がパンチドランカーで再起不能になりそうなんだが、

 

 

作者はどうするつもりだろうね?

 

私も馬券ドランカーにならないように気をつけよっと。

(無駄な馬券は買わなくていいんだぜ!)

 

というわけで、

 

東スポ杯2歳Sに引き続き、

 

このレースも、

 

ケン。

 

 

でいいですな。

 

でも、中には馬券ドランカーな人もいるだろうから、

(とか言いつつ、あんたも買うんだろー?笑)

 

一応予想しておくな。

 

■京都2歳S2017前売りオッズ

netkeibaより抜粋

 

想定していたが、

やっぱりタイムフライヤーが断トツ人気になりますな。

これはもう実績からして仕方ないのであるが、

 

グレイル・スラッシュメタルは

ちょっと過剰人気・・・というか鞍上人気じゃないのかね?

 

まあ、アッサリ2~3着に来るかもだが・・・

このレースに付け入るスキがあるとすればここかな、と思っている。

 

■京都2歳S2017展開予想

逃げ候補は
アイトーン
ケイティクレバー

先行勢は
グレイル
スラッシュメタル

差し勢は
ランリーナ
シスターフラッグ
ナムラアッパレ

追い込み勢は
タイムフライヤー
マイハートビート

まあ、2歳戦なんで隊列はかなり不確定だが・・・ハナはアイトーンかケイティクレバーかだろう。続いてグレイル、スラッシュメタルあたり。ペースはゆったりスロー。3~4コーナーで馬群が凝縮して上がり勝負。当然、瞬発力上位の馬が怖いわけだが・・・

 

上がり3Fで見ると、

・タイムフライヤー
・マイハートビート
・アイトーン
・グレイル
・スラッシュメタル

あたりが上位候補だね。上がりタイムは「馬場差」が大きいので何とも言えんが、展開で浮かび上がる穴馬はアイトーンだね。この馬瞬発力あるわ。

 

調教チェックはモッコリ万馬券倶楽部で公開中。

 

さて、

 

このレースはどう考えても、

 

タイムフライヤーの一強。

 

もちろん飛ぶ可能性はゼロではないが、

少頭数だし、強力なライバルもいないし、

かなりの確率で3着以内には来そうだよね。

 

なので、

 

馬券を買うなら工夫が必要だぞ。

 

・相手を絞る(1~2点)。

・タイムフライヤー1着固定。

・タイムフライヤーの2~3着狙い。

・タイムフライヤーを斬る。

 

タイムフライヤーから連系を買うのであれば、

相手は1点か2点。

 

決して、こんな買い方をしちゃダメだぜ?

 

netkeibaより抜粋

 

タイムフライヤーに◎を打って、

他に4つも5つも印を回す・・・

なんてのは予想でも何でもないからね。

(田沼は6つ回してんな。笑)

 

まあ、三連単の1着固定ならアリだが、

マルチとか言ってる予想家やブロガーは絶対信用しちゃダメ。

 

買えば買うほどマイナスのトリガミ予想家だ。

 

さてと。

 

■京都2歳S2017予想

 

マイハートビート(4番人気)

サトノラーゼン、サトノクロニクルの下。前走ではPOG1番人気のトゥザフロンティアを負かして連勝。勝ちタイムも優秀。あまり人気になってないのは着差が僅かだったからか・・・?それとも鞍上のせいか・・・?多分、今回も同じような流れになると思うから参考までに見ておくといいよ。

最後方追走から4コーナーはイン突き。最後トゥザフロンティアに交わされるも差し返して1着。能力も高そうだけど、根性もあるねー。このコースを経験してるのも強み。おおお、マイチンコもビートだぜ!

買うならこのマイハートビートとタイムフライヤーの1点勝負。ただ、この馬券は馬連で4~6倍、ワイドで2~3倍しかつかないだろうから私には買えない。なので3着ヒモ荒れを狙うしかないわけだが、そのヒモ候補にアイトーンとシスターフラッグ。

アイトーンはスローで逃しちゃいかん馬・・・って気がするんだよねー。シスターフラッグはナメられたオッズになってるけど札幌2歳S4着馬。距離延長がプラスになりそうな血統だし、ビュッと加速出来ないから京都の下りも合いそう。

 

◯タイムフライヤー(1番人気)

△アイトーン(7番人気)

△シスターフラッグ(6番人気)

 

三連単 ◎◯→◎◯△→◎◯△ @100円

 

頑張れ!マイハートビート!

