【紫苑ステークス2017予想、データ分析】中山芝2000mで行われる秋華賞トライアルGⅢの紫苑S。3着までに優先出走権。1番人気確定のディアドラは買い?切り?当然大穴狙いで逝く!データ分析では、内枠有利・差し有利!上がり最速馬を狙え!穴馬候補はミッシングリンク!カリビアンゴールド!ナムラムラサキ!プリンセスルーラー!

 

このブログでも重要視しているが、

 

「外厩」

 

は非常に重要な予想ファクターである。

 

当初の外厩は「馬房調整」「短期放牧」の意味が深かったみたいであるが、

今の外厩はトレセン並み(以上)の調教施設を持っており、

 

厩舎で調整するより、

外厩で調整した方がいいんじゃね?

 

北海道などの牧場に放牧に出すより、

外厩で細心のケアをしながら休養させた方がいいんじゃね?

 

というパターンが激増しているのだ。

 

特に優秀な腕利きスタッフが集まっているノーザンF系の外厩、

ノーザンファームしがらき

ノーザンファーム天栄

この2つは要チェックである。

 

netkeibaで「ノーザンFしがらき」の潜入取材をしていたので、

外厩って何?という方は見ておくといい。

ノーザンFしがらき潜入取材

 

お気に入りのエロ本を定期購読するのもいいが、

一冊本を買って読んで勉強するのもオススメする。

 

 

さて、紫苑S。

 

■紫苑S2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

3着までに秋華賞の優先出走権が得られるとあって、

登録数すごいな。

現時点で賞金持ってない1勝馬が9頭。

これらの馬は抽選か・・・

 

早速データ見てみよ。

 

■紫苑Sデータ分析

JRAデータ分析より

 

ふむう。1000万下組が非常に優秀ですな。例年言っているが、この時期の「古馬混同の1000万下勝ち」は3歳のオープン勝ちに匹敵する。3歳限定の重賞なら十分通用するぞ!該当馬はカリビアンゴールド、ディアドラ、プリンセスルーラー、ポールヴァンドル、ミッシングリンク。

 

あと、500万勝ち組は、ナムラムラサキ、ルヴォワールの2頭のみ。ルヴォワールは2戦2勝馬で今回人気なりそうだが・・・3歳限定の500万下と古馬混同の500万下は価値が違う。今回5ヶ月の休み明けであるし、全力で嫌いたい(来たらごめんょ)。

 

■紫苑S枠番別成績(過去10年)

中山内回り2000m。直線入り口からのスタートとなるが、1コーナーまでは約400mあり、先行争いするには十分。ただ、小回りでコーナー4回のコースだけに基本的には内枠が有利なコース。

ただ、過去の紫苑Sの枠番別成績を見ると、あまり気にする必要ないかも。大外枠だけ割引かな?コースデータはどうなってる?

やはり、内枠の方が若干成績良さそう。しかし、回収率で言えば外枠の方が断然よい・・・多くのファンが「内枠有利」で馬券を買っているのかもしれんな。

 

■紫苑S馬体重別成績(過去10年)

牝馬だけに軽めの体重の活躍が目立つな。それでも419kg以下だとちと厳しいか。480kg以上の大型馬に要注意。

 

■紫苑S間隔成績(過去10年)

勝ち馬が多いのは、2ヶ月以上の休み明け。ただしこれらは分母が多い割にイマイチ信頼性が低い。一番狙いやすいのは7月~8月頭の古馬混同の500万下や1000万下に出走した馬。そして中2週、中3週の上がり馬ですな。特に中2週の馬は3勝を挙げていて油断ならん。抽選組だが、ジッパーレーン、ナルハヤ、フレスコパストが中2週。

 

■紫苑S脚質別成績(過去10年)

脚質はもう圧倒的に、中団からの差しが強い!開幕週の中山2000・・・イメージだと先行勢が強くなりそうなもんだが結果は逆だ。これは上がり3Fのデータにも表れていて、上がり1位の馬がとてつもなく強い。上がり1~3位でほとんどを占めてしまいそうな勢いで、逃げ・番手からの粘り込みは期待薄の上に回収率もヒドイな。後方待機組の成績が悪いのは「能力自体が足りない」って馬(1勝馬など)が多いからだと思う。

 

これは中山芝2000の脚質別成績。これを見ると、やっぱり逃げ・先行が強いんだけどね。紫苑Sで逆転現象が起きるのは「玉砕的に前に行く馬」が多いからかもしれん。

 

ご覧のように、上がり最速の差し馬が毎年馬券になっている。そしてその上がりの多くは「35秒台」。速くても「34.5」程度。このレースは1000m通過59~60秒の締まった一貫した流れになることが多く、持久力・スタミナのある差し馬が35秒くらいの末脚で差してくるイメージだ。

とはいえ、逃げ馬や先行馬もある程度残るけんな。特に穴馬は「先行馬」であることが多いので注意が必要である。

 

ケツデータ論。

・若干内枠が有利。

・差し有利。ただし、穴馬は前。

・上がり最速馬を狙え!

 

穴馬候補を挙げておく。ただし、抽選待ちの馬は省く。

 

まず、逃げ馬候補のミッシングリンク。7月に牡馬混同の500万下を逃げて快勝。中2週で1000万下にチャレンジするもここは4着。しかし、首・頭・ハナ差の4着。こういうのはもう紙一重の差であり、1000万勝ち馬と同義で扱ってもいいと私は思うのだ。「前走福島は人気にならない」の法則にも合致(笑)。

上がり最速馬候補にカリビアンゴールド、シーズララバイ、ナムラムラサキ、プリンセスルーラー。あと人気になるかもだが、ライジングリーズン。

 

1番人気が予想されるディアドラだが、今回マイナス材料が全く見当たらず・・・前走の1000万下で負かしたラヴィエベールは1600万下からの降級馬(未だ連対を外したことない素質馬)。しかも後続は3馬身半離しており、この勝ちは1600万下に準ずるものと言える。オークスや桜花賞の上位馬が居ないこのレースは「鉄板」。

 

ちょっと今回は能力差があるように思える。

穴を狙うとしても2~3着狙いがいいかな?

 

ま、それでも競馬は何が起きるか分からんけどな。

 

野球はツーアウトからだし。

 

最終予想は土曜。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【巨人】寺内サヨナラ3ラン呼んだ宇佐見の“ゴルフ弾”

いやあ・・・長年野球を見ているが、このホームランはちょっと・・・記憶にないかも。投げる方からすれば、インコース低めのワンバウンドしそうなスプリット。きっと、ホームランだけは絶対にない!と確信した球。これがヒットならまだしもホームランだけんなあ。宇佐美は天才かもしれん。もっと使えばいいのにね。

2:50秒過ぎ。何回見てもすげえ。

 

 

広告