【京成杯オータムハンデ2017予想】中山芝1600m外回りで行われるハンデGⅢ京成杯AH。今年はグランシルクが人気も大激戦となりそう!データ分析によると、内枠有利の外枠不利。先行と差しは互角、逃げ馬注意!穴は軽ハンデ馬!狙いの穴馬はガリバルディ、ダイワリベラル、マイネルアウラート、当然大穴モッコリ馬券で逝くぜー!

 

京成杯オータムハンデ。

 

もうね。

 

このレース大好きなんだよ。

 

(当たった記憶はあんまりないけど。笑)

 

モッコリ党の尿道を刺激するハンデ戦。

 

男ならぁぁぁ!

 

テント張って逝くぜ!

 

 

■京成杯AH2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

予想オッズでの1番人気はグランシルク。

最近崩れてねえもんなあ。人気になるのも分かる。

 

ダノンプラチナは叩き2戦目。しかし58kg。

ラクな条件じゃねえぞ。調教要チェックやな。

 

マルターズアポジーはグランシルクと正反対で勝つか負けるか。

今回58kgでマークも厳しくなるだろうけど、

人気馬で買うならこの馬だな。

 

ちなみに、

 

サマーマイルチャンピオンの可能性があるのは、この3頭。

 

JRAより抜粋

 

マルターズアポジーは1~2着条件。

ダノンリバティは1着条件。

グランシルクも1着条件。

 

この3頭が沈んだらウインガニオンがサマーマイルチャンピオン。

 

しっかし、「サマー◯◯」はシステムがわかりにくい上に、

ファンには一切関係なし。

馬主と調教師のための内輪企画である。

 

もっとファンを巻き込むような、

盛り上がるようなシステムを考えればいいのによ。

 

例えば・・・

 

・サマーチャンピオンスプリント

・サマーチャンピオンマイル

・サマーチャンピオン2000

 

と3つのレースを新設する。

(今あるレースの名称を変更してもいい)

 

そんで、このレースに出走するための

トライアルレースを6~8月に設定するわけ。

各レースで1~4着が優先出走権みたいな感じで。

 

そんで、チャンピオンレースに勝った馬がチャンピオン。

賞金は上乗せしてスーパーGⅡ並みにすればいい。

これだと分かりやすいし、盛り上がると思うんだけどどう?

 

ポイント制でチャンピオン決めるのって・・・どうかと思うわ。

 

ま、いいや。

 

データ見てみよ。

 

■京成杯AHデータ分析

JRAデータ分析より抜粋

ふむ。枠番データは後でTARGETでも出すが・・・まあ、「中山マイルの外枠不利」は誰でも知ってる基本データ。このレースでも外枠は大幅割引か?

 

だからなんで、「過去5年」のデータにすんだよ(笑)。全部「過去10年」でいいじゃん。しかもなんで「前走」なんだよ(笑)。京成杯AHのデータ出せっつのよ。

 

このレースは「逃げ・先行不利」ってイメージを植え付けたいのかな?

 

自分でやろうっと。

 

■京成杯AH枠番別成績(過去10年)

確かに内枠有利である。ただし、中山マイルの場合、この事実を多くのファンが意識してしまうため、内枠が「過剰人気」になるのも事実。平均人気を見ればそれは一目瞭然で、1~2枠が6.6~6.8人気なのに対し、7~8枠は10番人気以上になっているのだ。つまり、外枠は不当に人気薄になる傾向にあるわけ。

確かに外枠の先行馬だとツライが・・・差し馬なら外枠でもそこまで問題ないと思う。5枠の成績が良いのはおそらく「実力馬が多く入ったから」だろう。一応コースデータも見ておくか。

 

過去10年の中山マイルの枠番別成績。これを見るとやはり圧倒的に内枠が有利。しかし、外枠だって来ないわけじゃない。「外枠はバッサリ切り!」みたいに、あまり意識し過ぎない方がいいと思う。

 

■京成杯AH馬体重別成績(過去10年)

幅広く分布してますな。注意が必要なのは420~439kgのゾーン?