(結局アンタも買うんやね!)

 

 

【おまけ】土曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
今回該当なしだが、ちょっとおまけの堅い馬。タイムフライヤーが該当やね。
東京1R 1番
京都11R 2番

モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

【ジャパンカップ2017調教チェック】東京芝2400mで行われる国際GⅠジャパンカップ。1番人気が予想されるキタサンブラックの状態は?サトノクラウン・レイデオロ・おするスターリングのデキは?浅次郎の調教チェック特A馬は、マカヒキ、シャケトラ、ヤマカツエース!調教爆穴はレインボーライン、サウンズオブアース!

 

ジャパンカップの枠順が出たね。

 

キタサンブラック・・・

 

内枠ですかそうですか。

 

■ジャパンカップ2017枠順

netkeibaより抜粋

 

キタサンブラックは2枠4番。

 

内の偶数枠で文句なしの絶好枠。

 

「外枠になれば面白かったのになあ・・・」

 

とモッコリ大穴党の浅次郎は思ってしまうのだが、

 

「よしよし、これで軸は堅いぜ!」

 

と思ってるファンも多いだろうね。

 

だけんどもしかし!

 

 

競馬は何が起こるか

分からないんだぜぇぇぇ!

 

当然、このレースも懲りずに穴狙いで逝く。

 

・・・

 

レイデオロもいい枠を引いたなあ。

自在性のある馬で、前でも後ろでも競馬は出来るんだが、

ここなら労せずして最高のポジションが取れそう。

キタサンブラックをマークするポジションを取りたい。

 

サトノクラウンは外目か・・・

こうなると中団外目追走かな?

いや、ミルコは半端な乗り方はしないからな・・・

もしかしたら後方に下げるかもしれん。

 

シュヴァルグランが1枠1番。

さて、この枠で先行策を取るか?差しに回るか?

ボウマンがどう乗るかね?

 

ソウルスターリングは真ん中の偶数で問題なしだ。

 

しかし・・・

内枠に入って欲しかった穴馬

みんな外目に行っちゃったなあ。

(キタサンブラックと枠交換したい)

 

ヤマカツエース、ラストインパクトは大外。

シャケトラもマカヒキも外目。

レインボーラインもモウチョイ内が欲しかったなあ。

 

ま、こればっかりはしょうがねえ。

 

調教チェック行くぜ!

■ジャパンカップ2017調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによるモンゴル相撲ジャッジである。あしからず。なお、調教映像はJRAのHPでも見ることが出来るぞ!

【調教が良い馬、メイチ仕上げの馬】

シュヴァルグラン
栗東坂路良【56.0-41.0-26.5-12.7】馬なり ボウマン
最終は軽め馬なり調整だが、一週前にCW3頭併せで37.4-12.1の好タイム。京都大賞典の時と較べてかなり良くなっている印象。順調やね。

レイデオロ
南W良【54.1-39.8-12.9】馬なり ルメール
時計はイマイチだが、藤沢厩舎らしい3頭併せの馬なり調整で抜かりはないと思う。順調。

キタサンブラック
CW良【84.9-69.3-54.3-40.0-12.8】馬なり 黒岩
最終追い切りの動きはハッキリ言って良く見えなかった。迫力感じなかったなあ。。。しかし一週前に37.1を馬なりで計時しており、3頭併せで豪快に先着。最終は疲れを残さぬための軽め調整だったのだと思われる。この馬は有馬記念まで見てるからね。

サウンズオブアース 調教爆穴
CW良【67.5-51.7-37.8-12.0】仕掛け 助手
前走後は外厩グリーンウッドに短期放牧。10/28に戻ってきて7本。速い時計は3本。最終追い切りは引っ張り切りの手応えで、速くなり過ぎない様に気をつけたにも関わらず時計が出た感じ。1週前にはこれまた抜群の動きで36.8を計時しており、好調期を彷彿とさせる絶好の内容。前走とは雲泥のデキ。後は年齢的な能力減がないかどうか。調教爆穴。

ソウルスターリング
南W良【68.1-52.2-38.8-12.7】馬なり ルメール
中3週。一週前追い切りは軽めだったので、最終追い切りに注目していたのだが、素晴らしい動きだったな。この馬らしい馬なり調整で時計は出てないが、軽快なフットワークであっという間に僚馬を突き放した。調子良さそうだぞ~~~!ただし、折り合いの不安が若干・・・。

レインボーライン 調教爆穴
栗東坂路良【56.9-41.5-26.9-12.9】馬なり 岩田
中3週だが、中間はノーザンFしがらきに短期放牧。11/14に帰厩して3本。最終追い切りが超軽めなのはいつも通り。この馬はいつも日曜追いが実質的な最終追い切りで・・・馬なりで50.4を計時している。天皇賞秋は休み明けでの激走だったが、今回さらに良くなっていると思うぜ!調教爆穴!

マカヒキ 特A評価
栗東坂路良【51.3-37.8-25.2-12.9】馬なり 助手
中3週だが6本。速い時計は2本。一週前にはCW馬なりで36.4-11.8の鬼時計。最終追い切りは終始馬なりだったが、それでも51秒台。元々調教は走る馬だが・・・それにしても良いね。ココがメイチ仕上げ。特A評価。

シャケトラ 特A評価
CW良【85.2-68.5-52.0-39.2-11.9】馬なり 福永
この馬も中3週だが、レース翌週から15-15を乗り出して7本。速い時計3本!1週前、2週前には3頭併せで37秒台。最終追い切りは軽めだが、終いキレキレ。さらに鍛えて鍛えて臨む!という意志が伝わって来るな。特A評価。

ヤマカツエース 特A評価
CW良【80.2-65.2-50.6-37.4-11.9】強め 池添
中3週で4本。一週前もキレキレで素晴らしい動きだったのだが、最終追い切りがまた絶好の動きで。こりゃ絶好調でしょう。特A評価。

 

すまん。外国馬は私には評価出来ん(笑)。しかし、日本馬がトレセンのウッドチップでミッチリやってるってのに、外国馬は競馬場でキャンターとか・・・芝追いとか・・・可哀想過ぎる(涙)。こんなんで本番走れって言う方がムリあるわ。しかし芝コースで追いきったブームタイムがなんか良く見えたけどな。気のせいかな。

 

特A評価は3頭。マカヒキは走るならココ!というデキ。メイチ仕上げだと思う。シャケトラは前走が休み明けで+16kg。今回ミッチリ乗り込んで上積み必至!ヤマカツエースは絶好調ですなあ!ただ、大外枠が・・・。

調教爆穴サウンズオブアースレインボーライン。サウンズオブアースは昨年の2着馬。いい枠引いたし、鞍上は穴師田辺だし、一変あるかもよ?個人的にイチオシなのがレインボーライン。天皇賞の時も調教で推したが・・・今回も推す。この馬能力高いよ?

 

一応言っておくが、ココに挙げてない馬が「調子悪い」ってわけじゃないけんな。もう仕上がっててハードな調教が必要ない馬だっているし、元々調教じゃ全然走らない馬だっているけんな。

例えば・・・サトノクラウンは今回、ハッキリ言って調教イマイチである。しかしこの馬はいつもイマイチであり、いつも通りと言えばいつも通り。あまり調教は気にする必要のない馬である。こういう馬はどうしたって「調教が良い」馬には挙げられないのである。

 

というわけで、

 

調教チェック特A評価馬はみんな外・・・

で、非常に買いにくいんだよね~。

(東京2400は内枠有利)

 

いつも通り大穴狙いで逝くんだが、

 

こうなったら・・・

サウンズオブアースorレインボーラインの一発を狙うか?

 

それとも外枠で人気がさらに落ちそうな、

シャケトラorヤマカツエースあたりと心中するか・・・

 

え?

 

キタサンブラックは買わないのかって?