 

■京成杯AH間隔別成績(過去10年)

注目は4週(中3週)。これはほとんど「関屋記念」からの臨戦。「中京記念」組は来ても2~3着までか?あとは夏は休養した「休み明け」組が強いね。ガリバルディ、ブラックスピネル、ボンセルヴィーソあたりは要注意。

 

■京成杯AH脚質別成績(過去10年)

注目の脚質だが・・・逃げ馬が全滅。先行と差しはほぼ互角。後方からは厳しい。上がり1位の馬は当然の如く強いんだが、前で粘る馬もかなり馬券になってますな。しかし、開幕馬場で逃げ馬が有利そうなんだが・・・、いや、それを意識し過ぎてオーバーペースになっちゃうのかな?ちょっとコースデータも見てみよう。

 

京成杯AHのデータと全く違うのは「逃げ馬が強い」ってこと。これは回収率の面でも圧倒的。つまり・・・逃げ確定であるマルターズアポジーは必ず馬券に組み入れておきたい。

 

ご覧の通り・・・中団から上がり最速で差してくる馬も多いが、前目で粘る馬もかなり馬券になっているな。パターンとしては「差し→差し」「先行→先行」という感じで展開に大きく左右される感じだ。穴馬の脚質はどっちかというと差しだが、それよりもハンデ。特に53~54kgの馬に要注意である。

 

■京成杯AHハンデ別成績(過去10年)

穴は53kg。一番馬券になりやすいのが54~55kg。57.5kg以上の重ハンデ馬の信頼性も高い(人気になりやすいけど)。

 

ケツデータ論。

・内枠有利、外枠不利。

・先行、差し互角。逃げ馬注意。

・軽ハンデ馬要注意!

 

枠順が出ないとなんとも言えないんだが、とりあえず穴馬候補を挙げておこう。おそらく今年のペースを握るのはマルターズアポジー。この馬はスローに落とすタイプじゃなく、ぶっ飛ばして行くタイプ。基本ペースは速くなるだろうな。

まず、ガリバルディ。5ヶ月の休養明けとなるが、鉄砲は【3.0.1.2】でむしろフレッシュな方が走るタイプ。姉に2009年の当レース勝ち馬ザレマがいるし、ハマればキレキレの上がり最速を繰り出す馬である。人気のないココが狙い目。ただし、調教要チェック。

それから、中山マイルの鬼ダイワリベラル。中山は【4.4.3.5】、中山マイルは【2.1.0.4】。馬券圏外もほとんどが掲示板。昨年の当レース4着、今年のダービー卿CTではわずか0.2秒差の5着。ちなみにこの時、グランシルクは0.1秒差の3着であったが、ダイワリベラルの方が1kg重い斤量を背負っていたのだ。おそらくこの馬も全く人気ないだろうが、隠れた実力馬。侮れないぞ!

もう一頭、この馬も中山マイル巧者のマイネルアウラート。中山マイルは【3.1.0.5】。ダービー卿CTでは57kgを背負って4着。ニューイヤーSでは58kgを背負ってグランシルクに快勝しており、同斤ならグランシルクより上の存在である。ただ、この馬の懸念は強力な逃げ馬マルターズアポジーの存在。素直について行ったら潰れるかもしれん。いや、イッタイッタあるか?そういえば、最近イッテないな(え)。

 

昨年の勝ち馬ロードクエストはどうなんだろうね?出走してくるようなら面白い存在だけど。爆穴に53kgオールザゴー。NHKマイルCの走りが出来れば。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

全国1300人のモッコリガイのみんな!

待たせたな!

浅次郎の熱いチン・・・じゃなかった(笑)、

熱い思いがこもった「競馬倶楽部」、

本日募集開始だぜ!

予想配信は今週の土日から!沢山の入部待ってるぜ~。

 

「モッコリ万馬券倶楽部」へご案内!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内