 

うーむ。

 

毎日毎日、

 

「キタサンブラックが外枠になりますように!」

 

ケツ神様に祈ってたんだけどなあ。

 

 

この枠じゃ、

 

ちょっと悩んじゃうなあ・・・

 

結論は日曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

サトノクラウン、ムーア騎手が追い切り騎乗「心身とも完璧」

サトノクラウンの調教評価は難しかねえ・・・追い切りにはムーアが乗ってたんや・・・。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【チャンピオンズC2017予想オッズ】中京ダート1800mで行われるダートGⅠチャンピオンズカップ。大混戦の一戦となりそうだが、オッズはどうなる?1番人気馬はサウンドトゥルー?ケイティブレイブ?コパノリッキーは?デムーロはどの馬に乗る?穴馬候補はメイショウスミトモ、ゴールドドリーム。爆穴にグレンツェント!

 

毎年書いてる気がするんだが(笑)、

JRAは本当にネーミングセンスがない。

 

「チャンピオンズカップ」

 

って直訳すると「王者達の杯」だろ?

なんで複数にするのよ?

 

スプリンターズSの「ズ」はいいよ。

スプリンターが集まるレースなんだからね。

 

しかしチャンピオン「ズ」はどう考えてもおかしいだろ?

各地方競馬のチャンピオンが集まるってんなら分からんでもないが、

各地方のGⅠを勝つのはほとんど中央からの遠征馬だろ?

(地方交流は売上の面ではいいかもだが、地方馬主にとっては最悪なのでは?)

 

このレースが「王者」を決めるレースであり、

少なくともこのレースを勝った馬が

2017年の最終優秀ダート馬の1番手候補。

 

だから、

 

「チャンピオンカップ」

 

でいいじゃんね?「王者杯」。

 

しかし日本の競馬は「芝」がメインなのであり、

これだと何のチャンピオンを決めるのか分からんから、

 

「ダートチャンピオンカップ」

 

でいいだろ。「ダート王杯」。

「ダートチャンピオンシップ(ダートCS)」でもいいね。

これなら、初心者が見ても、外人が見ても、誰が見ても分かるよね?

しかしチャンピオンより・・・

 

「ダートキングカップ」

 

の方がいいかな?

 

「砂王杯」

 

とかでもシンプルでカッコイイと思うけど・・・

 

私なら思い切って、

 

「大和杯」

 

とかにしちゃうね。

 

何のレースか分からんくなるが、

日本一を決めるって感じしてカッコイイと思うけど。

 

ま、JRAにゃムリか。

 

■チャンピオンズC2017登録馬

netkeibaより抜粋

 

情報によると、

サンライズノヴァ、
メイショウウタゲ、
サンライズソア、
アスカノロマン、
トップディーヴォ、
ピオネロ、
スリータイタンは現在除外対象らしい。

 

まあ、しょうがないと言えばしょうがないのだが、

武蔵野S2着のサンライズソアとか

ユニコーンS勝ち馬のサンライズノヴァとか

の3歳勢は是非出して上げたいよなあ。

 

あれ、アスカノロマンって重賞2勝してるのに

なんでこんなに下位なん?

去年の3着馬で狙い目なんだけどなあ。

 

 

人気はイマイチだけどめちゃくちゃキレイ・・・って娘、

結構いるよね。

 

さて、人気はどうなる?

 

現時点で騎手が空欄の馬が多く予想がし辛かったけどな。

 

■チャンピオンズC2017予想オッズ

チャンピオンズC2017予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1番人気 サウンドトゥルー 3.1倍
2番人気 ケイティブレイブ 5.2倍
3番人気 テイエムジンソク 5.8倍
4番人気 コパノリッキー 7.3倍
5番人気 アウォーディー 8.0倍
6番人気 アポロケンタッキー 11.6倍
7番人気 ミツバ 14.5倍
8番人気 ロンドンタウン 15.8倍
9番人気 メイショウスミトモ 22.8倍
10番人気 ローズプリンスダム 25.9倍
11番人気 ゴールドドリーム 29.7倍
12番人気 ノンコノユメ 37.3倍
13番人気 キングズガード 48.1倍
14番人気 グレンツェント 64.2倍
15番人気 カフジテイク 78.4倍
16番人気 モルトベーネ 81.3倍

※管理人浅次郎の独断と偏見による予想である。

 

1番人気は昨年の勝ち馬サウンドトゥルーだろう。今年は最重要ステップのJBCクラシックを快勝しての一戦であり、連覇も十分有り得ると思う。ただ、東京大賞典、川崎記念、帝王賞・・・と異なる馬に負けてきた通り、絶対的な存在ではない。今のダート界は戦国模様で、上位の力は拮抗していると思う。鞍上は大野。これはさすがに降ろされないだろう。

2番人気はJBCクラシック2着のケイティブレイブか。今年の帝王賞ではサウンドトゥルー・アウォーディー・アポロケンタッキー以下、ここで人気になるメンバーを相手に快勝しており、逆転の一番手。今後のダート界を背負っていく4歳馬で大いに期待したいね。鞍上は福永・・・だよね?

3番人気は中央組のテイエムジンソクを予想。超圧勝でオープンを連勝。初重賞だったエルムSこそロンドンタウンに負けたが、みやこSを文字通り圧勝してココへ。個人的にこの馬相当強いと見ているのだが・・・鞍上古川・・・のままだともう少し人気落ちるかも?是非フルキチのままでお願いしたい。

4番人気はコパノリッキーか。ご存知ダートGⅠ10勝のスーパーホースである。しかし、年齢的なものか・・・最近は1800mを超える距離では結果が出ておらず、前走はなんとJBCスプリントを選択(1200m)。以前のコパノリッキーなら間違いなくJBCクラシックを選択したはずだが・・・鞍上は田辺?

5番人気はアウォーディー。破竹の6連勝で昨年のJBCクラシックを制覇。チャンピオンズCでも1番人気に支持されたが、サウンドトゥルーの後塵を拝し2着。その後、東京大賞典でアポロケンタッキーの2着。ドバイWCにチャレンジして5着。帝王賞・JBCクラシックと1番人気に押されたものの・・・3着、4着。今回は多少人気を落とすと思う。鞍上は武豊か。ミッキー×武豊×ノースヒルズのラインは堅いけんな。

 

以下、アポロケンタッキーミツバロンドンタウン・・・と続くと思うが、鞍上によって人気は大きく変わると思う。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、シリウスS勝ちにも関わらずあまり人気にならなそうなメイショウスミトモ。人気薄での勝利だったからフロック視されそうだが・・・そこでJBCクラシック3着のミツバを負かしてるわけだし(ハンデ差はあったけど)、結構強い内容だったと思うけどね。

それから、今年のフェブラリーSの勝ち馬ゴールドドリーム。その後ドバイWCで惨敗。復帰後の帝王賞も惨敗。マイルの南部杯も5着・・・と大きく株を落としそうだが・・・能力自体がトップクラスなのは間違いないし、マイラーじゃね?という意見もあるかもだが、1800mでもやれると私は思うけどな。あ、しかしこの馬にミルコが乗るようなら人気になるか?

爆穴にグレンツェント。謎が多い馬であるが、4歳世代トップクラスのポテンシャルを持ってるのは間違いない。休み明け緒戦のJBCクラシックは離された5着ではあったが、休み明け、立て直されての一戦と考えれば上々。調教要チェックだ。

 

今回、外人ジョッキーに確たる騎乗馬がいないのである・・・ミルコ、ルメール、ムーアはさてどの馬に乗るんだろうね。コパノリッキー、ゴールドドリーム、ノンコノユメ、メイショウスミトモ、モルトベーネ・・・あ、ケイティブレイブ、テイエムジンソクも乗り替わりあるな(社台・ノーザン系はもっとも怪しい)。中堅どころのジョッキーはもちろん、武や戸崎や福永だってお手馬を取られる時代。特に確変状態に入ってるミルコがどの馬に乗るのか注目だね。

 

ま、堅いのかもしれんし、

 

「また外人かよ~」

 

ってことになるのかもしれんが、

 

いつも通り淡々とモッコリ大穴狙いで行く。

 

データ分析、調教チェックなどは後日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

シルバーステート引退 今後は種牡馬入りの方向

重賞未勝利で種牡馬入りか。よっぽど素質が高いんだろうね。私自身、順調ならこの秋GⅠも・・・とさえ思っていたので残念である。この馬がディープインパクトの後継種牡馬になったりしてね・・・

 

サトノダイヤモンド 有馬記念回避で年内休養

やっぱりそうなったか・・・来年も海外にチャレンジするらしいが・・・凱旋門賞じゃなくてブリダーズカップなんてどう?

 

サンフランシスコ市長、慰安婦像の寄贈受け入れ

この問題はもう「慰安婦の是非」とか「日本軍による強制連行があったのか」とか「日韓合意」とかいう問題とは切り離した方がいいのかもしれん。この慰安婦像・管理費を寄贈した民間団体ってなんぞや?資金源は?何のためにこんなことをやるのか?なんでアメリカに設置するのか?・・・って考えていくと答えは一つ。日米同盟が邪魔で邪魔でしょうがない・・・日米を分断したい・・・と考えてる国の仕業と考えるのが一番自然だろう。慰安婦問題はカードで、韓国はそのカードを配るディーラーに過ぎない。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【京阪杯2017予想・データ分析】京都芝1200mで行われる別定GⅢ京阪杯。大混戦の大荒れが期待できそうで、穴党はJCよりコッチかも?データ分析では、内枠有利!逃げ・先行有利!瞬発力よりダッシュ力!スプリンターズS組よりスワンC組!穴馬候補はヒルノデイバロー、ビップライブラリー。爆穴にダイシンサンダー、ティーハーフ。

 

皆、気を付け給えよ。

 

今週日曜の京都メイン京阪杯は、

11Rではなく、

12Rでの発走である。

 

このせいで間違った馬券がどんだけ買われるか?

なんてのはJRAには関係ないんでしょうな。

 

これはJRAの「売上至上主義」から来るもので、

売上が多いGⅠの後に重賞を配置することによって、

 

「勝った人からも負けた人からもお金を巻き上げるぜ!いえーい!」

 

というJRAの戦略なのである。

 

 

合コンでこういう微妙な胸元の服を着て隣に座る・・・

肉食系女子の戦略と同じだ。

 

3割増しくらいで・・・

いや、5割増しくらいでカワイク見えてしまうので、

 

みんな気をつけろよ?(笑)

 

しかしこのレース・・・

 

穴党的にはジャパンカップより面白いかも。

 

ジャパンカップをスルーしてコッチだけ買う・・・

 

という選択肢もアリだね。

 

まあ、当たり前のように、

 

肉食系女子の戦略に乗っちゃうんだけど。

 

・・・じゃなかった、

 

JRAの戦略に乗るんだけど(笑)。

 

■京阪杯2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気濃厚なソルヴェイグは去年のスプリンターズS3着馬。

今年のヴィクトリアマイルでも5着に入った実力馬で、

実績・能力ともに最上位と見ていいだろう。

(スプリンターズSでも好勝負だったかも?)

 

問題は2~4番人気の馬たちで、

1200mの条件戦を連勝して再オープン入りのアットザシーサイド

この秋奮わないGⅠ馬セイウンコウセイ

前走スワンSで12着に惨敗しているジューヌエコール・・・

 

この辺はちょっと疑って掛かってもいいんじゃないの?

 

と思うのだ。

 

それより、

スプリンターズS組のメラグラーナフィドゥーシア

スワンS2着のヒルノデイバローの方が面白いと思うけどね。

 

ま、データ見てみるべい。

 

■京阪杯2017データ分析

JRAデータ分析より抜粋

 

これ、毎回やりゃいいのにねえ。ま、内枠が有利っと。

 

3歳、4歳、5歳を買っときゃいい感じのレースであるな。

 

うーむ。他のデータはあまりに役に立たんな。

 

自分でやろう。

 

※以下、全て過去10年のデータ。

 

■京阪杯2017データ分析、枠順別成績

JRAのデータ分析にもあった通り、確かに内枠有利である。ただ、平均オッズを見れば分かる通り、「内枠は人気になりやすい」のも事実。それでも単勝回収率が100%超えてる1枠・2枠は相当優秀なのだが、2~3着は外枠からも結構出ているので注意が必要だぞ。ま、全体的には「内枠有利」でオッケイだ。

 

■京阪杯2017データ分析、騎手成績

結構バラエティに富んだ感じやね。今年を含め、ここ3年はジャパンカップの裏開催。あんまり参考にならんかな。

 

■京阪杯2017データ分析、種牡馬成績

短距離系の種牡馬が列んでるね。キングカメハメハ、クロフネ、アドマイヤムーンあたりに注目。

 

■京阪杯2017データ分析、前走間隔別成績

10週(約2ヶ月)以上の休み明け馬は壊滅だね。

 

■京阪杯2017データ分析、枠順別成績

逃げ馬の強さは格別。そして先行勢もメチャクチャ強い。ただ、2~3着には中団からの差し馬が飛んで来るぞ。「逃げ・先行→差し」のパターンが基本。これだけ上がり上位の馬が弱いのも珍しいね。

 

■京阪杯2017データ分析、3着以内馬

さっきも書いたが、脚質のパターンは「逃げ・先行→差し」が基本。たまに「逃げ・先行→先行」。ただ、完全前残り!といったパターンは少なく。2~3着は差し馬・追い込み馬が突っ込んで来ることが多い。差し馬が勝った2009年みたいなのは例外ですな。

上がり上位の馬はかなり弱く・・・上がり1位の馬も2着がやっと。1着の馬は上がり下位の馬が多く、「直線の瞬発力」より「スタートダッシュ力」が大事な一戦である。

 

■京阪杯2017データ分析、3着以内馬の前走

前走はスプリンターズS組が多いのかと思いきや・・・わずか3頭のみ!それより圧倒的なのがスワンS組である。ほぼ毎年のように馬券になっており、9頭が該当。その際の着順は問わない感じで3~8着の馬が狙い目やな。あと重要ステップは京洛Sなんだが、このレースは2015年を最後に廃止されている。近年の傾向で言うとオパールSも重要だな。あと個人的には・・・中一週のオーロCが気になる。

 

ケツデータ論。

・内枠有利!

・逃げ、先行→差し

・スワンS組

 

ケツデータから穴馬候補を挙げておこう。まず、もしかしたら人気になっちゃうかもだが、スワンS2着のヒルノデイバロー。そのスワンCではサングレーザーと頭差。レッツゴードンキに先着しており、GⅠでも好勝負出来るんじゃないかと思うほどの充実ぶりである。なぜか人気にならないタイプだが、今回も人気にならないことを切に祈る。

それから、スワンS4着のビップライブラリー。相手なりに走るタイプで、前走で4着になる前は10戦連続3着以内だった。距離的に1400がベストかもしれんが、1200mへの距離短縮で新味が出るかもしれん。狙い続け・・・外れ続けたダノンヨーヨーの下。兄の分まで頑張って頂きたい。

爆穴一頭目にダイシンサンダー。前走オパールSは5着とはいえ、わずか0.2秒差。父アドマイヤムーン、鞍上は最近何でも持ってくる和田ドラゴン・・・とても不気味。オッズほどに実力差があるわけじゃないぞ!

超爆穴にティーハーフ。みんなもうてっきり忘れてると思うが、今年の高松宮記念4着馬。夏のCBC賞だってそう差のない競馬をしているのであり、展開次第・調子次第で大穴一発秘めてる馬だぜ!

 

後は、アルマワイオリナックビーナスネロラインスピリットあたりも気になるな。特にネロは昨年の勝ち馬だし、脚質的にも狙い目。前走ダートに使ったのが気になると言えば気になるが、ガーッと行って粘り込む・・・みたいなのはこの馬得意だからね。

 

ソルヴェイグはモッコリ浅次郎もちょっと切れないかなあ・・・

 

結論は週末に!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

百田尚樹氏「娘さんは慰み者になる」 沖縄での講演、詳報と検証

私は沖縄県民ではないし、沖縄タイムスも琉球新報も読んだことがないので、実際のところは分からん。もちろん、超左派系の新聞があっても全然問題ないのだが、問題は沖縄に「超左派系の新聞しかない」ということである。主張の異なる複数のメディアがある・・・これがごく当たり前の話だが、今まで、沖縄県民に選択の余地は全くなかったわけだ。それを覆したのが八重山日報という新しい新聞(→「八重山日報」が本島進出、那覇に支局 「民意は一色ではない」)。頑張って欲しいなー。